ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ウクライナ建築民俗博物館

索引 ウクライナ建築民俗博物館

ポジーリャ地方の民家と教会。 ウクライナ建築民俗博物館(Музей народної архітектури та побуту України)は、ウクライナの首都キエフに存在する野外博物館である。キエフのホロシーイウ区、プィロヒーウ村の隣に位置する。1969年に開館された。博物館では地域ごとにウクライナ人の伝統的な建築(300棟)と文化的遺物(7万点)が展示される。面積は1,5km²。プィロヒーウ博物館とも。.

7 関係: 建築ホロシーイウ区ウクライナウクライナ人キエフ遺物野外博物館

建築

建築(けんちく)とは、人間が活動するための空間を内部に持った構造物を、計画、設計、施工そして使用するに至るまでの行為の過程全体、あるいは一部のこと。また、そのような行為によって作られた構造物そのものを指すこともある。後者は建築物とも呼ばれる。.

新しい!!: ウクライナ建築民俗博物館と建築 · 続きを見る »

ホロシーイウ区

ホロシーイウ区 ホロシーイウ区(Голосіївський район)は、ウクライナの首都であるキエフの区の一つ。キエフの南部、ドニプロ川の右岸に位置する。1921年から存在したモスクワ区(Московський район)の改名によって2001年1月1日に設置された。面積は156.35 km²、人口は205300人(2001年)。区名は16世紀のホロシーイウ庄にちなむ。ホロシーイウの森、ウクライナ建築民俗博物館、ウクライナ国立学士院の天文台、ウクライナ博覧センターなどがある。.

新しい!!: ウクライナ建築民俗博物館とホロシーイウ区 · 続きを見る »

ウクライナ

ウクライナ(Україна、)は、東ヨーロッパの国。東にロシア連邦、西にハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコが位置している。 16世紀以来「ヨーロッパの穀倉」地帯として知られ、19世紀以後産業の中心地帯として大きく発展している。天然資源に恵まれ、鉄鉱石や石炭など資源立地指向の鉄鋼業を中心として重化学工業が発達している。 キエフ大公国が13世紀にモンゴル帝国に滅ぼされた後は独自の国家を持たず、諸侯はリトアニア大公国やポーランド王国に属していた。17世紀から18世紀の間にはウクライナ・コサックの国家が興亡し、その後ロシア帝国の支配下に入った。第一次世界大戦後に独立を宣言するも、ロシア内戦を赤軍が制したことで、ソビエト連邦内の構成国となった。1991年ソ連崩壊に伴い独立した。 歴史的・文化的には中央・東ヨーロッパの国々との関係が深い。 また本来の「ルーシ」「ロシア」とは、現在のロシア連邦よりもウクライナを指した。.

新しい!!: ウクライナ建築民俗博物館とウクライナ · 続きを見る »

ウクライナ人

ウクライナ人( )は、ウクライナの主要民族である。東欧の東スラヴ人に属し、主にウクライナ語を母語とするものが多い。.

新しい!!: ウクライナ建築民俗博物館とウクライナ人 · 続きを見る »

キエフ

フ(Київ キーイウ、Киев )は、ウクライナの首都。ドニプロ川の中流に位置する。同国最大の都市で、政治・経済・社会・学術・交通の中心地である。特別自治都市。5世紀後半に建設されたポリャーネ族の集落から発展した。中世にはキエフ・ルーシの都であったが、近世にはコサックのキエフ連隊の中心となった。20世紀中にウクライナ人民共和国、ウクライナ国とウクライナ・ソビエト社会主義共和国の首都であり続けた。キエフ市内の人口はおよそ279万人であるが、キエフ首都圏の人口はおよそ400万人となっている。東ヨーロッパにおける最古の都市で、キリスト教の聖地の一つである。都内にある聖ソフィア大聖堂とキエフ洞窟大修道院は世界遺産に登録されている。.

新しい!!: ウクライナ建築民俗博物館とキエフ · 続きを見る »

遺物

八幡山城出土香炉 筒井城の出土毬杖毬 伏見城の金箔瓦 勝瑞城の出土かわらけ 遺物(いぶつ)とは、過去の人類が残した土器や石器などの動産的なもの(動かすことのできるもの)の総称である。遺物には人工遺物と自然的遺物がある。さまざまな道具や装飾品のうち、過去より伝わり、現在は使われなくなったもの。.

新しい!!: ウクライナ建築民俗博物館と遺物 · 続きを見る »

野外博物館

''Den gamle by''(古い街)デンマークのアールフスの町にある野外博物館 野外博物館(やがいはくぶつかん、Open Air Museum)は、建築物の集合体や、展示物が屋内ではなく、屋外にあり、見たり触ったりで体験して学んでもらうことに主眼を置いた博物館である。 ヨーロッパの野外博物館は「スカンセン」、「ミュージアムズ・オブ・ビルディング」(建物博物館)、「フォーク・ミュージアム」(民俗博物館)など様々な呼び方がある。最新の様式はフランス発祥のエコミュージアムである。発想としての、また設備、施設としての野外博物館のよくま とまった歴史ガイドは、 スウェーデンの博物館学者ステン・レンツホグ(Sten Rentzhog)の本『野外博物館 歴史と視覚的アイディアの将来』(Open air museums. The history and future of a visionary idea, 2007)などがある。 野外博物館の一種として「リビング・ファーム・ミュージアムズ」、「リビング・ミュージアムズ」などを含む昔の生活の実演は当時の衣装を着て当時の生活様式を見せる。アメリカにおいては植民地時代など、一般に昔、あるいはある特定の時代の建物、暮らし、道具や手仕事をそのままに見せるといった目的で作られているものが多い。この生活様式には屋外のかまどでの料理、バターの撹拌、紡績、織物、近代的な農機具を使わない農業などが含まれる。多くのリビング・ミュージアムでは鍛冶屋、樽や桶の製造、陶芸、製粉、製材、印刷、医療、商店など伝統的な手工業の実演が行われる。.

新しい!!: ウクライナ建築民俗博物館と野外博物館 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »