ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

エクアトリアル・コンゴ・エアラインズ

索引 エクアトリアル・コンゴ・エアラインズ

アトリアル・コンゴ・エアラインズ(Equatorial Congo Airlines)はコンゴ共和国のブラザヴィルに本拠地を置く航空会社である。ECエアのブランドで運航している。.

11 関係: マヤマヤ空港ポワントノワール空港ボーイング757ブラザヴィルパリ=シャルル・ド・ゴール空港ドゥアラ国際空港カジェフォウン空港コンゴ共和国2011年8月24日9月24日

マヤマヤ空港

マヤマヤ空港(マヤマヤくうこう、Aéroport international Maya-Maya)はコンゴ共和国の首都ブラザヴィルにある国際空港。エクアトリアル・コンゴ・エアラインズ及びトランスエアコンゴの本拠地である。.

新しい!!: エクアトリアル・コンゴ・エアラインズとマヤマヤ空港 · 続きを見る »

ポワントノワール空港

ポワントノワール空港(ポワントノワールくうこう、Pointe Noire Airport)はコンゴ共和国最大の港湾都市ポワントノワールにある空港。.

新しい!!: エクアトリアル・コンゴ・エアラインズとポワントノワール空港 · 続きを見る »

ボーイング757

ボーイング757(Boeing 757)は、アメリカのボーイングが開発・製造した中型の双発ジェット旅客機である。 757はボーイング727の後継機として短・中距離路線向けに開発された。ボーイングが開発したナローボディ機の中で最も大きく、座席数は200から289席、航続距離は3,150から4,100海里(5,830から7,590キロメートル)である。2人乗務のグラスコックピットとターボファンエンジンを備え、空力抵抗を抑制できるスーパークリティカル翼型の設計が採用された。開発はワイドボディ双発機のボーイング767と同時並行で行われ、757と767でシステムの共通化が図られ、パイロットの操縦資格も共通化された。 757シリーズには胴体長が異なる2つのモデル、とが存在する。最初に開発されたのは旅客型ので、1983年に引き渡しが開始された。貨物専用型と貨客混載型は、と共通の胴体を持ち、1980年代後半に登場した。1999年に初就航した胴体延長型のは、史上最も長い胴体を持つナローボディ双発ジェット機となった。旅客型のからは貨物専用機への改造も行われたほか、米国のC-32のような要人輸送機や多目的機などの軍用の派生型、さらにはプライベート機や政府専用機なども作られ、輸送用途や研究用途に用いられた。757のエンジンは、ロールス・ロイス製RB211シリーズまたはプラット・アンド・ホイットニー製PW2000シリーズのいずれかであった。 757はイースタン航空とブリティッシュ・エアウェイズによって1983年に就航した。757は旧式のナローボディ機を置き換え、米国の短中距離国内線、シャトル便、大陸横断路線で一般的に使われる旅客機となった。1986年にはETOPSと呼ばれる双発機の長距離飛行に関する緩和要件が適用され、757は大陸間路線にも就航するようになった。757の主な運航者は米国の大手航空会社、欧州のチャーター便航空会社、貨物航空会社である。2014年10月までに757の機体損失事故は8件発生しており、うち7件は死亡事故である。 757は54の顧客向けに総計1,050機が製造され、2004年10月28日に生産が終了した。757シリーズの中ではが圧倒的に多く913機が製造された。旅客機需要の中心が小型機に移り757の販売が縮小したため、ボーイングは小型機の737シリーズに力を入れ、757の生産終了時に直接的な後継機は開発されなかった。757の最終機は2005年4月26日に上海航空に引き渡された。757が生産されていた当時、日本の航空会社はボーイング機を好んで使う傾向にあったが、757に関しては登場から生産終了までに1機も購入・使用されることはなかった。2016年7月の時点で688機が就航しており、最大の運用者はデルタ航空である。 本項では以下、ボーイング製の旅客機については「ボーイング」という表記を省略して数字のみで表記する。また、エアバス製旅客機についても同様に社名を省略する。例えば「ボーイング747」であれば「747」、「エアバスA320」であれば「A320」とする。.

新しい!!: エクアトリアル・コンゴ・エアラインズとボーイング757 · 続きを見る »

ブラザヴィル

ブラザヴィル()は、コンゴ共和国の首都。 2010年の人口は140万8150人。 コンゴ川下流に面する。 コンゴ川を挟んだ対岸にはコンゴ民主共和国の首都キンシャサがあり、この二つの都市で大都市圏を形成している(双子都市)。 首都が隣り合っているのは世界でここだけである。 ブラザヴィルは、ポワントノワールと並ぶコンゴ共和国屈指の都市であり、双方とも特別市として、他地方と共にコンゴ共和国を構成する。.

新しい!!: エクアトリアル・コンゴ・エアラインズとブラザヴィル · 続きを見る »

パリ=シャルル・ド・ゴール空港

パリ=シャルル・ド・ゴール空港(パリ=シャルル・ド・ゴールくうこう、Aéroport de Paris-Charles-de-Gaulle)は、フランスの首都パリの国際空港である。フランスの軍人・大統領のシャルル・ド・ゴールにちなんで名付けられた。パリ=オルリー空港と並ぶ、パリの空の玄関口のひとつ。フランス最大の空港である。シャルル・ド・ゴール国際空港(シャルル・ド・ゴールこくさいくうこう)とも呼ばれる。.

新しい!!: エクアトリアル・コンゴ・エアラインズとパリ=シャルル・ド・ゴール空港 · 続きを見る »

ドゥアラ国際空港

ドゥアラ国際空港(ドゥアラこくさいくうこう、仏語:Aéroport international de Douala)は、カメルーン共和国最大の都市ドゥアラにある国際空港である。また、カメルーン航空の拠点空港でもある。.

新しい!!: エクアトリアル・コンゴ・エアラインズとドゥアラ国際空港 · 続きを見る »

カジェフォウン空港

トヌー・カジェフォウン空港(コトヌー・カジェフォウンくうこう、Aéroport international de Cotonou)はベナン共和国リトラル県の県都コトヌーにある空港。 同国最大の空港である。2004年の利用者数は301,493人。2,400mの滑走路を1本有する。.

新しい!!: エクアトリアル・コンゴ・エアラインズとカジェフォウン空港 · 続きを見る »

コンゴ共和国

ンゴ共和国(コンゴきょうわこく)は、中部アフリカに位置する共和制国家。東にコンゴ民主共和国、北にカメルーンと中央アフリカ、西にガボン、南にアンゴラの飛地カビンダと国境を接している。首都はブラザヴィル。 二つのコンゴとアンゴラ北部は15世紀頃まではコンゴ王国の一体的な領域だったが、16世紀にポルトガルによる征服を経た後に、19世紀のベルリン会議でベルギー領(現在のコンゴ民主共和国)とフランス領(現在のコンゴ共和国)とポルトガル領に分けられた。1970年から1991年までの期間は左翼クーデターによりコンゴ人民共和国だった。.

新しい!!: エクアトリアル・コンゴ・エアラインズとコンゴ共和国 · 続きを見る »

2011年

この項目では、国際的な視点に基づいた2011年について記載する。.

新しい!!: エクアトリアル・コンゴ・エアラインズと2011年 · 続きを見る »

8月24日

8月24日(はちがつにじゅうよっか、はちがつにじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から236日目(閏年では237日目)にあたり、年末まであと129日ある。.

新しい!!: エクアトリアル・コンゴ・エアラインズと8月24日 · 続きを見る »

9月24日

9月24日(くがつにじゅうよっか、くがつにじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から267日目(閏年では268日目)にあたり、年末まであと98日ある。.

新しい!!: エクアトリアル・コンゴ・エアラインズと9月24日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ECエア

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »