ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ウィリアム・トマス・ブランド

索引 ウィリアム・トマス・ブランド

ムネイル ウィリアム・トマス・ブランド(William Thomas Brande、1788年1月11日 - 1866年2月11日)は英国の化学者。王立協会会員、エジンバラ王立協会会員。 同時代のハンフリー・デイヴィやマイケル・ファラデイほどの化学研究上の業績はないが、『化学マニュアル』(1819)含めた化学テキストの普及や王立研究所での講演で知られる。.

15 関係: マイケル・ファラデーチャールズ・ハチェットハノーファーハンフリー・デービーロンドンウェストミンスター・スクールクリスマス・レクチャーコプリ・メダル王立協会王立研究所王立造幣局1788年1866年1月11日2月11日

マイケル・ファラデー

マイケル・ファラデー(Michael Faraday, 1791年9月22日 - 1867年8月25日)は、イギリスの化学者・物理学者(あるいは当時の呼称では自然哲学者)で、電磁気学および電気化学の分野での貢献で知られている。 直流電流を流した電気伝導体の周囲の磁場を研究し、物理学における電磁場の基礎理論を確立。それを後にジェームズ・クラーク・マクスウェルが発展させた。同様に電磁誘導の法則、反磁性、電気分解の法則などを発見。磁性が光線に影響を与えること、2つの現象が根底で関連していることを明らかにした entry at the 1911 Encyclopaedia Britannica hosted by LovetoKnow Retrieved January 2007.

新しい!!: ウィリアム・トマス・ブランドとマイケル・ファラデー · 続きを見る »

チャールズ・ハチェット

チャールズ・ハチェット チャールズ・ハチェット(Charles Hatchett、1765年1月2日 - 1847年3月10日)はニオブを発見したイギリスの化学者である。1797年に王立協会のフェローに選出され、1798年にコプリ・メダルを受賞した。 ニオブの発見はハチェットが大英博物館で働いていた時、博物館のコレクションである新大陸の鉱物コロンバイト(columbite)を分析して、新しい元素が含まれていることを発見し、コロンビウムと命名し王立協会で1801年11月26日に発表した。ニオブは1846年に、ハインリヒ・ローゼとジャン・マリニャックによって再発見され、発見者や元素名に冠するの論争の末、1949年、IUPACにより名称がニオブに統合された。 ハチェットはその後、化学の研究をやめ、家業の馬車製造業の経営に専念した。 イギリス金属学会は1979年からニオブやその合金に関する最も優れた論文に対して贈る、チャールズ・ハチェット賞を設けた。.

新しい!!: ウィリアム・トマス・ブランドとチャールズ・ハチェット · 続きを見る »

ハノーファー

ルンスト・アウグスト 新市庁舎 旧市街の旧市庁舎 19世紀の国立オペラ劇場 ハノーファー(Hannover )は、ライネ川沿いにある北ドイツの主要都市のひとつ。ニーダーザクセン州の州都である。 人口515,948人(2004年)。地域の行政の中心地としても政治的力点の置かれた町である。日本語では、ドイツ語における一般的な発音に近いハノーファーまたはハノーファのほか、ハノーヴァー、ハノーバーと表記されることもある。.

新しい!!: ウィリアム・トマス・ブランドとハノーファー · 続きを見る »

ハンフリー・デービー

初代準男爵、サー・ハンフリー・デービー(Sir Humphry Davy, 1st Baronet、1778年12月17日 - 1829年5月29日)は、イギリスの化学者で発明家David Knight, ‘Davy, Sir Humphry, baronet (1778–1829)’, Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, 2004 。アルカリ金属やアルカリ土類金属をいくつか発見したことで知られ、塩素やヨウ素の性質を研究したことでも知られている。ベルセリウスは On Some Chemical Agencies of Electricity と題したデービーの1806年の Bakerian Lectureを「化学の理論を豊かにした最良の論文のひとつ」としている, 。この論文は19世紀前半の様々な化学親和力理論の核となった。1815年、デービー灯を発明し、可燃性の気体が存在しても坑夫が安全に働けるようになった。.

新しい!!: ウィリアム・トマス・ブランドとハンフリー・デービー · 続きを見る »

ロンドン

ンドン(London )はグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国およびこれを構成するイングランドの首都。イギリスやヨーロッパ域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2,000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)に当たる地域にあった。シティの市街壁内の面積は約1平方マイルあり、中世以来その範囲はほぼ変わっていない。少なくとも19世紀以降、「ロンドン」の名称はシティの市街壁を越えて開発が進んだシティ周辺地域をも含めて用いられている。ロンドンは市街地の大部分はコナベーションにより形成されている 。ロンドンを管轄するリージョンであるグレーター・ロンドンでは、選挙で選出されたロンドン市長とロンドン議会により統治が行われている。 ロンドンは屈指の世界都市として、芸術、商業、教育、娯楽、ファッション、金融、ヘルスケア、メディア、専門サービス、調査開発、観光、交通といった広範囲にわたる分野において強い影響力がある。また、ニューヨークと並び世界をリードする金融センターでもあり、2009年時点の域内総生産は世界第5位で、欧州域内では最大である。世界的な文化の中心でもある。ロンドンは世界で最も来訪者の多い都市であり、単一の都市圏としては世界で最も航空旅客数が多い。欧州では最も高等教育機関が集積する都市であり、ロンドンには大学が43校ある。2012年のロンドンオリンピック開催に伴い、1908年、1948年に次ぐ3度目のオリンピック開催となり、同一都市としては史上最多となる。 ロンドンは文化的な多様性があり、300以上の言語が使われている。2011年3月時点のロンドンの公式の人口は817万4,100人であり、欧州の市域人口では最大で、イギリス国内の全人口の12.7%を占めている。グレーター・ロンドンの都市的地域は、パリの都市的地域に次いで欧州域内で第2位となる8,278,251人の人口を有し、ロンドンの都市圏の人口は1200万人から1400万人に達し、欧州域内では最大である。ロンドンは1831年から1925年にかけて、世界最大の人口を擁する都市であった。2012年にマスターカードが公表した統計によると、ロンドンは世界で最も外国人旅行者が訪れる都市である。 イギリスの首都とされているが、他国の多くの首都と同様、ロンドンの首都としての地位を明示した文書は存在しない。.

新しい!!: ウィリアム・トマス・ブランドとロンドン · 続きを見る »

ウェストミンスター・スクール

ウェストミンスター・スクール(Westminster School。正式名称 The Royal College of St.

新しい!!: ウィリアム・トマス・ブランドとウェストミンスター・スクール · 続きを見る »

クリスマス・レクチャー

リスマス・レクチャー(Christmas Lectures)とは、イギリスと日本で行われている歴史的な科学講座である。イギリスではクリスマスシーズンに子供たちへのプレゼントとして開かれているので、クリスマス・レクチャーという名になっている。 マイケル・ファラデーの有名な書籍『ロウソクの科学』は1860年のクリスマス・レクチャーとして英国王立研究所で連続講演した内容を、ウィリアム・クルックスが編集したものである。 日本では夏に、前年の講演者を招いて開催されているため、「英国科学実験講座」とも呼ぶ。王立研究所のクリスマス・レクチャーは、1825年に最初に開催されて以来、第二次世界大戦中を除いて、毎年続けられた。王立研究所内で毎年開催されたが、1929年と2005年から2006年の間は、建物の改装のために、別の場所で行われた。1936年にBBCで、最初にテレビ放映され、1966年から1999年はBBC Two、2000年から2004年はチャンネル4、2005年から2008年はMore4で放送された。2009年からBBC Fourで放送されている。.

新しい!!: ウィリアム・トマス・ブランドとクリスマス・レクチャー · 続きを見る »

コプリ・メダル

プリ・メダル()は 科学業績に対して贈られる最も歴史の古い賞である。イギリス王立協会によって1731年に創立され、毎年贈られている。 裕福な地主で1761年に王立協会のメンバーになったゴッドフリー・コプリ卿の基金をもとに設立された。物理学、生物学の分野の研究者に贈られ、受賞者は協会のフェローあるいは外国人会員に選出される。.

新しい!!: ウィリアム・トマス・ブランドとコプリ・メダル · 続きを見る »

王立協会

イヤル・ソサイエティ(Royal Society)は、現存する最も古い科学学会。1660年に国王チャールズ2世の勅許を得て設立された。正式名称は"The President, Council, and Fellows of the Royal Society of London for Improving Natural Knowledge"(自然知識を促進するためのロンドン王立協会)。日本語訳ではロンドン王立協会(-おうりつきょうかい)、王立学会(おうりつがっかい)など。 この会は任意団体ではあるが、イギリスの事実上の学士院(アカデミー)としてイギリスにおける科学者の団体の頂点にあたる。また、科学審議会(Science Council)の一翼をになうことによって、イギリスの科学の運営および行政にも大いに影響をもっている。1782年創立の王立アイルランドアカデミーと密接な関係があり、1783年創立のエジンバラ王立協会とは関係が薄い。.

新しい!!: ウィリアム・トマス・ブランドと王立協会 · 続きを見る »

王立研究所

王立研究所(おうりつけんきゅうしょ、Royal Institution of Great Britain 短縮されて、Royal Institution)はイギリスに1799年に設立された、科学教育、科学研究の機関である。設立者には、ヘンリー・キャヴェンディッシュや、第9代ウィンチルシー伯ジョージ・フィンチがいる。.

新しい!!: ウィリアム・トマス・ブランドと王立研究所 · 続きを見る »

王立造幣局

王立造幣局(おうりつぞうへいきょく The Royal Mint) とはイギリスの硬貨の製造・造幣を許された機関である。その起源は1100年以上前にさかのぼり、イングランド王国さらにはグレート・ブリテン王国の硬貨を製造してきた。2010年に業務をロイヤル・ミント社として継承、その上部組織の大蔵省 (イギリス) とイギリス国内で流通する貨幣を全種類、造る独占契約を結んでいる。 大蔵省は100%子会社のロイヤル・ミント社の株主責任をにゆだねている。 イギリスの貨幣造幣と合わせて王立造幣局は海外の多くの国の政府や学校、 企業を対象とした軍隊のメダルや記念コイン他を造る世界有数の造幣局であり、その評価はゆるぎない。が武装した分遣隊を配置、製造現場の保安体勢を敷く。 王立造幣局はシティ・オブ・ロンドンのタワー・ヒルに置いた工場群を1968年から段階的にウェールズのにあるへ移し、1980年以降、ラントリサント1か所に設備を集中して操業してきた。工場用地は38エーカー (15 ha) 、従業員は500名を超えていたという。また発行した硬貨は多種多様で、16世紀にさかのぼって保管、エリザベス2世の櫃製作会社が納品したケース80本に収めてある。 イギリス政府向けに発行された硬貨は毎年、硬貨検査函審査を受け、大きさ・重量・化学組成が検査される。.

新しい!!: ウィリアム・トマス・ブランドと王立造幣局 · 続きを見る »

1788年

記載なし。

新しい!!: ウィリアム・トマス・ブランドと1788年 · 続きを見る »

1866年

記載なし。

新しい!!: ウィリアム・トマス・ブランドと1866年 · 続きを見る »

1月11日

1月11日(いちがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から11日目に当たり、年末まであと354日(閏年では355日)ある。誕生花はミスミソウ、セリ。.

新しい!!: ウィリアム・トマス・ブランドと1月11日 · 続きを見る »

2月11日

2月11日(にがつじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から42日目にあたり、年末まであと323日(閏年では324日)ある。.

新しい!!: ウィリアム・トマス・ブランドと2月11日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »