ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

イパーチー年代記

索引 イパーチー年代記

イパーチー年代記(Ипатьевская летопись)は、ルーシ(ロシアをはじめとする東スラヴ地域の古名中村 2014.8.

33 関係: 原初年代記年代記ノヴゴロド・セヴェルスキー公モンゴルのルーシ侵攻ラテン文字レートピシロシア帝国ロシア国立図書館 (サンクトペテルブルク)ヴォルィーニ公ヴォルィーニ県 (近代)ヴォロディームィル=ヴォルィーンシキーボヤールピョートル1世ニコライ1世ニコライ・カラムジンダヌィーロ・ロマーノヴィチ刊本アスコルドイーホル・スヴャトスラーヴィチイーゴリ遠征物語イジャスラフ2世ウラジーミル・ヴァシリコヴィチキプチャクキエフキエフの戦い (1240年)キエフ大公キエフ大公国キエフ年代記キエフ・ペチェールシク大修道院コストロマジールサンクトペテルブルク写本

原初年代記

原初年代記(げんしょねんだいき)は、およそ850年から1110年までのキエフ・ルーシの歴史について記された年代記(レートピシ)である。初版は1113年に編纂された。過ぎし年月の物語(古ルーシ語:Повѣсть времяньныхъ лѣтъ;ウクライナ語:Повість врем'яних літ;ベラルーシ語:Аповесць мінулых часоў;ロシア語:Повесть временных лет)とも。.

新しい!!: イパーチー年代記と原初年代記 · 続きを見る »

年代記

年代記(ねんだいき)または編年史(へんねんし)は、出来事や事件を年ごとに記述した歴史書のこと。.

新しい!!: イパーチー年代記と年代記 · 続きを見る »

ノヴゴロド・セヴェルスキー公

ノヴゴロド・セヴェルスキー公 / シヴェーリア公(Князь Новгород-Северский / Князь сіверський) は、ノヴゴロド・セヴェルスキー公国(シヴェーリア公国)の君主の称号である。(「公」はクニャージからの訳出による。)公国の首都はノヴゴロド・セヴェルスキー(シヴェーリア(セヴェルシチナ)地方のノヴゴロドの意。現ウクライナ・ノーウホロド=シーヴェルシクィイ)に置かれ、公位の名称は地域名・都市名に基づく。.

新しい!!: イパーチー年代記とノヴゴロド・セヴェルスキー公 · 続きを見る »

モンゴルのルーシ侵攻

モンゴルのルーシ侵攻(モンゴルのルーシしんこう)は、1223年のカルカ河畔の戦いに始まり、1236年のバトゥの西征で本格化する、ルーシ諸国に対するモンゴル帝国の征服戦争である。 1223年のカルカ河畔の戦いでは、スブタイとジェベのモンゴル軍偵察隊にルーシ諸侯やキプチャク(クマン人)連合軍が挑み、ルーシ・キプチャク連合軍が大敗したが、モンゴル軍はルーシの征服は行わず東へ去っていった。その十数年後、バトゥは征西のために大軍を率いてルーシおよびヨーロッパへの大規模侵攻を開始する。これに対し、キエフ大公国の分裂後のルーシを割拠するノヴゴロド公国、ウラジーミル・スーズダリ大公国、ハールィチ・ヴォルィーニ大公国などが戦ったが、結果はルーシ諸国の大敗に終わり、ルーシの人口に甚大な被害が出た。人口の半分を失う結果になったという見方もあれば、犠牲者は50万人ほどという見方もある。 また東ヨーロッパの歴史にも大きな影響を与えた。東スラヴ人はモンゴル侵攻後の各地方で異なる道を歩み、ロシア人・ウクライナ人・ベラルーシ人の民族の違いがはっきりとするようになった。ジョチ・ウルス(キプチャク・ハン国)の属国と化して「タタールのくびき」に苦しむルーシ諸国の中からはトヴェリ大公国やモスクワ大公国といった新興勢力が現れるようになった。.

新しい!!: イパーチー年代記とモンゴルのルーシ侵攻 · 続きを見る »

ラテン文字

ラテン文字(ラテンもじ、abecedarium Latinum、Latin alphabet、ラテンアルファベット)は、表音文字(音素文字・アルファベット)の一つである。ローマ文字、ローマ字(alfabeto Romano、Roman alphabet)とも呼ばれる。 文字を右書きで横に並べることで単語を表記し、単語間を分かち書きで区切って並べることで文章を構成する。それぞれの文字は子音か母音を表す。 今日、人類社会で最も解読者人口が多い文字である。 元来ラテン語の文字で、古くから西欧・中欧の諸言語で使われているが、近代以降はこれら以外にも使用言語が多い。ただし発音の文字への表記方法は各言語ごとに異なっており、同じ綴りでも言語によって違う発音をすることはラテン文字においては全く珍しくない。英語など、古い時代に表記法が定められた言語においては表記と発音の間の乖離も大きなものとなってきている。.

新しい!!: イパーチー年代記とラテン文字 · 続きを見る »

レートピシ

レートピシ(Летопись、Літопис、Летапіс)とは、中世ルーシの文学ジャンルを指す言葉である。レートピシは各都市、国(ルーシの諸公国)、地方の歴史的出来事を年代順に記載したものであり 、日本語文献においては年代記と訳される。レートピシという名称は、各年の出来事が、「в лето X …」 (X年に…)という言葉で書き始められるのが一般的であることに由来する(各年冒頭に「в году」という表記も用いられる。意味は同じ)。.

新しい!!: イパーチー年代記とレートピシ · 続きを見る »

ロシア帝国

ア帝国(ロシアていこく、 ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、1721年から1917年までに存在した帝国である。ロシアを始め、フィンランド、リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、中央アジア、シベリア、外満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。通常は1721年のピョートル1世即位からロシア帝国の名称を用いることが多い。統治王家のロマノフ家にちなんでロマノフ朝とも呼ばれるがこちらはミハイル・ロマノフがロシア・ツァーリ国のツァーリに即位した1613年を成立年とする。.

新しい!!: イパーチー年代記とロシア帝国 · 続きを見る »

ロシア国立図書館 (サンクトペテルブルク)

モスクワ大通りの新館 サンクトペテルブルクにあるロシア国立図書館(Российская национальная библиотека;Russian National Library)は、ロシア最古の公共図書館である。ロシア帝国時代の名称は帝国公共図書館、1925年までの名称はロシア公共図書館、1932年から1992年のソ連時代の名称はM・Ye・サルトゥイコフ=シチェドリン記念公共図書館であった。それに因んで今でも「プブリーチカ(公共ちゃん)」という愛称で呼ばれる。モスクワにある国立図書館も「ロシア国立図書館」と呼ばれるが、全く別の図書館である。 この図書館は、1795年に時の皇帝エカチェリーナ2世によって建てられた。エカチェリーナは、この帝国公共図書館を創設するに当たって、ヴォルテールとディドロの蔵書をそれぞれの子孫から買い取った。 図書館の蔵書の基底をなすのは、ポーランド・リトアニア共和国から獲得した25万冊に及ぶザウスキ図書館(Biblioteka Załuskich)だったが、後にそれらはポーランド・ソビエト・リガ平和条約(1921年)を踏まえてポーランドへ移送されたGreat Soviet Encyclopedia, 3rd.

新しい!!: イパーチー年代記とロシア国立図書館 (サンクトペテルブルク) · 続きを見る »

ヴォルィーニ公

ヴォルィーニ公(またはウラジーミル・ヴォルィンスキー公 / ヴォロディムィール公)(Князь Волынский(Князь Владимир-Волынский)、Князь Волинські (Князі Володимирські)、Volīnijas kņazi)はヴォルィーニ公国の君主の称号である。(「公」はクニャージからの訳出による。)公国の首都はウラジーミル、またはウラジーミル・ヴォルィンスキー(ヴォルィーニ地方のウラジーミルの意。現ウクライナ・ヴォロディームィル=ヴォルィーンシキー)と呼ばれ、公位の名称は地域名・都市名に基づく。.

新しい!!: イパーチー年代記とヴォルィーニ公 · 続きを見る »

ヴォルィーニ県 (近代)

記載なし。

新しい!!: イパーチー年代記とヴォルィーニ県 (近代) · 続きを見る »

ヴォロディームィル=ヴォルィーンシキー

記載なし。

新しい!!: イパーチー年代記とヴォロディームィル=ヴォルィーンシキー · 続きを見る »

ボヤール

ボヤールは、中世ロシアやスラブ系諸国に存在した支配階級である。 軍事に関する重要な役職を務め、ドゥーマと呼ばれる国家会議では公(クニャージ)やツァーリへの助言を行った。 13世紀、14世紀においては、クニャージへ助言を与える裕福な地主であったが、他の土地や公へ仕える自由もあった。 祖先に先代の公や諸外国の貴族を持つボヤールは15世紀から17世紀のモスクワにおいては、貴族制と強固な関係にあり、200前後のボヤール家が存在した。ヨーロッパの観念からすると高潔とは言えない行儀作法を持ち、多くの者は文字を読むことができなかった。旅行に出ることは少なく、外国のもの全てに懐疑的であった。 17世紀になると地位が低下しはじめ、18世紀初期には、ピョートル1世によってボヤールの称号は廃止された。 * Category:ルーシの社会的集団 Category:モスクワ・ロシア Category:ロシア帝国 Category:ワラキア Category:セルビアの歴史 Category:第一次ブルガリア帝国.

新しい!!: イパーチー年代記とボヤール · 続きを見る »

ピョートル1世

ピョートル1世(Пётр I Алексеевич;ラテン文字表記の例: Pyotr I Alekseevich, 1672年6月9日(ユリウス暦5月30日) - 1725年2月8日(ユリウス暦1月28日))は、モスクワ・ロシアのツァーリ(在位:1682年 - 1725年)、初代ロシア皇帝(インペラートル / 在位:1721年 - 1725年)。大北方戦争での勝利により、ピョートル大帝(ピョートル・ヴェリーキイ / Пётр Вели́кий)と称される。ツァーリ・アレクセイ・ミハイロヴィチの六男で、母はナタリヤ・ナルイシキナ。 ロシアをヨーロッパ列強の一員とし、スウェーデンからバルト海海域世界の覇権を奪取してバルト海交易ルートを確保。また黒海海域をロシアの影響下におくことを目標とした。これらを達成するために治世の半ばを大北方戦争に費やし、戦争遂行を容易にするため行政改革、海軍創設を断行。さらに貴族に国家奉仕の義務を負わせ、正教会を国家の管理下におき、帝国における全勢力を皇帝のもとに一元化した。また歴代ツァーリが進めてきた西欧化改革を強力に推進し、外国人を多く徴用して、国家体制の効率化に努めた。 1721年11月2日には大北方戦争の勝利を記念し、元老院にインペラートルの称号を贈らせ、国家名称をロシア帝国に昇格させた。ロシアを東方の辺境国家から脱皮させたその功績は大きくトロワイヤ (1981), p. 435、工藤庸子「訳者あとがき」、「ロシア史はすべてピョートルの改革に帰着し、そしてここから流れ出す」とも評される。 なお、ピョートルの存命時のロシアはグレゴリオ暦を採用しておらず、文中の日付はユリウス暦である。.

新しい!!: イパーチー年代記とピョートル1世 · 続きを見る »

ニコライ1世

ニコライ1世(、ニコライ・パヴロヴィチ・ロマノフ、、1796年7月6日 - 1855年3月2日)はロマノフ朝第11代ロシア皇帝(在位:1825年12月1日 - 1855年3月2日)、第2代ポーランド立憲王国国王(ミコワイ1世)、第2代フィンランド大公。父はパーヴェル1世、母は皇后マリア・フョードロヴナ。 帝政時代にロシア帝国銀行が発行した50ルーブル紙幣に肖像が描かれていた。.

新しい!!: イパーチー年代記とニコライ1世 · 続きを見る »

ニコライ・カラムジン

Vasily Tropininによって描かれたカラムジン ニコライ・ミハイロヴィチ・カラムジン(ロシア語:Николай Михайлович Карамзин、ラテン文字:Nikolay Mikhailovich Karamzin、1766年12月12日(旧暦:12月1日) - 1826年6月3日(旧暦:5月22日))は、ロシア帝国(現:ロシア)シンビルスク県出身の貴族、小説家、詩人、歴史家、評論家。文章語の改革に尽力した - goo辞書、デジタル大辞泉、2012年10月30日閲覧。 - Weblio、2012年10月30日閲覧。。大著に1816年からカラムジンが亡くなるまで著された全12巻からなる『ロシア国家史』(:ru:История государства российского)がある。 ロシア文学に於ける散文を同国の思想家、貴族であるアレクサンドル・ラジーシチェフと共に開拓した。また、1792年に著されたカラムジンの主著『哀れなリーザ』『貴族の娘ナターリア』はロシアに於ける啓蒙主義、主情主義(センチメンタリズム)を代表する作品である - Yahoo!百科事典、日本大百科全書、2012年10月30日閲覧。高津春繁・手塚富雄、西脇順三郎、久松潜一 『万有百科大事典 1 文学』 相賀徹夫、小学館〈日本大百科全書〉(原著1973年8月10日)、初版(日本語)、144ページ。。 同国の詩人、作家であるアレクサンドル・プーシキンの伯父と親しかった。また、ロマン主義の詩人であるヴァシーリー・ジュコーフスキーとも親しかった。.

新しい!!: イパーチー年代記とニコライ・カラムジン · 続きを見る »

ダヌィーロ・ロマーノヴィチ

ダヌィーロ・ロマーノヴィチ(古ルーシ語:Данило Романовичъ、ウクライナ語:Данило Романович、意味:ロマンの子ダヌィーロ、1201年 - 1264年)は、リューリク朝の公の1人で、ヴォルィーニ公(在位:1205年 - 1208年、1215年 - 1238年)、ハールィチ公(在位:1238年 - 1261年)、キエフ大公(在位:1239年 - 1240年)、ハールィチ・ヴォルィーニ大公(在位:1238年 - 1250年)であり、初の全ルーシの王(在位:1253年 - 1264年)でもあった。ルーシ年代記においては、「ソロモンに次ぐ人」として謳われている。ハールィチという町からハールィチ・ヴォルィーニ大公国を治めていた事にちなんで「ハールィチのダヌィーロ」(ウクライナ語:Данило Галицький、ダヌィーロ・ハールィツィクィイ)とも呼ばれている。.

新しい!!: イパーチー年代記とダヌィーロ・ロマーノヴィチ · 続きを見る »

刊本

刊本(かんぽん)とは、印刷の技術により、多くの部数を複製された図書の総称である。出版本の別称。 手書きによる写本と対応する用語であり、印本、印刷本、版本と呼ぶこともある。 狭義には、活版印刷など近代印刷術以前の技術によって刊行された、木版本、木活字本、銅活字本などの古典や古籍に相当する印刷物の総称として用いられる場合もある。.

新しい!!: イパーチー年代記と刊本 · 続きを見る »

アスコルド

アスコルド、オスコルド(古ルーシ語:Асколдъ、Осколд、? - 882年)、キエフ公国の半伝説的な公(在位、862年?-882年)。ジールと共にキエフを支配していた。『原初年代記』によれば、リューリクの部下。現代の歴史学研究では、キエフの現地の公朝の代表の一人であったとされている。.

新しい!!: イパーチー年代記とアスコルド · 続きを見る »

イーホル・スヴャトスラーヴィチ

イーホル・スヴャトスラーヴィチ公。 イーホル・スヴャトスラーヴィチ(古ルーシ語: Игоръ Ст҃ославич, Игорь Святъславличь;І́гор Святосла́вич;1151年 - 1202年)は公。シヴェーリア公(1178年 - 1198年)、チェルニーヒウ公(1198年‐1202年)の次男。日本語では名は「イーゴリ」とも表記される。 1161年、公によるキエフへの出兵に参陣した。1174年、ペレヤースラウの周辺でコンチャク・ハンとコビャク・ハンが率いる欽察人の軍勢を破った。兄の死後、公となった。キエフ大公の座を巡る内紛に参加した。1183年、欽察人の領土へ出兵し、勝利を収めた。しかし、1185年に行った新たな出兵において惨敗を喫し、欽察人の捕虜となった。1185年度の出兵は『イーゴリ遠征物語』のモチーフとなった。その後、父の跡を継ぎチェルニーヒウ公をつとめた。.

新しい!!: イパーチー年代記とイーホル・スヴャトスラーヴィチ · 続きを見る »

イーゴリ遠征物語

ヴィクトル・ヴァスネツォフ画 『ポロヴェツとの戦いに敗れたイーゴリ公』 『イーゴリ遠征物語』(イーゴリえんせいものがたり、古東スラヴ語:Слово о пълку Игоревѣ, Игоря сыня Святъславля внука Ольгова)は、12世紀末キエフ・ルーシの文学作品。 日本語訳題には『イーゴリ遠征物語』の他『イーゴリ軍記』(神西清訳)、『イーゴリ遠征譚』などがある。.

新しい!!: イパーチー年代記とイーゴリ遠征物語 · 続きを見る »

イジャスラフ2世

イジャスラフ2世(Изяслав II Мстиславич, 1097年 - 1154年)はキエフ大公(在位:1146年 - 1149年、1150年、1150年 - 1154年)。父はムスチスラフ1世、母はスウェーデン王女クリスティーナ。.

新しい!!: イパーチー年代記とイジャスラフ2世 · 続きを見る »

ウラジーミル・ヴァシリコヴィチ

ウラジーミル・ヴァシリコヴィチ(Владимир Василькович、1249年/1250年 - 1288年12月10日)はヴォルィーニ公ヴァシリコと1人めの妻ドブラヴァとの間の子である。ヴォルィーニ公:1269年 - 1288年。聖名イヴァン。.

新しい!!: イパーチー年代記とウラジーミル・ヴァシリコヴィチ · 続きを見る »

キプチャク

『ルーシ年代記』で見られるポロヴェッツ人の一家。 「バーバ」と呼ばれるクマン人が立てた石像(ドニプロペトロウシク、ウクライナ)。 キプチャク(Qipchaq)は、11世紀から13世紀にかけて、ウクライナからカザフスタンに広がる草原地帯に存在したテュルク系遊牧民族。ルーシの史料ではポロヴェツ(ポロヴェッツ)、東ローマやハンガリーの史料ではクマンもしくはコマンと記された。現在のカザフスタンからモルドバにかけて広がる平原地帯は、キプチャクの名前にちなんでキプチャク草原(Dasht-i Qipchāq)と呼ばれるが、キプチャク草原を支配したモンゴルのジョチ・ウルスが通称キプチャク・ハン国と呼ばれるのは、このためである。.

新しい!!: イパーチー年代記とキプチャク · 続きを見る »

キエフ

フ(Київ キーイウ、Киев )は、ウクライナの首都。ドニプロ川の中流に位置する。同国最大の都市で、政治・経済・社会・学術・交通の中心地である。特別自治都市。5世紀後半に建設されたポリャーネ族の集落から発展した。中世にはキエフ・ルーシの都であったが、近世にはコサックのキエフ連隊の中心となった。20世紀中にウクライナ人民共和国、ウクライナ国とウクライナ・ソビエト社会主義共和国の首都であり続けた。キエフ市内の人口はおよそ279万人であるが、キエフ首都圏の人口はおよそ400万人となっている。東ヨーロッパにおける最古の都市で、キリスト教の聖地の一つである。都内にある聖ソフィア大聖堂とキエフ洞窟大修道院は世界遺産に登録されている。.

新しい!!: イパーチー年代記とキエフ · 続きを見る »

キエフの戦い (1240年)

フの陥落 キエフの戦いは、1240年にルーシの首都キエフの支配をめぐってルーシとモンゴル帝国の間に行われた合戦。同年9月5日にバトゥが率いるモンゴル軍はキエフを包囲し、キエフの明け渡しを求めた。キエフ軍を引率するドミトロー大将とキエフの市民が降伏を却下して防衛に備えた。バトゥは32の投石機を集めて、キエフの防衛線で弱点だったポーランド門を攻撃し、市内へ乱入した。キエフの市民は攻撃を防いだが、多勢に敵わずして什一聖堂へ撤退し、教会を最後の砦とした。12月6日モンゴル軍は投石機を取り寄せて聖堂を破壊させ、キエフを制覇した。ドミトロー大将は捕虜となったが、勇敢に戦ったため、バトゥによって解放された。モンゴル軍は聖ソフィア聖堂をはじめキエフの教会と貴族の屋敷を略奪した。合戦後、5万人だったキエフの人口は2千人まで減少した。キエフの陥落によりルーシが亡国となった。以降に存続したキエフ公国は14世紀半ばにかけてモンゴル帝国の属国であった。一方、キエフは大きく衰退し、山の手だった古キエフは荒地となり、都市の中心地は下町のポジールへ移った。.

新しい!!: イパーチー年代記とキエフの戦い (1240年) · 続きを見る »

キエフ大公

フ・ルーシの大公たちの印形あるいは紋。ルーシの支配者であったリューリク朝は三叉戟を用いたシンボルを家紋にしていた。 キエフ大公(ウクライナ語:Великий князь Київський)は、9世紀から13世紀にかけてキエフ大公国とその首都キエフを治める君主の称号である。 (本頁の一覧にはキエフ公も含む。).

新しい!!: イパーチー年代記とキエフ大公 · 続きを見る »

キエフ大公国

フ大公国(キエフたいこうこく)は、9世紀後半から1240年にかけてキエフを首都とした東欧の国家である。正式な国号はルーシ(古東スラヴ語: Русь)で、日本語名はその大公座の置かれたキエフに由来する。 10世紀までにキリスト教の受容によってキリスト教文化圏の一国となった。11世紀には中世ヨーロッパの最も発展した国の一つであったが、12世紀以降は大公朝の内訌と隣国の圧迫によって衰退した。1240年、モンゴル来襲によってキエフは落城し、事実上崩壊した。.

新しい!!: イパーチー年代記とキエフ大公国 · 続きを見る »

キエフ年代記

フ年代記(キエフねんだいき、Киевская летопись)は、キエフ・ルーシ記の出来事を記したレートピシ(ルーシの年代記)である。単独の書籍としては現存せず、後世に編纂された『イパーチー年代記』の中に、その写しを見ることができるЕрёмин Е. С.67。1118 - 1200年の出来事を記しており、『イパーチー年代記』の中において、『原初年代記』の後続、『ガーリチ・ヴォルィーニ年代記』に先行する期間を記述している。 キエフ年代記は1200年頃、キエフ・ヴィードゥビチ修道院において、典院モイセイによって、既存の年代記集成に基づいて編纂された。ただし編纂の際、記述の省略や加筆が行われたこと、また、出来事に対する評価や文体の違いを根拠とする他の記述者の関与も指摘されている。編年体で構成されており、都市キエフとキエフの地(キエフスカヤ・ゼムリャー。キエフ公国領に相当する)の歴史や、キエフの領有権(キエフ大公位)をめぐるモノマフ家(ru)とオレグ家(ru)の権力闘争を記した上で、ルーシ外からの征服者たちに対する団結を呼びかけることを主眼として記述されている。 また、キエフとその諸公に関する記述のみに限定されず、ノヴゴロド、ヴォルガ・ブルガールや、現ドイツ、チェコ、ポーランド、ハンガリーに関する記述、また1174年にウラジーミル大公アンドレイー・ボゴリュブスキー(ru)が謀殺された件、1185年にノヴゴロド・セヴェルスキー公イーゴリがポロヴェツ族への遠征を行った件などの、個々の人物の記録も記載されている。.

新しい!!: イパーチー年代記とキエフ年代記 · 続きを見る »

キエフ・ペチェールシク大修道院

フ・ペチェールシク大修道院(ウクライナ語:Києво-Печерська лавра;意訳:「キエフ洞窟大修道院」)はウクライナの首都、キエフのペチェールシク地区に位置するキリスト教の大修道院である。.

新しい!!: イパーチー年代記とキエフ・ペチェールシク大修道院 · 続きを見る »

コストロマ

トロマ(Кострома, Kostroma)は、ロシア連邦の古都であり、コストロマ州の州都でもある。1152年にキエフ大公ユーリー・ドルゴルーキーにより建設されたとする説が有力であり、13世紀半ばにコストロマ公国を形成したが、その後モスクワ公国に統合された。モスクワからは北東へ372km。 ヴォルガ川にコストロマ川が流入する地点に建設された。人口は2002年国勢調査で278,750人、1989年の調査では278,414人だった。 フョードルの生神女のイコン。10世紀のものとされる.

新しい!!: イパーチー年代記とコストロマ · 続きを見る »

ジール

ール(古ルーシ語:Диръ、? - 882年)は、キエフ・ルーシの半伝説的な公(在位、862年? - 882年)。アスコルドと共にキエフを支配していた。『原初年代記』によれば、リューリクの部下。現代の歴史学では、キエフの現地の公朝の代表の一人であったとされている。.

新しい!!: イパーチー年代記とジール · 続きを見る »

サンクトペテルブルク

'''サンクトペテルブルク周辺の人工衛星写真'''ラドガ湖から南西に流れ出したネヴァ川は北西に流路を変え、フィンランド湾最深部に流れ込む。サンクトペテルブルクの街はネヴァ川河口の三角州を中心に発達した。 サンクトペテルブルク(Санкт-Петербург,, IPA: )は、バルト海東部のフィンランド湾最東端に面するネヴァ川河口デルタに位置するロシア西部の都市、レニングラード州の州都。1917年までロシア帝国の首都であった。 都市建設ののち、第一次世界大戦まで(1703年 - 1914年)はペテルブルク(Петербург)、第一次世界大戦開戦以降(1914 - 24年)はペトログラード(Петроград)、ソビエト連邦時代(1924 - 91年)はレニングラード(Ленинград)と呼ばれた。.

新しい!!: イパーチー年代記とサンクトペテルブルク · 続きを見る »

写本

13世紀ヨーロッパの彩色写本 写本(しゃほん、Manuscript)とは、手書きで複製された本や文書、またはその行為そのものを指して示す用語。時に、原本(オリジナル)である正本(しょうほん・せいほん)と対応させて、それを書き写した書写本であることを強調するために用いられることもある。.

新しい!!: イパーチー年代記と写本 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

イパーチー写本

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »