ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ウサギ目

索引 ウサギ目

ウサギ目(ウサギもく、Lagomorpha)は、哺乳綱に含まれる目。.

22 関係: 南極大陸始新世平凡社ナキウサギマダガスカル島ネコ目ネザーランド・ドワーフネズミ目切歯ウサギ科オーストラリア大陸ギリシア語グリレス大目哺乳類総排出腔翻訳草原草本離島1855年1986年2003年

南極大陸

南極大陸(なんきょくたいりく、、(または) 、、、、)は、地球の最も南にあり、南極点を含む大陸。南半球の南極地方にあり、南氷洋に囲まれた南極圏に位置する。5番目に大きな大陸であり約1400万km2の面積は、オーストラリア大陸のほぼ2倍に相当する。約98%は氷で覆われ、その厚さは平均2.00325kmに及ぶ。 南極大陸は、平均気温が最も低く、乾燥し、強風に晒され、また平均海抜も最も高い大陸である。年間降水量が海岸部分で200mm、内陸ではさらに少ない砂漠と考えられる。 南極大陸で観測された最低気温は、2010年8月10日に記録した-93.2である。この気温では人間が定住することは難しいが、約1000-5000人が大陸中に点在する研究所に年間を通して滞在している。自然状態では、寒冷な環境に適応可能な生物のみが生存し、多くの藻類、ダニ・線虫やペンギン・鰭脚類・節足動物などの動物類、バクテリア、菌類、植物および原生生物が繁殖している。植生はツンドラである。 かつて、「南の地」を意味するメガラニカ (Terra Australis) という大陸が空想されていた南極域に、公式に大陸が存在する事が確認されたのは1820年にロシアの探検家ファビアン・ゴットリープ・フォン・ベリングスハウゼンとがボストーク号(en)とミールヌイ号(en)で行った遠征に端を発する。しかし、厳しい自然環境や、当時は資源が見つからなかった事、そして孤立的な地理条件から、19世紀中はほとんど歯牙にかけられなかった。 1959年、12ヶ国の批准で始まった南極条約は、その後加盟国が49にまで増えた。条約は、軍事的活動や鉱物採掘、核爆発や核廃棄物の発生、各国家による領域主権の主張を禁止し、科学的研究の支援と生物地理区としての保護を定めた。多くの国から派遣された科学者たちが、研究や実験を行っている。.

新しい!!: ウサギ目と南極大陸 · 続きを見る »

始新世

始新世(ししんせい、Eocene)は地質時代の一つで、約5,600万年前から約3,390万年前 までの期間。新生代の第二の時代。古第三紀の第二の世。.

新しい!!: ウサギ目と始新世 · 続きを見る »

平凡社

株式会社平凡社(へいぼんしゃ)は、日本の出版社。百科事典の出版社として有名で、多様な一般書のほか岩波書店、筑摩書房と並んで学術・教養性の強い出版物を多く刊行する。現在も継続刊行中の東洋文庫(1963年創刊)、『別冊 太陽』(1972年創刊)などは歴史が古い。社名の「平」の字は、厳密には二つの点が末広がりになった旧字体「」を用いる(大正末期創業のため)。.

新しい!!: ウサギ目と平凡社 · 続きを見る »

ナキウサギ

ナキウサギ(鳴兎、鳴兔、啼兎、啼兔、英:Pika, rock rabbit, whistling hare)は、ウサギ目(重歯目)ナキウサギ科 Ochotonidae に分類される動物の総称。現生するものは1科1属で、同科には ナキウサギ属 Ochotona のみが属する。長らく14種とされてきたが、その後の研究により、30種まで増えている。総じて耳介は小さく、一見ハムスターのような姿だが、(狭義の)ウサギ類の近縁種である。その名のとおり、高い警戒音でよく鳴く。 属名の Ochotona は、モンゴル語の ogotona または ochodona に由来する。また、英名の Pika はツングース語の piika に由来するため、本来は(ピカ)と読むのが正しいが、そのスペリングから (パイカ)と読まれることが多い。 日本には、北海道にキタナキウサギ (O. hyperborea, Northern Pika) の亜種、エゾナキウサギ O. h. yesoensis が棲息する。.

新しい!!: ウサギ目とナキウサギ · 続きを見る »

マダガスカル島

マダガスカル島(マダガスカルとう、Madagascar Island)は、アフリカ大陸の南東、インド洋西部に位置する世界第4位の面積を持つ島。全域がマダガスカル共和国の領土となっている。.

新しい!!: ウサギ目とマダガスカル島 · 続きを見る »

ネコ目

ネコ目(ネコもく)は脊椎動物亜門 哺乳綱に属する動物の分類群。食肉目(しょくにくもく)、食肉類(しょくにくるい)ともいう。 本来は捕食者として特化したグループであり、獲物を捕えるのに必要な目、耳、鼻、触毛(ひげ)などの感覚器官と知能がよく発達しており、運動能力も高い。.

新しい!!: ウサギ目とネコ目 · 続きを見る »

ネザーランド・ドワーフ

ネザーランド・ドワーフの成獣(ブルー) ネザーランド・ドワーフの幼獣(ヒマラヤン) 同個体の腹側 ネザーランド・ドワーフ(Netherland Dwarf rabbit)は、オランダに起源を持つカイウサギの一品種である。生物学上の分類ではウサギ科アナウサギ。 名称のネザーランド(Netherland)はオランダ(オランダ語:Nederland、ネーデルランド)のことで、「オランダの小型種(ドワーフ)」を意味する。.

新しい!!: ウサギ目とネザーランド・ドワーフ · 続きを見る »

ネズミ目

ネズミ目 (ネズミもく、) は脊椎動物亜門 哺乳綱の目の1つ。齧歯目(げっしもく)、齧歯類(げっしるい)ともいう。リス、ネズミ、ヤマアラシなどが含まれる。現在の哺乳類で最も繁栄しているグループであり、現生哺乳類全種(4300-4600種)の約半数に当たる2000-3000種を占める。生息域は、南極大陸を除く全大陸、およびほとんどすべての島。さまざまな環境に適応した多様な種が存在する。.

新しい!!: ウサギ目とネズミ目 · 続きを見る »

切歯

赤い部分がヒトの切歯 切歯(せっし、incisor)は異歯型の哺乳類中の1番目の歯である。ヒトでは切歯と呼び、動物では門歯(もんし、英語は同じ incisor)と呼ぶことが多い。ヒトの場合、前歯を構成する歯である。ヒトやウマのような多くの草食性や雑食性の哺乳類は、この切歯によって食物をかみ切ることに適応している。一方、ネコやイヌのような肉食性の動物では、切歯が小さく、かみ切る力は比較的弱く、肉をかみ切るには主に犬歯や裂肉歯を使う。かれらはこの小さな切歯を毛繕いに用いている。ゾウの牙は、上顎切歯が変化したものである。ネズミ目の切歯は生涯成長し続け、物を齧る事で磨り減っていく。 ヒトは、上下の中切歯4本、上下の側切歯4本の計8本(上下各左右2対)の切歯をもっている。他の霊長類、ネコ、ウマ等は12本(上下各左右3対)の切歯をもっている。ネズミ目の切歯は4本(上下各左右1対)である。ウサギ目の動物はかつてネズミ目に含まれると考えられていたが、切歯を6本(上左右2対・下左右1対)持っていることにより識別された。 なお、ヒトの切歯もかつては上下各左右3対がにあったが、進化の途上で1対が失われた。失われたのはもっとも近心側の切歯であると考えられており、上顎中切歯間の口蓋側にまれに萌出する正中過剰歯は、その名残であるとされる。.

新しい!!: ウサギ目と切歯 · 続きを見る »

ウサギ科

ウサギ科(ウサギか、Leporidae)は、兎形目に属する科。.

新しい!!: ウサギ目とウサギ科 · 続きを見る »

オーストラリア大陸

ーストラリア オーストラリア大陸(オーストラリアたいりく)は、地球の南半球のオセアニアに位置する大陸である。その面積は6つの大陸のなかで最小である。全土がオーストラリア領であり、東は太平洋、西と南はインド洋、北はアラフラ海に面している。.

新しい!!: ウサギ目とオーストラリア大陸 · 続きを見る »

ギリシア語

リシア語(ギリシアご、現代ギリシア語: Ελληνικά, または Ελληνική γλώσσα )はインド・ヨーロッパ語族ヘレニック語派(ギリシア語派)に属する言語。単独でヘレニック語派(ギリシア語派)を形成する。ギリシア共和国やキプロス共和国、イスタンブールのギリシア人居住区などで使用されており、話者は約1200万人。また、ラテン語とともに学名や専門用語にも使用されている。省略形は希語。.

新しい!!: ウサギ目とギリシア語 · 続きを見る »

グリレス大目

リレス大目 はネズミ目とウサギ目(およびそれらに近縁な絶滅群)からなるクレードである。グリレス はラテン語でヤマネ科を意味する。『新版 絶滅哺乳類図鑑』(丸善出版)では「山鼠類」としている。 これらが単系統群をなすという仮説は形態的な根拠に基づき長い間討議されてきた。レトロトランスポゾンの有無による研究データは明白にグリレス仮説を証明している(Kriegs et al.

新しい!!: ウサギ目とグリレス大目 · 続きを見る »

哺乳類

哺乳類(ほにゅうるい、英語:Mammals, /ˈmam(ə)l/、 学名:)は、脊椎動物に分類される生物群である。分類階級は哺乳綱(ほにゅうこう)とされる。 基本的に有性生殖を行い、現存する多くの種が胎生で、乳で子を育てるのが特徴である。ヒトは哺乳綱の中の霊長目ヒト科ヒト属に分類される。 哺乳類に属する動物の種の数は、研究者によって変動するが、おおむね4,300から4,600ほどであり、脊索動物門の約10%、広義の動物界の約0.4%にあたる。 日本およびその近海には、外来種も含め、約170種が生息する(日本の哺乳類一覧、Ohdachi, S. D., Y. Ishibashi, M. A. Iwasa, and T. Saitoh eds.

新しい!!: ウサギ目と哺乳類 · 続きを見る »

総排出腔

総排出腔(そうはいしゅつこう/くう)、または総排泄腔(そうはいせつこう/くう)とは、軟骨魚類、両生類、爬虫類、鳥類、および一部の原始的な哺乳類に見られる、直腸・排尿口・生殖口を兼ねる器官のことである。 総排出腔をもつ動物では、消化管(腸管)の末端である糞管(肛門管)、泌尿器からの輸尿管、生殖器からの生殖輸管(卵管・精管)のすべてが、共通の室(腔部)である総排出腔に開口する。.

新しい!!: ウサギ目と総排出腔 · 続きを見る »

翻訳

翻訳(ほんやく)とは、Aの形で記録・表現されているものから、その意味するところに対応するBの形に翻案することである。一般に自然言語のそれを指し、起点言語 (source language、原言語) による文章を、別の目標言語 (target language、目的言語) による文章に変換する。例えば、英文から日本文へ翻訳された場合は、起点言語が英語であり、目標言語が日本語である。起点言語による文を原文といい、目標言語による文を訳文・翻訳文と言う。一方文章ではなく、自然言語の発話を別言語に置き換える行為は通訳とも呼ばれる。.

新しい!!: ウサギ目と翻訳 · 続きを見る »

草原

草原(そうげん、くさはら)は、草に覆われ、木がまったくない、または、ほとんど存在しない大地である。.

新しい!!: ウサギ目と草原 · 続きを見る »

草本

草 草本(そうほん)とは、一般に草(くさ)と呼ばれる、植物の生活の型の一つである。.

新しい!!: ウサギ目と草本 · 続きを見る »

離島

離島(りとう)は、本土・本島から離れている島である。法律や行政等において用いられる区分であり、地理学上は、島に関して本島・離島といった区分け・分類はない。そのため、本土や本島に「付属する島」と言う表現も、法律や行政上の区分である。 領海や排他的経済水域(EEZ)の広く確保する基点になったり、外国の領土や船舶・航空機を監視、警戒する拠点になったりするため、経済・安全保障面で重視されることが多い。しばしば領有権紛争の対象となる。 地球上で他の陸地から最も遠い離島は、南大西洋にあるノルウェー領ブーベ島(南極大陸まで約1600km)である。.

新しい!!: ウサギ目と離島 · 続きを見る »

1855年

記載なし。

新しい!!: ウサギ目と1855年 · 続きを見る »

1986年

この項目では、国際的な視点に基づいた1986年について記載する。.

新しい!!: ウサギ目と1986年 · 続きを見る »

2003年

この項目では、国際的な視点に基づいた2003年について記載する。.

新しい!!: ウサギ目と2003年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

兎形目兎形類重歯目

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »