ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

イーサネット・クロスオーバー・ケーブル

索引 イーサネット・クロスオーバー・ケーブル

イーサネット・クロスオーバー・ケーブル(英文表記:Ethernet crossover cable)とは、通常のイーサネット用ツイストペアケーブル(ストレート・ケーブル)の両端には、MDI 機器と MDI-X 機器を接続するところ、両端とも MDI もしくは MDI-X の機器を接続できるように結線されたケーブルである。10BASE-T、100BASE-TXが主流の時代は一方の終端をT568Aで結線し、他方をT568Bで結線することが一般的であった。クロスオーバー・ケーブルまたはクロス・ケーブルと略す。.

8 関係: ハブ (ネットワーク機器)ツイストペアケーブルイーサネットギガビット・イーサネットTIA/EIA-568-ATIA/EIA-568-B100メガビット・イーサネット10メガビット・イーサネット

ハブ (ネットワーク機器)

ハブ(HUB)とは、スター型物理トポロジを取るネットワークにおいて中心に位置する集線装置である。ハブという名前の由来は『車輪の中心』からきている。 イーサネット、トークンリング、FDDIなどさまざまなネットワーク規格に存在する機器だが、ネットワーク分野において単にハブというとイーサネット(10BASE-T、100BASE-TX など)で使われる集線装置を指す。.

新しい!!: イーサネット・クロスオーバー・ケーブルとハブ (ネットワーク機器) · 続きを見る »

ツイストペアケーブル

ノイズ除去の仕組み ツイストペアケーブル(Twisted pair cable、ツイステッドペアケーブル)は、撚り対線(よりついせん)とも言い、電線を2本対で撚り合わせたケーブルである。単なる平行線よりノイズの影響を受けにくい。TPケーブルと言う場合もある。 古くからある技術であり電話線などに用いられてきたが、近年ではイーサネットの特にLANでの配線に使われる例がよく知られている。.

新しい!!: イーサネット・クロスオーバー・ケーブルとツイストペアケーブル · 続きを見る »

イーサネット

イーサネット (Ethernet) はコンピューターネットワークの規格の1つ。世界中のオフィスや家庭で一般的に使用されている有線のLAN (Local Area Network) で最も使用されている技術規格で、OSI参照モデルの下位2つの層である物理層とデータリンク層に関して規定している。 現代の有線LANは、OSI参照モデルの下位2層に相当するイーサネットとそれ以上の層を規定した「TCP/IPプロトコル」の組み合わせが一般的である。.

新しい!!: イーサネット・クロスオーバー・ケーブルとイーサネット · 続きを見る »

ギガビット・イーサネット

ビット・イーサネットは、1ギガビット/秒の仕様のイーサネットの規格。「GbE」と表記される事もある。2010年の現在では1000BASE-Tが最も普及している。.

新しい!!: イーサネット・クロスオーバー・ケーブルとギガビット・イーサネット · 続きを見る »

TIA/EIA-568-A

TIA/EIA-568-Aは、米国規格協会(ANSI)で定めたLANケーブル終端における結線規格である。T568Aと略される。また、これに基づいて結線されたLANケーブル終端またはLANケーブルである。 ストレート・スルー・ケーブルの両端をT568AとしたLANケーブルは、T568Aストレート・スルー・ケーブルとも称される。クロス・オーバー・ケーブルでは、終端の一方がT568A、他方がT568Bとなる。.

新しい!!: イーサネット・クロスオーバー・ケーブルとTIA/EIA-568-A · 続きを見る »

TIA/EIA-568-B

TIA/EIA-568-Bは、米国規格協会(ANSI)で定めたLANケーブル終端における結線規格である。T568Bと略される。また、これに基づいて結線されたLANケーブル終端またはLANケーブルである。 ストレート・スルー・ケーブルの両端をT568BとしたLANケーブルは、T568Bストレート・スルー・ケーブルとも称される。クロス・オーバー・ケーブルでは、終端の一方がT568B、他方がT568Aとなる。.

新しい!!: イーサネット・クロスオーバー・ケーブルとTIA/EIA-568-B · 続きを見る »

100メガビット・イーサネット

100メガビット・イーサネット(ファストイーサネットまたはファーストイーサネット、Fast Ethernet)は、100Mbpsの転送速度のイーサネット。ツイストペアケーブルを使用する場合、セグメント長は100m、光ケーブルを使用する場合セグメント長は412mで、リピータ・ハブ段数は2段までとなっている。主に100BASE-TXが使用されている。 習慣的に、100BASEは「ひゃくベース」と発声する。.

新しい!!: イーサネット・クロスオーバー・ケーブルと100メガビット・イーサネット · 続きを見る »

10メガビット・イーサネット

10メガビット・イーサネットは、10Mbpsの転送速度に対応したイーサネットである。 厳密には、「イーサネット」は10BASE5 (IEEE 802.3) のことを指した。また、それに対して安価にネットワークを構成できる10BASE2 (IEEE 802.3a) が作られ、CheapernetやThin Ethernetと呼ばれた(そこから10BASE5をレトロニムとして"Thick Ethernet"と呼ぶこともある)。追って1BASE5のスター型トポロジーを取り込む形で10BASE-T (IEEE 802.3i) が作られ、さらに光ケーブルを使う10BASE-F (IEEE 802.3j) が使われるようになった。なお、IEEE 802.3は拡張規格を統合する改訂が行われており、IEEE 802.3a, IEEE 802.3iなどはすでにIEEE 802.3に含まれている。また、双方向ケーブルテレビのインフラを利用して信号を伝送する10BROAD36がある。.

新しい!!: イーサネット・クロスオーバー・ケーブルと10メガビット・イーサネット · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

Ethernet crossover cable

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »