ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

エンリケ1世 (ナバラ王)

索引 エンリケ1世 (ナバラ王)

ンリケ1世(スペイン語:Enrique I, 1244年頃 - 1274年7月22日)は、ナバラ王およびシャンパーニュ伯(在位:1270年 - 1274年)。シャンパーニュ伯としてはアンリ3世(フランス語:Henri III)。「肥満王」(スペイン語:el Gordo、フランス語:le Gros)と呼ばれる。ナバラ王テオバルド1世(シャンパーニュ伯ティボー4世)と妃マルグリット・ド・ブルボンの次男。.

26 関係: 同君連合ナバラ君主一覧ナバラ王国ルイ9世 (フランス王)ロベール1世 (アルトワ伯)ブランシュ・ダルトワブロワ家パンプローナテオバルド1世 (ナバラ王)テオバルド2世 (ナバラ王)フランス王国フランス語フアナ1世 (ナバラ女王)フィリップ4世 (フランス王)ダンテ・アリギエーリシャンパーニュ伯スペイン語神曲煉獄1244年1269年1270年1273年1274年1284年7月22日

同君連合

同君連合(どうくんれんごう)は、複数の君主国の君主が同一人物である状態・体制のことである。同君連合の形態は大きく2つに分けることができる。同君連合の各構成国がそれぞれ独立した主権をもち続ける人的同君連合 と、各構成国を超えた中央政府が置かれて一元的にコントロールされる物的同君連合 の2つである。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)と同君連合 · 続きを見る »

ナバラ君主一覧

本項では、パンプローナ、後のナバラ王国の君主を一覧で列挙する。パンプローナはアラゴン王国(1076年 – 1134年)と合同する前の最初の王国の名前である。領域上の名称であるナバラが10世紀に代わって用いられるようになるが、パンプローナの名称は12世紀まで保持された。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)とナバラ君主一覧 · 続きを見る »

ナバラ王国

ナバラ王国(ナバーラ王国とも、Nafarroako Erresuma、Reino de Navarra、Royaume de Navarre)は、中世のイベリア半島北東部パンプローナより興った王国。824年バスク人の首領アリスタがパンプローナで王として選ばれフランク王国に対する反乱を率いたことによる。ナバラの名は、7世紀のスペインでの西ゴート族の時代が終わりを告げた頃から登場している。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)とナバラ王国 · 続きを見る »

ルイ9世 (フランス王)

ルイ9世(Louis IX, 1214年4月25日 - 1270年8月25日)は、フランス王国カペー朝第9代の国王(在位:1226年 - 1270年)。ルイ8世とカスティーリャ王アルフォンソ8世の娘ブランシュの子。死後、カトリック教会より列聖され、ここから、Saint-Louis(サン=ルイ)と呼ばれるようになった。これは日本語では聖ルイあるいは聖王ルイと訳される。米国の都市、セントルイス(ミズーリ州)の地名の由来ともなった(セントルイスはSaint-Louisを英語読みしたもの)。ブルボン家の先祖でもあり、同家の王の多くがルイを名乗るのも彼に由来すると思われる。同じく聖王と称されたカスティーリャ王フェルナンド3世は従兄。 内政に力を入れ長期の平和を保ったため、彼の治世の間、フランス王国は繁栄した。国内外を問わず、争いを収めるよう努力したためヨーロッパの調停者と呼ばれ、高潔で敬虔な人格から理想のキリスト教王と評価されている。ただ、宗教的情熱から2回の十字軍を行ったが、莫大な費用を費やし、自身も捕虜となるなど散々な負け戦を喫し、失敗に終わっている。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)とルイ9世 (フランス王) · 続きを見る »

ロベール1世 (アルトワ伯)

ベール1世(Robert Ier d'Artois, 1216年 - 1250年2月8日)は、フランス王ルイ8世と王妃ブランシュ・ド・カスティーユの息子で、ルイ9世の弟。カペー家の支流アルトワ家の祖。 兄ルイ9世と共に第7回十字軍に参加してアイユーブ朝統治下のエジプトを攻撃したが、カイロへ進軍途中の1250年にマンスーラの戦いで敗死した。なお、エジプトを征服したあかつきには、ロベール1世をエジプト王に擁立する話があったという。 1237年にブラバント公アンリ2世の娘マティルドと結婚し、1男1女をもうけた。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)とロベール1世 (アルトワ伯) · 続きを見る »

ブランシュ・ダルトワ

ブランシュ・ダルトワ(仏:Blanche d'Artois, 1248年 - 1302年5月2日)は、ナバラ王エンリケ(アンリ)1世の王妃。後にイングランド王エドワード1世の弟エドマンドと再婚した。スペイン語名はブランカ(Blanca de Artois)、英語名はBlanche of Artois。父はフランス王ルイ9世の弟アルトワ伯ロベール1世、母はブラバント公アンリ2世の娘マティルド。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)とブランシュ・ダルトワ · 続きを見る »

ブロワ家

ブロワ家(フランス語:maison de Blois)は、中世フランスの貴族の家系。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)とブロワ家 · 続きを見る »

パンプローナ

パンプローナ(Pamplona)またはイルーニャ(IruñaまたはIruñea)は、スペイン・ナバーラ州のムニシピオ(基礎自治体)。ナバーラ州の州都である。かつてはナバーラ王国の首都だった。 毎年7月6日から14日にはサン・フェルミン祭(牛追い祭り)が開催される。アーネスト・ヘミングウェイの長編小説『日はまた昇る』の主な舞台である。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)とパンプローナ · 続きを見る »

テオバルド1世 (ナバラ王)

テオバルド1世(Teobaldo I de Navarra, Thibaut Ier de Navarre, 1201年5月30日 – 1253年7月8日)は、フランスのシャンパーニュ伯(ティボー4世、在位:1201年 – 1253年)、後にナバラ王(在位1234年 – 1253年)。詩人王、遺腹王と呼ばれる。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)とテオバルド1世 (ナバラ王) · 続きを見る »

テオバルド2世 (ナバラ王)

テオバルド2世(スペイン語:Teobaldo II, 1238年頃 - 1270年12月4日)は、ナバラ王およびシャンパーニュ伯(在位:1253年 - 1270年)。シャンパーニュ伯としてはティボー5世(フランス語:Thibaud V)。「若年王」(el Joven)と呼ばれる。ナバラ王テオバルド1世(詩人王あるいは遺腹王。シャンパーニュ伯ティボー4世)とその3番目の妃マルガリータ・デ・ボルボーン(マルグリット・ド・ブルボン)の長男。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)とテオバルド2世 (ナバラ王) · 続きを見る »

フランス王国

フランス王国(フランスおうこく、Royaume de France)は、現在のフランス共和国の領域にかつて存在し、その前身となった王国。起源はフランク王国に遡り、「フランス王国」の名も「フランク王国」の発音が変化したものである。また、西フランク王国とフランス王国は同一の王国を指す歴史学上の別名であり、一般にはユーグ・カペーが西フランク王に即位した987年以降の西フランク王国を指して「フランス王国」と呼び、それ以前のフランス王国を指して西フランク王国と呼ぶ。これを前提とすると、1789年のフランス革命まで800年間、さらに1848年にオルレアン朝が倒れて王政が廃止されるまで、第一共和政・第一帝政期(1792年 - 1814年)を挟んで約840~860年間、存続したことになる。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)とフランス王国 · 続きを見る »

フランス語

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、'''フランコフォン''' (francophone) と言う。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)とフランス語 · 続きを見る »

フアナ1世 (ナバラ女王)

フアナ1世 フアナ1世(スペイン語:Juana I、1271年4月17日 - 1305年4月4日)は、ナバラ女王およびシャンパーニュ女伯(在位:1274年 - 1305年)。シャンパーニュ伯としてはジャンヌ(フランス語:Jeanne)。エンリケ1世とその妃ブランカ(ブランシュ・ダルトワ、ルイ9世の弟・アルトワ伯ロベール1世の娘)の一人娘。後にフランス王フィリップ4世の王妃となった。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)とフアナ1世 (ナバラ女王) · 続きを見る »

フィリップ4世 (フランス王)

フィリップ4世(、1268年 - 1314年11月29日)は、フランス王(在位:1285年 - 1314年)、およびナバラ王としてはフェリペ1世(、在位:1284年 - 1305年)。整った顔立ちのため「端麗王」(le Bel、ル・ベル)と称される藤田(1995)pp.106-109。 官僚制度の強化に努め、やがて絶対王政へとつながる中央集権化の第一歩を踏み出した。対外的には、毛織物業で栄え経済的に豊かであったフランドル地方の支配を目指し、フランドル諸都市の市民と激しく争った。ローマ教皇とも対立し、フランス国内の支持を得てアナーニ事件を起こし、最終的には教皇権を王権に従えて教皇庁をアヴィニョンに移し(アヴィニョン捕囚、または「教皇のバビロン捕囚」)、また、テンプル騎士団を異端として弾圧し、解散に追い込み、後世「教皇を憤死させた王」として一部より悪評を得ることとなった。これらはそれぞれ、教会の徴税権に対する権益拡大と騎士団財産の没収を意味した。また、フィリップはパリ高等法院を創設して売官できるようにしたり、三部会を設置して市中からも資金を吸い上げたりした。フィリップは封建関係の頂点に立ち、国家の防衛や国益のために従来の慣習を超えて行動した。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)とフィリップ4世 (フランス王) · 続きを見る »

ダンテ・アリギエーリ

ダンテ・アリギエーリ(イタリア語:Dante Alighieri、1265年 - 1321年9月14日)は、イタリア都市国家フィレンツェ出身の詩人、哲学者、政治家。 ダンテの代表作は古代ローマの詩人ウェルギリウスと共に地獄(Inferno)、煉獄(Purgatorio)、天国(Paradiso)を旅するテルツァ・リーマで構成される叙事詩『神曲(La Divina Commedia)』であり、他に詩文集『新生(La Vita Nuova)』がある。イタリア文学最大の詩人で、大きな影響を与えたとされるルネサンス文化の先駆者と位置付けられている。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)とダンテ・アリギエーリ · 続きを見る »

シャンパーニュ伯

ャンパーニュ伯(comtes de Champagne)は、フランス王国のシャンパーニュ地方を1022年から1314年まで支配した領主、またはその称号。ヴェルマンドワ家の領したモー伯領と、ブルゴーニュ公家の領していたトロワ伯領の統合により成立し、ブロワ家のユーグの時に、正式にシャンパーニュ伯を称した。ブロワ伯と深く関係し、両方を兼ねるものも多かった。 チボー2世、アンリ1世の時代にフランス王家と抗争しながらも姻戚関係を深め、また領内に築かれたシャンパーニュ大市の保護者となることでフランス有数の諸侯となった。十字軍にも関わり、アンリ2世はエルサレム女王イザベル1世と結婚しエルサレム王となり、チボー3世は第4回十字軍の指導者に選ばれたが出発前に病没した。チボー4世の時に母系相続によりナバラ王を兼ねる。 1314年にナバラ王を兼ねていたルイが父フィリップ4世の跡を継ぎ、フランス王ルイ10世として即位した時、シャンパーニュ伯領は王領に組み込まれた。以降、同地の代官が儀礼的爵位としてシャンパーニュ伯を名乗った。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)とシャンパーニュ伯 · 続きを見る »

スペイン語

ペイン語(スペインご、)もしくはカスティーリャ語(カスティーリャご、)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語。略して西語とも書く。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)とスペイン語 · 続きを見る »

神曲

『神曲』(しんきょく、)は、13世紀から14世紀にかけてのイタリアの詩人・政治家、ダンテ・アリギエーリの代表作である。 地獄篇、煉獄篇、天国篇の3部から成る、全14,233行の韻文による長編叙事詩であり、聖なる数「3」を基調とした極めて均整のとれた構成から、しばしばゴシック様式の大聖堂にたとえられる。イタリア文学最大の古典とされ、世界文学史にも重きをなしている。当時の作品としては珍しく、ラテン語ではなくトスカーナ方言で書かれていることが特徴である。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)と神曲 · 続きを見る »

煉獄

煉獄(れんごく、Purgatorium)とは、カトリック教会の教義で、この世のいのちの終わりと天国との間に多くの人が経ると教えられる清めの期間『カトリック教会の教え』(159頁)、カトリック中央協議会 ISBN 9784877501068。『カトリック教会のカテキズム』では、「神の恵みと神との親しい交わりとを保ったまま死んで、永遠の救いは保証されているものの、天国の喜びにあずかるために必要な聖性を得るように浄化(清め)の苦しみを受ける人々の状態」と説明する『カトリック教会のカテキズム 要約(コンペンディウム)』(124頁)、カトリック中央協議会 ISBN 9784877501532。 正教会やプロテスタントなどキリスト教の他の教派では、後述するように煉獄の存在を認めていない。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)と煉獄 · 続きを見る »

1244年

記載なし。

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)と1244年 · 続きを見る »

1269年

記載なし。

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)と1269年 · 続きを見る »

1270年

記載なし。

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)と1270年 · 続きを見る »

1273年

記載なし。

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)と1273年 · 続きを見る »

1274年

記載なし。

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)と1274年 · 続きを見る »

1284年

記載なし。

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)と1284年 · 続きを見る »

7月22日

7月22日(しちがつにじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から203日目(閏年では204日目)にあたり、年末まであと162日ある。誕生花はペチュニア、ナツツバキ。.

新しい!!: エンリケ1世 (ナバラ王)と7月22日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »