ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

エクスプローラー級潜水艦

索引 エクスプローラー級潜水艦

プローラー級潜水艦(エクスプローラーきゅうせんすいかん Explorer class submarine)はイギリス海軍の潜水艦。高濃度過酸化水素を用いた閉サイクル蒸気タービンを搭載した非大気依存推進 (AIP) 潜水艦の実験艦。.

41 関係: 原子力潜水艦原子炉ポーパス級潜水艦 (イギリス海軍)メートルメテオライト (潜水艦)ロシア海軍ヴァルター機関トンディーゼルエンジンドレッドノート (原子力潜水艦)ドイツ海軍イギリスイギリス海軍クックスハーフェンケベック型潜水艦第二次世界大戦過酸化水素非大気依存推進蒸気蒸気タービンM-256 (潜水艦)S-99 (潜水艦)UボートXVIIB型排水量潜水艦11月28日1945年1947年1954年1955年1956年1958年1962年1968年1969年1970年2月22日2月25日3月5月5日8月26日

原子力潜水艦

原子力潜水艦(げんしりょくせんすいかん)は、動力に原子炉を使用する潜水艦のことである。原潜(げんせん)と略されることもある。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と原子力潜水艦 · 続きを見る »

原子炉

建設中の沸騰水型原子炉(浜岡原子力発電所)国土航空写真 原子力工学における原子炉(げんしろ、nuclear reactor)とは、制御された核分裂連鎖反応を維持することができるよう核燃料などを配置した装置を言う。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と原子炉 · 続きを見る »

ポーパス級潜水艦 (イギリス海軍)

ポーパス級潜水艦 (Porpoise class submarine) とは、英海軍の潜水艦である。 独海軍のUボートXXI型の影響を受けた設計であり、在来型よりも水中行動能力の向上が図られている。船殻材にはUXWと呼ばれた新型鋼を採用し、可潜深度を増加させた。また、高性能な空気浄化装置により、潜航可能時間を増大させた。 キャビテーション抑制のため、新開発のハイスキュード・プロペラを採用したが、これによる推進効率低下により、最高速力は設計目標の18ノットから17ノットに低下した。だが、静粛性向上の利点は速力低下を上回ると判断され、問題とされなかった。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦とポーパス級潜水艦 (イギリス海軍) · 続きを見る »

メートル

メートル(mètre、metre念のためであるが、ここでの「英」は英語(English language)による綴りを表しており、英国における綴りという意味ではない。詳細は「英語表記」の項及びノートの「英語での綴り」を参照。、記号: m)は、国際単位系 (SI) およびMKS単位系における長さの物理単位である。他の量とは関係せず完全に独立して与えられる7つのSI基本単位の一つである。なお、CGS単位系ではセンチメートル (cm) が基本単位となる。 元々は、地球の赤道と北極点の間の海抜ゼロにおける子午線弧長を 倍した長さを意図し、計量学の技術発展を反映して何度か更新された。1983年(昭和58年)に基準が見直され、現在は1秒の 分の1の時間に光が真空中を伝わる距離として定義されている。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦とメートル · 続きを見る »

メテオライト (潜水艦)

メテオライト (HMS Meteorite) はイギリス海軍の潜水艦。第二次世界大戦中にドイツ海軍が建造した、UボートXVIIB型の1隻を引き揚げ、1946年に再就役させた艦である。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦とメテオライト (潜水艦) · 続きを見る »

ロシア海軍

ア海軍(ロシアかいぐん、Военно-Морской Флот、略称:ВМФ)は、ロシア連邦が保有する海軍。旧ソ連海軍とは密接な関係があるので、ここでは一括して扱う。正式名称を直訳するとロシア連邦軍事海上艦隊となる。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦とロシア海軍 · 続きを見る »

ヴァルター機関

かつて大阪 弁天町の交通科学博物館にて展示されていたHWK 109-509 ヴァルター蒸気発生器 ヴァルター・タービン ヴァルター機関(ワルター機関、)とは、1933年から第二次世界大戦末期にかけてドイツでヘルムート・ヴァルターにより主として軍事用に開発された、高濃度の過酸化水素が分解する時に発生する水蒸気や酸素を利用する熱機関の総称である。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦とヴァルター機関 · 続きを見る »

トン

トン(tonne, ton, 記号: t)は、質量の単位である。SI(国際単位系)ではなく、分・時・日、度・分・秒、ヘクタール、リットル、天文単位とともに「SI単位と併用される非SI単位」である(SI併用単位#表6 SI単位と併用される非SI単位)。 そのほか、質量以外の各種の物理量に対して使われるトンもある。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦とトン · 続きを見る »

ディーゼルエンジン

ハ183系)用の高速ディーゼルエンジンの一例。DML30HSI形ディーゼルエンジン水平対向12気筒排気量30L(440PS/1,600rpm) 4サイクル・ディーゼルエンジンの動作 ディーゼルエンジン (英:Diesel engine) は、ディーゼル機関とも呼ばれる内燃機関であり、ドイツの技術者ルドルフ・ディーゼルが発明した往復ピストンエンジン(レシプロエンジン)である。1892年に発明され、1893年2月23日に特許を取得した。 ディーゼルエンジンは点火方法が圧縮着火である「圧縮着火機関」に分類され、ピストンによって圧縮加熱した空気に液体燃料を噴射することで着火させる。液体燃料は発火点を超えた圧縮空気内に噴射されるため自己発火する。 単体の熱機関で最も効率に優れる種類のエンジンであり、また軽油・重油などの石油系の他にも、発火点が225℃程度の液体燃料であればスクワレン、エステル系など広範囲に使用可能である。汎用性が高く、小型高速機関から巨大な船舶用低速機関までさまざまなバリエーションが存在する。 エンジン名称は発明者にちなむ。日本語表記では一般的な「ディーゼル」のほか、かつては「ヂーゼル」「ジーゼル」「デイゼル」とも表記された。日本の自動車整備士国家試験では現在でもジーゼルエンジンと表記している。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦とディーゼルエンジン · 続きを見る »

ドレッドノート (原子力潜水艦)

ドレッドノート (HMS Dreadnought, S101) は、イギリス海軍初の攻撃型原子力潜水艦。同名のイギリス軍艦 (en:HMS ''Dreadnought'') としては7代目にあたる。バロー・イン・ファーネスのヴィッカース・アームストロング造船所で建造された。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦とドレッドノート (原子力潜水艦) · 続きを見る »

ドイツ海軍

ドイツ海軍(ドイツかいぐん)とは、ドイツの海上兵力を指す。ここでは帝政ドイツ以降の海上兵力について述べる。 ドイツ海軍の保有した艦艇は戦艦、巡洋戦艦、ポケット戦艦、巡洋艦、駆逐艦、潜水艦であるUボート、小型艦としてRボートやSボートなどが挙げられる。 現在のドイツ海軍の軍艦旗.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦とドイツ海軍 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦とイギリス · 続きを見る »

イギリス海軍

王立海軍(おうりつかいぐん、Royal Navy)は、イギリスの海軍。イギリス海軍、英国海軍などとも表記される。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦とイギリス海軍 · 続きを見る »

クックスハーフェン

ックスハーフェンはドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州クックスハーフェン郡にある市である。 市にはエルベ川の河口があり、北海に面している。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦とクックスハーフェン · 続きを見る »

ケベック型潜水艦

ベック型潜水艦(ケベックがたせんすいかん Quebec class submarine)は、ソヴィエト/ロシア海軍の通常動力型潜水艦である。 ケベック型の名称はNATOコードネームであり、ソ連海軍の計画名は615型潜水艦(Подводные лодки проекта 615)である。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦とケベック型潜水艦 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と第二次世界大戦 · 続きを見る »

過酸化水素

過酸化水素(かさんかすいそ、Hydrogen peroxide)は、化学式 HO で表される化合物。しばしば過水(かすい)と略称される。主に水溶液で扱われる。対象により強力な酸化剤にも還元剤にもなり、殺菌剤、漂白剤として利用される。発見者はフランスのルイ・テナール。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と過酸化水素 · 続きを見る »

非大気依存推進

非大気依存推進(ひたいきいそんすいしん、Air-Independent Propulsion, AIP)は、内燃機関(ディーゼル機関)の作動に必要な大気中の酸素を取り込むために浮上もしくはシュノーケル航走をせずに潜水艦を潜航させることを可能にする技術の総称。ただし、通常は原子力潜水艦で利用される核動力を含まず、非核動力艦のディーゼル・エレクトリック機関を補助・補完する技術を指す。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と非大気依存推進 · 続きを見る »

蒸気

蒸気(じょうき、vapor, vapour)は、物質が液体から蒸発して、あるいは固体から昇華して、気体になった状態のもの。特に臨界温度以下の物質の気相を指すこともある。日本語においてしばしば水蒸気 (steam)の略語として用いられる。蒸気機関の蒸気も水蒸気の意味である。液相・固相と平衡を保って共存している状態の圧力を蒸気圧という。 Category:気体 Category:物質 Category:和製漢語.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と蒸気 · 続きを見る »

蒸気タービン

蒸気タービンの動翼 発電用蒸気タービン 蒸気タービン(じょうきタービン、steam turbine)は、蒸気のもつエネルギーを、タービン(羽根車)と軸を介して回転運動へと変換する外燃機関である。火力・原子力・地熱などによる発電や産業用途(発電・ポンプ駆動等)に利用される。蒸気としては一般に水蒸気が使われる。 蒸気を利用する原動機としては、蒸気タービンの他に、蒸気でシリンダ内のピストンを往復運動させるレシプロ型の蒸気エンジンが存在する。レシプロ型については蒸気機関を参照のこと。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と蒸気タービン · 続きを見る »

M-256 (潜水艦)

M-256はソ連海軍の潜水艦。615型(NATOコードネームはケベック級)。 M-256はバルチック艦隊に所属していた。 615型は、2基の通常型のディーゼル・エンジンのほかに、1基の閉サイクル・ディーゼル機関を搭載していた。この閉サイクル・ディーゼルは、液体酸素 (LOX) を気化させて得た酸素でディーゼル・エンジンを作動させる、非大気依存推進機関であった。このシステムは、注目すべき水中速力および水中航続力をもたらしたが、液体酸素を搭載することに伴う爆発や火災の危険も大きなものであった。 1957年9月26日、強風の中バルト海のタリン湾で活動中であったM-256のディーゼル・エンジンの一つが爆発した。炎はすぐにエンジン室中に広がり、隣の部屋へも広がった。M-256は浮上し、さらに爆発が起こる虞があったため乗員は露天甲板へ逃れた。そばにいた船は、強風のため4隻とも曳航も乗員の救助も行えなかった。火災の発生からおよそ4時間後、艦は突然安定を失い沈没した。甲板上にいた35人の内、救助されたのは7人のみであった。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦とM-256 (潜水艦) · 続きを見る »

S-99 (潜水艦)

S-99 (Ĉ - 99)は、冷戦初期にソ連海軍が運用した潜水艦。617号計画によって開発された。実験的性格が強く、同型艦の建造は無い。 NATOコードネームは“ホエール型潜水艦(Whale class submarine)”であるが、この名称で呼ばれることは少ない。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦とS-99 (潜水艦) · 続きを見る »

UボートXVIIB型

UボートXVIIB型 (U-Boot Klasse XVIIB) は、第二次世界大戦中のドイツ海軍の沿岸哨戒潜水艦。ヘルムート・ヴァルターが提唱した、高濃度過酸化水素を用いた非大気依存推進 (ヴァルター機関) により、水中高速力を実現することを目指した実験艦。1943年から1944年までの間に3隻が建造された。 第二次大戦後、建造された3隻のうち2隻は、アメリカおよびイギリスに接収された。アメリカに接収されたU1406は、実験に供された後、1948年5月18日に解体された。イギリスに接収されたU1407は、HMS メテオライトとして再就役した。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦とUボートXVIIB型 · 続きを見る »

排水量

排水量(はいすいりょう、)とは、艦船の重量を示す数値。主として艦艇について用いられる。トン数の一種であり、排水トン数とも称される。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と排水量 · 続きを見る »

潜水艦

潜水艦(せんすいかん、Submarine、U-Boot、潛艇)は、水中航行可能な軍艦である。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と潜水艦 · 続きを見る »

11月28日

11月28日(じゅういちがつにじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から332日目(閏年では333日目)にあたり、年末まであと33日ある。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と11月28日 · 続きを見る »

1945年

この年に第二次世界大戦が終結したため、世界史の大きな転換点となった年である。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と1945年 · 続きを見る »

1947年

記載なし。

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と1947年 · 続きを見る »

1954年

記載なし。

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と1954年 · 続きを見る »

1955年

記載なし。

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と1955年 · 続きを見る »

1956年

記載なし。

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と1956年 · 続きを見る »

1958年

記載なし。

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と1958年 · 続きを見る »

1962年

記載なし。

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と1962年 · 続きを見る »

1968年

記載なし。

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と1968年 · 続きを見る »

1969年

記載なし。

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と1969年 · 続きを見る »

1970年

記載なし。

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と1970年 · 続きを見る »

2月22日

2月22日(にがつにじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から53日目にあたり、年末まであと312日(閏年では313日)ある。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と2月22日 · 続きを見る »

2月25日

2月25日(にがつにじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から56日目にあたり、年末まであと309日(閏年では310日)ある。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と2月25日 · 続きを見る »

3月

『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』より3月 3月(さんがつ)は、グレゴリオ暦で年の第3の月に当たり、31日間ある。 日本では、旧暦3月を弥生(やよい)と呼び、現在でも新暦3月の別名としても用いる。弥生の由来は、草木がいよいよ生い茂る月「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が詰まって「やよひ」となったという説が有力で、これに対する異論は特にない。 ヨーロッパ諸言語での呼び名であるmars,marzo,Marchなどはローマ神話のマルス (Mars) の月を意味するMartiusから取ったもの。 古代ローマの暦(ユリウス暦より前)においては、年の最初の月は現在の3月にあたる。閏年の日数調整を2月に行うのは、当時の暦での最後の月に日数調整を行っていたことの名残である。 3月はその年の11月と同じ曜日で始まり、平年には2月と同じとなる。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と3月 · 続きを見る »

5月5日

5月5日(ごがついつか)はグレゴリオ暦で年始から125日目(閏年では126日目)にあたり、年末まではあと240日ある。誕生花はハナショウブ。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と5月5日 · 続きを見る »

8月26日

8月26日(はちがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から238日目(閏年では239日目)にあたり、年末まであと127日ある。.

新しい!!: エクスプローラー級潜水艦と8月26日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »