ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

オリオン (宇宙船)

索引 オリオン (宇宙船)

リオン(、またオライオンとも)は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) がスペースシャトルの代替として開発中の有人ミッション用の宇宙船である。 当初はCrew Exploration Vehicle(クルー・エクスプロレイション・ビークル、略称はCEV)と呼ばれていたが、2006年8月22日に、オリオン座にちなみ「オリオン」と正式に命名された。この宇宙船は国際宇宙ステーション (ISS) への人員輸送や、次期有人月着陸計画(コンステレーション計画)への使用を前提に開発されていたが、2010年にコンステレーション計画が中止されたため、新たに「オリオン宇宙船」(Orion Multi-Purpose Crew Vehicle、略称はMPCV)として、ISSへの人員と貨物の輸送と回収に用途が変更されて開発が続けられている。その後、この機体は小惑星の有人探査にも使うことが表明された。オリオンの開発は、ロッキード・マーティンが行なっている。 2014年12月4日に無人試験機による初飛行が計画されたものの天候と技術的トラブルの影響で翌日の12月5日米時間午前7時5分に打ち上げが実行された。.

65 関係: 原子力推進垂直尾翼ふじ (宇宙船)大気圏再突入太陽電池宇宙ステーション補給機宇宙航空研究開発機構世界金融危機 (2007年-)人工衛星人工衛星の軌道二酸化炭素使い捨て型ロケットマーズ・ダイレクトメタンロッキード・マーティンロシアプログレス補給船パドルデルタ IVデルタ IV ヘビーフロリダ州ベンチャースターアポロ司令・機械船アポロ計画アメリカ航空宇宙局アルゼンチンアルタイル (月面着陸機)アレス (ロケット)アレスIアレスVエアバス・グループオリオン座オリオン・ライトコロンビア号空中分解事故コンステレーション計画スペース・ローンチ・システムスペースシャトルスペースシャトル計画ソユーズサターンロケットサターンV固体ロケットブースター固体燃料ロケット国際宇宙ステーションEFT-1読売新聞HOPE (宇宙往還機)J-2ロケットエンジンRS-68 (ロケットエンジン)...欧州宇宙機関欧州補給機液体酸素打ち上げ脱出システム1967年1975年1980年代1990年代2006年2010年2011年2013年2014年2015年 インデックスを展開 (15 もっと) »

原子力推進

原子力推進(げんしりょくすいしん、Nuclear propulsion)とは、原子力をエネルギー源とする推進のこと。各種の方式がある。乗り物(無人ヴィークル含む、むしろ、放射線のことを考えるとそちらの応用のほうが有力かもしれない)としては、原子力船、原子力飛行機、各種の原子力ロケットや宇宙船などが考察されており、一部は実用化されているものもある。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と原子力推進 · 続きを見る »

垂直尾翼

垂直尾翼(すいちょくびよく)は、飛行機を始めとする航空機の尾翼の一種で、垂直についている部分。潜水船・高速自動車・ホバークラフト等にも設けられることがある。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と垂直尾翼 · 続きを見る »

ふじ (宇宙船)

ふじのコア・モジュール(イメージ)。カプセル型宇宙船として設計されている ふじは、日本の宇宙開発事業団 (NASDA) 先端ミッション研究センターにより2001年12月に公表された、使い捨てのカプセル型有人宇宙船構想。NASDAの開発計画としては採用されず、実際の開発までは至らなかった。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とふじ (宇宙船) · 続きを見る »

大気圏再突入

ミュレーション画像 大気圏再突入(たいきけんさいとつにゅう、atmospheric reentry)とは、宇宙船などが真空に近い宇宙空間から地球などの大気圏に進入すること。単に再突入(さいとつにゅう、)ともいう。宇宙飛行においては最も危険が大きいフェイズのひとつである。大気圏突入(たいきけんとつにゅう、atmospheric entry)と言う場合は、隕石など外来の物体も含む広義の使われ方であるのに対し、大気圏再突入は地上から打ち上げた宇宙機や物体の帰還に限って言う。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と大気圏再突入 · 続きを見る »

太陽電池

単結晶シリコン型太陽電池 太陽電池(たいようでんち、Solar cell)は、光起電力効果を利用し、光エネルギーを電力に変換する電力機器である。光電池(こうでんち、ひかりでんち)とも呼ばれる。一般的な一次電池や二次電池のように電力を蓄える蓄電池ではなく、光起電力効果によって光を即時に電力に変換して出力する発電機である。タイプとしては、シリコン太陽電池の他、様々な化合物半導体などを素材にしたものが実用化されている。色素増感型(有機太陽電池)と呼ばれる太陽電池も研究されている。 太陽電池(セル)を複数枚直並列接続して必要な電圧と電流を得られるようにしたパネル状の製品単体は、ソーラーパネルまたはソーラーモジュールと呼ばれる。モジュールをさらに複数直並列接続して必要となる電力が得られるように設置したものは、ソーラーアレイと呼ばれる。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と太陽電池 · 続きを見る »

宇宙ステーション補給機

宇宙ステーション補給機(うちゅうステーションほきゅうき、、略称: HTV)は、宇宙開発事業団(NASDA)と後継法人の宇宙航空研究開発機構 (JAXA) が開発し三菱重工業や三菱電機、IHIエアロスペースなどの大小100社程度の企業が製造する、国際宇宙ステーション (ISS) で使う各種実験装置や宇宙飛行士の食糧や衣類の輸送業務を担う無人宇宙補給機である。愛称はこうのとり (KOUNOTORI) 。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と宇宙ステーション補給機 · 続きを見る »

宇宙航空研究開発機構

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(うちゅうこうくうけんきゅうかいはつきこう、英称:Japan Aerospace eXploration Agency, JAXA)は、日本の航空宇宙開発政策を担う研究・開発機関である。内閣府・総務省・文部科学省・経済産業省が共同して所管する国立研究開発法人で、同法人格の組織では最大規模である。2003年10月1日付で日本の航空宇宙3機関、文部科学省宇宙科学研究所 (ISAS)・独立行政法人航空宇宙技術研究所 (NAL)・特殊法人宇宙開発事業団 (NASDA) が統合されて発足した。本社は東京都調布市(旧・航空宇宙技術研究所)。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と宇宙航空研究開発機構 · 続きを見る »

世界金融危機 (2007年-)

2006年1月–2008年11月までのダウ平均 世界金融危機(せかいきんゆうきき、Global Financial Crisis)とは、サブプライムローン問題(サブプライム住宅ローン危機)を発端とした2007年のアメリカの住宅バブル崩壊から連鎖的に発生した2008年のリーマン・ショック等を含む、一連の国際的な金融危機のことである。この経済不況の世界的連鎖は世界経済危機、世界金融崩壊、世界金融不況、世界同時不況、第二次世界恐慌などとも呼ばれる。 2008年9月29日にアメリカ合衆国下院が緊急経済安定化法案を一旦否決したのを機に、ニューヨーク証券取引市場のダウ平均株価は史上最大の777ドルの暴落を記録した。金融危機はヨーロッパを中心に各国に連鎖的に広がり、さらに10月6日から10日まではまさに暗黒の一週間とも呼べる株価の暴落が発生し、世界規模の恐慌への発展が危惧されている。日本でも日経平均株価が暴落したほか、生命保険会社の大和生命保険が破綻した。 ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマンは2009年1月に、生産、金融、消費の世界的な縮小状況について「これは実に第二次世界恐慌(Second Great Depression)の始まりのように思われる」と評した。また、国際通貨基金(IMF)のドミニク・ストロス=カーン専務理事(当時)は2009年2月に非公式のコメントとして「(日本を含む先進各国は)既に恐慌の状態にある」と述べた。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と世界金融危機 (2007年-) · 続きを見る »

人工衛星

GPS衛星の軌道アニメーション 人工衛星(じんこうえいせい)とは、惑星、主に地球の軌道上に存在し、具体的な目的を持つ人工天体。地球では、ある物体をロケットに載せて第一宇宙速度(理論上、海抜0 mでは約 7.9 km/s.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と人工衛星 · 続きを見る »

人工衛星の軌道

人工衛星の軌道(じんこうえいせいのきどう)では、個々の利用目的にあわせた軌道に投入される人工衛星の、軌道の種類や性質や、衛星の位置を知る方法を示す。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と人工衛星の軌道 · 続きを見る »

二酸化炭素

二酸化炭素(にさんかたんそ、carbon dioxide)は、化学式が CO2 と表される無機化合物である。化学式から「シーオーツー」と呼ばれる事もある。 地球上で最も代表的な炭素の酸化物であり、炭素単体や有機化合物の燃焼によって容易に生じる。気体は炭酸ガス、固体はドライアイス、液体は液体二酸化炭素、水溶液は炭酸・炭酸水と呼ばれる。 多方面の産業で幅広く使われる(後述)。日本では高圧ガス保安法容器保安規則第十条により、二酸化炭素(液化炭酸ガス)の容器(ボンベ)の色は緑色と定められている。 温室効果ガスの排出量を示すための換算指標でもあり、メタンや亜酸化窒素、フロンガスなどが変換される。日本では2014年度で13.6億トンが総排出量として算出された。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と二酸化炭素 · 続きを見る »

使い捨て型ロケット

使い捨て型ロケット(つかいすてがたロケット、Expendable launch system もしくは乗り物の意を込め Expendable launch vehicle,ELV)は、一度のみしか実使用できない打ち上げロケット・システムのことである。現状ではスペースシャトルの一部を除き、使い捨て型となっている。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と使い捨て型ロケット · 続きを見る »

マーズ・ダイレクト

マーズ・ダイレクト(、日本語訳: 火星直行計画)は、1990年代のロケット技術のみで比較的低コストで実現可能な案として提案された火星有人探査計画。この計画は1990年、ロバート・ズブリンとデイビッド・ベイカーの研究報告として提唱された。ズブリンの1996年の著書 The Case For Mars にて広く知られるようになった。 火星大気の豊富な二酸化炭素を用い、地球帰還用の燃料を現地調達する、というアイデアが本計画の大きな特徴として挙げられる。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とマーズ・ダイレクト · 続きを見る »

メタン

メタン(Methan (メターン)、methaneアメリカ英語発音: (メセイン)、イギリス英語発音: (ミーセイン)。)は最も単純な構造の炭化水素で、1個の炭素原子に4個の水素原子が結合した分子である。分子式は CH4。和名は沼気(しょうき)。CAS登録番号は 。カルバン (carbane) という組織名が提唱されたことがあるが、IUPAC命名法では非推奨である。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とメタン · 続きを見る »

ロッキード・マーティン

ッキード・マーティン(Lockheed Martin、NYSE:)は、アメリカ合衆国の航空機・宇宙船の開発製造会社。1995年にロッキード社とマーティン・マリエッタ社が合併して現在のロッキード・マーティン社が生まれた。 ロッキード・マーティンは、ボーイング、BAEシステムズ、ノースロップ・グラマン、ジェネラル・ダイナミクス、レイセオンなどとともに、世界の主要な軍需企業である。ストックホルム国際平和研究所が発行するSIPRI Yearbookによると、軍需部門の売上高の世界ランキングは、1998年は1位、1999年は1位、2000年は1位、2001年は2位、2002年は2位、2003年は1位、2004年は2位、2005年は2位、2006年は2位、2007年は3位、2008年は2位、2009年は1位、2010年は1位である。 2012年現在で世界の最新鋭ステルス戦闘機であるF-22やF-35の開発・製造を行っていることで有名である。極秘先進技術設計チーム「スカンクワークス」が多数の傑作軍用機を生み出したことでも有名である。日本語では「ロッキード・マーチン」と表記されることもある。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とロッキード・マーティン · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とロシア · 続きを見る »

プログレス補給船

プログレス補給船(プログレスほきゅうせん、ロシア語:Прогрессプラグリェース、英語:Progress)は、現在主に国際宇宙ステーション (ISS) への補給に使われているロシアの使い捨て無人貨物輸送宇宙船である。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とプログレス補給船 · 続きを見る »

パドル

色いのがパドル パドル(英語:Paddle)とは各種のカヌーで使用する櫂である。パドルを操ることを「パドリング」と言う。 水をとらえる部分は「ブレード」と呼ばれ、棒の部分は「ロッド」や「シャフト」などと呼ばれる。ブレードがひとつだけのシングルブレードパドルと、ロッドの両側にブレードがついているダブルブレードパドルがある。材質はかつては木材であったが、現在では、ロッドは軽金属や繊維強化プラスチック (FRP) 製などが大半である。ブレードの部分は合成樹脂やFRPなどでできている。全体が炭素繊維強化プラスチック製のものもある。軽くて丈夫だが価格は相対的に高め。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とパドル · 続きを見る »

デルタ IV

デルタ IV(Delta IV)は、アメリカ合衆国の人工衛星打ち上げ用使い捨てロケットである。ボーイング社の統合防衛システム部門によって設計され、ユナイテッド・ローンチ・アライアンス (ULA)によって生産される。デルタロケットシリーズの最新型であり、2010年代でも運用中である。最終的な組み立てはULAの射場で行われる。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とデルタ IV · 続きを見る »

デルタ IV ヘビー

デルタ IV ヘビー (デルタ9250H) はデルタIVシリーズの最大の型式の使い捨てロケットである。2004年に初めて打ち上げられた。2018年にファルコンヘビーが打ち上げられるまでは、その打ち上げ能力は運用中のロケットとしては世界最大であった。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とデルタ IV ヘビー · 続きを見る »

フロリダ州

フロリダ州(State of Florida )は、アメリカ合衆国東南部の州である。メキシコ湾と大西洋に挟まれるフロリダ半島の全域を占め、北はジョージア州とアラバマ州に接しており、サンベルトと呼ばれる比較的気候が温暖な州の1つである。 フロリダ州の面積は170,306 km2 (65,758 mi2) で、50州の中で22位であるが、海岸線の長さは約1,900 km (1,200 マイル) あり、大陸48州の中では最長である。 フロリダ州は北部と中部が亜熱帯、南部は熱帯に属して概して暖かいので、「サンシャインステート(日光の州)」という渾名がある。2009年の推計人口は18,537,969人となっており、全米50州の中で第4位である。州都はタラハシー (Tallahassee) 、人口最大の都市はジャクソンビル (Jacksonville)、その他主な都市としてはマイアミ (Miami)、タンパ (Tampa)、オーランド (Orlando)などがあり、マイアミ都市圏は人口500万人以上を抱える州内最大の都市圏になっている。 ケネディ宇宙センター、スペースポート・フロリダ、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート、ユニバーサル・オーランド・リゾート、シー・ワールド・オブ・フロリダなどがあることで有名で、アメリカでも有数の観光地として知られている。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とフロリダ州 · 続きを見る »

ベンチャースター

ベンチャースター (VentureStar) は1996年にロッキード・マーティンの提唱した単段式の再使用型宇宙往還機である。技術実証機X-33が2001年に開発中止となったことにより、ベンチャースターも構想のみで終了した。 ベンチャースターは、リフティングボディであり、4枚の尾翼を持つ機体が構想されていた。全長46m、全幅48m、総重量1,192tで、最高速度はマッハ25。主な目的は、スペースシャトルの後継機として、人工衛星を既存の10分の1のコストで打ち上げられる再利用型で無人のスペースプレーンとなることであった。無人での打ち上げが条件であったが、積荷として乗客を運ぶことも予想されていた。機体は垂直に離陸し、飛行機のように滑走路に着陸する。液体酸素・液体水素を推進剤とするリニアエアロスパイクエンジンを利用して、どの高度でも高い推進能力を有するよう設計されていた。耐熱装置も金属製の新型のものを採用し、スペースシャトルよりも整備が低費用で安全であることを目指した。機体中央部に貨物室を持ち、胴体背面にカーゴ・ベイが設けられる。 X-33のテスト計画の消滅とともに、ベンチャースターの開発計画も打ち切られた。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とベンチャースター · 続きを見る »

アポロ司令・機械船

アポロ司令船・機械船(アポロしれいせん・きかいせん、Command/Service Module)は、アメリカ合衆国のアポロ計画で使用するために開発された宇宙船である。ノース・アメリカン社製作。この司令船・機械船と月着陸船(LM)を合わせたものを総称して「アポロ宇宙船」と言うことが多い。 アポロ計画の終了後、司令船・機械船はスカイラブ(Skylab)計画で都合三回、合計9人の宇宙飛行士を宇宙ステーションスカイラブに送り迎えするために使用され、アポロ・ソユーズテスト計画ではソビエト連邦(当時)のソユーズ宇宙船とのランデブーとドッキングを行なった。 司令船・機械船は、その名が示すとおり二つの部分から構成されている。司令船は飛行士が滞在し、宇宙船を操縦し地球に帰還させるために必要なすべての制御装置が搭載されている。機械船は推進用の大きなロケットエンジン1基と姿勢制御用の小ロケットエンジン16基およびその燃料、さらに宇宙滞在中に必要な酸素、水、バッテリーなどの消耗品などを搭載している。最終的に地球に帰還するのは司令船のみで、機械船は大気圏再突入時の高温・高圧力で大気圏内で破壊され、消滅する。 なお、司令船は1967年1月27日に訓練中の3名の飛行士を犠牲にする火災事故を発生させたため、大幅な改良が加えられた。そのためこれ以前のモデルをブロックI、以降のモデルをブロックII と呼んで区別している。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とアポロ司令・機械船 · 続きを見る »

アポロ計画

Apollo program insignia アポロ計画(アポロけいかく、Apollo program)とは、アメリカ航空宇宙局(NASA)による人類初の月への有人宇宙飛行計画である。1961年から1972年にかけて実施され、全6回の有人月面着陸に成功した。 アポロ計画(特に月面着陸)は、人類が初めてかつ現在のところ唯一、有人宇宙船により地球以外の天体に到達した事業である。これは宇宙開発史において画期的な出来事であっただけではなく、人類史における科学技術の偉大な業績としてもしばしば引用される。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とアポロ計画 · 続きを見る »

アメリカ航空宇宙局

アメリカ航空宇宙局(アメリカこうくううちゅうきょく、National Aeronautics and Space Administration, NASA)は、アメリカ合衆国政府内における宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関である。1958年7月29日、国家航空宇宙法 (National Aeronautics and Space Act) に基づき、先行の国家航空宇宙諮問委員会 (National Advisory Committee for Aeronautics, NACA) を発展的に解消する形で設立された。正式に活動を始めたのは同年10月1日のことであった。 NASAはアメリカの宇宙開発における国家的努力をそれ以前よりもさらに充実させ、アポロ計画における人類初の月面着陸、スカイラブ計画における長期宇宙滞在、さらに宇宙往還機スペースシャトルなどを実現させた。現在は国際宇宙ステーション (International Space Station, ISS) の運用支援、オリオン宇宙船、スペース・ローンチ・システム、商業乗員輸送などの開発と監督を行なっている。 宇宙開発に加えてNASAが帯びている重要な任務は、宇宙空間の平和目的あるいは軍事目的における長期間の探査である。人工衛星を使用した地球自体への探査、無人探査機を使用した太陽系の探査、進行中の冥王星探査機ニュー・ホライズンズ (New Horizons) のような太陽系外縁部の探査、さらにはハッブル宇宙望遠鏡などを使用した、ビッグ・バンを初めとする宇宙全体への探査などが主な役割となっている。2006年2月に発表されたNASAの到達目標は、「宇宙空間の開拓、科学的発見、そして最新鋭機の開発において、常に先駆者たれ」であった。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とアメリカ航空宇宙局 · 続きを見る »

アルゼンチン

アルゼンチン共和国(アルゼンチンきょうわこく、República Argentina)、通称アルゼンチンは、南アメリカ南部に位置する連邦共和制国家である。西と南にチリ、北にボリビア・パラグアイ、北東にブラジル・ウルグアイと国境を接し、東と南は大西洋に面する。ラテンアメリカではブラジルに次いで2番目に領土が大きく、世界全体でも第8位の領土面積を擁する。首都はブエノスアイレス。 チリと共に南アメリカ最南端に位置し、国土の全域がコーノ・スールの域内に収まる。国土南端のフエゴ島には世界最南端の都市ウシュアイアが存在する。アルゼンチンはイギリスが実効支配するマルビナス諸島(英語ではフォークランド諸島)の領有権を主張している。また、チリ・イギリスと同様に南極の一部に対して領有権を主張しており、アルゼンチン領南極として知られる。 2005年と2010年に債務額を大幅にカットする形で債務交換を強行し、9割以上の債務を再編した。これはアメリカ合衆国との国際問題に発展した。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とアルゼンチン · 続きを見る »

アルタイル (月面着陸機)

アルタイルまたはアルテア、旧称月面接近区画は、アメリカ合衆国のNASAがコンステレーション計画で使用することを構想していた、月着陸用のランダーである。同計画は、2019年までに宇宙飛行士を月に着陸させることを目標にしていた。 アルタイルは月面短期滞在や長期滞在などの飛行で使用されるはずだったが、2010年2月1日、オバマ大統領は2011年度予算でコンステレーション計画を中止する意向を表明した。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とアルタイル (月面着陸機) · 続きを見る »

アレス (ロケット)

アレスは、NASAの宇宙開発計画であるコンステレーション計画に基づいて開発されていた大型ロケットシリーズ。2010年1月、コンステレーション計画の中止が決定したことにより開発は事実上中断され、新たな宇宙開発計画に向けて再構成を余儀なくされている(中断に関してはコンステレーション計画の項を参照のこと)。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とアレス (ロケット) · 続きを見る »

アレスI

アレスI(Ares I)は、アメリカ航空宇宙局(NASA)のコンステレーション計画で使用される予定だった2段式の有人使い捨て型ロケットである。コンステレーション計画の中止に伴い開発が中止された。当初は人員打ち上げ機(Crew Launch Vehicle:CLV)と呼ばれていた。ギリシャ神話のアレス(ローマ神話のマルスと同一)から命名された。英語の発音はエアリーズ-ワンに近い。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とアレスI · 続きを見る »

アレスV

アレスV (Ares V) は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) のコンステレーション計画で使用される予定だった2段式の貨物打ち上げ用使い捨て型ロケットである。2019年の初打ち上げを目指して開発することが計画されていたが、コンステレーション計画の中止に伴い開発が中止された。当初は貨物ロケット (CaLV) と呼ばれていた。ギリシャ神話から名づけられ、英語の発音はエアリーズ-ファイブに近い。 2010年4月15日、オバマ大統領がケネディ宇宙センターで、2015年までに30億ドルをかけてアレスVに変わる新たな大重量打ち上げロケットの設計をする計画があることを発表し、2011年9月にNASAがスペース・ローンチ・システムの開発と2017年の初打ち上げを発表した。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とアレスV · 続きを見る »

エアバス・グループ

アバス・グループ(Airbus Group SE)は、2000年7月から2017年1月まで、ヨーロッパの大手航空・宇宙企業であり、民間航空機メーカーであるエアバスの100%親会社であった。2017年1月にエアバス・グループは子会社のエアバスと合併、存続会社の社名はエアバスとなったため、社名としては消滅しているが、コーポレートサイトでは民間航空機製造部門と区別する意味でエアバス・グループの名称も併用されている。企業としてのエアバス・グループの法的所在地はオランダのライデンであったが、メインオフィスはフランス南部のブラニャックにあった。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とエアバス・グループ · 続きを見る »

オリオン座

リオン座(Orion)は、トレミーの48星座の1つ。ギリシャ神話における登場人物オリオンを題材とした星座。 天の赤道上にあり、おうし座の東にある星座。中央に三つ星が並んでいるのが目印。明るい星が多いため、特に有名な星座であり、しばしば文学作品などにも登場。 オリオン座は他の星を見つける目印にもなる。シリウス(α Canis Majoris)はベルトのラインを南東へ拡張することによって見つかる。アルデバラン、プロキオン、ふたご座もオリオン座を基準にして見つけることができる。 α星は、全天21の1等星の1つであり、ベテルギウスと呼ばれる。ベテルギウスと、おおいぬ座のα星シリウス、こいぬ座のα星プロキオンの3つの1等星で、冬の大三角を形成する。 β星も、全天21の1等星の1つであり、リゲルと呼ばれる。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とオリオン座 · 続きを見る »

オリオン・ライト

リオン・ライト()は、ビゲロー・エアロスペースとロッキード・マーティンによって提案された軽量のカプセル型宇宙船に報道関係者が使用する非公式の名称である。ロッキード・マーティンがNASAの為に開発中のオリオン宇宙船が基にされている。オリオンよりもより軽量で安く小規模の機体である。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とオリオン・ライト · 続きを見る »

コロンビア号空中分解事故

ンビア号空中分解事故(コロンビアごうくうちゅうぶんかいじこ)は、2003年2月1日、アメリカ合衆国の宇宙船スペースシャトル「コロンビア号」が大気圏に再突入する際、テキサス州とルイジアナ州の上空で空中分解し、7名の宇宙飛行士が犠牲になった事故である。コロンビアは、その28回目の飛行であるSTS-107を終え、地球に帰還する直前であった。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とコロンビア号空中分解事故 · 続きを見る »

コンステレーション計画

ンステレーション計画のロゴ コンステレーション計画(Constellation program)とは、NASAが進めていた有人宇宙機計画で、アレスI・アレスV打ち上げ機と、オリオン宇宙船・アルタイル着陸機から構成される。 これらの宇宙機は多様なミッションに適合し、国際宇宙ステーションの輸送や月着陸に供される予定だったが、計画の遅れや予算の圧迫を理由として2010年に中止が発表された。コンステレーションの大半の機材はスペースシャトルを原型として開発されたが、システムはアポロ計画に似たものを採用していた。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とコンステレーション計画 · 続きを見る »

スペース・ローンチ・システム

ペース・ローンチ・システム(Space Launch System, SLS)とは、NASAにより開発中の、アメリカ合衆国のスペースシャトルから派生した大型打上げロケットである。これは取り消されたコンステレーション計画に続くもので、また退役したスペースシャトルを代替するものである。 SLSは、アステロイドやラグランジュ点、また月と火星のように、地球近傍が対象となる目的地へ宇宙飛行士と装置を輸送するものである。もし必要であれば、SLSは国際宇宙ステーションへの旅行の助けとなる可能性がある。またSLS計画は、多目的有人機を配備するNASAのオリオン計画と統合された。SLSは、打ち上げの施設および地上での操作に際して、フロリダに設けられたNASAのケネディ宇宙センターを使用するものとされている。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とスペース・ローンチ・システム · 続きを見る »

スペースシャトル

ペースシャトル(Space Shuttle)は、アメリカ航空宇宙局(NASA)が1981年から2011年にかけて135回打ち上げた、再使用をコンセプトに含んだ有人宇宙船である。 もともと「再使用」というコンセプトが強調されていた。しかし、結果として出来上がったシステムでは、オービタ部分は繰り返し使用されたものの、打ち上げられる各部分の全てが再利用できていたわけではなく、打ち上げ時にオービタの底側にある赤色の巨大な外部燃料タンクなどは基本的には使い捨てである。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とスペースシャトル · 続きを見る »

スペースシャトル計画

ペースシャトル計画(Space Shuttle program)は、アメリカ政府とNASAによって1981年から2011年にかけて行われた有人打ち上げ機計画。宇宙輸送システム (Space Transportation System, STS) とも呼ばれた。スペースシャトルは垂直に打ち上げられる機体の総称であり、オービタと呼ばれる航空機型の機体が再突入に利用される搭乗部分である。4 人から 7 人で運用でき、8 人までを収容可能で、22,700 kg のペイロードを低軌道まで輸送可能であった。宇宙でのミッションが完了すると、制御システム (Orbital Maneuvering System, OMS) を利用して軌道から外れ、地球の大気圏に再突入した。着陸まで、オービタは軌道制御システムと動翼を利用しグライダーのように飛行した。 シャトルは同じ機体で打ち上げ、軌道周回、着陸を何度も行った唯一の再使用型有人宇宙往還機であった。ミッションでは国際宇宙ステーション (International Space Station, ISS) のモジュールを含む大量のペイロードをさまざまな軌道に運び、国際宇宙ステーションへの人員輸送ローテーションを担い、修理ミッションが行われた。稀ではあるが衛星や他の宇宙機を軌道上で回復させたことや、衛星を地上へ持ち帰ったこともある。特に、ハッブル宇宙望遠鏡はシャトルの打ち上げによって5度にわたり補修されている。スペースシャトルの再使用部分の核となるオービタは 100 回使用、10 年運用を基準に設計された。 開発は1960年代の後半からスタートし、1970年代からNASAの有人宇宙飛行計画の中心となり、1981年の4月12日にコロンビア号の STS-1 での初飛行によって開始された。その後チャレンジャー号爆発事故やコロンビア号空中分解事故での中断があったものの、シャトル・ミール計画、ISS 計画など宇宙への有人輸送の中心であり続けた。ビジョン・フォー・スペース・エクスプロレーションによって、スペースシャトルは ISS の組み立て完了の2011年にあわせて引退することとなり、2011年7月のアトランティス号による STS-135 での着陸によって締めくくられた。スペースシャトル計画は2011年8月31日に公式に終了した。NASA はシャトルをオリオン宇宙船に置き換えることを計画しているが、予算カットによって完全な形態での開発は疑われている。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とスペースシャトル計画 · 続きを見る »

ソユーズ

ユーズ(Союз)は、ソビエト連邦およびロシア連邦の1 - 3人乗り有人宇宙船である。2人乗りボスホート宇宙船に続くもので、ソ連の有人月旅行計画のために製作されたが、結局有人月旅行計画は実現されなかった。 当初はソ連の宇宙ステーション「サリュート」や「ミール」への連絡に使用され、登場から40年以上経た21世紀でも、国際宇宙ステーション (ISS) へアクセスする唯一の有人往復宇宙船、およびステーションからの緊急時の脱出・帰還用として、現役で使用されている。 名称の「ソユーズ」は、ロシア語で「団結、結合」という意味で、ほかに「同盟」、「連邦」、「連合」、「組合」という意味も持つ。ロシア語本来の読みは「サユース」が近い。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とソユーズ · 続きを見る »

サターンロケット

ターンロケットは、アメリカ航空宇宙局 (NASA) が開発・運用していたロケット。元ドイツのロケット科学者ヴェルナー・フォン・ブラウンが中心となって開発した。後期型のサターンVは有人月ロケットとして知られる。アポロ計画で、計12人もの宇宙飛行士を月に送り込んだ、人類史上(当時)、もっとも速く、もっとも高価で、もっとも遠い場所に行った乗り物である。 サターンという名は、土星から。先代のロケットがジュピター(木星)であったため、「次は土星だろう」という経緯で決まったとされる。 その後、サターンVはアメリカ初の宇宙ステーション「スカイラブ」の打ち上げにも使用され、現在は2機が展示保存されている。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とサターンロケット · 続きを見る »

サターンV

ターンV(サターンファイブ、Saturn V)は、1967年から1973年にかけてアメリカ合衆国のアポロ計画およびスカイラブ計画で使用された、使い捨て方式の液体燃料多段式ロケット。日本では一般的にサターンV型ロケットと呼ばれる。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とサターンV · 続きを見る »

固体ロケットブースター

固体ロケットブースター(こたいロケットブースター、Solid rocket booster, SRB)は、固体燃料ロケットエンジンによるブースターである。多くの打上げロケットのシステムが固体ロケットブースターを使用している。固体ロケットブースターを持つロケットとして、日本のH-IIAロケット (SRB-A)、ヨーロッパのアリアン5、アメリカのアトラス V(オプションで追加可能)、NASAのスペースシャトルなどがある。スペースシャトルシステムはこの種のブースターとしては最大の「スペースシャトル固体燃料補助ロケット (SRB)」を2本使用する。 固体ロケットブースターの利点は液体ロケットブースターと比較して遥かに大きな推力が得られ、推進剤を低温に保つ為の冷凍機や断熱材が不要な事である。液体燃料ロケットを主エンジンとする打上げシステムに固体燃料ロケットブースターを加える事により、液体燃料の量を減らし、打上げ時のロケットの総重量を減らす事が出来る。これは多段化の一種と捉えることができる。 ブースターにより打上げシステムの性能を向上させる例として(基本的な議論は液体でも変わらないが、固体の例としては)、アリアン4のブースター無しの構成であるAR40が静止トランスファ軌道までのペイロード2175 kgに対し、4基の固体ブースターを追加したAR44Pでは3465 kgまで向上している。スペースシャトルのSRBの推進剤の重量はそれぞれ約である。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と固体ロケットブースター · 続きを見る »

固体燃料ロケット

固体燃料ロケット(こたいねんりょうロケット)は、固体の燃料と酸化剤を混錬してロケット本体(モーターケース)に充填した固体燃料を使用するロケットである。単に固体ロケットとも呼ばれる。単純なものは主に、モーターケース、ノズル、推進薬、点火装置(イグナイター)で構成される。 液体燃料ロケットとは異なり、使用時にはポンプなどの機械部品で燃料を燃焼室に移送することなくロケット内部の燃料へそのまま点火する。 構造的にはロケット花火を例にすると想像するのに丁度いい。ケースが外側の紙ケース、ノズルが紙ケース下部、推進薬が火薬、点火装置が導火線である。実際ロケット花火も固体燃料ロケットの一種である。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と固体燃料ロケット · 続きを見る »

国際宇宙ステーション

CGによる完成予想図。 国際宇宙ステーション(こくさいうちゅうステーション、International Space Station、略称:ISS、Station spatiale internationale、略称:SSI、Междунаро́дная косми́ческая ста́нция、略称:МКС)は、アメリカ合衆国、ロシア、日本、カナダ及び欧州宇宙機関 (ESA) が協力して運用している宇宙ステーションである。地球及び宇宙の観測、宇宙環境を利用した様々な研究や実験を行うための巨大な有人施設である。地上から約400km上空の熱圏を秒速約7.7km(時速約27,700km)で地球の赤道に対して51.6度の角度で飛行し、地球を約90分で1周、1日で約16周する。なお、施設内の時刻は、協定世界時に合わせている。 1999年から軌道上での組立が開始され、2011年7月に完成した。当初の運用期間は2016年までの予定であったが、アメリカ、ロシア、カナダ、日本は少なくとも2024年までは運用を継続する方針を発表もしくは決定している。運用終了までに要する費用は1540億USドルと見積もられている(詳細は費用を参照)。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と国際宇宙ステーション · 続きを見る »

メの翼。揚力を発生させる構造を見ることが出来る 翼(つばさ)は、鳥や航空機などの飛翔体が備え、空気中での飛行のために使用される構造。さらに広義の用法もある。文脈によっては「ヨク」とも読む。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と翼 · 続きを見る »

EFT-1

EFT-1(Exploration Flight Test 1)は、オリオンの宇宙船初飛行となる無人試験飛行である。かつてはOFT-1(Orion Flight Test 1)と呼ばれていた。 2014年12月5日にデルタIVヘビーロケットに搭載してケープカナベラル空軍基地第37発射施設から打ち上げられた。このミッションは約4時間30分のミッションであり、その間に軌道を2周する。2周目の軌道の遠地点と20,000mphに及ぶ高速での大気圏再突入に焦点が当てられている。太平洋に着水後は、このオリオンカプセルは回収され、打ち上げ脱出システムを使う上昇中断試験に再利用される予定。宇宙船は再突入が始まるまでデルタIVの上段ステージに結合したままにされる。今回は太陽電池は積んでおらず内部に搭載したバッテリーに依存するまたESAが開発を担当しているサービス・モジュールや、新たに開発された打ち上げ脱出システム(分離用のモーターのみ装備)はダミーを使っている。 この飛行は、2018年に予定されているスペース・ローンチ・システム(SLS)ロケットによる最初の打上げとなるEM-1(Exploration Mission 1)に先駆けて、アビオニクス、耐熱シールド、パラシュート等を含むオリオンの様々なシステムを試験することを目的としたものである。 EFT-1オリオンは、ロッキード・マーティンによって製造された。2012年6月22日、最後の溶接が完了し、その後ケネディ宇宙センターに移送され、残りの部分が完成された。 試験飛行から得られたデータの分析は、2015年4月に行われるCritical Design Review (CDR)で評価される予定 。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とEFT-1 · 続きを見る »

読売新聞

読売新聞東京本社(千代田区大手町) 読売新聞旧東京本社(千代田区大手町、現存せず) 2010年10月から2014年1月まで読売新聞東京本社の仮社屋として使用されていた旧日産自動車本社ビル(中央区銀座) 読売新聞中部支社新社屋 読売新聞中部支社(旧中部本社)旧社屋 読売新聞大阪本社 読売新聞西部本社 読売新聞(よみうりしんぶん、新聞の題字および漢字制限前の表記は讀賣新聞、英語:Yomiuri Shimbun)は、株式会社読売新聞東京本社、株式会社読売新聞大阪本社および株式会社読売新聞西部本社が発行する新聞である。 題号は、江戸時代に瓦版を読みながら売っていた「読売」に由来する。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と読売新聞 · 続きを見る »

HOPE (宇宙往還機)

HOPE(ホープ、)は、日本の宇宙開発事業団 (NASDA) と航空宇宙技術研究所 (NAL) が研究開発していた、再利用可能な無人宇宙往還機である。 日本版スペースシャトルとも呼ばれるが、アメリカ航空宇宙局が運用していたスペースシャトルとは異なる。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とHOPE (宇宙往還機) · 続きを見る »

J-2ロケットエンジン

J-2エンジン詳細 J-2エンジンを5基搭載したサターンV ロケット二段目(S-II) J-2ロケットエンジンは、アメリカ合衆国で開発された液体燃料ロケットエンジン。ロケットダイン社が製造し、スペース・シャトルのメインエンジン(Space Shuttle Main Engine, SSME)が誕生するまでは、アメリカ合衆国で最大出力の液体水素を燃料とするロケットエンジンであった。またNASAの中止されたコンステレーション計画において、アレスI およびアレスV の二段目ロケットとして運用することが予定されていた。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とJ-2ロケットエンジン · 続きを見る »

RS-68 (ロケットエンジン)

RS-68 (Rocket System 68)はロケットダイン社によって開発された液体水素と液体酸素を推進剤とする大型ロケットエンジンである。液体水素を燃料とするロケットエンジンとしては最も強力なエンジンで海面高度における推力はスペースシャトルのメインエンジン(SSME)の約2倍である。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)とRS-68 (ロケットエンジン) · 続きを見る »

欧州宇宙機関

欧州宇宙機関(おうしゅううちゅうきかん、, ASE、, ESA)は、1975年5月30日にヨーロッパ各国が共同で設立した、宇宙開発・研究機関である。設立参加国は当初10か国、現在は19か国が参加し、2000人を超えるスタッフがいる。 本部はフランスに置かれ、その活動でもフランス国立宇宙センター (CNES) が重要な役割を果たし、ドイツ・イタリアがそれに次ぐ地位を占める。主な射場としてフランス領ギアナのギアナ宇宙センターを用いている。 人工衛星打上げロケットのアリアンシリーズを開発し、アリアンスペース社(商用打上げを実施)を通じて世界の民間衛星打ち上げ実績を述ばしている。2010年には契約残数ベースで過去に宇宙開発などで存在感を放ったソビエト連邦の後継国のロシア、スペースシャトル、デルタ、アトラスといった有力な打ち上げ手段を持つアメリカに匹敵するシェアを占めるにおよび、2014年には受注数ベースで60%のシェアを占めるにいたった。 ESA は欧州連合と密接な協力関係を有しているが、欧州連合の専門機関ではない。加盟各国の主権を制限する超国家機関ではなく、加盟国の裁量が大きい政府間機構として形成された。リスボン条約によって修正された欧州連合の機能に関する条約の第189条第3項では、「欧州連合は欧州宇宙機関とのあいだにあらゆる適切な関係を築く」と規定されている。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と欧州宇宙機関 · 続きを見る »

欧州補給機

欧州補給機(おうしゅうほきゅうき、: ATV)は、欧州宇宙機関 (ESA) が開発した、国際宇宙ステーション (ISS) に燃料や水、空気、補給品、実験装置を運搬する無人宇宙補給機。補給ミッションの他、大気の抵抗によって降下するISSを、リブーストによって軌道高度を調整する役割も担っている。 打ち上げはフランス領ギアナのクールー宇宙基地からアリアン5ロケットで行われ、約10日間の飛行の後、ISSへと到着しズヴェズダ後方のドッキングポートへ自動ドッキングする。 初飛行は数回に渡って延期されていたが、2008年3月9日(フランス領ギアナ時間)に初号機「ジュール・ヴェルヌ」が打ち上げられた。運用計画は2014年の5号機「ジョルジュ・ルメートル」で終了した。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と欧州補給機 · 続きを見る »

液体酸素

液体酸素(えきたいさんそ)とは、液化した酸素のこと。酸素の沸点は−183℃、凝固点は−219℃である。製鉄や医療現場の酸素源やロケットの酸化剤として利用され、LOX (Liquid OXygen)、LO2のように略称される。有機化合物に触れると爆発的に反応することがある。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と液体酸素 · 続きを見る »

月(つき、Mond、Lune、Moon、Luna ルーナ)は、地球の唯一の衛星(惑星の周りを回る天体)である。太陽系の衛星中で5番目に大きい。地球から見て太陽に次いで明るい。 古くは太陽に対して太陰とも、また日輪(.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と月 · 続きを見る »

打ち上げ脱出システム

LESの発射試験(アポロPAT-1) アポロ宇宙船の打ち上げ脱出システム 炎上するロケットから脱出するソユーズT-10-1号のカプセル。これは試験や誤発射以外で打ち上げ脱出システムが用いられた唯一の例となっている。 打ち上げ脱出システム (Launch Escape System: LES)(またはLaunch Abort System: LAS) とは、有人宇宙船の乗員モジュールの先端に取り付けられているロケットモジュールである。たとえば爆発の危機など、乗員に差し迫った脅威がある緊急時に、打ち上げロケットから乗員モジュールを瞬時に離脱させることを目的とする。脱出ロケットは乗員モジュールの上に取り付けられ、ロケットエンジンの噴流が乗員モジュールに当たらないように角度が付けられた分離ノズルとなっていることが特徴である。乗員モジュールの上に立つ塔のような形態のものには、打ち上げプロセスを中断して作動させることから「アボートタワー」という通称がある。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と打ち上げ脱出システム · 続きを見る »

1967年

記載なし。

新しい!!: オリオン (宇宙船)と1967年 · 続きを見る »

1975年

記載なし。

新しい!!: オリオン (宇宙船)と1975年 · 続きを見る »

1980年代

1980年代(せんきゅうひゃくはちじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1980年から1989年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1980年代について記載する。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と1980年代 · 続きを見る »

1990年代

1990年代(せんきゅうひゃくきゅうじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1990年から1999年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1990年代について記載する。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と1990年代 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と2006年 · 続きを見る »

2010年

この項目では、国際的な視点に基づいた2010年について記載する。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と2010年 · 続きを見る »

2011年

この項目では、国際的な視点に基づいた2011年について記載する。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と2011年 · 続きを見る »

2013年

この項目では、国際的な視点に基づいた2013年について記載する。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と2013年 · 続きを見る »

2014年

この項目では、国際的な視点に基づいた2014年について記載する。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と2014年 · 続きを見る »

2015年

この項目では、国際的な視点に基づいた2015年について記載する。.

新しい!!: オリオン (宇宙船)と2015年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

Crew Exploration Vehicleオリオン宇宙船

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »