ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ウォリス・フツナ

索引 ウォリス・フツナ

ウォリス・フツナ、またはワリス・フテュナ(Collectivité des Îles Wallis et Futuna) は、フランスの海外準県(フランス語でcollectivité d'outre-mer、COM)である。火山性熱帯環礁で、南太平洋のハワイからニュージーランドまでの約3分の2の辺り(南緯13°18'、西経176°12')に位置する。現地には伝統的に首長として3つの地域に各王がいる。.

67 関係: 参政権大韓民国太平洋宣教師地震マグロマタウトゥハワイ州ポリネシア人ヌメアトンガヒヒフォ空港フランスフランスの地方行政区画フランス人フランス共和国憲法フランス語フツナ島フォークダンスニューカレドニアニュージーランドアロフィ島イギリスウベア島 (フランス領ウォリス・フツナ)エマニュエル・マクロンオランダカトリック教会コプラココナッツココヤシサミュエル・ウォリスサッカーウォリス・フツナ代表出稼ぎ共和国大統領 (フランス)元老院 (フランス)国民議会 (フランス)CFPフラン王国火山環礁熱帯畜産音楽首長首長国農業関税ISO 3166-2:WF漁業...日本.wf1616年1767年17世紀1837年1842年1887年1888年18世紀1917年1959年1961年1993年2003年2月16日4月5日 インデックスを展開 (17 もっと) »

参政権

参政権(さんせいけん、Suffrage)とは、政治に参加する権利の総称。.

新しい!!: ウォリス・フツナと参政権 · 続きを見る »

大韓民国

大韓民国(だいかんみんこく、대한민국、漢字: 大韓民國)、通称韓国(かんこく)は、朝鮮半島(韓半島)南部を実効支配する東アジアの共和制国家であり、戦後の冷戦で誕生した分断国家。 憲法上は鴨緑江、豆満江以南の「朝鮮半島及び付属島嶼」全域を領土とするが、現在、北緯38度付近の軍事境界線以北は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の統治下にあり施政権は及んでいない。朝鮮戦争で争った北朝鮮とは1953年に休戦したが、その後も断続的に軍事的対立や小規模な衝突が発生している。 政治面は1980年代半ばまで独裁体制が取られていたが、1987年の民主化宣言によって成立し、現在まで続いている第六共和国憲法に基づく体制は民主主義政体と評価される。 経済面は1960年代前半まで世界最貧国グループにあったため朝鮮戦争で荒廃した韓国は、当時1人あたりの国民所得が日本の5分の1に満たず世界の最貧国に数えられていた。一方、北朝鮮は経済の5カ年計画(*)に成功し、1人あたりの国民所得が韓国の2倍を超えていた。NHKスペシャル 戦後70年 ニッポンの肖像 -世界の中で- 第1回「信頼回復への道」2015年6月19日放送。(*)北朝鮮はソ連型の計画経済を導入した。当時の韓国の一人あたりの国民所得は、日本の五分の一に満たない82ドルで、朝鮮戦争の荒廃から立ち直っておらず、世界の最貧国のひとつだった。NHK さかのぼり日本史「戦後“経済外交”の軌跡」第三回 経済援助 積み残された課題 2012年4月17日放送、キャスター 石澤典夫、解説 学習院大学教授 井上寿一。、独自に資金や技術を調達できなかった岩田勝雄,, 立命館大学コラム「あすへの話題」2006年7月(第44回).

新しい!!: ウォリス・フツナと大韓民国 · 続きを見る »

太平洋

太平洋(たいへいよう)は、アジア(あるいはユーラシア)、オーストラリア、南極、南北アメリカの各大陸に囲まれる、世界最大の海洋。大西洋やインド洋とともに、三大洋の1つに数えられる。日本列島も太平洋の周縁部に位置する。面積は約1億5,555万7千平方キロメートルであり、全地表の約3分の1にあたる。英語名からパシフィックオーシャン(Pacific ocean)とも日本語で表記されることもある。.

新しい!!: ウォリス・フツナと太平洋 · 続きを見る »

宣教師

宣教師(せんきょうし)は、ある特定の思想や宗教を伝えるために、自分の属する共同体を離れて活動する者のこと。もともとはキリスト教用語で、イエス・キリストの高弟たちのことを使徒と呼ぶが、そのギリシア語表現であるアポストロス(απόστολος)本来の意味は「遣わされた者」であり、これがラテン語に訳された際に、同じ意味を持つ"missio"の語が充てられた。宣教師を意味するヨーロッパの各言語における表記は、このラテン語表記に由来する。(missionary、Missionarなど。)現代では本来のキリスト教用語として意味だけでなく、広義で新思想の普及者を指してそう呼ぶことがある。.

新しい!!: ウォリス・フツナと宣教師 · 続きを見る »

地震

地震(じしん、earthquake)という語句は、以下の2つの意味で用いられる日本地震学会地震予知検討委員会(2007)。.

新しい!!: ウォリス・フツナと地震 · 続きを見る »

マグロ

マグロ(鮪)は、サバ科マグロ属(学名:)に分類される硬骨魚類の総称。暖海性で外洋性、回遊性の大型肉食魚で、日本を始めとする世界各地で重要な食用魚として漁獲されている。.

新しい!!: ウォリス・フツナとマグロ · 続きを見る »

マタウトゥ

マタウトゥ(マタ・ウトゥ、Mata-Utu、より正確には Matāʻutu)は南太平洋にあるフランス海外県、ウォリス・フツナの首都である。 マタウトゥの町は人口最大の島、ウォリス島(現地語ではウヴェア島、 ʻUvea)のハハケ地区の行政中心地でもあり、島の東海岸に位置する。(ウォリス島は西のヒヒフォ、南のムア、東のハハケの三地区に分かれており、ハハケが島の中心部に当たる。)経緯は、南緯13度10分、西経176度08分。人口は2013年の調査では1,075人であった。.

新しい!!: ウォリス・フツナとマタウトゥ · 続きを見る »

ハワイ州

ハワイ州(State of Hawaii 、Hawaiʻi)は、太平洋に位置するハワイ諸島にあるアメリカ合衆国の州である。漢字では「布哇」と書く。州都はオアフ島のホノルル市である。アメリカ合衆国50州の中で最後に加盟した州である。 ハワイ島、マウイ島、オアフ島、カウアイ島、モロカイ島、ラナイ島、ニイハウ島、カホオラウェ島の8つの島と100以上の小島からなるハワイ諸島のうち、ミッドウェー環礁を除いたすべての島が、ハワイ州に属している。北西ハワイ諸島の北西端からハワイ諸島の南東端のハワイ島まで、全長1,500マイル (2,400 km) にわたっている。州全体が島だけで構成されることではアメリカ合衆国で唯一の州である。アメリカ合衆国本土の南西、日本の南東、オーストラリアの北東と、太平洋の中央に位置し、地理的にも民族的にも近いポリネシアでは最も北にある列島で構成されている。その自然の多様な景観、暖かい熱帯性気候、豊富な公共の海浜と大洋に取り囲まれていること、および活火山の活動があることで、観光客、サーファー、生物学者、火山学者などに人気のある目的地になっている。独特の文化がある他に太平洋の中心にあることで、北アメリカやアジアの影響も多く受けている。130万人を超える人口の他に常に観光客やアメリカ軍軍事関係者が滞在している。.

新しい!!: ウォリス・フツナとハワイ州 · 続きを見る »

ポリネシア人

ポリネシア人(Polynesian)は、太平洋のポリネシアに住む人々の総称。オーストロネシア語族に属しており、メラネシア人やミクロネシア人と密接な親縁関係を持つ。身体的特徴、言語的特徴に関してメラネシア人のような多様な地域差は無く、同質的である矢野1990。。身長は167.5cmから174.8cmで、メラネシア人と比較してやや長身である。これらの特徴はモンゴロイドと強い類似性を示しており、関係性が窺える。近年は白人やアジア系移民などとの混血化が進行し、純粋な特徴は薄れつつある。-->その一方で、文化的・社会的には、かなりの多様性を持つ。.

新しい!!: ウォリス・フツナとポリネシア人 · 続きを見る »

ヌメア

上空から見たヌメア市街 ヌメア(Nouméa, ヌーメア)は、フランス領ニューカレドニアの最大都市。ニューカレドニア本島(グランドテール島、Grande Terre)南部の半島に位置する。南太平洋で最も都市化・産業化された街のひとつであり、メラネシアやポリネシアの多くの島からの出稼ぎや移民も多い。.

新しい!!: ウォリス・フツナとヌメア · 続きを見る »

トンガ

トンガ王国(トンガおうこく)、通称トンガは、南太平洋に浮かぶ約170の島群からなる国家で、イギリス連邦加盟国のひとつである。オセアニアのうちポリネシアに属し、サモアの南、フィジーの東に位置し、首都のヌクアロファは最大の島トンガタプ島にある。.

新しい!!: ウォリス・フツナとトンガ · 続きを見る »

ヒヒフォ空港

ヒヒフォ空港(ヒヒフォくうこう、Hihifo Airport)またはヴァリ・イイフォ空港(ヴァリ・イイフォくうこう、Aéroport de Wallis - Hihifo)はフランスの海外準県であるウォリス・フツナの主島、ウベア島(ウォリス島)北部のヒヒフォ地区に位置する空港である。ウォリス・フツナ唯一の国際空港であり、首都であるマタウトゥからは約5.6km離れている。.

新しい!!: ウォリス・フツナとヒヒフォ空港 · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: ウォリス・フツナとフランス · 続きを見る »

フランスの地方行政区画

ヨーロッパにおけるフランスの地方行政区画。22の地域圏と首都圏に、96の県を表した地図。右下にコルシカと、左にパリの拡大図が含まれている。 以下にフランスの地方行政区画について県を中心として述べ、さらに一覧を示す。また海外の領土について併せて示す。.

新しい!!: ウォリス・フツナとフランスの地方行政区画 · 続きを見る »

フランス人

フランス人(フランスじん、peuple français)は、フランス(フランス共和国、フランス王国、フランス帝国など)の国籍を有する人々を指し、2004年時点で約6200万人を数える。.

新しい!!: ウォリス・フツナとフランス人 · 続きを見る »

フランス共和国憲法

フランス共和国憲法(フランスきょうわこくけんぽう、Constitution de la République française)は、1958年10月4日に制定されたフランスの憲法典。第五共和制の時代に作られたことから、第五共和国憲法(Constitution de la Cinquième République、第五共和制憲法、第五共和政憲法)とも呼ばれる。.

新しい!!: ウォリス・フツナとフランス共和国憲法 · 続きを見る »

フランス語

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、'''フランコフォン''' (francophone) と言う。.

新しい!!: ウォリス・フツナとフランス語 · 続きを見る »

フツナ島

フツナ島(Futuna)は、フランス海外領ウォリス=フツナの島。近くのアロフィ島とともにフツナ諸島を形成する。火山島であり、島の周りにはサンゴ礁が発達している。西部のシガベと東部のアロの二つの伝統的な王国に分かれており、現在でも両王国は自治権を有する。 人口は4,871人(2003年)で、そのうち2,991人が東部のアロ王国に、1,880人が西部のシガベ王国に居住している。フツナの最高峰は524mのプケ山である。島の面積は83kmで、そのうち53kmがシガベ王国、30kmがアロ王国領である。 フツナ島はウィレム・スクーテンとヤコブ・ラ・マイアーの二人によって1616年に発見された。彼らはニウアフォオウ島に立ち寄った後にこの島を訪れた。彼らはこの双子の島をホールン島と名づけ、これが英語・フランス語でのこの諸島の呼び名となった。 シガベとアロの両王国の国王は貴族階級から選ばれ、フランスの下で住民を統治している。ポイ村を除くすべての村は島の南東岸にあり、西からトロケ、フィウア、ヴァイセイ、ヌク、そしてフツナの首府であり波止場のあるレーバ村までがシガベ領で、その東のタオア、マレレ、オノ、コリア、ヴェレ(ポイント・ヴェレ空港がある)、そして北岸のポイ村がアロ領である。住民はウベア島と同じく深くローマ・カトリックを信仰しており、1841年に殉教したポリネシア唯一のカトリックの聖人ピエール・シャネルの大聖堂がポイ村にある。一方、フツナの住民はサモア系で、トンガ系のウベア島民とは文化や言語が大きく異なる。フツナ人はフツナ語とフランス語を話す。 Category:ウォリス・フツナ Category:オセアニアの島 Category:フランスの島.

新しい!!: ウォリス・フツナとフツナ島 · 続きを見る »

フォークダンス

フォークダンス(英語:folk dance)とは、世界各地で踊られる土着の踊りの総称である。広義には盆踊りや神楽のような日本の踊りも含まれるが、一般的に日本では外国から紹介された踊りを指すことが多い。また、キャンプファイヤーでも使用される。 フォークダンスは民族(民俗)舞踊(舞踏)と訳される。単にフォークダンスといった場合、日本において踊られるものは欧米のものが多く、アフリカ、アジアのものは少ない。現地でのオリジナルに拘る場合にはフォークロアダンスという呼称が用いられる。 日本においてはGHQの占領政策により、戦後普及活動が行われた経緯もあり、米国経由のものが多く踊られている。導入方法で分けると現在日本で踊られているフォークダンスは以下のように分類できる。.

新しい!!: ウォリス・フツナとフォークダンス · 続きを見る »

ニューカレドニア

ニューカレドニア(Nouvelle-Calédonie)は、ニューカレドニア島(フランス語でグランドテール Grande Terre、「本土」と呼ばれる)およびロイヤルティ諸島(ロワイヨテ諸島)からなるフランスの海外領土(collectivité sui generis、特別共同体)である。ニッケルを産出する鉱業の島である一方、リゾート地でもある。ニューカレドニアの珊瑚礁は世界遺産に登録されている。.

新しい!!: ウォリス・フツナとニューカレドニア · 続きを見る »

ニュージーランド

ニュージーランド(New Zealand)は、南西太平洋のオセアニアのポリネシアに位置する立憲君主制国家であり、ニュージーランド王国を構成する最大の主体地域である。島国であり、二つの主要な島と、多くの小さな島々からなる。北西に2,000km離れたオーストラリア大陸(オーストラリア連邦)と対する。南方の南極大陸とは2,600km離れている。北はトンガ、ニューカレドニア、フィジーがある。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。.

新しい!!: ウォリス・フツナとニュージーランド · 続きを見る »

アロフィ島

アロフィ島(Alofi)は、フランス海外領ウォリス・フツナの島。面積は32kmで、最高峰はコロファウ山(410m)である。フツナ諸島のアロ王国に属し、幅2kmの狭い海峡を隔ててフツナ島の南東に位置する。現在では2人(2003年)しか居住者がおらず、ほぼ無人島となっているが、ヨーロッパ人がやってくるまでは1900人ほどの人口があった。現在、2人の居住者は島の北西のアロフィタイ村に住んでいるが、かつては他にも北のソロガ、南東のサアヴァカ、北西のムアの4つの村が存在していた。土曜日になると、狭い海峡をわたってフツナ人がアロフィへとやってきて、島にある自分の農園を耕して帰る。島で栽培される作物はタバコが多い。 Category:ウォリス・フツナ Category:オセアニアの島 Category:フランスの島.

新しい!!: ウォリス・フツナとアロフィ島 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: ウォリス・フツナとイギリス · 続きを見る »

ウベア島 (フランス領ウォリス・フツナ)

ウベア島(Uvea、英語ではウォリスWallis島)は、フランス領ウォリス・フツナの島。ウォリス・フツナで最も大きく人口も多いため、島の都マタウトゥには同海外領の首都が置かれている。 ウベア島は面積77.5km、周囲50km。島の最高点は131mのロカ山である。島内にはいくつかの湖があるが、これは火山起源のものであり、ラロラロ湖のようにほぼ完全な円形と垂直な崖を持っている。ウベア島はウォリス・フツナのもう一方であるフトゥナ島及びアロフィ島から北東に240km離れている。ウベア島の周りには環礁が広がっており、15の小島が浮かんでいて、ウベア諸島を形成している。 考古学的な調査によれば、ウベア島には1400年ごろには人類が住んでいた。13世紀から16世紀ごろまではトンガ大首長国の一部だったが、やがてツイ・トンガの影響力は弱まり、ウベア独自の王朝が成立した。ウベア島は1767年8月16日にコーンウォール人の探検家サミュエル・ウォリスによって「発見」され、この島はウォリス島と名づけられた。 1842年4月5日、ウォリス政府はフランスの保護を要請し、1887年4月にフランスはこの地を保護領とした。1959年の国民投票により、1961年にウベア島はフランスの海外領となった。 ウベア島の人口は10,071人(2003年)で、住民のほとんどはウベア語を話す。住民のほとんどはローマ・カトリックを信仰する。主都は東海岸のマタウトゥ。ウベア島は西のヒヒフォ、東のハハケ、南のムッアの3地区に分かれている。 ウベア島北部のヒヒフォ空港へはエア・カレドニア・インターナショナルが定期便を運行しており、マタウトゥにオフィスがある。.

新しい!!: ウォリス・フツナとウベア島 (フランス領ウォリス・フツナ) · 続きを見る »

エマニュエル・マクロン

マニュエル・ジャン=ミシェル・フレデリック・マクロン(, 1977年12月21日 - )は、フランスの政治家。第25代フランス大統領(第五共和政)、アンドラ公国共同大公。.

新しい!!: ウォリス・フツナとエマニュエル・マクロン · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: ウォリス・フツナとオランダ · 続きを見る »

カトリック教会

トリック教会(カトリックきょうかい、)は、ローマ教皇を中心として全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。その中心をローマの司教座に置くことからローマ教会、ローマ・カトリック教会とも呼ばれる。.

新しい!!: ウォリス・フツナとカトリック教会 · 続きを見る »

コプラ

thumbコプラ(copra)は、ココヤシの果実の胚乳を乾燥したもの。灰白色で約40-65 %の良質脂肪分を含む。主に東南アジア諸国や太平洋諸島で生産され、住民の貴重な現金収入源となっている。.

新しい!!: ウォリス・フツナとコプラ · 続きを見る »

ココナッツ

熟果の断面。白い部分が固形胚乳。 ココナッツ()はヤシ科の単子葉植物、ココヤシの果実である。ココナツあるいは、単に椰子の実ともいう。.

新しい!!: ウォリス・フツナとココナッツ · 続きを見る »

ココヤシ

ヤシ(学名: Cocos nucifera L.)は、単子葉植物ヤシ科の高木である。おそらくヤシ科植物の中で最も有名で、最も利用価値が高い。単にヤシと言えばこれを指す。果実はココナッツとして有名であり、他にも多方面で利用価値が高く、世界中の熱帯地域で栽培されている。.

新しい!!: ウォリス・フツナとココヤシ · 続きを見る »

サミュエル・ウォリス

ミュエル・ウォリス(Samuel Wallis、1728年4月23日 - 1795年1月21日)は、コーンウォールの航海士。世界一周航海を行った。 コーンウォールのカメルフォード郊外に生まれる。1766年に、フィリップ・カートレット指揮のスワロー号とともに世界周航を行うドルフィン号の指揮官に任命された。ドルフィン号はマゼラン海峡を通過後にスワロー号と別れた後、タヒチ島に向かった。ウォリスは、この島をキング3世島と命名した(1767年6月)。ウォリス自身は体調不良で船室にこもっていたため、副官のトバイアス・フルノーが初めて足を踏み入れ、ペナントを掲揚し、国王の名のもとに島を領有した。その後、ドルフィン号はバタビアに寄港したが、そこで船員の多くが赤痢で死んだ。さらに喜望峰を経由して、1768年5月にイングランドに帰港した。ウォリスはそこで、太平洋に向けてまもなく出発するジェームズ・クックに有益な情報を伝えることができた。ドルフィン号の乗組員のなかにも、クックと航海をともにする者がいた。 1780年に海軍本部のコミッショナー(委員)に任命された。 ポリネシアのウベア島は、ウォリスにちなんでウォリス島と命名された。 File:The Natives of Otaheite Attacking Captain Wallis retouched.jpg|敵対するタヒチ人に立ち向かうドルフィン号 File:Memorial to Samuel Wallis in Truro Cathedral.jpg|トゥルーロ大聖堂にあるウォリスとその部下たちの記念プレート.

新しい!!: ウォリス・フツナとサミュエル・ウォリス · 続きを見る »

サッカーウォリス・フツナ代表

ッカーウォリス・フツナ代表は、ウォリス・フツナサッカー連盟によって編成されるサッカーのナショナルチームである。ウォリス・フツナ代表は、FIFA、OFCに加盟していないため、ワールドカップや、OFCネイションズカップに参加することはできない。.

新しい!!: ウォリス・フツナとサッカーウォリス・フツナ代表 · 続きを見る »

出稼ぎ

出稼ぎ(でかせぎ)とは、所得の低い地域や就職先の少ない地域に在住する者が、単身で、所得が高く就職先も多い地域で就労すること。定住地から離れた場所での労働を示し、この移動労働により得た所得の一部は定住地の家族に送金する場合が多いとされている。明治時代から昭和初期には「季節労働」・「出稼」の表記もみえるが、近年の日本の公文書では、「出かせぎ」を用いている(平成22年の国勢調査票の添付書類より)。 近代以降、多くの日系人が中南米に移民し、その子孫が後に経済発展した日本へ出稼ぎに向かったことから、中南米でも「デカセギ」(dekasegi、decasségui)と表現されることがある。 店舗を持たず商品を売りながら移動する仕事は行商を、同じ勤務先に在籍したまま家族を帯同せず違う土地へ転勤することは単身赴任を、家族を連れて別の地域へ移り住むことは移住を、その向かう先が海外である場合は移民を参照。.

新しい!!: ウォリス・フツナと出稼ぎ · 続きを見る »

共和国大統領 (フランス)

共和国大統領(きょうわこくだいとうりょう、)は、フランスの大統領で、国家元首。 歴史的経緯から、フランスの大統領は隣国であるアンドラ公国の国家元首である共同大公も務める。.

新しい!!: ウォリス・フツナと共和国大統領 (フランス) · 続きを見る »

元老院 (フランス)

元老院議場 元老院(げんろういん、)は、フランスの上院に相当する議会。国民議会とともに両院制の国会を構成する。名称は古代ローマ時代の元老院()に由来する。 国民議会がブルボン宮殿を議事堂としているのに対し、元老院はリュクサンブール宮殿を議事堂としている。.

新しい!!: ウォリス・フツナと元老院 (フランス) · 続きを見る »

国民議会 (フランス)

国民議会(こくみんぎかい、)は、フランスの下院に相当する議会。元老院とともに両院制の国会を構成する。名称は、フランス革命時の国民議会(Assemblée nationale)に由来する。 元老院がリュクサンブール宮殿を議事堂としているのに対し、国民議会はブルボン宮殿を議事堂としている。.

新しい!!: ウォリス・フツナと国民議会 (フランス) · 続きを見る »

CFPフラン

CFPフラン(英語:CFP franc、仏語:franc pacifiqueまたはfranc CFP)は、ニューカレドニア、ウォリス・フツナ、タヒチを含むフランス領ポリネシアの通貨である。.

新しい!!: ウォリス・フツナとCFPフラン · 続きを見る »

王(おう)は、おおむね国の君主(国王)を指し、その君主号である。また、特定の領土を持たずとも、ある部族や種族の長たる者を王と呼ぶ。転じて、ある特定の分野での頂点あるいは頂点に近い位置にある者、または物を指すこともある。 または、主に東アジア地域において用いられた爵位の一つ。.

新しい!!: ウォリス・フツナと王 · 続きを見る »

王国

王国(おうこく)は、君主制の国家のうち、国王を元首とする国家を指す。.

新しい!!: ウォリス・フツナと王国 · 続きを見る »

火山

火山(かざん、)は、地殻の深部にあったマグマが地表または水中に噴出することによってできる、特徴的な地形をいう。文字通りの山だけでなく、カルデラのような凹地形も火山と呼ぶ。火山の地下にはマグマがあり、そこからマグマが上昇して地表に出る現象が噴火である。噴火には、様々な様式(タイプ)があり、火山噴出物の成分や火山噴出物の量によってもその様式は異なっている。 火山の噴火はしばしば人間社会に壊滅的な打撃を与えてきたため、記録や伝承に残されることが多い。 は、ローマ神話で火と冶金と鍛治の神ウルカヌス(ギリシア神話ではヘーパイストス)に由来し、16世紀のイタリア語で または と使われていたものが、ヨーロッパ諸国語に入った。このウルカヌス(英語読みではヴァルカン)は、イタリアのエトナ火山の下に冶金場をもつと信じられていた。シチリア島近くのヴルカーノ島の名も、これに由来する。日本で の訳として「火山」の語が広く用いられるようになったのは、明治以降である。.

新しい!!: ウォリス・フツナと火山 · 続きを見る »

環礁

礁の例(アタフ島) 環礁(かんしょう、英語:atoll)は、環状に形成される珊瑚礁のことである。.

新しい!!: ウォリス・フツナと環礁 · 続きを見る »

熱帯

熱帯(ねったい)とは、地球上で緯度が低く年中温暖な地域のことである。緯度による定義、気候区分による定義が存在する。 緯度による定義では、赤道を中心に北回帰線(北緯23度26分22秒)と南回帰線(南緯23度26分22秒)に挟まれた帯状の地域を意味する。英語で熱帯を意味するtropicsは、回帰線(tropic)から生まれた言葉である。 気候区分による定義は気象学者によって複数存在する。以下では気候区分による定義、それもケッペンの気候区分における定義に基づいた内容を紹介する。ケッペンの気候区分における記号はAで、最も低緯度に位置することを示す。 アリソフの気候区分では、1936年に発表された「地理的気候帯」の中に熱帯があり、赤道気候(E)・赤道モンスーン気候(E.M.)・貿易風気候(Pass.)の3つに区分される矢澤(1989):352ページ。さらに貿易風気候は海洋性(Pass.

新しい!!: ウォリス・フツナと熱帯 · 続きを見る »

畜産

産(ちくさん)は、動物のうち家畜・家禽を繁殖、飼育または肥育し、乳製品、肉、卵、皮革など畜産物を得て生活に役立てる産業である。飼育する動物が水棲生物である場合は養殖と呼ぶことが一般的である。畜産を営む農家は特に、畜産農家、または畜産家と呼ばれる。 放牧により畜産をする場合、牧畜とも言う。乳を得ることを目的とする場合は酪農という。 畜産業を営む(業としない場合でも、同一地域に一定数以上の家畜を飼育する際には該当する)ためには、「化製場等に関する法律」に基づく保健所(都道府県)の許可が必要になる。 畜産は食糧確保の手段である一方で、環境問題や倫理問題等の問題があるという指摘がなされており、畜産に反対する運動や主張もなされている。.

新しい!!: ウォリス・フツナと畜産 · 続きを見る »

音楽

音楽(おんがく、music)の定義には、「音による芸術」といったものから「音による時間の表現」といったものまで、様々なものがある。 音楽は、ある音を選好し、ある音を選好しない、という人間の性質に依存する。 音楽には以下の3つの要件がある。.

新しい!!: ウォリス・フツナと音楽 · 続きを見る »

首長

首長(しゅちょう)は、行政機関(日本の場合は特に地方公共団体)の長を意味する用語で、広い意味では集団・組織を統率する長を意味する言葉である。.

新しい!!: ウォリス・フツナと首長 · 続きを見る »

首長国

首長国(しゅちょうこく)は、イスラム世界の君主の称号の一つである「首長(アミール、amīr)」が君臨する国家のことを指し、君主制の一形態である。英語ではアミールの英語表記"Emir"から「Emirate」と表記される。かつての日本では「土侯国」と訳されたこともあるが、侮蔑的だとして現在は使われない。首長が絶対的な権力を持つ絶対君主制を基本としているが、湾岸戦争後、立憲君主制を採用する国も現れ始めた。 かつてのアフガニスタンにおけるターリバーン政権は、自らの国号を「アフガニスタン・イスラム首長国」としていたが、この政権は崩壊している。また、バーレーンは君主の称号を「アミール」から「マリク」に変更し、国号も「バーレーン王国」として自ら立憲君主制へ移行した。.

新しい!!: ウォリス・フツナと首長国 · 続きを見る »

農業

農業(のうぎょう)とは、土地の力を利用して有用な植物を栽培し、また、有用な動物を飼養する、有機的な生産業のこと広辞苑 第六版「農業」。.

新しい!!: ウォリス・フツナと農業 · 続きを見る »

関税

関税(かんぜい)とは、広義には国境または国内の特定の地域を通過する物品に対して課される税東京銀行『貿易為替辞典』至誠堂、1960年、87頁。狭義には国境関税(外部関税)のみを指す。国内関税が多くの国で廃止されている現代社会では、国内産業の保護を目的として又は財政上の理由から輸入貨物に対して課される国境関税をいうことが多く、間接消費税に分類される。.

新しい!!: ウォリス・フツナと関税 · 続きを見る »

ISO 3166-2:WF

ISO 3166-2:WFはISOの3166-2規格のうち、WFで始まるものである。フランス領ウォリス・フツナの行政区分コードを意味する。ウォリス・フツナはフランスの海外領土でありISO 3166-1(ISO 3166-1 alpha-2)で、WFを国コードとして割り振られている。ISO 3166-2:WFに対応する行政区分コードの割り当てはない。 ただし、ウォリス・フツナにはフランスの地方行政区画としてISO 3166-2:FRでFR-WFが割り当てられている。.

新しい!!: ウォリス・フツナとISO 3166-2:WF · 続きを見る »

漁業

漁業(ぎょぎょう)とは、営利目的で魚介類を捕獲したり養殖する産業のことブリタニカ国際百科事典【漁業】。.

新しい!!: ウォリス・フツナと漁業 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: ウォリス・フツナと日本 · 続きを見る »

.wf

.wfはフランス領ウォリス・フツナに割り当てられている国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。これは、フランスに登録を委任されており、公式のウェブのアドレスnic.wfはフランスの登録サイトAFNICへリダイレクトされている。しかし、現時点で登録は中止されている。.

新しい!!: ウォリス・フツナと.wf · 続きを見る »

1616年

記載なし。

新しい!!: ウォリス・フツナと1616年 · 続きを見る »

1767年

記載なし。

新しい!!: ウォリス・フツナと1767年 · 続きを見る »

17世紀

ルイ14世の世紀。フランスの権勢と威信を示すために王の命で壮麗なヴェルサイユ宮殿が建てられた。画像は宮殿の「鏡の間」。 スペインの没落。国王フェリペ4世の時代に「スペイン黄金時代」は最盛期を過ぎ国勢は傾いた。画像は国王夫妻とマルガリータ王女を取り巻く宮廷の女官たちを描いたディエゴ・ベラスケスの「ラス・メニーナス」。 ルネ・デカルト。「我思う故に我あり」で知られる『方法序説』が述べた合理主義哲学は世界の見方を大きく変えた。画像はデカルトとその庇護者であったスウェーデン女王クリスティナ。 プリンキピア』で万有引力と絶対空間・絶対時間を基盤とするニュートン力学を構築した。 オランダの黄金時代であり数多くの画家を輩出した。またこの絵にみられる実験や観察は医学に大きな発展をもたらした。 チューリップ・バブル。オスマン帝国からもたらされたチューリップはオランダで愛好され、その商取引はいつしか過熱し世界初のバブル経済を生み出した。画像は画家であり園芸家でもあったエマヌエル・スウェールツ『花譜(初版は1612年刊行)』の挿絵。 三十年戦争の終結のために開かれたミュンスターでの会議の様子。以後ヨーロッパの国際関係はヴェストファーレン体制と呼ばれる主権国家を軸とする体制へと移行する。 チャールズ1世の三面肖像画」。 ベルニーニの「聖テレジアの法悦」。 第二次ウィーン包囲。オスマン帝国と神聖ローマ帝国・ポーランド王国が激突する大規模な戦争となった。この敗北に続いてオスマン帝国はハンガリーを喪失し中央ヨーロッパでの優位は揺らぐことになる。 モスクワ総主教ニーコンの改革。この改革で奉神礼や祈祷の多くが変更され、反対した人々は「古儀式派」と呼ばれ弾圧された。画像はワシーリー・スリコフの歴史画「貴族夫人モローゾヴァ」で古儀式派の信仰を守り致命者(殉教者)となる貴族夫人を描いている。 スチェパン・ラージン。ロシアではロマノフ朝の成立とともに農民に対する統制が強化されたが、それに抵抗したドン・コサックの反乱を率いたのがスチェパン・ラージンである。画像はカスピ海を渡るラージンと一行を描いたワシーリー・スリコフの歴史画。 エスファハーンの栄華。サファヴィー朝のシャー・アッバース1世が造営したこの都市は「世界の半分(エスファハーン・ネスフェ・ジャハーン・アスト)」と讃えられた。画像はエスファハーンに建てられたシェイク・ロトフォラー・モスクの内部。 タージ・マハル。ムガル皇帝シャー・ジャハーンが絶世の美女と称えられた愛妃ムムターズ・マハルを偲んでアーグラに建てた白亜の霊廟。 アユタヤ朝の最盛期。タイでは中国・日本のみならずイギリスやオランダの貿易船も来訪し活況を呈した。画像はナーラーイ王のもとで交渉をするフランス人使節団(ロッブリーのプラ・ナーライ・ラーチャニーウエート宮殿遺跡記念碑)。 イエズス会の中国宣教。イエズス会宣教師は異文化に対する順応主義を採用し、中国の古典教養を尊重する漢人士大夫の支持を得た。画像は『幾何原本』に描かれたマテオ・リッチ(利瑪竇)と徐光啓。 ブーヴェの『康熙帝伝』でもその様子は窺える。画像は1699年に描かれた読書する40代の康熙帝の肖像。 紫禁城太和殿。明清交代の戦火で紫禁城の多くが焼亡したが、康熙帝の時代に再建がなされ現在もその姿をとどめている。 台湾の鄭成功。北京失陥後も「反清復明」を唱え、オランダ人を駆逐した台湾を根拠地に独立政権を打ち立てた。その母が日本人だったこともあり近松門左衛門の「国姓爺合戦」などを通じて日本人にも広く知られた。 江戸幕府の成立。徳川家康は関ヶ原の戦いで勝利して征夷大将軍となり、以後260年余にわたる幕府の基礎を固めた。画像は狩野探幽による「徳川家康像」(大阪城天守閣蔵)。 日光東照宮。徳川家康は死後に東照大権現の称号を贈られ日光に葬られた。続く三代将軍徳川家光の時代までに豪奢で絢爛な社殿が造営された。画像は「日暮御門」とも通称される東照宮の陽明門。 歌舞伎の誕生。1603年に京都北野社の勧進興業で行われた出雲阿国の「かぶき踊り」が端緒となり、男装の女性による奇抜な演目が一世を風靡した。画像は『歌舞伎図巻』下巻(名古屋徳川美術館蔵)に描かれた女歌舞伎の役者采女。 新興都市江戸。17世紀半ばには江戸は大坂や京都を凌ぐ人口を擁するまでとなった。画像は明暦の大火で焼失するまで威容を誇った江戸城天守閣が描かれた「江戸図屏風」(国立歴史民俗博物館蔵)。 海を渡る日本の陶磁器。明清交代で疲弊した中国の陶磁器産業に代わり、オランダ東インド会社を通じて日本から陶磁器が数多く輸出された。画像は1699年に着工されたベルリンのシャルロッテンブルク宮殿の「磁器の間」。 海賊の黄金時代。西インド諸島での貿易の高まりはカリブ海周辺に多くの海賊を生み出した。画像はハワード・パイルが描いた「カリブ海のバッカニーア」。 スペイン副王支配のリマ。リマはこの当時スペインの南米支配の拠点であり、カトリック教会によるウルトラバロックとも呼ばれる壮麗な教会建築が並んだ。画像は1656年の大地震で大破したのちに再建されたリマのサン・フランシスコ教会・修道院。 17世紀(じゅうしちせいき、じゅうななせいき)は、西暦1601年から西暦1700年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ウォリス・フツナと17世紀 · 続きを見る »

1837年

記載なし。

新しい!!: ウォリス・フツナと1837年 · 続きを見る »

1842年

記載なし。

新しい!!: ウォリス・フツナと1842年 · 続きを見る »

1887年

記載なし。

新しい!!: ウォリス・フツナと1887年 · 続きを見る »

1888年

記載なし。

新しい!!: ウォリス・フツナと1888年 · 続きを見る »

18世紀

Jean-Pierre Houëlが描いたバスティーユ襲撃(フランス国立図書館蔵)。 国立マルメゾン城美術館蔵)。 ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵)。 18世紀(じゅうはっせいき)は、西暦1701年から西暦1800年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ウォリス・フツナと18世紀 · 続きを見る »

1917年

記載なし。

新しい!!: ウォリス・フツナと1917年 · 続きを見る »

1959年

記載なし。

新しい!!: ウォリス・フツナと1959年 · 続きを見る »

1961年

記載なし。

新しい!!: ウォリス・フツナと1961年 · 続きを見る »

1993年

この項目では、国際的な視点に基づいた1993年について記載する。.

新しい!!: ウォリス・フツナと1993年 · 続きを見る »

2003年

この項目では、国際的な視点に基づいた2003年について記載する。.

新しい!!: ウォリス・フツナと2003年 · 続きを見る »

2月16日

2月16日(にがつじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から47日目にあたり、年末まであと318日(閏年では319日)ある。.

新しい!!: ウォリス・フツナと2月16日 · 続きを見る »

4月5日

4月5日(しがついつか)は、グレゴリオ暦で年始から95日目(閏年では96日目)にあたり、年末まであと270日ある。誕生花はカイドウ、コデマリ。.

新しい!!: ウォリス・フツナと4月5日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

WLFワリシア人ワリスおよびフツナ諸島ワリス・フュチュナワリス・フツナ諸島ワリス・フテュナ諸島フツナウォリス・フツナ諸島ウォリス諸島ウォリス=フツナ

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »