ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

インド鉄道

索引 インド鉄道

インド鉄道(インドてつどう、ヒンディー語:भारतीय रेल Bhāratīya Rail, 英語:Indian Railways、略称:IR)は、インドの国有鉄道会社の名称。日本語では意訳してインド国有鉄道、インド国鉄と呼ばれる場合もある。 インドの鉄道輸送一般については「インドの鉄道」も参照のこと。.

62 関係: 客車寝台列車上院下院座席車予算企業チェンナイネパールバングラデシュムンバイラージヤ・サバーラージダーニー急行ローク・サバートラム (コルカタ)ブバネーシュワルパキスタンヒンディー語ビハール州ビラースプルデリーデリー・メトロニューデリーイラーハーバードインドインドの鉄道インド南部鉄道インド・パキスタン分離独立イギリス領インド帝国カルナータカ州ガティマン急行グワーハーティーコルカタゴーラクプルシャターブディー急行シカンダラーバードジャバルプルジャイプル優等列車国有化国有財産運賃高速化 (鉄道)貨物貨車黒字と赤字藩王国鉄道鉄道事業者鉄道駅...英語電車雇用機関車気動車日本語旅客政府急行列車 (インド)1853年1947年1951年 インデックスを展開 (12 もっと) »

客車

客車(きゃくしゃ)とは、主に旅客を輸送するために用いられる鉄道車両である。座席車と寝台車を中心とするが、展望車、食堂車、荷物車、郵便車なども構造的には共通であり、旅客車と一体での運用も多いことから、これらも客車に分類される。 狭義では、機関車などにより牽引される無動力(動力集中方式)の旅客車両を指す。電車や気動車とは区別される。本稿では狭義の客車について記す。 同じく機関車に牽引される車両の中でも、貨物を運ぶ車両は貨車といい、客車とは区別される。.

新しい!!: インド鉄道と客車 · 続きを見る »

寝台列車

真鶴間、2004年6月15日) 寝台列車(しんだいれっしゃ)とは、夜行列車のうち寝台車を主体とした列車を指す。.

新しい!!: インド鉄道と寝台列車 · 続きを見る »

上院

上院(じょういん、upper house)とは、両院制議会における一方の議院の呼称。もう一方の議院は下院(かいん、lower house)と呼ぶ。.

新しい!!: インド鉄道と上院 · 続きを見る »

下院

日本における下院である衆議院議場(国会議事堂内)2007年(平成19年)5月撮影 下院(かいん、lower house)は、両院制議会における一方の議院の呼称。対称となる議院は上院(じょういん、upper house)。一般に上院に比べると任期が短く、解散による民意の問い直しの機能を備える。日本では衆議院、アメリカ合衆国では代議院、イギリスでは庶民院、フランスでは国民議会、ドイツでは連邦議会と呼ばれるものがこれに該当する。.

新しい!!: インド鉄道と下院 · 続きを見る »

座席車

座席車(ざせきしゃ)とは、鉄道車両のうち、旅客車の一種で乗客を乗せるために供する腰掛を有するものを指す。.

新しい!!: インド鉄道と座席車 · 続きを見る »

予算

予算(よさん)とは、収入や支出の計画広辞苑第六版【予算】、また、一会計年度における(中央政府や地方政府の)歳入・歳出の計画。 日本語の「予算」には一定期間の収入と支出の予定や計画という意味があり、政府だけでなく企業や家計といった経済主体でも策定される。予算には、中央政府や地方政府などが歳入や歳出に関して編成する公会計のものと、企業などが収入や支出に関して編成する私会計のものとがある。一方、英語のバジェット(budget)は、もともと予算書を入れる革鞄を語源としており、一般的には政府が策定する強制力に裏打ちされた拘束力のある文書をいう。.

新しい!!: インド鉄道と予算 · 続きを見る »

企業

企業(きぎょう、business)とは、営利を目的として一定の計画に従って経済活動を行う経済主体(経済単位)である。社会的企業を区別するために営利企業とも言う。家計・政府と並ぶ経済主体の一つ。国(中央政府)や地方公共団体が保有する企業を公企業(こうきぎょう)、そうでない企業を私企業(しきぎょう)という。通常は企業といえば私企業を指す。日常用語としての「企業」は多くの場合、会社と同義だが、個人商店も企業に含まれるので、企業のほうが広い概念である。 広義の企業は、営利目的に限らず、一定の計画に従い継続的意図を持って経済活動を行う独立の経済主体(経済単位)を指す。.

新しい!!: インド鉄道と企業 · 続きを見る »

チェンナイ

チェンナイ(、)は、南インドの東側コロマンデル海岸沿いの、ベンガル湾に面するタミル・ナードゥ州の州都。インド有数の世界都市であり、人口は468万人。2011年の都市圏人口は867万人であり、同国第4位である。1996年にマドラス()から正式に改名された。 「南インドの玄関口」「南アジアのデトロイト」「インドの健康首都」「インド銀行業の首都」の異名を持つ。自動車産業、情報技術産業、ビジネス・プロセス・アウトソーシング業が盛んである。.

新しい!!: インド鉄道とチェンナイ · 続きを見る »

ネパール

ネパール連邦民主共和国(ネパールれんぽうみんしゅきょうわこく)、通称ネパールは、南アジアの連邦共和制国家。 東、西、南の三方をインドに、北方を中国チベット自治区に接する西北から東南方向に細長い内陸国である。国土は世界最高地点エベレスト(サガルマータ)を含むヒマラヤ山脈および中央部丘陵地帯と、南部のタライ平原から成る。ヒマラヤ登山の玄関口としての役割を果たしている。面積は約14.7万km。多民族・多言語国家であり、民族とカーストが複雑に関係し合っている。また、宗教もヒンドゥー教(元国教)、仏教、アニミズム等とその習合が混在する。 農業を主たる産業とし、ヒマラヤ観光などの観光業も盛んである。後発開発途上国であると分類されている。世界で唯一矩形(長方形)でない国旗を持つ国である。.

新しい!!: インド鉄道とネパール · 続きを見る »

バングラデシュ

バングラデシュ人民共和国(バングラデシュじんみんきょうわこく、গণপ্রজাতন্ত্রী বাংলাদেশ)、通称バングラデシュは、南アジアにあるイスラム教徒主体の国。イギリス連邦加盟国、通貨はタカ、人口1億5,940万人、首都はダッカ。 北と東西の三方はインド、南東部はミャンマーと国境を接する。南はインド洋に面する。西側で隣接するインド西ベンガル州とともにベンガル語圏に属す。 1971年にパキスタンから独立。バングラデシュはベンガル語で「ベンガル人の国」を意味する。都市国家を除くと世界で最も人口密度が高い国で、人口数は世界第7位。 ベンガル湾に注ぐ大河ガンジス川を有する。豊富な水資源から米やジュートの生産に適し、かつて「黄金のベンガル」と称された豊かな地域であったが、インフラの未整備や行政の非能率から、現在はアジアの最貧国に属する。近年は労働力の豊富さ、アジア最低水準の労働コストの低廉さに注目した、多国籍製造業の進出が著しい。.

新しい!!: インド鉄道とバングラデシュ · 続きを見る »

ムンバイ

ムンバイ(マラーティー語:मुंबई、Mumbai)はインドの西海岸に面するマハーラーシュトラ州、ムンバイ市街県の都市。同州の州都である。インド最大の都市であり、南アジアを代表する世界都市の一つである。.

新しい!!: インド鉄道とムンバイ · 続きを見る »

ラージヤ・サバー

ラージヤ・サバー(ヒンディー語:राज्य सभा, 英語:Rajya Sabha[Council of States])は、インドの連邦議会(上院)。下院に相当するローク・サバーとともに両院制を構成する。.

新しい!!: インド鉄道とラージヤ・サバー · 続きを見る »

ラージダーニー急行

ラージダーニー急行(Rajdhani Express, राजधानी एक्सप्रेस)は、インドの急行旅客列車で、原則として夜行寝台列車である。同国の首都であるデリーのターミナル駅であるニューデリー駅(नई दिल्ली, نئی دہلی, New Delhi)とハズラト・ニザームッディーン駅(حضرت نظام الدین, हज़रत निज़ामुद्दीन, Hazrat Nizamuddin / H. Nizamuddin)から、各州の首都や大都市を結んでいる。1969年から運行を開始した。LHB客車の色は赤である。 運行速度は最高時速140kmであり、他の急行よりも停車駅が少なく、走行も他の列車より優先される。このため、名称は急行だが、実質的に特急列車である。全車に冷房が完備されている。 2004年現在では18路線により、デリーとアフマダーバード(अहमदाबाद)、バンガルール、ブヴァネーシュヴァル(भुवनेश्वर)、ビラースプル(बिलासपुर)、チェンナイ、グワーハーティー(गुवाहाटी)、ラーンチー(राँची)、コルカタ、ジャンムー(जम्मू)、ムンバイ(मुंबई)、パトナ(पटना)、セカンダラバード(سکندر آباد, सिकंदराबाद)、ティルヴァナンタプラムが結ばれている。.

新しい!!: インド鉄道とラージダーニー急行 · 続きを見る »

ローク・サバー

ーク・サバー(, Lok Sabha)は、インドの連邦議会を構成する議院(下院)。.

新しい!!: インド鉄道とローク・サバー · 続きを見る »

トラム (コルカタ)

ルカタ・トラム(英語:Kolkata Tram)とはインド・西ベンガル州のコルカタにあるトラム(路面電車)の名称である。西ベンガル州立の「カルカッタ・トラムウェイズ・カンパニー」(ベンガル語:ক্যালকাটা ট্রামওয়েজ কোম্পানি、英語:Calcutta Tramways Company、略称:CTC、カルカッタの旧名を残している)によって運営されている。現役で運行されているものとしては、アジアで最古の路面電車である。 1880年にイギリス領インド帝国の首都であったカルカッタで、馬車鉄道として運行を開始した。その後、蒸気機関車が導入されたりしたが、1902年から電化が開始された。以降、今日まで運行されており、近郊電車や地下鉄(コルカタメトロ)、バス、フェリーなどと並んでコルカタ市民の足として親しまれている。 現在、インドに残る唯一のトラムであり、27路線が運行されている(運休中の路線も含む)。運賃は1等が4ルピーまたは4.5ルピー、2等は3.5ルピーまたは4ルピー(距離によって異なる)。なお軌間は他のインドの鉄道と異なり、標準軌である。 Category:インドの鉄道 Category:各国の路面電車 Category:コルカタの交通.

新しい!!: インド鉄道とトラム (コルカタ) · 続きを見る »

ブバネーシュワル

ブバネーシュワル(、、)は、インドのオリッサ州、クルダー県の都市。同州の州都でもある。ブバネーシュヴァル(Bhubanesvar)、ブヴァネーシュヴァル(Bhuvanesvar)とも表記する。.

新しい!!: インド鉄道とブバネーシュワル · 続きを見る »

パキスタン

パキスタン・イスラム共和国(パキスタン・イスラムきょうわこく、اسلامی جمہوریہ پاکِستان)、通称パキスタンは、南アジアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はイスラマバード。最大の都市はカラチ。面積は80万kmで日本 (38万km) の約2倍程。東はインド、北東は中華人民共和国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つである。.

新しい!!: インド鉄道とパキスタン · 続きを見る »

ヒンディー語

ヒンディー語/ヒンディー (または) は、インドの主に中部や北部で話されている言語で、インドの憲法では連邦公用語としている 。インドで最も多くの人に話されている。.

新しい!!: インド鉄道とヒンディー語 · 続きを見る »

ビハール州

ビハール州(英語:Bihār 、ヒンディー語:बिहार)は、インドを構成する州の一つ。州都はパトナ(古都パータリプトラ)。.

新しい!!: インド鉄道とビハール州 · 続きを見る »

ビラースプル

ビラースプル(Bilaspur)は、インドのチャッティースガル州の都市である。人口は約33万人。 Category:インドの都市.

新しい!!: インド鉄道とビラースプル · 続きを見る »

デリー

デリー連邦直轄地(デリーれんぽうちょっかつち、दिल्ली 、Delhi )は、インドの首都特別地域である。面積1,483km2、人口は1,679万人で、インド北部の大都市圏を形成しており、同国の商業・工業・政治の中心地にして南アジアを代表する世界都市の一つ。.

新しい!!: インド鉄道とデリー · 続きを見る »

デリー・メトロ

デリー・メトロ(Delhi Metro, Delhi Mass Rapid Transit System (MRTS))は、インドの首都デリーおよびその近郊に路線網を持つ地下鉄である。路線は6本あり、総延長約193km、駅は148ある。地下鉄とはいうものの、高架橋や地平区間が多く、純粋な地下駅は38駅だけである。 地下鉄はデリー開発公社(Delhi Development Authirity)が設立された1984年に大量輸送機関を町に作るということで計画された。インド政府と、デリー政府は1995年にDMRCを設立。1998年には建設が始まり、2002年にはレッドラインの最初の区間が開業した。以後、2004年にはイエローライン、2005年にはブルーラインとその支線、2009年にはグリーンラインとバイオレットライン、そして2011年には空港エクスプレス線(オレンジライン)と次々と開業している。次なる段階としてこれらの路線の延長も計画され、2016年に第3フェーズ整備が完工すると、デリー・メトロは総延長が330キロメートル、駅数が241駅に達する。 2021年に第4フェーズが完了すると、総延長は430キロとなり、1863年創業の歴史を持つロンドン地下鉄(総延長402キロ・駅数270駅)を超え、中国に次ぎ、世界第二位の都市鉄道網になる。.

新しい!!: インド鉄道とデリー・メトロ · 続きを見る »

ニューデリー

ニューデリー(、नई दिल्ली Naī Dillī、ਨਵੀਂ ਦਿੱਲੀ)は、インドのデリー連邦直轄地内にある行政区で、事実上ここに首都機能が置かれる。インドを代表する世界都市の一つ。.

新しい!!: インド鉄道とニューデリー · 続きを見る »

イラーハーバード

イラーハーバード (Allahabad, इलाहाबाद / إلٰه ‌آباد Ilāhābād)は、インド北部ウッタル・プラデーシュ州の都市である。人口101万人。 日本では英語名称に由来するアラーハーバードという表記が多いが、現地での名称はペルシア語の「イラーハ」(إله「神」:アラビア語からの借用語で、イスラームなどのセム系一神教における「(唯一絶対の)神」ではなく、一般名詞としての「神」)と「アーバード」(آباد「都市」)に由来する。これはムガル皇帝アクバルが提唱した「ディーネ・イラーヒー」という思想・信仰に由来している。 ガンガー(ガンジス川)とヤムナー川の2つの大河(伝説上では地下を流れているとされるサラスヴァティー川も加えて3つ)が合流するヒンドゥー教聖地、(त्रिवेणी संगमまたはसंगम)が街の直ぐ近くに位置している。かつてこの町はプラヤーガ(犠牲を捧げる地)と呼ばれた巡礼地だった。 イラーハーバードの西にはかつての十六大国のひとつであるヴァツサ国の首都カウシャーンビーがあった。イラーハーバードにはアショーカ王の石柱(紀元前3世紀)があるが、はじめカウシャーンビーに建てられたものが後にイラーハーバードに運ばれたものと考えられている。サンスクリットの韻文と散文の混合形式で書かれたグプタ朝のサムドラグプタ王の石柱(4世紀)もイラーハーバードにあり、サンスクリットが碑文の言語として確立した最初期の例として重要である。『大唐西域記』には鉢羅耶伽(プラヤーガ)国の東に2つの川の交流点があり、人々はここで死ぬと天に生まれ変わると信じて自ら命を断つことを記している。 その後、町はいったん衰退するが、ムガル帝国のアクバルによって1583年に要塞が築かれた。1622年にフスロー王子が殺された後イラーハーバードに埋葬され、巨大な霊廟(フスロー・バーグ)が建設された。 1765年にはイギリス東インド会社とムガル帝国の間でアラーハーバード条約が結ばれ、その後は徐々にイギリスの植民地化していった。1858年にイギリスによる直接統治が始まると、イラーハーバードは1920年まで北西州(後に連合州、現ウッタル・プラデーシュ州)の州都であった。.

新しい!!: インド鉄道とイラーハーバード · 続きを見る »

インド

インドは、南アジアに位置し、インド洋の大半とインド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。 西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。 1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。.

新しい!!: インド鉄道とインド · 続きを見る »

インドの鉄道

インドの鉄道(いんどのてつどう)では、インドにおける鉄道について記す。.

新しい!!: インド鉄道とインドの鉄道 · 続きを見る »

インド南部鉄道

インド南部鉄道(英称 Southern Railway)は、インド南部に路線を有する鉄道。国有であるインド鉄道の16社のうちの一つである。インドの南部にあるタミル・ナードゥ州、パーンディッチェーリ連合区、ケーララ州、およびアーンドラ・プラデーシュ州とカルナータカ州の一部を管轄している。.

新しい!!: インド鉄道とインド南部鉄道 · 続きを見る »

インド・パキスタン分離独立

インド・パキスタン分離独立(インド・パキスタンぶんりどくりつ、Partition of India、ヒンディー語: भारत का विभाजन または हिंदुस्तान का बटवारा 、ヒンドゥスターニー語: 、ウルドゥー語: )、略称として印パ分離(いんぱぶんり)、印パ分断(いんぱぶんだん)などとも、は、1947年8月14日および15日にイギリス領インド帝国が解体し、インド連邦とパキスタン(後にバングラデシュとして独立する飛地の東パキスタンを含む)の二国に分かれて独立したことを指す。における最大の悲劇に数えられる。 この結果、インドとパキスタンの両国が並び立つこととなり、この二者の対立は今日に至るまで続いている(なお、バングラデシュは東パキスタン時代に西から一方的な政治的支配・弾圧を受けた確執や、独立戦争にインドが協力した歴史的経緯から比較的親印感情が強いとされる)。.

新しい!!: インド鉄道とインド・パキスタン分離独立 · 続きを見る »

イギリス領インド帝国

イギリス領インド帝国(イギリスりょうインドていこく)は、1858年にイギリスがインドに成立させたインド帝国(英語:Indian Empire)を指す。1877年以降はイギリスの君主がインド皇帝を兼ねる同君連合の形式が取られたが、事実上イギリスの植民地であった。英領インド・英印とも呼ばれる。またイギリスによる統治を指してヒンディー語で「」(英語ではBritish Raj)と呼ぶ。 その領域はインド・パキスタン(後のバングラデシュを含む)のみならず、現在のミャンマー、ネパール、スリランカも版図とした。.

新しい!!: インド鉄道とイギリス領インド帝国 · 続きを見る »

カルナータカ州

ルナータカ州(ಕರ್ನಾಟಕ、英語:Karnataka)は、インドの南西部にある州の一つ。面積は191,791平方キロで、全インドの5.83%を占める。州都バンガロールは、インドにおける急成長を見せる経済と技術進歩の最前線である。.

新しい!!: インド鉄道とカルナータカ州 · 続きを見る »

ガティマン急行

ティマン急行(英語: Gatimaan Express, ヒンディー語:गतिमान एक्सप्रेस)は、インドの急行旅客列車で、シャターブディー急行と同じく近隣大都市間を高速で結ぶ。2016年4月5日より運行されており、始発駅を朝早く出発して、終着駅に昼頃に到着、さらにそこで停車した後、再び朝の始発駅に向かって出発して晩頃に到着する、という運行型を有している。使用されるLHB客車の色は青に黄色い帯である。.

新しい!!: インド鉄道とガティマン急行 · 続きを見る »

グワーハーティー

ワーハーティー(、)は、インド東北部のアッサム州の都市である。アッサム州の中央部の(旧より分離)にある。「ガウハティ」や「ゴウハティ」とも表記するが、英語表記からの誤読から生まれたものである。.

新しい!!: インド鉄道とグワーハーティー · 続きを見る »

コルカタ

ルカタ(কলকাতা, Kolkata)はインドの西ベンガル州の州都。世界屈指のメガシティであり、市域の人口密度は首都デリーやインド最大都市ムンバイ以上である。イギリスの帝国主義政策における主要な拠点として建設され、イギリス領インド帝国時代の前半は植民地政府の首都機能を有していた。 2011年の市域人口は448万人。2016年の近郊を含む都市圏人口は1,481万人であり、世界第20位、インドではデリーとムンバイに次ぐ第3位である。.

新しい!!: インド鉄道とコルカタ · 続きを見る »

ゴーラクプル

ーラクプル(गोरखपुर,گورکھپور,Gorakhpur)は、インドのウッタル・プラデーシュ州の都市である。ゴーラクプル県の県都である。 インド北東部鉄道の本部が置かれている。 ネパールとの国境にあるスノウリに近いため、外国人旅行者がよく通過する。また釈迦入滅の地、クシナガラにも近い。.

新しい!!: インド鉄道とゴーラクプル · 続きを見る »

シャターブディー急行

ャターブディー急行(Shatabdi Express, शताब्दी एक्सप्रेस)は、インドの急行旅客列車で、近隣大都市間を高速で結ぶ。1988年より運行されており、始発駅を朝早く出発して、終着駅に昼頃に到着、さらにそこで30分から1時間停車した後、再び朝の始発駅に向かって出発して晩頃に到着する、という運行型を有している。 シャターブディー急行はラージダーニー急行とともに、急行の名称を持ちながらも特急の機能を持つ、インド最速の列車である。また、数時間~十数時間の遅延が日常化しているインドの鉄道の中にあって、比較的遅延が少ない。これは、ラージダーニー急行がデリー首都圏と州首都などの大都市を結ぶ長距離運行を行なうのに対し、シャターブディー急行が短距離中心の運行であることが関係していると言える。 営業最高速度は130km/hが標準である。ただし、ニューデリー・ボーパール間を結ぶボーパール・シャターブディー急行(Bhopal Shatabdi Express)およびNDSL・シャターブディー急行(NDLS Shatabdi Express)は150km/hが最高である。これはインド国内の列車の中でも最速である。ニューデリー・アーグラ間に限れば195kmを2時間以内で走破する。 「シャターブディー」という名は、ヒンディー語で「一世紀祭」という意味で、これはシャターブディー急行の運行がインド初代首相のジャワハルラール・ネルーの生誕100年を記念して開始されたことに因んだものである。 シャターブディー急行は途中駅に停車することがほとんどなく、速達性を重視した運行を行なっている。全車冷房完備で、内装は豪華にし、快適にくつろげる環境を作り出すよう意図されている。一方近年ではジャン・シャターブディー急行(Jan-Shatabdi Express, जन शताब्दी एक्सप्रेस;大衆世紀祭急行)が設定され、冷房設備がない代わりに運賃を下げた編成も運行するようになっている。 2005年現在、シャターブディー急行は14往復路線、ジャン・シャターブディー急行は18往復路線が設定されている。シャターブディー急行のうち、10往復路線はデリーのターミナルから、その他はチェンナイ、コルカタ、ムンバイから発着している。 デリー・アーグラ間のシャターブディー急行はタージ急行(Taj Express)と呼ばれ、観光客向けに特に豪華な内装と旅客応対を有する列車である。.

新しい!!: インド鉄道とシャターブディー急行 · 続きを見る »

シカンダラーバード

ンダラーバード(Sikandarabad、 سکندر آباد、 सिकंदराबाद)は、インドのテランガーナ州の都市。セカンデラーバード、セカンダラバード、セクンデラバードとも呼ばれるが、 都市の名は第6代ニザームのシカンダル・ジャーにちなんでいる。.

新しい!!: インド鉄道とシカンダラーバード · 続きを見る »

ジャバルプル

ャバルプル(Jabalpur, जबलपुर)は、インド中部、マディヤ・プラデーシュ州の中央にある都市。ジャバルプル県の県都。ジャバルプールとも表記する。面積10,160平方km、人口は1,081,677人(2011年)。.

新しい!!: インド鉄道とジャバルプル · 続きを見る »

ジャイプル

ャイプル(जयपुर、Jaipur)はインドの都市。デリーの南西約260kmに位置し、ラージャスターン州の州都である。2010年の都市的地域の人口は305万人であり、世界第112位、同国では第11位である。約10kmの赤い城壁に囲まれ、別名「ピンク・シティー」と呼ばれる。 日本ではジャイプールと表記される事も多いが、最後の音節「-プール」がヒンディー語では短母音で表記するため、ジャイプルが正しい表記となる。.

新しい!!: インド鉄道とジャイプル · 続きを見る »

優等列車

優等列車(ゆうとうれっしゃ)とは、普通列車に対して速達性や車内設備の優れた列車を指す。.

新しい!!: インド鉄道と優等列車 · 続きを見る »

国有化

国有化(こくゆうか)とは、私有財産・公有財産を国有財産とすることをいう。つまり、私人(一般人)・法人・団体の財産を、国家のものにすることをいう。また、これらの手続を指して国有化ということもある。 国内における国有化はその国の国内法が規律し、国際的関係にわたる国有化では国際法が規律する。.

新しい!!: インド鉄道と国有化 · 続きを見る »

国有財産

国有財産(こくゆうざいさん)は、国家が所有する財産である。私有財産または公有財産を国有財産とすることを国有化という。.

新しい!!: インド鉄道と国有財産 · 続きを見る »

運賃

運賃(うんちん、fare)とは、交通機関(運輸会社など)との運送契約に基づき、旅客や貨物の運送(輸送)の対価として、交通機関に支払う金銭である。特に海運アライアンスで協定した運賃システムをタリフという。.

新しい!!: インド鉄道と運賃 · 続きを見る »

高速化 (鉄道)

在来線区間を走行する秋田新幹線 成田空港線のスカイライナー 鉄道の高速化(てつどうのこうそくか)とは、鉄道の改良によって列車の運行時間を短縮することである。ここでは特に新幹線(高速鉄道)による鉄道網拡大の代替となりうる在来線高速化事業および新線建設について述べる。日本国外では中速鉄道(medium-speed rail)、準高速鉄道(semi-high speed rail)という用語が使われることもある。.

新しい!!: インド鉄道と高速化 (鉄道) · 続きを見る »

貨物

貨物(かもつ)とは、運送の客体となる物品のこと。 運送および運送事業に関する分類では通常、旅客・貨物が大きな区分としてあり、また郵便が別の体系としてある。 なお、鉄道輸送においては手荷物・小荷物といった小規模なものは「荷物」として、貨物と区分される。貨物を運ぶのは貨車だが、荷物は客車の一種の荷物車で運ばれ、また旅客と同様の駅で扱われるなどの違いがある。ただし日本ではごく一部を除いて鉄道荷物輸送は既に廃止されている。 また2007年の郵政民営化以降の日本郵便のサービスの一つとしての荷物(かつての小包)は、上記の鉄道荷物とはまた別の概念であり、宅配便として貨物の一種である。.

新しい!!: インド鉄道と貨物 · 続きを見る »

貨車

貨車(かしゃ、Freight Car)とは、鉄道において貨物を輸送するための列車(貨物列車)に用いられる車両を指す呼称。日本では、かつて小荷物・郵便物は旅客輸送の対象としていたが、現在ではほとんど廃れたことや運送の形態により、これらが「貨物」として含まれることもある。自走式電動貨車(貨物電車)については電車を参照。.

新しい!!: インド鉄道と貨車 · 続きを見る »

黒字と赤字

黒字(くろじ)とは一般的には収入が支出を上回って剰余が生じた状態、または剰余そのものであり、また赤字(あかじ)とは逆に支出が収入を上回り超過した状態、または超過額そのものをさす。黒字財政や黒字決算などのようにあらゆる組織体の収支決算に用いられる。.

新しい!!: インド鉄道と黒字と赤字 · 続きを見る »

藩王国

藩王国(はんおうこく、英語:princely state, native state, Indian state)とは、イギリスが植民地統治していた時代のインド(現在のインド・パキスタン・バングラデシュ、およびミャンマーを含むインド帝国)において、イギリスの従属下で一定の支配権を認められていた藩王(prince)の領国のことである。「土侯国」とも訳される。 ネパール王国とブータン王国はそれぞれグルカ戦争とブータン戦争の結果イギリスの保護国とはなったものの、藩王国としては扱われていない。.

新しい!!: インド鉄道と藩王国 · 続きを見る »

鉄道

鉄道(てつどう、railway railroad)とは、等間隔に設置された2本の鉄製の軌条(レール)またはそれに代わる物を案内路として車輪を有する車両が走行する交通機関である。線路・停車場などの施設、旅客や貨物を輸送する列車、運行管理や信号保安まで様々な要素で構成される一連の体系である。 広い意味では、レール、案内軌条などの案内路に誘導されて走行する車両を用いた交通機関を指し、懸垂式・跨座式のモノレール、案内軌条式のAGT(新交通システム)、鋼索鉄道(ケーブルカー)、浮上式鉄道を含む。日本では鉄道事業法の許可、または、軌道法の特許を得て敷設される。トロリーバス(無軌条電車)は、架線が張られたルートを集電装置(トロリー)により集電した電気を動力として走行するバスであるが、鉄道事業法に基づく鉄道、または、軌道法上の「軌道に準ずる」軌道として扱われる。ロープウェイも鉄道事業法、または、軌道法の対象であるが、索道という扱いとなる。 なお、本項では鉄製レールの案内路を有する鉄道について解説する。.

新しい!!: インド鉄道と鉄道 · 続きを見る »

鉄道事業者

イギリス国鉄本社(イーストンハウス) 鉄道事業者(てつどうじぎょうしゃ)あるいは鉄道会社(てつどうがいしゃ)とは、鉄道を使用して旅客輸送または貨物輸送の運営、または軌道(線路)の維持管理などをする者である。 自然人でもありうるが基本的に法人である。公企業・私企業どちらも多くあり、北アメリカ・日本では私企業の割合が多く、ヨーロッパ・アフリカなどでは公企業が多い。会社の場合は鉄道会社と呼ばれる。 車両または軌道(線路)のみを所有する場合と、両方所有する場合がある。.

新しい!!: インド鉄道と鉄道事業者 · 続きを見る »

鉄道駅

鉄道駅(てつどうえき、gare ferroviaire、railway station、train station)は、鉄道を構成する施設の一つで、列車への旅客の乗降、貨物の積降に使用する場所。.

新しい!!: インド鉄道と鉄道駅 · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: インド鉄道と英語 · 続きを見る »

電車

電車(でんしゃ)とは、動力源に電力を用いる鉄道車両(電気車)のうち、それ自身に旅客や貨物を載せる設備を持つ車両の総称である。電車のうち、動力を持つ車両は電動車、動力を持たず電動車と編成を組む車両は付随車と称する。 電動機を駆動する電力は、集電装置により外部から取り込む場合と、車載の蓄電池から供給する場合の2通りがある。車上の内燃機関で発電機を稼動させ、得られた電力で電動機を駆動する車両は電気式気動車と呼ばれ「電車」には含まれない。 もともと「電車」は、自走式の「電動機付き客車(電動客車)」、および事業用車を含む「電動機付き貨車(電動貨車など)」の略称だったが、現在では一般名詞となり、各省庁をはじめ、運輸事業者や車両製造会社でも正式に用いられている。更に最近では気動車も含め、列車または鉄道に対する一般名詞として「電車」が用いられることも多くなっている。 英名については本文#「EC」と「EMU」で詳述する。中華人民共和国における中国語では、「電車(电车)」と表記した場合はトロリーバスを指すことが一般的であり、日本語の「電車」は「電力動車組(电力动车组)」、あるいは「動車組(动车组)」などと表記される。台湾では「電聯車」あるいは「電車組」と表記して、香港では「電氣化火車」と表記する。.

新しい!!: インド鉄道と電車 · 続きを見る »

雇用

雇用(こよう、雇傭、英: employment)は、当事者の一方(被用者、employee)が相手方(使用者、employer)に対して労働に従事することを約し、使用者がその労働に対して報酬を与えることを内容とする契約。(労働契約も参照。) 雇用する側は雇い主(やといぬし)・使用者(しようしゃ)、雇用される側は被用者(ひようしゃ)・使用人(しようにん)・従業員(じゅうぎょういん)などと呼ばれる。また、両方の意味で使われる言葉として雇用者(こようしゃ)・雇い人(やといにん)というものもある。 雇用者・雇用主を見つけるためには職業紹介事業・求人広告・求人情報誌などを使用する。キャリア・コンサルタントによるエージェントも存在する。 2016年にはシンクタンクの試算により20年以内に、日本の場合で労働人口の約半数にあたる49%が人工知能やロボットなどの機械に仕事を奪われ、従来の仕事が喪失する事態が生じ、世界的傾向となると予測している。.

新しい!!: インド鉄道と雇用 · 続きを見る »

機関車

蒸気機関車:イギリスの鉄道会社グレート・ウェスタン鉄道No. 6833 通称Calcot Grange。イギリスのBristol Temple Meads駅にて 電気機関車:イタリア鉄道会社トレニタリアFS class E412 機関車(きかんしゃ、locomotive)は、鉄道車両の一つで、その車両の中に動力装置を有し、駆動を行わない他車を前から牽引、もしくは後から推進して線路上を運転する車両のことである。機関車に牽引・推進されるのは動力を有しない客車・貨車のみならず、電気方式の相違・故障・回送などの理由で自車の動力を使用できない、または勾配区間で出力が足りない電車・気動車である場合もある。基本的に機関車は列車の駆動のためだけに存在しており、自車には旅客や貨物を搭載しない場合がほとんどである。.

新しい!!: インド鉄道と機関車 · 続きを見る »

気動車

JR東日本キハE130形気動車(2007年 袋田駅) 気動車(きどうしゃ)とはエンジンを搭載した列車の車両のことで、人員・荷物もしくは貨物を積載する空間を有し、運転に必要な動力源として内燃機関や蒸気機関などの熱機関を搭載して自走する鉄道車両である。 現在の気動車は、動力として一般に内燃機関の中でも熱効率と安全性に優れるディーゼルエンジンが用いられている。そのため、日本では「ディーゼル動車」または「ディーゼルカー」(Diesel Car, DC)、「汽車」 などとも呼ばれる。対して、欧州では動力分散方式の車両を「マルチプル ユニット」と呼ぶことから、気動車を「DMU」(Diesel Multiple-Unit) と称する。 また「レールカー」(Railcar) とも呼ばれる。 以下、特記ない限り、主に日本国内の事情に基づいて記す。.

新しい!!: インド鉄道と気動車 · 続きを見る »

日本語

日本語(にほんご、にっぽんご「にっぽんご」を見出し語に立てている国語辞典は日本国語大辞典など少数にとどまる。)は、主に日本国内や日本人同士の間で使用されている言語である。 日本は法令によって公用語を規定していないが、法令その他の公用文は全て日本語で記述され、各種法令において日本語を用いることが規定され、学校教育においては「国語」として学習を課されるなど、事実上、唯一の公用語となっている。 使用人口について正確な統計はないが、日本国内の人口、および日本国外に住む日本人や日系人、日本がかつて統治した地域の一部住民など、約1億3千万人以上と考えられている。統計によって前後する場合もあるが、この数は世界の母語話者数で上位10位以内に入る人数である。 日本で生まれ育ったほとんどの人は、日本語を母語とする多くの場合、外国籍であっても日本で生まれ育てば日本語が一番話しやすい。しかし日本語以外を母語として育つ場合もあり、また琉球語を日本語と別の言語とする立場を採る考え方などもあるため、一概に「全て」と言い切れるわけではない。。日本語の文法体系や音韻体系を反映する手話として日本語対応手話がある。 2017年4月現在、インターネット上の言語使用者数は、英語、中国語、スペイン語、アラビア語、ポルトガル語、マレー語に次いで7番目に多い。.

新しい!!: インド鉄道と日本語 · 続きを見る »

旅客

旅客(りょかく、passenger)とは、輸送機器に乗っている人のうち乗員以外の人のこと。乗客(じょうきゃく)とも。.

新しい!!: インド鉄道と旅客 · 続きを見る »

政府

政府(せいふ、government, rectio)とは、近代国家において国家もしくは国家の一部分となる地方における統治機構(国家の意思決定及び統治のための組織)の総体。 広義には、統治に関わる立法・司法・行政すべての機関および機構の総称を指し、狭義には、行政を司る内閣とそれに付属する行政機関(執行機関)から成る行政府を意味する。それぞれ、アメリカやイギリスなどの英米法系の国家では広義の意味で、ドイツや日本などの大陸法系の国家ただし、戦後の日本国憲法は、大陸法の源流ともいうべきドイツが英米法への移行を企図したように、英米法を指向したもので、警察制度や司法制度に特徴づけられる。このように地方の自治権を尊重する英米法を採用している。では狭義の意味で、用いられる語である。なお、マルクス主義の立場からは「支配階級の政治委員会」に位置付けられる。 明治時代以降の日本政府の関係者(行政関係者)が「日本国政府」を指す場合に、省略して「政府」と言う場合がある特に(江戸幕府と対比する文脈などで)明治期の日本の政府を指す場合は「明治政府」と呼ばれることがある。。.

新しい!!: インド鉄道と政府 · 続きを見る »

急行列車 (インド)

インドにおける急行列車(きゅうこうれっしゃ、英語 Express)は、インド鉄道により運行されている長距離列車。別途の料金体系を有し運行速度も速く特急扱いとなっているラージダーニー急行やシャターブディー急行も、急行列車の種別に含まれている。また、郵便急行(メイル、英語 Mail)や旅客急行(パッセンジャー、英語 Passenger)も、同様に長距離急行列車として扱われている。.

新しい!!: インド鉄道と急行列車 (インド) · 続きを見る »

1853年

記載なし。

新しい!!: インド鉄道と1853年 · 続きを見る »

1947年

記載なし。

新しい!!: インド鉄道と1947年 · 続きを見る »

1951年

記載なし。

新しい!!: インド鉄道と1951年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

Indian Railwaysインドの国鉄インド国有鉄道インド国鉄

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »