ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

エストニア保守党

索引 エストニア保守党

トニア保守党(Eesti Konservatiivne Rahvaerakond)は、エストニアの民族主義政党である。議会選挙では7議席を獲得した。 エストニア保守党は、一般的には右派ないし極右政党とみなされている。反EU、移民排斥を掲げている。.

16 関係: 保守リーギコグエストニアタリン国民保守主義社会保守主義移民直接民主主義極右欧州議会欧州連合欧州懐疑主義民族多元主義民族主義政党

保守

保守(ほしゅ)、または保守主義(ほしゅしゅぎ、conservatism)とは、従来からの伝統・習慣・制度・社会組織・考え方などを尊重し、革命などの急激な改革に反対する社会的・政治的な立場、傾向、思想などを指す用語、goo辞書。また、そのような政治的な立場を奉ずる人物、勢力をも保守、あるいは保守主義者(conservative)とよぶ。対比語は革新や急進主義、革命主義など。非社会主義国において保守主義は、左翼・右翼の政治的スペクトルでは、通常は右翼や右派に位置づけられる。.

新しい!!: エストニア保守党と保守 · 続きを見る »

リーギコグ

リーギコグ()は、エストニア共和国の一院制議会。.

新しい!!: エストニア保守党とリーギコグ · 続きを見る »

エストニア

トニアが外交使節を派遣している諸国の一覧図。 エストニア共和国(エストニアきょうわこく、)、通称エストニア()は、北ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口は134万人。首都はタリンである。.

新しい!!: エストニア保守党とエストニア · 続きを見る »

タリン

タリン(Tallinn )は、バルト海東部のフィンランド湾に面するエストニア共和国の首都。旧称はレバル(ドイツ語・デンマーク語: )、ロシア帝国時代の名はレーヴェリ()、ソビエト連邦時代の名はタリン()である。人口約42万人。旧市街は世界遺産『タリン歴史地区』に指定されている。 タリンは、フィンランドの首都ヘルシンキ、ロシアのサンクトペテルブルクと同じく、フィンランド湾に面する主要都市の一つであり、2011年の欧州文化首都である。また、中世ハンザ都市の一つとして栄えた港湾都市で、現在もバルト海クルーズの主な寄港地の一つである。2008年にはNATOのサイバーテロ対策機関の本部が置かれた。 フィンランド湾南岸のタリンから、同湾北岸のヘルシンキまでは85km、同湾東奥のサンクトペテルブルクまでは350kmの距離である。.

新しい!!: エストニア保守党とタリン · 続きを見る »

国民保守主義

国民保守主義(こくみんほしゅしゅぎ、National conservatism、あるいは民族保守主義、国家保守主義)は、保守主義の一種を表すために、もともとヨーロッパで使われた政治用語である。.

新しい!!: エストニア保守党と国民保守主義 · 続きを見る »

社会保守主義

会保守主義(しゃかいほしゅしゅぎ、Social conservatism)とは、政治的あるいは道徳的イデオロギーの一つ。.

新しい!!: エストニア保守党と社会保守主義 · 続きを見る »

移民

移民(いみん)とは、異なる国家や異なる文化地域へ移り住む事象(immigration, emigration)、また移住する・移住した人々(immigrants, emigrants)を指す。.

新しい!!: エストニア保守党と移民 · 続きを見る »

直接民主主義

接民主主義(ちょくせつみんしゅしゅぎ)または直接民主制(ちょくせつみんしゅせい)とは、構成員が、代表者(代議員)などを介さずに、所属する共同体の意思決定に直接参加し、その意思を反映させる政治制度または思想である。対比概念は間接民主主義(間接民主制)または代表民主主義(代表民主制)。 直接民主制の原理は、イニシアティブ(住民発案、国民発案)、リコール(解職)、 レファレンダム(住民投票、国民投票)の3つの要素の集合である。 現在、ほとんど全ての国が間接民主制を採用しているが、多くは一部に直接民主制を併用している。直接民主制を重視している国にはスイスがある。.

新しい!!: エストニア保守党と直接民主主義 · 続きを見る »

青(あお、、蒼、碧)は基本色名のひとつで、晴れた日の海や瑠璃のような色の総称である。青は英語のblue、外来語のブルーに相当する。寒色のひとつ。また、光の三原色のひとつも青と呼ばれる。青色(セイショク、あおいろ)は同義語。 国際照明委員会 (CIE) は435.8nm の波長をRGB表色系において青 (B) と規定している。 「あお」は緑色などの寒色全体を指して用いられることがあり、このように青と緑が明確に分節されてこなかった言語は世界に例が多い。.

新しい!!: エストニア保守党と青 · 続きを見る »

極右

極右(きょくう、英:far right, extreme right)、または急進右翼(英:radical right)、または超右翼(英:ultra-right )とは、極端に右翼的な思想・個人・集団を指す。対義語は極左である。.

新しい!!: エストニア保守党と極右 · 続きを見る »

欧州議会

欧州議会(おうしゅうぎかい)は、直接選挙で選出される欧州連合の議会組織。欧州連合の機関において欧州連合理事会とともに両院制の立法府を形成しており、世界でもっとも強力な権限を持つ立法機関のひとつといわれる。欧州議会と理事会は欧州連合における立法機関をつくっている。議員は751人で、その選挙は民主的に実施されるものとしてはインドについで世界で2番目に多い有権者によって実施され、また国境を越えた民主的な選挙としては世界最大の規模である。 1979年から5年ごとに直接普通選挙が実施されている。欧州議会は立法権を持つものの、ほとんどの国内議会とは違って法案提出権を持たない。またごく一部の例外を除いて、立法や予算の決定と監督に関する権限を理事会との間で平等に共有している。そして欧州連合の政策執行機関である欧州委員会は欧州議会に対して説明義務があり、とくに欧州議会は欧州委員会人事案や欧州委員会委員長の選任について拒否権を持ち、また欧州委員会を総辞職させることができる。 議長は2017年1月から欧州人民党所属のアントニオ・タイヤーニ議員(イタリア出身)が務めている。議長は欧州人民党グループや社会民主進歩同盟の2大会派を含む複数の会派がひしめく欧州議会を取り仕切る。直近に欧州連合全体で実施された選挙は2014年に行なわれた。欧州議会はストラスブールのルイーズ・ワイス・ビルとブリュッセルのエスパース・レオポルドの2か所で会議を行い、とくに後者では委員会や追加的な本会議が行なわれる。欧州議会の運営を担う議会事務局はルクセンブルク市に置かれている。.

新しい!!: エストニア保守党と欧州議会 · 続きを見る »

欧州連合

欧州連合(おうしゅうれんごう、、略称:)は、マーストリヒト条約により設立されたヨーロッパの地域統合体。 欧州連合では欧州連合条約の発効前に調印されていた単一欧州議定書によって市場統合が実現し、またシェンゲン協定により域内での国境通過にかかる手続きなどの負担を大幅に削減した。さらに欧州連合条約発効後によって外交・安全保障分野と司法・内務分野での枠組みが新たに設けられ、ユーロの導入による通貨統合が進められている。このほかにも欧州議会の直接選挙が実施されたり、欧州連合基本権憲章が採択されたりするなど、欧州連合の市民の概念が具現化されつつある。加盟国数も欧州経済共同体設立を定めたローマ条約発効時の6か国から、2013年7月のクロアチア加盟により28か国にまで増えている。.

新しい!!: エストニア保守党と欧州連合 · 続きを見る »

欧州懐疑主義

欧州懐疑主義(おうしゅうかいぎしゅぎ、Euroscepticism)とは、ヨーロッパの統合過程に対して反発する理念や思想。EU懐疑論などともいう。 もともとはイギリスで欧州経済共同体に加盟することに党として賛成した労働党や保守党の内部でも懐疑的であった一派のことを指していた。その後欧州懐疑主義の示すものは拡大され、欧州連合 そのものやその政策、ユーロの導入、将来における超国家、連邦制、国家連合といった形態の汎ヨーロッパ的な統合体の設立・移行といったものに対する懐疑論や批判論も指すようになった。欧州懐疑主義 "Euroscepticism" という言葉はほかのヨーロッパの言語にも外来語や翻訳借用といった形で浸透し、たとえばフランス語では Euroscepticisme 、ドイツ語では Europaskepsis といった言葉が使われるようになった。 欧州懐疑主義は国民国家、国家主権といった概念と関連づけられることがあり、典型的なものとして欧州共同体設立条約前文にある「限りなく連合体に近い (“ever closer union”) 」という表現が主権侵害に当たるという懸念から煽り立てられることがある。しかし欧州懐疑主義はイデオロギーとしては十分な定義がなされておらず、また懐疑論者もヨーロッパに対する展望と、その展望と現実との違いの感じ方によってさまざまである。すなわち、ヨーロッパの「連合体」(または別の名称について異なる形態を模索する者もいれば、ヨーロッパの統合過程を転換させようと考える者、居住する国を欧州連合から脱退させようとする者、欧州連合そのものを完全に解消させようとする者など、欧州懐疑論者とはさまざまなものを指す。また欧州連合の政治をきわめて官僚的で非民主的と考えるものもおり、そのため解消という手段ではなく欧州連合という枠組み内で変えていこうとするものもいる。.

新しい!!: エストニア保守党と欧州懐疑主義 · 続きを見る »

民族多元主義

民族多元主義(Ethnopluralismus)は新右翼のイデオロギーのひとつで、「民族(Ethnie)」に国家や社会の文化的「純潔化(Reinhaltung)」を求める思想で、人種や民族、文化などが地域ごとに分かれている状態を正当化している。民族多元主義は、者のように血統に基づいてではなく、ある「文化」への帰属に基づいて民族を定義している。「外部」とみなされた社会から影響を受けることは、「固有のアイデンティティ」の危機と考えられる。外国人嫌悪は自然な反応であり、国家社会主義のジェノサイドにつながる生存圏のような概念を使う代わりに、「民族の先祖領域」という表現を使っている。 この概念は、が1973年に極右の議論に用いたギリシア・ラテン語系の造語である。彼がこの概念で考えていたのは、人種の文化的差異を国内の現行法で保持すべきという要求であったRichard Stöss: Rechtsextreme Parteien in Westeuropa. In: Oskar Niedermayer, Richard Stöss, Melanie Haas: Die Parteiensysteme Westeuropas, VS-Verlag 2006, ISBN 3531141112, S. 525。.

新しい!!: エストニア保守党と民族多元主義 · 続きを見る »

民族主義

民族主義(みんぞくしゅぎ、ethnic nationalism)は、異なる自他の民族間で政治・経済・文化などの分野について、みづからの民族を主体と考える思想や運動。 国家主義・愛郷主義・地域主義とは相互に関連するが、同一の概念ではないことに注意。.

新しい!!: エストニア保守党と民族主義 · 続きを見る »

政党

政党(せいとう)とは、共通の政治的目的を持つ者によって組織される団体である。18世紀のイギリス下院議員エドマンド・バークによれば名誉や徳目による結合であり、私利私欲に基づく人間集団(徒党)ではないとしている。.

新しい!!: エストニア保守党と政党 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »