ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

王立海軍(おうりつかいぐん、Royal Navy)は、イギリスの海軍。イギリス海軍、英国海軍などとも表記される。.

340 関係: 原子力潜水艦博物館船南極大陸南極点合同海上部隊壊血病大将大尉大佐大西洋大西洋の戦い (第二次世界大戦)大陸封鎖令大陸棚大洋艦隊大日本帝国海軍奴隷貿易対潜空母少将少尉少佐島国巡洋艦巡洋戦艦中将中尉中佐七年戦争世界の艦船世界恐慌帆船亡命代将代将 (イギリス海軍)弩級戦艦強制徴募弾道ミサイル徴兵制度地中海北大西洋条約機構北西航路北極圏ペナント・ナンバーナポレオン・ボナパルトナポレオン戦争ナイルの海戦ミサイル駆逐艦マラッカ海峡ノルマン人ノルマン・コンクエストノルマンディー上陸作戦...ノルマンディー公マレー沖海戦チャールズ1世 (イングランド王)チャールズ2世 (イングランド王)チャールズ・ダーウィンチャールズ・アルジャーノン・パーソンズチェサピーク湾の海戦ネルソン級戦艦ネーデルラント連邦共和国ネイビーハロルド2世 (イングランド王)ハント型掃海艇ハスキー作戦ポーツマス海軍基地メアリー・ローズユトランド沖海戦ヨーロッパ大陸ヨーク級重巡洋艦ラム酒ラ・ロシェルライムリバー型哨戒艦ルール・ブリタニアレモンレパルス (巡洋戦艦)ロバート・ブレイクロバート・スコットロンドンロンドン海軍軍縮会議ロイヤル・サブリン級戦艦ロシア帝国ロシア海軍ロサイスワシントン海軍軍縮条約ヴァンガード級原子力潜水艦ヴァイキングヴィッカース (曖昧さ回避)ヴィクトリー (戦列艦)トムソン・ロイタートラファルガーの海戦トラファルガー級原子力潜水艦トライバル級駆逐艦 (2代)トーチ作戦ヘネラル・ベルグラノ (巡洋艦)ヘリコプター揚陸艦ヘリ空母ヘルゴラント海戦 (1914)ヘンリー8世 (イングランド王)ヘイスティングズの戦いブリタニアブルー・エンサインプリマスプリンス・オブ・ウェールズ (空母)プリンス・オブ・ウェールズ (戦艦)ビーグル (帆船)ビスマルク (戦艦)ビタミンCテラノバ遠征デヴォンポート海軍基地ディスカバリーチャンネルフューリアス (空母)フランクリン遠征フランシス・ドレークフランスフランス海軍フランソワ・ド・グラスフリゲートフッド (巡洋戦艦)フィリップ (エディンバラ公)フォークランド紛争フォークランド諸島フォークランド沖海戦ドレッドノート (戦艦)ドッガー・バンク海戦ドック型揚陸艦ドイツ帝国ドイツ海軍ニュージーランド海軍ホレーショ・ネルソン (初代ネルソン子爵)ホワイト・エンサインホワイトホール (ロンドン)ホーン岬ダンケルクの戦いダッソー ファルコン 20ベイ型補助揚陸艦制海権アメリカ合衆国アメリカ独立戦争アメリカ海軍アラビア海アルマダの海戦アルビオン級揚陸艦アルフレッド大王アルゼンチンアルゼンチン空軍アンリ・グラサデューアーク・ロイヤル (空母・3代)アーク・ロイヤル (空母・初代)アフガニスタンアイランド型哨戒艦アグスタウェストランド AW101アグスタウェストランド AW159アグスタウェストランド リンクスアスチュート級原子力潜水艦アゼルスタン (イングランド王)イラクイラストリアス (空母・2代)イラストリアス級航空母艦インド洋インド海軍イングランドイングランド君主一覧イングランド内戦イングランド共和国イングランド王政復古イギリスイギリスの国旗イギリスの議会イギリス帝国イギリス空軍イギリス軍イギリス連邦イギリス陸軍イギリス海兵隊イギリス海軍のC4Iシステムイギリス海軍の艦隊および管区一覧イギリス海軍補助艦隊イギリス海軍艦艇一覧ウィリアム1世 (イングランド王)ウイスキーウェストランド シーキングエリザベス1世エドワード3世 (イングランド王)エドワード・モンタギュー (初代サンドウィッチ伯爵)エア・クッション型揚陸艇エジプト・シリア戦役オランダオリバー・クロムウェルオーシャン (ヘリコプター揚陸艦)オーストラリアオーストラリア海軍カナダカナダ海軍カリブ海カレイジャス (空母)カウンティ級重巡洋艦カスティーリャ王国ガレー船キャラック船キャッスル型哨戒艦キング・ジョージ5世級戦艦クライド海軍基地クラウン・コロニー級軽巡洋艦クリケットクレタ島の戦いクイーン・エリザベス (空母)クイーン・エリザベス級航空母艦グレートブリテン王国グローリアス (空母)グロッグコモンウェルスコロネル沖海戦コンカラー (原子力潜水艦)ジョン (イングランド王)ジョン・フィリップ・ホランドジョン・アーバスノット・フィッシャージョージ・マンク (初代アルベマール公)ジ・アッシズジェットストリーム 41ジェフ・フーンジェイムズ・クラーク・ロススペイン帝国スロイスの海戦スヘルデの戦いスエズソビエト連邦ソ連崩壊タウン級軽巡洋艦 (2代)サミュエル・ピープスサンドウィッチ伯爵サンダウン級機雷掃討艇債券哨戒艦艇冷戦元帥 (イギリス)国内総生産国防省 (イギリス)BAe ハリアー IIBAe ホークBAe シーハリアー王政復古砕氷船私掠船第一次対仏大同盟第一次世界大戦第一海軍卿第二次中東戦争第二次世界大戦第二次ロンドン海軍軍縮会議米英戦争紛争無制限潜水艦作戦百年戦争西側諸国西インド諸島西方艦隊 (イギリス)駆逐艦議会超大国軍艦旗軽巡洋艦近世イギリス海軍の食生活航空機航空母艦航続距離蒸気タービン蒸気機関重巡洋艦艦隊艦隊航空隊英国は各員がその義務を尽くすことを期待する英蘭戦争連合国 (第二次世界大戦)逮捕進化論F-35 (戦闘機)G3型巡洋戦艦GIUKギャップN3型戦艦PAAMSVT グループ掃海艇東洋艦隊 (イギリス)核兵器核抑止植民地極東機動部隊深海救難艇清教徒革命潜水艦本国艦隊戦列艦戦艦戦艦フライデー海上自衛隊海図海賊海軍海軍カレー海軍兵学校 (イギリス)海軍本部 (イギリス)海洋観測艦10月21日1155年1340年1372年1419年14世紀1545年1547年1588年16世紀1781年17世紀1805年1812年1815年18世紀1914年1920年代1922年1930年1930年代1935年1937年1938年1960年代1967年1982年1990年代19世紀20世紀21世紀23型フリゲート42型駆逐艦45型駆逐艦937年9世紀 インデックスを展開 (290 もっと) »

原子力潜水艦

原子力潜水艦(げんしりょくせんすいかん)は、動力に原子炉を使用する潜水艦のことである。原潜(げんせん)と略されることもある。.

新しい!!: イギリス海軍と原子力潜水艦 · 続きを見る »

博物館船

博物館船(はくぶつかんせん)、あるいは記念艦(きねんかん)は、現存する古い船舶のうち、教育および記念物としての目的で博物館に保存され一般に公開されている船である。そのうちのいくつかは、青少年のトレーニングや船員募集の目的に使用されているが、博物館船のうち通常の航海や移動が可能なものは極少数である (the international Historic Naval Ships Association website)。 世界各国には数百隻の博物館船があり、しばしば海事博物館の展示物となっており、あるいはそれ自体が海事博物館となっているものもある。.

新しい!!: イギリス海軍と博物館船 · 続きを見る »

南極大陸

南極大陸(なんきょくたいりく、、(または) 、、、、)は、地球の最も南にあり、南極点を含む大陸。南半球の南極地方にあり、南氷洋に囲まれた南極圏に位置する。5番目に大きな大陸であり約1400万km2の面積は、オーストラリア大陸のほぼ2倍に相当する。約98%は氷で覆われ、その厚さは平均2.00325kmに及ぶ。 南極大陸は、平均気温が最も低く、乾燥し、強風に晒され、また平均海抜も最も高い大陸である。年間降水量が海岸部分で200mm、内陸ではさらに少ない砂漠と考えられる。 南極大陸で観測された最低気温は、2010年8月10日に記録した-93.2である。この気温では人間が定住することは難しいが、約1000-5000人が大陸中に点在する研究所に年間を通して滞在している。自然状態では、寒冷な環境に適応可能な生物のみが生存し、多くの藻類、ダニ・線虫やペンギン・鰭脚類・節足動物などの動物類、バクテリア、菌類、植物および原生生物が繁殖している。植生はツンドラである。 かつて、「南の地」を意味するメガラニカ (Terra Australis) という大陸が空想されていた南極域に、公式に大陸が存在する事が確認されたのは1820年にロシアの探検家ファビアン・ゴットリープ・フォン・ベリングスハウゼンとがボストーク号(en)とミールヌイ号(en)で行った遠征に端を発する。しかし、厳しい自然環境や、当時は資源が見つからなかった事、そして孤立的な地理条件から、19世紀中はほとんど歯牙にかけられなかった。 1959年、12ヶ国の批准で始まった南極条約は、その後加盟国が49にまで増えた。条約は、軍事的活動や鉱物採掘、核爆発や核廃棄物の発生、各国家による領域主権の主張を禁止し、科学的研究の支援と生物地理区としての保護を定めた。多くの国から派遣された科学者たちが、研究や実験を行っている。.

新しい!!: イギリス海軍と南極大陸 · 続きを見る »

南極点

南極点(なんきょくてん、South Pole)とは、自転する天体の最南端に当たる南緯90度地点のことである。ほとんどの場合、地理学上の南極点は自転軸と天体表面が交差する点の内、南側にある1点が南極点である。もうひとつは北極点のことである。 以下本項では特に断らないかぎり、地球の南極点について述べる。.

新しい!!: イギリス海軍と南極点 · 続きを見る »

合同海上部隊

合同海上部隊(Combined Maritime Forces)は対テロ戦争の一環として、インド洋海域で作戦行動を行なっている多国籍の艦隊。 司令部はバーレーンに所在。司令官はアメリカ中央海軍/第5艦隊と兼任であり、緊密な連携行動が可能となっている。.

新しい!!: イギリス海軍と合同海上部隊 · 続きを見る »

壊血病

壊血病(かいけつびょう、scurvy、Skorbut)は、出血性の障害が体内の各器官で生じる病気。成人と小児では多少症状が異なる。.

新しい!!: イギリス海軍と壊血病 · 続きを見る »

大将

大将(たいしょう)は、軍隊の階級の一つ。将官に区分され、中将の上に位置する。北大西洋条約機構の階級符号ではOF-9に相当する。陸海空軍でそれぞれ呼称の異なる大将を総称しFour-star rankと呼ぶこともある。.

新しい!!: イギリス海軍と大将 · 続きを見る »

大尉

大尉(たいじょう)は、古代日本の律令制の職名の一。左右衛門府および左右兵衛府に置かれた。長官・次官・判官・主典の四等官中の判官に相当する。 ---- 大尉(たいい、だいい)は軍隊の階級の一。 尉官の最上級であり、中尉の上、少佐の下に位置する。.

新しい!!: イギリス海軍と大尉 · 続きを見る »

大佐

大佐(たいさ、だいさ)とは、軍隊の階級のひとつ。.

新しい!!: イギリス海軍と大佐 · 続きを見る »

大西洋

大西洋(たいせいよう、Atlantic Ocean、Oceanus Atlanticus)は、ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸、アメリカ大陸の間にある海である。なお、大西洋は、南大西洋と北大西洋とに分けて考えることもある。おおまかに言うと、南大西洋はアフリカ大陸と南アメリカ大陸の分裂によって誕生した海洋であり、北大西洋は北アメリカ大陸とユーラシア大陸の分裂によって誕生した海洋である。これらの大陸の分裂は、ほぼ同時期に発生したと考えられており、したがって南大西洋と北大西洋もほぼ同時期に誕生したとされる。.

新しい!!: イギリス海軍と大西洋 · 続きを見る »

大西洋の戦い (第二次世界大戦)

大西洋の戦い(たいせいようのたたかい、英:Battle of the Atlantic, 独:Atlantikschlacht)は、第二次世界大戦中に大西洋全域で行われた連合国と枢軸国の戦い。1939年にヨーロッパでの戦争勃発と同時に始まり、100以上の輸送船団と約1,000隻の艦船が戦闘に巻き込まれた。1940年6月にイタリアが参戦し、1940年の中期から1943年の後期にかけて山場を迎えた。双方で新型兵器の開発と新しい戦術、対抗策が開拓されたため、1945年にナチス・ドイツが降伏するまでの6年の間に渡って戦術的優位は両者を行き来し、第二次世界大戦で最も長い戦いとなった。 北アメリカや南大西洋からイギリスやロシアに向かう輸送船団をドイツ海軍が阻止しようとしたが、これを見たイギリス海軍は徐々にドイツ海軍を圧倒するようになり、1941年の中期までにドイツ海軍の水上艦(戦艦、ポケット戦艦、巡洋艦)を封じ込め、1943年の3月から5月にかけて行われた輸送作戦においてUボートを駆逐した。 なお、「Battle of the Atlantic」は1941年春にイギリスの首相であるチャーチルが名付けた名前であるが、ここでは広義の大西洋の戦いについてとりあげる。.

新しい!!: イギリス海軍と大西洋の戦い (第二次世界大戦) · 続きを見る »

大陸封鎖令

大陸封鎖令(たいりくふうされい)は、フランス帝国とその同盟国の支配者になったナポレオン1世が、その当時産業革命中のイギリスを封じ込めてフランスと通商させてヨーロッパ大陸の経済を支配しようとして1806年に発令した経済封鎖命令である。ベルリンで発令されたのでベルリン勅令()とも呼ぶ。.

新しい!!: イギリス海軍と大陸封鎖令 · 続きを見る »

大陸棚

大陸棚(たいりくだな)とは、大陸の周縁に分布するきわめて緩傾斜の海底で、傾斜の変換点をその外縁とする平らな棚状の地形をいう。.

新しい!!: イギリス海軍と大陸棚 · 続きを見る »

大洋艦隊

大洋艦隊、または高海艦隊、大海艦隊(Hochseeflotte ホーホゼーフロッテ)は、第一次世界大戦におけるドイツ帝国海軍(Kaiserliche Marine)主力艦隊の呼称である。ヤーデ湾のヴィルヘルムスハーフェンを基地とした。本艦隊はイギリス近海を支配するイギリス海軍にとって脅威となり、戦争中イギリスのグランドフリートは北海から動くことが出来ず、他の戦域での多くの緊急任務が艦船の不足により実行されない結果となった(その代わり、大洋艦隊も北海から抜け出せなかった)。.

新しい!!: イギリス海軍と大洋艦隊 · 続きを見る »

大日本帝国海軍

大日本帝国海軍(だいにっぽんていこくかいぐん、旧字体:大日本帝國海軍、英:Imperial Japanese Navy)は、1872年(明治5年) - 1945年(昭和20年)まで日本(大日本帝国)に存在していた軍隊(海軍)組織である。通常は、単に日本海軍や帝国海軍と呼ばれた。戦後からは、別組織であるもののその伝統を重んじる傾向にある海上自衛隊との区別などのため、旧日本海軍もしくは旧帝国海軍とも呼ばれる。.

新しい!!: イギリス海軍と大日本帝国海軍 · 続きを見る »

奴隷貿易

奴隷貿易(どれいぼうえき)は国際間の奴隷の取引を指す。.

新しい!!: イギリス海軍と奴隷貿易 · 続きを見る »

対潜空母

対潜空母(たいせんくうぼ)とは、主に対潜哨戒機(あるいは対潜戦用の艦上攻撃機や艦上爆撃機)を搭載し、対潜水艦戦を主務とする航空母艦のことである。 ソビエト連邦の1123「コンドル」型(モスクワ級)、イタリアのアンドレア・ドーリア級/「ヴィットリオ・ヴェネト」、日本のはるな型/しらね型に見られるように、対潜哨戒ヘリコプターを多数搭載した巡洋艦・駆逐艦に対潜空母の役割を持たせる海軍も存在した。21世紀になってこれらの艦は退役したか退役間近であるが、新世代の同種艦艇として日本のひゅうが型/いずも型がある。.

新しい!!: イギリス海軍と対潜空母 · 続きを見る »

少将

少将(しょうしょう)はもともとは律令制における官職の一つ。転じて軍隊の階級の一。 将官に区分され、中将の下、大佐または准将または代将の上に位置する。 北大西洋条約機構の階級符号(NATO階級符号)では、OF-7に相当する。 また、陸海空軍でそれぞれ呼称の異なる少将を総称しTwo-star rankと呼ぶこともある。 将官のなかでは、最下級、又は准将がある場合には下から2番目の階級となる。 英呼称は、陸軍:major general(メイジャー ジェネラル)、海軍:rear admiral(リア アドミラル)。 なお、将官の階級を部隊階梯で表現する国々では「師団将軍」あるいは「旅団将軍」と呼称する。詳細はフランスの項を参照。アメリカ軍やフランス陸軍および空軍(海軍は中将)では、正規階級(regular rank)における最高位とされ、それよりも上の二階級は役職に応じた臨時階級(temporary rank)である。.

新しい!!: イギリス海軍と少将 · 続きを見る »

少尉

少尉.

新しい!!: イギリス海軍と少尉 · 続きを見る »

少佐

少佐(しょうさ)は軍隊の階級の一。佐官に区分され、中佐の下、大尉の上に位置する。北大西洋条約機構の階級符号では、OF-3に相当する。 アメリカ軍を始めとして主要国の軍隊では、大尉から少佐に昇進する時に特別な専門教育を受ける。これは少佐以上の階級の軍人は、一つの作戦単位の指揮官となることを求められるからである。そのため能力の不十分な大尉は、少佐に昇進することができないまま除隊することが多い。士官にとっては、一つの出世の壁と言っても良い。 企業に例えれば「副部長クラス」に相当し、将来的な幹部候補として出世コースに歩むことになる。経営陣(上官)の下につき、現場での直接指揮をする役割を担う。つまり、個人での能力以外に、「現場での集団への指揮能力」を認められた者に与えられる役職であると言える。.

新しい!!: イギリス海軍と少佐 · 続きを見る »

島国

世界の島国: 領土がすべて島から成る47か国 ナウルの衛星画像全領土が1島から成る インドネシア全領土が13,466島から成る 参考: 陸上の国境を持たない国 島国(しまぐに、Island country)とは、領土が島で構成される国である。 領土を構成する島の数は、1島のナウルから13,466島のインドネシアとさまざまである。 日本は6,852の島から成る島国である。 2014年時点で、島国は、国際連合の加盟国193か国中、47か国である。.

新しい!!: イギリス海軍と島国 · 続きを見る »

巡洋艦

巡洋艦(じゅんようかん、)は遠洋航行能力・速度等を生かした攻撃力を持たせた軍艦の艦種。ただし定義は国や年代によって異なる。.

新しい!!: イギリス海軍と巡洋艦 · 続きを見る »

巡洋戦艦

巡洋戦艦(じゅんようせんかん、Battlecruiser, Schlachtkreuzer)は、強力な攻撃力を持つ大型巡洋艦を指す。戦艦と同等の大口径砲を持ち、戦艦よりも長大な艦形で大出力機関を搭載し、高速性能を持つ。装甲巡洋艦(Armored cruiser)を発展させて誕生した。第二次世界大戦までは戦艦とともに主力艦の扱いを受けた。同時代の戦艦よりも建造費はかさんだ。 最初にこの種の艦を1908年に建造したイギリス海軍の定義では、「戦闘巡洋艦」、すなわち広義では巡洋艦で、攻撃力は戦艦に匹敵する艦種を指す。高速力を持つが、防御力は装甲巡洋艦と同等のままである。.

新しい!!: イギリス海軍と巡洋戦艦 · 続きを見る »

中将

中将(ちゅうじょう)は、もともとは律令制における官職の一つ。転じて軍隊の階級の一。将官に区分され、大将の下、少将の上に位置する。英呼称は、陸軍が lieutenant general(リューテネント・ジェネラル)、海軍が vice admiral(ヴァイス・アドミラル)。また、陸海空軍でそれぞれ呼称の異なる中将を総称しThree-star rankと呼ぶこともある。 将官の階級を部隊階梯で表現する国々では「軍団将軍」あるいは「師団将軍」と呼称される。詳細はフランスの項を参照。なお、アメリカ軍や、フランス陸軍、空軍の少将、およびフランス海軍の中将は正規階級(regular rank)の最高位とされ、それより上の二階級は役職に応じた臨時階級(temporary rank)とされる。.

新しい!!: イギリス海軍と中将 · 続きを見る »

中尉

中尉(ちゅうい)は、軍隊の階級の一。将校(士官)に相当。尉官に区分され、大尉の下、少尉の上に位置する。.

新しい!!: イギリス海軍と中尉 · 続きを見る »

中佐

中佐(ちゅうさ)は軍隊の階級の一。佐官に区分され、大佐の下、少佐の上に位置する。北大西洋条約機構の階級符号では、OF-4に相当する。.

新しい!!: イギリス海軍と中佐 · 続きを見る »

七年戦争

七年戦争(しちねんせんそう、Seven Years' War、Siebenjähriger Krieg)は、1754年から1763年まで(主な戦闘は1756年から1763年まで)行われた戦争である。 ハプスブルク家がオーストリア継承戦争で失ったシュレージエンをプロイセンから奪回しようとしたことが直接の原因だが、そこに1754年以来の英仏間の植民地競争が加わり世界規模の戦争となった。イギリス・プロイセン側とその他の列強(フランスとオーストリアとロシア、スペイン、スウェーデン)に分かれてオスマン帝国を除く当時の欧州列強が全て参戦しており、戦闘はヨーロッパ以外にも拡大した。またインドではムガル帝国がフランスの支持をうけて、イギリスによるベンガル地方の侵攻を阻止しようとした。 この戦争の前にフランスとオーストリアは、台頭してきたイギリスとプロイセンを抑えるために古くからの因縁を捨てて同盟を組んだ(外交革命)。しかし、戦争の結果、墺仏の外交努力は英普側が勝利したことで水泡と化し、イギリスの飛躍とフランスのヨーロッパにおける優位性の喪失、オーストリアの神聖ローマ帝国内での権威低下を招き、ヨーロッパの勢力均衡を変える結果となった。.

新しい!!: イギリス海軍と七年戦争 · 続きを見る »

世界の艦船

『世界の艦船』(せかいのかんせん、SHIPS OF THE WORLD)は、海人社の刊行する艦船総合情報誌。1957年8月10日、創刊。月刊のほかに、別冊、増刊、CD-ROM版が存在する。また、同誌を元にした食玩の名称でもある。.

新しい!!: イギリス海軍と世界の艦船 · 続きを見る »

世界恐慌

世界恐慌(せかいきょうこう)とは、世界的規模で起きる経済恐慌(world economic crisis/panic)である。ある国の恐慌が次々と他国へと波及し、世界的規模で広がる事象を世界恐慌という。 世界初の例は、クリミア戦争が終結した時に穀物価格が急落したことにより1857年に起こった1857年恐慌である。 戦間期に重要な位置を占めるものとして、通史的には1929年に始まった世界大恐慌をさす。大恐慌とも。この記事は通史でいう世界恐慌を述べている。.

新しい!!: イギリス海軍と世界恐慌 · 続きを見る »

帆船

ヨット(帆船)の例、背後の帆船は海王丸II世 シップの例(ノルウェー船籍のChristian Radich号) 帆船(はんせん)とは「帆」に風を受けて推進力とする船のことである。.

新しい!!: イギリス海軍と帆船 · 続きを見る »

亡命

亡命(ぼうめい)とは、主に政治的な事情により政治家や軍人、学者やスパイなどが他国に逃れることを意味する。また、亡命してきた志士・名士を亡命客と呼ぶ。.

新しい!!: イギリス海軍と亡命 · 続きを見る »

代将

代将(だいしょう、Commandeur、Commodore)は海軍の階級又は職位の一つ。 本来は将官の階級にない艦長或は大佐が艦隊・戦隊等の司令官の任に当たる場合に、その期間のみ与えられる職位を指したが、国によっては階級となっている。また、陸軍や空軍のOF-6相当官で佐官として扱われる場合は代将、将官として扱われる場合は准将と使い分けするケースも見られる。.

新しい!!: イギリス海軍と代将 · 続きを見る »

代将 (イギリス海軍)

イギリス海軍の代将(だいしょう、英:Commodore)は海軍大佐の上、海軍少将の下の階級。NATOランキングコードではOF-6に当たる。イギリス陸軍・イギリス海兵隊の准将(Brigadier)、イギリス空軍准将(Air Commodore)と同じく、将官でなく佐官の最上級の階級である。.

新しい!!: イギリス海軍と代将 (イギリス海軍) · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: イギリス海軍と年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: イギリス海軍と年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: イギリス海軍とクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: イギリス海軍とクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: イギリス海軍と元日 · 続きを見る »

弩級戦艦

ドレッドノート 河内 弩級戦艦(どきゅうせんかん、dreadnought)は、20世紀前半の戦艦の典型的なタイプを言う。1906年に進水したイギリス海軍の「ドレッドノート」は、単一口径巨砲(all-big-gun)による武装と蒸気タービンによる高速で大きな衝撃をもたらし、以後の戦艦のタイプを普通名詞として「ドレッドノート (dreadnought)」、それ以前のものを「プレ・ドレッドノート」と呼ぶようになった。 日本語では略してそれぞれ「弩級戦艦(弩級艦)」、「前弩級戦艦(前弩級艦)」と呼ぶ。なおこの「弩」はドレッドノートの頭の音を取った当て字であり、漢字の意味(おおゆみを表す)とは関係無い。そのため、ド級とカタカナ表記する場合もある。.

新しい!!: イギリス海軍と弩級戦艦 · 続きを見る »

強制徴募

強制徴募(きょうせいちょうぼ、英:impressment(口語でthe pressまたはpress-gangingとも))とは、通常の場合本人の意思を考慮せず、強制的に陸軍または海軍に兵士として徴用すること。イギリス海軍においては1664年に始まり、戦時の乗組員確保の手段として19世紀の初めまで行われた。制度的にはエドワード1世国王(在位1272年 - 1307年)の時代まで遡る。 本項目ではこのイギリスの強制徴募について記述する。.

新しい!!: イギリス海軍と強制徴募 · 続きを見る »

弾道ミサイル

弾道ミサイル(だんどうミサイル、ballistic missile)は、大気圏の内外を弾道を描いて飛ぶ対地ミサイルのこと。弾道弾とも呼ばれる。弾道ミサイルは最初の数分の間に加速し、その後慣性によって、いわゆる弾道飛行と呼ばれている軌道を通過し、目標に到達する。.

新しい!!: イギリス海軍と弾道ミサイル · 続きを見る »

徴兵制度

徴兵制度(ちょうへいせいど)とは、国家が国民に兵役に服する義務を課す制度である。徴兵制とも言い、国民国家や国民皆兵の思想とかかわりが深く、志願兵(募兵)制度の対義語である。 北アフリカ諸国の他、ベトナム、イスラエル、ウクライナ、キプロス、韓国、スイス、オーストリア等、CSTOに加盟しているアルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、ロシアなどでは徴兵制が続いているが、冷戦終結後は、西側諸国ではフランス(2002年)、ドイツ(2011年)のように徴兵制度を廃止する国が増え、また、実施している国でも良心的兵役拒否した場合の代替服務を選択可能を導入している場合が大半である。 NATOに加盟している28か国を例にとると、90年代から00年代にかけて冷戦の終結に伴い次々と徴兵制を廃止し、2010年12月時点でNATO加盟国において徴兵制を採用している国はエストニア、トルコ、ギリシャ、デンマーク、ノルウェーの5か国にまで減少している。 徴兵制による国民皆兵武装を基盤として永世中立を掲げるスイスとオーストリアでは国民投票で徴兵制の廃止が否決され、2013年に徴兵制を廃止したウクライナでは、翌年発生したロシアのクリミア侵攻の後に徴兵制が復活するなど、国是や国家を取り巻く情勢によって左右されている状況にある。また、2010年7月に廃止していたスウェーデンでもウクライナと同様に、ロシアの脅威を理由に、2018年1月から新たに女性も対象にした徴兵制が復活することになった AFP(2017年3月3日)2017年3月3日閲覧。 有事の際にかぎり徴兵制を認めている国もあり、常備軍を持たないコスタリカでは、有事の際に徴兵制を実施できることが憲法に明記されている。.

新しい!!: イギリス海軍と徴兵制度 · 続きを見る »

地中海

地中海(ちちゅうかい、Mare Mediterraneum)は、北と東をユーラシア大陸、南をアフリカ大陸(両者で世界島)に囲まれた地中海盆地に位置する海である。海洋学上の地中海の一つ。.

新しい!!: イギリス海軍と地中海 · 続きを見る »

北大西洋条約機構

北大西洋条約機構(きたたいせいようじょうやくきこう)は、北大西洋条約に基づき、アメリカ合衆国を中心とした北アメリカ(=アメリカとカナダ)およびヨーロッパ諸国によって結成された軍事同盟である。前身はブリュッセル条約 (1948年)。 略称は頭字語が用いられ、英語圏では、North Atlantic Treaty Organization を略した NATO(ネイトー)と呼ばれ、日本やドイツ語圏では NATO(ナトー)、フランス語圏・スペイン語圏・ポルトガル語圏等では OTAN(オタン)と呼ばれる。.

新しい!!: イギリス海軍と北大西洋条約機構 · 続きを見る »

北西航路

北西航路 ニューヨーク - 東京間の航路。パナマ運河経由(緑線)では約18,200km北西航路経由(赤線)では約14,000km 北西航路(ほくせいこうろ、Northwest Passage)は、北アメリカ大陸の北方を通って大西洋と太平洋を結ぶ航路である。ユーラシア大陸の北を通って大西洋と太平洋を結ぶ「北極海航路」と対をなす。.

新しい!!: イギリス海軍と北西航路 · 続きを見る »

北極圏

北極圏(ほっきょくけん、Arctic Region)は、北緯66度33分以北の地域である。北極圏の限界線となる北緯66度33分線を北極線(ほっきょくせん、Arctic Circle)という。北極圏では真冬(冬至)に太陽が昇らず(極夜)真夏(夏至)に太陽が沈まない(白夜)。 なお地学などでは、北極海とツンドラ気候区とを合わせてこう呼ぶ場合もある。.

新しい!!: イギリス海軍と北極圏 · 続きを見る »

ペナント・ナンバー

代のイギリス海軍、イギリス連邦、ヨーロッパ諸国の軍艦には、識別のためにペナント・ナンバー(pennant number)が付されている。ペンダント(pendant)・ナンバーとも言う。ペナント・ナンバーという名称は、そもそも艦艇に所属小艦隊や艦種を表すペナント(旗)が与えられたことから来ている。たとえばイギリス海軍では赤い三角旗が水雷艇を、H(の信号旗)が水雷艇駆逐艦を表していた。これらのペナントに数字を加えることで、各艦を特定することができた。それゆえペナント・ナンバーは文字と数字の組み合わせになっている。数字の前に置かれる文字をflag superior(前置フラッグ)、数字の後に置かれる文字をflag inferior(後置フラッグ)と言う。ただし前置フラッグのないペナント・ナンバーもある。 アメリカの同種の体系については船体識別符号(Hull classification symbol)を参照。.

新しい!!: イギリス海軍とペナント・ナンバー · 続きを見る »

ナポレオン・ボナパルト

ダヴィッド『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』 ナポレオン一世皇家の紋章 ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日)または、省略して、ナポレオンは、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(Napoléon Ier、在位:1804年 - 1814年、1815年)としてフランス第一帝政の皇帝にも即位した。 フランス革命後の混乱を収拾して軍事独裁政権を樹立した。大陸軍(グランダルメ)と名付けた巨大な軍隊を築き上げてナポレオン戦争を引き起こし、幾多の勝利と婚姻政策によって、イギリス、ロシア、オスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いたが、最終的には敗北して失脚した。.

新しい!!: イギリス海軍とナポレオン・ボナパルト · 続きを見る »

ナポレオン戦争

1811年のヨーロッパ。濃い青はフランス帝国の領土。薄い青はフランスの衛星国 ナポレオン戦争(ナポレオンせんそう、Guerres napoléoniennes、Napoleonic Wars、Napoleonische Kriege)は、1803年にアミアンの和約が破れてから、1815年にナポレオン・ボナパルトが完全に敗北するまでの期間を通して行われた戦争である。 ナポレオンⅠ世率いるフランス帝国とその同盟諸国から動員された大陸軍(グランダルメ)が、イギリス、オーストリア、ロシア、プロイセンなどのヨーロッパ列強諸国を中心にして結成された対仏大同盟の諸軍隊と交戦した。.

新しい!!: イギリス海軍とナポレオン戦争 · 続きを見る »

ナイルの海戦

ナイルの海戦(ナイルのかいせん、Battle of the Nile)は、フランス革命戦争における戦闘の1つである。アブキール湾の海戦(アブキールわんのかいせん、Battle of Aboukir Bay)またはアブキール海戦(Bataille d'Aboukir)とも呼ばれる。 エジプト北部アレクサンドリア沿岸のアブキール湾において、1798年8月1日から8月2日早朝にかけ、ホレーショ・ネルソン率いるグレートブリテン王国(イギリス)艦隊がフランス艦隊に対して勝利を収めた。.

新しい!!: イギリス海軍とナイルの海戦 · 続きを見る »

ミサイル駆逐艦

ミサイル駆逐艦(ミサイルくちくかん、Guided missile Destroyer)は、軍艦の艦種の一つであり、広義にはミサイルを搭載している駆逐艦の事である。ミサイル艦の一種。日本の海上自衛隊においてはミサイル護衛艦(DDG)という名称が用いられている。 狭義においては、アメリカ海軍における艦種記号でDDGの艦の事であり、テリア、ターター、スタンダードのような艦隊防空用の艦対空ミサイルを搭載した駆逐艦の事である。アーレイ・バーク級、キッド級などがある。スプルーアンス級駆逐艦(艦種記号DD)の様に艦隊防空用のミサイルを搭載していない駆逐艦はミサイルを搭載していてもミサイル駆逐艦とは類別されないが、何故か艦隊防空用のミサイルを搭載していないズムウォルト級(DDG-1000)はミサイル駆逐艦扱いである。 アメリカ海軍以外には冷戦時代にスペイン海軍及びイギリス海軍、海上自衛隊や韓国海軍なども防空ミサイル駆逐艦を導入した他、1980年代までには世界各国海軍で必須の装備(水上戦闘艦)として開発が進んだ艦種である。 ソ連やロシアにおいてはミサイル艦とは艦対艦ミサイルを搭載した艦のことであり、アメリカ海軍でいうような艦隊防空用のミサイルを搭載した駆逐艦をミサイル艦とは呼ばない。むしろ、1950年代後半ないし1960年代以降においてたんに「駆逐艦」といえばアメリカ海軍で言うようなミサイル駆逐艦に相当すると考えた方が適切である。ソビエト連邦海軍やロシア海軍においても「ミサイル駆逐艦」という艦種名称は存在せず、単に「駆逐艦」と呼ばれる艦種や「大型対潜艦」と呼ばれる艦種がアメリカ海軍でいうところのミサイル駆逐艦と同様の任務を負う同規模の艦となっている。.

新しい!!: イギリス海軍とミサイル駆逐艦 · 続きを見る »

マラッカ海峡

マラッカ海峡近辺の地図 マラッカ海峡・スンダ海峡付近の地勢と主要航路 マラッカ海峡(マラッカかいきょう、Strait of Malacca、Selat Melaka)は、マレー半島とスマトラ島(インドネシア)を隔てる海峡。南東端で接続しているシンガポール海峡とあわせて太平洋とインド洋を結ぶ海上交通上の要衝となっている『最新地理小辞典』(1997) p.370。2005年における年間の通過船舶数は9万隻を超え、タンカー、コンテナ船など経済的に重要な物資を運ぶ大型貨物船が海峡を行き交う。経済的・戦略的にみて、世界のシーレーンの中でもスエズ運河、パナマ運河、ホルムズ海峡にならび重要な航路の一つである。.

新しい!!: イギリス海軍とマラッカ海峡 · 続きを見る »

ノルマン人

12世紀にノルマン人が征服した地を赤で示す ノルマン人(Normanean)は、スカンディナヴィアおよびバルト海沿岸に原住した北方系ゲルマン人。初期の時点では、「ヴァイキング」という概念とほぼ同じ(同項目を参照)。.

新しい!!: イギリス海軍とノルマン人 · 続きを見る »

ノルマン・コンクエスト

バイユーのタペストリーから。 バイユーのタペストリーから。 ノルマン・コンクエスト()は、ノルマンディー公ギヨーム2世によるイングランドの征服を指す。コンクエストを日本語にし、ノルマン征服ともいう。1066年のヘイスティングズの戦いに勝利したギヨーム2世はウィリアム1世としてノルマン朝を開いた(ウェストミンスター寺院での戴冠式は同年12月25日)。これによりイングランドはノルマン人により支配されることとなった。 ノルマン・コンクエストはイングランドの歴史の分水嶺となり、デンマーク付近(ゲルマン人の領域)の強い政治的・文化的影響から離れ、ラテン系のフランスと政治的にも文化的にも強く関係することになる。 なお、ノルマン人はイングランド人(アングロ・サクソン人やデーン人)と同様にゲルマン人の一種なので、異民族というほどでもない。ノルマン・コンクエストが比較的容易に進んだ一因に、どちらの民族もゲルマン人であったという点が挙げられる。 イングランド以外のウェールズとスコットランドとアイルランドには、ノルマン・コンクエストの支配・影響はあまり及ばなかった。これらの領域はもともとケルト人の勢力下にあり、ゲルマン人の勢力下にはなかったので、そういうことも一因となったようである。ただし後になって、これらの地域でイングランドとの抗争や関係なども発生する。この抗争や関係はノルマン・コンクエスト自体によるものではなく、ノルマン・コンクエスト以後の出来事による。.

新しい!!: イギリス海軍とノルマン・コンクエスト · 続きを見る »

ノルマンディー上陸作戦

ノルマンディー上陸作戦(ノルマンディーじょうりくさくせん、Invasion of Normandy)は、第二次世界大戦中の1944年6月6日に連合軍によって行われたドイツ占領下の北西ヨーロッパへの侵攻作戦。正式作戦名「ネプチューン作戦」(Operation Neptune)。なお上陸からパリ解放までの作戦全体の正式名称はオーヴァーロード作戦(Operation Overlord)。 最終的に200万人近い兵員がドーバー海峡を渡ってフランス・コタンタン半島のノルマンディー海岸に上陸した。2018年現在に至るまで歴史上最大規模の上陸作戦である。 本作戦は夜間の落下傘部隊の降下から始まり、続いて上陸予定地への空襲と艦砲射撃、早朝からの上陸用舟艇による敵前上陸が行われた。上陸作戦に続くノルマンディー地方の制圧にはドイツ軍の必死の抵抗により2ヶ月以上要した。 ノルマンディー上陸はヨーロッパ戦線の転機となった作戦であり、第二次世界大戦中最もよく知られた戦いの一つでもある。本作戦で用いられた用語「D-デイ」は作戦決行日を表し、現在では主に作戦開始当日の1944年6月6日について使われる。.

新しい!!: イギリス海軍とノルマンディー上陸作戦 · 続きを見る »

ノルマンディー公

ノルマンディー公国の紋章 ノルマンディー公(仏:duc de Normandie)は、ノルマンディー公国の君主の称号。フランスのノルマンディー地方を領有していた。.

新しい!!: イギリス海軍とノルマンディー公 · 続きを見る »

マレー沖海戦

マレー沖海戦(マレーおきかいせん)は、第二次世界大戦及び太平洋戦争の初期の1941年(昭和16年)12月10日にマレー半島東方沖で日本海軍の陸上攻撃機とイギリス海軍の東洋艦隊の間で行われた戦闘である。.

新しい!!: イギリス海軍とマレー沖海戦 · 続きを見る »

チャールズ1世 (イングランド王)

チャールズ1世(Charles I, 1600年11月19日 - 1649年1月30日)は、イングランド、スコットランド、アイルランドの王(在位:1625 - 1649年)。.

新しい!!: イギリス海軍とチャールズ1世 (イングランド王) · 続きを見る »

チャールズ2世 (イングランド王)

チャールズ2世(Charles II, 1630年5月29日 - 1685年2月6日)は、王政復古期ステュアート朝のイングランド、スコットランド、アイルランドの王(在位:1660年5月29日 - 1685年2月6日)。.

新しい!!: イギリス海軍とチャールズ2世 (イングランド王) · 続きを見る »

チャールズ・ダーウィン

チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin, 1809年2月12日 - 1882年4月19日)は、イギリスの自然科学者。卓越した地質学者・生物学者で、種の形成理論を構築。 全ての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、彼が自然選択と呼んだプロセスを通して進化したことを明らかにした。進化の事実は存命中に科学界と一般大衆に受け入れられた一方で、自然選択の理論が進化の主要な原動力と見なされるようになったのは1930年代であり、自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つである。また彼の科学的な発見は修正を施されながら生物多様性に一貫した理論的説明を与え、現代生物学の基盤をなしている。 進化論の提唱の功績から今日では生物学者と一般的に見なされる傾向にあるが、自身は存命中に地質学者を名乗っており、現代の学界でも地質学者であるという認識が確立している。.

新しい!!: イギリス海軍とチャールズ・ダーウィン · 続きを見る »

チャールズ・アルジャーノン・パーソンズ

ー・チャールズ・アルジャーノン・パーソンズ(Sir Charles Algernon Parsons、1854年6月13日- 1931年2月11日)は、イギリスの技術者。メリット勲章勲爵士(OM)、バス勲章ナイト・コマンダー勲爵士(KCB)、王立協会フェロー(FRS)。蒸気タービンの発明で知られる。.

新しい!!: イギリス海軍とチャールズ・アルジャーノン・パーソンズ · 続きを見る »

チェサピーク湾の海戦

チェサピーク湾の海戦(チェサピークわんのかいせん、Battle of the Chesapeake、またはバージニア岬の海戦、Battle of the Virginia Capes、あるいは単に岬の海戦、Battle of the Capes)は、アメリカ独立戦争中の1781年9月5日、チェサピーク湾口の近くで、海軍少将トーマス・グレイブス卿率いるグレートブリテン王国(イギリス)と、同じく海軍少将グラス伯フランソワ・ド・グラス率いるフランス王国の間で戦われた海戦である。この海戦は戦術的には引き分けたが、戦略的にはイギリス海軍の手痛い敗北に終わった。イギリス海軍としては1588年にスペイン無敵艦隊を破ってから第二次世界大戦までのほぼ400年間で最も重大な敗北だった。 フランス艦隊の勝利によって、バージニアのヨークタウンに駐屯していたチャールズ・コーンウォリス将軍の部隊に増援を送るというイギリス海軍の任務が果たせなくなった。またジョージ・ワシントン軍がニューヨークからチェサピーク湾を通って軍隊や物資を運ぶのを妨害することもできなかった。その結果はヨークタウンの包囲戦によるコーンウォリス軍の降伏となった(独立戦争で2度目のイギリス軍の大きな降伏)。その後、イギリスはアメリカ合衆国の独立を認めることになった。 歴史家のラッセル・ウィーグリーはこの結果を次のように表現した。.

新しい!!: イギリス海軍とチェサピーク湾の海戦 · 続きを見る »

ネルソン級戦艦

ネルソン級戦艦(ネルソンきゅうせんかん、Nelson class battleship)は、ワシントン海軍軍縮会議の結果、条約型戦艦のうち16インチ戦艦2隻の保有権を獲得したイギリス海軍が建造した超弩級戦艦の艦級である。同型艦は2隻で、1番艦ネルソンは1927年に竣工した。 本級はワシントン条約で定められた排水量内で最大の攻撃力と防御力を実現したものの、代償に速力を失った。.

新しい!!: イギリス海軍とネルソン級戦艦 · 続きを見る »

ネーデルラント連邦共和国

ネーデルラント連邦共和国(ネーデルラントれんぽうきょうわこく、Republiek der Zeven Verenigde Nederlanden、Republic of the Seven United Netherlands)は、16世紀から18世紀にかけて現在のオランダおよびベルギー北部(フランデレン地域)に存在した国家。現在のオランダ王国の原型であり、そのことからオランダ共和国などと呼ばれることもある。 連邦共和国はヘルダーラント州、ホラント州、ゼーラント州、ユトレヒト州、フリースラント州、オーファーアイセル州、フローニンゲン州のネーデルラント北部7州からなり、これにドレンテ準州、国境地帯の連邦直轄領ブラーバント、リンブルフ、フランデレンなどが加わっていた。中でもホラント州が連邦の経費の半分以上を負担し、人口、富、対外関係の面で他の6州より抜きんでていた。そのため、この州の名がそのまま連邦共和国、さらに今日の王国の通称となった。日本語名の「オランダ」もホラントのポルトガル語名に由来する。.

新しい!!: イギリス海軍とネーデルラント連邦共和国 · 続きを見る »

ネイビー

ネイビー(Navy、Navy Blue)とは一般的に濃紺(のうこん)を指す。英語の“Navy”は元々「海軍」の意味で使われていたが、イギリス海軍の制服の色が濃紺色であったことからこの色を指すようにもなった。 ウェブカラーでは基本16色の1つとして定義されている。ウェブブラウザで“Navy”と指定したときは、16進数表記で #000080 の色が発色される(右図)。 また、日本工業規格のJIS慣用色名では「ネービーブルー」として右図のように定義されている。 一般的に「紺色」「濃紺」といった黒に近い強い青全般を表すことが多い。.

新しい!!: イギリス海軍とネイビー · 続きを見る »

ハロルド2世 (イングランド王)

バイユーのタペストリーに描かれたハロルド2世 バイユーのタペストリーに描かれた、ヘイスティングズの戦いにおけるハロルド2世の戦死の模様。そのうちのどの戦士がハロルド2世であるかは確認されていない。 ハロルド2世(Harold II, 1022年 - 1066年10月14日)は、最後のアングロ・サクソン系イングランド王(在位:1066年)。ハロルド・ゴドウィンソン(Harold Godwinson)とも称した。ウェセックス伯ゴドウィンの次男でトスティ・ゴドウィンソンとエドワード懺悔王の妃エディス(en)の兄。妻はマーシア伯アルフガーの娘で、ウェールズ王グリフィズ・アプ・ルウェリンの未亡人エディスであった。.

新しい!!: イギリス海軍とハロルド2世 (イングランド王) · 続きを見る »

ハント型掃海艇

ハント型掃海艇()は、イギリス海軍が運用する掃海艇・機雷掃討艇の艦級。また退役艇がギリシャ海軍・リトアニア海軍において再就役している。.

新しい!!: イギリス海軍とハント型掃海艇 · 続きを見る »

ハスキー作戦

上陸後に点検を受けるM4シャーマン戦車 ハスキー作戦(ハスキーさくせん、Operation Husky)は、第二次世界大戦中の1943年7月10日より行われた、連合軍によるイタリアのシチリア島への上陸作戦。イタリア本土上陸への前段階として敢行された。.

新しい!!: イギリス海軍とハスキー作戦 · 続きを見る »

ポーツマス海軍基地

ポーツマス海軍基地 (HMNB Portsmouth, HMS Nelson) はイギリス海軍の3つの軍港の1つである。 基地はポーツマス市のポーツマス入り江東岸、ソレント海峡とワイト島の北側に位置している。ポーツマスは乾ドック発祥の地であり、現在もイギリス水上艦隊の2/3がこの港を拠点としている。また基地は、VTグループなどの造船や、補修と補給を請け負うフリート・サポート・リミテッド、乗員の陸上生活支援の拠点という性格も備えている。 イギリス海軍の最古の基地であり、何世紀もの間ブリテン島の歴史や防衛上非常に重要な存在であり続けてきた。さらに最盛期には世界最大の工業地帯でもあった。 ポーツマス海軍基地には博物館も備わっており、メアリー・ローズの遺物や戦列艦ヴィクトリー、装甲艦ウォーリアなどの著名な展示物が存在してある。.

新しい!!: イギリス海軍とポーツマス海軍基地 · 続きを見る »

メアリー・ローズ

メアリー・ローズ(Mary Rose)は、イングランド王国でかつて用いられていた軍艦で、大砲を主要な兵器とした大型のキャラック船。 1510年、ヘンリー8世によって建造された。当時の帆船としてはかなり大きく、全長32m、排水量はおよそ600tであったと考えられている。大砲を主要な兵器とした帆船のうち最古の部類に入り、舷側に78門の大砲を積んでいた。この巨艦の建造は隣国スコットランドがマイケル(グレート・マイケル)を建造する契機となった。 1512年からその翌々年にかけてフランスを砲撃し、その大砲の威力を示す。 メアリー・ローズは1536年に改装され、艦載砲の数が91門となった。 1545年にソレントの海戦でイングランド艦隊の旗艦となり、フランス艦隊と戦闘を行うが、その際に炎上してしまう。強度を失った船体は転舵の際にプリマス沖に沈んだ。 1982年に遺物が引き上げられ、この時代の艦船の貴重な資料となった。 Category:帆船の船名 Category:イギリス海軍の艦船 Category:イギリスの軍事史 Category:テューダー朝 Category:ヘンリー8世.

新しい!!: イギリス海軍とメアリー・ローズ · 続きを見る »

ユトランド沖海戦

ユトランド沖海戦(ユトランドおきかいせん、Battle of Jutland、Schlacht von Jütland、Søslaget ved Jylland)は、第一次世界大戦中デンマークのユトランド半島沖で1916年5月31日から6月1日にかけて戦われた、イギリス海軍とドイツ海軍との海戦を指す。同大戦中最大の海戦であり、唯一の主力艦隊同士による決戦であった。大戦当時は「ジュットランド海戦」の名で知られ、この表記を用いる文献も多い。。--> スカゲラックの戦い(Battle of the Skagerrak、Skagerrakschlacht、Søslaget om Skagerrak)とも呼ばれる。.

新しい!!: イギリス海軍とユトランド沖海戦 · 続きを見る »

ヨーロッパ大陸

ヨーロッパ大陸 ヨーロッパ大陸(ヨーロッパたいりく、英語:European continent)は、地球の北半球に位置するユーラシア大陸の一部、ロシアのウラル山脈より西側、ジョージアなどのカフカース山脈より北側の地域を指す。ヨーロッパ亜大陸、ヨーロッパ半島と同義であり、ヨーロッパ大陸は孤立した大陸ではない。ヨーロッパの名はギリシア神話のエウローペー(エウロペ)に由来し、古代ギリシアでアジアやアフリカに対して使われた地方名エウロパが亜大陸全体を指すのに使われるようになったという説がある。 南を地中海、黒海、西を大西洋、北を北極海に接する。東はウラル山脈によってアジア大陸と隔てられる。大きな半島にはイベリア半島、イタリア半島、バルカン半島、スカンディナヴィア半島がある。 ほとんどの部分が安定陸塊からなるが、アルプス山脈などの造山帯が南部には見られる。北緯40度より北に位置するが、大陸西岸は暖流である北大西洋海流のため気候は比較的温暖である。大陸の東側は内陸部で、大陸性気候を示し、気候は寒冷である。また地中海沿岸部は地中海性気候を示す。大陸西岸地域の中緯度と高緯度に位置するため、大陸には砂漠を持たない。 ヨーロッパ州のうち、アイスランド島、グレートブリテン島、アイルランド島やクレタ島などの島嶼部を除いた、大陸に属する地方をさすときに用いる言葉に、大陸ヨーロッパ(Continental Europe)があるが、これと同義で用いられることが多い。一方、ヨーロッパ州全体のことを慣用的にヨーロッパ大陸と呼ぶ場合もあり、この場合、島嶼部も含む。.

新しい!!: イギリス海軍とヨーロッパ大陸 · 続きを見る »

ヨーク級重巡洋艦

ヨーク級重巡洋艦(York class heavy cruiser)はイギリス海軍が建造した重巡洋艦である。.

新しい!!: イギリス海軍とヨーク級重巡洋艦 · 続きを見る »

ラム酒

ラム酒(ラムしゅ)またはラム(rum、rhum、ron)とは、西インド諸島が原産地と考えられている、サトウキビの廃糖蜜または絞り汁を原料として作られる蒸留酒である。サトウキビに含まれるショ糖を酵母でアルコール発酵させてエタノールに変えた後、蒸留、熟成することで作られる。 日本では、仔羊の肉(lamb)などとの混同を招かないよう「ラム酒」という言い方も一般的である。本稿では以下「ラム」と表記する。.

新しい!!: イギリス海軍とラム酒 · 続きを見る »

ラ・ロシェル

ラ・ロシェル(La Rochelle)はフランス、ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏、シャラント=マリティーム県のコミューン。.

新しい!!: イギリス海軍とラ・ロシェル · 続きを見る »

ライム

ライム (Lime) とは、柑橘類の一種。樹木としてはインドからミャンマー、マレーシア一帯の熱帯地域を原産とする低木。果実としてはライムの木の実である。.

新しい!!: イギリス海軍とライム · 続きを見る »

リバー型哨戒艦

リバー型哨戒艦()は、イギリス海軍が運用している哨戒艦の艦級。また準同型艦が、タイ海軍で1隻()、ブラジル海軍で3隻()、それぞれ運用されている。.

新しい!!: イギリス海軍とリバー型哨戒艦 · 続きを見る »

ルール・ブリタニア

ルール・ブリタニア」(Rule, Britannia!, 統べよ、ブリタニア)は、イギリスの愛国歌である。イギリスを擬人化した女神ブリタニアが世界を支配するであろうと高らかに歌い上げる。.

新しい!!: イギリス海軍とルール・ブリタニア · 続きを見る »

レモン

レモンの蕾と花 レモン(檸檬、lemon、学名: )は、ミカン科ミカン属の常緑低木、またはその果実のこと。柑橘類のひとつであり、なかでも主に酸味や香りを楽しむ、いわゆる香酸柑橘類に属する。 レモンの近縁種の一つ、シトロンの別名がで、クエン酸の名はこれに由来する。.

新しい!!: イギリス海軍とレモン · 続きを見る »

レパルス (巡洋戦艦)

レパルス (HMS Repulse) は、イギリス海軍の巡洋戦艦。レナウン級の2番艦である。 1941年12月10日、マレー沖海戦で日本海軍機の攻撃を受けて戦艦プリンス・オブ・ウェールズとともに撃沈された。 Repulseとは「撃退、反撃」の意。.

新しい!!: イギリス海軍とレパルス (巡洋戦艦) · 続きを見る »

ロバート・ブレイク

バート・ブレイク ロバート・ブレイク(Robert Blake, 1599年 - 1657年8月17日)は、イギリスサマセット州出身の軍人。英蘭戦争時において大きな役割を果たした一人として知られる。.

新しい!!: イギリス海軍とロバート・ブレイク · 続きを見る »

ロバート・スコット

バート・ファルコン・スコット(Robert Falcon Scott, 1868年6月6日 - 1912年3月29日)は、イギリス海軍の軍人。南極探検家としても知られ、1912年に南極点到達を果たすが、帰途遭難し、死亡した。.

新しい!!: イギリス海軍とロバート・スコット · 続きを見る »

ロンドン

ンドン(London )はグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国およびこれを構成するイングランドの首都。イギリスやヨーロッパ域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2,000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)に当たる地域にあった。シティの市街壁内の面積は約1平方マイルあり、中世以来その範囲はほぼ変わっていない。少なくとも19世紀以降、「ロンドン」の名称はシティの市街壁を越えて開発が進んだシティ周辺地域をも含めて用いられている。ロンドンは市街地の大部分はコナベーションにより形成されている 。ロンドンを管轄するリージョンであるグレーター・ロンドンでは、選挙で選出されたロンドン市長とロンドン議会により統治が行われている。 ロンドンは屈指の世界都市として、芸術、商業、教育、娯楽、ファッション、金融、ヘルスケア、メディア、専門サービス、調査開発、観光、交通といった広範囲にわたる分野において強い影響力がある。また、ニューヨークと並び世界をリードする金融センターでもあり、2009年時点の域内総生産は世界第5位で、欧州域内では最大である。世界的な文化の中心でもある。ロンドンは世界で最も来訪者の多い都市であり、単一の都市圏としては世界で最も航空旅客数が多い。欧州では最も高等教育機関が集積する都市であり、ロンドンには大学が43校ある。2012年のロンドンオリンピック開催に伴い、1908年、1948年に次ぐ3度目のオリンピック開催となり、同一都市としては史上最多となる。 ロンドンは文化的な多様性があり、300以上の言語が使われている。2011年3月時点のロンドンの公式の人口は817万4,100人であり、欧州の市域人口では最大で、イギリス国内の全人口の12.7%を占めている。グレーター・ロンドンの都市的地域は、パリの都市的地域に次いで欧州域内で第2位となる8,278,251人の人口を有し、ロンドンの都市圏の人口は1200万人から1400万人に達し、欧州域内では最大である。ロンドンは1831年から1925年にかけて、世界最大の人口を擁する都市であった。2012年にマスターカードが公表した統計によると、ロンドンは世界で最も外国人旅行者が訪れる都市である。 イギリスの首都とされているが、他国の多くの首都と同様、ロンドンの首都としての地位を明示した文書は存在しない。.

新しい!!: イギリス海軍とロンドン · 続きを見る »

ロンドン海軍軍縮会議

ンドン海軍軍縮会議(ロンドンかいぐんぐんしゅくかいぎ)は、1930年に開催された列強海軍の補助艦保有量の制限を主な目的とした国際会議。イギリス首相ラムゼイ・マクドナルドの提唱により、イギリスのロンドンで開かれた。開催期日は1月21日から4月22日。 当初、イギリス、日本、アメリカ、フランス、イタリアの第一次世界大戦の戦勝国である五大国、かつ五大海軍国により会議がもたれたが、フランスおよびイタリアは潜水艦の保有量制限などに反発し、結局部分的な参加にとどまった。.

新しい!!: イギリス海軍とロンドン海軍軍縮会議 · 続きを見る »

ロイヤル・サブリン級戦艦

イヤル・サブリン級戦艦 (Royal Sovereign class battleship) は、イギリス海軍が建造した戦艦の艦級。近代戦艦の始祖と呼ばれ、前弩級戦艦の基本設計を確立した。日本の富士型戦艦の原型となった。.

新しい!!: イギリス海軍とロイヤル・サブリン級戦艦 · 続きを見る »

ロシア帝国

ア帝国(ロシアていこく、 ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、1721年から1917年までに存在した帝国である。ロシアを始め、フィンランド、リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、中央アジア、シベリア、外満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。通常は1721年のピョートル1世即位からロシア帝国の名称を用いることが多い。統治王家のロマノフ家にちなんでロマノフ朝とも呼ばれるがこちらはミハイル・ロマノフがロシア・ツァーリ国のツァーリに即位した1613年を成立年とする。.

新しい!!: イギリス海軍とロシア帝国 · 続きを見る »

ロシア海軍

ア海軍(ロシアかいぐん、Военно-Морской Флот、略称:ВМФ)は、ロシア連邦が保有する海軍。旧ソ連海軍とは密接な関係があるので、ここでは一括して扱う。正式名称を直訳するとロシア連邦軍事海上艦隊となる。.

新しい!!: イギリス海軍とロシア海軍 · 続きを見る »

ロサイス

イス(英語:Rosyth, 発音記号:Ross-sythe, スコットランド・ゲール語:Ros Saidhe / Ros Saoithe)は、スコットランドのファイフにある人口15,000人ほどのタウンである。ロシスとも表記する。フォース湾に面し、南4.8キロメートルの位置にはダンファームリンがある。.

新しい!!: イギリス海軍とロサイス · 続きを見る »

ワシントン海軍軍縮条約

ワシントン海軍軍縮条約(ワシントンかいぐんぐんしゅくじょうやく)は、1921年(大正10年)11月11日から1922年(大正11年)2月6日までアメリカ合衆国のワシントンD.C.で開催されたワシントン会議のうち、海軍の軍縮問題についての討議の上で採択された条約。アメリカ(米)、イギリス(英)、日本(日)、フランス(仏)、イタリア(伊)の戦艦・航空母艦(空母)等の保有の制限が取り決められた。華府条約(ワシントン条約)とも表記される。.

新しい!!: イギリス海軍とワシントン海軍軍縮条約 · 続きを見る »

ヴァンガード級原子力潜水艦

ヴァンガード級原子力潜水艦 (Vanguard class nuclear-powered submarine) はイギリス海軍が保有・運用している戦略ミサイル原子力潜水艦である。同時にイギリスが運用している唯一の核戦力である。レゾリューション級の後継艦で、4隻が就役しており、常時1隻が任務についている。 全艦がスコットランドのグラスゴーから25マイル(40km)西方に位置するクライド海軍基地を母港とする。.

新しい!!: イギリス海軍とヴァンガード級原子力潜水艦 · 続きを見る »

ヴァイキング

'''ヴァイキングの航海''' 緑色はヴァイキングの居住地(植民地)、青線は経路、数字は到達年。黒海やカスピ海、北アメリカ大陸のニューファンドランド島にも到達している ヴァイキング(Viking、Viking、Wikinger)とは、ヴァイキング時代(Viking Age、800年 - 1050年)と呼ばれる約250年間に西ヨーロッパ沿海部を侵略したスカンディナヴィア、バルト海沿岸地域の武装船団(海賊)を指す言葉。 彼らは北方系ゲルマン人で、ゲルマン民族移動の時代には南下(デーン人のユトランド半島進出など)により、西ヨーロッパとより近く接触するようになったが、9世紀に入って侵略などを活発化させた。 後の研究の進展により、ヴァイキングは「その時代にスカンディナヴィア半島、バルト海沿岸に住んでいた人々全体」を指す言葉に変容した。そういった観点からは、ノルマン人とも呼ばれる。中世ヨーロッパの歴史に大きな影響を残した。西洋生活様式と思想は、個人主義がヴァイキングのイデオロギーに影響を受ける。 ヴァイキングは海賊・交易・植民を繰り返す略奪経済を生業としていたのではなく、ノルウェーの考古学者であるヘイエルダールが述べたように、故地においては農民であり漁民であった。http://www.history.com/topics/exploration/vikings-history--> また、ヴァイキングたちの収益の大部分が交易によるものだったと言われている。この事実から、ヴァイキングたちにとっても航海の主たる目的は交易であり、略奪の方がむしろ例外的なものだったと考えられる。金になるブリテン諸島、イベリア半島、イタリア半島、バルカン半島、ヨーロッパロシア、スカンディナヴィア半島、北アフリカ、西アジアとの交易路。例えばヴァリャーグからギリシャへの道でコンスタンティノープルとの貿易、ヴァイキングの通商路である。.

新しい!!: イギリス海軍とヴァイキング · 続きを見る »

ヴィッカース (曖昧さ回避)

ヴィッカース、ビッカース、ヴィッカーズ、ビッカーズ (Vickers).

新しい!!: イギリス海軍とヴィッカース (曖昧さ回避) · 続きを見る »

ヴィクトリー (戦列艦)

ヴィクトリー は、イギリス海軍の104門1等戦列艦。1805年のトラファルガーの海戦においてホレーショ・ネルソン提督の旗艦を務めていたことで知られる。他にもウェサン島の海戦でのケッペル提督や、スパルテル岬の海戦でのハウ提督、サン・ビセンテ岬の海戦でのジョン・ジャーヴィス提督ら、多くの提督の座乗艦であった。 1922年にポーツマスの乾ドックに移され、記念艦となった。ポーツマス軍港の港湾司令官や第二海軍卿の旗艦を務めていたが、2012年8月からは第一海軍卿の旗艦となった。現存する唯一の戦列艦であるとともに、世界最古の現役艦でもある(航行可能な現役艦としてはアメリカ海軍のコンスティチューションが最古)。.

新しい!!: イギリス海軍とヴィクトリー (戦列艦) · 続きを見る »

トムソン・ロイター

ニューヨーク、タイムズスクエアのトムソン・ロイタービル(写真中央の青白のビル) トムソン・ロイター(Thomson Reuters)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークに本社を置く国際的な大手情報企業である。カナダのウッドブリッジカンパニー傘下。.

新しい!!: イギリス海軍とトムソン・ロイター · 続きを見る »

トラファルガーの海戦

ネルソン・タッチの図。フランス・スペイン連合艦隊(青)の脇腹をイギリス艦隊(赤)が突く トラファルガーの海戦(Battle of Trafalgar、Bataille de Trafalgar)は、1805年10月21日に、スペインのトラファルガー岬の沖で行なわれた海戦。ナポレオン戦争における最大の海戦で、イギリスはこの海戦の勝利により、ナポレオン1世の英本土上陸の野望を粉砕した。 ネルソンが戦闘に先立ち、麾下の艦隊に送った「英国は各員がその義務を尽くすことを期待する」は今日でも名文句として知られる。 しかし、陸上においてはアウステルリッツの戦いでフランスが他のヨーロッパ諸国軍を破るなど依然として優勢で、自国本土は守り切ったが、大陸での戦争自体にすぐさま大勢を及ぼすことはなかった。.

新しい!!: イギリス海軍とトラファルガーの海戦 · 続きを見る »

トラファルガー級原子力潜水艦

トラファルガー級原子力潜水艦 (Trafalgar class submarine) は、イギリス海軍の攻撃型原子力潜水艦。基本的に対潜任務に用いられているが、対艦攻撃や対地攻撃も可能。.

新しい!!: イギリス海軍とトラファルガー級原子力潜水艦 · 続きを見る »

トライバル級駆逐艦 (2代)

トライバル級駆逐艦()は、イギリス海軍の駆逐艦の艦級。巡洋艦の任務を肩代わりできるよう、艦砲を連装化するなど砲熕火力を強化した駆逐艦として、1935年度計画で7隻、36年度計画で9隻が建造された。アメリカ合衆国の軍事研究家であるノーマン・フリードマンは本級を「間違いなくもっとも有名で、あるいはもっとも格好の良い英駆逐艦」と評している。.

新しい!!: イギリス海軍とトライバル級駆逐艦 (2代) · 続きを見る »

トーチ作戦

トーチ作戦(トーチさくせん、Operation Torch)は、1942年11月8日より行われた、連合国軍によるモロッコとアルジェリアへの上陸作戦のことである。 この作戦は当初は「Gymnast(ジムナスト、体育家)」と呼ばれていたが、後に「Torch(たいまつ)」となった。.

新しい!!: イギリス海軍とトーチ作戦 · 続きを見る »

ヘネラル・ベルグラノ (巡洋艦)

ヘネラル・ベルグラノ(ARA General Belgrano)は、アルゼンチン海軍の巡洋艦。.

新しい!!: イギリス海軍とヘネラル・ベルグラノ (巡洋艦) · 続きを見る »

ヘリコプター揚陸艦

ヘリコプター揚陸艦(ヘリコプターようりくかん、Landing Platform Helicopter,LPH)は、揚陸艦の一種である。全通甲板のヘリコプター甲板を持ち揚陸手段としてヘリコプターを運用する作戦を実行する能力がある揚陸艦であり、広義には水上からの揚陸能力を併せ持つ強襲揚陸艦等を含む。.

新しい!!: イギリス海軍とヘリコプター揚陸艦 · 続きを見る »

ヘリ空母

ャンヌ・ダルク」 ヘリ空母(ヘリくうぼ、Helicopter carrier)とは、ヘリコプターを運用することを主目的とした航空母艦。.

新しい!!: イギリス海軍とヘリ空母 · 続きを見る »

ヘルゴラント海戦 (1914)

ヘルゴラント海戦(ヘルゴラントかいせん、Seegefecht bei Helgoland)は、第一次世界大戦中の1914年8月28日、ヘルゴラント島(英:ヘリゴランド島)沖合いの北海で起きたイギリス海軍とドイツ海軍との海戦である。圧倒的に軍事的優位に立つイギリス海軍が、ドイツ海軍を罠にかけ、3隻の軽巡洋艦と水雷艇を撃沈することに成功した。 なお、英語での呼称は「Battle of Heligoland Bight」となっているが、英語で「ヘリゴランド湾 (Heligoland Bight)」と呼ばれる湾は、ユトランド半島南部、ホルシュタイン地方からオランダ国境までの北海に面したドイツ領が形作る湾のことで、ドイツでは一般的に「ドイツ湾 (Deutsche Bucht)」と呼ばれ、その入り口にヘリゴランド島があることからその名がついた。 ヘリゴランド湾には東からエルベ川が南からヴェーザー川が流れ込んでおり、エルベ河口にはブルンスビュッテル軍港が、ヴェーザー河口に近いヤーデ湾にはヴィルヘルムスハーフェン軍港がある。.

新しい!!: イギリス海軍とヘルゴラント海戦 (1914) · 続きを見る »

ヘンリー8世 (イングランド王)

ヘンリー8世(Henry VIII, 1491年6月28日 - 1547年1月28日)は、テューダー朝第2代のイングランド王(在位:1509年4月22日(戴冠は6月24日) - 1547年1月28日)、アイルランド卿、のちアイルランド王(在位:1541年 - 1547年)。イングランド王ヘンリー7世の次男。百年戦争以来の慣例に従い、フランス王位の要求も継続した。 6度の結婚に加えて、ローマ・カトリック教会からのイングランド国教会の分離によって知られる。ローマと対立し、修道院を解散し、自ら国教会の首長となった。だがローマによる破門のあとも、カトリックの教義への信仰は失わなかった。また、によって、イングランドおよびウェールズの統合を指導した。 1513年には神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世と連合して、1544年には神聖ローマ皇帝兼スペイン王カール5世と連合してフランスを攻めるが、どちらもハプスブルク家からの援助は最小限であり、膨大な戦費に堪えられず失敗に終わった。 絶頂期においては、魅力的で教養があり老練な王だと同時代人から見られ、ブリテンの王位についた人物の中で最もカリスマ性のあった統治者であると描かれている。権力をふるいながら、文筆家および作曲家としても活動した。薔薇戦争の後の危うい平和のもとで女性君主にテューダー朝をまとめることは無理だと考え、男子の世継ぎを渇望した。そのため6度結婚し、イングランドにおける宗教改革を招いた。次第に肥満して健康を害し、1547年に薨去した。晩年には好色、利己的、無慈悲かつ不安定な王であったとされている。後継者は息子のエドワード6世であった。.

新しい!!: イギリス海軍とヘンリー8世 (イングランド王) · 続きを見る »

ヘイスティングズの戦い

ヘイスティングズの戦い(ヘイスティングズのたたかい、英:Battle of Hastings)は、1066年にイングランドのヘイスティングスから若干内陸に入ったバトルの丘でノルマンディー公ギヨーム2世とイングランド王ハロルド2世との間で戦われた会戦である。.

新しい!!: イギリス海軍とヘイスティングズの戦い · 続きを見る »

ブリタニア

ブリタニア は、イギリスまたはグレートブリテン島『広辞苑』第五版「ブリタニア」の古称、特に、古代ローマの属州「ブリタンニア」があったグレートブリテン島南部のラテン語名である。 フランスのブルターニュ(小ブリテン)を含むこともある。ブルターニュには4世紀から8世紀にグレートブリテン島から移民が訪れ、10~11世紀には、英仏海峡を挟んだ両地域がブリタニアと呼ばれた。ブリタニアがフランス語化された語がブルターニュ である。.

新しい!!: イギリス海軍とブリタニア · 続きを見る »

ブルー・エンサイン

在のイギリスのブルー・エンサイン ブルー・エンサイン(Blue Ensign)は、旗の一種で、イギリスに関係する組織や地域で使用される。イギリスの国旗であるユニオンフラッグをカントン部(左上)に配置し、残りの部分を青地にしたもの。青地部分は無地のまま、あるいは紋章やその他のエンブレムが配置される場合がある。 ブルー・エンサインが登場して以来、イギリス国旗が変化するとともにブルー・エンサインも変化してきた。 1707年合同法によってスコットランドとイングランドおよびウェールズが合併し、グレートブリテン王国を形成した際、ブルー・エンサインも変更された。1800年合同法にてアイルランドが加わった際には聖パトリキウス十字(白地に赤の斜め十字)が追加され、それにより正式に1801年1月1日より現在のブルー・エンサインが導入された。 English Blue Ensign 1620.svg|17世紀のイングランドの旗を配したブルー・エンサイン(1620年〜1707年) Blue Ensign of Great Britain (1707-1800).svg|グレートブリテン王国のブルー・エンサイン(1707年–1801年).

新しい!!: イギリス海軍とブルー・エンサイン · 続きを見る »

プリマス

プリマス(Plymouth)は、イングランド南西部のデヴォン州にある港湾都市で、行政はシティかつ単一自治体 (Unitary Authority)である。 17世紀、ピューリタン(清教徒)を含んだピルグリム・ファーザーズの一団、102名はこの港からメイフラワー号に乗船し、新大陸に向かった。その到着地点となった海岸部が、現在のアメリカ東部マサチューセッツ州の都市プリマスに当たる(彼らが出発地と同じ名を名づけたとよく言われるが、実際は同名の地に偶然到着したのである)。現在はイギリス国内有数の港湾都市、およびイギリス海軍の重要な軍港として知られている。.

新しい!!: イギリス海軍とプリマス · 続きを見る »

プリンス・オブ・ウェールズ (空母)

HMS プリンス・オブ・ウェールズ()はイギリス海軍が現在建造している航空母艦でクイーン・エリザベス級航空母艦の2番艦であり 同じ艦名として戦列艦「プリンス・オブ・ウェールズ」から数えて8代目になる。.

新しい!!: イギリス海軍とプリンス・オブ・ウェールズ (空母) · 続きを見る »

プリンス・オブ・ウェールズ (戦艦)

プリンス・オブ・ウェールズ (HMS Prince of Wales) は、イギリス海軍の戦艦。キング・ジョージ5世級の2番艦。35.56 cm(14インチ)砲を4連装2基(前部、後部に各一基)連装1基(前部に配置)の10門装備が特徴。艦名は当時の国王ジョージ6世の兄王であるエドワード8世の即位前の称号、王太子(プリンス・オブ・ウェールズ)に由来する。ビスマルク迎撃作戦や地中海輸送掩護で活躍した後、マレー沖海戦で沈没した。.

新しい!!: イギリス海軍とプリンス・オブ・ウェールズ (戦艦) · 続きを見る »

ビーグル (帆船)

ビーグル(HMS Beagle)は、イギリス海軍の10門の砲を搭載したチェロキー級ブリッグである。ビーグル号の名は、野兎狩りに使われる猟犬ビーグルに由来する。1820年5月11日にテムズ川のウリッジ造船所で進水した。建造費用は7803ポンドであった。その年の7月、ビーグルはジョージ4世の戴冠式を祝う観艦式に参加し、新しいロンドン橋の下をくぐった最初の船となった。その後5年間は予備艦となっていた。それから調査用のバークに改装されたビーグルは3度の探検に参加した。2度目の航海ではチャールズ・ダーウィンが乗船した。.

新しい!!: イギリス海軍とビーグル (帆船) · 続きを見る »

ビスマルク (戦艦)

ビスマルク (Bismarck)は、第二次世界大戦中のドイツ海軍の戦艦で、ビスマルク級戦艦のネームシップである。艦名は、ドイツ統一の立役者で、鉄血宰相の異名を持つオットー・フォン・ビスマルクにちなんで付けられた。.

新しい!!: イギリス海軍とビスマルク (戦艦) · 続きを見る »

ビタミンC

ビタミンC (vitamin C, VC) は、水溶性ビタミンの1種。化学的には L-アスコルビン酸をさす。生体の活動においてさまざまな局面で重要な役割を果たしている。食品に含まれるほか、ビタミンCを摂取するための補助食品もよく利用されている。WHO必須医薬品モデル・リスト収録品。 壊血病の予防・治療に用いられる。鉄分・カルシウムなどミネラルの吸収を促進する効果があるが、摂取しすぎると鉄過剰症の原因になることがある。風邪を予防することはできない。.

新しい!!: イギリス海軍とビタミンC · 続きを見る »

テラノバ遠征

南極点に到達したスコット隊、1912年1月18日、後列左からウィルソン、スコット、オーツ、前列左からボワーズ、エバンス テラノバ遠征(テラノバえんせい、Terra Nova Expedition、公式にはイギリス南極遠征)は、1910年から1913年に、ロバート・ファルコン・スコットが率いたイギリスの南極遠征であり、主要目的は科学的実験、観察と標本採集であり、第2の目標が地理的南極点に到達することだった。スコットと4人の隊員が1912年1月17日に南極点に到達したが、そこではロアール・アムンセンの率いたノルウェー隊が33日前に到達していたことが分かった。南極点からの帰路にスコット隊全員が死んだ。その遺体、日誌、写真の幾らかが8か月後の捜索隊によって発見された。 スコットは経験を積んだ極地探検の指揮官であり、1901年から1904年にはディスカバリー遠征隊を率いて南極に来ていた。テラノバ遠征という名前は、その補給船から名付けられており、大衆の寄付金を政府が助成金を出して補った資金で動く、民間の事業だった。海軍本部からの支援があり、経験のある水兵を遠征隊に送った。また王立地理学会からの支援もあった。南極点への挑戦と共に、包括的な科学調査を実行しており、ヴィクトリアランドと西部山脈を探検した。エドワード7世半島への上陸と探検の試みは失敗した。1911年6月と7月にケープ・クロージャーに旅したのが、南極の厳冬期では初の長距離の橇の旅となった。 スコットはその死から長い間悲劇の英雄として変わらない評価だったが、その南極点行隊を打ち負かした災難の原因について幾つか疑問が投げかけられるようになった。20世紀の第4四半期では、隊の行動を細かく精査され、その組織や管理について多くの批判的見解が表明されるようになった。スコット自身の責任の程度が、評論家の間で議論の対象になっている。 スコット(緑)とアムンセン(赤)が採った南極点に向かう経路、1911年–1912年.

新しい!!: イギリス海軍とテラノバ遠征 · 続きを見る »

デヴォンポート海軍基地

デヴォンポート海軍基地(HMNB Devonport、HMS Drake)はイギリス海軍の3つの軍港のうちの1つである。イギリス南西部のデヴォン州、プリマスの西にあるデヴォンポートに位置しており、西ヨーロッパで最大規模の軍港である。さらにはイギリス海軍唯一の原子炉補修と核燃料装填が可能な設備を備えた港でもある。 隣接する造船所はバブコック・マリーンが所有、運営している。同社は2007年にデヴォンポート・マネージメント・リミテッドから経営権を引き継いだ。バブコック・マリーンの所有施設は普通「デヴォンポート工廠」と呼ばれている。 デヴォンポート海軍基地はトラファルガー級原子力潜水艦などを含むデヴォンポート小艦隊の母港である。.

新しい!!: イギリス海軍とデヴォンポート海軍基地 · 続きを見る »

ディスカバリーチャンネル

ディスカバリーチャンネル(Discovery Channel)は、ディスカバリー・コミュニケーションズ社が運営するアメリカの衛星テレビおよびケーブルテレビネットワークチャンネル。 1985年6月17日放送開始。35の言語で世界170カ国以上に放送され、視聴世帯数4億5千万世帯を擁する世界最大のドキュメンタリーチャンネルである。 科学・テクノロジー、歴史、車・バイク、建築、ミリタリー、人体、旅、パニック・災害、超常現象・事件・事故、冒険・挑戦の10ジャンルを網羅している。 2009年4月より新ロゴに変更。.

新しい!!: イギリス海軍とディスカバリーチャンネル · 続きを見る »

フューリアス (空母)

フューリアス(HMS Furious, 47)は、イギリス海軍が建造した世界初の本格的航空母艦である。 元はバルト海作戦用に建造された「ハッシュ・ハッシュ・クルーザー」の一艦で、試行錯誤の末数度の改装を受け、艦容が幾度も変遷したことで知られる。 “Furious”とは「怒り狂う」「猛烈な」の意。.

新しい!!: イギリス海軍とフューリアス (空母) · 続きを見る »

フランクリン遠征

ョン・リチャードソン、フレデリック・ウィリアム・ビーチー ジョン・バロウ卿、海軍本部副大臣として長く務めた間に北西航路の発見を提唱した ジョン・フランクリン卿、遠征隊の指揮官、バロウはその選択を躊躇した F・R・M・クロージャー大佐、遠征隊の執行士官、HMS''テラー''を指揮 accessdate.

新しい!!: イギリス海軍とフランクリン遠征 · 続きを見る »

フランシス・ドレーク

ー・フランシス・ドレーク(、 1543年頃 - 1596年1月28日)は、エリザベス朝のイングランドの航海者、海賊(私掠船船長)、海軍提督。イングランド人として初めて世界一周を達成し、アルマダの海戦では艦隊の司令官としてスペインの無敵艦隊を撃破した。 ドレークはその功績から、イングランド人には英雄とみなされる一方、海賊行為で苦しめられていたスペイン人からは、悪魔の化身であるドラゴンを指す「ドラコ」の呼び名で知られた(ラテン語名フランキスクス・ドラコ()から)。.

新しい!!: イギリス海軍とフランシス・ドレーク · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: イギリス海軍とフランス · 続きを見る »

フランス海軍

フランス海軍(フランスかいぐん、Marine nationale、MN)はフランスが保有する海軍。 第二次世界大戦での教訓から独自の軍事体制を維持しており、戦略核や空母などを保持している。また、海外に植民地があることから、小型の艦艇を警備用として太平洋・インド洋・カリブ海などの海外領土に展開している。海軍司令部はパリの総司令部、ブレストの大西洋艦隊司令部、トゥーロンの地中海艦隊司令部及びシェルブールの英仏海峡小艦隊司令部が存在する。.

新しい!!: イギリス海軍とフランス海軍 · 続きを見る »

フランソワ・ド・グラス

ラス・ティリー侯爵およびグラス伯爵フランソワ・ジョゼフ・ポール(フランス語:François Joseph Paul, marquis de Grasse Tilly, comte de Grasse, 1722年 - 1788年1月14日)は、フランスの侯爵にして伯爵、フランス海軍の提督である。チェサピーク湾の海戦の勝利により、アメリカ独立に決定的な役割を果たしたが、セインツの海戦の敗北により、フランスの完全な勝利を勝ち取ることはできなかった。.

新しい!!: イギリス海軍とフランソワ・ド・グラス · 続きを見る »

フリゲート

帆走するフリゲート フリゲート(Frigate)は、軍艦の艦種の一つ。時代により様々な任務や大きさの軍艦に対して使用された名称である。フリゲイトとも表記される。 日本では、"Destroyer"は「駆逐艦」、"Cruiser"は「巡洋艦」、"Battleship"は「戦艦」などと日本語訳されたが、フリゲートに関してはそのままカタカナ語として用いられている。語尾に「艦」を付加して「フリゲート艦」と呼ばれることもあるが、「フリゲート」のみで一つの艦種を表すので、特に「艦」は付けなくてもよい。なお漢字文化圏では、「駆逐艦」「巡洋艦」については日本での訳語がおおむね踏襲されているが、「フリゲート」については「護衛艦」(, )あるいは「巡防艦」と訳されることが多い。.

新しい!!: イギリス海軍とフリゲート · 続きを見る »

フッド (巡洋戦艦)

フッド(HMS Hood)は、イギリス海軍が第一次世界大戦後に建造したアドミラル級(フッド級)巡洋戦艦。同型艦はない。艦名はサミュエル・フッド提督に因む。.

新しい!!: イギリス海軍とフッド (巡洋戦艦) · 続きを見る »

フィリップ (エディンバラ公)

ディンバラ公フィリップ王配Princeの称号は必ずしも適当な訳語があるものではないが、外務省において「王配殿下」、宮内庁において「英国王配エディンバラ公フィリップ殿下」と呼称していることに鑑み、「王配」の訳を当てている。なお、エリザベス2世女王との間の息子らも同じ称号を名乗るが、この場合には同様の理由により「王子」の訳を当てている。イギリスにおけるPrinceという称号の意義についてはBritish princeを参照。(Prince Philip, Duke of Edinburgh、1921年6月10日 - )は、イギリス王室の成員、イギリス女王エリザベス2世の夫(王配)。次期王位継承者・チャールズの実父。爵位・称号は Prince of the United Kingdom、エディンバラ公爵、メリオネス伯爵、グリニッジ男爵、イギリス海陸空軍元帥、Lord High Admiral(:en:List of Lord High Admirals (United Kingdom)) 、日本学士院名誉会員。敬称は His Royal Highness(殿下)。 祖父にギリシャ王ゲオルギオス1世 、曾祖父にデンマーク王クリスチャン9世、高祖父にロシア皇帝ニコライ1世、高祖母にイギリス女王ヴィクトリアがいる。 イギリス海軍で第2次世界大戦に従軍後、当時即位前のエリザベスと結婚。女王即位後は海軍を退役し、長年女王を支えてきた。女王の公務の大半に同伴、単独での海外訪問も143カ国637回に上り、公務は単独でも65年間で2万2千件以上行った。現在も785団体の会長や支援者を務める読売新聞 東京本社版 2017年5月6日。 96歳と高齢になっていた2017年8月2日にバッキンガム宮殿でイギリス海兵隊を閲兵したのを最後に、全ての公務から引退した。.

新しい!!: イギリス海軍とフィリップ (エディンバラ公) · 続きを見る »

フォークランド紛争

フォークランド諸島の位置。アルゼンチン沖、南米大陸南端から500km沖に位置する。フォークランド諸島は、東西の主要2島と多数の小島からなる。 フォークランド紛争(フォークランドふんそう、Falklands War/Conflict/Crisis)は、大西洋のイギリス領フォークランド諸島(アルゼンチン名:マルビナス諸島)の領有を巡り、1982年3月からイギリスとアルゼンチン間で3ヶ月に及んだ紛争のこと。スペイン語やポルトガル語では「マルビナス戦争(Guerra de las Malvinas)」と表記されることが多い。 日本語では「フォークランド紛争」と表記されることが多い。英語圏では「(フォークランド戦争)」とも呼ばれる。ただし、イギリス陸軍の公式ウェブサイトでは「(フォークランドの争い)」の語を用いている。.

新しい!!: イギリス海軍とフォークランド紛争 · 続きを見る »

フォークランド諸島

フォークランド諸島(フォークランドしょとう、Falkland Islands)は、南大西洋上にあるイギリス領の諸島。1833年からイギリスが実効支配し続け、現在に至る。スペイン語名ではマルビナス諸島()。首都はスタンリー(またはポート・スタンリー、アルゼンチン名はプエルト・アルヘンティーノ)。人口3,398人(2016年調査)。通貨にフォークランド諸島ポンドとイギリスポンドの両通貨が使われている。諸島の領有を主張するアルゼンチンとイギリスとの間で、1982年にフォークランド紛争が勃発した。.

新しい!!: イギリス海軍とフォークランド諸島 · 続きを見る »

フォークランド沖海戦

フォークランド沖海戦(Battle of the Falkland Islands)は第一次世界大戦中にアルゼンチン近くの英領フォークランド諸島沖でドイツ海軍とイギリス海軍が戦った海戦。 コロネル沖海戦で敗北したイギリス海軍は、スターディー中将を南大西洋・太平洋方面艦隊司令長官に任じ、巡洋戦艦インヴィンシブル、インフレキシブルがその指揮下に入った。 1914年10月9日、インヴィンシブルとインフレキシブルはサー・ダブトン・スタディー中将の将旗を掲げ、11日16時45分あわただしくフォークランド諸島を目指した。一方のシュペー隊はコロネル沖海戦後に石炭不足、機関の不調などから大西洋に進出するのが遅れ、破滅の道をたどる事になる。 11月11日、両艦は出港し、装甲巡洋艦モンマス級「コーンウォール」「ケント」、デヴォンシャー級「カーナヴォン」、タウン級軽巡洋艦「ブリストル」、「グラスゴー」、仮装巡洋艦「マセドニア(Macedonia)」と合流しつつ、12月7日にフォークランド諸島ポート・スタンリーに到着した。 一方、シュペー中将指揮するドイツ東洋艦隊はコロネル沖海戦後、本国からの帰還命令を受けたものの燃料及び弾薬の慢性的な不足に苦しんでいた。12月近くになり、シュペー中将はホーン岬を通って大西洋に入り、フォークランド諸島を襲撃することにした。 12月8日、フォークランド諸島の見張所が接近する装甲巡洋艦グナイゼナウ、軽巡洋艦ニュルンベルクを発見した。これを受けて8時30分にカーナヴォンとケントがまず出港した。9時15分には前弩級戦艦カノーパスが砲撃を開始し、ドイツ艦2隻は反転した。シュペー中将は艦隊をまとめ逃走に入った。 10時には故障したブリストル以外が出港し、シュペー艦隊を追撃した。このあとスタディー隊は着替えと昼食をとり、12時55分、インフレキシブルが防護巡洋艦ライプツィヒに対し砲撃を開始した。シュペー中将は防護巡洋艦3隻を逃がすため13時25分に分離した。スターディー中将はこれを軽巡洋艦に追撃させ、ドイツの装甲巡洋艦2隻に、巡洋戦艦2隻で対した。 装甲巡洋艦と巡洋戦艦では圧倒的に巡洋戦艦が優勢であり、スタディー隊は約10ノットの優速をもって自在に距離を伸縮しつつ敵艦をアウトレンジし、16時17分に装甲巡洋艦シャルンホルストは撃沈されシュペー中将も戦死した。グナイゼナウも17時40分に自沈した。脱出したグナイゼナウの乗員のうち約200人が救助されたが低体温症で一部が死亡し、結局187人が生還した。 イギリスの巡洋艦はドイツの防護巡洋艦を追撃し、16時15分にグラスゴーとコーンウォールはライプツィヒを捕捉した。ライプツィヒは20時35分に撃沈された。また、ニュルンベルクもケントの攻撃で撃沈された。唯一、防護巡洋艦ドレスデンだけは逃走に成功したが、1915年3月14日にチリ沖でイギリス艦隊に発見され、自沈した。 海戦自体には圧倒的な速力を背景に勝利できたものの、スターディー中将と旗艦カーナーヴォンのアーチボルド・ストッダート提督は手際の悪さとドレスデンを逃がしたことなどが問題とされ、以降不遇をかこつこととなった。 File:HMS Invincible (1907) British Battleship.jpg|イギリス海軍巡洋戦艦インヴィンシブル File:HMSInflexibleQ 039249.jpg|イギリス海軍巡洋戦艦インフレキシブル File:HMS Canopus news mimic.jpg|イギリス海軍前弩級戦艦カノーパス File:HMS_Cornwall_Esquimalt_December_1914_E-38800.jpg|イギリス海軍装甲巡洋艦コーンウォール File:HMS Kent.jpg|イギリス海軍装甲巡洋艦ケント File:HMS Carnarvon.jpg|イギリス海軍装甲巡洋艦カーナヴォン File:HMS Glasgow (1909).jpg|イギリス海軍軽巡洋艦グラスゴー File:SMS Scharnhorst by Arthur Renard.jpg|ドイツ海軍装甲巡洋艦シャルンホルスト File:SMS Gneisenau.jpg|ドイツ海軍装甲巡洋艦グナイゼナウ File:SMS Königsberg German cruiser.jpg|ドイツ海軍防護巡洋艦ニュルンベルク File:SMS Leipzig.jpeg|ドイツ海軍防護巡洋艦ライプツィヒ Image:SMS Dresden before scuttling.jpg|ドイツ海軍防護巡洋艦ドレスデン。チリで自沈する前の写真.

新しい!!: イギリス海軍とフォークランド沖海戦 · 続きを見る »

ドレッドノート (戦艦)

ドレッドノート(HMS Dreadnought)はイギリス海軍の戦艦。同名の艦としては6隻目。同型艦なし。 “Dreadnought”(英語)は「勇敢な」「恐れを知らない」「恐怖心が無い」を意味するが、本艦が革新的なので「(それまでに比べて)格段に大きい」「(非常に)大型である」を意味するようにもなる。「ドレッドノート戦艦」⇒「ド級艦(弩級艦)」⇒「超ド級艦」⇒「超ド級(超弩級)」のように言葉が変化したと考えられている。一般的なフォークギターのサイズ「ドレッドノート型」(余りくびれていない)も「戦艦ドレッドノート」に因んでいる(#歴史的意義の項参照)。.

新しい!!: イギリス海軍とドレッドノート (戦艦) · 続きを見る »

ドッガー・バンク海戦

ドッガー・バンク海戦は第一次世界大戦の1915年1月24日、北海のドッガー・バンクで起きたドイツ海軍とイギリス海軍との間の海戦。.

新しい!!: イギリス海軍とドッガー・バンク海戦 · 続きを見る »

ドック型揚陸艦

ドック型揚陸艦(ドックがたようりくかん、Dock landing ship)は、揚陸艦のうち、艦内に持つウェルドックに収容した上陸用舟艇を用いた揚陸を主体として行う軍艦。 アメリカ海軍式の艦種分類記号では、LSD(Landing ship, dock)とLPD(Landing Platform Dock )がある。LPDとは、ドック型揚陸艦よりもウェルドックの容積を減らし、そのスペースを貨物輸送用に振り向け、輸送能力を重視した艦種で、ドック型輸送揚陸艦として厳密に区別され、別の艦種記号が割り当てられている。.

新しい!!: イギリス海軍とドック型揚陸艦 · 続きを見る »

ドイツ帝国

ドイツ帝国(ドイツていこく、)は、1871年1月18日から1918年11月9日まで存続した、プロイセン国王をドイツ皇帝に戴く連邦国家を指す歴史的名称である。帝政ドイツ(ていせいドイツ)とも呼ばれる。普仏戦争において、パリ郊外のヴェルサイユ宮殿でプロイセン王ヴィルヘルム1世の皇帝戴冠式が行われて成立した。しかし第一次世界大戦の敗北とドイツ革命の勃発により、皇帝ヴィルヘルム2世がオランダに亡命して崩壊した。オランダ資本は、帝国の勢力範囲拡大政策(#世界政策)とルール地方における工業開発(#経済)の両面に貢献している。.

新しい!!: イギリス海軍とドイツ帝国 · 続きを見る »

ドイツ海軍

ドイツ海軍(ドイツかいぐん)とは、ドイツの海上兵力を指す。ここでは帝政ドイツ以降の海上兵力について述べる。 ドイツ海軍の保有した艦艇は戦艦、巡洋戦艦、ポケット戦艦、巡洋艦、駆逐艦、潜水艦であるUボート、小型艦としてRボートやSボートなどが挙げられる。 現在のドイツ海軍の軍艦旗.

新しい!!: イギリス海軍とドイツ海軍 · 続きを見る »

ニュージーランド海軍

ニュージーランド海軍(ニュージーランドかいぐん、Royal New Zealand Navy、RNZN)はニュージーランドが保有する海軍。ニュージーランド軍を構成している。.

新しい!!: イギリス海軍とニュージーランド海軍 · 続きを見る »

ホレーショ・ネルソン (初代ネルソン子爵)

初代ネルソン子爵ホレーショ・ネルソン(Horatio Nelson, 1st Viscount Nelson KB, 1758年9月29日 - 1805年10月21日)は、アメリカ独立戦争、ナポレオン戦争などで活躍したイギリス海軍提督。アブキール湾の戦いでフランス艦隊を破り、さらにトラファルガー海戦でも、フランス・スペイン連合艦隊を破って勝利した。ナポレオンによる制海権獲得・英本土侵攻を阻止したが、自身はトラファルガーの海戦で深い傷を負い、戦死した。イギリス最大の英雄とされる。.

新しい!!: イギリス海軍とホレーショ・ネルソン (初代ネルソン子爵) · 続きを見る »

ホワイト・エンサイン

ホワイト・エンサイン(White Ensign)は旗の一種。 白地を赤十字で四分し、カントンに国旗(ユニオンジャック)を配している。聖ジョージ十字があしらわれていることから「セントジョージ・エンサイン(St.

新しい!!: イギリス海軍とホワイト・エンサイン · 続きを見る »

ホワイトホール (ロンドン)

ホワイトホール (Whitehall) は、ロンドンのシティ・オブ・ウェストミンスター内を南北に走る道路で、トラファルガー広場からチェルシーへ至るA級道路3212号線の最初の区間の一部を形成する。北に向かって、パーラメント・スクエアからトラファルガー広場の南端に位置するチャリング・クロスまでを通り抜ける大通りである。.

新しい!!: イギリス海軍とホワイトホール (ロンドン) · 続きを見る »

ホーン岬

ホーン岬 ホーン岬の位置 ホーン岬(ホーンみさき、英: Cape Horn)またはオルノス岬(スペイン語 Cabo de Hornos)は、南アメリカ最南端、ティエラ・デル・フエゴ諸島最南に位置するオルノス島最南端の岬である。ドレーク海峡に面している。.

新しい!!: イギリス海軍とホーン岬 · 続きを見る »

ダンケルクの戦い

ダンケルクの戦い(ダンケルクのたたかい、Bataille de Dunkerque, Battle of Dunkirk)は、第二次世界大戦の西部戦線における戦闘の一つで、ドイツ軍のフランス侵攻の1940年5月24日から6月4日の間に起こった戦闘である。追い詰められた英仏軍は、この戦闘でドイツ軍の攻勢を防ぎながら、輸送船の他に小型艇、駆逐艦、民間船などすべてを動員して、イギリス本国(グレートブリテン島)に向けて40万人の将兵を脱出させる作戦(ダイナモ作戦)を実行した。.

新しい!!: イギリス海軍とダンケルクの戦い · 続きを見る »

ダッソー ファルコン 20

ダッソー ファルコン 20(Dassault Falcon 20)は、フランスのダッソー社が生産・販売していたビジネスジェット機。ダッソー ファルコンシリーズのうち、最初期に開発されたものである。後期生産型はファルコン 200と呼称された。.

新しい!!: イギリス海軍とダッソー ファルコン 20 · 続きを見る »

ベイ型補助揚陸艦

ベイ型補助揚陸艦(ベイがたほじょようりくかん、)は、イギリス海軍補助艦隊(RFA)のドック型揚陸艦。全ての艦が「- Bay」という名称であることから、ベイ型と通称されている。.

新しい!!: イギリス海軍とベイ型補助揚陸艦 · 続きを見る »

制海権

制海権(せいかいけん、Command of the Sea, Sea control)とは、海上を経済的、軍事的にコントロールしている状態およびその力である。制海(せいかい、Sea control)とは、武力をもって特定海域を制圧する状態。また、選択された海上交通路を経由しながら、比較的敵の妨害にわずらわされることなく友軍の船舶を運行させるための海軍の支援活動、すなわち当該海域において敵が同様な作戦を実施しようとする能力を排除すること。「制海権を取る」とは制海の実を持続することを指す。.

新しい!!: イギリス海軍と制海権 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: イギリス海軍とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ独立戦争

アメリカ独立戦争(アメリカどくりつせんそう、American War of Independence)は、1775年4月19日から1783年9月3日までの、イギリス本国(グレートブリテン王国)とアメリカ東部沿岸のイギリス領の13植民地との戦争である。現在のアメリカではアメリカ独立革命(American Revolution)もしくは革命戦争(Revolutionary War)と呼ばれ、主にイギリスではアメリカ独立戦争と呼ばれている。なお、日本の歴史教科書では、「アメリカ独立戦争」と表記することもあれば、単に「独立戦争」と表記することもある。 この戦争によって、植民地住民はイギリスの支配を拒否しアメリカを政治的独立に導くことに成功した。1775年、革命派は13植民地政府の全てを掌握すると共に、主に政治と立法を担当する第二次大陸会議と軍事を担当する大陸軍を発足させた。翌年、アメリカ独立宣言を発して、正式にアメリカ合衆国という国家を形作った。戦争の全期間を通して、イギリスは優勢な海軍力によってアメリカ東海岸沿海を制し、海岸に近い幾つかの都市を占領したが、陸軍の兵数は比較的少なく、支配地域は限定的であった。 アメリカ大陸軍がサラトガの戦いで勝利して間もない1778年、フランスがアメリカ側に付いて参戦した。スペインやネーデルラント連邦共和国(オランダ)もその後の2年以内にアメリカ側に付いた。1781年にフランス海軍がチェサピーク湾の海戦で勝利したことをきっかけに、アメリカ大陸軍とフランス王国発遣軍はヨークタウンの戦いでイギリス軍を降伏させ、実質的な戦闘は終了した。1783年のパリ条約で戦争は終結し、イギリスはアメリカ合衆国の独立を認めた。.

新しい!!: イギリス海軍とアメリカ独立戦争 · 続きを見る »

アメリカ海軍

アメリカ海軍(アメリカかいぐん、United States Navy、略称:USN)は、アメリカ合衆国が保有する海軍である。.

新しい!!: イギリス海軍とアメリカ海軍 · 続きを見る »

アラビア海

アラビア海の地図 アラビア海(アラビアかい)はインド洋の北西部、アラビア半島とインドとの間の海域。 面積約3,862,000 km2、最大幅約2,400 km、最大水深4,652mである。インダス川が最大の流入河川。北側にオマーン湾があり、ホルムズ海峡を通じてペルシャ湾に繋がっている。西側にはアデン湾があり、紅海に通じる。アラビア海に面する国はインド、パキスタン、オマーン、イエメン、ソマリア、モルジブである。代表的な島にソコトラ島(イエメン)やマシーラ島(オマーン)がある。 紀元前数世紀から大航海時代にかけて重要な交易ルートであった。現在も、中東原油を運ぶタンカーや欧州との間の船舶が頻繁に往来し、ソマリア海賊を取り締まる海域でもある。.

新しい!!: イギリス海軍とアラビア海 · 続きを見る »

アルマダの海戦

アルマダの海戦(アルマダのかいせん)、アルマダ戦争(アルマダせんそう、Battle of Armada, Armada Wars)は、スペイン無敵艦隊(Spanish Armada、Grande y Felicísima Armada)のイングランド侵攻において、1588年7月から8月(旧暦7月)に英仏海峡で行われた諸海戦の総称である。 広く知られる「無敵艦隊」の名称はスペイン語Armada Invencibleの訳で、スペイン海軍のC・F・ダロ大佐が1884年に著した論文の題名が原典とされている小林幸雄は、本当ならば無敵であったはずという慨嘆と哀悼の意を題名に込めたのではないかとしている。。イングランド側視点での歴史書では、“the Invincible Armada”の名称が揶揄的な表現として稀に用いられている。本国スペインにおいては、「最高の祝福を受けた大いなる艦隊」「至福の艦隊」(Grande y Felicísima Armada)と呼ばれていた。中立な視点からは、英語の文脈ではSpanish Armada、the Armadaなどと呼ぶarmadaそのものはスペイン語の普通名詞で、これに相当する英語はnavyである。ただしヨーロッパの言語では、ある国独特の組織・地位などを半ば固有名詞的に指す場合には、その国の言葉をそのまま用いる習慣がある。Czar(ロシア皇帝)、Shogun(江戸幕府の将軍)など。。 なお、両国での暦が異なる(当時イングランドはまだグレゴリオ暦を採用していない)ため、記録上の日付も異なっている。日付はスペイン側のグレゴリオ暦とイングランド側の旧暦(ユリウス暦)を併記する。.

新しい!!: イギリス海軍とアルマダの海戦 · 続きを見る »

アルビオン級揚陸艦

アルビオン級揚陸艦 は、イギリス海軍が運用するドック型輸送揚陸艦(LPD)の艦級。.

新しい!!: イギリス海軍とアルビオン級揚陸艦 · 続きを見る »

アルフレッド大王

アルフレッド大王(Alfred the Great、古英語ではÆlfred、849年 - 899年10月26日、在位:871年 - 899年)は、イングランド七王国のウェセックス王。兄エゼルレッド王の死後、王位を継いだ。妃はエアルフスウィス(Ealhswith)(エアルスウィス、Ealswith)。約100年続いたデーン人(北欧ヴァイキング)の侵攻を食い止め、衰退したイングランドのキリスト教文化を復興し、古英語での読み書きを習慣化した王として知られる。 アングロ・サクソン時代最大の王とも称せられ、イギリスの歴史において大王と称される君主である。また、海上で敵を迎え撃ち、上陸を阻止するための海軍力の適正運用を行った初めての君主として、しばしば英国海軍の父と称される。.

新しい!!: イギリス海軍とアルフレッド大王 · 続きを見る »

アルゼンチン

アルゼンチン共和国(アルゼンチンきょうわこく、República Argentina)、通称アルゼンチンは、南アメリカ南部に位置する連邦共和制国家である。西と南にチリ、北にボリビア・パラグアイ、北東にブラジル・ウルグアイと国境を接し、東と南は大西洋に面する。ラテンアメリカではブラジルに次いで2番目に領土が大きく、世界全体でも第8位の領土面積を擁する。首都はブエノスアイレス。 チリと共に南アメリカ最南端に位置し、国土の全域がコーノ・スールの域内に収まる。国土南端のフエゴ島には世界最南端の都市ウシュアイアが存在する。アルゼンチンはイギリスが実効支配するマルビナス諸島(英語ではフォークランド諸島)の領有権を主張している。また、チリ・イギリスと同様に南極の一部に対して領有権を主張しており、アルゼンチン領南極として知られる。 2005年と2010年に債務額を大幅にカットする形で債務交換を強行し、9割以上の債務を再編した。これはアメリカ合衆国との国際問題に発展した。.

新しい!!: イギリス海軍とアルゼンチン · 続きを見る »

アルゼンチン空軍

アルゼンチン空軍(西:Fuerza Aérea Argentina、FAA)は、アルゼンチンの空軍。.

新しい!!: イギリス海軍とアルゼンチン空軍 · 続きを見る »

アンリ・グラサデュー

アンリ・グラサデューまたはアンリ・グラース・ア・デュー (Henri Grâce à Dieu) は、別名グレート・ハリー (Great Harry) と呼ばれる、イングランド王国海軍のキャラック船。全長約41.4メートル、幅約11.4メートル、トン数は1,000tから1,500tとされ、おそらく世界最大のキャラック船であった。 スコットランドのマイケルに対抗するためヘンリー8世の命で建造されたと言われる。1514年に完成した。メアリー・ローズに次いで大砲を主要な兵器として搭載した船で、その最も古い部類に入る。乗員は700名で、43門の重砲と141門の軽砲を装備していた。この内、重砲装備の舷側砲門(砲郭)は1536年-1539年の改装時に追加されたもの。 ソレントの海戦に旗艦として参加した他は戦歴は知られていない。1553年に火災によってテムズ川の底に沈んだ。.

新しい!!: イギリス海軍とアンリ・グラサデュー · 続きを見る »

アーク・ロイヤル (空母・3代)

アーク・ロイヤル (HMS Ark Royal, R07) はイギリス海軍の航空母艦。インヴィンシブル級航空母艦の3番艦。同名の艦(アーク・ロイヤル)としては5代目になり、航空母艦としても3代目である。艦番号はR07、イギリス海軍の旗艦任務をつとめた。.

新しい!!: イギリス海軍とアーク・ロイヤル (空母・3代) · 続きを見る »

アーク・ロイヤル (空母・初代)

アーク・ロイヤル(HMS Ark Royal, 91) は、イギリス海軍の航空母艦。同型艦はなく、アメリカのヨークタウン級、日本の蒼龍型と併せて中型空母の完成型として並び称される優秀な空母であった。.

新しい!!: イギリス海軍とアーク・ロイヤル (空母・初代) · 続きを見る »

アフガニスタン

アフガニスタン・イスラム共和国(アフガニスタン・イスラムきょうわこく)、通称アフガニスタンは、中東・中央アジアに位置する共和制国家。内陸国であり、分離したパキスタンが南及び東に、西にイラン、北にタジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンで、国の東端(ワハーン回廊)は中華人民共和国に接する。首都はカーブル。 パシュトゥーン人(狭義のアフガーン人)のほか、タジク人、ハザーラ人、ウズベク人、トルクメン人などの数多くの民族が住む多民族国家でもある。.

新しい!!: イギリス海軍とアフガニスタン · 続きを見る »

アイランド型哨戒艦

アイランド型哨戒艦()は、イギリス海軍が運用していた哨戒艦の艦級。.

新しい!!: イギリス海軍とアイランド型哨戒艦 · 続きを見る »

アグスタウェストランド AW101

アグスタウェストランド AW101(AgustaWestland AW101)は、イギリスのウエストランド社とイタリアのアグスタ社が共同開発した汎用ヘリコプターである。両社は2000年に合併し、現在はアグスタウェストランド社が販売と製造を請け負っている。 イギリスにおける愛称は、コチョウゲンボウを意味するマーリン(Merlin)。ポルトガルとデンマークでもこの愛称が採用されている。.

新しい!!: イギリス海軍とアグスタウェストランド AW101 · 続きを見る »

アグスタウェストランド AW159

アグスタウェストランド AW159 リンクス・ワイルドキャット()は、アグスタウェストランド社が開発した双発の中型ヘリコプター。当初はフューチャー リンクス()と称されていた。 現用中のアグスタウェストランド リンクスを発展させて開発されており、陸軍では汎用ヘリコプター、海軍では哨戒ヘリコプターとしての運用を予定している。.

新しい!!: イギリス海軍とアグスタウェストランド AW159 · 続きを見る »

アグスタウェストランド リンクス

アグスタウェストランド リンクス (AgustaWestland Lynx) は、イギリスの航空機メーカー、ウエストランド社が開発したヘリコプター。軍用・民間用汎用ヘリコプターとして開発された。現在はアグスタウェストランド社が販売と製造を請け負っており、16か国の軍に採用されている。 ほとんどの機体は開発元のウエストランド社で製造されているが、フランス軍向けの機体はアエロスパシアル社(フランス)でライセンス生産された。.

新しい!!: イギリス海軍とアグスタウェストランド リンクス · 続きを見る »

アスチュート級原子力潜水艦

アスチュート級原子力潜水艦(アスチュートきゅうげんしりょくせんすいかん、Astute class submarine)は、イギリス海軍の最新型の攻撃型原子力潜水艦である。 1番艦は2010年に就役した。.

新しい!!: イギリス海軍とアスチュート級原子力潜水艦 · 続きを見る »

アゼルスタン (イングランド王)

アゼルスタン(英語Athelstan, Æthelstan, 古英語Æðelstan, 895年 - 939年10月27日)はイングランドのサクソン系の王(在位:924年8月2日 - 939年10月27日)。 エドワード長兄王の長男。弟エルフウェルドの死後、王位を継承した。 ウェドモーアの和議以降デーン人に支配されていたデーンロウを奪還し、そのイングランド化を図った。そのこともあって、アゼルスタンの治世にイングランドの政治的統一が進んだ。 外交上はザクセンと結び、異母妹エドギタをザクセン大公・東フランク王ハインリヒの継嗣オットーと婚姻させた。 937年にBrunanburhの戦いに勝利した。 生涯独身で子はなかったため、弟のエドマンド1世が後を継いだ。 Category:イングランドの君主 Category:ウェセックスの君主 Category:ウェセックス家 Category:895年生 Category:939年没.

新しい!!: イギリス海軍とアゼルスタン (イングランド王) · 続きを見る »

イラク

イラク共和国(イラクきょうわこく、、)、通称イラクは、中東・西アジアの連邦共和制国家である。首都はバグダードで、サウジアラビア、クウェート、シリア、トルコ、イラン、ヨルダンと隣接する。古代メソポタミア文明を受け継ぐ土地にあり、世界で3番目の原油埋蔵国である。.

新しい!!: イギリス海軍とイラク · 続きを見る »

イラストリアス (空母・2代)

イラストリアス (HMS Illustrious, R06) は、イギリス海軍のインヴィンシブル級航空母艦の2番艦である軽空母。ハリアー運用終了後はヘリコプター揚陸艦の任務を補佐するヘリ空母として運用されていた。.

新しい!!: イギリス海軍とイラストリアス (空母・2代) · 続きを見る »

イラストリアス級航空母艦

イラストリアス級航空母艦 (Illustrious-class aircraft carrier) は、イギリス海軍の航空母艦。6隻が計画され、1~3番艦が原型通り、4番艦が小改正、5~6番艦は本格的な改良型として完成し、第二次世界大戦におけるイギリス海軍の主力として活躍した。.

新しい!!: イギリス海軍とイラストリアス級航空母艦 · 続きを見る »

インド洋

インド洋(印度洋、インドよう、英:Indian Ocean、羅:Oceanus Indicus オーケアヌス・インディクス)は、太平洋、大西洋と並ぶ三大洋の一つである。三大洋中最も小さい。面積は約7355万平方kmである。地球表面の水の約20パーセントが含まれる。インド洋の推定水量は292131000km³である。「インド洋」の名はインドに由来する。.

新しい!!: イギリス海軍とインド洋 · 続きを見る »

インド海軍

インド海軍(भारतीय नौसेना, Bhāratiya Nau Sena、Indian Navy)はインド軍の軍種の一つで、インド洋で活動する海軍では最大級のものである。.

新しい!!: イギリス海軍とインド海軍 · 続きを見る »

イングランド

イングランド(England)は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国」(country)の一つである。人口は連合王国の83%以上、面積はグレートブリテン島の南部の約3分の2を占める。北方はスコットランドと、西方はウェールズと接する。北海、アイリッシュ海、大西洋、イギリス海峡に面している。 イングランドの名称は、ドイツ北部アンゲルン半島出身のゲルマン人の一種であるアングル人の土地を意味する「Engla-land」に由来する。イングランドは、ウェールズとともにかつてのイングランド王国を構成していた。.

新しい!!: イギリス海軍とイングランド · 続きを見る »

イングランド君主一覧

イングランド王室紋章 最初にRex Anglorum(イングランド王)の称号を用いたのはマーシア王オファであるが、その権力は彼の後には生き延びることはなかった。9世紀にケント及びマーシアからサセックスを征服したウェセックスの王は次第にイングランド王国の他の王国に支配を及ぼすようになった。絶えることなく続くイングランド君主一覧は伝統的に829年のウェセックス王エグバートに始まる。アルフレッド大王 とその男子のエドワード長兄王は〝アングロ=サクソン国王〟の称号を用いた。アゼルスタンは927年にノーサンブリアを占領してからRex Anglorumの称号を採用した。ヘンリー2世の治世の開始時(1154年)に称号がRex Angliae(イングランド国王)になった。 ウェールズ公国は1284年のルゥドドランの法令でイングランド王国に吸収され、1301年にエドワード1世は長男のエドワード2世にプリンス・オブ・ウェールズの称号を授けた。この時以来、エドワード3世を例外として全てのイングランド君主の長男はこの称号を帯びるようになった。1603年のエリザベス1世の死後、イングランドとスコットランドの王位はジェームズ1世のもとで一つとなった。国王の布告によってジェームズ1世は自らの称号を「グレートブリテンの王」とした。ジェームズ1世の即位以来、親を介して二重の相続人である両王国の後継者の称号を「イングランド王」ないしは「イングランド女王」とするのは、ジェームズ1世の布告に照らせば不正確である。しかし、この称号は今日に至るまでしばしば用いられる用法として存続している。1707年にイングランドはスコットランドと法律上合同を行い、グレートブリテン王国が成立した。1707年以来、イングランドは法律上は、グレートブリテン王国以降の連合王国から分離していない(ただし、スコットランドについては、連合王国の法体系上特別な扱いがなされることも多い)。ヘンリー2世以来、イングランドの支配下に置かれているアイルランド王国は1800年の連合法によって翌1801年にグレートブリテンおよびアイルランド連合王国の一部となった。この状態はアイルランド自由国成立後の1922年まで続き、その後の改名の結果、イングランドを含む連合王国の名称はグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国となった。.

新しい!!: イギリス海軍とイングランド君主一覧 · 続きを見る »

イングランド内戦

清教徒革命の勢力図概要 イングランド内戦(イングランドないせん、English Civil War)は、清教徒革命におけるイングランドの騎士党(Cavaliers、国王派)と円頂党(Roundheads、議会派)の間で行われた軍事衝突である。.

新しい!!: イギリス海軍とイングランド内戦 · 続きを見る »

イングランド共和国

イングランド共和国(イングランドきょうわこく、Commonwealth of England)は、1649年から1660年までの間、イングランド王国(ウェールズを含む)と、後にはアイルランド王国・スコットランド王国を支配した共和制の政治体制。1649年1月30日のチャールズ1世の処刑の後、同年3月19日に残部議会によってはじめてその樹立が宣言された。1653年から1658年までの間はオリバー・クロムウェル、その死後は息子リチャード・クロムウェルによる2代にわたっての護国卿による独裁が敷かれており、この時代は特に護国卿時代(プロテクトレート)とも呼ばれる。イングランド共和国という呼称は、1649年から1660年までの間の政治体制を大まかに指し示す呼称である。.

新しい!!: イギリス海軍とイングランド共和国 · 続きを見る »

イングランド王政復古

イングランド王政復古は、三王国戦争に続く空位期間後にイングランド、スコットランド、アイルランドの王家がチャールズ2世のもとで復古した1660年に始まった。英語の "Restoration" という単語は実際に起きた出来事「王政復古」と新政治体制が作られた「王政復古期」両方の意味を持つ。 「王政復古期」はチャールズ2世の在位期間(1660年 - 1685年)をさすのに用いられることが多く、弟ジェームズ2世の短い在位期間(1685年 - 1688年)をさすのにも用いられる。文脈によってはアン女王が死に、ジョージ1世が即位してハノーヴァー朝が始まる1714年まで、つまり後期ステュアート朝時代すべてをさすこともある。たとえば英語の「王政復古喜劇」には名誉革命(1688年 − 1689年)以降の1710年に書かれた作品なども含まれる。.

新しい!!: イギリス海軍とイングランド王政復古 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: イギリス海軍とイギリス · 続きを見る »

イギリスの国旗

レートブリテン及び北アイルランド連合王国は、国旗としてユニオンフラッグ(Union Flag)あるいはユニオンジャック(Union Jack)として知られる王室旗を使用する(ユニオンジャックは「船の国籍を示す旗」を意味すると誤解されているものの、専門的にはどちらの名称も正しい)。.

新しい!!: イギリス海軍とイギリスの国旗 · 続きを見る »

イギリスの議会

レートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこくぎかい、)は、イギリスの立法府であり、本国及び海外領土と王室属領の最高機関である。それ自体が立法府優位を有しており、その結果、本国とその領土における他の全ての政治的機関を上回る最高権力を有する。その長はイギリスの君主(現在はエリザベス2世)であり、その座所はグレーター・ロンドンに位置するシティ・オブ・ウェストミンスターのウェストミンスター宮殿にある。 議会は両院制で、上院(貴族院)と下院(庶民院)から構成されている。君主は立法府の3つ目の構成要素を形成する(議会における女王)。貴族院は2つの異なるタイプの議員を含んでいる。すなわち、英国国教会で最も上級の聖職貴族で構成される聖職上院議員、及び首相の助言に基づいて君主により任命される連合王国貴族と一代貴族とで構成される世俗上院議員である。2009年10月に最高裁判所が創設される以前は、貴族院はを通してを備えていた。 庶民院は、少なくとも5年ごとに行われる選挙に伴い、民主的に議員が選出される議院である。両院はそれぞれ、ロンドンのウェストミンスター宮殿(議事堂)内にある、互いに離れた議院に置かれる。憲法上の慣習により、首相を含む全ての大臣(ministers)は、庶民院議員であるか、あまり一般的ではないが、貴族院議員であるかであり、これらの大臣は、それにより立法府の各部門に対して説明責任がある。 合同法がイングランド議会<!-- ループリンク -->とスコットランド議会を通過したことにより合同条約が批准され、1707年にグレートブリテン議会が形成された。19世紀の初めには、グレートブリテン議会とアイルランド議会により合同法が承認されたことで、議会はさらに拡大した。これにより、後者は廃止され、前者に100名のアイルランド議会議員と32名の貴族議員が加わり、グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会が創設された。アイルランド自由国が分離独立した5年後に、Royal and Parliamentary Titles Act 1927により、正式に議会の名称が“グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会”に修正された。 英国議会とその諸機関は、世界中の多くの民主主義諸国の模範となっており、「議会の母」または「諸議会の母」(the mother of parliaments)と呼ばれるまでに至っている。しかしながら、ジョン・ブライトは彼こそがこの形容語句を作ったのだが議会よりもむしろ国(イングランド)に関して、その語句を使用した。 理論上、イギリスの最高の立法権限は議会における国王に付与されている。しかし、国王は首相の助言に基づいて行動する上、貴族院の権限は縮小されているので、事実上の権限は庶民院に付与される。.

新しい!!: イギリス海軍とイギリスの議会 · 続きを見る »

イギリス帝国

イギリス帝国(イギリスていこく、British Empire)は、イギリスとその植民地・海外領土などの総称である。大英帝国(だいえいていこく)ともいう。 帝国は時代ごとの性質により、以下のように区分できる。.

新しい!!: イギリス海軍とイギリス帝国 · 続きを見る »

イギリス空軍

イギリス空軍旗 王立空軍(おうりつくうぐん、Royal Air Force)は、イギリスの保有する空軍。略称としてRAFやR.A.F.という表記がある。日本語ではイギリス空軍、英国空軍とも表記される。 1918年4月1日にイギリス軍の一部として独立した。RAFは世界で最も長い歴史を持つ空軍であり、約793機の航空機と、34,200人の兵力を保有している。 国防省の目的を達成することが任務であるが、具体的には、イギリスと海外領土を確実に保障防衛すること、特に国際的な平和と保障を進める際に政府の外交政策を支えること、それらのために必要とされる能力を提供することである。.

新しい!!: イギリス海軍とイギリス空軍 · 続きを見る »

イギリス軍

イギリス軍(イギリスぐん)は、イギリスの保有する軍隊。公式な文章では、「アームド・フォーシーズ・オブ・ザ・クラウン」 (Armed Forces of the Crown)なのだが、一般的にはイギリス軍(British Armed Forces)、または、国王/女王陛下の軍 (His/Her Majesty's Armed Forces)と表記される。 イギリス軍の名目上の最高指揮権はイギリスの君主(1952年よりエリザベス2世)にあるが、その行使は首相の助言の通りになさねばならないため、事実上の総指揮権は首相にある。管理は国防省 (MoD) の国防委員会(Defence Council)が担当する。 イギリス軍はイギリス本国と海外の領土を防衛してイギリスの幅広い将来的国益を保護し、国際的な平和維持活動の支援を任ぜられている。その他にも、NATOへ正規参加しており、合同作戦の活動を行っている。.

新しい!!: イギリス海軍とイギリス軍 · 続きを見る »

イギリス連邦

イギリス連邦(イギリスれんぽう、Commonwealth of Nations、旧名:British Commonwealth)は、かつてのイギリス帝国(大英帝国)がその前身となって発足し、主にイギリスとその植民地であった独立の主権国家から成る、緩やかな国家連合(集合体)である。英連邦(えいれんぽう)ともいう。実態は、民族の共通の利益の中で、また国際的な理解と世界平和の促進の中で、協議し、協力する自発的な独立の主権国の組織である(コモンウェルス原則の宣言前文)と再定義され、ゆるやかな独立主権国家の連合となった(一国の国家形態としての連邦国家ではなく、また構成国各国は必ずしも同君連合の関係にあるとも限らない)。.

新しい!!: イギリス海軍とイギリス連邦 · 続きを見る »

イギリス陸軍

イギリス陸軍の非儀式用旗 イギリス陸軍(イギリスりくぐん、British Army)は、イギリス連合王国(United Kingdom)の陸軍。現在では、海軍、空軍と共にイギリス軍を構成している。.

新しい!!: イギリス海軍とイギリス陸軍 · 続きを見る »

イギリス海兵隊

イギリス海兵隊(イギリスかいへいたい、Royal Marines)は、広義のイギリス海軍(Naval Service)の管理下にある、水陸両用作戦に主眼を置いた軽歩兵部隊。山岳戦と極地戦のエキスパートでもある。部隊のモットーはPer Mare Per Terram(海に、陸に)。.

新しい!!: イギリス海軍とイギリス海兵隊 · 続きを見る »

イギリス海軍のC4Iシステム

本項では、イギリス海軍のC4Iシステムについて述べる。.

新しい!!: イギリス海軍とイギリス海軍のC4Iシステム · 続きを見る »

イギリス海軍の艦隊および管区一覧

イギリス海軍の艦隊および管区一覧をここに示す。.

新しい!!: イギリス海軍とイギリス海軍の艦隊および管区一覧 · 続きを見る »

イギリス海軍補助艦隊

イギリス海軍補助艦隊(-かいぐんほじょかんたい、英語:Royal Fleet Auxiliary、RFA)は、イギリス海軍に所属する補給艦、揚陸艦等の補助艦艇を運用する小艦隊。.

新しい!!: イギリス海軍とイギリス海軍補助艦隊 · 続きを見る »

イギリス海軍艦艇一覧

イギリス海軍艦艇一覧は、イギリス海軍 (Royal Navy) が過去保有した、または現在保有する、または将来保有する予定の、未完成・計画中止を含めた歴代艦艇一覧である。 '凡例.

新しい!!: イギリス海軍とイギリス海軍艦艇一覧 · 続きを見る »

ウィリアム1世 (イングランド王)

ウィリアム1世(William I 、1027年 - 1087年9月9日)は、イングランド王(在位: 1066年 - 1087年)。通称は征服王 (William the Conqueror) あるいは庶子王 (William the Bastard) 。ノルマンディー公(ギヨーム2世、在位: 1035年 - 1087年)でもあった。イングランドを征服し(ノルマン・コンクエスト)、ノルマン朝を開いて現在のイギリス王室の開祖となった。 ウィリアムは英語式であるが、フランス出身であり、彼自身も周囲の人もフランス語を使っていたため、むしろフランス語式にギヨーム (Guillaume) と呼ぶ方がふさわしいという見解もある。彼の墓にはラテン語風に GUILLELMUS と綴られている(右下の墓標の画像)。.

新しい!!: イギリス海軍とウィリアム1世 (イングランド王) · 続きを見る »

ウイスキー

バランタイン・ファイネスト) ウイスキー(whiskyイギリス英語発音:、愛/whiskeyアメリカ英語発音:、)は、蒸留酒の一つで、大麦、ライ麦、トウモロコシなどの穀物を麦芽の酵素で糖化し、これを発酵させ蒸留したものである。 日本語ではウィスキーとも表記されるほか、商品名においてはウヰスキーまたはウ井スキーも用いられる。なお、酒税法上の表記は「ウイスキー」であり(酒税法3条5号ハ)、国税庁も「ウイスキー」の表記を用いている。 なおスコッチ・ウイスキーは whisky、アイリッシュ・ウイスキーは whiskey と表記される。.

新しい!!: イギリス海軍とウイスキー · 続きを見る »

ウェストランド シーキング

ウェストランド シーキング(Westland Sea King)は、イギリスのウェストランド・エアクラフトが製造したシコルスキー S-61のライセンス生産機である。イギリス海軍の対潜任務のほか、救難機や兵員輸送機、さらに既存機からの改造によって早期警戒機としても使用され、ヨーロッパや中東、インドなどへ輸出された。.

新しい!!: イギリス海軍とウェストランド シーキング · 続きを見る »

エリザベス1世

リザベス1世(Elizabeth I、ユリウス暦1533年9月7日 - グレゴリオ暦1603年4月3日(ユリウス暦1602/3年3月24日この部分のみ、日本語版Wikipedia表記ガイド本則に従う。本記事における暦日表記、および1602/3年という表記にした理由は、概要節末尾の※を参照のこと。))は、イングランドとアイルランドの女王(在位:1558年 - 1603年)。テューダー朝第5代ごく短期間在位したジェーン・グレイを加えれば第6代。にして最後の君主。 国王ヘンリー8世の次女。メアリー1世は異母姉。エドワード6世は異母弟。通称にザ・ヴァージン・クイーン(、「処女王」)、グロリアーナ(、「栄光ある女人」)、グッド・クイーン・ベス(、「善き女王ベス」)。.

新しい!!: イギリス海軍とエリザベス1世 · 続きを見る »

エドワード3世 (イングランド王)

ドワード3世(Edward III, 1312年11月13日 - 1377年6月21日)は、プランタジネット朝のイングランド王(在位:1327年 - 1377年)。50年間在位し、イングランドを強国に育て上げ、百年戦争を開始した。父はエドワード2世、母はフランス王フィリップ4世の娘イザベラ。妃はエノー伯ギヨーム1世の娘フィリッパ。長男にエドワード黒太子がいる。神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世は義兄にあたる。.

新しい!!: イギリス海軍とエドワード3世 (イングランド王) · 続きを見る »

エドワード・モンタギュー (初代サンドウィッチ伯爵)

初代サンドウィッチ伯爵エドワード・モンタギュー(Edward Montagu, 1st Earl of Sandwich, KG, 1625年7月27日 - 1672年5月28日)は、イングランドの貴族、軍人。清教徒革命から王政復古へと至る一連の政変を乗り切り、サンドウィッチ伯爵家の祖となった。.

新しい!!: イギリス海軍とエドワード・モンタギュー (初代サンドウィッチ伯爵) · 続きを見る »

エア・クッション型揚陸艇

ア・クッション型揚陸艇(エア・クッションがたようりくてい、Air-cushioned Landing craft、Landing Craft, Air Cushioned)あるいは、エア・クッション型揚陸艦(エア・クッションがたようりくかん)とは、ホバークラフトを利用した揚陸艦及び揚陸艇である。LCACとも。 通常の船舶型揚陸艦と比較して、高速で揚陸可能な海岸線が広範であるという利点があるが、概ね数十トンから数百トン程度の艦艇であり、一隻あたりの輸送力には限界がある。このため、エア・クッション型揚陸艇と母艦となるドック型揚陸艦や強襲揚陸艦と組み合わせての揚陸や、小型のエア・クッション型揚陸艦の快速と搭載量を活用した、近距離における迅速な戦力の投入に用いられる。.

新しい!!: イギリス海軍とエア・クッション型揚陸艇 · 続きを見る »

エジプト・シリア戦役

プト・シリア戦役(エジプト・シリアせんえき、Campagne d'Égypte et de Syrie)は、1798年から1801年まで、フランス軍がエジプト・シリアへ遠征した戦役である。単にエジプト遠征(Expédition d'Égypte)ともいう。 ナポレオン・ボナパルト率いる5万人のフランス軍が、マルタ島を経由して、エジプトのアレクサンドリア近郊に上陸した。途中ナポレオンは帰還するも、延べ約3年間に渡って、地元のマムルーク軍や諸勢力、イギリス軍、そして後に宣戦してきたエジプト・シリアを間接支配するオスマン帝国の正規軍と戦った。カイロのナポレオン.

新しい!!: イギリス海軍とエジプト・シリア戦役 · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: イギリス海軍とオランダ · 続きを見る »

オリバー・クロムウェル

リバー・クロムウェル(Oliver Cromwell、1599年4月25日 - 1658年9月3日)は、イングランドの政治家、軍人、イングランド共和国初代護国卿。鉄騎隊を指揮してエッジヒルの戦いやマーストン・ムーアの戦いで活躍し、(新模範軍)の副司令官となる。ネイズビーの戦いで国王チャールズ1世をスコットランドに追い、議会派を勝利に導いた。護国卿時代には独裁体制をしいた。.

新しい!!: イギリス海軍とオリバー・クロムウェル · 続きを見る »

オーシャン (ヘリコプター揚陸艦)

ーシャン(, L12)は、イギリス海軍のヘリコプター揚陸艦(揚陸ヘリ空母:Amphibious Helicopter Carrier)。イギリス海軍の艦船としては、「オーシャン」の名をもつ6隻目の艦である。同型艦はない。.

新しい!!: イギリス海軍とオーシャン (ヘリコプター揚陸艦) · 続きを見る »

オーストラリア

ーストラリア連邦(オーストラリアれんぽう、Commonwealth of Australia)、またはオーストラリア(Australia)は、オーストラリア大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国。南方の南極大陸とは7,877km離れている。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。日本での略称は「豪州」である。.

新しい!!: イギリス海軍とオーストラリア · 続きを見る »

オーストラリア海軍

ーストラリア海軍(オーストラリアかいぐん、、RAN)はオーストラリアが保有する海軍。正式に訳すと王立オーストラリア海軍である。.

新しい!!: イギリス海軍とオーストラリア海軍 · 続きを見る »

カナダ

ナダ(英・、 キャナダ、 キャナダ、カナダ)は、10の州と3の準州を持つ連邦立憲君主制国家である。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国のひとつ。北アメリカ大陸北部に位置し、アメリカ合衆国と国境を接する。首都はオタワ(オンタリオ州)。国土面積は世界最大のロシアに次いで広い。 歴史的に先住民族が居住する中、外からやってきた英仏両国の植民地連合体として始まった。1763年からイギリス帝国に包括された。1867年の連邦化をきっかけに独立が進み、1931年ウエストミンスター憲章で承認され、1982年憲法制定をもって政体が安定した。一連の過程においてアメリカと政治・経済両面での関係が深まった。第一次世界大戦のとき首都にはイングランド銀行初の在外金準備が保管され、1917年7月上旬にJPモルガンへ償還するときなどに取り崩された。1943年にケベック協定を結んだ(当時のウラン生産力も参照)。1952年にはロスチャイルドの主導でブリンコ(BRINCO)という自然開発計画がスタートしている。結果として1955年と1960年を比べて、ウラン生産量は約13倍に跳ね上がった。1969年に石油自給国となる過程では、開発資金を供給するセカンダリー・バンキングへ機関投資家も参入したので、カナダの政治経済は機関化したのであった。 立憲君主制で、連邦政府の運営は首相を中心に行われている。パワー・コーポレーションと政界の連携により北米自由貿易協定(NAFTA)に加盟した。.

新しい!!: イギリス海軍とカナダ · 続きを見る »

カナダ海軍

ナダ海軍(カナダかいぐん Royal Canadian Navy, RCN Marine Royale Canadienne, MRC)はカナダが保有する海上兵力。.

新しい!!: イギリス海軍とカナダ海軍 · 続きを見る »

カリブ海

リブ海(青)とカリブ諸島(緑) カリブ(イギリス領バージン諸島)の海岸 カリブ海(カリブかい、英語:Caribbean Sea、スペイン語:Mar Caribe、フランス語:mer des Caraïbes)は、メキシコ湾の南、大西洋に隣接する水域である。南はベネズエラ、コロンビアといった南アメリカ大陸やパナマに、西は北アメリカ大陸に属するコスタリカ、ニカラグア、ホンジュラス、グアテマラ、ベリーズ、そしてメキシコのユカタン半島に、北はキューバ、イスパニョーラ島のハイチとドミニカ共和国、ジャマイカ、プエルトリコといった大アンティル諸島に、東は小アンティル諸島に接している。.

新しい!!: イギリス海軍とカリブ海 · 続きを見る »

カレイジャス (空母)

1916年、「大型軽巡洋艦」として完成した当時のカレイジャス 沈みつつあるカレイジャス カレイジャス (HMS Courageous, 50) はイギリス海軍の艦船。「バルト海上陸作戦」のための「大型軽巡洋艦」として建造され、後に航空母艦へ改造された。同型艦にはグローリアスがある。.

新しい!!: イギリス海軍とカレイジャス (空母) · 続きを見る »

カウンティ級重巡洋艦

ウンティ級重巡洋艦 (County class heavy cruiser) はイギリス海軍の重巡洋艦の艦級。両大戦の間に建造され、イギリス海軍とオーストラリア海軍で運用された。本級はイギリス海軍における最初の条約型巡洋艦で、1922年のワシントン海軍軍縮条約の制限範囲内で設計された。 艦級の名称は、イギリス各地のカウンティの名称を艦名に採用していることに由来する。 なお、15隻が建造された本級は、ケント級、ロンドン級、ノーフォーク級の3つのサブクラスに分類される。.

新しい!!: イギリス海軍とカウンティ級重巡洋艦 · 続きを見る »

カスティーリャ王国

ティーリャ王国(カスティーリャおうこく、Reino de Castilla)は、中世ヨーロッパ、イベリア半島中央部にあった王国である。キリスト教国によるレコンキスタ(国土回復運動)において主導的役割を果たし、後のスペイン王国の中核となった。 Castillaの日本語表記は、カスティーリャ、カスティーリヤ、カスティリャ、カスティーリァ、カスティーリア、カスティリア、カスティーヤ、カスチラ、カストリヤ、カストリア、カステリヤ、カステリア、カスティージャと様々に音写されている。また菓子のカステラは、王国名のポルトガル語発音である「カステーラ」(Castela)からとされている。.

新しい!!: イギリス海軍とカスティーリャ王国 · 続きを見る »

ガレー船

レー船(ガレーせん、, )は、主として人力で櫂(かい、オール)を漕いで進む軍艦。古代に出現し、地形が複雑で風向きの安定しない地中海やバルト海では19世紀初頭まで使用された。正確にはガレーであり、この語だけで船であることも意味しているが、この語が一般的でない日本では「船」を付して呼ばれることが多い。.

新しい!!: イギリス海軍とガレー船 · 続きを見る »

キャラック船

ャラック船、カラック船()は15世紀に地中海で開発された帆船。大航海時代を代表する船種のひとつ。 この型の船を、スペインではナオ()あるいはカラーカ(Carraca)、ポルトガルではナウ()と呼んだ。ナオ・ナウは両言語における「船」を意味する語に由来しており現代で船を指す語は、ポルトガル語では「ナーヴィ()」、スペイン語では「バルコ()」。スペイン語には専門用語としてナーベ()またはナビーオ()という語も残っている。、スペインでは派生形を含めて「ナオ」と呼称される。.

新しい!!: イギリス海軍とキャラック船 · 続きを見る »

キャッスル型哨戒艦

ャッスル型哨戒艦()は、イギリス海軍が運用していた哨戒艦の艦級。.

新しい!!: イギリス海軍とキャッスル型哨戒艦 · 続きを見る »

キング・ジョージ5世級戦艦

ング・ジョージ5世級戦艦(-5せいきゅうせんかん、King George V class battleship)は、第二次世界大戦前にイギリス海軍が建造した超弩級戦艦の艦級である。ここでは1940年から就役を開始した2代目のキング・ジョージ5世級戦艦について述べる。1912年に就役を開始した初代についてはキング・ジョージ5世級戦艦 (初代)を参照。 後述の通り、政治的な要因のため主砲の口径がいわゆる新戦艦(海軍休日終了後に就役した戦艦)の中で最も小さく抑えられており、その搭載数を防御力改善のため当初予定の12門から10門に減らした事もあり、火力では欧州におけるライバルであるビスマルク級やヴィットリオ・ヴェネト級に劣っていたものの、一部の装甲帯は長門型より厚く、結果的に防御力を重視した設計となっていた。 その戦力はドイツやイタリアの主力艦を圧倒していた世界の艦船増刊第67集。.

新しい!!: イギリス海軍とキング・ジョージ5世級戦艦 · 続きを見る »

クライド海軍基地

ライド海軍基地(クライドかいぐんきち、Her Majesty's Naval Base, Clyde、HMNB Clyde、英国軍艦ネプチューン〈HMS Neptune〉とも)はイギリス海軍における作戦基地のうちの1つ。主たる施設が所在するファスレーン(Faslane)は、デヴォンポート海軍基地およびポーツマス海軍基地とならぶ、イギリスにおけるイギリス海軍の3つの作戦基地のひとつである。 クライド海軍基地はスコットランドにおける海軍の司令部であり、イギリスの戦略核戦力であるトライデント D5 ミサイルで武装したヴァンガード級原子力潜水艦(トライデント潜水艦部隊)の母港としてもっともよく知られている。 クライド海軍基地は、アーガイル・アンド・ビュートのゲール入江東岸にあり、ファース・オブ・クライドの北、グラスゴーの40キロメートル西にある。潜水艦基地はいくつかの施設からなっており、重要なのは次の2つである.

新しい!!: イギリス海軍とクライド海軍基地 · 続きを見る »

クラウン・コロニー級軽巡洋艦

ラウン・コロニー級軽巡洋艦(クラウン・コロニーきゅうけいじゅんようかん、Crown Colony Class Light Cruiser)とはイギリス海軍の軽巡洋艦であり、艦名にイギリスの植民地(Colony)の名を冠するためこの名がある。2つのグループに分かれ第1グループ8隻をフィジー・グループ(またはフィジー級)、第2グループ3隻をセイロン・グループ(またはセイロン級)と称する。本級はイギリス海軍が1936年に締結した第二次ロンドン海軍軍縮条約に基いて竣工させた軽巡洋艦である。.

新しい!!: イギリス海軍とクラウン・コロニー級軽巡洋艦 · 続きを見る »

クリケット

リケット(cricket、 )は、フィールド上1チーム11名の2チームによって半径70メートルほどの広大なフィールド(クリケットではオーヴァル:oval と呼ばれる)で行われるバットとボールを用いるスポーツである。.

新しい!!: イギリス海軍とクリケット · 続きを見る »

クレタ島の戦い

レタ島の戦い(クレタとうのたたかい、Battle of Crete)は、第二次世界大戦中の1941年5月20日-6月1日にかけてドイツ軍の空挺部隊とクレタ島を防衛するイギリスを中心とする連合軍の間に戦われた戦闘を指す。ドイツ軍はメルクール作戦(独:Unternehmen Merkur,ギリシャ神話の商業・盗賊の神メルクリウスに由来)と呼んだ。.

新しい!!: イギリス海軍とクレタ島の戦い · 続きを見る »

クイーン・エリザベス (空母)

HMSクイーン・エリザベス()は、イギリス海軍のクイーン・エリザベス級航空母艦の1番艦である 。.

新しい!!: イギリス海軍とクイーン・エリザベス (空母) · 続きを見る »

クイーン・エリザベス級航空母艦

イーン・エリザベス級航空母艦 (クイーンエリザベスきゅうこうくうぼかん、) は、イギリス海軍の航空母艦の艦級。計画当初はCVFと称されていた。 非原子力空母ながらも基準排水量は4万トンを優に超えるイギリス海軍史上最大の軍艦であり、多数の艦上機やヘリコプターの搭載を予定している。.

新しい!!: イギリス海軍とクイーン・エリザベス級航空母艦 · 続きを見る »

グレートブリテン王国

レートブリテン王国(グレートブリテンおうこく、Kingdom of Great Britain)は、1707年合同法によりイングランド王国(ウェールズを含む)とスコットランド王国が合同し成立した王国。グレートブリテン島全体を支配した、歴史上最初の国家である。.

新しい!!: イギリス海軍とグレートブリテン王国 · 続きを見る »

グローリアス (空母)

ーリアス (HMS Glorious, 77) はイギリス海軍の艦船。「バルト海上陸作戦」のための大型軽巡洋艦として建造され、後に航空母艦に改造された。同型艦として、カレイジャスがある。.

新しい!!: イギリス海軍とグローリアス (空母) · 続きを見る »

グロッグ

ッグ()は、ラム酒を水で割った飲み物。近年では、下記のようなカクテルとしても飲まれている。カクテル名はラムに水を混ぜることを考えたイギリス海軍提督のあだ名から付けられた。.

新しい!!: イギリス海軍とグロッグ · 続きを見る »

コモンウェルス

モンウェルス(commonwealth)とは、公益を目的として組織された政治的コミュニティーを意味する用語。歴史的には共和国の同義語として扱われてきたが、原義としては哲学用語である「共通善 (common good)」を意味する。.

新しい!!: イギリス海軍とコモンウェルス · 続きを見る »

コロネル沖海戦

ネル沖海戦は、第一次世界大戦中の1914年にコロネル沖の太平洋上で起きた、ドイツ帝国海軍とイギリス海軍との間の海戦。それぞれ装甲巡洋艦2隻を主力とする艦隊が交戦し、ドイツ軍が完勝した。.

新しい!!: イギリス海軍とコロネル沖海戦 · 続きを見る »

コンカラー (原子力潜水艦)

ンカラー (HMS Conqueror, S48) は、イギリス海軍の原子力潜水艦。チャーチル級原子力潜水艦の2番艦。イギリス軍艦で (en:HMS Conqueror) この名を受け継いだ艦としては9代目にあたる。 2018年時点で、戦闘艦と交戦し、魚雷で撃沈する戦果を挙げた唯一の原子力潜水艦として知られている。.

新しい!!: イギリス海軍とコンカラー (原子力潜水艦) · 続きを見る »

ジョン (イングランド王)

ョン(John, King of England、1167年12月24日 - 1216年10月18日または19日)は、プランタジネット朝(アンジュー朝)第3代イングランド王(在位:1199年 - 1216年)。イングランド王ヘンリー2世とアリエノール・ダキテーヌの末子。ヘンリー2世が幼年のジョンに領土を与えなかったことから、欠地王(けっちおう、John Lackland)と呼ばれる(領地を大幅に失ったため失地王という日本語表記も見られるが、前述の通りLostlandでは無いので間違いである)。.

新しい!!: イギリス海軍とジョン (イングランド王) · 続きを見る »

ジョン・フィリップ・ホランド

ジョン・フィリップ・ホランド ジョン・フィリップ・ホランド(愛:Seán Pilib Ó hUallacháin / Ó Maolchalann, 英:John Philip Holland, 1840年2月29日 - 1914年8月12日)は、イギリス領アイルランド、クレア州リスカノー出身の潜水艦技術者。 アイルランドで教育を受けた後、アイルランド共和同盟に入った。小型潜水艦の開発に従事したのち1873年にアメリカへ渡る。紆余曲折を経て1900年に潜水艦ホランドがアメリカ海軍最初の潜水艦として就役する。同型の潜水艦ホランド1はイギリス海軍で、第一型潜水艦は日本でそれぞれ最初の潜水艦として採用された。ニュージャージー州ニューアークで没。 Category:アメリカ合衆国の造船技術者 Category:アイルランドの造船技術者 Category:イギリス統治時代のアイルランドの人物 Category:アイルランド系アメリカ人 Category:クレア州出身の人物 Category:1840年生 Category:1914年没.

新しい!!: イギリス海軍とジョン・フィリップ・ホランド · 続きを見る »

ジョン・アーバスノット・フィッシャー

初代フィッシャー男爵ジョン・アーバスノット・フィッシャー(John Arbuthnot Fisher, 1st Baron Fisher of Kilverstone, 1841年1月25日 - 1920年7月10日)は、"ジャッキー・フィッシャー"("Jackie Fisher")の名で知られるイギリスの軍人、提督。初代フィッシャー男爵、バス勲爵士(GCB)、メリット勲章(OM)、ヴィクトリア勲爵士(GCVO)。先込め大砲を備える木製帆船の時代に海軍へと入り、巡洋戦艦と潜水艦、そして最初の航空母艦建造に関与するなど、60年以上に及ぶ軍歴の中でイギリス海軍に対し大きな影響を与えた。艦艇建造や戦術考案ばかりでなく、英国海軍の人事改革・教育改革の面でも大きな功績を残している。イギリス海軍の歴史上、ネルソン提督に次ぐ重要人物である。.

新しい!!: イギリス海軍とジョン・アーバスノット・フィッシャー · 続きを見る »

ジョージ・マンク (初代アルベマール公)

初代アルベマール公ジョージ・マンク(モンク)(George Monck, 1st Duke of Albemarle、, KG, 1608年12月6日 - 1670年1月3日)は、イングランドの貴族・軍人。清教徒革命で軍人として出世、英蘭戦争では海軍の司令官として活躍。イングランド共和国末期の混乱を収拾して王政復古を実現させた功によりアルベマール公爵に叙された。.

新しい!!: イギリス海軍とジョージ・マンク (初代アルベマール公) · 続きを見る »

ジ・アッシズ

・アッシズの優勝骨壺 ジ・アッシズ(The Ashes)はクリケットイングランド代表とクリケットオーストラリア代表との間で行われるクリケットのテストマッチシリーズのことである。.

新しい!!: イギリス海軍とジ・アッシズ · 続きを見る »

ジェットストリーム 41

ェットストリーム 41 (Jetstream 41) とは、イギリスの航空機メーカーであるBAe(現BAEシステムズ)が地域路線(リージョナル路線)に投入するために開発したターボプロップ双発の中型旅客機である。原型であるハンドレページ・ジェットストリームの拡張改良型であり、BAe ジェットストリームと呼ばれていた。.

新しい!!: イギリス海軍とジェットストリーム 41 · 続きを見る »

ジェフ・フーン

ェフ・フーン(Geoff Hoon, ジェフリー・ウイリアム・フーン、Geoffrey William Hoon, 1953年12月6日 - )は、イギリスの政治家。労働党所属の庶民院(下院)議員(1994年 - )で、ゴードン・ブラウン政権では首席院内幹事、大蔵省政務次官を務めた。 ダービーシャー州ダービー生まれ。ケンブリッジ大学で法律を学ぶ。1976年から5年間リーズ大学で講師として教える。1978年にグレイ法曹院で弁護士資格免許を取得、1980年にで1年間教える。1982年から2年間は法廷弁護士としてノッティンガムで働いた。 1984年欧州議会議員選挙にダービーシャー州から欧州議会議員に立候補し、その後10年間はブリュッセルやストラスブールで働く。1992年に庶民院に立候補し当選。 アメリカの対タリバン戦争やイラク戦争においては、トニー・ブレア内閣の国防大臣(任期:1999年 - 2005年)として、アメリカと協調してイギリス軍を動員する上で大きな役割を担った。その後第3次ブレア内閣では庶民院院内総務および王璽尚書(任期:2005年 - 2006年)を務めていたが、2006年の内閣改造で閣外相の(任期:2006年 - 2007年)へ転じた。 続くゴードン・ブラウン政権では当初および庶民院、第2次改造内閣ではを務めたが、ブラウンに退陣を要求したためにブラウン第3次改造内閣には入閣しなかった。.

新しい!!: イギリス海軍とジェフ・フーン · 続きを見る »

ジェイムズ・クラーク・ロス

ェイムズ・クラーク・ロス サー・ジェイムズ・クラーク・ロス(Sir James Clark Ross、1800年4月15日 – 1862年4月3日)は、イギリスの海軍軍人、探検家。.

新しい!!: イギリス海軍とジェイムズ・クラーク・ロス · 続きを見る »

スペイン帝国

'''黄金の世紀'''におけるスペイン帝国(赤はスペイン王国、青はポルトガル王国)の領土、植民地、属領(1580年-1640年) スペイン帝国(スペインていこく、)は、スペインとその植民地・属領などの総称である。カスティーリャ王国とアラゴン王国の合併によって成立したスペイン王国がナスル朝グラナダ王国を滅ぼし、イベリア半島からイスラーム勢力を一掃した1492年以降、1898年の米西戦争に敗北して、ほぼ全ての海外植民地を失うまでの期間を指す。「帝国」の名称はその広大な統治領域に由来する(共和制のもとでのローマ帝国のごとし)。君主号(皇帝)とは無関係である。1868年から1874年は革命政権の支配の下で、国王は空位となり、やがて共和制に移行した。 とりわけ、16世紀中盤から17世紀前半までの約80年間はスペインが史上最も繁栄した時期であり、黄金世紀(Siglo de Oro)と呼ばれている。スペイン君主のカルロス1世が神聖ローマ帝国皇帝に即位した際には、ヨーロッパにも本国以外の広大な領土を持つなど、その繁栄の様は「太陽の沈まない国」と形容された。.

新しい!!: イギリス海軍とスペイン帝国 · 続きを見る »

スロイスの海戦

イスの海戦(スロイスのかいせん)は、1340年6月24日に行われた、百年戦争における主要な海戦の1つ。ゼーラント(現オランダ)のスロイス(フランス語名エクリューズ)の港においてイングランド海軍がフランス海軍を壊滅させて、以降ドーバー海峡の制海権を握った。 百年戦争における、三つの重要な海戦の一つといわれる。他の二つはレ・ゼスパニョール・シュール・メールの海戦、1372年のラ・ロシェルの海戦であるグラント・オーデン、ポーリン・ベインズ 『西洋騎士道事典』 堀越孝一監訳、原書房、1991年、312-313頁。。.

新しい!!: イギリス海軍とスロイスの海戦 · 続きを見る »

スヘルデの戦い

ヘルデの戦い(スヘルデのたたかい、Battle of the Scheldt)は、第二次世界大戦中の1944年10月2日から11月8日までの間にベルギーの北部及びオランダの南西部で、連合国軍とドイツ第15軍との間で行われた戦闘である。連合国軍はガイ・シモンズ (Guy Simonds) 中将指揮下のカナダ第1軍(First Canadian Army)が基幹となったVeterans Affairs Canada.

新しい!!: イギリス海軍とスヘルデの戦い · 続きを見る »

スエズ

(英語:Suez、アラビア語:, as-Suways、エジプト方言:es-Swēs)は、エジプト東部の都市でスエズ県の県庁所在地である。人口49万7000人。 紅海のスエズ湾に面し、スエズ運河の南端に位置する。 製油所、化学肥料工場が多くある。カイロと国道33号や鉄道で結ばれている。 スエズはメッカ巡礼に向かうムスリムたちの拠点となっている。.

新しい!!: イギリス海軍とスエズ · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: イギリス海軍とソビエト連邦 · 続きを見る »

ソ連崩壊

連崩壊(ソれんほうかい、Распад СССР)とは、1991年12月のソビエト連邦共産党解散を受けた各連邦構成共和国の主権国家としての独立、ならびに同年12月25日のソビエト連邦(ソ連)大統領ミハイル・ゴルバチョフの辞任に伴い、ソビエト連邦が解体された出来事である。.

新しい!!: イギリス海軍とソ連崩壊 · 続きを見る »

タウン級軽巡洋艦 (2代)

タウン級軽巡洋艦 (Town-class) は、イギリス海軍の軽巡洋艦の艦級。本級は1930年のロンドン海軍軍縮条約での制限に従って設計された。兵装や船体の違いにより、サウサンプトン級、グロスター級、エディンバラ級の三つに分類される。 同時代のアメリカや日本の軽巡洋艦と同様に、タウン級軽巡洋艦は名ばかりの「軽巡洋艦」であった。ロンドン海軍軍縮条約では「軽巡洋艦」の定義として、主砲は5インチより大きく6.1インチ (155 mm) 以下の砲を持つ艦とし、日米英仏伊の各国とも、重巡洋艦と同規模の船体および出力を持つ軽巡洋艦を建造することで、その排水量制限を回避しようとした。これらの「軽巡洋艦」は船体の規模に比べ小口径の砲を搭載したのが特徴である。.

新しい!!: イギリス海軍とタウン級軽巡洋艦 (2代) · 続きを見る »

サミュエル・ピープス

ミュエル・ピープス(Samuel Pepys, 1633年2月23日 - 1703年5月26日)は、17世紀に活躍したイギリスの官僚。王政復古の時流に乗り、一平民からイギリス海軍の最高実力者にまで出世した人物であり、国会議員及び王立協会の会長も務めた。今日では詳細な日記で知られているが、官僚としての業績も大きく、王政復古後の海軍再建に手腕を発揮したことにより「イギリス海軍の父」とも呼ばれている。.

新しい!!: イギリス海軍とサミュエル・ピープス · 続きを見る »

サンドウィッチ伯爵

ンドウィッチ伯爵(Earl of Sandwich)は、イングランド貴族の伯爵位。爵位名はケント州サンドウィッチに由来する。1660年にサー・エドワード・モンタギューが受爵されたことに始まる。.

新しい!!: イギリス海軍とサンドウィッチ伯爵 · 続きを見る »

サンダウン級機雷掃討艇

ンダウン級機雷掃討艇()は、イギリス海軍が運用する機雷掃討艇の艦級。計画名はSRMH()であった。建造費は4600万ドル(10番艇の場合)。.

新しい!!: イギリス海軍とサンダウン級機雷掃討艇 · 続きを見る »

債券

債券(さいけん、)とは、社会的に一定の信用力のある発行体が資金を調達する際に、金銭消費貸借契約類似の法律関係に基づく金銭債権の内容を券面上に実体化させて発行する有価証券のこと。広義には券面が発行されない場合も含む。おもな発行体には国、地方公共団体、政府関係機関、特殊金融機関、企業(事業会社)などがある。債券のことを公社債と呼ぶこともある。債券を公共債・民間債・外国債と分類することがある。 債券の法的取扱いについては有価証券を参照のこと。.

新しい!!: イギリス海軍と債券 · 続きを見る »

哨戒艦艇

哨戒艦艇(しょうかいかんてい)は、領海や沿岸、内海、内水、港湾等での防衛・警備・救難活動を目的とした軍艦。また、本項目では英語のPatrol boatに準拠し、同様の任務に当たる政府用船舶(公船・官船)についても扱う。ただし、より戦闘的な性格の強い魚雷艇、ミサイル艇に関しては高速戦闘艇(FAC)において扱う。.

新しい!!: イギリス海軍と哨戒艦艇 · 続きを見る »

冷戦

ワルシャワ条約 (WT) 加盟国朱色.

新しい!!: イギリス海軍と冷戦 · 続きを見る »

元帥 (イギリス)

元帥(げんすい、英:marshal)はイギリス軍の階級の一つ。 陸軍元帥、海軍元帥、空軍元帥が置かれ、各軍の大将の上、すなわち最上級に位置する。北大西洋条約機構の階級符号では、OF-10に相当する。伝統的にイギリスの君主は各軍の元帥を兼ねるが、女王の場合はこの称号を帯びることはない。 1990年代以降、平時においては現役者を元帥に任命することはなくなった。政府は王族及び特に上級の士官を元帥に任じる権限を有している。 海兵隊には元帥に相当する階級は置かれていないが、陸軍元帥と同じ階級章及び軍服を着用する海兵隊名誉司令官(Captain General Royal Marines)という職位が置かれている。.

新しい!!: イギリス海軍と元帥 (イギリス) · 続きを見る »

国内総生産

国内総生産(こくないそうせいさん、英:Gross Domestic Product、GDP)は、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことである。.

新しい!!: イギリス海軍と国内総生産 · 続きを見る »

国防省 (イギリス)

国防省(こくぼうしょう、)は、イギリスの行政機関であり、国防政策を統括しイギリス軍を指揮する。 国防省の主要政策はイギリスの本土および海外領土を保持することである。冷戦が終結した現在では、従来予想されていた短期通常戦争は予期されていない。大量破壊兵器の拡散・テロの防止などが主要課題として位置づけられている。.

新しい!!: イギリス海軍と国防省 (イギリス) · 続きを見る »

BAe ハリアー II

ブリティッシュ・エアロスペース ハリアー II(British Aerospace Harrier II)は、イギリス空軍(RAF)で使用された、ホーカー・シドレー ハリアーの第二世代に相当するV/STOL(垂直/短距離離着陸)ジェット機で、発展型として開発されたAV-8B ハリアー IIの派生型である。 最初に引き渡されたハリアーIIは、ハリアー GR.5と名付けられた。続いてアップグレードされた機体は、GR.7、そしてGR.9と名付けられた。 イギリス空軍とイギリス海軍は、どちらもハリアーIIを対地攻撃用のプラットフォームとして運用した。ハリアーIIは、また、インヴィンシブル級航空母艦で運用することが可能だった。 ハリアーIIは、コソボ、イラク、および、アフガニスタンの戦闘任務をおこなった。2010年12月、予算上の圧力によって、ハリアーIIは早期に退役することになった。この決定には、ハリアーIIの役割をすぐに代替できる固定翼機が存在しないという異論があったが、長期的には、ハリアーIIはF-35Bにより置き換えられることになっていた。.

新しい!!: イギリス海軍とBAe ハリアー II · 続きを見る »

BAe ホーク

BAe ホーク(British Aerospace Hawk)は、ホーカー・シドレー社が開発した単発ジェット練習機。軽攻撃機としての使用も可能である。ホークの製造と販売は、1977年にホーカー・シドレーからブリティッシュ・エアロスペース (BAe) に移り、BAeは1999年にBAEシステムズとなった。総生産機数は900機以上で、40年以上に渡って生産されている。.

新しい!!: イギリス海軍とBAe ホーク · 続きを見る »

BAe シーハリアー

BAe シーハリアー(British Aerospace Sea Harrier)は、世界初のVTOL攻撃機ハリアーをベースにしたVTOL艦上機。開発国のイギリス、唯一の輸出国インド共に現在は全機退役している。.

新しい!!: イギリス海軍とBAe シーハリアー · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: イギリス海軍と新年 · 続きを見る »

王政復古

王政復古(おうせいふっこ)は、君主によって統治された国家において、クーデターや内戦などによって一度は弱まったり、廃止されるなどした君主制が、何等かの理由によって復活する現象である。復辟(ふくへき)、政体が帝国の場合は帝政復古とも言う。.

新しい!!: イギリス海軍と王政復古 · 続きを見る »

砕氷船

砕氷船(さいひょうせん)は、水面の氷を割りながら進む船のこと。砕氷船は北極海や南極海、凍結河川など氷で覆われた水域を航行するために、構造の強化や砕氷設備など特別に設計・建造されている。砕氷船の多くは軍用、あるいは探査用であるが、一般の商船や観光用のものもある。軍事組織が保有したり、軍艦に準ずるものについては、砕氷艦(さいひょうかん)とも呼ばれる。.

新しい!!: イギリス海軍と砕氷船 · 続きを見る »

私掠船

私掠船(しりゃくせん、Privateer, )とは、戦争状態にある一国の政府から、その敵国の船を攻撃しその船や積み荷を奪う許可、私掠免許を得た個人の船をいう。.

新しい!!: イギリス海軍と私掠船 · 続きを見る »

第一次対仏大同盟

一次対仏大同盟(だいいちじたいふつだいどうめい, First Coalition, 1793年 - 1797年)は、フランス革命を脅威と感じたヨーロッパ諸国が、フランスに対抗するために結成した同盟(対仏大同盟)である。各諸国はそれぞれフランスと敵対していたが、これらの国は真の意味で同盟を結んでおらず、十分に連携して戦うことはなかった。各国それぞれの利害関係の元に参戦しており、フランスの敗北後に目的を達成させる予定だったが、フランスに勝利する事は叶わなかった。 フランスは1792年4月20日にハプスブルク帝国(神聖ローマ帝国、オーストリア帝国など)に宣戦布告した。1792年7月にカール・ヴィルヘルム・フェルディナント指揮下の軍とプロイセン人の大半はオーストリア側に立ち、フランスに進攻したが9月のヴァルミーの戦いで敗北した。 数度に渡りフランスは陸海から進攻された。プロイセンとオーストリアからはオーストリア領オランダとライン側から攻撃し、イギリスからはフランスの地方での反乱を援助し、トゥーロンを占領した。フランスは裏切り(1793年3月18日のネールウィンデンの戦い)と内乱(ヴァンデの反乱)に悩まされたが、ドラコンの法によって処分した。公安委員会は1793年4月6日に設立され、1793年8月には国家総動員法(levée en masse)によって、兵士となりうる18歳から25歳の青年を徴兵した。新しいフランス軍による反攻で、侵略者は追い出され、さらにフランス軍はフランスを超えて進軍した。 フランスはバタヴィア共和国を姉妹共和国(1795年)として設立し、ライン川左岸のフランスの支配をバーゼルの和約によってプロイセンに認めさせた。.

新しい!!: イギリス海軍と第一次対仏大同盟 · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: イギリス海軍と第一次世界大戦 · 続きを見る »

第一海軍卿

“First Naval Lord”及び“First Sea Lord”と称される役職は、イギリス海軍における武官の最高のポストである(イギリス軍における武官の最高のポストである:en:Chief of the Defence Staff (United Kingdom)に就任する場合もある)。 1771年にファースト・ネーバル・ロード (First Naval Lord) が設けられ、1868年にファースト・シー・ロード (First Sea Lord) と改称されたが、役割は同じであり、日本語では両者とも第一海軍卿(だいいちかいぐんきょう)と訳される。ファースト・ロード (First Lord of the Admiralty) が「第一海軍卿」と訳されることもあるが、こちらは「海軍大臣」或は「海軍卿」と訳されるのが一般的であり、「第一海軍卿」と表記されていれば通常「ファースト・ネーバル・ロード」又は「ファースト・シー・ロード」のことを指す。政治家と幹部級の官僚及び軍人で構成される海軍本部委員会 (Admiralty Board) の一員であり、同委員会に於ける制服組のトップである。大日本帝国海軍の軍令部総長、アメリカ海軍の海軍作戦部長に相当する。1964年に海軍省、陸軍省、航空省が国防省に統合されることとなり、海軍本部も国防省に吸収されたが、第一海軍卿の役職名は維持された。 2017年現在、第一海軍卿は、:en:Chief of the Defence Staff (United Kingdom)を長とする:en:Chiefs of Staff Committee(それぞれ、アメリカ軍の統合参謀本部議長、統合参謀本部に相当)のメンバーであり、国防相と首相を補佐する。 2017年現在、第一海軍卿を筆頭とする、イギリス海軍の首脳(Senior Naval Staff)は下記の通りである。.

新しい!!: イギリス海軍と第一海軍卿 · 続きを見る »

第二次中東戦争

二次中東戦争(だいにじちゅうとうせんそう、מלחמת סיני、العدوان الثلاثي)は、エジプトとイスラエル、イギリス、フランスがスエズ運河を巡って起こした戦争のこと。スエズ動乱、スエズ危機、シナイ作戦、スエズ戦争などとも呼ばれている。.

新しい!!: イギリス海軍と第二次中東戦争 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: イギリス海軍と第二次世界大戦 · 続きを見る »

第二次ロンドン海軍軍縮会議

二次ロンドン海軍軍縮会議(だいにじロンドンかいぐんぐんしゅくかいぎ)は、1935年12月9日にイギリスのロンドンで開かれた国際会議。1930年に締結されたロンドン海軍軍縮条約の改正を目的としたが、1934年に行われた予備交渉が不調に終わった為、日本は軍縮条約からの脱退を決意。1934年12月、ワシントン海軍軍縮条約の条約破棄を通告(破棄通告後二年間は有効)。1936年(昭和11年)1月15日に本会議を脱退、イタリアもエチオピア侵略の為脱退し、最終的に英・米・仏の三国のみで1936年3月25日に第二次ロンドン海軍軍縮条約が締結された。.

新しい!!: イギリス海軍と第二次ロンドン海軍軍縮会議 · 続きを見る »

米英戦争

米英戦争(べいえいせんそう)は、1812年6月から1815年2月までの期間にイギリス、その植民地であるカナダ及びイギリスと同盟を結んだインディアン諸部族とアメリカ合衆国との間でおこなわれた戦争。 「1812年戦争」「アメリカ=イギリス戦争」「第二次独立戦争」とも呼ばれる。米英がカナダ、アメリカ東海岸、アメリカ南部、大西洋、エリー湖及びオンタリオ湖の領土を奪い合い、また両陣営がインディアンに代理戦争をさせたため、北米植民地戦争でもあり、インディアン戦争でもある。英語では専らWar of 1812(1812年戦争)と表現される。.

新しい!!: イギリス海軍と米英戦争 · 続きを見る »

紛争

紛争(ふんそう、conflict, dispute)とは、もめ事や争いごとを指す言葉。非常に範囲の広い言葉であり、裁判における紛争や、経済における紛争などいくつかの主体が激しく対立している状態も指すが、この項目では主に、対立する勢力の武力衝突を指す「武力紛争」(armed conflict)について述べる。ただし武力紛争の範囲もかなり広く、内戦から国際法上における戦争も含む。武力紛争は1949年のジュネーヴ諸条約などの「国際人道法」の適用対象となっている。共通第三条の対象は「国際的性質を持たない武力紛争」であるとされているが、これには国内の暴動や散発的な暴力行為は含まれない。ただし国内における武力紛争の定義の明確化には複数の国が反対しており、現在もはっきりとした定義は存在しない。ともいう 現代の日本においては、発生した紛争の名称が明確に決定される事例は少なく、「○○戦争」や「○○紛争」といった名称が政府見解やメディア、論文などによって異なることも多い。内戦や比較的小規模な地域紛争が紛争と呼ばれることが多いが(例:ユーゴスラビア紛争、フォークランド紛争)、紛争と呼ばれるものでもボスニア・ヘルツェゴビナ紛争やエチオピア・エリトリア国境紛争のように国家間できわめて大きな被害を出した武力紛争もあり、視点によってとらえ方が異なる事例もあるため、明確な基準が存在しているわけではない。.

新しい!!: イギリス海軍と紛争 · 続きを見る »

無制限潜水艦作戦

無制限潜水艦作戦(むせいげんせんすいかんさくせん)とは、戦争状態において、潜水艦が、敵国に関係すると思われる艦艇・船舶に対して目標を限定せず、無警告で攻撃する作戦である。.

新しい!!: イギリス海軍と無制限潜水艦作戦 · 続きを見る »

百年戦争

年戦争(ひゃくねんせんそう、Hundred Years' War、Guerre de Cent Ans)は、フランス王国の王位継承をめぐるヴァロワ朝フランス王国と、プランタジネット朝およびランカスター朝イングランド王国の戦い。現在のフランスとイギリスの国境線を決定した戦争である。百年戦争は19世紀初期にフランスで用いられるようになった呼称で、イギリスでも19世紀後半に慣用されるようになった。 伝統的に1337年11月1日のエドワード3世によるフランスへの挑戦状送付から1453年10月19日のボルドー陥落までの116年間の対立状態を指すが、歴史家によっては、実際にギュイエンヌ、カンブレーにおいて戦闘が開始された1339年を開始年とする説もある。いずれにしても戦争状態は間欠的なもので、休戦が宣言された時期もあり、終始戦闘を行っていたというわけではない。 両国とも自国で戦費を賄うことができなかった。フランスはジェノヴァ共和国に、イングランドはヴェネツィア共和国に、それぞれ外債を引き受けさせた。.

新しい!!: イギリス海軍と百年戦争 · 続きを見る »

西側諸国

西側諸国(にしがわしょこく、西側、資本主義陣営、自由主義陣営とも、英語:Western Bloc、ウェスタンブロック)とは、冷戦中、アメリカ合衆国(アメリカ)を中心とする資本主義陣営に属した国々のことを言う。対する陣営はソビエト連邦(ソ連)などを中心とした東側諸国。 ここでいう西側は、ヨーロッパにおける資本主義陣営と共産主義陣営の境界が東西ドイツを境にしている事に由来するが、実際には欧州東部にも西側諸国は存在した(トルコ、ギリシャ)他、欧州以外のその他の地域では、属する陣営と地理上の東西が反転することもあった。 西側各国はアメリカとの単独・多国間の政治・軍事的保障条約に組み込まれた。それらの機構として有名なものは、北大西洋条約機構(NATO)、米州機構(OAS)などがある。.

新しい!!: イギリス海軍と西側諸国 · 続きを見る »

西インド諸島

西インド諸島(にしインドしょとう、West Indies、Indias Occidentales、Antilles (Indes occidentales)、West-Indië)は、南北アメリカ大陸に挟まれたカリブ海域にある群島である。アメリカ合衆国のフロリダ半島南端、および、メキシコのユカタン半島東端から、ベネズエラの北西部沿岸にかけて、少なくとも7000の島、小島、岩礁、珊瑚礁がカーブを描くようにして連なる。これらの島々が、大西洋と、メキシコ湾、カリブ海の境界線を形成している。.

新しい!!: イギリス海軍と西インド諸島 · 続きを見る »

西方艦隊 (イギリス)

西方艦隊(Western Fleet)はかつて存在したイギリス海軍の艦隊。1967年に編成され、1971年に廃止された。 地中海艦隊が1967年に解散したのに伴い、本国艦隊(Home Fleet)を改編して編成された。担当海域は本国艦隊時より大幅に広いものであり、南北大西洋および地中海海域であった。この範囲は東洋艦隊との対比で'スエズ運河の西'と形容された。 西方艦隊司令官(Commander in Chief Western Fleet,CINC WF)は、北大西洋条約機構の海峡地区連合軍司令官(Commander in Chief Allied Channel Command,CINC ACC)も兼任していた。 1971年にイギリス軍はスエズ運河の東方から軍事力を撤収し、それに伴い東洋艦隊も解散することとなった。この再編により西方艦隊は統合・廃止され、これ以降、イギリス海軍は単一の艦隊編制となった。 せいほうかんたい.

新しい!!: イギリス海軍と西方艦隊 (イギリス) · 続きを見る »

駆逐艦

駆逐艦(くちくかん、destroyer)は、19世紀末に出現した艦種である。.

新しい!!: イギリス海軍と駆逐艦 · 続きを見る »

議会

議会が開かれる議場の例(日本参議院) 議会(ぎかい)は、通常は選挙によって選出された議員によって構成され、法律の制定(立法)などを行う機関(立法府)。近代の議会では通常、選挙民の代表、法律の制定、政府の監視(行政監督権)の3機能を持つ。.

新しい!!: イギリス海軍と議会 · 続きを見る »

超大国

超大国(ちょうたいこく、superpower)とは、世界全体に対して、政治的にも経済的にも大きな影響力を及ぼす国家である。大国()よりも影響範囲が大きい。 具体的には、冷戦時代にはアメリカ合衆国とソビエト連邦、冷戦終結後はアメリカ合衆国が唯一の超大国とされ、第二次世界大戦以前の時代には大英帝国も超大国であったと定義されている。.

新しい!!: イギリス海軍と超大国 · 続きを見る »

軍艦旗

1900年(明治33年)当時の列強の海軍旗。 軍艦旗(ぐんかんき、(Naval) Ensign)とは、軍隊(主に海軍)に所属する艦船であることを表章する為に掲揚する旗章である。軍艦旗を掲げる船舶は、戦時国際法や国際慣習法にある軍艦としての特権を受ける。陸軍や空軍などにおける軍旗(連隊旗)に相当するが、国際慣習法上の扱いや位置付けは異なる。軍艦旗は戦闘時には戦闘旗(War flag)として用いられる場合もある。 また、軍艦旗とは別に、船の国籍を示す際に艦首部分に掲げる国籍旗(艦首旗とも、(Naval) Jack)が個別に定められている国があれば、軍艦旗のみを定めている国や、国籍旗のみを定めている国もあり、各国で異なっている。.

新しい!!: イギリス海軍と軍艦旗 · 続きを見る »

軽巡洋艦

軽巡洋艦(けいじゅんようかん、Light Cruiser)は、軍艦の一種。.

新しい!!: イギリス海軍と軽巡洋艦 · 続きを見る »

近世イギリス海軍の食生活

ここでは、主に16世紀から19世紀のイギリス海軍(イングランド海軍)の食生活について扱う。.

新しい!!: イギリス海軍と近世イギリス海軍の食生活 · 続きを見る »

航空機

航空機(こうくうき、aircraftブリタニカ百科事典「航空機」)は、大気中を飛行する機械の総称である広辞苑 第五版 p.889「航空機」。.

新しい!!: イギリス海軍と航空機 · 続きを見る »

航空母艦

航空母艦(こうくうぼかん、aircraft carrier)は、航空機を多数搭載し、海上における航空基地の役割を果たす軍艦。略称は空母(くうぼ)。 1921年のワシントン軍縮会議では、「水上艦船であって専ら航空機を搭載する目的を以って計画され、航空機はその艦上から出発し、又その艦上に降着し得るように整備され、基本排水量が1万トンを超えるものを航空母艦という」と空母を定義している。1930年のロンドン海軍軍縮条約で基本排水量1万トン未満も空母に含まれることになった。.

新しい!!: イギリス海軍と航空母艦 · 続きを見る »

航続距離

航続距離(こうぞくきょり)とは、航空機や船舶が燃料を最大積載量まで積んで飛行できる、または航行できる最大距離のことである。.

新しい!!: イギリス海軍と航続距離 · 続きを見る »

蒸気タービン

蒸気タービンの動翼 発電用蒸気タービン 蒸気タービン(じょうきタービン、steam turbine)は、蒸気のもつエネルギーを、タービン(羽根車)と軸を介して回転運動へと変換する外燃機関である。火力・原子力・地熱などによる発電や産業用途(発電・ポンプ駆動等)に利用される。蒸気としては一般に水蒸気が使われる。 蒸気を利用する原動機としては、蒸気タービンの他に、蒸気でシリンダ内のピストンを往復運動させるレシプロ型の蒸気エンジンが存在する。レシプロ型については蒸気機関を参照のこと。.

新しい!!: イギリス海軍と蒸気タービン · 続きを見る »

蒸気機関

蒸気機関(じょうききかん)は、ボイラで発生した蒸気のもつ熱エネルギーを機械的仕事に変換する熱機関の一部であり、ボイラ等と組み合わせて一つの熱機関となる。作業物質である水を外部より加熱する外燃機関に分類される。 蒸気機関には、蒸気をシリンダに導き、ピストンを往復運動させる往復動型のものと、蒸気で羽根車をまわすタービン型のものとが存在する。本稿では主として往復動型のものを説明する。タービン型のものについては蒸気タービンを参照のこと。.

新しい!!: イギリス海軍と蒸気機関 · 続きを見る »

重巡洋艦

摩耶 重巡洋艦(じゅうじゅんようかん、英:Heavy Cruiser)とは、軍艦の一艦種である巡洋艦のなかで大型のものをいう。1930年のロンドン海軍軍縮条約で定義された艦種で、厳密には6.1インチを超え8インチ以下の艦砲を搭載する10,000トン以下の「カテゴリーA」の巡洋艦を指す。重巡と略す。.

新しい!!: イギリス海軍と重巡洋艦 · 続きを見る »

艦隊

ゆうぎりが写っている。 艦隊(かんたい、英:Fleet)は、海軍の部隊単位の一つ。英語の Fleet とは、古い英語のflēot(船)に由来する。.

新しい!!: イギリス海軍と艦隊 · 続きを見る »

艦隊航空隊

艦隊航空隊(かんたいこうくうたい、Fleet Air Arm / FAA)は、イギリス海軍の航空機による作戦をつかさどる部門である。艦隊航空隊にはおよそ6,200人の人員が所属し、これはイギリス海軍の総人員の15%以上にあたる。そしておよそ200機の実戦機と50機以上の支援および訓練用航空機を運用している。 艦隊航空隊は、アグスタウェストランド マーリン、ウェストランド シーキング、ウェストランド リンクスなどのヘリコプターのほか、以前はハリアー GR7/GR9も運用していた。リンクスやウェストランド ワスプのようなヘリコプターは1964年以降、小型艦船に配備され、かつて使われていたフェアリー ソードフィッシュのような脆弱な複葉機で遂行されていた任務と役割を引き継いだ。 イギリス軍では陸上基地で運用する対潜哨戒機(BAE ニムロッド)は空軍の管轄になっている。.

新しい!!: イギリス海軍と艦隊航空隊 · 続きを見る »

トウボートに押されてミシシッピ川を上る艀。セントルイスのゲートウェイ・アーチ上から撮影 ハンブルクに停泊する艀 19世紀末のドイツの運河の風景。内陸運河では、艀は曳舟道を歩く馬や人に牽引されて進んでいた 艀(はしけ)は、河川や運河などの内陸水路や港湾内で重い貨物を積んで航行するために作られている平底の船舶である。 艀の多くはエンジンを積んでいないため自力で航行することはできず、タグボート(トウボート)により牽引あるいは推進されながら航行する。 英語ではバージ(barge)もしくはライター(lighter)と呼ばれ、後者は特に艀のうち平底のものを指す。.

新しい!!: イギリス海軍と艀 · 続きを見る »

英国は各員がその義務を尽くすことを期待する

英国は各員がその義務を尽くすことを期待する」(えいこくはかくいんがそのぎむをつくすことをきたいする、)は、1805年10月21日のトラファルガー海戦の際、イギリスのホレーショ・ネルソン提督が掲げた信号文。イギリス国民に影響を与えた言葉として、現代でもよく用いられる。.

新しい!!: イギリス海軍と英国は各員がその義務を尽くすことを期待する · 続きを見る »

英蘭戦争

英蘭戦争(えいらんせんそう、Anglo-Dutch Wars)は、17世紀後半の3次にわたるイングランドとネーデルラント連邦共和国(オランダ共和国)の戦争であるが、18世紀の戦争も同様に呼ばれる。イギリス・オランダ戦争とも呼ばれる。 17世紀始めには英蘭両国はカトリックのスペイン・ポルトガル勢力に対して協力関係にあったが、オランダ東インド会社の実力がイギリス東インド会社を上回り、1623年のアンボイナ事件を契機に、イングランドは東南アジアや東アジアから撤退せざるを得なくなった。香料貿易を独占したオランダにはアジアの富が流入し、イングランドでは反オランダ感情が高まった。 戦争は海戦が中心で双方とも相手方の本土に侵攻することはなく、いずれも中途半端な結果に終わった。イングランドは3次にわたってオランダと開戦し、オランダ経済に大打撃を与えたが、皮肉にも1688年の名誉革命により、かつて敵対したオランダ統領ウィレム3世をイングランド王ウィリアム3世として迎えることとなる。 18世紀に行われた第四次英蘭戦争により、オランダの国力は疲弊し、海上交易における優勢を失った。マクミラン国際地域研究センター所長を務めるスティヴン・パインクスのような多くの高名な歴史家達は、この戦争を17世紀の一連の戦争と原因が異なるので、一緒にしないほうが良いとしている。 歴史家によっては、イギリスとバタヴィア共和国の戦争、およびナポレオン時代のホラント王国との戦争を、それぞれ第五次、第六次英蘭戦争と呼んでいる。.

新しい!!: イギリス海軍と英蘭戦争 · 続きを見る »

連合国 (第二次世界大戦)

ターリン) 第二次世界大戦における連合国(れんごうこく、Allies、United Nations)とは、枢軸国(ドイツ、イタリア、日本など)と敵対した国家連合。一般的に連合国共同宣言に署名した国などが該当する。 第二次世界大戦における連合国は、1939年9月1日、ドイツ国によるポーランド侵攻にはじまる欧州戦線でドイツの陣営と戦った国々と、1941年12月8日の日本によるマレー作戦及び真珠湾攻撃に始まる太平洋戦争(大東亜戦争)において日本の陣営と戦った国々がある。このうちイギリス、アメリカ合衆国、中華民国、オーストラリアを含む大部分の諸国は参戦の時点から終戦までの期間に日独両陣営と戦争状態にあったが、ソビエト連邦が対日戦に参戦したのは1945年8月のことである。 ドイツやその他の枢軸国から攻撃を受けるなどし、領域を喪失した政府が亡命政府となり、戦争に参加している。戦後これらの亡命政府の多くは帰国したが、ソ連の影響力が強い地域の亡命政府は復帰することができない例や、戦後まもなく亡命政府の継承政権が打倒されることもあった。一方でユーゴスラビアのパルチザンなど交戦当時は国家を代表する存在ではなかったが、国家を代表する存在として連合国の政府として承認される事例もあった。 連合国は戦後処理問題などで比較的緊密な連絡を取った。現在の国際連合 (United Nations) は、戦争中の連合国協議によって生まれた国際機関であり、連合国諸国が原加盟国となっている。特に中心となったアメリカ・イギリス・ソビエト連邦・フランス・中華民国は、国際連合憲章によって安全保障理事会における「常任理事国」の地位が与えられ、拒否権などの特権を有するなど、国際社会において強い影響を持つこととなった。.

新しい!!: イギリス海軍と連合国 (第二次世界大戦) · 続きを見る »

逮捕

逮捕(たいほ)とは、犯罪に関する被疑者の身体的拘束の一種。 逮捕の意味は各国での刑事手続の制度により大きく異なる。日本法における逮捕は捜査官のいる場所への引致である。英米法における逮捕は裁判官に引致するための制度であり、日本法では勾留請求は逮捕とは異なる新たな処分とされているから、英米法の逮捕と日本法の逮捕とは全く制度を異にする。.

新しい!!: イギリス海軍と逮捕 · 続きを見る »

進化論

進化論(しんかろん、theory of evolution)とは、生物が進化したものだとする提唱、あるいは進化に関する様々な研究や議論のことである『岩波生物学辞典第4版』。 生物は不変のものではなく長期間かけて次第に変化してきた、という仮説(学説)に基づいて、現在見られる様々な生物は全てその過程のなかで生まれてきたとする説明や理論群である。進化が起こっているということを認める判断と、進化のメカニズムを説明する理論という2つの意味がある。なお、生物学における「進化」は純粋に「変化」を意味するものであって「進歩」を意味せず、価値判断について中立的である。 進化は実証の難しい現象であるが(現代では)生物学のあらゆる分野から進化を裏付ける証拠が提出されている (詳細は、進化の項目も参照のこと)。 初期の進化論は、ダーウィンの仮説に見られるように、画期的ではあったが、事実かどうか検証するのに必要な証拠が十分に無いままに主張されていた面もあった。だが、その後の議論の中で進化論は揉まれて改良されつつある。現代的な進化論は単一の理論ではない。それは適応、種分化、遺伝的浮動など進化の様々な現象を説明し予測する多くの理論の総称である。現代の進化理論では、「生物の遺伝的形質が世代を経る中で変化していく現象」だと考えられている。 本項では進化思想、進化理論、進化生物学の歴史、社会や宗教との関わりについて概説する。 なお、生物学において「進化論」の名称は適切ではないため、「進化学」という名称に変更すべきだとの指摘がある。.

新しい!!: イギリス海軍と進化論 · 続きを見る »

F-35 (戦闘機)

F-35 ライトニング II(F-35 Lightning II)は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発している単発単座の多用途性を備えたステルス戦闘機である。 開発計画時の名称である統合打撃戦闘機(Joint Strike Fighter)の略称JSFで呼ばれる事も多い。 コンピュータによる情報統合を推し進めており、HMDによる360°視界まで実現している。電子装備の充実度はF-22を超えている。.

新しい!!: イギリス海軍とF-35 (戦闘機) · 続きを見る »

G3型巡洋戦艦

G3型巡洋戦艦(G3がたじゅんようせんかん)は、第一次世界大戦後に、日本とアメリカの艦隊拡張計画の報に接してイギリス海軍で設計された巡洋戦艦の艦級。同型4隻は、当時存在したあらゆる戦艦よりも大きく、速く、より重武装だった(ただし他国の計画の中にはより大きなものがあった)。巡洋戦艦に類別されたのは、同時に計画されたN3型戦艦と比較して高速でありながら、火力と装甲が下回っていたことによる。G3は16インチ(406 mm)砲9門を装備して32ノットの速力を発揮すると考えられたが、N3は高速をあきらめる代償として18インチ(457 mm)砲9門を搭載することになっていた。G3は一般には巡洋戦艦と呼ばれるが、実質的には高速戦艦であったと考えられている。 G3の設計は1921年8月12日に海軍本部委員会の承認を得た。発注は10月に行われたが、戦艦建造を制限することを目的としてワシントン海軍軍縮会議が開催されたことにより、11月に中断された。そして建造される戦艦の排水量を35,000トン以下に制限したワシントン海軍軍縮条約の採択によってキャンセルされた。.

新しい!!: イギリス海軍とG3型巡洋戦艦 · 続きを見る »

GIUKギャップ

拡大 GIUKギャップ()は、海戦上のチョークポイント(通航を管制出来る地点)を成す、北大西洋上の海域のことである。この「GIUK」とはグリーンランド(Greenland)、アイスランド(Iceland)、イギリス(United Kingdom)の頭文字からとられており、ギャップとは、これら3つの陸地の間に存在する開けた海域のことを指す。この語は主に、軍事問題を語る際に使われる。.

新しい!!: イギリス海軍とGIUKギャップ · 続きを見る »

N3型戦艦

N3型戦艦(N3がたせんかん)は、第一次世界大戦後にイギリス海軍で設計された戦艦の艦級。同時に計画されたG3型巡洋戦艦とは、重装甲である点を除き、ほぼ同様の設計だった。同級は、戦艦の大きさと武装、および加盟各国の主力艦保有総排水量に制限を設けた1921年のワシントン海軍軍縮条約が成立したことにより、発注されずに終った。.

新しい!!: イギリス海軍とN3型戦艦 · 続きを見る »

PAAMS

代表的なPAAMS搭載艦であるホライズン計画艦。前甲板にシルヴァーVLS、艦橋構造物上の塔状構造物にEMPAR多機能レーダーが設置されている。 PAAMS(Principal Anti Air Missle System)は、イギリス、フランス、イタリアによって共同開発された艦隊防空システム。.

新しい!!: イギリス海軍とPAAMS · 続きを見る »

VT グループ

VT グループ(VT Group plc)は、国防とサービスを提供するイギリスの公開有限会社。かつて、ヴォスパー・ソーニクロフトとして知られる会社であり、造船業から多角化して幅広いエンジニアリングとサポートサービスを提供している。 VT グループは、5つの主要傘下企業を通して多くの地域に事業を展開している。主要企業は、VT コミュニケーションズ、VT エデュケーション・アンド・スキルス、VT サポート・サービシーズ、シップビルディング、そして、アメリカ合衆国に本社を構えるVT グループ Inc.である。VT グループはロンドン証券取引所に上場しており、株価指数がFTSE250に含まれている。.

新しい!!: イギリス海軍とVT グループ · 続きを見る »

掃海艇

掃海艇(そうかいてい)は、掃海による機雷の排除を任務とする軍艦。同任務でより大型の掃海艦、類似した任務にあたる機雷掃討艇についても本項で扱う。.

新しい!!: イギリス海軍と掃海艇 · 続きを見る »

東洋艦隊 (イギリス)

東洋艦隊(とうようかんたい、Eastern Fleet)、別名東インド艦隊 (ひがしインドかんたい、East Indies Fleet)または極東艦隊(きょくとうかんたい、Far East Fleet)は、1941年から1971年まで存在した、イギリス海軍の艦隊である。 1904年、第一海軍卿サー・ジョン・フィッシャーは、戦時には極東に3つの主力部隊(東インド戦隊(East Indies Squadron)、中国戦隊(China Squadron)、オーストラリア戦隊(Australian Squadron))を置き、シンガポールに拠点を置く東洋艦隊がそれを統括すべきであるとした。指揮は中国戦域の司令長官が行うことになっていた。しかし第一次世界大戦の間は各戦隊は別個に命令を受けて行動しており、「東洋艦隊」はその総称として存在しただけだった。この3戦隊による構成は、第二次世界大戦で大日本帝国との戦いが始まるまで継続した。東洋艦隊は1941年12月8日、東インド戦隊と中国戦隊を合体させる形で正式に発足した。 戦争中、東洋艦隊はオランダ海軍、オーストラリア海軍、ニュージーランド海軍やアメリカ海軍などの他の海軍からも、多くの船と人員を編入した。1944年から1945年にかけてイギリス太平洋艦隊が編成されたために、東洋艦隊は戦争の終結まで東インド艦隊と称した。戦後は極東艦隊と改称し、太平洋海域を含む極東全域にわたって行動した。.

新しい!!: イギリス海軍と東洋艦隊 (イギリス) · 続きを見る »

核兵器

核兵器(かくへいき、nuclear weapon)は、核分裂の連鎖反応、または核融合反応で放出される膨大なエネルギーを利用して、爆風、熱放射や放射線効果などの作用を破壊に用いる兵器の総称。原子爆弾、水素爆弾、中性子爆弾等の核爆弾(核弾頭)とそれを運搬する運搬兵器で構成されている。 核兵器は生物兵器、化学兵器と合わせてNBC兵器(又はABC兵器)と呼ばれる大量破壊兵器である。一部放射能兵器も含めて核兵器と称する場合があるが、厳密には放射能兵器を核兵器に分類するのは誤りである。 核兵器は、人類が開発した最も強力な兵器の一つであり、その爆発は一発で都市を壊滅させる事も可能である。そのような威力ゆえに、20世紀後半に配備数が増えるにつれ核戦争の脅威が想定されるようになり、単なる兵器としてだけではなく、国家の命運、人類の存亡にも影響するものとして、開発・配備への動きのみならず、規制・廃棄の動きなど様々な議論の対象となってきた。また、実戦使用されたのがアメリカ合衆国による、第二次世界大戦における二発(広島・長崎)のみであり、使用ではなく、主に配備による抑止力として、その意義が評価されている側面を持つ。 核兵器は核分裂を主とする原子爆弾と核融合を主とする水素爆弾の大きく二つに分類される。原子爆弾は大威力化に限界があり、水素爆弾の方が最大威力は大きくすることができる。また、兵器の形態としても、開発当初は大型航空爆弾のみであったが、プルトニウム型の場合高度な製造技術を必要とする反面、小型化が可能でありミサイルや魚雷の弾頭、砲弾までも様々なものが開発されている。.

新しい!!: イギリス海軍と核兵器 · 続きを見る »

核抑止

核抑止(かくよくし)とは、核兵器の保有が、対立する二国間関係において互いに核兵器の使用が躊躇される状況を作り出し、結果として重大な核戦争と核戦争につながる全面戦争が回避される、という考え方で、核戦略のひとつである。核抑止理論、また俗に「核の傘」とも呼ばれる。.

新しい!!: イギリス海軍と核抑止 · 続きを見る »

植民地

植民地(しょくみんち、殖民地とも)とは、国外に移住者が移り住み、当事国政府の支配下にある領土のことで統治領(とうちりょう)とも呼ばれる。 古代史にはフェニキアや古代ギリシアにも見られるが多くは植民元との関係は維持しつつ独立した体制となっており、侵略によって獲得した海外領土の類型は古代ローマに見られる。近年はヴェネチアなどが行った東地中海における植民地経営をそれ以降の植民地支配と連続した流れと考える向きもある。 以下では16世紀に始まるいわゆる「大航海時代」以降ヨーロッパ各国が侵略によって獲得した海外領土を主として扱う。近現代においては、本国政府の憲法や諸法令が原則として施行されず、本国と異なる法的地位にあり、本国に従属する領土を植民地という。 また、植民地に対して従属させて、それらを所有している本国のことは「宗主国」と呼ばれる。.

新しい!!: イギリス海軍と植民地 · 続きを見る »

極東

極東 極東(きょくとう、Far East)とは、東アジア、東北アジアと東南アジアの一部地域を示す言葉。.

新しい!!: イギリス海軍と極東 · 続きを見る »

機動部隊

機動部隊(きどうぶたい)とは、機動性の高い部隊。陸軍では、戦車・装甲車などを装備した部隊を、海軍では、航空母艦を中心に巡洋艦・駆逐艦で編制された部隊を意味する。城砦・陣地、洋上戦における泊地や港などの「機動出来ない戦闘部隊」である守備兵力の対語である。 機会に乗じて相手にすばやく接近し、敵指揮官・部隊の精神的バランスを崩壊させるための部隊として、「歩兵」と「騎兵(戦車)」に区分されることがある。また、日本の空母部隊においては、軍隊区分による部隊号として使用された。海外の空母部隊も機動部隊と日本語訳されることがある。.

新しい!!: イギリス海軍と機動部隊 · 続きを見る »

深海救難艇

深海救難艇(しんかいきゅうなんてい、英:Deep Submergence Rescue Vehicle、DSRV)は、海中で遭難・沈没した潜水艦の乗員を救助する専用の潜水艇である。 LR5 救助機がフィンランドの砕氷船 MSV FENNICAからクレーンで降ろされる様子.

新しい!!: イギリス海軍と深海救難艇 · 続きを見る »

清教徒革命

清教徒革命またはピューリタン革命(せいきょうとかくめい/ピューリタンかくめい、英語:Puritan Revolution または Wars of the Three Kingdoms)は、狭義には1642年から1649年にかけてイングランド・スコットランド・アイルランドで起きた内戦・革命である。広義には1638年の主教戦争から1660年の王政復古までを含み、「大反乱」「三王国戦争」もしくは名誉革命とあわせて「イギリス革命」「ブリテン革命」とも呼ばれる。革命中に起きた諸事件については清教徒革命の年表も併せて参照。.

新しい!!: イギリス海軍と清教徒革命 · 続きを見る »

潜水艦

潜水艦(せんすいかん、Submarine、U-Boot、潛艇)は、水中航行可能な軍艦である。.

新しい!!: イギリス海軍と潜水艦 · 続きを見る »

本国艦隊

本国艦隊(ほんごくかんたい、The Home Fleet)とは、イギリス周辺海域を管轄したイギリス海軍の艦隊である。.

新しい!!: イギリス海軍と本国艦隊 · 続きを見る »

戦列艦

戦列艦(せんれつかん、ship of the line)は17世紀から19世紀にかけてのヨーロッパ諸国で使用された軍艦の一種。単縦陣の戦列 (line of battle)を作って砲撃戦を行うことを主目的としていたのでこの名がある。.

新しい!!: イギリス海軍と戦列艦 · 続きを見る »

戦艦

アイオワ」1958年に現役を退いた本艦であったが、ロナルド・レーガンの掲げる「力による平和」戦略の一環として生まれた600隻艦隊構想のもと、同型艦とともにミサイル艦として近代化改装を受け、1984年に現役復帰を果たした(2006年除籍)。 戦艦(せんかん、battleship)とは、軍艦の艦種の一つである。強大な艦砲と堅牢な装甲を備え、海戦が主に砲撃戦に頼った時代に、海上決戦の主力となることに特化していた。第二次世界大戦頃までは、各国家の軍事力の象徴的存在であり、世界のパワーバランスを左右する戦略兵器ともされていた。しかし第二次世界大戦において航空戦力の威力が高まり、艦隊主力の地位を航空母艦に譲った。 第二次世界大戦後は、戦艦は運用機会や存在意義自体が失われ、現在では戦艦と呼ばれる艦種を運用する国はない。.

新しい!!: イギリス海軍と戦艦 · 続きを見る »

戦艦フライデー

戦艦フライデー(せんかんフライデー、HMS Friday)は、金曜日に出航することに対する迷信を払いのけようとしたイギリス海軍による破滅的な試みに関する都市伝説である。広く知られているが、この物語は実際は偽りである。さらに、戦艦フライデーと呼ばれる船は、存在しない。物語の詳細は変化するが、それは通常以下の形に従う: 19世紀のある時、イギリス海軍は、金曜日に航海を開始することが不運をもたらすことは確かだったという古い迷信を、水夫たちの間で最終的に払いのけようとした。この迷信が偽りであると示すために、彼らは金曜日に戦艦フライデーと呼ばれる船を就役させることに決めた。その竜骨は金曜日に置かれ、金曜日に進水し、そして、金曜日にジェームズ・フライデー船長の指揮下に処女航海に出港した。この船に関してはその後二度と見られることも、知らせもなかった。 この物語は、多数のバリエーションで、しばしば事実として、頻繁に語られる。 実際、この名前のイギリス海軍の船はこれまでなかった。物語がどこで創案されたかは、不明である。しかし、それが1970年代にコメディアンのデイブ・アレンによって彼のBBCテレビ番組で語られた後に知名度が増したようである。.

新しい!!: イギリス海軍と戦艦フライデー · 続きを見る »

海上自衛隊

海上自衛隊(かいじょうじえいたい)は日本の自衛隊のうちの海上部門にあたる組織である。また、官公庁の一つであり、防衛省の特別の機関の集合体である。 略称海自(かいじ)、英称 Japan Maritime Self-Defense Force (JMSDF)海上自衛隊公式HP。諸外国からは Japanese Navy(日本海軍の意)に相当する語で表現されることがある。.

新しい!!: イギリス海軍と海上自衛隊 · 続きを見る »

海図

海図(かいず、nautical chart)は、水路図誌の一種で航海のためにつくられた主題図 (Thematic Map) 。航海のために必要な水路の状況、すなわち水深、底質、海岸地形、海底危険物、航路標識などが、正確に見やすく表現されている。一定規模以上の船舶には、備え付けることが義務づけられている。.

新しい!!: イギリス海軍と海図 · 続きを見る »

海賊

海賊旗(ジョリー・ロジャー) ジョン・ラカムの海賊旗 海賊(かいぞく、)とは、船舶や沿岸を襲撃することによって、金品を強奪する盗賊を指す。.

新しい!!: イギリス海軍と海賊 · 続きを見る »

海軍

ョージ・ワシントン アメリカ海軍のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦 海軍(かいぐん、navy)は軍事作戦のために主に艦艇を使用する軍事組織を言う。.

新しい!!: イギリス海軍と海軍 · 続きを見る »

海軍カレー

海軍カレー(かいぐんカレー)とは、大日本帝国海軍の糧食に由来する、カレーおよびカレーライスのことである。 特徴はカレーに小麦粉を炒めて作った粘度の高いとろみをつけたルーを使うことであり、家庭料理や食堂および給食など一般的に日本においてカレーライスと言う場合、この海軍カレーに類するものを指す場合が多い。 帝国海軍の流れを汲む海上自衛隊のカレーライスは、副食として、サラダ、牛乳、ゆで卵等が付けられ、栄養管理されている。.

新しい!!: イギリス海軍と海軍カレー · 続きを見る »

海軍兵学校 (イギリス)

イギリスの海軍兵学校(Britannia Royal Naval College)は、デヴォン州のにある。.

新しい!!: イギリス海軍と海軍兵学校 (イギリス) · 続きを見る »

海軍本部 (イギリス)

Admiralty は、イギリス海軍を統括・管理する機関の一般的な呼称であり、日本語では海軍本部(かいぐんほんぶ)と訳されることが多い。その正式名称や組織及び機能は時代により大きく異なる。.

新しい!!: イギリス海軍と海軍本部 (イギリス) · 続きを見る »

海洋観測艦

海洋観測艦(かいようかんそくかん)は、軍艦の一種にして調査船の一種であり、海洋観測を目的とする艦のことである。主任務は、海底地形や底質、磁気雑音などの対潜戦に影響を及ぼす自然環境のデータ化である。.

新しい!!: イギリス海軍と海洋観測艦 · 続きを見る »

10月21日

10月21日(じゅうがつにじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から294日目(閏年では295日目)にあたり、年末まであと71日ある。.

新しい!!: イギリス海軍と10月21日 · 続きを見る »

1155年

記載なし。

新しい!!: イギリス海軍と1155年 · 続きを見る »

1340年

記載なし。

新しい!!: イギリス海軍と1340年 · 続きを見る »

1372年

記載なし。

新しい!!: イギリス海軍と1372年 · 続きを見る »

1419年

記載なし。

新しい!!: イギリス海軍と1419年 · 続きを見る »

14世紀

ナスル朝。イベリア半島最後のイスラム王朝であるこの王朝はすでに半島南端を占めるだけの小国となっていたが文化や芸術は最後の輝きを見せていた。画像はイスラム特有のアラベスクに彩られたアルハンブラ宮殿の「二姉妹の間」。 Gilles Le Muisitの年代記』の挿絵)。 エドワード3世率いるイングランド軍にフランス軍が大敗を喫した。画像はこの戦いを描いたジャン・フロワサールの『年代記』写本の挿絵。 ユダヤ人迫害。中世末期の不穏な情勢の中でスケープゴートとして標的にされたのがユダヤ人であった。画像は15世紀にまとめられた『ニュルンベルク年代記』の木版挿絵で、1338年に起きたバイエルン地方のデッゲンドルフでの「聖餅󠄀冒瀆」の罪により、生きながら火炙りにされたユダヤ人たちが描かれている。 カルマル同盟。デンマーク摂政(事実上の女王)マルグレーテ1世がデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの三国を統合した。画像はロスキレ大聖堂に安置されたマルグレーテの石棺。 七選帝侯。神聖ローマ帝国では諸侯の分権化が強く選帝侯を味方につけることで帝権は維持された。やがてこの選出方法は金印勅書で法制化されることになる。 原初同盟は14世紀にはハプスブルク家との戦いに勝利し自立への道を踏み固めていった。画像は1315年のモルガルテンの戦いを描いたもの。 アヴィニョン教皇宮殿の正面入り口。 ダンテとベアトリーチェ。ダンテは地獄・煉獄・天国をまわる壮大な『神曲』を書いた詩人。画像は19世紀のヘンリー・ホリデーによるもの(ウォーカー・アート・ギャラリー蔵)。 シエナ。この街は黒死病の被害の影響が大きかったため景観が変化せず中世都市の面影を強く残した街となっている。画像はアンブロージョ・ロレンツェッティによるシエナのプブリコ宮殿(現シエナ市役所)九頭の間の壁画「善政の効果」。 セルビア人の帝国。ネマニッチ朝のステファン・ウロシュ4世ドゥシャンは東ローマ帝国を抑えバルカン最強の国家を樹立した。画像はウロシュ4世により創建されたコソボのデチャニ修道院にあるネマニッチ一族の系譜を描いたフレスコ画。 Codex Mendoza」。 後醍醐天皇。鎌倉幕府を亡ぼし建武の新政を行ったが、政権崩壊後には逃れて吉野に南朝を立てた。画像は清浄光寺所蔵の肖像画。 足利義満。室町幕府3代将軍で南北朝の統一を行い、将軍位を息子義持に譲ってからも法体で実際の政治を握っていた。画像は鹿苑寺所蔵の肖像画。 西アフリカのマリ王国の王マンサ・ムーサ。イスラム教徒としてメッカに巡礼に向かう旅路で黄金を惜しみなく使った逸話で知られる。 Baptistère de Saint Louis」。フランス歴代国王が実際に用いた洗礼盤だが、聖王ルイの時代より正確には半世紀ほど後のもので、マムルーク朝時代のエジプトまたはシリアで作られたイスラム工芸を代表する名品。現在はルーヴル美術館が所蔵している。 歴史家ラシードゥッディーン。その当時の知られていた世界の歴史を『集史』としてまとめ上げた。画像は彼が仕えたイル・ハン国の君主ガザンとオルジェイトゥの兄弟を描いた『集史』の挿絵。 草原の英雄ティムール。モンゴル帝国の分裂後の中央アジア・西アジアはティムールによって統一された。画像は1370年のバルフ包囲戦を描いたホーンダミール『清浄園』の16世紀の写本の挿絵。 ハンピ)のヴィルーパークシャ寺院。 チベット仏教の改革者ツォンカパ。綱紀粛正に努め左道密教を退けて現在のダライラマに連なるゲルク派(黄帽派)を大成した。 青花の誕生。元朝後期に西アジア産のコバルト顔料を用いて白磁に紋様を描く青花(染付)の技法が開発された。画像はこの世紀に造られた「青花魚藻文壺(ブルックリン美術館蔵)」。 明の洪武帝朱元璋。モンゴル人の元朝を北方に追いやり、漢民族の王朝を復興した。画像は洪武帝の肖像画(台北国立故宮博物院蔵)。 14世紀(じゅうよんせいき)は、西暦1301年から西暦1400年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: イギリス海軍と14世紀 · 続きを見る »

1545年

記載なし。

新しい!!: イギリス海軍と1545年 · 続きを見る »

1547年

記載なし。

新しい!!: イギリス海軍と1547年 · 続きを見る »

1588年

記載なし。

新しい!!: イギリス海軍と1588年 · 続きを見る »

16世紀

16世紀(じゅうろくせいき)は、西暦1501年から西暦1600年までの100年間を指す世紀。 盛期ルネサンス。歴代ローマ教皇の庇護によりイタリア・ルネサンスの中心はローマに移動した。画像はこの時代に再建がなされたローマのサン・ピエトロ大聖堂の内部。 カール5世。スペイン王を兼ねイタリア各地やネーデルラントも支配したが周辺諸国との戦いにも明け暮れた。画像はティツィアーノによる騎馬像(プラド美術館蔵)。 「太陽の沈まない帝国」。カール5世の息子フェリペ2世の時代にスペインは目覚ましい発展を遂げ貿易網は地球全体に及んだ。画像はフェリペ2世によって建てられたエル・エスコリアル修道院。ここには王宮も併設されておりフェリペ2世はここで執務を行った。.

新しい!!: イギリス海軍と16世紀 · 続きを見る »

1781年

記載なし。

新しい!!: イギリス海軍と1781年 · 続きを見る »

17世紀

ルイ14世の世紀。フランスの権勢と威信を示すために王の命で壮麗なヴェルサイユ宮殿が建てられた。画像は宮殿の「鏡の間」。 スペインの没落。国王フェリペ4世の時代に「スペイン黄金時代」は最盛期を過ぎ国勢は傾いた。画像は国王夫妻とマルガリータ王女を取り巻く宮廷の女官たちを描いたディエゴ・ベラスケスの「ラス・メニーナス」。 ルネ・デカルト。「我思う故に我あり」で知られる『方法序説』が述べた合理主義哲学は世界の見方を大きく変えた。画像はデカルトとその庇護者であったスウェーデン女王クリスティナ。 プリンキピア』で万有引力と絶対空間・絶対時間を基盤とするニュートン力学を構築した。 オランダの黄金時代であり数多くの画家を輩出した。またこの絵にみられる実験や観察は医学に大きな発展をもたらした。 チューリップ・バブル。オスマン帝国からもたらされたチューリップはオランダで愛好され、その商取引はいつしか過熱し世界初のバブル経済を生み出した。画像は画家であり園芸家でもあったエマヌエル・スウェールツ『花譜(初版は1612年刊行)』の挿絵。 三十年戦争の終結のために開かれたミュンスターでの会議の様子。以後ヨーロッパの国際関係はヴェストファーレン体制と呼ばれる主権国家を軸とする体制へと移行する。 チャールズ1世の三面肖像画」。 ベルニーニの「聖テレジアの法悦」。 第二次ウィーン包囲。オスマン帝国と神聖ローマ帝国・ポーランド王国が激突する大規模な戦争となった。この敗北に続いてオスマン帝国はハンガリーを喪失し中央ヨーロッパでの優位は揺らぐことになる。 モスクワ総主教ニーコンの改革。この改革で奉神礼や祈祷の多くが変更され、反対した人々は「古儀式派」と呼ばれ弾圧された。画像はワシーリー・スリコフの歴史画「貴族夫人モローゾヴァ」で古儀式派の信仰を守り致命者(殉教者)となる貴族夫人を描いている。 スチェパン・ラージン。ロシアではロマノフ朝の成立とともに農民に対する統制が強化されたが、それに抵抗したドン・コサックの反乱を率いたのがスチェパン・ラージンである。画像はカスピ海を渡るラージンと一行を描いたワシーリー・スリコフの歴史画。 エスファハーンの栄華。サファヴィー朝のシャー・アッバース1世が造営したこの都市は「世界の半分(エスファハーン・ネスフェ・ジャハーン・アスト)」と讃えられた。画像はエスファハーンに建てられたシェイク・ロトフォラー・モスクの内部。 タージ・マハル。ムガル皇帝シャー・ジャハーンが絶世の美女と称えられた愛妃ムムターズ・マハルを偲んでアーグラに建てた白亜の霊廟。 アユタヤ朝の最盛期。タイでは中国・日本のみならずイギリスやオランダの貿易船も来訪し活況を呈した。画像はナーラーイ王のもとで交渉をするフランス人使節団(ロッブリーのプラ・ナーライ・ラーチャニーウエート宮殿遺跡記念碑)。 イエズス会の中国宣教。イエズス会宣教師は異文化に対する順応主義を採用し、中国の古典教養を尊重する漢人士大夫の支持を得た。画像は『幾何原本』に描かれたマテオ・リッチ(利瑪竇)と徐光啓。 ブーヴェの『康熙帝伝』でもその様子は窺える。画像は1699年に描かれた読書する40代の康熙帝の肖像。 紫禁城太和殿。明清交代の戦火で紫禁城の多くが焼亡したが、康熙帝の時代に再建がなされ現在もその姿をとどめている。 台湾の鄭成功。北京失陥後も「反清復明」を唱え、オランダ人を駆逐した台湾を根拠地に独立政権を打ち立てた。その母が日本人だったこともあり近松門左衛門の「国姓爺合戦」などを通じて日本人にも広く知られた。 江戸幕府の成立。徳川家康は関ヶ原の戦いで勝利して征夷大将軍となり、以後260年余にわたる幕府の基礎を固めた。画像は狩野探幽による「徳川家康像」(大阪城天守閣蔵)。 日光東照宮。徳川家康は死後に東照大権現の称号を贈られ日光に葬られた。続く三代将軍徳川家光の時代までに豪奢で絢爛な社殿が造営された。画像は「日暮御門」とも通称される東照宮の陽明門。 歌舞伎の誕生。1603年に京都北野社の勧進興業で行われた出雲阿国の「かぶき踊り」が端緒となり、男装の女性による奇抜な演目が一世を風靡した。画像は『歌舞伎図巻』下巻(名古屋徳川美術館蔵)に描かれた女歌舞伎の役者采女。 新興都市江戸。17世紀半ばには江戸は大坂や京都を凌ぐ人口を擁するまでとなった。画像は明暦の大火で焼失するまで威容を誇った江戸城天守閣が描かれた「江戸図屏風」(国立歴史民俗博物館蔵)。 海を渡る日本の陶磁器。明清交代で疲弊した中国の陶磁器産業に代わり、オランダ東インド会社を通じて日本から陶磁器が数多く輸出された。画像は1699年に着工されたベルリンのシャルロッテンブルク宮殿の「磁器の間」。 海賊の黄金時代。西インド諸島での貿易の高まりはカリブ海周辺に多くの海賊を生み出した。画像はハワード・パイルが描いた「カリブ海のバッカニーア」。 スペイン副王支配のリマ。リマはこの当時スペインの南米支配の拠点であり、カトリック教会によるウルトラバロックとも呼ばれる壮麗な教会建築が並んだ。画像は1656年の大地震で大破したのちに再建されたリマのサン・フランシスコ教会・修道院。 17世紀(じゅうしちせいき、じゅうななせいき)は、西暦1601年から西暦1700年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: イギリス海軍と17世紀 · 続きを見る »

1805年

記載なし。

新しい!!: イギリス海軍と1805年 · 続きを見る »

1812年

記載なし。

新しい!!: イギリス海軍と1812年 · 続きを見る »

1815年

記載なし。

新しい!!: イギリス海軍と1815年 · 続きを見る »

18世紀

Jean-Pierre Houëlが描いたバスティーユ襲撃(フランス国立図書館蔵)。 国立マルメゾン城美術館蔵)。 ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵)。 18世紀(じゅうはっせいき)は、西暦1701年から西暦1800年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: イギリス海軍と18世紀 · 続きを見る »

1914年

記載なし。

新しい!!: イギリス海軍と1914年 · 続きを見る »

1920年代

1920年代(せんきゅうひゃくにじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1920年から1929年までの10年間を指す十年紀。.

新しい!!: イギリス海軍と1920年代 · 続きを見る »

1922年

記載なし。

新しい!!: イギリス海軍と1922年 · 続きを見る »

1930年

記載なし。

新しい!!: イギリス海軍と1930年 · 続きを見る »

1930年代

1930年代(せんきゅうひゃくさんじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1930年から1939年までの10年間を指す十年紀。.

新しい!!: イギリス海軍と1930年代 · 続きを見る »

1935年

記載なし。

新しい!!: イギリス海軍と1935年 · 続きを見る »

1937年

記載なし。

新しい!!: イギリス海軍と1937年 · 続きを見る »

1938年

記載なし。

新しい!!: イギリス海軍と1938年 · 続きを見る »

1960年代

1960年代(せんきゅうひゃくろくじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1960年から1969年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1960年代について記載する。.

新しい!!: イギリス海軍と1960年代 · 続きを見る »

1967年

記載なし。

新しい!!: イギリス海軍と1967年 · 続きを見る »

1982年

この項目では、国際的な視点に基づいた1982年について記載する。.

新しい!!: イギリス海軍と1982年 · 続きを見る »

1990年代

1990年代(せんきゅうひゃくきゅうじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1990年から1999年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1990年代について記載する。.

新しい!!: イギリス海軍と1990年代 · 続きを見る »

19世紀

19世紀に君臨した大英帝国。 19世紀(じゅうきゅうせいき)は、西暦1801年から西暦1900年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: イギリス海軍と19世紀 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: イギリス海軍と2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: イギリス海軍と2019年 · 続きを見る »

20世紀

摩天楼群) 20世紀(にじっせいき、にじゅっせいき)とは、西暦1901年から西暦2000年までの100年間を指す世紀。2千年紀における最後の世紀である。漢字で二十世紀の他に、廿世紀と表記される場合もある。.

新しい!!: イギリス海軍と20世紀 · 続きを見る »

21世紀

21世紀(にじゅういっせいき、にじゅういちせいき)とは、西暦2001年から西暦2100年までの100年間を指す世紀。3千年紀における最初の世紀である。.

新しい!!: イギリス海軍と21世紀 · 続きを見る »

23型フリゲート

23型フリゲート(Type 23 frigate)はイギリス海軍のフリゲートの艦級。艦名がいずれも公爵家に由来することから、同海軍ではデューク級フリゲート(Duke-class frigates)とも称される。 1990年から2000年にかけて16隻が建造された。3隻がチリ海軍へ売却されたために退役し、13隻が運用されている。.

新しい!!: イギリス海軍と23型フリゲート · 続きを見る »

42型駆逐艦

42型駆逐艦(42がたくちくかん、)は、イギリス海軍のミサイル駆逐艦の艦級。1番艦の艦名からシェフィールド級()とも称され、また大きく設計が変更されたバッチ3はマンチェスター級()として区別されることもある。.

新しい!!: イギリス海軍と42型駆逐艦 · 続きを見る »

45型駆逐艦

45型駆逐艦(45がたくちくかん、Type 45 Destroyer)は、イギリス海軍のミサイル駆逐艦の艦級 。1番艦の名前からデアリング級(Daring-class)、また姉妹艦全ての艦名がDで始まることからD級(D class)とも称される。.

新しい!!: イギリス海軍と45型駆逐艦 · 続きを見る »

937年

記載なし。

新しい!!: イギリス海軍と937年 · 続きを見る »

9世紀

船葬用の船体(オスロのヴァイキング船博物館蔵)。 イングランドを襲撃するデーン人(ヴァイキング)。画像は12世紀に書かれた『聖エドマンド殉教王伝』の挿絵。 マルウィヤ・ミナレット(サーマッラーのミナレット)。アッバース朝第8代カリフのムウタスィムが建築したサーマッラーの大モスク付属の螺旋式のミナレット。 ハールーン・アッラシード。アッバース朝最盛期のカリフで、『千夜一夜物語』では夜ごとにバグダードの街に繰り出す風流な君主として描かれている。 「知恵の館(バイト・アル・ヒクマ)」。アッバース朝カリフ・マアムーンの治世にバグダードには翻訳事業や学問研究のための「知恵の館」が設置された。画像はここに集まる学者たちを描いた13世紀の細密画(フランス国立図書館蔵)。 インド最後の仏教王朝のパーラ朝。ダルマパーラ王により9世紀末に北インドの大半が支配下に置かれた。画像は9世紀に造られたパーラ様式の文殊菩薩石像(ホノルル美術館)。 敦煌文書。敦煌には3万とも4万とも数えられる膨大な古文書が収蔵されている。画像は大英博物館所蔵の「金剛般若波羅蜜経」。これは現存する世界最古の木版印刷の巻子本(書籍)で唐の懿宗の治世の868年に作成されたもの。 禁止出境展览文物でもある「八重宝函」。 密教招来。空海らによって日本に密教がもたらされ平安時代の仏教に大きな影響を与えた。画像は密教で用いる胎蔵界曼荼羅で京都東寺所蔵のもの。 応天門の変。藤原氏による他氏排斥が進んで摂関政治が確立し、律令国家体制から王朝国家体制へと政体が変化した。画像は12世紀に応天門の変の経緯を描いた「伴大納言絵詞」(出光美術館蔵)。 ラパス県の4000メートル近くの標高にある遺跡で、最盛期である9世紀には人口は1万人を越えたと想定されている。画像は半地下式方形広場で人面の装飾がなされている。 Galerie des Batailles蔵)。 ラドガにて東スラブ人と出会うヴァリャーグのリューリク一行を描いたヴィクトル・ヴァスネツォフの歴史画。 ハギア・ソフィア教会アプス半ドームにある聖母子のモザイク画。 スラブ人への宣教。東ローマ帝国出身のキュリロス・メトディオス兄弟はグラゴール文字を作成しキリスト教の宣教に努めた。画像は18-19世紀にロシアで描かれたこの兄弟のイコン(聖画像)。 プリスカ遺跡。 9世紀(きゅうせいき)は、西暦801年から西暦900年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: イギリス海軍と9世紀 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

イングランド海軍イギリスの海軍グレートブリテン及び北アイルランド連合王国海軍王立海軍英国海軍英国艦隊英海軍英王立海軍

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »