ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

エレクトロニック・ボディ・ミュージック

索引 エレクトロニック・ボディ・ミュージック

レクトロニック・ボディ・ミュージック(Electronic Body Music)は、1980年代後半から1990年代前半にかけて興隆した音楽の一ジャンルである。.

35 関係: ナイン・インチ・ネイルズミュート・レコードミニストリー (バンド)マリリン・マンソンハウス (音楽)ポストパンクロードランナー・レコードロック (音楽)ヘヴィメタルパンク・ロックヒップホップテクノ (ダンスミュージック)フューチャーポップフロント・ライン・アッセンブリーニュー・ウェーブニッツァー・エブダーク・エレクトロベルギーアルファレコードインダストリアルインダストリアル・メタルインダストリアル・ロックエイドリアン・シャーウッドキリング・ジョークコラージュシンセポップジョイ・ディヴィジョンスロッビング・グリッスルスキニー・パピーサンプリングサイアー・レコードサイケデリックトランスDAF (バンド)KMFDMSPV (企業)

ナイン・インチ・ネイルズ

ナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランドで結成されたインダストリアル・ロックバンド。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとナイン・インチ・ネイルズ · 続きを見る »

ミュート・レコード

ミュート・レコード(Mute Records)は、1978年に創立されたイギリスのインディーズ・レコード・レーベルである。初期のリリースは、インダストリアル・ミュージック、及び、ノイズ・ミュージック中心で、後には、エレクトロニックが中心となった。2002年にEMIに買収、その後も所有権は複数の大手レコード会社に委託されたが、一貫して創始者のダニエル・ミラーに全権が任されている。 レーベル内に複数のサブ・レーベルを抱えており、テクノ・ハウスのアーティストを抱えるNova Mute、オルタナティブロックからパン・ソニックなどのノイズ・ミュージックなども扱うBlast First、1980年代のインダストリアル・ミュージックなどのアーティストの復刻盤を扱うThe Gray Areaなどが存在していたが、現在はその多くが休止または独立(Blast First Petite)したりしている。 またレーベル運営と並行して、音楽出版会社ミュート・ソング(Mute Song)によるパブリッシングにも精を出しており、ミュート・レコードに所属しているアーティストのほか、デペッシュ・モードやニック・ケイヴ・アンド・ザ・バッドシーズのようにかつてはレーベルに所属していたアーティストが楽曲の権利の管理を託していたり、アンダーワールド(およびカール・ハイド)のように版権管理のみを託しているケースもある。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとミュート・レコード · 続きを見る »

ミニストリー (バンド)

ミニストリー (Ministry) は、アメリカ合衆国のインダストリアル・メタルバンド。シカゴで結成したスペシャル・アフェクトを元に誕生。当初の音楽性はエレクトロニック・ボディ・ミュージックだったが、スラッシュメタルを取り入れ、インダストリアル・メタルの重鎮としてその地位につく。1981年に結成し2008年に解散。2011年に再結成し2013年に「最後のスタジオアルバム」を作り、その後はライヴを中心に活動している。2016年時点で、バンド(特にアル・ジュールゲンセン)は新作を作るつもりはない模様。(英語版の項目も参照のこと).

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとミニストリー (バンド) · 続きを見る »

マリリン・マンソン

マリリン・マンソン (、本名:ブライアン・ヒュー・ワーナー(Brian Hugh Warner)、1969年1月5日 - )は、アメリカ合衆国のミュージシャン。ロックバンド「マリリン・マンソン」のリードヴォーカリスト。マリリン・マンソンの芸名は、マリリン・モンローとチャールズ・マンソンから取られている。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとマリリン・マンソン · 続きを見る »

ハウス (音楽)

ハウス・ミュージック(House music)は、1977年にアメリカ合衆国シカゴで誕生した音楽ジャンルの一つ。単にハウスと呼ばれることが多い。70年代のディスコやフィリー・ソウル、サルソウル・サウンドなどを起源としている。ルーツとしては、ゲイなどに対する性差別解消をテーマにしたカルチャーが存在した。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとハウス (音楽) · 続きを見る »

ポストパンク

ポストパンク(Post-punk)は、1970年代の終わりから勃興した音楽ジャンルである。2000年代においてはガレージロック・リバイバルの流れに沿ったポストパンク・リバイバル(Post-punk revival)として再評価された。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとポストパンク · 続きを見る »

ロードランナー・レコード

ードランナー・レコード (Roadrunner Records)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州のレコード・レーベル。ヘヴィメタル系のバンドが多く所属しており、その中でもメタルコアやニューメタルなど1990年代以降のヘヴィメタルを主に扱っている。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとロードランナー・レコード · 続きを見る »

ロック (音楽)

音楽ジャンルとしてのロック、ないし、ロック・ミュージック、ロック音楽(ロックおんがく、rock music)は、1950年代にアメリカ合衆国におけるロックンロールを起源とし、1960年代以降、特にイギリスやアメリカ合衆国で、幅広く多様な様式へと展開したポピュラー音楽のジャンルであるP.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとロック (音楽) · 続きを見る »

ヘヴィメタル

ヘヴィメタル(英語:heavy metal)は、音楽のジャンルの一つ。基本的な俗称はメタル。他にHM、ヘヴィメタ、ヘビメタただし、日本においてヘヴィメタルを「ヘビメタ」と略すのは侮辱的な意味が含まれている事があり、メタルファンからは好まれていない。参照: Techinsight 2013年9月27日など。1960年代の終わりから1970年代の初頭にかけてイギリスなどで広く発展したロックのスタイルのひとつである。両者を並べてHR/HM(HM/HR)と表現することもある。歌詞やパフォーマンスが男らしさや攻撃性、マチズモと結びつけられることもある。また、ファンはメタルヘッド(日本においてはメタラーとも)などと呼ばれる。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとヘヴィメタル · 続きを見る »

パンク・ロック

パンク・ロック (Punk Rock) は、1970年代中頃に生まれたロックのスタイルの一つ。パンクと略称されることが多い。 日本のパンクバンドについては、日本のパンク・ロックの項を参照。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとパンク・ロック · 続きを見る »

ヒップホップ

ブレイクダンサー ヒップホップ (hip hop) は、1970年代のアメリカ合衆国ニューヨークのブロンクス区で、アフロ・アメリカンやカリビアン・アメリカン、ヒスパニック系の住民のコミュニティで行われていたブロックパーティから生まれた文化。 80年代には、ヒップホップには三大要素があると言われていた。ラップ、ブレイク・ダンス、グラフィティ・アートがその構成要素である。現在ではMC、DJ、ブレイクダンス、グラフィティが四大要素である。hipはかっこいい(スラング)、hopは(ぴょんと)跳ぶ/跳躍するという意味で、アフリカ・バンバータは、音楽やダンスのみならず、ファッションやアートを含めた黒人の創造性文化を「黒人の弾ける文化」という意味を込めてヒップホップと呼称した。これは1974年11月のことだったとされる。このことから、11月を「Hip Hop History Month」として祝う習慣がある。 単に「ヒップホップ」と言った場合、文化から派生したサンプリングや打ち込みを中心としたバックトラックに、MCによるラップを乗せた音楽形態を特に指すことが一般化しているが、これらは本来はヒップホップ・ミュージックあるいはラップ・ミュージックと呼ぶのが正しい。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとヒップホップ · 続きを見る »

テクノ (ダンスミュージック)

テクノ(Techno)とは、アメリカのミシガン州デトロイトを発祥とするクラブミュージックである。 なお、いわゆる「テクノポップ」のことも単に「テクノ」と呼ぶことがあり、全くの無関係とも言いきれないのだが、この記事ではほとんど扱わない。そちらについてはテクノポップの記事を参照のこと。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとテクノ (ダンスミュージック) · 続きを見る »

フューチャーポップ

フューチャーポップ (Futurepop) とは、シンセポップ(主に楽曲構造やボーカルスタイル)、高揚感のあるトランス(壮大さや、シンセのアルペジエートによるメロディ)などからの影響を吸収した音楽ジャンルである。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとフューチャーポップ · 続きを見る »

フロント・ライン・アッセンブリー

フロント・ライン・アッセンブリー (Front Line Assembly) は、カナダのエレクトロ・インダストリアルバンド。 1986年、スキニー・パピーのメンバーだったビル・リーブが結成した。 当初の音楽性はEBM系だったが、インダストリアル色を強めるなど変化を続けている。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとフロント・ライン・アッセンブリー · 続きを見る »

ニュー・ウェーブ

ニュー・ウェーブまたはニュー・ウェーヴ(New Wave)は、英語で「新しい波」を意味する。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとニュー・ウェーブ · 続きを見る »

ニッツァー・エブ

ニッツァー・エブ(Nitzer Ebb)とは1982年にイギリスのエセックスで結成された音楽グループである。エレクトロニック・ボディ・ミュージックの代表バンドの一つである。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとニッツァー・エブ · 続きを見る »

ダーク・エレクトロ

ダーク・エレクトロ(Dark electro)とは1990年代に興隆した、中央ヨーロッパ発祥の音楽の潮流である。 邪悪さを表現したエレクトロニック・ミュージックであり、yelworC、Mortal Constraint、Arcana Obscura、Calva Y Nada、Placebo Effect、Trial、Tri-stateらが代表として挙げられる。日本では2 Bulletなどが知られている。 最初にこの語が用いられたのは、1992年12月にyelworCのデビュー・アルバム『Brainstorming』の告知に関連しての事である。 この語は、1993年2月には同アルバムのレヴューにおいても言及されている。 このジャンルは主として、The KlinikやSkinny Puppyに代表されるエレクトロニック/ポスト・インダストリアル勢の影響下にある。 楽曲の構成は、複雑なアレンジと不快な音像に特徴付けられ、また、うめきや歪んだボーカルを使用する事が特徴的である。 特筆すべきはYelworCであり、彼らは1988年に結成された、ミュンヘン出身のグループである。彼らは90年代初期におけるダーク・エレクトロ発祥の礎を築き、有名なドイツのレーベルCeltic Circle Productionsの最初のアーティストとしても知られている。 後にダーク・エレクトロは、アグロテックやフューチャーポップの様な、テクノ影響下のジャンルにその場を奪われた。 彼らは、本来ダーク・エレクトロが指し示す音楽ではないにも関わらず、しばしばダーク・エレクトロを自称する。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとダーク・エレクトロ · 続きを見る »

ベルギー

ベルギー王国(ベルギーおうこく)、通称ベルギーは、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家。隣国のオランダ、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。首都のブリュッセル(ブリュッセル首都圏地域)は欧州連合(EU)の主要機関の多くが置かれているため、"EUの首都"とも言われており、その通信・金融網はヨーロッパを越えて地球規模である。憲法上の首都は19の基礎自治体から成るブリュッセル首都圏の自治体の一つ、ブリュッセル市である。 19世紀にネーデルラント連合王国から独立した国家で、オランダ語の一種であるフラマン語が公用語の北部フランデレン地域とフランス語が公用語の南部ワロン地域とにほぼ二分される(この他にドイツ語が公用語の地域もある)。建国以来、単一国家であったが、オランダ語系住民とフランス語系住民の対立(言語戦争)が続いたため、1993年にフランデレン地域とワロン地域とブリュッセル首都圏の区分を主とする連邦制に移行した。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとベルギー · 続きを見る »

アルファレコード

アルファレコード(Alfa Records)は、日本のレコード会社。既にレコード・CD制作からは撤退しており、原盤管理会社として現存している。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとアルファレコード · 続きを見る »

インダストリアル

インダストリアル (Industrial) は、電子音楽の一種である。ノイズミュージックと関連性が大きい。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとインダストリアル · 続きを見る »

インダストリアル・メタル

インダストリアル・メタル(Industrial metal)は、1980年代後半に生まれた音楽ジャンル。 、スラッシュメタル、ハードコア・パンクの音楽的側面を持ち、メタル・ギター・リフ、シンセサイザー、打ち込み、サンプリング、ディストーションをかけたボーカル等が使用されている。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとインダストリアル・メタル · 続きを見る »

インダストリアル・ロック

インダストリアル・ロック(Industrial rock)は1970年代後半にインダストリアル・ミュージックとロックが交わり生まれた音楽ジャンル。 ハードロックとヘヴィメタルの間に厳密な境界線が無いように、“インダストリアル・メタル”と同義として扱われることも多い。 始祖はポストパンク・グループで、クローム、キリング・ジョーク、スワンズ、フィータス、ビッグ・ブラックなど。 1992年にナイン・インチ・ネイルズとミニストリーがブレイクし、広く知られるジャンルとなった。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとインダストリアル・ロック · 続きを見る »

エイドリアン・シャーウッド

イドリアン・シャーウッド(Adrian Sherwood、1958年 - )は、イギリスの音楽プロデューサー、レコーディング・エンジニア。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとエイドリアン・シャーウッド · 続きを見る »

キリング・ジョーク

リング・ジョーク(英語:Killing Joke)は、イングランド出身のロック・バンド。 インダストリアル・ロックの代表的グループとして知られる。ポストパンク勢として実験的な要素を取り入れて進化し続け、その音楽性は1990年代以降のオルタナティヴ・ロックをはじめ、様々なジャンルのアーティストに影響を与えた。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとキリング・ジョーク · 続きを見る »

コラージュ

ラージュ(-fr-short collage)とは現代絵画の技法の1つで、フランス語の「糊付け」を意味する言葉である。 通常の描画法によってではなく、ありとあらゆる性質とロジックのばらばらの素材(新聞の切り抜き、壁紙、書類、雑多な物体など)を組み合わせることで、例えば壁画のような造形作品を構成する芸術的な創作技法である。作品としての統一性は漸進的な並置を通して形成される。コラージュは絵画と彫刻の境界を消滅させることを可能にした。 絵画におけるコラージュはキュビスム時代にパブロ・ピカソ、ジョルジュ・ブラックらが始めたパピエ・コレに端を発するといわれている。主観的構成の意図を持たない「意想外の組み合わせ」としてのコラージュは1919年にマックス・エルンストが発案した。主に新聞、布切れなどや針金、ビーズなどの絵具以外の物を色々と組み合わせて画面に貼り付けることにより特殊効果を生み出すことが出来る。後に様々な方向で工夫されて発展し、現在に至る。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとコラージュ · 続きを見る »

シンセポップ

ンセポップ(Synthpop)は、1970年代末から1980年代にかけて世界的に流行したポピュラー音楽のスタイルである。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとシンセポップ · 続きを見る »

ジョイ・ディヴィジョン

ョイ・ディヴィジョン (Joy Division) は、イギリスのロックバンド。 1976年にグレーター・マンチェスターのサルフォードで結成され、ポストパンクを代表するバンドの一つとして活躍。ボーカリストのイアン・カーティスの書く内省的な歌詞や特徴的なライブパフォーマンスは多くの人を惹きつけた。ところが、初のアメリカ・ツアーへの出発前日の1980年5月18日にカーティスが自殺。突然の悲劇によりバンドは解散を余儀なくされた。その後、残されたメンバーはニュー・オーダーを結成することになる。 活動期間も短かったがレディオ・ヘッドなど1980年代末以降のオルタナティヴ・ロックに多大な影響を及ぼした。また、代表曲の一つである「ラヴ・ウィル・テア・アス・アパート」は80年代の名曲として名高い。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとジョイ・ディヴィジョン · 続きを見る »

スロッビング・グリッスル

ッビング・グリッスル(Throbbing Gristle)は1975年にイギリス、キングストン・アポン・ハルで結成されたインダストリアルバンド。前身は、パフォーミング・アート集団、クーム・トランスミッション(Coum Transmission)である。バンド名の"throbbing gristle"は、英語で「脈打つ軟骨」という意味で、男根の隠語である。またキングストン・アポン・ハルでは「勃起」を、ヨークシャー地方では「港湾労働者」を意味するスラングでもあると、メンバーのジェネシス・P・オリッジは日本の音楽誌ミュージック・マガジン1980年8月号のインタビューで語っている。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとスロッビング・グリッスル · 続きを見る »

スキニー・パピー

ニー・パピー (Skinny Puppy) は、カナダのインダストリアルバンド。ケヴィン・キーとニヴェック・オーガにより1982年に結成された。メンバーの変遷を経たのち、一度解散している(後述)が、2000年代になり再結成、現在も活動している。 インダストリアル/エレクトロ・ミュージックを語る上で欠かせない存在として広くリスナーから支持されているが、オリジナルアルバムの邦盤は2004年のThe Greater Wrong of the Rightのみである。なお日本にはケヴィン・キーのみ2008年よりライブイベントにて頻繁に来日しており、スキニー・パピーとしての来日も待望されている。 近年、グァンタナモ米軍基地において、彼ら(及びメタリカやR.E.M.、エミネムなど)の楽曲を大音量で聴かせる拷問があった(基地で勤務していたファンからの報告による)として、アメリカ政府に対し66万6千ドル(いわゆる「獣の数字」に基づく)の賠償を訴えた。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとスキニー・パピー · 続きを見る »

サンプリング

音楽におけるサンプリング(sampling)は、過去の曲や音源の一部を引用し、再構築して新たな楽曲を製作する音楽製作法・表現技法のこと。または楽器音や自然界の音をサンプラーで録音し、楽曲の中に組み入れることである。 サンプリングは元々、ミュジーク・コンクレートとで作業している実験音楽のミュージシャンによって開発されたもので、やレコードを物理的に操作して蓄音機で演奏されていた。1960年代後半までに、テープ・ループ・サンプリングの使用は、ミニマル・ミュージックの発展とサイケデリック・ロックとジャズ・フュージョンのプロデュースに影響を与えた。 ヒップホップ・ミュージックは、2つのターンテーブルとミキシング・コンソールでレコードを操作することを実験した1970年代のDJらから生まれた、サンプリング技術に基づいた最初のポピュラー音楽ジャンルである。1970年代半ばから1980年代初頭の電子音楽とディスコの登場、1980年代のエレクトロニック・ダンス・ミュージックとインダストリアルの発展、1980年代以降のコンテンポラリー・R&Bからインディー・ロックまでのヒップホップの世界的影響である。歴史的には、サンプリングはハードウェアの特殊な部分であるサンプラーで行われていたが、今日ではソフトウェアが一般的に使用されている。しかし、も使用でき、の人々は伝統的な方法でサンプリングを続けている。近代的なデジタル制作方法にサンプリングルーツを組み込むことで、クラシック音楽、ジャズ、様々なフォークソングなど、サンプリングの発明に先立つジャンルだけでなく、多くのポピュラー音楽にサンプリングが導入されるようになった。 多くの場合、「サンプル」は、歌の一部、例えばリズム・によって構成され、それは別の歌のビートを作るのに用いられる。例えば、DJから開発されたヒップホップ・ミュージックは、ブレイクをループする。1960年代後半のソウルとファンクのレコーディングソング「」とアーメンブレイクは、ダンス・ミュージックとヒップホップで使用されている最も一般的なサンプルの1つであり、ブレイクビーツのようないくつかのサブジャンル全体は、主にこれらのサンプルの複雑な並び替えに基づいている。ロック・レコーディングのサンプルも新しい曲の基礎になった。例えば、レッド・ツェッペリンの「レヴィー・ブレイク」のドラムサウンドは、ビースティ・ボーイズ、ドクター・ドレー、エミネム、マイク・オールドフィールド、、、デペッシュ・モード、イレイジャーなどのアーティストによってサンプリングされた。サンプルは、映画、テレビ番組、広告など非音楽メディアで話された単語やフレーズで構成することも可能である。 サンプリングは、既存の録音の使用を必ずしも意味するものではない。多くの作曲家やミュージシャンが、自分で作ったフィールドレコーディングをサンプリングして作品や曲を作ったり、オリジナルのレコーディングをサンプリングするアーティストもいる。例えば、トリップ・ホップバンドのポーティスヘッドは、既存のサンプルを使用しているだけでなく、曲を作る為に元々演奏していた音楽部分をしたり、操作したり、サンプリングしたりしている。 サンプリングの使用は法的にも音楽的にも議論の余地がある。1940年代から1960年代に技術を開発した実験音楽のミュージシャンは、サンプルから楽曲を製作する前に、フィールドレコーディングの被験者や著作権所有者に知らせなかった、または、認可を取らないことがあった。ヒップホップが地元のダンスパーティに限られた1970年代には、関係者に対して録音された音楽をサンプリングするための著作権の手続きをする必要がなかった。ジャンルが1980年のラップを中心としたレコーディングになり、それが主流になると、法的手続きを取る必要が生じた。それは最も成功したDJ以外のDJ、音楽プロデューサー、ラッパーにとっては困難なことだった。その結果、多数のレコーディングアーティストが非認定のサンプル使用で法的問題に直面した一方で、現在のアメリカ合衆国の著作権法の制限や創造性への彼らの世界的な影響も厳しく監視されるようになった。 法的問題の他にも、サンプリングは賛否両論の評価を受けている。今日のヒップホップDJはサンプリングの方法が異なる。いくつかの批評家、特にと見なされる人は、全てのサンプリングが創造性に欠けているとの信念を表明しているが、サンプリングは革新的で革命的な技術である。サンプリングされた作品について、サンプリングの有無に関わらず、その実行に関する幅広い意見が見られる。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとサンプリング · 続きを見る »

サイアー・レコード

イアー・レコード(Sire Records)は、ワーナー・ミュージック・グループが保有するアメリカ合衆国のレコードレーベルであり、ワーナー・ブラザース・レコードによって流通されている。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとサイアー・レコード · 続きを見る »

サイケデリックトランス

イケデリックトランス(psychedelic trance)は、ゴアトランスから派生したよりサイケ色が強まった140BPM前後のビートのトランス。1990年代初頭からこのジャンルに属する音楽が出始めた。イギリス、イスラエル、ゴア、ブラジル、そして日本で盛んな音楽である。サイケデリックトランスミュージックは、「フルオン」、「ミニマル」、「ダーク」および「ダークフルオン」、「プログレッシヴ」、「モーニング」、「アンビエント(サイビエント)」などに分類される。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとサイケデリックトランス · 続きを見る »

DAF (バンド)

ドイチュ=アメリカニシェ・フロイントシャフト D.A.F.(Deutsch Amerikanische Freundschaft, )はドイツ、デュッセルドルフの音楽ユニット。 グループ名Deutsch-Amerikanische Freundschaft (独米友好協会)とは、旧東ドイツの独ソ友好協会(de:Deutsch-Sowjetische Freundschaft)と西ドイツの過激派ドイツ赤軍(RAF)のパロディ。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとDAF (バンド) · 続きを見る »

KMFDM

KMFDM (KMFDM) は、ドイツのインダストリアルバンド。1984年、マルチ・インストゥルメンタリストのサシャ・コニエツコによって結成された。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとKMFDM · 続きを見る »

SPV (企業)

SPV GmbHは、ドイツ・ニーダーザクセン州・ハノーファーのインディーズ・レコード・レーベル。1984年1月1日にマンフレッド・シュッツが設立。ロックやヘヴィ・メタルを中心にしたラインナップで1980年代のメタル・ブームに乗って躍進。ロック系以外のジャンルのアーティストも擁して2002年時点で6,500点を超える作品を扱い、ヨーロッパ内で有力なレーベルに成長したが、2009年に倒産、その後再建を目指して活動中。 ドイツ国内においてロードランナー・レコードの作品も販売している。.

新しい!!: エレクトロニック・ボディ・ミュージックとSPV (企業) · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »