ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

エルズルム

索引 エルズルム

ルズルム()は、トルコの都市。エルズルム県の県都。人口は約36万人(2010年)。多くの歴史的建造物が残されているほか、ウィンタースポーツも盛んである。2011年における冬季ユニバーシアードの開催地。.

42 関係: 大村幸弘中央条約機構ペルシアマドラサムスタファ・ケマル・アタテュルクモスクユニバーシアードラウフ・オルバイルーム・セルジューク朝トラブゾントルコトルコの地方行政区画トルコ革命テオドシウス2世アナトリア半島アルメニアアルメニア人虐殺アンカラアドリアノープル条約イランイルハン朝エルズルム県オスマン帝国キャーズム・カラベキルギリシャ独立戦争クリミア戦争ジョージア (国)ジェマル・ギュルセルセルジューク朝サン・ステファノ条約サーサーン朝冷戦第一次世界大戦絹の道黒海露土戦争 (1877年-1878年)東アナトリア地方極東ヨーロッパ時間1916年1月10日2011年冬季ユニバーシアード2月16日

大村幸弘

大村 幸弘(おおむら さちひろ、1946年 - )は、日本の考古学者。中近東文化センター主任研究員、アナトリア考古学研究所長、カマン・カレホユック遺跡調査隊長。 岩手県出身。森荘已池編著「私残記・大村治五平の手記」(新版・中公文庫)の子孫にあたる。なお父大村次信の文庫版あとがきでは、満州からの命がけの引き揚げを述べている。その三男にあたる。兄は大村次郷。早稲田大学第一文学部西洋史科卒業。アンカラ大学言語・歴史・地理学部ヒッタイト学科留学。中近東考古学科博士課程修了。.

新しい!!: エルズルムと大村幸弘 · 続きを見る »

中央条約機構

中央条約機構(ちゅうおうじょやくきこう、:CENTO)は、1979年まで存在した集団安全保障機構。ソビエト連邦に対抗することを目的とした反共軍事同盟であった。.

新しい!!: エルズルムと中央条約機構 · 続きを見る »

ペルシア

ペルシア、ペルシャ(ギリシャ語 Περσία)は、現在のイランを表す古名である。漢名は波斯(はし)・波斯国(はしこく)。波斯と書いてペルシャ、ペルシヤと読ませることもある。イランの主要民族・主要言語の名称でもある。.

新しい!!: エルズルムとペルシア · 続きを見る »

マドラサ

マドラサ(正則アラビア語:, madrasa)とは、イスラーム世界における学院。元々は単純にアラビア語で「学ぶ場所、学校」を意味するだけだったが、11世紀に制度的に確立し、イスラーム世界の高等教育機関として広く普及した。モスクと併設される場合も多く、一般に寄進財産で運営される。近代の世俗教育の普及によって、宗教教育の専門機関となった。 ガンビアのマドラサを中心とする宗教複合施設.

新しい!!: エルズルムとマドラサ · 続きを見る »

ムスタファ・ケマル・アタテュルク

ムスタファ・ケマル・アタテュルク軍での階級に沿って、尉官までは、エフェンディ (Mustafa Kemal Efendi)、佐官時代は、ベイ (Mustafa Kemal Bey)、将官時代 (1916年3月19日以降)は、パシャ (Mustafa Kemal Paşa)、1921年9月19日以降は、ガーズィ(Gazi Mustafa Kemal Paşa)の敬称・称号が付けられる。1934年11月24日以降、ムスタファ・ケマル・アタテュルク。日本では、ケマル・パシャとも言われる。「エフェンディ」および母ズュベイデや妻ラティーフェに用いられている「ハヌム」は姓名ではなく、トルコ語における一般的な敬称である。「ベイ」「パシャ」も当該記事のとおり一定の階級以上の者に用いられる尊称であり、「ガーズィ」は元軍人を意味する名誉称号で、アタテュルクのそれに関してはトルコ大国民議会から贈られたものである。(Mustafa Kemal Atatürk、1881年5月19日 - 1938年11月10日)は、オスマン帝国の将軍、トルコ共和国の元帥、初代大統領(在任1923年10月29日 - 1938年11月10日)。トルコ独立戦争とトルコ革命を僚友たちとともに指導したことで知られる。.

新しい!!: エルズルムとムスタファ・ケマル・アタテュルク · 続きを見る »

モスク

モスク(mosque)は、イスラム教の礼拝堂のことである。 アラビア語ではマスジド(, masjid, 「ひざまずく場所」(サジダ を行う場所)の意)といい、マスジドの訛った語で、イスラーム帝国がスペイン地方を占領したときマスジドがスペイン語でメスキータ (mezquita) となり、それが英語ではさらに訛ってモスク (mosque) となった。中国ではモスクを清真寺(せいしんじ、清真はイスラム教の中国での通称)と呼んでいる。 モスクは欧米、日本、韓国などにおける呼び名である。しばしばイスラーム寺院または回教寺院と訳されるが、モスクの中には崇拝の対象物はなく、あくまで礼拝を行うための場である。.

新しい!!: エルズルムとモスク · 続きを見る »

ユニバーシアード

国際大学スポーツ連盟旗 ユニバーシアード(Universiade)は、国際大学スポーツ連盟(略称 FISU)が主催する総合競技大会。全世界の学生たちが集まり、一般に「学生のためのオリンピック」といわれている。ユニバーシアードの名称は、大学(University)とオリンピアード(Olympiad)からきている。また諸外国では、通称でWorld University GamesやWorld Student Gamesと呼ばれている場合もある。.

新しい!!: エルズルムとユニバーシアード · 続きを見る »

ラウフ・オルバイ

ヒュセイン・ラウフ・オルバイ(Hüseyin Rauf Orbay, アシュハルア Aşharua のラウフ、1881年‐1964年7月16日)は、オスマン帝国の海軍軍人、トルコの政治家。トルコ革命中の1922年から翌年にかけて、暫定首相を務めた。最終階級は、海軍大佐。.

新しい!!: エルズルムとラウフ・オルバイ · 続きを見る »

ルーム・セルジューク朝

ルーム・セルジューク朝(ルーム・セルジュークちょう、Rûm sultanate, Saljūqiyān-i Rūm سلجوقیان روم, 1077年 - 1308年)は、セルジューク朝(大セルジューク朝)の地方政権として分裂して誕生しアナトリア地方を中心に支配したテュルク人の王朝。当初、首都はニカイア(現在のイズニク)に定められていたが、1097年に第1回十字軍によってニカイアが占領されたため、再びコンヤを都とした。「ルーム」とは「ローマ」の意味で、ビザンツ帝国(東ローマ帝国)領であったアナトリアの地を指す言葉としてイスラム教徒の間で用いられ、アナトリアを拠点としたことからルーム・セルジューク朝という。.

新しい!!: エルズルムとルーム・セルジューク朝 · 続きを見る »

トラブゾン

トラブゾン(Trabzon)は黒海沿岸のトルコの都市。トラブゾン県の県都。人口は約15万人。トルコ東北部における経済活動の中心として重要な港湾都市である。飛行場や1963年創設のカラデニズ工科大学がある。古代にはトラペズス(Trapezous, Τραπεζούς)、中世にはトレビゾンド(Trebizond)や、トラペズンダ(Trapezunda, Τραπεζούντα)とも呼ばれた。.

新しい!!: エルズルムとトラブゾン · 続きを見る »

トルコ

トルコ共和国(トルコきょうわこく、Türkiye Cumhuriyeti)、通称トルコは、西アジアのアナトリア半島(小アジア)と東ヨーロッパのバルカン半島東端の東トラキア地方を領有する、アジアとヨーロッパの2つの大州にまたがる共和国。首都はアナトリア中央部のアンカラ。 北は黒海、南は地中海に面し、西でブルガリア、ギリシャと、東でジョージア(グルジア)、アルメニア、アゼルバイジャン、イラン、イラク、シリアと接する。.

新しい!!: エルズルムとトルコ · 続きを見る »

トルコの地方行政区画

トルコの地方行政区画は、県(単数形: il; 複数形: iller)からなる。1999年以降は全部で81の県が存在する。 トルコの地方行政区分図 各県には中央政府の代理者として内務省の官僚である知事 (vali) が置かれ、県の行政府 (vilayet) を統括する。県の自治体行政の最高権限は4年任期で民選される県議会が担い、県知事は県議会の決定に従って職務を遂行する。県の予算と行政事務の審議と承認を行う県議会の会期は年に40日で、会期外は県議会から互選された常設の県参事会が財政を審議、承認する機能を果たす。 県はさらに複数の郡あるいは区(ilçe、市と訳されることもある)から構成されており、県知事の行政府の置かれる中央地区(merkez ilçesi、県庁所在地に相当)を除く全ての郡区にはやはり内務省の官僚である郡行政官(kaymakam)を長とする郡行政府(kaymakamlığ&#305)が置かれる。一方、県行政府および郡行政府の置かれる町には市自治体(ilçe belediyesi)、郡内の人口2000人以上の町には町自治体(belde belediyesi)が置かれ、それぞれは民選の首長と議会を有する人口密集地における最小レベルの自治体となる。一方、2000人未満の集落は村(köy)と呼ばれる自治体となる。 地方行政においてもっとも重い役割を負うのは市・町自治体の行政機関で、市・町の条例を自ら制定し、公共サービスを行う。市・町には民選の市町長、市町議会、そして市町長および市町職員と市町議会議員から選ばれた者で構成する市町参事会が置かれる。一方、村は市・町自治体に比べて権限は小さいものの、各村は村当局を持ち、村民の全青年からなる村会で村長と村参事会を互選し、村の行政を運営することができる。 イスタンブール、アンカラなどの大都市は日本の政令指定都市に似た特別制度の対象とされ、複数のilçe(区に相当)が集まって大都市行政区 (büyük şehir) を形成する。大都市行政区は全体を公選の市長を長とする大都市自治体 (büyükşehir belediyesi) が統括し、地下鉄やバスのような公共交通機関の運営まで、大都市では区単位で処理できない必要な広域行政を市役所一手に手がける。一方、大都市行政区に含まれる各区(ilçe)の中には区自治体(ilçe belediyesi) および准区自治体(altı kademe belediyesi)が置かれており、各区自治体は市自治体とは別に、民選による区長と区議会をもつ。大都市自治体には議会はなく、各区自治体の代表者からなる大都市参事会が市長を補佐する。.

新しい!!: エルズルムとトルコの地方行政区画 · 続きを見る »

トルコ革命

トルコ革命(トルコかくめい)は、トルコにおいて、第一次世界大戦後のオスマン帝国解体の危機において、アンカラに樹立された大国民議会政府が祖国解放戦争に勝利、オスマン帝国を打倒して新たにトルコ共和国を樹立する過程で行われた一連の運動。ムスタファ・ケマル・アタテュルクがその指導者となり、トルコ共和国の初代大統領に就任した。 トルコ革命によりトルコは共和制を宣言し、オスマン家を頂点としイスラム教を国教とする帝国からトルコ民族による近代的・西欧的・世俗的な国民国家への転換がはかられた。この革命の結果、トルコは中東諸国において支配的なイデオロギーであったイスラムを政治の場から引き離すことに成功し、国民国家の要件である均質化された国民と自国民による自立的な国民経済の創出をかなりの程度に実現したが、東部の経済開発の遅れ、都市と農村の経済格差などの問題は先送りにされ、クルド人問題やイスラムの社会参加をめぐる軋轢が21世紀まで大きな課題として残された。.

新しい!!: エルズルムとトルコ革命 · 続きを見る »

テオドシウス2世

テオドシウスの城壁 テオドシウス2世“カリグラフォス”(Theodosius II.

新しい!!: エルズルムとテオドシウス2世 · 続きを見る »

アナトリア半島

アナトリア半島(アナトリアはんとう、Ανατολία, Anatolia / Aνατολή, Anatolē、Anadolu)は、アジア大陸最西部で西アジアの一部をなす地域である。現在はトルコ共和国のアジア部分をなす。日本語ではアナトリア半島と呼ばれる事が多いが、英語圏では「半島」をつけない、単なるアナトリアであり、地形ではなく人文地理的な地域を表す言葉である。小アジア(Μικρά Ασία, Mikra Asia, Asia Minor)とも言う。.

新しい!!: エルズルムとアナトリア半島 · 続きを見る »

アルメニア

アルメニア共和国(アルメニアきょうわこく、)、通称アルメニアは、南コーカサスに位置する共和制国家。東ヨーロッパに含められることもある。首都はエレバンで、黒海とカスピ海の間にある内陸国であり西にトルコ、北にジョージア、東にアゼルバイジャン、南にイランとアゼルバイジャンの飛び地ナヒチェヴァン自治共和国と接する。1991年にソビエト連邦から独立した。ナゴルノ・カラバフを巡ってアゼルバイジャンと、アルメニア人虐殺に対する歴史認識をめぐってトルコと激しく対立していたが、近年はアルメニア大統領が両国を訪問するなど関係修復を目指して対話を行っている。.

新しい!!: エルズルムとアルメニア · 続きを見る »

アルメニア人虐殺

アルメニア人虐殺(アルメニアじんぎゃくさつ)は、19世紀末から20世紀初頭に、オスマン帝国の少数民族であったアルメニア人の多くが、強制移住、虐殺などにより死亡した事件。ヨーロッパ諸国では、特に第一次世界大戦に起きたものをオスマン帝国政府による計画的で組織的な虐殺と見る意見が大勢である。それによれば、この一連の事件は「アルメニア人ジェノサイド」と呼ばれ、21世紀に至る現代でも、オスマン帝国の主な継承国であるトルコを非難している。トルコ政府は、その計画性や組織性を認めていない。.

新しい!!: エルズルムとアルメニア人虐殺 · 続きを見る »

アンカラ

アンカラ(Ankara )は、トルコ共和国の首都。人口約442万人(2013年)を抱え、イスタンブールに次ぐ同国第2の都市でありアンカラ県の県都でもある。アナトリア半島中央部に位置する。中東・西アジア有数の世界都市で、トルコの政治の中心地。.

新しい!!: エルズルムとアンカラ · 続きを見る »

アドリアノープル条約

label.

新しい!!: エルズルムとアドリアノープル条約 · 続きを見る »

イラン

イラン・イスラム共和国(イラン・イスラムきょうわこく、جمهوری اسلامی ایران)、通称イランは、西アジア・中東のイスラム共和制国家。ペルシア、ペルシャともいう。北にアゼルバイジャン、アルメニア、トルクメニスタン、東にパキスタン、アフガニスタン、西にトルコ、イラクと境を接する。また、ペルシア湾をはさんでクウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦に面する。首都はテヘラン。 1979年のルーホッラー・ホメイニー師によるイラン・イスラーム革命により、宗教上の最高指導者が国の最高権力を持つイスラム共和制を樹立しており、シーア派イスラームが国教である。世界有数の石油の産出地でもある。.

新しい!!: エルズルムとイラン · 続きを見る »

イルハン朝

14世紀のフレグ・ウルスとその周辺国 イルハン朝(ペルシア語: ايلخانيان Īlkhāniyān、英語:Ilkhanate)は、現在のイランを中心に、アムダリヤ川からイラク、アナトリア東部までを支配したモンゴル帝国を構成する地方政権(1256年/1258年 - 1335年/1353年)。首都はタブリーズ。.

新しい!!: エルズルムとイルハン朝 · 続きを見る »

エルズルム県

ルズルム県はトルコ、東アナトリア地方の県。県都はエルズルム。非常に多くの県と接しており、北から時計回りにリゼ、アルトヴィン、アルダハン、東にカルス、アール、南にムシュ、ビンギョル、西にエルズィンジャン、バイブルトと接している。.

新しい!!: エルズルムとエルズルム県 · 続きを見る »

オスマン帝国

マン帝国(オスマンていこく、)は、テュルク系(後のトルコ人)のオスマン家出身の君主(皇帝)を戴く多民族帝国。英語圏ではオットマン帝国 (Ottoman Empire) と表記される。15世紀には東ローマ帝国を滅ぼしてその首都であったコンスタンティノポリスを征服、この都市を自らの首都とした(オスマン帝国の首都となったこの都市は、やがてイスタンブールと通称されるようになる)。17世紀の最大版図は、東西はアゼルバイジャンからモロッコに至り、南北はイエメンからウクライナ、ハンガリー、チェコスロバキアに至る広大な領域に及んだ。.

新しい!!: エルズルムとオスマン帝国 · 続きを見る »

キャーズム・カラベキル

ャーズム・カラベキル(Musa Kâzım Karabekir, 1882年‐1948年1月25日)は、オスマン帝国およびトルコの軍人、トルコの政治家、著述家。トルコ独立戦争期のでは1920年にアルメニア共和国軍と戦って勝利。のちトルコ大国民議会議長を務めた。最終階級は、「ビリンジ・フェリク」 (Birinci Ferik)。.

新しい!!: エルズルムとキャーズム・カラベキル · 続きを見る »

ギリシャ独立戦争

リシャ独立戦争(ギリシャどくりつせんそう、ギリシャ語:Ελληνική Επανάσταση του 1821(1821年ギリシャ革命)、英語:Greek War of Independence)は、オスマン帝国からのギリシャの独立を巡り争われた戦争である。 ギリシャは1821年に独立宣言をして戦闘を開始し、1822年に憲法を発布して暫定政府を設立した。1824年と1825年、イングランド銀行で戦時国債を募集した。 1827年のナヴァリノの海戦で優位を確定し、1829年のアドリアノープル条約によって自治国としての独立が承認され、1830年のロンドン議定書によって列強間でギリシャの完全な独立が合意され、最終的には1832年6月のコンスタンティノープル条約でギリシャの独立は正式に承認された。ギリシャでは1821年3月25日を独立記念日としている。 ギリシャ独立戦争の局面は大きく二つに分けられる。フィリキ・エテリアの蜂起からギリシャ軍が有利であった1821年から1825年までが第一期、オスマン帝国が有利になりギリシャ軍に壊滅の危機が迫った1825年から1827年が第二期であるが、1827年に列強三国(イギリス、フランス、ロシア)が介入したことによりギリシャの独立は現実味を帯びた。そして1830年ロンドン議定書が締結されたことで独立が決定されたが、そこには多くの問題が含まれていた。.

新しい!!: エルズルムとギリシャ独立戦争 · 続きを見る »

クリミア戦争

リミア戦争(クリミアせんそう、Crimean War、Guerre de Crimée、Крымская война、Kırım Savaşı)は、1853年から1856年の間、クリミア半島などを舞台として行われた戦争である。.

新しい!!: エルズルムとクリミア戦争 · 続きを見る »

ジョージア (国)

ョージア(, )は、南コーカサスにある共和制国家。東ヨーロッパInternational Geographic Encyclopaedia and Atlas. Springer, 24 November 1979, 欧州議会,, 17 July 2014: "...pursuant to Article 49 of the Treaty on European Union, Georgia, Moldova and Ukraine – like any other European state – have a European perspective and may apply to become members of the Union provided that they adhere to the principles of democracy..."(CIA "The World Fact Book") 2016-08-28閲覧。、もしくは西アジアに区分される(国際連合), "Western Asia - 268 Georgia" 2016-08-27閲覧。。日本では2015年4月まで政府が使用していた外名の「グルジア」(, Gruziya)としても知られている(詳細は後述)日本国外務省「」。首都はトビリシ。 ソビエト連邦の構成国であったが、1991年に独立した。南オセチアとアブハジアの2地域が事実上の独立状態となっており、ロシアなど一部の国から国家承認を受けている。中央部のゴリは旧ソビエト連邦の最高指導者であったヨシフ・スターリンの出身地である。ロシア帝国とその後に成立したソビエト連邦の支配が長く続いたことから、独立後はロシアとの対立路線を取ることが多い。1997年にはウクライナの呼び掛けに応じてアゼルバイジャン・モルドバと共にGUAMを結成し、2009年には独立国家共同体 (CIS) を脱退した。1999年から欧州評議会のメンバーである。 コーカサス山脈の南麓、黒海の東岸にあたる。北側にロシア、南側にトルコ、アルメニア、アゼルバイジャンと隣接する。古来数多くの民族が行き交う交通の要衝であり、幾たびもの他民族支配にさらされる地にありながら、キリスト教信仰をはじめとする伝統文化を守り通してきた。また、温暖な気候を利用したワイン生産の盛んな国としても知られる。 なお、本項では2015年4月22日の「在外公館名称を変更するための法改正案」成立以前の国家名称については「グルジア」、それ以後については「ジョージア」と表記する。また、「グルジア語」「グルジア紛争(南オセチア紛争)」等すでに用語として定着したものについては「グルジア」を使用することとする。.

新しい!!: エルズルムとジョージア (国) · 続きを見る »

ジェマル・ギュルセル

ェマル・ギュルセル(Cemal Gürsel, 1895年10月13日‐1966年9月14日)は、トルコの軍人、政治家。1960年に軍部のクーデターで政権を掌握し、第4代大統領に就任した(‐1966年)。.

新しい!!: エルズルムとジェマル・ギュルセル · 続きを見る »

セルジューク朝

ルジューク朝 (سلجوقیان, 現代トルコ語: Büyük Selçuklu Devleti) は、11世紀から12世紀にかけて現在のイラン、イラク、トルクメニスタンを中心に存在したイスラム王朝。大セルジューク朝は1038年から1157年まで続き、最後の地方政権のルーム・セルジューク朝は1308年まで続いた。.

新しい!!: エルズルムとセルジューク朝 · 続きを見る »

サン・ステファノ条約

ン・ステファノ条約によるブルガリアの領域 サン・ステファノ条約(サン・ステファノじょうやく)は、1878年の露土戦争の講和条約。イスタンブール西方の村・において1878年3月3日にロシア帝国とオスマン帝国のあいだで結ばれた。 この条約によって、オスマン帝国は多額の賠償金とともに、.

新しい!!: エルズルムとサン・ステファノ条約 · 続きを見る »

サーサーン朝

ーサーン朝(サーサーンちょう、Sassanid、ساسانيان - 、226年 - 651年)はイラン高原・メソポタミアなどを支配した王朝・帝国。首都はクテシフォン(現在のイラク)。.

新しい!!: エルズルムとサーサーン朝 · 続きを見る »

冷戦

ワルシャワ条約 (WT) 加盟国朱色.

新しい!!: エルズルムと冷戦 · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: エルズルムと第一次世界大戦 · 続きを見る »

絹の道

絹の道(きぬのみち、Silk Road)は、絹を運ぶことに由来する道の呼称。以下に大別される。 世.

新しい!!: エルズルムと絹の道 · 続きを見る »

黒海

黒海(こっかい)は、ヨーロッパとアジアの間にある内海で、大西洋の縁海(地中海 (海洋学))の一つである。マルマラ海を経てエーゲ海、地中海に繋がる。 バルカン半島、アナトリア半島、コーカサスと南ウクライナ・クリミア半島に囲まれており、ドナウ川、ドニエストル川、ドニエプル川などの東ヨーロッパの大河が注ぐ。アナトリアとバルカンの間のボスポラス海峡、マルマラ海、ダーダネルス海峡を通じて地中海に繋がっており、クリミアの東にはケルチ海峡を隔ててアゾフ海がある。 黒海に面する国は、南岸がトルコで、そこから時計回りにブルガリア、ルーマニア、ウクライナ、ロシア、ジョージアである。 黒海に面する有名な港湾には、イスタンブール(ビュザンティオン、コンスタンティノープル)から時計回りにブルガス、ヴァルナ、コンスタンツァ、オデッサ、セヴァストポリ、ヤルタ、ガグラ、バトゥミ、トラブゾン、サムスンなどがある。.

新しい!!: エルズルムと黒海 · 続きを見る »

露土戦争 (1877年-1878年)

露土戦争(ろとせんそう、1877年 - 1878年)は、ロシア帝国とオスマン帝国(トルコ)の間で起こった戦争のひとつ(他の露土戦争については、露土戦争を参照オスマン帝国とロシアの間の戦争はしばしば起こっているが、狭義の露土戦争はこの戦争のことをいう。『世界史を読む事典』(1994)p.117)。 バルカン半島に在住するオスマン帝国領下のスラヴ系諸民族がトルコ人の支配に対して反乱し、それを支援するかたちでロシアが介入して起こった『世界史を読む事典』(1994)p.117。ロシア帝国の勝利で終わった。 ルーマニアでは「ルーマニア独立戦争」、トルコではイスラームの暦年(ヒジュラ暦1293年)にちなんで「93年戦争 (Doksanüç Harbi)」、また「オスマン・ロシア戦争」とも呼ばれた。ギリシャ独立戦争に続いて、東ヨーロッパ諸国の独立回復のための重要な戦役となった。.

新しい!!: エルズルムと露土戦争 (1877年-1878年) · 続きを見る »

東アナトリア地方

東アナトリア地方の位置 東アナトリア地方はトルコ東部の地方。1941年の最初のトルコの地理学会議で決定された。平均高度がトルコ一高く、広い面積でありながら人口は少ない。 東アナトリア地方はトルコのアナトリア半島の東部にある。北に黒海地方、西に中央アナトリア地方、地中海地方、南に南東アナトリア地方、イラク、東にイラン、ナヒチェヴァン自治共和国、アルメニアと接している。面積は171.061 km²であり、トルコの面積の21%を占めている。.

新しい!!: エルズルムと東アナトリア地方 · 続きを見る »

極東ヨーロッパ時間

極東ヨーロッパ時間は協定世界時を3時間進めた(UTC+3)標準時である。2017年6月現在、ヨーロッパロシアの一部、ベラルーシ、トルコで使用されていて、モスクワ時間、ミンスク時間、トルコ時間とも呼ばれる。 この標準時は2011年10月にロシアのカリーニングラード州で採用され、それに続き、ベラルーシでも採用された。カリーニングラードの標準時はもともとカリーニングラード時間と呼ばれていた。2014年10月26日にロシアの大部分の地域では標準時が1時間戻され、カリーニングラード時間はUTC+2になり、モスクワ時間がUTC+3となった。 アフリカや中東の一部では極東ヨーロッパ時間と同じUTC+3を使用している地域があるが、それらは東アフリカ時間やアラビア標準時と呼ばれる。.

新しい!!: エルズルムと極東ヨーロッパ時間 · 続きを見る »

1916年

記載なし。

新しい!!: エルズルムと1916年 · 続きを見る »

1月10日

1月10日(いちがつとおか)は、グレゴリオ暦で年始から10日目に当たり、年末まであと355日(閏年では356日)ある。誕生花は、スノードロップ。.

新しい!!: エルズルムと1月10日 · 続きを見る »

2011年冬季ユニバーシアード

2011年冬季ユニバーシアード(XXV Winter Universiade)は、2011年1月27日から2月8日まで、トルコ・エルズルムで開催された第25回冬季ユニバーシアード。トルコでの冬季ユニバーシアードは初。.

新しい!!: エルズルムと2011年冬季ユニバーシアード · 続きを見る »

2月16日

2月16日(にがつじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から47日目にあたり、年末まであと318日(閏年では319日)ある。.

新しい!!: エルズルムと2月16日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »