ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ウィリアム・エイトン

索引 ウィリアム・エイトン

ウィリアム・エイトン(William Aiton, 1731年 - 1793年2月2日)は、スコットランド出身の植物学者。 ハミルトンに生まれた。造園家としての訓練を受た後、1754年にロンドンへと向かい、チェルシー・フィジック・ガーデンの顧問であったフィリップ・ミラーの元で助手を務めている。1759年に新設されたキュー・ガーデンの園長に任命され、その死まで職を務めた。 1789年に著書 "Hortus Kewensis" を出版している。この書物の第2版は1810年から1813年にかけて息子のウィリアム・タウンゼント・エイトンによって出版された。ウィリアム・タウンゼント・エイトンはエイトンの没後、キュー・ガーデンズの園長の仕事を引き継いだ。 Category:18世紀の植物学者 Category:スコットランドの植物学者 Category:サウス・ラナークシャー出身の人物 Category:1731年生 Category:1793年没.

12 関係: チェルシー薬草園ハミルトン (スコットランド)ロンドンフィリップ・ミラー (園芸家)ウィリアム・タウンゼント・エイトンキューガーデンスコットランド造園植物学1731年1793年2月2日

チェルシー薬草園

チェルシー薬草園(チェルシーやくそうえん、Chelsea Physic Garden)は、ロンドンにある植物園である。1673年に設立され、イギリスではオクスフォード植物園についで2番目に古い植物園である。1.53haの広さで、ロンドン中心部のケンジントン&チェルシー王立区にある。.

新しい!!: ウィリアム・エイトンとチェルシー薬草園 · 続きを見る »

ハミルトン (スコットランド)

ハミルトン (Hamilton) は、スコットランド・サウス・ラナークシャーのタウンで、サウス・ラナークシャーの行政上の中心である。 スコットランド第5の都市で、グラスゴーの南東19.3km、エディンバラの南西56.3km、クライド川の南岸に位置している。ハミルトンは歴史的カウンティのラナークシャーのカウンティ・タウンである。 以前は"Cadzow"または"Cadyou"の名前で知られていた。.

新しい!!: ウィリアム・エイトンとハミルトン (スコットランド) · 続きを見る »

ロンドン

ンドン(London )はグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国およびこれを構成するイングランドの首都。イギリスやヨーロッパ域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2,000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)に当たる地域にあった。シティの市街壁内の面積は約1平方マイルあり、中世以来その範囲はほぼ変わっていない。少なくとも19世紀以降、「ロンドン」の名称はシティの市街壁を越えて開発が進んだシティ周辺地域をも含めて用いられている。ロンドンは市街地の大部分はコナベーションにより形成されている 。ロンドンを管轄するリージョンであるグレーター・ロンドンでは、選挙で選出されたロンドン市長とロンドン議会により統治が行われている。 ロンドンは屈指の世界都市として、芸術、商業、教育、娯楽、ファッション、金融、ヘルスケア、メディア、専門サービス、調査開発、観光、交通といった広範囲にわたる分野において強い影響力がある。また、ニューヨークと並び世界をリードする金融センターでもあり、2009年時点の域内総生産は世界第5位で、欧州域内では最大である。世界的な文化の中心でもある。ロンドンは世界で最も来訪者の多い都市であり、単一の都市圏としては世界で最も航空旅客数が多い。欧州では最も高等教育機関が集積する都市であり、ロンドンには大学が43校ある。2012年のロンドンオリンピック開催に伴い、1908年、1948年に次ぐ3度目のオリンピック開催となり、同一都市としては史上最多となる。 ロンドンは文化的な多様性があり、300以上の言語が使われている。2011年3月時点のロンドンの公式の人口は817万4,100人であり、欧州の市域人口では最大で、イギリス国内の全人口の12.7%を占めている。グレーター・ロンドンの都市的地域は、パリの都市的地域に次いで欧州域内で第2位となる8,278,251人の人口を有し、ロンドンの都市圏の人口は1200万人から1400万人に達し、欧州域内では最大である。ロンドンは1831年から1925年にかけて、世界最大の人口を擁する都市であった。2012年にマスターカードが公表した統計によると、ロンドンは世界で最も外国人旅行者が訪れる都市である。 イギリスの首都とされているが、他国の多くの首都と同様、ロンドンの首都としての地位を明示した文書は存在しない。.

新しい!!: ウィリアム・エイトンとロンドン · 続きを見る »

フィリップ・ミラー (園芸家)

フィリップ・ミラー(Philip Miller、1691年 - 1771年12月18日)は、スコットランドの園芸家、植物学者である。1731年の著作『園芸事典』(The Gardeners Dictionary)で知られる。 の農家の息子に生まれた。1721年から、チェルシー薬草園の学芸員として活躍し、没する直前まで園長を務め、野菜・果実・花の品種改良や海外から集めた植物の栽培を行い、チェルシー薬草園を当時最も充実した植物園にした。後にキューガーデンで働くウィリアム・エイトンやウィリアム・フォーサイスを育てた。世界最高級の綿花とされる「シーアイランドコットン」はミラーが品種改良したものが植民地で栽培されるようになったものである。1730年に王立協会の会員に選ばれた。 1924年に、Gardener's and Florists Dictionary(または Complete System of Horticulture)を出版し、1731年に『園芸事典』(Gardener's Dictionary)を出版し、『園芸事典』は何度も改訂され、Job Basterによってオランダ語に翻訳された。1760年に『園芸事典』に記載された植物から300種類の図集『園芸事典収録植物図集』を出版した。 ミラーはカール・フォン・リンネの分類法に批判的で、『園芸事典』でツルヌフォールやジョン・レイの属名を用い、1768年の改訂版までリンネの種名を採用しなかった。.

新しい!!: ウィリアム・エイトンとフィリップ・ミラー (園芸家) · 続きを見る »

ウィリアム・タウンゼント・エイトン

ウィリアム・タウンゼント・エイトン(William Townsend Aiton、 1766年2月2日 - 1849年10月9日)は、イギリスの植物学者、園芸家である。父親のウィリアム・エイトンの後を継いで、王立植物園(キューガーデン)の園長を務めた。.

新しい!!: ウィリアム・エイトンとウィリアム・タウンゼント・エイトン · 続きを見る »

キューガーデン

ューガーデン(Kew Gardens)はイギリスの首都ロンドン南西部のキューにある王立植物園。キュー植物園などとも呼ばれる。1759年に宮殿併設の庭園として始まり、今では世界で最も有名な植物園として膨大な資料を有している。2003年にユネスコ世界遺産に登録された。新種の発見などに貢献している。.

新しい!!: ウィリアム・エイトンとキューガーデン · 続きを見る »

スコットランド

ットランド()は、北西ヨーロッパに位置するグレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成するカントリーの一つ。1707年の合同法によってグレートブリテン王国が成立するまでは独立した王国(スコットランド王国)であった。 スコットランドはグレートブリテン島の北部3分の1を占め、本島と別に790以上の島嶼部から構成される。 首都のエディンバラは第2の都市であり、ヨーロッパ最大の金融センターの一つである。最大の都市であるグラスゴーは、人口の40%が集中する。 スコットランドの法制度、教育制度および裁判制度はイングランドおよびウェールズならびに北アイルランドとは独立したものとなっており、そのために、国際私法上の1法域を構成する。スコットランド法、教育制度およびスコットランド教会は、連合王国成立後のスコットランドの文化および独自性の3つの基礎であった。しかしスコットランドは独立国家ではなく、国際連合および欧州連合の直接の構成国ではない。.

新しい!!: ウィリアム・エイトンとスコットランド · 続きを見る »

造園

造園(ぞうえん、造苑, Landscape architecture)とは、庭園などの空間を造ることである。「造苑」とも表記され、韓国では「造景」としている。私的な空間である庭園や公共的な空間である公園などの緑地/緑空間を土木的な基盤整備し、意匠を植物や水などの自然素材、石等の鉱物資源などによって造ることである。 テーマパークなどの施設から、集落や都市の環境改善、自然風景地などにいたるさまざまな空間を対象に、計画、デザイン、施工、管理にまたがる技術の体系であり、造園そのものは古代から多くの文明で行われてきたが、職能の分化が明確になる近代では、建築、土木や都市計画などとともに環境づくり、環境デザインの主要分野のひとつを成す。また農学分野の中でも美的側面を重要視する専門領域である。最近では専門領域の区別はあいまいになり、分野間のコラボレーションや役割の入れ替わりなどが起こっている。特に景観の保全や整備に関する研究、計画、デザインなどはどの分野でも行われている。.

新しい!!: ウィリアム・エイトンと造園 · 続きを見る »

植物学

植物学(しょくぶつがく、)は、植物を対象とする生物学の一分野。自然史学の一部門に由来する。古くは生物を動物と植物に分けることが一般的であり、生物学が誕生する以前から動物学と植物学は存在していた。.

新しい!!: ウィリアム・エイトンと植物学 · 続きを見る »

1731年

記載なし。

新しい!!: ウィリアム・エイトンと1731年 · 続きを見る »

1793年

記載なし。

新しい!!: ウィリアム・エイトンと1793年 · 続きを見る »

2月2日

2月2日(にがつふつか)は、グレゴリオ暦で年始から33日目に当たり、年末まであと332日(閏年では333日)ある。.

新しい!!: ウィリアム・エイトンと2月2日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

Aiton

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »