ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

インド

索引 インド

インドは、南アジアに位置し、インド洋の大半とインド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。 西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。 1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。.

1135 関係: A.M.ナイル労働力原子力供給国グループおしん停電停戦えにし書房半島十六大国印パ戦争南アメリカ南アフリカ共和国南アジア南アジアサッカー選手権南インド南インド教会反乱古代ペルシア語史記名誉博士君主塩の行進多国籍企業多神教大学大チョーラ朝寺院群大ヒマラヤ国立公園大国大統領府大陸間弾道ミサイル大気汚染天竺太陽光発電外交外務大臣 (日本)外務省外国人外科学奴隷王朝学問学習指導要領宗主国宗教安倍晋三寡占対テロ戦争対面交通小売小選挙区制小泉純一郎...崩御差別差別化戦略上海協力機構不可触民両院制中印国境紛争中ソ対立中国人中等教育中華人民共和国中華料理七人の侍世俗主義世界の国一覧表世界銀行世界遺産世界金融危機 (2007年-)三角貿易三色旗一人っ子政策九州国際大学平和平和五原則平凡社ライブラリー乗り物亡命京都市人工衛星人種差別広島市広島市への原子爆弾投下予算仏教建築会社伝統伝承住民価値観外交徴兵制度後漢書徒弟保険医師医薬品化学品北宋北京市北インド北インド教会ナノテクノロジーナラシンハ・ラーオペルシア湾ナレンドラ・モディナレイン・カーティケヤンナンダ・デヴィナンダ・デヴィ国立公園と花の谷国立公園ナーランダ大学ナーグプルナガランド州ナショナリズムペストミャンマーミューチュアル・ファンドミュージカルミトコンドリアDNAミゾラム州ミゾ語ミサイル防衛マナス国立公園マハーバリプラムマハーバーラタマハーラーシュトラ州マハーヴィーラマハトマ・ガンディーノバルティスマラヤーラム語マラーティー語マラーター同盟マラーター戦争マラッカ王国マルコ・ポーロマレー半島マレーシアマンチェスターマンモハン・シンマンゴーマールワールマールワール王国ノーベル賞ノーベル文学賞マーズ・オービター・ミッションマッロイ戦役マヒンドラ&マヒンドラマディヤ・プラデーシュ州マニプリ語マニプル州マイランマイティリー語マイソール戦争マウリヤ朝マカオ料理マガダ国マケドニア王国チャンデーラ朝チャンディーガルチャンドラヤーン1号チャンドラグプタ (マウリヤ朝)チャーンパーネールチャッティースガル州チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅チャトラパティ・シヴァージー国際空港チャガタイ・ハン国チョーラ朝チベット仏教チベット・ビルマ語派チェンナイチキンティッカマサラネパールネパール語ハリマンディル・サーヒブハリヤーナー州ハリウッドハルジー朝ハンピ (インド)ハヌマンラングールハプログループハイデラバード (インド)ハスバハードゥル・シャー2世バラモンバラモン教バラタ族バンドンバンガロールバングラデシュバール・ガンガーダル・ティラクバーブリー・マスジドバーブルバフマニー朝バクトリアバジャージ・オートポルトガル領インドポルトガル海上帝国ポロ作戦ポンディシェリポンディシェリ連邦直轄領ポンジ・スキームムハンマド・アリー・ジンナームルタバムンバイムンバイ同時多発テロムンシー・プレームチャンドムガル帝国メルボルンメーワール王国メーガーラヤ州メディア (媒体)モノカルチャーモルディブモンゴル帝国モンスーンモーリシャスユーゴスラビアユダヤ人ヨーガラーマラーマーヤナラーム・ナート・コーヴィンドラーニー・キ・ヴァーヴラーガラーキーラーシュトラクータ朝ラージャスターンの丘陵城塞群ラージャスターン州ラージヤ・サバーラージプートラージプーターナー飢饉 (1869年)ラージェーンドラ・プラサードラース・ビハーリー・ボースラッカセイラビンドラナート・タゴールラテン語ラダ・ビノード・パールラダックラクナウラクシャディープ諸島ラクシュミーラジーヴ・ガンディーリライアンス・インダストリーズリアリズムルノール・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-ルディヤーナーレバノンレー (インドの都市)レスターローマ帝国ローディー朝ローク・サバーロシアヴァルナ (種姓)ヴァルダナ朝ヴァンディヴァッシュの戦いヴァーラーナシーヴァッラブバーイー・パテールヴァドーダラーヴァイマル共和政ヴァスコ・ダ・ガマヴィクラマシーラ大学ヴィクラント (空母・2代)ヴィクトリア (イギリス女王)ヴィシュヴァカルマンヴィジャヤナガル王国ヴェンカタ2世ヴェーダボリウッドボロブドゥール遺跡ヌーリスターン語群ボーパールボパール化学工場事故ボド語トマス派トラトリプラ州トリツ族トリニダード・トバゴトゥエンティ20トゥグルク朝ブラックストーン・グループブラジルブリスベンブリタニカ百科事典ブルースター作戦ブータンブッダガヤの大菩提寺ブッカー賞ブクサールの戦いプネープランテーションプラーナプラーナ文献プラッシーの戦いプラティーハーラ朝プルデンシャル・ファイナンシャルプロレスプロテスタントプール族パハルプールの仏教寺院遺跡群パラボラアンテナパリ条約 (1763年)パンデミックパンジャーブパンジャーブ州 (インド)パンジャーブ語パーラ朝パーリ仏典パータリプトラパッラヴァ朝パッタダカルパトナパガン王朝パキスタンパキスタン (ドミニオン)パキスタンの核実験 (1998年)ヒマラヤ山脈ヒマーチャル・プラデーシュ州ヒュダスペス河畔の戦いヒンディー語ヒンドゥー・ナショナリズムヒンドゥー暦ヒンドゥー文明ヒンドゥー教ヒンドゥー教徒ヒンドゥスタン・モーターズヒンドゥスターン平野ヒンドゥスターニー音楽ヒンドゥスターニー語ヒーロー・モトコープビハール州ビラースプルビルラビームラーオ・アンベードカルビームベートカーの岩陰遺跡ビーシュム・サーヘニービブティブション・ボンドパッダエビザビジネスビジャープル王国ビジェイ・マリヤピアソン (企業)テランガーナ州テルグ語テロリズムテニスティムールティムール朝ティルヴァナンタプラムデリーデリー・メトロデリー・スルターン朝デリー首都圏デンマーク東インド会社デビスカップディーワーリーディーワーニーディーウディーウ沖の海戦ディアドコイ戦争ディアジオデカン5王国デカン・ムジャーヒディーンデカン・スルターン朝デカン高原デザインフマーユーン廟フランスフランス東インド会社フランス料理フラッグ・キャリアフーグリーファテープル・シークリーフィールドホッケーフィジーフォーミュラ1フォース・インディアドラヴィダ人ドラヴィダ語族ドーグリー語ドイツテレコムドゥッラーニー朝ニューデリーニクソン大統領の中国訪問ニザーム王国ホラーサーンホーリー祭ホッケー・ワールドカップダノンダマン・ディーウ連邦直轄領ダライ・ラマ14世ダルマ・シャーストラダレイオス1世ダードラー及びナガル・ハヴェーリー連邦直轄領ダージリンダイヤモンドベンガル地方ベンガル分割令ベンガル語ベンガル湾ベオグラード初等教育制海権分割統治分野・時代別のインド人の一覧周恩来アミタヴ・ゴーシュアミターブ・バッチャンアムリットサル事件アムリトサルアメリカ同時多発テロ事件アメリカ合衆国アメリカ航空宇宙局アヨーディヤーアラーハーバード条約アラー・ウッディーン・ハルジーアラブ人アラビア半島アラビア海アルナーチャル・プラデーシュ州アルメニア人アルワルアレクサンドロス3世アンボイナ事件アンダマン・ニコバル諸島アンコール遺跡アーンドラ・プラデーシュ州アークシャルダーム寺院 (デリー)アーグラアーグラ城塞アッサム州アッサム語アヘンアヒンサーアフマダーバードアフリカアフガニスタンアフターサービスアイヤーヴァリアウラングゼーブアウトソーシングアクバルアクサイチンアケメネス朝アショーカ王アジャンター石窟群アジア・アフリカ会議アジア系民族アジア開発銀行アスワン・ハイ・ダムアタル・ビハーリー・ヴァージペーイーイラン語群イラン高原インパール作戦インディラ・ガンディーインディラ・ガンディー国際空港インディアン・プレミアリーグインディアン・スーパーリーグインディゴインドにおける仏教の弾圧インドにおける性に関する問題インドの大統領インドの山岳鉄道群インドの世界遺産インドの地方行政区画インドのナショナリズムインドの公用語の一覧インドの国章インドの総督インドの美術インドの経済インドの観光地の一覧インドの言語インドの言語の話者数一覧インドの財閥インドの鉄道インドの核実験 (1974年)インドの核実験 (1998年)インドの歴史インドの歴代首相インドの有人宇宙飛行計画インドの映画インドの数学インド南部鉄道インド大反乱インド宇宙研究機関インド工科大学インド人の名前インド人民党インド亜大陸インド地域航法衛星システムインドネシアインド・バングラデシュ国境の飛地群インド・ヨーロッパ語族インド・ルピーインド・パキスタン分離独立インド・アーリア人インド・ウラン公社インドール (インド)インドボダイジュインドクジャクインドグランプリインドゾウインド哲学インド国定暦インド国民会議インド国民軍インド理科大学院インド空軍インド系移民と在外インド人インド西部地震インド鉄道インド英語インド連邦 (ドミニオン)インド陸軍インド沿岸警備隊インド洋インド準備銀行インド最高裁判所インド海軍インド文学インド文化圏インド料理インド憲法インダス川インダス文明インターネットイギリスイギリスの君主イギリス帝国イギリス人イギリス領インド帝国イギリス東インド会社イギリス海軍イギリス政府イスラマバードイスラム主義イスラム国家イスラム教イスラエルイタリア料理ウルドゥー語ウッチャンナンチャンのウリナリ!!ウッドロウ・ウィルソンウッタラーカンド州ウッタル・プラデーシュ州ウダイ・プラカーシウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク (インド総督)ウィリアムズF1ウィキトラベルウェンブリーウコンエネルギーエリュトゥラー海案内記エレファンタ石窟群エローラ石窟群エンターテインメントエフタルエア・インディアオランダオランダ領東インドオリヤー語オリッサ州オリッサ飢饉 (1866年)オリエンタル・バンクオート三輪オートバイオーストラリアオーストロアジア語族オフショアリングオイルショックオスマン帝国オセアニアカナダカバディカラリパヤットカリンガ国カリンガ戦争カルナータカ州カルン・チャンドックカレーカワイルカ科カンナダ語カンチェンジュンガカンチェンゾンガ国立公園カーナティック戦争カーリーカーリダーサカーンプルカーストカシミールカシミール語カシューナッツカジュラーホーカジランガ国立公園ガマール・アブドゥル=ナーセルガネーシャガンデンポタンガンディー生誕記念日ガンダーラガンジス川ガイアナガズナ朝キャラコキラン・デサイキリスト教キングフィッシャー航空キングコブラギヤースッディーン・バルバンギリシア語クリケットクリケット・ワールドカップクリシャン・チャンダルクリシュナクリシュナ・バルデーオ・ヴァイドクリシュナ・デーヴァ・ラーヤクリスマスクレメント・アトリークロイドン区クトゥブ・ミナールクトゥブッディーン・アイバククイーンズランド大学クシャトリヤクシュワント・シンクタイ王国グラクソ・スミスクライングルグル・ナーナクグル・グラント・サーヒブグプタ朝グジャラート州グジャラート語ケーララ州ケビン・ラッドケニアケオラデオ国立公園コナーラクのスーリヤ寺院コチェリル・ラーマン・ナラヤナンコムギコルカタコレラコンカニ語コンサルティングコーリコードコールセンターコウマコクバラ語ココナッツコショウゴールコンダ王国ゴール朝ゴア州シナ・チベット語族シムラー (インド)シャリーアシャクンタラー (戯曲)シュリーヴィジャヤ王国ショールショウガシリコンバレーシンド州シンド語シンガポールシヴァージーシーレーンシッキム州シティ・オブ・ロンドンシドニーシク戦争シク教シク教徒ジャナ・ガナ・マナジャワハルラール・ネルージャンムー・カシミール州ジャンタル・マンタルジャールカンド州ジャイナ教ジャイプルジャイサルメール城ジョーダン・グランプリジェットライトジェットエアウェイズスマトラ島沖地震 (2004年)スバス・チャンドラ・ボーススリランカスリランカ内戦スンナ派スンダルバンス国立公園スーラトスパイスジェットスカルノスクータースズキ (企業)スタンダードチャータード銀行スターリング・ポンドセレウコス1世セレウコス朝ソビエト連邦ソフトウェアゾロアスター教タミル人タミル・ナードゥ州タミル・イーラム解放のトラタミル語タラションコル・ボンドパッダエタルマヌガラ王国タンザニアターネーターリバーンターリーターリコータの戦いタール砂漠タージ・マハルタイガー・ジェット・シンタギータタ・モーターズタタ・グループサンスクリットサンタル語サーンチーサービスサータヴァーハナ朝サッカーサッカーインド代表サティヤーグラハサフランサタジット・レイ哲学再生可能エネルギー冬至冷戦内閣内閣総理大臣商工業入学全インド・ムスリム連盟公用語共和制共和国記念日 (インド)共通語元首前期チャールキヤ朝勇気動乱国名の漢字表記一覧国境国境警備部隊国家国交国会議事堂国内総生産国獣国花国際原子力機関国際収支統計国際通貨基金国際連合国際連合教育科学文化機関国際政治学国鳥国民国民食国有財産BBCニュースBRICsBTグループ犯罪石油製品玄奘三蔵灌漑砂糖砂漠気候社会主義国社会的少数者禁欲主義科学技術空気銃立法第2世代移動通信システム第三次印パ戦争第三次パーニーパットの戦い第一次世界大戦第二次世界大戦紛争紀元前232年紀元前265年紀元前305年紀元前317年紀元前330年紀元前521年紀元前5世紀紀元前6世紀総務大臣緑の革命繊維義務教育義浄真理経済制裁経済的不平等経済成長疎開環境為替生命保険生物工学生贄産業革命無罪独立独立記念日 (インド)白人音楽家選挙避暑地聖典聖金曜日菩提僊那華僑菅義偉非同盟運動非暴力青年領土領土問題領有行政行政機関風力発電風習裁判飲食製薬製造業装身具複合遺産 (世界遺産)西ドイツ西ベンガル州西インド諸島西ガーツ山脈規制緩和親日観光首相首相府香辛料香港解脱証券アナリスト言語高原高さ高岳親王高等学校高等教育高速道路高速鉄道警察議会議院内閣制谷垣禎一貧困貨物線販売費用貿易鳩山由紀夫購買力平価説資源資本自由化麻生太郎軍事力軍隊輪廻輸出輸入農業近代オリンピック都市航空航空母艦阿片戦争赤い城赤道関税開眼法要開発野党野村證券自爆テロ自給自足自然遺産 (世界遺産)自衛隊インド派遣釈迦金融金融機関金本位制鉱業鉄道苦行英語英語圏英蘭協約英蘭戦争英連邦王国雨季電力集積回路通信造船連合国 (第一次世界大戦)連合国 (第二次世界大戦)連邦逮捕GoAirHDFCHRT F1HSBCホールディングスIリーグIBMICICI銀行IndiGoITK2MTNグループN・M・ロスチャイルド&サンズNHKスペシャルONGCSBIホールディングスSTEM教育Y染色体暴力暗殺枢軸国排気ガス東南アジア東大寺東京海上日動火災保険東アフリカ東アジア東方見聞録東方教会核兵器核拡散防止条約格安航空会社森喜朗極東国際軍事裁判機関投資家武術歯科気候民主主義民営化民族民族義勇団民族資本民族自決法顕法輪洪水混血湿度潜水艦発射弾道ミサイル木綿本山本田技研工業有色人種有権者情報サービス情報技術戦争戦略爆撃機戦間期映画昭和天皇海岸海上自衛隊新幹線新仏教運動文学文化遺産 (世界遺産)文芸文部科学省日露戦争日本日本人日本・インド経済連携協定日本テレビ放送網日本商工会議所日本国とインドとの間の安全保障協力に関する共同宣言日本国とインドとの間の平和条約日本国政府日本経済新聞日本軍日本映画日本料理旱魃旅客機支那政府の長政党政権政権交代政治愛宕松男憲法教育教育機関教授言語思想景気.in10月2日11世紀1203年12月12月25日1398年1498年1509年1510年1511年1565年1620年1623年1686年1687年16世紀1757年1758年1760年1761年1764年1765年1814年1824年1833年1835年1840年1853年1858年1869年1877年1885年1896年1905年1906年1911年1913年1916年1919年1930年1931年1945年1945年イギリス総選挙1946年1947年1948年1949年1950年1951年1951年アジア競技大会1952年1954年1956年1957年1961年1962年1966年1971年1972年1974年1976年1977年1982年アジア競技大会1983年1984年1991年1992年1994年1996年1997年1998年1999年1月1月10日1月1日1月26日1月27日2000年2000年代2001年2002年2004年2005年2006年2007年2008年2008年北京オリンピック2009年2010年2010年コモンウェルスゲームズ2011年2012年2013年2014年2016年2020年20世紀3月4月550年5月5月19日6月6月9日7月8月15日8月18日8月1日8月26日8月6日9月9月17日 インデックスを展開 (1085 もっと) »

A.M.ナイル

A.M.ナイル、またはアイヤッパン・ピッライ・マーダヴァン・ナーヤル(マラヤーラム語:അയ്യപ്പന് പിള്ള മാധവന് നായര്, 英語:Ayappan Pillai Madhavan Nair, 1905年 - 1990年4月22日)は、インド独立運動家、実業家。.

新しい!!: インドとA.M.ナイル · 続きを見る »

労働力

労働力(ろうどうりょく、labour power、Arbeitskraft)とは、財・サービスという生産物を作るために投入される人間の能力。肉体的なもののみならず、知的なものも含む。.

新しい!!: インドと労働力 · 続きを見る »

原子力供給国グループ

原子力供給国グループ(げんしりょくきょうきゅうこく、英:Nuclear Suppliers Group:NSG)とは、核拡散防止を目的とした国家グループ組織。.

新しい!!: インドと原子力供給国グループ · 続きを見る »

おしん

『おしん』は、1983年(昭和58年)4月4日から1984年(昭和59年)3月31日まで放送されていた日本のNHK連続テレビ小説第31作。 8月15日から8月20日までの6日間は『もうひとりのおしん』放送につき中断、NHKの連続テレビ小説では『鳩子の海』以来の1年間放送となった。全297話。NHKテレビ放送開始30周年記念作品。.

新しい!!: インドとおしん · 続きを見る »

停電

停電(ていでん)とは、配電(電力供給)が停止すること。主に需要家への電力供給の停止について言う。原因はさまざまである。.

新しい!!: インドと停電 · 続きを見る »

停戦

停戦(ていせん)とは戦争や武力紛争の一時的な停止をいう。.

新しい!!: インドと停戦 · 続きを見る »

えにし書房

えにし書房株式会社(えにししょぼう)は、日本の出版社である、えにし書房、2015年1月28日閲覧。、えにし書房、2015年1月28日閲覧。検索結果、国立国会図書館、2015年1月28日閲覧。''えにし書房''、版元ドットコム、2015年1月28日閲覧。。歴史分野を中心に人文社会関連、趣味、サブカルなどのジャンルの書籍を刊行する。元彩流社の塚田敬幸が独立して設立した「ひとり出版社」である。.

新しい!!: インドとえにし書房 · 続きを見る »

半島

ボン岬半島 アラビア半島 伊豆半島(静岡県) 薩摩半島(鹿児島県) 平久保半島(沖縄県) 半島(はんとう)とは、3方位が水(海・川・湖など)に接している陸地のこと。「半島」とはラテン語のペニンシュラ(paeninsula・「ほぼ、半ば」を意味するpaeneと「島」を意味するinsulaの2語による造語.

新しい!!: インドと半島 · 続きを見る »

十六大国

紀元前500年の十六大国の領域 紀元前600年の十六大国の位置 *Kamboja(カンボージャ) *Gandhara(ガンダーラ) *Kuru(クル) *Panchala(パンチャーラ) *Shurasena(シューラセーナ) *Kosala(コーサラ) *Matsya(マツヤ) *Malla(マッラ) *Vrijji(ヴァッジ) *Kashi(カーシー) *Vatsa(ヴァンサ) *Anga(アンガ) *Avanti(アヴァンティ) *Chetiya(チェーディ) *Magadha(マガダ) *Assaka(アッサカ) 十六大国(じゅうろくたいこく、Solasa Mahajanapada)とは、紀元前6世紀頃から紀元前5世紀頃にかけて古代インド(ここでいうインドは主に北インドを指す)に形成され相互に争っていた諸国の総称。仏典やジャイナ教の聖典によって記録されている。.

新しい!!: インドと十六大国 · 続きを見る »

印パ戦争

印パ戦争(いんパせんそう)は、インドとパキスタンの間で行なわれた戦争のこと。第一次(1947年)、第二次(1965年)、第三次(1971年)と、両国間ではこれまでに3度の戦争が行われている。第一次と第二次はカシミール紛争の過程で、第三次はバングラデシュの独立に際して勃発した。インド・パキスタン戦争とも表記する。.

新しい!!: インドと印パ戦争 · 続きを見る »

南アメリカ

南アメリカ(みなみアメリカ、América del Sur、América do Sul、Zuid-Amerika、Amérique du Sud)は、南アメリカ大陸とその周辺の島嶼・海域を含む地域の総称で、六大州の一つ。南米(なんべい)ともいう。ラテンアメリカに含まれる。西半球、南半球に位置し、西は太平洋に、東と北は大西洋に面している。北アメリカとカリブ海が北西に横たわっている。 南アメリカは1507年、アメリカ州が東インドではなくヨーロッパ人にとっての新大陸であると指摘した最初のヨーロッパ人ヴァルトゼーミュラー、リングマンによって、ヴェスプッチの名から付けられた。 面積は17,780,000 km²であり、地球の陸地面積の約12%を占める。人口は、2016年10月現在で4億23千万人と見積もられている。南アメリカは六大州の中でアジア、アフリカ、ヨーロッパ、北アメリカに続いて5番目に人口が多い。.

新しい!!: インドと南アメリカ · 続きを見る »

南アフリカ共和国

南アフリカ共和国(みなみアフリカきょうわこく)、通称南アフリカは、アフリカ大陸最南端に位置する共和制国家。イギリス連邦加盟国のひとつ。東にスワジランド、モザンビーク、北にジンバブエ、ボツワナ、西にナミビアと国境を接し、レソトを四方から囲んでいる。南アフリカは首都機能をプレトリア(行政府)、ケープタウン(立法府)、ブルームフォンテーン(司法府)に分散させているが、各国の大使館はプレトリアに置いていることから国を代表する首都はプレトリアと認知されている。.

新しい!!: インドと南アフリカ共和国 · 続きを見る »

南アジア

南アジア(みなみアジア)は、アジア南部の地域。インド、スリランカ、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、ブータン、モルディブの各国を含む地域。.

新しい!!: インドと南アジア · 続きを見る »

南アジアサッカー選手権

南アジアサッカー選手権(みなみアジアサッカーせんしゅけん、South Asian Football Federation Cup)は、南アジアサッカー連盟(SAFF)が主催する、南アジア諸国のナショナルチームによるサッカーの国際大会である。第8回大会は、2009年12月に、インドの予定であった開催地をバングラデシュに変更して実施された。.

新しい!!: インドと南アジアサッカー選手権 · 続きを見る »

南インド

南インド(英語で South India, Dakshina Nad, Dravida Nad;タミル語で தக்ஷிண நாடு ダクシナ・ナードゥ 「南の地」, திராவிட நாடு ドラーヴィダ・ナードゥ 「ドラヴィダの地」)は、インドの中で南部に位置する、地理的、言語的、かつ文化的に区分されうる一地域の総称。南インド分離主義者はドラヴィディスタン(英語版)とされている。.

新しい!!: インドと南インド · 続きを見る »

南インド教会

南インド教会(みなみインドきょうかい、)は長老派教会、オランダ改革派教会、会衆派教会、メソジスト教会、聖公会が合併してできた、インドでキリスト教プロテスタントの信徒が最大数が参加する合同教会で、本部はタミル・ナードゥ州の州都・チェンナイにある。.

新しい!!: インドと南インド教会 · 続きを見る »

反乱

反乱・叛乱(はんらん、rebellion、insurgency、uprising)とは、国家等の支配者に対して被支配層が個人で、もしくは徒党を組み、暴力的、破壊的、示威的行動によって何らかの不満を表明し、その不満の原因解決を迫り、あるいは被支配層みずからの手で不満の原因を解決しようとする行為である。 漢字圏の歴史上の叛乱には「~の乱(らん)」とのみ呼ばれるものもあるが、「乱」に反乱の意味はなく、この場合の「乱」は単に「世が乱れること」を意味している。 また、国家的規模でなくとも、軍隊の構成員や船の乗組員などが共謀して公然と上官等の権威に対抗する場合も反乱という。この場合の反乱には英語では「」の語が充てられる。 なお、この語はあくまで反乱を「起こされる側」の表現であり、実際に「起こす側」が自ら反乱と言うことはなく「決起」などと呼ぶ。 フィクションにおいては人間同士にとどまらず、人間以外の動物などの人間と同等の意思や知性等を持たない生物、人工知能などの無生物が人間に対して牙をむくような場合も反乱として扱われる。.

新しい!!: インドと反乱 · 続きを見る »

古代ペルシア語

古代ペルシア語(こだいペルシアご)はイラン語派に属する言語のひとつである。古代ペルシア帝国(アケメネス朝)の公用語の一つで、古代ペルシア楔形文字を用いて書かれた紀元前6世紀から紀元前4世紀までの碑文が残る。 アヴェスター語とともに古代イラン語に含まれる。中世ペルシア語(パフラヴィー語)や現代ペルシア語の祖先にあたる。.

新しい!!: インドと古代ペルシア語 · 続きを見る »

史記

『史記』(しき)は、中国前漢の武帝の時代に司馬遷によって編纂された中国の歴史書である。正史の第一に数えられる。二十四史のひとつ。計52万6千5百字。著者自身が名付けた書名は『太史公書』(たいしこうしょ)であるが、後世に『史記』と呼ばれるようになるとこれが一般的な書名とされるようになった。「本紀」12巻、「表」10巻、「書」8巻、「世家」30巻、「列伝」70巻から成る紀伝体の歴史書で、叙述範囲は伝説上の五帝の一人黄帝から前漢の武帝までである。このような記述の仕方は、中国の歴史書、わけても正史記述の雛形となっている。 二十四史の中でも『漢書』と並んで最高の評価を得ているものであり、単に歴史的価値だけではなく文学的価値も高く評価されている。 日本でも古くから読まれており、元号の出典として12回採用されている。.

新しい!!: インドと史記 · 続きを見る »

名誉博士

名誉博士(めいよはくし)とは、各国の国内法ないし各大学が規則により定める学位に類する学術称号である。ただし、学校教育法上の博士の学位とは異なり、大学の自治に基づき大学が独自に定めた名誉称号である。名誉学位ともいい、名誉修士や名誉学士の上位にある称号である。.

新しい!!: インドと名誉博士 · 続きを見る »

君主

フランス国王ルイ14世 君主(くんしゅ)とは、一般に、世襲により国家を治める最高位の人。伝統的に、国家で特定の一人が主権を持つ場合、その主権者が君主であり、王・帝王・天子・皇帝・きみ等ともいう。.

新しい!!: インドと君主 · 続きを見る »

塩の行進

行進中のガンディー 塩の行進(しおのこうしん、Salt March / Dandi Satyagraha)とは、1930年にマハトマ・ガンディー並びに彼の支持者がイギリス植民地政府による塩の専売に反対し、製塩の為にグジャラート州アフマダーバードから同州南部ダーンディー海岸までの約386kmを行進した抗議行動のことである。この行進は3月12日から4月6日まで続き、インドのイギリスからの独立運動における重要な転換点となった。.

新しい!!: インドと塩の行進 · 続きを見る »

多国籍企業

多国籍企業(たこくせききぎょう、英語: multinational corporation, MNC)とは、活動拠点を一つの国家だけに限らず複数の国にわたって世界的に活動している大規模な企業のことである。.

新しい!!: インドと多国籍企業 · 続きを見る »

多神教

多神教(たしんきょう、polytheism)は、神や超越者(信仰、儀礼、畏怖等の対象)が多数存在する宗教。対義語に一柱の神のみを信仰する一神教がある。.

新しい!!: インドと多神教 · 続きを見る »

大学

ボローニャ大学における1350年代の講義風景を描いた写本挿絵 大学(だいがく、college、university)は、学術研究および教育における高等教育機関である。 日本の現在の学校教育制度では、高等学校もしくは中等教育学校卒業者、通常の課程による12年の特別教育を修了した者、またはこれと同等以上の学力を有する者を対象に専門的な高等教育を行うものとされている。学生の教育課程と修了要件の充足に応じて学位(短期大学士、学士、修士、専門職学位、博士)の学位授与を行う(なお、学位の名称・定義も国や地域によって異なる)。.

新しい!!: インドと大学 · 続きを見る »

大チョーラ朝寺院群

大チョーラ朝寺院群(英語:Great Living Chola Temples、タミル語:அழியாத சோழர் பெருங்கோயில்கள்)とは、チョーラ朝時代に建設された南インドにおける11,12世紀のヒンドゥー寺院群のことである。1987年に、国際連合教育科学文化機関の世界遺産に登録された。.

新しい!!: インドと大チョーラ朝寺院群 · 続きを見る »

大ヒマラヤ国立公園

大ヒマラヤ国立公園(Great Himalayan National Park(GHNP))はインドのヒマーチャル・プラデーシュ州クッルー県にある国立公園。南北に延びるクッルー渓谷の東側に位置し、ヒマラヤ山脈西部の標高6000mの高山から2000m以下の谷間に広がり、高山帯、雪解け水の流れる4本の渓谷、森林などによって構成される。面積は核心部が905 km2、バッファーゾーンが266 km2、合計1,171 km2。インドの国立公園として1984年に設立された。大ヒマラヤ国立公園は、2014年にユネスコの世界遺産に登録された。 後述するようにグレート・ヒマラヤ国立公園と表記する日本語文献もある。.

新しい!!: インドと大ヒマラヤ国立公園 · 続きを見る »

大国

大国(たいこく)とは、.

新しい!!: インドと大国 · 続きを見る »

大統領府

大統領府(だいとうりょうふ)とは、通常、次の2つの意味で使用される。但し、前者の通称として後者が用いられる事例も多い。.

新しい!!: インドと大統領府 · 続きを見る »

大陸間弾道ミサイル

ミニットマンIII 大陸間弾道ミサイル(たいりくかんだんどうミサイル、intercontinental ballistic missile、略称:ICBM)は、有効射程が超長距離で北アメリカ大陸とユーラシア大陸間など、大洋に隔てられた大陸間を飛翔できる弾道ミサイル。大陸間弾道弾(たいりくかんだんどうだん)とも称する。アメリカ合衆国やソビエト連邦間では、戦略兵器制限条約(SALT)により、有効射程が「アメリカ合衆国本土の北東国境とソ連本土の北西国境を結ぶ最短距離である5,500km以上」の弾道ミサイルと定義された。.

新しい!!: インドと大陸間弾道ミサイル · 続きを見る »

大気汚染

モッグに覆われた都市(台湾) 煙を吐き出す火力発電所 大気汚染(たいき おせん)とは、大気中の微粒子や有害な気体成分が増加して、人の健康や環境に悪影響をもたらすこと。人間の経済的・社会的な活動が主な原因である。自然に発生する火山噴火や砂嵐、山火事なども原因となるが、自然由来のものは大気汚染に含めない場合がある『気候学・気象学辞典』、300-301頁「大気汚染」、河村武『気象と地球の環境科学』、§8、99-111頁。.

新しい!!: インドと大気汚染 · 続きを見る »

天竺

天竺(てんじく)とは、インドの旧名。ただし、現在のインドと正確に一致するわけではない。.

新しい!!: インドと天竺 · 続きを見る »

太陽光発電

太陽光発電(たいようこう はつでん、Photovoltaics"photovoltaic"という語は本来は太陽光発電パネルの動作原理である「光起電力(光電効果)の」「光起電力に関する」という意味の形容詞であるが、語尾を"-ics"とした"photovoltaics"という語は太陽光発電を指す名詞として使用されている 、Solar photovoltaics、略してPVとも)は、太陽光を太陽電池を用いて直接的に電力に変換する発電方式である。ソーラー発電、大規模な太陽光発電所はメガソーラーとも呼ばれる。再生可能エネルギーである太陽エネルギーの利用方法の1つである。この項では発電方式としての太陽光発電について記載する。.

新しい!!: インドと太陽光発電 · 続きを見る »

外交

外交(がいこう、diplomacy)とは、国家間の国際関係における交渉のことで、関連するさまざまな政治活動を指す。一般に、外交官や首相などの国家の代表と、外国の代表とが国際社会における問題に対応している。 外交戦略に基づき立案される政策を外交政策、または実際に二国間ないし多国間で行われる具体的な国家間交渉を外交交渉という。.

新しい!!: インドと外交 · 続きを見る »

外務大臣 (日本)

外務省庁舎 外務大臣(がいむだいじん、)は、日本の外交を担当し、外務省を所管する国務大臣。略称は外相(がいしょう)。現在の外務大臣は、河野太郎(第138代)。.

新しい!!: インドと外務大臣 (日本) · 続きを見る »

外務省

外務省(がいむしょう、Ministry of Foreign Affairs、略称:MOFA)は、日本の行政機関の一つである。 外務省設置法第3条により、「平和で安全な国際社会の維持に寄与するとともに主体的かつ積極的な取組を通じて良好な国際環境の整備を図ること並びに調和ある対外関係を維持し発展させつつ、国際社会における日本国及び日本国民の利益の増進を図ること」を任務とする。.

新しい!!: インドと外務省 · 続きを見る »

外国人

外国人(がいこくじん)は、特定の国家からみて、当該国家の国籍を有しない者のこと。外人(がいじん)とも呼ばれる。.

新しい!!: インドと外国人 · 続きを見る »

外科学

外科学(げかがく、英: surgery)は、手術によって創傷および疾患の治癒を目指す臨床医学の一分野である。外科学は外科的手法を用いる全ての分野を包括する基礎となる学問である。 対照的に内科学がある。.

新しい!!: インドと外科学 · 続きを見る »

奴隷王朝

奴隷王朝(どれいおうちょう、Slave Dynasty)またはマムルーク・スルターン朝(سلطنت مملوک 転写:Sulṭanat Mamluk、Mamluk Sultanate)は、北インドを支配したデリー・スルターン朝最初のトルコ系イスラーム王朝(1206年 - 1290年)。首都はデリー。.

新しい!!: インドと奴隷王朝 · 続きを見る »

学問

学問(がくもん)とは、一定の理論に基づいて体系化された知識と方法であり、哲学や歴史学、心理学や言語学などの人文科学、政治学や法律学などの社会科学、物理学や化学などの自然科学などの総称。英語ではscience(s)であり、science(s)は普通、科学と訳す。なお、学問の専門家を一般に「学者」と呼ぶ。研究者、科学者と呼ばれる場合もある。.

新しい!!: インドと学問 · 続きを見る »

学習指導要領

学習指導要領(がくしゅうしどうようりょう)は、文部科学省が告示する初等教育および中等教育における教育課程の基準である。.

新しい!!: インドと学習指導要領 · 続きを見る »

宗主国

宗主国(そうしゅこく)とは、実際の権力は対等もしくは逆転しているが格式や権威において上下関係を有するか、または格式や名目上の権威においては対等だが権限範囲において上下関係を有する諸国において、その最上位にあって他の関係諸国を下位とする国である。.

新しい!!: インドと宗主国 · 続きを見る »

宗教

宗教(しゅうきょう、religion)とは、一般に、人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念であり『世界大百科事典』 231頁。、また、その観念体系にもとづく教義、儀礼、施設、組織などをそなえた社会集団のことである。 。.

新しい!!: インドと宗教 · 続きを見る »

安倍晋三

安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年(昭和29年)9月21日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(9期)、第90代・第96代・第97代・第98代内閣総理大臣、第21代・第25代自由民主党総裁。.

新しい!!: インドと安倍晋三 · 続きを見る »

寡占

寡占(かせん、)とは、市場の形態の一つで、ある商品やサービスに係る市場が少数の売り手(寡占者、寡占企業)に支配されている状態のこと。少数が1社だけである場合は独占、2社ならば複占という。なお、買手側が寡占の場合(買手寡占)も存在する。 このような市場では売り手側の参加者は事実上少数なので、寡占企業はそれぞれ、他の寡占企業の動向に影響を与えることができる。.

新しい!!: インドと寡占 · 続きを見る »

対テロ戦争

対テロ戦争(たいテロせんそう、War on Terrorism または )は、アメリカ同時多発テロ事件を引き金とした、アメリカ合衆国政府とそれに与する政府の有志連合による、国内外における外交、軍事作戦、金融、犯罪捜査、国土防衛、人道支援を通じたテロリズムとの戦いである。正式名はテロとのグローバル戦争()と呼び、第三次世界大戦やテロとの戦いとも呼ばれた。.

新しい!!: インドと対テロ戦争 · 続きを見る »

対面交通

車両の右側通行を行っている地域 左側通行(日本) 右側通行(カナダ) 対面交通(たいめんこうつう)とは、自動車と歩行者とが対面して通行することをいう。これによって、自動車と歩行者とが相互を認識しながら通行することができるので、自動車が普及している社会においては法制化されている。.

新しい!!: インドと対面交通 · 続きを見る »

小売

小売(こうり、retail リテール)とは、生産者や卸売業者から購入した(仕入れた)商品を、最終消費者に販売すること。 小売を行う業者を小売業者(こうりぎょうしゃ、retailer リテーラー)と呼ぶ。.

新しい!!: インドと小売 · 続きを見る »

小選挙区制

小選挙区制(しょうせんきょくせい)とは、1選挙区ごとに1名のみを選出する選挙制度である。.

新しい!!: インドと小選挙区制 · 続きを見る »

小泉純一郎

小泉 純一郎(こいずみ じゅんいちろう、1942年〈昭和17年〉1月8日 - )は、日本の政治家。 衆議院議員(12期)、厚生大臣(第69・70・81代)、郵政大臣(第55代)、内閣総理大臣(第87・88・89代)、自由民主党総裁(第20代)などを歴任した。.

新しい!!: インドと小泉純一郎 · 続きを見る »

蓼科山 山(やま)とは、周囲よりも高く盛り上がった地形や場所のことを言い、平地と比べ、傾斜した地形から成る。また、地形学では丘陵や台地よりも高度や起伏が大きいものを指す。.

新しい!!: インドと山 · 続きを見る »

崩御

崩御(ほうぎょ)は、天皇、皇帝、国王、太皇太后、皇太后、皇后、君主等の死亡を表す敬語。.

新しい!!: インドと崩御 · 続きを見る »

差別

差別(さべつ)とは、特定の集団や属性に属する個人に対して特別な扱いをする行為である。それが優遇か冷遇かは立場によって異なるが、通常は冷遇、つまり正当な理由なく不利益を生じさせる行為に注目する。国際連合は、「差別には複数の形態が存在するが、その全ては何らかの除外行為や拒否行為である。」としている。.

新しい!!: インドと差別 · 続きを見る »

差別化戦略

差別化戦略(さべつかせんりゃく)とは、マイケル・ポーターによって提唱された競争戦略のうちの一つで、特定商品(製品やサービスを含む)における市場を同質とみなし、競合他社の商品と比較して機能やサービス面において差異を設けることで、競争上の優位性を得ようとすることである。.

新しい!!: インドと差別化戦略 · 続きを見る »

上海協力機構

上海協力機構(シャンハイきょうりょくきこう、上海合作组织、Шанхайская организация сотрудничества)は、中華人民共和国・ロシア・カザフスタン・キルギス・タジキスタン・ウズベキスタン・インド・パキスタンの8か国による多国間協力組織、もしくは国家連合。面積と人口では世界最大の地域協力組織である。2001年6月15日、中国の上海にて設立されたために「上海」の名を冠するが、本部(事務局)は北京である。.

新しい!!: インドと上海協力機構 · 続きを見る »

不可触民

不可触民(ふかしょくみん)とは、カースト制度(ヴァルナ・ジャーティ制)の外側にあって、インドのヒンドゥー教社会において差別されてきた人々である。インド憲法では、スケジュールド・カースト()と呼称する。 現在では、1950年に制定されたインド憲法17条により、不可触民を意味する差別用語は禁止、カースト全体についてもカーストによる差別の禁止も明記している。 アチュート、アンタッチャブル、アウトカーストもしくはアヴァルナと呼ばれ、不可触民は自分たちをダリットと呼ぶのを好んだ山際 (1981) p.60。 またインド憲法第341条により、大統領令で州もしくはその一部ごとに指定された諸カースト(不可触民)の総称として、スケジュールド・カースト(指定カースト)と呼称し、留保制度により、公共機関や施設が一定割合(約25%)で優先的雇用機会を与えられ、学校入学や奨学金制度にも適用される。.

新しい!!: インドと不可触民 · 続きを見る »

両院制

両院制(りょういんせい)とは、「立法府」が独立して活動する二つの「議会」ないし「議院」によって構成される政治制度。二院制(にいんせい)とも言う。対照的な制度に一院制がある。.

新しい!!: インドと両院制 · 続きを見る »

中印国境紛争

right 中印国境紛争(ちゅういんこっきょうふんそう、英語:Sino-Indian Border Conflict、簡体字:中印边境战争)は、中華人民共和国とインドの国境問題により、1962年に中華人民共和国とインドの間に生じた紛争。.

新しい!!: インドと中印国境紛争 · 続きを見る »

中ソ対立

中ソ対立(ちゅうそたいりつ,Советско–китайский раскол)とは、1950年代後半から表面化した中華人民共和国とソビエト連邦の対立状態である。イデオロギー、軍事対立、政治に至るまで広がった。.

新しい!!: インドと中ソ対立 · 続きを見る »

中国人

中国人(ちゅうごくじん)とは、ユーラシア大陸東部に存在する地域としての中華圏、またはそれに根ざした国家、民族などにまつわる多数の意味を持つ広範な概念上の呼称であり、さまざまな場所、あるいは立場上により全て異なる概念になることがある。.

新しい!!: インドと中国人 · 続きを見る »

中等教育

中等教育(ちゅうとうきょういく、Secondary education)とは、学校教育を、主に人の発達段階(年齢)に応じ初等教育、中等教育、第3期の教育(高等教育)の3段階に分ける考え方での第2段階のことである。初等教育と高等教育をつなぐ年代を指す。 国際連合教育科学文化機関 (UNESCO) が策定する国際標準教育分類 (ISCED) は、前期中等教育(ぜんきちゅうとうきょういく、Lower secondary education)をレベル2、後期中等教育(こうきちゅうとうきょういくUpper secondary education)をレベル3として分類している。.

新しい!!: インドと中等教育 · 続きを見る »

中華人民共和国

中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく、中华人民共和国、中華人民共和國、People's Republic of China, PRC)、通称中国(ちゅうごく、China)は、東アジアに位置する主権国家である。 中華人民共和国は、13億8千万人以上の人口で世界一人口が多い国である。中華人民共和国は、首都北京市を政庁所在地とする中国共産党により統治されるヘゲモニー政党制である。.

新しい!!: インドと中華人民共和国 · 続きを見る »

中華料理

中華料理(中國菜/中国菜、 チョングオツァイ)は、中国で食べられてきた料理、またはその技法や調味料を使用して作られた料理。中国においても、地方ごとに食材も異なり、調理法や味付けも地域差が大きい。日本を含め世界的に広く普及し、また現地化も進んでいる。.

新しい!!: インドと中華料理 · 続きを見る »

七人の侍

『七人の侍』(しちにんのさむらい)は、1954年(昭和29年)4月26日に公開された日本映画である。東宝製作・配給。監督は黒澤明、主演は三船敏郎と志村喬。モノクロ、スタンダード・サイズ、207分。 当時の通常作品の7倍ほどに匹敵する製作費をかけ、何千人ものスタッフ・キャストを動員、1年余りの撮影期間がかかったが、興行的には成功し、700万人の観客動員を記録した。日本の戦国時代(劇中の台詞によると1586年)を舞台とし、野武士の略奪により困窮した百姓に雇われる形で集った7人の侍が、身分差による軋轢を乗り越えながら協力して野武士の一団と戦う物語。 黒澤明が初めてマルチカム方式(複数のカメラで同時に撮影する方式)を採用し、望遠レンズを多用した。ダイナミックな編集を駆使して、豪雨の決戦シーン等迫力あるアクションシーンを生み出した。さらにその技術と共に、脚本、綿密な時代考証等により、アクション映画・時代劇におけるリアリズムを確立した。 黒澤明が尊敬するジョン・フォードの西部劇から影響を受け、この作品自体も世界の映画人・映画作品に多大な影響を与えた。1960年にはアメリカ合衆国で『荒野の七人』として、2016年には『マグニフィセント・セブン』としてリメイクされている。ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞受賞。.

新しい!!: インドと七人の侍 · 続きを見る »

世俗主義

世俗主義(せぞくしゅぎ、secularism)、または、俗権主義(ぞくけんしゅぎ) とは、ラテン語で「現世的」「世俗的」を意味する「サエクラリス」(saecularis)に由来する語・概念であり、.

新しい!!: インドと世俗主義 · 続きを見る »

世界の国一覧表

『世界の国一覧表』(せかいのくにいちらんひょう)は、日本でかつて年1回発行されていた、世界各国の諸情報を掲載したデータブックである。.

新しい!!: インドと世界の国一覧表 · 続きを見る »

世界銀行

世界銀行(せかいぎんこう、World Bank, WB)は、各国の中央政府または同政府から債務保証を受けた機関に対し融資を行う国際機関。当初は国際復興開発銀行を指したが、1960年に設立された国際開発協会とあわせて世界銀行と呼ぶ。国際通貨基金と共に、第二次世界大戦後の金融秩序制度の中心を担う。本部はアメリカ合衆国ワシントンD.C.。加盟国は189ヶ国。.

新しい!!: インドと世界銀行 · 続きを見る »

世界遺産

世界遺産(せかいいさん、World Heritage Site)は、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて世界遺産リスト(世界遺産一覧表)に登録された、文化財、景観、自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件のことで、移動が不可能な不動産が対象となっている。なお、慣例的な用法として、その中の文化遺産を世界文化遺産、自然遺産を世界自然遺産と呼ぶことがある。 なお、世界遺産の制度では正式な文書は英語とフランス語で示され、日本語文献では英語が併記されることがしばしばある一方、フランス語が併記されることは普通ないため、以下では参照しやすさを考慮して、などに依拠して、主たる用語には英語を併記しておく。.

新しい!!: インドと世界遺産 · 続きを見る »

世界金融危機 (2007年-)

2006年1月–2008年11月までのダウ平均 世界金融危機(せかいきんゆうきき、Global Financial Crisis)とは、サブプライムローン問題(サブプライム住宅ローン危機)を発端とした2007年のアメリカの住宅バブル崩壊から連鎖的に発生した2008年のリーマン・ショック等を含む、一連の国際的な金融危機のことである。この経済不況の世界的連鎖は世界経済危機、世界金融崩壊、世界金融不況、世界同時不況、第二次世界恐慌などとも呼ばれる。 2008年9月29日にアメリカ合衆国下院が緊急経済安定化法案を一旦否決したのを機に、ニューヨーク証券取引市場のダウ平均株価は史上最大の777ドルの暴落を記録した。金融危機はヨーロッパを中心に各国に連鎖的に広がり、さらに10月6日から10日まではまさに暗黒の一週間とも呼べる株価の暴落が発生し、世界規模の恐慌への発展が危惧されている。日本でも日経平均株価が暴落したほか、生命保険会社の大和生命保険が破綻した。 ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマンは2009年1月に、生産、金融、消費の世界的な縮小状況について「これは実に第二次世界恐慌(Second Great Depression)の始まりのように思われる」と評した。また、国際通貨基金(IMF)のドミニク・ストロス=カーン専務理事(当時)は2009年2月に非公式のコメントとして「(日本を含む先進各国は)既に恐慌の状態にある」と述べた。.

新しい!!: インドと世界金融危機 (2007年-) · 続きを見る »

三角貿易

三角貿易(さんかくぼうえき、英: triangular trade)とは、主に3つの国や地域が関係している貿易構造のこと。.

新しい!!: インドと三角貿易 · 続きを見る »

三色旗

三色旗(さんしょくき)とは、三色で構成された旗のこと。トリコロール(tricolore、tricolore、Tricolor)とも呼ばれる。 トリコロールといった場合、最も著名なものはフランスの国旗である。最も古い三色旗は、オランダの国旗であり、16世紀から用いられている。変形として、三色旗の中央に紋章を入れているものもある。.

新しい!!: インドと三色旗 · 続きを見る »

一人っ子政策

一人っ子政策(ひとりっこせいさく、)では、中華人民共和国における人口政策である。とりわけ1979年から2015年まで導入された厳格な人口削減策(計画生育政策、、)を指し、2014年から緩和されている。.

新しい!!: インドと一人っ子政策 · 続きを見る »

九州国際大学

1950年に八幡大学として設置され、1989年現在の校名へ変更された。.

新しい!!: インドと九州国際大学 · 続きを見る »

平和

平和(へいわ)は、戦争や内戦で社会が乱れていない状態。.

新しい!!: インドと平和 · 続きを見る »

平和五原則

平和五原則(へいわごげんそく、英:Five Principles of Peaceful Coexistence、Panchsheel、Pancha Sila)とは、中国の周恩来首相とインドのネルー首相の会談に基づき1954年に合意された、一般の国際関係における原則を内容とする文書。 以下の5項目からなる。.

新しい!!: インドと平和五原則 · 続きを見る »

平凡社ライブラリー

平凡社ライブラリー(へいぼんしゃライブラリー)は、平凡社が刊行する叢書レーベルである。.

新しい!!: インドと平凡社ライブラリー · 続きを見る »

乗り物

乗り物 乗り物(のりもの、vehicle)とは、人を乗せて移動するもの大辞泉「乗り物」。馬車、籠、汽車、電車、自動車、船、飛行機、人力車 等々の総称。語としては「乗り物」で交通機関を指すことも。 英語の「vehicle ヴィーィクル」の語源は、フランス語の「véhicule ヴェイキュール」が17世紀に英語に入ったものであり、さらにその語源はラテン語の「vehiculum ウェヒクルム」であり、これは「vehere ウェヘレ」(「運ぶ」)という動詞の派生語である。ドイツ語の「ファールツォイク」(Fahrzeug)でも総称であるが、生物を含まない、道具としての「乗り物」を指す。なお vehicle は、さらにはヒトが乗れないため「乗り物」ではない無人機(:en:Uncrewed vehicle)を含む移動する機器類一般(の、どれか)を、指す場合もある。 「輸送機器」「輸送(用)機械」などといった類義語もあるが、これらの語はしばしば、ヒトの移動を目的とする「乗り物」よりもむしろ貨物が移動することに焦点があてられている。.

新しい!!: インドと乗り物 · 続きを見る »

亡命

亡命(ぼうめい)とは、主に政治的な事情により政治家や軍人、学者やスパイなどが他国に逃れることを意味する。また、亡命してきた志士・名士を亡命客と呼ぶ。.

新しい!!: インドと亡命 · 続きを見る »

京都市

京都タワーと京都中心部 京都市中心部四条河原町 京都市(きょうとし )は、京都府南部に位置し、同府最大の市で、府庁所在地である。政令指定都市に指定されており、11区を置く。日本の市で8番目の人口を有する。延暦十三年(794年)から明治二年(1869年)までの1,000年以上にわたって日本の都が置かれていたため、古都として認識されている。.

新しい!!: インドと京都市 · 続きを見る »

人工衛星

GPS衛星の軌道アニメーション 人工衛星(じんこうえいせい)とは、惑星、主に地球の軌道上に存在し、具体的な目的を持つ人工天体。地球では、ある物体をロケットに載せて第一宇宙速度(理論上、海抜0 mでは約 7.9 km/s.

新しい!!: インドと人工衛星 · 続きを見る »

人種差別

人種差別(じんしゅさべつ、racial discrimination)とは、人間を人種や民族、国籍、地域において、その特定の人々に対して嫌がらせ、暴力やいじめなどの行為や差別をすることである。世界的、歴史的に、各種の事例が存在している。 差別的思想を持つ者のことを「racist(レイシスト)」(race:人種、racist「人種差別主義者」)と称す場合もある。 南アフリカ共和国におけるかつての人種差別政策については、「アパルトヘイト」も参照。.

新しい!!: インドと人種差別 · 続きを見る »

広島市

広島市(ひろしまし)は日本の広島県の都市。政令指定都市であり、同県の県庁所在地。中国地方の中南部、広島県西部(安芸国)に位置し、中国・四国地方で最大の人口を有する市でもある。.

新しい!!: インドと広島市 · 続きを見る »

広島市への原子爆弾投下

*.

新しい!!: インドと広島市への原子爆弾投下 · 続きを見る »

予算

予算(よさん)とは、収入や支出の計画広辞苑第六版【予算】、また、一会計年度における(中央政府や地方政府の)歳入・歳出の計画。 日本語の「予算」には一定期間の収入と支出の予定や計画という意味があり、政府だけでなく企業や家計といった経済主体でも策定される。予算には、中央政府や地方政府などが歳入や歳出に関して編成する公会計のものと、企業などが収入や支出に関して編成する私会計のものとがある。一方、英語のバジェット(budget)は、もともと予算書を入れる革鞄を語源としており、一般的には政府が策定する強制力に裏打ちされた拘束力のある文書をいう。.

新しい!!: インドと予算 · 続きを見る »

仏教

仏教寺院 仏教(ぶっきょう、旧字体:佛敎、サンスクリット:बौद्धधर्मः 、Buddhism)は、インドの釈迦(ゴータマ・シッダッタ、もしくはガウタマ・シッダールタ、ゴータマ・シッダールタ)を開祖とする宗教である。キリスト教・イスラム教と並んで、日本では出版点数の多い宗教の一つに数えられる。仏陀(仏、目覚めた人)の説いた教えである。 その教義は、苦しみの輪廻から解脱することを目指している。原因と結果の理解に基づいており、諸々の現象が縁起するとされる。 仏教は仏、その教えである法、その実践者である僧からなる三宝を中心に組織されている。実践における戒定慧の三学は、戒律、心を集中する禅定、ものごとの縁起を観察する智慧であり、後ろ二つは併せて止観とも呼ばれる仏教の瞑想法である。実践にて重要となる能力は六波羅蜜や八正道のように、いくつかの方法でまとめらている。 紀元前450年ごろに、インドで開始された仏教は、今では初期仏教として研究されている。釈迦は、他の苦行などの実践者の主張であるアートマン(真我)の存在を否定して無我とした。釈迦の死後数百年で部派仏教が生まれ、大きく大衆部と上座部とに、さらに細かく分かれたが、今なお大きな勢力として続いているのは南伝した上座部仏教であり、初期の教えを模範としている。紀元前の終わりごろには北伝し日本にも伝わることになる大乗仏教が開始され、教義や団体は多彩に発展しており、禅の瞑想法の様々、チベットや日本の真言宗に残る密教、一方で浄土信仰のような信仰形態の変化など多様である。『日本書紀』によれば仏教が伝来したのは飛鳥時代552年(欽明天皇13年)である(日本の仏教)。.

新しい!!: インドと仏教 · 続きを見る »

建築

建築(けんちく)とは、人間が活動するための空間を内部に持った構造物を、計画、設計、施工そして使用するに至るまでの行為の過程全体、あるいは一部のこと。また、そのような行為によって作られた構造物そのものを指すこともある。後者は建築物とも呼ばれる。.

新しい!!: インドと建築 · 続きを見る »

会社

会社(かいしゃ)は、日本法上、株式会社、合同会社、合名会社および合資会社をいう。また、外国法における類似の概念(イギリスにおけるcompanyなど)の訳語としても用いられる。 本稿では、日本法上の会社に加え、それに類似する各国の企業形態についても記述する。.

新しい!!: インドと会社 · 続きを見る »

伝統

伝統(でんとう)は、信仰、風習、制度、思想、学問、芸術などの様々な分野において、古くからのしきたり・様式・傾向、血筋、などの有形無形の系統を受け伝えることをいう。.

新しい!!: インドと伝統 · 続きを見る »

伝承

伝承(でんしょう、folklore、tradition populaire)は、ある集団のなかで古くからある慣習や風俗、信仰、伝説、技術や知識などを受け継いで後世に伝えていくこと、もしくは、そのように伝えられた事柄や物を指す。歴史学や民俗学にとって、重要な資料となる。.

新しい!!: インドと伝承 · 続きを見る »

住民

住民(じゅうみん)とは、特定の土地に住む人、もしくは人の集団のことである。 住民は、その土地で行われる習俗、習慣、伝統の行事を維持、保存していく担い手であり、またその土地の開発、発展、事件に直接の利害関係を持つ。その利益が侵害される可能性のある場合には、個人、もしくは集団でその権益を守るための行動を起こすこともある。.

新しい!!: インドと住民 · 続きを見る »

価値観外交

価値観外交(かちかんがいこう)とは、民主主義や人権の尊重などを価値として共有する国家との関係を強化しようという外交方針。「価値の外交」とも。.

新しい!!: インドと価値観外交 · 続きを見る »

徴兵制度

徴兵制度(ちょうへいせいど)とは、国家が国民に兵役に服する義務を課す制度である。徴兵制とも言い、国民国家や国民皆兵の思想とかかわりが深く、志願兵(募兵)制度の対義語である。 北アフリカ諸国の他、ベトナム、イスラエル、ウクライナ、キプロス、韓国、スイス、オーストリア等、CSTOに加盟しているアルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、ロシアなどでは徴兵制が続いているが、冷戦終結後は、西側諸国ではフランス(2002年)、ドイツ(2011年)のように徴兵制度を廃止する国が増え、また、実施している国でも良心的兵役拒否した場合の代替服務を選択可能を導入している場合が大半である。 NATOに加盟している28か国を例にとると、90年代から00年代にかけて冷戦の終結に伴い次々と徴兵制を廃止し、2010年12月時点でNATO加盟国において徴兵制を採用している国はエストニア、トルコ、ギリシャ、デンマーク、ノルウェーの5か国にまで減少している。 徴兵制による国民皆兵武装を基盤として永世中立を掲げるスイスとオーストリアでは国民投票で徴兵制の廃止が否決され、2013年に徴兵制を廃止したウクライナでは、翌年発生したロシアのクリミア侵攻の後に徴兵制が復活するなど、国是や国家を取り巻く情勢によって左右されている状況にある。また、2010年7月に廃止していたスウェーデンでもウクライナと同様に、ロシアの脅威を理由に、2018年1月から新たに女性も対象にした徴兵制が復活することになった AFP(2017年3月3日)2017年3月3日閲覧。 有事の際にかぎり徴兵制を認めている国もあり、常備軍を持たないコスタリカでは、有事の際に徴兵制を実施できることが憲法に明記されている。.

新しい!!: インドと徴兵制度 · 続きを見る »

後漢書

『後漢書』(ごかんじょ)は、中国後漢朝について書かれた歴史書。二十四史の一つ。本紀十巻、列伝八十巻、志三十巻の全百二十巻からなる紀伝体。成立は5世紀南北朝時代の南朝宋の時代で編者は范曄(はんよう、398年 - 445年)。.

新しい!!: インドと後漢書 · 続きを見る »

徒弟

徒弟(とてい、apprenticeship)、見習いとは、商人や職人の職業教育制度であり、若い世代を業務に従事させて(現任訓練、OJT)、時には座学(学校教育や読書など)を行う制度。いわゆる「弟子」も含め、キャリアを構築することが可能であり、公的な技能認定を取得することが可能である。雇用主と契約した期間、継続的な労働に従事することで、それと引き換えに商売や技能を学ぶことができ、一般的な期間としては3-6年間であり、修了した者は一人前の職人として扱われる。 見習い、職人、達人のそれぞれレベル境界線の定義は、ギルドや労働組合といった組織の内部に留まっている。.

新しい!!: インドと徒弟 · 続きを見る »

保険

保険(ほけん)は、偶然に発生する事故(保険事故)によって生じる財産上の損失に備えて、多数の者が金銭(保険料)を出し合い、その資金によって事故が発生した者に金銭(保険金)を給付するための制度。.

新しい!!: インドと保険 · 続きを見る »

医師

医師(いし、doctor)とは、医療および保健指導を司る医療従事者。医学に基づく傷病の予防、診療および公衆衛生の普及を責務とする。 米国では、伝統的に医師は英語で「」と称される。また、専門分野ごとに「内科医 (physician)」と呼ばれたり「外科医 (surgeon)」と呼ばれたりもする。欧米で医師の一般名称「physician」に対して外科医だけが「surgeon」と呼ばれている理由は、中世より「内科学」=「医学」とされており、「内科医」=「医師」であったことによる。「外科医」の仕事は初期の頃は理容師によって行われ、医療補助職として扱われており、現在での義肢装具士や理学療法士等のような存在であったことから、別の名称があてられることになった。すなわち医師である内科医が診察診断を行いその処方に基づいて理髪師(外科医)が外科的治療を薬剤師が内科的治療(投薬)をそれぞれ行うという建前であった。しかし時代が進むにつれ外科医も薬剤師も独自に治療を行うようになり彼らも医者とみなされるようになっていった。その他に、フランス語では médecin(メドゥサン)、ドイツ語では Arzt(アルツト)である。 また、博士の学位を持っていない医師までも doctor と呼ぶことは、日本、英国、オーストラリア、ニュージーランド、等で行われている。ただし、英連邦諸国では、外科医は、学位にかかわらず、今日なお「ミスター」で、「ドクター」とは呼ばない。本来なら「master.

新しい!!: インドと医師 · 続きを見る »

医薬品

リタリン20mg錠。 医薬品(いやくひん)とは、ヒトや動物の疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品。使用形態としては、飲むもの(内服薬)、塗るもの(外用薬)、注射するもの(注射剤)などがある(剤形を参照)。 医師の診察によって処方される処方箋医薬品、薬局で買える一般用医薬品がある。医薬品は治験を行って有効性が示されれば新薬として承認され、新薬の発売から20年の期間が経過したらその特許がきれることで他の会社も販売可能となり、後発医薬品が製造される。 臨床試験による安全性の検証は限られたもので、グローバル化によって超国家的に薬の売り出し(ブロックバスター薬)を行っており、国際化されていない有害反応監視システムが手を打つ前に有害反応(副作用)の影響が広がる可能性がある。.

新しい!!: インドと医薬品 · 続きを見る »

化学品

化学品(かがくひん、英語:chemicals)は、化学的な組成、性質を特徴とする商品。工業原料として用いられることが多いため、工業薬品、化成品などとも呼ばれる。 重曹(炭酸水素ナトリウム)のような粉末で純度の高い単一組成のもののほか、硫酸や液体苛性ソーダの様な水溶液のもの、塗料用ワニス、溶剤、ポリウレタン原料、樹脂コンパウンドの様な混合物として流通しているものもある。また、高圧ガスなどの気体を圧縮したものもある。 ゴムの成型品、塗料、印刷インキ、医薬部外品、医薬中間物、食品添加物、工業用油脂などを、化学品として扱うか、または医薬品など他の分類で扱うか、その範囲は国によって異なる。 *かかくひん かかくひん.

新しい!!: インドと化学品 · 続きを見る »

北宋

北宋(ほくそう、拼音:Bĕisòng、960年 - 1127年)は、中国の王朝。趙匡胤が五代最後の後周から禅譲を受けて建てた。国号は宋であるが、金に開封を追われて南遷した後の南宋と区別して北宋と呼び分けている。北宋期の首都は開封であった。 北宋と南宋とでは華北の失陥という大きな違いがあるが、それでも社会・経済・文化は継続性が強く、その間に明確な区分を設けることは難しい。そこで区分しやすい歴史・制度・国際関係などは北宋・南宋の各記事で解説し、区分しにくい分野を宋で解説することにする。.

新しい!!: インドと北宋 · 続きを見る »

北京市

北京市(ペキンし、、)は、中華人民共和国の首都である。 行政区画上は直轄市であり、中国の華北の中央に位置する。人口は2152万(2014年)であり、中国では上海に次ぐ第二の都市。世界有数のメガシティであり、高い影響力を有する世界都市でもある。古くは大都・燕京・北平とも呼ばれた。.

新しい!!: インドと北京市 · 続きを見る »

北インド

北インド(英語:North India または Northern India、ヒンディー語:उत्तर भारत ラテン文字転写:Uttar Bhārat、شمالی ھندوستان ラテン文字転写:Shumālī Hindustān)は、インドの北半部を大まかに示す地理的概念である。ヒンドゥスターン(Hindustan)とも呼ばれる。文化圏として広く見る場合には現在のインドだけでなく、パキスタンやバングラデシュ、ネパールにもまたがる概念である(地図では黄緑色の部分)。いっぽう同じインド領内でも南インドのほか、北東インドもあまり含まれない。.

新しい!!: インドと北インド · 続きを見る »

北インド教会

北インド教会(きたインドきょうかい、)は北インドで聖公会、長老派教会、会衆派教会、メソジスト教会などが合併してできた、インドでは南インド教会に次いでキリスト教プロテスタントの信徒が多く参加する合同教会である。.

新しい!!: インドと北インド教会 · 続きを見る »

ナノテクノロジー

ナノテクノロジー (nanotechnology) は、物質をナノメートル (nm, 1 nm.

新しい!!: インドとナノテクノロジー · 続きを見る »

ナラシンハ・ラーオ

ナラシンハ・ラーオ(ヒンディー語:नरसिंह राव、テルグ語:పాములపర్తి వెంకట నరసింహారావు、英語:Narasimha Rao、1921年6月28日 - 2004年12月23日)は、インドの政治家。第12代首相。日本では「ナラシマ・ラオ首相」と表記されることが多い。.

新しい!!: インドとナラシンハ・ラーオ · 続きを見る »

ペルシア湾

ペルシャ湾とオマーン湾周辺の地図 ペルシア湾(ペルシアわん、ペルシア語:خلیج فارس khalij-e fārs خلیج پارس Khalij-e Pars)は、イラン、イラク、クウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦、オマーンに囲まれた細長い形状の湾。ペルシャ湾とも呼ぶ。.

新しい!!: インドとペルシア湾 · 続きを見る »

ナレンドラ・モディ

ナレンドラ・ダモダルダス・モディ(नरेन्द्र दामोदरदास मोदी、Narendra Damodardas Modi、1950年9月17日 - )は、インドの政治家、第18代インド首相。前グジャラート州首相。.

新しい!!: インドとナレンドラ・モディ · 続きを見る »

ナレイン・カーティケヤン

マール・ラム・ナレイン・カーティケヤン(Kumar Ram Narain Karthikeyan, タミル語: நாராயண் கார்த்திகேயன், テルグ語: కాకర్ల నారాయణ కార్తికేయన్, 1977年1月14日 - )は、インド人のレーシングドライバー。 日本で現在多く使用される「ナレイン・カーティケヤン」という表記は英語表記に基づいており、現地のタミル語またはテルグ語の音とは異なる。.

新しい!!: インドとナレイン・カーティケヤン · 続きを見る »

ナンダ・デヴィ

ナンダ・デヴィ (Nanda Devi) は、インド第二の高峰で、インドの中に山全体があるものの中では最も高い山である。(カンチェンジュンガはインドとネパールの国境にある)。この地理のため、1808年に西欧人がダウラギリの高さを測るまで世界最高峰だと考えられていた。 主峰と東峰が猫の耳のように見える双耳峰が特徴。.

新しい!!: インドとナンダ・デヴィ · 続きを見る »

ナンダ・デヴィ国立公園と花の谷国立公園

ナンダ・デヴィ国立公園と花の谷国立公園(ナンダ・デヴィこくりつこうえん と はなのたにこくりつこうえん)は、インド北部、ウッタラーカンド州の2つの国立公園を対象とするUNESCOの世界遺産リスト登録物件である。まず1988年にインド第2の高峰ナンダ・デヴィを含むが、その自然美と生物多様性を評価されて単独で登録され、2005年にその価値を強化するものとしてへと範囲が拡張された。また、この2つの国立公園を核心地域(コア・エリア)とする生物圏保護区が、ナンダ・デヴィ生物圏保護区である。.

新しい!!: インドとナンダ・デヴィ国立公園と花の谷国立公園 · 続きを見る »

ナーランダ大学

ナーランダ大学(ナーランダだいがく、、 ナーランダー大学)は、インドビハール州、ナーランダ()中部にある427年に建てられた世界最古の大学の1つ。北部インド仏教の最重要拠点であり、後期以降はヴィクラマシーラ大学()等と共に、インド仏教が終幕を迎えるまでそれを支えた。ナーランダ僧院(ナーランダー僧院)、ナーランダ大僧院(ナーランダー大僧院)、那爛陀寺とも。.

新しい!!: インドとナーランダ大学 · 続きを見る »

ナーグプル

ナーグプル(नागपुर、Nagpur)は、インド中西部のマハーラーシュトラ州の都市で同州の冬の都でもある。面積218平方キロメートル、2011年現在の人口は241万人。.

新しい!!: インドとナーグプル · 続きを見る »

ナガランド州

ナガランド州()は、インドの東部にある州の一つ。 州都はコヒマ、州内最大の都市で経済・交通・軍事の中心となっているのはディマプル。 2011年の人口は197万8502人。.

新しい!!: インドとナガランド州 · 続きを見る »

ナショナリズム

ナショナリズム(nationalism)とは、国家という統一、独立した共同体を一般的には自己の所属する民族のもと形成する政治思想や運動を指す用語。日本語では内容や解釈により民族主義、国家主義、国民主義、国粋主義などとも訳されている。.

新しい!!: インドとナショナリズム · 続きを見る »

ペスト

ペスト(, )とは、ヒトの体にペスト菌(Yersinia pestis 腸内細菌科 通性嫌気性/グラム陰性/無芽胞桿菌)が感染することにより発症する伝染病である。黒死病(, )とも。.

新しい!!: インドとペスト · 続きを見る »

ミャンマー

ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく、ပြည်ထောင်စု သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်、Myanmar)、通称ミャンマー/ビルマは、東南アジアのインドシナ半島西部に位置する共和制国家。独立した1948年から1989年までの国名はビルマ連邦。ASEAN加盟国、通貨はチャット、人口は 5,142万人(2014年)、首都はネピドー(2006年まではヤンゴン)。 南西はベンガル湾、南はアンダマン海に面する。南東はタイ、東はラオス、北東と北は中国、北西はインド、西はバングラデシュと国境を接する。インド東部とミャンマー南西部はベンガル湾をはさみ相対している。 多民族国家で、人口の6割をビルマ族が占め、ビルマ語が公用語である。他に、カレン族、カチン族、カヤー族、ラカイン族、チン族、モン族、ビルマ族、シャン族、北東部に中国系のコーカン族などの少数民族がおり、独自の言語を持つ民族も多い(言語参照)。.

新しい!!: インドとミャンマー · 続きを見る »

ミューチュアル・ファンド

ミューチュアル・ファンド(英語:mutual fund)は、オープンエンド会計の投資会社または投資信託である。.

新しい!!: インドとミューチュアル・ファンド · 続きを見る »

ミュージカル

ミュージカル(英語:musical)とは.

新しい!!: インドとミュージカル · 続きを見る »

ミトコンドリアDNA

ミトコンドリアDNA(みとこんどりあディーエヌエー、mtDNA,mDNA)とは、細胞小器官であるミトコンドリア内にあるDNAのこと。ミトコンドリアが細胞内共生由来であるとする立場から、ミトコンドリアゲノムと呼ぶ場合もある。.

新しい!!: インドとミトコンドリアDNA · 続きを見る »

ミゾラム州

ミゾラム州(Mizoram、मिज़ोरम)は、インドの東部にある州の一つ。その多くは丘陵地帯であり、を多数とするチベット・ビルマ系の諸族が住んでいる。.

新しい!!: インドとミゾラム州 · 続きを見る »

ミゾ語

ミゾ語(ミゾ語:Mizo ṭawng)はクキ・チン諸語に属する言語である。インドのミゾラム州、ミャンマーのチン州、バングラデシュのチッタゴン丘陵地帯に居住するによって話されている。.

新しい!!: インドとミゾ語 · 続きを見る »

ミサイル防衛

ミサイル防衛(ミサイルぼうえい、)または弾道ミサイル防衛(だんどうミサイルぼうえい、)は、主に弾道ミサイルからある特定の区域を防衛すること及びその構想である。敵のミサイルを迎撃するミサイル防衛は時代と共にその名称が変遷して国家の安全保障にとって重要になってきている。 スタンダードミサイル SM-3.

新しい!!: インドとミサイル防衛 · 続きを見る »

マナス国立公園

マナス国立公園は、インドのアッサム州にある国立公園で、トラやゾウの保護区であると同時にユネスコの生物圏保護区や世界遺産(自然遺産)にもなっている。.

新しい!!: インドとマナス国立公園 · 続きを見る »

マハーバリプラム

マハーバリプラム(Mahabalipuram、タミル語:மகாபலிபுரம்)は、インド南部のタミル・ナードゥ州カーンチプラム県に所在し、ベンガル湾に臨むかつての港湾都市。古名はマーマッラプラム。チェンナイ(マドラス)の南約60キロメートルに位置する。.

新しい!!: インドとマハーバリプラム · 続きを見る »

マハーバーラタ

マハーバーラタの作者とされるヴィヤーサ 『マハーバーラタ』(महाभारतम् Mahābhārata)は、古代インドの宗教的、哲学的、神話的叙事詩。ヒンドゥー教の聖典のうちでも重視されるものの1つで、グプタ朝の頃に成立したと見なされている。「マハーバーラタ」は、「バラタ族の物語」という意味であるが、もとは単に「バーラタ」であった。「マハー(偉大な)」がついたのは、神が、4つのヴェーダとバーラタを秤にかけたところ、秤はバーラタの方に傾いたためである。 『ラーマーヤナ』とともにインド二大叙事詩と称され、インド神話を構成する重要な文献の一つある。また、世界3大叙事詩の一つともされる(他の二つは『イーリアス』『オデュッセイア』)。.

新しい!!: インドとマハーバーラタ · 続きを見る »

マハーラーシュトラ州

マハーラーシュトラ州(Maharashtra、महाराष्ट्र、「偉大な国」の意)は、西インドに位置するインドの州のひとつ。人口は約9,700万人。州の公用語はマラーティー語。州都はムンバイ(Mumbai、ボンベイ)。 ムンバイはインドの経済と芸能の中心で、政治の中心であるデリーと国としての機能をわけている。.

新しい!!: インドとマハーラーシュトラ州 · 続きを見る »

マハーヴィーラ

マハーヴィーラ(ヴァルダマーナ)座像(15世紀) マハーヴィーラ(サンスクリット語:Mahāvīra、महावीर、「偉大な勇者」、漢訳仏典では「大雄(大勇)」)は、ジャイナ教の開祖である。 出家以前の名はヴァルダマーナ(サンスクリット語:Vardhamāna、वर्धमान、原義は「栄える者」)であった。クシャトリヤ出身。仏教を開いたガウタマ・シッダールタと同時代の人であり、生存年代には異説も多い(後述「生没年について」)が、一説によれば紀元前549年生まれ、紀元前477年死没とされている。 古代インドの自由思想家であり、仏教の立場からは「六師外道」のひとり、という位置づけになる。.

新しい!!: インドとマハーヴィーラ · 続きを見る »

マハトマ・ガンディー

モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー(グジャラーティー文字表記:મોહનદાસ કરમચંદ ગાંધી、デーヴァナーガリー文字表記: मोहनदास करमचन्द गांधी、ラテン文字表記:Mohandas Karamchand Gandhi、1869年10月2日 - 1948年1月30日)は、インドのグジャラート出身の弁護士、宗教家、政治指導者である。 マハトマ・ガンディー(=マハートマー・ガーンディー)として知られるインド独立の父。「マハートマー(महात्मा)」とは「偉大なる魂」という意味で、インドの詩聖タゴールから贈られたとされているガンディーの尊称である(自治連盟の創設者、アニー・ベザントが最初に言い出したとの説もある)。また、インドでは親しみをこめて「バープー」(बापू:「父親」の意味)とも呼ばれている。なお、インディラ・ガンジーとの血縁性は一切無い。。 1937年から1948年にかけて、計5回ノーベル平和賞の候補になったが、受賞には至っていない。ガンディーの誕生日にちなみ、インドで毎年10月2日は「ガンディー記念日」(गांधी जयंती、ガーンディー・ジャヤンティー)という国民の休日となっており、2007年6月の国連総会では、この日を国際非暴力デーという国際デーとすることが決議された。.

新しい!!: インドとマハトマ・ガンディー · 続きを見る »

ノバルティス

ノバルティス(Novartis International AG)は、スイス・バーゼルに本拠地を置く、国際的な製薬・バイオテクノロジー企業である。スイス証券取引所、ニューヨーク証券取引所上場企業(、)。チバガイギー社とサンド社という、スイスを拠点とする製薬会社2社の合併によって1996年に設立された。 社名のノバルティスは、「新しい」("Nova")と、「芸術、技術」("Artis")の組み合わせによる造語である。フォーチュン誌の「世界で最も称賛される企業2013」において、3年連続で医薬品企業No.1に選ばれている。 以下ではノバルティスの医薬品事業における日本法人である、ノバルティスファーマ株式会社(Novartis Pharma K.K.)についても併せて記述する。.

新しい!!: インドとノバルティス · 続きを見る »

マラヤーラム語

マラヤーラム語(マラヤーラムご、マラヤーラム語: മലയാളം)は、南インドのケーララ州などで話される言語である。インド憲法で認められている22の公用語のうちの一つであり、話者は約3,570万人。マラヤラム語を話す人々は マラヤーリ と呼ばれる。 マラヤーラム語はドラヴィダ語族に属する。言語の基本構造と正書法は、ともにタミル語によく似ている。マラヤーラム語は、独自の文字マラヤーラム文字をもっている。.

新しい!!: インドとマラヤーラム語 · 続きを見る »

マラーティー語

マラーティー語 (मराठी、Marathi, Marāṭhī) は、インド・ヨーロッパ語族のインド・アーリア語派に属し、インド西部のマハーラーシュートラ州の公用語である。またインド連邦レベルでも憲法の第8付則に定められた22の指定言語のひとつである。この言語を話す人々はマハーラーシュートラ州だけでなく、隣接するゴア州、グジャラート州、アーンドラ・プラデーシュ州などにも多数居住し、全体で、9,000万人ほどの言語使用者がいると算定されている『世界のことば小事典』「マラーティー語」項目。。マラータ語、マラーター語ともよぶ。.

新しい!!: インドとマラーティー語 · 続きを見る »

マラーター同盟

マラーター同盟(マラーターどうめい、英語:Maratha Confederacy、1708年 - 1818年)は、中部インドのデカン高原を中心とした地域に、マラーター王国及びマラーター諸侯(サルダール)によって結成された連合体。マラーター連合(マラーターれんごう)とも呼ばれる。 18世紀にムガル帝国の衰退に乗じて独立し、一時はインドの覇権を握った。だが、同紀末から19世紀初頭にかけて、インド全域に勢力を伸ばすイギリス東インド会社との3度のマラーター戦争で敗れ、解体した。その領土はイギリス東インド会社の直接支配下に入り、諸侯の領土は藩王国に編成された。.

新しい!!: インドとマラーター同盟 · 続きを見る »

マラーター戦争

マラーター戦争(マラーターせんそう、Anglo-Maratha Wars)とは、イギリス東インド会社とインドの大部分を支配していたマラーター同盟(マラーター王国)との間に起った三次にわたる戦争。.

新しい!!: インドとマラーター戦争 · 続きを見る »

マラッカ王国

マラッカ王国(、)は、15世紀から16世紀初頭にかけてマレー半島南岸に栄えたマレー系イスラム港市国家(1402年 - 1511年)。漢籍史料では満刺加と表記される。16世紀初頭にマラッカに滞在し、『』を著したポルトガル人によれば、「マラッカ」の語源は「隠れた逃亡者」に由来するとされている。マレー半島という交易において重要な位置に立地していたことが国家の形成に多大な影響を与え、香料貿易の中継港としてインド、中東からイスラム商船が多数来航し、東南アジアにおけるイスラム布教の拠点ともなった。 当初から中国・明王朝の忠実な朝貢国であり、同時期に交易国家として繁栄した琉球王国とも通好があった。.

新しい!!: インドとマラッカ王国 · 続きを見る »

マルコ・ポーロ

マルコ・ポーロ(Marco Polo、1254年 - 1324年1月9日)は、ヴェネツィア共和国の商人であり、ヨーロッパへ中央アジアや中国を紹介した『東方見聞録』(写本名:『イル・ミリオーネ (Il Milione)』もしくは『世界の記述 (Devisement du monde)』) を口述した冒険家でもある。.

新しい!!: インドとマルコ・ポーロ · 続きを見る »

マレー半島

マレー半島(マレーはんとう、Malay Peninsula、マライ半島とも)は、アジア大陸の東南端に位置する半島である。南北に細長く、アジア大陸の最南端箇所を有する。マレー半島の南西沖に、マラッカ海峡で隔て、スマトラ島が位置する。半島の東方にはボルネオ島(カリマンタン島)がある。半島の最も狭い部分はクラ地峡である。 もとはスンダ列島とともに大スンダ大陸を形成しており、その頃からの生物では、島嶼部からマレー半島にかけて生息しているような例が多い。.

新しい!!: インドとマレー半島 · 続きを見る »

マレーシア

マレーシア(ジャウィ語: مليسيا、Malaysia、Malaysia)は、東南アジアのマレー半島南部とボルネオ島北部を領域とする連邦立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国である。タイ、インドネシア、ブルネイと陸上の国境線で接しており、シンガポール、フィリピンと海を隔てて近接する。ASEANの一員。.

新しい!!: インドとマレーシア · 続きを見る »

マンチェスター

マンチェスター (IPA) は、イングランドの北西部、グレーター・マンチェスターに位置する都市。北部イングランドを代表する都市であり、イギリスで9番目の都市である。1853年にが布かれ、2011年の時点で、マンチェスター(都市と都市バラ)の人口は49万人である。2011年の近郊を含む都市圏人口は224万人であり、同国第3位である。.

新しい!!: インドとマンチェスター · 続きを見る »

マンモハン・シン

マンモハン・シン(英語:Manmohan Singh、ヒンディー語:मनमोहन सिंह、パンジャーブ語:ਮਨਮੋਹਨ ਸਿੰਘ、1932年9月26日 - )はインドの政治家、経済学者。第17代首相。.

新しい!!: インドとマンモハン・シン · 続きを見る »

マンゴー

マンゴー(檬果、芒果、学名: Mangifera indica)は、ウルシ科マンゴー属の果樹、またその果実。菴羅(あんら)、菴摩羅(あんまら)ともいう。マンゴーの栽培は古く、紀元前のインドで始まっており、仏教では、聖なる樹とされ、ヒンドゥー教では、マンゴーは万物を支配する神「プラジャーパティ」の化身とされている。.

新しい!!: インドとマンゴー · 続きを見る »

マールワール

マールワール(ヒンディー語:मारवाड़、英語:Marwar)は、インドのラージャスターン州、現在のジョードプル県、ナーガウル県、パーリー県、バールメール県、ジャーロール県。 マールワールの語はサンスクリット語の'Maruwat'に由来している。.

新しい!!: インドとマールワール · 続きを見る »

マールワール王国

マールワール王国(マールワールおうこく、ヒンディー語:मारवाड़、英語:Marwar Kingdom)は、インドのラージャスターン地方に存在したヒンドゥー王朝(13世紀 - 1947年)。軍事保護条約締結後はジョードプル藩王国とも呼ばれる。.

新しい!!: インドとマールワール王国 · 続きを見る »

ノーベル賞

ノーベル賞(ノーベルしょう)は、ダイナマイトの発明者として知られるアルフレッド・ノーベルの遺言に従って1901年から始まった世界的な賞である。物理学、化学、生理学・医学、文学、平和および経済学の「5分野+1分野」で顕著な功績を残した人物に贈られる。 経済学賞だけはノーベルの遺言にはなく、スウェーデン国立銀行の設立300周年祝賀の一環としてノーベルの死後70年後にあたる1968年に設立されたものであり、ノーベル財団は「ノーベル賞ではない」としているが、一般にはノーベル賞の一部門として扱われることが多い。.

新しい!!: インドとノーベル賞 · 続きを見る »

ノーベル文学賞

ノーベル文学賞(ノーベルぶんがくしょう、Nobelpriset i litteratur)はノーベル賞6部門のうちの一つ。文学の分野において理念をもって創作し、最も傑出した作品を創作した人物に授与される。原則として定数1名のみ受賞されるが、これまでに1904年のフレデリック・ミストラル、ホセ・エチェガライ・イ・アイサギレや1917年のカール・ギェレルプ、ヘンリク・ポントピダン、1966年のシュムエル・アグノン、ネリー・ザックス、1974年のエイヴィンド・ユーンソン、ハリー・マーティンソンが2人同時受賞となっている。.

新しい!!: インドとノーベル文学賞 · 続きを見る »

マーズ・オービター・ミッション

マーズ・オービター・ミッション(Mars Orbiter Mission:MOM)はインド宇宙研究機関による火星探査計画である。火星を長楕円軌道で周回しつつ5つの搭載機器で観測を行う計画であり、その周回探査機は非公式の愛称としてMangalyaan(マンガルヤーン「火星の乗り物」)と呼ばれている。.

新しい!!: インドとマーズ・オービター・ミッション · 続きを見る »

マッロイ戦役

マッロイ戦役とは紀元前326年の11月から紀元前325年2月の間にアレクサンドロス3世によって行われたパンジャーブ地方への遠征である。アレクサンドロスは遠征の限界を判断し、ヒュダスペス川を下りながらイセスシネス川(現在のジェラム川とシェナブ川)を目指していたが、マッロイ人とオクシュドラカイ人は共同でマケドニア軍によるこの地域の進軍を拒否した。アレクサンドロスは現地の軍との邂逅を避け、この2つの河の間の地域を平定し、速やかにこの戦役を終わらせようとした。アレクサンドロスはこの戦役の中で重傷を置い、命を落としかけた。.

新しい!!: インドとマッロイ戦役 · 続きを見る »

マヒンドラ&マヒンドラ

マヒンドラ&マヒンドラ(Mahindra & Mahindra Limited、略称M&M)は、インドの自動車製造企業。インドのコングロマリットの一つ「マヒンドラ・グループ」の中核企業である。.

新しい!!: インドとマヒンドラ&マヒンドラ · 続きを見る »

マディヤ・プラデーシュ州

マディヤ・プラデーシュ州(、、IPA: 、「中央の州」の意)はインドの中央部にある州の一つ。州都はボーパール。人口は60,385,118人(2001年)。面積は308,144km²で、インドの州では現在2番目の規模であり、2000年にチャッティースガル州が分離するまでは国内最大の面積を占めていた。.

新しい!!: インドとマディヤ・プラデーシュ州 · 続きを見る »

マニプリ語

マニプリ語(マニプリご)はインド北東部のマニプル州の主要な言語である。 メイテイ語、マニプル語、マニプール語、マニプリー語とも表記される。 マニプリ、マニプリーという名称はマニプル州のマニプルという地名が由来である。 マニプル州の公用語の一つであり、インド憲法の第8付則言語の一つでもある。 インドのアッサム州、トリプラ州、バングラデシュ、ミャンマーにも話者がいる。.

新しい!!: インドとマニプリ語 · 続きを見る »

マニプル州

マニプル州(ベンガル文字表記:মণিপুর、英語:Manipur)は、インドの東部にある州の一つ。インドの北東端で、ミャンマーに国境を接する。中心都市インパール。22,327平方キロメートル、2,388,634人。.

新しい!!: インドとマニプル州 · 続きを見る »

マイラン

マイラン(Mylan Inc.、)は、アメリカ合衆国のペンシルベニア州に本拠を置く製薬会社である。主な事業分野は後発医薬品(ジェネリック医薬品)であり、2007年にはドイツの医薬・化学メーカー、メルク(Merck KGaA)からジェネリック医薬品部門を買収して事業を拡大している。 日本法人として、2008年(平成20年)に設立されたマイラン製薬株式会社(東京都港区)、2015年から事業を開始したマイランEPD合同会社(東京都港区)がある。.

新しい!!: インドとマイラン · 続きを見る »

マイティリー語

マイティリー語(マイティリーご、マイティリー語: मैथिली、)は、インド・ヨーロッパ語族、インド・イラン語派、インド語派に属する言語である。ミティラー語、マイティル語ともいう。マイティリーの名前は古代インドのガンジス東部のミティラー王国が由来である。インドビハール州のほか、ネパール南部、タライ平原(マデス地方)で話される。ネパールではネパール語についで話者が多く、国民の12.1%が話している。.

新しい!!: インドとマイティリー語 · 続きを見る »

マイソール戦争

マイソール戦争(マイソールせんそう、タミル語:ஆங்கிலேய-மைசூர்ப் போர்கள், マラヤーラム語:ആംഗ്ലോ-മൈസൂർ യുദ്ധങ്ങൾ, 英語:Anglo-Mysore War)は、18世紀後半、4度に渡って南インドのマイソール王国とイギリス東インド会社との間で行われた戦争である。.

新しい!!: インドとマイソール戦争 · 続きを見る »

マウリヤ朝

マウリヤ朝(マウリヤちょう、Maurya-sāmrājya、紀元前317年頃 - 紀元前180年頃)は、古代インドで栄えたマガダ国に興った王朝である。紀元前317年頃、チャンドラグプタによって建国された。アショーカ王の時に全盛期を迎え、南端部分を除くインド亜大陸全域を統一した。しかしアショーカ王の死後国家は分裂し、紀元前2世紀初頭、シュンガ朝の勃興により滅亡した。.

新しい!!: インドとマウリヤ朝 · 続きを見る »

マカオ料理

マカオ料理(マカオりょうり)は、マカオ特有の郷土料理の一種。主に、広東料理、福建料理など華南の中華料理とポルトガル料理の融合によって成り立った多国籍料理であり、日本、マレーシア、インドなどのアジアの料理を中心に、アフリカを含む本国以外のポルトガル語圏からも大きな影響を受けている片寄眞木子、「中国料理との結合inマカオ」『南蛮料理のルーツを求めて』p93-122、1999年、東京、平凡社、ISBN 4-582-82429-3。.

新しい!!: インドとマカオ料理 · 続きを見る »

マガダ国

マガダ国(ヒンディー語:मगध、Magadha、紀元前413年 - 紀元前395年)は、古代インドにおける十六大国の一つ。ナンダ朝のもとでガンジス川流域の諸王国を平定し、マウリヤ朝のもとでインド初の統一帝国を築いた。王都はパータリプトラ(現パトナ)。.

新しい!!: インドとマガダ国 · 続きを見る »

マケドニア王国

マケドニア王国(Μακεδονικό βασίλειο)は、紀元前7世紀に古代ギリシア人によって建国された歴史上の国家である。現在のギリシャ共和国西マケドニア地方・中央マケドニア地方の全域と、マケドニア共和国南東部ドイラン・ボグダンツィ・ゲヴゲリヤ及び南西部レセン・オフリド各基礎自治体の一部、ブルガリア・ブラゴエヴグラト州のギリシャとの国境地帯、アルバニアのポグラデツ県・コルチャ県・デヴォル県の一部にまたがる地域にあった。北西ギリシア方言群のひとつであるマケドニア方言を話した。.

新しい!!: インドとマケドニア王国 · 続きを見る »

チャンデーラ朝

チャンデーラ朝(チャンデーラちょう、英語:Chandela dynasty)は、9世紀初頭から14世紀初頭にかけて、インド中部のブンデールカンド地方 (現マディヤ・プラデーシュ州)に存在したヒンドゥー王朝。ラージプートの王朝でもある。チャンデッラ朝とも呼ばれる。首都はカーリンジャル、カジュラーホー、マホーバー。.

新しい!!: インドとチャンデーラ朝 · 続きを見る »

チャンディーガル

チャンディーガル(英語:Chandigarh, ヒンディー語:चंडीगढ़, パンジャーブ語:ਚੰਡੀਗੜ੍ਹ)はインド北部の都市。パンジャーブ州ならびにハリヤーナー州の両方の州の州都を兼ねているが、どちらの州からも行政上は独立した連邦直轄領の一つでもある。街の愛称は"City Beautiful"である。 街の名前は、この地のヒンドゥー教寺院で祭られていたチャンディー女神に由来している。 ル・コルビュジエによる都市計画で国際的に知られ、ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレの建築計画が数多く存在し、世界遺産「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」の構成資産ともなっている。 またインド国内で最も高い生活水準および収入水準を誇りとしている。現在、チャンディーガルの西隣にニュー・チャンディーガル計画がある。.

新しい!!: インドとチャンディーガル · 続きを見る »

チャンドラヤーン1号

チャンドラヤーン1号(チャンドラヤーン1ごう、サンスクリット語: चंद्रयान-1、英語: Chandrayaan-1)は、インド宇宙研究機関(ISRO)が、2008年10月22日に打ち上げた月探査機である。チャンドラヤーンはサンスクリットの語彙「チャンドラ(चंद्र)」(月)と「ヤーナ(यान)」(乗り物)による合成語をヒンディー語読みしたものであり、直訳すると「月の乗り物」という意味になる。その搭載機器によって月面における水の存在を確定的とする成果を挙げた。.

新しい!!: インドとチャンドラヤーン1号 · 続きを見る »

チャンドラグプタ (マウリヤ朝)

チャンドラグプタ(चन्द्रगुप्त मौर्य 転写: Chandragupta maurya、漢:旃陀羅堀(掘)多、月護王、? - 紀元前298年頃)は、古代インドのマガダ国に栄えたマウリヤ朝の初代王(在位:紀元前317年頃 - 紀元前298年頃)。ギリシア人の史料にはサンドロクプトス(Σανδρόκυπτος 転写: Sandrókuptos)またはサンドロコットス(Sandrokottos)として記録されている。.

新しい!!: インドとチャンドラグプタ (マウリヤ朝) · 続きを見る »

チャーンパーネール

チャーンパーネール(グジャラート語:ચાંપાનેર, ヒンディー語:चांपानेर/चंपानेर, 英語:Champaner)は、インドのグジャラート州、パーンチマハル県の都市。ヒンディー語ではチャンパーネールとなる場合もある。別名ムハンマダーバードと呼ばれる。.

新しい!!: インドとチャーンパーネール · 続きを見る »

チャッティースガル州

チャッティースガル州(、チャッティースガリー語/ヒンディー語: छत्तीसगढ़、IPA: )はインドの中部にある州の一つ。州都はラーイプル。2011年の人口は2554万5198人で、面積は135,194 km²。2000年にマディヤ・プラデーシュ州から分離した。.

新しい!!: インドとチャッティースガル州 · 続きを見る »

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(マラーティー語:छत्रपती शिवाजी टर्मिनस、英語:Chhatrapati Shivaji Terminus)はインド・ムンバイにある鉄道の駅。ムンバイ近郊鉄道や、他の長距離鉄道も乗り入れている。旧名は「ヴィクトリア・ターミナス駅」 (Victoria Terminus)。名称が長いせいか、「CST」または「VT」と省略した呼び方のほうがムンバイ市民には通りが良い。歴史的な建築として、2004年にユネスコ世界遺産に登録された。.

新しい!!: インドとチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅 · 続きを見る »

チャトラパティ・シヴァージー国際空港

チャトラパティ・シヴァージー国際空港(チャトラパティ・シヴァージーこくさいくうこう、(マラーティー語::छ्त्रपती शिवाजी अंतरराष्ट्रीय विमानतळ、Chhatrapati Shivaji International Airport)は、インド、マハーラーシュトラ州の州都ムンバイにある国際空港でジェットエアウェイズのハブ空港。市内から34km北側にある。空港の名称はマハーラーシュトラ州で英雄視されている17世紀のマラーター王国のチャトラパティ・シヴァージーに由来している(ちなみに、同様の改名がムンバイーの中央駅であるヴィクトリア・ターミナス(チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅)に対しても行われた)。 旧名は「サンタクルズ国際空港」。ここから新国際線ターミナルが隣接地に分離するかたちで新空港が造られた。国内線ターミナルは今日でも「サンタクルズ空港」(Santacruz Airport)と呼ばれる。両港は離着陸に使用する滑走路を共有している。空港間の移動は、航空券を提示すれば無料のシャトルバスが利用できる。 1932年開港。 エア・インディア、Blue Dart Aviation、GoAir、IndiGo、ジェットエアウェイズ、ジェットライト、スパイスジェットがハブ空港として運航している。.

新しい!!: インドとチャトラパティ・シヴァージー国際空港 · 続きを見る »

チャガタイ・ハン国

チャガタイ・ハン国は、13世紀から17世紀にかけて中央アジアに存在した遊牧国家(ウルス)である。 モンゴル帝国の建国者であるチンギス・ハーンの次男チャガタイを祖とし、その子孫が国家の君主として君臨した。14世紀半ばにチャガタイ・ハン国は東西に分裂し、東部のチャガタイ・ハン国はモグーリスタン・ハン国とも呼ばれる。内乱、外部の遊牧勢力の攻撃、スーフィー教団の台頭の末、18世紀末にモグーリスタン王家を君主とする政権は滅亡した。西部のチャガタイ・ハン国ではハンに代わって貴族が実権を握るようになり、地方勢力間の抗争とモグーリスタン・ハン国の侵入を経てティムール朝が形成された。西チャガタイ・ハン国の貴族やティムール朝の創始者ティムールは傀儡のハンを置き、ティムールはチャガタイの弟オゴデイの子孫をハンとしたが、1403年以降はハンを擁立しなかった。 チャガタイ・ハン国の軍事力の基盤となった遊牧民たちは王朝の創始者であるチャガタイの名前から「チャガタイ人」と呼ばれ、「チャガタイ」は中央アジアに存在するモンゴル国家を指す言葉として使われるようになるバルトリド『トルキスタン文化史』1巻、216頁。中央アジアで成立したトルコ系の文語は「チャガタイ語(チャガタイ・トルコ語)」と呼ばれ、ティムール朝の時代に確立される。.

新しい!!: インドとチャガタイ・ハン国 · 続きを見る »

チョーラ朝

チョーラ朝(チョーラちょう、Chola dynasty)は、9世紀から13世紀にかけて、南インドを支配したタミル系のヒンドゥー王朝(846年頃 - 1279年)。首都はタンジャーヴール、。 チョーラ朝の名が付く南インドの地方政権は、シャンガム文学と呼ばれるタミル古典文学にも記述があって、1世紀から3世紀頃にカーヴェーリ河畔のタンジャーヴールよりやや上流のウライユールに首都をおき、全インドを征服したとかセイロン島遠征をして多くの捕虜を連れ帰ったというカリカーラ王の伝承で知られているが、一般的にはパッラヴァ朝の封臣であったがタンジャーヴールに興した王朝のことを指す。なお、シャンガム文献のチョーラ朝とこれから記述するチョーラ朝と関係は不明である。.

新しい!!: インドとチョーラ朝 · 続きを見る »

チベット仏教

チベット仏教(チベットぶっきょう)は、チベットを中心に発展した仏教の一派。チベット仏教は、根本説一切有部律の厳格な戒律に基づく出家制度から、大乗顕教の諸哲学や、金剛乗の密教までをも広く包含する総合仏教である。また、独自のチベット語訳の大蔵経を所依とする教義体系を持ち、漢訳経典に依拠する北伝仏教と並んで、現存する大乗仏教の二大系統をなす。 教義としては、智慧と方便を重視する。インド後期密教の流れを汲む無上ヨーガ・タントラが実践されている。ニンマ派、カギュ派、サキャ派、ゲルク派の4宗派が存在するが、いずれも顕教と密教の併修を柱とする。チベットでは、7世紀から14世紀にかけてインドから直接に仏教を取り入れた。そのため、インド仏教の伝統が途絶える寸前の時代に伝来した後期密教が保存されていることが特徴である。 ラマと呼ばれる高僧、特に化身ラマを尊崇することから、かつては一般にラマ教(喇嘛教、Lamaism)と呼ばれ、ややもすると、仏教とは異質な宗教と見なす向きもあったが、その実態が一般の認識を得るにつれ、ラマ教という呼称は不適切だとして、現在では使用されなくなっている。.

新しい!!: インドとチベット仏教 · 続きを見る »

チベット・ビルマ語派

チベット・ビルマ語派(チベット・ビルマごは)は、シナ・チベット語族の一語派。シナ語派(中国語)とともにこの語族を構成し、。 チベットからヒマラヤ・アッサム・中国南西部・ミャンマー・タイにかけて分布。.

新しい!!: インドとチベット・ビルマ語派 · 続きを見る »

チェンナイ

チェンナイ(、)は、南インドの東側コロマンデル海岸沿いの、ベンガル湾に面するタミル・ナードゥ州の州都。インド有数の世界都市であり、人口は468万人。2011年の都市圏人口は867万人であり、同国第4位である。1996年にマドラス()から正式に改名された。 「南インドの玄関口」「南アジアのデトロイト」「インドの健康首都」「インド銀行業の首都」の異名を持つ。自動車産業、情報技術産業、ビジネス・プロセス・アウトソーシング業が盛んである。.

新しい!!: インドとチェンナイ · 続きを見る »

チキンティッカマサラ

チキンティッカマサラ(、)はイギリス発祥のインド料理(いわゆるカレー料理の一種)。.

新しい!!: インドとチキンティッカマサラ · 続きを見る »

ネパール

ネパール連邦民主共和国(ネパールれんぽうみんしゅきょうわこく)、通称ネパールは、南アジアの連邦共和制国家。 東、西、南の三方をインドに、北方を中国チベット自治区に接する西北から東南方向に細長い内陸国である。国土は世界最高地点エベレスト(サガルマータ)を含むヒマラヤ山脈および中央部丘陵地帯と、南部のタライ平原から成る。ヒマラヤ登山の玄関口としての役割を果たしている。面積は約14.7万km。多民族・多言語国家であり、民族とカーストが複雑に関係し合っている。また、宗教もヒンドゥー教(元国教)、仏教、アニミズム等とその習合が混在する。 農業を主たる産業とし、ヒマラヤ観光などの観光業も盛んである。後発開発途上国であると分類されている。世界で唯一矩形(長方形)でない国旗を持つ国である。.

新しい!!: インドとネパール · 続きを見る »

ネパール語

ネパール語(ネパールご、Nepali)は、ネパール、ブータン、インドのシッキム州やミャンマーの一部で話されるインド語派の言語である。ネパール及びインドのシッキム州の公用語である。ネパール人口の約半数が母語とし、その他のネパール人は第二言語とするものが多い。またインドでも憲法の第8付則に定められた22の指定言語のひとつである。 ネパール語は東部ネパールからインドのウッタラーンチャル州及びヒマーチャル・プラデーシュ州までの、ヒマラヤ山地の低層地にて話されているパハール語群の最東部の言語である。また特にネワール語(ネパール・バサ語)などのチベット・ビルマ語派のいくつかの言語との共通の単語も多く、チベット・ビルマ諸語の影響も受けている。 ネパール語はヒンディー語、ウルドゥー語とも近いが、保守的でありペルシャ語や英語からの借用語は比較的少なく、サンスクリット起源の単語が多い。.

新しい!!: インドとネパール語 · 続きを見る »

ハリマンディル・サーヒブ

ハリマンディル・サーヒブ(ਹਰਿਮੰਦਰ ਸਾਹਿਬ、Harmandir Sahib または Golden Temple)は、シク教の総本山にあたるグルドワーラー(シク教の寺院)の名称である。インド・パンジャーブ州のアムリトサルに位置する。日本では 黄金寺院 と呼ばれることが多い(ただしインド圏には他宗教の「黄金寺院」もいくつか存在する)。シク教徒にとっては最も尊い巡礼地である。.

新しい!!: インドとハリマンディル・サーヒブ · 続きを見る »

ハリヤーナー州

ハリヤーナー州(Haryana、ヒンディー語:हरियाणा、パンジャーブ語:ਹਰਿਆਣਾ、IPA:)はインドを構成する州の一つ。州都はチャンディーガル(パンジャーブ州の州都、および連邦直轄地域も兼ねる)。人口は21,082,989人(2001年)、面積は44,212km²。.

新しい!!: インドとハリヤーナー州 · 続きを見る »

ハリウッド

ハリウッド(英語:Hollywood )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州のロサンゼルス市にある地区。映画産業の中心地。アメリカ映画のことを指してハリウッドとも呼ばれる。.

新しい!!: インドとハリウッド · 続きを見る »

ハルジー朝

ハルジー朝(ハルジーちょう、Khalji dynasty)またはハルジー・スルターン朝( 転写: sulṭanat ḫalji、Khalji Sultanate)は、インド北部(デカン、南インドも含む)を支配したデリー・スルターン朝第2のトルコ系イスラーム王朝(1290年 - 1320年)。首都はデリー。ヒルジー朝(Khilji dynasty)ともいう。.

新しい!!: インドとハルジー朝 · 続きを見る »

ハンピ (インド)

ハンピ(Hampi, カンナダ語:ಹಂಪೆ)はインド南部カルナータカ州の村で、かつてのヴィジャヤナガル王国の首都であった。古名はヴィジャヤナガル(Vijayanagara、「勝利の都」)。現在は遺跡北側を流れる川の旧名で呼ばれる。.

新しい!!: インドとハンピ (インド) · 続きを見る »

ハヌマンラングール

ハヌマンラングール(Semnopithecus entellus)は、霊長目オナガザル科に分類される霊長類。.

新しい!!: インドとハヌマンラングール · 続きを見る »

ハプログループ

:en:Haplogroup ハプログループ()とは、単一の一塩基多型 (SNP) 変異をもつ共通祖先をもつような、よく似たハプロタイプの集団のことで、単倍群とも訳される。.

新しい!!: インドとハプログループ · 続きを見る »

ハイデラバード (インド)

ハイデラバード(హైదరాబాదు,Hyderabad)は、インド中南部のテランガーナ州ハイデラバード県の都市。同州の州都であり、アーンドラ・プラデーシュ州の州都も兼ねる。.

新しい!!: インドとハイデラバード (インド) · 続きを見る »

ハス

ハス(蓮、学名:Nelumbo nucifera)は、インド原産のハス科多年性水生植物。 地下茎は「蓮根」(れんこん、はすね)といい、野菜名として通用する。.

新しい!!: インドとハス · 続きを見る »

バハードゥル・シャー2世

バハードゥル・シャー2世(بہادر شاہ ظفر, Bahadur Shah II, 1775年10月24日 - 1862年11月7日)は、北インド、ムガル帝国の第17代(最後の)君主(在位:1837年 - 1858年)。第16代君主アクバル2世の長男(夭折した兄がいるので正確には次男)。母はラール・バーイー。 1837年、バハードゥル・シャー2世は62歳の高齢で帝位を継承した。だが、この頃すでにムガル王朝の権力はデリー周辺にしか及ばず、インド内部はそれ以外の各地で地方勢力や欧州列強が入り乱れる沈滞した社会となっていた。 特に、1757年のプラッシーの戦いでフランスからインド植民の権利を勝ち取ったイギリス東インド会社の勢力は、18世紀後半以降インド半島全域で大幅に拡大してゆき、1845年から1849年にかけてシク戦争を起こしてシク王国を滅ぼし、いよいよイギリスがインド全体の支配者になろうとしていた。 1857年5月、インド大反乱が勃発すると、バハードゥル・シャー2世はデリーに入城した反乱軍によりその最高指導者として擁立された。だが、彼は反乱軍に協力的ではなく、9月にデリーが占拠されると、あっさり降伏してしまう。 1858年、イギリスはバハードゥル・シャー2世をビルマのラングーンへと追放し、これによってムガル帝国は終焉を迎えた。廃帝は追放先のラングーンで一族と余生を過ごし、1862年に失意のうちに死亡した。.

新しい!!: インドとバハードゥル・シャー2世 · 続きを見る »

バラモン

バラモン階級の人々(インド・カルナータカ州) バラモン(brāhmaṇa、婆羅門)とは、インドのカースト制度の頂点に位置するバラモン教やヒンドゥー教の司祭階級の総称。ブラフミン(brahmin)ともいう。.

新しい!!: インドとバラモン · 続きを見る »

バラモン教

バラモン教の儀式(南インド) インドラの像(ネパール、16世紀) バラモン教(ばらもんきょう、Brahmanism)は、近代のイギリス人がバラモン中心の宗教を呼ぶために作った造語である大正大学綜合佛教研究所公開講座 2002年12月4日。実質的にヴェーダに説かれる祭祀を行う人々の宗教を指す意味で使われることが多い。.

新しい!!: インドとバラモン教 · 続きを見る »

バラタ族

バラタ族が活動した五河地方(パンジャーブ) バラタ族(サンスクリット語 भारत Bhārata, 「バラタ王 भरत Bharata の子孫」の意)は、古代インドの宗教文献『リグ・ヴェーダ』に現れる、インド・アーリア人の部族のひとつで、以後現代に至るまで、『マハーバーラタ』などを通じてインドの歴史に大きな影響を与え続けた人々である。.

新しい!!: インドとバラタ族 · 続きを見る »

バンドン

バンドン(バンドゥン、)は、インドネシアのジャワ島西部にある都市(市)である。西ジャワ州の州都であり、また、インドネシアでジャワ人に次いで人口の多い種族であるスンダ人が生活し、スンダ語が話される「スンダ地方」の中心地である。 植民地時代に政治・経済・文化の中心地の1つとして発展し、また快適に過ごせる住環境でもあったことから「ジャワのパリ(Paris Van Java)」と呼ばれ、多くの外国人(オランダ人・中国人・日本人など)が居住していた。現在は人口集中、過剰開発、そして車の排気ガスや廃棄物などで環境が悪化しつつある。.

新しい!!: インドとバンドン · 続きを見る »

バンガロール

バンガロール(Bangalore 、ಬೆಂಗಳೂರು ベンガルール, Bengaluru )は、インド南部・カルナータカ州の州都。南アジア有数の世界都市。 デカン高原の南、カルナータカ州南西部のマイソール高原の上に位置し、標高は920m。市域人口は842万人(2011年)に達し、インド第3の人口である。2016年の都市圏人口は1,016万人であり、同国第4位の大都市圏を形成している。.

新しい!!: インドとバンガロール · 続きを見る »

バングラデシュ

バングラデシュ人民共和国(バングラデシュじんみんきょうわこく、গণপ্রজাতন্ত্রী বাংলাদেশ)、通称バングラデシュは、南アジアにあるイスラム教徒主体の国。イギリス連邦加盟国、通貨はタカ、人口1億5,940万人、首都はダッカ。 北と東西の三方はインド、南東部はミャンマーと国境を接する。南はインド洋に面する。西側で隣接するインド西ベンガル州とともにベンガル語圏に属す。 1971年にパキスタンから独立。バングラデシュはベンガル語で「ベンガル人の国」を意味する。都市国家を除くと世界で最も人口密度が高い国で、人口数は世界第7位。 ベンガル湾に注ぐ大河ガンジス川を有する。豊富な水資源から米やジュートの生産に適し、かつて「黄金のベンガル」と称された豊かな地域であったが、インフラの未整備や行政の非能率から、現在はアジアの最貧国に属する。近年は労働力の豊富さ、アジア最低水準の労働コストの低廉さに注目した、多国籍製造業の進出が著しい。.

新しい!!: インドとバングラデシュ · 続きを見る »

バール・ガンガーダル・ティラク

バール・ガンガーダル・ティラク(マラーティー語:बाळ गंगाधर िटळक、英語:Bal Gangadhar Tilak、1856年7月23日 - 1920年8月1日)は、インドの民族主義者、教師、社会改革者、そして、最初期のインド独立運動で活躍した政治指導者である。.

新しい!!: インドとバール・ガンガーダル・ティラク · 続きを見る »

バーブリー・マスジド

左の青い人物がラーマ王子 バーブリー・マスジド(बाबरी मस्जिद)は、インドのアヨーディヤーにかつて存在したマスジドである。ムガル帝国の初代スルタンのバーブルが建設し、名称は「バーブルのモスク」の意味である。 この地は古代コーサラ国の初期の都とされ、叙事詩『ラーマーヤナ』の主人公ラーマ王子の故郷としても知られており、そのためこのマスジドは「生誕地マスジド」としても知られていた。 そのため、ヒンドゥー原理主義者が「マスジドはヒンドゥー教寺院を破壊して建てられた『邪悪な侵略者であるイスラーム教徒』の建築物であり、この地を本来のヒンドゥー教寺院に戻すべきだ」と主張。1992年12月6日、ヒンドゥー原理主義に扇動された一派により、このマスジドは完全に破壊された。これ以降インド各地でヒンドゥー原理主義者のムスリムへの攻撃が始まり、対抗してパキスタンやバングラデシュではヒンドゥー教徒に対する迫害が強まった。 |破壊前 |破壊前 |破壊後.

新しい!!: インドとバーブリー・マスジド · 続きを見る »

バーブル

バーブル(ظهیرالدین محمد بابُر、Ẓahīr al-Dīn Muḥammad Bābur、1483年2月14日グプタ「バーブル」『世界伝記大事典 世界編』7巻、432-433頁 - 1530年12月26日加藤『中央アジア歴史群像』、139頁)は、北インド、ムガル帝国の創始者であり初代君主(在位:1526年 - 1530年)。ティムール朝サマルカンド政権の君主(在位:1497年 - 1498年)でもある。 16世紀初頭に中央アジアからインドに移り、ムガル帝国を建国した。名前の「バーブル」はトラを意味する。バーブルはティムールの三男ミーラーン・シャーの玄孫であり、母方の祖父であるモグーリスタン・ハン国の君主ユーヌスはチンギス・カンの次男チャガタイの後裔にあたる。 軍事力に優れた指導者、優れた文人として評価されている。自らの半生を著述した回想録『バーブル・ナーマ』は文学性・史料的価値を高く評価されており、多くの言語に翻訳された。.

新しい!!: インドとバーブル · 続きを見る »

バフマニー朝

バフマニー朝(バフマニーちょう、बहमनी सल्तनत, Bahmani Sultanate)とは、14世紀中ごろから16世紀初頭にかけて、インド亜大陸のデカン地方を支配したイスラーム王朝(1347年 - 1527年)。首都はグルバルガとビーダル。バフマニー・スルターン朝、バフマン朝とも呼ばれる。.

新しい!!: インドとバフマニー朝 · 続きを見る »

バクトリア

バクトリアの範囲 バクトリア(Bactria)は、バクトリアーナ(バクトリアナ)、トハーリスターン(トハリスタン)とも呼ばれ、ヒンドゥークシュ山脈とアム(オクサス)川の間に位置する中央アジアの歴史的な領域の古名。 現在はイランの北東の一部、アフガニスタン、タジキスタン、ウズベキスタン、および、トルクメニスタンの一部にあたる。かつてその領域にはグレコ・バクトリア王国などが栄えた。.

新しい!!: インドとバクトリア · 続きを見る »

バジャージ・オート

バジャージ・オート(Bajaj Auto Limited、बजाज ऑटो लिमिटेड)は、インドのマハーラーシュトラ州プネーに本社を置く自動車製造会社。ヒーロー・モトコープ社ともにインドの自動二輪車メーカーを代表する企業である。.

新しい!!: インドとバジャージ・オート · 続きを見る »

ポルトガル領インド

ポルトガル領インド(ポルトガルりょうインド、Estado Português da Índia)は、インドにかつて存在したポルトガルの植民地。イギリス領インド帝国が1947年に独立した当時、ポルトガル領インドはインド西岸の飛び地ゴアやダマン、ディーウ、現在のダードラー及びナガル・ハヴェーリー連邦直轄地域を所有していた。ポルトガル領インドの領土は、ゴアと総体してみなされることもある。.

新しい!!: インドとポルトガル領インド · 続きを見る »

ポルトガル海上帝国

1410年から1999年までにポルトガルが領有したことのある領域(赤)、ピンクは領有権を主張したことのある領域、水色は大航海時代に探索、交易、影響が及んだ主な海域。 ポルトガル海上帝国(ポルトガルかいじょうていこく、ポルトガル語:Império Português)は、15世紀以来ポルトガル王国が海外各地に築いた植民地支配及び交易体制を指す。新大陸発見後はトルデシリャス条約によりスペインと世界を二分した。領域支配より交易のための海上覇権が中心であったので、このように呼ばれる(オランダ海上帝国も同様である)。それゆえ、既存の大国であったアステカ帝国やインカ帝国の、それぞれの中心地域であったメキシコおよびペルーにおける領域支配を中心としたスペインの場合は、とくに「海上帝国」とは言わない(スペイン帝国)。.

新しい!!: インドとポルトガル海上帝国 · 続きを見る »

ポロ作戦

ポロ作戦(ポロさくせん、英語:Operation Polo)は、1948年9月13日から同月18日にかけて、インド政府による併合を目的としたニザーム藩王国(ハイダラーバード藩王国)に対する軍事作戦(あるいは軍事侵攻)のことである。 ポロ作戦はコードネームであり、ハイダラーバード併合、ハイダラーバード侵攻とも呼ばれる。インド軍はあくまで作戦を警察行動として扱ったが、実際は軍事行動であった。 この併合はジャンムー・カシュミール藩王国の帰属をめぐり発生したカシュミール紛争と同様に、こちらも藩王国の帰属をめぐる問題であった。この作戦により、1724年以降続いてきたニザームによる統治の歴史は幕を閉じた。.

新しい!!: インドとポロ作戦 · 続きを見る »

ポンディシェリ

ポンディシェリ(タミル語:பாண்டிச்சேரி, 仏語:Pondichéry, 英語:Pondicherry)は、インド東海岸タミル・ナードゥ州隣接地域に位置するポンディシェリ連邦直轄地域の首府。元フランスの植民地。17世紀から18世紀にかけてフランス領インドの首府であり、その後も非軍事的な植民地として英領インドのなかでフランス領として存続した。連邦直轄州の境界線はかつての国境線そのものであるが、フランスが半世紀以上かけて村落単位で植民地を広げていったため、いくつもの飛地が入り組んだ状態になっている。 現在でもタミル語、英語とともにフランス語が話されており、またフランス極東学院研究センターなどフランスの研究機関が設置されている。 なお、域内にはインドにおける古代ローマ人の居留地で、ローマ金貨などが出土するポドゥケー遺跡()がある。.

新しい!!: インドとポンディシェリ · 続きを見る »

ポンディシェリ連邦直轄領

ポンディシェリ連邦直轄領 பாண்டிச்சேரி.

新しい!!: インドとポンディシェリ連邦直轄領 · 続きを見る »

ポンジ・スキーム

ポンジ・スキーム(英:Ponzi scheme)とは、詐欺の一種で、日本語で言うところの「自転車操業」に近いものである。「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、謳っていることとは異なって実際には資金運用を行わず、後から参加させる別の出資者から新たに集めたお金を(やはり運用せず)以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用が行われ利益が生まれてそれが配当されているかのように装うもののこと。.

新しい!!: インドとポンジ・スキーム · 続きを見る »

ムハンマド・アリー・ジンナー

ムハンマド・アリー・ジンナー(英語:Muhammad Ali Jinnah, ウルドゥー語:محمد علی جناح, ヒンディー語:मुहम्मद अली जिन्ना, 1876年12月25日 - 1948年9月11日)は、インド・ムスリム連盟の指導者、独立パキスタンの初代総督。パキスタンでは「カーイデ・アーザム」(قائد اعظم :「最も偉大な指導者」の意)や、「バーバーイェ・コウム」(بابای قوم:建国の父の意)としても知られている。.

新しい!!: インドとムハンマド・アリー・ジンナー · 続きを見る »

ムルタバ

ムルタバ(Murtabak)、マルタバ(Martabak)またはムタッバク(Mutabbaq)は、サウジアラビア(特にヒジャーズ地方)、イエメン、インドネシア、マレーシア、タイ、シンガポール、ブルネイで主に見られるパンケーキあるいは揚げパンである。マルタバック、ムルタバックの表記も見られる。 日本語のブログ等では「お好み焼き」と紹介されることがある。地域によって名前や食材は大きく変わる。アラビア語名「ムタッバク」(مُطبَّق)は、「折り畳まれた(もの)」という意味である。 マレーシアでは、ムルタバ(Murtabak)はママッストール(屋台)で販売され、通常ニンニク、卵、タマネギを混ぜた羊肉のミンチが入っており、カレーソースをかけて食べる。イエメンのムルタバも通常羊肉が入っている。インドネシア、特にジャカルタでは、マルタバ(martabak)と呼ばれ、甘いものと塩味のものの2種類ある。.

新しい!!: インドとムルタバ · 続きを見る »

ムンバイ

ムンバイ(マラーティー語:मुंबई、Mumbai)はインドの西海岸に面するマハーラーシュトラ州、ムンバイ市街県の都市。同州の州都である。インド最大の都市であり、南アジアを代表する世界都市の一つである。.

新しい!!: インドとムンバイ · 続きを見る »

ムンバイ同時多発テロ

ムンバイ同時多発テロ(ムンバイどうじたはつテロ)は、2008年11月26日夜から11月29日朝にかけて、インドのムンバイで外国人向けのホテルや鉄道駅など複数の場所が、イスラーム過激派と見られる勢力に銃撃、爆破され多数の人質がとられまた殺害されたテロ事件である。.

新しい!!: インドとムンバイ同時多発テロ · 続きを見る »

ムンシー・プレームチャンド

ムンシー・プレームチャンド(Munshi Premchand、1880年7月31日 - 1936年10月8日)は近代ヒンディー語・ウルドゥー語のインド文学を代表する小説家・脚本家。.

新しい!!: インドとムンシー・プレームチャンド · 続きを見る »

ムガル帝国

ムガル帝国(ムガルていこく、شاهان مغول、Mughal Empire)は、16世紀初頭から北インド、17世紀末から18世紀初頭にはインド南端部を除くインド亜大陸を支配し、19世紀後半まで存続したトルコ系イスラーム王朝(1526年 - 1858年)。ムガル朝(Mughal dynasty)とも呼ばれる。首都はデリー、アーグラなど。.

新しい!!: インドとムガル帝国 · 続きを見る »

メルボルン

メルボルン(Melbourne、豪語発音:, )は、オーストラリアのビクトリア州の州都で、オーストラリア大陸南東部、ポート・フィリップ湾に面したヤラ川河口の港市。オセアニア有数の世界都市。.

新しい!!: インドとメルボルン · 続きを見る »

メーワール王国

メーワール王国(メーワールおうこく、ヒンディー語:उदयपुर、英語:Mewar Kingdom)は、インドのラージャスターン地方に存在したヒンドゥー王朝(8世紀 - 1947年)。ウダイプル藩王国とも呼ばれる。.

新しい!!: インドとメーワール王国 · 続きを見る »

メーガーラヤ州

メーガーラヤ州(Meghalaya、मेघालय)はインドの東部にある州の一つ。州名はヒンディー語、サンスクリット語の「雲のすみか」に由来する。日本国外務省による表記はメガラヤ州。州都はシロン。人口は約230万人(2001年)。州内のチェラプンジは世界で最も年間降水量が多いことで知られる。.

新しい!!: インドとメーガーラヤ州 · 続きを見る »

メディア (媒体)

メディア(media)とは、情報の記録、伝達、保管などに用いられる物や装置のことである。媒体(ばいたい)などと訳されることもある。記録・保管のための媒体とコミュニケーションのための媒体とに大別することができるが、両者には重なりがある。.

新しい!!: インドとメディア (媒体) · 続きを見る »

モノカルチャー

広大なサトウキビのプランテーション(インド) モノカルチャー(Monoculture)とは、直訳するとmono(単一)のculture(栽培/文化)であり、多くの場合、単一の農作物を生産する農業形態を指す。単作(たんさく)とも。 。.

新しい!!: インドとモノカルチャー · 続きを見る »

モルディブ

NASAによるモルディブのサテライトイメージ モルディブ共和国(モルディブきょうわこく、ދިވެހިރާއްޖޭގެ ޖުމްހޫރިއްޔާ, )、通称モルディブは、アジアのインド洋にある島国で、インドとスリランカの南西に位置する。.

新しい!!: インドとモルディブ · 続きを見る »

モンゴル帝国

モンゴル帝国(モンゴルていこく)は、モンゴル高原の遊牧民を統合したチンギス・カンが1206年に創設した遊牧国家。中世モンゴル語ではイェケ・モンゴル・ウルス ( Yeke Mongγol Ulus)すなわち「大モンゴル・ウルス(大蒙古国)」と称した。 モンゴル帝国の創始者チンギス・カンと『四駿四狗』やその他の後継者たちはモンゴルから領土を大きく拡大し、西は東ヨーロッパ、アナトリア(現在のトルコ)、シリア、南はアフガニスタン、チベット、ミャンマー、東は中国、朝鮮半島まで、ユーラシア大陸を横断する帝国を作り上げた。最盛期の領土面積は約3300万km²で、地球上の陸地の約25%を統治し、当時の人口は1億人を超えていた。三大洋全てに面していた。 モンゴル帝国は、モンゴル高原に君臨するモンゴル皇帝(カアン、大ハーン)を中心に、各地に分封されたチンギス・カンの子孫の王族たちが支配する国(ウルス)が集まって形成された連合国家の構造をなした。 中国とモンゴル高原を中心とする、現在の区分でいう東アジア部分を統治した第5代皇帝のクビライは1271年に、大都(現在の北京)に遷都して緩やかな連邦と化した帝国の、モンゴル皇帝直轄の中核国家の国号を大元大モンゴル国と改称するが、その後も皇帝を頂点とする帝国はある程度の繋がりを有した。この大連合は14世紀にゆるやかに解体に向かうが、モンゴル帝国の皇帝位は1634年の北元滅亡まで存続した。また、チンギス・カンの末裔を称する王家たちは実に20世紀に至るまで、中央ユーラシアの各地に君臨し続けることになる。.

新しい!!: インドとモンゴル帝国 · 続きを見る »

モンスーン

モンスーン(monsoon)とは、ある地域で、一定の方角への風が特によく吹く傾向があるとき(その風を卓越風と呼ぶが)、季節によって風の吹く方角(卓越風向)が変化するものを呼ぶ。アラビア語の「季節」( mawsim、マウスィム)に由来する用語である。 これは、アラビア海で毎年6月から9月にかけて南西の風が、10月から5月にかけて北東の季節風が吹き、沿岸諸国の海上貿易、交通に大きな影響を与えていたことによる。もともとは毎年同じ時期に行われる行事のことを意味していたが、アラビア海で時期によって向きが変わる風のことを指す語となり、その後、季節風を意味する気象用語として広まった。アフリカのサブサハラや南米などでは雨季の嵐や大雨を、インドや東南アジアでは雨季そのものを意味する語としても使用されている。 インドでは「モンスーンというと小学生でも知っているが、気象台ではこれについて何も知らない」と言われている根本ほか(1959):1ページ。この言葉は、モンスーンが身近でありながら厳密な定義がなされていない俗語であることを意味する。.

新しい!!: インドとモンスーン · 続きを見る »

モーリシャス

モーリシャス共和国(モーリシャスきょうわこく)、通称モーリシャスは、アフリカの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はポートルイス。インド洋のマスカレン諸島に位置する共和国である。インド商人の貿易中継地になっていたためインド系住民が過半数を占める。.

新しい!!: インドとモーリシャス · 続きを見る »

ユーゴスラビア

ユーゴスラビアは、かつて南東ヨーロッパのバルカン半島地域に存在した、南スラブ人を主体に合同して成立した国家の枠組みである。 国名として「ユーゴスラビア」を名乗っていたのは1929年から2003年までの期間であるが、実質的な枠組みとしては1918年に建国されたセルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国に始まり、2006年に解体されたセルビア・モンテネグロまでを系譜とする。また、その間に国名や国家体制、国土の領域についてはいくつかの変遷が存在する。(詳細は#国名の項目を参照)。 なお、ユーゴスラビアの名は解体後の現在においても政治的事情により、構成国のひとつであったマケドニア共和国の国際連合等における公式呼称である「マケドニア旧ユーゴスラビア共和国」として残存している。 その国際的位置から『七つの国境、六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字、一つの国家』と形容される。.

新しい!!: インドとユーゴスラビア · 続きを見る »

ユダヤ人

ユダヤ人(יהודים、Jews、Djudios、ייִדן)は、ユダヤ教の信者(宗教集団)、あるいはユダヤ人を親に持つ者(血統)によって構成される宗教的民族集団である。 ムスリムやクリスチャンと同じで、ユダヤ人という人種・血統的民族が有る訳では無い。ヨーロッパでは19世紀中頃まで主として前者の捉え方がなされていたが、近代的国民国家が成立してからは後者の捉え方が広まった。ハラーハーでは、ユダヤ人の母親から生まれた者、あるいは正式な手続きを経てユダヤ教に入信した者がユダヤ人であると規定されている。2010年現在の調査では、全世界に1340万を超えるユダヤ人が存在する。民族独自の国家としてイスラエルがあるほか、各国に移民が生活している。ヘブライ人やセム人と表記されることもある。 ユダヤ人はディアスポラ以降、世界各地で共同体を形成し、固有の宗教や歴史を有する少数派のエスニック集団として定着した。しかし、それらを総体的に歴史と文化を共有する一つの民族として分類することはできない。言語の面をみても、イディッシュ語の話者もいればラディーノ語の話者もいる。歴史的にはユダヤ人とはユダヤ教徒のことであったが、現状では国籍、言語、人種の枠を超えた、一つの尺度だけでは定義しえない文化的集団としか言いようのないものとなっている。 で追加された記述だが、出典が示されていない。古代のイスラエル人やセファルディムは(いわゆる「白人」ではないものの)主にコーカソイドのはずで、これを単に「有色人種」と説明するのは誤りではないにしても誤解を招きかねず、不適切であろう。また、アシュケナジムをハザール人と関連づけるのは(当該記事の記述によれば)諸説があり、広く受け入れられている説ではない。 「古代のイスラエル人は有色人種で、12支族の1支族ユダ族のユダヤ人は有色人種セファルディムで、白系ユダヤ人アシュケナジム(ヘブライ語でドイツを意味する)は8世紀頃、ハザール人のユダヤ教への改宗によって、ユダヤ人を名乗った。」 -->.

新しい!!: インドとユダヤ人 · 続きを見る »

ヨーガ

ヨーガ(योग, )は、古代インド発祥の伝統的な宗教的行法で、心身を鍛錬によって制御し、精神を統一して古代インドの人生究極の目標である輪廻転生からの「解脱(モークシャ)」に至ろうとするものである。ヨガとも表記される。漢訳は瑜伽(ゆが)。 1990年代後半から世界的に流行している、身体的ポーズ(アーサナ)を中心にしたフィットネス的な「現代のヨーガ」は、宗教色を排した身体的なエクササイズとして行われているが、「本来のヨーガ」はインドの諸宗教と深く結びついており、バラモン教、ヒンドゥー教、仏教、ジャイナ教の修行法でもあった。.

新しい!!: インドとヨーガ · 続きを見る »

ラーマ

伝説の戦士『ラーマ』 ラーマ(デーヴァナーガリー:राम Rāma)は、インドの叙事詩『ラーマーヤナ』の主人公。イクシュヴァーク王朝に生まれた薔薇色の瞳を持つ英雄で、インドの理想君主像であり、ダルマを体現したとされる。シーターを妃とした。 神話上、特にヴァイシュナヴァ派では、ヴィシュヌのアヴァターラ(化身)であるとされる。神の化身としてのラーマへの信仰は篤く、マハトマ・ガンディーは死の際に「ヘー・ラーム」(神よ)と言った。この「ラーム」とはラーマのことである。 王と妃カウサリヤーとの間に生まれ、異母兄弟にバラタ、ラクシュマナ、シャトルグナがいる。『ラーマーヤナ』によると、彼ら4兄弟はいずれもラークシャサ(羅刹)の王ラーヴァナを倒すために生まれたヴィシュヌ神の4分身であるという。大聖ヴィシュヴァーミトラの導きによって、ミティラーの王ジャナカを尋ね、そこで王の娘シーターと出会い、結婚する。しかしバラタ王子の母カイケーイー妃によって、14年の間アヨーディヤを追放された。ダンダカの森でラーヴァナによってシーターを略奪され、これをきっかけにラークシャサ族との間に大戦争が勃発する。.

新しい!!: インドとラーマ · 続きを見る »

ラーマーヤナ

『ラーマーヤナ』(Rāmāyana、サンスクリット:रामायण, Ramayana)は、古代インドの大長編叙事詩。ヒンドゥー教の聖典の一つであり、『マハーバーラタ』と並ぶインド2大叙事詩の一つである。サンスクリットで書かれ、全7巻、総行数は聖書にも並ぶ48,000行に及ぶ。成立は紀元3世紀頃で、詩人ヴァールミーキが、ヒンドゥー教の神話と古代英雄コーサラ国のラーマ王子の伝説を編纂したものとされる。 この叙事詩は、ラーマ王子が、誘拐された妻シーターを奪還すべく大軍を率いて、ラークシャサの王ラーヴァナに挑む姿を描いている。ラーマーヤナの意味は「ラーマ王行状記」。 現代でも、ラーマーヤナは、絵画、彫刻、建築、音楽、舞踏、演劇、映画など多くの分野で、インドのみならず、当時同じサンスクリット圏であり古くからインド文化を取り入れてきた東南アジア一円に深く浸透し影響力を持っており、王権を強調するその内容は、支配階級のみならず、民衆の間でも広く親しまれている。 なお、編纂された紀元3世紀当時のクシャトリヤ勢力の台頭を反映し、この叙事詩で活躍する人物は全てクシャトリヤである。また、ラーマーヤナの核心部分は第2巻から第6巻とされ、その成立は紀元前4-5世紀頃で、第1巻と第7巻よりも古い。.

新しい!!: インドとラーマーヤナ · 続きを見る »

ラーム・ナート・コーヴィンド

ラーム・ナート・コーヴィンド(राम नाथ कोविंद、Ram Nath Kovind、1945年10月1日 - )は、インドの政治家。同国第14代大統領。前ビハール州首相(知事)。.

新しい!!: インドとラーム・ナート・コーヴィンド · 続きを見る »

ラーニー・キ・ヴァーヴ

ラーニー・キ・ヴァーヴ (Rani ki vav) は、インド西部、グジャラート州のパータンに残るである。インドの宗教文化とも結びついた独特の階段井戸は特に西インドに数多く残るが、サラスワティ川沿いに築かれたこの7層構造の階段井戸はその中でも代表的なものと位置づけられ、2014年にUNESCOの世界遺産リストに登録された。日本ではラニ・キ・ヴァヴ、ラーニー・ヴァーヴ、ラーニー・ワーウ、ラーニ・キ・ヴァヴ、ラーンキ・ヴァーヴ神谷武夫、などとも表記される。また、ラーニー (rani) はインドの女王・王妃・王女などを意味し、ヴァーヴ (vav) は階段井戸をさす名称の一つであって、意味を訳して王妃の階段井戸と表記されることもある。世界遺産名称は、それらの併記である。.

新しい!!: インドとラーニー・キ・ヴァーヴ · 続きを見る »

ラーガ

ラーガ (रागा / rāga) は、インド古典音楽の音楽理論に現れる旋法。 北インドではラーグ (rāg) という。単数形ラーグあるいはラーガ、複数形ラーガム (रागं / rāgam)。 語意としては「心を彩るもの」と訳される。.

新しい!!: インドとラーガ · 続きを見る »

ラーキー

ラーキーの例 ラクシャー・バンダン(रक्षा बंधन Raksha Bandhan)またはラーキー・バンダン(राखी बंधन Rakhi Bandhan) は、兄弟と姉妹の関係を祝うヒンドゥー教の祭礼である。ヒンディー語で「保護者の絆」を意味する。 姉妹は兄弟の右手首にラーキー(吉祥の紐)を結びつける。兄弟は返礼として贈り物を姉妹に与え、姉妹を保護することを誓う。家族全員で祝うのが一般的である。 ラーキーを与える相手は、必ずしも血縁の兄弟である必要はない。どの男性もラーキーを結ばれることで、一時的に兄弟とみなされ、特に従兄弟には兄弟同様に結ばれる。 ラクシャー・バンダンは、シュラーヴァナまたはサーワン月の満月の日に行われる。.

新しい!!: インドとラーキー · 続きを見る »

ラーシュトラクータ朝

ラーシュトラクータ朝(ラーシュトラクータちょう、英語:Rashtrakuta dynasty)とは、8世紀後半から10世紀後半にかけて、インドのデカン地方を支配したヒンドゥー王朝(753年 - 973年)。首都はマーニヤケータ。.

新しい!!: インドとラーシュトラクータ朝 · 続きを見る »

ラージャスターンの丘陵城塞群

ラージャスターンの丘陵城塞群(ラージャスターンのきゅうりょうじょうさいぐん)は、インドのラージャスターン州に残る6つの城塞を対象とする、UNESCOの世界遺産リスト登録物件である。8世紀から18世紀までのラージプート諸王国の繁栄を伝える建物であり、その建築と文化的伝統上の意義が評価されて登録された。また、この物件の登録までの経緯は、世界遺産の申請から登録まで手順を改訂することにもつながった。ラージャスターンの丘陵要塞群ほか、日本語名の表記には若干の揺れがある(後述)。.

新しい!!: インドとラージャスターンの丘陵城塞群 · 続きを見る »

ラージャスターン州

ラージャスターン州(Rajasthan、राजस्थान)は、インドで面積が最も大きい州である。州都はジャイプル。.

新しい!!: インドとラージャスターン州 · 続きを見る »

ラージヤ・サバー

ラージヤ・サバー(ヒンディー語:राज्य सभा, 英語:Rajya Sabha[Council of States])は、インドの連邦議会(上院)。下院に相当するローク・サバーとともに両院制を構成する。.

新しい!!: インドとラージヤ・サバー · 続きを見る »

ラージプート

ラージプート(英語:Rajput)は、現在のラージャスターン州に居住する民族であり、クシャトリヤを自称するカースト集団。サンスクリット語のラージャプトラ(王子の意味)からきた言葉で、インド正統的な戦士集団たるクシャトリヤの子孫であることを意味する。.

新しい!!: インドとラージプート · 続きを見る »

ラージプーターナー飢饉 (1869年)

1869年のラージプーターナー飢饉とは、ラージプーターナー藩王国を中心とし、イギリス領インド帝国の直轄領であったアジュメール、グジャラート、デカン高原北部、中央州及びベラール(後のマディヤ・プラデーシュ州にほぼ相当)、連合州(後のウッタル・プラデーシュ州)、パンジャーブ州の範囲、おおよそ75万平方km、居住人口4450万人の地域に発生した飢饉のことである。.

新しい!!: インドとラージプーターナー飢饉 (1869年) · 続きを見る »

ラージェーンドラ・プラサード

インド・ドイツ友好協会のリーゼロッテ・ハックマン会長と ラージェーンドラ・プラサード(डा॰ राजेन्द्र प्रसाद, 、1884年12月3日 - 1963年2月28日)はインドの初代大統領。通称プラサド博士.

新しい!!: インドとラージェーンドラ・プラサード · 続きを見る »

ラース・ビハーリー・ボース

ラス・ビハリ・ボース(ヒンディー語:ラース・ビハーリー・ボース 、ベンガル語:ラシュビハリ・ボスゥ 、英語:Rash Behari Bose 、1886年3月15日 - 1945年1月21日)はインド独立運動家。 過激派として指名手配され、日本に逃れてインド独立運動を続けた。スバス・チャンドラ・ボースと区別するため、「中村屋のボース」とも呼ばれる(新宿中村屋の相馬家の婿であり、取締役も務めた。この二人は名前が同じであることから混同されることがあり、『朝日新聞』でも1990年1月9日付の紙面で誤り、翌10日付で訂正記事を掲載している)。日本に本格的なインドカレーを伝えた人物でもある。.

新しい!!: インドとラース・ビハーリー・ボース · 続きを見る »

ラッカセイ

ラッカセイ(漢字: 落花生、学名: 、英語: peanut または groundnut)はマメ亜科ラッカセイ属の一年草。別名ナンキンマメ(南京豆)、ピーナッツ。.

新しい!!: インドとラッカセイ · 続きを見る »

ラビンドラナート・タゴール

ラビンドラナート・タゴール(英語:Rabindranath Tagore、ベンガル語:ロビンドロナート・タクゥル রবীন্দ্রনাথ ঠাকুর、ヒンディー語:ラビーンドラナート・タークゥル रवीन्द्रनाथ ठाकुर(टगोर)、1861年5月7日 - 1941年8月7日)は、インドの詩人 、思想家。詩聖(グゥルゥデーウ गुरुदेव)として非常な尊敬を集めている。1913年には『ギーターンジャリ』によってノーベル文学賞を受賞した。これはアジア人に与えられた初のノーベル賞でもあった。 インド国歌及びバングラデシュ国歌の作詞・作曲者で、タゴール国際大学の設立者でもあった。.

新しい!!: インドとラビンドラナート・タゴール · 続きを見る »

ラテン語

ラテン語(ラテンご、lingua latina リングア・ラティーナ)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派の言語の一つ。ラテン・ファリスク語群。漢字表記は拉丁語・羅甸語で、拉語・羅語と略される。.

新しい!!: インドとラテン語 · 続きを見る »

ラダ・ビノード・パール

ラダ・ビノード・パール(,,, 1886年1月27日 - 1967年1月10日)は、インドの法学者、裁判官、コルカタ大学教授、国際連合国際法委員長を歴任。ベンガル人。 ヒンドゥー法を専攻。極東国際軍事裁判(東京裁判)において連合国が派遣した判事の一人で、判事全員一致の有罪判決を目指す動きに反対し、平和に対する罪と人道に対する罪は戦勝国により作られた事後法であり、事後法をもって裁くことは国際法に反するなどの理由で被告人全員の無罪を主張した「意見書」(通称「パール判決書」)で知られる。東京裁判以降、国際連合国際法委員長や仲裁裁判所裁判官として国際法に関与した。 ベンガル語表記では『ラダビノド・パル』、ヒンディー語表記では『ラーダービノード・パール』となるが、パール家の人間は「パル」と呼んで欲しいと希望している。東京裁判で務めた役職から、日本では「パール判事」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: インドとラダ・ビノード・パール · 続きを見る »

ラダック

ラダック (Ladakh,チベット語:ལ་དྭགས་ la dwags) はインドのジャンムー・カシミール州東部の地方の呼称。広義にはザンスカールおよび、現在パキスタンの支配下となっているバルティスターンを含む、ヒマラヤ山脈とカラコルム山脈に挟まれた一帯を指し、カシミールの東側半分以上を占める。かつてはラダック王国という独立した仏教国であったが、19世紀にカシミールの藩王国に併合された。現在では行政区画の名称としては使用されていない。中華人民共和国との国境に接し、アフガニスタン北部にも近い。中国が実効支配するアクサイチンも、かつてはラダックの支配下であった。 チベット文化圏に属するラダックは、よく小チベットと称されチベット仏教の中心地の一つとして有名である。文化大革命で破壊された中華人民共和国のチベット自治区よりも古い文化が良く残っていると言われる。 特に曼荼羅美術の集積はチベットを凌ぐとされる。 中心都市はレー (Leh)。.

新しい!!: インドとラダック · 続きを見る »

ラクナウ

ラクナウ(、、)は、インドウッタル・プラデーシュ州の州都である。18世紀、アワド藩王国の首都として栄えた。ニューデリーの南東約500kmにある。ラクノーとも呼ばれる。.

新しい!!: インドとラクナウ · 続きを見る »

ラクシャディープ諸島

ラクシャディープ諸島の位置 地図 ラクシャディープ諸島(ラクシャディープしょとう、Lakshadweep)は、アラビア海またはインド洋に浮かぶインドの連邦直轄領をなす諸島。 面積32km2で25のサンゴ礁の島列からなる。ラクシャディープ諸島は、南の、北の、などで構成される。ラクシャーディープ諸島のすぐ南方にはモルディブがある。 27の主な島のうち人が住む島は10島に限られ、住民は南インドのマラバール海岸やスリランカから移住したイスラム教徒の住民が多い。 人口は60,595人(2001年)。中心地はカバラティ島。 主な経済はコプラの栽培と漁業が中心。美しいサンゴ礁は観光地となっており、マリンスポーツが楽しめる。.

新しい!!: インドとラクシャディープ諸島 · 続きを見る »

ラクシュミー

蓮華の上のラクシュミー(ラヴィ・ヴァルマ/画) ラクシュミー(लक्ष्मी、Lakṣmī)は、ヒンドゥー教の女神の一柱で、美と富と豊穣と幸運を司る。.

新しい!!: インドとラクシュミー · 続きを見る »

ラジーヴ・ガンディー

ラジーヴ・ラトナ・ガンディー(, 1944年8月20日 - 1991年5月21日)は、インドの第9代首相。祖父はインドの初代首相を務めたジャワハルラール・ネルー、母はインドの首相を務めたインディラ・ガンディーであり、「ネルー・ガンディー王朝」の三代目である。母の死に伴い、1984年10月31日に40歳でインドの首相となり、1989年に辞職するまで務めた。.

新しい!!: インドとラジーヴ・ガンディー · 続きを見る »

リライアンス・インダストリーズ

リライアンス・インダストリーズ(英語:Reliance Industries Limited、略称:RIL)は、インドマハーラーシュトラ州ムンバイに本社を置く、石油化学を中心に、石油・ガス開発、小売、インフラ、バイオテクノロジーなどの事業を手がけるインド最大のコングロマリットである。筆頭株主は、インド一の富豪であるムケシュ・アンバニ。.

新しい!!: インドとリライアンス・インダストリーズ · 続きを見る »

リアリズム

リアリズム(realism).

新しい!!: インドとリアリズム · 続きを見る »

ルノー

メガーヌ RS R.S.17 ルノー(Renault S.A.)は、フランスのパリに本社を置く自動車製造会社。グループの日産自動車やダチア、ルノーサムスン自動車などを含めると世界最大の自動車会社である。.

新しい!!: インドとルノー · 続きを見る »

ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-

ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―(ル・コルビュジエのけんちくさくひん―きんだいけんちくうんどうへのけんちょなこうけん―)は、20世紀の近代建築運動に多大な影響を及ぼした一人であるル・コルビュジエの作品群、ことにその中でも傑作とされる住宅、工場、宗教建築などをまとめて世界遺産リストに登録した物件である。世界各地に残るル・コルビュジエの建築作品のうち、フランスを中心とする7か国に残る建築群が対象となっており、大陸を跨ぐ初の世界遺産登録となった。 世界遺産の暫定リストに当初記載されていた名称はル・コルビュジエの建築と都市計画であった。2009年の第33回世界遺産委員会で「情報照会」と決議された後、構成資産見直しの過程で現在の名称へと改名され、第40回世界遺産委員会(2016年)にてその名称で世界遺産リストに登録された。なお、登録名称の日本語訳に使われている「-」は、外務省や文化庁の発表では全角マイナスが使われている。.

新しい!!: インドとル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献- · 続きを見る »

ルディヤーナー

ルディヤーナー (लुधियाना, ਲੁਧਿਆਣਾ, Ludhiana)は、インド北部のパンジャーブ州の都市である。人口139.5万人。サトレジ川(サトラジ川とも)の岸に位置している。 日本では英語表記をカタカナ読みした「ルディアナ」といった表記も多いが、現地語の表記における綴り、および母音の長短を反映させるなら「ルディヤーナー」が妥当である。 第25回アジア自転車選手権大会が2005年12月に開催された。.

新しい!!: インドとルディヤーナー · 続きを見る »

レバノン

レバノン共和国(レバノンきょうわこく、)、通称レバノンは、西アジア・中東に位置する共和制国家。北から東にかけてシリアと、南にイスラエルと隣接し、西は地中海に面している。首都はベイルート。.

新しい!!: インドとレバノン · 続きを見る »

レー (インドの都市)

レーパレス レーのメインストリート。奥に見えるのがレーパレス レー(チベット語:གླེ་;、ワイリー方式:Gle、英:Leh)は、インド北部ラダック地方(ジャンムー・カシミール州)最大の中心都市。ラダック自治山間開発会議の議会がある旧王都である。.

新しい!!: インドとレー (インドの都市) · 続きを見る »

レスター

レスター(Leicester)は、イングランド・レスターシャー州の単一自治体。古代ローマ時代に建てられた、イングランドでも歴史のある都市である。 第二次世界大戦以後レスターは多民族都市となっており、2001年の国勢調査ではレスターの人口のうちの36.1パーセントをエスニック・マイノリティが占め、その中の約30パーセントがインド人である。.

新しい!!: インドとレスター · 続きを見る »

ローマ帝国

ーマ帝国(ローマていこく、Imperium Romanum)は、古代ローマがイタリア半島に誕生した都市国家から、地中海にまたがる領域国家へと発展した段階以降を表す言葉である。従って厳密には古代ローマの体制が共和制だった頃を含んでいる。最盛期には地中海沿岸全域に加え、ブリタンニア、ダキア、メソポタミアなど広大な領域を版図とした。シルクロードの西の起点であり、古代中国の文献では大秦の名で登場する。 帝国という訳語があてられている事から、狭義にはオクタウィアヌスがアウグストゥスの尊称を与えられた紀元前27年からの古代ローマを指す場合もある。しかし、本来の表現からすればこの場合は帝政ローマ、またはローマ帝政期とした方が正確である。.

新しい!!: インドとローマ帝国 · 続きを見る »

ローディー朝

ーディー朝(ローディーちょう、、Lodī dynasty)とは、15世紀後半から16世紀初頭にかけてガンジス川流域とパンジャーブ地方を中心に北インドを支配した、デリー・スルターン朝の5番目のアフガン系イスラーム王朝(1451年 - 1526年)。長母音を無視してロディー朝とも呼ばれる。首都はデリー、アーグラ。.

新しい!!: インドとローディー朝 · 続きを見る »

ローク・サバー

ーク・サバー(, Lok Sabha)は、インドの連邦議会を構成する議院(下院)。.

新しい!!: インドとローク・サバー · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: インドとロシア · 続きを見る »

ヴァルナ (種姓)

ヴァルナ(varṇa、वर्ण、「色」の意)とは、ヒンドゥー教社会を四層の種姓に分割する宗教的身分制度である。共同体の単位であるジャーティも併せ、カーストと総称される。 上位からバラモン、クシャトリヤ、ヴァイシャ、シュードラの身分が存在し、このヴァルナによる枠組みをヴァルナ・ヴィャワスターと呼称する。.

新しい!!: インドとヴァルナ (種姓) · 続きを見る »

ヴァルダナ朝

ヴァルダナ朝(Vardhana)またはプシュヤブーティ朝(Pusyabhuti)は、7世紀前半、ハルシャ・ヴァルダナが創始した古代北インド最後の統一王朝で、首都はカナウジ(Kanauj、曲女城)。.

新しい!!: インドとヴァルダナ朝 · 続きを見る »

ヴァンディヴァッシュの戦い

ヴァンディヴァッシュの戦い(ヴァンディヴァッシュのたたかい、Battle of Wandiwash)は1760年1月22日にイギリス東インド会社とフランス東インド会社の間で戦われた、第三次カーナティック戦争の決定的な戦闘の1つ。イギリスが勝利した。 の軍は資金と艦隊の支援を欠けている中、ヴァンディヴァッシュ港(現タミル・ナードゥ州)を奪回しようとしたが、率いるイギリス東インド会社の軍に襲われ、決定的に敗北した。このため、率いるフランス軍はポンディシェリでの籠城を余儀なくされ、1761年1月16日には降伏した。.

新しい!!: インドとヴァンディヴァッシュの戦い · 続きを見る »

ヴァーラーナシー

ヴァーラーナシー(Varanasi、वाराणसी vārāṇasī)は、インドのウッタル・プラデーシュ州、ヴァーラーナシー県の都市。同県の県都でもある。人口は約120万人(2011年)。 ガンジス川沿いに位置しヒンドゥー教の一大聖地として、インド国内外から多くの信者、巡礼者、観光客を集めるインド最大の宗教都市である。街の郊外には、釈迦が初めて説法を行ったサールナート(鹿野苑)がある。 また古くは「カーシー国」とも称され、波羅奈国とも称された。ヒンドゥー教・仏教の聖地として重要な都市。.

新しい!!: インドとヴァーラーナシー · 続きを見る »

ヴァッラブバーイー・パテール

"サルダール"・ヴァッラブバーイー・パテール(グジャラート語:વલ્લભભાઈ પટેલ、1875年10月31日 – 1950年12月15日)はインドの政治家。インド国民会議所属。法廷弁護士でもあった。ジャワハルラール・ネルー初代首相の下で副首相・内務大臣を務め、インド・パキスタン分離独立に際しては多くの藩王国を巧みな手腕でインドに帰属させ、インドの鉄の男、インドのビスマルクと呼ばれた。.

新しい!!: インドとヴァッラブバーイー・パテール · 続きを見る »

ヴァドーダラー

ヴァドーダラー(Vadodara,, )は、インド西部のグジャラート州の都市である。かつてはガーイクワード家及びヴァドーダラー藩王国の首都であった。 面積148.22平方キロメートル、人口約160万人(2012年)。インドの都市圏で16番目、グジャラート州で3番目に人口の多い都市であり、州の人口のおよそ7%が集中している(2001年人口統計)。.

新しい!!: インドとヴァドーダラー · 続きを見る »

ヴァイマル共和政

ワイマール共和制下の自治体 ヴァイマル共和政(ヴァイマルきょうわせい、Weimarer Republik)は、1919年に発足して1933年に事実上崩壊した戦間期のドイツ国の政体。政治体制は1919年8月に制定・公布されたヴァイマル憲法に基づいている。ヴァイマル共和国、ワイマール共和政、ワイマール共和国などとも訳される。 ヴァイマル共和政下における正式な国号は、ドイツ社会民主党などが提案し、後に日本を始め他国の言語での翻訳でも実際に多く用いられた「ドイツ共和国(Deutsche Republik)」が拒否されたため、帝政時代からの正式な国号である「ドイツ国(Deutsches Reich、ドイチェス・ライヒ)」が引き続き用いられた。首都も帝政時代と同じくベルリンであり、ヴァイマルが首都であったわけではない。 憲法の社会政策と第一次世界大戦の賠償両面で財源を確保すべく、独占により産業合理化を推進した。合理化のため、アメリカ・イギリス・フランスから巨額の短期資本を導入し、銀行は長期貸しを行った。世界恐慌が起こるや否や短資は流出してしまい、その支払のため発行された手形が再割引きに出された。こうしてライヒスバンクは、1930年から1932年にかけて、地金・外貨準備の1/3を失った。失業者の数は1929年秋の約200万から翌年秋に倍の400万となり、1932年夏に600万となった。失業保険の過酷な受給要件が、1932年平均で受給者割合を2割に抑えた。 1924-1930年(この記事でいう合理化景気の時代)にNY市場で発行されたドル建て外債は、ドーズ公債とヤング公債の主幹事であったJPモルガンをはじめとして、諸邦債がブラウン・ブラザーズ・ハリマンやシティバンク、ゴールドマン・サックスやディロン・リードに発行されていた。.

新しい!!: インドとヴァイマル共和政 · 続きを見る »

ヴァスコ・ダ・ガマ

ヴァスコ・ダ・ガマ(Vasco da Gama, 1460年頃 - 1524年12月24日/25日)は、ポルトガルの航海者、探検家である。熟達した航海術と外交手腕を買われヨーロッパからアフリカ南岸を経てインドへ航海した記録に残る最初のヨーロッパ人であり、しばしばインドへの航路をヨーロッパ人として初めて「発見」した人物であるとされる。このインド航路の開拓によって、ポルトガル海上帝国の基礎が築かれた。バスコ・ダ・ガマとも。.

新しい!!: インドとヴァスコ・ダ・ガマ · 続きを見る »

ヴィクラマシーラ大学

ヴィクラマシーラ大学(ヴィクラマシーラだいがく、Vikramaśīla University)とは、現在のインドビハール州東部に存在した大学。西方のビハール州中部にあったナーランダー大学と共に、後期インド仏教の主要な拠点となった。ヴィクラマシーラ僧院、ヴィクラマシーラ大僧院、超岩寺、超戒寺とも。.

新しい!!: インドとヴィクラマシーラ大学 · 続きを見る »

ヴィクラント (空母・2代)

ヴィクラント (Vikrant) はインド海軍の航空母艦。現在インド海軍が推進しているADS(Air Defence Ship,防空艦)計画の1番艦でインド初の国産空母である。STOBAR空母であり、同級2隻を含めた計3隻の建造が予定されている。 艦名の「Vikrant」とは先代と同じくヒンディー語で「勇敢な」「強い」の意味である。艦のモットーも、先代から継承している。.

新しい!!: インドとヴィクラント (空母・2代) · 続きを見る »

ヴィクトリア (イギリス女王)

ヴィクトリア(、1819年5月24日 - 1901年1月22日)は、イギリス・ハノーヴァー朝第6代女王(在位:1837年6月20日 - 1901年1月22日)、初代インド皇帝(女帝)(在位:1877年1月1日 - 1901年1月22日)。 ハノーヴァー朝第3代国王ジョージ3世の孫。エドワード7世、ドイツ皇后ヴィクトリア、 ヘッセン大公妃アリスの母。2017年現在のイギリス女王であるエリザベス2世の高祖母にあたる。 世界各地を植民地化・半植民地化して繁栄を極めた大英帝国を象徴する女王として知られ、その治世は「ヴィクトリア朝」と呼ばれる。在位は63年7か月にも及び、歴代イギリス国王の中ではエリザベス2世に次ぐ長さである。.

新しい!!: インドとヴィクトリア (イギリス女王) · 続きを見る »

ヴィシュヴァカルマン

ヴィシュヴァカルマン(viśvakarman, विश्वकर्मा)は、インド神話においてあらゆるものを設計したといわれる神。その意味はサンスクリット語で「全てをなすもの」「全知であるもの」である。仏典では毘首羯摩天・自在天王・工巧天・巧妙天などと漢訳されている。ヴィシュヴァカルマとも呼ばれる。 彼の娘サンジュニャーは太陽神スーリャ(あるいはヴィヴァスヴァット)の妻。 『リグ・ヴェーダ』では、あらゆる方角に眼、顔、手、足を持ち、天地を創造した唯一にして万能の神と述べられているが、後の文献ではもっぱら工匠神として活躍する。彼は太陽神スーリャ(ヴィヴァスヴァットとも)の光を削り取って神々の武器を作り出したとされる。また『ラーマーヤナ』では羅刹族の居城であるランカー島の都市の建設はヴィシュヴァカルマンの仕事であり、その壮麗さが繰り返し述べられ、クベーラ神に与えられ、後に羅刹王ラーヴァナの手に落ちた天を翔る戦車プシュパカ・ラタや、聖仙アガステャから英雄ラーマに授けられた黄金弓ブラフマダッタもヴィシュヴァカルマンの作とされる。またティローッタマーはヴィシュヴァカルマンが創造した特別な天女という。 しばしば同様の性格を持つトヴァシュトリ神と混同される場合がある。 現在でも物造りや技術、機械の神様として、インドの各工場で祀られている。.

新しい!!: インドとヴィシュヴァカルマン · 続きを見る »

ヴィジャヤナガル王国

ヴィジャヤナガル王国(ヴィジャヤナガルおうこく、Vijayanagar Empire、విజయనగర సామ్రాజ్యము、、ವಿಜಯನಗರ ಸಾಮ್ರಾಜ್ಯ、、விஜய நகர சாம்ராஜ்யம்)とは、14世紀初頭から17世紀中頃にいたるまで、カルナータカ州南部およびアーンドラ・プラデーシュ州南部、言い換えれば、トゥンガバドラー川およびクリシュナ川以南からコモリン岬に至る南インドを支配したヒンドゥー王朝(1336年 - 1649年)。ヴィジャヤナガル朝(Vijayanagar dynasty)とも呼ばれる。首都はヴィジャヤナガル、ペヌコンダ、チャンドラギリ、ヴェールール。 サンガマ朝(Sangama dynasty, 1336年 - 1486年)、サールヴァ朝(Saluva dynasty, 1486年 - 1505年)、トゥルヴァ朝(Tuluva dynasty, 1505年 - 1569年)、(Aravidu dynasty, 1569年 - 1649年)の4つの王朝が交替してヴィジャヤナガルに首都を置いたため、総称的に首都名を王国の名称に冠している。.

新しい!!: インドとヴィジャヤナガル王国 · 続きを見る »

ヴェンカタ2世

ヴェンカタ2世(テルグ語:వేంకట, タミル語:வெங்கட, Venkata II, ? - 1614年10月)は、南インドのヴィジャヤナガル王国、アーラヴィードゥ朝の君主(在位:1586年 - 1614年)。本名はヴェンカタパティ・デーヴァ・ラーヤ(Venkatapati Deva Raya)という。 ヴィジャヤナガル王国最後の偉大な王と呼ばれ、デカンのビジャープル王国とゴールコンダ王国を撃退して、内政面でも統治に尽力し、その28年の治世の間に王国に最後の輝きを与えた。.

新しい!!: インドとヴェンカタ2世 · 続きを見る »

ヴェーダ

ヴェーダ(वेद、Veda)とは、紀元前1000年頃から紀元前500年頃にかけてインドで編纂された一連の宗教文書の総称。「ヴェーダ」は「知識」の意である。 バラモン教の聖典で、バラモン教を起源として後世成立したいわゆるヴェーダの宗教群にも多大な影響を与えている。長い時間をかけて口述や議論を受けて来たものが後世になって書き留められ、記録されたものである。 「ヴェーダ詠唱の伝統」は、ユネスコ無形文化遺産保護条約の発効以前の2003年に「傑作の宣言」がなされ、「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に掲載され、無形文化遺産に登録されることが事実上確定していたが、2009年9月の第1回登録で正式に登録された。.

新しい!!: インドとヴェーダ · 続きを見る »

ボリウッド

ボリウッド(、、)とは、インド・ムンバイのインド映画産業全般につけられた俗称。ムンバイの旧称「ボンベイ」の頭文字「ボ」と、アメリカ映画産業の中心地「ハリウッド」を合わせてつけられた。 ボリウッド(ヒンディー語・ウルドゥー語、あるいはヒンドゥスターニー語)及びその他の地域の映画産業(タミル語、マラーティー語、ベンガル語、テルグ語、マラヤーラム語、カンナダ語)等と合わせるとインドの映画産業(作品数、入場者数で)は全体で世界最大の規模を誇る。インド映画はインドのみならず、他の南アジア諸国、中近東、アフリカの一部、東南アジアの一部、世界中の海外在住のインド人社会などでも人気の文化となっている。特に、イギリス、カナダ、オーストラリア、アメリカなどインド出身の移民が多い国々で人気がある。 また、劇中の台詞や挿入歌などでの英語も増えてきている。字幕や多言語サウンドトラックなども使い、2、3カ国語の登場する映画もいくつか作られている。 ボリウッド映画の多くは、この町にある広大な敷地の撮影所「フィルム・シティー(Film City)」で制作されている。.

新しい!!: インドとボリウッド · 続きを見る »

ボロブドゥール遺跡

ボロブドゥール寺院遺跡 ボロブドゥール遺跡(ボロブドゥールいせき、Borobudur)は、インドネシアのジャワ島中部のケドゥ盆地に所在する大規模な仏教遺跡で世界的な石造遺跡。世界最大級の仏教寺院であり、「ボロブドゥール寺院遺跡群」の一部としてユネスコの世界遺産に登録されている。インドから東南アジアに伝播した仏教は一般に部派仏教(上座部仏教)と呼ばれる仏教であったが、ボロブドゥールは大乗仏教の遺跡である。2010年ムラピ山の灰で被害を受けた。 ボロブドゥールの円形壇上の仏塔と仏像.

新しい!!: インドとボロブドゥール遺跡 · 続きを見る »

ヌーリスターン語群

* ヌーリスターン語群(Nuristan)、またはカーフィル語群(Kafir)とは、パキスタンからアフガニスタンにかけて分布する言語のグループで、インド・ヨーロッパ語族のインド・イラン語派に属する。.

新しい!!: インドとヌーリスターン語群 · 続きを見る »

ボーパール

ボーパール(、)は、インド中部のマディヤ・プラデーシュ州の州都である。面積308平方キロメートル、2011年現在の人口は約180万人。 日本では英語表記を基にした「ボパール」という表記が多いが、現地語での表記においては最初の音節「ボ」も長母音である。 この都市にある米国企業ユニオンカーバイド社の化学工場で、1984年に起こった事故については、ボーパール化学工場事故を参照。.

新しい!!: インドとボーパール · 続きを見る »

ボパール化学工場事故

ボパール化学工場事故(ボパールかがくこうじょうじこ、Bhopal disaster)とは、1984年にインドのマディヤ・プラデーシュ州ボパールで発生した化学工場からのガス漏れ事故である。 のとされる。 1984年12月の2日から3日にかけて社(UCIL)のマディヤ・プラデーシュ州ボパールの農薬製造プラントで発生した。 500,000名以上がイソシアン酸メチル(MIC)のガスや他の化学物質に曝露した。 強い毒性を持つガスはプラントのそばのを直撃した。 死者数は推計によって異なる。 公式の中間発表では死者数は2,259名とされた。 マディヤ・プラデーシュ州政府は3,787名の事故関連の死者を確認している 。 2006年の政府の陳述書によれば、事故によって558,125名が負傷し、そのうち38,478名が一時的なもので、約3,900名が後遺症の残る深刻なものであったとされる。 また別の推計では2週間のうちに8,000名が死亡し、その後更に8,000名以上が事故が原因の病気で亡くなったとされる。 事故原因については論争がある。 インド政府および地元活動家は、怠慢な経営による保守作業の先送りにより、定期的な配管保守の際に水がMICタンクへ逆流するような状況が発生し、事故が起こったと主張する。 ユニオンカーバイド社(UCC)はサボタージュ行為によって水がタンクに混入したと主張する。 工場の所有者であるUCILはその過半数の株式をUCCが所有しており、インド政府系銀行とが49.1%を持っていた。 1989年にUCCは事故訴訟を解決するため4.7億米ドル(2014年の価値で9.07億米ドル)を支払った。 1994年にはUCCはUCILの株式を (EIIL)に売却し、その後EIILはと合併した。 EIILは1998年に事故現場の除染が終わると、99年の借地契約を終え、土地の管理権を州政府に返上した。 事故の17年後の2001年、ダウ・ケミカルはUCCを買収した 民事および刑事訴訟がボパールので行われ、UCCおよび事故時のCEOが訴追された。 2010年6月にはUCILの会長を含む7名の元従業員がボパールの裁判所で過失致死罪により禁錮2年とそれぞれ2,000米ドルの罰金を宣告された。これはのもとでは最高刑であった。 8名の前従業員もまた有罪判決を受けたが、判決前に既に死亡していた。 アンダーソンは2014年9月29日に死亡した。 2014年現在でも、工場から漏れ出した化学物質による周辺住民への健康被害が続いている。また、工場を管理していたユニオンカーバイド社への訴訟や責任問題は未解決である。.

新しい!!: インドとボパール化学工場事故 · 続きを見る »

ボド語

ボド語(बर'、)は、北東インドとネパールに住むが話す言語である。アッサム州の公用語の一つであり、インド憲法の第8付則言語の一つでもある。.

新しい!!: インドとボド語 · 続きを見る »

トマス派

トマス派は、インド南部に存在するキリスト教の一派。東方諸教会のひとつ。 伝説によれば、東方に宣教してその地で殉教したとされる十二使徒のひとりトマスが、インドに渡って布教したことに始まるとされる。ただし、実際にはイランから渡ってきたネストリウス派に起源を持つと推定されている。 ポルトガル人がインドに来航するとカトリックを受け入れるものとそうでないものに分かれ、前者は東方典礼カトリック教会を形成し、後者はシリアから伝わったヤコブ派を受け入れてインド正教会と呼ばれる教会を立てた。 category:非カルケドン派 Category:ネストリウス派 Category:東方典礼カトリック教会 category:インドのキリスト教.

新しい!!: インドとトマス派 · 続きを見る »

トラ

トラ(虎、Panthera tigris)は、食肉目ネコ科ヒョウ属に分類される食肉類。.

新しい!!: インドとトラ · 続きを見る »

トリプラ州

トリプラ州(英語:Tripura、ベンガル語:ত্রিপুরা)は、インドの東部にある州の一つ。州都はアガルタラ。ベンガル語とコクバラ語が公用語とされる。人口は約319万人(2001年)。.

新しい!!: インドとトリプラ州 · 続きを見る »

トリツ族

トリツ族が活動した五河地方(パンジャーブ) トリツ族(サンスクリット語 तृत्सु Tritsu)は、古代インドの宗教文献『リグ・ヴェーダ』に現れる、インド・アーリア人の一部族の名称。 『リグ・ヴェーダ』の考察から、インド・アーリア人は、現在のアフガニスタン東部からインドのパンジャーブ州およびウッタル・プラデーシュ州にあたると推測される、「七つの川の地」と呼ばれる地域に移住してきた。その当時に、インド・アーリア人は基本的に、パンチャジャナと呼ばれる5つの部族に分かれていたと考えられ、トリツ族はそのうちのひとつである。.

新しい!!: インドとトリツ族 · 続きを見る »

トリニダード・トバゴ

トリニダード・トバゴ共和国(トリニダード・トバゴきょうわこく、)、通称トリニダード・トバゴは、カリブ海の小アンティル諸島南部に位置するトリニダード島とトバゴ島の二島と属領からなる共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。島国であり、海を隔てて北にグレナダ、北東にバルバドス、南にベネズエラが存在する。首都はポートオブスペイン。 リンボーダンスやスティールパンで有名である。アフリカ系とインド系の住民が拮抗している。.

新しい!!: インドとトリニダード・トバゴ · 続きを見る »

トゥエンティ20

トゥエンティ20(トゥエンティトゥエンティ, Twenty20)は、クリケットの試合形式の一つである。 従来のクリケットと違い、短い時間で試合が終わるという利点がある。観客数が伸び悩んでいたイギリスのクリケット団体はこの形式を採用し、観客増を試みている。イングランド・ウェールズ・クリケット協会(England and Wales Cricket Board、略称ECB)で2003年に導入した。 トゥエンティ20は両チームともに1イニングのみ、20(120球)限定のルールである。試合は1イニング75分ずつで、合計約2時間半で終わるため、他の人気スポーツの試合と同じくらいの長さとなる。観客やテレビ中継の視聴者に魅力的になるよう配慮され、その点は成功している。但しイングランド・ウェールズ・クリケット協会はトゥエンティ20が他のクリケット試合方式にとって替わるものではなく、引き続き競技されるものとしている。 このルール発表後、さまざまな国でも導入されることとなった。国際大会では少なくとも一回はこのルールでの試合が開催され、国内大会でも試験的に導入されている国が多い。世界初のトゥエンティ20国際大会であるICCワールド・トゥエンティ20は2007年に南アフリカにて実施され、インドがパキスタンを下し優勝した。インディアン・プレミアリーグが現在トゥエンティ20としては最大規模で最も人気がある。 現在トゥエンティ20・インターナショナル(T20I)には下記の17の国が参加している。 また、国内試合でトゥエンティ20型式を導入している国としては、イングランド、パキスタン、南アフリカ、スリランカ、オーストリア、ニュージーランド、西インド諸島、インド、ジンバブエ、ケニア、カナダ、アメリカ合衆国などがある。日本でもジャパンカップ、学生選手権、2013年開始の日本プレミアリーグはトゥエンティ20型式で行われている。 アジア競技大会では2010年より、トゥエンティ20型式でクリケット競技が新設された。(アジア競技大会クリケット競技も参照).

新しい!!: インドとトゥエンティ20 · 続きを見る »

トゥグルク朝

トゥグルク朝(トゥグルクちょう、Tughluq dynasty)またはトゥグルク・シャーヒー朝(تغلق شاهیان 転写: Tuġlaq šahian、Tughluq Shahian)は、デリー・スルターン朝の3番目の王朝であるトルコ系のイスラーム王朝(1320年 - 1413年または1414年)。首都はデリー(一時的にダウラターバード)。北インド、デカン、南インドを支配した。トゥグルグ朝はインドにおけるイスラーム王朝の統治を固めるために様々な政策を実施した(官僚機構の整備、経済政策、司法行政、遷都など)。.

新しい!!: インドとトゥグルク朝 · 続きを見る »

ブラックストーン・グループ

ブラックストーン・グループ(The Blackstone Group、)は、大手の投資ファンド運用会社である。リーマン・ブラザーズを退職したとによって1985年に設立された。 本社は、ニューヨークの51丁目パークアベニューのリバーハウスにあり、支社は、アトランタ、ボストン、ロンドン、ハンブルク、パリ、ムンバイ、香港にある。 最も大きな上場株投資会社の一つである。 現在ブラックストーンのビジネスはバイアウト・ファンドだけにとどまらず、不動産ファンド部門、ヘッジファンドなどを含む市場性 オルタナティブ投資ファンド部門、財務アドバイザリー部門の4つのセグメントからなっており、運用資産1191億1500万ドル(2010年現在)に及ぶ総合 オルタナティブ投資会社となっている。 2007年の上場時には中国投資有限責任公司が30億ドル相当の非議決権株式を取得した。ブラックストーンが保有する資産には、軍事・衛星技術関連の会社が含まれると指摘され、この技術が中国政府に渡らないように米政府は懸念している。創業者でCEOのスティーブ・シュワルツマンは中国の清華大学に3億ドルを寄付して経済管理学院顧問委員会に名を連ねて自らの名のついたカレッジも設立している親中家であり、シュワルツマンはドナルド・トランプ米大統領の古くからの友人で顧問でもあり、議長に選ばれるなど米政府の対中外交に一定の影響力を有している。 名前の類似する資産運用会社ブラックロックはブラックストーンの債券運用部門として設立されたが、1995年に売却されている。 ブラックストーンの名称は、創設者の姓の一部から来る。スティーブ・シュワルツマンのSchwarzは、ドイツ語で「黒」(ブラック)、ピーター・G・ピーターソンのPeterはギリシャ語で「石」(ストーン)を意味し、ここから名付けられた。.

新しい!!: インドとブラックストーン・グループ · 続きを見る »

ブラジル

ブラジル連邦共和国(ブラジルれんぽうきょうわこく、República Federativa do Brasil)、通称ブラジルは、南アメリカに位置する連邦共和制国家である。南米大陸で最大の面積を占め、ウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、ペルー、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム、フランス領ギアナ(つまりチリとエクアドル以外の全ての南米諸国)と国境を接している。また、大西洋上のフェルナンド・デ・ノローニャ諸島、トリンダージ島・マルティン・ヴァス島、セントピーター・セントポール群島もブラジル領に属する。その国土面積は日本の約22.5倍で、アメリカ合衆国よりは約110万km2(コロンビア程度)小さいが、ロシアを除いたヨーロッパ全土より大きく、インド・パキスタン・バングラデシュの三国を合わせた面積の約2倍に相当する。首都はブラジリア。 南アメリカ大陸最大の面積を擁する国家であると同時にラテンアメリカ最大の領土、人口を擁する国家で、面積は世界第5位である。南北アメリカ大陸で唯一のポルトガル語圏の国であり、同時に世界最大のポルトガル語使用人口を擁する国でもある。公用語はポルトガル語ではあるがスペイン語も比較的通じる。ラテンアメリカ最大の経済規模であり、同時に世界で7番目の経済規模でもある。 ブラジルは全体的に低緯度(北部は赤道直下)で、尚且つ海流等の影響もあり気候は大変温暖であり、ポルトガルによる植民地支配が厳格化する17世紀半頃までは、ほとんどの原住民は男女とも全裸に首飾り等の装飾品を付けた状態で生活していたという。.

新しい!!: インドとブラジル · 続きを見る »

ブリスベン

ブリスベン(Brisbane)は、オーストラリア連邦クイーンズランド州南東部(サウス・イースト・クイーンズランド地域)に位置する州都。 シドニー、メルボルンに次ぐオーストラリア第三の都市であり、オセアニア有数の世界都市。オーストラリア英語での発音は(ブリズベン)であるが、ここでは日本の外務省の表記にならった。.

新しい!!: インドとブリスベン · 続きを見る »

ブリタニカ百科事典

ブリタニカ百科事典(ブリタニカひゃっかじてん、)は、英語で書かれた百科事典である。110人のノーベル賞受賞者と5人のアメリカ合衆国大統領を含む4,000人以上の寄稿者と専任の編集者約100人によって書かれており、学術的に高い評価を受けている。 英語の百科事典としては最古のものであり、今もなお製作されている。1768年から1771年にかけて、エディンバラで3巻の百科事典として発行されたのが始まりである。収録された記事は増えていき、巻数は第2版で10巻、第4版(1801年から1810年)では20巻となった。学術的な地位の向上は高名な寄稿者を招くのに役立ち、第9版(1875年から1889年)と第11版(1911年)は、文体と学術的知識において画期的なものとなった。版権が米国に移った第11版からは北米市場に売り込むため短く簡潔な記事となっていった。1933年、ブリタニカは百科事典としては初めて継続的な改訂が行われるようになった。2012年3月ブリタニカ社は、紙の書籍としての発行を取り止めオンライン版 に注力すると発表し、2010年に32巻で印刷されたものが紙の書籍としては最後となった。 1972年より日本語版もあり、『ブリタニカ国際大百科事典』(Britannica International Encyclopædia)として出版されている。 第15版からは三部構成となっている。短い記事(ほとんどが750語以下からなる)のマイクロペディア(小項目事典)12巻、長い記事(2~310ページ)のマクロペディア(大項目事典)19巻、そして知識を系統立てる、もしくは概観を示すプロペディア(総論・手引き)1巻である。マイクロペディアは簡単な調べ物やマクロペディアの手引書としての役割を担っている。記事の概観や詳細を知るためにはプロペディアを閲覧することが推奨されている。ブリタニカはおよそ50万の記事が約4000万語で記述されており、70年以上ほぼ一定に保たれている。1901年以降は米国を拠点に出版されてきたが、主にイギリス英語で書かれている。.

新しい!!: インドとブリタニカ百科事典 · 続きを見る »

ブルースター作戦

アムリトサルの黄金寺院 ブルースター作戦(ブルースターさくせん、ਬਿਲਯੂ ਸਟਾਰ, बिल्यू स्टार )(1984年6月3日 - 6日)は、アムリトサルにある黄金寺院に拠点を置いたシク教過激派を排除するために、当時のインド首相インディラ・ガンディーの命により行われたインド軍による作戦である。黄金寺院事件とも。.

新しい!!: インドとブルースター作戦 · 続きを見る »

ブータン

ブータン王国(ブータンおうこく、)、通称ブータンは、南アジアの国家。北は中国、東西南はインドと国境を接する。国教は仏教(ドゥク・カギュ派)。民族はチベット系8割、ネパール系2割。公用語はゾンカ語。首都はティンプー。 国旗はその模様が複雑で、竜のうろこが細かく描かれている。国花はメコノプシス=ホリドゥラ、国樹はイトスギ、国獣はターキン、国鳥はワタリガラス、国蝶はブータンシボリアゲハ。 長年鎖国政策をとっていたが、1971年に国際連合加盟。翌年に国民総幸福量という功利主義を採用した。.

新しい!!: インドとブータン · 続きを見る »

ブッダガヤの大菩提寺

ブッダガヤの大菩提寺(ブッダガヤのだいぼだいじ)またはマハーボーディ寺院(महाबोधी मंदिर Mahābōdhi Vihāra、Mahabodhi Temple)はインド、ブッダガヤにある寺院。古い煉瓦構造建築様式の1つである。 ユネスコにより世界遺産に登録されている。 釈迦牟尼が悟りを開いた場所であり、ビハール州パトナーからおよそ96km離れたところに位置している。 紀元前約530年、僧として放浪している釈迦牟尼がガンジス川支流の森の岸に着いたその位置を示すために造られた。 長らくヒンドゥー教の管理下にあり、寺院が整備されず荒廃していたが、1949年にヒンドゥー教徒と仏教徒の各4名と政府要員1名による管理となった。さらに1992年には佐々井秀嶺などによるブッダガヤ奪還運動が行われ、近年では仏教徒のみによる管理へと移行しつつある。 2013年7月7日、爆弾テロ事件が発生し2名のビルマ人、チベット人仏教僧侶をふくむ5名が負傷した。.

新しい!!: インドとブッダガヤの大菩提寺 · 続きを見る »

ブッカー賞

ブッカー賞(ブッカーしょう)はイギリスの文学賞。世界的に権威のある文学賞の一つ。 その年に出版された最も優れた長編小説に与えられる。選考対象は、イギリス連邦およびアイルランド国籍の著者によって英語で書かれた長編小説。小説に与える賞であるため、同一作家が複数回受賞することもある。賞金は50000ポンド(2002年までは21000ポンド)。 1968年、フランスのゴンクール賞のような賞をイギリスにもという提案により、イギリスの小売業者ブッカー・マコンネル社の後援のもと創設された。創設に携わった編集者のトム・マシュラーは、ソサエティ・オブ・ヤング・パブリッシャーズでの話がきっかけだったとしている。2002年からは運営がブッカー賞財団に移転、財団のタイトルスポンサーは投資会社のマン・グループである。それに伴い、名称もブッカー・マコンネル賞 (The Booker-McConnell Prize for Fiction) から、マン・ブッカー賞 (The Man Booker Prize for Fiction) に変更した。ブッカー賞、Booker Prize、the Bookerという呼称は通称。 1992年にはロシア・ブッカー賞、2005年にはブッカー国際賞 (The Man Booker International Prize)が設立されている。1993年にブッカー賞中のブッカー賞 (Booker of Bookers Prize) として、サルマン・ラシュディの『真夜中の子供たち』(Midnight's Children、1981年受賞)が選ばれた。.

新しい!!: インドとブッカー賞 · 続きを見る »

ブクサールの戦い

ブクサールの戦い(ブクサールのたたかい、ヒンディー語:बक्सर का युद्ध, 英語:Battle of Buxar)は、1764年10月23日にインドのブクサールにおいて、イギリス東インド会社とムガル帝国、アワド太守、前ベンガル太守のインド側連合軍との間に行われた戦い。バクサールの戦いとも呼ばれる。 この戦いはプラッシーの戦いとは比べものにならない程の激戦であった。イギリスはこの戦いに圧勝し、その後の講和条約でベンガル、ビハール、オリッサのディーワーニー(収租権)を認められ、事実上支配することとなった。.

新しい!!: インドとブクサールの戦い · 続きを見る »

プネー

プネー(Pune पुणे)は、デカン高原に位置するインド・マハーラーシュトラ州、プネー県(英語版)の都市。同州で二番目に大きな都市。 植民地時代に付けられた英語名称「プーナ(Poona)」も以前は公的な名称として併用されていたが、1999年に現地マラーティー語での名称「プネー」が公式名称として採用された。現在でもプーナの名称は非公式ながら広く使われている。(なお、前述の両名称を混同した「プーネ」という表記は誤りである。).

新しい!!: インドとプネー · 続きを見る »

プランテーション

プランテーション (plantation) とは、大規模工場生産の方式を取り入れ、熱帯、亜熱帯地域の広大な農地に大量の資本を投入し、単一作物を大量に栽培する(モノカルチャー)大規模農園またはその手法をさす。 先住民や黒人奴隷などの熱帯地域に耐えうる安価な労働力を使う場合が多いが、現代では途上地域などの現地雇用を主な働き手とする場合が増えている。経営主体は、国営/企業/民間など様々である。経営する側をプランターと呼ぶ場合もある。生産国の経済を支え、日本を含め諸国が安価な輸入品を享受できる一面を持ちながら、後述の問題をはらんでいる。.

新しい!!: インドとプランテーション · 続きを見る »

プラーナ

プラーナ(प्राण、) は、サンスクリットで呼吸、息吹などを意味する言葉である。日本語では気息と訳されることが多い。 インド哲学では、同時に人間存在の構成要素の1つである風の元素をも意味している。そして生き物 (すなわち息物) の生命力そのものとされ、やがてその存在はアートマンの根拠にまで高められた。.

新しい!!: インドとプラーナ · 続きを見る »

プラーナ文献

プラーナ文献(18世紀後半) プラーナ文献若しくはプラーナ(पुरा&#x0923) とは、サンスクリットのプラーナム・アーキヤーナム (पुराणमाख्यानम&#x094d)すなわち「古き物語」を意味する言葉の略称で呼称される一群のヒンドゥー聖典の総称である。 内容は、ヒンドゥー教諸神の神話・伝説、賛歌、祭式など、また宗派神崇拝のための斎戒儀礼や巡礼地の縁起、祖霊祭、神殿・神像の建立法、カースト制度、住期の義務、さらには哲学思想、医学、音楽など、ヒンドゥー教のあらゆる様相を示す百科全書とも言うべき広がりを見せている。 プラーナは「第5のヴェーダ」とも呼ばれ、その多くの著述を、天の啓示を受けてこれらを伝え、『マハーバーラタ』の著述者でもあるとされる伝説上のリシ(聖仙)ヴィヤーサ のものとする。 古いバラモン教の文献及び法典のなかで、通常イティハーサ とともに言及され、前5世紀の語源学者も「古伝書の流れをくむ輩」の見解に触れ、後代の注釈家は、これを「プラーナの知者」「プラーナの流れをくむ輩」と注するから、古くヴェーダ解釈者の中に、このような一群の人々の存在が推定される。 6世紀頃の辞典『アマラコーシャ』などにみられる古典的定義によれば、プラーナにはパンチャ・ラクシャナ()つまり以下の五つの主題が備わっているとされる。;創造 (sarga);再創造 (pratisarga);系譜;マヌの劫期 (manvantara);王朝史 ただし、これらはむしろプラーナの原型・古型となった古史古伝の特徴と考えるべきで、現存のプラーナにはこうした要素は一部しか、また少ししか含まないものもある。 現存のプラーナは、叙事詩と同様、主としてシュローカ()と呼ばれる平易な16音節2行の詩型で書かれ、古典サンスクリットの文法には合わない形も多い。 後述する18の「大プラーナ」と多数の「副プラーナ」によって構成される。.

新しい!!: インドとプラーナ文献 · 続きを見る »

プラッシーの戦い

プラッシーの戦い(プラッシーのたたかい、পলাশীর যুদ্ধ、Battle of Plassey)は、1757年6月23日にインドのベンガル地方の村プラッシーにおいて、 イギリス東インド会社の軍とベンガル太守(ムガル帝国の地方長官)と後援するフランス東インド会社の連合軍との間で行われた戦い。 この戦いは七年戦争とも関係し、イギリス・フランス間の植民地を巡る戦いの1つでもあった。また、この戦いを機にベンガル太守はイギリスに従属していくようになり、徐々に傀儡化していった。.

新しい!!: インドとプラッシーの戦い · 続きを見る »

プラティーハーラ朝

プラティーハーラ朝(プラティーハーラちょう、英語:Pratihara dynasty)とは、8世紀後半から11世紀初頭まで、北西インドを支配したラージプートのヒンドゥー王朝(750年頃 - 1018年あるいは1036年)。首都はカナウジ。.

新しい!!: インドとプラティーハーラ朝 · 続きを見る »

プルデンシャル・ファイナンシャル

プルデンシャル ファイナンシャル(Prudential Financial, Inc.)は、生命保険を主業としたアメリカ合衆国に本社をおく世界最大級の金融サービス機関。140年以上の歴史を有し、世界40カ国以上の法人および個人の顧客に金融商品とサービスを提供している。.

新しい!!: インドとプルデンシャル・ファイナンシャル · 続きを見る »

プロレス

プロレスは、リング上で主に観客へ見せることを目的とした攻防を展開する、格闘技を基本としたスポーツのことである。もしくは、その試合を複数展開することにより開催される興行のことである。正式名称はプロフェッショナルレスリング(Professional Wrestling)、興行レスリング、職業レスリングとも呼ばれる。古くは西洋相撲(角力)と呼ばれた。アメリカなどの国では単に「レスリング」と呼ばれることも多い。メキシコでは「ルチャリブレ」誠文堂新光社刊「プロレス語辞典」榎本タイキ著 、ヨーロッパでは「キャッチ」と呼ばれる。 試合は打撃、投げ技、関節技、時には凶器などを用いて行われて試合において闘う者をプロレスラーもしくはレスラーと呼ぶ。 アメリカ、メキシコ、日本などにおいて歴史があり複数のプロレス団体を有しており全国各地で興行が連日行われている。プロレス興行がない国においてもテレビとインターネットを通じて世界中の人にも楽しまれている。.

新しい!!: インドとプロレス · 続きを見る »

プロテスタント

プロテスタント(Protestantism、Protestant)は、宗教改革運動を始めとして、カトリック教会(または西方教会)から分離し、特に(広義の)福音主義を理念とするキリスト教諸教派を指す。日本ではカトリック教会(旧教)に対し、「新教」(しんきょう)ともいう。.

新しい!!: インドとプロテスタント · 続きを見る »

プール族

十王戦争の戦場となった五河地方(パンジャーブ) プール族(サンスクリット語 पूरु Pūru)は、古代インドの宗教文献『リグ・ヴェーダ』に頻繁に言及される部族の名称。あるいは、トリツ族なども元来はプール族から出たものであり、プール族を複数の部族の連合体と捉える場合もある。.

新しい!!: インドとプール族 · 続きを見る »

パハルプールの仏教寺院遺跡群

パハルプールの仏教寺院遺跡群はバングラデシュ、ラジシャヒ管区にある仏教寺院の跡。.

新しい!!: インドとパハルプールの仏教寺院遺跡群 · 続きを見る »

パラボラアンテナ

多重無線用のパラボラアンテナ 衛星通信用のパラボラアンテナ パラボラアンテナの動作原理 パラボラアンテナ(parabolic antenna, parabola antenna)は、放物曲面をした反射器(放物面反射器 parabolic reflector)を持つ凹型アンテナ。形状からディッシュアンテナ(dish:皿)ともいう。.

新しい!!: インドとパラボラアンテナ · 続きを見る »

パリ条約 (1763年)

パリ条約(パリじょうやく、英語: Treaty of Paris、フランス語: Traité de Paris)は、ヨーロッパの七年戦争と北アメリカ大陸のフレンチ・インディアン戦争とインドのカーナティック戦争などの講和条約。1763年2月10日にイギリス、フランス、スペインの間で締結され、欧州外での覇権は(西欧諸国の中では)イギリスが握る時代の幕開けとなった。.

新しい!!: インドとパリ条約 (1763年) · 続きを見る »

パンデミック

300px パンデミック()あるいは世界流行とは、ある感染症(特に伝染病)が、顕著な感染や死亡被害が著しい事態を想定した世界的な感染の流行を表す用語である。ただし英語のの意味は、「流行」という現象と「流行病」という病気との双方である。前者は不可算名詞で、後者は可算名詞である。 語源はギリシア語の(pandemia)で、(pan, 全て)+ (demos, 人々)を意味する。 2014年現在の世界は、航空機などの輸送機関の発達によりパンデミックが起こりやすい状況になっているため、検疫を行うなど感染症の流入を防ぐ対策がとられている。.

新しい!!: インドとパンデミック · 続きを見る »

パンジャーブ

1909年のパンジャーブ地図 赤い城(デリー) 時計塔(ファイサラーバード) パンジャーブ(PunjabあるいはPanjab、パンジャブとも)は、インド北西部からパキスタン北東部にまたがる地域。 インド・パキスタンの分割の際に、インド側とパキスタン側に分割されている。.

新しい!!: インドとパンジャーブ · 続きを見る »

パンジャーブ州 (インド)

パンジャーブ州(ਪੰਜਾਬ、पंजाब、Punjab)は、インド北西部の州。州都はチャンディーガル。.

新しい!!: インドとパンジャーブ州 (インド) · 続きを見る »

パンジャーブ語

パンジャーブ語(パンジャーブご、Panjabi or Punjabi、グルムキー文字: ਪੰਜਾਬੀ, シャームキー文字)は、インドとパキスタンにまたがるパンジャーブ地方の言語である。パンジャービー語とも称される。インド・アーリア語派に属し、語順はSOV型である。 話者数で言えば、南アジアの言語のうち、ヒンディー語・ベンガル語に次ぐ規模を持ち、世界的に見ても大言語であるが、そのわりにパンジャーブ語の社会的な地位は必ずしも高くない。.

新しい!!: インドとパンジャーブ語 · 続きを見る »

パーラ朝

パーラ朝(パーラちょう、英語:Pala dynasty、ベンガル語: পাল সাম্রাজ্য (Pal Shamrajjo))は、8世紀後半から12世紀後半まで、北東インド(ベンガル地方とビハール地方を中心とした地域)を支配した仏教王朝(750年 - 1162年あるいは1174年)。首都はパータリプトラ、ガウル。.

新しい!!: インドとパーラ朝 · 続きを見る »

パーリ仏典

パーリ仏典(パーリ語仏典、パーリ聖典、)、あるいはパーリ三蔵(Tipiṭaka, ティピタカ、三蔵のこと)は、南伝の上座部仏教に伝わるパーリ語で書かれた仏典である。北伝の大乗仏教に伝わる漢語・チベット語の仏典と並ぶ三大仏典群の1つ。 パーリ経典(パーリ語経典)とも呼ばれることがあるが、これだと仏典よりも狭い限定的な意味のニュアンスを持った表現となる。 日本でも戦前に輸入・翻訳され、漢訳大蔵経(北伝大蔵経)、チベット大蔵経に対して、『南伝大蔵経』『パーリ大蔵経』(パーリ語大蔵経)などとしても知られる。.

新しい!!: インドとパーリ仏典 · 続きを見る »

パータリプトラ

パータリプトラ(サンスクリット語:Pātaliputra、パーリ語:Pātaliputta, パータリプッタ、ギリシア語:Palibothra、漢:華氏城)は、マガダ国の都として繁栄した古代インド世界の中心都市の1つ。現在のビハール州の州都パトナにあたる。.

新しい!!: インドとパータリプトラ · 続きを見る »

パッラヴァ朝

パッラヴァ朝(Pallava)は、3世紀後半から893年までカーンチープラムを首都として南インド東海岸(コロマンデル海岸)地方及びスリランカ島の一部を支配したタミル系王朝である。 首都はカーンチープラム 。.

新しい!!: インドとパッラヴァ朝 · 続きを見る »

パッタダカル

パッタダカル(Pattadakal、カンナダ語:ಪಟ್ಟದಕಲ್)は、インドのカルナータカ州北部に立地する村。.

新しい!!: インドとパッタダカル · 続きを見る »

パトナ

パトナ(、)は、インドのビハール州の州都である。2011年現在の人口は168万人。 原語では最後の音節は長母音である。.

新しい!!: インドとパトナ · 続きを見る »

パガン王朝

パガン王朝(ပုဂံခေတ်)は現在のミャンマーに存在した、ビルマ族最初の王朝である。ビルマ語による年代記(ビルマ語王統史)での雅称はアリー・マッダナ・プーラ(征敵の都)である大野『謎の仏教王国パガン』、100頁。首都はパガン。「パガン」とは「ピュー族の集落」を意味する「ピュー・ガーマ」が転訛したものと考えられている。国王が55代続いたと言うことが一連の伝統的な王統史には書かれてあるが、出土品と碑文によってこの論はおおむね否定されている大野『謎の仏教王国パガン』、130頁。43代以前の王で唯一碑文に名前が刻まれているのはソー・ヤハンであるが、それでさえも彼が王であったことを実証しているとは言い難い。.

新しい!!: インドとパガン王朝 · 続きを見る »

パキスタン

パキスタン・イスラム共和国(パキスタン・イスラムきょうわこく、اسلامی جمہوریہ پاکِستان)、通称パキスタンは、南アジアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はイスラマバード。最大の都市はカラチ。面積は80万kmで日本 (38万km) の約2倍程。東はインド、北東は中華人民共和国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つである。.

新しい!!: インドとパキスタン · 続きを見る »

パキスタン (ドミニオン)

パキスタン()は、かつてパキスタンおよびバングラデシュに存在したイギリス連邦の自治領の一つ。立憲君主制の英連邦王国で、1956年に共和制へ移行するまで存続した。.

新しい!!: インドとパキスタン (ドミニオン) · 続きを見る »

パキスタンの核実験 (1998年)

パキスタンの核実験とは、1998年5月28日と5月30日にパキスタンのバローチスターン州において行われた地下核実験である。 コードネームは実験が行われた場所に因み「チャガイ-I」(Chagai-I)。.

新しい!!: インドとパキスタンの核実験 (1998年) · 続きを見る »

ヒマラヤ山脈

国際宇宙ステーションから撮影したヒマラヤ山脈。チベット高原から南方を見た時の図。エベレストが中央付近に見える。 ヒマラヤ山脈(ヒマラヤさんみゃく、Himalayan Range)は、アジアの山脈で、地球上で最も標高の高い地域である。単にヒマラヤということもある。 ヒマラヤは、インド亜大陸とチベット高原を隔てている無数の山脈から構成される巨大な山脈である。西はパキスタン北部インダス川上流域から、東はブラマプトラ川大屈曲部まで続き、ブータン、中国、インド、ネパール、パキスタンの5つの国にまたがる。いずれも最大級の大河であるインダス川、ガンジス川、ブラマプトラ川、黄河、長江の水源となって数々の古代文明を育み、このヒマラヤ水系には約7億5千万人の人々が生活している(これにはバングラデシュの全人口が含まれる)。ヒマラヤは、広義の意味ではユーラシアプレートとインド・オーストラリアプレートの衝突によって形成された周辺の山脈である、カラコルム山脈、ヒンドゥークシュ山脈、天山山脈、崑崙山脈などを含む。 広義のヒマラヤには、最高峰エベレストを含む、地球上で最も高い14の8,000 m級ピークがあり、7,200 m以上の山が100峰以上存在する。一方で、アジアのこの地域以外には7,000 m以上の山は存在せず、アンデス山脈アコンカグアの6,961 mが最高標高である。 以下では狭義のヒマラヤについて解説する。.

新しい!!: インドとヒマラヤ山脈 · 続きを見る »

ヒマーチャル・プラデーシュ州

ヒマーチャル・プラデーシュ州(、、IPA: )は、インドを構成する州の一つ。州都はシムラー。人口は6,077,248人、面積は55,673km²。.

新しい!!: インドとヒマーチャル・プラデーシュ州 · 続きを見る »

ヒュダスペス河畔の戦い

ヒュダスペス河畔の戦い()は、紀元前326年に行われたアレクサンドロス3世(大王)率いるアルゲアス朝(マケドニア王国)およびインド諸侯の連合軍(以下、「アレクサンドロス軍」と表記)と現代のパンジャーブ地方一帯の領主で(Paurava)首長であったポロス率いる反アレクサンドロス・インド諸侯軍(以下は「ポロス軍」と表記)との戦いである。「ヒュダスペス川の戦い」とも称される。アレクサンドロス軍にとってガウガメラの戦い以来となる戦象を擁する軍との対戦であり、アレクサンドロスにとっては最後の主要な一戦となった。.

新しい!!: インドとヒュダスペス河畔の戦い · 続きを見る »

ヒンディー語

ヒンディー語/ヒンディー (または) は、インドの主に中部や北部で話されている言語で、インドの憲法では連邦公用語としている 。インドで最も多くの人に話されている。.

新しい!!: インドとヒンディー語 · 続きを見る »

ヒンドゥー・ナショナリズム

ヒンドゥー・ナショナリズム(Hindu nationalism)とは、主にインドにおいて有力なヒンドゥー教に基づく政治思想で、インドの歴史における精神的、文化的伝統に基礎を置くナショナリズム的な考え方である。 注意すべき点として、日本のマスコミ報道では、後述するヒンドゥトヴァ(हिन्दुत्व)と一体となって「ヒンドゥー至上主義(supremacy of Hindu beliefs)」と呼ばれることが多いが、日本以外の国では「ヒンドゥー民族主義」(Hindu nationalism)が一般的である。特にヨーロッパ諸国がインドを植民地化し英領インド帝国に至るなかで、これへの疑問として形成Peter van der Veer, Hartmut Lehmann, Nation and religion: perspectives on Europe and Asia, Princeton University Press, 1999されていった経緯をもち、その活動にはイギリス当局への武装闘争Li Narangoa, R. B. Cribb Imperial Japan and National Identities in Asia, 1895-1945, Published by Routledge, 2003から非暴力・市民的不服従までを広く含んできた。現在もマハトマ・ガンディーとは別系統の社会思想として無視できない数の支持者・支持団体を有している。.

新しい!!: インドとヒンドゥー・ナショナリズム · 続きを見る »

ヒンドゥー暦

ヒンドゥー・カレンダー(西暦1871-72年) ヒンドゥー暦、ヒンズー暦はインドの伝統的な暦法の総称である。太陰太陽暦に属するが、地域によってさまざまな変種がある。 インド政府は1957年にインド国定暦を制定した。インド国定暦は伝統的なサカ紀元を暦元としており、また伝統的な太陰月の月名を用いているが、伝統的な暦法と異なって純然たる太陽暦である。.

新しい!!: インドとヒンドゥー暦 · 続きを見る »

ヒンドゥー文明

ヒンドゥー教の3最高神の一柱、シヴァ神 象頭神ガネーシャの置物 インド文化圏の範囲を表した図 ヒンドゥー文明(ヒンドゥーぶんめい)、ヒンドゥー世界とはヒンドゥー教を主要な宗教としてる国、地域を指す文化圏。インド文明と呼ぶ研究者もいる。主な国はインドとネパール。紀元前2600年頃のインダス文明から発生したと考えられ4世紀頃に出来たヒンドゥー教の成立により徐々に現在の「文明」となった。文化圏としての「文明」の区分は一定していない。.

新しい!!: インドとヒンドゥー文明 · 続きを見る »

ヒンドゥー教

ヒンドゥー教(ヒンドゥーきょう、Hinduism、हिन्दू धर्म、सनातनधर्मः)、慣用表記でヒンズー教、ヒンヅー教、ヒンド教、ヒンドゥ教は、インドやネパールで多数派を占める民族宗教、またはインド的伝統を指す。西欧で作られた用語である。 英語のHinduは、まずイスラム教徒との対比において用いられるのが現在では一般的で、イスラム教徒以外で小宗派を除いた、インドで5億人を超えるような多数派であるインド的な複数の有神教宗派の教徒の総称である。ヒンドゥー教徒の数はインド国内で8.3億人、その他の国の信者を合わせると約9億人とされ、キリスト教、イスラム教に続いて、人口の上で世界で第3番目の宗教である。 同じくヒンドゥー教と訳される英語のHinduismは、最も広い意味・用法ではインドにあり、また、かつてあったもの一切が含まれていて、インドの歴史では先史文明のインダス文明まで遡るものであるが、一般的には、アーリア民族のインド定住以後、現代まで連続するインド的伝統を指す。西洋では、このうち仏教以前に存在した宗教をバラモン教()、特にヴェーダ時代の宗教思想をヴェーダの宗教()と呼んだ。。 ヒンドゥー教の狭い意味での用法は、仏教興隆以後発達して有力になったもので、とくに中世・近世以後の大衆宗教運動としてのシヴァ教徒・ヴィシュヌ教徒などの有神的民衆宗教を意識しての呼び方であることが多い川崎信定 『インドの思想』 放送大学教育振興会、1997年。.

新しい!!: インドとヒンドゥー教 · 続きを見る »

ヒンドゥー教徒

ヒンドゥー教徒とは、ヒンドゥー教に関して文化的、民族的、または宗教的に従う人を指す。歴史的には、インド亜大陸の人々を地理的、文化的、そして後には宗教的に識別するために使用されてきた。 ヒンドゥーという言葉の歴史的意味は時とともに進化してきた。ペルシャとギリシャが西暦前1千年のインダス地域に言及したことから始まった。ヒンドゥーと言う用語は、インド亜大陸のシンドゥ(インダス)川周辺及びそれを超える地域に住んでいる人々を地理的、民族的、また文化的に識別する意味を持つ。16世紀以降は、トルコ人やムスリム以外のインド亜大陸に住む人々のことを指すようになった。.

新しい!!: インドとヒンドゥー教徒 · 続きを見る »

ヒンドゥスタン・モーターズ

ヒンドゥスタン・モーターズ(Hindustan Motors Limited、略称:HM)は、インドの自動車メーカーである。G.P-C.Kビルラ・グループ(ビルラファミリー)に属する。1942年に設立され、コルカタに本社を構え、西ベンガル州とチェンナイ近郊のティルヴァッルールに工場を有する。 英国車のモーリス・オックスフォードをベースにしたが有名である。アンバサダーは2014年までウッタルパラ工場で生産が続けられていた。 過去にはボクスホール・ヴィクターVEをベースにしたの製造も行なっていた。アンバサダー、コンテッサともにいすゞ自動車からエンジンの供給を受けて搭載していた。 また、三菱自動車工業とも提携し、インド国内で三菱車の販売も行なっている。2010年現在、ランサー(5代目)、セディア(6代目ランサー)、パジェロ(2代目)、アウトランダーのティルヴァッルール工場での現地生産、およびモンテロ(4代目パジェロ)とランサーエボリューションXの完成車輸入がそれぞれ行われている。 この他、中国の山東時風集団からライセンス供与を受けて、小型トラック「ウィナー」を2008年12月に発表している。しかし近年は経営不振に陥っており、幹部社員の相次ぐ退職が報じられている。 2013年6月28日、いすゞ自動車のインド現地法人「いすゞモーターズ インディア」との間でインドにおけるSUVおよびピックアップトラックの生産委託契約が締結され、いすゞからコンプリートノックダウン(CKD)キットの供給を受けて同年12月10日からティルヴァッルール工場でMU-7の組立が開始された。 社名の「ヒンドゥスタン」とは、主にインド亜大陸北部の平野部一体(インドだけでなく、パキスタンなど隣国の一部も含む)を意味し、時にインドの別称としても用いられる「ヒンドゥスターン हिंदुस्तान」(ペルシア語で「ヒンドゥー(インド人)の国」の意)という地域名称である。日本においては、英語風に読んで「ヒンダスタン」と表記されることもある。.

新しい!!: インドとヒンドゥスタン・モーターズ · 続きを見る »

ヒンドゥスターン平野

ヒンドスタン平野の位置(紫色の部分) ヒンドゥスターン平野()はインド(北インド)、パキスタン、バングラデシュ、ネパールにまたがる広大な平野の名称である。 ガンジス川、インダス川、ブラフマプトラ川の3水系が生んだ広大かつ肥沃な沖積平野である。それぞれ、ヒンドゥークシュ山脈やヒマラヤ山脈に平行に流れ、西はインドのジャンムー・カシミール州、東はアッサム州を源流にしてパンジャーブ州、ハリヤーナー州、ラージャスターン州の一部、ウッタル・プラデーシュ州、ビハール州、ジャールカンド州、西ベンガル州(以上インド)、カイバル・パクトゥンクワ州、北方地域、パンジャーブ州、シンド州(以上パキスタン)、そしてバングラデシュを貫流する。この平野の面積は約70万km2で、幅は数百kmである。 この大平野を4地域に分割することもある。; ババール・ベルト; テライ・ベルト; バンガール・ベルト; カダール・ベルト またガンジス川の流域をガンジス平野、インダス川の流域をパンジャーブ平野と分けることがある。ガンジス平野の最下流、河口部分にはシュンドルボン湿地帯が広がっている。 ヒンドゥスターン平野は多数の河川が運ぶシルトが堆積した、世界でもっとも広大な沖積平野である。平野は平坦で樹木が少なく運河による灌漑が容易であるうえ、地下水も豊富である。そのため、世界でもっとも集約的に農業が行われる地域でもある。 主要作物は米や小麦で、輪作を行う。その他トウモロコシ、サトウキビ、綿花の栽培も多い。その結果として、この平野は世界で最も人口密度が高い地域にランクされる。.

新しい!!: インドとヒンドゥスターン平野 · 続きを見る »

ヒンドゥスターニー音楽

ヒンドゥースターニー音楽(ヒンドゥスターニーおんがく)は、北インドのイスラム王朝の宮廷で発展した北インド古典音楽をいう。.

新しい!!: インドとヒンドゥスターニー音楽 · 続きを見る »

ヒンドゥスターニー語

ヒンドゥスターニー語は、インド・アーリア語派に属する言語で、一般にはインドの公用語・ヒンディー語、およびパキスタンの公用語・ウルドゥー語として知られる複数中心地言語である。インド亜大陸北部に「ヒンディー・ベルト」と呼ばれる方言連続体を形成しているが、デリー方言(カリー・ボリー)が中心的な方言であり、標準ヒンディー語、標準ウルドゥー語はいずれもデリー方言を基礎としている。南アジア(特に北部)のリンガフランカであり、話者の多く住むフィジーでも公用語のひとつとなっている。.

新しい!!: インドとヒンドゥスターニー語 · 続きを見る »

ヒーロー・モトコープ

ヒーロー・モトコープ (Hero MotoCorp) は、インドのニューデリーに本社を置くオートバイメーカー。1984年にインド最大規模の自転車メーカーヒーロー・サイクルと日本の本田技研工業との合弁会社、ヒーロー・ホンダ (Hero Honda) として設立され、インド最大手のオートバイメーカーに成長したが、2010年に合弁を解消し2011年8月に現在の社名に変更した。.

新しい!!: インドとヒーロー・モトコープ · 続きを見る »

ビハール州

ビハール州(英語:Bihār 、ヒンディー語:बिहार)は、インドを構成する州の一つ。州都はパトナ(古都パータリプトラ)。.

新しい!!: インドとビハール州 · 続きを見る »

ビラースプル

ビラースプル(Bilaspur)は、インドのチャッティースガル州の都市である。人口は約33万人。 Category:インドの都市.

新しい!!: インドとビラースプル · 続きを見る »

ビルラ

ビルラー家(बिरला, Birla Family)は、インドの財閥一家。インドではタタ財閥のタタ家と並ぶ存在。.

新しい!!: インドとビルラ · 続きを見る »

ビームラーオ・アンベードカル

ビームラーオ・ラームジー・アンベードカル(Bhimrao Ramji Ambedkar、भीमराव रामजी आंबेडकर、1891年4月14日 - 1956年12月6日)は、インドの政治家(ネルー内閣の法務大臣)、思想家。インド憲法の草案作成者。反カースト(不可触賎民〈ダリット〉改革)運動の指導者。 インド中部のマディヤ・プラデーシュ州のマウー出身。ヒンドゥー社会のカースト制度の最下層、アンタッチャブルあるいはダリットとして知られる層に属する両親のもと14人兄弟の末っ子として生まれた。彼はカースト制度による身分差別の因習を打破するため、死の2か月前に約50万人の人々と共に仏教に集団改宗し、インドにおける仏教復興運動を始めたことで知られている。ナーグプルの集団改宗の場所はディークシャーブーミと呼ばれ多くの巡礼者が訪れており、アンベードカルは「バーバー・サーヒブ」即ち「師父」(baba は父、saheb は敬称)と支持者たちに崇敬されている。 1952年6月15日にコロンビア大学より、1953年1月12日にオスマニア大学より名誉法学博士(LL.D.)を授与されている。.

新しい!!: インドとビームラーオ・アンベードカル · 続きを見る »

ビームベートカーの岩陰遺跡

ビームベートカーの岩陰遺跡(ビームベートカーのいわかげいせき)は、インド中部に残る旧石器時代の岩陰遺跡であり、インド亜大陸における人類の最初期の痕跡から、インドの石器時代初期までの様子を伝えている。マディヤ・プラデーシュ州のにあり、その多くはラタパニ野生生物保護区(Ratapani Wildlife Sanctuary) 内にある。その文化的景観は、2003年にはUNESCOの世界遺産リストに登録された。日本ではビンベットカのロック・シェルター群ほか、いくつかの呼び方がある。 岩陰遺跡のいくつかでは、ホモ・エレクトゥスが少なくとも10万年以上暮らしていた。ビームベートカーの岩陰遺跡に残る石器時代の岩絵には、3万年前のものも含まれる。洞窟は、初期の踊りの痕跡も伝えている。 「ビームベートカー」(Bhimbetka / भीमबेटका) という名は、叙事詩『マハーバーラタ』に登場する英雄神ビーマと結びついており、「ビーマの座所」(Bhimbaithka / भीमबैठका) に由来すると言われているMathpal, Yashodhar.

新しい!!: インドとビームベートカーの岩陰遺跡 · 続きを見る »

ビーシュム・サーヘニー

ビーシュム・サーヘニー( ヒンディー語: भीष्म साहनी) は、インドのヒンディー語作家(1915年8月8日-2003年7月11日)。.

新しい!!: インドとビーシュム・サーヘニー · 続きを見る »

ビブティブション・ボンドパッダエ

ビブティブション・ボンドパッダエ(ベンガル語: বিভূতিভূষণ বন্দ্যোপাধ্যায়、1894年9月12日 - 1950年11月1日)は、インドの小説家。ベンガル語で創作し、ベンガル文学の著名な小説家である。.

新しい!!: インドとビブティブション・ボンドパッダエ · 続きを見る »

ビザ

ビザ(Visa Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置き世界的な決済技術を提供している会社である。クレジットカードを柱とする決済手段の国際ブランドを運営する。.

新しい!!: インドとビザ · 続きを見る »

ビジネス

ビジネス(business)は、経済行為を表す用語であり、狭義から広義まで様々な意味を持っていて、1つの日本語に置き換えて表現することはできない。以下に、ビジネスの代表的な意味を、簡単な表現事例とともに記す。.

新しい!!: インドとビジネス · 続きを見る »

ビジャープル王国

ビジャープル王国(Bijapur Sultanate)またはアーディル・シャーヒー朝(Adil Shahi dynasty)とは、15世紀末から17世紀末までインドのデカン、南インドに存在したスンニー派イスラーム王朝(1490年 - 1686年)。インド南西部に位置するビジャープルを首都とした。バフマニー朝が分裂しできたムスリム5王国の中でもっとも有力な王国であった。ビージャプル王国、ビージャープル王国とも呼ばれる。.

新しい!!: インドとビジャープル王国 · 続きを見る »

ビジェイ・マリヤ

ビジェイ・マリヤ (2008年) ビジェイ・マリヤ (英語:Dr.

新しい!!: インドとビジェイ・マリヤ · 続きを見る »

ピアソン (企業)

ピアソン PLC (Pearson PLC) は、ロンドンに本部を置くメディア・コングロマリット。油田開発で利益をあげ、ロンドンラザードを支配した。出版社としての歴史はそう長くないし、他のメディア産業も展開している。.

新しい!!: インドとピアソン (企業) · 続きを見る »

テランガーナ州

テランガーナ州(テルグ語:తెల౦గాణ、تلنگانہ、英語:Telangana State)は、インドのデカン高原の一角を占める州である。連邦公用語のヒンディー語ではテーランガーナー州(तेलंगाना)と表記される。2014年6月2日にアーンドラ・プラデーシュ州から分割され、インドの29番目の州となった。.

新しい!!: インドとテランガーナ州 · 続きを見る »

テルグ語

テルグ語(テルグご、తెలుగు Telugu)は、ドラヴィダ語族に属する言語で、インド南東部のアーンドラ・プラデーシュ州およびテランガーナ州の公用語である。タミル・ナードゥ州、カルナータカ州などでも話され、ドラヴィダ語族の諸言語のなかでは、約8,000万人ともっとも多数の使用者がいる。またインド連邦レベルでも憲法の第8付則に定められた22の指定言語のひとつである。しかし言語的求心性が弱く、標準化も進んでいない『世界のことば小辞典』「テルグ語」項目。.

新しい!!: インドとテルグ語 · 続きを見る »

テロリズム

テロリズム(terrorism)とは、政治的な目的を達成するために暴力および暴力による脅迫を用いることを言う。日本語ではテロリズムを「テロ」と略し、テロリズムによる事件を「テロ事件」と呼ぶ場合が多い。またテロリズムの実施者をテロリスト(terrorist)と呼ぶ。.

新しい!!: インドとテロリズム · 続きを見る »

テニス

テニス(tennis)は二人または二組のプレイヤーがネット越しにラケットでボールを打ち合う球技である。オリンピックやパラリンピックで採用されている競技であり、年齢性別、身体的個性を問わず広く親しまれている。漢字名の庭球(ていきゅう)とも呼ばれることがある。.

新しい!!: インドとテニス · 続きを見る »

ティムール

ティムール(تيمور Tīmūr/Taymūr, 1336年4月8日 - 1405年2月18日)は、中央アジアのモンゴル=テュルク系軍事指導者で、ティムール朝の建国者(在位:1370年4月10日 - 1405年2月18日)。 中世アジアを代表する軍事的天才と評価され、中央アジアから西アジアにかけてかつてのモンゴル帝国の半分に匹敵する帝国を建設した羽田「ティームール」『アジア歴史事典』6巻、422頁。しばしば征服した都市で大規模な破壊と虐殺を行う一方、首都のサマルカンドと故郷のキシュ(現在のシャフリサブス歴史地区)で建設事業を行う二面性を持ち合わせていた。.

新しい!!: インドとティムール · 続きを見る »

ティムール朝

ティムール朝(、)は、中央アジアのマー・ワラー・アンナフル(現在のウズベキスタン中央部)に勃興したモンゴル帝国の継承政権のひとつで、中央アジアからイランにかけての地域を支配したイスラム王朝(1370年 - 1507年)。その最盛期には、版図は北東は東トルキスタン、南東はインダス川、北西はヴォルガ川、南西はシリア・アナトリア方面にまで及び、かつてのモンゴル帝国の西南部地域を制覇した。創始者のティムール在位中の国家はティムール帝国と呼ばれることが多い。 王朝の始祖ティムールは、チャガタイ・ハン国に仕えるバルラス部族の出身で、言語的にテュルク化し、宗教的にイスラム化したモンゴル軍人(チャガタイ人)の一員であった。ティムール一代の征服により、上述の大版図を実現するが、その死後に息子たちによって帝国は分割されたため急速に分裂に向かって縮小し、15世紀後半にはサマルカンドとヘラートの2政権が残った。これらは最終的に16世紀初頭にウズベクのシャイバーニー朝によって中央アジアの領土を奪われるが、ティムール朝の王族の一人バーブルはアフガニスタンのカーブルを経てインドに入り、19世紀まで続くムガル帝国を打ち立てた。.

新しい!!: インドとティムール朝 · 続きを見る »

ティルヴァナンタプラム

ティルヴァナンタプラム(തിരുവനന്തപുരം、Thiruvananthapuram)は、インド南部ケーララ州の州都である。意味は「アナンタの土地」。トリバンドラム、トリヴァンドラム とも表記する。 インド亜大陸南端付近、アラビア海から3kmほど内陸に位置する。18世紀にトラヴァンコール藩王国の都として成立した都市で、2011年現在の人口は75万人、都市圏人口では169万人を擁する。コーチ、カリカットと並ぶケーララ州の主要都市である。 インド最大でインド初のITパークを抱えるなどケーララ州のITハブであり、州のソフトウェア輸出の8割を担っている。インドの宇宙開発の発祥地でもある。.

新しい!!: インドとティルヴァナンタプラム · 続きを見る »

デリー

デリー連邦直轄地(デリーれんぽうちょっかつち、दिल्ली 、Delhi )は、インドの首都特別地域である。面積1,483km2、人口は1,679万人で、インド北部の大都市圏を形成しており、同国の商業・工業・政治の中心地にして南アジアを代表する世界都市の一つ。.

新しい!!: インドとデリー · 続きを見る »

デリー・メトロ

デリー・メトロ(Delhi Metro, Delhi Mass Rapid Transit System (MRTS))は、インドの首都デリーおよびその近郊に路線網を持つ地下鉄である。路線は6本あり、総延長約193km、駅は148ある。地下鉄とはいうものの、高架橋や地平区間が多く、純粋な地下駅は38駅だけである。 地下鉄はデリー開発公社(Delhi Development Authirity)が設立された1984年に大量輸送機関を町に作るということで計画された。インド政府と、デリー政府は1995年にDMRCを設立。1998年には建設が始まり、2002年にはレッドラインの最初の区間が開業した。以後、2004年にはイエローライン、2005年にはブルーラインとその支線、2009年にはグリーンラインとバイオレットライン、そして2011年には空港エクスプレス線(オレンジライン)と次々と開業している。次なる段階としてこれらの路線の延長も計画され、2016年に第3フェーズ整備が完工すると、デリー・メトロは総延長が330キロメートル、駅数が241駅に達する。 2021年に第4フェーズが完了すると、総延長は430キロとなり、1863年創業の歴史を持つロンドン地下鉄(総延長402キロ・駅数270駅)を超え、中国に次ぎ、世界第二位の都市鉄道網になる。.

新しい!!: インドとデリー・メトロ · 続きを見る »

デリー・スルターン朝

デリー・スルターン朝(デリー・スルターンちょう、Delhi Sultanate)は、13世紀初頭から16世紀初め(1206年 - 1526年)までの約320年間デリーを中心に主として北インドを支配した5つのイスラーム王朝の総称。名称に関しては、デリー・スルタン朝、デリー諸王朝、デリー・サルタナットなど様々ある。.

新しい!!: インドとデリー・スルターン朝 · 続きを見る »

デリー首都圏

デリー首都圏(デリーしゅとけん、)は、インドのデリー首都直轄地域を中心に、ハリヤーナー州、ラージャスターン州、ウッタル・プラデーシュ州等の一部を含み、近郊のグルガーオン、ファリーダーバード、ノイーダ、ガーズィヤーバード等の地区を含む大都市圏である。人口は約2175万人(2011年)。面積46208平方キロメートル。公用語は、英語、ヒンディー語、パンジャブ語、ウルドゥー語。.

新しい!!: インドとデリー首都圏 · 続きを見る »

デンマーク東インド会社

デンマーク東インド会社(デンマークひがしインドがいしゃ)は、1612年にデンマーク王国のクリスチャン4世の特許状によって設立された東インド会社である。 英国、オランダ、フランスについで4番目の「東インド会社」であり、「重商主義」政策を進めるクリスチャン4世の方針とコペンハーゲン在留のオランダ商人、英国人商人の利害が一致して設立の運びとなった。 「デンマーク東インド会社」はインドのに(1620年から1869年。ニコバル諸島(1754年 - 1868年)を含む)や西インド諸島に植民地を建設し、「デンマーク海上帝国」と呼ばれる交易圏を形成することに成功する。またグリーンランドなどの北方の探検もおこなった。 しかし、「デンマーク東インド会社」の構成員はイギリス東インド会社やオランダ東インド会社から疎外された英国人商人やオランダ人商人で、交易の実態も「もぐり」に近いものだったため、先行3社には勢力は及ばなかった。.

新しい!!: インドとデンマーク東インド会社 · 続きを見る »

デビスカップ

デビスカップ は、1900年から毎年行われている男子テニスの国別対抗戦。略称はデ杯。原音では「デイヴィス・カップ」に近い発音。 名称は優勝杯を大会に寄贈したドワイト・デービスにちなむ。かつてはNECが協賛をつとめていたが、現在はこれにかわってBNPパリバがつとめており、「Davis Cup by BNP Paribas」の名で開催されている。 なお同等の女子テニス国別対抗戦は「フェドカップ」という別名称がついている。.

新しい!!: インドとデビスカップ · 続きを見る »

ディーワーリー

ディーワーリーの夜に灯かりを並べる女性達 ディーワーリー(दीवाली, dīwālī、दीपावली, Dīpāvalī)は、インドのヒンドゥー教のお祝い。別名「光のフェスティバル」とも呼ばれ、ヒンドゥー暦のカールッティカ月の新月の夜(グレゴリオ暦では10月から11月)に祝われる。 ジャイナ教では同じ日を開祖マハーヴィーラがニルヴァーナを得た日(命日)として祝う。.

新しい!!: インドとディーワーリー · 続きを見る »

ディーワーニー

#リダイレクトディーワーン.

新しい!!: インドとディーワーニー · 続きを見る »

ディーウ

ディーウ(ディウ、દીવ, दीव, Diu)とはインドの西部、グジャラート州のアラビア海に突出するカーティヤーワール半島の南端に位置する小島で、面積は38.5km2、人口は約23,000人。現在、ダマンと共にインドの連邦直轄地域のダマン・ディーウ連邦直轄地域を結成している。.

新しい!!: インドとディーウ · 続きを見る »

ディーウ沖の海戦

ディーウ沖海戦(第2次チャウルの戦い)は、1509年2月3日にインドのディーウ港の近くのアラビア海で、ポルトガル海上帝国と、オスマン帝国、ヴェネツィア共和国とラグサ共和国(ドゥブロヴニク)の支援を受けたグジャラート・スルターン朝、マムルーク朝(ブルジー・マムルーク朝)、カリカットの領主ザモリンとの間で起こった海戦であるRogers, Clifford J. Readings on the Military Transformation of Early Modern Europe, San Francisco:Westview Press, 1995, pp. 299–333 at 。 この戦いにおけるポルトガルの勝利は大きな意味をもたらした。伝統的な紅海やペルシア湾を通る香辛料貿易路はアラブ人勢力とヴェネツィア共和国によって支配されていた。しかしマムルーク朝やアラブ勢力が後退することで、その伝統的な交易路を迂回してインド洋から喜望峰の航海路を支配しようとするポルトガルの戦略を容易にした。戦いの後、ポルトガルはゴア、スリランカ、マラッカ、ホルムズといったインド洋沿岸の重要な港を急速に占領していき、エジプトのマムルーク朝やグジャラート・スルターン朝を無力化して、ポルトガル海上帝国の発展をおおいに助けた。オランダ・ポルトガル戦争の間と1612年にスワリーの戦いでイギリス東インド会社がポルトガルに勝利するまで、ポルトガルの貿易における優勢はほぼ一世紀にわたって維持され続けた。これはアジアにおける植民地主義の始まりとなった。また、キリスト教徒とイスラム教徒の権力闘争が、当時最も国際交易で栄えた地域である地中海、中東及びその周辺、インド洋内に広がったことを示している。.

新しい!!: インドとディーウ沖の海戦 · 続きを見る »

ディアドコイ戦争

ディアドコイ戦争(ディアドコイせんそう)または後継者戦争(こうけいしゃせんそう)とは、アレクサンドロス大王急逝後、その配下の将軍たちが大王の後継者(ディアドコイ)の座を巡って繰り広げた戦争のことである。アレクサンドロス大王死去直後の紀元前323年から、紀元前281年のコルペディオンの戦いの勝利によりセレウコス朝シリアが一時的に覇権を確立するまでの実に40年に及んだ。.

新しい!!: インドとディアドコイ戦争 · 続きを見る »

ディアジオ

ディアジオ(Diageo plc)は1997年、ギネス社とグランドメトロポリタン社の合併で誕生したイギリスの酒造メーカー。本社はロンドン。ロンドン証券取引所・アイルランド証券取引所・ニューヨーク証券取引所上場企業(、、)。 主なブランドは、スミノフ、ジョニー・ウォーカー、ホワイトホース、オールド・パー、I.W.ハーパー、ギネス、キルケニー、ベイリーズ、ピムス、J&B、キャプテン・モルガン、ホセ・クエルボ、タンカレー、ボーリューヴィニャード、スターリングヴィンヤーズワインなどがある。 ファーストフードチェーンのバーガーキングを2002年まで保有していた。合併前のグランドメトロポリタン社が1989年に買収したためである。2017年6月、ジョージ・クルーニーらの創業したテキーラブランド・カーサミーゴスの買収を発表した。.

新しい!!: インドとディアジオ · 続きを見る »

デカン5王国

#リダイレクトデカン・スルターン朝.

新しい!!: インドとデカン5王国 · 続きを見る »

デカン・ムジャーヒディーン

デカン・ムジャーヒディーン(Deccan Mujahideen, دکن مجاہدین)は、イスラーム過激派組織の名称である。2008年11月26日に起きたムンバイ同時多発テロにおいて、電子メールにて犯行声明を出した。名前の意味については、「デカンの聖戦士」と訳される。 組織名から、南インドのデカン高原出身者のグループと推測する見方もあるが、この事件以前まで全く無名の組織であったこと、また事件直前に類似の名称のテロ組織「インディアン・ムジャーヒディーン」が同じような声明を出していたことから、この組織が捜査攪乱などを意図して名乗った偽名の組織ではないかとの見方が有力である。また、インドのテレビ局ではカシミール地方を拠点とするイスラーム過激派であるラシュカレ・タイバの関与を示唆する報道を行っていたが、ロイター通信によるとラシュカレ・タイバ自身は関与を否定したと報道している。.

新しい!!: インドとデカン・ムジャーヒディーン · 続きを見る »

デカン・スルターン朝

デカン・スルターン朝(デカン・スルターンちょう、ヒンディー語:दक्खिन के सल्तनत、英語:Deccan sultanates)は、インドのデカン地方に存在したイスラーム王朝の総称(1489年 - 1687年)。アフマドナガル王国、ベラール王国、ビジャープル王国、ゴールコンダ王国、ビーダル王国の5つの王国を指したので、ムスリム5王国とも呼ばれる。.

新しい!!: インドとデカン・スルターン朝 · 続きを見る »

デカン高原

デカン高原の衛星写真 デカン高原(デカンこうげん、英語:Deccan Plateau)は、インド半島の大部分を構成し西ガーツ山脈から東ガーツ山脈にいたる台地。インド共和国のマハーラーシュトラ州、カルナータカ州、アーンドラ・プラデーシュ州、テランガーナ州にまたがる。 デカン高原は大きな三角形をしており、北辺はヴィンディヤ山脈、東西端はそれぞれ東ガーツ山脈・西ガーツ山脈である。総面積は190万平方キロメートル、ほぼ平坦で標高は300-600メートルである。 「デカン」の名称はサンスクリット語で「南」を意味する dakshina に由来する。.

新しい!!: インドとデカン高原 · 続きを見る »

デザイン

デザイン(英語: design)とは、オブジェクト、システム、さらに測定可能な人間とのインタラクション(建築設計図、 エンジニアリング図面、ビジネスプロセス、回路図、縫製パターンなど)を構築するための計画またはコンベンションを作成する行為。デザインは、さまざまな分野で異なる意味を持っている(#デザイン分野を参照)。場合によっては、オブジェクトの直接構築(陶器、工学、管理、コーディング、グラフィックデザインなど )もデザイン思考を使用すると解釈されうる。 「意匠設計」(他に「造形デザイン」など)の意味で単にデザインの語が使われていることも大変多く、デザインすなわち意匠のことだと思われていることも非常に多い。 英語では意匠については「スタイル」という語があるためそちらが使われる場合・分野もあり、例えば日本でいう「建築様式」に近いフレーズとして architectural style がある。.

新しい!!: インドとデザイン · 続きを見る »

フマーユーン廟

フマーユーン廟(Humayun's Tomb、हुमायूँ का मक़बरा、ہمایون کا مقبره)は、インド共和国の首都デリーにある、ムガル帝国の第2代皇帝フマーユーン(Nasiruddin Humayun、همايون)の墓廟。インドにおけるイスラーム建築の精華のひとつと評され、その建築スタイルはタージ・マハルにも影響を与えたといわれる。.

新しい!!: インドとフマーユーン廟 · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: インドとフランス · 続きを見る »

フランス東インド会社

フランス東インド会社(フランスひがしインドがいしゃ、Compagnie française des Indes Orientales)は、フランスで1604年にアンリ4世が対インド貿易でのオランダとイギリスの独占に対抗して組織した特権会社である。.

新しい!!: インドとフランス東インド会社 · 続きを見る »

フランス料理

フランス料理(フランスりょうり)は、フランスで発祥した様々な食文化の総称。現代では世界三大料理の一つに数えられている。 中世後期にはその原型が存在していたとされ、その概形は14世紀当時のレシピを編纂したという から窺い知る事が出来る。16世紀になるとイタリア料理の大きな影響を受ける事になったが、17世紀前半からフランス本来の料理様式を確立する運動が始まり、宮廷料理モデルのオートキュイジーヌの誕生とワインとチーズ文化の開明などを経て、後世に継承される伝統的なフランス料理文化が形成されていった。 20世紀に入るとエスコフィエによって体系化されたフランス料理の国際的知名度は飛躍的に高まったが、高級料理としての一面ばかりが脚光を浴びる事になり、その土台であるフランスの各地方料理は蚊帳の外に置かれていた。フランス料理の代表的なメニューはローカルな郷土料理から発展したものが多く、各地方の食文化を抜きにして語る事は出来なかった。こうした点が見直される中で20世紀半ばからは、いわゆるカントリーサイドの料理にも焦点が置かれるようになり、多様性に富んだ食文化の総合体であるフランス料理本来の姿が世界中にも知られるようになった。2010年にフレンチガストロノミー(フランス美食学)は、ユネスコの無形文化遺産に登録された。.

新しい!!: インドとフランス料理 · 続きを見る »

フラッグ・キャリア

フラッグ・キャリア(英語:flag carrier)とは、一国を代表する航空会社のことである。.

新しい!!: インドとフラッグ・キャリア · 続きを見る »

フーグリー

フーグリー(ベンガル語:হুগলী、Hooghly)は、インドの西ベンガル州、フーグリー県の都市。町にはフーグリー川が流れる。.

新しい!!: インドとフーグリー · 続きを見る »

ファテープル・シークリー

ファテープル・シークリー(英語:Fatehpur Sikri、ウルドゥー語:、ヒンディー語:)は、インドのウッタル・プラデーシュ州アーグラ約40km西に位置する、ムガル帝国第3代皇帝アクバルによって建設された都市。 当時アクバルは跡継ぎに恵まれなかったが、この地に住むイスラーム教の聖者サリーム・チシュティー(en)を訪ね、世継ぎの問題について相談したところ神谷(1996)pp.118-125、息子を授かるだろうとの予言を授けられた。そのおかげで王子サリーム(のちのジャハーンギール)が誕生し、記念としてここに新たな都を造り、アーグラから遷都した。しかし、慢性的な水不足と猛暑のため、わずか14年間(1574年~1588年)しか使用されず廃墟となった。 遺跡群は1986年、UNESCOの世界遺産に登録された。.

新しい!!: インドとファテープル・シークリー · 続きを見る »

フィールドホッケー

女子ホッケーの試合風景 フィールドホッケーは、スティックと硬球を使い2チームが相手ゴールに向けて互いにそのボールを打ち込もうと競い合うスポーツ。また、小中学生を中心に6人制ホッケーも広まっている。.

新しい!!: インドとフィールドホッケー · 続きを見る »

フィジー

フィジーの地図 フィジー共和国(フィジーきょうわこく)、通称フィジーは、オセアニアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はビティレブ島のスバ。南太平洋のフィジー諸島と北に500km程離れた保護領のロツマ島に位置する群島国家である。300余の火山島と珊瑚礁からなる。西にバヌアツ、東にトンガ、北にツバルがある。.

新しい!!: インドとフィジー · 続きを見る »

フォーミュラ1

フォーミュラ1(Formula One、 フォーァミュラ・ワン)は、モータースポーツのカテゴリの1つであり、その世界選手権を指す場合もある。略称はF1(エフ・ワン)。 F1世界選手権 (FIA Formula One World Championship) は、国際自動車連盟 (FIA) が主催する自動車レースの最高峰であり、現在は4輪の1人乗りフォーミュラカーで行われている。.

新しい!!: インドとフォーミュラ1 · 続きを見る »

フォース・インディア

ハラ・フォース・インディア・フォーミュラワン・チーム(Sahara Force India Formula One Team)は、2008年からF1に参戦しているコンストラクター。.

新しい!!: インドとフォース・インディア · 続きを見る »

ドラヴィダ人

土着のインド人(1907年) ドラヴィダ語の話者の分布図(2007年) 150px ドラヴィダ人(ドラヴィダじん、Dravidian)は、古代からインドに定住していたと考えられるオーストラロイドの民族群の総称。ドラヴィダ語族の言語を話す。 現在では主に、インド特に南インド四州すなわちタミル・ナードゥ州、ケーララ州、アーンドラ・プラデーシュ州、カルナータカ州を中心として居住し、バングラデシュ、マレーシア、シンガポール、モルディブ、マダガスカル、セーシェルなどにも居住している。.

新しい!!: インドとドラヴィダ人 · 続きを見る »

ドラヴィダ語族

ドラヴィダ語族(ドラヴィダごぞく、Dravidian)は、主にドラヴィダ人と総称される人々が使用する言語の語族 (ごぞく) であり、およそ26の言語が含まれる。ドラヴィダ語は、主として南インドとスリランカで話されているが、また、パキスタン、アフガニスタン、ネパール、そして東部及び中央インドの特定の地域、バングラデシュ、ブータンでも話されている。 ドラヴィダ語族の話者人口は 2億人を越える。.

新しい!!: インドとドラヴィダ語族 · 続きを見る »

ドーグリー語

ドーグリー語(डोगरी, Dogri)は、南アジアで200万人の話者がいる言語である。ジャンムー・カシミール州のジャンムー地域、パンジャーブ地域、ヒマーチャル・プラデーシュ州、カシミール地域に話者がいる。ドーグラー語ともいう。 ジャンム・カシミール州の公用語の一つであり、インド憲法の第8付則言語の一つでもある。 ドーグリーはドーグラーが由来である。.

新しい!!: インドとドーグリー語 · 続きを見る »

ドイツテレコム

2006 FIFAワールドカップを記念して、ドイツテレコムのコーポレートカラーのサッカーボールに変身したベルリンテレビ塔 ドイツテレコム(Deutsche Telekom AG)は、ドイツ・ボンに本社を置く電気通信事業者。フランクフルト証券取引所、ロンドン証券取引所上場企業(、)。.

新しい!!: インドとドイツテレコム · 続きを見る »

ドゥッラーニー朝

ドゥッラーニー朝は、18世紀にアフガニスタンに存在した王朝。首都はカンダハール。広義のドゥッラーニー部族連合による王朝という意味では、サドーザイ朝(1747年 - 1826年)と、続くバーラクザイ朝(1826年 - 1880年、1919年 - 1973年)をあわせてドゥッラーニー朝という。狭義のドゥッラーニー朝は、サドーザイ朝(1747年 - 1826年)を指す。.

新しい!!: インドとドゥッラーニー朝 · 続きを見る »

ニューデリー

ニューデリー(、नई दिल्ली Naī Dillī、ਨਵੀਂ ਦਿੱਲੀ)は、インドのデリー連邦直轄地内にある行政区で、事実上ここに首都機能が置かれる。インドを代表する世界都市の一つ。.

新しい!!: インドとニューデリー · 続きを見る »

ニクソン大統領の中国訪問

ニクソン大統領の中国訪問(ニクソンだいとうりょうのちゅうごくほうもん)は、1972年2月21日にアメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンが中華人民共和国を初めて訪問し、毛沢東主席や周恩来総理と会談して、米中関係をそれまでの対立から和解へと転換して第二次世界大戦後の冷戦時代の転機となった訪問である。また、前年の1971年7月15日に、それまで極秘で進めてきた米中交渉を明らかにして、自身が中華人民共和国を訪問することを突然発表して世界を驚かせたことで、「ニクソン・ショック」と呼ばれている。.

新しい!!: インドとニクソン大統領の中国訪問 · 続きを見る »

ニザーム王国

ニザーム王国(ニザームおうこく、英語:Nizam of Hyderabad/Nizam Dominion)あるいはハイダラーバード王国(हैदराबाद स्टेट、حیدرآباد、حیدرآباد、హైదరాబాద్ రాష్ట్రం、 Haiderabad State)は、インド、デカン地方に存在したイスラーム王朝(1724年 - 1948年)。 首都はアウランガーバード、ハイダラーバード。 1724年、ニザーム王国はムガル帝国の宰相カマルッディーン・ハーンにより創始され、歴代の君主は帝国から与えられた「ニザーム」の称号を名乗り、 1798年以降は藩王国化したことでニザーム藩王国あるいはハイダラーバード藩王国となった。 イギリス植民地下においてはマイソール藩王国やジャンムー・カシュミール藩王国同様に広大な領土を持つ藩王国であり、ニザーム藩王国の領土面積はインド最大であった。また、イギリスが定めた藩王国の序列の筆頭に位置づけられ、藩王を迎える際の礼砲の発数は、独立国家の元首に準じた「21発」と規定されていた。.

新しい!!: インドとニザーム王国 · 続きを見る »

ホラーサーン

ホラーサーン(、Khorasan)は、イラン東部の州の名称で、この州は広大であったため、2004年9月29日、北ホラーサーン州、南ホラーサーン州、ラザヴィー・ホラーサーン州の3州に再編された。旧ホラーサーン州の州都は、マシュハド。「太陽の登るところ」を意味する。現在はラザヴィ・ホラーサーン州の州都となっている。.

新しい!!: インドとホラーサーン · 続きを見る »

ホーリー祭

ホーリー祭(Holi)とは、インドやネパールのヒンドゥー教の春祭り。春の訪れを祝い、誰彼無く色粉を塗りあったり色水を掛け合ったりして祝う。.

新しい!!: インドとホーリー祭 · 続きを見る »

ホッケー・ワールドカップ

ホッケー・ワールドカップ(Hockey World Cup)は、国際ホッケー連盟が主催するフィールドホッケーの国際大会である。 男子大会は1971年、女子大会は1974年にそれぞれ第1回が開催された。 1986年以降、男女同年開催及び4年に1度オリンピック中間年の開催となる。2014年の蘭デン・ハーグ大会は史上初の男女同時開催となった。.

新しい!!: インドとホッケー・ワールドカップ · 続きを見る »

ダノン

ダノン工場のある国々 ダノン(Danone S.A.)は食品を手がける多国籍企業。ユーロネクストに上場し、フランスのパリに本社がおかれている。 ヨーグルトやミネラルウォーター、シリアル食品やビスケットなどの製品を世界的に製造・販売している。経営体としてのルーツはガラス工業のBSN(Boussois-Souchon-Neuvesel)にある。BSNは1981年ダノンを買収し、多角化の末1994年に社名をダノンに変えてしまった。 2014年現在もBSN創業者一族(Riboud, シュルンベルジェのジャンを輩出)がダノンを代表している。ただし同年から、ベイン・アンド・カンパニーやベアリングス銀行でキャリアを積んだエマヌエル(Emmanuel Faber)がCEOである。.

新しい!!: インドとダノン · 続きを見る »

ダマン・ディーウ連邦直轄領

ダマンとディーウの位置 ダマンとディーウの位置(拡大図) ダマン・ディーウ連邦直轄領(Daman and Diu, દમણ અને દીવ, दमन और दीव)は、インドの連邦政府直轄領の一つ。アラビア海に面したダマンとディーウからなる。.

新しい!!: インドとダマン・ディーウ連邦直轄領 · 続きを見る »

ダライ・ラマ14世

ダライ・ラマ14世(1935年7月6日(チベット暦5月6日) - 、在位1940年 - )は、第14代のダライ・ラマである。法名はテンジン・ギャツォ()。 1935年、アムド地方(現在の青海省)の農家に生まれ、幼名をラモ・トンドゥプといった。4歳の時にダライ・ラマ14世として認定され、1940年に即位、1951年までチベットの君主の座に就いていたが、1959年にインドへ亡命して政治難民となり、インドのダラムサラに樹立された中央チベット行政府(現「チベット人民機構」、通称「チベット亡命政府」)においてチベットの国家元首を務めている。亡命後は、法的には領する国土をもたない亡命政権の長という地位にありながら、世界中にちらばるチベット民族に対して政教両面において指導的立場にある人物と目されている。また、欧米でもチベット仏教に関心のある人や複数の著名人の支持を得、ノーベル平和賞を受賞したことでその国際的影響力はさらなる広がりを見せており、中国は別として世界的にはチベットの政治と宗教を象徴する人物とみなされるようになった。2011年には、自身の政治的権限を委譲したいという意向を表明し、政府の長から引退することになった。これを承けた亡命チベット人憲章改定案では「チベット国民の守護者にして保護者であり、チベット人のアイデンティティと統合の象徴である」と規定され、ダライ・ラマがチベットの政教両面の権威者の座に即くというダライ・ラマ5世以来の伝統を終わらせることになった。 世界的に著名な仏教指導者の一人であり、チベット仏教のゲルク派において最高位の仏教博士号(ゲシェ・ラランパ)を持つ僧侶である。歴史上のダライ・ラマはゲルク派の正式な長ではなく、ゲルク派の教勢が伸長して他派との摩擦が生じた時代に事実上の最高指導者となった学僧ゲンドゥン・ギャムツォ、そしてその転生者に認定されたスーナム・ギャムツォに始まる、ゲルク派の統合の象徴とされた転生系譜であったが、1642年以降(ダライラマ五世の時代)、モンゴルなどを含むチベット仏教圏に影響力をもつ宗教的権威とチベットを統べる政治的権威とを兼ね備えた地位となった。一方、現在のダライ・ラマである14世は亡命後にチベット人全体の政教両面の指導者とみなされるようになったが、この事態はそれまでのダライ・ラマとは異なり、ある種の政治的事情が背景にあるという意見もある(#チベット仏教内の関係参照)。また、本人は「自分は一介の比丘にすぎない」と語ることが多い。世俗的な称号としては、パリ名誉市民「ダライラマ14世を名誉市民に」『朝日新聞』2008年4月22日夕刊2頁参照。、名誉博士(ニューヨーク州立大学バッファロー校)などがある。.

新しい!!: インドとダライ・ラマ14世 · 続きを見る »

ダルマ・シャーストラ

ダルマ・シャーストラ(サンスクリット:धर्मशास्त्र、)は、広義には紀元前6世紀ころから19世紀中葉まで絶えることなく書き続けられてきたインド古法典の総称でダルマ・スートラを含む『南アジアを知る事典』 (1992)。狭義には、とくにダルマ・スートラと区別して紀元前2世紀ころから西暦5世紀ないし6世紀にかけてサンスクリットで記された法典で、主なものとしては『マヌ法典』や『ヤージュニャヴァルキヤ法典』がある藤井 (2007)。.

新しい!!: インドとダルマ・シャーストラ · 続きを見る »

ダレイオス1世

ダレイオス1世(古代ペルシア語:Dārayavau - ダーラヤワウ、Darius I、前550年頃 - 前486年)は、アケメネス朝の王(在位:紀元前522年 - 紀元前486年)。一般にキュロス2世から数えて第3代とされるが、ダレイオス1世自身の言によれば第9代の王である。僭称者とされるスメルディス(ガウマータ)を排除して王位に就き、王国の全域で発生した反乱をことごとく鎮圧して、西はエジプト、トラキア地方から東はインダス川流域に至る広大な領土を統治した。彼は自らの出自、即位の経緯、そして各地の反乱の鎮圧などの業績をベヒストゥン碑文として知られる碑文に複数の言語で記録させており、これは近代における楔形文字と古代ペルシア語解読のための貴重な資料を提供した。また、今日にもその遺跡が残されているペルセポリスの建設を開始した王でもある。.

新しい!!: インドとダレイオス1世 · 続きを見る »

ダードラー及びナガル・ハヴェーリー連邦直轄領

ダードラー及びナガル・ハヴェーリー連邦直轄領の位置 ダードラー及びナガル・ハヴェーリー連邦直轄領(Dadra and Nagar Haveli, グジャラート語:દાદરા અને નગર હવેલી, ヒンディー語:दादर और नगर हवेली)はインドの連邦政府直轄領の一つ。 グジャラート州とマハーラーシュトラ州の間に在り、アラビア海に面している。人口22万人(2001年)。面積は491km2。首府はスィルヴァーサー。 20世紀半ばまでポルトガル領インドの一部であった。 インド独立後にゴアなど残された植民地を解放する機運がインド各地で高まった吉田一郎『消滅した国々:第二次世界大戦以降崩壊した183ヵ国』 社会評論社 2012年 ISBN 9784784509706 pp.195-196,205-211.

新しい!!: インドとダードラー及びナガル・ハヴェーリー連邦直轄領 · 続きを見る »

ダージリン

ダージリン(、、)は、インドの西ベンガル州のの中心都市である。人口は107,530人(2001年)。ヒマラヤ山脈低部のシワリク丘陵に位置し、平均標高は約 2,134 m である。北方に標高世界第3位の高峰カンチェンジュンガが遠望できる。 ダージリンはインドの平野部に比べて冷涼な気候であり、夏は過ごしやすい。イギリス領の時代には、インドに住むイギリス人のための避暑地として栄えた。ダージリンの元の名称はチベット語の「ドルジェ・リン」(雷の地、)である。19世紀初頭まではシッキム王国が支配していたが、ネパールのゴルカ王国が、度重なる侵攻により、19世紀初頭には、ティースタ川までシッキムを駆逐し、テライを併合していた。1814-1816年のグルカ戦争の結果として、ゴルカ王国によりイギリス東インド会社に割譲された。イギリスの植民地時代にイギリス人が呼びやすい呼称にしたのがダージリンである。 ダージリンはダージリン・ティーの栽培で国際的に有名である。ダージリンでの紅茶の栽培は19世紀中頃のイギリスによる開発、ロバート・フォーチュンによるチャノキの中国からの移入に遡る。この地域特有の栽培品種と発酵技術から生産された茶葉をブレンドした紅茶は、世界で最高級の紅茶とされる。 この一帯では、西ベンガル州からグルカランドの分立・独立を求めるグルカ族の民族運動が起きている。その一環であるストライキにより、紅茶の生産にも影響が出ている。 ダージリンと平野部のニュー・ジャルパイグリを繋ぐダージリン・ヒマラヤ鉄道は、インドに残る蒸気機関車が走る数少ない路線の一つであり、1999年にユネスコの世界遺産に登録された。.

新しい!!: インドとダージリン · 続きを見る »

ダイヤモンド

ダイヤモンド( )は、炭素 (C) の同素体の1つであり、実験で確かめられている中では天然で最も硬い物質である。日本語で金剛石(こんごうせき)ともいう。ダイヤとも略される。結晶構造は多くが8面体で、12面体や6面体もある。宝石や研磨材として利用されている。ダイヤモンドの結晶の原子に不対電子が存在しないため、電気を通さない。 地球内部の非常に高温高圧な環境で生成されるダイヤモンドは定まった形で産出されず、また、角ばっているわけではないが、そのカットされた宝飾品の形から、菱形、トランプの絵柄(スート)、野球の内野、記号(◇)を指してダイヤモンドとも言われている。 ダイヤモンドという名前は、ギリシア語の (adámas 征服し得ない、屈しない)に由来する。イタリア語・スペイン語・ポルトガル語では diamánte(ディアマンテ)、フランス語では (ディアマン)、ポーランド語では (ディヤメント)、漢語表現では金剛石という。ロシア語では (ヂヤマント)というよりは (アルマース)という方が普通であるが、これは特に磨かれていないダイヤモンド原石のことを指す場合がある。磨かれたものについては (ブリリヤント)で総称されるのが普通。4月の誕生石である。石言葉は「永遠の絆・純潔・不屈」など。.

新しい!!: インドとダイヤモンド · 続きを見る »

ベンガル地方

記載なし。

新しい!!: インドとベンガル地方 · 続きを見る »

ベンガル分割令

ベンガル分割令(ベンガルぶんかつれい、Act of Bengal Partition)は、1905年にインド総督カーゾン卿によって出された法令。インドにおける民族運動の激化を招き、1911年に撤回された。.

新しい!!: インドとベンガル分割令 · 続きを見る »

ベンガル語

ベンガル語(ベンガルご、বাংলা、バングラ)はベンガル人の言語。話者数は2億人を数え、日常会話の言語人口としては、世界で7番目に多い言語。主にバングラデシュおよびインドの西ベンガル州とその周辺で話されている。バングラデシュの国語であり、またインドでも憲法の第8付則に定められた22の指定言語のひとつとして、西ベンガル州とトリプラ州の公用語になっている。アッサム州にも話者がいる。ほか西アジアなどで移民によって話される。 インド・アーリア語派に属する。表記にはブラーフミー文字から発展したベンガル文字を用いる。構文は SOV型。ヒンディー語と異なり、名詞は性をもたない。なお、言語名の呼称に関しては、バングラ語と表記するほうが原語の音に忠実ではあるが、日本語では「ベンガル語」の表記が慣例である。.

新しい!!: インドとベンガル語 · 続きを見る »

ベンガル湾

ベンガル湾(ベンガルわん、Bay of Bengal)は、インド洋の北東部分の湾。湾はほぼ三角形で、南方に開けた形となっている。東にマレー半島、西にインド亜大陸、北に名前の元となったインドの西ベンガル州およびバングラデシュに面している。南端はスリランカとアンダマン・ニコバル諸島連邦直轄地に面している。同諸島の東側の海域はアンダマン海と呼ばれる。 インドやバングラデシュの多くの川がベンガル湾に流れ込んでいる。北からはガンジス川、メグナ川とブラマプトラ川が流れ込み、南西の沿岸であるオリッサ州からはマハナディ川、ゴータヴァリー川、クリシュナ川、カヴェリ川が流れ込んでいる。湾の北端のインド領には、スンダルバンス国立公園があり、豊かなマングローブの林がある。ミャンマーのエーヤワディー川もベンガル湾に流れ込んでいる。 チェンナイ(旧名マドラス)やコルカタ(旧名カルカッタ)といった大都市がベンガル湾に接しており、古くから交易拠点として栄えてきた。.

新しい!!: インドとベンガル湾 · 続きを見る »

ベオグラード

ベオグラード(セルビア語:Београд / Beograd、、ハンガリー語では:Belgrád / Nándorfehérvár )は、セルビア共和国の首都であり、最大都市である。ベオグラードはバルカン半島、パンノニア平原の中にあり、ドナウ川とサヴァ川の合流地点に広がっている。2007年の公式の推計による人口は1,756,534人であった。かつてはユーゴスラビア社会主義連邦共和国の首都であり、旧ユーゴスラビア地域で最大の都市である。また、ドナウ川沿いでは2番目に大きく、バルカン半島ではイスタンブール、アテネ、ブカレストに次いで4番目に大きい。 ヨーロッパでも最古の都市の1つであり、考古学的な調査では、同地における人の居住は紀元前6千年紀にまでさかのぼる。ベオグラード広域都市圏の域内はヴィンチャ文化と呼ばれる、ヨーロッパ最大の前史文明の発祥の地である。町はギリシャ人に発見されhttp://p104.ezboard.com/Skordiski/fistorijabalkanafrm27.showMessage?topicID.

新しい!!: インドとベオグラード · 続きを見る »

初等教育

初等教育(しょとうきょういく, Primary education)は、通常5-7歳から開始される段階の教育であり、ISCEDではレベル1に分類され、大抵6年間である。 これはISCEDレベル0の就学前教育(幼稚園や認定こども園など)の後に続く過程であり、言語の読解・綴字(識字)、基礎計算などの人間の社会生活能力の育成が重要視され、大部分の国で義務教育・無償教育となっている。 国際連合のミレニアム開発目標においては、「(2A) 2015年までに、全ての子どもが男女の区別なく初等教育の全課程を修了できるようにする」と合意されている。.

新しい!!: インドと初等教育 · 続きを見る »

制海権

制海権(せいかいけん、Command of the Sea, Sea control)とは、海上を経済的、軍事的にコントロールしている状態およびその力である。制海(せいかい、Sea control)とは、武力をもって特定海域を制圧する状態。また、選択された海上交通路を経由しながら、比較的敵の妨害にわずらわされることなく友軍の船舶を運行させるための海軍の支援活動、すなわち当該海域において敵が同様な作戦を実施しようとする能力を排除すること。「制海権を取る」とは制海の実を持続することを指す。.

新しい!!: インドと制海権 · 続きを見る »

分割統治

分割統治(ぶんかつとうち、英語:Divide and conquer、ラテン語:Divide et impera)とは、ある者が統治を行うにあたり、被支配者を分割することで統治を容易にする手法。分断統治とも。被支配者同士を争わせ、統治者に矛先が向かうのを避けることができる。統治者が被統治者間の人種、言語、階層、宗教、イデオロギー、地理的、経済的利害などに基づく対立、抗争を助長して、後者の連帯性を弱め、自己の支配に有利な条件をつくりだすことをねらいとし、植民地経営などに利用された。.

新しい!!: インドと分割統治 · 続きを見る »

分野・時代別のインド人の一覧

分野・時代別のインド人の一覧(ぶんや・じだいべつのインドじんのいちらん)は、インド人名を分野別・時代別にした一覧。.

新しい!!: インドと分野・時代別のインド人の一覧 · 続きを見る »

肖像画。1559年以降の作。 油彩画。1884年作。 喪(も、英語:mourning)とは、身近な者や心を寄せる者、尊ぶべき者等の死を受けて、それを悲しむ者が一定期間中を過ごすことになる、日常生活とは異なる儀礼的禁忌状態であり、人間社会においておよそ普遍的な現象である。親族を亡くしたときに遺族が身を置く場合が最も一般的。.

新しい!!: インドと喪 · 続きを見る »

周恩来

周 恩来(しゅう おんらい、1898年3月5日 - 1976年1月8日)は中国の政治家。字は翔宇。中華人民共和国が建国された1949年10月1日以来、死去するまで一貫して政務院総理・国務院総理(首相)を務めた。毛沢東共産党主席の信任を繋ぎとめ、文化大革命中も失脚しなかったことなどから「不倒翁」(起き上がり小法師)の異名がある。1972年に、日本国首相の田中角栄(当時)と日中共同声明に調印したことでも知られている。 妻は鄧穎超、子女は孫維世(養女・文化大革命で迫害死)、李鵬(養子・のちに国務院総理)。.

新しい!!: インドと周恩来 · 続きを見る »

アミタヴ・ゴーシュ

アミタヴ・ゴーシュ(Amitav Ghosh、1956年7月11日 - )はベンガル系インド人の英語作家。現在は妻子と共にブルックリン在住。2007年インド政府よりパドマ・シュリ賞を授与される。.

新しい!!: インドとアミタヴ・ゴーシュ · 続きを見る »

アミターブ・バッチャン

アミターブ・バッチャン(Amitabh Bachchan、デーヴァナーガリー文字:अमिताभ बच्चन、1942年10月11日-)はインドの映画俳優、映画プロデューサー、歌手。1969年より映画界で活動開始、今日ボリウッドの映画界で最も人気のある大スターの一人である。「Big B」という愛称で呼ばれることもある。妻のジャヤー(旧姓バードリー)、息子アビシェークも俳優である。.

新しい!!: インドとアミターブ・バッチャン · 続きを見る »

アムリットサル事件

アムリットサル事件(アムリットサルじけん、Amritsar Massacre)は、1919年4月13日、インドのパンジャーブ地方アムリットサル(シク教の聖地)で非武装のインド人市民に対して、グルカ族およびイスラム教徒からなるインド軍部隊が無差別射撃した事件。市民はスワデーシー(自分の国の意で国産品愛用)の要求と、ローラット法発布に対する抗議のために集まっていた。アムリットサル虐殺事件、事件の起きた市内の地名をとってジャリヤーンワーラー・バーグ事件(Jallianwala Bagh massacre)とも呼ばれる。.

新しい!!: インドとアムリットサル事件 · 続きを見る »

アムリトサル

アムリトサル (ਅੰਮ੍ਰਿਤਸਰ、अमृतसर、Amritsar)はインドの都市。パンジャーブ州に属する。人口は約100万人。アムリットサル、アムリッツァー(英語読み)とも表記される。 またサンスクリット語で「生命の水の貯水池」という意味がある。.

新しい!!: インドとアムリトサル · 続きを見る »

アメリカ同時多発テロ事件

アメリカ同時多発テロ事件(アメリカどうじたはつテロじけん)は、2001年9月11日にアメリカ合衆国内で同時多発的に発生した、航空機等を用いた4つのテロ事件の総称である。 航空機が使用された史上最大規模のテロ事件であり、全世界に衝撃を与えた。その後、アメリカ合衆国と有志連合は報復としてアフガニスタン紛争、イラク戦争を行った。また、航空機のマンハッタン超高層ビルへの大規模衝突事件としては、1945年のエンパイア・ステート・ビルディングへのB-25激突事故以来となった。.

新しい!!: インドとアメリカ同時多発テロ事件 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: インドとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ航空宇宙局

アメリカ航空宇宙局(アメリカこうくううちゅうきょく、National Aeronautics and Space Administration, NASA)は、アメリカ合衆国政府内における宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関である。1958年7月29日、国家航空宇宙法 (National Aeronautics and Space Act) に基づき、先行の国家航空宇宙諮問委員会 (National Advisory Committee for Aeronautics, NACA) を発展的に解消する形で設立された。正式に活動を始めたのは同年10月1日のことであった。 NASAはアメリカの宇宙開発における国家的努力をそれ以前よりもさらに充実させ、アポロ計画における人類初の月面着陸、スカイラブ計画における長期宇宙滞在、さらに宇宙往還機スペースシャトルなどを実現させた。現在は国際宇宙ステーション (International Space Station, ISS) の運用支援、オリオン宇宙船、スペース・ローンチ・システム、商業乗員輸送などの開発と監督を行なっている。 宇宙開発に加えてNASAが帯びている重要な任務は、宇宙空間の平和目的あるいは軍事目的における長期間の探査である。人工衛星を使用した地球自体への探査、無人探査機を使用した太陽系の探査、進行中の冥王星探査機ニュー・ホライズンズ (New Horizons) のような太陽系外縁部の探査、さらにはハッブル宇宙望遠鏡などを使用した、ビッグ・バンを初めとする宇宙全体への探査などが主な役割となっている。2006年2月に発表されたNASAの到達目標は、「宇宙空間の開拓、科学的発見、そして最新鋭機の開発において、常に先駆者たれ」であった。.

新しい!!: インドとアメリカ航空宇宙局 · 続きを見る »

アヨーディヤー

アヨーディヤー (ヒンディー語:अयोध्या、Ayodhyā、英語:Ayodhya、アヨーデャーとも)はインドの古都。ウッタル・プラデーシュ州北部のに位置し、7Km西にファイザーバードの街がある。アヨーディヤとも表記されるが、現地語の名称では最後の音節は長母音である。 アヨーディヤーの名は「難攻不落の都城」を意味し、古代コーサラ国の初期の首都とされ、叙事詩『ラーマーヤナ』の主人公ラーマ王子の故郷としても知られる。.

新しい!!: インドとアヨーディヤー · 続きを見る »

アラーハーバード条約

アラーハーバード条約(アラーハーバードじょうやく、英語:Treaty of Allahabad)は、1765年8月16日にインドのアラーハーバードにおいて、イギリス東インド会社とムガル帝国との間に結ばれた条約。.

新しい!!: インドとアラーハーバード条約 · 続きを見る »

アラー・ウッディーン・ハルジー

アラー・ウッディーン・ハルジー(علاء الدين خلجي, ʿAlāʾ ud-Dīn Khaljī; 1266年もしくは1267年–1316年1月2日)は、北インドを支配したデリー・スルタン朝の一つであるハルジー朝の第3代スルターン(2代目とも数えられる)(在位1296年–1316年)。モンゴル帝国によるインド侵入を5度に渡って撃退し、自らを「第二のアレクサンドロス大王(スィカンダル・サーニー)」と称した。南インドに初めてイスラム勢力を拡大し、インド南部におけるイスラム教信仰の基盤を築いたグプタ (1978–1981)、199-200頁。小名 (2002)、567-568頁。。デリー・スルタン朝を「インド=トルコ人国家」から「インド=ムスリム帝国」へと方向付け、デリー・スルタン朝のインド化を進めた人物と評価されている。 アラー・ウッディーン・ムハンマド・シャーの名でも知られる。.

新しい!!: インドとアラー・ウッディーン・ハルジー · 続きを見る »

アラブ人

アラブ人(アラブじん、العرب،عربي)は、おもにアラビア半島や西アジア、北アフリカなどのアラブ諸国に居住し、アラビア語を話し、アラブ文化を受容している人々。 7世紀にムハンマド(マホメット)によってイスラム教が開かれ、中東・北アフリカを中心に勢力を拡大した。 もともとアラビア人をアラブと呼ぶが、日本では誤訳から始まった呼び方で定着した。.

新しい!!: インドとアラブ人 · 続きを見る »

アラビア半島

アラビア半島(アラビアはんとう、شبه الجزيرة العربية、単にアラビアとも)は、アジアとアフリカを繋ぐ場所に位置する西アジア南西の巨大な半島である。アラビア語では「アラブの島」を意味するジャジーラ・アルアラブと呼ばれている。半島としては世界最大である。.

新しい!!: インドとアラビア半島 · 続きを見る »

アラビア海

アラビア海の地図 アラビア海(アラビアかい)はインド洋の北西部、アラビア半島とインドとの間の海域。 面積約3,862,000 km2、最大幅約2,400 km、最大水深4,652mである。インダス川が最大の流入河川。北側にオマーン湾があり、ホルムズ海峡を通じてペルシャ湾に繋がっている。西側にはアデン湾があり、紅海に通じる。アラビア海に面する国はインド、パキスタン、オマーン、イエメン、ソマリア、モルジブである。代表的な島にソコトラ島(イエメン)やマシーラ島(オマーン)がある。 紀元前数世紀から大航海時代にかけて重要な交易ルートであった。現在も、中東原油を運ぶタンカーや欧州との間の船舶が頻繁に往来し、ソマリア海賊を取り締まる海域でもある。.

新しい!!: インドとアラビア海 · 続きを見る »

アルナーチャル・プラデーシュ州

アルナーチャル・プラデーシュ州(ヒンディー語:अरुणाचल प्रदेश Arunachal Pradesh)は、主にヒマラヤ山脈東部の中国、インドの国境紛争地帯において、インドが実効支配している領域に設置された州。中国語による漢字表記は「阿鲁纳恰尔邦(阿魯納恰爾邦)」。また中国では蔵南とも呼称される。.

新しい!!: インドとアルナーチャル・プラデーシュ州 · 続きを見る »

アルメニア人

アルメニア人の分布 色が濃い国ほどアルメニア人居住者が多い アルメニア人(アルメニアじん)は、アルメニアの主要民族。インドヨーロッパ語族に属するアルメニア語を使用している。アルメニア人の6割はアルメニア共和国の外に暮らすディアスポラである。自称は「ハイ」(Հայ)。.

新しい!!: インドとアルメニア人 · 続きを見る »

アルワル

アルワル(ヒンディー語:अलवर、Alwar)は、インドのラージャスターン州、アルワル県の都市。.

新しい!!: インドとアルワル · 続きを見る »

アレクサンドロス3世

アレクサンドロス3世(Ἀλέξανδρος Γ'、紀元前356年7月20日 - 紀元前323年6月10日)、通称アレクサンドロス大王(Ἀλέξανδρος ὁ Μέγας)は、アルゲアス朝マケドニア王国のバシレウス(在位:紀元前336年 - 紀元前323年)である。また、コリントス同盟(ヘラス同盟)の盟主、エジプトのファラオも兼ねた。ヘーラクレースとアキレウスを祖に持つとされ、ギリシアにおける最高の家系的栄誉と共に生まれた。ギリシア語ではアレクサンドロス大王であるが、英語風に読んでアレクサンダー大王またはアレキサンダー大王とすることも多い。その他にはイスカンダルなどと呼ばれている。 ハンニバルプルタルコスの『英雄伝』によると、史上最も優れた指揮官としてアレクサンドロス大王を挙げている。、ガイウス・ユリウス・カエサルプルタルコスの『英雄伝』によると、アレクサンドロスの銅像をみたカエサルは、自分の業績は、彼に比べればとるにたらないと言って泣いたという逸話がある。、ナポレオンMémoires de Napoléon Bonaparte, Louis Antoine Fauvelet de Bourrienne(1821年)は、ナポレオンに同行した秘書の回想録であるが、「アレクサンドロスはナポレオンが最も尊敬する偉人であり、同列に並べられることを常に願っていた。」「エジプト遠征時も、自分とアレクサンドロスを重ねていた」という趣旨の内容が度々登場する。などの著名な歴史上の人物たちから大英雄とみなされていた。旧約聖書やコーラン、ゾロアスター教、シャー・ナーメなど多様な民族の教典にも登場する。現代でもアレクサンドロスの名に因んだ名前をつける人は多い。1941年からギリシャで発行されていた旧1000ドラクマ紙幣や旧100ドラクマ硬貨、1926年からアルバニアで発行された旧1レク紙幣などの肖像に使用されていた。.

新しい!!: インドとアレクサンドロス3世 · 続きを見る »

アンボイナ事件

アンボイナ事件(アンボイナじけん、)とは、1623年にオランダ領東インド(現インドネシア)モルッカ諸島のアンボイナ島(アンボン島)にあるイングランド商館をオランダが襲い、商館員を全員殺害した事件である。アンボン事件、アンボイナの虐殺とも。 これによりイングランドの香辛料貿易は頓挫し、オランダが同島の権益を独占した。東南アジアから撤退したイングランドは、インドへ矛先を向けることとなった。.

新しい!!: インドとアンボイナ事件 · 続きを見る »

アンダマン・ニコバル諸島

アンダマン・ニコバル諸島(アンダマン・ニコバルしょとう、ヒンディー語:अंदमान और निकोबार द्वीप、英語:Andaman and Nicobar Islands)は、インド洋のベンガル湾南部に位置する、インドの連邦直轄領。北緯10度線の北側がアンダマン諸島、南側がニコバル諸島。主都はポートブレア。 マラッカ海峡への航路を扼する位置にあり防衛戦略上の要地であることや、原住民保護政策の一環から、インド政府は外国人の立ち入りを制限している。.

新しい!!: インドとアンダマン・ニコバル諸島 · 続きを見る »

アンコール遺跡

アンコール遺跡(アンコールいせき、Angkor)は、カンボジアの北西部、トンレサップ湖北岸のシェムリアップの北側に位置するクメール王朝時代の遺跡群である。1992年ユネスコの世界危機遺産に登録され、遺跡を中心とし修復に努めてきたが、第二段階として2004年世界文化遺産に登録され、今まで危機遺産だった遺跡エリア(ゾーン1)の周りを取り囲むように、ゾーン2エリアを設定し全体で「アンコール遺跡公園」と命名された。コアな遺跡エリアの周りには、アンコールの広大な400万ヘクタールのエリアに、112の村、13万の住民、森、水田、放牧地が広がり、村人の生活、自然環境の保護、景観の維持に取り組んでいる。(出典「アンコール世界遺産エリア・ツーリストマネジメントプラン」アプサラ・ナショナル・オーソリティ2012年12月).

新しい!!: インドとアンコール遺跡 · 続きを見る »

アーンドラ・プラデーシュ州

アーンドラ・プラデーシュ州(ఆంధ్ర ప్రదేశ్、Andhra Pradesh)は、インドの南東部にある州の一つ。 2014年6月に、従来の州都であったハイデラバードを含むテランガーナ地域が分割され、テランガーナ州が新設された。移行措置として、テランガーナ州の州都となったハイデラバードに2024年までは引き続きアーンドラ・プラデーシュ州庁舎を据え置き、以降は州内のアマラーヴァティーへ州都を移転することが予定されている。.

新しい!!: インドとアーンドラ・プラデーシュ州 · 続きを見る »

アークシャルダーム寺院 (デリー)

アークシャルダーム寺院(グジャラート語表記: દિલ્હી અક્ષરધામ, デーヴァナーガリー表記: दिल्ली आक्षरधाम)は、インドのデリーにある、ヒンドゥー教の寺院。グジャラート州ガンディーナガルにある寺院とは、宗派を同じくする同系の寺院である。2007年に「世界一大きなヒンドゥー教寺院」として、ギネスブックに掲載された。祭神はヴィシュヌ派の聖人スワーミーナーラーヤン。.

新しい!!: インドとアークシャルダーム寺院 (デリー) · 続きを見る »

アーグラ

アーグラ城塞 アーグラ城塞から眺めたタージ・マハル アーグラ(、 アーグラー、 アーグラ)はインドのウッタル・プラデーシュ州に属する都市。同州最大の都市で、2011年現在の人口は約157万。アーグラー、アグラとも表記する。世界遺産に登録されているタージ・マハル廟、アーグラ城塞があることで知られる。.

新しい!!: インドとアーグラ · 続きを見る »

アーグラ城塞

アーグラ城塞(-じょうさい、英: Agra Fort)は、インドのアーグラにあるムガル帝国時代の城塞。 赤砂岩で築かれた城壁の色から「赤い城」(ラール・キラー, Lal Qila)の名がある。ただし、デリーの城も同じく赤い城と呼ばれ、単にインドの「赤い城 (Red Fort)」と言えば、通常はデリーのほうを指す。.

新しい!!: インドとアーグラ城塞 · 続きを見る »

アッサム州

アッサム州(অসম ラテン文字転写: Ôxôm、Assam)は、インド北東部にある州。北東インドの中核となっている。中心都市はグワーハーティーで、州都はグワーハーティーの衛星都市ディスプル。.

新しい!!: インドとアッサム州 · 続きを見る »

アッサム語

アッサム語(অসমীয়া,Assamese,Asamiya,Oxomiya)はインド北東部のアッサム州で話される言語。インドでは憲法の第8付則に定められた22の指定言語のひとつであり、州の公用語でもある。アッサム州以外にもアルナーチャル・プラデーシュ州をはじめインド北東部やブータン、バングラデシュに話者が存在する。話者の人口は2000万でインドヨーロッパ語族の分布の東端にあたる。.

新しい!!: インドとアッサム語 · 続きを見る »

アヘン

アヘン(阿片、鴉片、)は、ケシ(芥子、)の実から採取される果汁を乾燥させたもので、いわゆる麻薬である。ケシの実から採取されるアルカロイドはオピエートと呼ばれ、そこから合成されるものがオピオイドである。麻薬(narcotic)とは、本来このようなオピエートやオピオイドを指す。ケシから採取されたアルカロイドや、そこから合成される化合物は、鎮痛、陶酔といった作用があり、また高用量の摂取では昏睡や呼吸抑制を引き起こす )。このようなアルカロイドや、合成化合物には、モルヒネ、ヘロイン、コデイン、オキシコドンを含む。 アヘンの名の由来は、英語名の中国語の音訳である阿片()を音読みしたものである。明代の中国、江戸時代の日本では阿芙蓉(あふよう)と書いた。 紀元前から鎮痛作用などが知られ用いられており、後に阿片戦争を引き起こすなど、重大な害悪を引き起こした。現在では、1912年のハーグ阿片条約、これを引き継ぐ1961年の麻薬に関する単一条約において国際統制下にある。日本でもあへん法によって規制されている。.

新しい!!: インドとアヘン · 続きを見る »

アヒンサー

アヒンサー(デーヴァナーガリー: अहिंसा; IAST )は 非暴力(文字通り:暴力(ヒンサー)の忌避)を意味するサンスクリット の用語で、古代インドに起源を発した宗教(ヒンドゥー教、仏教、ジャイナ教)の重要な教義である。インドでは「アヒンサー・パラモ・ダルマ」(非暴力は仏法の中で最上のものである)と言われている。アヒンサーは生き物を殺したり害したりすることを禁止するという行動規範で、あらゆる種類の暴力が好ましからざる業果をもたらすという信念に密接に関連付けられる。非暴力の原理を(人間以外の)異なる生命形態にどこまで広げるかは、前述の三つの宗教内において種々の権威者・活動・流派間で物議をかもし、何千年ものあいだ論争の題材であった。 アヒンサーという概念の起源は不明であるが、アヒンサーに対する最も早い言及は歴史的なヴェーダ教の聖典に見られ、これは紀元前8世紀のものと年代が特定されている。ここでアヒンサーは初めのうちは倫理的な含蓄なしに「不傷害」という意味であったが、後に動物への非暴力、ついにはあらゆる生物への非暴力という意味となった。この概念はヒンドゥー教の聖典『マハーバーラタ』と『マヌ法典』に現れ、そこでアヒンサーは良い業に値すると言われている。肉食と動物の屠殺はいくつかのヒンドゥー教聖典で非難されているが、他の聖典では狩猟と祭式犠牲の指示という対立する論証が示されている。19世紀と20世紀に、ヴィヴェーカーナンダ、ラマナ・マハルシ、スワミ・シヴァナンダ、A.C.バクティヴェーダンタ・スワミ・プラブパーダのようなインド精神世界の傑出した人物がアヒンサーの重要性を強調した。マハトマ・ガンディーは彼の非暴力活動であるサッティヤーグラハによって、政策にアヒンサーを適用した。 ジャイナ教におけるアヒンサーは如何なる肉食を避けるだけでなく、植物の殺生に通じる芋などの球根類の摂取が禁じられている。さらに小さな昆虫や他の非常に小さな動物さえ傷つけないようしようと道からそれるなど、毎日の生活で極力動植物を害さないようにと少なからぬ努力を行う。この方針に従い、農業それ自体と同様に、その栽培が小さな昆虫や虫を害することになる作物を食べることが慎まれている。自己防衛、刑法、戦争における暴力はヒンドゥー教徒とジャイナ教徒によって許されている。他の二つの宗教と違い、仏教においてアヒンサーは専門用語として使われてはいないが、祭式犠牲と戦争は強く非難され、倫理規則では生命を奪わないことの重要性を強調している。.

新しい!!: インドとアヒンサー · 続きを見る »

アフマダーバード

アフマダーバード(Ahmadabad, अहमदाबाद ahmadābād, અમદાવાદ amdāvād, احمد آباد)はインド西部、グジャラート州の主要都市。 2011年の都市的地域の人口は635万人であり、世界第47位、同国では第7位である。農業、綿織物業が盛ん。イスラーム教徒が比較的多く(住民の2割程度)、多くのモスクが建てられている。ジャイナ教の寺院も多い。近代的な都市で郊外に工場が多く、経済的には恵まれている。2017年に世界遺産リストに登録された。 アフマダーバード周辺には階段井戸(バーオリー)が多く見られる。.

新しい!!: インドとアフマダーバード · 続きを見る »

アフリカ

衛星画像 NASA) 南部アフリカ アフリカ(ラテン語:Āfrica、英語:Africa)は、広義にはアフリカ大陸およびその周辺のマダガスカル島などの島嶼・海域を含む地域の総称で、六大州の一つ。阿州。漢字表記は阿弗利加。.

新しい!!: インドとアフリカ · 続きを見る »

アフガニスタン

アフガニスタン・イスラム共和国(アフガニスタン・イスラムきょうわこく)、通称アフガニスタンは、中東・中央アジアに位置する共和制国家。内陸国であり、分離したパキスタンが南及び東に、西にイラン、北にタジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンで、国の東端(ワハーン回廊)は中華人民共和国に接する。首都はカーブル。 パシュトゥーン人(狭義のアフガーン人)のほか、タジク人、ハザーラ人、ウズベク人、トルクメン人などの数多くの民族が住む多民族国家でもある。.

新しい!!: インドとアフガニスタン · 続きを見る »

アフターサービス

アフターサービスは販売した商品の修理・メンテナンスについて、販売者が購買者に一定期間提供するサービス。英語ではcustomer service, user support, aftersales serviceともいう。類似の意味を持つ言葉には、「修理サービス」や「保守サービス」などである。 一般的な家電製品はメーカーによる1年間の無料保障がついてくるが、大手家電量販店などでは数年単位で保障期間を延長するサービスを実施しているところもある。修理を依頼した場合、通常は製品の破損部分を交換して依頼者に送り返すが、時によってはコスト面から新品と交換することもある。 従来はアフターサービス事業は企業内のコストセンターとしての役割を担ってきたが、近年はプロフィットセンターとしての役割を担う傾向にある。これは企業がアフターサービス事業を活性化し、「顧客満足度の向上」や「景気に左右されない収益源の確保」、「他社サービスとの差別化による顧客囲い込み」を実現しようと考えたためである。これらの動向の変化にいち早く着目した国内外のシステムインテグレーターは、アフターサービス事業向けのパッケージソフトウェアを製作・販売している。 また近年は規格争いで敗れ去った規格を購入したユーザーに対し、別規格への転換を購入金額との差額のみで受けるなど、修理・メンテナンス以外のサポートも提供されることもある。 主なアフタサービス事業向けパッケージソフト.

新しい!!: インドとアフターサービス · 続きを見る »

アイヤーヴァリ

アイヤーヴァリ(,, அய்யாவழி, അയ്യാവഴി, Ayyavazhi)は、19世紀に南インドで興った単一神教的宗教であるTha.

新しい!!: インドとアイヤーヴァリ · 続きを見る »

アウラングゼーブ

アウラングゼーブ(اورنگزیب, Aurangzēb, 1618年11月3日 - 1707年3月3日)は、北インド、ムガル帝国の第6代君主(在位:1658年 - 1707年)。アーラムギール(Ālamgīr)またはアーラムギール1世(Ālamgīr I)とも称される。第5代君主シャー・ジャハーンの三男。母はムムターズ・マハル。 アウラングゼーブは若いころ、デカン地方の総督(スーバダール)として派遣され、自身の名を冠した都市アウランガーバードを拠点に、ビジャープル王国やゴールコンダ王国に対して軍事活動を展開した。その過程でミール・ジュムラーといった優れた武将を味方に付けた。 1657年、父シャー・ジャハーンが重病に陥ると、兄ダーラー・シコー、シャー・シュジャー、弟のムラード・バフシュと皇位継承戦争で争い、1658年に帝位を継承した。その後、兄弟3人を直接的・間接的に殺害し、父帝はアーグラ城へと幽閉した。 アウラングゼーブの治世は実に49年の長きに渡り、その治世の前半は、曾祖父アクバル以来の繁栄が続いた。アウラングゼーブは若年から厳格なスンナ派の信者であり、ムガル帝国の宗教政策を変えて帝国をシャリーアで統治しようとしたが、その反面ではアクバル以来の融和路線に反する厳しい宗教政策によって、ラージプートなど異教徒の離反を招いた。特にデカン地方にヒンドゥーの復興を掲げたマラーターの指導者シヴァージーの抵抗には苦慮し、長く辛酸を舐めることとなった。 1681年以降、アウラングゼーブはデカンに大挙南下し、ビジャープル王国、ゴールコンダ王国を滅ぼし、さらにはマラーター王国を南に押し返した。だが、マラーターのゲリラ戦や重税に苦しむ諸地方の反乱、帝室における混乱といった様々な問題に悩まされ、その晩年は悲惨なものとなった。 1707年にアウラングゼーブは死亡し、その死までに帝国の領土は最大となったが、 彼の死を契機に帝国は衰退・崩壊した。.

新しい!!: インドとアウラングゼーブ · 続きを見る »

アウトソーシング

アウトソーシング(outsourcing)あるいは外部委託(がいぶいたく)とは、従来は組織内部で行っていた、もしくは新規に必要なビジネスプロセスについて、それを独立した外部組織からサービスとして購入する契約である。対義語は「インソーシング(内製)」。 アウトソーシングには国内・国外の両方が含まれHira, Ron, and Anil Hira.

新しい!!: インドとアウトソーシング · 続きを見る »

アクバル

アクバル(جلالالدین محمد اكبر, Jalāl'ud-Dīn Muhammad Akbar, 1542年10月15日 - 1605年10月27日)は、北インド、ムガル帝国の第3代君主(在位:1556年 - 1605年)。アクバル1世(Akbar I)、アクバル大帝(اکبر کبیر, Akbar-e kabīr)とも呼ばれる。 アラビア語で「偉大」を意味するアクバルの名にふさわしく、中央アジアからの流入者であった祖父バーブルの立てたムガル朝を真に帝国と呼ばれるにふさわしい国家に発展させた。そのため、マウリヤ朝のアショーカ王に並び称されることもあり、大帝の称号を与えられている。 アクバルは、先述のアショーカ王やスール朝のシェール・シャーとともに最も成功した君主であり、インドの最も偉大な王であり融和の象徴として、現在のインドでも人気が高い。.

新しい!!: インドとアクバル · 続きを見る »

アクサイチン

アクサイチン(ﺋﺎﻗﺴﺎﻱ ﭼﯩﻦ / Аксаи Чин, 阿克赛钦, अक्साई चिन, اکسائی چن)は、中華人民共和国、インド及びパキスタンの国境が交差するカシミール地方にある、3万7244平方キロメートル(日本の九州程度)のインド・中国の国境係争地域。1962年の中印国境紛争の結果、中国により実効支配されているが、現在もインドが領有権を主張している。インド側の呼称はラダックである(正確にはラダックの一部分)。.

新しい!!: インドとアクサイチン · 続きを見る »

アケメネス朝

アケメネス朝(古代ペルシア語: 𐏃𐎧𐎠𐎶𐎴𐎡𐏁 ハカーマニシュ、Ἀχαιμένης アカイメネース)は、古代オリエントに存在した王朝・帝国・遊牧国家。.

新しい!!: インドとアケメネス朝 · 続きを見る »

アショーカ王

アショーカ(अशोकः、IAST:、Asoka、訳:無憂〈むう〉、在位:紀元前268年頃 - 紀元前232年頃)は、マウリヤ朝の第3代の王である。漢訳音写では阿育王と書かれる。インド亜大陸をほぼ統一した。釈尊滅後およそ100年(または200年)に現れたという伝説もあるアショーカ王は、古代インドにあって仏教を守護した大王として知られる。アショカとも表記される。.

新しい!!: インドとアショーカ王 · 続きを見る »

アジャンター石窟群

アジャンター石窟群(アジャンターせっくつぐん、अजंता)は、インドのマハラーシュートラ州北部、ワゴーラー川湾曲部を囲む断崖を550mにわたって断続的にくりぬいて築かれた大小30の石窟で構成される古代の仏教石窟寺院群のことである。.

新しい!!: インドとアジャンター石窟群 · 続きを見る »

アジア・アフリカ会議

アジア・アフリカ会議(アジア・アフリカかいぎ、Asian-African Conference、AA会議またはバンドン会議)は、第二次世界大戦後に独立したインドのネルー首相、インドネシア大統領スカルノ、中華人民共和国首相周恩来、エジプト大統領ナセルが中心となって開催を目指した会議の総称。1955年にインドネシアのバンドンで第1回が開催されたが、第2回は開催されなかった。本項目では2005年と2015年に行われた50周年会議と60周年会議も記述する。.

新しい!!: インドとアジア・アフリカ会議 · 続きを見る »

アジア系民族

アジア系民族(アジアけいみんぞく)とは、アジアに住む民族、及びアジアに住む民族出身の人々を表す。一般的にはアジア人(アジアじん、英語:Asian)と言う。 アジアとは、元々ヨーロッパの東を意味する言葉であり、時代と共にその定義は変化・拡大してきている。現在でもアジアという定義の範囲は揺れており、学問的に確立しているとは言い難い。そのためアジア系民族という定義も確立していない。 また、一般的に言うアジアの範囲は広大であり、トルコ人・アラブ人・ペルシア人・インド・アーリア人のようなコーカソイド(広義の白人)、スリランカ・スンダ列島のオーストラロイド(タミル人等)、東アジアを中心としたモンゴロイド(黄色人種、東洋人)等、多種の人種が住むだけでなく、民族的・文化的にも多種多様である。それゆえ、本来は同じアジア系民族として、一纏めに分類できるものではない。以下、一般的にアジア系民族と言われるものを説明する。.

新しい!!: インドとアジア系民族 · 続きを見る »

アジア開発銀行

アジア開発銀行(アジアかいはつぎんこう、Asian Development Bank, ADB)は、アジア・太平洋における経済成長及び経済協力を助長し、開発途上加盟国の経済発展に貢献することを目的に設立された国際開発金融機関である。.

新しい!!: インドとアジア開発銀行 · 続きを見る »

アスワン・ハイ・ダム

アスワン・ハイ・ダムは、エジプトの南部、アスワン地区のナイル川に作られたダム。アスワンダムは2つあるが、現在ではアスワンダムと言うとアスワン・ハイ・ダムを指すことが多い。 古いアスワンダムは、とも呼ばれる。1901年に完成し、以降数度にわたって拡張された。アスワン・ハイ・ダムは、アスワン・ロウ・ダムの6.4km上流に建設され、1970年に完成した。 アスワン・ハイ・ダム.

新しい!!: インドとアスワン・ハイ・ダム · 続きを見る »

アタル・ビハーリー・ヴァージペーイー

アタル・ビハーリー・ヴァージペーイー(英語:Atal Behari Vajpayee、ヒンディー語:अटल बिहारी वाजपेयी、1926年12月25日 - )は、インドの政治家。日本では主にバジパイと表記されることが多い。第13、16代首相。インド大衆連盟(ジャン・サング)、ジャナタ党、インド人民党の創設者。.

新しい!!: インドとアタル・ビハーリー・ヴァージペーイー · 続きを見る »

イラン語群

イラン語群(イランごぐん)はインド・ヨーロッパ語族(印欧語族)に属するインド・イラン語派の一分派である。 20世紀末時点でイラン語群を話すイラン系民族の人口は9千万人を超えているとみられる。ある調査では祭祀言語としてのみ存続するアヴェスタ語のほか86の言語を数えているが、このうち十数語は隣接言語と近似し個別の人口集計がない。最大集団はペルシャ語で使用人口は約3,800万人、これにパシュトゥ語(約2,000万人)、クルド語(約1,700万人)、バローチー語(約700万人)が続く。.

新しい!!: インドとイラン語群 · 続きを見る »

イラン高原

イラン高原(イランこうげん、)は、中東イランの北部一帯の高原である。ペルシア高原またはペルシャ高原とも呼ぶ。カビール砂漠が広がるが、首都テヘランの南にはナマク湖(Daryacheh-ye Namak) という塩湖がある。 イラン中部から東はアフガニスタン、パキスタンにまたがる盆地状の高原が広がっている。北部にはエルブールズ山脈、ヒンズークシ山脈、南西部にザグロス山脈が連なっており、気候は乾燥気候。砂漠・ステップが広がっており、塩湖やワジが多く存在する。.

新しい!!: インドとイラン高原 · 続きを見る »

インパール作戦

インパール作戦(インパールさくせん、日本側作戦名:ウ号作戦(ウごうさくせん))とは、1944年(昭和19年)3月に日本陸軍により開始され7月初旬まで継続された、援蒋ルートの遮断を戦略目的としてインド北東部の都市インパール攻略を目指した作戦のことである。 当初より軍内部でも慎重な意見があったものの、牟田口廉也中将の強硬な主張により作戦は決行された。補給線を軽視した杜撰(ずさん)な作戦により、多くの犠牲を出して歴史的敗北を喫し、無謀な作戦の代名詞として現代でもしばしば引用される。この記事はも併せて解説する。.

新しい!!: インドとインパール作戦 · 続きを見る »

インディラ・ガンディー

インディラ・プリヤダルシニー・ガンディー(Indira Priyadarshini Gandhi、इंदिरा प्रियदर्शिनी गाँधी、1917年11月19日 - 1984年10月31日)は、インドの女性政治家で第5代、8代首相。日本語ではガンジーとも表記される。 インドの初代首相であるジャワハルラール・ネルーは父。息子にインド第9代首相を務めたラジーヴ・ガンディー、及びサンジャイ・ガンディーがおり、この政治家一族は「ネルー・ガンディー王朝」と呼ばれるようになった。 なお、姓こそ同じであるものの「インド独立の父」マハトマ・ガンディーとの血縁関係は一切ない。.

新しい!!: インドとインディラ・ガンディー · 続きを見る »

インディラ・ガンディー国際空港

インディラ・ガンディー国際空港(इंदिरा गांधी अंतरराष्ट्रीय हवाई अड्डा, Indira Gandhi International Airport)は、インド共和国の首都デリーにある国際空港。.

新しい!!: インドとインディラ・ガンディー国際空港 · 続きを見る »

インディアン・プレミアリーグ

インディアン・プレミアリーグ(Indian Premier League、IPL)はインドのトゥエンティ20方式のクリケットリーグである。現在はVivoが冠スポンサー。本部はムンバイにある。.

新しい!!: インドとインディアン・プレミアリーグ · 続きを見る »

インディアン・スーパーリーグ

インディアン・スーパーリーグ(Indian Super League (ISL)、スポンサー名義でHero Indian Super League)は、インドのプロサッカーリーグ。Iリーグとは別組織。略称:ISL.

新しい!!: インドとインディアン・スーパーリーグ · 続きを見る »

インディゴ

インディゴ、インジゴ()は、鮮やかな藍色(青藍)を呈する染料である。.

新しい!!: インドとインディゴ · 続きを見る »

インドにおける仏教の弾圧

インドにおける仏教の弾圧(インドにおけるぶっきょうのだんあつ)では、5世紀頃に起きた仏教の弾圧について述べる。これにより、13世紀までにインド国内の仏教はほぼ完全に一掃された。.

新しい!!: インドとインドにおける仏教の弾圧 · 続きを見る »

インドにおける性に関する問題

インドにおける性に関する問題(インドにおけるせいにかんするもんだい)については下記で述べる。.

新しい!!: インドとインドにおける性に関する問題 · 続きを見る »

インドの大統領

インドの大統領(インドのだいとうりょう、President of Republic of India)は、インド共和国の国家元首たる大統領である。.

新しい!!: インドとインドの大統領 · 続きを見る »

インドの山岳鉄道群

インドの山岳鉄道群とはユネスコの世界遺産登録物件のひとつである。インドの山岳部を走る鉄道を対象とするものであるが、1999年に「ダージリン・ヒマラヤ鉄道」の名で登録された段階ではその名の通りダージリン・ヒマラヤ鉄道のみが対象とされていた。2005年にニルギリ山岳鉄道が登録対象に加えられた際に、現在の名称に変更された。その後、2008年にはカールカー=シムラー鉄道が拡大登録された。 2008年現在運行しているインドの山岳鉄道は、あとまだ1つマテラン登山鉄道 (Matheran Hill Railway) が存在する。インド政府はこれも拡大登録されることを目指し暫定リストに加えられたが、2010年の第34回世界遺産委員会でICOMOSは不登録を勧告し、これ以上インドの山岳鉄道群を拡大登録しないように要請した。これによりインド政府は推薦を辞退した。.

新しい!!: インドとインドの山岳鉄道群 · 続きを見る »

インドの世界遺産

インドの世界遺産 は、ユネスコの世界遺産に登録されているインド国内の文化・自然遺産の一覧。 なお現在(2017年7月)、36件の世界遺産が登録されている。世界遺産登録の前段階となる暫定リストは、44件ある。.

新しい!!: インドとインドの世界遺産 · 続きを見る »

インドの地方行政区画

パキスタンとの国境は停戦ライン インドは 29 の州(states)と、7つの連邦直轄領(union territories)から構成されている。州の下には行政権を持たない地方(日本の地方とほぼ同じ)、またその下には県が存在している。(地方が無い州もあるが、県は必ずある。) ただし、ジャンムー・カシミール州の全域はパキスタンが、同州北部は中国が、アルナーチャル・プラデーシュ州の広い範囲は中国が、それぞれ領有権を主張する地域ともなっている。 2000年11月15日にビハール州の南半分の区域からジャールカンド州が、また同日にウッタル・プラデーシュ州北部山岳地方の一部からウッタラーンチャル州(2006年12月以降さらに名称変更されてウッタラーカンド州)が、同じく同日マディヤ・プラデーシュ州東側の一部からチャッティースガル州がそれぞれ新たな州として独立した。2014年6月2日にアーンドラ・プラデーシュ州の北部が分離、テランガーナー州が創設された。.

新しい!!: インドとインドの地方行政区画 · 続きを見る »

インドのナショナリズム

本項目では、インドのナショナリズムについて述べる。インドにおけるナショナリズムは、を通じて形成され、インド社会における民族、宗教的対立と同様にに強い影響を与え続けている。インドのナショナリズムはしばしば1947年のイギリスからの独立以前に認められた、インド文化圏がインド亜大陸ひいてはアジアに与えた影響と結びつけて語られる。.

新しい!!: インドとインドのナショナリズム · 続きを見る »

インドの公用語の一覧

インドの公用語の一覧(インドのこうようごのいちらん)では、インドで話されている多数の言語を、全体として眺めたときの主要言語一覧を紹介する。.

新しい!!: インドとインドの公用語の一覧 · 続きを見る »

インドの国章

インドの国章(インドのこくしょう)は、サールナートにおける「アショーカの獅子柱頭」から受け継がれたものである。 アショーカ王は、釈迦が法 (仏教)を最初に説き、僧伽が見つかった場所を示した「アショーカの尖塔」の先端部に、アショーカの獅子柱頭を建てた。この獅子柱頭は、前後左右に四匹のインドライオンが居り、円柱の冠板に帯状装飾として象と駿馬、雄牛と獅子が彫られ、それぞれの間にハスを模した法輪かの車輪が彫られたものであった(オリジナルは紀元前250年頃に造られ、現在はサールナート美術館に保存されている。この四頭獅子は、一つの砂岩のブロックから磨き上げられている。)。 しかしながら、国章のバージョンには四つの獅子が居ないか(これは正面から見た時に背部の獅子が隠れるためである)、柱頭の下部に描かれたハスが省略されている。獅子の下の帯状装飾には、中央に法輪が、右に雄牛、左に駿馬、右端と左端に法輪の外郭が、それぞれ描かれている。 国章の下部にデーヴァナーガリー文字で彫られたモットーは、「Satyameva Jayate:सत्यमेव जयते(英語でTruth Alone Triumphs、日本語で「真実のみが勝利する」)」という意味である。これはウパニシャッドと呼ばれるヒンドゥー教の経典から取られたものであり、ヒンドゥー教のヴェーダ書の教えにも繋がるものである。 国章としては、インドの共和国化に当たり、1950年の1月26日に適用された。 今日では、一般的にインドの国章として様々な場所で使用され、インド政府の公文書に使用されるマークとして、またインドの通貨、パスポートなどにその姿を見ることが出来る。また、この国章の一部分を担っている法輪は、インドの国旗の中央部に描かれている。.

新しい!!: インドとインドの国章 · 続きを見る »

インドの総督

インド総督(インドそうとく、Governor-General of India)は、イギリス政府(1858年まではイギリス東インド会社)が植民地インドに置いていた総督である。.

新しい!!: インドとインドの総督 · 続きを見る »

インドの美術

本項インドの美術(インドのびじゅつ)では、インダス文明に始まるインド亜大陸(南アジア)の美術について概観する。.

新しい!!: インドとインドの美術 · 続きを見る »

インドの経済

インドの経済(インドのけいざい)は世界で6番目の規模であり、2011年推定でGDPは約2兆3000億ドルに達する 。約13億人という世界第2位の人口規模(インドの人口動態(en))であることから、2016年の一人当たりのGDPは1,718ドル(購買力平価換算では6,658ドル)であり、世界平均と比較しても大幅に低い水準である。世界銀行はインドを低所得の経済と分類している。.

新しい!!: インドとインドの経済 · 続きを見る »

インドの観光地の一覧

インドの観光地の一覧は、インド国内の観光地の一覧である。.

新しい!!: インドとインドの観光地の一覧 · 続きを見る »

インドの言語

インドの言語(インドのげんご、ヒンディー語: भारत की भाषाएँ, 英語: Languages of India)とは、インド連邦の広大な版図で使用されている、多彩で豊かな数多くの言語のことである。 インドは、その地に芽生えた、多様なドラヴィダ語と印欧語の諸言語に加えて、中東及びヨーロッパの言葉を取り込んだ言語的豊かさを誇りとしている。世界的な古典語であるサンスクリットのほか、幾つかのインドの言語は、明瞭な個性を持ち、豊かなインド文学の伝統を備えている。.

新しい!!: インドとインドの言語 · 続きを見る »

インドの言語の話者数一覧

インドの言語の話者数一覧 は、インドにおいて500万人以上の話者が存在する言語について、それぞれの言語の話者数を示したものである。英語はインドの言語ではないが、第二言語として、5,000万人から最大で2億5,000万人の範囲のインドの人々によって話されている。以下に示す数字の出典はエスノローグ(Ethnologue)データベースである。また以下の一覧においては、当該言語を母語とする話者数を示している。 インドで話されている大部分の言語は、インド・ヨーロッパ語族 (約 74 %)か、ドラヴィダ語族 (約 24 %)、または、オーストロ・アジア語族 (ムンダ語派) (約 1.2 %)、シナ・チベット語族(チベット・ビルマ語派) (約 0.6 %) のいずれかに属するが、これら以外に、帰属がいまだ明らかでない、いくつかのヒマラヤ諸語が存在する。大英帝国の統治下で導入された英語は、インドの特定の民族と結びつきのない共通語(リンガフランカ(Lingua Franca))として重要な役割を担っている。 公式統計によると、インドで母語として話される言語は(方言を含め)1683あり、そのうち850言語が日常の社会生活で使用されている。では、インドについて、387の現存言語を扱っている。.

新しい!!: インドとインドの言語の話者数一覧 · 続きを見る »

インドの財閥

インドの財閥は、インドの経済で大きな役割を果たしている。それぞれの財閥は各分野の企業を傘下に持っている。財閥はイギリス統治時代から存在し、特権を持っていた。インドには相続税が存在しないので、財閥は国から保護されているとも言える。.

新しい!!: インドとインドの財閥 · 続きを見る »

インドの鉄道

インドの鉄道(いんどのてつどう)では、インドにおける鉄道について記す。.

新しい!!: インドとインドの鉄道 · 続きを見る »

インドの核実験 (1974年)

インドの核実験(インドのかくじっけん)は、1974年5月18日に初めて行われた。 この核実験はそのコードネームから微笑むブッダ (Smiling Buddha) とも呼ばれている。 この核実験で使用された核分裂装置は、正確な重量は不明ではあるが、少なくともその重量は30tを超えていたと言われている。このため、インド軍の空軍機や航空機はおろか、ミサイルでも運搬不可能な重量であったワック出版「歴史通」2013年3月号「世界は日本の原発技術を待っている!」P51-52。.

新しい!!: インドとインドの核実験 (1974年) · 続きを見る »

インドの核実験 (1998年)

1998年に行われたインドの核実験は、インドのラージャスターン州のポカランで行われた5月11日と13日に計5回行われた。 この一連の核実験はシャクティ作戦(シャクティI〜シャクティV)とも呼ばれる。.

新しい!!: インドとインドの核実験 (1998年) · 続きを見る »

インドの歴史

モエンジョ・ダーロ遺跡 インドの歴史(インドのれきし、History of India)では、インダス文明以来のインドの歴史について略述する。.

新しい!!: インドとインドの歴史 · 続きを見る »

インドの歴代首相

インドの歴代首相(インドのれきだいしゅしょう)では、1947年のイギリスからの独立以後に政権を担当したインドの歴代首相(Prime Minister of India)を示す。 Category:インド史の人物 Category:インドの政治家 *.

新しい!!: インドとインドの歴代首相 · 続きを見る »

インドの有人宇宙飛行計画

インドの有人宇宙飛行計画(インドのゆうじんうちゅうひこうけいかく)は、インド宇宙研究機関 (ISRO)による2人乗りのISRO軌道周回機を低軌道へ送る計画である。宇宙船を打ち上げるロケットにはGSLV-IIIが使用される見通しである。2010年時点では2016年の実施を目標としていたが、2015年現在は2021年頃になるとの見解が示されている。.

新しい!!: インドとインドの有人宇宙飛行計画 · 続きを見る »

インドの映画

インド映画(インドえいが)は、インド国内で制作される映画のこと。.

新しい!!: インドとインドの映画 · 続きを見る »

インドの数学

インドの数学(インドのすうがく、Indian mathematics)とは、紀元前1200年頃から19世紀頃までのインド亜大陸において行われた数学全般を指す。.

新しい!!: インドとインドの数学 · 続きを見る »

インド南部鉄道

インド南部鉄道(英称 Southern Railway)は、インド南部に路線を有する鉄道。国有であるインド鉄道の16社のうちの一つである。インドの南部にあるタミル・ナードゥ州、パーンディッチェーリ連合区、ケーララ州、およびアーンドラ・プラデーシュ州とカルナータカ州の一部を管轄している。.

新しい!!: インドとインド南部鉄道 · 続きを見る »

インド大反乱

インド大反乱(インドだいはんらん、Indian Rebellion)は、1857年から1859年の間にインドで起きたイギリスの植民地支配に対する民族的抵抗運動、反乱のことである。 かつては「シパーヒーの乱」、「セポイの反乱」、「セポイの乱」と呼ばれたが、反乱参加者の出身・身分が多岐にわたり、インド社会全体に広がっていた事から、最近では「インド大反乱」と呼ばれる様になっている。これらはいずれもイギリス側の呼称であり、独立したインド側からは「第一次インド独立戦争」(India's First War of Independence)と呼ばれている(英語での呼称も「Indian Mutiny」、「the Great Rebellion」、「the Revolt of 1857」、「the Indian Insurrection」など複数ある)。。.

新しい!!: インドとインド大反乱 · 続きを見る »

インド宇宙研究機関

インド宇宙研究機関(インドうちゅうけんきゅうきかん、भारतीय अन्तरिक्ष अनुसन्धान सङ्गठन, Indian Space Research Organisation, ISRO)は、インドの宇宙開発を担当する国家機関。バンガロールを本拠地とし、日本円にして約1000億円の予算規模と約2万人の職員を抱える。宇宙関連技術の開発とその応用を目的とする。国内のみならず国外のペイロードの打ち上げサービスも行っている。.

新しい!!: インドとインド宇宙研究機関 · 続きを見る »

インド工科大学

インド工科大学(インドこうかだいがく、भारतीय प्रौद्योगिकी संस्थान,; IITs)は、工学と科学技術を専門とする、インドの16『日経産業新聞』2014年8月13日、1面。の国立大学の総体、または、その各校である(単数形; IIT の場合)。 国家的な重要性を有した研究機関と位置づけられ、研究水準の高さは国際的にも認められている。1947年のインドの独立後、インドの経済的・社会的進歩を目的として知的水準の高い労働力の育成が求められ、科学者と技術者を養成するために、1951年にジャワハルラール・ネルーにより第1校が設立された。 1870年にロンドンで設立された帝国インド工科大学とは直接の関係がない。このイギリス人学生専用大学は定員に空きが出たとき、毎年2名のインド人入学枠を設けることができた。わずかなインド人卒業生からは、1925年にインド人で初めて郵便・電信総局長となったガネン・ロイを輩出した。.

新しい!!: インドとインド工科大学 · 続きを見る »

インド人の名前

インド人の名前は、さまざまな名付けの方法と伝統に基づいており、地方ごとに異なっていて多様である。また、宗教や社会的位置(いわゆるカースト)によっても異なる。インドという領域が、多くの言語や世界中の主立った宗教を内包しているため、名付けに関して時に微妙で紛らわしい違いを生むことになっている。.

新しい!!: インドとインド人の名前 · 続きを見る »

インド人民党

インド人民党(インドじんみんとう、英語:Bhāratīya Janatā Party, 略称:BJP, ヒンディー語:भारतीय जनता पार्टी 略称:भाजपा、英語訳:Indian People's Party)は、インドの政党。1998年から2004年までアタル・ビハーリー・ヴァージペーイー(バジパイ)を首相に同党中軸の国民民主同盟(National Democratic Alliance:NDA)連立政権を率いた。2014年からナレンドラ・モディ政権の与党。.

新しい!!: インドとインド人民党 · 続きを見る »

インド亜大陸

インド亜大陸(インドあたいりく)は、インド半島ともいい、南アジアのインド・バングラデシュ・パキスタン・ネパール・ブータンなどの国々を含む亜大陸・半島。かつては独立したインド大陸であった。 「インド亜大陸」という語はしばしば「南アジア」と同義に使われる。.

新しい!!: インドとインド亜大陸 · 続きを見る »

インド地域航法衛星システム

インド地域航法衛星システム(インドちいきこうほうえいせいシステム、Indian Regional Navigational Satellite System、IRNSS)は、インド宇宙研究機関(ISRO)が開発した自動の衛星測位システムであり、人工衛星7基で構成される。アメリカ合衆国が運用するグローバル・ポジショニング・システム(GPS)へのアクセスが必ずしも保証されていないことから、インド独自の衛星測位システムの開発の必要があった。インド地域航法衛星システムは、国民が利用可能な商用のスタンダード・ポジショニング・サービスと、軍事用の暗号化された制限サービスの2つのサービスを提供する。 このプロジェクトはISROに所属する宇宙応用センター(SAC、Space Applications Centre)が担当し、IRNSS以外に「NavIC」(Navigation Indian Constellation)という呼称も使われている。.

新しい!!: インドとインド地域航法衛星システム · 続きを見る »

インドネシア

インドネシア共和国(インドネシアきょうわこく、)、通称インドネシアは、東南アジア南部に位置する共和制国家。首都はジャワ島に位置するジャカルタ。 5,110kmと東西に非常に長く、また世界最多の島嶼を抱える島国である。赤道にまたがる1万3,466もの大小の島により構成される。人口は2億3,000万人を超える世界第4位の規模であり、また世界最大のムスリム人口を有する国家としても知られる。 島々によって構成されている国家であるため、その広大な領域に対して陸上の国境線で面しているのは、ティモール島における東ティモール、カリマンタン島(ボルネオ島)におけるマレーシア、ニューギニア島におけるパプアニューギニアの3国だけである。 海を隔てて近接している国家は、パラオ、インド(アンダマン・ニコバル諸島)、フィリピン、シンガポール、オーストラリアである。 ASEANの盟主とされ、ASEAN本部が首都ジャカルタにある。そのため、2009年以降、アメリカ、中国など50か国あまりのASEAN大使が、ジャカルタに常駐。日本も、2011年(平成23年)5月26日、ジャカルタにASEAN日本政府代表部を開設し、大使を常駐させている。.

新しい!!: インドとインドネシア · 続きを見る »

インド・バングラデシュ国境の飛地群

インド・バングラデシュ国境の飛地群(India–Bangladesh enclaves)は、インド(西ベンガル州クーチ・ビハール県)とバングラデシュ(ラジシャヒ管区)との国境線をまたいで散在した双方の飛地。入り組んだ国境線に加え、非常に多くの飛地が互いの領土内に存在することで、錯綜した状況になっていた。2015年8月1日、領土交換で解消された。 この一帯の総称はないが、日本にはインド側の県名を採り、クーチ・ビハール(Cooch Behar, Koch Bihar)の名で紹介されている。.

新しい!!: インドとインド・バングラデシュ国境の飛地群 · 続きを見る »

インド・ヨーロッパ語族

インド・ヨーロッパ語族(インド・ヨーロッパごぞく)は、ヨーロッパから南アジア、北アジア、アフリカ、南アメリカ、北アメリカ、オセアニアにかけて話者地域が広がる語族である。印欧語族(いんおうごぞく、いんのうごぞく)と略称される。この語族に属する言語を公用語としている国は100を超える。.

新しい!!: インドとインド・ヨーロッパ語族 · 続きを見る »

インド・ルピー

インド・ルピー(India Rupee)は、インドの通貨の単位のひとつである。英字では「Rs」と、ISO 4217では「INR」と表示される。インド・ルピー通貨の発行はインド準備銀行が実施している。補助単位として「パイサ(単数:Paisa、複数:Paise)」があり、1ルピー.

新しい!!: インドとインド・ルピー · 続きを見る »

インド・パキスタン分離独立

インド・パキスタン分離独立(インド・パキスタンぶんりどくりつ、Partition of India、ヒンディー語: भारत का विभाजन または हिंदुस्तान का बटवारा 、ヒンドゥスターニー語: 、ウルドゥー語: )、略称として印パ分離(いんぱぶんり)、印パ分断(いんぱぶんだん)などとも、は、1947年8月14日および15日にイギリス領インド帝国が解体し、インド連邦とパキスタン(後にバングラデシュとして独立する飛地の東パキスタンを含む)の二国に分かれて独立したことを指す。における最大の悲劇に数えられる。 この結果、インドとパキスタンの両国が並び立つこととなり、この二者の対立は今日に至るまで続いている(なお、バングラデシュは東パキスタン時代に西から一方的な政治的支配・弾圧を受けた確執や、独立戦争にインドが協力した歴史的経緯から比較的親印感情が強いとされる)。.

新しい!!: インドとインド・パキスタン分離独立 · 続きを見る »

インド・アーリア人

インド・アーリア人・インド・アーリヤ人(Indo-Aryan)は、インド・アーリア語派の言語を用いる人々の総称。 古代においては、狩猟と牧畜によって生計を立て、飼育する動物の中では馬に最も重要な役割を置いていた。彼らが異なる文化の周辺民族との関わり合いの中から作り出した『リグ・ヴェーダ』を中心とした文献から、その動態が考察されてきた。.

新しい!!: インドとインド・アーリア人 · 続きを見る »

インド・ウラン公社

インド・ウラン公社(インド・ウランこうしゃ、Uranium Corporation of India ; UCIL)は、インドの国営企業のひとつ。.

新しい!!: インドとインド・ウラン公社 · 続きを見る »

インドール (インド)

インドール(、)は、インドのマディヤ・プラデーシュ州南西部のの県都である。人口196万人。.

新しい!!: インドとインドール (インド) · 続きを見る »

インドボダイジュ

インドボダイジュ(印度菩提樹、覚樹(かくじゅ)、道場樹(どうじょうじゅ)、学名:Ficus religiosa、pippalaまたはaśvattha)とはクワ科の植物の一種。仏教の発祥地であるインドの国花になっている。仏教の経典にはテンジクボダイジュ(天竺菩提樹)の別名を持つ釈迦がその下で悟り(菩提)を開いたとされる樹木。.

新しい!!: インドとインドボダイジュ · 続きを見る »

インドクジャク

インドクジャク(印度孔雀、学名:Pavo cristatus)は、キジ目キジ科クジャク属に分類される鳥類。クジャク属の模式種。.

新しい!!: インドとインドクジャク · 続きを見る »

インドグランプリ

2011年インドGP インドグランプリ(Indian Grand PrixまたはGrand Prix of India)はインドオリンピック協会(IOA)が計画し、2011年に初開催されたF1世界選手権レースの1戦。.

新しい!!: インドとインドグランプリ · 続きを見る »

インドゾウ

インドゾウ(学名:Elephas maximus indicus、英語名:Indian elephant)は、哺乳綱- ゾウ目(長鼻目)- ゾウ科- に分類されるアジアゾウの、下位分類にあたる1亜種。 インドゾウを含む種アジアゾウ Elephas maximus は、過去3世代(60から75年)の間で個体数が少なくとも50%減少したとして、1986年よりIUCNに絶滅危惧種と評価されている.

新しい!!: インドとインドゾウ · 続きを見る »

インド哲学

インド哲学(インドてつがく、darsana、ダルシャナ)は、哲学の中でもインドを中心に発達した哲学で、特に古代インドを起源にするものをいう。インドでは宗教と哲学の境目がほとんどなく、インド哲学の元になる書物は宗教聖典でもある。インドの宗教にも哲学的でない範囲も広くあるので、インドの宗教が全てインド哲学であるわけではない。しかし、伝統的に宗教的な人々は哲学的な議論をしてその宗教性を磨いている伝統がある。 古来の伝統と思われる宗教会議が現在も各地で頻繁に行われている様子で、会議では時には宗派を別にする著名な人々が宗教的な議論を行う。これは数万人の観衆を前にして行われることもあり、白熱した議論が数日にかけて、勝敗が明らかになるまで行われることもある。この場合、判定をする人物がいるわけではなく、議論をする当人が議論の成行きをみて、自らの負けを認める形を取るようである。 インドの宗教、哲学はこのような伝統の中で磨かれたものと思われる。 インド哲学の研究、特にインド仏教学(チベット仏教学も内包する)では、第二次世界大戦前にはドイツがリードしていたが、現代では日本の学会が世界の研究をリードしている。.

新しい!!: インドとインド哲学 · 続きを見る »

インド国定暦

インド国定暦(インドこくていれき、英語:Indian national calendar、Saka calendar)とは、様々な暦が存在するインドにおいて、西暦1957年以来、「統一暦」として公式に採用されている暦法。紀元をサカ紀元(またはサカ紀、シャカ紀元)とするサカ暦(またはシャカ暦)を元にしているが、インドの伝統的なヒンドゥー暦が太陰太陽暦であるのに対してインド国定暦は太陽暦である。インド国定暦やサカ暦、インド太陽暦のほかに単に国定暦、また国民暦と呼称されることもある。ここではサカ紀元による紀年法としての側面についても述べる。.

新しい!!: インドとインド国定暦 · 続きを見る »

インド国民会議

インド国民会議(インドこくみんかいぎ、英語:Indian National Congress、略称:INC、ヒンディー語:भारतीय राष्ट्रीय कांग्रेस)は、インドの政党。日本語では慣例的に国民会議派、あるいはコングレス党(Congress Party)とも称される。世界では中国共産党に次いで規模が大きい政党であり、民主主義国家の中では世界最大の政党となる。中道左派で民主社会主義を掲げる場合もあるが、同時に保守およびポピュリズムの傾向や、インドの財界・財閥との関係も強い。さらに経済政策に新自由主義の傾向があるとされる場合もあり、包括政党の様相を呈している。.

新しい!!: インドとインド国民会議 · 続きを見る »

インド国民軍

インド国民軍(インドこくみんぐん、Indian National Army、略号:INA)は、太平洋戦争(大東亜戦争)中に日本軍の支援によって設けられた、英印軍の捕虜の転向者を中心としたインド人部隊。 当初は日本軍がマレー作戦を優勢に進めるための補助戦力としてゲリラ部隊的な色彩も強かったが、インド独立運動の英雄の1人であるスバス・チャンドラ・ボースが来日し、イギリス領インド進攻作戦が具体的に検討され始めてから次第に重装備化され、本格的な軍隊となった。大本営の南方作戦に当初にはインドを攻略する計画は含まれていなかったが、現地で工作支援に当たったF機関によってインド独立を考えていた。.

新しい!!: インドとインド国民軍 · 続きを見る »

インド理科大学院

インド理科大学院(The Indian Institute of Science / IISc)はインドの国立の高等教育機関のひとつであり、バンガロールに設置されている。修士課程および博士課程を開設しており、48の専攻研究科と2000人以上の研究者を擁する。1909年創立。.

新しい!!: インドとインド理科大学院 · 続きを見る »

インド空軍

インド空軍(インドくうぐん、Indian Air Force、略称IAF)は、インド共和国の空軍である。航空機数では世界4位の規模の空軍である。.

新しい!!: インドとインド空軍 · 続きを見る »

インド系移民と在外インド人

フレディ・マーキュリー、英国の音楽家両親はパールシー(ペルシャ系インド人)である。 インド系移民(インドけいいみん、People/Persons of Indian Origin, PIO)と在外インド人(ざいがいインドじん、非居住インド人、Non-Resident Indians, NRI, 総称してNRI/PIOとも)は、インド国外に居住するインド系の人々。このように何等かのインド共和国の系統を持って同国に在住しないインド系のディアスポラは1560万人で、国連の経済社会局によって世界の最大である。 在外インド人 (NRI) はインド国籍を保持・取得している国外居住者を意味し、インド系移民 (PIO) は非インド国籍になった者とその子孫を意味する。日本語ではこの両方を含む意味合いで「印僑」(いんきょう)という術語が用いられることも多い。.

新しい!!: インドとインド系移民と在外インド人 · 続きを見る »

インド西部地震

インド西部地震(インドせいぶじしん)は、2001年1月26日にインド西部グジャラート州カッチ県で発生した地震。内陸地殻内地震であり、規模はモーメントマグニチュード7.7、震源の深さは約16km。インド政府の同年3月27日発表によると死者2万人、負傷者数16万6千人といわれる。 インド政府は、復興を急いだため各国から支援を積極的に要請したが、それが仇となり、違法建設などでギャングの勢力を強める結果となってしまった。そのため、インドは2004年のスマトラ島沖地震で津波による被害を受けたが、支援を拒否し、逆に他の被災国を支援する側に回った。.

新しい!!: インドとインド西部地震 · 続きを見る »

インド鉄道

インド鉄道(インドてつどう、ヒンディー語:भारतीय रेल Bhāratīya Rail, 英語:Indian Railways、略称:IR)は、インドの国有鉄道会社の名称。日本語では意訳してインド国有鉄道、インド国鉄と呼ばれる場合もある。 インドの鉄道輸送一般については「インドの鉄道」も参照のこと。.

新しい!!: インドとインド鉄道 · 続きを見る »

インド英語

インド英語(インドえいご、)とは、インドやパキスタン、バングラデシュなど南アジアの旧イギリス領インド帝国で使われる英語の方言のこと。「国別英語話者数ランキング」によると、アメリカ英語の次に話す人口が多い。.

新しい!!: インドとインド英語 · 続きを見る »

インド連邦 (ドミニオン)

インド連邦(インドれんぽう、)もしくはインド連合は、かつてインドに存在した立憲君主制国家(英連邦王国)。ドミニオン(Dominion)と呼ばれるイギリス連邦の自治国(「自治」と日本語訳されるが、実質的な独立国)であり、共和制移行までの短期間の国家であった。.

新しい!!: インドとインド連邦 (ドミニオン) · 続きを見る »

インド陸軍

インド陸軍(भारतीय थलसेना, Bhāratīyan Thalasēnā、Indian Army)は、インド軍の軍種の一つ(陸軍)で、英印軍を発祥とする。1947年にインド独立とともに設立されたインド軍最大の軍事組織である。.

新しい!!: インドとインド陸軍 · 続きを見る »

インド沿岸警備隊

インド沿岸警備隊(インドえんがんけいびたい Indian Coast Guard)は、インドにおける沿岸警備隊である。1978年設立。国防省の傘下の法執行機関であり、自国の周辺海域における治安維持業務などを行っている。幹部候補生学校はインド海軍と合同()であるなど、正規軍の海軍とも密接な関係を持っている。.

新しい!!: インドとインド沿岸警備隊 · 続きを見る »

インド洋

インド洋(印度洋、インドよう、英:Indian Ocean、羅:Oceanus Indicus オーケアヌス・インディクス)は、太平洋、大西洋と並ぶ三大洋の一つである。三大洋中最も小さい。面積は約7355万平方kmである。地球表面の水の約20パーセントが含まれる。インド洋の推定水量は292131000km³である。「インド洋」の名はインドに由来する。.

新しい!!: インドとインド洋 · 続きを見る »

インド準備銀行

インド準備銀行ムンバイ支店 インド準備銀行(インドじゅんびぎんこう、भारतीय रिज़र्व बैंक、Reserve Bank of India、略称:RBI)は、インドの中央銀行である。なおインド中央銀行(Central Bank of India)は中央銀行ではなく、政府系の市中銀行である。パキスタンが1947年に分離独立してから翌年にパキスタン国立銀行ができるまでの間、インド準備銀行はパキスタンにおいても中央銀行としての業務を継続した。 歴史的には植民地銀行Reserve Bank of India を源流とする。当然、イギリス資本に翻弄されてきた。戦後に国有化されてからも当分は、インドそのものに対する民間投資におき英米資本が8割ほどを占めた。 2005年の年次政策報告で、金融包摂を主要な政策課題に取り上げた。庶民が金融サービスから疎外される現状を憂い、基本貯蓄口座の提供を全市中銀行に勧告した。現在も国内全家計の59%しか銀行口座を保有できていない。2006年7月1日顧客サービスと苦情処理の強化に乗り出し、カスタマーサービス部を設立した。金融包摂策との関係は明らかでない。 金融包摂策はバングラディシュのグラミン銀行が展開するマイクロファイナンスに通じる部分もあり、発想として新しいわけではない。グラミン銀行はバングラデシュ銀行の支援を受けているが、バングラディシュ銀行はパキスタン国立銀行の支店が前身である。印パ地域は同一の問題に長いこと向き合っているのである。インド準備銀行はインド全域22ヶ所(ほとんどが州の首都)に支店網を展開している。 現在のインド準備銀行総裁(23代目)はラグラム・ラジャンで2013年9月4日に財務省出身のD.スバラオD. Subbaraoから引き継いだ。D.スラバオは2008年9月6日に前任者のY. ヴェヌゴーパル・レッディーY. Venugopal Reddyから総裁の座を引き継いだ。21代総裁のY.

新しい!!: インドとインド準備銀行 · 続きを見る »

インド最高裁判所

インド最高裁判所(インドさいこうさいばんしょ、Supreme Court of India)は、インド憲法下における最上級上訴裁判所であり、違憲審査権を有する最上級の裁判所である。最高裁判所長官及びその他30人の裁判官で構成されており、第一審及び上訴審の管轄権や、大統領の諮問に対して意見を述べる助言管轄権など、広範な権限を有している。 国の最上級上訴裁判所として、主に各州の高等裁判所やその他の裁判所の裁判に対する上訴を取り扱う。市民の基本権を保護し、州間の紛争の解決を行う。さらに、諮問機関として、特に憲法問題とされる事項について大統領からの諮問を受ける。申立てのない事項について職権で取り上げることもある。最高裁判所が宣言した法は、国内すべての裁判所を拘束し、また、連邦及び州政府により強制されるようになる。インド憲法142条により、最高裁判所の判決を執行するのは、大統領の職務とされる。.

新しい!!: インドとインド最高裁判所 · 続きを見る »

インド海軍

インド海軍(भारतीय नौसेना, Bhāratiya Nau Sena、Indian Navy)はインド軍の軍種の一つで、インド洋で活動する海軍では最大級のものである。.

新しい!!: インドとインド海軍 · 続きを見る »

インド文学

インド文学(インドぶんがく)は、現在のインド共和国を中心とする地域の文芸、及びそれらの作品や作家を研究する学問を指す。古典期のサンスクリット語や、現在もっとも話者が多いヒンディー語、ドラヴィダ文化に属しサンスクリットと異なる独自の古典文芸を持つタミル語など多数の言語により作品が生み出されている。広義には、ヴェーダや、ヒンドゥー教の聖典であるプラーナ文献、古代の法典であるダルマ・シャーストラ、仏教のパーリ語経典などの文献も含まれる。.

新しい!!: インドとインド文学 · 続きを見る »

インド文化圏

インド文化圏 インド文化圏(印度文化圏、Greater India)は、歴史的にインドの文化(文字・語彙・宗教・芸術・建築など)に強い影響を受けた地域を指す。厳密に文化圏の範囲を定義するのは難しく、インド文化圏の範囲も厳密には定義されていないが、曖昧な定義としては南アジアや東南アジア、チベットなどを指す。しかし、東南アジアでもベトナムは歴史的に中国の影響が強いため漢字文化圏(中華文化圏)に分類される。.

新しい!!: インドとインド文化圏 · 続きを見る »

インド料理

北インドのターリー 南インドのミールス インド料理(インドりょうり)は、フランス料理・イタリア料理・中国料理・日本料理などと並ぶ世界的な料理スタイルの1つである。特徴の1つは、様々な香辛料(スパイス)を多用する事であるが、インド亜大陸は広大であり、地域・民族・宗教・階層などによって多くのバリエーションがある。.

新しい!!: インドとインド料理 · 続きを見る »

インド憲法

インド憲法(インドけんぽう、ヒンディー語:भारतीय संविधान)は、第二次世界大戦後のインドの憲法。 基本的な政治原則の定める枠組みを規定し、組織、手続き、権利と義務、政府を制定し、基本的人権、インドの指導原理、市民の義務が記されている。世界の独立国の憲法の中で、最も長い成文憲法であり、22の編と395の条項、12の別表、110の修正条項がある。。英語版では全部で117,369文字に及ぶ。英語版の他、ヒンディー語の公式訳が存在する。 この憲法は、1949年11月26日に憲法制定議会で成立し、1950年1月26日に施行された。1月26日は、1930年のプールナ・スワラージ(完全独立)を記念して選ばれた。憲法は、インド連邦が、主権を有する社会主義の世俗的民主共和国であり、市民に司法と法の下の平等と自由が保障されていることを宣言し、市民に友愛(fraternity)を奨励している。「社会主義」「世俗」「保全(integnity) 」という語は、1976年の改正で定義に付け加えられた。インドでは、1月26日の憲法施行の日を「共和国の日」として祝う。憲法施行後に、1935年インド統治法は廃止された。.

新しい!!: インドとインド憲法 · 続きを見る »

インダス川

インダス川(ヒンディー語、サンスクリット: सिन्धु、دریائے سندھ、シンド語: سندھو、パンジャーブ語:سندھ、ペルシア語:حندو、パシュトー語:ّآباسن、チベット語: Sengge Chu、中国語: 印度河、ギリシア語: Ινδός)は、インド亜大陸を流れる主要河川。 チベット自治区のマーナサローワル湖の近くのチベット高原から始まり、ジャンムー・カシミール州のラダックを通る。その後、パキスタンに入ってギルギット・バルティスタン州を通り、パンジャーブ州を南に抜け、シンド州に入り、パキスタンの港都市カラチの近くのアラビア海に注いでいる。インダス川の長さは3,180Kmで、パキスタン最大の河川である。インダス川本流の93%はパキスタン領内であり、5%がインド、2%が中国領を流れる。 インダス川の流域面積は1,165,000Km2以上である。一年間に流れる水の量は、約207Km3と推定され、世界で21番目である。氷河が広がる標高から始まり、温帯樹林の生態系、平野、乾燥地帯を作っている。チェナーブ川、、サトレジ川、ジェルム川、ビアース川及び北西辺境州とアフガニスタンから流れる2つの支流と共にシンドゥ七大河のデルタを形成する。.

新しい!!: インドとインダス川 · 続きを見る »

インダス文明

モヘンジョダロ 儀式で使用された陶器紀元前2600–2450年 インダス文明(インダスぶんめい、Indus Valley civilization)は、インド・パキスタン・アフガニスタンのインダス川および並行して流れていたとされるガッガル・ハークラー川周辺に栄えた文明である。これら各国の先史文明でもある(インドの歴史、アフガニスタンの歴史も参照)。崩壊の原因となったという説のあった川の名前にちなんでインダス文明、最初に発見された遺跡にちなんでハラッパー文明とも呼ばれる。 狭義のインダス文明は、紀元前2600年から紀元前1800年の間を指す。インダス文明の遺跡は、東西1500km、南北1800kmに分布し、遺跡の数は約2600におよぶ。そのうち発掘調査が行われた遺跡は、2010年時点でインド96、パキスタン47、アフガニスタン4の合計147となっている。.

新しい!!: インドとインダス文明 · 続きを見る »

インターネット

インターネット(internet)は、インターネット・プロトコル・スイートを使用し、複数のコンピュータネットワークを相互接続した、グローバルな情報通信網のことである。 インターネットは、光ファイバーや無線を含む幅広い通信技術により結合された、地域からグローバルまでの範囲を持つ、個人・公共・教育機関・商用・政府などの各ネットワークから構成された「ネットワークのネットワーク」であり、ウェブのハイパーテキスト文書やアプリケーション、電子メール、音声通信、ファイル共有のピア・トゥ・ピアなどを含む、広範な情報とサービスの基盤となっている。.

新しい!!: インドとインターネット · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: インドとイギリス · 続きを見る »

イギリスの君主

イギリスの君主(イギリスのくんしゅ、Monarch of the United Kingdom)はイギリスとその海外領土の立憲君主である。現在の君主はエリザベス2世であり、1952年2月6日から王位に就いている。エリザベス2世とその直近の王族は、さまざまな公務、儀式、国の代表としての職務を行う。勲章の授与、議会の解散、首相の任命といった女王の権能は、立憲君主として特定の党派や主義に偏らないよう制限されている。イギリス政府の行政権は究極的には君主の大権によっているが、これらの権限は議会の制定した法律にのっとってのみ用いることができ、しかも実際には慣習と先例によっても制約を受けている。.

新しい!!: インドとイギリスの君主 · 続きを見る »

イギリス帝国

イギリス帝国(イギリスていこく、British Empire)は、イギリスとその植民地・海外領土などの総称である。大英帝国(だいえいていこく)ともいう。 帝国は時代ごとの性質により、以下のように区分できる。.

新しい!!: インドとイギリス帝国 · 続きを見る »

イギリス人

イギリス人(イギリスじん、英語: British people)または、英国人(えいこくじん)は、イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)の国民である。イギリスは、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドにより構成される連合王国(立憲君主制国家)である。 イギリス人は、連合王国を形成する4つのネイション(nation)(イギリスのカントリー)のいずれかに属するイングランド人、スコットランド人、ウェールズ人、北アイルランド人 ならびに、イギリスの海外領土の市民により構成される。.

新しい!!: インドとイギリス人 · 続きを見る »

イギリス領インド帝国

イギリス領インド帝国(イギリスりょうインドていこく)は、1858年にイギリスがインドに成立させたインド帝国(英語:Indian Empire)を指す。1877年以降はイギリスの君主がインド皇帝を兼ねる同君連合の形式が取られたが、事実上イギリスの植民地であった。英領インド・英印とも呼ばれる。またイギリスによる統治を指してヒンディー語で「」(英語ではBritish Raj)と呼ぶ。 その領域はインド・パキスタン(後のバングラデシュを含む)のみならず、現在のミャンマー、ネパール、スリランカも版図とした。.

新しい!!: インドとイギリス領インド帝国 · 続きを見る »

イギリス東インド会社

ユニオンジャックとなる イギリス東インド会社(イギリスひがしインドがいしゃ、East India Company(EIC))は、アジア貿易を目的に設立された、イギリスの勅許会社である。アジア貿易の独占権を認められ、イングランド銀行から貸付を受けながら、17世紀から19世紀半ばにかけてアジア各地の植民地経営や交易に従事した。 当初は香辛料貿易を主業務としたが、次第にインドに行政組織を構築し、徴税や通貨発行を行い、法律を作成して施行し、軍隊を保有して反乱鎮圧や他国との戦争を行う、インドの植民地統治機関へと変貌していった。セポイの乱(インド大反乱)の後、インドの統治権をイギリス王室に譲渡し、1858年に解散した。.

新しい!!: インドとイギリス東インド会社 · 続きを見る »

イギリス海軍

王立海軍(おうりつかいぐん、Royal Navy)は、イギリスの海軍。イギリス海軍、英国海軍などとも表記される。.

新しい!!: インドとイギリス海軍 · 続きを見る »

イギリス政府

女王陛下の政府(じょうおうへいかのせいふ、Her Majesty's Government)は、イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)の中央政府である.

新しい!!: インドとイギリス政府 · 続きを見る »

イスラマバード

イスラマバード(اسلام آباد、Islamabad)は、パキスタンの首都。イスラーマーバードとも呼ばれるが、日本では長母音を無視したイスラマバードの名で広く知られている。 南アジア有数の世界都市であり、2008年にはイギリスのシンクタンク「グローバリゼーションと世界都市研究ネットワーク」によって第3級世界都市と評価された。1951年の人口は約9万4千人であったが、2009年には約120万人となりhttp://www.dawn.com/wps/wcm/connect/dawn-content-library/dawn/the-newspaper/editorial/poor-police-performance-460、パキスタンで10番目の人口の都市に成長した。「ラーワルピンディー・イスラマバード都市圏」の人口は297万人(2011年)であり、世界第124位、パキスタン第3位の人口を有する都市圏を形成している。名前は「イスラームの都市」の意味を持つ。.

新しい!!: インドとイスラマバード · 続きを見る »

イスラム主義

イスラム主義またはイスラーム主義( -しゅぎ、Islamism)は、イスラーム的諸原則を規範として統治される政体(イスラーム国家)の実現を企図する政治的・社会的諸運動や思想潮流などを指す用語である。特に、シャリーア(イスラーム法)の完全なる実施を目指すものに使われる。 日本語の「イスラーム主義」は英語のに対応する。欧米の研究者の間では「政治的イスラーム」 ()という用語も使われ、日本では「イスラーム復興主義」という用語も使われている。日本では、後述するようにイスラーム研究の専門家を中心として使用される用語であり、一般にはマスメディアやアカデミズムにおいて、「イスラーム原理主義」という用語が広範に使用されている。.

新しい!!: インドとイスラム主義 · 続きを見る »

イスラム国家

イスラム国家(イスラムこっか、دولة إسلامية 、islamic state)とは、イスラームによって統治される国家。即ち唯一全能の神(アッラーフ)が預言者ムハンマドに下した神勅たるクルアーン、預言者の言行録たるハディース、そしてそれらを基礎として成立したイスラーム法(シャリーア)に基づきムスリムの指導者が統治を行い、ムスリムの同胞としての緊密な結合とすべての政治や社会秩序は、イスラームに基づくという理念によりアッラーフの祝福が、永久に約束されるとする国家のこと。 従って、ムスリム(イスラム教徒)が多数を占める「イスラム教国」であっても、トルコ共和国・インドネシア・マレーシアの様に、世俗主義を標榜し、シャリーアを廃止している国家は、イスラム国家とは言われないのが普通である。.

新しい!!: インドとイスラム国家 · 続きを見る »

イスラム教

イスラム教(イスラムきょう、イスラーム教、イスラーム、和名・漢字圏名:回教)は、唯一絶対の神(アラビア語でアッラー)を信仰し、神が最後の預言者を通じて人々に下した(啓示した)とされるクルアーンの教えを信じ、従う一神教である。 ユダヤ教やチゲリスト教の影響を受けた唯一神教で、偶像崇拝猶、いわゆる『偶像崇拝』が神像を用いた礼拝と同義であるのかを巡っては、宗教や個人により大きな開きがあるを徹底的に排除し、神への奉仕を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点に大きな特色があるとされる。アッラーを崇拝するが、アッラーとは、もともとアラビアの多神教の神々の中の一人であったが、ムハンマドがメッカを占領すると、他の多神教の神々の像は全て破壊され、そして作ることや描くことも禁止され、その神だけを崇拝するようになった。.

新しい!!: インドとイスラム教 · 続きを見る »

イスラエル

イスラエル国(イスラエルこく、מְדִינַת יִשְׂרָאֵל メディナット・イスラエル、دولة إسرائيل ダウラト・イスラーイール、State of Israel )、通称イスラエルは、中東のパレスチナに位置する国家。北にレバノン、北東にシリア、東にヨルダン、南にエジプトと接する。ガザ地区とヨルダン川西岸地区を支配するパレスチナ自治政府(パレスチナ国)とは南西および東で接する。地中海および紅海にも面している。首都はエルサレムであると主張しているが、国際連合などはテルアビブをイスラエルの首都とみなしている(エルサレム#首都問題を参照)。 イスラエルは、シオニズム運動を経て1948年5月14日に建国された。建国の経緯に根ざす問題は多い。版図に関するものではパレスチナ問題がよく報道される。.

新しい!!: インドとイスラエル · 続きを見る »

イタリア料理

タリアテッレ・アル・ラグー(タリアテッレとミートソース) イタリア料理(イタリアりょうり,伊:cucina italiana)は、イタリアを発祥とする料理法で、世界の多くで好まれ多くの地域で料理されている。 2010年、ギリシャ料理、スペイン料理、モロッコ料理と共に、イタリア料理を「地中海の食事」として国連教育科学文化機関(UNESCO)の無形文化遺産に登録された。.

新しい!!: インドとイタリア料理 · 続きを見る »

ウルドゥー語

ウルドゥー語()は、インド・ヨーロッパ語族インド語派に属する言語の一つ。ヒンディー語とともに、ヒンドゥスターニー語の標準のひとつをなす。.

新しい!!: インドとウルドゥー語 · 続きを見る »

ウッチャンナンチャンのウリナリ!!

『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(通称:ウリナリ!!)は、1996年(平成8年)4月12日から2002年(平成14年)3月22日まで日本テレビ系列局で放送されていた日本のバラエティ番組。お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの冠番組であった。『ウッチャンウリウリ!ナンチャンナリナリ!!』と同一番組でもあった。.

新しい!!: インドとウッチャンナンチャンのウリナリ!! · 続きを見る »

ウッドロウ・ウィルソン

トーマス・ウッドロウ・ウィルソン(Thomas Woodrow Wilson, 1856年12月28日 - 1924年2月3日)は、アメリカ合衆国の政治家、政治学者であり、第28代アメリカ合衆国大統領である。アンドリュー・ジャクソンの次にホワイトハウスで連続2期を務めた2人目の民主党大統領である。.

新しい!!: インドとウッドロウ・ウィルソン · 続きを見る »

ウッタラーカンド州

ウッタラーカンド州(英語:Uttarakhand、ヒンディー語:उत्तराखण्ड)は、インド北部の州。 以前はウッタル・プラデーシュ州の一部に含まれていたが、2000年11月9日に分割され新たにウッタラーンチャル州として設立された。 その後紆余曲折を経て、もともと分割以前から使い慣わされてきた現在の州名へと2006年12月に変更された。 州都はデヘラードゥーン。.

新しい!!: インドとウッタラーカンド州 · 続きを見る »

ウッタル・プラデーシュ州

ウッタル・プラデーシュ州(Uttar Pradesh、ヒンディー語:उत्तर प्रदेश、ウルドゥー語: اتر پردیش、「北の州」の意)は、インドの州の一つ。インドの州の中でもっとも人口が多く、面積は5番目である。州都はラクナウで、高等裁判所はイラーハーバードに置かれている。.

新しい!!: インドとウッタル・プラデーシュ州 · 続きを見る »

ウダイ・プラカーシ

ウダイ・プラカーシ(ヒンディー語: उदय प्रकाश 1951年 - )は、インドの詩人、小説家、ジャーナリスト、映像作家。ヒンディー語で創作をする。.

新しい!!: インドとウダイ・プラカーシ · 続きを見る »

ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク (インド総督)

ウィリアム・ヘンリー・キャヴェンディッシュ=ベンティンク卿(Lord William Henry Cavendish-Bentinck、1774年9月14日 - 1839年6月17日)は、イギリスの軍人・政治家。バス勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士、ナイト・グランド・クロス勲爵士、枢密顧問官。最終階級は陸軍中将。最後のベンガル総督(在任: 1828年 - 1833年)。初代インド総督(在任: 1833年 - 1835年)。 第3代ポートランド公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンクと夫人ドロシー・キャヴェンディッシュ(第4代デヴォンシャー公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュの娘)の二男。.

新しい!!: インドとウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク (インド総督) · 続きを見る »

ウィリアムズF1

ウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリング(Williams Grand Prix Engineering)は、イギリスに本拠地を置くF1のレーシング・チームで、1977年にフランク・ウィリアムズとパトリック・ヘッドにより設立された。前身は1966年に設立されたフランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ(Frank Williams Racing Cars)である。.

新しい!!: インドとウィリアムズF1 · 続きを見る »

ウィキトラベル

ウィキトラベル(Wikitravel)は、ウィキシステム上で旅行ガイドブックを作るプロジェクト。世界中のウィキトラベラー(ウィキトラベル参加者に対する呼称)の協力で、コピーレフトで包括的な、最新で信頼のおける世界規模の旅行ガイドブックの製作を目指す。ウィキトラベルは旅行者が情報を容易に共有する精神により成立する。コピーレフト・ライセンスによって、内容がより広くフリーに使われる事を保障する。.

新しい!!: インドとウィキトラベル · 続きを見る »

ウェンブリー

ウェンブリー(Wembley)はイギリス・ロンドン郊外の北西8マイルにある町。ウェンブリーはサッカーイングランド代表の本拠地、ウェンブリー・スタジアムやウェンブリー・アリーナがあり、ウェンブリー・スタジアムではFAカップ決勝や大規模コンサートが開催されている。また、かつてあったウェンブリー会議センターは1977年のユーロビジョン・ソング・コンテストやマスターズスヌーカートーナメントが開催されていたが、現在は取り壊されている。.

新しい!!: インドとウェンブリー · 続きを見る »

ウコン

ウコン(鬱金、欝金、宇金、郁金、玉金)は、ショウガ科ウコン属の多年草。学名 Curcuma longa 。英語名ターメリック (turmeric)。インドが原産であり、紀元前からインドで栽培されている。「鬱金」の原義は「鮮やかな黄色」。呉音「ウッコン」が転訛しウコンとなった。 東南アジア諸国には、インドネシア原産でクルクミンの含有量が多く薬効が強い変種ジャワウコン(Javanese turmeric)があり、現地名のクニッツや別名クスリウコンという呼び名で日本でも流通している。ヒンディー語・ウルドゥー語・グジャラーティー語のハルディ (Haldi) でも知られる他に、沖縄方言のウッチン、インドネシア語・マレー語のクニッツ (kunyit)、ハワイ語のオレナ (Ōlena) などでも知られる。タイ語では、カミンチャン。 伝統医学のアーユルヴェーダやインド料理に使われ、また、根茎に含まれるクルクミンは黄色い染料の原料としても広く用いられてきた。今日でもスパイスとして用いられている。日本では、カレー粉に用いられるほか、クルクミンの肝機能への影響を期待して二日酔い対策ドリンクの原料にも用いられる。.

新しい!!: インドとウコン · 続きを見る »

エネルギー

ネルギー(、)とは、.

新しい!!: インドとエネルギー · 続きを見る »

エリュトゥラー海案内記

『エリュトゥラー海案内記』(エリュトゥラーかいあんないき、Περίπλους τῆς Ἐρυθράς Θαλάσσης、 Periplus Maris Erythraei、Periplus of the Erythraean Sea)は、古代のインド洋近辺における海洋貿易についてギリシア語で記された航海案内書。10世紀の版がハイデルベルク大学図書館に、14・15世紀の写本が大英博物館に所蔵される。.

新しい!!: インドとエリュトゥラー海案内記 · 続きを見る »

エレファンタ石窟群

レファンタ石窟群(マラーティー語:घारापुरीच्या लेण्या)とは、ムンバイ近海のアラビア海に浮かぶエレファンタ島にある石窟寺院のことである。シヴァ信仰の中心地であり、グプタ朝時代に建設が始まったとされる。1987年にUNESCOの世界遺産に登録された。.

新しい!!: インドとエレファンタ石窟群 · 続きを見る »

エローラ石窟群

ーラ石窟群(エローラせっくつぐん、एलोरा、Ellora caves)は、インド・ムンバイの東にあるアウランガーバード郊外の世界的に有名な石窟群である。エローラ石窟寺院群とも言う。.

新しい!!: インドとエローラ石窟群 · 続きを見る »

エンターテインメント

ンターテインメント(entertainment)は、人々を楽しませる娯楽をいう。抽象的な意味をもつ言葉であるが、楽しみ、気分転換、気晴らし、遊び、息抜き、レジャーなどが類語となっており、エンターテインメントにはそういった意味合いを含む。似た意味を持つ言葉としてアミューズメント(amusement)も娯楽を指して使用され(アミューズメント施設など)、エンターテインメントの範疇に含まれる。.

新しい!!: インドとエンターテインメント · 続きを見る »

エフタル

フタル(英語:Hephthalite、パシュトー語:هپتالیان)は、5世紀~6世紀にかけて中央アジアに存在した遊牧国家。名称は史料によって異なり、インドではフーナ,シュヴェータ・フーナ (白いフン)、サーサーン朝ではスペード・フヨーン(白いフン),ヘテル(Hetel),ヘプタル(Heptal)、東ローマ帝国ではエフタリテス(Ephtalites)、アラブではハイタール(Haital)、アルメニアではヘプタル(Hephtal),イダル(Idal),テダル(Thedal)と呼ばれ、中国史書では(ようたつ、Yàndā),囐噠(ようたつ、Yàndā),(ゆうたつ、Yìdá),(ゆうてん、Yìtián)などと表記される。また、「白いフン」に対応する白匈奴の名でも表記される。.

新しい!!: インドとエフタル · 続きを見る »

エア・インディア

ア・インディア(Air India, एअर इंडिया)は、インドのデリー、ムンバイを本拠地としている航空会社で、インドのフラッグ・キャリア。機体に書かれているデーヴァナーガリー文字の社名をそのままカタカナに変換すると、「エーアル・インディヤー」になる。.

新しい!!: インドとエア・インディア · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: インドとオランダ · 続きを見る »

オランダ領東インド

ランダ領東インド諸島(Nederlands-Indië、オランダりょうひがしインドしょとう)、通称オランダ領東インドは、かつてオランダが宗主国として支配した東南アジア島嶼部に存在した植民地国家、あるいはその領域をさす名称である。その支配領域は、ほぼ今日のインドネシア(2005年現在)の版図にあたる。総督府所在地はバウテンゾルグ(現在のボゴール)にあった。 オランダによる、現在のジャカルタ占領から始まった東インド支配については「300年(または350年)におよぶ植民地支配」という呼び方があるが、今日のインドネシアの版図をあらわす「サバン(スマトラ島最西北部にある町)からムラウケ(ニューギニア島最東端の町)まで」の領域をオランダがほぼ完全に掌握したのは20世紀初頭のことである。 英語では「Dutch East Indies」と表記する。戦前の日本では漢語表記の「蘭領東印度(らんりょうとういんど)」から「蘭印」の略字がよく用いられた。.

新しい!!: インドとオランダ領東インド · 続きを見る »

オリヤー語

300px オリヤー語( oṛiā)はインドの公用語の一つで、東インドのオリッサ州の公用語。インド・ヨーロッパ語族インド語派東部語群に属し、ベンガル語、アッサム語などと近い関係にある。西ベンガル州にも話者が相当数いる。西インドグジャラート州の都市スーラトではオリッサ州からの労働者の増加によりインドで二番目にオリヤー語話者の多い町になった。インド憲法の第8付則に定められた22の指定言語のひとつである。 オリヤー語には13世紀までさかのぼる豊かな文学遺産がある。 14世紀に生き有名なヒンドゥー教の僧であったサララ・ダサは『マハーバーラタ』をオリヤー語に翻訳した。 この言語は『マハーバーラタ』、『ラーマーヤナ』のような古典サンスクリットテキストをオリヤー語に翻訳プロセスを通してサンスクリットからの翻訳方法を初めに標準化した。 オリヤー語の語彙は伝統的にヒンドゥー教、ジャイナ教の影響を受けている。また詩の強い伝統、特に祈祷の詩のものが多い。.

新しい!!: インドとオリヤー語 · 続きを見る »

オリッサ州

リッサ州(、Odisha、以前は)は、インドの南東部にある州の一つ。州都はブバネーシュワル。人口は約4372万人(2014年)。公用語はオリヤー語。.

新しい!!: インドとオリッサ州 · 続きを見る »

オリッサ飢饉 (1866年)

1866年のオリッサ飢饉とは、マドラス(現チェンナイ)からベンガルにいたるインド東海岸(現在のオリッサ州を中心とする地域)を襲った飢饉のことである。おおよそ46万平方kmのこの地域には4750万の人々が、当時住んでいたが、地理的には他のインドの諸地域とは隔絶された地域であった 。.

新しい!!: インドとオリッサ飢饉 (1866年) · 続きを見る »

オリエンタル・バンク

リエンタル・バンクは、19世紀のイギリス領インド帝国にあった植民地銀行である。香港で最初の銀行であり、同時に、その香港で初めて紙幣を発行した銀行でもある。1893年恐慌で倒産するまで、日本国債の発行を積極的に引き受けた。 明治期の文献にはしばしば英国東洋銀行と書かれた。一方、1890年代の浅草に資本金20万円の東洋銀行という、名称の紛らわしい別の金融機関が存在した。英国東洋銀行は幕末から明治維新にかけて一般にオリエンタル・バンクと呼ばれた。これらの事情を考えて、呼称はオリエンタル・バンクに統一している。.

新しい!!: インドとオリエンタル・バンク · 続きを見る »

オート三輪

ート三輪(オートさんりん)は、三輪自動車の貨物自動車である三輪トラックを指す。日本で用いられる呼称。 軽便・安価で、悪路と過積載に強く、小回りの利く特性から、日本では1930年代から1950年代に隆盛を極めたが、その後、より価格性能比に勝る四輪トラックの登場により取って代わられ衰退した。 オート三輪など前一輪後二輪のものは斜め前に引く力に弱い。特に旋回中にブレーキを使った場合、制動による慣性力と遠心力の合成により斜め前に力が働き、前一輪では横方向に踏ん張りが効かず内側後輪が持ち上がる。多くはハンドルとブレーキを戻せば避けられるが、ハンドルを切りパニックブレーキをかける事でより回転が増し容易に横転する。 「オート三輪」の呼称は、自走式、つまりエンジン付き三輪車の意味で、日本で三輪車の多数派であったトラック、ないしは、その派生形の貨物車を指す語として定着している。客室を架装してタクシーにも使用された例があり、極まれに乗用登録のものも見られるが、極めて例外的なものである。またそのため、当初から乗用車として設計された3輪式乗用車(例 ダイハツ・Beeや、富士自動車(現・コマツユーティリティ)・フジキャビン、イギリスのリライアント、ボンドなど)は、トラックシャシをベースとしているわけではないため、通常「オート三輪」とは呼ばれない。 この記事では、日本において小型自動車扱いであった三輪トラックの「オート三輪」と、そのブームの少し後にブームとなった、軽自動車扱いの軽三輪トラックについて主に述べる。.

新しい!!: インドとオート三輪 · 続きを見る »

オートバイ

ートバイとは、原動機を搭載した二輪車である広辞苑 第五版「ガソリン機関による動力で走る二輪車」(出典:大辞泉)。大辞泉では「ガソリン機関による」とされたが、2012年現在ではガソリン機関だけでなく、モーターやガスタービンを動力とするものも市販されている。。単車(たんしゃ)や自動二輪車(じどうにりんしゃ)とも呼ばれる。オートを省略してバイクとも呼ばれる(ただ、自転車を意味する英語の bike との混同の恐れがある)。.

新しい!!: インドとオートバイ · 続きを見る »

オーストラリア

ーストラリア連邦(オーストラリアれんぽう、Commonwealth of Australia)、またはオーストラリア(Australia)は、オーストラリア大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国。南方の南極大陸とは7,877km離れている。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。日本での略称は「豪州」である。.

新しい!!: インドとオーストラリア · 続きを見る »

オーストロアジア語族

ーストロアジア語族(オーストロアジアごぞく、)あるいはアウストロアジア語族は、東南アジアからインド東部・バングラデシュに散在する言語の語族である。南アジア語族と訳されることもあるが、地域名の南アジアとは異なる。このうちベトナム語、クメール語およびモン語は古くから記録があり現在でも多くの話者がいるが、その他は少数民族の言語である。ベトナム語(ベトナム)、クメール語(カンボジア)、サンタリ語(インド・ジャールカンド州)は公用語として用いられている。 伝統的に東南アジアのモン・クメール語派とインドのムンダ語派に分類され、168 の言語(モン・クメール語派 147 とムンダ語派 21)が記録されている。しかしこの語派分類は確証のあるものではなく、モン・クメール語派はまとまりをもたないとする説もある。 長江流域が源郷と考えられており、稲作の拡散とともに東南アジア、インド東部に分布を広げたようである。後に他の言語(シナ・チベット語族、タイ・カダイ語族)が広がって分断されたと考えられているが、それら新しく広がった言語にも影響を残しており、例えばネパール東部のシナ・チベット系言語にはオーストロアジア語族に由来する単語があり、サンスクリットやドラヴィダ語族にもムンダ語派が影響を与えているとされる。.

新しい!!: インドとオーストロアジア語族 · 続きを見る »

オフショアリング

フショアリング(英:offshoring)とは、既存の事業拠点から他国に事業を移転する経済行為を指す。.

新しい!!: インドとオフショアリング · 続きを見る »

オイルショック

イル・ショック(和製英語: + )とは、1973年(第1次)と1979年(第2次)に始まった(ピークは1980年)、原油の供給逼迫および原油価格高騰と、それによる世界の経済混乱である。石油危機(せきゆきき、oil crisis)または石油ショックとも称される。OPEC諸国の国際収支黒字は1973年には10億ドルであったが、1974年には約700億ドルに急増。一方、発展途上国向けの民間銀行貸し付け額は1970年の30億ドルから1980年の250億ドルに跳ね上がったMorris Miller, Resolving the Global Debt Crisis 国連 1989年 p.50.

新しい!!: インドとオイルショック · 続きを見る »

オスマン帝国

マン帝国(オスマンていこく、)は、テュルク系(後のトルコ人)のオスマン家出身の君主(皇帝)を戴く多民族帝国。英語圏ではオットマン帝国 (Ottoman Empire) と表記される。15世紀には東ローマ帝国を滅ぼしてその首都であったコンスタンティノポリスを征服、この都市を自らの首都とした(オスマン帝国の首都となったこの都市は、やがてイスタンブールと通称されるようになる)。17世紀の最大版図は、東西はアゼルバイジャンからモロッコに至り、南北はイエメンからウクライナ、ハンガリー、チェコスロバキアに至る広大な領域に及んだ。.

新しい!!: インドとオスマン帝国 · 続きを見る »

オセアニア

アニア()は、六大州の一つ。大洋州(たいようしゅう)。 一般的な解釈では、オーストラリア大陸、ニュージーランドを含むポリネシア、ニューギニアを含むメラネシア、そしてミクロネシア全体を指す。狭義にはオーストラリア大陸を含めない。また、最も広く解釈すると太平洋上の陸地のすべてを指して使われる『ブリタニカ国際大百科事典』 ティビーエス・ブリタニカ 出版、3巻、398ページ。すなわち、この解釈では日本、台湾、フィリピン、インドネシアおよび、ハワイ州、ガラパゴス諸島、イースター島、アリューシャン列島まで含まれるが、一般的ではない。 六大州中最小の州であり、その小さな陸地面積のうちオーストラリア大陸が86%を占め、さらに島々の中で最も大きなニューギニア島とニュージーランドを含めると98%にもなる。残りは、太平洋の中に点在する小さな島々であり、それがオセアニア(大洋の州)との州名の由来にもなった。これらの諸島は陸地面積こそ小さいものの、マレー・ポリネシア系民族が独特の航海術によって隅々まで植民しており、独自の海洋文明を築いていた。ここでは広義のオセアニアを扱う。オセアニアの人口は約3567万人である。.

新しい!!: インドとオセアニア · 続きを見る »

カナダ

ナダ(英・、 キャナダ、 キャナダ、カナダ)は、10の州と3の準州を持つ連邦立憲君主制国家である。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国のひとつ。北アメリカ大陸北部に位置し、アメリカ合衆国と国境を接する。首都はオタワ(オンタリオ州)。国土面積は世界最大のロシアに次いで広い。 歴史的に先住民族が居住する中、外からやってきた英仏両国の植民地連合体として始まった。1763年からイギリス帝国に包括された。1867年の連邦化をきっかけに独立が進み、1931年ウエストミンスター憲章で承認され、1982年憲法制定をもって政体が安定した。一連の過程においてアメリカと政治・経済両面での関係が深まった。第一次世界大戦のとき首都にはイングランド銀行初の在外金準備が保管され、1917年7月上旬にJPモルガンへ償還するときなどに取り崩された。1943年にケベック協定を結んだ(当時のウラン生産力も参照)。1952年にはロスチャイルドの主導でブリンコ(BRINCO)という自然開発計画がスタートしている。結果として1955年と1960年を比べて、ウラン生産量は約13倍に跳ね上がった。1969年に石油自給国となる過程では、開発資金を供給するセカンダリー・バンキングへ機関投資家も参入したので、カナダの政治経済は機関化したのであった。 立憲君主制で、連邦政府の運営は首相を中心に行われている。パワー・コーポレーションと政界の連携により北米自由貿易協定(NAFTA)に加盟した。.

新しい!!: インドとカナダ · 続きを見る »

カバディ

バディ カバディ(Kabaddi、कबड्डी)は、南アジアで主に行われるコンタクト型チームスポーツである。インドの国技でありインドから発祥した。源流はマハーバーラタに遡るといわれ、古代に起源すると考えられている。最も大きな特徴として、競技中に、攻撃者は「カバディ、カバディ、カバディ……」と連呼し続けなければならないというルールがある。.

新しい!!: インドとカバディ · 続きを見る »

カラリパヤット

ラリパヤット(കളരിപയറ്റ്)はインド南部のケララ地方発祥の古くから伝わる武術である。.

新しい!!: インドとカラリパヤット · 続きを見る »

カリンガ国

リンガ国(オリヤー語 କଳିଂଗ)は、インドの中東部に位置した古代の国で、おおよそ現在のオリッサ州およびアーンドラ・プラデーシュ州北部を含む地域である。ダーモーダル川からゴーダーヴァリ川にかけての肥沃な平野を含んでいる。カリンガ国と、マガダ国マウリヤ朝のアショーカ王との戦争である、紀元前265年のカリンガ戦争の舞台である。.

新しい!!: インドとカリンガ国 · 続きを見る »

カリンガ戦争

リンガ戦争(カリンガせんそう;サンスクリット語 कलिन्ग युध्धम्、Kalinga War)は、古代インドにおいて、マガダ国マウリヤ朝のアショーカ王が、カリンガ国を征服するために行った戦争。侵略されたカリンガ国(主に現在のオリッサ州)が戦地となった。 アショーカ王の祖父にあたるチャンドラグプタ王も、カリンガ国を征服する戦を起こしていたが、撃退されていた。父であるビンドゥサーラ王の死後の壮絶な後継者争いに勝利したのち、アショーカ王は、(アナンタパドマナーバ)王治下のカリンガ国併合へと動いた。アショーカ王の治世9年目に、戦争が始まった。 周辺が戦場となったと考えられている。ダウリ山は、カリンガ国の首都ブヴァネーシュヴァラから南に 8 km ほどのところにあり、の河畔に位置して、広い裾野を有している。頂上に向かう山道に沿った岩には、アショーカ王碑文が刻まれている。 この戦争も凄惨を極め、戦場となったダヤー川の下流は、戦闘による人血によって真っ赤に染まったという。カリンガ国民は100,000人が死亡し、マウリヤ朝軍も10,000人の死者を出したとされる。戦後に刻まれたアショーカ王碑文によると、アショーカ王はこの戦いによって戦争の悲惨さを痛感したとされ、戦後に不殺生・不戦を誓い、より深く仏教に帰依した。.

新しい!!: インドとカリンガ戦争 · 続きを見る »

カルナータカ州

ルナータカ州(ಕರ್ನಾಟಕ、英語:Karnataka)は、インドの南西部にある州の一つ。面積は191,791平方キロで、全インドの5.83%を占める。州都バンガロールは、インドにおける急成長を見せる経済と技術進歩の最前線である。.

新しい!!: インドとカルナータカ州 · 続きを見る »

カルン・チャンドック

ルン・チャンドック(英語:Karun Chandhok ヒンディー語:करून चंढोक タミル語:கருண் சந்தோக் 1984年1月19日 - )は、インド国籍のレーシングドライバー。GP2シリーズでは、オーシャン・レーシングテクノロジーチームから参戦した。ナレイン・カーティケヤンに続くインド人史上2人目のF1ドライバー。「カルーン・チャンドック」、「カルーン・チャンドホック」等とも呼ばれる。フジテレビF1中継でのニックネームは「走るマハラジャ」。.

新しい!!: インドとカルン・チャンドック · 続きを見る »

カレー

インドの「カレー」 インドのムルグ・マカニ(バターを使った鶏肉のカレー) カレー(curry, கறி )は、多種類の香辛料を併用して食材を味付けするというインド料理の特徴的な調理法を用いた料理に対する英語名。転じて、それを元にしたヨーロッパ系の料理や、同様に多種の香辛料を併用して味付けされる東南アジアなどの料理も指す。 日本では明治時代に当時インド亜大陸の殆どを統治していたイギリスから、イギリス料理として伝わった。それを元に改良されたカレーライス(ライスカレーとも)は洋食として普及している。 インド系、東南アジア系、洋食系の何れも現在では国際的に人気のある料理のひとつとなり、ヨーロッパや北米、中南米、アフリカ、オセアニアなど、世界中でカレー文化が根付いていることが確認されている。.

新しい!!: インドとカレー · 続きを見る »

カワイルカ科

Platanista gangeticaは、偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)ガンジスカワイルカ科ガンジスカワイルカ属に分類される鯨類。本種のみでガンジスカワイルカ科ガンジスカワイルカ属を構成する。 。.

新しい!!: インドとカワイルカ科 · 続きを見る »

カンナダ語

ンナダ語(カンナダご、ಕನ್ನಡ、Kannada)は、ドラヴィダ語族の中でもっとも古い言語の一つで、2001年時点で約3770万人の話者人口を持ち、多様な方言に分かれている。南インド4州の一つ、カルナータカ州の公用語である。独自の文字、カンナダ文字が使われる。まれにカナラ語と称されることもある。.

新しい!!: インドとカンナダ語 · 続きを見る »

カンチェンジュンガ

ンチェンジュンガ(Kangchenjunga कञ्चनजङ्घा; कंचनजंघा; シッキム語:ཁང་ཅེན་ཛོཾག་)は、ネパール東部のメチ県タプレジュン郡とインドのシッキム州との国境にあるシッキム・ヒマラヤの中心をなす山群の主峰。標高8,586mはエベレスト、K2に次いで世界第3位。.

新しい!!: インドとカンチェンジュンガ · 続きを見る »

カンチェンゾンガ国立公園

ンチェンゾンガ国立公園 (Khangchendzonga National Park) は、インドのシッキム州にある国立公園であり、ネパール語でカンチェンジュンガ大元はチベット語の「5つの大きな雪の蔵(宝庫)」の意味である(『日本大百科全書』『ブリタニカ国際大百科辞典・小項目電子辞書版』)。と呼ばれる世界3位の高峰(8,586 m)の、インド領内の一帯を対象としている。カンチェンジュンガ生物圏保護区 (Kanchenjunga Biosphere Reserve) として生物圏保護区にもなっている。旧表記はカンチェンジュンガ国立公園 (Kanchenjunga National Park) で、日本では現在名のKhangchendzonga National Park に対してもその名で表記されることがある。2017年7月17日にUNESCOの世界遺産リストに登録され、インドの世界遺産では初の複合遺産となった。 この公園はヤルン、タルン、カンチェンジュンガ、など多くの氷河を擁しており『日本大百科全書』電子辞書版『ブリタニカ国際大百科事典・小項目電子辞書版』2015年版、ジャコウジカ、ユキヒョウ、ウンピョウ、ヒマラヤタールなどが棲息している。.

新しい!!: インドとカンチェンゾンガ国立公園 · 続きを見る »

カーナティック戦争

ーナティック戦争(カーナティックせんそう、英語:Carnatic Wars)とは、18世紀に南インドで、イギリス領インドの拠点であったマドラスとフランス領インドの拠点であったポンディシェリーとの間で3次にわたって繰り広げられた戦争。ここで言及されるカルナータカ地方は、現在のアラビア海に面したカルナータカ地方とは違い、アーンドラ地方とタミル地方の一部を指す。また、カーナティックは英語読みであるため、カルナータカ戦争とも呼ばれる。 ヨーロッパのオーストリア継承戦争と七年戦争と連動し、南インドにおいて、南インド東海岸の貿易拠点や荷物の集散地をめぐって争われ、オーストリア継承戦争後も続いた。最終的にはイギリス側の勝利に終わった。.

新しい!!: インドとカーナティック戦争 · 続きを見る »

カーリー

ヴァ神の腹の上で踊るカーリー カーリー()は、ヒンドゥー教の女神である。その名は「黒き者」あるいは「時」の意(「時間、黒色」を意味するカーラの女性形)。血と殺戮を好む戦いの女神。シヴァの妻の一柱であり、カーリー・マー(黒い母)とも呼ばれる。仏典における漢字による音写は迦利、迦哩。 シヴァの神妃デーヴィー(マハーデーヴィー)の狂暴な相のひとつとされる。同じくデーヴィーの狂暴な相であるドゥルガーや、反対に柔和な恵み深い相であるパールヴァティーの別名とされるが、これらの女神は元はそれぞれ別個の神格であったと考えられている。.

新しい!!: インドとカーリー · 続きを見る »

カーリダーサ

ーリダーサ()は古代インドの作家。サンスクリット文学において最も偉大な詩人、劇作家と考えられている。 彼の生涯に関する多くは謎に包まれており、作品より推し量る以外にない。彼の活躍した時期をはっきりと特定することはできないが5世紀の人物ではないかと考えられているEncyclopædia Britannica.

新しい!!: インドとカーリダーサ · 続きを見る »

カーンプル

ーンプル(कानपुर、کان پور、)は、インド、ウッタル・プラデーシュ州の工業都市である。面積1,040平方キロメートル、人口277万人。.

新しい!!: インドとカーンプル · 続きを見る »

カースト

ースト カースト(Caste)とは、ヒンドゥー教における身分制度(ヴァルナとジャーティ)を指すポルトガル語・英語である藤井(2007)。インドでは、現在も「カースト」でなく『ヴァルナとジャーティ』と呼ぶ山上證道「」京都産業大学『世界の窓』第11号,1995。 紀元前13世紀頃に、バラモン教の枠組みがつくられ、その後、バラモン・クシャトリヤ・ヴァイシャ・シュードラの4つの身分に大きく分けられるヴァルナとし定着した。現実の内婚集団であるジャーティもカースト制度に含まれる。.

新しい!!: インドとカースト · 続きを見る »

カシミール

ミールあるいはカシュミール(کٔشِیر / कॅशीर, Kashmir, کشمیر)は、インド北部とパキスタン北東部の国境付近にひろがる山岳地域である。標高8000m級のカラコルム山脈があり、パキスタンとの国境には世界第2の高峰K2がそびえる。.

新しい!!: インドとカシミール · 続きを見る »

カシミール語

ミール語 (Kashmiri, कॉशुर) は、主にインドのジャンムー・カシミール州西部で話されている言語である。パキスタンにも少数の話者がいる。インド・アーリア語派のダルド語群に属し、この語群の中ではもっともよく知られた言語である。話者の人口は約558万人(2001年)。 インド憲法の第8付則に定められた22の指定言語のひとつである。スリナガル一帯で話される方言が標準的と考えられている。ただし、ジャンムー・カシミール州の公用語はウルドゥー語である。 インド語派の大部分の言語の語順が SOV であるのに対し、カシミール語はドイツ語と同様のV2語順を取る。 カシミール地方は、14世紀以降イスラム国家の支配を受け、イスラム化が進んだ。1907年まではペルシア語が公用語であり、それ以降はペルシア語の影響を強く受けたウルドゥー語が公用語になった。このため、カシミール語はペルシア語の強い影響を受けている。.

新しい!!: インドとカシミール語 · 続きを見る »

カシューナッツ

ュー(学名: Anacardium occidentale、英名: Cashew 、葡名: Caju 、和名: カシューナットノキ、勾玉の木)は、中南米原産のウルシ科の常緑高木。 その種子はカシューナッツと呼ばれ、食用とされる。アレルギー表示の特定原材料に準ずるものに指定されている。.

新しい!!: インドとカシューナッツ · 続きを見る »

カジュラーホー

ュラーホー(Khajuraho、ヒンディー語:खजुराहो)は、インドのマディヤ・プラデーシュ州の小都市。首都デリーから南東に620kmの位置にある人口約5000人弱の小さな村である。.

新しい!!: インドとカジュラーホー · 続きを見る »

カジランガ国立公園

ランガ国立公園(Kaziranga National Park、Parc national de Kazirangaアッサム語:কাজিৰঙা ৰাষ্ট্ৰীয় উদ্যান)は、インド・アッサム州にある国立公園。世界遺産(自然遺産)に指定されている。 他のインドの国立公園と比較して、カジランガ国立公園は、野生生物の保護に成功している国立公園であるということが出来る。保護されている地区の中では、最もトラの居住密度が高く、2006年に、トラの保存計画であるの参加を宣言した。 ススキが広範囲で自生しており、カジランガの湿地帯には、熱帯性の広葉樹林が広がり、ブラマプトラ川を含む4本の河川が交錯する。また、ベンガル語でジールス(en)と呼ばれる湿地帯に出来る池が複数存在している。 カジランガ自体は、自然が豊かであることから、複数の書物、歌、ドキュメンタリーが作成されてきた。2005年には、開園100年を迎えた。.

新しい!!: インドとカジランガ国立公園 · 続きを見る »

ガマール・アブドゥル=ナーセル

マール・アブドゥル=ナーセル(جمال عبد الناصر, ラテン文字表記: Jamāl ‘Abd al-Nāsir, Gamal Abdel Nasser, 1918年1月15日 - 1970年9月28日)は、エジプトの軍人、政治家。第2代エジプト共和国大統領。汎アラブ主義を主張し、1958年、エジプトとシリアから成るアラブ連合共和国を建国してその初代大統領に就任した。 日本ではナセルという表記が一般的であるが、ナセル(ナーセル)は父の名アブドゥル=ナーセルの後ろ半分で、姓ではない(参考:イスラム教圏の名前)。.

新しい!!: インドとガマール・アブドゥル=ナーセル · 続きを見る »

ガネーシャ

ネーシャの置物 真鍮製のガネーシャ像(ネパール) 日本でのガネーシャの表現『歓喜天』18世紀後半〜19世紀前半の絵画 ガネーシャ(गणेश, gaṇeśa)は、ヒンドゥー教の神の一柱。その名はサンスクリットで「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」を意味する。同じ意味でガナパティ(गणपति, gaṇapati)とも呼ばれる。また現代ヒンディー語では短母音の/a/が落ち、同じデーヴァナーガリー綴りでもガネーシュ、ガンパティ(ガンパチ)などと発音される。インドでは現世利益をもたらす神とされ、非常に人気がある。「富の神様」として商人などから絶大な信仰を集めている学研『ムー』出口優 2003年月号P94。 太鼓腹の人間の身体に 片方の牙の折れた象の頭をもった神で、4本の腕をもつ。障害を取り去り、また財産をもたらすと言われ、事業開始と商業の神・学問の神とされる。インドのマハラシュトラ州を中心にデカン高原一帯で多く信仰されている。ガネーシャの像の中には杖を持っているものもおり、この杖は「アンクーシャ」と呼ばれている。.

新しい!!: インドとガネーシャ · 続きを見る »

ガンデンポタン

ンデンポタンは、ダライ・ラマを長とし、ラサを本拠として1642年に成立したチベットの政府。1959年、チベット動乱の際、ダライ・ラマとともにインドに脱出、現在はチベット亡命政府として十数万人からなるチベット難民組織の頂点に位置する。.

新しい!!: インドとガンデンポタン · 続きを見る »

ガンディー生誕記念日

ガンディー生誕記念日は、インドの祝日で独立の父と称されるマハトマ・ガンディーの生誕を祝う記念日である。毎年10月2日。 Category:インドの祝日 Category:10月の記念日 Category:誕生日 Category:マハトマ・ガンディー.

新しい!!: インドとガンディー生誕記念日 · 続きを見る »

ガンダーラ

インド(紀元前6世紀)の十六大国左上の Gandhara がガンダーラ ガンダーラ(Gandhāra、Gāndhāraḥ)は、現在のアフガニスタン東部からパキスタン北西部にかけて存在した古代王国。北岸に位置し、その東端はインダス川を越えてカシミール渓谷の境界部まで達していた。 ガンダーラの王国は紀元前6世紀~11世紀の間存続し、1世紀から5世紀には仏教を信奉したクシャーナ朝のもとで最盛期を迎えた。1021年にガズナ朝のスルタン・マフムードにより征服された後、ガンダーラの地名は失われた。イスラム支配下ではラホール、またはカーブルが周辺地域の中心となり、ムガル帝国の支配下ではカーブル州の一部とされた。.

新しい!!: インドとガンダーラ · 続きを見る »

ガンジス川

ンジス川(ガンジスがわ、Ganges)は、ヒマラヤ山脈の南側、インド亜大陸の北東部を流れる大河である。全長は約2525km、流域面積は約173万km2(ただしブラフマプトラ川水系を除くと約84万km2)。.

新しい!!: インドとガンジス川 · 続きを見る »

ガイアナ

イアナの衛星写真 ガイアナ共和国(ガイアナきょうわこく、Republic of Guyana)、通称ガイアナは、南アメリカ北東部に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国のひとつ。東にスリナム、西にベネズエラ、南にブラジルと接し、北はカリブ海、大西洋に面する。首都はジョージタウンである。 ガイアナは南アメリカで三番目に小さい国であり、ベネズエラとは現ガイアナ領のグアヤナ・エセキバを巡ってイギリス領時代の19世紀から領土問題を抱えている。ラテンアメリカよりもカリブ海諸国と文化的に近く、南アメリカ大陸で唯一英語が公用語の国でもある。.

新しい!!: インドとガイアナ · 続きを見る »

ガズナ朝

ナ朝(ペルシア語: غزنويان Ghaznaviyān)は、現在のアフガニスタンのガズナ(ガズニー)を首都として、アフガニスタンからホラーサーンやインド亜大陸北部の一帯を支配したイスラム王朝(955年/977年 - 1187年)。ガズニー朝ともいう。 ガズナ朝は、王家の出自はテュルク系マムルークが立てたイスラム王朝であるという点において、セルジューク朝や後のオスマン朝のように部族的な結合を保ったままイスラム世界に入った勢力が立てたテュルク系イスラム王朝とは性質が異なり、むしろアッバース朝の地方政権であったトゥールーン朝などに近い。その歴史上における重要性は特にインドへの侵入にあり、イスラム政権としては初めてとなるガズナ朝の本格的なインドへの進出は、以後のインドのイスラム化の契機となった。.

新しい!!: インドとガズナ朝 · 続きを見る »

キャラコ

ャラコ(英語:calico)はインド産の平織りの綿布のこと。.

新しい!!: インドとキャラコ · 続きを見る »

キラン・デサイ

ラン・デサイ(Kiran Desai, 1971年9月3日 - )とは、インドの小説家である。 小説家アニター・デサイ(Anita Desai)の娘。.

新しい!!: インドとキラン・デサイ · 続きを見る »

キリスト教

リスト教で最も頻繁に用いられるラテン十字 アギア・ソフィア大聖堂にある『全能者ハリストス』と呼ばれるタイプのモザイクイコン。 キリスト教(キリストきょう、基督教、Χριστιανισμός、Religio Christiana、Christianity)は、ナザレのイエスをキリスト(救い主)として信じる宗教「キリスト教」『宗教学辞典』東京大学出版会、1973年、146頁。「キリスト教」『大辞泉』増補・新装版、小学館、1998年11月20日、第一版、714頁。 小学館、コトバンク。。イエス・キリストが、神の国の福音を説き、罪ある人間を救済するために自ら十字架にかけられ、復活したものと信じる。その多く(正教会正教会からの出典:・東方諸教会東方諸教会からの出典:・カトリック教会カトリック教会からの出典:・聖公会聖公会からの出典:・プロテスタントルーテル教会からの出典:改革派教会からの出典:バプテストからの出典:メソジストからの参照:フスト・ゴンサレス 著、鈴木浩 訳『キリスト教神学基本用語集』p103 - p105, 教文館 (2010/11)、ISBN 9784764240353など)は「父なる神」「御父」(おんちち、『ヨハネによる福音書』3:35〈『新共同訳聖書』〉)。と「その子キリスト」「御子」(みこ、『ヨハネによる福音書』3:35〈『新共同訳聖書』〉)・「子なる神」。と「聖霊」を唯一の神(三位一体・至聖三者)として信仰する。 世界における信者数は20億人を超えており、すべての宗教の中で最も多い。.

新しい!!: インドとキリスト教 · 続きを見る »

キングフィッシャー航空

ングフィッシャー航空(キングフィッシャーこうくう、)はインドのベンガルール国際空港を本拠地としていた民間航空会社。国内線のみの航空会社として2004年に創業し、2005年より運航開始したが、2007年に国際線参入の発表を行った。2012年10月、すべての便を運航停止し、2013年2月、運航免許が停止された。 キングフィッシャー・ビールの製造会社ユナイテッド・ブリュワリーズ社(英語版)の傘下企業。.

新しい!!: インドとキングフィッシャー航空 · 続きを見る »

キングコブラ

ングコブラ(学名:)は、コブラ科に分類されるヘビ。本種のみでキングコブラ属を形成する。 日本では「特定動物」に指定されている。.

新しい!!: インドとキングコブラ · 続きを見る »

ギヤースッディーン・バルバン

バルバン(غياث الدين بلبن Ghiyāth al-Dīn Balban, ? - 1287年)は、北インドの奴隷王朝第9代スルタン(在位:1266年 - 1287年)。.

新しい!!: インドとギヤースッディーン・バルバン · 続きを見る »

ギリシア語

リシア語(ギリシアご、現代ギリシア語: Ελληνικά, または Ελληνική γλώσσα )はインド・ヨーロッパ語族ヘレニック語派(ギリシア語派)に属する言語。単独でヘレニック語派(ギリシア語派)を形成する。ギリシア共和国やキプロス共和国、イスタンブールのギリシア人居住区などで使用されており、話者は約1200万人。また、ラテン語とともに学名や専門用語にも使用されている。省略形は希語。.

新しい!!: インドとギリシア語 · 続きを見る »

クリケット

リケット(cricket、 )は、フィールド上1チーム11名の2チームによって半径70メートルほどの広大なフィールド(クリケットではオーヴァル:oval と呼ばれる)で行われるバットとボールを用いるスポーツである。.

新しい!!: インドとクリケット · 続きを見る »

クリケット・ワールドカップ

ICCクリケット・ワールドカップ()は、国際クリケット評議会(ICC)が主催する、ナショナルチームによるクリケットの世界選手権である。試合形式はワン・デイ・インターナショナル(ODI)。 1975年に第1回大会が行われて以来、4年に1度開催されている。2015年の第11回大会には14チームが参加し、オーストラリアが優勝した。最多優勝はオーストラリアの5度である。.

新しい!!: インドとクリケット・ワールドカップ · 続きを見る »

クリシャン・チャンダル

リシャン・チャンダル(ウルドゥー語:、1914年11月23日 - 1977年3月8日)は、インドの小説家。ウルドゥー語で創作し、ヒンディー語や英語も用いた。・を代表する作家の一人。.

新しい!!: インドとクリシャン・チャンダル · 続きを見る »

クリシュナ

リシュナ(, 、)はヒンドゥー教の神である。ヒンドゥー教でも最も人気があり、広い地域で信仰されている神の1柱であり、宗派によってはクリシュナとして、あるいはヴィシュヌの化身(アヴァターラ)として(神自身)であるとみなされている。 初期のクリシュナ崇拝は神としての信仰でないもの、例えば信仰、信仰、信仰を含み、これらは早ければ紀元前4世紀までさかのぼることができるpp.540-42。.

新しい!!: インドとクリシュナ · 続きを見る »

クリシュナ・バルデーオ・ヴァイド

リシュナ・バルデーオ・ヴァイド( Kṛṣṇa Baladeva Vaida、1927年 -) は、インドの作家。ヒンディー語で創作をし、従来のヒンディー文学の枠にとらわれない作風で知られる。.

新しい!!: インドとクリシュナ・バルデーオ・ヴァイド · 続きを見る »

クリシュナ・デーヴァ・ラーヤ

リシュナ・デーヴァ・ラーヤ(カンナダ語:ಶ್ರೀ ಕೃಷ್ಣ ದೇವರಾಯ, テルグ語:శ్రీ కృష్ణదేవ రాయలు, タミル語:கிருஷ்ணதேவராயன், 英語:Krishna Deva Raya, 1471年 - 1529年)は、南インドのヴィジャヤナガル王国、 トゥルヴァ朝の君主(在位:1509年 - 1529年)。クリシュナ・デーヴァラーヤ、クリシュナデーヴァラーヤとも表記される。 クリシュナ・デーヴァ・ラーヤはヴィジャヤナガル王国の最も偉大な君主とされ、その治世に王国はガジャパティ朝、ゴールコンダ王国、ビジャープル王国に輝かしい勝利をおさめたのみならず、経済的・文化的にも発展し、ヴィジャヤナガルに滞在していたフェルナン・ヌーネスやドミンゴス・パイスといったヨーロッパの旅行者から国民の幸せを願う君主という最大級の賛辞を送られるほどであった。彼は文化の保護者であったが、彼自身もまた文人であり、多くの文学作品を残している。 クリシュナ・デーヴァ・ラーヤは「カンナダ・ラージヤ・ラーマ・ラーマナ」(Kannada Rajya Rama Ramana, カンナダ帝国の主)、「アーンドラ・ボージャ」(Andhra Bhoja, アーンドラのボージャ)、「ムール・ラーヤラ・ガンダ」(Mooru Rayara Ganda, 三王の王)、といった称号を保持していた。一方、パイスの記録では、その称号は「王の中の王(ラージャーディラージャ)、インディア最大の領主の中の領主、三つの海と一つの大陸の領主」であった。.

新しい!!: インドとクリシュナ・デーヴァ・ラーヤ · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: インドとクリスマス · 続きを見る »

クレメント・アトリー

初代アトリー伯爵クレメント・リチャード・アトリー(Clement Richard Attlee, 1st Earl Attlee、1883年1月3日 - 1967年10月8日)は、イギリスの政治家。首相(在任:1945年 - 1951年)。 労働党党首(1935年 - 1955年)。ラムゼイ・マクドナルド以来2人目の労働党出身の首相で、同党出身の首相として初めて4年の任期を全うできただけでなく、任期中に議会で過半数の議席を得ることができた首相でもある。 同政権下では国営医療事業国民保健サービス(NHS)などが設立され、イギリスはベヴァリッジ報告書構想に基づく福祉国家の建設に歩みだした。.

新しい!!: インドとクレメント・アトリー · 続きを見る »

クロイドン区

イドン・ロンドン自治区(クロイドン・ロンドンじちく、London Borough of Croydon)は、イングランドのロンドン南部にある行政区。南部の丘陵地帯、グレーター・ロンドン(大ロンドン)の最南端に位置し、アウター・ロンドンを形成する。面積は約、人口は約38万人でロンドン自治区の中ではバーネット区に次いで多い。中心市街地は、区名の由来にもなった歴史ある町、クロイドン。クロイドン (Croydon) の名はドゥームズデイ・ブックにて言及されており、町は小さなマーケットタウンからロンドン近郊で最も人口の密集する地域に発展した。今では、ロンドンの主要なビジネス、金融、文化の中心地である。 1965年に1963年ロンドン政府法の規定に基づいてクロイドンと近隣の町村が合併し、大ロンドンに編入されて現在のクロイドン区となった。クロイドンをビジネスの中心地に発展させ、その経済力を支えた主な要因として、ロンドンの郊外に位置するクロイドン空港(1920年に開港)の存在があった。しかし、成長していく首都ロンドンへ運航する全ての国際線がロンドン市内の空港(ヒースロー空港やガトウィック空港など)から発着するようになると、クロイドン空港は空港の拡張に必要な用地が不足したため、1959年9月30日に閉鎖され、ロンドンの空の玄関口としての役目を終えた。空港は現在、第2級指定建造物に指定され、観光地となっている。クロイドン区は、その前身のカウンティ・バラ時代を含めると、1954年、2000年、2002年、2012年の計4回、「」の地位を得るための申請を行っているが、いずれも成功していない。それでもなお、ビジネス客や観光客にとって魅力的な町、そして「ロンドンの3番目のシティ1つ目と2つ目はシティ・オブ・ロンドンとシティ・オブ・ウェストミンスター。」となるべく、現在と題した大規模な都市再興プロジェクトが進行中である。クロイドン区はロンドン郊外の都市的な住宅街を成すが、区域の南方にかけては田舎の風景もみられる。2003年には、から、ロンドン自治区として初めて「フェアトレード区」に認定された 。 クロイドンはロンドンと南東イングランドにおける文化・芸術の発信地の一つでもある。のような文化センターがあることにより、区が活気づいている。一方で、有名なフリンジシアターであるは、2012年に区からの資金支援が打ち切られ、2013年に建物が取り壊された。1994年に女王エリザベス2世により、図書館と映画館と博物館が入る複合文化施設、が開業した。2000年から2010年までは、5万人を超える観衆とともに、地域の黒人とインド人の文化の多様性を祝う祭りが毎年夏に開催されていた。インターネットラジオ局 Croydon Radio が地元の人々により運営されている.

新しい!!: インドとクロイドン区 · 続きを見る »

クトゥブ・ミナール

トゥブ・ミナール(Qutub Minar, ヒンディー: क़ुतुब मीनार)は、インドのデリーにある世界最高のミナレット。 1200年ごろに奴隷王朝の建国者であるクトゥブッディーン・アイバクによって、クワットゥル・イスラーム・モスクに付属して建てられた。ヒンドゥー様式とイスラーム様式が混在した様式となっている。おそらくヒンドゥー教・ジャイナ教の寺院などを破壊し、その石材を転用して制作されたものであり、建築に携わった職人もヒンドゥー教徒であったと推測されている。.

新しい!!: インドとクトゥブ・ミナール · 続きを見る »

クトゥブッディーン・アイバク

トゥブッディーン・アイバク(قطب الدين أيبك (Quṭb al-Dīn Aybak) ? - 1210年)は、ムガル帝国のインド侵入以前にデリーを中心に北インドを支配したデリー・スルタン諸王朝最初のスルタン(在位1206年6月27日 - 1210年)。 マムルーク(奴隷軍人)としてゴール朝のシハーブッディーン・ムハンマド(ムハンマド・ゴーリー)に仕え、元奴隷身分ながら新王朝を開いた。後継者(娘婿)のイルトゥトゥミシュもまた解放奴隷であったことから、アイバクの開いたデリー・スルタン朝最初の王朝は奴隷王朝と呼ばれる。.

新しい!!: インドとクトゥブッディーン・アイバク · 続きを見る »

クイーンズランド大学

イーンズランド大学(クイーンズランドだいがく、、略称:UQ)は、オーストラリアクイーンズランド州ブリスベン、セントルシア地区に本部キャンパスを持つ州内で最長の歴史を持つ大学。クイーンズランド州で最も権威ある大学であり、オーストラリア国内でもトップクラスの生徒が全土から集まることで知られる。オーストラリア国内で、常に5本の指に入る名門大学。米ペンシルベニア大学、加マギル大学、東京大学などの、国外名門大学との交換留学提携関係も持つ。研究を重視するオーストラリアの大学連合 "Group of Eight"、国際的な大学提携 Universitas 21研究機構のメンバーであり、ノーベル賞受賞者も輩出している。.

新しい!!: インドとクイーンズランド大学 · 続きを見る »

クシャトリヤ

ャトリヤ階級の英雄シヴァージー像(ムンバイ) クシャトリヤ(क्षत्रिय Kṣatriya、Khattiya 、刹帝利)は、古代インドのバラモン教社会におけるヴァルナ制度の第2位である王族・武人階級。.

新しい!!: インドとクシャトリヤ · 続きを見る »

クシュワント・シン

ュワント・シン(英語: Khushwant Singh、1915年2月2日 - 2014年3月20日)は、インドの作家。英語で著述活動を行い、歴史書や小説を発表している。.

新しい!!: インドとクシュワント・シン · 続きを見る »

クタイ王国

タイ王国(クタイおうこく、Kerajaan Kutai)は、4世紀末から5世紀初め頃にかけて、現在のインドネシアのカリマンタン島東部、マハカム川下流のクタイ周辺に栄えたヒンドゥー王国。.

新しい!!: インドとクタイ王国 · 続きを見る »

グラクソ・スミスクライン

ラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline plc)は、イギリス・ロンドンに本社を置く世界有数の規模を持つグローバル製薬企業。略称はGSK。ロンドン証券取引所、ニューヨーク証券取引所上場企業( )。 日本では、グラクソ・スミスクライン株式会社(GlaxoSmithKline K.K.)が現地法人として置かれている。.

新しい!!: インドとグラクソ・スミスクライン · 続きを見る »

グル

ル(Guru, गुरु)は、サンスクリット語で「指導者」「教師」「尊敬すべき人物」などを意味する単語。「導師」「尊師」などとも訳される。グールーとも発音する。巨匠、師匠、熟練者なども意味する語。「重いもの」「闇から光へ導くもの」「木星」などの意味もある。ヨガの修行を達成するためには、グルは死ぬ最期の時まで必要不可欠なものだとされている。 狭義にはヒンドゥー系のバクティ・ヨーガ等の指導者を言う。そこから、欧米でニューエイジ系カルト団体指導者もまたグルを名乗った。日本でも、さらにオウム真理教が事件を起こしたことから、。 バクティ・ヨーガにおけるグルは、弟子にとって神の化身ともいえる存在であり、信仰の対象である。グルは自身の霊力を愛という形で弟子に注ぎ、弟子はグルに意識を集中させることにより自己の霊性を向上させる。師弟の信頼により支えられたこの関係において、弟子はグルの指示・指令を実践することによりグルの期待に応えるのである。 転じて米国メディアなどでは、ある種のカリスマ性を持って健康法などを指導する人物を「グールー」という。これはヒッピー文化を通して広まった用法とされる。.

新しい!!: インドとグル · 続きを見る »

グル・ナーナク

ル・ナーナクのフレスコ画 グル・ナーナク(ਗੁਰੂ ਨਾਨਕ, 1469年11月5日 - 1539年9月7日)は、シク教の教祖にして初代グル(尊師)。シク教では、歴代グルの全員がグル・ナーナクの聖性と宗教的権威を継承していると考えられている。グル・ナーナクの誕生日には、各地でお祭りが行なわれる。.

新しい!!: インドとグル・ナーナク · 続きを見る »

グル・グラント・サーヒブ

ル・グラント・サーヒブ グル・グラント・サーヒブ(グルムキー文字ਗੁਰੂ ਗ੍ਰੰਥ ਸਾਹਿਬ)はシク教の中心的聖典であり、シク教徒により、人間の歴代グルに続く、権威を持つ、最後の生きているグルとして敬意を表されている。第五代グル・アルジャン(1563-1606)によってアーディ・グラント(第一の編集版)は編纂された。それに第十代グル・ゴービンドは自分の詩歌を付け加えることはなかったが、第九代グル・テーグ・バハードゥルの115の詩歌を付け加え、更に、この経典が自分の後継者であると確言した。この第二の編集版がグル・グラント・サーヒブとして知られている。グル・ゴービンド・シングの死後、バーバー・ディープ・シングとバーイー・マニー・シングは配布のために多くの写本を用意した。 本文は1430ページ、6000行から構成されている。聖典の大半は、著者と長さと従って分類された31のラーガ(北インド古典音楽の旋法)によって配置されている。 グル・グラント・サーヒブはグルムキー文字で表記され、ランダー語(西パンジャーブ語)、ブラジュ・バーシャー語、カリボーリー語、サンスクリット、シンド語、ペルシャ語を含む様々な言語が使われており、しばしば、サント・バーシャー語の名で表現されている。 グル・グラント・サーヒブは主に六人のグル達(グル・ナーナク、グル・アンガド、グル・アマルダース、グル・ラームダース、グル・アルジャン、グル・テーグ・バハードゥル)によって成り、また、十四人のヒンドゥーのバクティ運動のサントたち(ラーマーナンダ、カビール、ナームデーヴなど)とムスリムのスーフィーであるシャイフ・ファリードの教えも含んでいる。 グル・グラント・サーヒブの構想は、いかなる種類の抑圧もない、神聖な正義に基づく社会である。この聖典が、ヒンドゥーやイスラムの聖典を認め、尊重しているとしても、それはヒンドゥーとイスラムの宗教混淆を意味しているわけではない。グルドワーラー(寺院)に安置されており、多くのシク教徒が敬礼し、聖典がグルドワーラーに出座する時には平伏する。聖典は永遠のグルバーニー(グルの言葉)を示しており、シク教の霊的権威である。.

新しい!!: インドとグル・グラント・サーヒブ · 続きを見る »

グプタ朝

プタ朝(グプタちょう、Gupta Empire)は、古代インドにおいて、西暦320年から550年頃まで、パータリプトラを都として栄えた王朝である。4世紀に最盛期を迎え、インド北部を統一した。.

新しい!!: インドとグプタ朝 · 続きを見る »

グジャラート州

ャラート州(グジャラート語:ગુજરાત、英語:Gujarat)は、インドの北西部 にある州の一つ。またこの地方の歴史的名称でもある。州の面積は196024平方キロメートル(75755平方マイル)で1,600キロメートルの海岸線を有する。6,000万を超える人口はそのほとんどがカーティヤーワール半島に居住している。.

新しい!!: インドとグジャラート州 · 続きを見る »

グジャラート語

ャラート語(グジャラートご、ગુજરાતી: グジャラーティー)はインド西部のグジャラート州の公用語で、インド連邦レベルでも憲法の第8付則に定められた22の指定言語のひとつである。インド・ヨーロッパ語族のインド・イラン語派に属す。 名詞は、男性名詞・女性名詞・中性名詞の3つの性を持つ。.

新しい!!: インドとグジャラート語 · 続きを見る »

ケーララ州

ーララ州(കേരള、Kerala)は、インドの州の一つであり、南インドを構成する州の一つに数えられる。東にタミル・ナードゥ州と接し、北にカルナータカ州と接する。州都はティルヴァナンタプラム。マラバール海岸によりインド洋に臨んでおり、西にはラクシャディープ諸島が、南にはモルディブの島々が、海の中に浮かんでいる。旧フランス領でポンディシェリ連邦直轄領の一部となっているマーヒが、ケーララ州の一部を切り取るように存在している。.

新しい!!: インドとケーララ州 · 続きを見る »

ケビン・ラッド

ビン・マイケル・ラッド(Kevin Michael Rudd、1957年9月21日 - )は、オーストラリアの政治家。第26代オーストラリア連邦首相。1998年からクイーンズランド州ブリスベン南部のグリフィス選挙区選出の連邦下院議員である。漢字での名は「陸克文」。.

新しい!!: インドとケビン・ラッド · 続きを見る »

ケニア

ニア共和国(ケニアきょうわこく)、通称ケニアは、東アフリカに位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。北にエチオピア、北西に南スーダン、西にウガンダ、南にタンザニア、東にソマリアと国境を接し、南東はインド洋に面する。首都はナイロビ。 首都ナイロビには国際連合環境計画、国際連合人間居住計画の本部がある。旧イギリス植民地。.

新しい!!: インドとケニア · 続きを見る »

ケオラデオ国立公園

ラデオ国立公園(-こくりつこうえん)またはケオラデオ・ガナー国立公園はインド・ラージャスターン州にある国立公園で、かつてはバラトプル鳥類保護区として知られていた。ここをソデグロヅルのような絶滅危惧種や希少種が越冬地として過ごす。またここには230種以上の鳥類が生息しており、冬季には鳥類学者が訪れる場所であり、また一大観光地でもある。ここは1971年に保護区となり、1981年にはラムサール条約登録湿地、1982年には国立公園となり、また1985年にはユネスコの世界遺産に登録された。 公園内では希少なソデグロヅルのうち少数の個体群が越冬する。他の種としてはアカツクシガモ、カモメ、ハシビロガモ、オナガガモ、オオバン、シマアジ、キンクロハジロ、ホシハジロが挙げられる。.

新しい!!: インドとケオラデオ国立公園 · 続きを見る »

コナーラクのスーリヤ寺院

ナーラクのスーリヤ寺院とは、インド・オリッサ州コナーラクにある、ヒンドゥーの太陽神スーリヤを祀る寺院である。1984年に、UNESCOの世界遺産に登録された。.

新しい!!: インドとコナーラクのスーリヤ寺院 · 続きを見る »

コチェリル・ラーマン・ナラヤナン

チェリル・ラーマン・ナーラーヤナン(Kocheril Raman Narayanan、 K. R. Narayananとしてよく知られていた、1921年2月4日 - 2005年11月9日)は、インドの政治家。第10代インド共和国大統領(在任期間:1997年6月25日 - 2002年6月25日)。.

新しい!!: インドとコチェリル・ラーマン・ナラヤナン · 続きを見る »

コムギ

ムギ(小麦)はイネ科コムギ属に属する一年草の植物。一般的にはパンコムギ(学名: Triticum aestivum)を指すが、広義にはクラブコムギ(学名: Triticum compactum)やデュラムコムギ(学名: Triticum durum)などコムギ属(学名: Triticum)の植物全般を指す。世界三大穀物の一つ。古くから栽培され、世界で最も生産量の多い穀物のひとつである。年間生産量は約7.3億トンであり、これはトウモロコシの約10.4億トンには及ばないが、米の約7.4億トンにほぼ近い(2014年)。 他の三大穀物と同じく基礎食料であり、各国で生産された小麦はまずは国内で消費され、剰余が輸出される。 日本国内において、麦(小麦・大麦・はだか麦)は食糧法により価格統制が存在する。.

新しい!!: インドとコムギ · 続きを見る »

コルカタ

ルカタ(কলকাতা, Kolkata)はインドの西ベンガル州の州都。世界屈指のメガシティであり、市域の人口密度は首都デリーやインド最大都市ムンバイ以上である。イギリスの帝国主義政策における主要な拠点として建設され、イギリス領インド帝国時代の前半は植民地政府の首都機能を有していた。 2011年の市域人口は448万人。2016年の近郊を含む都市圏人口は1,481万人であり、世界第20位、インドではデリーとムンバイに次ぐ第3位である。.

新しい!!: インドとコルカタ · 続きを見る »

コレラ

レラ(Cholera、虎列剌)は、コレラ菌(Vibrio cholerae)を病原体とする経口感染症の一つ。日本では「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(感染症新法)の指定感染症である(2006年(平成18年)12月8日公布の「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律等の一部を改正する法律」により二類感染症から三類感染症に変更)。日本ではコレラ菌のうちO1、O139血清型を原因とするものを行政的にコレラとして扱う。治療しなければ患者は数時間のうちに死亡する場合もある。 予防には、衛生改善と清潔な水へのアクセスが必要である。 経口コレラワクチンは、投与するとおよそ6か月効果が続き、またその他一部の大腸菌による下痢も予防できる 。主な治療法は経口水分補給であり、加糖加塩の液体により電解質を補充する。補充には米食ベースの選択が好まれる。児童には亜鉛サプリメントも推奨される 。重度な症例では、静脈輸液(乳酸リンゲル液など)が求められ、また抗生物質も効果がありうる 。抗生物質の感受性試験は、治療選択の支援となりえる。 全世界の患者数は毎年3-5百万人であり、年間28,800–130,000人の死者を出している。パンデミックには分類されておらず、先進国ではまれな病気である。最も影響を受けるのは児童である。コレラはアウトブレイクを起こす病気でもあるが、特定の地域では一般的な病気である。現在もリスクがある地域は、アフリカ、東南アジアである。 死亡リスクはたいてい5%以下であるが、医療アクセスに乏しい地域では50%ほどに高まる。歴史的な記録は、紀元前5世紀のサンスクリットにまで確認される。.

新しい!!: インドとコレラ · 続きを見る »

コンカニ語

ンカニ語(コンカニご、、コンカニ語: Konknni Bhas、)はインド・ヨーロッパ語族のインド・アーリア語派に属するインドの言語である。 1987年以来ゴア州の公用語であり、1992年以来インド憲法の第8付則言語の一つでもある。 コンカン語、コーンカニー語、コーンクニー語とも呼ばれる。.

新しい!!: インドとコンカニ語 · 続きを見る »

コンサルティング

ンサルティング (consulting) とは、企業(まれに行政など公共機関)などの役員(特に経営者が多い)に対して解決策を示し、その発展を助ける業務のこと。または、その業務を行うこと。社会的に、コンサルティング会社は、特定の事業に特化した事業会社とは区別され、コンサルティングファームと呼ばれる。 コンサルティングを実行するコンサルタントには、他の組織の役員と対等に接するため、起業家精神を強く要求される。従って、各コンサルタントは極めて能動的である必要があり、コンサルティングファームのカルチャーは一般的な会社とは大きく異なる。.

新しい!!: インドとコンサルティング · 続きを見る »

コーリコード

ーリコード(、)はインド西南部、ケーララ州のアラビア海に面する港湾都市。日本の文献ではコージコード、コジコーデ、コジコデなどとも記される。 「コーリコード」は州の公用語であるマラヤーラム語による名称で、かつてはカリカット()と呼ばれていた(近郊にあるカリカット国際空港は都市の外名が変更された後も引き続き「カリカット」を冠している)。.

新しい!!: インドとコーリコード · 続きを見る »

コールセンター

ールセンターは、顧客への電話対応業務を専門に行う事業所・部門である。大手企業の問い合わせ窓口のような、電話回線数や対応するオペレータ人数が多い大規模な施設を「コールセンター」と呼ぶことが多い。日本では104番号案内や116総合受付などの日本電信電話公社の電話業務センターおよび民間業者による電話代行に端を発する。企業によって有料サービス、もしくは無料サービスにて受け付けている。最近では、電話以外の媒体(ファクシミリ・電子メール・SNS)による連絡・接触手段が充実してきたこともあり、様々な手段で問い合わせを受けることからコンタクトセンターと呼ぶケースもあるが、内容としては概ね同じである。 一般消費者向けの通信販売・サービス業・製造業を行う企業(会社)が、苦情・各種問い合わせ・注文を受け付けるものが多い。 また、従来は受付対応(インバウンド)が主業務であったが、近年は新規顧客の開拓業務やマーケティング(アウトバウンド)にも利用されている。 特殊な利用法の例としては、そのマンツーマンであるシステムから、治験における二重盲検試験の盲検性を確保するためにも利用されている。.

新しい!!: インドとコールセンター · 続きを見る »

コウマ

ウマ(黄麻、Corchorus capsularis)は中国原産と推定される一年生草本。別名をジュート(Jute)、インド麻、標準和名をツナソ(綱麻)といい、熱帯および亜熱帯に生長する。繊維をとる目的で栽培され、インド・バングラデシュが主な生産地である。繊維製品はしばしば英語名称のジュートと呼称される。 高温多湿で湿潤な環境を好む。繊維は茎から採取し、水に浸して醗酵させるため、ジュート繊維生産には大量の水が必要となる。100日ほどで生長し、2mから3mに伸び、開花の後、球形の果実を結ぶ。栽培は、冬終わりから春はじめにかけて播種し、夏はじめから半ばにかけて収穫する。花をつけてから実がつくまでのどの時期に刈り取るかにより、生産される繊維の質が左右される。一般に花が終わった時期に収穫したものからもっとも良質の繊維をとることができる。 日本でもかつては九州で栽培された。 なお、ジュートと呼ばれる植物には、同じツナソ属のシマツナソ(C.

新しい!!: インドとコウマ · 続きを見る »

コクバラ語

バラ語はシナ・チベット語族に属する言語である。話者はインドのトリプラ州やバングラデシュ北部に居住するの人々である。Kók Borok(コクボロック)は、kók「ことば(language)」とborok「人々(people)」からなる。すなわち「人間のことば」という意味になる。 コクバラ語はトリプラ州の公用語である。.

新しい!!: インドとコクバラ語 · 続きを見る »

ココナッツ

熟果の断面。白い部分が固形胚乳。 ココナッツ()はヤシ科の単子葉植物、ココヤシの果実である。ココナツあるいは、単に椰子の実ともいう。.

新しい!!: インドとココナッツ · 続きを見る »

コショウ

ョウ(胡椒、学名:Piper nigrum)は、コショウ科コショウ属のつる性植物、または、その果実を原料とする香辛料のこと。インド原産。味は辛い 。.

新しい!!: インドとコショウ · 続きを見る »

ゴールコンダ王国

ールコンダ王国(ゴールコンダおうこく、Golconda Sultanate)は、16世紀初頭から17世紀末にかけてインドのデカン地方に存在した、バフマニー朝が分裂してできたデカン・スルターン朝のひとつであるイスラーム王朝。クトゥブ・シャーヒー朝(Qutb Shahi dynasty)とも呼ばれる。首都はゴールコンダ、ハイダラーバード。.

新しい!!: インドとゴールコンダ王国 · 続きを見る »

ゴール朝

ール朝(ペルシア語: غوريان Ghūrīyān)は、現在のアフガニスタンに興り、北インドに侵攻してインドにおけるムスリムの最初の安定支配を築いたイスラーム王朝(11世紀初め頃 - 1215年)。グール朝、シャンサバーニー朝とも表記し、王家はシャンサブ家という。.

新しい!!: インドとゴール朝 · 続きを見る »

ゴア州

ア州(コンカニ語:गोंय、マラーティー語:गोवा、Goa)は、インド西海岸の州である。16世紀から20世紀半ばまでポルトガル領インドの一部であり、ポルトガルのアジアにおける拠点であった。.

新しい!!: インドとゴア州 · 続きを見る »

シナ・チベット語族

ナ・チベット語族(シナ・チベットごぞく)は、言語の言語学上の分類単位の一種で、主に中国、東南アジアなどアジアの民族によって話される250余の諸言語のことである。 代表的な言語として、中国語、ビルマ語、チベット語がある。シナ・チベット諸語『講座 言語 第6巻 世界の言語』北村甫編、橋本萬太郎ら共著(大修館書店)『世界の言語と国のハンドブック』下宮忠雄(大学書林)ともいう。.

新しい!!: インドとシナ・チベット語族 · 続きを見る »

シムラー (インド)

ムラー(、)は、インド北部にあるヒマーチャル・プラデーシュ州の州都。 イギリス統治時代の1865年にインド帝国の「夏の首都」として正式に定められ、夏季には首都機能がコルカタから移転されていた。インド有数の避暑地である。地名の由来は、インド神話に登場するカーリー女神の化身の一つであるシヤーマーラー・デーヴィー (Shyamala Devi)。.

新しい!!: インドとシムラー (インド) · 続きを見る »

シャリーア

ャリーア(شريعة Shari'a)は、コーランと預言者ムハンマドの言行(スンナ)を法源とする法律。1000年以上の運用実績がある。ローマ法を起源としないイスラム世界独自のものである。イスラム法、イスラーム法、イスラーム聖法などとも呼ばれる。 シャリーアはコーランと預言者ムハンマドの言行(スンナ)を法源とし、イスラム法学者が法解釈を行う。イスラム法を解釈するための学問体系(イスラム法学)も存在し、預言者ムハンマドの時代から1000年以上、法解釈について議論され続けている。法解釈をする権限はイスラム法学者のみが持ち、カリフが独断で法解釈をすることはできないとされる。預言者ムハンマドの言行録はハディースとよばれ預言者の言行に虚偽が混ざらぬように、情報源(出典)が必ず明記される。 シャリーアは民法、刑法、訴訟法、行政法、支配者論、国家論、国際法(スィヤル)、戦争法にまでおよぶ幅広いものである。シャリーアのうち主にイスラム教の信仰に関わる部分をイバーダート(儀礼的規範)、世俗的生活に関わる部分をムアーマラート(法的規範)と分類する。イバーダートは神と人間の関係を規定した垂直的な規範、ムアーマラートは社会における人間同士の関係を規定した水平的な規範と位置づけられる。 また、イスラム共同体(ウンマ)は、シャリーアの理念の地上的表現としての意味を持つとされる。 シャリーアが六法全書と国際法を合わせたような性格を持つようになったのは、預言者ムハンマド自身が軍の指揮官であり国家元首であったことが大きく関わっている。 シャリーアでは、異教徒との戦闘において、異教徒に「ジズヤ(人頭税)を払う」と言われてしまうと、カリフには講和を拒否する権利がない。 日本語で読める原典に、アブドル=ワッハーブ・ハッラーフ『イスラムの法 法源と理論』(中村廣治郎訳、東京大学出版会、1984年)と、イブン・ザイヌッディーン『イスラーム法理論序説』(村田幸子訳解説、<イスラーム古典叢書>岩波書店、1985年)がある。.

新しい!!: インドとシャリーア · 続きを見る »

シャクンタラー (戯曲)

『シャクンタラー』は、インドのカーリダーサによる戯曲。正式な題名は『アビジュニャーナ・シャークンタラ』(अभिज्ञानशाकुन्तल 「思出の品により回復されたシャクンタラー」)。 カーリダーサの戯曲としてもっとも有名であるだけでなく、サンスクリット劇の最大傑作と認められており、また西洋に紹介された最初のサンスクリット文学のひとつであった。.

新しい!!: インドとシャクンタラー (戯曲) · 続きを見る »

シュリーヴィジャヤ王国

ュリーヴィジャヤ王国(シュリーヴィジャヤおうこく、Kerajaan Sriwijaya/Srivijaya、スリウィジャヤ)はインドネシアやマレー半島、フィリピンに大きな影響を与えたスマトラ島のマレー系海上交易国家。漢文では「室利仏逝」と音訳表記される。また、アラブの資料では「ザバック」「サバイ」「スブリサ」の名でみられる。王国の起源ははっきりしないが、7世紀にはマラッカ海峡を支配して東西貿易で重要な位置を占めるようになった。.

新しい!!: インドとシュリーヴィジャヤ王国 · 続きを見る »

ショール

ョール(shawl, 語源はペルシア語のشال, Shāl)は、衣類の一種であり、肩にかけたり、頭からかぶったりして着用する。通常は四角形をした布で三角形になるように折って使うが、最初から三角形のものもある。 ショールは防寒のために用いたり、ファッションとして用いたりする。また、ユダヤ教徒の男性が着用するタッリートのように宗教的な意味合いを持つものもある。.

新しい!!: インドとショール · 続きを見る »

ショウガ

ョウガ(生姜、生薑、薑。学名は Zingiber officinale)はショウガ科の多年草であり、野菜として食材に、また生薬として利用される。.

新しい!!: インドとショウガ · 続きを見る »

シリコンバレー

ンノゼ・ダウンタウン シリコンバレー (Silicon Valley) は、アメリカ合衆国カリフォルニア州北部のサンフランシスコ・ベイエリアの南部に位置しているサンタクララバレーおよびその周辺地域の名称。特定の一箇所を公的に指す地名ではなく、ある程度広い地域一帯の通称として使用される。 名称は、多数の半導体メーカー(半導体の主原料はケイ素、Silicon)が集まっていたこと、および地形(渓谷、Valley)に由来する。この地域からはアップル、インテル、ナショナル・セミコンダクター、Google、Facebook、Yahoo、アドビシステムズ、シスコシステムズなどに代表されるソフトウェアやインターネット関連企業が多数生まれ、IT企業の一大拠点となっている。.

新しい!!: インドとシリコンバレー · 続きを見る »

シンド州

ンド州(Sindh)はパキスタン南部の州。人口4237万8千人(2008年推計)、面積140,914km2。パキスタンのアラビア海沿岸部東側、インダス川下流部にあたり、バローチスターン州、パンジャーブ州、およびインドのラージャスターン州、グジャラート州に接する。研究者などはスィンド州と表記することが多い。.

新しい!!: インドとシンド州 · 続きを見る »

シンド語

ンド語(シンドご、سنڌي、सिन्धी.、Sindhi language)は、パキスタンのシンド州の公用語。シンディー語、スィンディー語とも呼ばれる。パキスタンに1850万人、インドに280万人の話者がいる。インド国内での話者数はそれほど多くないが、1967年にインド憲法の第8付則に定められた指定言語に加えられた。パキスタンのシンド語話者のほとんどはシンド州にすんでいる。1947年にインドとパキスタンが英領植民地から分離独立した際にシンド州はパキスタン側に属する事となり、この土地に住む人々の一部(多くがヒンドゥー教徒)がインドをはじめとする外国に移住したため、世界各地にシンド語話者のコミュニティーが点在している。 パキスタンの南東部シンド州には、シンド語を母語として話すものが多く、初等学校では必修科目として教えられている。シンド語の語彙は非常に豊富なため多くの作家がこの言語を用い、シンド語の文学や詩が多く残っている。.

新しい!!: インドとシンド語 · 続きを見る »

シンガポール

ンガポールの衛星写真 シンガポール共和国(シンガポールきょうわこく)、通称シンガポールは、東南アジアの主権都市国家かつ島国である。マレー半島南端、赤道の137km北に位置する。同国の領土は、菱型の本島であるシンガポール島及び60以上の著しく小規模な島々から構成される。 同国は、北はジョホール海峡によりマレーシア半島から、南はシンガポール海峡によりインドネシアのリアウ諸島州から各々切り離されている。同国は高度に都市化され、原初の現存植生はほとんどない。同国の領土は、一貫して埋立てにより拡大してきた。.

新しい!!: インドとシンガポール · 続きを見る »

シヴァージー

ヴァージー・ボーンスレー(マラーティー語:छत्रपती भोसले, 英語:Shivaji Bhonsle、1627年4月6日 - 1680年4月3日)は、マラーターの指導者にして、マラーター王国の創始者かつ初代君主(在位:1674年 - 1680年)。 シヴァージーはビジャープル王国やゴールコンダ王国、さらにはムガル帝国といったイスラーム王朝に対抗しようとして、デカンにヒンドゥー王朝を復興し、その結束を試みた。.

新しい!!: インドとシヴァージー · 続きを見る »

シーレーン

ーレーンとは、一国の通商上・戦略上、重要な価値を有し、有事に際して確保すべき海上交通路のことである。英語の類義語はSLOCs(Sea Lines of Communication)である。.

新しい!!: インドとシーレーン · 続きを見る »

シッキム州

ッキム州(Sikkim)は、インド北東部の州のひとつである。中国語(漢字)では錫金と表記し、ヒマラヤ南麓のネパールとブータンの間に位置する。かつてシッキム王国だった歴史的な経緯により、インド28州のうち人口最少、面積はゴア州に次いで2番目に狭い小さな州となっている。.

新しい!!: インドとシッキム州 · 続きを見る »

シティ・オブ・ロンドン

ティ・オブ・ロンドン(City of London)は、イングランドのロンドン中心部に位置する地区。その周辺地域とコナベーションを形成している。現代のメトロポリス・ロンドンの起源となる地域で、その範囲は中世以降ほとんど変わっていない約1マイル四方(厳密には)。単にシティ(the City)、またはスクエア・マイル(the Square Mile)とも呼ばれるこれらの語は金融街としての安定したシティの長い歴史とも相まって、しばしばイギリスの金融業界を指す。。シティの行政はシティ・オブ・ロンドン自治体(City of London Corporation)が執行しているこれは英国内でも独特の制度であり、シティの区画境界を越えて権限や所有権を有する事項もあるなど、イギリスの地方自治制度としては一般的でない部分も少なからず含まれる。。この自治体の首班はロンドン市長(Lord Mayor of London)である。2000年に再設置された大ロンドン庁のロンドン市長(Mayor of London)とは異なる。 シティは英国のGNPの2.5%に貢献している。シティはロンドン証券取引所やイングランド銀行、ロイズ本社等が置かれる金融センターとして他に、シティから東に離れたカナリー・ワーフもロンドンの主要な金融地区である。、ニューヨークのウォール街と共に世界経済を先導しており、世界有数の商業の中心地としてビジネス上の重要な会合の開催地としても機能している。 1990年代初期にはIRA暫定派がシティ内に複数の爆弾を仕掛けて爆発させる事件が発生したリング・オブ・スチールはIRAによる爆撃などテロリストの脅威への対抗策として開発された特に有名な方法である。2004年5月にBBCのニュース番組「Panorama」において、2001年の米同時多発テロに匹敵する規模のテロ攻撃に対するイギリスの警察や消防などの緊急時対応機関の準備体制を調査したところ、シティ東部のビショップスゲートで化学薬品による爆破事件が発生するとのシミュレート結果が出された。。シティに居住する人口はおよそ11,700人だが、金融業を中心に約31万6,700人の昼間人口がある。.

新しい!!: インドとシティ・オブ・ロンドン · 続きを見る »

シドニー

ドニー(Sydney)は、オーストラリア南東部、タスマン海に面するニューサウスウェールズ州の州都である。 オーストラリア最大の人口を有し、南半球を代表する世界都市及び金融センターである。アメリカのシンクタンクが2017年に発表した総合的な世界都市ランキングにおいて、世界16位の都市と評価されており、同国及び南半球の都市として首位である。 人口は2016年時点で500万人を超えている。都市圏人口は410万人であり、世界104位、オセアニアでは首位である。オセアニアを代表する国際的な観光都市でもあり、海に臨むオペラハウスなどが著名で、世界で最も美しいといわれる都市のひとつである。 300km南西に特別区である首都キャンベラが所在するが、経済や文化の規模ではシドニーの方が活発である。それもあってか、シドニーがオーストラリアの首都であると誤解する者も少なくない。2000年には夏季オリンピックである「シドニーオリンピック」の開催地となった。.

新しい!!: インドとシドニー · 続きを見る »

シク戦争

戦争(シクせんそう、Anglo-Sikh War)とは、イギリス東インド会社と北西インドを支配していたシク王国(シク教徒)との間に起った二次にわたる戦争。.

新しい!!: インドとシク戦争 · 続きを見る »

シク教

金寺院 アムリトサルの黄金寺院とシク教徒 シク教(シクきょう、パンジャーブ語:ਸਿੱਖੀ、)は、16世紀にグル・ナーナクがインドで始めた宗教。スィク教、スィック教、あるいはシーク教とも呼ぶ。シク(スィク)とはサンスクリット語の「シシュヤ」に由来する語で、弟子を意味する。それにより教徒達はグル・ナーナクの弟子であることを表明している(グルとは導師または聖者という意味である)。 総本山はインドのパンジャーブ州のアムリトサルに所在するハリマンディル(ゴールデン・テンプル、黄金寺院)。教典は『グル・グラント・サーヒブ』と呼ばれる1430ページの書物であり、英語に翻訳されインターネットでも公開されている。 世界で五番目に大きい宗教で、約3000万人の信者がいる。少数だが、日本にもコミュニティが存在する。.

新しい!!: インドとシク教 · 続きを見る »

シク教徒

インド陸軍軽歩兵連隊。制帽としてターバンを着用している。 シク教徒(Sikh)は、シク教の信者である。 インドではヒンドゥー教徒に比べて、圧倒的に少数派だが、富裕層が多く社会的に活躍する人が多い。 ターバン着用が戒律上の義務であるため、インド陸軍の軍装では軍帽に代わる「制式ターバン」が定められている。またイギリスでは、オートバイ運転時、ヘルメットを免除されている。 ヒンドゥー教が生来から帰依するものであるのに対して、シク教は改宗宗教であることから、異教徒やインド人以外に対しても布教が行われる。アメリカにも教徒がいるが、これは3HOという団体がアメリカで布教しているためと思われる。 教徒はインド全域に分布しているが、特に総本山ハリマンディルの所在地であるパンジャーブ地方に多い。信徒数は約3000万人、日本には約1000人ほどが居住していると思われる。シク教成立時より裕福で教養があり教育水準の高い層の帰依が多かったことから、イギリス統治時代のインドでは官吏や軍人として登用されるなど社会的に活躍する人材を多く輩出し、職務等で海外に渡航したインド人にターバンを巻いたシク教徒を多く見かける。ムガル帝国時代に武器を持って戦っていたためともされるが、それがターバンの着用はインド人の習俗であるとの世界的なイメージにつながった。技術的な事項に強い者が多く、インドのタクシー運転手にはシク教徒が多い。.

新しい!!: インドとシク教徒 · 続きを見る »

ジャナ・ガナ・マナ

ャナ・ガナ・マナ;,(जन गण मन;; ジョノ・ゴノ・モノ、「人々の意志」の意。)は、インドの国歌。ラビンドラナート・タゴールの作詞・作曲による。オリジナルの詩は5番まであるが、国歌としては1番のみ歌われている。「インドの朝」とも呼ばれる。.

新しい!!: インドとジャナ・ガナ・マナ · 続きを見る »

ジャワハルラール・ネルー

ャワハルラール・ネルー(ネール) (जवाहरलाल नेहरू, Jawaharlal Nehru, 1889年11月14日 - 1964年5月27日)は、インドの初代首相。インド国民会議議長。インド独立運動の指導者。著述家。名前の最初に、「学者(最高位のバラモン)」という意味の「パンディト(पंडित, Pandit)」が付けられる場合もある。ファーストネームの「Jawāharlāl」は、ペルシア語起源で「ルビー」を意味する。 マハトマ・ガンディーとともにインド独立運動の最も著名な指導者となり、1947年に独立を達成したインドの初代首相に就任した。国際政治では「第三世界」の中心的人物として注目された。国内の経済政策では計画経済を推進したが、成功を収めるには至らず、晩年に行き詰まりを見せる中、死亡した。 死後に娘のインディラ・ガンディーは第5代・第8代首相、孫息子のラジーヴ・ガンディーは第9代首相となり、一族は「ネルー・ガンディー王朝」と揶揄されるようになった。.

新しい!!: インドとジャワハルラール・ネルー · 続きを見る »

ジャンムー・カシミール州

ャンムー・カシミール州 (जम्मू और कश्मीर、ज्वम त॒ कॅशीर / جۄم تٕہ کٔشِیر、مقبوضہ کشمیر、Jammu and Kashmir)は、インド最北部の州。.

新しい!!: インドとジャンムー・カシミール州 · 続きを見る »

ジャンタル・マンタル

ャンタル・マンタル ()はインド・ムガル帝国時代の18世紀前半にジャイプル藩王国のジャイ・シング2世がインド北部の5か所に建設した大型の日時計および天体観測施設である。その内、ジャイプルにあるジャンタル・マンタルが一番大型で、世界遺産になっている。.

新しい!!: インドとジャンタル・マンタル · 続きを見る »

ジャールカンド州

ャールカンド州(Jharkhand、ヒンディー語:झारखंड、IPA:)は、インドの中部にある州。州都はラーンチー。2011年の人口は3298万8134人で、面積は7万9700km²。2000年にビハール州から分離された。.

新しい!!: インドとジャールカンド州 · 続きを見る »

ジャイナ教

ャイナ教(ジャイナきょう、जैन、Jainism)は、マハーヴィーラ(ヴァルダマーナ、前6世紀-前5世紀)を祖師と仰ぎ、特にアヒンサー(不害)の禁戒を厳守するなど徹底した苦行・禁欲主義をもって知られるインドの宗教。「ジナ教」とも呼ばれる。仏教と異なりインド以外の地にはほとんど伝わらなかったが、その国内に深く根を下ろして、およそ2500年の長い期間にわたりインド文化の諸方面に影響を与え続け、今日もなおわずかだが無視できない信徒数を保っている。 日本には、兵庫県神戸市中央区に寺院がある。.

新しい!!: インドとジャイナ教 · 続きを見る »

ジャイプル

ャイプル(जयपुर、Jaipur)はインドの都市。デリーの南西約260kmに位置し、ラージャスターン州の州都である。2010年の都市的地域の人口は305万人であり、世界第112位、同国では第11位である。約10kmの赤い城壁に囲まれ、別名「ピンク・シティー」と呼ばれる。 日本ではジャイプールと表記される事も多いが、最後の音節「-プール」がヒンディー語では短母音で表記するため、ジャイプルが正しい表記となる。.

新しい!!: インドとジャイプル · 続きを見る »

ジャイサルメール城

ャイサルメール城(ジャイサルメールじょう、ヒンディー語:、英語:Jaisalmer Fort)は、インドのラージャスターン州、ジャイサルメール県の都市ジャイサルメールの城。.

新しい!!: インドとジャイサルメール城 · 続きを見る »

ジョーダン・グランプリ

ョーダン・グランプリ (Jordan Grand Prix) は、かつて存在したアイルランドのF1コンストラクター。1991年から2005年までF1世界選手権に参戦し、通算4勝を記録した。コンストラクターズランキング最高成績は3位(1999年)。 1980年代から1990年代にF1に参戦した新興チームの中ではもっとも成功したチームのひとつ。ヤマハ、無限ホンダ、ホンダ、トヨタといった日本のエンジンサプライヤーの多くからエンジン供給を受けたチームでもある。.

新しい!!: インドとジョーダン・グランプリ · 続きを見る »

ジェットライト

ェットライト (JetLite)は、デリーを本拠地としているインドの格安航空会社。.

新しい!!: インドとジェットライト · 続きを見る »

ジェットエアウェイズ

ェットエアウェイズ(Jet Airways)は、インドの航空会社である。.

新しい!!: インドとジェットエアウェイズ · 続きを見る »

スマトラ島沖地震 (2004年)

2004年スマトラ島沖地震(スマトラとうおきじしん)は、2004年12月26日、インドネシア西部時間07時58分53秒(UTC00時58分)にインドネシア西部、スマトラ島北西沖のインド洋で発生したマグニチュード9.1の地震である。単に「スマトラ島沖地震」といった場合、この地震を指すことが多々ある。.

新しい!!: インドとスマトラ島沖地震 (2004年) · 続きを見る »

スバス・チャンドラ・ボース

バス・チャンドラ・ボース(Subhas Chandra Bose、ベンガル文字:সুভাষচন্দ্র বসু 、1897年1月23日 - 1945年8月18日)は、インドの独立運動家、インド国民会議派議長(1938 - 1939年)、自由インド仮政府国家主席兼インド国民軍最高司令官。民族的出自はベンガル人。ネータージー(指導者、नेताजी, Netāji。ネタージ、ネタジ とも)の敬称で呼ばれる。なおベンガル語の発音は、シュバーシュ・チャンドラ・ボーシューが近い。.

新しい!!: インドとスバス・チャンドラ・ボース · 続きを見る »

スリランカ

リランカ民主社会主義共和国(スリランカみんしゅしゃかいしゅぎきょうわこく)、通称スリランカは、南アジアのインド亜大陸の南東にポーク海峡を隔てて位置する共和制国家。首都はスリジャヤワルダナプラコッテ。 1948年2月4日、イギリスから自治領(英連邦王国)のセイロンとして独立。1972年にはスリランカ共和国に改称し、英連邦内の共和国となり、1978年から現在の国名となった。人口は約2120万(2016年)である。島国で、現在もこの国が占める主たる島をセイロン島と呼ぶ。国名をスリランカに改称したシリマヴォ・バンダラナイケは世界初の女性首相である。また、国民の7割が仏教徒(上座部仏教)である。.

新しい!!: インドとスリランカ · 続きを見る »

スリランカ内戦

リランカ内戦(スリランカないせん)は、1983年から2009年にかけて展開されたスリランカ政府とタミル・イーラム解放のトラ (LTTE) による内戦。スリランカ政府軍がLTTE支配地域を制圧して26年にわたる内戦は終結した。.

新しい!!: インドとスリランカ内戦 · 続きを見る »

スンナ派

ンナ派(アラビア語:(أهل السنة (والجماعة 、ラテン文字転写:Ahl as-Sunnah (wa’l-Jamā‘ah))、あるいはスンニ派(日本では報道などでこちらが一般的に知られる)は、イスラム教(イスラーム)の二大宗派のひとつとされる。他のひとつはシーア派である。イスラームの各宗派間では、最大の勢力、多数派を形成する。.

新しい!!: インドとスンナ派 · 続きを見る »

スンダルバンス国立公園

ンダルバンス国立公園(Sundarbans National Park、সুন্দরবন জাতীয় উদ্যান Shundorbôn Jatio Uddan、सुंदरवन राष्ट्रीय उद्यान、Parc national des Sundarbansスンダルバンスとはベンガル語起源で「スンダリの木」を指し、「美しい森」を意味することばである。)は、インド共和国・西ベンガル州に所在する国立公園。世界最大規模を有するデルタ地帯の一画を占め、数多くの希少種や絶滅危惧種が生息している。1984年にインド政府により国立公園に指定された。.

新しい!!: インドとスンダルバンス国立公園 · 続きを見る »

スーラト

ーラト(સુરત、Surat)は、インド北西部にあるグジャラート州南部の港湾都市である。 2011年現在の人口は446万人。インドでは第8番目に人口が多い都市である。都市的地域の人口は459万人であり、世界第73位、同国では第9位である。スラート、スラト、スーラット、スーラートとも表記する。.

新しい!!: インドとスーラト · 続きを見る »

スパイスジェット

パイスジェット (SpiceJet) は、インドの格安航空会社である。.

新しい!!: インドとスパイスジェット · 続きを見る »

スカルノ

ルノ(Sukarno、旧正書法ではSoekarno、1901年6月6日 - 1970年6月21日)は、インドネシアの植民地時代(オランダ領東インド時代)から民族主義運動、独立運動において大きな足跡を残した政治家である。 Sukarnoでフルネーム。独立宣言後、同国の初代大統領となり、雄弁な演説とカリスマ性によって、大衆の民族意識を鼓舞した。1965年の「9月30日事件」によって失脚した後は不遇の晩年を送ったが、いまなお国民には「ブン・カルノ」(カルノ兄さん)と呼ばれ、国父(建国の父)として敬意をもって愛され続けており、紙幣(最高額面の10万ルピア)に肖像が使われている。.

新しい!!: インドとスカルノ · 続きを見る »

スクーター

ーター(英:Scooter)、はオートバイのうち運転者の足元にあるステップ状のフロアに足を乗せて運転する車種の総称である。.

新しい!!: インドとスクーター · 続きを見る »

スズキ (企業)

株式会社(SUZUKI MOTOR CORPORATION)は、日本の四輪車及び二輪車のメーカーである。 四輪車の世界販売台数は第10位、国内販売台数は第3位、二輪車の世界販売台数は第8位、国内販売台数は第3位、船外機では販売台数世界第3位である。.

新しい!!: インドとスズキ (企業) · 続きを見る »

スタンダードチャータード銀行

タンダードチャータード銀行(スタンダードチャータードぎんこう、Standard Chartered Bank、中国語名は渣打銀行 、英語略称SCB、あるいはStanChart )は、ロンドンに本拠を置き、世界70ヵ国に事業ネットワークを展開する世界的な銀行金融グループである。香港ドル発券銀行の一つ。ジョン・メージャーを輩出した。 同行はFTSE100種総合株価指数の採用銘柄であり、筆頭株主はシンガポール政府系ファンドのテマセク・ホールディングスである。.

新しい!!: インドとスタンダードチャータード銀行 · 続きを見る »

スターリング・ポンド

ターリング・ポンド()は、イギリスの通貨。通貨単位としてのポンドはかつてイギリス連邦諸国で用いられ、エジプトなどでは現在も用いられているが、単にポンドというと通常イギリスのポンドのことを示す。通貨記号は £、国際通貨コード (ISO 4217) は、GBPであるが、STGとも略記する。呼称としてはポンド、スターリングの他に quid が用いられることがある。日本ではイギリス・ポンド、または英ポンドと呼ばれることも多い。.

新しい!!: インドとスターリング・ポンド · 続きを見る »

セレウコス1世

レウコス1世(、紀元前358年 - 紀元前281年)は、セレウコス朝の創始者(在位:紀元前312年 - 紀元前281年)。ニカトール(勝利王)と呼ばれた。.

新しい!!: インドとセレウコス1世 · 続きを見る »

セレウコス朝

レウコス朝(セレウコスちょう、Αυτοκρατορία των Σελευκιδών、紀元前312年 - 紀元前63年)は、アレクサンドロス大王のディアドコイ(後継者)の一人、セレウコス1世ニカトルがオリエント地方に築いた王国。セレウコス帝国またはセレウコス朝シリアと表記されることもある。 はじめメソポタミア(イラク)地方に興り、シリア、アナトリア、イランなどにまたがる広大な領域を支配した。長くアンティオキアを首都とした。.

新しい!!: インドとセレウコス朝 · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: インドとソビエト連邦 · 続きを見る »

ソフトウェア

フトウェア(software)は、コンピューター分野でハードウェア(物理的な機械)と対比される用語で、何らかの処理を行うコンピュータ・プログラムや、更には関連する文書などを指す。ソフトウェアは、一般的にはワープロソフトなど特定の作業や業務を目的としたアプリケーションソフトウェア(応用ソフトウェア、アプリ)と、ハードウェアの管理や基本的な処理をアプリケーションソフトウェアやユーザーに提供するオペレーティングシステム (OS) などのシステムソフトウェアに分類される。.

新しい!!: インドとソフトウェア · 続きを見る »

ゾロアスター教

ゾロアスター教(ゾロアスターきょう、 、、、中国語:祆教(けんきょう・シェンジャオ/xiān jiào))は、古代ペルシアを起源の地とする善悪二元論的な宗教である。『アヴェスター』を根本経典とする。.

新しい!!: インドとゾロアスター教 · 続きを見る »

タミル人

植民地時代(1945年ごろ)におけるタミル人バラモンの夫妻、チェンナイ Thillai Nataraja Temple, Chidambaram。タミルの王達は芸術のパトロンとなり、多くの寺院を建てた タミル人(英語:Tamil、タミル語:தமிழர்)は、主に南インドのタミル・ナードゥ州やスリランカの北部・東部に住み、タミル語を話すドラヴィダ系民族。.

新しい!!: インドとタミル人 · 続きを見る »

タミル・ナードゥ州

タミル・ナードゥ州(தமிழ்நாடு tamiḻnāṭu、Tamil Nadu)は、インド共和国の東部にある州の一つ。同国の最南部の東側に位置し、主にタミル語が話されている地域を含む州である。ポンディシェリ連邦直轄地域(プドゥッチェーリ連邦直轄地とも)、ケーララ州、アーンドラ・プラデーシュ州、カルナータカ州に隣接し、南東側にはポーク海峡とマンナール湾を挟んでスリランカ民主社会主義共和国がある。面積 13 万km2、人口 6,211 万人(2001年の国勢調査による)。州都はチェンナイ(旧マドラス)。.

新しい!!: インドとタミル・ナードゥ州 · 続きを見る »

タミル・イーラム解放のトラ

タミル・イーラム解放のトラ(タミル・イーラムかいほうのトラ、, tamiḻ iiḻa viṭutalaip pulikaḷ、, LTTE)は、かつてスリランカで武装闘争を行っていたタミル人のテロ組織である。タミル・タイガーとも表記される。 「イーラム」はスリランカを意味するタミル語で、トラは獅子(シンハ)つまりライオンの子孫を意味するシンハラ族に対抗するものであり、かつて南インドに強勢を誇ったタミル族の王朝・チョーラ朝の紋章でもあった。.

新しい!!: インドとタミル・イーラム解放のトラ · 続きを見る »

タミル語

タミル語(タミルご、தமிழ் )は、ドラヴィダ語族に属する言語で、南インドのタミル人の言語である。同じドラヴィダ語族に属するマラヤーラム語ときわめて近い類縁関係の言語だが、後者がサンスクリットからの膨大な借用語を持つのに対し、タミル語にはそれが(比較的)少ないため、主に語彙の面で隔離されており意思疎通は容易でない。インドではタミル・ナードゥ州の公用語であり、また連邦レベルでも憲法の第8付則に定められた22の指定言語のひとつであるほか、スリランカとシンガポールでは国の公用語の一つにもなっている。世界で18番目に多い7400万人の話者人口を持つ。1998年に大ヒットした映画『ムトゥ 踊るマハラジャ』で日本でも一躍注目された言語である。 「タミール語」と呼称・表記されることもあるが、タミル語は母音の長短を区別する言語であり、かつ の i は明白な短母音である。そのため、原語の発音に忠実にという原則からすれば明らかに誤った表記といえる。タミル()という名称は、ドラミラ (ドラヴィダ Dravida)の変化した形という説もある。 という単語自体は sweetness という意味を持つ。 なお、ドラヴィダとは中世にサンスクリットで南方の諸民族を総称した語で、彼らの自称ではなく、ドラヴィダ語族を確立したイギリス人宣教師ロバート・コールドウェルによる再命名である。.

新しい!!: インドとタミル語 · 続きを見る »

タラションコル・ボンドパッダエ

タラションコル・ボンドパッダエ(ベンガル語: তারাশঙ্কর বন্দ্যোপাধ্যায়、1898年7月24日 - 1971年9月14日)は、インドの作家。ベンガル語で創作し、ベンガル文学の著名な小説家である。.

新しい!!: インドとタラションコル・ボンドパッダエ · 続きを見る »

タルマヌガラ王国

タルマヌガラ王国(タルマヌガラおうこく、Kerajaan Tarumanagara)は、インドネシア、ジャワ島西部のボゴール付近に5世紀初頭頃に栄えたヒンドゥー王国。タルマ国(タールマ国)とも呼ばれる。スンダ海峡の東岸に位置しているので、その交通路を支配してその交易の利によって繁栄したと推定される。国名の由来は、藍を意味するタルムという説と西部ジャワ地方を流れる川チタルム(チは、スンダ語で「水」、「川」の意。タルム川)の名前と関連するという説がある。.

新しい!!: インドとタルマヌガラ王国 · 続きを見る »

タンザニア

タンザニア連合共和国(タンザニアれんごうきょうわこく)、通称タンザニアは、東アフリカに位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。ケニア、ウガンダ、ルワンダ、ブルンジ、ザンビア、マラウイ、モザンビークと国境を接し、タンガニーカ湖対岸にはコンゴ民主共和国があり、またインド洋に面する。1996年に立法府の議事堂が法律上の新首都ドドマに移転されたが、その他の政府官庁は旧首都ダルエスサラームにある。 東アフリカ大陸部のタンガニーカとインド洋島嶼部のザンジバルから構成され、ザンジバルは中央政府から強い自治権を確保したザンジバル革命政府によって統治されている。また、アフリカでも有数の大自然に恵まれ、文化的にもスワヒリ語を国語とし、アフリカ在来の言語が大きな役割を果たしている数少ない国家である。.

新しい!!: インドとタンザニア · 続きを見る »

ターネー

ターネー(ठाणे, Thane)は、インドのマハーラーシュトラ州の都市である。面積147平方キロメートル、人口126万人。ムンバイーの衛星都市として発展してきた。 かつて植民地時代につけられた英語名称「Thana」も最近までは多く使用されていたが、近年インド各地で起きている地名の正式名称を現地語でのそれへ変更しようという風潮のなか、現在では現地マラーティー語の名称が使用されている。日本語での「ターナ」というのは上述の旧名に基づいた表記。なお「"サ"ーネー」のように「TH」の綴り部分を英語風の無声歯摩擦音として読んだり表記するのは明確な誤りである。 1853年に ボンベイ~ターナ(どちらも当時の名称)間にインド初の鉄道が開通している。.

新しい!!: インドとターネー · 続きを見る »

ターリバーン

ターリバーン(طالبان、Tālibān、Taliban)は、パキスタンとアフガニスタンで活動するイスラム主義組織。ムハンマド・オマルが創設し、1996年から2001年11月頃までアフガニスタンの大部分を実効支配し、アフガニスタン・イスラーム首長国(ターリバーン政権)を樹立した(国際的には一部国家を除いて承認されず)。日本語メディアでは通常タリバン(またはタリバーン)と表記される。 2016年5月にハイバトゥラー・アクンザダが第3代最高指導者に就任した。.

新しい!!: インドとターリバーン · 続きを見る »

ターリー

ターリー(ヒンディー語/ネパール語:, タミル語:தட்டு; 「大皿」の意)は、インド、ベンガル地方、ネパールの代表的な料理の提供形態である。 ターリーはいくつかの料理が組み合わされ、大皿にまとめられて提供される。つまり南アジア・スタイルのコース料理や定食と考えることができる。「ターリー(Thaali)」は大皿を意味する語でもある。日本語文献の中には「盆皿」を意味すると記載する文献もある。 インドには、しっかりとした食事には6つの味覚の料理がバランスよく含まれていなければならないという考え方が根付いており、ターリーはそれを反映したものになっている。6つの味覚とは甘み、しょっぱさ、苦み、すっぱさ、渋み、辛さの6つである。.

新しい!!: インドとターリー · 続きを見る »

ターリコータの戦い

ターリコータの戦い(Battle of Talikota)とは、1565年1月に行われた南インドのヴィジャヤナガル王国とデカンのデカン・スルターン朝(ムスリム5王国)との戦闘。ヴィジャヤナガル王国の衰退につながる戦いで、インドにおける重要な戦いでもある。.

新しい!!: インドとターリコータの戦い · 続きを見る »

タール砂漠

タール砂漠 (Thar Desert)(大インド砂漠 Great Indian Dessertともいう)は、インド・ラージャスターン州、パキスタン東部にある砂漠で、インダス川が砂漠の西方を流れ、流域はインダス文明が栄えた。アラビア海との間にカッチ大湿地がある。砂漠は南北650km、東西360km、面積は約200,000km2。年間降水量は250mm以下。点在するオアシスにジョードプル、ビーカーネール、ジャイサルメールなどのオアシス都市が発展している。 砂漠で唯一の川であるルニ川が南東部を流れカッチ大湿地に注ぐ。砂漠の灌漑可能な箇所には、総延長600kmにも及ぶインディラ・ガンディー運河(en:Indira Gandhi Canal)が流れ、運河付近では灌漑農業がされているが、水位上昇・塩分増加・農地水没といった影響も出ている。 ラージャスターン州は1970年代から石油の採掘が始まり、インド陸上の大産油地になっている。.

新しい!!: インドとタール砂漠 · 続きを見る »

タージ・マハル

タージ・マハル(ताज महल, تاج محل, Taj Mahal)は、インド北部アーグラにある、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に死去した愛妃ムムターズ・マハルのため建設した総大理石の墓廟。インド・イスラーム文化の代表的建築である。.

新しい!!: インドとタージ・マハル · 続きを見る »

タイガー・ジェット・シン

タイガー・ジェット・シン(Tiger Jeet Singh、本名:Jagjit Singh Hans、1944年4月3日 - )は、インド・パンジャーブ州ルディヤーナー出身のプロレスラー、実業家。スペリングの通り、より原音に近いリングネームの表記はタイガー・ジート・シン。シク教徒。.

新しい!!: インドとタイガー・ジェット・シン · 続きを見る »

タギー

タギー(ヒンディー語 ठग्गी ṭhagī)は、かつてインドに存在した暗殺集団である。ヒンドゥー教の死の女神カーリーへの供物として殺害を行った。 英語ではサギー(thuggee)あるいは短縮してサグ(thug)。現代英語では thug は犯罪者の一般名詞でもある。.

新しい!!: インドとタギー · 続きを見る »

タタ・モーターズ

タタ・モーターズ(英語:Tata Motors Limited)は、インドのマハーラーシュトラ州ムンバイに本社を置く自動車会社である。タタ・グループを構成する主要企業のひとつであり、インド国内のほか、タイ王国、アルゼンチン、南アフリカに生産拠点がある。 イギリスのジャガーランドローバー(ジャガーとランドローバー)、韓国のタタ大宇、スペインのタタ・イスパノなどを傘下に擁し、またフィアット、カミンズ、マルコポーロなどの企業と合弁事業を行なっている。.

新しい!!: インドとタタ・モーターズ · 続きを見る »

タタ・グループ

ナノ Tata Global Beverages タタ・グループ(Tata Group、टाटा、タタ財閥とも)は、インド西部、マハーラーシュトラ州の州都ムンバイを拠点とするインドの企業グループである。 ビルラ、リライアンスと並び、インド3大財閥(インドの財閥も参照)のひとつであり、サブグループに分かれていない単一の財閥としてはインド最大である。インドにおける産業や商業に幅広く関与しており、ほとんどの領域で上位の勢力になっている。現在、会長職は元会長のラタン・タタが暫定的に務めている。 構成企業100社以上。車(タタ・モーターズ)、鉄(タタ製鉄)、IT、電力で売り上げの8割を占める。.

新しい!!: インドとタタ・グループ · 続きを見る »

サンスクリット

Bhujimolという書体を使って書かれており、椰子の葉からできている (貝葉)。 サンスクリット(संस्कृत、saṃskṛta、Sanskrit)は、古代インド・アーリア語に属する言語。インドなど南アジアおよび東南アジアにおいて用いられた古代語。文学、哲学、学術、宗教などの分野で広く用いられた。ヒンドゥー教、仏教、シーク教、ジャイナ教の礼拝用言語でもあり、現在もその権威は大きく、母語話者は少ないが、現代インドの22の公用語の1つである。 サンスクリットは「完成された・洗練された(言語、雅語)」を意味する。言語であることを示すべく日本ではサンスクリット語とも呼ばれる。 漢字表記の梵語(ぼんご)は、中国や日本でのサンスクリットの異称。日本では近代以前から、般若心経など、サンスクリットの原文を漢字で翻訳したものなどを通して、梵語という言葉は使われてきた。梵語は、サンスクリットの起源を造物神ブラフマン(梵天)とするインドの伝承を基にした言葉である。.

新しい!!: インドとサンスクリット · 続きを見る »

サンタル語

ンタル語はオーストロアジア語族のムンダ語派に属する言語である。 インド憲法の第8付則言語の一つである。 サンタリ語、サンターリー語とも表記する。 インドのジャールカンド州、アッサム州、ビハール州、オリッサ州、トリプラ州、西ベンガル州に、またバングラデシュ、ネパール、ブータンに話者がいる。.

新しい!!: インドとサンタル語 · 続きを見る »

サーンチー

ーンチー(Sanchi、साञ्ची Sāñcī)は、インドの中部にあるマディヤ・プラデーシュ州、ラーイセーン県の丘陵の村である。 大乗仏教遺跡があり、仏塔・寺院などが多く存在する。1989年にそれらは世界遺産に登録された。.

新しい!!: インドとサーンチー · 続きを見る »

サービス

ービス(service)あるいは用役(ようえき)は、経済用語において、売買した後にモノが残らず、効用や満足などを提供する、形のない財のことである。第三次産業が取り扱う商品である。.

新しい!!: インドとサービス · 続きを見る »

サータヴァーハナ朝

ータヴァーハナ朝(Sātavāhana、紀元前3世紀/紀元前1世紀? - 後3世紀初頭)は、古代インドの王朝である。プラーナ文献では、アーンドラ朝とよばれる。サータヴァーハナが王家名で、アーンドラが族名である。デカン高原を中心とした中央インドの広い範囲を統治した。パックス・ロマーナ期のローマ帝国と盛んに海上交易を行い、商業が発達した。この時期の遺跡からは、ローマの貨幣が出土することで有名である。王たちは、バラモン教を信仰したが、仏教やジャイナ教も発展した。.

新しい!!: インドとサータヴァーハナ朝 · 続きを見る »

サッカー

ッカー(soccer, football)は、丸い球体を用いて1チーム11人の2チーム間で行われるスポーツ競技のひとつである。アソシエーション・フットボール(association football; 協会式フットボールの意)ないしはアソシエーション式フットボール日本語ではこれを略して「ア式蹴球(あしきしゅうきゅう)」とも呼ぶことがある。とも呼ばれる。他のフットボールと比較して、手の使用が極端に制限されるという、大きな特徴がある。蹴球ともいう。 現在サッカーは、200を越える国と地域で、2億5千万人を超える選手達によってプレーされており、4年に一度行われるFIFAワールドカップのテレビ視聴者数は全世界で300億人を超えており、世界で最も人気のあるスポーツといえる。試合は、それぞれの短い方の端の中央にゴールがある長方形の芝生あるいは人工芝のフィールドでプレーされる。試合の目的は、相手ゴールにボールを入れ得点することである。 スポーツ文化としてのサッカーについては、サッカー文化を参照。.

新しい!!: インドとサッカー · 続きを見る »

サッカーインド代表

ッカーインド代表は、インドサッカー連盟(AIFF)によって編成されるサッカーのナショナルチームである。2017年10月現在FIFAランキング105位に位置する。FIFAワールドカップ本大会出場は叶っていない。.

新しい!!: インドとサッカーインド代表 · 続きを見る »

サティヤーグラハ

ティヤーグラハ(; satyāgraha)は、あるいはのひとつの形であり思想である。「サティヤ」はサンスクリット語で「真理」を意味し、「アーグラハ」は「主張・要求」を意味する。サンスクリットの「グラハ」は日本語で「把握」「保持」の意味になるので、多くの参考文献で「真理の把握」「真理の保持」と訳されているが、正しくは「真理の主張」「真理の要求」となる。サティヤ(सत्य)とアーグラハの(आग्रह)組み合わせでサティヤーグラハの発音となる。「サティヤーグラハ」はマハトマ・ガンディー(1869年 - 1948年)によってつくられた言葉であり、その思想は彼のもとで発展した。彼はサティヤーグラハを南アフリカ共和国でのインド人の権利のための闘争の中で、そしての中で展開した。その後この思想は1954年から1968年にかけてアメリカで盛り上がったアフリカ系アメリカ人公民権運動にて、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアやの活動にも影響を与え、さらにはその他多く大衆運動に影響を与えた。サティヤーグラハを実践するものは「サティヤーグラヒ」と呼ばれる。.

新しい!!: インドとサティヤーグラハ · 続きを見る »

サフラン

フラン(Crocus sativus、saffraan、saffron、safran)は、 西南アジア原産で、最初に栽培されたのがギリシアとされる、アヤメ科の多年草およびそのめしべを乾燥させた香辛料をさす。地中海の島で発掘された壁画によると、青銅器時代から栽培されたと考えられる。.

新しい!!: インドとサフラン · 続きを見る »

サタジット・レイ

タジット・レイ(ベンガル語:সত্যজিৎ রায়, ヒンディー語:सत्यजीत राय, 英語:Satyajit Ray, 1921年5月2日 - 1992年4月23日)はインドの映像作家。彼は映画界における巨匠の一人に挙げられる。映画制作以外にも、築き上げた彼独特の文体で執筆された小説や、カリグラフィーなど広告媒体の制作でも知られる。 サタジットはコルカタ市の、世界的に有名なベンガル人芸術・文学一家に生まれた。彼の経歴は広告媒体の制作から始まり、ロンドン滞在時にフランス人映像作家のジャン・ルノワールと出逢い、またイタリア人ネオレアリズモのヴィットリオ・デ・シーカの『自転車泥棒』を見たことから、自主映画の製作に身を投じた。 サタジットが制作した映画はドキュメンタリーや短編映画も含めて37本ある。彼はまたフィクションの作家、出版者、イラストレーター、グラフィックデザイナー、そして映画評論も行った。1955年に公開されたレイ初の映画『』は、国際的な賞を11個授かり、その中にはカンヌ国際映画祭のBest Human Documentaryもある。この作品と、1956年の『』、1959年の『』の3作は「」と呼ばれる。 サタジットは脚本、キャスティング、映画音楽、編集から、制作した映画のクレジット・タイトルや広告のデザインまでも手がけた。彼は生涯において、インドの第32回ナショナル・フィルム・アワードや国際的な映画祭や式典でのものを含む数々の賞を受け、1992年にはアカデミー名誉賞を授かった。同年、インド政府はレイにを贈呈した。.

新しい!!: インドとサタジット・レイ · 続きを見る »

哲学

哲学(てつがく、Φιλοσοφία、philosophia、philosophy、philosophie、Philosophie)は、語義的には「愛智」を意味する学問的活動である。日本語辞典の広辞苑では、次のように説明している。 観念論的な形而上学に対して、唯物論的な形而上学もある。諸科学が分化独立した現在では、哲学は学問とされることが多いが、科学とされる場合哲学は「自然および社会,人間の思考,その知識獲得の過程にかんする一般的法則を研究する科学」である。出典は、青木書店『哲学事典』。もある。.

新しい!!: インドと哲学 · 続きを見る »

唐(とう、、618年 - 907年)は、中国の王朝である。李淵が隋を滅ぼして建国した。7世紀の最盛期には、中央アジアの砂漠地帯も支配する大帝国で、中央アジアや、東南アジア、北東アジア諸国、例えば朝鮮半島や渤海、日本などに、政制・文化などの面で多大な影響を与えた世界帝国である。日本の場合は遣唐使などを送り、894年(寛平6年)に菅原道真の意見でその回の遣唐使を中止し、結果としてそれ以降遣唐使は送られず、それまでは積極的な交流をしていた。首都は長安に置かれた。 690年に唐王朝は廃されて武周王朝が建てられたが、705年に武則天が失脚して唐が復活したことにより、この時代も唐の歴史に含めて叙述することが通例である。 日本では唐の滅亡後も唐、唐土の語はそれ以降の王朝、さらには外国全般を漠然と指す語として用いられた。しかし、天竺同様昔の呼称のため、正確に対応するわけではない。詳しくは中国を参照のこと。.

新しい!!: インドと唐 · 続きを見る »

再生可能エネルギー

住宅用太陽光発電設備 柳津西山地熱発電所(日本) 再生可能エネルギー(さいせいかのうエネルギー、renewable energy)は、広義には、太陽・地球物理学的・生物学的な源に由来し、自然界によって利用する以上の速度で補充されるエネルギー全般を指す。狭義には、多彩な利用形態のうちの一部を指す(#定義節を参照)。 太陽光、風力、波力・潮力、流水・潮汐、地熱、バイオマス等、自然の力で定常的(もしくは反復的)に補充されるエネルギー資源より導かれ、発電、給湯、冷暖房、輸送、燃料等、エネルギー需要形態全般にわたって用いる。電力系統はスマートグリッドが主流となりつつある。 有限な地下資源・枯渇性資源の欠乏・価格高騰や地球温暖化を防止する目的だけでなく、「新たな利点を有するエネルギー源等」として近年利用が増加している、2010年時点では世界の新設発電所の約1/3(大規模水力を除く)を占める再生可能エネルギーの割合を増やし、資源が偏在する化石燃料への依存を減らす事は安全保障の観点からも望ましい。。年間投資額は2110億ドルに達している(右図及び#利用状況と見通しを参照)。スマートグリッド事業が呼び水となっている。.

新しい!!: インドと再生可能エネルギー · 続きを見る »

冬至

冬至(とうじ、winter solstice)は、二十四節気の第22。北半球ではこの日が一年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が短い。十一月中(旧暦11月内)。 現在広まっている定気法では太陽黄経が270度のときで12月22日ごろ。恒気法は節気を冬至からの経過日数で定義するが、基点となる冬至は定気と同じ定義である。定気と恒気で一致する唯一の節気である。暦ではそれが起こる日を冬至とするが、天文学においては、太陽黄経が270度となる瞬間を「冬至」と定義している。この場合、冬至の瞬間を含む日を冬至日(とうじび)と呼ぶ。 期間としての意味もあり、この日から、次の節気の小寒前日までである。 西洋占星術では、冬至を磨羯宮(やぎ座)の始まりとする。.

新しい!!: インドと冬至 · 続きを見る »

冷戦

ワルシャワ条約 (WT) 加盟国朱色.

新しい!!: インドと冷戦 · 続きを見る »

内閣

内閣(ないかく)は、イギリスや日本などの議院内閣制の国家において、国の行政権を担当する合議体の執行機関である。なお、「内閣」は "Cabinet" の訳にあてられるが、行政権を担わない場合には大統領顧問団と訳される場合もある(#概説を参照)。.

新しい!!: インドと内閣 · 続きを見る »

内閣総理大臣

内閣総理大臣(ないかくそうりだいじん、prime minister of Japan)とは、日本国において行政権の属する内閣の首長たる国務大臣である(憲法第66条1項)。したがって、日本国における政府の長である。文民(憲法第66条2項)かつ国会議員の中から国会の議決で指名され(憲法第67条)、これに基いて天皇によって任命される(憲法第6条)。略称は総理大臣ないしは総理。一般的には首相、またはまれに宰相とも言う。現任は安倍晋三。.

新しい!!: インドと内閣総理大臣 · 続きを見る »

商工業

記載なし。

新しい!!: インドと商工業 · 続きを見る »

入学

入学(にゅうがく)とは、学校に入ること。幼稚園に入ることは入園(にゅうえん)という。対義語は退学・卒業など。.

新しい!!: インドと入学 · 続きを見る »

全インド・ムスリム連盟

全インド・ムスリム連盟()は、インドの政党。回教徒連盟とも称される。アーガー・ハーン3世が設立に関わった。後にインド国民会議と対立しパキスタンを建国、一党独裁体制を敷いた。1958年のクーデターで活動を停止し、その後党は改変され、パキスタン・ムスリム連盟に引き継がれている。.

新しい!!: インドと全インド・ムスリム連盟 · 続きを見る »

公用語

公用語(こうようご)とは、国、州など、ある集団・共同体内の公の場において用いることを公式に規定した言語を指す。その集団が有する公的機関には義務が課され、公的情報を発信する際等には公用語を用いなければならない。「公共言語」というように間違えないよう注意。 ある国において公用語として複数の言語が定められた場合には、その全ての言語を用いて公的情報を国民へ伝えなければならない。従ってこの場合、国家(あるいは集団)の公的機関は、全ての公用語を併記し通訳して伝えることになる。これによって、指定された複数の言語のうちどれか一つの言語だけを理解する国民(や構成員)に対しても不利益を生じさせないという原則が守られる。 一言語集団が大多数を占める国家や圧倒的に強い力を持っている国家の場合、公用語を法律で定めていない場合もある。.

新しい!!: インドと公用語 · 続きを見る »

共和制

共和政(きょうわせい、republic)は、人民または人民の大部分が統治上の最高決定権を持つ政体で、政体のとる制度を共和制(きょうわせい、republic)という 。現代の一般的な定義では、「君主ではない元首を持っている政体」「君主制ではない政体」である。 共和制では政府の大半の意思決定が元首の裁量によらず制定法を参照して行われることから、現在では君主制は共和制では無いとされる場合が多い。.

新しい!!: インドと共和制 · 続きを見る »

共和国記念日 (インド)

インドの共和国記念日(きょうわこくきねんび)は、インドの祝日で、1月26日。1950年1月26日にインド憲法が発布され、共和国となったことを記念する日である。.

新しい!!: インドと共和国記念日 (インド) · 続きを見る »

共通語

共通語(きょうつうご)とは、ある地域や集団間で共通に用いられる言語をいう。.

新しい!!: インドと共通語 · 続きを見る »

元首

元首(げんしゅ)または国家元首(こっかげんしゅ、dux civitatis、chef d’État、head of state)とは、.

新しい!!: インドと元首 · 続きを見る »

前期チャールキヤ朝

バーダーミのチャールキヤ朝(- ちょう、Badami Chalukya dynasty)とは、6世紀中頃から8世紀中頃に、インドのデカン地方、南インドを支配したヒンドゥー王朝(543年頃 - 753年)。.

新しい!!: インドと前期チャールキヤ朝 · 続きを見る »

勇気

勇気(ゆうき、ἀνδρεία, fortia, courage)とは、普通の人が、恐怖、不安、躊躇、あるいは恥ずかしいなどと感じる事を恐れずに(自分の信念を貫き)向かっていく積極的で強い心意気のこと。勇ましい強い心をいう。語義解によれば、いさむ(強)にはつよい、悪い、乱暴の意を含む。 類義語に「勇猛」、「勇敢」「勇壮(雄壮)」「剛勇」等があり、勇気を使った四字熟語では「勇気百倍」、「勇気凛々」等がある。又、強く、雄々しいイメージから男子の名前に好んでつけられる。 相手を励まし、勇気を与える事を勇気づけるという(勇気をもらうは誤用)。又、勇を鼓(こ)すというと、勇気を奮い起こす意になる。 徳目の一つとして、古代ギリシアなどでは重視された。.

新しい!!: インドと勇気 · 続きを見る »

動乱

動乱(どうらん)は、社会情勢が動揺し混乱する事態を指す。.

新しい!!: インドと動乱 · 続きを見る »

国名の漢字表記一覧

国名の漢字表記一覧(こくめいのかんじひょうきいちらん)では、世界の国名を日本語における漢字表記と中国語における漢字表記で対照させた表を掲載し、簡単に解説する。.

新しい!!: インドと国名の漢字表記一覧 · 続きを見る »

国境

国境.

新しい!!: インドと国境 · 続きを見る »

国境警備部隊

国境警備部隊(こっきょうけいびぶたい、ドイツ語:Grenzschutzabteilung、略称:GSA)は、ドイツ連邦国境警備隊における部隊編制単位。約600人の規模で構成され、ドイツ連邦軍の大隊に相当した。1990年に連邦国境警備隊は解隊され、いくつかの国境警備部隊は国境警備群に集約された。警官中隊(Hundertschaften、百人隊)は部隊の隷下におかれていた。 国境警備部隊には次のような部隊があった。訓練国境警備部隊(GSA A)、訓練・出動国境警備部隊(GSA A/E)、建設国境警備部隊(GSA B)が1950年代に編成された。1975年から同じ省略形に属するボン国境警備部隊と技術国境警備部隊(GSA T)が編成されている。 Category:ドイツの警察.

新しい!!: インドと国境警備部隊 · 続きを見る »

国家

国家(こっか)とは、国境線で区切られた国の領土に成立する政治組織で、その地域に居住する人々に対して統治機構を備えるものである。領域と人民に対して、排他的な統治権を有する(生殺与奪の権利を独占する)政治団体もしくは政治的共同体である。 政治機能により異なる利害を調整し、社会の秩序と安定を維持していくことを目的にし社会の組織化をする。またその地域の住民は国家組織から国民あるいは公民と定義される。.

新しい!!: インドと国家 · 続きを見る »

国交

国交(こっこう)とは、二国間の外交関係のこと。国交は、互いの国が相手国を主権国家と認める国家承認を前提として行なわれ、 大使(特命全権大使)を長とする外交使節団の交換を伴うのが通常である。外交使節団は相手国(複数の国家を担当する場合はそのいずれか)に大使館を設置し、外交活動や自国民の保護などの業務を行う。.

新しい!!: インドと国交 · 続きを見る »

国会議事堂

国会議事堂(こっかいぎじどう)は、国会が開催される建物。現在の建物は1936年(昭和11年)に帝国議会議事堂として建設された。東京都千代田区永田町一丁目にある。建物は左右対称形を成しており、正面に向かって左側に衆議院、右側に参議院が配置されている。.

新しい!!: インドと国会議事堂 · 続きを見る »

国内総生産

国内総生産(こくないそうせいさん、英:Gross Domestic Product、GDP)は、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことである。.

新しい!!: インドと国内総生産 · 続きを見る »

国獣

国獣とは、その国を代表・象徴する動物である。ここでは鳥類や魚類や蝶も含んで記述する。.

新しい!!: インドと国獣 · 続きを見る »

国花

日本を代表する花、桜 国花(こっか、Floral emblem)とは、その国民に最も愛好され、その国の象徴とされる花である。.

新しい!!: インドと国花 · 続きを見る »

国際原子力機関

国際原子力機関(こくさいげんしりょくきかん、International Atomic Energy Agency、略称:IAEA)は、国際連合傘下の自治機関である。 本部はオーストリアのウィーンにある。またトロントと東京の2ヶ所に地域事務所と、ニューヨークとジュネーヴに連絡室がある。.

新しい!!: インドと国際原子力機関 · 続きを見る »

国際収支統計

国際収支統計(こくさいしゅうしとうけい、balance of payments)とは、一定期間における国やそれに準ずる地域の対外経済取引(財とサービスおよび所得の取引・対外資産・負債の増減に関する取引・移転取引)の統計である。同統計は、世界のほとんどの国や地域において、国際連合の国際通貨基金(IMF)が策定した国際収支マニュアル(BPM)にのっとって作成されており、各国の状況を比較できる。 日本においては、同統計は、2013年までは1993年公表の第5版(BPM5)に準拠していたが、2014年より2008年公表の第6版(BPM6)に準拠しており、財務省国際局為替市場課および日本銀行国際局国際収支課によって作成される。.

新しい!!: インドと国際収支統計 · 続きを見る »

国際通貨基金

国際通貨基金(こくさいつうかききん、)は、国際金融、並びに、為替相場の安定化を目的として設立された国際連合の専門機関である。国際通貨基金(IMF)の本部は、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.に位置する。2018年現在、国際通貨基金(IMF)の加盟国は、189か国である。 加盟国の経常収支が著しく悪化した場合などに融資などを実施することで、国際貿易の促進、加盟国の高水準の雇用と国民所得の増大、為替の安定、などに寄与する事を目的としている。 また、為替相場の安定のために、経常収支が悪化した国への融資や、為替相場と各国の為替政策の監視などを行っている。各国の中央銀行の取りまとめ役のような役割を負う。世界銀行と共に、国際金融秩序の根幹を成す。.

新しい!!: インドと国際通貨基金 · 続きを見る »

国際連合

国際連合(こくさいれんごう、United Nations、联合国、聯合國、Organisation des Nations unies、略称は国連(こくれん)、UN、ONU)は、国際連合憲章の下、1945年に設立された国際機関である。 第二次世界大戦を防げなかった国際連盟の反省を踏まえ、1945年10月24日、51ヵ国の加盟国で設立された。主たる活動目的は、国際平和と安全の維持(安全保障)、経済・社会・文化などに関する国際協力の実現である。 英語表記の「United Nations」は、第二次世界大戦中の枢軸国に対していた連合国が自陣営を指す言葉として使用していたものが継続使用されたものであるが、日本語においては誤訳され「国際連合」と呼ばれる。 2017年5月現在の加盟国は193か国であり、現在国際社会に存在する国際組織の中では、敵国条項が存在するなど第二次世界大戦の戦勝国の色が強いものの、最も広範・一般的な権限と、普遍性を有する組織である。.

新しい!!: インドと国際連合 · 続きを見る »

国際連合教育科学文化機関

フランス、パリのユネスコ本部庁舎と平和の庭園(日本庭園) 日本ユネスコ国内委員会が入居する東京都の霞が関コモンゲート東館(右側) 国際連合教育科学文化機関(こくさいれんごうきょういくかがくぶんかきかん、Organisation des Nations unies pour l'éducation, la science et la culture、United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization, UNESCO ユネスコ)は、国際連合の経済社会理事会の下におかれた、教育、科学、文化の発展と推進を目的とした専門機関である。 1945年11月に44カ国の代表が集い、イギリス・ロンドンで開催された国連会議 "United Nations Conference for the establishment of an educational and cultural organization" (ECO/CONF)において11月16日に採択された 「国際連合教育科学文化機関憲章」(ユネスコ憲章)に基づいて1946年11月4日に設立された。 分担金(2016年現在)の最大の拠出国はアメリカ合衆国(22%)、2位は日本(9%)である(米国は拠出金支払いを全額停止しているため、実質的に最大の拠出国は日本であるなおアメリカは2018年12月31日付でのユネスコ脱退を表明している。)。.

新しい!!: インドと国際連合教育科学文化機関 · 続きを見る »

国際政治学

国際政治学(こくさいせいじがく、international politics)とは、国民国家の概念を超えた国際社会における主権国家の政策決定、安全保障、戦争と平和などの政治を検討する学問。第二次世界大戦後のアメリカ合衆国の影響で広まっていったとされる。国際関係論と同一視する見方もあるが、国際関係論が経済学、社会学、歴史学、地域研究などの研究成果を踏まえ国際関係全体を学際的に研究する分野であることを考えれば、国際政治学は政治学における一分野として考えるべきであろう(例えば中嶋・後掲書25頁、百瀬・後掲書279頁参照のこと)。.

新しい!!: インドと国際政治学 · 続きを見る »

国鳥

日本の国鳥であるキジ 国鳥(こくちょう)とは、その国を代表・象徴する鳥である。.

新しい!!: インドと国鳥 · 続きを見る »

国民

国民(こくみん)とは、国に属する個々の人間を指す場合と、国に対応する人間集団をまとめて指す場合とがある。共産主義的なニュアンスを嫌うなどの理由で人民の言い換えとして用いられることも多いが、外国人を含むかどうかなど意味合いも変わるため、「国民」ではなく「人々」などと言い換える場合もある。.

新しい!!: インドと国民 · 続きを見る »

国民食

国民食(こくみんしょく)とは、世代や地域、性別などに影響されることなく大衆に親しまれている食品、または料理を指す用語。 吉田ルイ子『ハーレムの熱い日々』より。 同様の例は各国にみられ、日本においては被差別部落に伝えられるさいぼしやあぶらかすなどがこの意味におけるソウルフードに該当する。.

新しい!!: インドと国民食 · 続きを見る »

国有財産

国有財産(こくゆうざいさん)は、国家が所有する財産である。私有財産または公有財産を国有財産とすることを国有化という。.

新しい!!: インドと国有財産 · 続きを見る »

BBCニュース

BBC News and Current Affairs(ビービーシー ニューズ、略称:BBC NCA)は、イギリスBBC(英国放送協会)が制作する報道番組の総称である。概ね「BBC NEWS」という表題で放送する。 あるいは、そのニュース制作部門そのものを指す。.

新しい!!: インドとBBCニュース · 続きを見る »

BRICs

BRICs(ブリックス、Brazil, Russia, India and China)は、2000年代以降著しい経済発展を遂げているブラジル、ロシア、インド、中国の4ヶ国の総称。BRIC(ブリック)とも呼ばれる。投資銀行ゴールドマン・サックスのエコノミストであるジム・オニールによって書かれた2001年11月30日の投資家向けレポート『Building Better Global Economic BRICs』で初めて用いられ、世界中に広まったなお、 日経テクノロジーオンラインのように、同じくゴールドマン・サックスの2003年10月1日の投資家向けレポート『』(Goldman Sachs, Global Economics Paper No:99)で初めて用いられたとするものもあるが、時系列的にオニールのレポートが先である。。 また、BRICs4ヶ国(ブラジル、ロシア、インド、中国)に南アフリカ共和国を加えた5ヶ国は、BRICSと総称される。(BRICsの小文字のsは複数国の意味) BRICs4ヶ国は、2009年6月16日にロシアのエカテリンブルクで初めての首脳会議を開催した。2011年4月13日に中国の北京で行われた首脳会議には南アフリカ共和国が初めて参加し、首脳会議の正式名称をに変更した。 ブラジルのフォルタレザで開かれた第5回BRICSサミットの初日にあたる2014年7月15日、1000億ドルの資本金を持つ新開発銀行の設立と、同じく1000億ドルにのぼる外貨準備基金の設立を記した、長らく待ち望まれた文書に新興国の首脳らは署名した。.

新しい!!: インドとBRICs · 続きを見る »

BTグループ

BTグループ(BT Group plc)は、イギリス・ロンドンに本社を置く大手電気通信事業者。イギリスにおける最大手の固定電話事業者及びインターネット・プロバイダーであり、世界でも最大規模の通信事業者のひとつである。現在170ヵ国以上で事業活動を行っており、その売り上げの約40パーセントがグローバル事業部門の収入である。ロンドン証券取引所、ニューヨーク証券取引所上場企業(、)。1991年までの旧社名はブリティッシュ・テレコミュニケーションズ(British Telecommunications plc)、略称ブリティッシュ・テレコム(British Telecom)であった。.

新しい!!: インドとBTグループ · 続きを見る »

犯罪

犯罪(はんざい、crime)とは、一般には、法によって禁じられ刑罰が科される事実・行為、刑法学上は「構成要件に該当し違法かつ有責な行為」と定義される。 残忍かつ凶悪極まりない犯罪を凶悪犯罪(きょうあくはんざい)と称する。また、犯罪について帰責され刑罰の対象となる者は、犯罪者(犯人)と呼ぶ。近代法以前は咎人(とがにん)と呼んでいた。 日本を含む多くの国では、罪刑法定主義が原則とされており、刑法など法典に規定がない行為については犯罪とされない。.

新しい!!: インドと犯罪 · 続きを見る »

石油製品

ットランド・グランジマスの石油化学製品精製所 石油製品(せきゆせいひん)は、石油精製の過程を経て原油(石油)から分留された有益な物質全般をさす。 原油の組成と需要に従い、精製所は様々なシェアの石油製品を生み出す事ができる。石油製品で最大のシェアを占めるのは燃料油やガソリンのような多様な等級のエネルギー担体としての用途である。また精製所は同様にその他の化学物質も生産し、そのいくつかはプラスチックやその他の有用な材料を生産するための化学過程(en:Chemical process)で使用される。原油の多くは2、3%の硫黄を含んでいるので脱硫過程で石油製品同様に硫黄を精製する場合もある。残滓として生ずる石油コークス(en:Petroleum coke)に含まれる水素や炭素も石油製品として利用される。精製過程で発生する水素は多くの場合、水素接触分解(接触分解)や脱硫のような他の精製過程に中間生成物として使用される。.

新しい!!: インドと石油製品 · 続きを見る »

玄奘三蔵

奘(げんじょう、602年 - 664年3月7日)は、唐代の中国の訳経僧。玄奘は戒名であり、俗名は。諡は大遍覚『全唐文』「s:zh:大唐三藏大遍覺法師塔銘(並序)」で、尊称は法師、三蔵など。鳩摩羅什と共に二大訳聖、あるいは真諦と不空金剛を含めて四大訳経家とも呼ばれる。 629年に陸路でインドに向かい、巡礼や仏教研究を行って645年に経典657部や仏像などを持って帰還。以後、翻訳作業で従来の誤りを正し、法相宗の開祖となった。また、インドへの旅を地誌『大唐西域記』として著し、これが後に伝奇小説『西遊記』の基ともなった。.

新しい!!: インドと玄奘三蔵 · 続きを見る »

灌漑

管により畑に給水する灌漑施設(2000年) アメリカ合衆国ニュージャージー州での灌漑の様子 芝生に水を撒くスプリンクラー 灌漑(かんがい)とは、農地に外部から人工的に水を供給すること。農作物の増産、ランドスケープの維持、乾燥地帯や乾期の土壌で緑化する際などに利用される。他にも農業生産において、作物を霜害から守る、穀物の畑で雑草を抑制する、土壌の圧密を防ぐといった用途もある。対照的に直接的な降雨のみで行う農業を乾燥農業と呼ぶ。灌漑システムは、塵の飛散防止、下水処理、鉱業などにも使われる。灌漑と排水は組み合わせて研究されることが多い。 なお、「灌」「漑」は二文字とも常用漢字の表外字のため、報道では新聞常用漢字表により「かんがい」とひらがなで表示されるのが一般的である。学校の教材等も同様である。.

新しい!!: インドと灌漑 · 続きを見る »

砂糖

糖の結晶 砂糖(さとう、sugar)は、甘みを持つ調味料(甘味料)である。物質としては糖の結晶で、一般に多用されるいわゆる白砂糖の主な成分はスクロース(ショ糖)である。サトウキビやテンサイなどを原料としてつくられる。 砂糖の歴史は古く、その発明は2500年前と考えられている。インドからイスラム圏とヨーロッパへ順に伝播してゆき、植民地に開拓されたプランテーションでは奴隷を労働力として生産された。19世紀末にはそれまでの高級品ではなく一般に普及する食品となったが、20世紀を通じてグローバルな生産調整が行われた。欧州で1968年から行われてきた砂糖クオータ制度は2017年9月末をもって廃止された。 世界保健機関(WHO)は2003年の報告で、砂糖摂取量は総カロリー対して10%以下となるよう推奨したが、2014年には証拠の蓄積により新たに5%以下にすることの利点を追加した。2016年にWHOは清涼飲料水への課税を促し、肥満、2型糖尿病、虫歯を減らせた。各国は肥満税やガイドラインを作成し、砂糖消費の削減を狙ってきた。 搾りかすなどの副生成物の年間排出量は、世界中で約1億トン以上で、製糖工場自身の燃料として利用されるだけでなく、石灰分を多く含むため、製鉄、化学工業、大気汚染防止のための排煙脱硫材、上下水の浄化、河川海域の水質底質の改善、農業用の土壌改良材 など様々な利用がされている。また搾りかすの一部は、堆肥として農地に還元されるほか、キクラゲの菌床栽培の培地原料としても利用される。.

新しい!!: インドと砂糖 · 続きを見る »

砂漠気候

漠気候(さばくきこう)とはケッペンの気候区分における気候区のひとつで、乾燥帯に属する。記号はBWh,BWk。BWのWはドイツ語のWüste(砂漠)に由来する。 アリソフの気候区分では気候帯3-1.熱帯大陸性季節風気候と3-3.海洋性高気圧の東縁気候に対応する。.

新しい!!: インドと砂漠気候 · 続きを見る »

社会主義国

会主義国(しゃかいしゅぎこく)とは、社会主義を標榜する国家のこと。 通常は憲法などで社会主義を国家理念・国家政策として掲げる共和国であり、単に共産党が政権を担っているだけでは社会主義国とは呼ばれない(キプロス、サンマリノなど)。狭義にはマルクス・レーニン主義を掲げる国家、広義には社会主義的諸政策を推進している国家である。 最初の社会主義国家はソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)で、ソ連崩壊後の現在では中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、ベトナム、ラオス、キューバである。.

新しい!!: インドと社会主義国 · 続きを見る »

社会的少数者

会的少数者(しゃかいてきしょうすうしゃ)または社会的少数集団(しゃかいてきしょうすうしゅうだん)、社会的少数派(しゃかいてきしょうすうは)とは、その社会の権力関係において、その属性が少数派に位置する者の立場やその集団を指す。 欧米の「マイノリティグループ」(minority group)の考え方を輸入したものであるが、日本語では単に「マイノリティ」と呼ばれることもある。 多くの場合、そのグループの一員であることによって社会的な偏見や差別の対象になったり、少数者の事情を考慮していない社会制度の不備から損失を被ることを前提とした呼称でもあるが、例外も多い。「社会的弱者」にも近い概念であるといえるが、つねに一致するわけではない。 対義語はマジョリティまたは社会的多数派であり、これは多数派に位置する為には強い立場にいる集団を意味しており、統めて世論を形成しやすい群というふうにも言える。 留意点として、数としては少数でなくても、差別や構造により社会的に弱い立場の集団を「マイノリティ」とする定義もある。たとえば数の面では人口の半数近くを占める女性や、人口では多数派である南アフリカの黒人や20世紀初頭のアメリカ合衆国南部の黒人のように、人口の割に社会における機会が著しく制限された層をマイノリティとする反レイシズム団体も存在する。逆に、数としては少数であってもその集団が強い立場にある場合には「マイノリティ」と呼ばないことがある。これの例としては、「一握りの大富豪」と呼ばれる富裕層や、ラテンアメリカ諸国における白人層、アパルトヘイト時代の南アフリカ共和国における白人層などを挙げることができる。.

新しい!!: インドと社会的少数者 · 続きを見る »

禁欲主義

禁欲主義(きんよくしゅぎ)とは、感性的欲望を悪の源泉、またそれ自体が悪であると考え、それを出来る限り抑圧し徳に進み魂の平安を得ようとする道徳上宗教上の立場。.

新しい!!: インドと禁欲主義 · 続きを見る »

科学技術

科学技術(かがくぎじゅつ).

新しい!!: インドと科学技術 · 続きを見る »

空気銃

気銃(くうきじゅう)とは、空気又は不燃性ガスを用いて弾丸を発射する形式の銃の総称。子供向けの玩具から、射撃、狩猟に用いるものまで、そのバリエーションは幅広い。日本では一般に「空気銃」と呼ぶ場合、公安委員会の所持許可が必要な、いわゆる「実銃」をさすことが多い。この項ではこの実銃としての空気銃を扱う。 英語圏では、一般に空気銃をairgun(エアガン)と称するが、日本で「エアガン」と呼ぶ場合は「エアソフトガン(遊戯銃)」をさすことが多い。.

新しい!!: インドと空気銃 · 続きを見る »

立法

立法(りっぽう、legislation)とは、形式的意味においては議会の議決を経て法律を定立することをいうが、実質的意味においては法規という特定の内容の法規範を定立する国家作用のことをいい、行政・司法と並ぶ国家作用の一つである。この国家作用を行う権能を立法権という。.

新しい!!: インドと立法 · 続きを見る »

第2世代移動通信システム

2世代移動通信システム(だいにせだいいどうつうしんシステム)は、1993年に、第1世代移動通信システムの次に登場したデジタル方式の移動通信システムのこと。 一般的に英語の「2nd Generation」から、「2G(にジー、ツージー)」などとも略される。デジタル方式の採用により、本システムを採用した携帯電話(PHS含む)は、電子メールやウェブ対応など高機能化した。(cf.

新しい!!: インドと第2世代移動通信システム · 続きを見る »

第三次印パ戦争

三次印パ戦争(だいさんじいんぱせんそう)とは、インドとパキスタンの間で1971年12月に行われた戦争。東パキスタン独立運動(バングラデシュ独立戦争)に介入したインドと、パキスタン両軍が衝突したが、戦局は国力に勝るインドの有利に進み、東パキスタンは1971年12月16日にバングラデシュとして独立した。1972年7月2日、でパキスタンがバングラデシュ独立を承認。.

新しい!!: インドと第三次印パ戦争 · 続きを見る »

第三次パーニーパットの戦い

三次パーニーパットの戦い(だいさんじパーニーパットのたたかい、英語:The Third Battle of Panipat)は、1761年1月14日にデリー近郊パーニーパット(パーニーパト)において、ムガル帝国衰退期にデカン地方を中心に台頭したマラーター同盟と北インドにたびたび侵攻していたアフガン勢力ドゥッラーニー朝との間で行われた戦い。なお、戦いは1月14日の激突前後の戦いも含める場合もある。 第三次パーニーパットの戦いは、かつてこの地で行われた第一次パーニーパットの戦い、第二次パーニーパットの戦いとは比べものにならないほどの激戦であった。この戦いはアフガン・マラーター戦争において、北インドにおける覇権を争うマラーター勢力とアフガン勢力の最終決戦であった。 この戦いでマラーター側は主だった武将らがほぼ戦死し、マラーター同盟の結束は緩み、同盟では諸侯の独立性が強くなった。マラーター勢力、アフガン勢力のみならず、ムガル帝国といったその他インド諸勢力の動向にも大きな影響を与え、その後の運命を決定づけた戦いでもあった。.

新しい!!: インドと第三次パーニーパットの戦い · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: インドと第一次世界大戦 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: インドと第二次世界大戦 · 続きを見る »

米(こめ、rice)は、稲の果実である籾から外皮を取り去った粒状の穀物である。穀物の一種として米穀(べいこく)とも呼ぶ。東アジア・東南アジア・南アジア以外では一般的に主食として特別視することが希薄であり、日本語でいう「米」「稲」「飯」といった、収穫前・収穫後・調理前・調理後などによる区別がない言語が多数ある。例えば英語圏ではすべてriceという同一の単語で扱われる。.

新しい!!: インドと米 · 続きを見る »

紛争

紛争(ふんそう、conflict, dispute)とは、もめ事や争いごとを指す言葉。非常に範囲の広い言葉であり、裁判における紛争や、経済における紛争などいくつかの主体が激しく対立している状態も指すが、この項目では主に、対立する勢力の武力衝突を指す「武力紛争」(armed conflict)について述べる。ただし武力紛争の範囲もかなり広く、内戦から国際法上における戦争も含む。武力紛争は1949年のジュネーヴ諸条約などの「国際人道法」の適用対象となっている。共通第三条の対象は「国際的性質を持たない武力紛争」であるとされているが、これには国内の暴動や散発的な暴力行為は含まれない。ただし国内における武力紛争の定義の明確化には複数の国が反対しており、現在もはっきりとした定義は存在しない。ともいう 現代の日本においては、発生した紛争の名称が明確に決定される事例は少なく、「○○戦争」や「○○紛争」といった名称が政府見解やメディア、論文などによって異なることも多い。内戦や比較的小規模な地域紛争が紛争と呼ばれることが多いが(例:ユーゴスラビア紛争、フォークランド紛争)、紛争と呼ばれるものでもボスニア・ヘルツェゴビナ紛争やエチオピア・エリトリア国境紛争のように国家間できわめて大きな被害を出した武力紛争もあり、視点によってとらえ方が異なる事例もあるため、明確な基準が存在しているわけではない。.

新しい!!: インドと紛争 · 続きを見る »

紀元前232年

紀元前232年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: インドと紀元前232年 · 続きを見る »

紀元前265年

紀元前265年は、ローマ暦の年である。当時は、「クィントゥス・ファビウス・マクシムス・グルゲスとルキウス・マミリウス・ウィトゥルスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元489年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前265年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: インドと紀元前265年 · 続きを見る »

紀元前305年

紀元前305年は、ローマ暦の年である。当時は、「ルキウス・ポストゥミウス・メゲッルス (en) とティベリウス・ミヌキウス・アウグリヌス (de) が共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元449年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世初期以降、この年は紀元前305年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: インドと紀元前305年 · 続きを見る »

紀元前317年

紀元前317年は、ローマ暦の年である。当時は、「ブルトゥスとバルブラが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元437年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前317年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: インドと紀元前317年 · 続きを見る »

紀元前330年

紀元前330年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: インドと紀元前330年 · 続きを見る »

紀元前521年

紀元前521年は、西暦(ローマ暦)による年。紀元前1世紀の共和政ローマ末期以降の古代ローマにおいては、ローマ建国紀元233年として知られていた。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前521年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: インドと紀元前521年 · 続きを見る »

紀元前5世紀

パルテノン神殿。アテナイのアクロポリスに建つアテナ女神に捧げられた神殿で、ペルシア戦争に勝利した後に、将軍ペリクレスによって再建がなされ、今あるような姿となった。 デロス島。全盛期のアテナイはこのデロス島に金庫を置いてデロス同盟を支配した。画像は紀元前7世紀にナクソス人が奉納したと伝わるデロス島のライオンの回廊(レプリカ)。 「ダイバーの墓」。マグナ・グラエキア(イタリア南部)の都市パエストゥムの近郊で発見された墓で、この時代の風俗を描いた貴重なフレスコ画が残っている。 テルモピュライの悲劇。ペルシア戦争でスパルタ王レオニダス1世とその配下の兵士がペルシア軍100万人に対し300人で奮戦したが、刀折れ矢尽きて敢え無く玉砕した。画像はレオニダスの肖像彫刻として伝わる重装歩兵の大理石像 (スパルタ考古学博物館蔵)。 大菩提寺(マハーボーディー寺)には多くの信者が集まる。 儒家の孔子。政治的には不遇だったが『論語』にまとめられたその教えは後世に大きな影響を与えた。画像は唐の呉道玄によるもの。 曾侯乙墓。中国の湖北省随県で発見された戦国時代初期の墓で、青銅製の礼器の他に多くの副葬品が発掘された。画像は総重量2567kgで65個の鐘からなる編鐘で完全な形で残っており、現在は中国の一級文物となっている。 紀元前5世紀(きげんぜんごせいき)は、西暦による紀元前500年から紀元前401年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: インドと紀元前5世紀 · 続きを見る »

紀元前6世紀

アケメネス朝ペルシアの栄光。オリエントの再統一を果たすとともに多民族を緩やかに包含した安定した国家システムを構築した。画像はペルセポリスのアパダナ(謁見の間)の階段側面の浮き彫りに刻まれた朝貢使節団。 ゾロアスター教の総合。宗祖ゾロアスターの生没年は現在でも意見の一致を見ていないが、アケメネス朝では王朝成立の頃からこの宗教を国家の支柱としていた。画像はペルセポリスに残るゾロアスター教の象徴でもある聖霊フラワシ(プラヴァシ)の像。 新バビロニアの盛衰。画像はベルリンのペルガモン博物館で復元されたイシュタル門。 デルポイのアポロン神殿。紀元前548年に炎上した後、紀元前530年にアテナイの貴族クレイステネスにより新たに奉献された。巫女(ピュティア)による神託の場所としてギリシア人に重んじられた。 ギリシアの黒絵式陶器。アテナイのエクセキアスなど高度な技術を持つ絵付師が活躍した。画像は「アキレウスとアイアースのアンフォラ」(バチカン美術館蔵)。 楚の伸長。春秋五覇である荘王の時代には、楚は中原にも勢力を拡大し「鼎の軽重を問う」の故事にみられる権勢を誇るようになった。画像は楚の荘王の公子午(子庚)に捧げられた銅鼎(中国国家博物館蔵)。 紀元前6世紀(きげんぜんろくせいき)は、西暦による紀元前600年から紀元前501年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: インドと紀元前6世紀 · 続きを見る »

総務大臣

総務大臣(そうむだいじん、)は、日本の国務大臣。総務省の長である。.

新しい!!: インドと総務大臣 · 続きを見る »

緑色の葉 苔むした石段 緑(みどり、綠)は、寒色の一つ。植物の葉のような色で、黄色と青緑の中間色。光の三原色の一つは緑であり、1931年、国際照明委員会は546.1nmの波長を緑 (G) と規定した。500-570nmの波長の色相はおよそ緑である。色材においては例えば、シアンとイエローを混合して作ることができる。緑色(リョクショク、みどりいろ)は同義語。 緑は(緑色の、特に新緑のころの)草・木、新芽・若葉、植物一般、転じて、森林、自然などを指す語としても用いられる。.

新しい!!: インドと緑 · 続きを見る »

緑の革命

緑の革命(みどりのかくめい、)とは、1940年代から1960年代にかけて、高収量品種の導入や化学肥料の大量投入などにより穀物の生産性が向上し、穀物の大量増産を達成したことである。農業革命の1つとされる場合もある。 ロックフェラー財団は、1944年結成のノーマン・ボーローグらの研究グループ日本大学 - (1963年に国際トウモロコシ・コムギ改良センターに改組)と1960年設立の国際稲研究所に資金を提供し、緑の革命を主導した。.

新しい!!: インドと緑の革命 · 続きを見る »

繊維

炭素繊維 ガラス繊維 繊維(せんい、fibre、fiber)は、動物の毛・皮革や植物などから得られる自然に伸びた、または人工的に伸ばされた細くしなやかで凝集性のある紐状の素材のことである。現在では化学などの技術によって人工的に作られたものも数多い。.

新しい!!: インドと繊維 · 続きを見る »

義務教育

義務教育(ぎむきょういく, Compulsory education)とは国・政府(中央政府・地方政府)、人(国民・保護者など)などが子供に受けさせなければならない教育のことである。義務教育の制度は、多くの国において普及している制度であるものの、国ごとに制度の仕組みは異なる。 学齢と関係が深い概念なので、より深く理解するには「学齢」の項目も参照のこと。.

新しい!!: インドと義務教育 · 続きを見る »

義浄

義浄(ぎじょう、635年(貞観9年) - 713年(先天2年))は唐の僧。.

新しい!!: インドと義浄 · 続きを見る »

真理

真理(しんり、ἀλήθεια、veritas、truth、vérité、Wahrheit)とは、確実な根拠によって本当であると認められたこと。ありのまま誤りなく認識されたことのあり方。真実とも。 真理は、現実や事実と異なり、妨害・障害としての虚偽・誤謬を対義語としており、露わさ、明らかさ、隠れなさに重点がある。そのものありのままであり、あらわであり、その本質が覆われていない、という意義に関しては、哲学的には本質主義や同一性とも関わりが深い。西欧哲学において真理論は論理学や認識論においてとりわけ主題化される。 真理論の歴史は、古代ギリシアに始まる。人間を尺度とする相対的なものの見方に反論する形で、永遠性・普遍性を有する真理の概念が生まれた。このような絶対性を内実とする真理概念は独断主義を生み、これに対する防衛・反抗が懐疑主義を生んだ。そのどちらにも陥らず、確実な知識の基礎付けを求めて近代の認識論が始まり、その後、真理の担い手が思惟・観念・判断、命題、「事物」(羅:res、レス)等のいずれであるか、について議論がなされてきた。現代論理学では真理の担い手は命題であるとされ、真と偽を合わせて真理値という。論理学で、「Pは○か○でないかのいずれかである(○であり、かつ○でない、ということはない)」という形をした文は○の内容に関係なく正しいので、これは「形式的真理」と呼ばれ、思惟と思惟自身の一致と定義される。このような形式的な形相についてではなく、質料について真理が語られるときは「実体的真理」という。判断について真理が語られるときを「認識論的真理」といい、存在について真理が語られるときを「存在論的真理」という加藤信朗。現代の真理概念は様々な形で修正を受け、相対的な傾向を強めている。 論証する、つまり、言語による表現であることが真理に不可欠であり、哲学的にはロゴスとも関わりが深い。東洋には不言真如という概念もある。 人間を自由にするものとしての真理が説かれることもある。キリスト教では「真理はあなたたちを自由にする(ヨハネ8章32節) 」と説かれている。仏教では、人間を苦しみから解放する真理をあらわす「法」が説かれる。.

新しい!!: インドと真理 · 続きを見る »

経済制裁

経済制裁(けいざいせいさい、economic sanctions)とは、経済の力をもって制裁を加える国家行為である。ある国の行った不当もしくは違法な行為に対して行政府や議会などが民間企業や大衆に呼びかける道義的ボイコットから、封鎖海域や港湾などを設定し、同区域を航行・停泊する商船に臨検を行い、敵性国家に所属する貨物等を拿捕・没収するなど、さまざまな手段がある。また資産凍結など金融制裁の手段がとられることがある。.

新しい!!: インドと経済制裁 · 続きを見る »

経済的不平等

経済的不平等(けいざいてきふびょうどう、Economic inequality)、または貧富の差(ひんぷのさ)とは、広義においては経済活動の過程において発生する富める者と、そうでない者の差のことである。 狭義においては、経済競争自体の不公平や経済ルールの不公正、若しくは不平等を促進する国際政治システムを指す。 広義において基本的に問題とされるのは、同一国家・地域内での差である。日本では「格差(問題)」と呼ばれることも多い。 狭義においての先進国の貧困層が、開発途上国の中流層より恵まれた暮らしをしている問題は別問題と考える者もいる。.

新しい!!: インドと経済的不平等 · 続きを見る »

経済成長

経済成長(けいざいせいちょう、)とは、ある経済の活動規模が増大・拡張していくことである。.

新しい!!: インドと経済成長 · 続きを見る »

疎開

開(そかい)とは、.

新しい!!: インドと疎開 · 続きを見る »

環境

境(かんきょう)は、広義においては人、生物を取り巻く家庭・社会・自然などの外的な事の総体であり、狭義ではその中で人や生物に何らかの影響を与えるものだけを指す場合もある。特に限定しない場合、人間を中心とする生物を取り巻くおおざっぱな環境のことである場合が多い。 環境は我々を取り巻き、我々に対して存在するだけでなく、我々やその生活と係わって、安息や仕事の条件として成り立つ。また狭義の環境については、人間が生産と消費の活動によって汚染し、破壊するという関係性の中で大きな環境問題になってきた。.

新しい!!: インドと環境 · 続きを見る »

為替

替(かわせ)は、為替手形や小切手、郵便為替、銀行振込など、現金以外の方法によって、金銭を決済する方法の総称である。遠隔地への送金手段として、現金を直接送付する場合のリスクを避けるために用いられる。特に輸出入をする際に用いられている。.

新しい!!: インドと為替 · 続きを見る »

生命保険

生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生存または死亡による損失を保障することを目的とする保険。すなわち、保険契約により、被保険者の生存または死亡を保険事故として保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生存を保険事故をとするものが年金保険であり、死亡を保険事故とするものが死亡保険である。生保(せいほ)と略称される。 日本では生命保険会社がこれを行っている。また、これとほぼ同様の商品として、郵政民営化以前に日本郵政公社が行っていた簡易保険や、農協や生協などの共済事業の中で「生命共済」の名称で取り扱われているものがある。生命保険会社では、他にも貯蓄や老後の保障といった幅広いニーズに対応するため、「財形貯蓄積立保険」や「個人年金保険」などの商品を取り扱っているが、これらも広い意味で生命保険と言える。.

新しい!!: インドと生命保険 · 続きを見る »

生物工学

生物工学(せいぶつこうがく)は、生物学の知見を元にし、実社会に有用な利用法をもたらす技術の総称である。ただし定義は明確ではなく、バイオテクノロジー(biotechnology)やバイオニクス(bionics)の訳語として使われる場合が多く、この両方を含んだ学問の領域と捉えることに矛盾しない。また、特に遺伝子操作をする場合には、遺伝子工学と呼ばれる場合もある。.

新しい!!: インドと生物工学 · 続きを見る »

生贄

生贄(いけにえ、生け贄とも)とは、神への供物として生きた動物を供えること、またその動物のことである。供えた後に殺すもの、殺してすぐに供えるもののほか、殺さずに神域(神社)内で飼う場合もある。 『旧約聖書』『レビ記』にある贖罪の日に捧げられるヤギは、「スケープゴート」の語源となった。 動物だけでなく、人間を生贄として供える慣習もかつてはあり、これは特に「人身御供」と呼ぶ。.

新しい!!: インドと生贄 · 続きを見る »

産業革命

ワットの改良蒸気機関。ワット式蒸気機関の開発は動力源の開発における大きな画期であり、産業革命を象徴するものである 産業革命(さんぎょうかくめい、Industrial Revolution)は、18世紀半ばから19世紀にかけて起こった一連の産業の変革と、それに伴う社会構造の変革のことである。 産業革命において特に重要な変革とみなされるものには、綿織物の生産過程における様々な技術革新、製鉄業の成長、そしてなによりも蒸気機関の開発による動力源の刷新が挙げられる。これによって工場制機械工業が成立し、また蒸気機関の交通機関への応用によって蒸気船や鉄道が発明されたことにより交通革命が起こったことも重要である。 経済史において、それまで安定していた一人あたりのGDP(国内総生産)が産業革命以降増加を始めたことから、経済成長は資本主義経済の中で始まったとも言え、産業革命は市民革命とともに近代の幕開けを告げる出来事であったとされる。また産業革命を「工業化」という見方をする事もあり、それを踏まえて工業革命とも訳される。ただしイギリスの事例については、従来の社会的変化に加え、最初の工業化であることと世界史的な意義がある点を踏まえ、一般に産業革命という用語が用いられている。.

新しい!!: インドと産業革命 · 続きを見る »

無罪

無罪(むざい)とは、刑事訴訟において、被告事件が罪とならないとき、もしくは被告事件について犯罪の証明がないこと、またはその時に言い渡される判決のことをいう。 日本における無罪については、刑事訴訟法336条が規定している。無罪の判決が確定すると、被告人は処罰されない(憲法39条前段)。起訴便宜主義を採用していることもあり、現在の日本の刑事訴訟における有罪率は99パーセントを越え、無罪判決が下ることは極めて異例である。.

新しい!!: インドと無罪 · 続きを見る »

独立

立(どくりつ)とは、他者・他国家などによって支配され、従属的立場にあったものがその支配から離れ、1つの主体として成立することである。とりわけ従属的立場にあった民族が別個の国家を樹立する際に用いられる。.

新しい!!: インドと独立 · 続きを見る »

独立記念日 (インド)

立記念日は、インドの休日および祝日であり、毎年8月15日に行われる。 1947年のイギリスからのインド独立(英連邦王国としてのインド連邦の独立。パキスタンとの分離独立となった日でもある)の後、1948年から行われている。 この日には軍事パレードなど、大がかりな祭典が行われる。.

新しい!!: インドと独立記念日 (インド) · 続きを見る »

白(しろ)は、全ての色の可視光線が乱反射されたときに、その物体の表面を見た人間が知覚する色である。無彩色で、膨張色である。白色(ハクショク、しろいろ)は同義語。「無色」の意味に含まれることもある。.

新しい!!: インドと白 · 続きを見る »

白人

先住民の肌の色。ヨーロッパ(南ヨーロッパを除く)に人々が住む。 戦国時代、日本に到来したイエズス会員などの南蛮人たち。白人の他、黒人も描かれている。 白人(はくじん、)は、通俗的人種概念の一つで、肌の色が薄く白に近い人種の総称。白色人種(はくしょくじんしゅ)。 様々な見解があるが、日本においては金髪碧眼かそれに近い人々のことを言うことが多い。いずれも文化的・社会的・政治的に形成され、便宜的に使用される用語であり、生物学的分類として有効な概念ではない。.

新しい!!: インドと白人 · 続きを見る »

音楽家

音楽家(おんがくか)、ミュージシャン(musician)は、曲を作ったり(作曲・編曲)、演奏したりする人のこと。主に実演家(プレイヤー)と制作者に大別される。.

新しい!!: インドと音楽家 · 続きを見る »

選挙

日本の選挙戦で使う候補者ポスター掲示板(選挙戦が公示されると候補者のポスターが届け出順で貼り付けられる) 日本の選挙で使用される投票箱 選挙(せんきょ)とは、投票によって首長や議員、団体の代表者や役員を選び出すこと。国政に関する選挙は国政選挙(こくせいせんきょ)、地方自治に関する選挙は地方選挙(ちほうせんきょ)と称される。.

新しい!!: インドと選挙 · 続きを見る »

避暑地

避暑地(ひしょち)とは、避暑のために訪れる土地。夏でも冷涼な気候であることが求められるため、標高の高い地域や、緯度の高い地域が選ばれることが多い。多くの人が避暑に訪れ、都市化している所もあるが、数軒の別荘が建ち並ぶのみの閑静な避暑地も多い。 海流の影響で真夏日がない釧路は本格的な避暑地である。 逆の意味として「避寒地」(欧州のリヴィエラ、アメリカのマイアミなど)があり、名称自体は日本では一般的ではないが、年始・年末に多くの日本人が訪れるハワイ・サイパンなどがこれにあたる。.

新しい!!: インドと避暑地 · 続きを見る »

聖典

聖典(せいてん)とは、神や神的存在、聖人の言行が書かれたもの、または教説がつづられたものの内、それぞれの宗教内で、特に権威ある書物をいう。教典、啓典ともいう。仏教においては、特に「仏典」(仏教典籍)と呼び、神道においては「神典」(しんてん)と呼ぶ。.

新しい!!: インドと聖典 · 続きを見る »

聖金曜日

聖金曜日(せいきんようび、Good Friday、Viernes Santo、Vendredi Saint、Karfreitag)は、キリスト教用語で、復活祭前の金曜日のこと。「受難日」、「受苦日」などとも呼ばれる。正教会では「聖大金曜日」と呼ばれる。イエス・キリストの受難と死を記念する日。 福音書の記述をもとにイエスの受難を思い起こす特別な典礼や祈りが行われることが多い。キリスト教では伝統的にイエスの受難と死は自ら選んで行った行為であり、三日目(日曜日)に復活したことで死を克服したとみなしてきた。福音書や種々の資料からイエスの死の日時を特定するのは簡単ではない。資料を読むことで、4月のある金曜日におこったということはわかる。資料の記述をもとに天文学的な分析を行うと、紀元33年4月3日になるという説を唱えるものもいる。 カトリック教会では聖金曜日には断食を行う習慣がある。断食といっても完全な絶食ではないが、大斎と小斎を行うのが一般的である。また聖金曜日は一年間で唯一ミサが執り行われない日でもある。(ただ、前日に保管しておいた聖体を拝領する儀式は行われる。)聖金曜日は復活祭にあわせて移動するが、最も早い場合で3月20日、遅い場合だと4月23日になる。 カトリック教会の聖金曜日の典礼の最大の特徴は司祭と複数の朗読者、さらには会衆全員の参加によるイエスの受難の朗読が行われることである。朗読は通常、『ヨハネによる福音書』からとられている。また荘厳な共同祈願と顕示した十字架への崇敬も行われる。カトリック信徒の多いフィリピンでは、聖金曜日に屋外や通りで大掛かりな受難劇を行うのが伝統となっている。 多くのプロテスタントの教会でもこの日に特別な典礼を行っている。16世紀以降、ドイツのルーテル派教会では一年のうちでもっとも重要な日にして、聖餐を受けるべき日とされ、バッハのマタイ受難曲などが教会で演奏されてきた。この日の讃美歌は、血しおしたたるである。 ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカなどの多くの国々では聖金曜日が国家の祝祭日として休日になっている。アメリカ合衆国では、連邦の祝日にはなっていないが州の祝日として多くの州で定められている。.

新しい!!: インドと聖金曜日 · 続きを見る »

菩提僊那

菩提僊那(ぼだいせんな、 ボーディセーナ、704年 - 760年3月16日(天平宝字4年2月25日)は、奈良時代の渡来僧。婆羅門僧正、菩提僧正、菩提仙那とも称される。 中国に滞在中に日本の入唐僧の招請を受けて736年(天平8年)12月13日に来日。752年(天平勝宝4年)に東大寺大仏殿の開眼供養法会で婆羅門僧正として導師をつとめた。弟子の修栄が撰した『南天竺婆羅門僧正碑』および『東大寺要録』中の「大安寺菩提伝来記」に伝記が残されている。.

新しい!!: インドと菩提僊那 · 続きを見る »

華僑

華僑(かきょう)とは、外国に移住している中国人のこと.

新しい!!: インドと華僑 · 続きを見る »

菅義偉

菅 義偉(すが よしひで、1948年12月6日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(8期)、内閣官房長官(第81代・第82代・第83代)、沖縄基地負担軽減担当大臣。 横浜市会議員(2期)、総務大臣(第7代)、内閣府特命担当大臣(地方分権改革)、郵政民営化担当大臣(第3代)、自民党幹事長代行(第2代)などを歴任した。.

新しい!!: インドと菅義偉 · 続きを見る »

非同盟運動

非同盟運動(ひどうめいうんどう、、NAM)とは、第二次世界大戦後の東西冷戦期以降に、東側西側のいずれの陣営にも公式には加盟していない諸国による国際組織である。 1961年に設立され、2009年の時点で参加国は118、オブザーバー参加国は16、オブザーバー参加組織は8。ほぼ3〜5年間隔で開催されている非同盟諸国首脳会議の他、非同盟諸国外相会議、常設の非同盟諸国常任委員会などがある。.

新しい!!: インドと非同盟運動 · 続きを見る »

非暴力

非暴力(ひぼうりょく)とは、体制変革における理念のひとつであり、ハト派で、抑圧を受けている民衆が政治体制の変革を求めるにあたって、革命によって暴力的に支配者を倒すことではなく、粘り強く、弾圧されても決して屈せずに、言論を以って変革の必要を主張し続けることである。.

新しい!!: インドと非暴力 · 続きを見る »

青年

青年(せいねん)は、人の成長過程における一時期。広く社会の中で自立を獲得していく時期をいう。「青年」は男性・女性ともに対して使用される。「青少年(せいしょうねん)」は「青年」及び少年のことである。.

新しい!!: インドと青年 · 続きを見る »

領土

土(りょうど、territory)とは、広義には領水や領空を含めた国家の主権が及ぶ国家領域すべてを指すが、狭義にはこれらのうち土地からなる領域を指す『国際法辞典』、344頁。。版図(はんと)とも。本項目では狭義の領土について述べる。広義の領土については「領域 (国家)」を参照。.

新しい!!: インドと領土 · 続きを見る »

領土問題

土問題(りょうど もんだい)とは、ある地域が、特に陸地である領土が、どの国家の領域に属するかをめぐって、国家間での争いが起きることである。.

新しい!!: インドと領土問題 · 続きを見る »

領有

有(りょうゆう)とは、領土などを自国、自分のものであるとすること。 特にこの領有という言葉は、自分のものであるという主張を意味し、領土編入の際、早い者勝ちというのが大半である。しかし、一番早く領有したとしても、領土問題に発展したり、あるいは紛争の大きな原因と指摘されている。条約などの取り決めによって領土が画定されていない時などの場合を言う。.

新しい!!: インドと領有 · 続きを見る »

行政

行政(ぎょうせい、英: administration)とは、立法および司法と並ぶ国家作用の1つで、法律などにより決定された内容を実現することである。.

新しい!!: インドと行政 · 続きを見る »

行政機関

行政機関(ぎょうせいきかん)とは、行政権の行使にたずさわる、国や地方公共団体の機関をいう。立法機関(立法府)、司法機関(裁判所)と対比される。行政機関の総体をまとめて行政組織または行政機構という。.

新しい!!: インドと行政機関 · 続きを見る »

風力発電

力発電(ふうりょくはつでん)とは風の力(風力)を利用した発電方式である。 風力エネルギーは再生可能エネルギーのひとつとして、自然環境の保全、エネルギーセキュリティの確保可能なエネルギー源として認められ、多くの地に風力発電所や風力発電装置が建設されている牛山泉「トコトンやさしい風力発電の本」日刊工業新聞社2010年2月ISBN 978-4-526-06380-0。 風力エネルギーの利用として、発電には発電風車(風力タービン)が、機械的動力を得るには粉挽き風車のような風車(ウインドミル)が、揚水や灌漑には揚水風車(風力ポンプ)が、さらに船の推進には帆が用いられている。巨大な風力発電所(ウインドファーム)は、送電線に接続されている何百機もの風車で構成されている。最近のEUの調査では、新規に建設された陸上風車は安価な発電源であり、石炭・ガスなどの化石燃料による発電所より安価で、競争力を持っているという。洋上風力は陸上より安定で強力であり視覚障害はないが、建設維持コストは陸上風力より高くなる。小型陸上風力発電所は送電網に連系して送電したり、あるいは連系しないで電気を自己消費される。 化石燃料の代替としての風力は、大量で、再生可能で、広域に分布し、クリーンで、稼働時に温暖化ガスを排出せず、少しの土地を使うだけである。2013年において、デンマークでは風力で3分の1以上の電気を賄い、世界では83か国が風力発電で電気が系統に連系されている。風力発電の設備容量は2014年6月に336GWまで急速に拡大し、世界の電気需要の4%が風力発電であり、なお急激に増加している。.

新しい!!: インドと風力発電 · 続きを見る »

風習

習(ふうしゅう、custom)とは、土地ごとに存在する社会生活上のならわしやしきたりのこと。風俗習慣。行為伝承のひとつ。地理、歴史、その地域の産業の違いによって顕在化し人々の行動や思考パターンに影響を与える。学術的には歴史学、民俗学の研究対象とされることが多い。.

新しい!!: インドと風習 · 続きを見る »

裁判

裁判(さいばん、英:trial)とは、社会関係における利害の衝突や紛争を解決・調整するために、一定の権威を持つ第三者が下す拘束力のある判定をいう。 どの国家機関によるどのような行為が「裁判」と呼ばれるかは、必ずしも一様ではないが、現代の三権分立が成立した法治国家においては、「裁判」と言うと一般的には(日常的には)、国家の司法権を背景に、裁判所(訴訟法上の裁判所)が訴訟その他の事件に関して行うもの、を指していることが多い。だが、裁判と言っても国家機関が行うものとも限られておらず、国家間の紛争について当事国とは別の第三者的裁判所(国際裁判所)が国際法に基づいて法的拘束力のある判決を下し解決する手続である国際裁判というものもある。 日常用語としては、裁判所で行われる手続自体を「裁判」ということが多いが、法律用語としては、裁判所が、法定の形式に従い、当事者に対して示す判断(又はその判断を表示する手続上の行為)をいう。.

新しい!!: インドと裁判 · 続きを見る »

飲食

飲食(いんしょく、おんじき).

新しい!!: インドと飲食 · 続きを見る »

製薬

医薬品産業(いやくひんさんぎょう、pharmaceutical industry)とは、認可医薬品を創薬、開発、生産、市場販売する一連の産業をさす。医薬品産業には、法的規制や特許権、広告宣伝規制など、様々な法的権利が関わってくる。 とくに製薬(せいやく)とは、医薬品を製造することである。化学工業と関連性がある。その企業は、製薬会社と呼ばれる。製薬会社は研究開発の視点から従業員数が多く、新薬開発には莫大な費用が必要とされるため、製薬企業は大規模な企業であることが多い。近年はバイオテクノロジー(生物工学)の発展を背景に、その技術を応用した創薬に力を入れている企業も多い。 医薬品産業は医療と密接に関わっており、世界的な高齢化と人口増加により医薬品の需要が高まっている。世界の医薬品市場規模は約80兆円(2006年)といわれており、そのうち日本の医薬品市場規模は7兆円(2004年)となっている。.

新しい!!: インドと製薬 · 続きを見る »

製造業

製造業(せいぞうぎょう、)は、原材料などを加工することによって製品を生産・提供する産業で、鉱業・建設業とともに第二次産業を構成する一大分野である。工業の中でもさらに重工業から軽工業までと幅広く、各国の産業構造によって異なる分布を見せ、概して経済活動において主要な位置付けとなる。 家庭用電気機械器具(家電)、自動車といった工業製品から、コンビニエンスストアで販売される弁当や飲料を調理・製造する産業までを製造業に含まれる。.

新しい!!: インドと製造業 · 続きを見る »

装身具

装身具(そうしんぐ)とは、指輪やネックレス、ペンダント、イヤリングなど、衣類と合わせて身を飾るための工芸品である。.

新しい!!: インドと装身具 · 続きを見る »

複合遺産 (世界遺産)

ユネスコが登録する世界遺産は、その特質に応じて「文化遺産」「自然遺産」「複合遺産」に分類されている。この項目では、そのうち「複合遺産」について扱う。.

新しい!!: インドと複合遺産 (世界遺産) · 続きを見る »

西ドイツ

西ドイツ(にしドイツ、Westdeutschland、West Germany)は、1949年5月23日から1990年10月2日までのドイツ連邦共和国の通称である。略称、西独。 冷戦時代はドイツ民主共和国(東ドイツ)と対峙する分断国家だったが、1990年10月3日、ドイツ民主共和国を併合する東西ドイツ再統一により、この通称は使われなくなった。東西ドイツ再統一まで首都はボンに置かれたが、再統一後はベルリンに移った。ドイツ人は、かつての西ドイツを「ボン共和国」(die Bonner Republik)と呼ぶこともある。ドイツ再統一は法的には「旧東ドイツの各州がドイツ連邦共和国に加入」という形式で行なわれたため、厳密にいうと現在のドイツは再統一により再編成された新しい国家ではなく領域を旧東ドイツにも拡大した西ドイツである。.

新しい!!: インドと西ドイツ · 続きを見る »

西ベンガル州

西ベンガル州/ウェストベンガル州(ベンガル語:পশ্চিম বঙ্গ (Pôščim Bôngô)、英語:West Bengal)は、インド東部の州。州都はコルカタ。公用語はベンガル語。面積8万8752km2、人口9,134万人(2011年)。.

新しい!!: インドと西ベンガル州 · 続きを見る »

西インド諸島

西インド諸島(にしインドしょとう、West Indies、Indias Occidentales、Antilles (Indes occidentales)、West-Indië)は、南北アメリカ大陸に挟まれたカリブ海域にある群島である。アメリカ合衆国のフロリダ半島南端、および、メキシコのユカタン半島東端から、ベネズエラの北西部沿岸にかけて、少なくとも7000の島、小島、岩礁、珊瑚礁がカーブを描くようにして連なる。これらの島々が、大西洋と、メキシコ湾、カリブ海の境界線を形成している。.

新しい!!: インドと西インド諸島 · 続きを見る »

西ガーツ山脈

西ガーツ山脈(にしガーツさんみゃく、Western Ghāts)は、インド亜大陸の西海岸沿いにあり、標高1,000〜2,690mの山々が全長1,600kmにも渡って連なる山脈である。ヒマラヤ山脈よりも古く、インド全域の気候に大きな影響を与えており、多くの川の水源となっている。数々の国立公園、自然保護区域などがあり、世界で最も多様な生物が見られる8つの「ホットスポット」の一つである。2012年、UNESCOの世界遺産に登録された。.

新しい!!: インドと西ガーツ山脈 · 続きを見る »

規制緩和

規制緩和(きせいかんわ、deregulation)は、経済学や公共政策などの文脈で、ある産業や事業に対する政府の規制を縮小することを指す。市場主導型の産業のあり方が望ましいと考えられる際にとられる基本的な政策手段のひとつで、市場競争を促進し経済活性化を果たすために採用されるが、導入による弊害の解決のため、セーフティーネットなどの構築が必要とされている。.

新しい!!: インドと規制緩和 · 続きを見る »

親日

親日(しんにち)とは、日本語では、日本や日本人、日本文化に好意的な言動を示す外国人を指す言葉である。日本政府は、親日派の増加が日本の外交政策や事情に対する諸外国の理解促進につながるものであるとして、親日派を増やすことに力を入れている。好意的な感情などに関係無く日本の政治や経済、文化などの情報や性質を熟知しているという意味では一般には「知日」が用いられる(詳しくは知日派を参照のこと)。また、日本人自身が日本に対して愛着を抱く場合は「愛国心」「郷土愛」などと呼ぶ。 一般に親日である人を表す場合には「親日家」や「親日派」が用いられる。また、フランスでは日本びいきの人を指す語として「タタミゼ」、中華民国(台湾)においては特に親日の若者を指す語として「哈日族」がある。 タイ王国ではラーマ9世が、公式、非公式で訪れることの多い秋篠宮文仁親王に対し「我が子と同様」として懇意にしている。 一方、朝鮮語での親日は「親日'''派'''(チニルパ)」と呼ばれ、本は日本に友好的であることは自国への裏切りというパラダイムから(韓国・朝鮮に対する)「売国奴」の意味になる(詳しくは当該ページを参照)。韓国は、公式的な場では「反日」であるが、非公式な場では「親日」の面もあり、「昼は反日、夜は親日」と言われる。 欧米のネット上で親日家は:wikt:en:weeabooと言われることがある。この言葉は当初はWhite JapaneseやWestern Japaneseを省略したWapaneseという言葉で表されていたが、差別用語としてインターネットの英語圏の日本関係フォーラムで使用禁止となり、Wapaneseと書き込むと自動的に意味のない間投詞weeabooに置き換えられたことからweeabooそのものが英語圏の親日家や日本被れの者を指すようになった。.

新しい!!: インドと親日 · 続きを見る »

観光

観光(かんこう)とは、一般には、楽しみを目的とする旅行のことを指す。 英語では観光する側(en:sightseeing)と、観光させる側(en:tourism)で言葉が(概念も)分かれている。 これには、後述される宗教行為の対象者(大衆:観光客)と行為者(仕掛け人:観光業者)の立場が現れているとも見られる。 なお狭義には、観光事業を指すこともある。.

新しい!!: インドと観光 · 続きを見る »

首相

首相(しゅしょう、英語:prime minister)は、首席の宰相ないし大臣を意味し、特に、議院内閣制において行政府たる内閣において首席の大臣を指す。行政府の長。国家元首やその代理人としての総督よりも儀礼上は下位に位置する。.

新しい!!: インドと首相 · 続きを見る »

首相府

首相府(しゅしょうふ)は、首相(内閣総理大臣)が執務の拠点とする施設、または組織。.

新しい!!: インドと首相府 · 続きを見る »

香辛料

インド食材輸入会社の倉庫のスパイス類 香辛料(こうしんりょう、spices スパイス)とは調味料の一種で、植物から採取され、調理の際に香りや辛味、色をだしたり、臭みを消すものの総称である。食事をおいしくしたり、食欲を増進させたりする。香料として食品に添加されるものも多数ある。.

新しい!!: インドと香辛料 · 続きを見る »

香港

中華人民共和国香港特別行政区(ちゅうかじんみんきょうわこくホンコンとくべつぎょうせいく)、通称香港(ホンコン、、)は、中華人民共和国の南部にある特別行政区(一国二制度)である。同じ特別行政区の澳門からは南西に70km離れている。東アジア域内から多くの観光客をひきつけ、150年以上のイギリス植民地の歴史で世界に知られる。 広大なスカイライン及び深い天然の港湾を抱える自由貿易地域であり、の面積に700万人を超す人口を有する世界有数の人口密集地域である。 .

新しい!!: インドと香港 · 続きを見る »

解脱

解脱(げだつ、vimokṣa、vimukti、mukti、mokṣa、vimutti、mokkha、vimokha, vimokkha)とは、.

新しい!!: インドと解脱 · 続きを見る »

証券アナリスト

証券アナリスト(しょうけんアナリスト、)とは、市場を分析し調査をする者である。財務分析家、リサーチアナリスト、株式アナリスト、投資アナリストともいう。日本においては公的職能団体として、日本証券アナリスト協会がある。日本証券アナリスト協会は、証券アナリストを公的に認定するための試験制度を実施している。また、世界においては、米国に本部を置くCFA協会(CFA Institute)が認定するCFA協会認定証券アナリスト(Chartered Financial Analyst)などが知られる。.

新しい!!: インドと証券アナリスト · 続きを見る »

言語

この記事では言語(げんご)、特に自然言語について述べる。.

新しい!!: インドと言語 · 続きを見る »

高原

八ヶ岳西麓に広がる蓼科高原 布引高原空撮。会津布引山山頂に平坦な高原が広がる。33基の風力発電風車が林立する。(2009年3月) 那須高原。那須岳の南山麓に広がるなだらかな裾野部分。 高原(こうげん)とは、標高が高く、連続した広い平坦面を持つ地形である。標高の高い平地、起伏が少ない高地という表現もできるが、高原と高地の境界は明確ではない。 また、規模の大きな台地を高原と呼ぶこともあるが、高原と台地の境界も明確ではない。台地のうち標高600 m以上のものを高原とすることもある。ただし、高原の全てが台地状というわけではなく、那須高原のように山の麓に広がる平坦地も高原という。.

新しい!!: インドと高原 · 続きを見る »

高さ

さ(たかさ)とは、垂直方向の長さのことである。重力が働く環境下では、重力方向の長さを指す。また、空間的な物理量としての高さ以外に、温度・比率・頻度・価格なども「高さ」で表現するのが一般的である。 高さが大きいことを高い、高さが小さいことを低いと言う。.

新しい!!: インドと高さ · 続きを見る »

高岳親王

岳親王(たかおかしんのう、延暦18年(799年) - 貞観7年(865年)?)は、平安時代初期の皇族・僧侶。法名は真如。平城天皇の第三皇子。異母兄に阿保親王、甥に在原業平がいる。品位は四品。.

新しい!!: インドと高岳親王 · 続きを見る »

高等学校

等学校(こうとうがっこう)は、日本における後期中等教育段階の学校。略して高校(こうこう)と呼ばれている。その名称から誤解されることもあるが、高等教育(ISCEDレベル5)を行う学校ではなく、後期中等教育段階(ISCEDレベル3)に相当する学校である。 1948年に発足した新制の高等学校は旧制の中学校、高等女学校、実業学校を改組再編したものである 国立教育政策研究所 2018年月14日閲覧。高等学校は中学校の教育を基礎とし、中学校の課程を修了した生徒に高度な普通教育および専門教育を施すことを目的とする。主に市民としての総合的な基礎教養、大学・専門学校など高等教育機関への進学準備、また就職に向けての技術・技能の習得の教育を行う。 新制の高等学校は小学区制・総合制・男女共学を原則としたものの前二者は実施には至らなかった。1990年代以降は中高一貫制の導入、単位制の実施、総合課程の導入など教育の多様化・柔軟化がみられる。 日本の高等学校の制度上の正式な英語表記はUpper Secondary Schoolである。一般には米国式のhigh schoolとの訳や、Senior high schoolとの訳(中学校のJunior high Schoolに対応した訳)もみられる。 なお、日本において学制改革後の1950年(昭和25年)まで存在した高等学校については、旧制高等学校を参照。.

新しい!!: インドと高等学校 · 続きを見る »

高等教育

等教育(こうとうきょういく、Higher education)とは、中等教育における学修を受け、学修の成果として学位などの学術称号やサーティフィケートが授与される課程、具体的には、大学、高等専門学校、専門学校修了者に専門士または高度専門士の称号が授与される課程などで行われている教育のことである。国際標準教育分類(ISCED)ではレベル5以上のものを指す。 ISCEDによる「第3期の教育」(Tertiary education)における高等教育の区分は、学士レベル(Bachelor)の課程はレベル5A、準学士(Associate)課程はレベル5B、大学院課程はレベル6に区分される。 日本における上記の専門学校は、ISCEDレベル5Bに区分され高等教育とされるがISCEDレベル4の学位や学術称号を付与されない課程は、高等教育には区分されない。 また、「高等」教育という呼称から、日本の高等学校の課程が高等教育を行う課程であると誤認されることもあるが、正しくはそれは後期中等教育(ISCEDレベル3)を行う課程である。また、それらの学校の専攻科については中等後非高等教育(ISCEDレベル4)に位置づけられている。 世界人権宣言においては「高等教育は、能力に応じ、すべての者にひとしく開放されていなければならない」と定められている。.

新しい!!: インドと高等教育 · 続きを見る »

高速道路

速道路(こうそくどうろ、日本における英語表記はExpressway)とは迅速な交通移動を達成することを主目的にした道路であり主に自動車が高速かつ安全に走行できるような構造になっている。国や地域の道路網の中で基幹的な役割を担うことが多い。.

新しい!!: インドと高速道路 · 続きを見る »

高速鉄道

速鉄道(こうそくてつどう、high-speed rail)とは、200km/h程度以上の速度で走行できる鉄道を指す。特化した車両と専用軌道とを統合したシステムを用い、従来の鉄道よりも著しく高速で運用される交通機関である。 本稿では、磁気浮上式鉄道(リニアモーターカー)のうち高速輸送を目的としたものも高速鉄道に含める。.

新しい!!: インドと高速鉄道 · 続きを見る »

警察

勤務中の日本の警察官(大阪府警察) 警察(けいさつ、仏:Police)とは、軍隊と並ぶ国家の実力組織であり、権力行使を以て国家の治安を維持する行政作用及びその主体をいい、社会の安全や秩序を守る責任を課された行政機関である。.

新しい!!: インドと警察 · 続きを見る »

議会

議会が開かれる議場の例(日本参議院) 議会(ぎかい)は、通常は選挙によって選出された議員によって構成され、法律の制定(立法)などを行う機関(立法府)。近代の議会では通常、選挙民の代表、法律の制定、政府の監視(行政監督権)の3機能を持つ。.

新しい!!: インドと議会 · 続きを見る »

議院内閣制

議院内閣制(ぎいんないかくせい)とは、政府(内閣)が議会(特に下院)の信任によって存立することとする制度。.

新しい!!: インドと議院内閣制 · 続きを見る »

谷垣禎一

谷垣 禎一(たにがき さだかず、1945年(昭和20年)3月7日 - )は、日本の政治家、弁護士。京都府遺族会会長、有隣会特別顧問。 衆議院議員(12期)、科学技術庁長官(第56代)、総理府原子力委員会委員長(第56代)、大蔵政務次官(小渕内閣)、金融再生委員会委員長(第3・4代)、国家公安委員会委員長(第69代)、産業再生機構担当大臣(第1次小泉第1次改造内閣)、食品安全担当大臣(第1次小泉第1次改造内閣)、財務大臣(第3・4・5代)、国土交通大臣(第9代)、海洋政策担当大臣(福田康夫改造内閣)、法務大臣(第93代)、自由民主党総裁(第24代)、自由民主党政調会長(第50代)、自由民主党幹事長(第47代)、自民党たばこ議員連盟顧問等を歴任。 父は、文部大臣(第100代)を務めた衆議院議員の谷垣専一。祖父は、陸軍中将の影佐禎昭。.

新しい!!: インドと谷垣禎一 · 続きを見る »

貧困

インドネシア、ジャカルタのスラムにて 発見したものを見せる少年 南アフリカ共和国のソウェト 貧困(ひんこん、poverty)は、貧しく困る様を表す形容動詞。「発想が貧困になる」、「貧困生活」など。本項では、主に経済学と生活史的な貧困について言及する。.

新しい!!: インドと貧困 · 続きを見る »

貨物線

貨物線(かもつせん)とは貨物列車が主に運行される鉄道路線。.

新しい!!: インドと貨物線 · 続きを見る »

販売

販売(はんばい)は、商品を顧客に売る(所有権を移転する)行為を指す。 販売を主たる事業として行っている業態を販売業と呼び、販売を行う業者を販売業者と呼ぶ。 発売(はつばい)は、新しい商品の販売活動を開始する際によく使われる。類義であるが、「発売」と「販売」が別記される場合は、発売には製造なども含んだ意味になっていることがある。しかし「製造」と「発売」の場合は発売のほうに流通販売の意味があったり、そのほかにも「発売」と「製造販売」など、様々なケースがあり一概には言えない。.

新しい!!: インドと販売 · 続きを見る »

費用

費用(ひよう、cost, expense)とは、生産や取引などの経済活動に伴って支払う金銭である。費用は、適用範囲などの違いから様々な形で記述される。.

新しい!!: インドと費用 · 続きを見る »

貿易

貿易(ぼうえき、international trade、trade)とは、ある国(またはそれに準ずる地域)と別の国(同)との間で行なわれる商品の売買のことをいう。商品を外国に対して送り出す取引を輸出、外国から導入する取引を輸入という。通常は、形のある商品(財貨)の取引を指すが、サービス貿易や技術貿易のように無形物の取引を含める場合もある。 多くの国で貿易額は国内総生産のかなりの比率を占める。貿易は有史以来長い間存在するものの(シルクロードやアンバーロードを参照)、経済・社会・政治の各局面で貿易の重要性が高まったのはここ数世紀のことである。工業化、交通機関の発達、グローバル化、多国籍企業、アウトソーシングはみな貿易に大きな衝撃を与える。貿易の拡大はグローバル化の基礎である。貿易は経済学の一分野として扱われ、国際金融とともに国際経済の一部門を形成する。.

新しい!!: インドと貿易 · 続きを見る »

鳩山由紀夫

鳩山 由紀夫(はとやま ゆきお、1947年(昭和22年)2月11日 - )は、日本の政治家。一般財団法人東アジア共同体研究所理事長、中国・西安交通大学名誉教授、アジアインフラ投資銀行国際諮問委員会委員、凱富能源集団名誉会長兼上席顧問。学位はPh.D.(スタンフォード大学・1976年)。 衆議院議員(8期)、内閣総理大臣(第93代)、内閣官房副長官(細川内閣)、新党さきがけ代表幹事(第2代)、旧民主党代表(初代)、旧民主党幹事長、民主党幹事長代理(初代)、民主党代表(第2・7代)、民主党幹事長などを歴任した。2013年に「友紀夫」に改名したことを明らかにし、文藝春秋やニコニコ動画などでこの名義での活動をしているが、公式ウェブサイトやTwitterでは「由紀夫」のままである。.

新しい!!: インドと鳩山由紀夫 · 続きを見る »

購買力平価説

購買力平価説(こうばいりょくへいかせつ、purchasing power parity、PPP)とは、外国為替レートの決定要因を説明する概念の一つ。為替レートは自国通貨と外国通貨の購買力の比率によって決定されるという説である。1921年にスウェーデンの経済学者、グスタフ・カッセルが『外国為替の購買力平価説』として発表した。.

新しい!!: インドと購買力平価説 · 続きを見る »

資源

資源(しげん)は、人間の生活や産業等の諸活動の為に利用可能なものをいう。広義には人間が利用可能な領域全てであり、狭義には諸活動に利用される原材料である。 各種天然資源や観光資源のような物的資源と、人的資源とがある。さらに、経済上投入可能な資源として経済的資源という区分もある。 人間の活動に利用可能なものが資源とされるため、何が資源と認識されるかはその時代や社会によって異なり、これまでは単なるゴミなどとされていたものでも技術の発達に伴い資源とされたり、逆にこれまで利用され資源と認識されたものでも、社会の変化と共に資源でなくなったりする。.

新しい!!: インドと資源 · 続きを見る »

資本自由化

資本自由化(しほんじゆうか)とは、資本移動を自由にする国際政策である。.

新しい!!: インドと資本自由化 · 続きを見る »

麻生太郎

麻生 太郎(あそう たろう、1940年〈昭和15年〉9月20日 - )は、日本の政治家、実業家。財務大臣(第17・18・19代)、副総理、内閣府特命担当大臣(金融担当)、デフレ脱却担当、志公会(麻生派)会長、自民党たばこ議員連盟顧問。 自由民主党所属の衆議院議員(13期)、内閣総理大臣(第92代)、経済企画庁長官(第53代)、経済財政政策担当大臣(第2代)、総務大臣(第3代・第4代・第5代)、外務大臣(第138代・第139代)、衆議院外務委員長、自由民主党政務調査会長(第44代)、自由民主党幹事長(第40代・第42代)、自由民主党総裁(第23代)を務めた。.

新しい!!: インドと麻生太郎 · 続きを見る »

軍事力

軍事力(ぐんじりょく、military strength, military power)とは、軍事的な能力のことであり、国家やそれに類する集団が、内外の対象に対して、実力行使ができる能力を言う。 武力 (Armed force)、防衛力 (Defense potential)、戦争能力 (War potential) とも呼ばれるが、ここでの表記は軍事力で統一する。 軍事力の行使は、直接的には軍隊・準軍事組織(民間軍事会社含む)・民兵組織などによって行われる。しかし、現代の戦争や安全保障は総力戦の形態をとっており、動員可能な人口、経済力、技術力、外交力などの総合的な国力に基づく潜在的な軍事力も重要な要素となる。国家の軍事力は現代においても国力の重要な要素の一つとみなされており、政治的な目的達成、国益の保護のための最終的な手段として現代でも重視されている。 警察は国内の治安維持を目的として軍隊から分化した組織であるため、軍事力の枠外とみなされることも多いが、究極的には社会の秩序を保つことで国家の権益を守る実力組織である。現代ではテロリズムなどの非対称戦争・低強度紛争の増加により、軍事力と警察力の境界が再び曖昧になってきている。.

新しい!!: インドと軍事力 · 続きを見る »

軍隊

軍隊(ぐんたい、military force)は、兵器およびそれを扱う兵士からなる、戦闘力を備えた集団。広義には軍事組織であり、狭義には後述する戦時国際法で定められたそれである。警察と並ぶ国家の実力組織であり、主に外敵への対応を目的としているが、非常時の治安維持も期待されている。.

新しい!!: インドと軍隊 · 続きを見る »

輪廻

六道輪廻をあらわしたチベット仏教の仏画。恐ろしい形相をした「死」が輪廻世界を支配している 輪廻とは、サンスクリット語のサンサーラ(संसार saṃsāra)に由来するヴェーダ、仏典などに見られる用語で、人が何度も転生し、また動物なども含めた生類に生まれ変わること、また、そう考える思想のこと。漢字の輪廻は生命が無限に転生を繰り返すさまを、輪を描いて元に戻る車輪の軌跡に喩えたことから来ている。なお、リンエではなく、リンネと読むのは国語学上のという現象である(リン+エ=リンネ)。 インド哲学において生物らは、死して後、生前の行為つまりカルマ(karman)の結果、次の多様な生存となって生まれ変わるとされる。インドの思想では、限りなく生と死を繰り返す輪廻の生存を苦と見、二度と再生を繰り返すことのない解脱を最高の理想とする。.

新しい!!: インドと輪廻 · 続きを見る »

輸出

輸出(ゆしゅつ:Export)とは、外国へ財を販売する事である。対義語は輸入。.

新しい!!: インドと輸出 · 続きを見る »

輸入

輸入(ゆにゅう)とは外国から資源やサービスなどの財を購入することを言う。対義語は輸出。資源の有無、生産性の高低にかかわらず一般的には輸出入に制限を設けない方が国際分業が進み、どの国家にとっても利益が最大になる。しかしながら国内産業の保護育成や外国への依存度が高すぎると国際情勢が悪化した場合に多大な不利益を被る可能性があることなどを理由として、なんらかの制限を課すのが通常である。 日本では、関税法第2条第1項第1号が「外国から本邦に到着した貨物(外国の船舶により公海で採捕された水産物を含む。)又は輸出の許可を受けた貨物を本邦に(保税地域を経由するものについては、保税地域を経て本邦に)引き取ることをいう」と定義する。 輸の字音では「しゅにゅう」が正しいが、諭などの影響で「ゆにゅう」という百姓読みが明治時代より定着している。.

新しい!!: インドと輸入 · 続きを見る »

農業

農業(のうぎょう)とは、土地の力を利用して有用な植物を栽培し、また、有用な動物を飼養する、有機的な生産業のこと広辞苑 第六版「農業」。.

新しい!!: インドと農業 · 続きを見る »

近代オリンピック

近代オリンピック(きんだいオリンピック、、)は、国際オリンピック委員会(英:)が開催する世界的な総合スポーツ大会。現在、夏季大会と冬季大会の各大会が4年に1度、夏季大会は西暦で4の倍数の年、冬季大会は4の倍数でない偶数の年で2年ずらして開催されるので、2年に1度開催されることになる。 日本語ではオリンピック、またそのシンボルマークから五輪と呼ぶこともある。.

新しい!!: インドと近代オリンピック · 続きを見る »

霧 霧(きり)とは、水蒸気を含んだ大気の温度が何らかの理由で下がり露点温度に達した際に、含まれていた水蒸気が小さな水粒となって空中に浮かんだ状態。.

新しい!!: インドと霧 · 続きを見る »

日本で一般的な煎茶 抹茶を点てる様子 広見町) 茶(ちゃ)、チャノキ(学名: Camellia sinensis (L.) Kuntze)の葉や茎風味の違いなどから日本茶や中国茶、紅茶などは別の植物の葉であると誤解されることもあるが、種の違いを除き、分類学上はすべて同一(ツバキ目ツバキ科ツバキ属に分類される常緑樹)である。を加工して作られる飲み物である。 また、これに加えて、チャノキ以外の植物の部位(葉、茎、果実、花びら、根等)や真菌類・動物に由来する加工物から作られる飲み物(「茶ではない「茶」」の節、茶外茶を参照)にも「茶」もしくは「○○茶」と称するものが数多くある。.

新しい!!: インドと茶 · 続きを見る »

都市

都市(とし、city)とは、商業、流通などの発達の結果、限られた地域に人口が集中している領域である。.

新しい!!: インドと都市 · 続きを見る »

航空

航空(こうくう)とは何らかの装置を用いて飛行することである。航空という言葉はフランス語を語源とする "aviation" に対応した日本語であり、aviation は鳥を意味する "avis" と接尾辞の "-ation" を組み合わせた言葉である。 飛行に用いる装置を航空機と言い、空気より軽い「軽航空機」と空気より重い「重航空機」に分類され、航空という言葉は一般に重航空機の飛行に関して用いられる。軽航空機には気球や飛行船が含まれ、重航空機には固定翼や回転翼を備えた飛行機、グライダー、ヘリコプターなどが含まれる。 航空はその目的により、「民間航空」と「軍事航空」に分けることができる。民間航空は軍事航空以外の全ての航空活動を指し、航空輸送や航空機を用いた調査・測量、航空スポーツなどが含まれる。警察や消防、海上保安庁などの公的な航空活動は民間航空に含むが、政府が直轄する救難・監視目的の活動は含まれない場合がある(→#目的による分類)。 航空に関する産業「航空産業」には、航空機の設計・生産・販売・メンテナンスに携わる「航空機産業」、人や貨物等を輸送する「航空運送」、そして航空機を用いて運送以外の薬剤散布、写真撮影、広告宣伝などを行う「産業航空」が含まれる。航空をシステムとして見ると、航空機の製造者、航空機の運用者(航空会社など)だけでなく、政府や国際機関、大学・研究機関、金融機関などが密接かつ複雑に関係している。 航空に関する学問分野には、航空のための技術および科学のあらゆる研究分野を含めた広い学問として「航空学」があり、飛行する航空機の各部に働く空気力やその運動を扱う「航空力学」や、航空機の設計、試験、製造および運用を扱う「航空工学」などがある。 航空の歴史を航空史と言い(→#歴史)、航空が関連する事故を航空事故と言う(→#航空事故)。.

新しい!!: インドと航空 · 続きを見る »

航空母艦

航空母艦(こうくうぼかん、aircraft carrier)は、航空機を多数搭載し、海上における航空基地の役割を果たす軍艦。略称は空母(くうぼ)。 1921年のワシントン軍縮会議では、「水上艦船であって専ら航空機を搭載する目的を以って計画され、航空機はその艦上から出発し、又その艦上に降着し得るように整備され、基本排水量が1万トンを超えるものを航空母艦という」と空母を定義している。1930年のロンドン海軍軍縮条約で基本排水量1万トン未満も空母に含まれることになった。.

新しい!!: インドと航空母艦 · 続きを見る »

阿片戦争

阿片戦争(アヘンせんそう、第一次鴉片戰爭、First Opium War)は、19世紀前半に清へのアヘン密輸販売で巨利を得ていたイギリスと、アヘンを禁止していた清の間で1840年から2年間にわたり行われた戦争である。 イギリスは、インドで栽培し製造したアヘンを、清に密輸して広く組織的に販売し収益を得ていたため、アヘンの流通販売や摂取を禁止していた清との間で戦争となり、イギリスの勝利に終わり、1842年に南京条約が締結され、イギリスへの香港の割譲他、清にとって不平等条約となった。 なお、アロー戦争を第二次とみなして第一次アヘン戦争とも呼ばれる。.

新しい!!: インドと阿片戦争 · 続きを見る »

赤い城

赤い城(赤い砦、レッド・フォート、Red Fort)またはラール・キラー(लाल क़िला、لال قلعہ, Lal Qila)は、インドのデリーにあるムガル帝国時代の城塞。デリー城(Delhi Fort)とも。 なお、インドで「赤い城」と言えば同じく帝国時代に築かれたアーグラ城塞を指す場合もある。 毎年8月15日のインド独立記念日には、ここで首相演説が行われる。.

新しい!!: インドと赤い城 · 続きを見る »

赤道

赤道(せきどう、、、)は、自転する天体の重心を通り、天体の自転軸に垂直な平面が天体表面を切断する、理論上の線。緯度の基準の一つであり、緯度0度を示す。緯線の中で唯一の大円である。赤道より北を北半球、南を南半球という。また、天文学では赤道がつくる面(赤道面)と天球が交わってできる円のことを赤道(天の赤道)と呼ぶ。天の赤道は恒星や惑星の天球上の位置(赤緯、赤経)を決める基準となる。 以下、特に断らないかぎり地球の赤道について述べる。.

新しい!!: インドと赤道 · 続きを見る »

関税

関税(かんぜい)とは、広義には国境または国内の特定の地域を通過する物品に対して課される税東京銀行『貿易為替辞典』至誠堂、1960年、87頁。狭義には国境関税(外部関税)のみを指す。国内関税が多くの国で廃止されている現代社会では、国内産業の保護を目的として又は財政上の理由から輸入貨物に対して課される国境関税をいうことが多く、間接消費税に分類される。.

新しい!!: インドと関税 · 続きを見る »

開眼法要

開眼法要(かいげんほうよう)は、仏像、仏画、仏壇、墓などの完成の際に営まれる法要のこと。開眼供養、入魂式、魂入れとも言う。 例外として浄土真宗では、「開眼法要」・「入魂式」は営まない(詳細は#御移徙を参照)。.

新しい!!: インドと開眼法要 · 続きを見る »

開発

開.

新しい!!: インドと開発 · 続きを見る »

野党

野党(やとう)とは、政府を構成せず行政を担当しない政党のこと。「政府から離れた在野の政党」からきている。対義語は与党。.

新しい!!: インドと野党 · 続きを見る »

野村證券

枚方支店、枚方市 野村證券株式会社(のむらしょうけん、)は、東京都中央区日本橋一丁目(日本橋本社・本店)に本拠を構える、野村ホールディングス傘下の子会社で証券会社。野村グループの証券業務における中核会社である。.

新しい!!: インドと野村證券 · 続きを見る »

自爆テロ

自爆テロ(じばくテロ、英:suicide terrorism、kamikaze)とは、犯人自身も死亡する事を前提としたテロリズムである。通常、人は自然と自分の身を守ろうとするもので、テロリズムなどの犯罪を行う場合でもそうしたがるものなのだが、自爆テロでは自分が死ぬことを承知の上で殺人・破壊活動などを行う。攻撃の内容がテロリズムに当たるのかどうかを特に問わない場合はsuicide attack “自殺攻撃”と呼ばれている。 ここでは爆弾を用いたものに限らず、犯人自身が必然的に死ぬことを承知の上で行う攻撃やテロリズム全般を扱う。.

新しい!!: インドと自爆テロ · 続きを見る »

自給自足

自給自足(じきゅうじそく)とは、生活に必要な物資を手に入れる生活のあり方のことである。 自給自足では、食料や衣料、住居などを自分自身で生産または製作して生活する。食糧生産を試みる人々が増えている。.

新しい!!: インドと自給自足 · 続きを見る »

自然遺産 (世界遺産)

sEXSEXSEXSEXしようぜ 遺合行。のUNよ区分るがでる(し自保地カゴさてる界産例島保ギ島林ガ)ツンマ区ル自然地域)- 白神山地(日本).

新しい!!: インドと自然遺産 (世界遺産) · 続きを見る »

自衛隊インド派遣

自衛隊インド派遣(じえいたいインドはけん)は、インド共和国への国際緊急援助法に基づく自衛隊派遣。.

新しい!!: インドと自衛隊インド派遣 · 続きを見る »

釈迦

釈迦(しゃか)は、紀元前5世紀前後の北インドの人物で、仏教の開祖である。.

新しい!!: インドと釈迦 · 続きを見る »

自然金 金(きん、gold, aurum)は原子番号79の元素。第11族元素に属する金属元素。常温常圧下の単体では人類が古くから知る固体金属である。 元素記号Auは、ラテン語で金を意味する aurum に由来する。大和言葉で「こがね/くがね(黄金: 黄色い金属)」とも呼ばれる。。 見かけは光沢のある黄色すなわち金色に輝く。日本語では、金を「かね」と読めば通貨・貨幣・金銭と同義(お金)である。金属としての金は「黄金」(おうごん)とも呼ばれ、「黄金時代」は物事の全盛期の比喩表現として使われる。金の字を含む「金属」や「金物」(かなもの)は金属全体やそれを使った道具の総称でもある。 金属としては重く、軟らかく、可鍛性がある。展性と延性に富み、非常に薄く延ばしたり、広げたりすることができる。同族の銅と銀が比較的反応性に富むこととは対照的に、標準酸化還元電位に基くイオン化傾向は全金属中で最小であり、反応性が低い。熱水鉱床として生成され、そのまま採掘されるか、風化の結果生まれた金塊や沖積鉱床(砂金)として採集される。 これらの性質から、金は多くの時代と地域で貴金属として価値を認められてきた。化合物ではなく単体で産出されるため精錬の必要がなく、装飾品として人類に利用された最古の金属で、美術工芸品にも多く用いられた。銀や銅と共に交換・貨幣用金属の一つであり、現代に至るまで蓄財や投資の手段となったり、金貨として加工・使用されたりしている。ISO通貨コードでは XAU と表す。また、医療やエレクトロニクスなどの分野で利用されている。.

新しい!!: インドと金 · 続きを見る »

金融

金融(きんゆう、finance)とは、一般に、資金余剰者から資金不足者へ資金を融通することをいう。しかし、歴史に残る金融は合理化の手段である。したがって合理的に解釈すれば、ここにいう「不足」とは絶対量のそれではなく、単純に資金需要を指すことになる。.

新しい!!: インドと金融 · 続きを見る »

金融機関

金融機関(きんゆうきかん)とは、金融取引に関する業務を営む組織のこと。狭義には預貯金取扱金融機関のみを指すが、広義には保険会社や証券会社、ノンバンクも含む。 金融の本質は、資金を余剰している先から集め、不足している先に融通するところにある。 この事業の性質上、公共性が極めて高いことから、この事業を行うものに対しては、各国とも行政運営上、この事業の資金調達ならびに営業(個人、法人および事業性個人に対するものも含めて)に対して、免許制ないし認可制・登録制などの規制を行うことがほとんどである。この、行政によって認可・許可・登録などをなされた法人を、狭義の金融機関と定義することができる。 この業態でよく見られる例としては、銀行や信用金庫などが預金という形式で集めて融資を行ったり保険会社が保険料という形式で集めて融資を行うという間接金融形式、証券会社が事業法人が株式や社債を発行する直接金融の仲介を行う形式などを挙げることができる。 これらの金融機関は、金融市場において、立場はさまざまであるが、重要なプレーヤーとして機能する。.

新しい!!: インドと金融機関 · 続きを見る »

金本位制

金本位制(きんほんいせい、)とは、一国の貨幣価値(交換価値)を金に裏付けられた形で金額を表すものであり、商品の価格も金の価値を標準として表示される。この場合、その国の通貨は一定量の金の重さで表すことができ、これを法定金平価という 。大不況 (1873年-1896年) 期に採用が進み、20世紀には国際決済銀行とブレトンウッズ体制の礎となった。.

新しい!!: インドと金本位制 · 続きを見る »

鉱業

鉱業(こうぎょう、英語:mining)とは、鉱物などの地下資源(場合によっては地表にあるものを含む)を鉱脈や鉱石から資源として取り出す産業である。卑金属、貴金属、鉄、ウラン、石炭、オイルシェール、岩塩、炭酸カリウムなどが採取される。農業で生産できない材料や、研究室や工場で化学合成で作れない材料を一般に採掘する。広い意味では任意の再生不可能な資源の採取を含み、石油や天然ガス、さらには化石水の採掘も含む。 日本は鉱業法では「鉱業」は「鉱物の試掘、採掘及びこれに附属する選鉱、製錬その他の事業」と定義されており(鉱業法4条)、鉱業法の適用鉱物について同法3条で定めている。 音が同じ「工業」などと区別するために「山の鉱業」「金偏の鉱業」などと称することもある。 石や金属の採掘は先史時代から行われていた。現代の鉱業では、鉱体を試掘し、計画中の鉱山の潜在的利益を分析し、必要な素材を抽出し、閉山となった鉱山の土地を最終的に何かに再利用するところまでを含む。鉱山は操業中だけでなく、閉山になってから何年か経っても、周囲の環境の悪影響を及ぼすことがある。このため多くの国々では、鉱山の悪影響を軽減するよう規制を設けている。安全性も重要な課題であり、近年では鉱山における安全は大幅に改善されつつある。.

新しい!!: インドと鉱業 · 続きを見る »

鉄道

鉄道(てつどう、railway railroad)とは、等間隔に設置された2本の鉄製の軌条(レール)またはそれに代わる物を案内路として車輪を有する車両が走行する交通機関である。線路・停車場などの施設、旅客や貨物を輸送する列車、運行管理や信号保安まで様々な要素で構成される一連の体系である。 広い意味では、レール、案内軌条などの案内路に誘導されて走行する車両を用いた交通機関を指し、懸垂式・跨座式のモノレール、案内軌条式のAGT(新交通システム)、鋼索鉄道(ケーブルカー)、浮上式鉄道を含む。日本では鉄道事業法の許可、または、軌道法の特許を得て敷設される。トロリーバス(無軌条電車)は、架線が張られたルートを集電装置(トロリー)により集電した電気を動力として走行するバスであるが、鉄道事業法に基づく鉄道、または、軌道法上の「軌道に準ずる」軌道として扱われる。ロープウェイも鉄道事業法、または、軌道法の対象であるが、索道という扱いとなる。 なお、本項では鉄製レールの案内路を有する鉄道について解説する。.

新しい!!: インドと鉄道 · 続きを見る »

苦行

苦行(くぎょう)とは、身体を痛めつける事によって自らの精神を高めようとする宗教的行為。禁欲とも密接に関係し主立った宗教(仏教、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、神道など)には共通して禁欲主義的な傾向が見られる。.

新しい!!: インドと苦行 · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: インドと英語 · 続きを見る »

英語圏

英語圏(えいごけん、)は、公用語や国語に英語が定められている、もしくはそこに住む人々の主に話す言語が英語である国・地域の総称。かつてイギリスやアメリカなどの植民地であった地域が、英語圏になっている場合が多い。英語は、世界80カ国以上で話されている。 国の公用語が英語であることは、国民や地域住民の過半数が英語を第一言語とする、もしくは英語を話す能力を備えていることとは限らない。例えば、ジンバブエでは国民の大半がショナ語もしくは北ンデベレ語を日常会話に用いる。世界の英語話者(第一言語として)の3分の2が集中するアメリカ合衆国では、憲法の規定としての公用語は存在していないが、事実上、英語の占める位置が圧倒的に優勢であるため、英語圏とみなされている。.

新しい!!: インドと英語圏 · 続きを見る »

英蘭協約

英蘭協約(えいらんきょうやく)とは、1824年に成立したイギリスとネーデルラント連合王国(オランダ)の間の条約。.

新しい!!: インドと英蘭協約 · 続きを見る »

英蘭戦争

英蘭戦争(えいらんせんそう、Anglo-Dutch Wars)は、17世紀後半の3次にわたるイングランドとネーデルラント連邦共和国(オランダ共和国)の戦争であるが、18世紀の戦争も同様に呼ばれる。イギリス・オランダ戦争とも呼ばれる。 17世紀始めには英蘭両国はカトリックのスペイン・ポルトガル勢力に対して協力関係にあったが、オランダ東インド会社の実力がイギリス東インド会社を上回り、1623年のアンボイナ事件を契機に、イングランドは東南アジアや東アジアから撤退せざるを得なくなった。香料貿易を独占したオランダにはアジアの富が流入し、イングランドでは反オランダ感情が高まった。 戦争は海戦が中心で双方とも相手方の本土に侵攻することはなく、いずれも中途半端な結果に終わった。イングランドは3次にわたってオランダと開戦し、オランダ経済に大打撃を与えたが、皮肉にも1688年の名誉革命により、かつて敵対したオランダ統領ウィレム3世をイングランド王ウィリアム3世として迎えることとなる。 18世紀に行われた第四次英蘭戦争により、オランダの国力は疲弊し、海上交易における優勢を失った。マクミラン国際地域研究センター所長を務めるスティヴン・パインクスのような多くの高名な歴史家達は、この戦争を17世紀の一連の戦争と原因が異なるので、一緒にしないほうが良いとしている。 歴史家によっては、イギリスとバタヴィア共和国の戦争、およびナポレオン時代のホラント王国との戦争を、それぞれ第五次、第六次英蘭戦争と呼んでいる。.

新しい!!: インドと英蘭戦争 · 続きを見る »

英連邦王国

英連邦王国(えいれんぽうおうこく、英:Commonwealth realm)は、イギリス連邦の加盟国であって、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(英国、イギリス)の王座にある者を自国の国王として戴く主権国家を指す。2015年現在、計16ケ国ある。 一般的に定着した日本語訳が存在しないため、イギリス連邦王国ないしコモンウェルス・レルムとも呼ばれる。.

新しい!!: インドと英連邦王国 · 続きを見る »

鋼(はがね、こう、釼は異体字、steel)とは、炭素を0.04~2パーセント程度含む鉄の合金。鋼鉄(こうてつ)とも呼ばれる。強靭で加工性に優れ、ニッケル・クロムなどを加えた特殊鋼や鋳鋼等とあわせて鉄鋼(てっこう)とも呼ばれ、産業上重要な位置を占める。.

新しい!!: インドと鋼 · 続きを見る »

(あめ)とは、大気から水の滴が落下する現象で、降水現象および天気の一種。また、落下する水滴そのもの(雨粒)のことグランド現代大百科事典、大田正次『雨』p412-413。大気に含まれる水蒸気が源であり、冷却されて凝結した微小な水滴が雲を形成、雲の中で水滴が成長し、やがて重力により落下してくるものである。ただし、成長の過程で一旦凍結し氷晶を経て再び融解するものもある。地球上の水循環を構成する最大の淡水供給源で、生態系に多岐にわたり関与するほか、農業や水力発電などを通して人類の生活にも関与している。.

新しい!!: インドと雨 · 続きを見る »

雨季

タイ・バンコクの雨温図。夏が雨季。 雨季(うき)とは、1年の降水量の多い時期(概ね1か月以上)のことをいう。雨期とも書く。逆に降水量の少ない時期を乾季という。日本のにおける雨季は6月の梅雨期と、9月の秋雨期がある。 サバナ気候や熱帯モンスーン気候に顕著である。赤道に近い地域で、四季のない地域であっても、雨季と乾季の交代が1年の季節を感じさせることがある。.

新しい!!: インドと雨季 · 続きを見る »

電力

電力(でんりょく、electric power)とは、単位時間に電流がする仕事(量)のことである。なお、「電力系統における電力」とは、単位時間に電気器具によって消費される電気エネルギーを言う。国際単位系(SI)においてはワット が単位として用いられる。 なお、電力を時間ごとに積算したものは電力量(electric energy)と呼び、電力とは区別される。つまり、電力を時間積分したものが電力量である。.

新しい!!: インドと電力 · 続きを見る »

集積回路

SOPパッケージに封入された標準ロジックICの例 集積回路(しゅうせきかいろ、integrated circuit, IC)は、主としてシリコン単結晶などによる「半導体チップ」の表面および内部に、不純物の拡散による半導体トランジスタとして動作する構造や、アルミ蒸着とエッチングによる配線などで、複雑な機能を果たす電子回路の多数の素子が作り込まれている電子部品である。多くの場合、複数の端子を持つ比較的小型のパッケージに封入され、内部で端子からチップに配線されモールドされた状態で、部品・製品となっている。.

新しい!!: インドと集積回路 · 続きを見る »

通信

通信(つうしん)とは、情報の伝達を意味する言葉である。有史以前から徐々に発展し、近代における様々なそして急激な技術的発展によって、より多様で利便性の高い、大衆的なものに発展してきた。.

新しい!!: インドと通信 · 続きを見る »

造船

造船(ぞうせん)とは船を作ることである。.

新しい!!: インドと造船 · 続きを見る »

連合国 (第一次世界大戦)

連合国 (Allies) または協商国 (Entente Powers) は、第一次世界大戦で中央同盟国(同盟国:ドイツ、オーストリア、オスマン帝国、ブルガリア王国)と戦った国家連合。条約等で用いられた正式名称は同盟及び連合国(Allied and associated Powers)であり、同盟 はイギリス・フランス・ロシア・日本などの同盟国、連合 は同盟関係にないアメリカ合衆国を指す。.

新しい!!: インドと連合国 (第一次世界大戦) · 続きを見る »

連合国 (第二次世界大戦)

ターリン) 第二次世界大戦における連合国(れんごうこく、Allies、United Nations)とは、枢軸国(ドイツ、イタリア、日本など)と敵対した国家連合。一般的に連合国共同宣言に署名した国などが該当する。 第二次世界大戦における連合国は、1939年9月1日、ドイツ国によるポーランド侵攻にはじまる欧州戦線でドイツの陣営と戦った国々と、1941年12月8日の日本によるマレー作戦及び真珠湾攻撃に始まる太平洋戦争(大東亜戦争)において日本の陣営と戦った国々がある。このうちイギリス、アメリカ合衆国、中華民国、オーストラリアを含む大部分の諸国は参戦の時点から終戦までの期間に日独両陣営と戦争状態にあったが、ソビエト連邦が対日戦に参戦したのは1945年8月のことである。 ドイツやその他の枢軸国から攻撃を受けるなどし、領域を喪失した政府が亡命政府となり、戦争に参加している。戦後これらの亡命政府の多くは帰国したが、ソ連の影響力が強い地域の亡命政府は復帰することができない例や、戦後まもなく亡命政府の継承政権が打倒されることもあった。一方でユーゴスラビアのパルチザンなど交戦当時は国家を代表する存在ではなかったが、国家を代表する存在として連合国の政府として承認される事例もあった。 連合国は戦後処理問題などで比較的緊密な連絡を取った。現在の国際連合 (United Nations) は、戦争中の連合国協議によって生まれた国際機関であり、連合国諸国が原加盟国となっている。特に中心となったアメリカ・イギリス・ソビエト連邦・フランス・中華民国は、国際連合憲章によって安全保障理事会における「常任理事国」の地位が与えられ、拒否権などの特権を有するなど、国際社会において強い影響を持つこととなった。.

新しい!!: インドと連合国 (第二次世界大戦) · 続きを見る »

連邦

連邦(れんぽう、)とは、2つ以上の国(州)が1つの主権の下に結合して形成する国家形態である。.

新しい!!: インドと連邦 · 続きを見る »

逮捕

逮捕(たいほ)とは、犯罪に関する被疑者の身体的拘束の一種。 逮捕の意味は各国での刑事手続の制度により大きく異なる。日本法における逮捕は捜査官のいる場所への引致である。英米法における逮捕は裁判官に引致するための制度であり、日本法では勾留請求は逮捕とは異なる新たな処分とされているから、英米法の逮捕と日本法の逮捕とは全く制度を異にする。.

新しい!!: インドと逮捕 · 続きを見る »

GoAir

GoAir(ゴーエア)は、インドの格安航空会社。.

新しい!!: インドとGoAir · 続きを見る »

HDFC

HDFC(英語:Housing Development Finance Corporation、日本語訳:住宅開発金融会社)は、インドの非銀行系金融会社。.

新しい!!: インドとHDFC · 続きを見る »

HRT F1

HRT F1チーム(HRT F1 Team)はF1世界選手権に2010年から2012年まで参戦していたスペインのF1コンストラクター。過去にチーム名の通称として「ヒスパニア・レーシング・F1チーム」とも呼ばれていた。当初は元F1ドライバーのエイドリアン・カンポスが代表を務め、当初のチーム名は「カンポス・メタ」(Campos Meta)だった。.

新しい!!: インドとHRT F1 · 続きを見る »

HSBCホールディングス

HSBCホールディングス(エイチエスビーシーホールディングス、HSBC Holdings plc)は、イギリス、ロンドン、カナリー・ワーフに本社を置き、商業銀行を主体とする、世界最大級のメガバンクである。1865年に香港で創設された香港上海銀行を母体として1991年に設立された。 前身から引続き東洋におけるカストディサービスを担っている。2016年現在、HSBCのキャッシュ・マネジメントは最も人気がある。これは束の間だけマネー・マーケット・ファンドへ投資できるという商品である。 HSBCのイギリス部門が収益源に占める比率は20%であり、最大の収益源は22%の香港部門である。HSBCの事業部門は、商業銀行・投資銀行・リテール銀行・グローバルプライベートバンキングの4つである。 2017年9月2日現在の主要株主では、首位にケネス・フィッシャー(Kenneth Fisher)のフィッシャー・アセット・マネジメント、二位にデビッド・ブース(David G. Booth)の投資顧問会社(Dimensional Fund Advisors)、それらに比べて保有株数が1/3以下の規模でカナダロイヤル銀行、バンカメ、各種ミューチュアル・ファンドが存在している。ブースはウェルズ・ファーゴでインデックスファンドを草分けてから、1981年にDFAを立ち上げた。.

新しい!!: インドとHSBCホールディングス · 続きを見る »

Iリーグ

Iリーグ(I-League)は、2007年に発足したインドのプロサッカーリーグである。インド・スーパーリーグとは別組織。.

新しい!!: インドとIリーグ · 続きを見る »

IBM

IBM(アイビーエム、正式社名: International Business Machines Corporation)は、民間法人や公的機関を対象とするコンピュータ関連製品およびサービスを提供する企業である。本社はアメリカ合衆国ニューヨーク州アーモンクに所在する。世界170カ国以上で事業を展開している。.

新しい!!: インドとIBM · 続きを見る »

ICICI銀行

ICICI銀行(英語:ICICI Bank Ltd.)は、インドのグジャラート州ヴァドーダラに本社を置くが、実質的な本社機能はマハーラーシュトラ州ムンバイに存在する。インドの市中銀行としては、インドで2番目の規模の銀行である。かつては「Industrial Credit and Investment Corporation of India(インド工業信用投資公社)」と称していた。.

新しい!!: インドとICICI銀行 · 続きを見る »

IndiGo

IndiGo(インディゴ)は2006年に運航を開始したインドの航空会社で設立数年で急成長し、2017年現在、インドの航空市場の最大シェアを有する航空会社となっている。LCCに分類される。.

新しい!!: インドとIndiGo · 続きを見る »

IT

IT、it.

新しい!!: インドとIT · 続きを見る »

K2

K2(ケーツー)は、カラコルム山脈にある山。標高は8,611mで、エベレストに次ぐ世界第2位の高さである。パキスタンのギルギット・バルティスタン州(インドの主張によればインドカシミールのパキスタン占領地)と、中華人民共和国のウイグル自治区との国境に位置する。 K2という頭文字はKarakorum No.2 、つまりカラコルム山脈測量番号2号を意味する。 パキスタンの最高峰であり、カラコルム山脈の最高峰でもある。.

新しい!!: インドとK2 · 続きを見る »

MTNグループ

MTNグループ(mobile telecommunications Network、携帯通信網)は中東21か国および南アフリカを中心とした多国籍移動体通信事業者である。1994年に設立された。 主にアフリカ、ヨーロッパ、中東の国々にて運営されている。.

新しい!!: インドとMTNグループ · 続きを見る »

N・M・ロスチャイルド&サンズ

N・M・ロスチャイルド&サンズ(N M Rothschild & Sons)は、イギリス、ロンドンの名門投資銀行。1811年にロスチャイルド家のマイアー・アムシェル・ロートシルトおよび息子のネイサン・メイアー・ロスチャイルドにより設立された。現在、世界中に57の事業所が存在する。 同社は、世界屈指の企業向けの金融アドバイザーであり、M&Aのアドバイザーとしては世界第7位である。 2010年、ナイジェル・ヒギンズがCEO(最高経営責任者)に就任し、200年以上続いた同族経営に幕を下ろした。.

新しい!!: インドとN・M・ロスチャイルド&サンズ · 続きを見る »

NHKスペシャル

『NHKスペシャル』(エヌエイチケイスペシャル)は、NHKのドキュメンタリー番組。略称は「Nスペ」。単発のドキュメンタリーを制作・放送していたNHK特集に代わり、1989年4月2日放送開始。原則、毎週日曜日の21:00 - 21:50に放送するが時間枠を拡大したり他の曜日・時間に放送することもある。再放送は、火曜・水曜深夜。多くはハイビジョン放送である。 本項では前身である『NHK特集』(エヌエイチケイとくしゅう)についても記述する。.

新しい!!: インドとNHKスペシャル · 続きを見る »

ONGC

ONGC(英語:Oil and Natural Gas Corporation Limited、日本語訳:石油天然ガス公社)は、インド・ウッタラーカンド州デヘラードゥーンに本社を置く石油・天然ガスの探査開発国有会社。 石油・天然ガスの探査・開発のために1956年8月14日に準備委員会が設立され、政府が株式の過半を所有した上で1993年6月23日に国営企業として設立された。.

新しい!!: インドとONGC · 続きを見る »

SBIホールディングス

SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。.

新しい!!: インドとSBIホールディングス · 続きを見る »

STEM教育

STEM教育(ステムきょういく)とは、"Science, Technology, Engineering and Mathematics" すなわち科学・技術・工学・数学の教育分野を総称する語である。2000年代に米国で始まった教育モデルである。高等教育から初等教育・義務教育までの広い段階に関して議論される。科学技術開発の競争力向上という観点から教育政策や学校カリキュラムを論じるときに言及されることが多い。また、労働力開発や安全保障、移民政策とも関連がある。.

新しい!!: インドとSTEM教育 · 続きを見る »

Y染色体

Y染色体(ワイせんしょくたい、英語:Y chromosome)は性染色体の一つ。正常な雄個体ではX染色体と同時に存在し、正常な雌個体には存在しない性染色体をY染色体という。 X染色体とY染色体が同時に関与する性決定様式を、雄がX染色体とY染色体との組を持つヘテロ型であるため、雄ヘテロ型、さらに限定してXY型と呼ぶ。雄ヘテロ型性決定にはY染色体が関与しないXO型もあり、他に雌ヘテロ型の性染色体・性決定様式(ZW型・ZO型)も存在する。.

新しい!!: インドとY染色体 · 続きを見る »

暴力

暴力(ぼうりょく)とは他者の身体や財産などに対する物理的な破壊力をいう。ただし、心理的虐待やモラルハラスメントなどの精神的暴力も暴力と認知されるようになりつつある。.

新しい!!: インドと暴力 · 続きを見る »

暗殺

リンカーン大統領の暗殺を描いた絵画(米国) ガンディー・暗殺されたインドの政治家 金玉均・暗殺された李氏朝鮮の政治家 ジョン・レノン・イングランド出身の音楽家、銃弾を受け死去 坂本龍馬・幕末の英雄、盟友の中岡と共に死去 暗殺(あんさつ)は、主に政治的、宗教的または実利的な理由により、要人殺害を密かに計画・立案し、不意打ちを狙って実行する殺人行為(謀殺)のこと。 見せしめや弾圧、粛清の一種としても存在する。.

新しい!!: インドと暗殺 · 続きを見る »

枢軸国

水色が枢軸国の最大勢力範囲、緑色が連合国、黄色が中立国。 枢軸国(すうじくこく、Achsenmächte、Potenze dell'Asse、Axis powers)とは、第二次世界大戦時に連合国と戦った諸国を指す言葉。ドイツ、大日本帝国、イタリア、フィンランド、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、タイなどソビエトを脅威と捉えていた反共主義・ファシズム国家が多く、連合国が承認していない国家としては、フィリピン第二共和国、ビルマ国、スロバキア共和国、クロアチア独立国、満洲国、中華民国南京政府などがある。.

新しい!!: インドと枢軸国 · 続きを見る »

排気ガス

自動車の排気ガス 排気ガス(はいきガス、exhaust gas)は、ガソリン・軽油などの燃料がエンジンで燃焼したり、さまざまな化学反応を起こしたりしたことで生ずる気体で、大気中に放出されるものを指す。 自動車用語では排気 (exhaust)、または排ガス・排出ガス(共にexhaust gas)とも言う。日本工業規格 (JIS D0108) では、ブローバイガスや燃料蒸発ガスなどエンジンの燃焼に伴うもの以外を併せて、排出ガス (emission gas) と総称して区別している。.

新しい!!: インドと排気ガス · 続きを見る »

東南アジア

東南アジア(とうなんアジア)は、中国より南、インドより東のアジア地域を指す。インドシナ半島、マレー半島、インドネシア諸島、フィリピン諸島などを含む。主に、大陸部東南アジアと島嶼部東南アジアに分けられる。 '''東南アジア''' 東南アジアの地図 東南アジアの範域.

新しい!!: インドと東南アジア · 続きを見る »

東大寺

東大寺(とうだいじ)は、奈良県奈良市雑司町にある華厳宗大本山の寺院である。 金光明四天王護国之寺(きんこうみょうしてんのうごこくのてら)ともいい、奈良時代(8世紀)に聖武天皇が国力を尽くして建立した寺である。「奈良の大仏」として知られる盧舎那仏(るしゃなぶつ)を本尊とし、開山(初代別当)は良弁である。現別当(住職・222世)は狹川普文。 奈良時代には中心堂宇の大仏殿(金堂)のほか、東西2つの七重塔(推定高さ約70メートル以上)を含む大伽藍が整備されたが、中世以降、2度の兵火で多くの建物を焼失した。現存する大仏は、台座(蓮華座)などの一部に当初の部分を残すのみであり、また現存する大仏殿は江戸時代の18世紀初頭(元禄時代)の再建で、創建当時の堂に比べ、間口が3分の2に縮小されている。「大仏さん」の寺として、古代から現代に至るまで広い信仰を集め、日本の文化に多大な影響を与えてきた寺院であり、聖武天皇が当時の日本の60余か国に建立させた国分寺の中心をなす「総国分寺」と位置付けされた。 東大寺は1998年12月に古都奈良の文化財の一部として、ユネスコより世界遺産に登録されている。.

新しい!!: インドと東大寺 · 続きを見る »

東京海上日動火災保険

東京海上日動火災保険株式会社(とうきょうかいじょうにちどうかさいほけん、英称:Tokio Marine & Nichido Fire Insurance Co., Ltd.)は、日本の損害保険会社で東京海上ホールディングス(株) 傘下の完全子会社である。.

新しい!!: インドと東京海上日動火災保険 · 続きを見る »

東アフリカ

東アフリカ(ひがしアフリカ、スワヒリ語: Afrika ya mashariki)は、アフリカの東部地域、おおむね大地溝帯から東側の地域を指す。.

新しい!!: インドと東アフリカ · 続きを見る »

東アジア

東アジア(ひがしアジア)は、ユーラシア大陸の東部にあたるアジア地域の一部を指す地理学的な名称である。北西からモンゴル高原、中国大陸、朝鮮半島、台湾列島、琉球諸島、日本列島などを含む。北東アジア(東北アジア)、極東、東亜などと呼ぶ場合もある。.

新しい!!: インドと東アジア · 続きを見る »

東方見聞録

『東方見聞録』(とうほうけんぶんろく)は、マルコ・ポーロがアジア諸国で見聞した内容口述を、ルスティケロ・ダ・ピサが採録編纂した旅行記である。マルコもルスティケロもイタリア人であるが、本書は古フランス語で採録された。.

新しい!!: インドと東方見聞録 · 続きを見る »

東方教会

東方教会(とうほうきょうかい、Eastern Christianity)は、中東・ギリシャ・アナトリア・東ヨーロッパに広がり成長したキリスト教諸教派(正教会、東方諸教会)の総称。正教会のみを指す場合もある。西方教会の対語。 広義の東方教会には以下の諸教会が含まれる"The Blackwell Dictionary of Eastern Christianity" Wiley-Blackwell; New edition (2001/12/5), p168 - p169, ISBN 9780631232032。;正教会;非カルケドン派;アッシリア東方教会;東方典礼カトリック教会;上記諸教会から異端とされるグループ.

新しい!!: インドと東方教会 · 続きを見る »

核兵器

核兵器(かくへいき、nuclear weapon)は、核分裂の連鎖反応、または核融合反応で放出される膨大なエネルギーを利用して、爆風、熱放射や放射線効果などの作用を破壊に用いる兵器の総称。原子爆弾、水素爆弾、中性子爆弾等の核爆弾(核弾頭)とそれを運搬する運搬兵器で構成されている。 核兵器は生物兵器、化学兵器と合わせてNBC兵器(又はABC兵器)と呼ばれる大量破壊兵器である。一部放射能兵器も含めて核兵器と称する場合があるが、厳密には放射能兵器を核兵器に分類するのは誤りである。 核兵器は、人類が開発した最も強力な兵器の一つであり、その爆発は一発で都市を壊滅させる事も可能である。そのような威力ゆえに、20世紀後半に配備数が増えるにつれ核戦争の脅威が想定されるようになり、単なる兵器としてだけではなく、国家の命運、人類の存亡にも影響するものとして、開発・配備への動きのみならず、規制・廃棄の動きなど様々な議論の対象となってきた。また、実戦使用されたのがアメリカ合衆国による、第二次世界大戦における二発(広島・長崎)のみであり、使用ではなく、主に配備による抑止力として、その意義が評価されている側面を持つ。 核兵器は核分裂を主とする原子爆弾と核融合を主とする水素爆弾の大きく二つに分類される。原子爆弾は大威力化に限界があり、水素爆弾の方が最大威力は大きくすることができる。また、兵器の形態としても、開発当初は大型航空爆弾のみであったが、プルトニウム型の場合高度な製造技術を必要とする反面、小型化が可能でありミサイルや魚雷の弾頭、砲弾までも様々なものが開発されている。.

新しい!!: インドと核兵器 · 続きを見る »

核拡散防止条約

核兵器の不拡散に関する条約(かくへいきのふかくさんにかんするじょうやく、Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons、略称:NPT)は、核軍縮を目的に、アメリカ合衆国、ロシア、イギリス、フランス、中華人民共和国の5か国以外の核兵器の保有を禁止する条約である。略称は核拡散防止条約(かくかくさんぼうしじょうやく)、または核不拡散条約とも呼ばれる。.

新しい!!: インドと核拡散防止条約 · 続きを見る »

格安航空会社

格安航空会社(かくやすこうくうがいしゃ)とは、効率化によって低い運航費用を実現し、低価格かつサービスが簡素化された航空輸送サービスを提供する航空会社である。ローコストキャリア(Low-cost carrier, LCC) low-cost carrier。英語圏では他にも、「no-frills airline」や「budget airline」という表現も用いられる。とも言われる。.

新しい!!: インドと格安航空会社 · 続きを見る »

森喜朗

森 喜朗(もり よしろう、1937年(昭和12年)7月14日 ‐ )は、日本の政治家。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長。 衆議院議員、文部大臣(第105代)、通商産業大臣(第56代)、建設大臣(第62代)、内閣総理大臣(第85・86代)、自由民主党政務調査会長、自由民主党幹事長、自由民主党総務会長、自由民主党総裁(第19代)などを歴任した。.

新しい!!: インドと森喜朗 · 続きを見る »

極東国際軍事裁判

軍士官学校講堂 公判中の法廷内 極東国際軍事裁判(きょくとうこくさいぐんじさいばん、The International Military Tribunal for the Far East)とは、第二次世界大戦で日本が降伏した後の1946年(昭和21年)5月3日から1948年(昭和23年)11月12日にかけて行われた、連合国が「戦争犯罪人」として指定した日本の指導者などを裁いた一審制の軍事裁判のことである。東京裁判(とうきょうさいばん)とも称される。.

新しい!!: インドと極東国際軍事裁判 · 続きを見る »

機関投資家

機関投資家(きかんとうしか、institutional investor)とは、個人投資家らの拠出した巨額の資金を有価証券(株式・債券)等で運用・管理する社団や法人である知恵蔵2015 熊井泰明 証券アナリスト / 2007年保険基礎用語集。保険会社、投資信託、信託銀行、投資顧問会社、年金基金など。財団もふくむ坂野幹夫 訳 『機関投資家と会社支配』 東洋経済新報社 1967年10月 35、60、142-147頁 (原書 D. J. Baum and N. B. Stiles, The Silent Partners - Institutional Investors and Corporate Control, Syracuse University Press, New York, 1965.)。ビッグバンを実現したりオフショア市場を開拓したりして、金融市場に大きな存在感を示してきた。2017年現在、世界の受託資産は67兆USドルを超えているが、ブラックロックとヴァンガード(Vanguard Group)だけで11兆ドル以上を運用している。.

新しい!!: インドと機関投資家 · 続きを見る »

武術

武術(ぶじゅつ).

新しい!!: インドと武術 · 続きを見る »

歯科

歯科(しか)とは、歯または歯に関連した組織に関する疾患を扱う診療科である。歯科処置の大半は人体に侵襲を伴う外科行為である。一般歯科、矯正歯科、口腔外科、小児歯科を総称して歯科と呼ぶこともある。 診療科としての一般的な歯科は、齲蝕や歯周病を中心とした口腔内の疾病を受け持っている。診療形態の大半は診療所であり、行われる処置もエプーリス除去やインプラント埋入術など、入院を伴わない小手術や、歯牙に限局した疾病であることが多い。 日本においては、医師と歯科医師で免許が分かれているため、法的には医師が歯科医業を行なうことが出来ない。但し、治療状況によって医業との判別が困難になる場合や、歯科医業であると同時に医業となる場合もあるが、主として大学病院や総合病院の口腔外科で行われることが多い。.

新しい!!: インドと歯科 · 続きを見る »

気候

title.

新しい!!: インドと気候 · 続きを見る »

民主主義

ノミスト・インテリジェンス・ユニットによる2016年の民主主義指数の世界地図。青色(9-10)が最も指数が高い。 アダム・プシェヴォルスキによる2008年の「民主主義-独裁制」の世界地図。緑色:議院内閣制民主主義、水色:混合民主主義(半大統領制)、青色:大統領制民主主義、黄色:君主独裁制、橙色:文民独裁制、赤色:軍事独裁制。 民主主義(みんしゅしゅぎ、democracy デモクラシー)とは、国家など集団の支配者が、その構成員(人民、民衆、国民など)である政体、制度、または思想や運動。日本語では、主に政体を指す場合は民主政(みんしゅせい)、制度を指す場合は民主制(みんしゅせい)とも訳される。対比語は貴族制、寡頭制、独裁制、専制、全体主義など。.

新しい!!: インドと民主主義 · 続きを見る »

民営化

民営化(みんえいか、Privatization)とは、国や地方公共団体が経営していた企業および特殊法人などが、一般民間企業に改組されること、運営が民間委託されること、さらには民間に売却されることなど、さまざまな形態を指して用いられている政治的な言葉である。 Privatization とは別な言葉である Corporatization も民営化と日本語訳される。 多くの場合、根拠法の廃止又は改正により会社法上の会社となることを指す。一般には、公社・公団、現業事業などが特殊会社に移行することも「民営化」と呼ばれる。また、PFIによる半官半民の公営事業の委託も民営化ということがある。民営化の目的は効率化、サービスの向上、透明化、税金の納入による国民負担の軽減、債務の切り離し、労働組合の弱体化などである。総じて、政府による経済介入を減らす小さな政府政策に関連している。 逆に、国又は国の出資する特殊法人が民間会社の議決権の過半数を取得することを国有化という。.

新しい!!: インドと民営化 · 続きを見る »

民族

民族(みんぞく)とは一定の文化的特徴を基準として他と区別される共同体をいう。土地、血縁関係、言語の共有(母語)や、宗教、伝承、社会組織などがその基準となるが、普遍的な客観的基準を設けても概念内容と一致しない場合が多いことから、むしろある民族概念への帰属意識という主観的基準が客観的基準であるとされることもある。また、日本語の民族の語には、近代国民国家の成立と密接な関係を有する政治的共同体の色の濃い nation の概念と、政治的共同体の形成や、集合的な主体をなしているという意識の有無とはかかわりなく、同一の文化習俗を有する集団として認識される ethnic group(ジュリアン・ハクスリーが考案)の概念の双方が十分区別されずに共存しているため、その使用においては一定の注意を要する。 .

新しい!!: インドと民族 · 続きを見る »

民族義勇団

民族義勇団(ヒンディー語:राष्ट्रीय स्वयंसेवक संघ、英語:Rashtriya Swayamsevak Sangh または National Volunteers Organization、略称:RSS)は、インドのヒンドゥー至上主義団体。民族奉仕団と訳されることもある。.

新しい!!: インドと民族義勇団 · 続きを見る »

民族資本

民族資本(みんぞくしほん)とは、自国資本家や、自国企業を指す。外国資本の対義語として用いられる。 先進資本主義国家を目指す開発独裁諸国の中には、民族資本を育成して自国の経済を成長させることを目指している例がある。 資本主義を目指さず、社会主義を目指した開発途上国でも、マルクス・レーニン主義党は、反帝国主義の観点から、民族資本を革命勢力と位置付けた。.

新しい!!: インドと民族資本 · 続きを見る »

民族自決

ヨーロッパにおける民族自決 (1920年) 民族自決(みんぞくじけつ、self-determination)とは、各民族集団が自らの意志に基づいて、その帰属や政治組織、政治的運命を決定し、他民族や他国家の干渉を認めないとする集団的権利。民族自決権ともいう。.

新しい!!: インドと民族自決 · 続きを見る »

法顕

法顕(ほっけん、337年(咸康3年) - 422年(永初)3年)は、中国東晋時代の僧。姓は龔、平陽郡武陽県(今の山西省)の人。.

新しい!!: インドと法顕 · 続きを見る »

法輪

法輪(ほうりん、dharma-cakra)は、仏教の教義、特に釈迦が説いた四諦・八正道の別称。「輪」とは古代インドの投擲武器であるチャクラムのことである。人々が僧侶から説かれた仏教の教義を信じることによって自らの煩悩が打ち消されるさまを、その破邪の面を特に強調して、転輪聖王の7種の宝具の1つであるチャクラムに譬えた表現である。 そこから、仏教では教義(法輪)を他人に伝えること(転)を転法輪と言うようになり、特に釈迦がサールナート(仙人堕処)鹿野苑(施鹿林)で元の修行仲間5人に最初に教義を説いた出来事を初転法輪と言う。その後、三転十二行相を説いたともされる。 法輪は仏教の教義を示す物として八方向に教えを広める車輪形の法具として具現化され、卍と共に仏教のシンボルとして信仰され、寺院の軒飾りにも使用された。また、中国では道教にも取り入れられ、教義を示す用語として使用されている。.

新しい!!: インドと法輪 · 続きを見る »

洪水

ハイチで発生した洪水(2004年) フランス・パリで発生した洪水(1910年) 日本・三重県津市で発生した洪水(2004年9月) 台風6号による洪水。この付近は避難勧告が発令された。(2002年7月11日午前5時6分、善宝池周辺にて) 洪水(こうずい)とは、大雨などが原因で河川から増水・氾濫した水によって陸地が水没したり水浸しになる自然災害(天災)である。欧州連合のは、洪水を常態では水が無い陸地が水によって覆われることと定義している。工学的には、単に平常時よりも河川が増水する現象を指すため、河川が増水すれば災害の有無と関係なく呼称される。また、「水が湧き出る/流れる」の意味から、潮汐の流入を含む場合もある。洪水発生の原因は河川や湖などの水量であり、氾濫や堤防の決壊などを発端に境界を越えて引き起こされる。 洪水等の水によりもたらされる被害(洪水以外には降雨に誘発された土砂崩れなどがある)を総称して水害や水災害と呼び、これを制御することを治水と呼ぶ。.

新しい!!: インドと洪水 · 続きを見る »

混血

混血(こんけつ)とは、生物を分類するにあたり異なると考えられている枠組みに属する親どうしの間に子が生まれること。特に人間を指してこのように呼ぶ場合は、人種・民族等の区別が前提となる。.

新しい!!: インドと混血 · 続きを見る »

湿度

湿度(しつど、humidity)とは大気中に、水蒸気の形で含まれる水の量を、比率で表した数値。空気のしめり具合を表す。 空気が水蒸気の形で包含できる水分量(飽和水蒸気量)は、温度により一定している。この限度を100として、実際の空気中の水分量が最大限度の何%に当たるかを比率で表した数値が、湿度である。 湿度にも数種類の指標があるが、気象予報などで一般的に使用されるのは相対湿度である。絶対湿度()とは、国際的には容積絶対湿度のことである。しかし、日本では空気調和工学の分野では重量絶対湿度(混合比)が「絶対湿度」と呼ばれている。.

新しい!!: インドと湿度 · 続きを見る »

潜水艦発射弾道ミサイル

潜水艦発射弾道ミサイル(せんすいかんはっしゃだんどうミサイル、submarine-launched ballistic missile, SLBM)は、射程に限らず潜水艦から発射する弾道ミサイルを指す。現用兵器は全て核弾頭を装備する戦略兵器であり、爆撃機および大陸間弾道ミサイルと並ぶ主要な核兵器運搬手段である。.

新しい!!: インドと潜水艦発射弾道ミサイル · 続きを見る »

木綿

収穫期の綿 走査型電子顕微鏡で見た木綿繊維 木綿・木棉(もめん)