ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ウィリアム・ベイトソン

索引 ウィリアム・ベイトソン

ウィリアム・ベイトソン(William Bateson, 1861年8月8日 - 1926年2月8日)は、イギリスの遺伝学者。メンデルの法則を英語圏の研究者に紹介し、その普及の先頭に立った人物である。英語で遺伝学を意味する "genetics" という語を考案したことでも有名。 人類学者グレゴリー・ベイトソンは彼の息子である。ウィリアムのいとこの孫、パトリック・ベイトソンは進化生物学者。.

42 関係: 対立遺伝子中央アジアハチメンデルの法則ユーゴー・ド・フリースラグビー校ロイヤル・メダルトーマス・ハント・モーガンヘテロ接合型パトリック・ベイトソンホメオボックスホメオシスホモ接合型ダーウィン・メダルイングランドイギリスイセエビウィルヘルム・ヨハンセンウィットビーウォルター・S・サットンオランダグレゴリー・ベイトソングレゴール・ヨハン・メンデルケンブリッジ大学ステップ (植生)王立協会突然変異説遺伝子遺伝学遺伝的連鎖触角論文自然選択説英語圏造語進化生物学染色体説接合子1861年1926年2月8日8月8日

対立遺伝子

対立遺伝子(たいりついでんし、)とは、対立形質を規定する個々の遺伝子を指す。アレルと呼ばれることもある。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンと対立遺伝子 · 続きを見る »

中央アジア

東南アジア 中央アジアのいくつかの定義。狭い順に濃茶: ソ連の定義+茶: 現代的な定義+淡茶: UNESCOの定義 中央アジアの位置 中央アジア(ちゅうおうアジア)は、ユーラシア大陸またアジア中央部の内陸地域である。18世紀から19世紀にかけては一般にトルキスタンを指したが、現在でも使用される。トルキスタンとは「テュルクの土地」を意味し、テュルク(突厥他)系民族が居住しており、西トルキスタンと東トルキスタンの東西に分割している。 西トルキスタンには、旧ソ連諸国のうちカザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンの5か国が含まれる(以下、中央アジア5か国と記す)。 東トルキスタンは中華民国に併合されて以降、新疆省と成り、中華人民共和国に併合されて以降は新疆ウイグル自治区と成った。中国領トルキスタン、ウイグルスタンともいう。 広義には、「アジアの中央部」を意味し、東西トルキスタンのほか、カザフステップ、ジュンガル盆地、チベット、モンゴル高原、アフガニスタン北部、イラン東部、南ロシア草原を含む。UNESCOはトルキスタン以外にも、モンゴル地域、チベット地域、アフガニスタン、イラン北東部、パキスタン北部、インド北部、ロシアのシベリア南部などを中央アジア概念の中に含めている。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンと中央アジア · 続きを見る »

ハチ

蜂の巣。六角形の部屋が密集してできている。 ハチ(蜂)とは、昆虫綱ハチ目(膜翅目)に分類される昆虫のうち、アリ(ハチ類ではあるが、多くの言語・文化概念上、生活様式の違い等から区別される)と呼ばれる分類群以外の総称。ハバチ亜目の全てと、ハチ亜目のうちハナバチ、スズメバチ等がこれに含まれる(ハチ目を参照)。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとハチ · 続きを見る »

メンデルの法則

メンデルの法則(メンデルのほうそく)は、遺伝学を誕生させるきっかけとなった法則であり、グレゴール・ヨハン・メンデルによって1865年に報告された。分離の法則、独立の法則、優性の法則の3つからなる。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとメンデルの法則 · 続きを見る »

ユーゴー・ド・フリース

1890年当時の肖像 1907年当時の肖像 ユーゴー・マリー・ド・フリースまたはヒューゴー・マリー・デ・ヴリース(、 1848年2月16日 - 1935年5月21日)は、オランダの植物学者・遺伝学者。なお、ドフリスと呼称している日本の理科の教科書もある。オオマツヨイグサの栽培実験によって、1900年にカール・エーリヒ・コレンスやエーリヒ・フォン・チェルマクらと独立にメンデルの法則を再発見した。さらにその後も研究を続け、1901年には突然変異を発見した。この成果に基づいて、進化は突然変異によって起こるという「突然変異説」を提唱した。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとユーゴー・ド・フリース · 続きを見る »

ラグビー校

ラグビー校(ラグビーこう、Rugby School)は、ウォリックシャーのラグビーにある、イングランドで最も有名で最も古いパブリックスクール(名門私立学校)の1つである。 11歳から18歳までの男女共学のボーディングスクール(寄宿学校)で、イートン校などと並んで、卒業生がオックスフォード大学やケンブリッジ大学などに進学する最難関進学校として知られる。「ザ・ナイン」と呼ばれる英国トップ校9校のうちのひとつ。定員は950名で、そのうち800名がハリー・ポッターで描かれるようなハウスと呼ばれる寮で暮らしている。年間の学費は、寄宿生で35,000ポンド、通学生で22,000ポンドほど。アジア人の比率は極めて低く、入学条件の英語力は流暢なネイティブ級が求められる。 ラグビー球技の発祥の地としても有名。ラグビー発祥の地と言われるグラウンド チャペル内部.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとラグビー校 · 続きを見る »

ロイヤル・メダル

ョージ4世が1826年にこの賞を創設した。 ロイヤル・メダル(Royal Medal)は、王立協会が毎年イギリス連邦内で「自然界についての知識の発展に最も重要な貢献をした」2人の人物と「応用科学の分野で顕著な貢献をした」1人の人物に与える賞で、金メッキされた銀メダルが授与される。1826年、ジョージ4世が創設した。当初は毎年2つのメダルを、前年に重要な発見をした者に与えていた。その後対象期間が5年間に伸び、さらに3年間に短縮された。形式はウィリアム4世とヴィクトリア女王が受け継ぎ、特にヴィクトリア女王は1837年に条件を変更したため、数学も3年おきに選考対象とされるようになった。1850年に再び条件が変更され、イギリス連邦内で10年前から1年前までの間に発表された自然科学への重要な貢献2件を表彰することになった。 1965年、現在の形式となり、王立協会の推薦に基づいてイギリス王室が3つのメダルを毎年授与するようになった。自然科学全般を対象とするため、選考委員会は生物学関連部門と物理学関連部門に分かれている。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとロイヤル・メダル · 続きを見る »

トーマス・ハント・モーガン

トーマス・ハント・モーガン(Thomas Hunt Morgan、1866年9月25日 - 1945年12月4日)はアメリカ合衆国の遺伝学者。キイロショウジョウバエを用いた研究で古典遺伝学の発展に貢献し、染色体が遺伝子の担体であるとする染色体説を実証した。その業績により、1933年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとトーマス・ハント・モーガン · 続きを見る »

ヘテロ接合型

ヘテロ接合型 (ヘテロせつごうがた、heterozygous) は、異型接合体とも呼ばれ、遺伝学において、二倍体生物のある遺伝子座が Aa、Bb のように異なった対立遺伝子からなる状態のこと。このような遺伝子型をヘテロ接合型 (又はヘテロ接合体) といい、同じ対立遺伝子を持つ遺伝子型をホモ接合型という。 メンデルの法則では、この状態の生物においてはそのどちらか一方の遺伝子の形質のみが表現型として表れるとする (優性の法則)。この時、表れる方の遺伝形質を優性の形質といい、遺伝子としては保持しているが表現型に表れないものを劣性の形質という。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとヘテロ接合型 · 続きを見る »

パトリック・ベイトソン

ポール・パトリック・ゴードン・ベイトソン(Sir Paul Patrick Gordon Bateson, FRS 1938年3月31日 - )はイギリスの動物行動学者、進化生物学者、サイエンスライター。 ベイトソンは大学院生時代にニコ・ティンバーゲンのゾウゲカモメの最初の研究に加わり、ケンブリッジ大学から動物行動で博士号を取得した。1984年から2005年までケンブリッジ大学で動物行動学の研究を行い、2005年からは名誉教授。1988年から2003年までキングス・カレッジの学長、2004年以来ロンドン動物学会の会長をつとめている。 ベイトソンは260以上の論文を執筆しているほか、サイエンスライターとして動物行動学、動物の福祉、発生生物学、遺伝学に関する一般向けの著作も多い。 1983年にロンドン王立協会の会員に選出され、1998年から2003年まで王立協会の生物科学部門の副部長をつとめた。イギリス議会の科学アドバイザーもつとめている。2003年にナイトに叙された。 祖父のいとこは著名な遺伝学者ウィリアム・ベイトソンである。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとパトリック・ベイトソン · 続きを見る »

ホメオボックス

ホメオドメインとDNAの複合体。ホメオドメインはヘリックス・ターン・ヘリックス構造を持つ。 ホメオボックス(homeobox)とは、動物、植物および菌類の発生の調節に関連する相同性の高いDNA塩基配列である。ホメオボックスを持つ遺伝子はホメオボックス遺伝子と呼ばれ、ホメオボックス遺伝子ファミリーを構成する。 ホメオボックスはおおよそ180塩基対があり、DNAに結合しうるタンパク質部位(ホメオドメイン)をコードする。ホメオボックス遺伝子は、例えば足を作るのに必要なすべての遺伝子など、典型的に他の遺伝子のカスケードをスイッチする転写因子をコードする。ホメオドメインはDNAへ特異的に結合する。しかしながら、単独のホメオドメインタンパク質の特異性は通常、その要求される標的遺伝子だけを認識するに充分ではない。ほとんどの場合、ホメオドメインタンパクは他の転写因子また、しばしばホメオドメインタンパク質との複合体としてその標的遺伝子のプロモーター領域で働いている。そのような複合体は単独のホメオドメインタンパク質よりも高度な標的特異性を持つ。 ホメオドメインを含むタンパク質は大きく2つに分類される場合がある。ひとつはゲノム中に特徴的なクラスターを形成している Hox遺伝子群に由来し、Hox タンパク質 (または単に Hox) と呼ばれる。もうひとつは Hox 以外のゲノム中に散在する non-Hox 遺伝子に由来し、non-Hox ホメオ蛋白質とされる。 哺乳類では Hox gene は異なった染色体上に4個のクラスターを形成しており、塩基配列の相同性から13のグループに分けられ、3' 側から番号がつけられている。発生過程ではこの順番に対応して前後軸に沿った発現をし、その位置に特徴的な体節構造を誘導する。これらのことはショウジョウバエのホメオティック変異の解析が端緒となった。 non-Hox 遺伝子には、NK-2ファミリーやMSXファミリーがあり、これらもさまざまな発生分化過程に関わる進化的に保存されたファミリーを形成していることがわかっている。また出芽酵母の性決定を支配するMAT遺伝子もホメオボックスを持つ。 Hox遺伝子は体軸のパターン形成で機能する。そのため、特異的な体の部分の同一性を与えて、Hox遺伝子は、発生中の胎児や幼生で肢や他の体節の成長を決定する。それらの遺伝子の変異は余分な成長を引きおこすことがあり、典型的には無脊椎動物で機能的でない体の部分、例えばショウジョウバエのひとつの遺伝子の欠損のせいでaristapaedia複合体が頭の触角の場所から脚を生やさせる。脊椎動物でのHox遺伝子の変異は通常、誕生前に死亡する。 ホメオボックス遺伝子は初めにショウジョウバエで見つかり、続いて昆虫から爬虫類、哺乳類といった多くの他の種で同定された。右の図はラットのPit-1ホメオボックス含有タンパク質(紫)がDNAに結合している構造モデルである。Pit-1は成長ホルモン遺伝子転写の調整因子である。Pit-1は、POUドメインとホメオドメインの両方を使いDNAへ結合する転写因子のPOU DNA結合ドメインファミリーのひとつである。ホメオボックスは単細胞の酵母などの菌類や植物にすら見られる。このことはこの遺伝子ファミリーが非常に早くに進化して、形態形成の基本メカニズムが多くの生物で同じ事を示している。 ホメオボックス遺伝子の変異は簡単に目に見える表現型の変化を生み出す。上で示した触角の場所にある脚や、二対目の羽といったショウジョウバエの例がそれである。ホメオボックス遺伝子の重複は新しい体の部分を生むことができ、そのような重複が体節のある動物の進化には重要な可能性がある。 コンピューター計算に類似して、ホメオボックス遺伝子はサブルーチンの呼び出しに似ていると考えることができる。これは、DNAの別の場所にすでに存在しているサブシステム全ての産生のスイッチとなる。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとホメオボックス · 続きを見る »

ホメオシス

ホメオシス(Homeosis;形容詞はホメオティックHomeotic)とは、遺伝的な原因(ある遺伝子の突然変異、あるいはその発現程度の異常)によって、多細胞生物体の一部の器官が本来の形をとらず他の相同な器官に転換する変化をいう。日本語では「異形成」ということもある(病理細胞学でいう異形成とは別)。特に遺伝子の突然変異による場合は、これらをそれぞれホメオティック遺伝子、ホメオティック突然変異と呼ぶ。 ホメオシスの例として、昆虫では触角が脚に、あるいは体節が別の体節に変化するもの、植物では雄蕊が花弁や葉に変化するものなどがある。これらの原因となるホメオティック遺伝子の代表的なものとして、動物ではHox遺伝子、植物ではMADSボックス遺伝子がある。これらのホメオティック遺伝子の起源は単細胞生物にあったと考えられるが、各生物系統の進化の過程で発生・器官形成の機能を獲得し、さらに機能的に分化することにより、相同器官の分化を通じて発生・形態の進化における中心的な役割を担ったと考えられる。この過程が現在発展しつつある進化発生生物学で中心テーマの1つとなっている。 Hox遺伝子などを含む「ホメオボックス遺伝子群」には共通の配列があり、これをホメオボックスという。ホメオボックス遺伝子は他の動物、さらには菌類や植物でも見出されており、特に脊椎動物では(昆虫のような明確なホメオティック変異は起こさないが)初期発生で不可欠な機能を持つことが知られている。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとホメオシス · 続きを見る »

ホモ接合型

ホモ接合型(ホモせつごうがた、homozygous)とは、同型接合体とも呼ばれ、遺伝学において、二倍体生物のある遺伝子座が AA、aa のように同じ対立遺伝子からなる状態のことである。このような遺伝子型をホモ接合型(またはホモ接合体)といい、Aa のように異なった対立遺伝子を持つ遺伝子型をヘテロ接合型という。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとホモ接合型 · 続きを見る »

ダーウィン・メダル

ダーウィン・メダル()はイギリスの王立協会が2年に一度、優れた業績を挙げた生物学者に授与する賞である。チャールズ・ダーウィンの名前にちなみ、生物学における世界最高レベルの賞とされる。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとダーウィン・メダル · 続きを見る »

イングランド

イングランド(England)は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国」(country)の一つである。人口は連合王国の83%以上、面積はグレートブリテン島の南部の約3分の2を占める。北方はスコットランドと、西方はウェールズと接する。北海、アイリッシュ海、大西洋、イギリス海峡に面している。 イングランドの名称は、ドイツ北部アンゲルン半島出身のゲルマン人の一種であるアングル人の土地を意味する「Engla-land」に由来する。イングランドは、ウェールズとともにかつてのイングランド王国を構成していた。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとイングランド · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとイギリス · 続きを見る »

イセエビ

イセエビ(伊勢海老、伊勢蝦、学名:、Japanese spiny lobster)は、イセエビ科に属するエビの1種。広義にはイセエビ科の数種を指す。別名は鎌倉海老や龍蝦(りゅうか)。 熱帯域の浅い海に生息する大型のエビで、日本では高級食材として扱われる。新年の季語。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとイセエビ · 続きを見る »

ウィルヘルム・ヨハンセン

ウィルヘルム・ヨハンセン(Wilhelm Ludvig Johannsen、1857年2月3日 - 1927年11月11日)はデンマークの植物学者、遺伝学者である。生物の集団が純系になってしまうと、ダーウィンの選択説が成立しなくなるという「純系説」の提唱者として知られる。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとウィルヘルム・ヨハンセン · 続きを見る »

ウィットビー

ウィットビー (Whitby) は、イングランドのノース・ヨークシャー北海に面するにある港町。ノース・ヨーク・ムーアズ国立公園の一部でもある。7世紀から歴史的な港、灯台とビーチから、イギリス有数のリゾート町として知られる。1768年ジェームズ・クックは、この港で建造されたエンデバー号に乗り込み、初の太平洋航海に乗り出した。 2011年の国勢調査での人口は13,213人で、2001年の13,594人から減少傾向にある。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとウィットビー · 続きを見る »

ウォルター・S・サットン

ウォルター・S・サットン ウォルター・S・サットン(Walter Stanborough Sutton, 1877年4月5日 - 1916年3月10日)はアメリカの生物学者・医学者。バッタ Brachystola magna の生殖細胞を用いて減数分裂における染色体の観察から、染色体説を提唱したことで知られる。 1898年にカンザス大学の細胞学者クラレンス・E・マクラング(C.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとウォルター・S・サットン · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとオランダ · 続きを見る »

グレゴリー・ベイトソン

レゴリー・ベイトソン(Gregory Bateson, 1904年5月9日 - 1980年7月4日)は、アメリカ合衆国の文化人類学・精神医学などの研究者。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとグレゴリー・ベイトソン · 続きを見る »

グレゴール・ヨハン・メンデル

レゴール・ヨハン・メンデル(Gregor Johann Mendel、1822年7月20日 - 1884年1月6日)は、オーストリア帝国・ブリュン(現在のチェコ・ブルノ)の司祭。植物学の研究を行い、メンデルの法則と呼ばれる遺伝に関する法則を発見したことで有名。遺伝学の祖。 当時、遺伝現象は知られていたが、遺伝形質は交雑とともに液体のように混じりあっていく(混合遺伝)と考えられていた。メンデルの業績はこれを否定し、遺伝形質は遺伝粒子(後の遺伝子)によって受け継がれるという粒子遺伝を提唱したことである。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとグレゴール・ヨハン・メンデル · 続きを見る »

ケンブリッジ大学

ンブリッジ大学(University of Cambridge)は、イギリスの大学都市ケンブリッジに所在する総合大学であり、イギリス伝統のカレッジ制を特徴とする世界屈指の名門大学である。中世に創設されて以来、英語圏ではオックスフォード大学に次ぐ古い歴史をもっており、アンシャン・ユニヴァシティーに属する。 ハーバード大学、シカゴ大学、オックスフォード大学等と並び、各種の世界大学ランキングで常にトップレベルの優秀な大学として評価されており、公式のノーベル賞受賞者は96人(2016年12月現在)と、世界の大学・研究機関で最多(内、卒業生の受賞者は65人)。総長はで、副総長は。 公式サイトでは国公立大学(Public University)と紹介している。法的根拠が国王の勅許状により設立された自治団体であること、大学財政審議会(UFC)を通じて国家から国庫補助金の配分を受けており、大学規模や文科・理科の配分比率がUFCにより決定されていること、法的性質が明らかに違うバッキンガム大学等の私立大学が近年新設されたことによる。ただし、自然発生的な創立の歴史や高度な大学自治、独自の財産と安定収入のあるカレッジの存在、日本でいう国公立大学とは解釈が異なる。 アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカ各国からの留学生も多い。2005年現在、EU外からの学生は3,000人を超え、日本からの留学生も毎年十数人~数十人規模となっている。研究者の交流も盛んで、日本からの在外訪問研究者も多い。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとケンブリッジ大学 · 続きを見る »

ステップ (植生)

テップ(ロシア語:степь stepʹ、ウクライナ語:степ step、英語:steppe)は、中央アジアのチェルノーゼム帯など世界各地に分布する草原を言う。ロシア語で「平らな乾燥した土地」の意味。ステップは植生や気候によって定義される。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンとステップ (植生) · 続きを見る »

王立協会

イヤル・ソサイエティ(Royal Society)は、現存する最も古い科学学会。1660年に国王チャールズ2世の勅許を得て設立された。正式名称は"The President, Council, and Fellows of the Royal Society of London for Improving Natural Knowledge"(自然知識を促進するためのロンドン王立協会)。日本語訳ではロンドン王立協会(-おうりつきょうかい)、王立学会(おうりつがっかい)など。 この会は任意団体ではあるが、イギリスの事実上の学士院(アカデミー)としてイギリスにおける科学者の団体の頂点にあたる。また、科学審議会(Science Council)の一翼をになうことによって、イギリスの科学の運営および行政にも大いに影響をもっている。1782年創立の王立アイルランドアカデミーと密接な関係があり、1783年創立のエジンバラ王立協会とは関係が薄い。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンと王立協会 · 続きを見る »

突然変異説

突然変異説(とつぜんへんいせつ)とは、劇的な突然変異が進化の主原動力だとする進化論の学説の一つ。1901年にオオマツヨイグサの変異の観察からユーゴー・ド・フリースが提唱した。 19世紀にはすでに、観察される個体変異には量的な変異と質的な変異があることが広く知られていた。またこの時代には遺伝的変異と表現型の変異が明確に区別されていなかった。初期のメンデル遺伝学者は変異の不連続性を取り上げ、劇的な質的突然変異が進化の主要な原動力でありダーウィンの自然選択説は補助的な役割しか果たさないと見なした。この立場は進化の漸進性を強調するダーウィン主義者(ウォレス、ヴァイスマン、ポールトン)や、量的変異に注目していたイギリスの生物統計学者たち(ゴルトン、ピアソン、ウェルドン)との間に激しい対立を引き起こした。特に生物統計学派との論争は長く続いたが、ヘルマン・ニルソン=エーレが1909年に遺伝子型と表現型の区別を提唱し、1910年代以降量的形質と断片的な突然変異の一貫性が集団遺伝学者によって示され、その後進化の総合学説に統合された。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンと突然変異説 · 続きを見る »

遺伝子

遺伝子(いでんし)は、ほとんどの生物においてDNAを担体とし、その塩基配列にコードされる遺伝情報である。ただし、RNAウイルスではRNA配列にコードされている。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンと遺伝子 · 続きを見る »

遺伝学

遺伝学(いでんがく、)は、生物の遺伝現象を研究する生物学の一分野である。遺伝とは世代を超えて形質が伝わっていくことであるが、遺伝子が生物の設計図的なものであることが判明し、現在では生物学のあらゆる分野に深く関わるものとなっている。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンと遺伝学 · 続きを見る »

遺伝的連鎖

遺伝的連鎖(いでんてきれんさ、英: genetic linkage)または連関(れんかん)とは、特定の対立遺伝子の組合せ(ハプロタイプ)が、メンデルの独立の法則に従わずに親から子へ一緒に遺伝する遺伝学的現象をいう。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンと遺伝的連鎖 · 続きを見る »

触角

触角(しょっかく)は、節足動物などの頭部から突出している対になった器官のひとつ。感覚や運動を司る。 電子顕微鏡写真.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンと触角 · 続きを見る »

論文

論文。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンと論文 · 続きを見る »

自然選択説

自然選択説(しぜんせんたくせつ、)とは、進化を説明するうえでの根幹をなす理論。厳しい自然環境が、生物に無目的に起きる変異(突然変異)を選別し、進化に方向性を与えるという説。1859年にチャールズ・ダーウィンとアルフレッド・ウォレスによってはじめて体系化された。自然淘汰説(しぜんとうたせつ)ともいう。日本では時間の流れで自然と淘汰されていくという意味の「自然淘汰」が一般的であるが、本項では原語に従って「自然選択」で統一する。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンと自然選択説 · 続きを見る »

英語圏

英語圏(えいごけん、)は、公用語や国語に英語が定められている、もしくはそこに住む人々の主に話す言語が英語である国・地域の総称。かつてイギリスやアメリカなどの植民地であった地域が、英語圏になっている場合が多い。英語は、世界80カ国以上で話されている。 国の公用語が英語であることは、国民や地域住民の過半数が英語を第一言語とする、もしくは英語を話す能力を備えていることとは限らない。例えば、ジンバブエでは国民の大半がショナ語もしくは北ンデベレ語を日常会話に用いる。世界の英語話者(第一言語として)の3分の2が集中するアメリカ合衆国では、憲法の規定としての公用語は存在していないが、事実上、英語の占める位置が圧倒的に優勢であるため、英語圏とみなされている。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンと英語圏 · 続きを見る »

造語

造語(ぞうご、動詞 to coin a phrase、名詞 coined word, neologism)は、新たに語(単語)を造ることや、既存の語を組み合わせて新たな意味の語を造ること、また、そうして造られた語である。新たに造られた語については、新語または新造語とも呼ばれる。 現代に伝わっている全ての語は、いずれかの時代に何らかの意図や必要性によって造語されたものである。従って、「その語が造語(されたもの)であるかどうか」という単純な分類は意味を成さない。しかし、その語がいつ、誰に、どうして作られたのか、といった情報は、その語が用いられる分野を歴史的に捉える上での大きな手がかりとなる。 造語が行われるのは、主に次のような場合である。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンと造語 · 続きを見る »

進化生物学

進化生物学(しんかせいぶつがく、evolutionary biology)あるいは進化学は生物学の一分野で、共通祖先からの種の起源や進化、繁殖、生物多様性などについて研究を行う。進化生物学にはやや異なる二つの側面がある。一つは生物の種は共通祖先からどのような歴史をたどってきたかを明らかにする面で、分子遺伝学、分岐分類学、古生物学などと密接に連携する。もう一方は自然選択や中立進化など、進化を駆動する要因やメカニズムを明らかにする面である。これは分子遺伝学、集団遺伝学、生態学、ゲーム理論などと密接に関連する。 生物の進化は現代生物学の基盤をなしており、究極的には生物学のあらゆる発見は進化の解明と結びついている。したがって進化生物学は学際的な分野で、フィールドと研究室両方の広い分野の研究者が関わる。進化生物学者の中には哺乳類学、鳥類学、爬虫類学などそれぞれの専門分野を持つ者が多いが、これらをケーススタディとして進化の一般的な問題に答えるのである。また進化の速度や様式を研究するのに化石を用いる古生物学者や地質学者、集団遺伝学や進化心理学の分野で活躍する理論科学者も関わることがある。発生生物学は進化の総合説に取り込まれなかったが、1990年代になって進化発生生物学の研究が行われるようになり、再び進化生物学の範疇に加わった。 進化生物学の知見は、人間の社会文化的進化の研究や進化心理学に強く反映されている。また進化生物学の考え方の枠組みや概念的な道具は、今ではコンピューティングからナノテクノロジーまで様々な範囲の分野で適用されている。人工生命はバイオインフォマティクスの一分野であり、進化生物学で記述される生物の進化をモデル化することを目指すものである。通常、これは数学とコンピュータモデルを使って研究される。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンと進化生物学 · 続きを見る »

染色体説

染色体説(せんしょくたいせつ、chromosome theory (of inheritance))とは、遺伝の様式を染色体の性質や挙動によって説明する学説。この学説は遺伝子が染色体上にあることを示しており、現在生物学では当然の前提とされる。メンデルの法則の実証、古典遺伝学の発展、分子遺伝学の基礎形成に深く関連したことで、生物学において重要である。ただしミトコンドリアDNAなど細胞核外の遺伝因子による細胞質遺伝はこれに従わない。 染色体説はバッタの染色体を用いた細胞学的観察からウォルター・サットン(Walter Sutton)によって1902年に提唱され、トーマス・ハント・モーガン(Thomas Hunt Morgan)らのショウジョウバエを用いた遺伝学的研究により、1920年代ごろ確立された。もうひとりの提唱者テオドール・ボヴェリ(Theodor Boveri)の名前と併せて「サットン-ボヴェリの染色体説」ともいう。発癌のメカニズムについてもボヴェリによる染色体説があり、これと区別する必要がある場合は「遺伝の染色体説」と呼ばれる。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンと染色体説 · 続きを見る »

接合子

接合子(せつごうし、zygote、ζυγωτόν)または接合体(せつごうたい)は、配偶子の接合の結果によって出来た細胞である。たとえば受精によって形成される受精卵もその例である。接合は有性生殖であるから,接合子はその結果生じた細胞であり、新たな個体へと発展すべきものである。 通常は(必ずしもそうとは限らない)2つの半数体の細胞が接合子または接合体と呼ばれる一つの二倍体の細胞へと合体する。受精の場合、精子と卵が配偶子であり、受精卵が接合子である。 受精卵は不動であるが、他の生物の場合、様々な例がある。配偶子の両方、あるいは片方が鞭毛をもっている場合、それを接合の後にも保有して運動できる例もある。しかし、接合は有性生殖であり、往々にして休眠体に発展する。 接合子からは新たな個体が生じるが、その過程は様々である。動物の接合子は有糸分裂を行なって胚となる。それ以外の生物にはこの時減数分裂を行なうものなど、さまざまである(詳細は生活環を参照)。 双子やそれ以上では一卵性(monozygotic)と二卵性(dizygotic)の場合がありうる。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンと接合子 · 続きを見る »

1861年

記載なし。

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンと1861年 · 続きを見る »

1926年

記載なし。

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンと1926年 · 続きを見る »

2月8日

2月8日(にがつようか)はグレゴリオ暦で年始から39日目にあたり、年末まであと326日(閏年では327日)ある。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンと2月8日 · 続きを見る »

8月8日

8月8日(はちがつようか)はグレゴリオ暦で年始から220日目(閏年では221日目)にあたり、年末まではあと145日ある。.

新しい!!: ウィリアム・ベイトソンと8月8日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »