ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

オフサイド

索引 オフサイド

フサイドとは、団体球技でプレー禁止区域を定めたルール。.

16 関係: 塀内夏子中世主審メートルモール (ラグビー)ラック (ラグビー)ラインアウトフリーキック (サッカー)フットボールイングランドイギリス帝国オーストラリアンフットボールスクラム (ラグビー)副審玉木正之清涼飲料水

塀内夏子

塀内 夏子(へいうち なつこ、1960年6月30日 - )は、日本の漫画家。神奈川県川崎市宮前区出身。女性。元ペンネームは、塀内真人(へいうち まさと)。.

新しい!!: オフサイドと塀内夏子 · 続きを見る »

中世

中世(ちゅうせい、英語:middle ages)は、狭義には西洋史の時代区分の一つで、古代よりも後、近代または近世よりも前の時代を指す。17世紀初頭の西洋では中世の観念が早くも定着していたと見られ、文献上の初見は1610年代にまでさかのぼる。 また、広義には、西洋史における中世の類推から、他地域のある時代を「中世」と呼ぶ。 ただし、あくまでも類推であって、西洋史における中世と同じ年代を指すとは限らないし、「中世」という時代区分を用いない分野のことも多い。 また、西洋では「中世」という用語を専ら西洋史における時代区分として使用する。 例えば英語では日本史における「中世」を通常は「feudal Japan」(封建日本)や「medieval Japan」(中世日本)とする。.

新しい!!: オフサイドと中世 · 続きを見る »

主審

主審(しゅしん)とは、スポーツ競技などの審判員の中で主な判定を下す者を指す。複数の審判員によって構成される審判団の中で、最終的な審判は主審に委ねられる。 各競技によって主審の呼称は異なるが、代表的なものとしてレフェリーとチーフ・アンパイアが挙げられる。.

新しい!!: オフサイドと主審 · 続きを見る »

メートル

メートル(mètre、metre念のためであるが、ここでの「英」は英語(English language)による綴りを表しており、英国における綴りという意味ではない。詳細は「英語表記」の項及びノートの「英語での綴り」を参照。、記号: m)は、国際単位系 (SI) およびMKS単位系における長さの物理単位である。他の量とは関係せず完全に独立して与えられる7つのSI基本単位の一つである。なお、CGS単位系ではセンチメートル (cm) が基本単位となる。 元々は、地球の赤道と北極点の間の海抜ゼロにおける子午線弧長を 倍した長さを意図し、計量学の技術発展を反映して何度か更新された。1983年(昭和58年)に基準が見直され、現在は1秒の 分の1の時間に光が真空中を伝わる距離として定義されている。.

新しい!!: オフサイドとメートル · 続きを見る »

モール (ラグビー)

ニュージーランド代表(黒)と南アフリカ代表(緑)のモール ラグビーユニオンにおけるモール(Maul)とは、ラグビー試合中でのプレー状態の一つ。スクラムやラックなどと共に密集戦の一つであるが、ボールを保持した状態(地面に落としていない状態)で行われるのが特徴である。 ボールを保持したままモールを押し込む「ドライビングモール」などのバリエーションも見られる。.

新しい!!: オフサイドとモール (ラグビー) · 続きを見る »

ラック (ラグビー)

ラック ラグビーにおけるラック(Ruck)とは、試合中でのプレー状態の一つ。スクラムやモールなどと共に密集戦の一つである。ボールが地面にある状態で行われるという点ではスクラムに類似しているが、いったん静止状態から再開されるスクラムと異なり、プレー中に始まる点が異なる点である。 ラグビーユニオンでは重要であるが、攻撃権の概念があるラグビーリーグでは、ラックで選手が密集した状態は発生しない。.

新しい!!: オフサイドとラック (ラグビー) · 続きを見る »

ラインアウト

ラインアウトは、ラグビーユニオンにおける試合再開の型(いわゆるセットプレー)の一つである。ラグビーのルールブックによると、ラインアウトの目的は、ボールがタッチになった後、2列に並んだプレーヤーの間にボールを投入することによって、早く、安全に、公平に試合を再開することである。サッカーにおけるスローインに相当する。ラグビーリーグではラインアウトは1897年に廃止された。 以下、特記ない限り、日本ラグビーフットボール協会ルールによる。.

新しい!!: オフサイドとラインアウト · 続きを見る »

フリーキック (サッカー)

フリーキック サッカーにおけるフリーキック(Free Kick)とは、試合中に何らかのファウル、不正行為が行われた時、反則を受けた側が反則を受けた地点から相手の妨害を受けない形でキックする事によってプレーを再開するルールである。.

新しい!!: オフサイドとフリーキック (サッカー) · 続きを見る »

フットボール

様々なフットボールコード。左上から右下の順にアソシエーション・フットボール(サッカー)、オーストラリアンフットボール、インターナショナル・ルールズ・フットボール、ラグビーユニオン、ラグビーリーグ、アメリカンフットボール。 フットボール()、蹴球(しゅうきゅう)は、程度の差はあるが、得点するために指定された相手陣地のゴールにボールを蹴り込む要素を含む様々なスポーツを意味する。これらの中で世界的に最も人気があるのはアソシエーション・フットボールであり、より一般的には単に「フットボール」あるいは「サッカー」として知られている。ただし、「フットボール」という語句がどのスポーツを意味するかはその地域でどのフットボールが最も人気があるかによって異なり、アメリカンフットボールやオーストラリアンフットボール、カナディアンフットボール、ゲーリックフットボール、ラグビーリーグ、ラグビーユニオン、その他のフットボール競技が最も人気のある地域ではそれぞれのスポーツがフットボールと呼ばれる。これらの様々なフットボールの派生競技はフットボールコード(code: 規則体系)として知られている。 歴史的には様々なフットボールがあり、大半は小作人に人気の競技として見られる。現代のフットボールコードは、18世紀および19世紀のイングランドのパブリックスクールにおけるこれらの競技の成文化に遡ることができる。大英帝国の影響力と力によってこれらのフットボールのルールは大英帝国が支配する地域の外にも広がっていたが、19世紀末までにはゲーリックフットボールのような地域ごとの独特なフットボールコードが既に発展していた。1888年に、イングランドで最初のプロフェッショナルフットボール競技会であるフットボールリーグが創設された。20世紀の間に、様々なフットボールは世界で最も人気のあるチームスポーツとなった。.

新しい!!: オフサイドとフットボール · 続きを見る »

イングランド

イングランド(England)は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国」(country)の一つである。人口は連合王国の83%以上、面積はグレートブリテン島の南部の約3分の2を占める。北方はスコットランドと、西方はウェールズと接する。北海、アイリッシュ海、大西洋、イギリス海峡に面している。 イングランドの名称は、ドイツ北部アンゲルン半島出身のゲルマン人の一種であるアングル人の土地を意味する「Engla-land」に由来する。イングランドは、ウェールズとともにかつてのイングランド王国を構成していた。.

新しい!!: オフサイドとイングランド · 続きを見る »

イギリス帝国

イギリス帝国(イギリスていこく、British Empire)は、イギリスとその植民地・海外領土などの総称である。大英帝国(だいえいていこく)ともいう。 帝国は時代ごとの性質により、以下のように区分できる。.

新しい!!: オフサイドとイギリス帝国 · 続きを見る »

オーストラリアンフットボール

ーストラリアンフットボール(Australian Football)は、楕円球形のボールを用いて1チーム18人の2チーム間で行われるフットボールである。 日本でオーストラリアンフットボールを統括する一般社団法人日本オーストラリアンフットボール協会によると、オーストラリアで最も人気のあるスポーツの一つであり、オーストラリアではフッティー(Footy)、オージールールズ(Aussie Rules)とも呼称される。また、日本ではオージーボールとも呼ばれる。 インターナショナルルールで、GAAのアイルランド代表チームとの国際親善試合が実施されている。競技は冬にクリケット競技場(楕円形のため、オーヴァルと呼ばれる)で行われる。.

新しい!!: オフサイドとオーストラリアンフットボール · 続きを見る »

スクラム (ラグビー)

ルーク・バージェスがスクラムにボールを入れている。 ラグビーユニオンのスクラムの横からの画像 スクラム(scrum)とは、ラグビーユニオンやラグビーリーグといったスポーツにおける試合再開の型(いわゆるセットプレー)の一つである。ノックオン、スローフォワードのような軽い反則後や、モール、ラックで密集からボールが出ない場合、ボールがラインの外に出た場合(ラグビーリーグのみ)にとられる方法である。スクラメージ(scrummage)の短縮型。 スクラムは、ラグビーリーグよりもラグビーユニオンにおいて行なわれることが多く、また重要度も高い。 どちらのスポーツでも、スクラムはフォワードに指定された選手が3列に組み合わさって作られる。次に、スクラムは相手チームと「エンゲージ」し、選手の頭は相手チームのフロントロー(前列)の選手の頭と連結される。反則を犯さなかったチームのスクラムハーフはフロントローの選手の脚の間のトンネルにボールを投げ入れる。どちらのチームも、フッカーが足でボールを後ろに掻きこむことでボールを奪い合う。 ユニオンとリーグの重要な違いは、ラグビーユニオンでは、どちらのフォワードもボールを争っている間相手を後ろに押そうとするため、ボールを投げ入れない方のチームもボールを得る機会がある。しかしながら、実際にはボールを投げ入れたチームが大抵ボールを得る。ラグビーリーグのスクラムは形式化しており、通常スクラムで押し合わず、しばしばトンネルではなく自チームのフロントローの足元にボールを投げ入れ、自チームがほぼ必ずボールを得る。.

新しい!!: オフサイドとスクラム (ラグビー) · 続きを見る »

副審

副審(ふくしん)とは、スポーツ競技などの審判員の中で主審へ対して判定の手助けをする者を指す。.

新しい!!: オフサイドと副審 · 続きを見る »

玉木正之

玉木 正之(たまき まさゆき、1952年(昭和27年)4月6日 - )は、京都府京都市出身の日本のスポーツライター。日本ゴルフ改革会議副議長。.

新しい!!: オフサイドと玉木正之 · 続きを見る »

清涼飲料水

清涼飲料水の例 清涼飲料水(せいりょういんりょうすい)とは、アルコール分を含まない(アルコール分1%未満)飲用の液体物で、味や香りがある飲料水のことである。.

新しい!!: オフサイドと清涼飲料水 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

オフサイドポジション

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »