ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

637 関係: 労働党 (イギリス)原子力潜水艦原油司法同君連合同性結婚合同法 (1707年)合同法 (1800年)塩化カリウム多民族国家夏季オリンピック大国大西洋大陸性気候大正大日本帝国海軍天然ガス夫婦別姓失業外国為替市場外貨女王陛下万歳対面交通富裕層封建制小選挙区制工業工業国左翼上陸戦不文憲法両院制中央銀行中央情報局中華人民共和国主要国首脳会議主権国家体制世界保健機関世界ラリー選手権世界経済世界選手権自転車競技大会世界遺産世界貿易機関世界都市世界恐慌市場平地競走幕末庶民院 (イギリス)...人間開発指数人間開発指数による国順リスト二大政党制二字熟語による往来表現の一覧復活祭保守保守党 (イギリス)地下鉄地方分権北大西洋条約機構北アイルランド北アイルランド問題北アイルランド議会北海北海油田ナポレオン・ボナパルトペニーペニシリンノルマン・コンクエストノルマンディー公マン島マンチェスターマンチェスター空港マーガレット・サッチャーノッティンガムマッシヴ・アタックマクラーレンマクフライマグナ・カルタチャールズ1世 (イングランド王)チャールズ・チャップリンチャールズ・ディケンズチャールズ・ダーウィンチーム・ロータスチェルトナムフェスティバルネイチャーネイ湖ネグロイドネス湖ハノーファーハリー・ポッターシリーズハンブルクハンザ同盟ハーバート・ジョージ・ウェルズハードロックハドリアヌスの長城バラバルフォア報告書バーミンガムバース市街ポルトガル語ポピュラー音楽ムスリムメキシコ湾流メソジストモンティ・パイソンモータースポーツモダニズムユーロユーロスターユーロスタットユグノー戦争ヨーロッパヨーロッパの五月祭ヨーロッパ大陸ヨーロッパ野球選手権大会ヨーク (イングランド)ランカスター朝ランセットラッパスイセンラグビーラザードリンカンシャーリヴァプールリール (フランス)リーキリーズリック・ウェイクマンリシュリューリズム・アンド・ブルースルイ14世 (フランス王)ルイ16世 (フランス王)レッド・ツェッペリンレディオヘッドレイフ・ヴォーン・ウィリアムズレスターロマン主義ロンドンロンドン塔ロンドン交響楽団ロンドン・ミッドランド・アンド・スコティッシュ鉄道ロンドン・ルートン空港ロンドン・アンド・ノース・イースタン鉄道ロンドン・ガトウィック空港ロンドン・スタンステッド空港ロンドンデリーロンドン証券取引所ローマ帝国の国境線ローランド地方ローリング・ストーンズロールス・ロイス・ホールディングスローワン・アトキンソンロードレース (自転車競技)ロック (音楽)ロックンロールロイヤル・オペラ・ハウスロイヤルアスコット開催ロシア帝国ワールド・ベースボール・クラシックヴァージン・アトランティック航空ヴァージニア・ウルフヴィルヘルム1世 (バイエルン公)ボーダフォンボビー・ロブソンボイン川の戦いボクシングボクシング・デーボスニア・ヘルツェゴビナ紛争トマス・マロリートラックレーストライデント (ミサイル)トリップ・ホップトレント川トーマス・ハーディトニー・ブレアヘンリー・ハドソンヘンリー・パーセルヘンリー・キャヴェンディッシュヘブリディーズ諸島ブラーブラッドリー・ウィギンスブラッドフォード (イングランド)ブラック・サバスブリュッセルブリットポップブリテン諸島ブリティッシュ・エアウェイズブリストルブリタニア (女神)ブレナム宮殿ブレトン・ウッズ協定ブロンテ姉妹ブックメーカーブエルタ・ア・エスパーニャ2017プリペイドプリマスプレミアリーグプロディジープロイセン王国プログレッシブ・ロックパリパンク・ロックパブリックスクールヒンドゥー教ヒツジビートルズビッグ・ビートピューリタンピルグリム・ファーザーズピンク・フロイドピーター・セラーズツール・ド・フランス2012テムズ川テリーザ・メイテンサイティレルテクノポップデペッシュ・モードデュラン・デュランデーヴィッド・ハーバート・ローレンスデビッド・ベッカムディープ・パープルデオキシリボ核酸フランシス・クリックフランスフランス革命フランス語フリーメイソンフーリガンフットボールリーグ1フットボールリーグ2フットボールリーグ・チャンピオンシップフットボールリーグカップフットボール・アソシエーションファウンテンズ修道院フォンテーヌブローの勅令フォーミュラ1フォークランド紛争フォークランド諸島ドーバードイツドイツ帝国ニューヨークニュー・ウェーヴ (音楽)ニュー・オーダーニューカッスル・アポン・タインホップダラム城ダラム大聖堂ダービーステークスベルファストベルギーベンジャミン・ブリテン判例列強アマ (植物)アバディーンアメリカ合衆国アメリカ合衆国ドルアラブ人アリスター・ダーリングアルマダの海戦アルビオンアレックス・ファーガソンアレクサンダー・フレミングアレクサンダー・グラハム・ベルアングルシー島アングロ・サクソン人アークルアーサー・コナン・ドイルアーサー・サリヴァンアブラナアフガニスタン紛争 (2001年-)アイリッシュ海アイルランドアイルランド島アイルランド人アイルランド共和軍アイルランド王国アイルランド語アイルランド自由国アイザック・ニュートンアガサ・クリスティアザミイラク戦争インド系移民と在外インド人イングランドイングランド人イングランド国教会イングランド王国イングランド銀行インターナショナル・エアラインズ・グループイージージェットイベリア航空イギリスの君主イギリスの世界遺産イギリスの地方行政区画イギリスのカントリーイギリスの国章イギリスの王室属領イギリスの首相イギリスの議会イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票イギリスの海外領土イギリスの憲法イギリス帝国イギリス人イギリス・ルネサンス演劇イギリスグランプリイギリス国鉄イギリス王室イギリス理想主義イギリス空軍イギリス領インド洋地域イギリス関係記事の一覧イギリス英語イギリス連邦イギリス陸軍イギリス東インド会社イギリス最高裁判所イギリス海峡イギリス海兵隊イギリス海軍イギリス政府イタリアウルヴァーハンプトンウールウィリアム1世 (イングランド王)ウィリアム3世 (イングランド王)ウィリアム・バードウィリアム・バフィンウィリアム・ワーズワースウィリアム・ブレイクウィリアム・シェイクスピアウィリアムズF1ウィンブルドン現象ウィンザー朝ウェールズウェールズ人ウェールズ語ウェールズ議会ウェストミンスター寺院エリザベス2世エレクトロニカエンターテインメントエディンバラエディンバラ新市街エディンバラ旧市街エドワード7世 (イギリス王)エドワード・エルガーエド・クランシーエイミー・ワインハウスオランダオランダ語オリバー・クロムウェルオレンジ (曖昧さ回避)オークニー諸島オーストリアオアシス (バンド)オイルショックオオムギオスマン帝国オスマン債務管理局オスカー・ワイルドカンタベリー大聖堂カーディフカトリック教会ガーンジーキュナード・ラインキューガーデンキリスト教徒キング・クリムゾンキングストン・アポン・ハルキール運河クラシック音楽クリーム (バンド)クリケットクリスマスクリス・フルームクレメント・アトリークール・ブリタニアクイーン (バンド)クイーン・メリー2クイーン・エリザベス2グランツールグランドナショナルグランドナショナルミーティンググラスゴーグラスゴー国際空港グリッドグリニッジグレート・ウェスタン鉄道グレートブリテン及びアイルランド連合王国グレートブリテン島グレートブリテン王国ケルト人ゲラント・トーマスゲルマン人コンコルドコヴェントリーコールドプレイコーンウォールコーンウォール語コソボ紛争ゴルフザ・クラッシュザ・ストーン・ローゼズシャムロックシューゲイザーシンガポールシティ・オブ・ロンドンシェトランド諸島シェフィールドジャージージョン・ブルジョン・カボットジョージ4世 (イギリス王)ジョージ5世 (イギリス王)ジョージ・オーウェルジョッキークラブジロ・デ・イタリア2018ジブラルタルジェームズ・クラーク・マクスウェルジェーン・オースティンジェフリー・チョーサージェフリー・オブ・モンマススペインスノードン山ストーンヘンジストーク=オン=トレントスパイス・ガールズスティーヴン・ホーキングスティーヴン・ジェラードスイセン属スコットランドスコットランド人スコットランド・ゲール語スコットランド国民党スコットランド王国スコットランド独立運動スコットランド語スコットランド議会スターリング・ポンドスタッドリー王立公園セヴァーン川セックス・ピストルズゼネラル・エレクトリックタイタニック (客船)サミュエル・リチャードソンサラブレッドサッチャリズムサッカーサブプライムローンサイエンス・フィクションサウサンプトンサザン鉄道 (イギリス)ゆりかごから墓場まで内閣 (イギリス)全日本空輸公費負担医療元首元日国の人口順リスト国の面積順リスト国名の漢字表記一覧国家国内総生産国王至上法国花国際サッカー評議会国際サッカー連盟国際通貨基金国際連合国際連合安全保障理事会国際連合安全保障理事会常任理事国国際連合教育科学文化機関国際標準化機構国防委員会国防省 (イギリス)国民保健サービス四国BAEシステムズBBC交響楽団Bmi (航空会社)石灰岩石炭王国硬性憲法神聖ローマ帝国福祉国家論競馬立法立憲君主制第2次バロン戦争第三の道第一次世界大戦第一次バロン戦争第二次世界大戦経験論経済力経済協力開発機構経済的不平等経済産業省産業革命牛乳直接選挙百年戦争Dieu et mon droitEE (企業)障害競走音楽家聖パトリックの祝日聖金曜日華僑行政行政改革裁判所複数政党制西岸海洋性気候規制緩和馬術観光首都香港証券取引委員会証券取引所議会主権議会法議院内閣制財務大臣 (イギリス)貴族院 (イギリス)超音速輸送機軍事費軍隊近代オリンピック都道府県の面積一覧航空機阿片戦争閨閥薔薇戦争野球野球イギリス代表自動車自由党 (イギリス)自由民主党 (イギリス)金融金融センター長老派教会鉱業英仏海峡トンネル英国病英国欧州航空英国海外航空英語英葡永久同盟英愛条約通称通貨造船連合作戦耽美主義FAカップFIFA U-20ワールドカップFIFAワールドカップG20G7IBAFワールドカップISO 3166-2:GBJ・K・ローリングJ・R・R・トールキンO2P&OSIMカードT-モバイルTeam GBUEFA U-21欧州選手権UEFAチャンピオンズリーグUEFAヨーロッパリーグUEFA欧州選手権投資信託査証推理小説東京国際空港核弾頭核兵器核抑止栄光ある孤立森林森林率検閲構造改革権利の請願欧州サッカー連盟欧州評議会欧州連合欧州連合の経済通貨統合欧州連合からのイギリス脱退永住権気候民主主義民営化江戸時代法の支配混合経済湖水地方潜水艦発射弾道ミサイル本州成田国際空港成文法戦力投射戦間期明治海商都市リヴァプール新自由主義文化政策日英同盟日本日本航空日本放送協会政体政党制政策憲法慣習法普墺戦争普仏戦争普通選挙景気後退.gb.uk18世紀1994年1997年2012年ロンドンオリンピック2013 ワールド・ベースボール・クラシック20世紀 インデックスを展開 (587 もっと) »

労働党 (イギリス)

労働党(ろうどうとう、Labour Party)は、イギリスの中道左派政党。 イギリスにおいて保守党と二大政党を形成している。社会主義インターナショナル加盟。.

新しい!!: イギリスと労働党 (イギリス) · 続きを見る »

原子力潜水艦

原子力潜水艦(げんしりょくせんすいかん)は、動力に原子炉を使用する潜水艦のことである。原潜(げんせん)と略されることもある。.

新しい!!: イギリスと原子力潜水艦 · 続きを見る »

原油

原油(げんゆ)は油田から採掘したままの状態で、精製されていない石油をいう。 埋蔵状態としては、油田(地下)、オイルシェール(地下の頁岩に含まれる。)、タールサンド、レークアスファルト等がある。 特に2000年代になってタイトオイル (一般にシェールオイルと呼ばれる) を水圧破砕法で取り出す技術がアメリカで開発され、「シェール革命」と言われるほどの産出量になっている。.

新しい!!: イギリスと原油 · 続きを見る »

司法

司法(しほう)とは、実質的意義においては具体的な訴訟について、法を適用し、宣言することにより、これを裁定する国家作用のこと。また、形式的意義においては司法府に属する作用の総称をいう。 司法は行政・立法と並ぶ国家作用の一つであり、司法作用を行う国家の権能を司法権といい、行政権・立法権と対比される。.

新しい!!: イギリスと司法 · 続きを見る »

同君連合

同君連合(どうくんれんごう)は、複数の君主国の君主が同一人物である状態・体制のことである。同君連合の形態は大きく2つに分けることができる。同君連合の各構成国がそれぞれ独立した主権をもち続ける人的同君連合 と、各構成国を超えた中央政府が置かれて一元的にコントロールされる物的同君連合 の2つである。.

新しい!!: イギリスと同君連合 · 続きを見る »

同性結婚

同性結婚(どうせいけっこん、same-sex marriage)は、男性と男性、女性と女性が結婚すること。同性間結婚もしくは同性婚ともいう。法域にもよるが、このような関係には、男女の夫婦と同じく、ある種の社会的な承認が付与され、法的な保障や保護が行われる場合がある。通常、性別のカテゴリーが同じ者同士が男女の夫婦のように性的な親密さを基礎として、社会的にも経済的にもパートナーシップを築き、それを維持することを指す。 この制度の利用者は同性愛者であることが一般的なので同性愛結婚や同性愛者の結婚と呼ばれることもある。また英語では主に「same-sex marriage(同性結婚)」もしくは「gay marriage(ゲイの結婚)」と表記されることが多く、「gender-neutral marriage(性別に中立な結婚)」や「equal marriage(平等結婚)」と表記されることもある。ただし、財産分与などを目的に、友愛関係を基礎とした異性愛者同士の同性結婚が行われる場合もありうる。 ここでは同性婚一般について記す。日本についての詳細は「日本における同性結婚」を参照。.

新しい!!: イギリスと同性結婚 · 続きを見る »

合同法 (1707年)

レートブリテン王国の国旗 合同法(ごうどうほう、)は、1707年、イングランド王国とスコットランド王国が合併し、連合王国としてグレートブリテン王国を建国することとした法。合同法の一つ。イギリスの歴史における政治事件であり、この合同法の可決をもって、1707年5月1日、グレートブリテン島全土を統治するグレートブリテン王国が成立した。.

新しい!!: イギリスと合同法 (1707年) · 続きを見る »

合同法 (1800年)

合同法(ごうどうほう、)は、グレートブリテン王国において定められた、アイルランド王国とグレートブリテン王国との合併を定めた法律。これに従い、1801年1月1日にグレートブリテンおよびアイルランド連合王国が成立した。 この法律はグレートブリテン議会およびアイルランド議会の双方で可決成立した。アイルランド議会には、1782年制定のアイルランド憲法により大幅な自治権が認められていた。このため1799年に合同法が提案された際にはヘンリー・グラタンなど多くの議員が法案に反対している。しかしグレートブリテン議会による働きかけと1798年に発生したアイルランドの反乱により、合同法が現実味を増すようになった。最終的に、グレートブリテン政府から地位や土地を送られる形で賄賂を受けたアイルランド議会議員たちは法案を可決した。 合同法でアイルランドは、合併後の議会において100以上の議席を確保することとした。これは当時の人口比よりも多い。アイルランドにおける信教の自由も保証され、カトリック教徒が議員となることも許可されたが、これはアイルランド議会においては許されていないことであった。カトリック解放については国王ジョージ3世が強硬に反対したため、その施行は1829年まで引き延ばされている。 グレートブリテンおよびアイルランド連合王国の国旗は、今日のイギリスの国旗と同一のものである。ユニオンフラッグまたはユニオンジャックとして知られるこの旗は、イングランドとスコットランド、アイルランドのそれぞれを象徴する十字を組み合わせたものであり、セント・パトリック・クロスがアイルランドを表している。.

新しい!!: イギリスと合同法 (1800年) · 続きを見る »

塩の結晶 塩(しお)は、塩化ナトリウムを主な成分とし、海水の乾燥・岩塩の採掘によって生産される物質。塩味をつける調味料とし、また保存(塩漬け・塩蔵)などの目的で食品に使用されるほか、ソーダ工業用・融氷雪用・水処理設備の一種の軟化器に使われるイオン交換樹脂の再生などにも使用される。 日本の塩事業法にあっては、「塩化ナトリウムの含有量が100分の40以上の固形物」(ただし、チリ硝石、カイニット、シルビニットその他財務省令で定める鉱物を除く)と定義される(塩事業法2条1項)。.

新しい!!: イギリスと塩 · 続きを見る »

塩化カリウム

塩化カリウム(えんかカリウム、potassium chloride)は化学式 KCl で表されるカリウムの塩化物で、結晶格子は塩化ナトリウム型構造をとる。工業的には塩加、塩化加里、塩化カリとも呼称される。 アメリカ合衆国では薬物による死刑執行時に使用する薬物としても知られる。.

新しい!!: イギリスと塩化カリウム · 続きを見る »

多民族国家

多民族国家(たみんぞくこっか)とは、複数の民族から構成される国家のことである。対義語は単一民族国家である。地球規模での交通が発達し、国家間の行き来が盛んになった現在、純粋な単一民族国家というのは存在しえず、すべての国家が多民族国家であるということもできる。.

新しい!!: イギリスと多民族国家 · 続きを見る »

夏季オリンピック

夏季五輪の開催国。数字は開催年。緑色の国は過去に1回開催された国。青色の国は過去に2回以上開催された国(同一都市であるか、その国の別々の都市であるかを問わず)。●は開催された都市で、黒色は1回、オレンジ色は2回、赤色は3回開催された都市。 夏季オリンピック(かきオリンピック、仏:Jeux olympiques d'été、英:Summer Olympic Games)は、近代オリンピックのうち夏期に行われるもので、4年に1度、4で割り切れる西暦年に開催される総合競技大会。正式名称はオリンピアード競技大会(オリンピアードきょうぎたいかい、英:Games of the Olympiad)。 なお、第1回大会から全て参加しているのは、ギリシャ・イギリス・フランス・スイス・オーストラリア(ただし1908年・1912年のオリンピックではオーストララシアとして参加)の5ヶ国のみである。 また、過去3回夏季五輪の開催が取りやめとなった例があるが、この場合でも回次がそのまま残るため、公式記録上は「みなし開催」(事実上欠番)の扱いとされる。.

新しい!!: イギリスと夏季オリンピック · 続きを見る »

大国

大国(たいこく)とは、.

新しい!!: イギリスと大国 · 続きを見る »

大西洋

大西洋(たいせいよう、Atlantic Ocean、Oceanus Atlanticus)は、ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸、アメリカ大陸の間にある海である。なお、大西洋は、南大西洋と北大西洋とに分けて考えることもある。おおまかに言うと、南大西洋はアフリカ大陸と南アメリカ大陸の分裂によって誕生した海洋であり、北大西洋は北アメリカ大陸とユーラシア大陸の分裂によって誕生した海洋である。これらの大陸の分裂は、ほぼ同時期に発生したと考えられており、したがって南大西洋と北大西洋もほぼ同時期に誕生したとされる。.

新しい!!: イギリスと大西洋 · 続きを見る »

大陸性気候

アメリカ・プレーリーの晩秋の景色 アメリカ・グランドキャニオンの景色 ステップ 大陸性気候(たいりくせいきこう、continental climate)とは大陸と大陸に近い島にみられる気候である。.

新しい!!: イギリスと大陸性気候 · 続きを見る »

大正

大正(たいしょう)は日本の元号の一つ。明治の後、昭和の前。大正天皇の在位期間である1912年(明治45年/大正元年)7月30日から1926年(大正15年/昭和元年)12月25日までの期間。.

新しい!!: イギリスと大正 · 続きを見る »

大日本帝国海軍

大日本帝国海軍(だいにっぽんていこくかいぐん、旧字体:大日本帝國海軍、英:Imperial Japanese Navy)は、1872年(明治5年) - 1945年(昭和20年)まで日本(大日本帝国)に存在していた軍隊(海軍)組織である。通常は、単に日本海軍や帝国海軍と呼ばれた。戦後からは、別組織であるもののその伝統を重んじる傾向にある海上自衛隊との区別などのため、旧日本海軍もしくは旧帝国海軍とも呼ばれる。.

新しい!!: イギリスと大日本帝国海軍 · 続きを見る »

天然ガス

天然ガス(てんねんガス、natural gas、天然氣)は、一般に天然に産する化石燃料である炭化水素ガスで、一般に、メタン、続いてエタンといった軽い炭素化合物を多く含み、その他の炭素化合物も含む。現代においては、エネルギー源や化学品原料として広く使われる。 広義には、地下に存在するガス、または地下から地表に噴出するガス一般を指す。この中にはマグマを原料とする火山ガスや化石燃料ガス(可燃性ガス)だけでなく、窒素や酸素、炭酸ガス、水蒸気、硫化水素ガス、亜硫酸ガス、硫黄酸化物ガスなどの不燃性ガスも含まれる。これら不燃性ガスの多くは火山性ガスである。.

新しい!!: イギリスと天然ガス · 続きを見る »

夫婦別姓

夫婦別姓(ふうふべっせい)とは、夫婦が結婚後もそれぞれの姓を名乗ることである明鏡国語辞典、第二版、大修館書店、2010年。。日本法では「姓」ではなく「氏」が用いられているため法的には「夫婦別氏」(ふうふべっし)という床谷 文雄、、女性学評論、2号、1988年、13-47頁。doi/10.18878/00002058。夫婦別姓と夫婦同姓を選択できる制度を、「選択的夫婦別姓」(せんたくてきふうふべっせい)、法的には「選択的夫婦別氏」(せんたくてきふうふべっし)と呼ぶ。 一方、婚姻時に両者の名字(氏)を統一する婚姻および家族形態、またはその制度のことを「夫婦同姓」(ふうふどうせい)、法的には「夫婦同氏」(ふうふどうし)という。日本では現在、民法750条により夫婦同氏と定められ、夫婦別氏は国際結婚の場合を除き認められていないため、別氏のまま婚姻することを選択できる選択的夫婦別姓制度の導入の是非が議論されている。.

新しい!!: イギリスと夫婦別姓 · 続きを見る »

失業

'''世界の失業率''' 灰色は統計資料が入手できないことを表す。CIA World Factbook による 失業(しつぎょう、unemployment)とは、仕事を失うことおよび働く意思も能力もあるのに仕事に就けない状態を指す。特に、仕事が無い状態を指す無職(むしょく)のうち、就業に向けた職探しを行っている者の状態を指し、そのような状態の者を失業者(しつぎょうしゃ)と言う。日本など一部を除いて北欧の福祉国家でさえも青年失業率が20%から下がらないことがOECD加盟国で大きな問題になっている。.

新しい!!: イギリスと失業 · 続きを見る »

外国為替市場

外国為替市場(がいこくかわせしじょう、)とは、外国為替取引が行われる場の総称。外為市場(がいためしじょう)と略称することもある。.

新しい!!: イギリスと外国為替市場 · 続きを見る »

外貨

外貨(がいか)とは、自国以外の、外国のお金(貨幣、通貨)。 世界各国で発行される通貨にはそれぞれ信用があり、その国の中でしか流通しない通貨と、国際的に信用があり国際的な取引で使用される国際通貨(ハードカレンシー)がある。 一般に、特に外貨と呼ばれるのは自国通貨とは別に国際取引に用立てる必要がある国際通貨のことである。自国通貨建てで国際取引が可能な国は多くなく、国際通貨を持っていないと国際間取引ができなくなる。そのため外貨(国際通貨)の保有残高を表す外貨準備高がその国の財務的な信用性を担保する指標の一つとなっている。この用途の外貨を特に準備通貨とも呼ぶ。 日本では、日本円以外のお金(米ドル、ユーロ、UKポンドなど)を指す。特に国際決済通貨に多く使われる米ドルを外貨と呼ぶことが多い。.

新しい!!: イギリスと外貨 · 続きを見る »

女王陛下万歳

『女王(国王)陛下万歳』(じょおう〔こくおう〕へいかばんざい)、または、『神よ女王(国王)を護り賜え』(かみよじょおう〔こくおう〕をまもりたまえ、原題: は、多くの英連邦王国およびイギリス王室属領で使用されている賛歌(アンセム)である。 グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)およびイギリス海外領土の事実上の国歌であり、ニュージーランド(1977年〜)の二つの国歌のうちの一つである。オーストラリア(1984年〜)およびカナダ(1980年〜)、ジャマイカ、ツバル、マン島では王室歌 (Royal Anthem) として公式に採用されている。ジャージー、ガーンジー、マン島においても、イギリス王室属領の立場では公式な国歌である。 公式行事などで使用される場合、通常第1節のみが歌われる。時代により王が男性 (King) であるか女性 (Queen) であるかで、曲名および歌詞が変わる。.

新しい!!: イギリスと女王陛下万歳 · 続きを見る »

対面交通

車両の右側通行を行っている地域 左側通行(日本) 右側通行(カナダ) 対面交通(たいめんこうつう)とは、自動車と歩行者とが対面して通行することをいう。これによって、自動車と歩行者とが相互を認識しながら通行することができるので、自動車が普及している社会においては法制化されている。.

新しい!!: イギリスと対面交通 · 続きを見る »

富裕層

富裕層(ふゆうそう)とは、セグメンテーションのひとつであり、一定以上の比較的大きな経済力や購買力を有する個人・世帯を指し示す。.

新しい!!: イギリスと富裕層 · 続きを見る »

封建制

封建制(ほうけんせい)は、君主の下にいる諸侯たちが土地を領有してその土地の人民を統治する社会・政治制度。諸侯たちは、領有統治権のかわりに君主に対して貢納や軍事奉仕などといった臣従が義務づけられ、領有統治権や臣従義務は一般に世襲される。日本史においては主に、鎌倉時代から江戸時代にかけての「武家の世」の社会・政治制度を表す言葉として用いられている。封建制は、中国古代の統治制度に由来する概念であるとともに、ヨーロッパ中世の社会経済制度であるフューダリズムの訳語でもあり、2つの意味が相互に影響している面もある。 中国では、封建制と郡県制の是非について「歴千百年」の議論が続いた。日本では中国古典とともに封建制の概念も持ち込まれ、頼山陽など江戸時代の知識人は、鎌倉幕府成立以来の武家政権体制を中国古代と似たものと考え、封建制の概念を用いて日本史を論じた。明治維新で実施された版籍奉還や廃藩置県には、こうした頼山陽らの封建制についての議論が影響している。一方、ヨーロッパ特にドイツでは、中世を特徴づける社会経済制度としてフューダリズム(ドイツ語:Feudalismus、英語:Feudalism)やレーエン(ドイツ語:Lehen)が盛んに研究されていた。明治時代半ばにレーエンを中心にフューダリズムが日本に紹介されると、フューダリズムと封建制は類似しているとされ、フューダリズムの訳語として封建制が用いられるようになった。その後、ドイツの歴史学派による経済発展段階説やマルクス経済学の唯物史観が日本に紹介されると、封建制(フューダリズム)は農奴制に結びつく概念となった。.

新しい!!: イギリスと封建制 · 続きを見る »

小選挙区制

小選挙区制(しょうせんきょくせい)とは、1選挙区ごとに1名のみを選出する選挙制度である。.

新しい!!: イギリスと小選挙区制 · 続きを見る »

工業

工業(こうぎょう、industry)は、原材料を加工して製品を造る(つくる)こと、および、製品を造ることにかかわる諸事項のことである。工業の語には、製品を造る働き、製品を造る事業などについても含まれる。 工業は、第二次産業のうち(鉱業を除く)建設業および製造業の大部分に該当し、加工組立業といったりもする。.

新しい!!: イギリスと工業 · 続きを見る »

工業国

工業国(こうぎょうこく、industrialized country)とは、工業化の進展した国、あるは進展した後の状態にある国を指す.

新しい!!: イギリスと工業国 · 続きを見る »

左翼

左翼(さよく、英:left-wing, the Left)または左派(さは)は、政治においては通常、「より平等な社会を目指すための社会変革を支持する層」を指すとされる。「左翼」は急進的、革新的、また、革命的な政治勢力や人を指し、社会主義的、共産主義的傾向の人や団体をさす。 対義語は「右翼」「右派」である。ただし右派の対義語として用いられる左派は、右翼ないし保守勢力の中で相対的に穏健・漸進的な立場を指す場合がありうる。.

新しい!!: イギリスと左翼 · 続きを見る »

上陸戦

上陸戦(じょうりくせん、)は、近代戦争における戦闘形態の一つである。この戦闘を計画として作戦に起こしたものを水陸両用作戦(すいりくりょうようさくせん 、)という。一般的には、敵の支配下にある陸地へ海などの水域を越えて侵攻を試みる作戦の実行に伴って発生した戦闘を主にさす。.

新しい!!: イギリスと上陸戦 · 続きを見る »

不文憲法

非成典憲法(ひせいてんけんぽう、)とは、実質的意味における憲法であって、法典化されていないものをいう。およそ法律その他の文書に定められていない場合に限る不文憲法(unwritten constitution)とは異なる。.

新しい!!: イギリスと不文憲法 · 続きを見る »

両院制

両院制(りょういんせい)とは、「立法府」が独立して活動する二つの「議会」ないし「議院」によって構成される政治制度。二院制(にいんせい)とも言う。対照的な制度に一院制がある。.

新しい!!: イギリスと両院制 · 続きを見る »

中央銀行

中央銀行(ちゅうおうぎんこう、)とは、国家や一定の地域の金融機構の中核となる機関である。通貨価値の安定化などの金融政策も司るために「通貨の番人」とも呼ばれる。.

新しい!!: イギリスと中央銀行 · 続きを見る »

中央情報局

CIA紋章 マクレーンにある中央情報局本部。かつては同州のラングレーに本部があり、ここから“ラングレー”と言えばCIAの別名だった。 中央情報局(ちゅうおうじょうほうきょく、英:Central Intelligence Agency、略称:CIA)は、外国での諜報活動を行うアメリカ合衆国の情報機関である。中央情報局長官によって統括され、アメリカ合衆国大統領直属の監督下にある。.

新しい!!: イギリスと中央情報局 · 続きを見る »

中華人民共和国

中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく、中华人民共和国、中華人民共和國、People's Republic of China, PRC)、通称中国(ちゅうごく、China)は、東アジアに位置する主権国家である。 中華人民共和国は、13億8千万人以上の人口で世界一人口が多い国である。中華人民共和国は、首都北京市を政庁所在地とする中国共産党により統治されるヘゲモニー政党制である。.

新しい!!: イギリスと中華人民共和国 · 続きを見る »

主要国首脳会議

主要国首脳会議(しゅようこくしゅのうかいぎ)もしくは先進国首脳会議(せんしんこくしゅのうかいぎ)は、国際的な首脳会議のひとつ。 G7(ジーセブン、"Group of Seven"の略)、主要(先進)7か国首脳会議、サミット(首脳の地位を山頂に擬えたもの)ともいう。 ロシアが参加していた頃は、G8(ジーエイト)、主要8か国首脳会議などと呼ばれていた。 2014年以降、ロシアは参加資格を停止され、再びG7(先進国首脳会議)と称されている。.

新しい!!: イギリスと主要国首脳会議 · 続きを見る »

主権国家体制

主権国家体制(しゅけんこっかたいせい)とは、中世における普遍的世界の崩壊にともなって16世紀 - 18世紀のヨーロッパで形成された国家のあり方と世界秩序のことである。各国の個別性および領域支配を前提とし、ローマ教皇や神聖ローマ皇帝ではなく、君主ないし共和国の主権が最高で絶対な存在とされる。英仏間で戦われた百年戦争およびドイツを舞台に繰り広げられた三十年戦争を通じて形成され、両戦争によって近代国家のかたちが整えられていった。これが1、2箇所で出現するのではなく、諸国家のシステムとしてヨーロッパ全域で成立した点が重要である。このシステムは、18世紀 - 19世紀を通じて世界的に拡大し、現代も基本的に踏襲されている世界政治システムである。.

新しい!!: イギリスと主権国家体制 · 続きを見る »

世界保健機関

世界保健機関(せかいほけんきかん、World Health Organization, WHO、Organisation mondiale de la santé, OMS)は、人間の健康を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関(国際連合機関)である。略称は英語式(WHO)と仏語式(OMS)で異なる。日本をはじめ多くの国では英語略称のWHO(ダブリュー・エイチ・オー)が多用される。(以下「WHO」と表記する。読みについては後述) 1948年設立。本部はスイス・ジュネーヴ。設立日である4月7日は、世界保健デーになっている。 WHOでは「健康」を「身体的、精神的、社会的に完全な良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない」(WHO憲章前文)と定義しており、非常に広範な目標を掲げている。 そのために、病気の撲滅のための研究、適正な医療・医薬品の普及だけでなく、基本的人間要請 (basic human needs, BHN) の達成や健康的なライフスタイルの推進にも力を入れている。また組織の肥大化と共に企業との癒着構造が問題として指摘されている。.

新しい!!: イギリスと世界保健機関 · 続きを見る »

世界ラリー選手権

| category.

新しい!!: イギリスと世界ラリー選手権 · 続きを見る »

世界経済

世界経済(せかいけいざい、world economy)とは、世界を統一的な視点で見た経済活動の区切りの一つ。国民経済間の取引に視点を当てる国際経済よりも広い概念である。 また、世界経済において連動している各国の市場をまとめて世界市場と呼ぶこともある。.

新しい!!: イギリスと世界経済 · 続きを見る »

世界選手権自転車競技大会

世界選手権自転車競技大会(せかいせんしゅけんじてんしゃきょうぎたいかい、World Cycling Championships)とは国際自転車競技連合 (UCI.

新しい!!: イギリスと世界選手権自転車競技大会 · 続きを見る »

世界遺産

世界遺産(せかいいさん、World Heritage Site)は、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて世界遺産リスト(世界遺産一覧表)に登録された、文化財、景観、自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件のことで、移動が不可能な不動産が対象となっている。なお、慣例的な用法として、その中の文化遺産を世界文化遺産、自然遺産を世界自然遺産と呼ぶことがある。 なお、世界遺産の制度では正式な文書は英語とフランス語で示され、日本語文献では英語が併記されることがしばしばある一方、フランス語が併記されることは普通ないため、以下では参照しやすさを考慮して、などに依拠して、主たる用語には英語を併記しておく。.

新しい!!: イギリスと世界遺産 · 続きを見る »

世界貿易機関

世界貿易機関(せかいぼうえききかん、、略称:WTO)は、自由貿易促進を主たる目的として創設された国際機関である。常設事務局がスイスのジュネーブに置かれている。.

新しい!!: イギリスと世界貿易機関 · 続きを見る »

世界都市

UK ロンドン USA ニューヨーク FRA パリ 東京 CHN 北京 HKG 香港 CHN 上海 Singapore シンガポール 世界都市(せかいとし、world city)とは、主に経済的、政治的、文化的な中枢機能が集積しており、世界的な観点による重要性や影響力の高い都市のことである。グローバル都市(global city)ともいう。.

新しい!!: イギリスと世界都市 · 続きを見る »

世界恐慌

世界恐慌(せかいきょうこう)とは、世界的規模で起きる経済恐慌(world economic crisis/panic)である。ある国の恐慌が次々と他国へと波及し、世界的規模で広がる事象を世界恐慌という。 世界初の例は、クリミア戦争が終結した時に穀物価格が急落したことにより1857年に起こった1857年恐慌である。 戦間期に重要な位置を占めるものとして、通史的には1929年に始まった世界大恐慌をさす。大恐慌とも。この記事は通史でいう世界恐慌を述べている。.

新しい!!: イギリスと世界恐慌 · 続きを見る »

市場

ポルトガルの市場 シンガポールの市場 市場(いちば、しじょう、market、 マーケット)とは、定期的に人が集まり商いを行う場所、あるいは、この市場(いちば)における取引機構に類似した社会機構の概念を指す。「市(いち)」「市庭」とも言う。.

新しい!!: イギリスと市場 · 続きを見る »

平地競走

平地競走(へいちきょうそう)とは競馬の競走形態のひとつである。ひらちきょうそうとも読む。.

新しい!!: イギリスと平地競走 · 続きを見る »

幕末

幕末(ばくまつ)は、日本の歴史のうち、江戸幕府が政権を握っていた時代(江戸時代)の末期を指す。本記事においては、黒船来航(1853年)から戊辰戦争(1869年)までの時代を主に扱う。.

新しい!!: イギリスと幕末 · 続きを見る »

庶民院 (イギリス)

庶民院(しょみんいん、)は、イギリスの議会を構成する議院のひとつで、下院に相当する。.

新しい!!: イギリスと庶民院 (イギリス) · 続きを見る »

人間開発指数

人間開発指数(にんげんかいはつしすう、Human Development Index, HDI)とは、各国を人間開発の4段階に順位付けするために用いられる平均余命、教育及び所得指数の複合統計である。1990年にインド人経済学者のアマルティア・セン及びパキスタン人経済学者のマブーブル・ハックが開発し、国際連合開発計画が刊行する。 2010年の人間開発報告書では、不平等調整済み人間開発指数 (IHDI) が導入された。通常のHDIがなお有用である一方、IHDIは不平等を主要因とした人間開発の実際の水準を示し、HDIは「潜在的な」人間開発の指数又は不平等さえなければ実現可能な最大値のIHDIとして見なすことが可能である。 男女格差に限定した類似指標としては、世界経済フォーラムが発表しているジェンダー・ギャップ指数が存在する。.

新しい!!: イギリスと人間開発指数 · 続きを見る »

人間開発指数による国順リスト

人間開発指数の国別リストとは、国際連合に加盟する193カ国の内187カ国の人間開発指数(HDI)に関する国別リストである(香港とパレスチナ自治政府も含む)。人間開発指数は平均余命、識字率、就学率、国内総生産によって決まり、先進国、開発途上国、後発開発途上国を分けるための指標としても使用される。数値によってHDI最高位国、HDI高位国、HDI中位国、HDI低位国に分けられる。.

新しい!!: イギリスと人間開発指数による国順リスト · 続きを見る »

二大政党制

二大政党制(にだいせいとうせい、英:two‐party system)とは、政党制の一つで、二つの主要な政党が最近の主な選挙で大きな得票や議席数を保っている状態や、それを前提とした政治体制である。.

新しい!!: イギリスと二大政党制 · 続きを見る »

二字熟語による往来表現の一覧

本項では、漢字圏における往来表現について解説する。.

新しい!!: イギリスと二字熟語による往来表現の一覧 · 続きを見る »

復活祭

復活祭(ふっかつさい、Πάσχα、Pascha、Pâques、Easter、Ostern、Пасха)は、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念・記憶する、キリスト教において最も重要な祭正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、昭和48年9月30日 改訂新版第二版(正教会:教会用語辞典)(カトリック百科事典)。 多くの教会で特別な礼拝(典礼・奉神礼)が行われるほか、様々な習慣・習俗・行事がある。 正教会ではギリシャ語から「パスハ」とも呼ぶ「パスハ」表記の大本はギリシア語である。Πάσχαは、古典ギリシア語再建からは「パスカ」と転写し得るが、現代ギリシア語では「パスハ」。新約時代以降のギリシア語の発音はアクセントやイ音化、各種子音の発音等、かなり現代ギリシア語に近くなっていた。正教が優勢な地域におけるスラヴ系言語、ルーマニア語等における、ギリシア語に由来する教会関連の語彙の発音は、中世以降のギリシア語発音に則っている。。カトリック教会では「復活の主日」(カトリック中央協議会)とも呼ばれ、聖公会、プロテスタントなどでは「復活日」(ふっかつび)「祭」の表記が教会暦において頻繁に使われる教会(正教、カトリックなど)では「復活祭」の表記が使われ、「祭」と位置づけられ呼ばれるが、「祭」の表記が比較的もしくはあまり使われない教会(聖公会、プロテスタントなど)では「復活日」という表記が一般的であり、「祝日」といった説明がなされる。プロテスタントの参照元である『キリスト教大事典』でも項目名は「復活日」となっていて、その説明冒頭において「祝日」としており「祭」とは書かれて居ない。や、英語から「イースター」とも呼ぶ。「復活節」(ふっかつせつ)は、西方教会において復活祭からの一定期間を指す用法の他、プロテスタントの一部で復活祭(復活日)当日を指す用法がある。 基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるため、年によって日付が変わる移動祝日である。日付は変わるものの、必ず日曜日に祝われる。キリスト教が優勢な国においてはその翌日の月曜日も休日にされていることがある。欧州における主要株式・債券市場は、復活祭の前の聖金曜日、復活祭後の月曜日に休場する。 東方教会と西方教会とでは日付の算定方法が異なるため、日付が重なる年もあるものの、日付が異なる年の方が多い春分の日の扱いが異なること、正教会では復活祭をユダヤ教の過越とともに祝わないという古い規定をそのまま守っていること、これら二つの違いが東西教会間にある。。.

新しい!!: イギリスと復活祭 · 続きを見る »

保守

保守(ほしゅ)、または保守主義(ほしゅしゅぎ、conservatism)とは、従来からの伝統・習慣・制度・社会組織・考え方などを尊重し、革命などの急激な改革に反対する社会的・政治的な立場、傾向、思想などを指す用語、goo辞書。また、そのような政治的な立場を奉ずる人物、勢力をも保守、あるいは保守主義者(conservative)とよぶ。対比語は革新や急進主義、革命主義など。非社会主義国において保守主義は、左翼・右翼の政治的スペクトルでは、通常は右翼や右派に位置づけられる。.

新しい!!: イギリスと保守 · 続きを見る »

保守党 (イギリス)

保守統一党(ほしゅとういつとう、Conservative and Unionist Party)は、イギリスの政党。正式名称はスコットランドと北アイルランド以外ではあまり使用されず、通常は保守党(ほしゅとう、Conservative Party)を使用する。イギリスの二大政党の一つである。国際民主同盟に加盟。 前身は「トーリー党」である。これを1830年代から40年代に掛けて「保守党」として近代化したのがロバート・ピールであるが、現在でも党の俗称として“Tory”が使用されることがある。以降、20世紀初頭までは自由党と、1920年代以降は労働党と共に二大政党制を形成し、政権交代を繰り返している。.

新しい!!: イギリスと保守党 (イギリス) · 続きを見る »

地下鉄

地下鉄道(ちかてつどう)、略して地下鉄(ちかてつ)とは路線の大部分が地下空間に存在する鉄道である。主に都市高速鉄道として建設される。.

新しい!!: イギリスと地下鉄 · 続きを見る »

地方分権

地方分権(ちほうぶんけん)は、特に政治・行政において統治権を中央政府から地方政府に部分的、或いは全面的に移管する事を指す。対義語は中央集権。 政治・行政以外の組織体では、分権組織と呼ぶ場合もある。.

新しい!!: イギリスと地方分権 · 続きを見る »

北大西洋条約機構

北大西洋条約機構(きたたいせいようじょうやくきこう)は、北大西洋条約に基づき、アメリカ合衆国を中心とした北アメリカ(=アメリカとカナダ)およびヨーロッパ諸国によって結成された軍事同盟である。前身はブリュッセル条約 (1948年)。 略称は頭字語が用いられ、英語圏では、North Atlantic Treaty Organization を略した NATO(ネイトー)と呼ばれ、日本やドイツ語圏では NATO(ナトー)、フランス語圏・スペイン語圏・ポルトガル語圏等では OTAN(オタン)と呼ばれる。.

新しい!!: イギリスと北大西洋条約機構 · 続きを見る »

北アイルランド

北アイルランド(きたアイルランド、Northern Ireland、Tuaisceart Éireann、アルスター・スコットランド語: Norlin Airlann)は、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(イギリス)のアイルランド島北東部に位置する構成要素の一つである。北アイルランドについては、イギリスのカントリー、プロヴィンス(州)、地域など様々な表現がされている。 アイルランド島北東に位置するアルスター地方9州の内の6州からなるためアルスター6州とも称されている。 2015年に6州を廃止し、新たに11行政区が設置された。 アイルランド島でアイルランド共和国と国境を接している。 面積は1万4139km、首都は東岸に位置するベルファストである。.

新しい!!: イギリスと北アイルランド · 続きを見る »

北アイルランド問題

北アイルランド問題(きたアイルランドもんだい)は、北アイルランドにおける紛争問題の総称である。長年におけるイギリスの最大の政治問題と言われている。イギリスやアイルランドではこの紛争を指して、「厄介事」(The Troubles, Na Trioblóidí)という婉曲的な表現が用いられる。 なお、アイルランドの統一を支持する者は、「北アイルランド」の呼称を嫌い、単に「北部 (the North)」、また「6州 (Six Counties)」と呼ぶ場合が多い。統一アイルランド支持者によれば、アイルランド全土は32州で構成されるものであり、そのうち6州が不当にも「北アイルランド」とされている、ということになる。.

新しい!!: イギリスと北アイルランド問題 · 続きを見る »

北アイルランド議会

北アイルランド議会(きたアイルランドぎかい)は、北アイルランドの議会であり、歴史上、以下の2つが存在する。.

新しい!!: イギリスと北アイルランド議会 · 続きを見る »

北海

北海の位置 デンマーク側からの北海 北海(ほっかい:英語 、ドイツ語 、フランス語 、オランダ語 、デンマーク語 Nordsøen、ノルウェー語 Nordsjøen)は、大西洋の付属海。古名はゲルマン海(ラテン語 Mare Germanicum、英語 )。 東はノルウェー、デンマーク、南はドイツ、オランダ、ベルギー、フランス、西はイギリス、北はオークニー諸島・シェトランド諸島に囲まれている。東はスカゲラク海峡・カテガット海峡でバルト海に、北はノルウェー海に、南はドーバー海峡・イギリス海峡で大西洋に繋がっている。南北の長さは970km、東西は580km、面積は75万km2、水量は94000km3である。 北海に流れ込む主な川はエルベ川、ヴェーザー川、エムス川、ライン川などがある。なかでも、最も北海に影響を及ぼす河川はエルベ川とライン川・ムーズ川である.

新しい!!: イギリスと北海 · 続きを見る »

北海油田

北海油田(ほっかいゆでん、)は、北海にある150余りの海底油・ガス田の総称。イギリス、ノルウェー、デンマーク、ドイツ、オランダの各経済水域にまたがるが、大半の油・ガス田はイギリスとノルウェーの経済水域の境界線付近に存在する。原油推定埋蔵量は130億バレル。日産約600万バレル。採掘された原油はパイプラインで輸送され、スコットランドのアバディーンやイングランドのミドルズブラ、ノルウェーのホルダラン県にあるエクイノールモングスタッド製油所などで精製される。.

新しい!!: イギリスと北海油田 · 続きを見る »

ナポレオン・ボナパルト

ダヴィッド『ベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト』 ナポレオン一世皇家の紋章 ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日)または、省略して、ナポレオンは、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(Napoléon Ier、在位:1804年 - 1814年、1815年)としてフランス第一帝政の皇帝にも即位した。 フランス革命後の混乱を収拾して軍事独裁政権を樹立した。大陸軍(グランダルメ)と名付けた巨大な軍隊を築き上げてナポレオン戦争を引き起こし、幾多の勝利と婚姻政策によって、イギリス、ロシア、オスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いたが、最終的には敗北して失脚した。.

新しい!!: イギリスとナポレオン・ボナパルト · 続きを見る »

ペニー

ペニーは、英国の下位通貨単位、もしくはアメリカとカナダにおける1¢(セント)銅貨の別称。.

新しい!!: イギリスとペニー · 続きを見る »

ペニシリン

ペニシリン(penicillin、)とは、1928年にイギリスのアレクサンダー・フレミング博士によって発見された、世界初の抗生物質である。抗菌剤の分類上ではβ-ラクタム系抗生物質に分類される。博士はこの功績によりノーベル生理学・医学賞を受賞した。 発見後、医療用として実用化されるまでには10年以上の歳月を要したが、1942年にベンジルペニシリン(ペニシリンG、PCG)が単離されて実用化され、第二次世界大戦中に多くの負傷兵や戦傷者を感染症から救った。以降、種々の誘導体(ペニシリン系抗生物質)が開発され、医療現場に提供されてきた。 1980年代以降、日本国内においては主力抗菌剤の座をセファロスポリン系抗生物質やニューキノロンに明け渡した感があるが、ペニシリンの発見はこれらの抗菌剤が開発される礎を築いたものであり、しばしば「20世紀における偉大な発見」の中でも特筆すべき1つとして数え上げられる。.

新しい!!: イギリスとペニシリン · 続きを見る »

ノルマン・コンクエスト

バイユーのタペストリーから。 バイユーのタペストリーから。 ノルマン・コンクエスト()は、ノルマンディー公ギヨーム2世によるイングランドの征服を指す。コンクエストを日本語にし、ノルマン征服ともいう。1066年のヘイスティングズの戦いに勝利したギヨーム2世はウィリアム1世としてノルマン朝を開いた(ウェストミンスター寺院での戴冠式は同年12月25日)。これによりイングランドはノルマン人により支配されることとなった。 ノルマン・コンクエストはイングランドの歴史の分水嶺となり、デンマーク付近(ゲルマン人の領域)の強い政治的・文化的影響から離れ、ラテン系のフランスと政治的にも文化的にも強く関係することになる。 なお、ノルマン人はイングランド人(アングロ・サクソン人やデーン人)と同様にゲルマン人の一種なので、異民族というほどでもない。ノルマン・コンクエストが比較的容易に進んだ一因に、どちらの民族もゲルマン人であったという点が挙げられる。 イングランド以外のウェールズとスコットランドとアイルランドには、ノルマン・コンクエストの支配・影響はあまり及ばなかった。これらの領域はもともとケルト人の勢力下にあり、ゲルマン人の勢力下にはなかったので、そういうことも一因となったようである。ただし後になって、これらの地域でイングランドとの抗争や関係なども発生する。この抗争や関係はノルマン・コンクエスト自体によるものではなく、ノルマン・コンクエスト以後の出来事による。.

新しい!!: イギリスとノルマン・コンクエスト · 続きを見る »

ノルマンディー公

ノルマンディー公国の紋章 ノルマンディー公(仏:duc de Normandie)は、ノルマンディー公国の君主の称号。フランスのノルマンディー地方を領有していた。.

新しい!!: イギリスとノルマンディー公 · 続きを見る »

マン島

マン島(マンとう、Ellan Vannin、またはMannin、Isle of Man または Mann)は、グレートブリテン島とアイルランド島に囲まれたアイリッシュ海の中央に位置する島。面積は約572km2。主都はダグラス。人口は80,058人(2006年時点)。.

新しい!!: イギリスとマン島 · 続きを見る »

マンチェスター

マンチェスター (IPA) は、イングランドの北西部、グレーター・マンチェスターに位置する都市。北部イングランドを代表する都市であり、イギリスで9番目の都市である。1853年にが布かれ、2011年の時点で、マンチェスター(都市と都市バラ)の人口は49万人である。2011年の近郊を含む都市圏人口は224万人であり、同国第3位である。.

新しい!!: イギリスとマンチェスター · 続きを見る »

マンチェスター空港

マンチェスター空港(Manchester Airport)とは、イギリスのマンチェスターにある国際空港である。 2015年の利用旅客数は約2313万人(乗継客を含む)で、これは、ヒースロー、ガトウィックに次いで、イギリス内では3番目に多い。欧州内では22番目である。.

新しい!!: イギリスとマンチェスター空港 · 続きを見る »

マーガレット・サッチャー

ッチャー女男爵マーガレット・ヒルダ・サッチャー(Margaret Hilda Thatcher, Baroness Thatcher, LG, OM, PC, FRS、1925年10月13日 - 2013年4月8日)は、イギリスの政治家、一代貴族。旧姓はロバーツ(Roberts)。 イギリス保守党初の女性党首(在任: 1975年 - 1990年)、イギリス初の女性首相(在任: 1979年 - 1990年)。1992年からは貴族院議員。 保守的かつ強硬なその政治姿勢から「鉄の女(Iron Lady)」の異名を取ったことで知られる。.

新しい!!: イギリスとマーガレット・サッチャー · 続きを見る »

ノッティンガム

ノッティンガム(Nottingham)は、イングランドの中心部ノッティンガムシャーにある単一自治体。町の中心をレーン川が流れ、南の境界線にはトレント川が流れている。 人口はおよそ275,100人とイングランドでは27位、郊外には70万人以上が住んでいると言われている。学生が多く、人口の約10%は学生である。.

新しい!!: イギリスとノッティンガム · 続きを見る »

マッシヴ・アタック

マッシヴ・アタック(Massive Attack)はイギリス・ブリストル出身の音楽ユニット。現在までに5枚のスタジオ・アルバム、1枚のベスト・アルバムをリリースしている。また、他のアーティストのリミックスも多数手がけている。.

新しい!!: イギリスとマッシヴ・アタック · 続きを見る »

マクラーレン

マクラーレン・レーシング・リミテッド(McLaren Racing Limited)は、1963年にブルース・マクラーレンにより設立されたイギリスのレーシング・チーム。.

新しい!!: イギリスとマクラーレン · 続きを見る »

マクフライ

マクフライ(McFly)は、イギリスのポップ・ロックバンドである。 日本には4度来日している。2008年にアイランド・レコードを脱退し、自身のレーベルのSuper Recordsを設立した。.

新しい!!: イギリスとマクフライ · 続きを見る »

マグナ・カルタ

マグナ・カルタまたは大憲章(だいけんしょう)(Magna Carta、Magna Carta Libertatum、the Great Charter of the Liberties、直訳では「自由の大憲章」)は、イングランド王国においてジョン王により制定された憲章である。イングランド国王の権限を制限したことで憲法史の草分けとなった。また世界に先駆け敵性資産の保護を成文化した。.

新しい!!: イギリスとマグナ・カルタ · 続きを見る »

チャールズ1世 (イングランド王)

チャールズ1世(Charles I, 1600年11月19日 - 1649年1月30日)は、イングランド、スコットランド、アイルランドの王(在位:1625 - 1649年)。.

新しい!!: イギリスとチャールズ1世 (イングランド王) · 続きを見る »

チャールズ・チャップリン

“チャーリー”サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン(Sir Charles Spencer "Charlie" Chaplin, KBE、1889年4月16日 - 1977年12月25日)は、イギリス出身の映画俳優、映画監督、コメディアン、脚本家、映画プロデューサー、作曲家である。.

新しい!!: イギリスとチャールズ・チャップリン · 続きを見る »

チャールズ・ディケンズ

チャールズ・ジョン・ハファム・ディケンズ(、 1812年2月7日 - 1870年6月9日)は、ヴィクトリア朝時代を代表するイギリスの小説家である。主に下層階級を主人公とし弱者の視点で社会を諷刺した作品を発表した。 新聞記者を務めるかたわらに発表した作品集『』から世にでる。英国の国民作家とも評されていて、1992年から2003年まで用いられた10UKポンド紙幣に肖像画が描かれている。英語圏では、彼の本、そして彼によって創造された登場人物が、根強い人気を持って親しまれている。『オリバー・ツイスト』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパフィールド』『二都物語』『大いなる遺産』などは、忘れ去られることなく現在でも度々映画化されており、英語圏外でもその作品が支持され続けていることを反映している。.

新しい!!: イギリスとチャールズ・ディケンズ · 続きを見る »

チャールズ・ダーウィン

チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin, 1809年2月12日 - 1882年4月19日)は、イギリスの自然科学者。卓越した地質学者・生物学者で、種の形成理論を構築。 全ての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、彼が自然選択と呼んだプロセスを通して進化したことを明らかにした。進化の事実は存命中に科学界と一般大衆に受け入れられた一方で、自然選択の理論が進化の主要な原動力と見なされるようになったのは1930年代であり、自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つである。また彼の科学的な発見は修正を施されながら生物多様性に一貫した理論的説明を与え、現代生物学の基盤をなしている。 進化論の提唱の功績から今日では生物学者と一般的に見なされる傾向にあるが、自身は存命中に地質学者を名乗っており、現代の学界でも地質学者であるという認識が確立している。.

新しい!!: イギリスとチャールズ・ダーウィン · 続きを見る »

チーム・ロータス

チーム・ロータス(Team Lotus)は、レーシングチームであり、1958年から1994年までF1に参戦していた。その後2011年には「Malaysia F1 Team」が「チーム・ロータス」の名称を使用して再び参戦していた。本項では主に前者を中心に記載するが、後者についても後述の節『#ロータス名称問題。2つの「ロータスチーム」』に一部を記載するものとする。.

新しい!!: イギリスとチーム・ロータス · 続きを見る »

チェルトナムフェスティバル

チェルトナムフェスティバル(Cheltenham Festival)とは毎年3月にグロスターシャーのチェルトナム競馬場で行われる競馬の障害競走の祭典である。 12のG1レースを含む27のレースが行われる。イギリスとアイルランドの障害の有力馬が集う一大イベントであり、アイルランドからも多くのファンが訪れる。かつては3日間の開催だったが、2005年より4日間に増やされた。.

新しい!!: イギリスとチェルトナムフェスティバル · 続きを見る »

ネイチャー

『ネイチャー』()は、1869年11月4日、イギリスで天文学者ノーマン・ロッキャーによって創刊された総合学術雑誌である。 世界で特に権威のある学術雑誌のひとつと評価されており、主要な読者は世界中の研究者である。雑誌の記事の多くは学術論文が占め、他に解説記事、ニュース、コラムなどが掲載されている。記事の編集は、イギリスの Nature Publishing Group (NPG) によって行われている。NPGからは、関連誌として他に『ネイチャー ジェネティクス』や『ネイチャー マテリアルズ』など十数誌を発行し、いずれも高いインパクトファクターを持つ。.

新しい!!: イギリスとネイチャー · 続きを見る »

ネイ湖

ネイ湖 (Lough Neagh, アイルランド語:Eochaidh)は、北アイルランドにある淡水湖。排水域が4550平方キロメートルになる、イギリスおよびアイルランドで最大の湖である。排水域の9%はアイルランド共和国領、91%は北アイルランドとなる。ベルファスト西方約30キロメートルにある。面積の割には水深は浅く、平均で9メートル、最深部で25メートルである。北側からバン川が流れ海へ注ぐ。バン川上流の水源の一つであることから、湖自体がバン川の一部とみなされている。 北アイルランドの4つの行政区と接している。 北から時計回りにアントリム・アンド・ニュータウンアベイ、リスバーン・アンド・カースルレー、アーマー・シティ・バンブリッジ・アンド・クレイガヴォン、ミッド・アルスターである。 周辺にはアントリム、クルムリン、ランダルストウン、トゥームブリッジ、バリーローナン、バリンデリー、ムーアタウンなどの市町村がある。 1940年代には石炭運搬のため湖上や運河を船が往復していた。17世紀に遡るとログ・ボートが交通の重要な手段であり、そのいくつかは6400年前と同じく古い造りのものであった。19世紀に3つの運河が建設され、湖と多くの港・都市がつながった。ラガン運河はベルファストとつながり、ニューリー運河はニューリー港と、アルスター運河はアーン湖へとつながり、シャノン川からリムリック、ダブリン、ウォーターフォードを通る陸路での輸送に貢献した。バン川下流はコールラインとアントリム海岸へ航行できた。現在も航行されているのはバン川下流ルートだけだが、アルスター運河の修復計画が進められている。 数世紀に渡り、ネイ湖ではウナギ漁が主流である。現在もネイ湖産のウナギが世界中のレストランに卸されている。 ネイ湖は国有の湖であると広くみなされてきたが、2005年にシャフツベリー伯爵家が、湖を代々所有してきたと公的に明らかになった。この湖から地域の飲料水の40%を供給し、下水排水に利用している北アイルランドでは、公営水道施設の計画変更のために深刻にもつれあっている。.

新しい!!: イギリスとネイ湖 · 続きを見る »

ネグロイド

ネグロイド(Negroid)とは、身体的特徴に基づく歴史的人種分類概念の一つ。日本では一般に黒色人種・黒人と同義に理解される。ドイツの人類学者ブルーメンバッハによって提唱された五大人種説に基づく。現在でも便宜的・慣用的、またしばしば政治的に用いられる。これに分類される人々の主要な居住地はサハラ以南のアフリカ大陸である。ラテン語のniger(ニゲル、黒)に由来。ニグロイド。.

新しい!!: イギリスとネグロイド · 続きを見る »

ネス湖

ネス湖(Loch Ness ロッホ・ネス、Loch Nis )は、イギリス・スコットランド北部ハイランド地方にある、イギリス最大の淡水湖。の北東端に位置する。長さが約35キロメートル、幅約2キロメートルの、非常に細長い湖。水深は最大で約230メートル。ラムサール条約登録地である。スコットランドの湖沼のうち面積では、ローモンド湖に次いで2番目の大きさ。貯水量はグレートブリテン島で最大。 インヴァネス(ネス川の河口を意味する)の南西約10キロメートルに位置する。 岸辺には13世紀に建てられ17世紀に破壊されたアーカート城の廃墟がある。.

新しい!!: イギリスとネス湖 · 続きを見る »

ハノーファー

ルンスト・アウグスト 新市庁舎 旧市街の旧市庁舎 19世紀の国立オペラ劇場 ハノーファー(Hannover )は、ライネ川沿いにある北ドイツの主要都市のひとつ。ニーダーザクセン州の州都である。 人口515,948人(2004年)。地域の行政の中心地としても政治的力点の置かれた町である。日本語では、ドイツ語における一般的な発音に近いハノーファーまたはハノーファのほか、ハノーヴァー、ハノーバーと表記されることもある。.

新しい!!: イギリスとハノーファー · 続きを見る »

ハリー・ポッターシリーズ

『ハリー・ポッターシリーズ』(Harry Potter)は、イギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学、ファンタジー小説。日本での通称は「ハリポタ」。.

新しい!!: イギリスとハリー・ポッターシリーズ · 続きを見る »

ハンブルク

ハンブルク(Hamburg、低ザクセン語・Hamborg (Hamborch) )は、ドイツの北部に位置し、エルベ川河口から約100kmほど入った港湾都市。正式名称は自由ハンザ都市ハンブルク(Freie und Hansestadt Hamburg、フライエ・ウント・ハンゼシュタット・ハンブルク)。行政上では、ベルリン特別市と同様に、一市単独で連邦州(ラント)を構成する特別市(都市州)なので、ハンブルク特別市やハンブルク州と呼ばれる。人口約175万人。国際海洋法裁判所がある。.

新しい!!: イギリスとハンブルク · 続きを見る »

ハンザ同盟

ハンザ同盟(ハンザどうめい)は、中世後期に北ドイツを中心にバルト海沿岸地域の貿易を独占し、ヨーロッパ北部の経済圏を支配した都市同盟である。同盟の慣習法は海事法のもとになった。.

新しい!!: イギリスとハンザ同盟 · 続きを見る »

ハーバート・ジョージ・ウェルズ

ハーバート・ジョージ・ウェルズ(Herbert George Wells, 1866年9月21日 - 1946年8月13日)は、イギリスの著作家。小説家としてはジュール・ヴェルヌとともに「SFの父」と呼ばれる。社会活動家や歴史家としても多くの業績を遺した。H・G・ウエルズ、H.G.ウェルズ等の表記がある。.

新しい!!: イギリスとハーバート・ジョージ・ウェルズ · 続きを見る »

ハードロック

ハードロック は、ロックの一形態。かつての標準的なスタイルはブルースやブギーを基調とした激しいロックである。歪んだ音のエレクトリック・ギターを強調したサウンド形態が特徴。1960年代後半にはほぼ確立したジャンルである。初期はサイケデリック・ロックやブルース・ロックの混合物としてスタートし、1970年代初頭までには、ハードロックの呼称が定着した。ハードロックとヘヴィ・メタルの微妙な相違点を定義づけるのは難しい。ただ例をあげると、グランド・ファンク・レイルロードは黒人音楽の強い影響を受けており、ハードロックではあるが、ヘヴィ・メタルとは呼ばれない。またディープ・パープルも、70年代にはハードロックと呼ばれ、ヘヴィ・メタルという言い方はあまりされなかった。また、ヘヴィ・メタルという名称も比較的早くから存在しており、「レッド・ツェッペリン」、「ブラック・サバス」などが、典型的なスタイルとされる。.

新しい!!: イギリスとハードロック · 続きを見る »

ハドリアヌスの長城

アントニヌスの長城とハドリアヌスの長城の位置 ハドリアヌスの長城(ハドリアヌスのちょうじょう、Hadrian's Wall,Vallum Aelium)は、イギリスの北部にあるローマ帝国時代の城壁(囲壁)跡。広義にはローマ帝国の国境線を防御する防御壁『リメス』の一部であり、ローマ帝国最北端の国境線でもある。2世紀に第14代ローマ皇帝ハドリアヌスにより建設された。 ハドリアヌスの長城は1987年に、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。.

新しい!!: イギリスとハドリアヌスの長城 · 続きを見る »

バラ

バラ(薔薇)は、バラ科バラ属の総称である。あるいは、そのうち特に園芸種(園芸バラ・栽培バラ)を総称する。ここでは、後者の園芸バラ・栽培バラを扱うこととする。 バラ属の成形は、灌木、低木、または木本性のつる植物で、葉や茎に棘を持つものが多い。葉は1回奇数羽状複葉。花は5枚の花びらと多数の雄蘂を持つ(ただし、園芸種では大部分が八重咲きである)。北半球の温帯域に広く自生しているが、チベット周辺、中国の雲南省からミャンマーにかけてが主産地でここから中近東、ヨーロッパへ、また極東から北アメリカへと伝播した。南半球にはバラは自生しない。.

新しい!!: イギリスとバラ · 続きを見る »

バルフォア報告書

バルフォア報告書(バルフォアほうこくしょ、英語:Balfour Declaration of 1926)は、イギリス帝国の首脳がロンドンに集まった1926年の帝国会議の産物である。これによって、イギリス本国と自治領との関係が新しく定義された。名称は、バルフォア伯アーサー・バルフォア枢密院議長(元首相)の名による。 バルフォア報告書はイギリスと自治領の関係について次のように定義した。 この報告書は第一次世界大戦以後における自治領の政治的、外交的独立の成長を是認するものである。また自治領における事実上の元首として君主を代行していた総督の役割についても、もはや自治領との外交関係においてイギリス政府を自動的に代表するべきではない、と勧告していた。 これをうけてイギリス政府は自治領に対して総督とは別に、高等弁務官を任命するようになった。カナダに対する最初のイギリス高等弁務官が任命されたのは1928年のことである。またカナダの側も、こうしたバルフォア定義によって得た外交自主権によって、1927年にワシントンD.C.、28年にパリ、29年に東京に公使館を開設した。 1926年の帝国首相会議の結論は1930年にも再び宣言され、1931年12月のウェストミンスター憲章として成文化された。こうしてイギリス議会は、法によって特に与えられた事項を除いて、自治領の問題にはどのような立法権限も放棄することになった。 本報告書はもともと南アフリカ連邦のジェームズ・ヘルツォーク首相とカナダのマッケンジー・キング首相によって提案されたものである 。それをバルフォアが議長を務める帝国内関係委員会がとりまとめ、帝国各国の首脳の承認のもと、1926年11月15日に発表されたのであった。.

新しい!!: イギリスとバルフォア報告書 · 続きを見る »

バーミンガム

バーミンガム(Birmingham、)は、イングランド、ウェスト・ミッドランズ (West Midlands) に属す工業都市である。人口は100万人ほどで、近郊を含む都市的地域の人口は229万人であり、同国第2位である。地元では首都ロンドンに次ぐ第2の大都市とされており、実際にロンドンに次ぐ市域人口・都市圏人口を有するが、イギリスの世論調査では、マンチェスターを第2の都市とする意見のほうが多い。同国有数の世界都市であり、1998年のサミット開催地である。.

新しい!!: イギリスとバーミンガム · 続きを見る »

バース市街

バース市街(-しがい)は、イギリスの南部の単一自治体(Unitary Authority)であるバース・アンド・ノース・イースト・サマセットのバースにある地区。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された物件でもある。.

新しい!!: イギリスとバース市街 · 続きを見る »

ポルトガル語

ポルトガル語(Português, língua portuguesa)は、主にポルトガルおよびブラジルで使われている言語である。俗ラテン語から発展して形成されたロマンス語の1つで、スペイン語などと共にインド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する。 スペインの作家セルバンテスはポルトガル語を「甘美な言語」と評し、ブラジルの詩人オラーヴォ・ビラックは「ラティウムの最後の、粗野で美しい花」と評している。 ポルトガル語は、大航海時代のポルトガル海上帝国の成長とともにアジア・アフリカ地域に広まった。日本では最初に伝播したヨーロッパの言語であり、古くからの外来語として定着しているいくつかの単語は、ポルトガル語由来である。代表的な例として「パン」があり、戦国時代にキリスト教と共に伝わった。.

新しい!!: イギリスとポルトガル語 · 続きを見る »

ポピュラー音楽

ポピュラー音楽(ポピュラーおんがく、popular music ポピュラー・ミュージック)とは、広く人々の好みに訴えかける音楽のことであるOxford Dictionaries.

新しい!!: イギリスとポピュラー音楽 · 続きを見る »

ムスリム

ムスリム(مسلم、Muslim)とは、「(神に)帰依する者」を意味するアラビア語で、イスラム教の教徒のことである。.

新しい!!: イギリスとムスリム · 続きを見る »

メキシコ湾流

図下側から北赤道海流→'''メキシコ湾流'''→北大西洋海流→北上し東グリーンランド海流・東進しノルウェー海流 メキシコ湾流(メキシコわんりゅう、)とは、北大西洋の亜熱帯循環の西端に形成される狭く強い海流で、黒潮と並ぶ世界最大の海流である。単に湾流、またはカタカナでガルフストリームとも記される。.

新しい!!: イギリスとメキシコ湾流 · 続きを見る »

メソジスト

メソジスト (Methodist) とは、18世紀、英国でジョン・ウェスレーによって興されたキリスト教の信仰覚醒運動の中核をなす主張であるメソジズム (Methodism) に生きた人々、および、その運動から発展したプロテスタント教会・教派に属する人々を指す。日本では美以教会とも言われていた。.

新しい!!: イギリスとメソジスト · 続きを見る »

モンティ・パイソン

モンティ・パイソン(Monty Python)は、イギリスの代表的なコメディグループ。明らかにモンティ・パイソンを話題にしている場合、単にパイソンズと言うこともある。.

新しい!!: イギリスとモンティ・パイソン · 続きを見る »

モータースポーツ

モータースポーツ(motorsports)とは、人間の筋肉以外の機械的なモーターやエンジンなどの原動機を使用して稼働する乗り物を用いて行われる競技・スポーツ。カテゴリと呼ばれる競技ランクや競技種別の違いによって定められたルールやレギュレーションに従い「速さ」を競う競技である。 広義においてはモーターボートや飛行機など、いわゆる「車両」以外の乗り物を用いて行われるものを含めてモータースポーツと指す。陸上を走る四輪自動車やモーターサイクル(オートバイ)などの車両を使用したものが一般的であるため、それらを指す場合が多い。自動車を用いて行われる競技については自動車競技、オートバイを用いて行われる競技についてはオートバイ競技を参照のこと。.

新しい!!: イギリスとモータースポーツ · 続きを見る »

モダニズム

モダニズム(modernism)とは、.

新しい!!: イギリスとモダニズム · 続きを見る »

ユーロ

ユーロは、欧州連合における経済通貨同盟で用いられている通貨である。.

新しい!!: イギリスとユーロ · 続きを見る »

ユーロスター

ユーロスター(Eurostar)は、英仏海峡トンネルを通ってイギリスと大陸ヨーロッパとを結ぶ国際列車である。 ロンドンとフランスのリール、パリ、およびベルギーのブリュッセルとの間で運行されており、最高速度300km/h の高速鉄道となっている。2018年4月4日より、ロンドン発の1日2本のみブリュッセルからオランダのアムステルダムまで直通運転が開始された。.

新しい!!: イギリスとユーロスター · 続きを見る »

ユーロスタット

ユーロスタット (Eurostat) とは、欧州委員会において統計を担当する部局。欧州連合に関連する資料・統計を作成し、加盟国全体の調整を促進することが目的となっている。ユーロスタットはルクセンブルク市におかれている。日本では欧州連合統計局やEU統計局とも呼ばれる。.

新しい!!: イギリスとユーロスタット · 続きを見る »

ユグノー戦争

ユグノー戦争(ユグノーせんそう、フランス語:Guerres de religion, 1562年 - 1598年)は、フランスのカトリックとプロテスタントが休戦を挟んで8次40年近くにわたり戦った内戦である。 ドイツに始まった宗教改革運動は各国に広まったが、ジャン・カルヴァンの思想がフランスでも勢力を持ち、プロテスタントはカトリック側からユグノー(huguenot)と呼ばれた。ユグノーには貴族も加わり、弾圧にもかかわらず勢力を広げていった。1562年にカトリックの中心人物ギーズ公によるヴァシーでのユグノー虐殺事件(ヴァシーの虐殺)が契機となり、内乱状態になった。妥協的な和平を挟んだ数次の戦争の後の1572年8月24日には、カトリックがユグノー数千人を虐殺するサン・バルテルミの虐殺が起こっている。 宗教上の対立であるとともに、ブルボン家(プロテスタント)やギーズ家(カトリック)などフランス貴族間の党派争いでもあった。加えて、この戦争はカトリックのスペイン王フェリペ2世とプロテスタントのイングランド女王エリザベス1世との代理戦争の性格も有している。1589年にギーズ公アンリ、次いで国王アンリ3世が暗殺されてヴァロワ朝が断絶し、アンリ4世が即位してブルボン朝が興った。パリではカトリックの勢力が強く、プロテスタントの王を認めなかったため、アンリ4世はカトリックに改宗している。一方でナントの勅令(1598年)を発して、プロテスタントに一定の制限の下ではあるが信仰の自由を認め、戦争は終結した。.

新しい!!: イギリスとユグノー戦争 · 続きを見る »

ヨーロッパ

ヨーロッパ日本語の「ヨーロッパ」の直接の原語は、『広辞苑』第5版「ヨーロッパ」によるとポルトガル語・オランダ語、『デジタル大辞泉』goo辞書版「」によるとポルトガル語。(、)又は欧州は、地球上の七つの大州の一つ。漢字表記は欧羅巴。 地理的には、ユーラシア大陸北西の半島部を包括し、ウラル山脈およびコーカサス山脈の分水嶺とウラル川・カスピ海・黒海、そして黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡が、アジアと区分される東の境界となる増田 (1967)、pp.38–39、Ⅲ.地理的にみたヨーロッパの構造 ヨーロッパの地理的範囲 "Europe" (pp. 68-9); "Asia" (pp. 90-1): "A commonly accepted division between Asia and Europe...

新しい!!: イギリスとヨーロッパ · 続きを見る »

ヨーロッパの五月祭

ヨーロッパの五月祭(ヨーロッパのごがつさい)とは、古代ローマの祭に由来する祭。5月1日に、豊穣の女神マイアを祭り供物が捧げられた。夏の豊穣を予祝する祭りと考えられている。現在では、ヨーロッパ各地で、キリスト教伝来以前にさかのぼる起源をもつ、春の訪れを祝う日として定着している。英語ではthe May Festival, May dayなどと呼ぶ。.

新しい!!: イギリスとヨーロッパの五月祭 · 続きを見る »

ヨーロッパ大陸

ヨーロッパ大陸 ヨーロッパ大陸(ヨーロッパたいりく、英語:European continent)は、地球の北半球に位置するユーラシア大陸の一部、ロシアのウラル山脈より西側、ジョージアなどのカフカース山脈より北側の地域を指す。ヨーロッパ亜大陸、ヨーロッパ半島と同義であり、ヨーロッパ大陸は孤立した大陸ではない。ヨーロッパの名はギリシア神話のエウローペー(エウロペ)に由来し、古代ギリシアでアジアやアフリカに対して使われた地方名エウロパが亜大陸全体を指すのに使われるようになったという説がある。 南を地中海、黒海、西を大西洋、北を北極海に接する。東はウラル山脈によってアジア大陸と隔てられる。大きな半島にはイベリア半島、イタリア半島、バルカン半島、スカンディナヴィア半島がある。 ほとんどの部分が安定陸塊からなるが、アルプス山脈などの造山帯が南部には見られる。北緯40度より北に位置するが、大陸西岸は暖流である北大西洋海流のため気候は比較的温暖である。大陸の東側は内陸部で、大陸性気候を示し、気候は寒冷である。また地中海沿岸部は地中海性気候を示す。大陸西岸地域の中緯度と高緯度に位置するため、大陸には砂漠を持たない。 ヨーロッパ州のうち、アイスランド島、グレートブリテン島、アイルランド島やクレタ島などの島嶼部を除いた、大陸に属する地方をさすときに用いる言葉に、大陸ヨーロッパ(Continental Europe)があるが、これと同義で用いられることが多い。一方、ヨーロッパ州全体のことを慣用的にヨーロッパ大陸と呼ぶ場合もあり、この場合、島嶼部も含む。.

新しい!!: イギリスとヨーロッパ大陸 · 続きを見る »

ヨーロッパ野球選手権大会

ヨーロッパ野球選手権大会(英語:European Championship Seniors )は、原則的に2年に1度開催される、ヨーロッパ地域の各国代表選手によって競われる、野球の国際大会である。.

新しい!!: イギリスとヨーロッパ野球選手権大会 · 続きを見る »

ヨーク (イングランド)

ヨーク(York)は、イングランド北部のノース・ヨークシャー州の都市である。人口は202,400人である(2010年推定)。.

新しい!!: イギリスとヨーク (イングランド) · 続きを見る »

ランカスター朝

ランカスター家の紋章 ランカスター朝(ランカスターちょう)は、中世イングランドの王朝。1399年から1461年まで、および1470年から1471年までの間、イングランドを統治した。.

新しい!!: イギリスとランカスター朝 · 続きを見る »

ランセット

『ランセット』(The Lancet)は、週刊で刊行される査読制の医学雑誌である。 同誌は世界で最もよく知られ、最も評価の高い世界五大医学雑誌の一つであり、編集室をロンドンとニューヨーク市に持つ。 『ランセット』は、1823年にイギリスの外科医Thomas Wakley は翻訳によってトーマス・ウェイクリーと表記されることもあれば、トーマス・ワクリーと表記されることもある。によって創刊された。誌名をつけたのは彼で、手術用メスの一種であるランセットこのメスを Scalpel あるいは Lancetと呼ぶ。:en:Scalpelに詳しい。、および、光を取り入れるを含意するにちなんだものである。1991年以来、『ランセット』はレレックス・グループの一部であるエルゼビアに所有されている。2008年の時点で編集長はリチャード・ホートンである。 『ランセット』はいくつかの重要な医学的および非医学的事項に関して、政治的な立場を採ったことがある。近年の例では、ホメオパシーの効能が治療の選択肢になりうるという世界保健機構の主張を否定し、この件で世界保健機構を批判したこと、Reed Exhibitionsが軍需産業祭を主催した時点の不支持、そして2003年に、タバコを違法にする呼びかけがある。 『ランセット』は世界中にかなりの数の読者を持ち、高いインパクトファクターを有する。ことに同誌のウェブサイトTheLancet.comにおいては、1996年の立ち上げ以来180万人以上の登録ユーザーを集めている。『ランセット』は、原著論文、レビュー("seminars"と"reviews")、論説、書評、通信に加え、特集ニュースや症例報告を刊行している。『ランセット』は、『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』 (NEJM)、『ジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション』 (JAMA)、『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル』 (BMJ)と並ぶ、"主要な"一般医学雑誌のひとつと見做されている。2012年のジャーナル・サイテーション・レポートでは、一般医学雑誌のなかで『ランセット』のインパクトファクターは45.217であり、『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』(55.873)に次ぐ2位に位置づけられた。.

新しい!!: イギリスとランセット · 続きを見る »

ラッパスイセン

ラッパスイセンまたはラッパズイセン(喇叭水仙)は、ヒガンバナ科スイセン属(スイセン)の1種。 花は黄色で、内側の副花冠がラッパのように突き出ている。 西ヨーロッパのスペイン、ポルトガルからドイツ、イギリスにかけてに分布する。 リーキとともにウェールズの国花の1つである。.

新しい!!: イギリスとラッパスイセン · 続きを見る »

ラグビー

ラグビー(rugby)は、イギリスラグビー校発祥のフットボールの一種。現在、ラグビーユニオンとラグビーリーグの2つのスポーツとして主に行われている。日本でのラグビーは通常ラグビーユニオンである。和名で闘球やラ式蹴球とも呼ばれる。.

新しい!!: イギリスとラグビー · 続きを見る »

ラザード

ラザード は、27か国43都市に事業所を持つ、ラザード・グループLLCの親会社であり、世界的な名門投資銀行。少数精鋭の体制で知られる。インドシナ銀行をはじめとする多くの企業へ役員を派遣し、PSA・プジョーシトロエン等フランス企業同士の大合併を仲介してきた。2004年、バンク・ワン(Bank One Corporation)とJPモルガン・チェースの合併に役割を演じて相応の顧問料を得たInternational Directory of Company Histories, Vol. 121.。2008年の金融危機に際しては、三菱UFJフィナンシャル・グループのモルガン・スタンレーへの出資を手掛けた。ラザードは永らく非公開の合名会社であったが、2005年5月5日、ニューヨーク証券取引所に株式公開した。巨大な投資子会社ユーラゼオのポートフォリオがラザードの投資顧問業と相乗効果をあげている。.

新しい!!: イギリスとラザード · 続きを見る »

リンカンシャー

リンカンシャー (Lincolnshire) はイングランド東部にあるカウンティ。ノーフォーク、ケンブリッジシャー、ラトランド、レスターシャー、ノッティンガムシャー、サウス・ヨークシャー、ノーサンプトンシャーと接している。カウンシル所在地はリンカン。 は、フラワー・パレードという祭りで知られる。.

新しい!!: イギリスとリンカンシャー · 続きを見る »

リヴァプール

リヴァプール(Liverpool)は、イギリス・イングランド北西部マージーサイド州の中心都市である。面積は111.84平方キロメートル、2015年の人口は47万8580人。かつてはイギリスの主要な港湾都市であったが、世界的ロック・バンドであるザ・ビートルズの出身地であることから、いまでは観光都市として知られる。2008年の欧州文化首都の一つ。.

新しい!!: イギリスとリヴァプール · 続きを見る »

リール (フランス)

リール(フランス語:Lille, オランダ語・フラマン語:Rijsel ドイツ語:Ryssel)は、フランス北部の都市で、ベルギーと国境を接するオー=ド=フランス地域圏の首府、ノール県の県庁所在地である。.

新しい!!: イギリスとリール (フランス) · 続きを見る »

リーキ

リーキ(Allium ampeloprasum var.

新しい!!: イギリスとリーキ · 続きを見る »

リーズ

リーズ (Leeds) は、イングランドの北部にある都市。行政上はウェスト・ヨークシャー州シティ・オブ・リーズに所属する。人口は75万7700人(2011年国勢調査)で、このうち中心部は47万4632人。ロンドンから鉄道で2時間15分の場所に位置している。 羊毛工業が盛んで産業革命時にはその中心地となったイングランド北部の商業都市。イングランドで3番目に大きな都市と言われるが、町の中心から30分も車で走れば、牧草地に羊が群れて草を食んでいるヨークシャーの田舎の景色が広がる。国立公園のヨークシャー・デールズはイギリスの中でも主要なトレッキング・スポットとして有名である。.

新しい!!: イギリスとリーズ · 続きを見る »

リック・ウェイクマン

リック・ウェイクマン(Richard Christopher Wakeman、1949年5月18日 - )はイギリス出身のキーボード奏者、作曲家、タレント。ロンドン生まれ。ロックグループイエス(YES)にかつて在籍していたことでも知られる。.

新しい!!: イギリスとリック・ウェイクマン · 続きを見る »

リシュリュー

枢機卿およびリシュリュー公爵アルマン・ジャン・デュ・プレシー(, 1585年9月9日 - 1642年12月4日)は、カトリック教会の聖職者にしてフランス王国の政治家である。1624年から死去するまでルイ13世の宰相を務めた。.

新しい!!: イギリスとリシュリュー · 続きを見る »

リズム・アンド・ブルース

リズム・アンド・ブルース(Rhythm and blues)は、音楽のジャンルである。略称はR&B(アール・アンド・ビー)、またはRnB。 リズム、ビートに乗りながら、ブルース感のある歌を叫ぶように歌うのが特徴。のちのロックンロールなどのジャンルにも影響を与えた。1940年代後半に、ブルース、ゴスペル、ジャズといったブラック・ミュージックが発展する形で生まれた。.

新しい!!: イギリスとリズム・アンド・ブルース · 続きを見る »

ルイ14世 (フランス王)

ルイ14世(仏:Louis XIV、1638年9月5日 - 1715年9月1日)は、ブルボン朝第3代のフランス王国国王(在位:1643年5月14日 - 1715年9月1日)である。ナバラ王国国王としてはルイス3世(バスク語:Luis III.a)である。ルイ13世の長子であり、妃はスペイン国王であるフェリペ4世の娘マリー・テレーズ・ドートリッシュである。王朝の最盛期を築き、太陽王(Roi-Soleil)と呼ばれた。 父の死後、幼くしてフランス国王に即位し、宰相ジュール・マザランの補佐を得てフロンドの乱を鎮圧した。1661年に親政を開始するとジャン=バティスト・コルベールを登用して中央集権と重商主義政策を推進した。対外戦争を積極的に行い、帰属戦争、仏蘭戦争で領土を拡張して権威を高めると、ジャック=ベニーニュ・ボシュエの唱える王権神授説・ガリカニスムを掲げ、絶対君主制を確立した。さらにミディ運河とヴェルサイユ宮殿を建設した。治世後半のアウクスブルク同盟戦争、スペイン継承戦争では苦戦し、晩年には莫大な戦費調達と放漫財政によりフランスは深刻な財政難に陥った。 72年もの在位期間はフランス史上最長であり、18世紀の啓蒙主義思想家ヴォルテールはルイ14世の治世を「大世紀」(グラン・シエクル Grand Siècle)と称えている。また、「中世以後の国家元首として最長の在位期間を持つ人物」としてギネス世界記録にも認定されている。 また、メヌエットを宮廷舞踊に取り入れ、メヌエットを最初に踊った人と言われ、その時、太陽神アポロンに変装して踊った姿から「太陽王」と言う諢名がついたとも言われる。.

新しい!!: イギリスとルイ14世 (フランス王) · 続きを見る »

ルイ16世 (フランス王)

ルイ16世(、1754年8月23日 - 1793年1月21日)は、ブルボン朝第5代のフランス国王(在位:1774年5月10日 - 1792年8月10日)。ナバラ国王としてはルイス5世()。ルイ15世の孫。王妃は神聖ローマ皇帝フランツ1世と皇后マリア・テレジアの娘マリー・アントワネット。 初勅で今後デフォルトしないと宣誓したが、1775年7月に減債基金を停止させた。もっとも、テュルゴーとネッケルは初勅に従い巨額の借換債を発行した。 在位中の1789年にフランス革命が起こり、1792年に王権が停止し、翌年処刑された。フランス最後の絶対君主にしてフランス最初の立憲君主である。1791年憲法に宣誓して以後は、称号は「フランス国王」ではなく「フランス人の王」となる。.

新しい!!: イギリスとルイ16世 (フランス王) · 続きを見る »

レッド・ツェッペリン

レッド・ツェッペリンのメンバー4人を表したシンボル レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)は、イギリスのロックバンド。略称は、ZepもしくはLed Zep。なお、「ツェッペリン」はドイツ語の発音であり、英語の発音は「レッド・ゼペリン」に近い。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第14位。 日本ではディープ・パープル、ブラック・サバスと並んで、三大ハードロックバンドの一組とされる。.

新しい!!: イギリスとレッド・ツェッペリン · 続きを見る »

レディオヘッド

レディオヘッド(Radiohead)は、イギリスのロックバンド。.

新しい!!: イギリスとレディオヘッド · 続きを見る »

レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ

レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ(Ralph Vaughan Williams, 1872年10月12日-1958年8月26日) は、イギリスの作曲家である。Vaughan Williams が姓であり、RVW または VW と略される。Ralph は通常「ラルフ」と読むが、本人が古風な発音の「レイフ」にこだわったという経緯から「レイフ」が用いられる。グロスターシャー州ダウンアンプニーに生まれる。ロンドンの王立音楽大学で作曲を学び、在学中にホルストと知り合い親交を深める。民謡の採集や教会音楽の研究を通して独特の作風を確立し、イギリス人による音楽の復興の礎を築いた。イギリスの田園風景を彷彿とさせる牧歌的な作風は、広くイギリス国民に愛されている。日本では『惑星』で知られるホルストに比べて知名度が低いが、欧米ではホルストより高く評価されている。生涯に9つの交響曲を遺し、また、イングランドの民謡を題材にした作品も多い。 生涯にわたってシベリウスを尊敬していたといわれ、第5交響曲はシベリウスに献呈されている。.

新しい!!: イギリスとレイフ・ヴォーン・ウィリアムズ · 続きを見る »

レスター

レスター(Leicester)は、イングランド・レスターシャー州の単一自治体。古代ローマ時代に建てられた、イングランドでも歴史のある都市である。 第二次世界大戦以後レスターは多民族都市となっており、2001年の国勢調査ではレスターの人口のうちの36.1パーセントをエスニック・マイノリティが占め、その中の約30パーセントがインド人である。.

新しい!!: イギリスとレスター · 続きを見る »

ロマン主義

マン主義(ロマンしゅぎ、Romanticism、Romantisme、Romantik、Romanticismo、Romanticismo、Romantismo)は、主として18世紀末から19世紀前半にヨーロッパで、その後にヨーロッパの影響を受けた諸地域で起こった精神運動の一つである。それまでの理性偏重、合理主義などに対し感受性や主観に重きをおいた一連の運動であり、古典主義と対をなす。恋愛賛美、民族意識の高揚、中世への憧憬といった特徴をもち、近代国民国家形成を促進した。その動きは文芸・美術・音楽・演劇など様々な芸術分野に及んだ。のちに、その反動として写実主義・自然主義などをもたらした。 ドラクロワ『アルジェの女たち』(1834年、ルーヴル美術館所蔵).

新しい!!: イギリスとロマン主義 · 続きを見る »

ロンドン

ンドン(London )はグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国およびこれを構成するイングランドの首都。イギリスやヨーロッパ域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2,000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)に当たる地域にあった。シティの市街壁内の面積は約1平方マイルあり、中世以来その範囲はほぼ変わっていない。少なくとも19世紀以降、「ロンドン」の名称はシティの市街壁を越えて開発が進んだシティ周辺地域をも含めて用いられている。ロンドンは市街地の大部分はコナベーションにより形成されている 。ロンドンを管轄するリージョンであるグレーター・ロンドンでは、選挙で選出されたロンドン市長とロンドン議会により統治が行われている。 ロンドンは屈指の世界都市として、芸術、商業、教育、娯楽、ファッション、金融、ヘルスケア、メディア、専門サービス、調査開発、観光、交通といった広範囲にわたる分野において強い影響力がある。また、ニューヨークと並び世界をリードする金融センターでもあり、2009年時点の域内総生産は世界第5位で、欧州域内では最大である。世界的な文化の中心でもある。ロンドンは世界で最も来訪者の多い都市であり、単一の都市圏としては世界で最も航空旅客数が多い。欧州では最も高等教育機関が集積する都市であり、ロンドンには大学が43校ある。2012年のロンドンオリンピック開催に伴い、1908年、1948年に次ぐ3度目のオリンピック開催となり、同一都市としては史上最多となる。 ロンドンは文化的な多様性があり、300以上の言語が使われている。2011年3月時点のロンドンの公式の人口は817万4,100人であり、欧州の市域人口では最大で、イギリス国内の全人口の12.7%を占めている。グレーター・ロンドンの都市的地域は、パリの都市的地域に次いで欧州域内で第2位となる8,278,251人の人口を有し、ロンドンの都市圏の人口は1200万人から1400万人に達し、欧州域内では最大である。ロンドンは1831年から1925年にかけて、世界最大の人口を擁する都市であった。2012年にマスターカードが公表した統計によると、ロンドンは世界で最も外国人旅行者が訪れる都市である。 イギリスの首都とされているが、他国の多くの首都と同様、ロンドンの首都としての地位を明示した文書は存在しない。.

新しい!!: イギリスとロンドン · 続きを見る »

ロンドン塔

ンドン塔(ロンドンとう、Tower of London)は、イギリスの首都のロンドンを流れるテムズ川岸、イースト・エンドに築かれた中世の城塞である。 正式には「女王(国王)陛下の宮殿にして要塞・ロンドン塔(Her(His) Majesty's Royal Palace and Fortress of the Tower of London)」と呼ばれ、現在も儀礼的な武器などの保管庫、礼拝所などとして使用されている。ロンドンにおいては単に「塔(the Tower)」と称した場合はこの場所を指す。世界最大級のカット・ダイヤモンド「カリナン」はここで保管されている。.

新しい!!: イギリスとロンドン塔 · 続きを見る »

ロンドン交響楽団

ンドン交響楽団(ロンドンこうきょうがくだん、London Symphony Orchestra、略称LSO)は、イギリスのロンドン拠点のプロのオーケストラの1つ。ロンドンのオーケストラの中でも中心的存在。本拠地は1982年よりロンドンのバービカンセンターに置く。ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団とならび、「女王陛下のオーケストラ」としても知られ、名誉総裁(パトロン)にはエリザベス2世が就いている。.

新しい!!: イギリスとロンドン交響楽団 · 続きを見る »

ロンドン・ミッドランド・アンド・スコティッシュ鉄道

ンドン・ミッドランド・アンド・スコティッシュ鉄道 (London, Midland and Scottish Railway, LMS)は、イギリスにかつて存在した鉄道会社である。1921年鉄道法 (Railways Act 1921) による 300 あった鉄道会社を強制的に 4 つにするグループ化の一環として1923年1月1日に合併により成立した。この合併は、世界最大の車輌運用母体兼最大運輸組織兼ヨーロッパ最大の企業体であり、最大のホテルチェーンを包含しているといわれた。1938年、LMS は総延長 6,870 マイル (11,056 キロメートル) の鉄道 (北アイルランドの路線を除く) を運用していたが、収益率は 2.7% に過ぎなかった。イギリスの他の鉄道とともに、LMS は1948年に国有化された。.

新しい!!: イギリスとロンドン・ミッドランド・アンド・スコティッシュ鉄道 · 続きを見る »

ロンドン・ルートン空港

ンドン・ルートン空港()は、イギリスのベッドフォードシャー州ルートンにある空港である。 ロンドン市街地の北方約50キロの場所にある。 もともとはロンドン郊外の小さい空港だったが、現在では数多くの格安航空会社が就航している。 また、同国の格安航空会社であるイージージェット、モナーク航空の本拠地でもある。.

新しい!!: イギリスとロンドン・ルートン空港 · 続きを見る »

ロンドン・アンド・ノース・イースタン鉄道

ンドン・アンド・ノース・イースタン鉄道 (London and North Eastern Railway, LNER) は、1921年鉄道法 (Railways Act 1921) により成立したイギリスの四大鉄道会社の一つで、四社中第二位の規模を有していた。1923年1月1日から国有化される1948年1月1日まで存続し、国有化後はイギリス国鉄のイギリス国鉄東部局 (Eastern Region)、北部局およびスコットランド局 (Scottish Region) の一部へと分割された。 当初 16 年間は、サー・ラルフ・ウェッジウッド (Ralph Wedgwood) が LNER の総支配人を務めた。.

新しい!!: イギリスとロンドン・アンド・ノース・イースタン鉄道 · 続きを見る »

ロンドン・ガトウィック空港

ンドン・ガトウィック空港(ロンドン・ガトウィックくうこう)は、ロンドン中心部から南47.5km、ウェスト・サセックスクローリー中心から5km北に位置する、ロンドン・ヒースロー空港に次ぐイギリスで2番目に大きな空港である。.

新しい!!: イギリスとロンドン・ガトウィック空港 · 続きを見る »

ロンドン・スタンステッド空港

ンドン·スタンステッド空港は、イギリスのロンドンにある国際空港である。 ロンドン市街地から北東48Kmのエセックス州に位置し、ロンドンの名が付く6つの空港の中で、サウスエンド空港・ルートン空港に次ぎシティから離れている(残り3つは、ヒースロー空港、シティ空港、ガトウィック空港)。.

新しい!!: イギリスとロンドン・スタンステッド空港 · 続きを見る »

ロンドンデリー

デリー (Derry、)、公式にはロンドンデリー (Londonderry、)とは北アイルランドで2番目に大きいかつ、アイルランド島において4番目に大きい都市でもある。デリーと言う名は「オークの森」を意味するアイルランド語の「Daire」もしくは「Doire」をしたものである。1613年、ジェームズ1世の勅許状により都市になることが承認され、デリーの前に「ロンドン」を付ける形で市名がロンドンデリーに変更された。デリーという都市名がより一般的に知られているが、ロンドンデリーという都市名も一般的に使用されていて、法的名称として残っている。 フォイル川西川岸にある古い城壁都市は2つの道路橋と1つの歩道橋が架かっているが、現在両川岸とも市内(西の「シティサイド」と東の「」)に入っている。また都市区域は南東の農村部にも及んでいる。デリー区が管轄していて、とを抱えている。 市から約30km圏内にの大デリー地域の人口は23万7000人である。この地域はデリー・シティととの一部、ドニゴール州東部(とを含む)やで構成されている。 また、ドニゴール州とで接していて、多世紀に渡って親密な関係となっている。デリーの創設者は伝統的にコルムシルという聖人と見なされていて、コルムシルはからやってきた聖者で、ティアコネルは現在のドニゴール州のほぼ全ての地域(1610年以前はフォイル川西岸も一部だった)の古名である。 2013年、ロンドンデリーは2010年7月にに選出された。.

新しい!!: イギリスとロンドンデリー · 続きを見る »

ロンドン証券取引所

ント・ポール大聖堂から眺めたパターノスタースクエア。ロンドン証券取引所は写真の向かって右側の建物に入っている。 ロンドン証券取引所(ロンドンしょうけんとりひきじょ、London Stock Exchange, LSE)は、1801年に設立された、イギリスのロンドンにある証券取引所である。世界における主要な取引所のひとつであり、世界経済中枢の一角を担う。所在はシティ・オブ・ロンドンのセント・ポール大聖堂に近い、パターノスタースクエアに位置する。運営は2007年以降、ロンドン証券取引所グループ()が行っている。 上場企業は全体で3213社を数え、イギリス企業のみならず、国外の企業も多く含まれる。WFEの統計によると、2011年2月現在の時価総額は3.857兆ドル(約310兆円)であり第4位、2010年通年の売買代金は第6位であった。 代表的な株価指標は時価総額が最も大きい100社を対象としたFTSE 100で、これは1983年末の株価を基準値1000とした時価総額加重平均型株価指数である。 通常の立会時間は土曜・日曜・取引所の定める休みをのぞく平日午前8時から午後4時30分まで。 (日本時間:17:00-翌日01:30).

新しい!!: イギリスとロンドン証券取引所 · 続きを見る »

ローマ帝国の国境線

ーマ帝国の国境線(ローマていこくのこっきょうせん)は、ユネスコの世界遺産登録物件名である。ローマ帝国の繁栄と衰退を残す文化的景観が評価されて、1987年にイギリスのハドリアヌスの長城が単独で登録された。その後、2005年にドイツのリーメスを拡大登録した際に現在の名称となり、2008年にはイギリスのアントニヌスの長城も含まれることが決定した。.

新しい!!: イギリスとローマ帝国の国境線 · 続きを見る »

ローランド地方

ーランド地方(Lowlands、ローランドちほう、低地地方とも)は、スコットランド中部の低地帯を総称していう。北部のハイランド地方に対する呼称だが、ハイランドほどには頻繁に言及されない。広義にはクライド川河口のダンバートンと北海沿岸のを結ぶ線から南東のスコットランド中部・南部全体を指すこともある。低地地方といっても必ずしも地理的に低地にあたらない場合もある。.

新しい!!: イギリスとローランド地方 · 続きを見る »

ローリング・ストーンズ

・ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones) は、イギリスのロックバンド。1962年4月のロンドンで、ブライアン・ジョーンズ(ギター、ハーモニカ)、イアン・スチュワート(ピアノ)、ミック・ジャガー(リードヴォーカル、ハーモニカ)、キース・リチャーズ(ギター、ボーカル)によって結成、その後間もなくベーシストのビル・ワイマンとドラマーのチャーリー・ワッツが参加した。 結成当初のリーダーはジョーンズであったが、後にジャガーとリチャーズがコンビで作曲を行い、グループをリードするようになった。1969年、ジョーンズは体調不良と法律問題のためバンドへの貢献が減少しツアーへの参加もできなくなり、バンドを脱退、その3週間後にプールで溺死した。ジョーンズの後任としてミック・テイラーが加入、1974年に脱退するまで活動を続けた。その後、ロン・ウッドが加入する。ワイマンは、1993年にバンドを脱退、後任としてダリル・ジョーンズがベースを担当するようになるが、正式メンバーとしては加入していない。スチュワートは、1963年に公式メンバーから外されるが、バンドのロードマネージャーを続け、1985年に死去するまでピアニストとしてツアーやレコーディングに参加した。1982年以降は、チャック・リーヴェルがバンドのキーボードを担当している。 1960年代前半から現在まで半世紀以上、1度も解散することなく第一線で活躍を続ける、ロック界の有名バンドである。エアロスミスやプライマル・スクリーム、日本の萩原健一とテンプターズやRCサクセションなど、ローリング・ストーンズに影響を受けたアーティストは数多く存在する。ストーンズは労働者バンドというイメージが強いが、実際は違う。ミック・ジャガーとブライアン・ジョーンズは中流階級の出身である。 ストーンズは当初ヨーロッパでの人気が高まり、間もなくブリティッシュ・インヴェイジョンの一波として北米での成功を収めた。イギリスでは22作のスタジオアルバム(アメリカでは24作)、11枚のライブアルバム(アメリカでは12作)、多くのコンピレーションをリリースし、現在までの全世界での売り上げは2億枚を超える。『スティッキー・フィンガーズ』(1971年)はその後アメリカで8連続No1となるアルバム群の最初の1枚であった。最新作の『ア・ビガー・バン』は2005年にリリースされた。1989年にロックの殿堂入りし、2004年には「ローリング・ストーン」誌の100組の偉大なアーティストで4位にランクされた。2008年には「ビルボード」誌の100組のトップアーティストで10位にランクされ、ビルボード ホット100では2番目に成功したアーティストに選出された。 ストーンズの出現は、最初のアーバンブルースの世界的な人気の高まりの象徴の一つであった。バンド名はシカゴブルースの巨匠、マディ・ウォーターズの"Rollin' Stone"にちなんで、当時リーダーであったジョーンズが命名した。ストーンズの活動継続と関連に関して評論家のロバート・パーマーは、彼らは「より短命なポップ・ファッションが現れたり消えたりしている」間、「リズム・アンド・ブルースとソウル・ミュージックの中で伝統的な真実に根ざしている」ことによると語っている。初期のレパートリーではリズム・アンド・ブルースとブルースのカヴァーが多くを占めていたが、その中にはいつもロックンロールが含まれていた。 代表曲として「サティスファクション」「一人ぼっちの世界」「黒くぬれ!」「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」「ルビー・チューズデイ」「夜をぶっとばせ」「悪魔を憐れむ歌」「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」「ホンキー・トンク・ウィメン」「ブラウン・シュガー」「ダイスをころがせ」「悲しみのアンジー」「ミス・ユー」「スタート・ミー・アップ」など、数多くのヒット曲がある。.

新しい!!: イギリスとローリング・ストーンズ · 続きを見る »

ロールス・ロイス・ホールディングス

ールス・ロイス・ホールディングス(Rolls-Royce Holdings)は、GE・アビエーションに続き、世界で2番目に大きい、イギリスの航空用エンジン製造会社である。防衛航空宇宙、艦船、発電等も手がける。.

新しい!!: イギリスとロールス・ロイス・ホールディングス · 続きを見る »

ローワン・アトキンソン

ーワン・セバスチャン・アトキンソン(Rowan Sebastian Atkinson, CBE, 1955年1月6日 - )は、イギリスのコメディアン、俳優、脚本家である。 古典的なホームコメディ『ブラックアダー』『シン・ブルー・ライン』『Mr.ビーン』などで知られる。オブザーバー紙が2003年に集計した「イギリスのコメディアンの中で最も面白い人ベスト50」にランクインし、「コメディアンの中のコメディアン」を決める2005年の投票でもトップ50に入った。.

新しい!!: イギリスとローワン・アトキンソン · 続きを見る »

ロードレース (自転車競技)

自転車競技におけるロードレース(,, )とは、主に舗装された道路を自転車で走り、ゴールの順番や所要時間を争う競技である。走る距離は短いものでは数km程度(ステージレースのいわゆる「プロローグラン」)、長いレースでは1日で300km弱(ミラノ〜サンレモなど)にも及ぶ。どのレースでも個々の成績を争うため、基本的には個人競技であるが、上級カテゴリーのレースでは、複数人のメンバーが役割を分担して、チームが定めた目標達成のために走るため、ほとんどの場合、団体競技の様相を呈するのが特徴である。.

新しい!!: イギリスとロードレース (自転車競技) · 続きを見る »

ロック (音楽)

音楽ジャンルとしてのロック、ないし、ロック・ミュージック、ロック音楽(ロックおんがく、rock music)は、1950年代にアメリカ合衆国におけるロックンロールを起源とし、1960年代以降、特にイギリスやアメリカ合衆国で、幅広く多様な様式へと展開したポピュラー音楽のジャンルであるP.

新しい!!: イギリスとロック (音楽) · 続きを見る »

ロックンロール

ックンロール(, )は、1950年代半ばに現れたアメリカの大衆音楽スタイルの呼称である。語源については、古くからアメリカ英語の黒人スラングで「性交」及び「交合」の意味であり、1950年代はじめには「バカ騒ぎ」や「ダンス」という意味もあった。これを一般的に広め定着させたのは、DJのアラン・フリードであった。 1960年代後半には「ロック」という呼び方が一般化し、「ロックンロール」と呼ぶことは少なくなった北中,1985,pp.113-115.。 一方で、「ロックンロール」と「ロック」は別の物として使われることもある。1960年代後半、ロックンロールが進化してその枠を壊し、新たなサウンドが生まれ、それらのサウンドの総称として「ロック」という言葉が使われている。.

新しい!!: イギリスとロックンロール · 続きを見る »

ロイヤル・オペラ・ハウス

イヤル・オペラ・ハウス(Royal Opera House)は、ロンドンのコヴェント・ガーデンに所在する歌劇場。単にコヴェント・ガーデンと称してこの歌劇場を指すこともあり、またROHと略記されることもある。ロイヤル・オペラ、ロイヤル・バレエ団そしてロイヤル・オペラ・ハウス・オーケストラの本拠地として使用されている。 現在存在する建築物は3代目にあたる。ファサードと玄関、聴衆席は1856年に作られたものが残っているが、それ以外の部分については1990年代に改装されたものである。合計2,174人の聴衆を収容できる4階建ての円形観客席を有し、舞台の幅は12.20m、高さ14.80mである。観客席部分はイギリスの指定建造物となっている。 ドイツ圏の歌劇場に比べると先鋭的な読み替え演出は少ない。舞台の横幅が見劣りするものの、特に装置、キャスト、演奏水準は英国第一の歌劇場に相応しいレベルを維持している。オーケストラをはじめカンパニーは戦後に整備されたもので歴史は浅いが、これも比較的短期間で他の古参オペラハウスに見劣りのしない水準を獲得している。オペラの作品そのものを楽しむには非常に適した劇場ということで、1980年代より非常に多くの映像ソフトが日本でも紹介されている。.

新しい!!: イギリスとロイヤル・オペラ・ハウス · 続きを見る »

ロイヤルアスコット開催

イヤルアスコット開催(Royal Ascot Race Meeting)とは6月第三週にイギリスのアスコット競馬場でイギリス王室が主催する競馬開催の事である。 イギリスでは「ロイヤルミーティング」と呼ばれ、また日本では「ロイヤルアスコット」などと呼ぶ事が多い。.

新しい!!: イギリスとロイヤルアスコット開催 · 続きを見る »

ロシア帝国

ア帝国(ロシアていこく、 ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、1721年から1917年までに存在した帝国である。ロシアを始め、フィンランド、リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、中央アジア、シベリア、外満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。通常は1721年のピョートル1世即位からロシア帝国の名称を用いることが多い。統治王家のロマノフ家にちなんでロマノフ朝とも呼ばれるがこちらはミハイル・ロマノフがロシア・ツァーリ国のツァーリに即位した1613年を成立年とする。.

新しい!!: イギリスとロシア帝国 · 続きを見る »

ワールド・ベースボール・クラシック

ワールド・ベースボール・クラシック(英語:World Baseball Classic、略称:WBC)は、メジャーリーグベースボール(MLB)機構とMLB選手会により立ち上げられたワールド・ベースボール・クラシック・インク(WBCI)が主催する、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)公認の野球の世界一決定戦。.

新しい!!: イギリスとワールド・ベースボール・クラシック · 続きを見る »

ヴァージン・アトランティック航空

ヴァージン アトランティック航空(ヴァージン アトランティックこうくう、Virgin Atlantic Airways)は、イギリスの航空会社で、大陸間の長距離国際線をメインに運航している。.

新しい!!: イギリスとヴァージン・アトランティック航空 · 続きを見る »

ヴァージニア・ウルフ

ヴァージニア・ウルフ(Virginia Woolf, 1882年1月25日 - 1941年3月28日)は、イギリスの小説家、評論家、書籍の出版元であり、20世紀モダニズム文学 の主要な作家の一人。両大戦間期、ウルフはロンドン文学界の重要な人物であり、ブルームズベリー・グループの一員であった。代表作に『ダロウェイ夫人』 Mrs Dalloway (1925年)、『灯台へ』To the Lighthouse (1927年) 、『オーランドー』 Orlando (1928年)、『波』The Waves(1931年)などの小説や「女性が小説を書こうとするなら、お金と自分だけの部屋を持たなければならない」という主張で知られる評論『自分だけの部屋』A Room of One's Ownなどがある。.

新しい!!: イギリスとヴァージニア・ウルフ · 続きを見る »

ヴィルヘルム1世 (バイエルン公)

ヴィルヘルム1世 ヴィルヘルム1世(Wilhelm I., 1330年5月12日 - 1389年4月15日)は、14世紀の下バイエルン公。エノー伯、ホラント伯、ゼーラント伯、レスター伯でもあった。父は神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世、母はエノー伯、ホラント伯、ゼーラント伯の相続人マルガレーテ女伯。ルートヴィヒ5世、シュテファン2世は異母兄、ルートヴィヒ6世は同母兄、アルブレヒト1世、オットー5世は同母弟である。 1347年に父が没し、1349年に遺領が分割された時、ヴィルヘルム1世は異母兄のシュテファン2世と同母弟のアルブレヒト1世と共に下バイエルンを相続した(上バイエルンはルートヴィヒ5世、ルートヴィヒ6世、オットー5世が相続した)。その後、1353年に下バイエルンは更に分割、シュテファン2世はランツフートを獲得、ヴィルヘルム1世とアルブレヒト1世はシュトラウビングの公爵となった。 1350年、母がネーデルラント貴族に擁立されてヴィルヘルム1世と対立、イングランド王エドワード3世の介入もあり内戦が拡大したが、1354年に和睦、母の領土の一部、ホラントとゼーラントを譲り受けたが、残りのエノーは1356年の母の死によって相続した。 しかし、1357年に精神に異常をきたしたため、アルブレヒト1世が政務を代行、ヴィルヘルム1世は1389年に死ぬまで幽閉された。その後、シュトラウビング、ホラント、ゼーラント、エノーはアルブレヒト1世に受け継がれた。 1352年にランカスター公ヘンリー・オブ・グロスモントの長女(ジョン・オブ・ゴーントの義姉)と結婚したが、子はなかった。 Category:バイエルン公 Category:下バイエルン公 Category:バイエルン=シュトラウビング公 Category:ホラント伯 Category:エノー伯 Category:レスター伯 Category:バイエルン=シュトラウビング家 Category:フランクフルト・アム・マイン出身の人物 Category:1330年生 Category:1389年没.

新しい!!: イギリスとヴィルヘルム1世 (バイエルン公) · 続きを見る »

ボーダフォン

ボーダフォン・グループ(Vodafone Group Plc)は、イギリスに本社を置く世界最大の多国籍携帯電話事業会社である。2006年6月における市場価値は1340億ドル。1985年1月創業。Vodafoneは現在26か国に子会社があり、33か国以上にパートナーネットワークが存在する。社名の由来はVoice Data FONE (PHONE) に由来する。2012年にケーブル・アンド・ワイヤレスを買収した。.

新しい!!: イギリスとボーダフォン · 続きを見る »

ボビー・ロブソン

ー・ロバート・ウィリアム・ロブソン CBE(Sir Robert William "Bobby" Robson, 1933年2月18日 - 2009年7月31日)は、イングランド出身のサッカー選手、指導者。選手としてイングランド代表でプレイし、現役引退後は監督を務めた。 プロサッカー選手としての20年近くのキャリアを3つのクラブ、フラム、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン、バンクーバー・ロイヤルズで送り、ポジションはインサイドフォワードであった。イングランド代表では20キャップを記録し、4ゴールを挙げている。現役引退後には監督としてクラブ、代表の双方で結果を残し、オランダとポルトガルではリーグタイトル、イングランドとスペインでもカップ戦のタイトルを獲得した。1990 FIFAワールドカップでは1966 FIFAワールドカップ以降では最高となるベスト4へイングランド代表を導いた。最後に就いた仕事はアイルランド代表監督の顧問であった。 2002年にはナイトを受勲し、2003年にはイングランドサッカーの殿堂入りをし、イプスウィッチ・タウンの名誉会長の栄誉を授かった。1991年からがんに冒され健康に問題を抱えたが、2008年3月からがん研究のための慈善団体であるサー・ボビー・ロブソン基金を設立し、700万ポンド以上の資金を集めた(2014年3月現在)。2008年8月に肺がんは末期状態となったが、「病状は最後に化学療法を行っていた時から変わっていない。そう長くはないだろう。けれども、それは誰もが辿る道であるし、これまで1分1秒を楽しんできた。」と話し、その翌年に亡くなった。.

新しい!!: イギリスとボビー・ロブソン · 続きを見る »

ボイン川の戦い

ボイン川の戦い(Battle of the Boyne)は、1690年7月1日(ユリウス暦、グレゴリオ暦では7月12日)、ウィリアム3世率いるイングランド・オランダ連合軍と、退位させられたジェームズ2世率いるアイルランド軍の間に行われた戦い。アイルランドのボイン川河畔で行われた。イングランド軍36,000人とアイルランド軍25,000人が戦い、ウィリアム3世が勝利してイングランド王位の保持を決定的なものにした。.

新しい!!: イギリスとボイン川の戦い · 続きを見る »

ボクシング

ボクシング(boxing)は、拳にグローブを着用しパンチのみを使い、相手の上半身前面と側面のみを攻撃対象とする格闘スポーツ。拳闘(けんとう)ともいう。ボクシングに似た競技はフランスのサバットのほか、タイのムエタイおよびムエタイをベースにした日本のキックボクシングやシュートボクシング等があり、それらと区別するための俗称として国際式ボクシングと呼ばれることもある。.

新しい!!: イギリスとボクシング · 続きを見る »

ボクシング・デー

ボクシング・デー()は、イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・ケニア・南アフリカ共和国・香港・ナミビア・ベリーズなどの英連邦でよく見られる、キリスト教に由来した休日。日付は12月26日。アイルランド、ドイツ、北欧などでは、聖ステファノの日(英語では聖スティーヴンの日、イエス・キリストが神の子であると述べ伝えたために、ユダヤ教の教義に反するとして同じユダヤ人によって石打の刑に処された殉教者ステファノを偲ぶ)。 クリスマスの翌日で、元々は、教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱()を開ける日であったことからと呼ばれる。スペルは同じだが、スポーツのボクシングの意味ではない。 クリスマスも仕事をしなければならなかったバトラーはじめ、使用人たちに翌日、家族と過ごさせるための休日で、この日は一家の者たちは使用人に頼らず自分で全ての家事をしなければならない。また当日、主人が箱に贈り物を入れて彼らに配った。他、クリスマスにクリスマス・カードやプレゼントを届けてくれた郵便配達員にも、ねぎらいの意を込めて26日(当日が日曜日の場合は27日)に箱入りのプレゼント()をする。また、バーゲンセールが行われる。 Category:キリスト教圏の年中行事 Category:12月の記念日 Category:クリスマス Category:オーストラリアの祝日 Category:ニュージーランドの祝日 Category:イギリスの祝日.

新しい!!: イギリスとボクシング・デー · 続きを見る »

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争

ミハイル・エフスタフィエフ撮影) ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(ボスニア・ヘルツェゴビナふんそう、Bosnian War)は、ユーゴスラビアから独立したボスニア・ヘルツェゴビナで1992年から1995年まで続いた内戦。単にボスニア紛争とも呼ばれる。.

新しい!!: イギリスとボスニア・ヘルツェゴビナ紛争 · 続きを見る »

トマス・マロリー

トマス・マロリー(Sir Thomas Malory, 1399年 - 1471年3月14日)は、イングランド人で、『アーサー王の死』の著者・編者。 古物収集家はマロリーをウェールズ人だと考えたが、最近の学説ではウォリックシャー州ニューボールド・レヴェル出身と考えられている。姓のマロリーは Malory のほか、Maillorie、Mallory、Mallery、Malerore などの表記が見られる。この名前の語源は古フランス語の形容詞 maleure(ラテン語 male auguratus からきている)で、「前触れなく」または「不幸な」という意味。 マロリーの生涯に関して確実とされるものは少ない。おそらく1405年前後に生まれたとされているが、もっと前に生まれていたとする学者もいる。名作『アーサー王の死』の完成から2年もたたない1471年3月に、彼は死んだ。イングランド議会の議員に2度選出された。1450年代には、強盗、強姦、羊泥棒、バッキンガム公暗殺未遂などの罪を犯した。2回脱獄している(片方は武器を用いての強行突破、もう片方は堀を泳いでの逃走)。ロンドン内の複数の刑務所に投獄されたが、保釈で出獄中の収監になったこともある。自身に対する賠償請求訴訟に姿を見せたことがない。 1460年代に一度だけ、王(ヘンリー6世)の恩赦を受けたが、ヘンリー6世の別の恩赦やエドワード4世の恩赦では、明示的に除外されていた。 このことは、作品の一部を獄中で書いたとマロリー自身が節末に記していることからも明らかである。 は、『アーサー王の死』の奥付におけるマロリー自身に関する記述から、マロリーが司祭だったかも知れないと考えた。 『アーサー王の死』を元に書かれたT. H. WhiteのThe Once and Future Kingの最後に、登場人物として若い頃のマロリーが描かれている。このカメオ出演は、ブロードウェイミュージカル『キャメロット』にも見られる。現代では、アーサー王伝説もの作品の多くが、マロリーを根底にしている。ジョン・ブアマンの映画『エクスカリバー』もその一つで、『アーサー王の死』の完全な再現を目指していた。.

新しい!!: イギリスとトマス・マロリー · 続きを見る »

トラックレース

1周400m走路の自転車トラック(平塚競輪場) トラックレースとは、陸上競技や自転車競技において、競技場のトラックを周回するレース(競走・競争競技)のこと。ここでは自転車競技について説明する。その競技場のことを自転車競技では、自転車競技場や競輪場と呼ぶ。.

新しい!!: イギリスとトラックレース · 続きを見る »

トライデント (ミサイル)

トライデント(Trident)は、複数個別誘導再突入体付き潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)。アメリカ海軍では艦隊弾道ミサイル(FBM: Fleet Balistic Missile)と呼ばれ、核弾頭を装備し、原子力推進弾道ミサイル潜水艦から発射される。当初の一次契約者かつ開発者はロッキード・マーティン・スペース・システムズ社である。 トライデントはアメリカ海軍で現役の14隻のオハイオ級原子力潜水艦にアメリカ製核弾頭付きで、イギリス海軍では4隻のヴァンガード級原子力潜水艦にイギリス製の核弾頭付きで搭載されている。.

新しい!!: イギリスとトライデント (ミサイル) · 続きを見る »

トリップ・ホップ

トリップ・ホップ (Trip Hop) は、音楽のジャンル。ヒップホップから影響を受け発展した音楽で、イギリスのブリストルが発祥地と言われる音楽であることから、ブリストル・サウンド(Bristol sound)とも呼ばれる。.

新しい!!: イギリスとトリップ・ホップ · 続きを見る »

トレント川

トレント川(River Trent)は、イギリスのイングランド中部の河川。イギリスで3番目に長い河川であり、総延長は298km本項ではトレント川をハンバー川の支流として扱っているが、トレント川とハンバー川で一体の河川と見なす見解もある。一体の河川とした場合の延長は357kmとなりセヴァーン川を上回ってイギリス最長となるが、2位のテムズ川にも同様の議論があるためテムズ川を最長とする見解もある。詳細は:en:Longest rivers of the United Kingdom参照。。.

新しい!!: イギリスとトレント川 · 続きを見る »

トーマス・ハーディ

トーマス・ハーディの心臓が埋葬された墓 トーマス・ハーディ(Thomas Hardy OM, 1840年6月2日 - 1928年1月11日)は、イギリスの小説家、詩人。ドーセット州出身。.

新しい!!: イギリスとトーマス・ハーディ · 続きを見る »

トニー・ブレア

アントニー・チャールズ・リントン・ブレア(、1953年5月6日 - )、通称トニー・ブレア(Tony Blair)は、イギリスの政治家、弁護士。 首相(第73代)、労働党党首(第18代)、下院議員(7期)を歴任する。いまだ前近代的・封建的な慣習や制度が残存していたイギリス貴族院において、世襲議員議席数の制限とイギリス最高裁判所の権能独立という二大改革を成し遂げ、本来のあり方に近い権力分立制の確立を達成した。また、2000年捜査権限規定法を成立させた。.

新しい!!: イギリスとトニー・ブレア · 続きを見る »

ヘンリー・ハドソン

1885年出版の「Cyclopaedia of Universal History」にヘンリー・ハドソンの肖像画として掲載された絵(本人かどうかは不明) ヘンリー・ハドソン(Henry Hudson、1560年代~70年頃 - 1611年?)はイングランドの航海士、探検家。北アメリカ東海岸やカナダ北東部を探検した。ハドソン湾、ハドソン海峡、ハドソン川は彼の名にちなむ。.

新しい!!: イギリスとヘンリー・ハドソン · 続きを見る »

ヘンリー・パーセル

ヘンリー・パーセル(英:Henry Purcell、1659年9月10日? - 1695年11月21日)は、バロック時代におけるイングランドの作曲家。イタリアやフランスの影響を受けつつ独自の音楽を生み出した、最も優秀なイギリス人の作曲家の1人として知られている。弟にダニエル・パーセルがいる。 生涯に残した曲はおよそ400曲以上あるが、どれもエリザベス朝時代のイギリス音楽が持つ諸要素と彼が取り入れたイタリア・フランスの風が巧く融合し、自由奔放な彼独特の世界観を醸し出している。.

新しい!!: イギリスとヘンリー・パーセル · 続きを見る »

ヘンリー・キャヴェンディッシュ

ヘンリー・キャヴェンディッシュ(Henry Cavendish, 1731年10月10日 – 1810年2月24日)は、イギリスの化学者・物理学者である。貴族の家に生まれ育ち、ケンブリッジ大学で学んだ。寡黙で人間嫌いな性格であったことが知られている。遺産による豊富な資金を背景に研究に打ち込み、多くの成果を残した。 金属と強酸の反応によって水素が発生することを見出した。電気火花を使った水素と酸素の反応により水が生成することを発見し、水が化合物であることを示した。この結果をフロギストン説に基づいて解釈している。さらに水素と窒素の電気火花による反応で硝酸が得られ、空気中からこれらの方法で酸素と窒素を取り除くと、のちにアルゴンと呼ばれる物質が容器内に残ることを示した。 彼の死後には、生前に発表されたもののほかに、未公開の実験記録がたくさん見つかっている。その中には、ジョン・ドルトンやジャック・シャルルによっても研究された気体の蒸気圧や熱膨張に関するものや、クーロンの法則およびオームの法則といった電気に関するものが含まれる。これらの結果はのちに同様の実験をした化学者にも高く評価された。(ただしこれらは、未公開であったがゆえに、科学界への影響はほとんどなかった。「もし生前に公開されていたら」と、ひどく惜しまれた。) ハンフリー・デービーはキャヴェンディッシュの死に際し、彼をアイザック・ニュートンに比して評価した。19世紀には彼の遺稿や実験結果が出版され、彼の名を冠したキャヴェンディッシュ研究所が設立されている。.

新しい!!: イギリスとヘンリー・キャヴェンディッシュ · 続きを見る »

ヘブリディーズ諸島

ヘブリディーズ諸島。オレンジの島々をアウター・ヘブリディーズ、赤をインナー・ヘブリディーズと呼ぶ ヘブリディーズ諸島(英語:pron,;, スコットランド・ゲール語:Innse Gall)は、スコットランド西岸に広範囲に広がる島嶼部の総称である。この島嶼部は、インナー・ヘブリディーズとアウター・ヘブリディーズの2つのグループに分けられる。これらの島々は中石器時代にさかのぼる長い歴史を持ち、ケルト人、ノース人、英語を話す人々からの相次ぐ占領で、住民の文化は影響を受けてきた。島の名にこれらの影響が反映されている 。.

新しい!!: イギリスとヘブリディーズ諸島 · 続きを見る »

ブラー

ブラー(Blur)は、イギリスのロックバンド。.

新しい!!: イギリスとブラー · 続きを見る »

ブラッドリー・ウィギンス

ブラッドリー・ウィギンス(、 1980年4月28日- )は、イギリスの自転車競技選手。2004年12月31日に、大英帝国勲章(OBE)を受章し、現在はCBE。.

新しい!!: イギリスとブラッドリー・ウィギンス · 続きを見る »

ブラッドフォード (イングランド)

ブラッドフォード(Bradford)は、イングランド北部・ウェスト・ヨークシャー州にあるシティ・オブ・ブラッドフォードの中心エリア。人口は約29万人。 19世紀、産業革命での工場や繊維産業の中心地としてブラッドフォードは繁栄した。特にヴィクトリア時代に、近隣の土地から産出した石灰岩による多くの美しい建物群が建造された。街には、第一級指定建築物の市庁舎 (Bradford City Hall)やブラッドフォード大聖堂 (Bradford Cathedral) その上5,800棟の指定建造物である。 アジア系住民(特にパキスタン出身者)が多いが、これは繊維産業に従事するため第二次世界大戦後に移住してきたものである。.

新しい!!: イギリスとブラッドフォード (イングランド) · 続きを見る »

ブラック・サバス

ブラック・サバス(Black Sabbath)は、イングランド出身のロック・バンド。 幾度もの変遷を経ながらも約50年に渡って活動し、「レッド・ツェッペリン」「ディープ・パープル」と並ぶ、三大ハードロック・バンドに数えられる。また、ヘヴィメタルの源流となる始祖的グループとしても知られる。 2000年・2014年『グラミー賞』受賞。2006年『ロックの殿堂』入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第85位。.

新しい!!: イギリスとブラック・サバス · 続きを見る »

ブリュッセル

ブリュッセル市庁舎 ブリュッセル( 、 、 、 )は、ベルギーの首都である。名称は「沼、湿地(bruoc、bruc、broek)」、「家(sella、zele)」という単語から来ている。ブリュッセル単独で、ベルギーの連邦構成主体である3つの地域のうちの一つ、ブリュッセル首都圏地域(、)を構成している。 人口116万人(2014年)。他の2つの地域と比べて面積は161km2と相対的に狭いが、約30km2の森林地域を除いて、その領域のほとんどが市街化されている。ユーロクリアと国際銀行間通信協会に加え、ロスチャイルド系グループ・ブリュッセル・ランバート本部と本部まで抱える、欧州有数の世界都市である。2013年に行われたアメリカのダウ・ジョーンズらによる調査は、ブリュッセルを世界24位の金融センターと評価している。 16世紀より欧州郵便網(帝国郵便)の起点であった歴史を持つ。1893年、フレンチ・コロニアル・ユニオンのジョゼフ・シェレが国際植民地学院の設立を提唱し、翌年に議会の承認を得た。学院は、植民地の行政・法制を比較研究する目的でブリュッセルにおかれた。戦後にブリュッセルはNATO の原点となり、現在では欧州連合の主要機関とアメリカ合衆国通商代表部の事務所が置かれている。.

新しい!!: イギリスとブリュッセル · 続きを見る »

ブリットポップ

ブリットポップ(Britpop)またはブリットポップ・ムーブメント(Britpop Movement)は、1990年代にロンドンやマンチェスターを中心に発生したイギリスのポピュラー音楽ムーブメントである。ブリティッシュ・インヴェイジョン、グラム・ロック、パンク・ロックなど、イギリスのロック黄金期の影響を受けたバンドが多くデビューし、イギリス音楽界を盛り上げた。 このムーブメントは、ブラー、オアシスを中心に一旦は海外にも広まる兆しを見せ、他のポップカルチャーも巻き込んだ「クール・ブリタニア」などの狂騒を生んだが、ムーブメントの中心人物だったブラーのデーモン・アルバーンによる「ブリットポップは死んだ」と言う発言などによって、1997年 - 1998年頃に一応の終止符が打たれた。.

新しい!!: イギリスとブリットポップ · 続きを見る »

ブリテン諸島

ブリテン諸島(ブリテンしょとう、British Isles)は、ヨーロッパ大陸の北西沖の大西洋上に浮かぶ諸島。グレートブリテン島とアイルランド島の2つの大きな島と、その周囲の大小の島々から成る。イギリス諸島とも呼ばれる。 この諸島の名前は2000年間にもわたって使用されており、ローマの博物学者大プリニウスの Naturalis Historia (iv.xvi.102) には「それ自体をアルビオンとよび、その周辺の島々は簡潔に Britanniae とよばれている」と記述されている。.

新しい!!: イギリスとブリテン諸島 · 続きを見る »

ブリティッシュ・エアウェイズ

ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)は、イギリスの航空会社。ヨーロッパでは3位、世界では9位の規模を誇る大手航空会社であり、イギリスのいわゆる「フラッグ・キャリア」である。なお、日本では「英国航空(えいこくこうくう)」と呼ばれることもある。.

新しい!!: イギリスとブリティッシュ・エアウェイズ · 続きを見る »

ブリストル

ブリストル(; )は、イギリス西部の港湾都市。サウス・ウェスト・イングランドの典礼カウンティにあるユニタリー(単一自治体)であり、ロンドンの西169キロで、カーディフの東71キロの位置である。 2007年中頃にブリストルだけで416,400人の人口と推計され、近隣の居住者も一緒にすると約561,500人と推計される。これは、イングランドで6番目、イギリス全体で見ても8番目に人口が多く、サウス・ウェスト・イングランドで最も人口の多い都市である。サマセットとグロスタシャーのカウンティに接し、南東には歴史的な都市バースがあり、北にはグロスターが位置する。エイボン川に沿って形勢されており、それが流入するブリストル海峡にも接している。.

新しい!!: イギリスとブリストル · 続きを見る »

ブリタニア (女神)

ブリタニアとはイギリスを擬人化した女神であり、象徴とされる。由来はグレートブリテン島のラテン語名から。フランスのマリアンヌと並び、風刺画などに描かれる。 ユニオンフラッグを描いた盾とポセイドンの三叉戟を手にし、アテナの兜をかぶった姿で描かれる。 英国の愛国歌「ルール・ブリタニア」はこの英国をこの女神に擬えて歌っており、最後の歌詞ではブリタニアはミューズから王冠を戴くという。.

新しい!!: イギリスとブリタニア (女神) · 続きを見る »

ブレナム宮殿

ブレナム宮殿(ブレナムきゅうでん、Blenheim Palace)は、イギリスのオックスフォード近郊のにある宮殿。.

新しい!!: イギリスとブレナム宮殿 · 続きを見る »

ブレトン・ウッズ協定

ブレトン・ウッズ協定(ブレトン・ウッズきょうてい、Bretton Woods Agreements)とは、第二次世界大戦後半の1944年7月、アメリカ合衆国のニューハンプシャー州ブレトン・ウッズで開かれた連合国通貨金融会議(45ヵ国参加)で締結され、1945年に発効した国際金融機構についての協定である。「アメリカ合衆国ドルを基軸とした固定為替相場制」であり、1オンス35USドルと金兌換によってアメリカのドルと各国の通貨の交換比率(為替相場)を一定に保つことによって自由貿易を発展させ、世界経済を安定させる仕組みであった。この体制は1971年のニクソンショックまで続き、戦後の西側諸国の経済の復興を支えた。この協定に基づいて確立した体制のことをブレトン・ウッズ体制という。.

新しい!!: イギリスとブレトン・ウッズ協定 · 続きを見る »

ブロンテ姉妹

ブロンテ姉妹(ブロンテしまい、Brontë sisters, Brontës )は、イギリスのヴィクトリア時代を代表する小説家姉妹。シャーロット、エミリー、アンの3人を指す。 ヨークシャーのソーントンの牧師の子として生まれた。姉妹3人共同の『詩集』を発表の後、それぞれ小説を書く。シャーロットは『ジェーン・エア』、エミリーは『嵐が丘』、アンは『ワイルドフェル屋敷の人々』を発表し、イギリス文壇に多大な影響を与えた。.

新しい!!: イギリスとブロンテ姉妹 · 続きを見る »

ブックメーカー

ブックメーカー(bookmaker)とは、欧米における賭け屋である。ちぢめてbookie(ブッキー)と呼ぶ。台帳(book)をつける奴、すなわち日本語のノミ屋を意味する場合が多い。「ブックメーカー」という名称だが出版社や書店のことでも無く、ブックメーカー方式を採用していると言う意味でも無いのでパリミュチュエル方式など他のオッズシステムを採用しているブックメーカーも存在する。.

新しい!!: イギリスとブックメーカー · 続きを見る »

ブエルタ・ア・エスパーニャ2017

ブエルタ・ア・エスパーニャ2017(Vuelta a España 2017)は、ブエルタ・ア・エスパーニャの72回目の大会である。2017年8月19日から9月10日まで行われた。.

新しい!!: イギリスとブエルタ・ア・エスパーニャ2017 · 続きを見る »

プリペイド

プリペイド(英:Prepaid)とは、商品・サービスを受けるにあたり、現金や料金をあらかじめ前払いすること。.

新しい!!: イギリスとプリペイド · 続きを見る »

プリマス

プリマス(Plymouth)は、イングランド南西部のデヴォン州にある港湾都市で、行政はシティかつ単一自治体 (Unitary Authority)である。 17世紀、ピューリタン(清教徒)を含んだピルグリム・ファーザーズの一団、102名はこの港からメイフラワー号に乗船し、新大陸に向かった。その到着地点となった海岸部が、現在のアメリカ東部マサチューセッツ州の都市プリマスに当たる(彼らが出発地と同じ名を名づけたとよく言われるが、実際は同名の地に偶然到着したのである)。現在はイギリス国内有数の港湾都市、およびイギリス海軍の重要な軍港として知られている。.

新しい!!: イギリスとプリマス · 続きを見る »

プレミアリーグ

プレミアリーグ(Premier League)は、イングランドのサッカーリーグにおけるトップディヴィジョン(1部リーグ)。.

新しい!!: イギリスとプレミアリーグ · 続きを見る »

プロディジー

・プロディジー(The Prodigy)は、イギリスのテクノ / エレクトロロック・バンド。 1980年代末期のレイヴカルチャーをその出身基盤にもち、ロックとテクノの積極的な融合を試みることで、その先駆者として既存の電子音楽の持つ可能性を大きく押し広げた。特に、世界的なヒットを記録した3rdアルバム『ザ・ファット・オブ・ザ・ランド』は、1990年代におけるダンス・ミュージックの到達点、金字塔と評される。.

新しい!!: イギリスとプロディジー · 続きを見る »

プロイセン王国

プロイセン王国(プロイセンおうこく、Königreich Preußen)は、ホーエンツォレルン家の君主が統治したヨーロッパの王国。現在のドイツ北部からポーランド西部にかけてを領土とし、首都はベルリンにあった。 プロイセンの語源となったプルーセンはドイツ騎士団に征服され、1224年にドイツ騎士団国が作られた。ドイツ騎士団国は1525年にプロシア公領ないしプロイセン公国となる。1618年、公国はブランデンブルク選帝侯領とともに、同君連合であるブランデンブルク=プロイセンを構成した。君主フリードリヒ・ヴィルヘルムは、オランダ総督との姻戚関係によって威勢を増した。1701年にプロイセン王国となった。王国は北ドイツ連邦の盟主となるまで軍事国家として成長し続け、普仏戦争に勝利した。そのときプロイセンを盟主とするドイツ帝国ができた。1918年からドイツ革命によりヴァイマル共和政のプロイセン州となった。(#歴史).

新しい!!: イギリスとプロイセン王国 · 続きを見る »

プログレッシブ・ロック

プログレッシブ・ロック()は、1960年代後半のイギリスに現れたロックのジャンルの1つ。実験的・前衛的なロックとして、それまでのシングル中心のロックから、より進歩的なアルバム志向のロックを目指した。誕生以降、スタイルの発展、拡散・細分化が進んだ。しかし、当初の進歩的・前衛的なロック志向から、一部のクラシック音楽寄りな音楽性が、復古的で古色蒼然としていると見られ、70年代半ばから後半にかけて衰退したとされている。後年、マリリオン、アネクドテンの登場により、復活してきている。日本に於ける一般的な略称は「プログレ」。.

新しい!!: イギリスとプログレッシブ・ロック · 続きを見る »

パリ

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.

新しい!!: イギリスとパリ · 続きを見る »

パンク・ロック

パンク・ロック (Punk Rock) は、1970年代中頃に生まれたロックのスタイルの一つ。パンクと略称されることが多い。 日本のパンクバンドについては、日本のパンク・ロックの項を参照。.

新しい!!: イギリスとパンク・ロック · 続きを見る »

パブリックスクール

パブリックスクール (public school).

新しい!!: イギリスとパブリックスクール · 続きを見る »

ヒンドゥー教

ヒンドゥー教(ヒンドゥーきょう、Hinduism、हिन्दू धर्म、सनातनधर्मः)、慣用表記でヒンズー教、ヒンヅー教、ヒンド教、ヒンドゥ教は、インドやネパールで多数派を占める民族宗教、またはインド的伝統を指す。西欧で作られた用語である。 英語のHinduは、まずイスラム教徒との対比において用いられるのが現在では一般的で、イスラム教徒以外で小宗派を除いた、インドで5億人を超えるような多数派であるインド的な複数の有神教宗派の教徒の総称である。ヒンドゥー教徒の数はインド国内で8.3億人、その他の国の信者を合わせると約9億人とされ、キリスト教、イスラム教に続いて、人口の上で世界で第3番目の宗教である。 同じくヒンドゥー教と訳される英語のHinduismは、最も広い意味・用法ではインドにあり、また、かつてあったもの一切が含まれていて、インドの歴史では先史文明のインダス文明まで遡るものであるが、一般的には、アーリア民族のインド定住以後、現代まで連続するインド的伝統を指す。西洋では、このうち仏教以前に存在した宗教をバラモン教()、特にヴェーダ時代の宗教思想をヴェーダの宗教()と呼んだ。。 ヒンドゥー教の狭い意味での用法は、仏教興隆以後発達して有力になったもので、とくに中世・近世以後の大衆宗教運動としてのシヴァ教徒・ヴィシュヌ教徒などの有神的民衆宗教を意識しての呼び方であることが多い川崎信定 『インドの思想』 放送大学教育振興会、1997年。.

新しい!!: イギリスとヒンドゥー教 · 続きを見る »

ヒツジ

ヒツジ(羊、綿羊、学名 )は、ウシ科ヤギ亜科の鯨偶蹄目である。角をもち、主に羊毛のために家畜化されている。.

新しい!!: イギリスとヒツジ · 続きを見る »

ビートルズ

・ビートルズ は1960年代から1970年代初頭にかけて活動したイギリス・リヴァプール出身のロックバンド。20世紀を代表するアーティストの一つである。.

新しい!!: イギリスとビートルズ · 続きを見る »

ビッグ・ビート

ビッグ・ビート()は、音楽のジャンルの一種で、テクノの細分類の一つである。バンドサウンド重視の音作りとサンプリングによるループを多用したブレイクビーツが特徴である。.

新しい!!: イギリスとビッグ・ビート · 続きを見る »

ピューリタン

John Howe,:en:Richard Baxter. ピューリタン()は、イングランド国教会の改革を唱えたキリスト教のプロテスタント(カルヴァン派)の大きなグループ。市民革命の担い手となった。日本語では清教徒と訳される。.

新しい!!: イギリスとピューリタン · 続きを見る »

ピルグリム・ファーザーズ

ピルグリム・ファーザーズ(Pilgrim Fathers)は、アメリカに渡ったイギリスのピューリタン(清教徒)たちである。「Pilgrims」は「巡礼始祖」の意味。.

新しい!!: イギリスとピルグリム・ファーザーズ · 続きを見る »

ピンク・フロイド

ピンク・フロイド(Pink Floyd) は、イングランド出身のロック・バンド。 プログレッシブ・ロックの先駆者としても知られ、1970年代のプログレッシヴ・ロックにおける五大バンドの一つとされている。作品の総売り上げは2億3000万枚以上、代表作『狂気』が全米チャートに「741週連続ランクイン」するなど、ロック界のレジェンドとして世界的な名声を誇った。 1995年度『グラミー賞』受賞。1996年『ロックの殿堂』入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」51位。.

新しい!!: イギリスとピンク・フロイド · 続きを見る »

ピーター・セラーズ

ピーター・セラーズ, CBE(Peter Sellers, 1925年9月8日 - 1980年7月24日)は、イギリスのコメディアン、喜劇俳優。本名はRichard Henry Sellers(リチャード・ヘンリー・セラーズ)。しかし幼少時から両親に「ピーター」と呼ばれていた。これは死産だった兄の名前という。.

新しい!!: イギリスとピーター・セラーズ · 続きを見る »

ツール・ド・フランス2012

ツール・ド・フランス2012(Tour de France 2012)は、自転車ロードレースであるツール・ド・フランスの99回目の大会。2012年6月30日から7月22日にかけて開催された。.

新しい!!: イギリスとツール・ド・フランス2012 · 続きを見る »

テムズ川

テムズ川( )は、南イングランドを流れる川であり、ロンドンを海とつないでいる。代表的なエスチュアリーの入り江をつくる河川である。テームズ川とも表記される。 ルネサンス期にギリシア語が語源であるという誤った認識が広まり、読み方を変えずにからに綴りが変更されている。.

新しい!!: イギリスとテムズ川 · 続きを見る »

テリーザ・メイ

テリーザ・メアリー・メイ(Theresa Mary May、1956年10月1日 - )は、イギリスの政治家。イギリス首相(第76代)、保守党党首(第27代)。名は「ティリーザ」と発音・表記されることもある。旧姓はブレイジャー(Brasier)。 庶民院議員、枢密顧問官、内務大臣などを歴任した。マーガレット・サッチャーに続く、イギリスで2人目の女性の保守党党首かつ首相。.

新しい!!: イギリスとテリーザ・メイ · 続きを見る »

テンサイ

文部科学省 「」| kJ.

新しい!!: イギリスとテンサイ · 続きを見る »

ティレル

ティレル(Tyrrell Racing Organization Ltd.)は、かつてF1に参戦していたイギリスを本拠とするコンストラクター。1970年代の日本ではタイレルと表記されていたが、これはアメリカ英語に基づいた発音である。ジャッキー・スチュワートにより2度のタイトルを獲得し、名門チームとして名を馳せた。 若手ドライバーが所属することも多く、ジョディー・シェクター、ミケーレ・アルボレート、ジャン・アレジなどが初期のF1キャリアをティレルで過ごした。 中嶋悟や片山右京を始めとする日本人ドライバーが在籍するなど、日本と縁の深いチームであった。創始者はケン・ティレル。.

新しい!!: イギリスとティレル · 続きを見る »

テクノポップ

テクノポップ(Technopop/Techno Pop)は、シンセサイザー・シーケンサー・ヴォコーダーなどの電子楽器を使ったポピュラー音楽。1970年代後半から日本で使われた音楽用語で、日本独自表現である。.

新しい!!: イギリスとテクノポップ · 続きを見る »

デペッシュ・モード

デペッシュ・モード(Depeche Mode)は、イングランド出身のロック・バンド。 欧米ではスタジアム級の実績を誇る世界的グループ。ニュー・ウェーヴの旗手として、なおも第一線で活動し続けている。.

新しい!!: イギリスとデペッシュ・モード · 続きを見る »

デュラン・デュラン

デュラン・デュラン(Duran Duran)は、イギリスのロックバンド。1978年、イングランド中部・バーミンガムにて結成された。1980年代前半のニューロマンティック(New Romantic)といわれるムーブメントやMTVブームの火付け役。バンド名はジェーン・フォンダが主演したSF映画『バーバレラ』(1968年)で登場する悪役「デュラン・デュラン (Durand-Durand) 博士」より。当時バンドの登竜門となっていた、バーミンガムのクラブ『』が、同映画から命名されていたため、バーバレラでの演奏を目指す意思を表明したものである。.

新しい!!: イギリスとデュラン・デュラン · 続きを見る »

デーヴィッド・ハーバート・ローレンス

デーヴィッド・ハーバート・ローレンス(David Herbert Richards Lawrence, 1885年9月11日 - 1930年3月2日)は、イギリス、ノッティンガムシャー出身の小説家・詩人。 1908年にノッティンガム大学を卒業した後、小学校の教員となり、1911年に小説を出している。1912年から1914年にかけてドイツに渡り、1914年イギリスに帰国後結婚した。『息子と恋人』(1913年)、『虹』(1915年)、『チャタレー夫人の恋人』(1928年)など人間の性と恋愛に関する小説を発表したが、発禁処分を受けたものもある。 ローレンスの作品は性を大胆に描写し、また、近代文明が人間生活にもたらす悪影響を主題としているものが多い。易しくぶっきらぼうな言葉で書かれているのが特徴である武藤浩史訳『チャタレー夫人の恋人』の解説より、2004年、ちくま文庫、ISBN 4-480-42038-X。 日本では第一次世界大戦後の1920年代頃に注目されはじめ、ローレンスが死んだ1930年代には阿部知二、伊藤整、西脇順三郎らによって広く紹介されるようになった。なお第二次世界大戦後に、伊藤整が訳したローレンス『チャタレイ夫人の恋人』はわいせつだとして罪を問われたチャタレー事件が起きた。.

新しい!!: イギリスとデーヴィッド・ハーバート・ローレンス · 続きを見る »

デビッド・ベッカム

デイヴィッド・ロバート・ジョゼフ・ベッカム,OBE(David Robert Joseph Beckham, OBE, 1975年5月2日 - )は、イギリス、イングランド出身の元サッカー選手、モデル。ポジションはミッドフィールダー(RSH, CH)。イングランド代表にも選出されていた。2013年に現役引退。 FIFA最優秀選手賞では2位に2度選出され 、ロサンゼルス・ギャラクシー、2008年9月9日。、2004年に初めて最も収入を得たサッカー選手となり、英国人として初めてUEFAチャンピオンズリーグ100試合出場を達成した。 2000年11月15日から、2006 FIFAワールドカップまで、58試合でイングランド代表のキャプテンを務めた。、BBC Sport、2000年11月10日 その後も代表に選ばれ、2008年3月26日に行われたフランス戦で100キャップ目を記録し、フィールドプレイヤーとしては最多の出場数を誇っている。 1999年にスパイス・ガールズのヴィクトリア・ベッカム(旧姓アダムス)と結婚した。 端正な容姿、高い知名度を持つことから多くの広告に起用され、ファッション・アイコンとしても注目を集めている。.

新しい!!: イギリスとデビッド・ベッカム · 続きを見る »

ディープ・パープル

ディープ・パープル(Deep Purple)は、イングランド出身のロック・バンド。 「レッド・ツェッペリン」「ブラック・サバス」と並び、三大ハードロック・バンドの一つに数えられ、後世のロックミュージックにも多大な影響を与えた。1976年に一度解散したが1984年に再結成し、デビューから約50年を迎える。2016年度『ロックの殿堂』入り。.

新しい!!: イギリスとディープ・パープル · 続きを見る »

デオキシリボ核酸

DNAの立体構造 デオキシリボ核酸(デオキシリボかくさん、deoxyribonucleic acid、DNA)は、核酸の一種。地球上の多くの生物において遺伝情報の継承と発現を担う高分子生体物質である。.

新しい!!: イギリスとデオキシリボ核酸 · 続きを見る »

フランシス・クリック

フランシス・ハリー・コンプトン・クリック(Francis Harry Compton Crick, 1916年6月8日 - 2004年7月28日)は、イギリスの科学者。DNAの二重螺旋構造の発見者。.

新しい!!: イギリスとフランシス・クリック · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: イギリスとフランス · 続きを見る »

フランス革命

フランス革命(フランスかくめい、Révolution française, French Revolution)は、18世紀(1789年5月5日 – 1799年11月9日)にフランス王国(ブルボン朝)で起きた市民革命。 世界史上の代表的な市民革命で、前近代的な社会体制を変革して近代ブルジョア社会を樹立した革命。フランス革命戦争を通して、カリブ海から中東まで戦争が波及した。歴史家はフランス革命を世界史の中で最も重要な出来事の一つであると見なしている。 1787年にブルボン朝の絶対王権に対する貴族の反抗に始まった擾乱は、1789年から全社会層を巻き込む本格的な革命となり、政治体制は絶対王政から立憲王政、そして共和制へと移り変わった。さらに1794年のテルミドール反動ののち退潮へ向かい、1799年にナポレオン・ボナパルトによるクーデターと帝政樹立に至る(1799年11月9日のブリュメール18日のクーデター)。一般的には1787年の貴族の反抗から1799年のナポレオンによるクーデターまでが革命期とされている。 フランスの王政とアンシャン・レジームが崩壊する過程で、封建的諸特権が撤廃されて近代的所有権が確立される一方、アッシニア紙幣をめぐって混乱が起こった。.

新しい!!: イギリスとフランス革命 · 続きを見る »

フランス語

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、'''フランコフォン''' (francophone) と言う。.

新しい!!: イギリスとフランス語 · 続きを見る »

フリーメイソン

こては結束と友愛、槌は知識や知恵を象徴している。 フリーメイソン()は、16世紀後半から17世紀初頭に、判然としない起源から起きた友愛結社。 現在多様な形で全世界に存在し、その会員数は600万人を超え、うち15万人はスコットランド・グランドロッジならびにアイルランド・グランドロッジの管区下に、25万人は英連邦グランドロッジに、200万人は米国のグランドロッジに所属している。 「フリーメイソン」とは厳密には各個人会員の事を指しており、団体名としては以下の通り。 以下、英語的な発音である「フリーメイソンリー」と記載するが、「フラン・マソン」や「マッソン結社」なども使われている。なお本項目は「フリーメイソン」と表記しているが、日本グランド・ロッジは「フリーメイスン」と表記している。 この友愛結社(組合)は、管轄上、独立したもしくは一部が東方社(オリエント、大東社系)の形で組織され、それぞれが下部組織(下位のロッジ)から成る自身の管区を管轄している。これらの多様なグランドロッジは、それぞれが認め合い、あるいは拒否し、境界を形成するグランドロッジは、通常では他のグランドロッジと、相互に認知した境を設け、それらを侵犯したり秘密にしたりすることはしない。。また、フリーメイソンリーの主要な支部には、関連した付属団体が存在するが、それらはそれぞれが独立した組織である。フリーメイソンリーは秘密結社 または「semi-secret」(半分秘密の) 団体と表現する場合があるが、いかなる団体であれ団体内部の秘密というものがあり、そうした視点においてフリーメイソンリーは広く知られた公開結社なのであるというフリーメイソンリー側の意見もある。「お前、秘密を漏らしたら首を切るぞ」と脅かして口伝で秘技を伝えた実務的メイソンの時代は400年間続いた。 西洋史に深いかかわりをもつ。帝国郵便を担うトゥルン・ウント・タクシス家出身の皇帝特別主席代理は全員がフリーメイソンであった。 フリーメイソンリーは「自由」、「平等」、「友愛」、「寛容」、「人道」の5つの基本理念がある。.

新しい!!: イギリスとフリーメイソン · 続きを見る »

フーリガン

フーリガン(hooligan)とは、サッカーの試合会場の内外で暴力的な言動・行動を行う暴徒化した集団のことを指す。.

新しい!!: イギリスとフーリガン · 続きを見る »

フットボールリーグ1

フットボールリーグ1(、スポンサー名を冠する場合は、)は、イングランドのプロサッカーリーグのディヴィジョンの一つで、最上位であるプレミアリーグの2つ下のディビジョン、すなわち実質3部である。フットボールリーグ1は、プレミアリーグが創設された1992年から2004年まではフットボールリーグ・ディヴィジョン2 の名で呼ばれていた。フットボールリーグの中では、チャンピオンシップに次いで、上から2番目に位置している。 各試合は毎年8月から翌年の5月まで行われ、上位2クラブと、3位から6位の4クラブで行われるプレーオフの優勝クラブの計3クラブがチャンピオンシップ昇格の資格を得る。また、下位4クラブは下位のディビジョンであるリーグ2に降格する。.

新しい!!: イギリスとフットボールリーグ1 · 続きを見る »

フットボールリーグ2

フットボールリーグ2(Football League Two、スポンサー名を冠する場合は、Sky Bet League Two)は、イングランドのプロサッカーリーグのディビジョンの一つで、最上位であるプレミアリーグの3つ下のディビジョン、すなわち実質4部である。また、フットボールリーグの中では最下位に位置している。 各試合は毎年8月から翌年の5月まで行われ、上位3クラブと、4位から7位の4クラブで行われるプレーオフの優勝クラブの計4クラブがフットボールリーグ1昇格の資格を得る。また、下位2クラブは地域リーグであるフットボールカンファレンスに降格する。.

新しい!!: イギリスとフットボールリーグ2 · 続きを見る »

フットボールリーグ・チャンピオンシップ

フットボールリーグ・チャンピオンシップ(Football League Championship、スポンサー名を冠する場合は、Sky Bet Championship)は、イングランドのプロサッカーリーグのディビジョンの一つで、最上位であるプレミアリーグの一つ下のディビジョンである。また、フットボールリーグの中では、最上位に位置している(実質2部相当)。 プレミアリーグが誕生する1992年以前はこのリーグがイングランドの最上位リーグであった。 各試合は毎年8月から翌年の5月まで行われ、上位2クラブと、3位から6位の4クラブで行われるプレーオフの優勝クラブの計3クラブがプレミアリーグ昇格の資格を得る。また、下位3クラブは下位のディビジョンであるリーグ1に降格する。.

新しい!!: イギリスとフットボールリーグ・チャンピオンシップ · 続きを見る »

フットボールリーグカップ

EFLカップ(、略称: リーグカップ)は、イングランドのサッカーのリーグカップである。プレミアリーグとフットボールリーグの92クラブが参加する。1960年シーズンから始まったもので、優勝したクラブにはUEFAヨーロッパリーグへの出場権が与えられる。現在はカラバオ・カップ()と呼ばれている。.

新しい!!: イギリスとフットボールリーグカップ · 続きを見る »

フットボール・アソシエーション

・フットボール・アソシエーション(The Football Association)は、イングランドのサッカーを統括する競技運営団体。略称はThe FAである。1863年に創立された世界最古のサッカー協会であるため、英語の正式名称は国名を表す修飾語を用いず定冠詞 'The' のみを伴う形で表記される。なお、日本語の報道ではイングランドサッカー協会との呼称が定着している他、サッカー専門の雑誌などでは 'The FA' から定冠詞を省いた 'FA' 等の呼び名でも表記される。 ザ・フットボール・アソシエーションは近代サッカーのルールの策定において大きな役割を果たしたことで知られている。現在はイングランドに存在する全てのサッカークラブが加盟する団体として、イングランドのプレミアリーグおよび国内のカップ戦を主宰している。また国内の国際サッカー連盟 (FIFA) と欧州サッカー連盟 (UEFA)を構成する加盟団体の一つであり、現在ルールの制定に携わっている国際サッカー評議会 (IFAB) の構成団体でもある。 以下この項目では特に断わりのない限り、当該団体の名称は 'FA' と表記するものとする。.

新しい!!: イギリスとフットボール・アソシエーション · 続きを見る »

ファウンテンズ修道院

ファウンテンズ修道院(ファウンテンズしゅうどういん、Fountains Abbey)は、イングランド北部、ノース・ヨークシャーのリポンにあるシトー会の修道院跡である。 周辺のスタッドリー王立公園 (Studley Royal Water Garden) とともに、ユネスコ世界遺産に登録されている。.

新しい!!: イギリスとファウンテンズ修道院 · 続きを見る »

フォンテーヌブローの勅令

フォンテーヌブローの勅令(フォンテーヌブローのちょくれい、Édit de Fontainebleau)は、1685年10月18日にフランス国王ルイ14世により署名された、ナントの勅令を破棄する法令である。直接のきっかけは大トルコ戦争のため、1684年に神聖ローマ帝国とレーゲンスブルクで12年間の休戦を妥決したことである。あらかじめ竜騎兵によりユグノーは拷問にかけられ、カトリックへ改宗させられた。ジャン・アンリ・ユグタン(Jean Henri Huguetan)のように、アムステルダムへ逃れた多くの中産ユグノーが出版・金融業で栄えた。ユグノー系の銀行家には国内にとどまったものもあり、1694年と1709年の大飢饉に遭難したルイ14世は彼らを頼った。彼らの家族は先のアムステルダムだけでなく、ロンドン・ハンブルク・ダンチヒに亡命していたので、そこから原資を募ることができた。この勅令はルイ16世時代の1787年11月7日になって、ヴェルサイユ勅令の署名により破棄された。 « L'exemption de logement des gens de guerre et contribution d'iceux pendant deux ans en faveur de ceux qui, étant de la RPR se sont convertis et faits catholiques depuis le 1er janvier dernier et qui se convertiront ci-après » ドラゴナードは1681年5月から実施され、 ポワトゥーにマリアック(Marillac)行政官が着任した。ドラゴナードは住民に対する暴力的な説得手段で、王の兵士である竜騎兵がプロテスタント住民の家へ駐屯し、「王の望みにより」あらゆる手段を用いて彼らを強制的に異端放棄させようとするものであった。用いられる手段は住民の抵抗の度合いに応じて、単なる示威行為から略奪、強姦、殺人までさまざまであった。ひとつの村の改宗が完遂すれば、兵士たちは別の村へ移った。この第一次ドラゴナードは宮廷人にとって大いに見世物となり、また彼らにもっとも効果を与えもした。ポワトゥーの新教徒は多くが改宗し、それまでまだ続いていた教会も閉められた。 彼らの改宗はカトリックへの真の同意に基づくというよりは恐怖によってなされたものではあったが、結果として大量の改宗者を獲得し、第一次亡命者は 大西洋沿岸の港から逃亡をはかった。プロテスタントの国々では、これらのフランスからの新教徒亡命者によって大きな動揺が引き起こされた。ヨーロッパのプロテスタント君主たちはフランスのユグノーへ助けを申し出、彼らを受け入れて定住を援助した。ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルムはユグノー亡命者へ土地税を免除した。 3年後、1685年にドラゴナードは再開した。第二次の大規模なドラゴナードは1685年5月より南西部で実施され、ベアルンから開始し、ラングドックをへて、東にはローヌ川流域へ、北へはサントンジュへ及んだ。 法の制定がドラゴナードに追い討ちをかけた。1684年8月、プロテスタント派宗務局の大半が施療院へ移転させられ、同年9月には、施療院が宗教組織によって使用されていることを理由にプロテスタントの貧者や病人に対して援助を施すことが新教徒に対して禁じられた。1684年12月、プロテスタントの家族が10家族に満たない場合に礼拝式を行うことが禁じられ、翌年5月、逃亡した新教徒が逮捕された場合、漕役刑に処することが決定された。 1685年10月には、すでに多くの新教徒が改宗し、改革派教会は崩壊し、「異端」は根こそぎにされており、もはや王にとっては、すでに過去のものとなり、無用の象徴に過ぎないナントの勅令を破棄するだけとなっていたのである。.

新しい!!: イギリスとフォンテーヌブローの勅令 · 続きを見る »

フォーミュラ1

フォーミュラ1(Formula One、 フォーァミュラ・ワン)は、モータースポーツのカテゴリの1つであり、その世界選手権を指す場合もある。略称はF1(エフ・ワン)。 F1世界選手権 (FIA Formula One World Championship) は、国際自動車連盟 (FIA) が主催する自動車レースの最高峰であり、現在は4輪の1人乗りフォーミュラカーで行われている。.

新しい!!: イギリスとフォーミュラ1 · 続きを見る »

フォークランド紛争

フォークランド諸島の位置。アルゼンチン沖、南米大陸南端から500km沖に位置する。フォークランド諸島は、東西の主要2島と多数の小島からなる。 フォークランド紛争(フォークランドふんそう、Falklands War/Conflict/Crisis)は、大西洋のイギリス領フォークランド諸島(アルゼンチン名:マルビナス諸島)の領有を巡り、1982年3月からイギリスとアルゼンチン間で3ヶ月に及んだ紛争のこと。スペイン語やポルトガル語では「マルビナス戦争(Guerra de las Malvinas)」と表記されることが多い。 日本語では「フォークランド紛争」と表記されることが多い。英語圏では「(フォークランド戦争)」とも呼ばれる。ただし、イギリス陸軍の公式ウェブサイトでは「(フォークランドの争い)」の語を用いている。.

新しい!!: イギリスとフォークランド紛争 · 続きを見る »

フォークランド諸島

フォークランド諸島(フォークランドしょとう、Falkland Islands)は、南大西洋上にあるイギリス領の諸島。1833年からイギリスが実効支配し続け、現在に至る。スペイン語名ではマルビナス諸島()。首都はスタンリー(またはポート・スタンリー、アルゼンチン名はプエルト・アルヘンティーノ)。人口3,398人(2016年調査)。通貨にフォークランド諸島ポンドとイギリスポンドの両通貨が使われている。諸島の領有を主張するアルゼンチンとイギリスとの間で、1982年にフォークランド紛争が勃発した。.

新しい!!: イギリスとフォークランド諸島 · 続きを見る »

ドーバー

ドーバー、ドーヴァー(Dover).

新しい!!: イギリスとドーバー · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: イギリスとドイツ · 続きを見る »

ドイツ帝国

ドイツ帝国(ドイツていこく、)は、1871年1月18日から1918年11月9日まで存続した、プロイセン国王をドイツ皇帝に戴く連邦国家を指す歴史的名称である。帝政ドイツ(ていせいドイツ)とも呼ばれる。普仏戦争において、パリ郊外のヴェルサイユ宮殿でプロイセン王ヴィルヘルム1世の皇帝戴冠式が行われて成立した。しかし第一次世界大戦の敗北とドイツ革命の勃発により、皇帝ヴィルヘルム2世がオランダに亡命して崩壊した。オランダ資本は、帝国の勢力範囲拡大政策(#世界政策)とルール地方における工業開発(#経済)の両面に貢献している。.

新しい!!: イギリスとドイツ帝国 · 続きを見る »

ニューヨーク

ニューヨーク市(New York City)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州にある都市。 1790年以来、同国最大の都市であり、市域人口は800万人を超え、都市圏人口では定義にもよるが2000万人以上である.

新しい!!: イギリスとニューヨーク · 続きを見る »

ニュー・ウェーヴ (音楽)

音楽におけるニュー・ウェーヴ(New Wave) とは、1970年代末期から1980年代中期にかけて世界的に流行したロックの一ジャンル。.

新しい!!: イギリスとニュー・ウェーヴ (音楽) · 続きを見る »

ニュー・オーダー

ニュー・オーダー (New Order) は、マンチェスターにて結成されたイギリスのテクノロックバンド。ポストパンクの代表的なバンドの一つジョイ・ディヴィジョンを前身とする。 音楽性の特徴として音楽性の乏しさが表れた生演奏に、チープな安っぽいシンセサウンド、打ち込みのエレクトロサウンドを融合させて独自の音楽的世界観が展開されている。1983年のヒット曲『ブルーマンデー』や、ヒップホップにおける代表的なプロデューサーであったアーサー・ベイカーと組んだ『コンフュージョン』などの楽曲により、現在でも最も影響力のあるダンス・アクトの一つに数えられている。 ツアー中の行動の破天荒さは、ハッピー・マンデーズのメンバーをして「正真正銘の24アワー・パーティー・ピープル」と言わしめるほどである。 2007年以降、事実上の解散状態にあったが、2012年2月にピーター・フック抜きで再結成したことを表明した。.

新しい!!: イギリスとニュー・オーダー · 続きを見る »

ニューカッスル・アポン・タイン

ニューカッスル・アポン・タイン(Newcastle upon Tyne、イギリス英語発音: 現地発音::)は、イングランド北東部、タイン川河口近くに位置する工業都市で、タイン・アンド・ウィア州に属する。しばしばニューカッスルと略される。またニューキャッスルと表記されることもある。市の人口は約30万人。周辺都市のゲーツヘッドやサンダーランドを含めた100万人都市圏の中心でもある、北部イングランド最大の都市。.

新しい!!: イギリスとニューカッスル・アポン・タイン · 続きを見る »

ホップ

ホップ(勿布、学名:Humulus lupulus)はアサ科のつる性多年草。雌雄異株。和名はセイヨウカラハナソウ(西洋唐花草)。 毬花はビールの原料の一つで、苦味、香り、泡に重要であり、また雑菌の繁殖を抑え、ビールの保存性を高める働きがある。 全国の山地に自生する非常によく似た植物にカラハナソウ(H. lupulus var. cordifolius)があり、しばしばホップと混同される。これはホップの変種であり、ホップに比べて苦み成分が少ないのが特徴である。本来のホップは、日本国内では北海道の一部にのみ自生する。.

新しい!!: イギリスとホップ · 続きを見る »

ダラム城

ダラム城 (Durham Castle)は、イギリス・ダラムにあるノルマン様式建築の城。1840年より全体がダラム大学学生寮となっている。城はダラム大聖堂と共にウェア川を見下ろす丘の上に立つ。.

新しい!!: イギリスとダラム城 · 続きを見る »

ダラム大聖堂

ダラム大聖堂(ダラムだいせいどう、Durham Cathedral)は、イングランド北東部のダラム州ダラム市にあるイングランド国教会の大聖堂である。.

新しい!!: イギリスとダラム大聖堂 · 続きを見る »

ダービーステークス

ダービーステークス()とは、イギリスのエプソム競馬場(芝、1マイル4ハロン6ヤード、約2420メートル)で行われる競馬の競走である。 他国のダービーと区別するために、欧米では会場の競馬場にちなみ特にエプソムダービー()という表記も多く見られる。日本のメディア、特にテレビなどではイギリスダービーと言われることもある。 1776年にイギリス最古のクラシック競走・セントレジャーステークスの盛大さを見たダービー伯爵エドワード・スミ.

新しい!!: イギリスとダービーステークス · 続きを見る »

ベルファスト

ベルファスト(Belfast、Béal Feirste)は、イギリス・北アイルランドの首府。行政区画としてはシティ(市、City)である。 2015年の人口は33万8907人で、都市圏の人口は61万4260人の、北アイルランド最大の都市である。.

新しい!!: イギリスとベルファスト · 続きを見る »

ベルギー

ベルギー王国(ベルギーおうこく)、通称ベルギーは、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家。隣国のオランダ、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。首都のブリュッセル(ブリュッセル首都圏地域)は欧州連合(EU)の主要機関の多くが置かれているため、"EUの首都"とも言われており、その通信・金融網はヨーロッパを越えて地球規模である。憲法上の首都は19の基礎自治体から成るブリュッセル首都圏の自治体の一つ、ブリュッセル市である。 19世紀にネーデルラント連合王国から独立した国家で、オランダ語の一種であるフラマン語が公用語の北部フランデレン地域とフランス語が公用語の南部ワロン地域とにほぼ二分される(この他にドイツ語が公用語の地域もある)。建国以来、単一国家であったが、オランダ語系住民とフランス語系住民の対立(言語戦争)が続いたため、1993年にフランデレン地域とワロン地域とブリュッセル首都圏の区分を主とする連邦制に移行した。.

新しい!!: イギリスとベルギー · 続きを見る »

ベンジャミン・ブリテン

ブリテン男爵エドワード・ベンジャミン・ブリテン(Edward Benjamin Britten, Baron Britten OM CH, 1913年11月22日 - 1976年12月4日 )は、イギリスの作曲家・指揮者・ピアニスト。姓はブリトン、ブリトゥンと表記されることがあるが、実際の発音はブリトゥンの表記が原音に一番近い。 代表作としては オペラ『ピーター・グライムズ』や『シンプル・シンフォニー』、『戦争レクイエム』、バロック期の作曲家ヘンリー・パーセルの劇音楽『アブデラザール』(Abdelazar) からの主題を引用した 『青少年のための管弦楽入門』 が知られている。.

新しい!!: イギリスとベンジャミン・ブリテン · 続きを見る »

判例

判例(はんれい)とは、.

新しい!!: イギリスと判例 · 続きを見る »

列強

国連安保理で拒否権を持たない列強:日本, ドイツ 列強(れっきょう、great powers, major powers)とは、世界規模の影響力を持つ複数の国家を指す用語である。 列強は経済的、軍事的、外交的、文化的、政治的などの力を持ち、しばしば他の小国の行動に影響を与える。国際関係の理論では列強の位置づけは、その力を発揮できる能力や、領土などの空間や、国際的な地位などの面から特徴づけられる。 いくつかの諸国が広く列強と呼ばれているが、その明確な定義は存在せず、ウィーン会議などの国際会議や国際連合安全保障理事会などの国際組織によって公式に認識されるDanilovic, Vesna.

新しい!!: イギリスと列強 · 続きを見る »

アマ (植物)

アマ『ケーラーの薬用植物』から アマ(亜麻、学名:Linum usitatissimum)は、アマ科の一年草。ヌメゴマ(滑胡麻)、一年亜麻、アカゴマなどの異称もある。その栽培の歴史は古い(リネン#歴史も参照)。日本では江戸時代に種を薬として使うために限られた範囲で栽培され、明治から昭和初期にかけて繊維用に北海道で広く生産された。 茎の繊維は、衣類などリネン製品となる。種子からは亜麻仁油(あまにゆ、リンシードオイル、フラックスシードオイル)が採れ、これは食用や塗料、油彩に用いられる。.

新しい!!: イギリスとアマ (植物) · 続きを見る »

アバディーン

アバディーン(、 )は、イギリス、スコットランド北東部にある都市。エディンバラ、グラスゴーに次ぐスコットランド第3の都市。港湾都市として発達、北海油田の発見後、石油採掘の拠点となり、ヨーロッパの石油の首都と呼ばれる。.

新しい!!: イギリスとアバディーン · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: イギリスとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ合衆国ドル

アメリカ合衆国ドル(アメリカがっしゅうこくドル、United States Dollar)は、アメリカ合衆国の公式通貨である。通称としてUSドル、米ドル、アメリカ・ドルなどが使われる。アメリカ以外のいくつかの国や地域で公式の通貨として採用されているほか、その信頼性から、国際決済通貨や基軸通貨として、世界で最も多く利用されている通貨である。 通貨単位の呼称としての「ドル」は、カナダドル、香港ドル、シンガポールドル、オーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドル、ジンバブエ・ドルなどようにいくつかの国や地域で用いられている呼称であるが、単に「ドル」と言った場合は『アメリカ合衆国ドル』を指す。.

新しい!!: イギリスとアメリカ合衆国ドル · 続きを見る »

アラブ人

アラブ人(アラブじん、العرب،عربي)は、おもにアラビア半島や西アジア、北アフリカなどのアラブ諸国に居住し、アラビア語を話し、アラブ文化を受容している人々。 7世紀にムハンマド(マホメット)によってイスラム教が開かれ、中東・北アフリカを中心に勢力を拡大した。 もともとアラビア人をアラブと呼ぶが、日本では誤訳から始まった呼び方で定着した。.

新しい!!: イギリスとアラブ人 · 続きを見る »

アリスター・ダーリング

アリスター・マクリーン・ダーリング(Alistair Maclean Darling, 1953年11月28日 - )は、イギリスの政治家。労働党所属の庶民院議員。ブラウン内閣で財務大臣、第二大蔵卿を務めた。 一部では、アリステア・ダーリングの表記も用いられる。.

新しい!!: イギリスとアリスター・ダーリング · 続きを見る »

アルマダの海戦

アルマダの海戦(アルマダのかいせん)、アルマダ戦争(アルマダせんそう、Battle of Armada, Armada Wars)は、スペイン無敵艦隊(Spanish Armada、Grande y Felicísima Armada)のイングランド侵攻において、1588年7月から8月(旧暦7月)に英仏海峡で行われた諸海戦の総称である。 広く知られる「無敵艦隊」の名称はスペイン語Armada Invencibleの訳で、スペイン海軍のC・F・ダロ大佐が1884年に著した論文の題名が原典とされている小林幸雄は、本当ならば無敵であったはずという慨嘆と哀悼の意を題名に込めたのではないかとしている。。イングランド側視点での歴史書では、“the Invincible Armada”の名称が揶揄的な表現として稀に用いられている。本国スペインにおいては、「最高の祝福を受けた大いなる艦隊」「至福の艦隊」(Grande y Felicísima Armada)と呼ばれていた。中立な視点からは、英語の文脈ではSpanish Armada、the Armadaなどと呼ぶarmadaそのものはスペイン語の普通名詞で、これに相当する英語はnavyである。ただしヨーロッパの言語では、ある国独特の組織・地位などを半ば固有名詞的に指す場合には、その国の言葉をそのまま用いる習慣がある。Czar(ロシア皇帝)、Shogun(江戸幕府の将軍)など。。 なお、両国での暦が異なる(当時イングランドはまだグレゴリオ暦を採用していない)ため、記録上の日付も異なっている。日付はスペイン側のグレゴリオ暦とイングランド側の旧暦(ユリウス暦)を併記する。.

新しい!!: イギリスとアルマダの海戦 · 続きを見る »

アルビオン

ドーバーの白い崖。 アルビオン(Albion、Albion、Ἀλβιών)は、最も古くはブリテン島の古名であり、雅名。近世には、イギリス人およびその国家の異名ともなった。また、同名地名を始めとする多くの同名固有名詞の由来ともなっている。.

新しい!!: イギリスとアルビオン · 続きを見る »

アレックス・ファーガソン

ー・アレクサンダー・チャップマン・"アレックス"・ファーガソン CBE(、1941年12月31日 - )は、スコットランド出身のサッカー指導者、元サッカー選手。1986年より27年間もの間プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドFC監督を務めた。.

新しい!!: イギリスとアレックス・ファーガソン · 続きを見る »

アレクサンダー・フレミング

記念切手 サー・アレクサンダー・フレミング(Sir Alexander Fleming, 1881年8月6日 - 1955年3月11日)はイギリスの細菌学者である。抗菌物質リゾチーム(lysozyme)と、アオカビ(Penicillium notatum)から見出した世界初の抗生物質、ペニシリンの発見者として知られている。 クライズデール銀行が発行する5ポンド紙幣に肖像が使用されている。.

新しい!!: イギリスとアレクサンダー・フレミング · 続きを見る »

アレクサンダー・グラハム・ベル

アレクサンダー・グラハム・ベル(Alexander Graham Bell、1847年3月3日 - 1922年8月2日)は、スコットランド生まれの科学者、発明家、工学者。世界初の実用的電話の発明で知られている。 ベルの祖父、父、兄弟は弁論術とスピーチに関連した仕事をし、母と妻は聾だった。このことはベルのライフワークに深く影響している。聴覚とスピーチに関する研究から聴覚機器の実験を行い、ついに最初のアメリカ合衆国の特許を取得した電話の発明(1876年)として結実した。後にベルは彼の最も有名な発明が科学者としての本当の仕事には余計なものだったと考え、書斎に電話機を置くことを断わった。 その後も様々な発明をしており、光無線通信、水中翼船、航空工学などの分野で重要な業績を残した。1888年にはナショナルジオグラフィック協会創設に関わった。その生涯を通じて科学振興および聾者教育に尽力し、人類の歴史上最も影響を及ぼした人物の1人とされることもある。 ベルが会長(在職期間:1896年 - 1904年)を務めたナショナルジオグラフィック協会の月刊誌である『ナショナル ジオグラフィック』日本版(日経ナショナル ジオグラフィック社)では「アレクサンダー・グラハム・ベル」としているため、本記事ではこれに従うが、表記発音については脚注参照アレグザンダー・グレアム・ベルなどとも表記する。ファーストネームよりもミドルネームのほうが知られており、グラハム・ベル、またはグレアム・ベルと呼ばれることも多い。なお、原音に比較的近い表記はアレグザンダ・グレイアム・ベル( )である。。.

新しい!!: イギリスとアレクサンダー・グラハム・ベル · 続きを見る »

アングルシー島

アングルシー島 (Anglesey, 古典語:Anglesea, ウェールズ語:Ynys Môn)は、ウェールズ北西岸に接する島。ウェールズ語を話す人口が優勢である。本土との間にメナイ海峡があり、1826年建造のメナイ吊橋と新たに建設されたブリタニア橋の二つが架かっている。 アングルシーは、ホリー島や周辺の小島を含む連合王国の州の一つである。面積は715平方キロメートルで、ウェールズ最大、イギリスでは第5位の島である。 ローマ時代から鉛、亜鉛、鉄などの鉱山が栄えていた。硫酸鉛鉱(Anglesite、PbSO4)は本島で発見されたことから命名された。.

新しい!!: イギリスとアングルシー島 · 続きを見る »

アングロ・サクソン人

アングロ・サクソン人(Anglo-Saxons)は、5世紀頃、現在のドイツ北岸からグレートブリテン島南部に侵入してきたアングル人、ジュート人、サクソン人のゲルマン系の3つの部族の総称である。この中でアングル人が、イングランド人としてイングランドの基礎を築いた。このようにドイツ起源の民族であるが、現在のドイツ圏の国民をアングロサクソン人と呼ぶことは原則なく、一部地方でサクソン人(ザクセン人)という呼び方が残っている程度である。.

新しい!!: イギリスとアングロ・サクソン人 · 続きを見る »

アークル

アークル(Arkle、1957年 - 1970年)とは、1960年代にイギリス・アイルランドの障害競走で活躍したアイルランドの競走馬である。 1964年から1966年のチェルトナムゴールドカップを1963年の同レース優勝馬ミルハウスなどの有力馬を全く寄せ付けずに三連覇し、競馬ファンのみならずイギリス中で大きな人気を得た。また同じく1964年から1966年のヘネシーゴールドカップでは、全て12ストーン7ポンド(卓79.4kg)のトップハンデながら、それぞれ優勝、優勝、2着の成績を挙げた。 2003年にイギリスの競馬雑誌・レーシングポストが行った企画「Favourite 100 Horses」(好きな馬100選)では、デザートオーキッド(チェイス)、レッドラム(チェイス)、イスタブラク(ハードル)、ブリガディアジェラード(平地)らを抑え1位に選ばれている。タイムフォーム誌によるレーティングでも、スティープルチェイサー史上最高となる212が与えられている。 1966年12月27日に行われたキングジョージ6世チェイスのレース中に第2障害飛越した際、蹄骨にひびが入り2着に敗退。復帰はかなわず引退した。その時負った怪我が元で1970年5月31日に死亡した。.

新しい!!: イギリスとアークル · 続きを見る »

アーサー・コナン・ドイル

ー・アーサー・イグナティウス・コナン・ドイルスタシャワー(2010) p.40(Sir Arthur Ignatius Conan Doyle,,, 1859年5月22日 – 1930年7月7日)は、イギリスの作家、医師、政治活動家。 推理小説・歴史小説・SF小説などを多数著した。とりわけ『シャーロック・ホームズ』シリーズの著者として知られ、現代のミステリ作品の基礎を築いた。SF分野では『失われた世界』、『』などチャレンジャー教授が活躍する作品群を、また歴史小説でも『』やシリーズなどを著している。 1902年にナイトに叙せられ、「サー」の称号を得た。.

新しい!!: イギリスとアーサー・コナン・ドイル · 続きを見る »

アーサー・サリヴァン

アーサー・シーモア・サリヴァン(Sir Arthur Seymour Sullivan, 1842年5月13日 - 1900年11月22日)はイギリスの作曲家。ウィリアム・S・ギルバート(劇作家・作詞家、William S. Gilbert, 1836年 - 1911年)と組んでオペラを創った事でよく知られている。.

新しい!!: イギリスとアーサー・サリヴァン · 続きを見る »

アブラナ

アブラナ(油菜)は、アブラナ科アブラナ属の二年生植物。古くから野菜として、また油を採るため栽培されてきた作物で、別名としてナノハナ(菜の花)、ナタネ(菜種は正式な作物名である)などがあり、江戸時代には胡菜または蕓薹と呼ばれた。 実際にはアブラナ属の花はどれも黄色で似通っていることから、すべて「菜の花」と呼ばれる傾向がある。 植物油の原料として栽培されているのは、ほとんどが別種のセイヨウアブラナ(西洋油菜、学名:B.

新しい!!: イギリスとアブラナ · 続きを見る »

アフガニスタン紛争 (2001年-)

アフガニスタン紛争(2001年 - 現在)(アフガニスタンふんそう)では、アフガニスタンで断続的に発生している紛争のうち、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件の首謀者として指定されたアルカーイダの引き渡しに応じなかったターリバーン政権に対し、アメリカ合衆国が主導する有志連合諸国および北部同盟(2001年以降はアフガニスタン暫定政府、2004年以降はアフガニスタン政府)が「不朽の自由作戦」に基づき、アフガニスタンにおいてターリバーン勢力、アルカーイダ、およびその他の武力集団との間で行っている武力衝突を扱う。.

新しい!!: イギリスとアフガニスタン紛争 (2001年-) · 続きを見る »

アイリッシュ海

アイリッシュ海(中央) アイリッシュ海(アイリッシュかい、Irish Sea)は、アイルランド島とグレートブリテン島を隔てている海である。アイルランド海とも。大西洋とはアイルランドとウェールズ間のセントジョージ海峡で南側、アイルランドとスコットランド間のノース海峡を通して北側で繋がっている。また、アイリッシュ海の真中にはマン島が存在する。.

新しい!!: イギリスとアイリッシュ海 · 続きを見る »

アイルランド

アイルランド、またはアイルランド共和国(-きょうわこく)は、北西ヨーロッパ、北大西洋のアイルランド島の大部分を領土とする立憲共和制国家。首都はダブリン。島の北東部はイギリスのカントリーの一つである北アイルランドと接している。 独立前より北アイルランドも自国の領土であると主張し、イギリスとの対立と抗争を繰り返してきたが、1998年のベルファスト合意により領有権を放棄した。 2005年、『エコノミスト』の調査では最も住みやすい国に選出されている。.

新しい!!: イギリスとアイルランド · 続きを見る »

アイルランド島

アイルランド島(アイルランドとう、Island of Ireland)は、ヨーロッパ大陸の北西沖に位置し、アイリッシュ海を挟んで東にグレートブリテン島に接する、ヨーロッパで3番目に大きな島である。面積は8万4412km²で、北海道島に北方領土を足し合わせた面積にほぼ等しく、世界では20番目に大きな島である。 南北450km、東西260kmで、中央部の低地を丘陵地帯が取り囲む地形である。山は全体的に低く南西部にあるカラントゥール山が1041mで最も高い。島内最長の河川シャノン川が北東から南西に流れ、無数の湖を有する。気候は、西の大西洋を北上してきた北大西洋海流(メキシコ湾流の延長)の影響で温暖である。 古くはローマ人にヒベルニア(Hibernia; ラテン語で「冬の国」「冬の地」の意)と呼ばれていた。 政治的には、ダブリンを首都とする南西部大半のアイルランド共和国と、ベルファストを首都とする北部の北アイルランド(アルスターの一部)に分かれ、北アイルランドはグレートブリテン島のイングランド・スコットランド・ウェールズとともにグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する。.

新しい!!: イギリスとアイルランド島 · 続きを見る »

アイルランド人

アイルランド人は、アイルランド島を舞台に形成され、現在西ヨーロッパ、特にアイルランドに居住するケルト系民族をさす。.

新しい!!: イギリスとアイルランド人 · 続きを見る »

アイルランド共和軍

アイルランド共和軍(アイルランドきょうわぐん、Óglaigh na hÉireann、Irish Republican Army、略称:IRA) は、アイルランド独立闘争(対英テロ闘争)を行ってきたアイルランドの武装組織である。アイルランド共和国軍と表記されることもある。.

新しい!!: イギリスとアイルランド共和軍 · 続きを見る »

アイルランド王国

アイルランド王国(アイルランドおうこく、Ríocht na hÉireann、Kingdom of Ireland)は、アイルランド島にあった王国(1541年 - 1649年・1660年 - 1800年)。終始イングランド王国(のちグレートブリテン王国)との同君連合の下にあったが、事実的にはイングランド王による自称であった。しかし1694年以降は実効支配下に置かれた従属国となった。 1541年、イングランド王ヘンリー8世が、形式的にはアイルランド議会の決議に基づき、それまでの称号であったアイルランド卿(Lord of Ireland)に代えてアイルランド王(King of Ireland)を自称したのが始まりとされている。これは、ローマ教皇の宗主権(名目上のものではあったが)の否定と統治権の正当性の新たな根拠の確立、そしてアイルランドの支配体制の抜本的な改革の意思表示といえるものであった。ただし、これはイングランド側からの一方的な宣言で、当時アイルランドを実際に支配していた有力諸侯たちはこれをすぐ認めたわけではない。しかし両国の勢力格差は歴然で、以後イングランドからの入植と支配の強化が進み、アイルランドはイングランドの植民地化していった。アイルランドがイングランドの勢力下に完全に置かれたのは護国卿時代(1649年 - 1660年)、1652年のオリヴァー・クロムウェルによる遠征以後で、さらにウィリアム3世の1694年のアイルランド遠征によって一応の完結となったのである。 ヘンリー8世以前にもエドワード・ブルース(スコットランド王ロバート1世の弟)などアイルランド上王を称する人物はいたが、ヘンリー8世以後は歴代のイングランド王(のちにグレートブリテン王)がアイルランド王の称号を兼ねることとなった。 ジョージ3世の時代、1800年の合同法制定を経て、翌1801年にグレートブリテン王国と合同してグレートブリテン及びアイルランド連合王国が成立し、アイルランド王国は消滅した。.

新しい!!: イギリスとアイルランド王国 · 続きを見る »

アイルランド語

各カウンティにおけるアイルランド語話者の割合 アイルランド語(アイルランドご、Gaeilge 、Irish)は、インド・ヨーロッパ語族ケルト語派に属する言語である。現存するゲール語の一つであり、しばしばアイルランド・ゲール語やアイリッシュ・ゲール、あるいは西ゲール語とも呼ばれる。アイルランド共和国の第一公用語であり、2007年以降欧州連合の公用語の一つである。 現代のアイルランド人の多くは英語を母語とするが(2002年の国勢調査によると、41.9%がアイルランド語話者)、アイルランド語と英語は、同じインド・ヨーロッパ語族(ヨーロッパから南アジア、北アジア、アフリカ、南アメリカ、北アメリカ、オセアニアにかけて話者地域が広がる語族)であり、言語学上、言語系統的には同じ語族に分類されるが、ケルト語派であるアイルランド語とゲルマン語派である英語とは、完全に別言語であり当然意思の疎通はできない。.

新しい!!: イギリスとアイルランド語 · 続きを見る »

アイルランド自由国

アイルランド自由国(アイルランドじゆうこく、Saorstát Éireann、Irish Free State)は、1922年にアイルランド島32州のうちの南部26州がイギリス(グレートブリテン及びアイルランド連合王国)より分離して成立した立憲君主制国家である。.

新しい!!: イギリスとアイルランド自由国 · 続きを見る »

アイザック・ニュートン

ウールスソープの生家 サー・アイザック・ニュートン(Sir Isaac Newton、ユリウス暦:1642年12月25日 - 1727年3月20日、グレゴリオ暦:1643年1月4日 - 1727年3月31日ニュートンの生きていた時代のヨーロッパでは主に、グレゴリオ暦が使われ始めていたが、当時のイングランドおよびヨーロッパの北部、東部ではユリウス暦が使われていた。イングランドでの誕生日は1642年のクリスマスになるが、同じ日がグレゴリオ暦では1643年1月4日となる。二つの暦での日付の差は、ニュートンが死んだときには11日にも及んでいた。さらに1752年にイギリスがグレゴリオ暦に移行した際には、3月25日を新年開始の日とした。)は、イングランドの自然哲学者、数学者、物理学者、天文学者。 主な業績としてニュートン力学の確立や微積分法の発見がある。1717年に造幣局長としてニュートン比価および兌換率を定めた。ナポレオン戦争による兌換停止を経て、1821年5月イングランド銀行はニュートン兌換率により兌換を再開した。.

新しい!!: イギリスとアイザック・ニュートン · 続きを見る »

アガサ・クリスティ

アガサ・メアリ・クラリッサ・クリスティ(Dame Agatha Mary Clarissa Christie, DBE、旧姓:ミラー (Miller)、1890年9月15日 - 1976年1月12日)は、イギリス生まれの推理作家である。発表された推理小説の多くは世界的なベストセラーとなり「ミステリーの女王」と呼ばれた。英国推理作家のクラブであるディテクションクラブの第4代会長。メアリ・ウェストマコット (Mary Westmacott) 名義の小説が6作品ある。日本語表記は「クリスティ」「クリスティー」がある。.

新しい!!: イギリスとアガサ・クリスティ · 続きを見る »

アザミ

アザミ(薊)は、キク科アザミ属 (Cirsium) 及びそれに類する植物の総称。標準和名を単にアザミとする種はない。スコットランドの国花。.

新しい!!: イギリスとアザミ · 続きを見る »

イラク戦争

イラク戦争(イラクせんそう)とは、アメリカ合衆国が主体となり2003年3月20日から、イギリス、オーストラリアと、工兵部隊を派遣したポーランド等が加わる有志連合によって、イラク武装解除問題の大量破壊兵器保持における進展義務違反を理由とする『イラクの自由作戦』の名の下に、イラクへ侵攻したことで始まった軍事介入である。 正規軍同士の戦闘は2003年中に終了し、同年5月にジョージ・W・ブッシュにより「大規模戦闘終結宣言」が出たが、アメリカが指摘した大量破壊兵器の発見に至らず、さらにイラク国内の治安悪化が問題となり、戦闘は続行した。2010年8月31日にバラク・オバマにより改めて「戦闘終結宣言」と『イラクの自由作戦』の終了が宣言され、翌日から米軍撤退後のイラク単独での治安維持に向けた『新しい夜明け作戦』が始まった。 そして2011年12月14日、米軍の完全撤収によってバラク・オバマが、イラク戦争の終結を正式に宣言した。.

新しい!!: イギリスとイラク戦争 · 続きを見る »

インド系移民と在外インド人

フレディ・マーキュリー、英国の音楽家両親はパールシー(ペルシャ系インド人)である。 インド系移民(インドけいいみん、People/Persons of Indian Origin, PIO)と在外インド人(ざいがいインドじん、非居住インド人、Non-Resident Indians, NRI, 総称してNRI/PIOとも)は、インド国外に居住するインド系の人々。このように何等かのインド共和国の系統を持って同国に在住しないインド系のディアスポラは1560万人で、国連の経済社会局によって世界の最大である。 在外インド人 (NRI) はインド国籍を保持・取得している国外居住者を意味し、インド系移民 (PIO) は非インド国籍になった者とその子孫を意味する。日本語ではこの両方を含む意味合いで「印僑」(いんきょう)という術語が用いられることも多い。.

新しい!!: イギリスとインド系移民と在外インド人 · 続きを見る »

イングランド

イングランド(England)は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国」(country)の一つである。人口は連合王国の83%以上、面積はグレートブリテン島の南部の約3分の2を占める。北方はスコットランドと、西方はウェールズと接する。北海、アイリッシュ海、大西洋、イギリス海峡に面している。 イングランドの名称は、ドイツ北部アンゲルン半島出身のゲルマン人の一種であるアングル人の土地を意味する「Engla-land」に由来する。イングランドは、ウェールズとともにかつてのイングランド王国を構成していた。.

新しい!!: イギリスとイングランド · 続きを見る »

イングランド人

イングランド人(イングランドじん、英語:English people 古英語:Englisc)は、イングランドを起源とし、英語を主な母語とする民族のこと。またはイングランド区域内で出生した連合王国(イギリス)の国籍を有する住民(この場合は、イングランド以外にルーツを有する者を含む)のこと。イングランド人としての民族アイデンティティの起源は古く、最初期においてはAnglecynn(アングル人)と呼ばれていた。 イングランド人の最も大きな集団は、イギリスの構成国(イギリスのカントリー)のひとつであるイングランドに居住している。この集団のうち、近世以前からこの地に定着していた人々の末裔は、ブリトン人、ローマ・ブリトン人、アングロ・サクソン人、ヴァイキング、ノルマン人など、イングランドに当たる地域に定住していた近縁の民族集団との混血であるといわれている。2013年に発表された現代ヨーロッパの遺伝学的な研究によれば、現代ヨーロッパ人の遺伝子構造は、約7500年前に移動して来た最初の農耕民やこれより古い時代の狩猟採集民ではなく、新石器時代中期の紀元前4500年頃に定着したとされている。 より近年のイングランドへの移住者には、グレートブリテン島・アイルランド島をはじめ様々な地域の民族がおり、これらの大部分はウェールズ・スコットランド・アイルランド共和国・イギリス連邦諸国である。これらの移住者には、イギリス人・イングランド人としてのアイデンティティを持つものもいれば、二重もしくは外国系のアイデンティティを持つものもいる。.

新しい!!: イギリスとイングランド人 · 続きを見る »

イングランド国教会

イングランド国教会(イングランドこっきょうかい、Church of England)は、16世紀のイングランド王国で成立したキリスト教会の名称、かつ世界に広がる聖公会(アングリカン・コミュニオン)のうち最初に成立し、その母体となった教会。イギリス国教会(イギリスこっきょうかい)、英国国教会(えいこくこっきょうかい)、また「国教会」という訳語が不正確であるとしてイングランド教会(イングランドきょうかい)、英国聖公会とも呼ばれる。聖公会(アングリカン・チャーチ)という名称は、アングリカン・コミュニオン全体の日本語訳であると同時に、イングランド国外におけるイングランド国教会の姉妹教会の名称の日本語訳である。 もともとはカトリック教会の一部であったが、16世紀のイングランド王ヘンリー8世からエリザベス1世の時代にかけてローマ教皇庁から離れ、独立した教会となった。プロテスタントに分類されることもあるが、他プロテスタント諸派とは異なり、教義上の問題でなく、政治的問題(ヘンリー8世の離婚問題)が原因となって、カトリック教会から分裂したため、典礼的にはカトリック教会との共通点が多い。イングランド(イギリス)の統治者が教会の首長(、直訳は『信仰の擁護者』)であるということが最大の特徴である。.

新しい!!: イギリスとイングランド国教会 · 続きを見る »

イングランド王国

イングランド王国(イングランドおうこく、英語:Kingdom of England)は、927年のアングロ=サクソン七王国の一つウェセックス王国の王アゼルスタンのイングランド全土統一から、1707年のスコットランド王国との合同まで存在した国家。ウェセックス王エグバートの825年のイングランド統一から最初のイングランド王と言われることが多いが、実際の称号はブレトワルダ(覇王)であった。 スコットランド王であったステュアート朝のジェームズ1世が1603年に王位を兼ねて以来、スコットランドとは同君連合の関係にあったが、アンの時代の1707年の合同法により、スコットランド王国と合同してグレートブリテン王国となった。.

新しい!!: イギリスとイングランド王国 · 続きを見る »

イングランド銀行

イングランド銀行(イングランドぎんこう、Bank of England)は、イギリスの中央銀行。正式名称は「Governor and Company of the Bank of England」である。.

新しい!!: イギリスとイングランド銀行 · 続きを見る »

インターナショナル・エアラインズ・グループ

インターナショナル・エアラインズ・グループ(International Airlines Group)は、イギリスのブリティッシュ・エアウェイズとスペインのイベリア航空の持株会社。2011年1月から正式にグループが発足することとなった。.

新しい!!: イギリスとインターナショナル・エアラインズ・グループ · 続きを見る »

イージージェット

737-300型機 A319型機 サムネイル イージージェット(easyJet)は、イギリスのルートンに本社を置く航空会社。.

新しい!!: イギリスとイージージェット · 続きを見る »

イベリア航空

イベリア航空(イベリアこうくう、Iberia、正式社名 Iberia Líneas Aéreas de España S.A.)は、スペインの航空会社である。.

新しい!!: イギリスとイベリア航空 · 続きを見る »

イギリスの君主

イギリスの君主(イギリスのくんしゅ、Monarch of the United Kingdom)はイギリスとその海外領土の立憲君主である。現在の君主はエリザベス2世であり、1952年2月6日から王位に就いている。エリザベス2世とその直近の王族は、さまざまな公務、儀式、国の代表としての職務を行う。勲章の授与、議会の解散、首相の任命といった女王の権能は、立憲君主として特定の党派や主義に偏らないよう制限されている。イギリス政府の行政権は究極的には君主の大権によっているが、これらの権限は議会の制定した法律にのっとってのみ用いることができ、しかも実際には慣習と先例によっても制約を受けている。.

新しい!!: イギリスとイギリスの君主 · 続きを見る »

イギリスの世界遺産

イギリスの世界遺産 はユネスコの世界遺産リストに登録されているイギリス国内の文化・自然遺産の一覧。.

新しい!!: イギリスとイギリスの世界遺産 · 続きを見る »

イギリスの地方行政区画

イギリスの地図 220px イギリスの地方行政区画(イギリスのちほうぎょうせいくかく、subdivisions of the United Kingdom) は、複雑、重層的かつ不均質で、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドのそれぞれで異なる。現在の構造に到達するのに数百年かかっている。 最近は、伝統的に最も重要な層であるカウンティ (county) とパリッシュ(parish)、スコットランドの場合はカウンティとバラ(burgh) からシティ、ディストリクト(District)、あるいは欧州連合の影響を受けたリージョンといった他の行政区画への移行が顕著である。.

新しい!!: イギリスとイギリスの地方行政区画 · 続きを見る »

イギリスのカントリー

イギリスのカントリー(Countries of the United Kingdom)とは、イギリス(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)を構成する4つの地域である、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドのこと。主権国家でないが、便宜的に「カントリー(国)」と呼ばれる。 カントリーという呼称は、説明的に頻繁に使われるが、成文憲法が無いことや複雑な歴史的経緯により、4つのカントリーを総称する公式な名称は存在しない。また、カントリーは通常の意味での行政区画でもない。 別名として構成国あるいはホーム・ネイションズも使用される。 国際法上の主権国家であるイギリスは欧州連合や国際連合といった国際機関の一員である。イングランド、北アイルランド、スコットランド、ウェールズは国際標準化機構 (ISO) の国リストに記載されていない。しかしながらイギリスの下位区分のISOリストが英国規格および英国国家統計局によって提供されており、イングランド、スコットランド、ウェールズを説明するためにカントリーが使われている。対照的に、北アイルランドは同じリスト上で「プロビンス」と公式に表現されている。 イングランド、スコットランド、ウェールズは、多くのスポーツにおいて単独の統括団体を有しており、これは国際スポーツ大会においてそれぞれの代表に分かれて競い合うことを意味している。北アイルランドはサッカーでは単独の統括団体(アイリッシュ・フットボール・アソシエーション)を有しているが、ほとんどのスポーツにおいて全アイルランドを統括する団体をアイルランド共和国と共に組織している。 なお、王室属領であるチャンネル諸島やマン島、そして、海外領土は、その国際関係(外交や防衛)について連合王国が責任を負う地域であるが、連合王国の一部でなく、カントリーにも含まれない。.

新しい!!: イギリスとイギリスのカントリー · 続きを見る »

イギリスの国章

イギリスの国章(イギリスのこくしょう、Royal coat of arms of the United Kingdom)とは、イギリス(連合王国)の正式な国章であり、また、イギリス国王(現在:女王エリザベス2世)の紋章でもある。 王族・政府には、この紋章と共通する要素をもつ別の紋章がある。イギリス国王は、スコットランド国王としての紋章も有している。.

新しい!!: イギリスとイギリスの国章 · 続きを見る »

イギリスの王室属領

王室属領(おうしつぞくりょう、Crown dependencies)とは、イギリスのthe Crown)に属し、高度な自治権を持った地域である。伝統的に国王が王国外に有していた領地であるため、イギリス(連合王国、United Kingdom)には含まれず、それぞれ独自の憲法の下で政府を持っている。ただし、外交・防衛についてはイギリス政府が責任を負う。 日本では王領や王室領、王室直轄領、王室保護領などの語が用いられることもある。.

新しい!!: イギリスとイギリスの王室属領 · 続きを見る »

イギリスの首相

レートブリテン及び北アイルランド連合王国の首相(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこくのしゅしょう、)は、イギリス政府(女王陛下の政府)の長、連合王国内閣総理大臣である。称号は「閣下(The Right Honourable)」。イギリスにおける実質的な行政権を掌握している。.

新しい!!: イギリスとイギリスの首相 · 続きを見る »

イギリスの議会

レートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこくぎかい、)は、イギリスの立法府であり、本国及び海外領土と王室属領の最高機関である。それ自体が立法府優位を有しており、その結果、本国とその領土における他の全ての政治的機関を上回る最高権力を有する。その長はイギリスの君主(現在はエリザベス2世)であり、その座所はグレーター・ロンドンに位置するシティ・オブ・ウェストミンスターのウェストミンスター宮殿にある。 議会は両院制で、上院(貴族院)と下院(庶民院)から構成されている。君主は立法府の3つ目の構成要素を形成する(議会における女王)。貴族院は2つの異なるタイプの議員を含んでいる。すなわち、英国国教会で最も上級の聖職貴族で構成される聖職上院議員、及び首相の助言に基づいて君主により任命される連合王国貴族と一代貴族とで構成される世俗上院議員である。2009年10月に最高裁判所が創設される以前は、貴族院はを通してを備えていた。 庶民院は、少なくとも5年ごとに行われる選挙に伴い、民主的に議員が選出される議院である。両院はそれぞれ、ロンドンのウェストミンスター宮殿(議事堂)内にある、互いに離れた議院に置かれる。憲法上の慣習により、首相を含む全ての大臣(ministers)は、庶民院議員であるか、あまり一般的ではないが、貴族院議員であるかであり、これらの大臣は、それにより立法府の各部門に対して説明責任がある。 合同法がイングランド議会<!-- ループリンク -->とスコットランド議会を通過したことにより合同条約が批准され、1707年にグレートブリテン議会が形成された。19世紀の初めには、グレートブリテン議会とアイルランド議会により合同法が承認されたことで、議会はさらに拡大した。これにより、後者は廃止され、前者に100名のアイルランド議会議員と32名の貴族議員が加わり、グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会が創設された。アイルランド自由国が分離独立した5年後に、Royal and Parliamentary Titles Act 1927により、正式に議会の名称が“グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会”に修正された。 英国議会とその諸機関は、世界中の多くの民主主義諸国の模範となっており、「議会の母」または「諸議会の母」(the mother of parliaments)と呼ばれるまでに至っている。しかしながら、ジョン・ブライトは彼こそがこの形容語句を作ったのだが議会よりもむしろ国(イングランド)に関して、その語句を使用した。 理論上、イギリスの最高の立法権限は議会における国王に付与されている。しかし、国王は首相の助言に基づいて行動する上、貴族院の権限は縮小されているので、事実上の権限は庶民院に付与される。.

新しい!!: イギリスとイギリスの議会 · 続きを見る »

イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票

イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票(United Kingdom European Union membership referendum)は、イギリスにおいて2016年6月23日に実施された、同国が欧州連合(EU)を離脱すべきかどうかを決めるための国民投票であるM.

新しい!!: イギリスとイギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票 · 続きを見る »

イギリスの海外領土

イギリスの海外領土(イギリスのかいがいりょうど)とはイングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランド以外で、イギリスの政治的権限が及ぶ領域である。.

新しい!!: イギリスとイギリスの海外領土 · 続きを見る »

イギリスの憲法

連合王国の憲法(れんごうおうこくのけんぽう、Constitution of the United Kingdom)は、イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)において、議会決議や法律、裁判所の判例、国際条約、慣習等のうち、国家の性格を規定するものの集合体である。単一の憲法典としては成典化されていないため、不文憲法または不成典憲法であるといわれるが、それはあくまでも憲法典としての単一の成典を持たないという意味であり、法文化された憲法(Constitutional law)は先述及び後述のとおり明確に存在している。憲法を構成する大部分は成文法(憲法的法規、law of the constitution)であり、議会によって改正・改革が行われる軟性憲法であるが、慣習に基づき、伝統的に憲法を構成するとされる法典が、その他の法律のようにむやみに改廃されることはない。成文法の他、様々な慣習法(憲法的習律、conventions of the constitution)に基づく権力(国王など)の権能の制限、貴族の権限及び儀礼の様式なども、「イギリスの憲法」を構成する要素に含まれている。 議会主権を基礎とすることから、通常の手続に従って議会が法律を制定することにより、憲法的事項を制定、変更することが可能である。かつて首相を務めていたゴードン・ブラウンは、イギリスにも成文憲法典が必要とし、自政権下での制定を目指していた。.

新しい!!: イギリスとイギリスの憲法 · 続きを見る »

イギリス帝国

イギリス帝国(イギリスていこく、British Empire)は、イギリスとその植民地・海外領土などの総称である。大英帝国(だいえいていこく)ともいう。 帝国は時代ごとの性質により、以下のように区分できる。.

新しい!!: イギリスとイギリス帝国 · 続きを見る »

イギリス人

イギリス人(イギリスじん、英語: British people)または、英国人(えいこくじん)は、イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)の国民である。イギリスは、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドにより構成される連合王国(立憲君主制国家)である。 イギリス人は、連合王国を形成する4つのネイション(nation)(イギリスのカントリー)のいずれかに属するイングランド人、スコットランド人、ウェールズ人、北アイルランド人 ならびに、イギリスの海外領土の市民により構成される。.

新しい!!: イギリスとイギリス人 · 続きを見る »

イギリス・ルネサンス演劇

イギリス・ルネサンス演劇(イギリス・ルネサンスえんげき、English Renaissance theatre)とは、ルネサンス期のイギリス、特に宗教改革から1642年の劇場閉鎖までのあいだに書かれた演劇作品のことである。一般にエリザベス朝演劇とも呼ばれるが、これは不正確な呼称である。イギリス・ルネサンス演劇には、ウィリアム・シェイクスピアをはじめとする多くの著名な劇作家の作品が含まれる。.

新しい!!: イギリスとイギリス・ルネサンス演劇 · 続きを見る »

イギリスグランプリ

イギリスグランプリ(イギリスGP, British Grand Prix)は、イギリスで行われるモータースポーツのレース。現在はF1のイベントとして開催されている。 1950年、F1世界選手権が初めて開催された際の第1戦がこのイギリスGPであり、F1の中ではもっとも伝統のあるレースのひとつである。 イギリス国内で行われた、イギリスGP以外の名称をもつF1レースも本項目で記述する。.

新しい!!: イギリスとイギリスグランプリ · 続きを見る »

イギリス国鉄

イギリス国鉄のブランドロゴ「ダブル・アロー」(左側)(右側は地下鉄)は、現在も国鉄由来の在来旅客鉄道網「ナショナル・レール」のロゴとして広く認識されている。 416系電車)。国鉄の典型的なカラーリングをまとっている。 イギリス国鉄(いぎりすこくてつ)は、1948年から1997年までイギリスに存在した国有鉄道である。1948年にイギリス4大鉄道会社「ビッグ・フォー (Big Four) 」の国有化により発足し、1994年から1997年にかけての鉄道民営化まで存在した。英語での名称はBritish Railways、1969年以降はBritish Rail。略称はBR。現在の名称は、イギリス鉄道(ブリティッシュ・レール、British Rail)。 路線網は北アイルランドを除くグレートブリテン島全土、ならびに一部の島と広範囲に有していた。列車は蒸気機関車主体からディーゼル動車・電車主体になり、主な輸送収入源は貨物から旅客へと変化した。そして、多くの赤字路線が廃止され、大規模に合理化された。 民営化に際しては上下分離方式が採用され、列車運行は旅客・貨物の各運行会社に継承、旅客列車は20数社の民間会社が「ナショナル・レール (National Rail)」の統一ブランド名を採用している「国有鉄道」の英訳は「national railway」であるが、「National Rail」はイギリス国鉄を意味せず、現在の民間会社が運行する旅客列車を意味する -->。線路の所有および維持管理業務はネットワーク・レール社が行っている。.

新しい!!: イギリスとイギリス国鉄 · 続きを見る »

イギリス王室

イギリス王室(イギリスおうしつ、British Royal Family)は、イギリスの国王とその家族・親族(王族)で構成される集団を言う。.

新しい!!: イギリスとイギリス王室 · 続きを見る »

イギリス理想主義

イギリス理想主義(British idealism)は、十九世紀後半から二十世紀初頭にかけて隆盛を誇った、政治思想と哲学の派閥とその考えである。イギリス観念論とも言う。.

新しい!!: イギリスとイギリス理想主義 · 続きを見る »

イギリス空軍

イギリス空軍旗 王立空軍(おうりつくうぐん、Royal Air Force)は、イギリスの保有する空軍。略称としてRAFやR.A.F.という表記がある。日本語ではイギリス空軍、英国空軍とも表記される。 1918年4月1日にイギリス軍の一部として独立した。RAFは世界で最も長い歴史を持つ空軍であり、約793機の航空機と、34,200人の兵力を保有している。 国防省の目的を達成することが任務であるが、具体的には、イギリスと海外領土を確実に保障防衛すること、特に国際的な平和と保障を進める際に政府の外交政策を支えること、それらのために必要とされる能力を提供することである。.

新しい!!: イギリスとイギリス空軍 · 続きを見る »

イギリス領インド洋地域

イギリス領インド洋地域(イギリスりょうインドようちいき、)は、チャゴス諸島を中心としたインド洋の約2300の島を含む地域であり、イギリスの海外領土。ディエゴガルシア島は、南端にある最大の島で、アメリカ軍の基地がある。なお、同地域の行政中心地は現在もセーシェルの首都ヴィクトリアにおかれている。.

新しい!!: イギリスとイギリス領インド洋地域 · 続きを見る »

イギリス関係記事の一覧

イギリス関係記事の一覧(イギリスかんけいきじのいちらん).

新しい!!: イギリスとイギリス関係記事の一覧 · 続きを見る »

イギリス英語

イギリス英語(イギリスえいご、)は英語の中でもイギリスで使用されている英語。英語ではBritish EnglishまたはUK Englishという。.

新しい!!: イギリスとイギリス英語 · 続きを見る »

イギリス連邦

イギリス連邦(イギリスれんぽう、Commonwealth of Nations、旧名:British Commonwealth)は、かつてのイギリス帝国(大英帝国)がその前身となって発足し、主にイギリスとその植民地であった独立の主権国家から成る、緩やかな国家連合(集合体)である。英連邦(えいれんぽう)ともいう。実態は、民族の共通の利益の中で、また国際的な理解と世界平和の促進の中で、協議し、協力する自発的な独立の主権国の組織である(コモンウェルス原則の宣言前文)と再定義され、ゆるやかな独立主権国家の連合となった(一国の国家形態としての連邦国家ではなく、また構成国各国は必ずしも同君連合の関係にあるとも限らない)。.

新しい!!: イギリスとイギリス連邦 · 続きを見る »

イギリス陸軍

イギリス陸軍の非儀式用旗 イギリス陸軍(イギリスりくぐん、British Army)は、イギリス連合王国(United Kingdom)の陸軍。現在では、海軍、空軍と共にイギリス軍を構成している。.

新しい!!: イギリスとイギリス陸軍 · 続きを見る »

イギリス東インド会社

ユニオンジャックとなる イギリス東インド会社(イギリスひがしインドがいしゃ、East India Company(EIC))は、アジア貿易を目的に設立された、イギリスの勅許会社である。アジア貿易の独占権を認められ、イングランド銀行から貸付を受けながら、17世紀から19世紀半ばにかけてアジア各地の植民地経営や交易に従事した。 当初は香辛料貿易を主業務としたが、次第にインドに行政組織を構築し、徴税や通貨発行を行い、法律を作成して施行し、軍隊を保有して反乱鎮圧や他国との戦争を行う、インドの植民地統治機関へと変貌していった。セポイの乱(インド大反乱)の後、インドの統治権をイギリス王室に譲渡し、1858年に解散した。.

新しい!!: イギリスとイギリス東インド会社 · 続きを見る »

イギリス最高裁判所

連合王国最高裁判所(れんごうおうこくさいこうさいばんしょ、)は、2009年10月1日に設立されたイギリス(連合王国)の最高裁判所である。.

新しい!!: イギリスとイギリス最高裁判所 · 続きを見る »

イギリス海峡

イギリス海峡の衛星画像 イギリス海峡(イギリスかいきょう、English Channel, )または英仏海峡、ラ・マンシュ海峡(La Manche)は、イギリス(グレートブリテン島)とフランス(ヨーロッパ大陸)を隔てている海峡。東端はドーバー海峡を介して北海に繋がっている。1994年5月6日、ドーバー海峡間に英仏海峡トンネルが開通、高速鉄道ユーロスターの運行が開始された。 全長約562km、最も幅の広い西端の約180kmから最も狭い東端ドーバー海峡の約34kmと全体的に非常に凹凸の多い地形になっている"English Channel".

新しい!!: イギリスとイギリス海峡 · 続きを見る »

イギリス海兵隊

イギリス海兵隊(イギリスかいへいたい、Royal Marines)は、広義のイギリス海軍(Naval Service)の管理下にある、水陸両用作戦に主眼を置いた軽歩兵部隊。山岳戦と極地戦のエキスパートでもある。部隊のモットーはPer Mare Per Terram(海に、陸に)。.

新しい!!: イギリスとイギリス海兵隊 · 続きを見る »

イギリス海軍

王立海軍(おうりつかいぐん、Royal Navy)は、イギリスの海軍。イギリス海軍、英国海軍などとも表記される。.

新しい!!: イギリスとイギリス海軍 · 続きを見る »

イギリス政府

女王陛下の政府(じょうおうへいかのせいふ、Her Majesty's Government)は、イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)の中央政府である.

新しい!!: イギリスとイギリス政府 · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: イギリスとイタリア · 続きを見る »

ウルヴァーハンプトン

ウルヴァーハンプトン(Wolverhampton、イギリス英語発音:)は、イギリスのイングランド中部ウェスト・ミッドランズ州の都市である。 歴史的にはスタッフォードシャーの一部であったが、1974年よりウェスト・ミッドランズの一部となった。市名は985年に街を設立した"Lady Wulfrum"にちなんでいると、一般的に認識されている。シティは当初は羊毛貿易の拠点としての市場都市として発展した。産業革命時代およびその後、鉱山(石炭、石灰石、鉄鉱石)や、鉄鋼、漆、バイク、車などの産業の中心地であった。.

新しい!!: イギリスとウルヴァーハンプトン · 続きを見る »

ウール

刈り取られたウール ウール (wool) とは、羊の毛(=羊毛、ようもう)のことで、動物繊維の一種である。羊毛を用いた糸や(=毛糸)や織った布(=毛織物)もウールと呼ばれる。一般的には羊の毛を指すが、広義ではアンゴラ・アルパカ・ラクダの毛も含まれる。.

新しい!!: イギリスとウール · 続きを見る »

ウィリアム1世 (イングランド王)

ウィリアム1世(William I 、1027年 - 1087年9月9日)は、イングランド王(在位: 1066年 - 1087年)。通称は征服王 (William the Conqueror) あるいは庶子王 (William the Bastard) 。ノルマンディー公(ギヨーム2世、在位: 1035年 - 1087年)でもあった。イングランドを征服し(ノルマン・コンクエスト)、ノルマン朝を開いて現在のイギリス王室の開祖となった。 ウィリアムは英語式であるが、フランス出身であり、彼自身も周囲の人もフランス語を使っていたため、むしろフランス語式にギヨーム (Guillaume) と呼ぶ方がふさわしいという見解もある。彼の墓にはラテン語風に GUILLELMUS と綴られている(右下の墓標の画像)。.

新しい!!: イギリスとウィリアム1世 (イングランド王) · 続きを見る »

ウィリアム3世 (イングランド王)

ウィリアム3世(William III, 1650年11月14日 - 1702年3月8日)は、オラニエ公・ナッサウ伯(在位:1650年11月14日 - 1702年3月8日)、オランダ総督(在職:1672年6月28日 - 1702年3月8日)、イングランド王・スコットランド王・アイルランド王(在位:1689年2月13日 - 1702年3月8日)。スコットランド王としてはウィリアム2世。オランダ名ではウィレム3世(Willem III van Oranje-Nassau)。 父はオランダ総督・オラニエ公ウィレム2世、母はイングランド王チャールズ1世の娘メアリー・ヘンリエッタ・ステュアート。イングランド女王・スコットランド女王・アイルランド女王メアリー2世は妻。オラニエ=ナッサウ家の出身であるが、ステュアート朝の王の1人に数えられている。.

新しい!!: イギリスとウィリアム3世 (イングランド王) · 続きを見る »

ウィリアム・バード

ウィリアム・バード ウィリアム・バード(William Byrd, 1543年? – 1623年7月4日)は、イングランドで活躍したルネサンス音楽の作曲家である。「ブリタニア音楽の父」 (Brittanicae Musicas Parens) として現代イギリスにおいて敬愛されている。.

新しい!!: イギリスとウィリアム・バード · 続きを見る »

ウィリアム・バフィン

ウィリアム・バフィン ウィリアム・バフィン (William Baffin, 1584年 - 1622年1月23日)は、イングランドの探検家・航海者。彼の前半生については何もわかっていないが、ロンドンで下層階級に生まれたこと、自身の勤勉さと不屈の精神で次第に頭角を現したことが推測されている。 彼の名前が最も古くに登場するのは1612年で、北西航路を探す旅の主任の水先案内人として、ジェームズ・ホール船長に雇われた。ホールはグリーンランド西岸で先住民と争い殺されたため、バフィンはその年から2年間をスピッツベルゲン島で捕鯨業に従事した(当時ムスコヴォイ会社の管轄下にあった)。 1615年、バフィンは北西航路を探す会社に入社し、小さな船ディスカヴァリー号のロバート・バイロット船長に水先案内人として同行した。この時にハドソン海峡を調査した。この航海におけるバフィンの天文学知識やその正確さは、2世紀後に同じ場所を通ったウィリアム・エドワード・パリー卿によって確認された。 同じ年のうちに再度ディスカヴァリー号で航海に出、デイヴィス海峡を通ってバフィン島の北に良港を見つけた。この時発見した海峡のいくつかには、航海の後援者にちなみランカスター海峡、スミス海峡、ジョーンズ入り江の名をつけた。彼はジョン・デイヴィスがやってきたときよりも300マイル(480キロメートル)北方におり、以後236年間バフィンを超えた者は現れなかった。 彼は望みを抱いていたものの、北西航路でインドへ向かうルートの調査は打ち切られた(1818年にロス艦長に再発見されるまでバフィンの探検は疑問視されていた)。バフィンはイギリス東インド会社の仕事に就き、1617年から1619年まで英領インドのスーラトへ向かった。彼がこの航海で行った紅海とペルシャ湾の検分は、東インド会社に非常に有益なものとなった。1620年代初め、イングランドとペルシャの戦い(1622年のホルムズ占領)がゲシュム島で起こっていた最中に再びホルムズ海峡に向かったが、戦闘で重傷を負い死亡した。 バフィン湾とバフィン島は、後年になって彼にちなみ名付けられた。.

新しい!!: イギリスとウィリアム・バフィン · 続きを見る »

ウィリアム・ワーズワース

詩人ウィリアム・ワーズワース(壮年期の肖像画) ウィリアム・ワーズワース(Sir William Wordsworth, 1770年4月7日 - 1850年4月23日)は、イギリスの代表的なロマン派詩人である。湖水地方をこよなく愛し、純朴であると共に情熱を秘めた自然讃美の詩を書いた。同じくロマン派の詩人であるサミュエル・テイラー・コールリッジは親友で、最初の作品集はコールリッジとの共著であった。多くの英国ロマン主義詩人が夭折したのに対し、彼は長命で、1843年に73歳で桂冠詩人となった。.

新しい!!: イギリスとウィリアム・ワーズワース · 続きを見る »

ウィリアム・ブレイク

ウィリアム・ブレイク(William Blake, 1757年11月28日 - 1827年8月12日)は、イギリスの詩人、画家、銅版画職人。預言書『ミルトン』の序詞「古代あの足が(And did those feet in ancient time)」が1918年にヒューバート・パリーによって音楽が付けられたものが聖歌『エルサレム』としてまたは事実上のイングランドの国歌として現在のイギリスではたいへんよく知られている。.

新しい!!: イギリスとウィリアム・ブレイク · 続きを見る »

ウィリアム・シェイクスピア

ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare, 1564年4月26日(洗礼日) - 1616年4月23日(グレゴリオ暦5月3日))は、イングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、最も優れた英文学の作家とも言われている。また彼の残した膨大な著作は、初期近代英語の実態を知る上での貴重な言語学的資料ともなっている。 出生地はストラトフォード・アポン・エイヴォンで、1585年前後にロンドンに進出し、1592年には新進の劇作家として活躍した。1612年ごろに引退するまでの約20年間に、四大悲劇「ハムレット」、「マクベス」、「オセロ」、「リア王」をはじめ、「ロミオとジュリエット」、「ヴェニスの商人」、「夏の夜の夢」、「ジュリアス・シーザー」など多くの傑作を残した。「ヴィーナスとアドーニス」のような物語詩もあり、特に「ソネット集」は今日でも最高の詩編の一つと見なされている。 2002年BBCが行った「100名の最も偉大な英国人」投票で第5位となった。 「シェイクスピア」の日本における漢字表記(借字)は「沙吉比亜」だが、これは中国での表記「莎士比亞」(繁体字での表記で、簡体字では「莎士比亚」)の「莎」を「沙」と、「亞」を「亜」と略し、「士」の代わりに「吉」を用いたもの。「沙翁」と呼ばれることもある。.

新しい!!: イギリスとウィリアム・シェイクスピア · 続きを見る »

ウィリアムズF1

ウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリング(Williams Grand Prix Engineering)は、イギリスに本拠地を置くF1のレーシング・チームで、1977年にフランク・ウィリアムズとパトリック・ヘッドにより設立された。前身は1966年に設立されたフランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ(Frank Williams Racing Cars)である。.

新しい!!: イギリスとウィリアムズF1 · 続きを見る »

ウィンブルドン現象

ウィンブルドン現象(ウィンブルドンげんしょう)とは、「門戸を開放した結果、外来勢が優勢になり、地元勢が消沈または淘汰される」ことをいう。狭義には、市場経済において「自由競争による地元勢の淘汰」を表す用語である。特に、市場開放により外資系企業により国内系企業が淘汰されてしまうことをいう。ウィンブルドン効果とも呼ばれる。.

新しい!!: イギリスとウィンブルドン現象 · 続きを見る »

ウィンザー朝

ウィンザー朝は、1917年に始まる現在のイギリスの王朝。サクス=コバーグ=ゴータ朝の後身。ハノーヴァー朝の後身と見なされることもある。.

新しい!!: イギリスとウィンザー朝 · 続きを見る »

ウェールズ

ウェールズ(Wales、Cymru カムリ)は、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国(イギリスのカントリー)」(country)のひとつである。ウェールズはグレートブリテン島の南西に位置し、南にブリストル海峡、東にイングランド、西と北にはアイリッシュ海が存在する。 かつて、石炭を代表とする豊富な地下資源を産出し、イギリスの産業革命を支えた歴史をもつ。.

新しい!!: イギリスとウェールズ · 続きを見る »

ウェールズ人

ウェールズ人(ウェールズじん、Welsh people、ウェールズ語: Cymry)は、ウェールズ国民、またはウェールズを父祖の土地とする民族のこと。.

新しい!!: イギリスとウェールズ人 · 続きを見る »

ウェールズ語

ウェールズ ウェールズの各地方行政区画におけるウェールズ語話者の割合 ウェールズ語(Welsh, Cymraeg, y Gymraeg (定冠詞つき))は、ウェールズで話されている言語で、ケルト語派ブリソン諸語に属する。.

新しい!!: イギリスとウェールズ語 · 続きを見る »

ウェールズ議会

ウェールズ国民議会(ウェールズこくみんぎかい、The National Assembly for Wales、Cynulliad Cenedlaethol Cymru)は、ウェールズ立法府である。 首都カーディフのに置かれ、イギリス政府からウェールズにおける権限を委譲され一院制である。.

新しい!!: イギリスとウェールズ議会 · 続きを見る »

ウェストミンスター寺院

ウェストミンスター寺院(ウェストミンスターじいん、英語:Westminster Abbey、中国語:西敏寺)は、イギリスのロンドン・ウェストミンスターにある、イングランド国教会の教会。聖ペテロ修道教会。戴冠式などの王室行事が執り行われ、内部の壁と床には歴代の王や女王、政治家などが多数埋葬されている。墓地としては既に満杯状態で、新たに埋葬するスペースはもはやなくなっている。国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)が隣接している。 ウィリアム1世以来、エドワード5世、エドワード8世を除く全てのイギリスの歴代の王が、「エドワード懺悔王の礼拝室」で戴冠式を行っている。この部屋にはかつてスコットランドから持ち帰られた、スコットランド王権を象徴するスクーンの石が嵌めこまれた戴冠式用の玉座があったが、スクーンの石は1996年にスコットランドに返還された。 イギリス中世の大規模なゴシック建築である。11世紀にエドワード懺悔王が建設し、1066年以降、英国国王の戴冠式が行われている。1245年、ヘンリー3世により、フランスの建築家を招き、フランスのゴシック建築にならって改装を始めた。14世紀末までにおおよそ完成するが、墓所の増築や西側正面部分、塔など20世紀に至るまで長期間にわたり、時代によってさまざまな様式で増改築されている。 1987年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。 多くの学校や職場で使用されている始業、終業のチャイムの音階は、同寺院のために1927年に作曲された「ウェストミンスターの鐘」が元となっている。.

新しい!!: イギリスとウェストミンスター寺院 · 続きを見る »

エリザベス2世

リザベス2世(、1926年4月21日とされる5月末から6月初め頃と実際の女王誕生日が異なることについては、当該項目を参照。 - )は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を含む、16か国の主権国家(イギリス連邦王国)の君主であり、王室属領と海外領土の元首である。また、イングランド国教会の。イギリスの君主としてはウィンザー朝の第4代女王である。実名はエリザベス・アレクサンドラ・メアリー()。 1952年2月6日に即位してイギリス連邦に加盟する独立国家たる7か国、すなわち、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ連邦、パキスタン、セイロンの女王になる。連合王国女王のレルムに属する国家および領土の数は1956年から1992年までに独立したり共和制に移行したりしたので少しずつ変わっていく。 2016年現在の今日においては、(現在まで存続している)前述の4か国(イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)に加え、ジャマイカ、バルバドス、バハマ、グレナダ、パプアニューギニア、ソロモン諸島、ツバル、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、ベリーズ、アンティグア・バーブーダ、セントクリストファー・ネイビスが女王を君主としている。こうしてエリザベス2世は、合計16か国の君主を兼ねている。またクック諸島など、上記の国と自由連合制をとる国や、その一部となっている国・地域の中にも女王を元首としているところが存在する。 2015年、高祖母たるヴィクトリア女王を抜いて英国史上最高齢の君主になった。2015年1月23日にはサウジアラビア国王のアブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズが90歳で死去したことにより、88歳(当時)で存命する在位中の君主の中で世界最高齢になった。2015年9月9日には、在位期間が63年と216日となり、同じくヴィクトリア女王を抜いて英国史上最長在位の君主となった。さらに、2016年10月13日にはラーマ9世(タイ王国)の死去により、存命の君主では世界第1位の長期在位君主となった。.

新しい!!: イギリスとエリザベス2世 · 続きを見る »

エレクトロニカ

レクトロニカ(英語 Electronica)とは、電子音楽や、電子音楽に影響を受けている音楽全般を包括的に表す言葉。ただし狭義に用いられることがある(後述)。.

新しい!!: イギリスとエレクトロニカ · 続きを見る »

エンターテインメント

ンターテインメント(entertainment)は、人々を楽しませる娯楽をいう。抽象的な意味をもつ言葉であるが、楽しみ、気分転換、気晴らし、遊び、息抜き、レジャーなどが類語となっており、エンターテインメントにはそういった意味合いを含む。似た意味を持つ言葉としてアミューズメント(amusement)も娯楽を指して使用され(アミューズメント施設など)、エンターテインメントの範疇に含まれる。.

新しい!!: イギリスとエンターテインメント · 続きを見る »

エディンバラ

|name.

新しい!!: イギリスとエディンバラ · 続きを見る »

エディンバラ新市街

ディンバラの新市街は、スコットランドの首都エディンバラの街区で、中心地区の一つである。この新市街はしばしば都市計画の傑作と評されており、旧市街ともどもユネスコの世界遺産に登録されている。いまなお「新」市街と呼ばれるものの、建設されたのは1765年から1850年ころのことで、界隈には当時の新古典主義様式の建築物が残っている。 最も有名な街路は、エディンバラ城や旧市街に面しているプリンスィズ・ストリートであり、それはかつてノア・ロック(Nor Loch)のあった窪地を横切っている。.

新しい!!: イギリスとエディンバラ新市街 · 続きを見る »

エディンバラ旧市街

ディンバラ旧市街 (The Old Town of Edinburgh)は、スコットランドの首都エディンバラの一部。UNESCO世界遺産に登録されている。中世の都市図とスコットランド宗教改革時代の建物が多く残る。 一端はエディンバラ城と主要な幹線であるロイヤル・マイル、実際には4つに区別される通りであるキャッスルヒル、ローンマーケット、ハイ・ストリート、そして現在廃墟となっているホリールード寺院へつながるカノンゲイトによってふさがれる。狭いクローゼス(closes、小路)はしばしば数フィートの幅しかなく、ヘリンボーン模様(矢はず模様とも)の主な背骨のどちらの側にも下り坂へつながる。セント・ジャイルズ大聖堂やスコットランド最高裁判所のような主要な公共建築物または市場のある場所は、大きな広場のそばである。 スコットランド議会ビル、ホリールード宮殿、スコットランド教会ゼネラル・アッセンブリー・ホール、スコットランド・ロイヤル・ミュージアム、サージェオンズ・ホール、エディンバラ大学といった有名なものが旧市街にあり、おびただしい数の地下道と地下室、以前の建設過程の遺物などがある。通りの配置は北ヨーロッパ諸都市の旧地区の典型であり、エディンバラには岩山の上にそびえる城、死火山の名残などがあるため非常に絵画的であり、主な通りが山のうねの上から下ってゆく。 都市の地形『クラグ・アンド・テイル』(Crag and tail、平地にそびえる岩山や丘と漸減する斜面のこと)は後期氷河期につくられ、大地との間の氷河が刻んだ痕跡がおぼろげになり柔らかな土壌を押し出したときに誕生した。しかし、火山性岩の堅い貝砂層によって裂かれた。丘の上の険しい岩は都市の最初に発展した部分で、要塞化されすぐに現在のエディンバラ城となった。 都市のその他の残りは、城のある岩山から平地へとゆっくりと広がっていった。これは南部の湿地帯と北方のノール湖を伴う容易に防御可能な地となった。主な道から居住区へアクセスするのはたくさんの門と市壁を通らなければならないことで制限が加えられていた。市壁は唯一断片的に残る場所がある( フロドゥン壁など)。 斜面の狭さにより空間の制限が強いられたため、旧市街は初期の高収入者の一部の住居建築が並んでいた。多階住居は1500年代より後から規準となった。1700年代の旧市街はおよそ80,000人の人口を抱えていた。しかし、さらに近代へむかうとわずか4,000人にまで劇的に減った。最近は旧市街のあらゆる場所におよそ20,000人が住んでいる。長い間住民は防護壁外側に住居が建てられるのは気が進まず、住居の必要性への訴えが増加するにつれ建物はより高くなる傾向にあった。悲劇的なことに、これらの建物の多くは1824年大火で破壊された。元々の基礎の上に再建された建物は地面の高さを変えることになり、多くの通路と旧市街地下の地下室がつくられることになった。 2002年12月7日、旧市街で起きた火事にカウゲイトの一部が飲み込まれた。有名なコメディー・クラブ『ザ・ギルデッド・バルーン』や、包括的な人工知能図書館を含むエディンバラ大学情報科学学部の大半が破壊された。.

新しい!!: イギリスとエディンバラ旧市街 · 続きを見る »

エドワード7世 (イギリス王)

ドワード7世(、アルバート・エドワード、、1841年11月9日 - 1910年5月6日)は、サクス=コバーグ・アンド・ゴータ朝の初代イギリス国王、インド皇帝(在位:1901年1月22日 - 1910年5月6日)。 母であるヴィクトリア女王の在位が長期にわたったため、2017年現在の皇太子であるチャールズに次いで長くプリンス・オブ・ウェールズ(皇太子)の立場にあった。 在位は1901年から1910年までの10年足らずであったが、その治世は「エドワード朝(Edwardian era)」と呼ばれる。在位中は1905年まで保守党(ソールズベリー侯爵とバルフォア)、その後は自由党(キャンベル=バナマンとアスキス)が政権を担当した。彼の治世下に日英同盟、英仏協商、英露協商が締結され、日本・フランス・ロシアとの関係が強化されたため、「ピースメーカー」と呼ばれた英露協商が結ばれた1907年には日仏協約と日露協約が結ばれた。したがってこの年だけで、露仏同盟をふくむドイツ帝国包囲網6条約のうち3つが成立したことになる。。 王妃はデンマーク国王クリスチャン9世の娘アレクサンドラ(愛称アリックス)。.

新しい!!: イギリスとエドワード7世 (イギリス王) · 続きを見る »

エドワード・エルガー

初代準男爵サー・エドワード・ウィリアム・エルガー(Sir Edward William Elgar, 1st Baronet, OM, GCVO、1857年6月2日 - 1934年2月23日)は、イングランドの作曲家、指揮者。もとは音楽教師でありヴァイオリニストでもあった。 エルガーが遺した楽曲の多くは母国イギリスのみならず、世界中の演奏会で取り上げられている。中でも最もよく知られるのは『エニグマ変奏曲』や行進曲『威風堂々』、ヴァイオリン協奏曲、チェロ協奏曲、2曲の交響曲などである。また、『ゲロンティアスの夢』をはじめとする合唱作品、室内楽曲や歌曲も作曲した。 1904年(47歳)にナイト、1931年(74歳)准男爵に叙されている。1924年からは国王の音楽師範を務めた。.

新しい!!: イギリスとエドワード・エルガー · 続きを見る »

エド・クランシー

ド・クランシー(Ed Clancy、1985年3月12日 - )は、イングランド、バーンズリー出身の自転車競技選手。本名はエドワード・クランシー(Edward Clancy)。大英帝国勲章(MBE)受章。.

新しい!!: イギリスとエド・クランシー · 続きを見る »

エイミー・ワインハウス

イミー・ワインハウス(Amy Winehouse、本名:Amy Jade Winehouse(エイミー・ジェイド・ワインハウス)、1983年9月14日 - 2011年7月23日)は、イギリスのソウルミュージック、ジャズ、R&Bのシンガーソングライター。.

新しい!!: イギリスとエイミー・ワインハウス · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: イギリスとオランダ · 続きを見る »

オランダ語

ヨーロッパにおける低地フランク語の分布 オランダ語(オランダご、Nederlands )は、インド・ヨーロッパ語族の西ゲルマン語群に属し、オランダおよびベルギー北部を中心に2300万人以上が使っている言語。ベルギー方言はフラマン語と言うことがある。 日本語では現在は主にオランダ語と言うが、江戸時代には蘭語(らんご)とも呼ばれ、今でも蘭(らん)という略称が広く使われている。.

新しい!!: イギリスとオランダ語 · 続きを見る »

オリバー・クロムウェル

リバー・クロムウェル(Oliver Cromwell、1599年4月25日 - 1658年9月3日)は、イングランドの政治家、軍人、イングランド共和国初代護国卿。鉄騎隊を指揮してエッジヒルの戦いやマーストン・ムーアの戦いで活躍し、(新模範軍)の副司令官となる。ネイズビーの戦いで国王チャールズ1世をスコットランドに追い、議会派を勝利に導いた。護国卿時代には独裁体制をしいた。.

新しい!!: イギリスとオリバー・クロムウェル · 続きを見る »

オレンジ (曖昧さ回避)

レンジ (orange) は、柑橘類の植物およびその果実。また、熟れたオレンジの果実の外皮の色はオレンジ色と呼ばれる。.

新しい!!: イギリスとオレンジ (曖昧さ回避) · 続きを見る »

オークニー諸島

ークニー諸島 (Orkney Islands、スコットランド・ゲール語:Arcaibh)とは、北部諸島に含まれるイギリス領の諸島である。グレートブリテン島の北東沖合い、北海と大西洋の境界に位置する。2007年の人口は19,900人。行政面ではスコットランドに属し、諸島全体でカウンシル・エリアを構成している。行政府所在地はメインランド島のカークウォール。気候は北緯59度と高緯度の割には温暖で、土壌が非常に肥沃である。牧畜などの農業のほか、北海油田の石油産業、風力産業、海洋資源産業がある。地元民はオーカディアン(Orcadian、オークニー諸島人)と自称し、豊かな民俗風習と方言を持つ。 かつては、諸島中央部のスカパ・フローはイギリス海軍の艦隊泊地であり、第一次世界大戦、第二次世界大戦中は主力であるグランドフリートや本国艦隊が所在した。.

新しい!!: イギリスとオークニー諸島 · 続きを見る »

オーストリア

ーストリア共和国(オーストリアきょうわこく、、バイエルン語: )、通称オーストリアは、ヨーロッパの連邦共和制国家。首都は音楽の都といわれたウィーン。 ドイツの南方、中部ヨーロッパの内陸に位置し、西側はリヒテンシュタイン、スイスと、南はイタリアとスロベニア、東はハンガリーとスロバキア、北はドイツとチェコと隣接する。基本的には中欧とされるが、歴史的には西欧や東欧に分類されたこともある。.

新しい!!: イギリスとオーストリア · 続きを見る »

オアシス (バンド)

アシス(Oasis)とはイギリス・マンチェスター出身のロックバンド。1991年結成。2009年解散。.

新しい!!: イギリスとオアシス (バンド) · 続きを見る »

オイルショック

イル・ショック(和製英語: + )とは、1973年(第1次)と1979年(第2次)に始まった(ピークは1980年)、原油の供給逼迫および原油価格高騰と、それによる世界の経済混乱である。石油危機(せきゆきき、oil crisis)または石油ショックとも称される。OPEC諸国の国際収支黒字は1973年には10億ドルであったが、1974年には約700億ドルに急増。一方、発展途上国向けの民間銀行貸し付け額は1970年の30億ドルから1980年の250億ドルに跳ね上がったMorris Miller, Resolving the Global Debt Crisis 国連 1989年 p.50.

新しい!!: イギリスとオイルショック · 続きを見る »

オオムギ

ムギ(大麦、学名 )はイネ科の穀物。中央アジア原産で、世界でもっとも古くから栽培されていた作物の一つである。小麦よりも低温や乾燥に強いため、ライ麦と共に小麦の生産が困難な地方において多く栽培される。.

新しい!!: イギリスとオオムギ · 続きを見る »

オスマン帝国

マン帝国(オスマンていこく、)は、テュルク系(後のトルコ人)のオスマン家出身の君主(皇帝)を戴く多民族帝国。英語圏ではオットマン帝国 (Ottoman Empire) と表記される。15世紀には東ローマ帝国を滅ぼしてその首都であったコンスタンティノポリスを征服、この都市を自らの首都とした(オスマン帝国の首都となったこの都市は、やがてイスタンブールと通称されるようになる)。17世紀の最大版図は、東西はアゼルバイジャンからモロッコに至り、南北はイエメンからウクライナ、ハンガリー、チェコスロバキアに至る広大な領域に及んだ。.

新しい!!: イギリスとオスマン帝国 · 続きを見る »

オスマン債務管理局

マン債務管理局(オスマンさいむかんりきょく、トルコ語:Düyun-u Umumiye-i Osmaniye Varidat-ı Muhassasa İdaresi、Ottoman Public Debt Administration、OPDA)は、六間接税などの抵当財源を確保してオスマン帝国の対外債務返済を促す機関。1881年、ムハレム勅令(Decree of Muharram, 1299 AH)により債務整理をした上でイスタンブールに設立された。.

新しい!!: イギリスとオスマン債務管理局 · 続きを見る »

オスカー・ワイルド

ー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド(Oscar Fingal O'Flahertie Wills Wilde、1854年10月16日 - 1900年11月30日)は、アイルランド出身の詩人、作家、劇作家。 耽美的・退廃的・懐疑的だった19世紀末文学の旗手のように語られる。多彩な文筆活動をしたが、男色を咎められて収監され、出獄後、失意から回復しないままに没した。.

新しい!!: イギリスとオスカー・ワイルド · 続きを見る »

カンタベリー大聖堂

平面図 カンタベリー大聖堂(カンタベリーだいせいどう)は、イギリスのイングランド南東部ケント州のカンタベリーにある教会で、イングランド国教会の総本山。聖オーガスティン修道院、聖マーティン教会とともに、ユネスコの世界遺産に登録されている。.

新しい!!: イギリスとカンタベリー大聖堂 · 続きを見る »

カーディフ

ーディフ(Caerdydd、Cardiff)は、ウェールズの首都。人口は305,340人(2001年)で、ウェールズで最大の都市である。ウェールズの南東部に位置し、ロンドンからは約250kmの距離にある。ウェールズ議会が設置されている。.

新しい!!: イギリスとカーディフ · 続きを見る »

カトリック教会

トリック教会(カトリックきょうかい、)は、ローマ教皇を中心として全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。その中心をローマの司教座に置くことからローマ教会、ローマ・カトリック教会とも呼ばれる。.

新しい!!: イギリスとカトリック教会 · 続きを見る »

ガーンジー

ーンジー()は、イギリス海峡のチャンネル諸島に位置するイギリス王室属領()である。首都はセント・ピーター・ポート。 ガーンジーは、ガーンジー島のほか、オルダニー島、サーク島、ハーム島、ブレッシュ島、ジェソー島などの小島を含む。 イギリス王室属領であり、イギリス女王をその君主としているが、連合王国には含まれない。そのため、内政に関してイギリス議会の支配を受けず、独自の議会と政府を持ち、海外領土や植民地と異なり高度の自治権を有している。 欧州連合にも加盟していない。したがって、イギリスの法律や税制、欧州連合の共通政策は適用されない。 ただし、外交及び国防に関してはイギリス政府に委任している。したがって、主権国家ではない。.

新しい!!: イギリスとガーンジー · 続きを見る »

キュナード・ライン

ュナード・ライン (Cunard Line) は、アメリカのカーニバル・コーポレーションの傘下のイギリスの海運会社。P&Oとともに長らくイギリスのフラッグ・キャリアの一つであった。.

新しい!!: イギリスとキュナード・ライン · 続きを見る »

キューガーデン

ューガーデン(Kew Gardens)はイギリスの首都ロンドン南西部のキューにある王立植物園。キュー植物園などとも呼ばれる。1759年に宮殿併設の庭園として始まり、今では世界で最も有名な植物園として膨大な資料を有している。2003年にユネスコ世界遺産に登録された。新種の発見などに貢献している。.

新しい!!: イギリスとキューガーデン · 続きを見る »

キリスト教徒

リスト教徒(キリストきょうと、Christianus; クリスティアーヌス)あるいはクリスチャン(Christian)とは、キリスト教の信徒のことである。 キリスト教はいくつかの教派に分かれているが、ナザレのイエスを救世主キリスト(メシア)と信じ、旧約聖書に加えて、新約聖書に記されたイエスや使徒たちの言行を信じ従い、その教えを守る者がキリスト教徒であると言える。 日本では、明治時代以前、キリスト教徒のことを「キリシタン」と呼んだ。近現代の日本のキリスト教徒はキリスト者(きりすとしゃ)と自称することがある。日本正教会ではロシア語から「ハリスティアニン(Христианин)」との転写も用いられる。.

新しい!!: イギリスとキリスト教徒 · 続きを見る »

キング・クリムゾン

ング・クリムゾン (King Crimson) は、イングランド出身のプログレッシブ・ロックバンド。 同国のミュージシャン ロバート・フリップが主宰を務めている事でも知られ、同分野で重要な位置に格付けられているグループの一つ。活動は中断期間を挟みながら50年に及び、後発のロック音楽に多大な影響を与えた。.

新しい!!: イギリスとキング・クリムゾン · 続きを見る »

キングストン・アポン・ハル

ングストン・アポン・ハル(Kingston upon Hull、通称ハル、Hull)は、イギリス・イングランド東海岸に位置するシティであり、イースト・ライディング・オブ・ヨークシャーに属する単一自治体 (Unitary Authority) である。街を起こした寺院から権利を取得したエドワード1世が1299年にKing's town upon Hullと命名した。 イギリスの都市で唯一、国内最大手の電話事業者「BT」ではなく、「KCOM(英語版)」が独占的に固定電話サービスを提供している。電話ボックスは一般的な赤色ではなく、クリーム色のものが見られる。 街を流れるハル川がハンバー入り江にかかった所に、完成当時世界一の長さを誇った吊り橋(Humber Bridge)がある。.

新しい!!: イギリスとキングストン・アポン・ハル · 続きを見る »

キール運河

ール運河(キールうんが、ドイツ語:)は、ユトランド半島を根元のドイツ北部シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州で横断し、北海とバルト海を繋ぐ運河。正式名称は北海バルト海運河()。 長さ98 km、幅102 m、水深11 mである。北海とバルト海の海面の間に高度差は少ないが、潮の満ち干に対応するための閘門(こうもん)が運河の両端にある。 日本では、スエズ運河・パナマ運河と並び、世界三大運河とよばれる。.

新しい!!: イギリスとキール運河 · 続きを見る »

クラシック音楽

ラシック音楽(クラシックおんがく classical music、Klassische Musik 、musique classique、musica classica)は、直訳すると「古典音楽」となるが、一般には西洋の芸術音楽を指す。宗教音楽、世俗音楽のどちらにも用いられる。.

新しい!!: イギリスとクラシック音楽 · 続きを見る »

クリーム (バンド)

リーム(Cream)は、1960年代に活動したイギリスのロックバンド。メンバーは、ベーシスト兼ボーカリストのジャック・ブルースとギタリスト兼ボーカリストのエリック・クラプトン(元ヤードバーズなど)、ドラマーのジンジャー・ベイカーから構成され、スーパーグループの一つに数えられる場合もある。 ブルースとハードロック、サイケデリック・ロックを融合させたサウンドが特徴。世界でのアルバム売上は3,500万枚以上に及び、 『Wheels of Fire』は世界初のプラチナアルバムを獲得した2枚組のアルバムとなった。このような実績から、クリームはスーパーグループとして認識されている。 クリームの楽曲には「Crossroads」や「Spoonful」などの伝統的なブルースを基本としたもの、「Born Under a Bad Sign」などのモダンなブルース、さらにエキセントリックな「ストレンジ・ブルー」「Tales of Brave Ulysses」「Toad」などがある。 クリームヒット曲は「I Feel Free」(UK, #11)、 「Sunshine of Your Love」(US, #5)、「White Room」(US, #6),「Crossroads」(US, #28)、 、「Badge」などがある。 クリームは、ジミ・ヘンドリックスと共に当時の音楽シーンに多大な影響を与え、またヘンドリックスと共にワウを流行らせた。彼らは、レッド・ツェッペリンのような、1960年代後半以降のヘヴィ・メタル・バンドに影響を与えたとされているが、ジンジャー・ベイカーはNMEのインタビューで「レッド・ツェッペリンもヘヴィ・メタルも大きらい」と答えている。クリームの音楽性と演奏スタイルは、オールマン・ブラザーズ・バンド、グレイトフル・デッド、フィッシュなどのジャムバンド、マウンテンやフェリックス・パッパラルディらに影響を与えた。また、ラッシュなどのハードロック/プログレッシブ・ロックバンドにまでも影響を与えた。 クリームはVH1誌の 100 Greatest Artists of Hard Rock で16位にランクし、また、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第66位となった。.

新しい!!: イギリスとクリーム (バンド) · 続きを見る »

クリケット

リケット(cricket、 )は、フィールド上1チーム11名の2チームによって半径70メートルほどの広大なフィールド(クリケットではオーヴァル:oval と呼ばれる)で行われるバットとボールを用いるスポーツである。.

新しい!!: イギリスとクリケット · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: イギリスとクリスマス · 続きを見る »

クリス・フルーム

リス・フルーム(Chris Froome、1985年5月20日 - )は、ケニア・ナイロビ出身で、イギリス国籍の自転車競技(ロードレース)選手。.

新しい!!: イギリスとクリス・フルーム · 続きを見る »

クレメント・アトリー

初代アトリー伯爵クレメント・リチャード・アトリー(Clement Richard Attlee, 1st Earl Attlee、1883年1月3日 - 1967年10月8日)は、イギリスの政治家。首相(在任:1945年 - 1951年)。 労働党党首(1935年 - 1955年)。ラムゼイ・マクドナルド以来2人目の労働党出身の首相で、同党出身の首相として初めて4年の任期を全うできただけでなく、任期中に議会で過半数の議席を得ることができた首相でもある。 同政権下では国営医療事業国民保健サービス(NHS)などが設立され、イギリスはベヴァリッジ報告書構想に基づく福祉国家の建設に歩みだした。.

新しい!!: イギリスとクレメント・アトリー · 続きを見る »

クール・ブリタニア

ール・ブリタニア(Cool Britannia)は、1990年代のイギリス文化の盛んな様、格好よい様を描写する際にメディアが使った用語である。1990年代半ばに造られ、1990年代末に流行した言葉だった。また、保守党からの政権交代を果たしたトニー・ブレア首相の労働党政権(第三の道を取り、「ニュー・レイバー」を標榜する)やその政策と密接な関係を持っており、1970年代後半から1980年代にかけての停滞や混乱の時代の後に来た90年代の楽天的な空気を表す言葉である。 もともとは愛国歌『ルール・ブリタニア』("Rule, Britannia": ブリタニアよ、世界を治めよ)にかけた駄洒落であった。日本の行政機関、特に経済産業省では、「クール・ブリタニカ」と誤記されることがあった。.

新しい!!: イギリスとクール・ブリタニア · 続きを見る »

クイーン (バンド)

イーン (Queen) は、イギリス・ロンドン出身の男性4人組ロックバンド。 1973年にデビュー。イギリス、アメリカ、日本をはじめ、世界中で最も成功したバンドの一つである。これまでに15枚のスタジオ・アルバム、その他多くのライブ・アルバムやベスト・アルバムを発表。現在の認定セールスでは、アルバムとシングルのセールスで世界第5位の3億枚を超え、「世界で最も売れたアーティスト」にも名を連ねている。 1991年にリードボーカルのフレディ・マーキュリーが死去してからも、残されたメンバーによるクイーン名義での活動は断続的に続いており、ギターのブライアン・メイとドラムスのロジャー・テイラーの2人が、2005年から2009年までポール・ロジャースと組んで「クイーン+ポール・ロジャース」として活動を行った。その後はアダム・ランバートを迎えた「クイーン+アダム・ランバート」としての編成での活動も行なっている。 2001年には、マイケル・ジャクソン、エアロスミスらと共にロックの殿堂入りをした。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第52位。 よく知られたヒット曲として炎のロックン・ロール:Keep Yourself Alive、輝ける7つの海、キラー・クイーン、誘惑のロックンロール、ボヘミアン・ラプソディ、タイ・ユア・マザー・ダウン、ウィ・ウィル・ロック・ユー、伝説のチャンピオン、バイシクル・レース、地獄へ道づれ、愛という名の欲望などがある。.

新しい!!: イギリスとクイーン (バンド) · 続きを見る »

クイーン・メリー2

イーン・メリー2(クイーン・メリー ツー、RMS Queen Mary 2、QM2))はイギリス船籍のクルーズ客船。総トン数148,528トン、全長345mという船体は2003年の建造当時、客船としては史上最大を誇った。カジノやスポーツセンターを始めとして、プラネタリウムまで備える様子はしばしば「洋上の宮殿」と形容される。客室は全部で1,310室あり、そのうちの1,017室が海側に面している。.

新しい!!: イギリスとクイーン・メリー2 · 続きを見る »

クイーン・エリザベス2

イーン・エリザベス2(クイーンエリザベス ツー、RMS Queen Elizabeth 2もしくはQE2)は、キュナード・ライン社が保有していたクルーズ客船で、20世紀後半を代表する客船である。.

新しい!!: イギリスとクイーン・エリザベス2 · 続きを見る »

グランツール

ランツール(Grand Tour、Grands Tours、Grande Giro、Grandes Vueltas、Grote Ronde)は、ヨーロッパで開催される自転車のプロロードレースのうちジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャの3つのステージレースの総称である。三大ツールともいう。.

新しい!!: イギリスとグランツール · 続きを見る »

グランドナショナル

ランドナショナル(Grand National)とは毎年4月にイギリスのリヴァプール郊外にあるエイントリー競馬場で行われる障害競走である。.

新しい!!: イギリスとグランドナショナル · 続きを見る »

グランドナショナルミーティング

ランドナショナルミーティング(Grand National Meeting)とは毎年4月にイギリスのマージーサイド州リヴァプール近郊のエイントリー競馬場で行われるグランドナショナルを中心とした開催である。 イギリスとアイルランドの障害シーズン終盤のビッグイベントである。3日間の開催で16のグレード競走を含む21の競走が行われる。なおグランドナショナルのコースはグランドナショナルとフォックスハンターズチェイス、トッパムチェイスの計3競走でのみ使用される。.

新しい!!: イギリスとグランドナショナルミーティング · 続きを見る »

グラスゴー

ラスゴー(Glasgow、 Glaschu)は、イギリスのスコットランド南西部に位置する都市である。人口は580,690人(2006年)で、ロンドン、バーミンガム、リーズに次いでイギリス第4位、スコットランドでは最大。.

新しい!!: イギリスとグラスゴー · 続きを見る »

グラスゴー国際空港

記載なし。

新しい!!: イギリスとグラスゴー国際空港 · 続きを見る »

グリッド

リッド(grid, GRID).

新しい!!: イギリスとグリッド · 続きを見る »

グリニッジ

リニッジはグレーター・ロンドン南東部の町で、グリニッジ・ロンドン特別区のテムズ川南岸に位置している。グリニッジ平均時の基準となる都市として、また「マリタイム・グリニッジ」(海事都市グリニッジ、河港都市グリニッジ)の名でユネスコの世界遺産に登録されている由緒ある港町として、よく知られている。最近は使用されないが、明治から昭和初期の頃までは漢字で緑威とも表記された。.

新しい!!: イギリスとグリニッジ · 続きを見る »

グレート・ウェスタン鉄道

レート・ウェスタン鉄道(グレート・ウェスタンてつどう、、略称GWR)は、ロンドンと南西・西部イングランドおよびウェールズの大半を結んでいた、かつてのイギリスの鉄道会社である。1833年に設立され、1835年の議員立法で鉄道の敷設許可を得て、1838年に列車の運行を開始した。イザムバード・キングダム・ブルネルが技術者を務め、7フィート4分の1インチ(2,140ミリメートル)軌間の広軌を採用したが、1854年以降の一連の合併により、4フィート8.5インチ(1,435ミリメートル)軌間の鉄道も運行するようになった。広軌での列車運行は1892年に終了した。グレート・ウェスタン鉄道は、鉄道会社の四大グループ化を促した1921年鉄道法でも独立を保った唯一の会社で、周辺地域に残っていた鉄道会社を合併した。最終的に1947年末に国有化されてイギリス国鉄の西部局(ウェスタン・リージョン)となった。 グレート・ウェスタン鉄道はその略称GWRにちなんで、「神の素晴らしい鉄道」() とか「大遠回り」() などと呼ばれたが、サウス・ウェスト・イングランドのリゾート地へ多くの人々を運んだことから、「休日線」() としても知られた。会社の機関車は多くが自社のスウィンドン工場で製造され、ブランズウィック・グリーンで塗装されていた一方、客車はその期間中の大半、チョコレートとクリームのツートーンカラー塗装を採用していた。貨車は当初赤で塗装されていたが、後に灰色に変更された。 グレート・ウェスタン鉄道の長距離列車には、フライング・ダッチマン、コーニッシュ・リヴィエラ・エクスプレス、チェルトナム・スパ・エクスプレスなどがあった。また多くの近郊列車、地方の列車なども運行しており、一部は蒸気動車や(制御客車と蒸気機関車を組み合わせた固定編成方式の列車)などで運転されていた。またイギリスで一般的なものより大型で経済的な貨車の使用を開始した会社でもある。またバス網も運営しており、という航空会社の運営に参画し、また船舶、桟橋、ホテルなども所有していた。.

新しい!!: イギリスとグレート・ウェスタン鉄道 · 続きを見る »

グレートブリテン及びアイルランド連合王国

historicalユニオン・フラッグ(1606年 - 1800年) historicalセント・パトリック・クロス historical上の2つの旗を合同したのユニオン・フラッグ グレートブリテン及びアイルランド連合王国(グレートブリテンおよびアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Ireland)は、1801年にグレートブリテン王国とアイルランド王国が合同して成立した王国である。.

新しい!!: イギリスとグレートブリテン及びアイルランド連合王国 · 続きを見る »

グレートブリテン島

レートブリテン島(グレートブリテンとう、Great Britain、Britannia Maior)は、北大西洋に位置する島で、アイルランド島、マン島などとともにブリテン諸島を構成する。ヨーロッパ大陸からみるとドーバー海峡を挟んで北西の方向にあたり、ヨーロッパ地域の一部である。面積は209,331km2で、世界で9番目に大きい島である(島の一覧参照)。イギリスの国土の中心的な島で、同国の首都ロンドンをはじめとする多くの大都市を有する。 グレートブリテン島は、政治的に見ると、「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」の構成要素であるイングランド、スコットランド、ウェールズの3つの「国(カントリー)」からなる。.

新しい!!: イギリスとグレートブリテン島 · 続きを見る »

グレートブリテン王国

レートブリテン王国(グレートブリテンおうこく、Kingdom of Great Britain)は、1707年合同法によりイングランド王国(ウェールズを含む)とスコットランド王国が合同し成立した王国。グレートブリテン島全体を支配した、歴史上最初の国家である。.

新しい!!: イギリスとグレートブリテン王国 · 続きを見る »

ケルト人

● - 紀元前400年 ケルト人(ケルトじん、Celt, Kelt, Celt では とも)は、中央アジアの草原から馬と車輪付きの乗り物(戦車、馬車)を持ってヨーロッパに渡来したインド・ヨーロッパ語族ケルト語派の言語を用いていた民族である。 古代ローマ人からはガリア人とも呼ばれていたが、「ケルト人」と「ガリア人」は必ずしも同義ではなく、ガリア地域に居住してガリア語またはゴール語を話した人々のみが「ガリア人」なのだとも考えられる。 ブリテン諸島のアイルランド、スコットランド、ウェールズ、コーンウォール、コーンウォールから移住したブルターニュのブルトン人などにその民族と言語が現存している。 現在のケルトという言葉は、言語・文化の区分を示すための近現代になってから作られた用語であり、古代から中世において右図で表されている地域の住民が「ケルト人」として一体的な民族意識を持っていたとは考えられていない。そのため歴史学などでは、「ケルト人(Celts)」という言葉は使わず、「ケルト系(Celtic)」という言葉を便宜的に使っている。.

新しい!!: イギリスとケルト人 · 続きを見る »

ゲラント・トーマス

ラント(ゲライント) - 発音ガイド Forvo。 - 発音ガイド Forvo。・ハウエル・トーマス(Geraint Howell Thomas、1986年5月25日 - )は、ウェールズ、カーディフ(ウィットチャーチ)出身の自転車競技選手。ジェレイント・トーマス、ジェライント・トーマスと表記する自転車競技関連Web、雑誌もある。.

新しい!!: イギリスとゲラント・トーマス · 続きを見る »

ゲルマン人

1世紀のゲルマニア。スエビ人(おそらくケルト系が主)やヴァンダル人(おそらくスラヴ系が主)など、母語がゲルマン語派の言語かどうかが怪しまれている民族も含まれている。 ゲルマン人(ゲルマンじん、ドイツ語:Germanen)は、現在のドイツ北部・デンマーク・スカンディナヴィア南部地帯に居住していたインド・ヨーロッパ語族 - ゲルマン語派に属する言語を母語とする諸部族・民族百科事典マイペディア、平凡社。。先史時代,歴史時代初めのゲルマン語を話す部族および部族連合を原始ゲルマン人、または古ゲルマン人と呼ぶ日本大百科全書(ニッポニカ)「ゲルマン人」平城照介。原始ゲルマン人は中世初期に再編されゲルマン民族となり、4世紀以降フン人の西進によって、ゲルマン系諸民族は大移動を開始し、ローマ領内の各地に建国して、フランク、ヴァンダル、東ゴート・西ゴート、ランゴバルドなどの新しい部族が形成された。 原始ゲルマン人は現在のデンマーク人、スウェーデン人、ノルウェー人、アイスランド人、アングロ・サクソン人、オランダ人、ドイツ人などの祖先となった。アングロ・サクソン人になったゲルマン人系部族にはアングル人、サクソン人、ジュート人、フリース人がいた岩谷道夫「スエービーとアレマンネン」法政大学キャリアデザイン学部、2004。.

新しい!!: イギリスとゲルマン人 · 続きを見る »

コンコルド

ンコルド(Concorde)は、イギリスとフランスが共同開発した超音速旅客機(SST; supersonic transport)。2003年に全機が退役した。.

新しい!!: イギリスとコンコルド · 続きを見る »

コヴェントリー

ヴェントリー は、イギリス・イングランドのウェスト・ミッドランズ州にある都市。イングランドで8番目に人口が多い都市である。 コヴェントリーは自動車産業と大聖堂、ゴダイヴァ夫人(ゴディバ夫人とも表記される)の伝説で有名である。.

新しい!!: イギリスとコヴェントリー · 続きを見る »

コールドプレイ

ールドプレイ(Coldplay)は、イギリスで結成されたロックバンド。.

新しい!!: イギリスとコールドプレイ · 続きを見る »

コーンウォール

ーンウォール(Cornwall; Kernow ケルノウ)は、イングランド南西端の典礼カウンティかつ単一自治体である。連合王国の最も南および西に位置し、コーンウォール州とも呼ばれる。形容詞は英語で"Cornish"(「コーニッシュ」)である。州都はボドミン。独自の文化や言語、帰属意識を持った地域であり、イングランドの他の地域とは趣を異にしている。コーンウォール語で「Kernow」 あるいは「Curnow」と綴られる。6つのケルト地域のうちの1つである。名目上は、連合王国の国王の長男が世襲の爵位であるコーンウォール公として領有する。.

新しい!!: イギリスとコーンウォール · 続きを見る »

コーンウォール語

ルノウ語(Kernowek, Kernewek)またはコーンウォール語(Cornish, Cornish language)は、インド・ヨーロッパ語族ケルト語派に属する言語で、主にイングランド・コーンウォール地方に住むコーンウォール人の間で使われてきた。一時、断絶の危機を迎えていたが、近年のイギリス政府によって復活・保存が進められている。日本では英語由来のコーンウォール語という名称で知られるが、近年原語由来の名称であるケルノウ語の表記もされるようになっている。.

新しい!!: イギリスとコーンウォール語 · 続きを見る »

コソボ紛争

ボ紛争(コソボふんそう、アルバニア語:Lufta e Kosovës、セルビア語:Рат на Косову и Метохијиは、バルカン半島南部のコソボで発生した2つの武力衝突を示す。.

新しい!!: イギリスとコソボ紛争 · 続きを見る »

ゴルフ

ルフのフルスイング ゴルフ(スコットランド語: Gowf, 英語: Golf)は、コース(Course)においてクラブ(Club)といわれる道具で静止したボール(Ball)を打ち、ホール(Hole、カップとも)と呼ばれる穴にいかに少ない打数で入れられるかを競う球技の一種。一人で行う競技であり、対戦はコンペティティブ・ペーシェンスとして行われスコアで比較される。 スポーツとして広く親しまれているが、一般人によるプレイはレジャーとして位置付けられる場合が多い。漢字では孔球と表記される。.

新しい!!: イギリスとゴルフ · 続きを見る »

ザ・クラッシュ

・クラッシュ(The Clash)は、1976年 - 1986年にかけて活動した、イングランド出身のパンク・ロックバンド。.

新しい!!: イギリスとザ・クラッシュ · 続きを見る »

ザ・ストーン・ローゼズ

・ストーン・ローゼズ(The Stone Roses)はイギリスのロックバンド。1983年にマンチェスターにて結成され、ニュー・オーダーやハッピー・マンデーズ、ザ・シャーラタンズといったバンドとともに、マッドチェスター・ムーヴメントの中心的存在として活躍。『ザ・ストーン・ローゼズ』(1989年)と『セカンド・カミング』(1994年)の2作を発表した後、1996年に解散。オアシスをはじめとするブリットポップや後の音楽シーンに多大なる影響を与えた。 解散後も幾度となく再結成が噂されてきたが、2011年10月18日に再結成することが正式発表され、2012年6月29日(金)から7月1日(日)までの3日間、マンチェスター北にあるヒートンパークにて合計22万人を集めたライブを行った。.

新しい!!: イギリスとザ・ストーン・ローゼズ · 続きを見る »

シャムロック

ャムロック(shamrock)は、マメ科のクローバー(シロツメクサ、コメツブツメクサなど)、ウマゴヤシ、カタバミ科のミヤマカタバミなど、葉が3枚に分かれている草の総称である。 アイルランド語でクローバーの意味のseamairまたは、若い牧草を意味するseamrógを、似た発音で読めるように英語で綴った語である。アイルランドで432年ごろに聖パトリキウス(パトリック)は「シャムロックの葉が3つに分かれているのは「三位一体」を表しているのだ」と説明し、キリスト教の布教に利用した。.

新しい!!: イギリスとシャムロック · 続きを見る »

シューゲイザー

ューゲイザー(Shoegazer)は、ロックミュージックのスタイルの1つ。英語では正確にはシューゲイジング (Shoegazing)またはシューゲイズ (Shoegaze)と表現する。.

新しい!!: イギリスとシューゲイザー · 続きを見る »

シンガポール

ンガポールの衛星写真 シンガポール共和国(シンガポールきょうわこく)、通称シンガポールは、東南アジアの主権都市国家かつ島国である。マレー半島南端、赤道の137km北に位置する。同国の領土は、菱型の本島であるシンガポール島及び60以上の著しく小規模な島々から構成される。 同国は、北はジョホール海峡によりマレーシア半島から、南はシンガポール海峡によりインドネシアのリアウ諸島州から各々切り離されている。同国は高度に都市化され、原初の現存植生はほとんどない。同国の領土は、一貫して埋立てにより拡大してきた。.

新しい!!: イギリスとシンガポール · 続きを見る »

シティ・オブ・ロンドン

ティ・オブ・ロンドン(City of London)は、イングランドのロンドン中心部に位置する地区。その周辺地域とコナベーションを形成している。現代のメトロポリス・ロンドンの起源となる地域で、その範囲は中世以降ほとんど変わっていない約1マイル四方(厳密には)。単にシティ(the City)、またはスクエア・マイル(the Square Mile)とも呼ばれるこれらの語は金融街としての安定したシティの長い歴史とも相まって、しばしばイギリスの金融業界を指す。。シティの行政はシティ・オブ・ロンドン自治体(City of London Corporation)が執行しているこれは英国内でも独特の制度であり、シティの区画境界を越えて権限や所有権を有する事項もあるなど、イギリスの地方自治制度としては一般的でない部分も少なからず含まれる。。この自治体の首班はロンドン市長(Lord Mayor of London)である。2000年に再設置された大ロンドン庁のロンドン市長(Mayor of London)とは異なる。 シティは英国のGNPの2.5%に貢献している。シティはロンドン証券取引所やイングランド銀行、ロイズ本社等が置かれる金融センターとして他に、シティから東に離れたカナリー・ワーフもロンドンの主要な金融地区である。、ニューヨークのウォール街と共に世界経済を先導しており、世界有数の商業の中心地としてビジネス上の重要な会合の開催地としても機能している。 1990年代初期にはIRA暫定派がシティ内に複数の爆弾を仕掛けて爆発させる事件が発生したリング・オブ・スチールはIRAによる爆撃などテロリストの脅威への対抗策として開発された特に有名な方法である。2004年5月にBBCのニュース番組「Panorama」において、2001年の米同時多発テロに匹敵する規模のテロ攻撃に対するイギリスの警察や消防などの緊急時対応機関の準備体制を調査したところ、シティ東部のビショップスゲートで化学薬品による爆破事件が発生するとのシミュレート結果が出された。。シティに居住する人口はおよそ11,700人だが、金融業を中心に約31万6,700人の昼間人口がある。.

新しい!!: イギリスとシティ・オブ・ロンドン · 続きを見る »

シェトランド諸島

ェトランド諸島 (Shetland 、中世スコットランド語:Ȝetland、Sealtainn )は、スコットランドの亜寒帯に属する群島。北部諸島に含まれ、グレートブリテン島の北東部に位置する。.

新しい!!: イギリスとシェトランド諸島 · 続きを見る »

シェフィールド

ェフィールド (Sheffield) はイギリスのイングランド中部の工業都市である。 人口は520,700人(2005年)で、首都ロンドン、バーミンガム、リーズ、グラスゴーに次いで第5位。都市圏人口は約180万人にのぼる。 またシェフィールド大学は5人のノーベル賞受賞者を輩出している名門大学。特に理工系に強い。 蹴球クラブの発祥地といわれる。.

新しい!!: イギリスとシェフィールド · 続きを見る »

ジャージー

ャージー代官管轄区 (Bailiwick of Jersey) は、イギリス海峡のチャンネル諸島のうち、ジャージー島のほかマンキエ諸島 (the Minquiers) やエクレウ諸島 (the Ecrehous) などにより構成されるイギリス王室属領 (英語: ) である。主都はセント・ヘリア。 イギリス国王をその君主とするが、イギリスの国内法上は連合王国 (United Kingdom) には含まれないイギリス王室属領として位置づけられている。そのため、イギリスがその外交及び国防に関して責任を負うものの、内政に関してイギリス議会の支配を受けず、独自の議会と政府を持ち、海外領土や植民地と異なり高度の自治権を有している。欧州連合にも加盟していない。したがって、イギリスの法律や税制、欧州連合の共通政策は適用されない。.

新しい!!: イギリスとジャージー · 続きを見る »

ジョン・ブル

典型的なジョン・ブル像。第一次世界大戦で志願兵を募るポスター ジョン・ブル(John Bull)は、擬人化されたイギリスの国家像、もしくは擬人化された典型的イギリス人像のことである。 転じて個々の保守的な典型的イギリス人もジョン・ブルと呼ばれる。ジョン・メイナード・ケインズが流動性選好説で述べるジョン・ブルはこれを指す。 一般的なジョン・ブルは、ずんぐりむっくりとした男性像であり、その装束は夜会服に正装の半ズボン(:en:Breeches)とユニオンジャック柄のウェストコート(ベスト)である。ジョン・ブルが頭に着用している大きなトップ・ハットはしばしば「ジョン・ブル・トッパー」として紹介される。右の図では片手にステッキを伴っているが、その他にブルドッグを伴っているイメージも散見される。 こうしたジョン・ブルのキャラクターは1712年に Dr. ジョン・アーバスノットによって創作され、アーバスノットとガリバー旅行記の著者で友人のジョナサン・スウィフト、そして風刺家アレキサンダー・ポープらが手掛けるパンフレット「Law is a Bottomless Pit」に掲載された"AngloMania: Tradition and Transgression in British Fashion," Metropolitan Museum of Art (2006), exhibition brochure, p. 2.、ついで大西洋を渡ってアメリカの風刺漫画家トーマス・ナストなどによって一般に普及したと考えられている。 ジョン・ブルのイメージは新聞の風刺漫画などでも用いられる。.

新しい!!: イギリスとジョン・ブル · 続きを見る »

ジョン・カボット

ョン・カボット(John Cabot, 1450年頃 - 1498年)は、中世の航海者。カトリック教徒。北アメリカ大陸の発見者として知られる。イタリア語名ではジョヴァンニ・カボート(Giovanni Caboto)となる。 コロンブスと同じジェノヴァに生まれ、前半生はヴェネツィアで活動し、1484年にイングランドへ移住した。1496年に国王ヘンリー7世の特許状を受けて、ブリストルを出航したものの失敗。翌年、息子のセバスチャン・カボットを伴って再び船団を率い、ヴァイキングの航路を辿ってカナダ東南岸のケープ・ブレトン島に到達し、ニューファンドランド島やラブラドル半島を発見するなどの成果を挙げて帰国した。1498年にも探検隊を組織し、グリーンランド東西沿岸の調査航海を行ったものの船員の叛乱によって南下を余儀なくされ、その途上で没した。この2度目の航海でデラウェアとチェサピーク湾を発見したことは、イングランドがフロリダ以北の北米大陸の所有権を主張する根拠となった。.

新しい!!: イギリスとジョン・カボット · 続きを見る »

ジョージ4世 (イギリス王)

ョージ4世(George IV、1762年8月12日 – 1830年6月26日)は、イギリス、ハノーヴァー朝の国王(在位:1820年1月29日 - 1830年6月26日)。ハノーファー王国の国王ゲオルク4世(Georg IV.)でもあった。父はジョージ3世、母はその妃シャーロット。妃はブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公カール・ヴィルヘルム・フェルディナントの次女キャロライン(ドイツ名カロリーネ)。1811年から即位するまで、父の精神疾患により摂政王太子として統治した。 ジョージ4世は贅沢な生活を送り、摂政時代の流行に貢献した。彼は新しい形のレジャー、スタイル、趣味のパトロンになり、ジョン・ナッシュを支援してバッキンガム宮殿の改修とブライトンにあるロイヤル・パビリオンの建築、を支援してウィンザー城を再建した。 彼は魅力と教養により「イングランド一のジェントルマン」と呼ばれたが、父ジョージ3世と妻キャロラインとの関係の悪さ、および放蕩な生活により、人々は不満を持ち、王家の名声が落ちた。彼はキャロラインを戴冠式から締め出し、彼女と離婚するために不人気なを政府に提出させたほどであった(ただし、この法案は成立しなかった)。 ジョージ4世の摂政時期と治世の大半を通し、リヴァプール伯爵が首相として政府を運営、ジョージ4世の助力はほとんど借りなかった。閣僚たちはジョージ4世の行動をわがままで信頼できず、無責任であると考えた。またいつでも寵臣の影響下にあった。イギリスの納税者たちはイギリス人がナポレオン戦争を戦っていたにもかかわらず、ジョージ4世が浪費を続けていたことに怒っていた。彼は危機の時代にもリーダーシップを発揮せず、人民の模範にもならなかった。イギリスの最終的な勝利、平和条約の交渉、その後の社会と経済の問題への対処は全てリヴァプール伯の政府が行ったことだった。リヴァプール伯が引退すると、ジョージ4世は反対を続けていたにもかかわらずカトリック解放を受け入れざるを得なかった。彼の唯一の嫡出子シャーロット王女は1817年に先立って死去、そのためジョージ4世の後を継いだのは弟ウィリアムだった。.

新しい!!: イギリスとジョージ4世 (イギリス王) · 続きを見る »

ジョージ5世 (イギリス王)

ョージ5世(,, 1865年6月3日 – 1936年1月20日)は、グレートブリテン及びアイルランド連合王国(イギリス)ならびに海外自治領()の国王(1927年からはグレートブリテン、アイルランドならびに海外自治領の国王)、インド皇帝(在位:1910年5月6日 – 1936年1月20日)。ウィンザー朝の初代君主。.

新しい!!: イギリスとジョージ5世 (イギリス王) · 続きを見る »

ジョージ・オーウェル

ョージ・オーウェル(、1903年6月25日 - 1950年1月21日)は、イギリスの作家、ジャーナリスト。生誕地はイギリス植民地時代のインド。本名はエリック・アーサー・ブレア()。エリック・ブレアとも。全体主義的ディストピアの世界を描いた『1984年』の作者で知られる。『1984年』のような世界を描いた監視管理社会を「オーウェリアン」(Orwellian)と呼ぶ。 『1984年』は、1998年にランダム・ハウス、モダン・ライブラリーが選んだ「英語で書かれた20世紀の小説ベスト100」、2002年にノルウェー・ブック・クラブ発表の「史上最高の文学100」に選ばれ、オーウェルは20世紀のイギリス文化における最高の記録保持者とみなされている。.

新しい!!: イギリスとジョージ・オーウェル · 続きを見る »

ジョッキークラブ

ョッキークラブ(Jockey Club)は、イギリスの競馬に関するあらゆる業務を統括していた法人組織である。 1993年、英国競馬公社(BHB)に懲罰部門など一部を除く競馬の統括権限が、その後2006年には競馬監理機構(HRA)に統括機能が全て移譲された。.

新しい!!: イギリスとジョッキークラブ · 続きを見る »

ジロ・デ・イタリア2018

・デ・イタリア2018(伊:Giro d'Italia 2018)は、ジロ・デ・イタリアの第101回目の大会。2018年5月4日から5月27日まで行われる。.

新しい!!: イギリスとジロ・デ・イタリア2018 · 続きを見る »

ジブラルタル

ブラルタル(Gibraltar)は、イベリア半島の南東端に突き出した小半島を占める、イギリスの海外領土。.

新しい!!: イギリスとジブラルタル · 続きを見る »

ジェームズ・クラーク・マクスウェル

ェームズ・クラーク・マクスウェル(英:James Clerk Maxwell、1831年6月13日 - 1879年11月5日)は、イギリスの理論物理学者である。姓はマックスウェルと表記されることもある。 マイケル・ファラデーによる電磁場理論をもとに、1864年にマクスウェルの方程式を導いて古典電磁気学を確立した。さらに電磁波の存在を理論的に予想しその伝播速度が光の速度と同じであること、および横波であることを示した。これらの業績から電磁気学の最も偉大な学者の一人とされる。また、土星の環や気体分子運動論・熱力学・統計力学などの研究でも知られている。.

新しい!!: イギリスとジェームズ・クラーク・マクスウェル · 続きを見る »

ジェーン・オースティン

ェーン・オースティンの姉のカサンドラによる肖像画を元にした彫刻 ジェーン・オースティン( 、1775年12月16日 - 1817年7月18日)は、イギリスの小説家。イングランド南部ハンプシャー、スティーブントン生れ。Janeを「ジェイン」、Austen を「オーステン」とカナ転写する書籍もある。 18世紀から19世紀イングランドにおける田舎の中流社会を舞台として、女性の私生活を結婚を中心として皮肉と愛情を込めて描き、その作品は近代イギリス長編小説の頂点とみなされている。また英語における自由間接話法(描出話法)の発達に大きく貢献したことでも知られる。主要作品は、『分別と多感』『高慢と偏見』『エマ』『マンスフィールド・パーク』『ノーサンガー僧院』『説得』の6作品。.

新しい!!: イギリスとジェーン・オースティン · 続きを見る »

ジェフリー・チョーサー

ェフリー・チョーサー(Geoffrey Chaucer, 1343年頃 - 1400年10月25日)は、イングランドの詩人である。当時の教会用語であったラテン語、当時イングランドの支配者であったノルマン人貴族の言葉であったフランス語を使わず、世俗の言葉である中英語を使って物語を執筆した最初の文人とも考えられている。 アメリカ合衆国の女優・外交官シャーリー・テンプルは末裔に当たる。.

新しい!!: イギリスとジェフリー・チョーサー · 続きを見る »

ジェフリー・オブ・モンマス

ェフリー・オブ・モンマス(Geoffrey of Monmouth, ウェールズ語:Gruffudd ap Arthur または Sieffre o Fynwy, 1100年頃 - 1155年頃)は、中世イングランドのキリスト教聖職者、歴史家。アーサー王伝説の語り手の一人として知られる。著作のほとんどは歴史を題材としたロマンチックなフィクションである。.

新しい!!: イギリスとジェフリー・オブ・モンマス · 続きを見る »

スペイン

ペイン王国(スペインおうこく、Reino de España)、通称スペインは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める立憲君主制国家。西にポルトガル、南にイギリス領ジブラルタル、北東にフランス、アンドラと国境を接し、飛地のセウタ、メリリャではモロッコと陸上国境を接する。本土以外に、西地中海のバレアレス諸島や、大西洋のカナリア諸島、北アフリカのセウタとメリリャ、アルボラン海のアルボラン島を領有している。首都はマドリード。.

新しい!!: イギリスとスペイン · 続きを見る »

スノードン山

ノードン山(Snowdon、Yr Wyddfa)は、イングランドとウェールズでの最高峰でブリテン諸島中4番目の高さの山である。グウィネズ州にあり、この山系を中心としてとなっている。ふもとのから山頂までスノードン登山鉄道が運行されている。観光客、登山客の多さから『イギリス一混雑する山』ともいわれている。イギリス有数の湿度が高い地域であり、年間降水量が4,500mmにも達する。 山体はオルドビス紀の海底火山噴火で積もった流紋岩質凝灰岩で出来ている。名前は古英語のsnow hillに由来する。.

新しい!!: イギリスとスノードン山 · 続きを見る »

ストーンヘンジ

トーンヘンジ 夕刻のストーンヘンジ ストーンヘンジ(近景) ストーンヘンジ(Stonehenge)は、ロンドンから西に約200kmのイギリス南部・ソールズベリーから北西に13km程に位置する環状列石(ストーンサークル)のこと。.

新しい!!: イギリスとストーンヘンジ · 続きを見る »

ストーク=オン=トレント

トーク=オン=トレント(Stoke-on-Trent)は、イングランド・スタッフォードシャーにあるシティかつ単一自治体 (Unitary Authority)。 ストーク=オン=トレントはイギリスの陶器産業の里とみなされ、ポッタリーズ(The Potteries)という通称で呼ばれる。6つの町と村を統合して20世紀初頭に市に昇格した。産業の集合都市、現在はサービス産業と流通業の中心地である。.

新しい!!: イギリスとストーク=オン=トレント · 続きを見る »

スパイス・ガールズ

パイス・ガールズ(Spice Girls)は、1994年に結成されたイギリスの女性アイドルグループである。オリジナルメンバーは、メラニー・ブラウン(スケアリー・スパイス)、メラニー・チズム(スポーティ・スパイス)、エマ・バントン(ベイビー・スパイス)、ジェリ・ハリウェル(ジンジャー・スパイス)、ヴィクトリア・ベッカム(ポッシュ・スパイス)。彼らはヴァージン・レコードと契約し、1996年にデビューシングル「ワナビー」を発表した。同曲は37か国で首位を獲得し BBC News.

新しい!!: イギリスとスパイス・ガールズ · 続きを見る »

スティーヴン・ホーキング

ティーヴン・ウィリアム・ホーキング(Stephen William Hawking、1942年1月8日 - 2018年3月14日)は、イギリスの理論物理学者である。大英帝国勲章(CBE)受勲、FRS(王立協会フェロー)、FRA(ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツフェロー)。スティーブン・ホーキングとも。 一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させ、1963年にブラックホールの特異点定理を発表し世界的に名を知られた。1971年には「宇宙創成直後に小さなブラックホールが多数発生する」とする理論を提唱、1974年には「ブラックホールは素粒子を放出することによってその勢力を弱め、やがて爆発により消滅する」とする理論(ホーキング放射)を発表、量子宇宙論という分野を形作ることになった。現代宇宙論に多大な影響を与えた人物である。 また、一般人向けに現代の理論的宇宙論を平易に解説するサイエンス・ライターの才能も持ち合わせており、その著作群が各国で翻訳されており、これでも人々によく知られている(日本語版は『ホーキング、宇宙を語る』など)。 「車椅子の物理学者」としても知られる。1960年代、学生の頃に筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症したとされている。ALSは長い間、発症から5年程度で死に至る病であると考えられていたが、途中で進行が急に弱まり、発症から50年以上にわたり研究活動を続けた。晩年は意思伝達のために重度障害者用意思伝達装置を使っており、スピーチや会話ではコンピュータプログラムによる合成音声を利用していた。.

新しい!!: イギリスとスティーヴン・ホーキング · 続きを見る »

スティーヴン・ジェラード

ティーヴン・ジョージ・ジェラード(Steven George Gerrard MBE、1980年5月30日 - )は、イングランド・マージーサイド州ウィストン出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代はイングランド代表。ポジションはミッドフィールダーだが、中盤ならどこでもこなせるユーティリティー選手。.

新しい!!: イギリスとスティーヴン・ジェラード · 続きを見る »

スイセン属

イセン属(スイセンぞく、学名: )は、ヒガンバナ科(クロンキスト体系ではユリ科)の属のひとつ。この属にはニホンズイセンやラッパスイセンなど色や形の異なる種や品種が多くあるが、この属に含まれるものを総称してスイセンと呼んでいる。 狭義には、学名 や、その変種であるニホンズイセン( var.

新しい!!: イギリスとスイセン属 · 続きを見る »

スコットランド

ットランド()は、北西ヨーロッパに位置するグレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成するカントリーの一つ。1707年の合同法によってグレートブリテン王国が成立するまでは独立した王国(スコットランド王国)であった。 スコットランドはグレートブリテン島の北部3分の1を占め、本島と別に790以上の島嶼部から構成される。 首都のエディンバラは第2の都市であり、ヨーロッパ最大の金融センターの一つである。最大の都市であるグラスゴーは、人口の40%が集中する。 スコットランドの法制度、教育制度および裁判制度はイングランドおよびウェールズならびに北アイルランドとは独立したものとなっており、そのために、国際私法上の1法域を構成する。スコットランド法、教育制度およびスコットランド教会は、連合王国成立後のスコットランドの文化および独自性の3つの基礎であった。しかしスコットランドは独立国家ではなく、国際連合および欧州連合の直接の構成国ではない。.

新しい!!: イギリスとスコットランド · 続きを見る »

スコットランド人

--> |region5.

新しい!!: イギリスとスコットランド人 · 続きを見る »

スコットランド・ゲール語

ットランド・ゲール語(スコットランド・ゲールご、Scottish Gaelic)は、スコットランドで話されるケルト系言語である。ゲール語では Gàidhlig と綴り、と発音する。.

新しい!!: イギリスとスコットランド・ゲール語 · 続きを見る »

スコットランド国民党

ットランド国民党/スコットランド民族党(スコットランドこくみんとう/スコットランドみんぞくとう、Scottish National Party (SNP), スコットランド・ゲール語:Partaidh Naiseanta na h-Alba,スコットランド語:Scottis Naitional Pairtie)は、グレートブリテン島北部と周囲の島々で構成されるスコットランドの地域政党。政治的には社会主義(社会民主主義)を基調としており、同時にスコットランド独立運動を掲げる地方主義政党でもある。 スコットランド民族党と訳す事については排他的な民族主義政党との印象を与えるとして批判的な意見もあるが、実際にスコットランド人の民族主義を重要な支持基盤にしている部分もある。日本のメディアでは毎日新聞が国民党、読売新聞、産経新聞、時事通信、NHKなどが民族党の名称を使用している。.

新しい!!: イギリスとスコットランド国民党 · 続きを見る »

スコットランド王国

ットランド王国(スコットランドおうこく、ゲール語:Rìoghachd na h-Alba, スコットランド語:Kinrick o Scotland, 英語:Kingdom of Scotland)は、グレートブリテン島の北部、現在のイギリスのスコットランドに存在した王国。843年にケネス1世により成立したとされ、1707年のイングランド王国との合同で消滅した。 ステュアート朝のジェームズ1世が1603年にイングランド王位を兼ねて以来、南部のイングランドとは同君連合の関係にあったが、アン女王時代の1707年の合同法によりイングランド王国と合同して、グレートブリテン王国となった。.

新しい!!: イギリスとスコットランド王国 · 続きを見る »

スコットランド独立運動

ットランド独立運動(Scottish independence)は、イギリスの構成国(カントリー)であるスコットランドが主権国家となることを目指す政治運動である。 2014年9月18日、スコットランドで住民投票が行われた(2014年スコットランド独立住民投票)。有権者は独立に「賛成」か「反対」で答えなければなかった。すなわち「スコットランドは独立国家となるべきか?」。投票開始までの1週間に行われた世論調査ではその得票差はかつてないほど小さかったが、賛成派が多数を占め独立国家となった場合、スコットランドの経済、軍事、金融、通貨、公的年金はどうなるのか、イギリスの債務をどれだけ負担するのか、パスポートや市民権はどうするのか、エリザベス女王は国家元首に留まるのか、NATO、イギリス連邦、国連、EUとの関係は、といった問題に関して白熱した議論が進行中であった。次第に反対派が優勢になっていき、ついに55.3%の票を獲得した。賛成票は44.7%、有権者得票率は84.5%だった 。.

新しい!!: イギリスとスコットランド独立運動 · 続きを見る »

スコットランド語

ットランド語(スコットランドご、Scots)は、インド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属する言語で、スコットランドおよびアイルランドのアルスター地方で話されている言語の一つである。スコットランド・ゲール語と区別するためにスコットランド低地語 (Lowland Scots) 、スコッツ語と呼ばれる場合もある。アルスター地方で話されるスコットランド語はアルスター・スコットランド語 (Ulster Scots)、アルスター・スコッツ語と呼ばれる。 中英語から分離した言語で、英語とはごく近い関係にあり、スコットランド英語の中に含める場合もある。 以下、古英語を OE と示す。.

新しい!!: イギリスとスコットランド語 · 続きを見る »

スコットランド議会

ットランド議会(スコットランドぎかい、、、)は、スコットランドの首都エディンバラのホーリールード (Holyrood) に置かれた、スコットランドの内政権を委譲された一院制の立法府である。非公式にホーリールードと呼ばれ、民主的に選出された129名のスコットランド議会議員で構成されている。議員は任期4年で、小選挙区比例代表併用制により選出される。73人が地理的に区分された選挙区から小選挙区制で選出され、さらにそれぞれ7人の議員を選出する8つの地区から比例代表制で合計56人を選出する。最近の総選挙は2016年5月5日に実施され、スコットランド国民党が過半数を獲得した。 もともとのスコットランド議会 (Parliament of Scotland) は、独立国であったスコットランド王国の立法府で、13世紀初めから1707年の連合法によってイングランド王国と合併してグレートブリテン王国を形成するまでの間存在した。イングランドとスコットランドの合併の結果として、スコットランド議会もイングランド議会 (Parliament of England) と合併して、ロンドンのウェストミンスターに所在するグレートブリテン議会 (Parliament of Great Britain) となった。 スコットランドの人々が議会設置に同意した1997年の住民投票を受けて、現在のスコットランド議会は (Scotland Act 1998) により法律制定権の委譲を受けて設立された。この法律は、スコットランド議会の立法権限の範囲、つまり議会が法律を作ることのできる分野を規定している。この法律で明示された分野の立法権限はイギリスの議会に留保され、明示的に示された以外のすべての分野は自動的にスコットランド議会の責任範囲となる。イギリスの議会はスコットランド議会への委譲事項を修正する権限を保持し、スコットランド議会が法律を作ることのできる分野を広げたり狭めたりすることができる。スコットランド議会の最初の開催は1999年5月12日のことであった。.

新しい!!: イギリスとスコットランド議会 · 続きを見る »

スターリング・ポンド

ターリング・ポンド()は、イギリスの通貨。通貨単位としてのポンドはかつてイギリス連邦諸国で用いられ、エジプトなどでは現在も用いられているが、単にポンドというと通常イギリスのポンドのことを示す。通貨記号は £、国際通貨コード (ISO 4217) は、GBPであるが、STGとも略記する。呼称としてはポンド、スターリングの他に quid が用いられることがある。日本ではイギリス・ポンド、または英ポンドと呼ばれることも多い。.

新しい!!: イギリスとスターリング・ポンド · 続きを見る »

スタッドリー王立公園

タッドリー王立公園は、イングランドのノースヨークシャー州にある公園で、シトー会のファウンテンズ修道院の廃墟を含んでいる。この公園には18世紀に遡るスタッドリー王立ウォーターガーデン(Studley Royal Water Garden)なども含まれており、1986年にユネスコの世界遺産に登録された。.

新しい!!: イギリスとスタッドリー王立公園 · 続きを見る »

セヴァーン川

ヴァーン川(River Severn)はイギリスで最も長い川。全長354kmでウェールズのカンブリア山地・の近くから始まり、一度北東へ流れ、シュルーズベリーの西、イングランドとウェールズの境界付近で東に向きを変え、さらにシュルーズベリー付近から徐々に南に流れ、イングランド西部を縦断する形で進み、ブリストルの北西でブリストル海峡に注ぐ。ワイ川とは流路やその長さも全く違っているが、源流域が近く同じ場所で海に注ぐ。 セヴァーンの名はケルト語に由来するが、もともとどのような意味だったのかははっきりとは判っていない。 サブリナ姫(「サブリナ (映画)」参照)がこの川の女神になったとされ、ジョン・ミルトンの仮面劇「コーマス」(Comus)などで詠われている。 流域の都市としてはシュルーズベリー、ウスター、グロスターなどがある。 支流としてはシェイクスピアの故郷として知られるストラトフォード・アポン・エイヴォンを流れるエイヴォン川やウースター付近から分流するテム川などが挙げられる。 ボアと呼ばれる海嘯が起こることでも有名で、地元のサーファーたちに親しまれている。.

新しい!!: イギリスとセヴァーン川 · 続きを見る »

セックス・ピストルズ

ックス・ピストルズ (Sex Pistols) は、イングランド出身のパンク・ロックバンド。 1970年代後半にロンドンで勃興した、パンク/ニューウェーブ・ムーヴメントを代表する象徴的グループ。自国の王室・政府・大手企業などを攻撃した歌詞など、反体制派のスタイルが特徴。また、活動期間は短命ながら、後世のミュージック・シーンやファッション界にも多大な影響を与えた。 2006年『ロックの殿堂』入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第60位。.

新しい!!: イギリスとセックス・ピストルズ · 続きを見る »

ゼネラル・エレクトリック

ネラル・エレクトリック(General Electric Company、略称: GE)は、アメリカ合衆国コネチカット州に本社を置く、多国籍コングロマリット企業である。.

新しい!!: イギリスとゼネラル・エレクトリック · 続きを見る »

タイタニック (客船)

タイタニック(RMS Titanic)は、20世紀初頭に建造された豪華客船である。 処女航海中の1912年4月14日深夜、北大西洋上で氷山に接触、翌日未明にかけて沈没した。犠牲者数は乗員乗客合わせて1,513人(他に1,490人、1,517人、1,522〜23人 1609人など様々な説がある)であり、当時世界最大の海難事故であった。その後、映画化されるなどして世界的にその名を知られている。.

新しい!!: イギリスとタイタニック (客船) · 続きを見る »

サミュエル・リチャードソン

ミュエル・リチャードソン サミュエル・リチャードソン(Samuel Richardson、1689年8月19日 - 1761年7月4日)は、イギリスの小説家。近代小説の父と言われる人である。 リチャードソンはダービーシャーのマックワースに生まれ、少年の頃からやさしく、早熟で、女性に可愛がられ、彼女達のために恋文の代筆などをしていた。若くしてロンドンの印刷業者の徒弟となり、やがて独立して、ロンドンの出版業界を代表する大物印刷業者となる。同業者から手紙の書き方の手本となる模範書簡集を書くように勧められ、物語風の脚色をした一連の架空の手紙を執筆するうちに、書簡体の小説のアイディアを思いついた。 代表作は、美しい小間使いが好色な若主人の性的誘惑をはねつけ、改心した若主人と結婚して地主夫人の地位に上り詰める『パミラ、あるいは淑徳の報い』(1740年)、および地主の娘が嫌な男との結婚を避けるため放蕩男の手を借りて家出した挙げ句、放蕩男に犯されて自殺する『クラリッサ』(1747年 - 1748年)。ともにさまざまな登場人物の間に交わされる手紙によって物語を語る書簡体小説である。.

新しい!!: イギリスとサミュエル・リチャードソン · 続きを見る »

サラブレッド

ルフェーヴル(2011年12月25日、有馬記念表彰式) サラブレッド(英: Thoroughbred)とは、18世紀初頭にイギリスでアラブ馬やハンター(狩猟に用いられたイギリス在来の品種)等から競走用に品種改良された軽種馬である。 競走時には人を背負った状態で、数分間継続して50〜70km/hの速度で走る能力を持つ。日本国内のレースにおいて、200m区間平均速度75km/hが計測されたことがある。 競馬以外には乗馬やポロなど多数の用途に使用される。オリンピックなどの馬術競技で活躍するサラブレッドも少数ながら存在し、アメリカ合衆国の障害飛越殿堂馬22頭のうち、サラブレッドは15頭にもおよぶ。 語源は Thorough + bred で人為的に完全管理された血統を意味する.

新しい!!: イギリスとサラブレッド · 続きを見る »

サッチャリズム

マーガレット・サッチャー サッチャリズム(Thatcherism)は、1980年代のイギリスでマーガレット・サッチャー政権によって推し進められた経済政策である。.

新しい!!: イギリスとサッチャリズム · 続きを見る »

サッカー

ッカー(soccer, football)は、丸い球体を用いて1チーム11人の2チーム間で行われるスポーツ競技のひとつである。アソシエーション・フットボール(association football; 協会式フットボールの意)ないしはアソシエーション式フットボール日本語ではこれを略して「ア式蹴球(あしきしゅうきゅう)」とも呼ぶことがある。とも呼ばれる。他のフットボールと比較して、手の使用が極端に制限されるという、大きな特徴がある。蹴球ともいう。 現在サッカーは、200を越える国と地域で、2億5千万人を超える選手達によってプレーされており、4年に一度行われるFIFAワールドカップのテレビ視聴者数は全世界で300億人を超えており、世界で最も人気のあるスポーツといえる。試合は、それぞれの短い方の端の中央にゴールがある長方形の芝生あるいは人工芝のフィールドでプレーされる。試合の目的は、相手ゴールにボールを入れ得点することである。 スポーツ文化としてのサッカーについては、サッカー文化を参照。.

新しい!!: イギリスとサッカー · 続きを見る »

サブプライムローン

ブプライムローン(subprime lending)とは、主にアメリカ合衆国において貸し付けられるローンのうち、サブプライム層(優良客(プライム層)よりも下位の層)向けとして位置付けられるローン商品をいう。 サブプライムローンは証券化され、世界各国の投資家へ販売されたが、米国において2001 - 2006年ごろまで続いた住宅価格の上昇を背景に、格付け企業がこれらの証券に高い評価を与えていた。また、この証券は他の金融商品などと組み合わされ世界中に販売されていた。 しかし2007年夏ごろから住宅価格が下落し始め、サブプライムローンが不良債権化した(サブプライム住宅ローン危機)。これと共にサブプライムローンに関わる債権が組み込まれた金融商品の信用保証までも信用を失い、市場では投げ売りが相次いだ。この波紋から2008年終盤にはリーマン・ブラザーズ倒産によるリーマン・ショックなどが引き起こされ、高い信用力を持っていたAIG、ファニーメイやフレディマックが国有化される事態にまで至った。 そこへ大幅な世界同時株安が度重なった。そして世界中の金融機関で信用収縮が連鎖した。サブプライムローンはクレジット・デフォルト・スワップと共に世界金融危機 (2007年-)の原因となった。.

新しい!!: イギリスとサブプライムローン · 続きを見る »

サイエンス・フィクション

宇宙戦争』のイラストレーション。Henrique Alvim Corr画(1906年) SF漫画雑誌『プラネット・コミックス』 サイエンス・フィクション(Science Fiction、略語:SF、Sci-Fi、エスエフ)は、科学的な空想にもとづいたフィクションの総称。メディアによりSF小説、SF漫画、SF映画、SFアニメなどとも分類される。日本では科学小説、空想科学小説とも訳されている(詳細は呼称を参照)。.

新しい!!: イギリスとサイエンス・フィクション · 続きを見る »

サウサンプトン

ウサンプトン(Southampton、、IPA:)は、イギリス南部の都市。サウザンプトン、サウスハンプトン、サザンプトンとも表記される。 地方公共団体はサウサンプトン・シティ・カウンシルであり、一層制の単一自治体である。サウサンプトンはセレモニアル・カウンティであるハンプシャーに含まれている。 サウサンプトンはサウサンプトン水道の最北点に位置し、北西と北東からテスト川とイッチェン川が市内を通ってサウサンプトン水道に流れ込む。南東にはニューフォレスト国立公園が所在し、サウサンプトンはニューフォレスト国立公園に最も近い都市である。 ローマ人が最初に港町として移住してきた後、サクソン人に引き継がれる。11世紀頃ノルマン人に征服され、貿易港として栄えた。かつてはヨーロッパ各地と結ぶ港町として有名となり、定期客船のタイタニック号はここから出港した。 近年は医療と学術が盛んな都市であるが、沿岸部の再開発により商業の発展にも力を入れており、港湾施設は縮小されたが、イギリス有数のコンテナターミナルが所在する。また、いくつかのクルーズ客船の母港となっている。.

新しい!!: イギリスとサウサンプトン · 続きを見る »

サザン鉄道 (イギリス)

ン鉄道(サザンてつどう、Southern Railway)は、1923年から1947年まで存在していたイギリスの鉄道会社である。1921年鉄道法で成立した4大鉄道会社の1つであり、ロンドン以南のイギリス海峡、ケント、南部沿岸、南西部方面への路線を有した。.

新しい!!: イギリスとサザン鉄道 (イギリス) · 続きを見る »

ゆりかごから墓場まで

ゆりかごから墓場まで」(ゆりかごからはかばまで、from the cradle to the grave)とは、第二次世界大戦後のイギリスにおける社会福祉政策のスローガンである。.

新しい!!: イギリスとゆりかごから墓場まで · 続きを見る »

内閣 (イギリス)

イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国、英国)の内閣(ないかく、Cabinet of the United Kingdom)は、「女王陛下の政府」と称されるイギリス政府の最高意思決定機関で田中 2011, p.125田中 2016, p.40、首相 (Prime Minister) 及び最も上級の大臣である20名程度の閣内大臣 (Cabinet ministers) から構成される。 2017年7月31日現在の内閣は第2次メイ内閣である。 なお、イギリス政府には内閣の構成員たる首相および上級大臣のほか、内閣の構成員でない下級大臣(閣外大臣)なども存在するので、本項ではこれらも併せて解説する。.

新しい!!: イギリスと内閣 (イギリス) · 続きを見る »

全日本空輸

全日本空輸株式会社(ぜんにっぽんくうゆ、)は、日本の航空会社。ANAホールディングス株式会社の子会社で、2018年4月現在、国際線、国内線ともに国内最大規模を誇る。略称はANA(エー・エヌ・エー)だが、通称の全日空(ぜんにっくう)で呼ばれることも多い。 イギリス・スカイトラックスによる航空会社の格付けで、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」の認定を得ている。日本のエアラインとしては史上初の獲得。 コーポレートスローガンは「あんしん、あったか、あかるく元気!」、タグラインは「Inspiration of JAPAN」。 2017年2月16日の記者会見にて代表取締役社長だった篠辺修氏が退任した。後任には平子祐志氏が就任した。また、篠辺氏はANAホールディングス(ANA HD)の取締役副会長に4月1日付で就任する。-->.

新しい!!: イギリスと全日本空輸 · 続きを見る »

公費負担医療

公費負担医療(こうひふたんいりょう,Publicly funded health care)とは、医療費の全額もしくは大部分を公的管理された基金が負担する医療制度。.

新しい!!: イギリスと公費負担医療 · 続きを見る »

元首

元首(げんしゅ)または国家元首(こっかげんしゅ、dux civitatis、chef d’État、head of state)とは、.

新しい!!: イギリスと元首 · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: イギリスと元日 · 続きを見る »

国の人口順リスト

国の人口順リストは、人口部の作成した『』のデータによる2010年の推計人口によるものである。.

新しい!!: イギリスと国の人口順リスト · 続きを見る »

国の面積順リスト

国の面積順リストは、ISO標準のISO 3166-1によって分類された独立国家とその属領を、総面積順に並べた一覧である。 属領については、それらの独立国家とは区別できるよう、太字で表す。また、独立状態だが国際的承認が少ない、又は無い国家は斜字で表記し、ランキングには含めていない。数値は内陸の水地(湖、池、川)を含めた陸地の総面積である。領海および排他的経済水域については含めていない。 各国が領有権を主張する南極大陸 (14,400,000 km2)はランキングに含めていない。また、無主地の一つであるビル・タウィール(2,060 km2)は関係国であるエジプトとスーダンには含めていない。世界の総陸地面積は、148,940,000 km2 で、地球上の表面積の約29.1% である。.

新しい!!: イギリスと国の面積順リスト · 続きを見る »

国名の漢字表記一覧

国名の漢字表記一覧(こくめいのかんじひょうきいちらん)では、世界の国名を日本語における漢字表記と中国語における漢字表記で対照させた表を掲載し、簡単に解説する。.

新しい!!: イギリスと国名の漢字表記一覧 · 続きを見る »

国家

国家(こっか)とは、国境線で区切られた国の領土に成立する政治組織で、その地域に居住する人々に対して統治機構を備えるものである。領域と人民に対して、排他的な統治権を有する(生殺与奪の権利を独占する)政治団体もしくは政治的共同体である。 政治機能により異なる利害を調整し、社会の秩序と安定を維持していくことを目的にし社会の組織化をする。またその地域の住民は国家組織から国民あるいは公民と定義される。.

新しい!!: イギリスと国家 · 続きを見る »

国内総生産

国内総生産(こくないそうせいさん、英:Gross Domestic Product、GDP)は、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことである。.

新しい!!: イギリスと国内総生産 · 続きを見る »

国王至上法

国王至上法(こくおうしじょうほう、Act of Supremacy)は、1534年にテューダー朝のイングランド王ヘンリー8世により発布された法令。国王をローマ教会(カトリック)から独立したイングランド国教会の「唯一最高の首長」と規定した法Kotobank。首長令、首長法とも呼ばれる。1559年にエリザベス1世が2度目の国王至上法を発布し、「唯一最高の首長」を「唯一最高の統治者」に変更した。.

新しい!!: イギリスと国王至上法 · 続きを見る »

国花

日本を代表する花、桜 国花(こっか、Floral emblem)とは、その国民に最も愛好され、その国の象徴とされる花である。.

新しい!!: イギリスと国花 · 続きを見る »

国際サッカー評議会

自立法人(スイスの法律)国際サッカー評議会(こくさいサッカーひょうぎかい、International Football Association Board)は、サッカーのルール(サッカー競技規則)の制定など、サッカーに関わる重要事項を決定する機関。略称はIFAB。IFABで決定された規則は、FIFAに所属する協会の全ての国際試合および国内試合で適用される。IFABの本部は、国際サッカー連盟(FIFA)の本部と同じスイスのチューリッヒに在所する。.

新しい!!: イギリスと国際サッカー評議会 · 続きを見る »

国際サッカー連盟

国際サッカー連盟(こくさいサッカーれんめい、Fédération Internationale de Football Association)は、サッカー(アソシエーション式フットボール)の国際統括団体であり、スイスの法律に基づいた自立法人である。略称はFIFA( フィファ、 フィーファ)。本部はスイスのチューリッヒに置かれている。 2018年時点で全211協会が加盟し、競技団体としては世界最大である。FIFAワールドカップ・FIFA女子ワールドカップの主催が、最も大きな任務となっている。.

新しい!!: イギリスと国際サッカー連盟 · 続きを見る »

国際通貨基金

国際通貨基金(こくさいつうかききん、)は、国際金融、並びに、為替相場の安定化を目的として設立された国際連合の専門機関である。国際通貨基金(IMF)の本部は、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.に位置する。2018年現在、国際通貨基金(IMF)の加盟国は、189か国である。 加盟国の経常収支が著しく悪化した場合などに融資などを実施することで、国際貿易の促進、加盟国の高水準の雇用と国民所得の増大、為替の安定、などに寄与する事を目的としている。 また、為替相場の安定のために、経常収支が悪化した国への融資や、為替相場と各国の為替政策の監視などを行っている。各国の中央銀行の取りまとめ役のような役割を負う。世界銀行と共に、国際金融秩序の根幹を成す。.

新しい!!: イギリスと国際通貨基金 · 続きを見る »

国際連合

国際連合(こくさいれんごう、United Nations、联合国、聯合國、Organisation des Nations unies、略称は国連(こくれん)、UN、ONU)は、国際連合憲章の下、1945年に設立された国際機関である。 第二次世界大戦を防げなかった国際連盟の反省を踏まえ、1945年10月24日、51ヵ国の加盟国で設立された。主たる活動目的は、国際平和と安全の維持(安全保障)、経済・社会・文化などに関する国際協力の実現である。 英語表記の「United Nations」は、第二次世界大戦中の枢軸国に対していた連合国が自陣営を指す言葉として使用していたものが継続使用されたものであるが、日本語においては誤訳され「国際連合」と呼ばれる。 2017年5月現在の加盟国は193か国であり、現在国際社会に存在する国際組織の中では、敵国条項が存在するなど第二次世界大戦の戦勝国の色が強いものの、最も広範・一般的な権限と、普遍性を有する組織である。.

新しい!!: イギリスと国際連合 · 続きを見る »

国際連合安全保障理事会

国際連合安全保障理事会(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかい、United Nations Security Council)は、国際連合の主要機関の一つ。安全保障理事会は、実質的に国際連合の中で最も大きな権限を持っており、事実上の最高意思決定機関である。国連主要機関の中で法的に国際連合加盟国を拘束する権限がある数少ない機関でもある。その目的や権限は、国際連合憲章に定められていて世界の平和と安全の維持に対して重大な責任を持つことが規定されている。略して安全保障理事会または安保理(あんぽり)ともいわれている。.

新しい!!: イギリスと国際連合安全保障理事会 · 続きを見る »

国際連合安全保障理事会常任理事国

国際連合安全保障理事会常任理事国(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいじょうにんりじこく)、略称国連安保理常任理事国(こくれんあんぽりじょうにんりじこく)は、国際連合安全保障理事会を構成し、恒久的な地位を持つ理事国である。.

新しい!!: イギリスと国際連合安全保障理事会常任理事国 · 続きを見る »

国際連合教育科学文化機関

フランス、パリのユネスコ本部庁舎と平和の庭園(日本庭園) 日本ユネスコ国内委員会が入居する東京都の霞が関コモンゲート東館(右側) 国際連合教育科学文化機関(こくさいれんごうきょういくかがくぶんかきかん、Organisation des Nations unies pour l'éducation, la science et la culture、United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization, UNESCO ユネスコ)は、国際連合の経済社会理事会の下におかれた、教育、科学、文化の発展と推進を目的とした専門機関である。 1945年11月に44カ国の代表が集い、イギリス・ロンドンで開催された国連会議 "United Nations Conference for the establishment of an educational and cultural organization" (ECO/CONF)において11月16日に採択された 「国際連合教育科学文化機関憲章」(ユネスコ憲章)に基づいて1946年11月4日に設立された。 分担金(2016年現在)の最大の拠出国はアメリカ合衆国(22%)、2位は日本(9%)である(米国は拠出金支払いを全額停止しているため、実質的に最大の拠出国は日本であるなおアメリカは2018年12月31日付でのユネスコ脱退を表明している。)。.

新しい!!: イギリスと国際連合教育科学文化機関 · 続きを見る »

国際標準化機構

国際標準化機構(こくさいひょうじゅんかきこう、International Organization for Standardization)、略称 ISO(アイエスオー、イソ、アイソ)は、各国の国家標準化団体で構成される非政府組織である。 スイス・ジュネーヴに本部を置く、スイス民法による非営利法人である。1947年2月23日に設立された。国際的な標準である国際規格(IS: international standard)を策定している。 国際連合経済社会理事会に総合協議資格(general consultative status)を有する機関に認定された最初の組織の1つである。.

新しい!!: イギリスと国際標準化機構 · 続きを見る »

国防委員会

国防委員会(こくぼういいんかい)は、国防に関する事項をその権限とする委員会。立法府の議員によって構成されるもの(英国、中華人民共和国など)、行政官と軍人によって構成されるもの(旧ソ連、朝鮮民主主義人民共和国など)などがある。.

新しい!!: イギリスと国防委員会 · 続きを見る »

国防省 (イギリス)

国防省(こくぼうしょう、)は、イギリスの行政機関であり、国防政策を統括しイギリス軍を指揮する。 国防省の主要政策はイギリスの本土および海外領土を保持することである。冷戦が終結した現在では、従来予想されていた短期通常戦争は予期されていない。大量破壊兵器の拡散・テロの防止などが主要課題として位置づけられている。.

新しい!!: イギリスと国防省 (イギリス) · 続きを見る »

国民保健サービス

国民保健サービス(こくみんほけんサービス、National Health Service, NHS)とは、イギリスの国営医療サービス事業をさし、患者の医療ニーズに対して公平なサービスを提供することを目的に1948年に設立され、現在も運営されている。NHSにはイギリス国家予算の25.2%が投じられている。 公費負担医療によるユニバーサルヘルスケアに位置づけられ、利用者の健康リスクや経済的な支払い能力にかかわらず、臨床的必要性に応じて利用可能であり、自己負担は殆ど少ないか無料である。また、外国人も合法的にイギリスに滞在していると認定を受けられれば、NHSのサービスを利用することができる。.

新しい!!: イギリスと国民保健サービス · 続きを見る »

四国

四国内の高速道路網(緑線)および本四架橋を含む県境をまたぐ大規模架橋(青線)。赤星および赤丸は人口上位10都市 四国(しこく)は、日本列島を構成する島の一つである島国 (領土がすべて島から成る国)である日本を構成する6,852の島に対する『国土交通省』による区分け ⇒ 6,852島(本土5島・離島6,847島)。<出典>『国土交通省』サイト 離島振興課 離島とは(島の基礎知識) 2009年11月27日閲覧。 ただし、島について地理学上はこのような分類・区分けはない。。 北海道・本州・九州とともに主要4島の一つでもあり、この中では最も小さい 国土地理院(注:表中の「沖縄島 おきなわじま」は、通称名「沖縄本島」の正式名称)【参考】 日本の島の面積順に上位10島 ⇒ 本州、北海道、九州、四国、択捉島、国後島、沖縄本島、佐渡島、奄美大島、対馬。 国立天文台 (編)理科年表 平成19年版 P565、ISBN 4621077635。。最高標高は石鎚山の1,982mで、福井・石川・岐阜県境の両白山地三ノ峰 (2128m) 以西の西日本では最も高い。面積は18,297.78km2で、世界の島の中では、バナナル島(ブラジル)に次ぐ第50位の大きさである世界の島の面積順位より抜粋、出典 List of islands by area(島:オーストラリア大陸の面積未満で、四方を水域に囲まれる陸地) ------------------------- ------------------------- ------------------------- ------------------------- 四国とその付随する島(小豆島、大三島、大島、中島、伯方島、豊島など)を合わせて「四国地方」と言う地方公共団体(都道府県)別では、徳島県、香川県、愛媛県、高知県の4県が所在する。 。これら付随する島を含めないことを強調したい場合、「四国本土」あるいは「四国島」と呼ぶこともある。(日本の地理・四国、日本の地域・四国地方も参照) 四国には、徳島県、香川県、愛媛県、高知県の4つの地方公共団体(県)があり、4県総人口は3,762,941人であり、概ね横浜市人口に匹敵する,。(表右下 四国地方も参照) 四国の古代の呼称は、「伊予之二名島」・「伊予二名洲」(いよのふたなのしま)である。.

新しい!!: イギリスと四国 · 続きを見る »

BAEシステムズ

BAEシステムズ(BAE Systems plc)は、1999年に設立されたイギリスの国防・情報セキュリティ・航空宇宙関連企業である。本社はハンプシャー州ファーンボローにある旧ブリティッシュ・エアロスペース本社だが、登記上の本社所在地はロンドンシティ・オブ・ウェストミンスターである。2017年5月に英財務省から、テロ組織と麻薬カルテルの金融犯罪を捜査する際の支援者に選ばれた。過去にはHSBCホールディングスが麻薬カルテルと関係している。 北アメリカに進出した子会社のBAEシステムズ・インク(BAE Systems Inc.)を介して世界的な影響力を持つ。航空宇宙関連企業としてはヨーロッパ最大の規模を有すほか、軍需・国防分野においても、2008年に売上高が米ドルベースで約324億2000万ドルを記録、ボーイングやロッキード・マーティンなどアメリカ系の企業を抑えて同分野の売上高世界第1位を記録するなど、事業規模の大きな企業として知られる。2009年についても、売上高1位の座はロッキードに明け渡したものの、売上高約332億5000万ドル(米ドルベース,英ポンドベースでは約224億ポンド)でロッキードに次ぐ2位に付けている。 「BAEシステムズ」が英語の社名に従ったより正確な表記であるが、しばしば「BAEシステム」とも表記される。多くの場合、傘下の多数の企業を含めた単一のコングロマリットとして扱われる。BAEはアクサ(9.02%)、バークレイズ(3.98%)、フランクリン・リソース及び系列会社(4.92%)、リーガル&ジェネラル(4.07%)、ブラックロック(4.96%)が、自社にとって重要な株主だと発表した。.

新しい!!: イギリスとBAEシステムズ · 続きを見る »

BBC交響楽団

バービカン・ホールで演奏するBBC交響楽団(2012年10月) BBC交響楽団(ビービーシーこうきょうがくだん、The BBC Symphony Orchestra)は、英国放送協会(BBC)が所有する放送オーケストラの一つであり、イギリスの主要オーケストラの一つである。三管編成の中規模団体が多いロンドンのコンサート・オーケストラとしては唯一、古くから四管フル編成を確保してきた。.

新しい!!: イギリスとBBC交響楽団 · 続きを見る »

Bmi (航空会社)

bmi(ビーエムアイ・British Midland International)は、1938年に設立されたイギリスで2番目に大きな航空会社である。旧称は正式な社名のブリティッシュ・ミッドランド航空 (British Midland Airways Limited) であり日本では今日でもこの名称が用いられる事が多い。.

新しい!!: イギリスとBmi (航空会社) · 続きを見る »

石灰岩

石灰岩(せっかいがん、)は、炭酸カルシウム(CaCO3、方解石または霰石)を50%以上含む堆積岩。炭酸カルシウムの比率が高い場合は白色を呈するが、不純物により着色し、灰色や茶色、黒色の石灰岩もある。.

新しい!!: イギリスと石灰岩 · 続きを見る »

石炭

石炭(せきたん、英:coal)とは、古代(数億年前)の植物が完全に腐敗分解する前に地中に埋もれ、そこで長い期間地熱や地圧を受けて変質(石炭化)したことにより生成した物質の総称。見方を変えれば植物化石でもある。 石炭は古くから、産業革命以後20世紀初頭まで最重要の燃料として、また化学工業や都市ガスの原料として使われてきた。第一次世界大戦前後から、艦船の燃料が石炭の2倍のエネルギーを持つ石油に切り替わり始めた。戦間期から中東での油田開発が進み、第二次世界大戦後に大量の石油が採掘されて1バレル1ドルの時代を迎えると産業分野でも石油の導入が進み(エネルギー革命)、西側先進国で採掘条件の悪い坑内掘り炭鉱は廃れた。 しかし1970年代に二度の石油危機で石油がバレルあたり12ドルになると、産業燃料や発電燃料は再び石炭に戻ったが、日本国内で炭鉱が復活することは無かった。豪州の露天掘りなど、採掘条件の良い海外鉱山で機械化採炭された、安価な海外炭に切り替わっていたからである。海上荷動きも原油に次いで石炭と鉄鉱石が多く、30万トンの大型石炭船も就役している。 他の化石燃料である石油や天然ガスに比べて、燃焼した際の二酸化炭素 (CO2) 排出量が多く、地球温暖化の主な原因の一つとなっている。また、硫黄酸化物の排出も多い。.

新しい!!: イギリスと石炭 · 続きを見る »

王国

王国(おうこく)は、君主制の国家のうち、国王を元首とする国家を指す。.

新しい!!: イギリスと王国 · 続きを見る »

硬性憲法

性憲法(こうせいけんぽう)は、憲法に関する論考において改正の困難さで各国の(広義の)憲法を二つに分類した場合に、改正が困難な側に分類される憲法のこと。それ以外の憲法、すなわち改正が容易な側に分類されるものは軟性憲法(なんせいけんぽう)と呼ばれる。分類の基準は論考毎に異なる。 当初は改正の難易を分類の基準とはせずに、別の視点で憲法に関する論述に用いられていた。20世紀後半から21世紀初頭にかけての日本における用法の多くは、宮沢俊義が遅くとも1938年までに独自に定義した語義をその基礎としている。.

新しい!!: イギリスと硬性憲法 · 続きを見る »

神聖ローマ帝国

聖ローマ帝国(しんせいローマていこく、,,, Holy Roman Empire)は、現在のドイツ、オーストリア、チェコ、イタリア北部を中心に存在していた国家。9~10世紀に成立し、1806年まで続いた。西ローマ帝国の後継国家を称した。.

新しい!!: イギリスと神聖ローマ帝国 · 続きを見る »

福祉国家論

福祉国家(ふくしこっか Welfare State)は、国家の機能を安全保障や治安維持などに限定(夜警国家)するのではなく、社会保障制度の整備を通じて国民の生活の安定を図ること。広義には財政政策や雇用政策を含める場合もある。 「福祉国家」の語は、1928年にスウェーデンの社会大臣グスタフ・メッレル(Gustav Möller)が選挙パンフレットで用いたほか、英語圏ではイギリスのウィリアム・テンプルが『市民と聖職者』(1941年)のなかで言及している。特に第二次世界大戦中にはイギリスが、連合国を「福祉国家」、枢軸国を「戦争国家」(英:Warfare State)と政治宣伝した。 福祉国家論(ふくしこっかろん)は、福祉国家の形成、発展、変容の要因に関する研究のこと。オイルショック以後の「福祉国家の危機」に対する各国の対応が一様でなかったことから、福祉国家の多様性が意識されるようになり、福祉国家論が発展する契機なった。特にイエスタ・エスピン=アンデルセンが福祉国家に代わる新しい概念として福祉レジーム論を提起し、社会保障政策の特徴やグローバル化への対応の多様性を政治的イニシアティブや経済レジームとの連関で論じた。.

新しい!!: イギリスと福祉国家論 · 続きを見る »

競馬

(平地競走) 競馬(けいば、)は、騎手の乗った馬により競われる競走競技、およびそれの着順を予想する賭博である。イギリスを発祥とする近代競馬は多くの国々で開催されており、その多くは勝馬投票券の販売とセットの興業として行われている。.

新しい!!: イギリスと競馬 · 続きを見る »

立法

立法(りっぽう、legislation)とは、形式的意味においては議会の議決を経て法律を定立することをいうが、実質的意味においては法規という特定の内容の法規範を定立する国家作用のことをいい、行政・司法と並ぶ国家作用の一つである。この国家作用を行う権能を立法権という。.

新しい!!: イギリスと立法 · 続きを見る »

立憲君主制

立憲君主制(りっけんくんしゅせい、Constitutional monarchy)または制限君主制とは、君主の権力が憲法により規制されている君主制。君主制とは、ある政治共同体において世襲の君主が主権を持つ政治形態。.

新しい!!: イギリスと立憲君主制 · 続きを見る »

第2次バロン戦争

2次バロン戦争(だいにじばろんせんそう、Second Barons' War、1264年 - 1267年)はイングランド王ヘンリー3世に対してレスター伯シモン・ド・モンフォールを中心とするイングランド諸侯が起こした反乱。ルーイスの戦いにより反乱側が支配権を握るが、イーヴシャムの戦いでシモン・ド・モンフォールが戦死した後、王権は回復した。しかし、その精神はエドワード1世の改革やその後のイギリス議会制に引き継がれた。.

新しい!!: イギリスと第2次バロン戦争 · 続きを見る »

第三の道

共に「第三の道」路線の“先駆者”と言われるトニー・ブレア(右)とビル・クリントン(左) 第三の道(だいさんのみち、英語:Third Way)とは、通常は従来の2つの対立する思想や諸政策に対し、両者の利点を組み合わせた、あるいは対立を超越した、思想や諸政策である。政治思想の分野では多くの場合は、従来の資本主義と社会主義に対する新しい思想や諸政策であり、有名なものには以下がある。.

新しい!!: イギリスと第三の道 · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: イギリスと第一次世界大戦 · 続きを見る »

第一次バロン戦争

一次バロン戦争(1215年 - 1217年)は、イングランド王国における内戦。ジョン王に対して、ロバート・フィッツウォルター(en:Robert Fitzwalter)らが率いる造反諸侯が戦った。また王太子ルイ(将来のルイ8世)が指揮するフランス軍が諸侯派を支持した。この内乱の原因は、ジョン王が1215年6月15日に調印したマグナ・カルタの承認と遵守への拒絶と、フランス王太子の野心である。また、王太子ルイは反乱諸侯らがジョン王と和解した後も戦争を長引かせた。.

新しい!!: イギリスと第一次バロン戦争 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: イギリスと第二次世界大戦 · 続きを見る »

経験論

経験論(けいけんろん)、あるいは、経験主義(けいけんしゅぎ、empiricism)とは、人間の全ての知識は我々の経験に由来する、とする哲学上または心理学上の立場である(例:ジョン・ロックの「タブラ・ラサ」=人間は生まれたときは白紙である)。中でも感覚・知覚的経験を強調する立場は特に感覚論と呼ぶ。 この語彙・概念自体は、元々は17世紀から18世紀にかけて生じた近代哲学の認識論において、英国を中心とする経験主義的傾向が強い議論(イギリス経験論)と、欧州大陸を中心とする理性主義(合理主義)的性格が強い議論(大陸合理論)を区別するために生み出されたものだが、現在では遡って古代ギリシア以来の西洋哲学の傾向・系譜を大別する際にも用いられる - ブリタニカ国際大百科事典/日本大百科全書/コトバンク。 経験論は哲学的唯物論や実証主義と緊密に結びついており、知識の源泉を理性に求めて依拠する理性主義(合理主義)や、認識は直観的に得られるとする直観主義、神秘主義、あるいは超経験的なものについて語ろうとする形而上学と対立する。 経験論における「経験」という語は、私的ないし個人的な経験や体験というよりもむしろ、客観的で公的な実験、観察といった風なニュアンスである。したがって、個人的な経験や体験に基づいて物事を判断するという態度が経験論的と言われることがあるが、それは誤解である。.

新しい!!: イギリスと経験論 · 続きを見る »

経済力

経済力(けいざいりょく)とは国家の経済的状況を国力の一要素として捉えた能力である。.

新しい!!: イギリスと経済力 · 続きを見る »

経済協力開発機構

経済協力開発機構(けいざいきょうりょくかいはつきこう、Organisation for Economic Co-operation and Development, OECD、Organisation de coopération et de développement économiques, OCDE)は、ヨーロッパ、北米等の国々によって、国際経済全般について協議することを目的とした国際機関。 本部事務局はパリ16区の旧に置かれている。公用語は英語とフランス語。事務総長はアンヘル・グリア。.

新しい!!: イギリスと経済協力開発機構 · 続きを見る »

経済的不平等

経済的不平等(けいざいてきふびょうどう、Economic inequality)、または貧富の差(ひんぷのさ)とは、広義においては経済活動の過程において発生する富める者と、そうでない者の差のことである。 狭義においては、経済競争自体の不公平や経済ルールの不公正、若しくは不平等を促進する国際政治システムを指す。 広義において基本的に問題とされるのは、同一国家・地域内での差である。日本では「格差(問題)」と呼ばれることも多い。 狭義においての先進国の貧困層が、開発途上国の中流層より恵まれた暮らしをしている問題は別問題と考える者もいる。.

新しい!!: イギリスと経済的不平等 · 続きを見る »

経済産業省

経済産業省(けいざいさんぎょうしょう、略称:経産省(けいさんしょう)、Ministry of Economy, Trade and Industry、略称:METI)は、日本の行政機関の一つである。 「民間の経済活力の向上及び対外経済関係の円滑な発展を中心とする経済及び産業の発展並びに鉱物資源及びエネルギーの安定的かつ効率的な供給の確保を図ること」を任務とする(経済産業省設置法第3条)。.

新しい!!: イギリスと経済産業省 · 続きを見る »

産業革命

ワットの改良蒸気機関。ワット式蒸気機関の開発は動力源の開発における大きな画期であり、産業革命を象徴するものである 産業革命(さんぎょうかくめい、Industrial Revolution)は、18世紀半ばから19世紀にかけて起こった一連の産業の変革と、それに伴う社会構造の変革のことである。 産業革命において特に重要な変革とみなされるものには、綿織物の生産過程における様々な技術革新、製鉄業の成長、そしてなによりも蒸気機関の開発による動力源の刷新が挙げられる。これによって工場制機械工業が成立し、また蒸気機関の交通機関への応用によって蒸気船や鉄道が発明されたことにより交通革命が起こったことも重要である。 経済史において、それまで安定していた一人あたりのGDP(国内総生産)が産業革命以降増加を始めたことから、経済成長は資本主義経済の中で始まったとも言え、産業革命は市民革命とともに近代の幕開けを告げる出来事であったとされる。また産業革命を「工業化」という見方をする事もあり、それを踏まえて工業革命とも訳される。ただしイギリスの事例については、従来の社会的変化に加え、最初の工業化であることと世界史的な意義がある点を踏まえ、一般に産業革命という用語が用いられている。.

新しい!!: イギリスと産業革命 · 続きを見る »

牛乳

ップに入れられた牛乳 牛乳(ぎゅうにゅう、)とは、ウシの乳汁である。日本の#法律による定義は、成分を調整していない生乳が牛乳と定義され、脂肪分を調整したものが低脂肪牛乳などとされ、また商品に「牛乳」の名をつけることができる。牛乳成分を増減したり乳糖を分解すれば加工乳であり、乳飲料は牛乳由来成分以外を加えた栄養添加やコーヒーミルクなどである。牛乳の加工製品は乳製品であり、脱脂粉乳、バター、生クリーム、チーズ、ヨーグルト、アイスクリームなどが作られる。 牛乳はカルシウムが豊富な食品として知られる。脂肪分は飽和脂肪酸の比率が高く、健康上の懸念のため低脂肪牛乳などが製造されている。タンパク質のアミノ酸スコアは100だが、牛乳たんぱく質のカゼインは、特に子供にとって鶏卵に次ぐ主な食物アレルギーの原因となりうる。炭水化物は乳糖が豊富で、離乳期を過ぎたヒトでは多かれ少なかれ乳糖不耐症として消化不良となる。 牛乳の利用の歴史は古く、チーズやバターなどと共にヨーロッパ、アフリカ、インドで用いられてきた。利用のはっきりとした証拠としては、5500年から6千年前の現在のイギリスにあたる地域の陶器から牛乳の脂肪分が発見されている。そのまま飲まれた牛乳が大きく産業化されて普及するのは、19世紀に低温殺菌法が開発され、保存技術が向上してからである。そうした時代に日本や中国では牛乳は普及しておらず、日本では戦後にアメリカ合衆国からの脱脂粉乳を含む食糧支援のララ物資を経て、1954年に学校給食法が制定され、牛乳の提供を規則としてから大きく普及してきたが、50年を経た2005年には、中央酪農会議が日本人の牛乳離れを期に「牛乳に相談だ。」のキャンペーンを実施した。 栄養学者達は、牛乳がカルシウムを摂取するために適切な食品であるかに疑問を投げかけ続けている。牛乳を多く飲用すればその分だけ骨折を予防できるという主張にはデータが乏しいことに疑問を持ち、疫学研究が実施された結果、確固とした因果関係は見られていない。.

新しい!!: イギリスと牛乳 · 続きを見る »

直接選挙

接選挙は一般国民による票決を行う 直接選挙(ちょくせつせんきょ、)とは、選挙の方法のひとつで、事前に定められた選挙制度に基づき、有権者の投票行動が直接的に反映される制度である。.

新しい!!: イギリスと直接選挙 · 続きを見る »

百年戦争

年戦争(ひゃくねんせんそう、Hundred Years' War、Guerre de Cent Ans)は、フランス王国の王位継承をめぐるヴァロワ朝フランス王国と、プランタジネット朝およびランカスター朝イングランド王国の戦い。現在のフランスとイギリスの国境線を決定した戦争である。百年戦争は19世紀初期にフランスで用いられるようになった呼称で、イギリスでも19世紀後半に慣用されるようになった。 伝統的に1337年11月1日のエドワード3世によるフランスへの挑戦状送付から1453年10月19日のボルドー陥落までの116年間の対立状態を指すが、歴史家によっては、実際にギュイエンヌ、カンブレーにおいて戦闘が開始された1339年を開始年とする説もある。いずれにしても戦争状態は間欠的なもので、休戦が宣言された時期もあり、終始戦闘を行っていたというわけではない。 両国とも自国で戦費を賄うことができなかった。フランスはジェノヴァ共和国に、イングランドはヴェネツィア共和国に、それぞれ外債を引き受けさせた。.

新しい!!: イギリスと百年戦争 · 続きを見る »

Dieu et mon droit

Dieu et mon droit(デュ・エ・モン・ドルワ、)は、スコットランドを除くイギリスの国章(紋章)に表記されるイギリス君主のモットー(標語)である。日本語では「神と我が権利」と訳される。.

新しい!!: イギリスとDieu et mon droit · 続きを見る »

EE (企業)

EEとはイギリスの携帯電話事業者である。フランステレコムのイギリスでの携帯電話子会社であるOrangeUKとドイツテレコムのイギリスでの携帯電話子会社であるT-モバイルとのジョイントベンチャーである。.

新しい!!: イギリスとEE (企業) · 続きを見る »

障害競走

害競走 障害競走(しょうがいきょうそう)は競馬の競走の一種であり、コースに設置された障害物を飛越しながらゴールに到達する早さを競うものである。.

新しい!!: イギリスと障害競走 · 続きを見る »

音楽家

音楽家(おんがくか)、ミュージシャン(musician)は、曲を作ったり(作曲・編曲)、演奏したりする人のこと。主に実演家(プレイヤー)と制作者に大別される。.

新しい!!: イギリスと音楽家 · 続きを見る »

聖パトリックの祝日

ーク。2004年) 聖パトリックの祝日, ブエノスアイレス (アルゼンチン) 聖パトリックの祝日(せいパトリックのしゅくじつ、、セントパトリックス・デー)は、アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日。3月17日。カトリックの祭日であり、アイルランド共和国の祝祭日。 シャムロックを服につけたり、ミサを行ったりする。アイルランドでは何世紀も前からこの日を祝う伝統が受け継がれ、正式に1903年より祝日となり、イギリスから独立後、徐々に祭礼日として成長した。1996年には政府が主体となってダブリンで5日間の盛大なフェスティバルとなりパレードやその他の行事が行われた。.

新しい!!: イギリスと聖パトリックの祝日 · 続きを見る »

聖金曜日

聖金曜日(せいきんようび、Good Friday、Viernes Santo、Vendredi Saint、Karfreitag)は、キリスト教用語で、復活祭前の金曜日のこと。「受難日」、「受苦日」などとも呼ばれる。正教会では「聖大金曜日」と呼ばれる。イエス・キリストの受難と死を記念する日。 福音書の記述をもとにイエスの受難を思い起こす特別な典礼や祈りが行われることが多い。キリスト教では伝統的にイエスの受難と死は自ら選んで行った行為であり、三日目(日曜日)に復活したことで死を克服したとみなしてきた。福音書や種々の資料からイエスの死の日時を特定するのは簡単ではない。資料を読むことで、4月のある金曜日におこったということはわかる。資料の記述をもとに天文学的な分析を行うと、紀元33年4月3日になるという説を唱えるものもいる。 カトリック教会では聖金曜日には断食を行う習慣がある。断食といっても完全な絶食ではないが、大斎と小斎を行うのが一般的である。また聖金曜日は一年間で唯一ミサが執り行われない日でもある。(ただ、前日に保管しておいた聖体を拝領する儀式は行われる。)聖金曜日は復活祭にあわせて移動するが、最も早い場合で3月20日、遅い場合だと4月23日になる。 カトリック教会の聖金曜日の典礼の最大の特徴は司祭と複数の朗読者、さらには会衆全員の参加によるイエスの受難の朗読が行われることである。朗読は通常、『ヨハネによる福音書』からとられている。また荘厳な共同祈願と顕示した十字架への崇敬も行われる。カトリック信徒の多いフィリピンでは、聖金曜日に屋外や通りで大掛かりな受難劇を行うのが伝統となっている。 多くのプロテスタントの教会でもこの日に特別な典礼を行っている。16世紀以降、ドイツのルーテル派教会では一年のうちでもっとも重要な日にして、聖餐を受けるべき日とされ、バッハのマタイ受難曲などが教会で演奏されてきた。この日の讃美歌は、血しおしたたるである。 ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカなどの多くの国々では聖金曜日が国家の祝祭日として休日になっている。アメリカ合衆国では、連邦の祝日にはなっていないが州の祝日として多くの州で定められている。.

新しい!!: イギリスと聖金曜日 · 続きを見る »

華僑

華僑(かきょう)とは、外国に移住している中国人のこと.

新しい!!: イギリスと華僑 · 続きを見る »

行政

行政(ぎょうせい、英: administration)とは、立法および司法と並ぶ国家作用の1つで、法律などにより決定された内容を実現することである。.

新しい!!: イギリスと行政 · 続きを見る »

行政改革

行政改革(ぎょうせいかいかく)とは、国や地方の政府の行政機関の組織や機能を改革することである。略称は行革(ぎょうかく)。組織の在り方のみならず、財政改革を含め行財政改革(ぎょうざいせいかいかく)とも呼ばれることがある。多くは行政組織の効率化と経費削減を目的とし、公務員の配置転換や免職を伴う。本項では日本について解説する。.

新しい!!: イギリスと行政改革 · 続きを見る »

裁判所

裁判所(さいばんしょ、英:Law court)は、裁判官によって構成され司法権を行使する国家機関、及びその庁舎を指す。日本語の「裁判所」は、1890年に公布された裁判所構成法(明治23年法律第6号)から一般的な呼称になった。.

新しい!!: イギリスと裁判所 · 続きを見る »

複数政党制

複数政党制(ふくすうせいとうせい、Multi-party system)とは、政党制の一つ。二大政党制、多党制、一党優位政党制などが含まれる。.

新しい!!: イギリスと複数政党制 · 続きを見る »

西岸海洋性気候

西岸海洋性気候(せいがんかいようせいきこう)とはケッペンの気候区分における気候区のひとつで温帯に属する。記号はCfbとCfcでCは温帯、fは湿潤(feucht)、b/cは(温帯の中で)夏の気温が低いことを示す。温暖湿潤気候とは夏季の気温の違い以外はない。 アリソフの気候区分にも同名の気候帯があり、ケッペンの気候区分と同様の気候帯を示す。.

新しい!!: イギリスと西岸海洋性気候 · 続きを見る »

規制緩和

規制緩和(きせいかんわ、deregulation)は、経済学や公共政策などの文脈で、ある産業や事業に対する政府の規制を縮小することを指す。市場主導型の産業のあり方が望ましいと考えられる際にとられる基本的な政策手段のひとつで、市場競争を促進し経済活性化を果たすために採用されるが、導入による弊害の解決のため、セーフティーネットなどの構築が必要とされている。.

新しい!!: イギリスと規制緩和 · 続きを見る »

馬術

場馬術 馬術(ばじゅつ)は馬に騎乗して運動の正確さ、活発さ、美しさなどを目指すスポーツ、技術体系、また競技種目である。.

新しい!!: イギリスと馬術 · 続きを見る »

観光

観光(かんこう)とは、一般には、楽しみを目的とする旅行のことを指す。 英語では観光する側(en:sightseeing)と、観光させる側(en:tourism)で言葉が(概念も)分かれている。 これには、後述される宗教行為の対象者(大衆:観光客)と行為者(仕掛け人:観光業者)の立場が現れているとも見られる。 なお狭義には、観光事業を指すこともある。.

新しい!!: イギリスと観光 · 続きを見る »

首都

ブラジルの首都、ブラジリア ボリビアの憲法上の首都、スクレ オーストラリアの首都、キャンベラ 南アフリカ共和国の首都の一つ、プレトリア フィリピンの首都圏、マニラ首都圏 ベトナムの首都、ハノイ 首都(しゅと、Capital city)とは、一国の中心となる都市のことを指す。ほとんどの場合にはその国の中央政府が所在し、国家元首等の国の最高指導者が拠点とする都市のことである。ただ、場合によっては、中央政府の所在とは別に、その国のシンボル的存在として認められている都市が首都とされることもある。首府・国都・都などとも呼ばれ、また、帝制国家や王制国家の場合は帝都・王都等の称がある。.

新しい!!: イギリスと首都 · 続きを見る »

香港

中華人民共和国香港特別行政区(ちゅうかじんみんきょうわこくホンコンとくべつぎょうせいく)、通称香港(ホンコン、、)は、中華人民共和国の南部にある特別行政区(一国二制度)である。同じ特別行政区の澳門からは南西に70km離れている。東アジア域内から多くの観光客をひきつけ、150年以上のイギリス植民地の歴史で世界に知られる。 広大なスカイライン及び深い天然の港湾を抱える自由貿易地域であり、の面積に700万人を超す人口を有する世界有数の人口密集地域である。 .

新しい!!: イギリスと香港 · 続きを見る »

証券取引委員会

アメリカ証券取引委員会(アメリカしょうけんとりひきいいんかい、U.S. Securities and Exchange Commission、略称: SEC)は、アメリカ合衆国における株式や公社債などの証券取引を監督・監視する連邦政府の機関である。.

新しい!!: イギリスと証券取引委員会 · 続きを見る »

証券取引所

証券取引所(しょうけんとりひきじょ、、)は、主に株式や債券の売買取引を行うための施設であり、資本主義経済における中心的な役割を果たしている。 日本においては、金融商品取引法上の「金融商品取引所」と規定されている。.

新しい!!: イギリスと証券取引所 · 続きを見る »

議会主権

議会主権(ぎかいしゅけん)は、議会制民主主義を取る国のいくつかで採用されている考え方/方針であり、国制(国家の組織の最上位層の構造)に関するものである。この考え方では、立法府は絶対的な主権を持ち、そして立法府は、司法機関を含む他のすべての政府機関よりも上位とされる。 さらに、立法府は、以前に立法されたあらゆる法律を、改廃できる。つまり、成文法や判例に束縛されず、場合によっては憲法にも束縛されない。 議会主権は、しばしば、権力分立や法令審査権と対比される。 権力分立の場合は、立法府の役割は一般的な法の制定に限られることが多い。また法令審査権が設けられた国では、立法府を通過した法律であっても無効とされる場合がある。 議会主権を採用している国家は、イギリス、フィンランド、イスラエル、オランダ、ニュージーランド、ジャマイカ、バルバドス、パプアニューギニア、ソロモン諸島、スウェーデンなどがある。.

新しい!!: イギリスと議会主権 · 続きを見る »

議会法

議会法(ぎかいほう).

新しい!!: イギリスと議会法 · 続きを見る »

議院内閣制

議院内閣制(ぎいんないかくせい)とは、政府(内閣)が議会(特に下院)の信任によって存立することとする制度。.

新しい!!: イギリスと議院内閣制 · 続きを見る »

財務大臣 (イギリス)

財務大臣(ざいむだいじん、Chancellor of the Exchequer)は、イギリスの国政財務に対して責任を負う閣僚であり、大蔵省の長である。他国の財務大臣 (Minister of Finance) の役割に相当する。イギリスの内閣の四大大臣座 (Great Offices of State) の一つと見なされており、近時はイギリスの政治において首相に次ぐ政治権力を持つようになった。 今日では、財務大臣は大蔵卿の職務を遂行するための大蔵卿委員会の一員として、常にを兼任する。18世紀から19世紀の初めには、首相が下院議員である場合に財務大臣を兼任することが普通であった。首相と財務大臣を同時に務めた最後の例は1923年のスタンリー・ボールドウィンである。かつては、財務大臣の座が空席になった場合には、王座部の首席裁判官が財務大臣臨時代理を務めることとされていた。これに従って財務大臣臨時代理を務めた最後の首席裁判官は1834年のである。 財務大臣はイングランド史、英国史の中でも三番目に古い大臣職であり、元々は中世のイングランド王室の財務をつかさどった財務府において歳入の確保と会計監査の役割を担っていた。つい最近まで、財務大臣は金融政策と財政政策の両方を掌握していたが、1997年にイングランド銀行が独自に金利を設定することを許され、この慣習は終わりを告げた。財務大臣は、他の政府機関の財務も監督している。 現在の財務大臣はフィリップ・ハモンドである。.

新しい!!: イギリスと財務大臣 (イギリス) · 続きを見る »

貴族院 (イギリス)

貴族院(きぞくいん、)は、イギリスの議会を構成する議院で、上院に相当する。 中世にイングランド議会から庶民院が分離したことで成立。貴族によって構成される本院は、公選制の庶民院と異なり、非公選制であり、終身任期である。議会法制定以降は立法機関としての権能は庶民院に劣後する。1999年以降は世襲貴族の議席が制限されており、一代貴族が議員の大半を占めている。かつては最高裁判所としての権能も有していたが、2009年に連合王国最高裁判所が新設されたことでその権能は喪失した。.

新しい!!: イギリスと貴族院 (イギリス) · 続きを見る »

超音速輸送機

超音速輸送機(旅客機)「コンコルド」。ロンドン・ヒースロー空港にて。 ドイツ・ジンスハイム自動車・技術博物館で展示されているコンコルドとTu-144 超音速輸送機(ちょうおんそくゆそうき、Supersonic transport, SST)は、超音速の速度で飛行し、旅客や貨物を輸送する航空機のことである。超音速旅客機とも。現在は、商業飛行を行っている超音速輸送機はない。かつては、ツポレフTu-144やコンコルドが商業飛行を行っていたが、Tu-144は1978年6月までに、コンコルドは2003年10月24日に商業飛行を取りやめている。.

新しい!!: イギリスと超音速輸送機 · 続きを見る »

軍事費

軍事費(ぐんじひ、Military budget)または国防費(こくぼうひ、Defense budget)とは、軍隊や時には準軍事組織を含む国や地方単位での人件費、安全保障に関わる兵器など資材の調達・維持経費、それらを使って訓練や実際の作戦を行う経費、軍事政策や軍事作戦に関する各種の費用の総計である。世界全体の軍事費は2016年で約1兆6860億ドルと推計されている。トップのアメリカは約6110億ドルで世界全体の36%を占め、中国(約2150億ドル)、ロシア(約692億ドル)などが続く。日本は461億ドルで8位。 日本では、自衛隊は自衛隊法により「自衛や治安維持のための必要最小限度の実力」という設立目的が定められていることから、自衛隊用語により「防衛費」と呼ばれる。.

新しい!!: イギリスと軍事費 · 続きを見る »

軍隊

軍隊(ぐんたい、military force)は、兵器およびそれを扱う兵士からなる、戦闘力を備えた集団。広義には軍事組織であり、狭義には後述する戦時国際法で定められたそれである。警察と並ぶ国家の実力組織であり、主に外敵への対応を目的としているが、非常時の治安維持も期待されている。.

新しい!!: イギリスと軍隊 · 続きを見る »

近代オリンピック

近代オリンピック(きんだいオリンピック、、)は、国際オリンピック委員会(英:)が開催する世界的な総合スポーツ大会。現在、夏季大会と冬季大会の各大会が4年に1度、夏季大会は西暦で4の倍数の年、冬季大会は4の倍数でない偶数の年で2年ずらして開催されるので、2年に1度開催されることになる。 日本語ではオリンピック、またそのシンボルマークから五輪と呼ぶこともある。.

新しい!!: イギリスと近代オリンピック · 続きを見る »

都道府県の面積一覧

都道府県の面積一覧(とどうふけんのめんせきいちらん)は、日本の47都道府県を、その面積の広い順に並べたものである。単位はkm2(平方キロメートル)。 北海道(九州の2倍の面積)だけで日本の面積約38万km2の22%を占める。また、北海道から鹿児島県までの上位10道県の面積を合計すると、国土面積の1/2となる。.

新しい!!: イギリスと都道府県の面積一覧 · 続きを見る »

航空機

航空機(こうくうき、aircraftブリタニカ百科事典「航空機」)は、大気中を飛行する機械の総称である広辞苑 第五版 p.889「航空機」。.

新しい!!: イギリスと航空機 · 続きを見る »

阿片戦争

阿片戦争(アヘンせんそう、第一次鴉片戰爭、First Opium War)は、19世紀前半に清へのアヘン密輸販売で巨利を得ていたイギリスと、アヘンを禁止していた清の間で1840年から2年間にわたり行われた戦争である。 イギリスは、インドで栽培し製造したアヘンを、清に密輸して広く組織的に販売し収益を得ていたため、アヘンの流通販売や摂取を禁止していた清との間で戦争となり、イギリスの勝利に終わり、1842年に南京条約が締結され、イギリスへの香港の割譲他、清にとって不平等条約となった。 なお、アロー戦争を第二次とみなして第一次アヘン戦争とも呼ばれる。.

新しい!!: イギリスと阿片戦争 · 続きを見る »

閨閥

閥(けいばつ)とは、外戚(妻方の親類)を中心に形成された血縁や婚姻に基づく親族関係、又はそれから成す勢力、共同体、仲間などを指す『広辞苑 第四版』、793頁。。婚姻は政略結婚も含み、政界、財界、官界さらには王室、貴族に属す一族が自身や血族の影響力の保持および増大を目的に、婚姻関係を用いて構築したネットワークを門閥(もんばつ)と呼ぶこともある。 ここでは便宜上門閥も含めた広義の閨閥について解説する。.

新しい!!: イギリスと閨閥 · 続きを見る »

薔薇戦争

薔薇戦争(ばらせんそう、Wars of the Roses)は、百年戦争終戦後に発生したイングランド中世封建諸侯による内乱である。共にプランタジネット家の男系傍流であるランカスター家とヨーク家の、30年に及ぶ権力闘争である。最終的にはランカスター家の女系の血筋を引くテューダー家のヘンリー7世が武力でヨーク家を倒し、ヨーク家の王女と結婚してテューダー朝を開いた。.

新しい!!: イギリスと薔薇戦争 · 続きを見る »

野球

本塁に突入する走者と阻もうとする捕手 野球(やきゅう)は、フィールドと呼ばれる屋外球技場(もしくはそれを模した屋内球技場)で行われる集団球技のスポーツである。 「野球」と言う言葉は、明治期に日本で中馬庚が作った和製漢語である。英語のベースボール (baseball) を指す。.

新しい!!: イギリスと野球 · 続きを見る »

野球イギリス代表

野球イギリス代表(やきゅうイギリスだいひょう)は、イギリスにおける野球のナショナルチームである。サッカーやラグビーなどのスポーツとは違い、全英の代表チームである。欧州野球連盟に所属している。.

新しい!!: イギリスと野球イギリス代表 · 続きを見る »

自動車

特殊作業車の例(ダンプカー) 自動車(じどうしゃ、car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。.

新しい!!: イギリスと自動車 · 続きを見る »

自由党 (イギリス)

自由党(じゆうとう、Liberal Party)は、かつて存在したイギリスの政党。.

新しい!!: イギリスと自由党 (イギリス) · 続きを見る »

自由民主党 (イギリス)

自由民主党(じゆうみんしゅとう、Liberal Democrats)は、イギリスの政党。歴史的にはホイッグ党、そして自由党の流れを汲んでおり、中道左派・自由主義の政党であるとされている。日本での表記は「LDP」。また、「自民党」と略されることもある。英語の略称は Lib Dems(リブ・デムズ)。現在の党首は。.

新しい!!: イギリスと自由民主党 (イギリス) · 続きを見る »

金融

金融(きんゆう、finance)とは、一般に、資金余剰者から資金不足者へ資金を融通することをいう。しかし、歴史に残る金融は合理化の手段である。したがって合理的に解釈すれば、ここにいう「不足」とは絶対量のそれではなく、単純に資金需要を指すことになる。.

新しい!!: イギリスと金融 · 続きを見る »

金融センター

ティ ニューヨークのウォール街 国際金融中心 金融センター(きんゆうセンター、financial centre)は、銀行、証券会社、保険会社など金融業において中心的な役割を持つ市場・都市・地域のことである。有力な証券取引所が所在し、外国為替市場などの国際金融取引が特に活発に行われている場を国際金融センターと呼ぶこともあり、その代表格としてロンドンとニューヨークが挙げられる。.

新しい!!: イギリスと金融センター · 続きを見る »

長老派教会

長老派教会(ちょうろうはきょうかい、Presbyterianism, Presbyterian Church)は、キリスト教のプロテスタント、カルヴァン派の教派。長老教会、長老派とも訳される。.

新しい!!: イギリスと長老派教会 · 続きを見る »

鉱業

鉱業(こうぎょう、英語:mining)とは、鉱物などの地下資源(場合によっては地表にあるものを含む)を鉱脈や鉱石から資源として取り出す産業である。卑金属、貴金属、鉄、ウラン、石炭、オイルシェール、岩塩、炭酸カリウムなどが採取される。農業で生産できない材料や、研究室や工場で化学合成で作れない材料を一般に採掘する。広い意味では任意の再生不可能な資源の採取を含み、石油や天然ガス、さらには化石水の採掘も含む。 日本は鉱業法では「鉱業」は「鉱物の試掘、採掘及びこれに附属する選鉱、製錬その他の事業」と定義されており(鉱業法4条)、鉱業法の適用鉱物について同法3条で定めている。 音が同じ「工業」などと区別するために「山の鉱業」「金偏の鉱業」などと称することもある。 石や金属の採掘は先史時代から行われていた。現代の鉱業では、鉱体を試掘し、計画中の鉱山の潜在的利益を分析し、必要な素材を抽出し、閉山となった鉱山の土地を最終的に何かに再利用するところまでを含む。鉱山は操業中だけでなく、閉山になってから何年か経っても、周囲の環境の悪影響を及ぼすことがある。このため多くの国々では、鉱山の悪影響を軽減するよう規制を設けている。安全性も重要な課題であり、近年では鉱山における安全は大幅に改善されつつある。.

新しい!!: イギリスと鉱業 · 続きを見る »

鉛(なまり、lead、plumbum、Blei)とは、典型元素の中の金属元素に分類される、原子番号が82番の元素である。なお、元素記号は Pb である。.

新しい!!: イギリスと鉛 · 続きを見る »

英仏海峡トンネル

英仏海峡トンネル(えいふつかいきょうトンネル、Channel Tunnel, Tunnel sous la Manche)は、グレートブリテン島(イギリス)とヨーロッパ大陸(フランス)間のドーバー海峡(英仏海峡)を結ぶ、鉄道用海底トンネルである。英仏両語では単に「海峡トンネル」と呼ばれる。他にドーバー海峡トンネルまたはユーロトンネルと呼ばれる場合もある。グループ・ユーロトンネルが保有・管理している。.

新しい!!: イギリスと英仏海峡トンネル · 続きを見る »

英国病

英国病(えいこくびょう)またはイギリス病とは、国を挙げてセカンダリー・バンキングへ傾注した1960年代以降のイギリスにおいて、充実した社会保障制度や基幹産業の国有化等の政策が実施され、社会保障負担の増加、国民の勤労意欲低下、既得権益の発生、およびその他の経済・社会的な問題を発生させた現象である。.

新しい!!: イギリスと英国病 · 続きを見る »

英国欧州航空

英国欧州航空(えいこくおうしゅうこうくう、British European Airways 略称:BEA)は、1946年から1974年まで運航していたイギリスの航空会社。イギリスの国内線と欧州域内の中・短距離国際線を担当していた。1974年に長距離国際線を担当していた英国海外航空(BOAC)と合併し、ブリティッシュ・エアウェイズとなった。.

新しい!!: イギリスと英国欧州航空 · 続きを見る »

英国海外航空

英国海外航空(えいこくかいがいこうくう、British Overseas Airways Corporation 略称:BOAC)は、1939年から1974年までイギリスに存在した国営航空会社で、現在のブリティッシュ・エアウェイズの前身の会社である。.

新しい!!: イギリスと英国海外航空 · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: イギリスと英語 · 続きを見る »

英葡永久同盟

英葡永久同盟(えいぽえいきゅうどうめい、Anglo-Portuguese Alliance, Aliança Luso-Britânica)は、イングランド(現イギリス)とポルトガルの間で1373年に結ばれ、現在まで続く世界最古の同盟。 この同盟は中世にまで遡り、両国の歴史を通じて重要な意義を持つ。19世紀の半島戦争の際にもこの同盟に従って、イギリスはイベリア半島に出兵した。.

新しい!!: イギリスと英葡永久同盟 · 続きを見る »

英愛条約

英愛条約(えいあいじょうやく、Anglo-Irish Treaty, An Conradh Angla-Éireannach)は、アイルランド独立戦争の休戦条約としてイギリス政府とアイルランド共和国との間に結ばれた条約。大英帝国内の自治国(ドミニオン)としてのアイルランド自由国の建国が取り決められた。1920年に制定されたアイルランド統治法により成立していた北アイルランドの帰属については、北アイルランド自身の決定にゆだねられた。 条約は1921年12月6日、ロンドンにおいてイギリス政府の代表と超法規的なアイルランド共和国暫定政府の代表により調印された。条約の履行には、アイルランド独立派の設立した議会とイギリス政府が設立した、イギリス議会の批准が必要とされた。アイルランド国内では条約の賛否を巡り激論が起き、議会では小差で批准された。条約は正式に履行されることになったものの、アイルランド国内の対立はアイルランド内戦の原因となった。 アイルランド自由国はドイル・エアランとイギリス議会において起草されたを基に、1922年12月6日、イギリス国王の勅書により建国された。.

新しい!!: イギリスと英愛条約 · 続きを見る »

通称

通称(つうしょう)は、正式な名称ではないが、特定の人や物、事象に対する呼び名として世間一般において通用している語のことである。俗称(ぞくしょう)ともいう。.

新しい!!: イギリスと通称 · 続きを見る »

通貨

通貨(つうか、currency)とは、流通貨幣の略称で、国家もしくは、その地の統治主体によって価値が保証された、決済のための価値交換媒体。 政府は租税の算定にあたって通貨を利用する。 モノやサービスとの交換に用いられる「お金(おかね)」を、経済用語では貨幣、または通貨と呼ぶ。通貨は、現金通貨と預金通貨に大別され、前者は紙幣・硬貨(補助紙幣)であり、後者は普通預金・当座預金などの決済口座である。.

新しい!!: イギリスと通貨 · 続きを見る »

造船

造船(ぞうせん)とは船を作ることである。.

新しい!!: イギリスと造船 · 続きを見る »

連合作戦

連合作戦(れんごうさくせん、Combined Operation)とは二ヶ国以上の軍隊部隊が同じ作戦目標を持って実行される軍事作戦である。.

新しい!!: イギリスと連合作戦 · 続きを見る »

耽美主義

耽美主義(たんびしゅぎ、aestheticism)は、道徳功利性を廃して美の享受・形成に最高の価値を置く西欧の芸術思潮である。これを是とする風潮は19世紀後半、フランス・イギリスを中心に起こり、生活を芸術化して官能の享楽を求めた。1860年頃に始まり、作品の価値はそれに込められた思想やメッセージではなく、形態と色彩の美にあるとする立場である。唯美主義、審美主義とも。.

新しい!!: イギリスと耽美主義 · 続きを見る »

FAカップ

1911年から使われている優勝トロフィー 2007年のFAカップ決勝のスタジアム FAカップ(The FA Cup)は、1871年に創設されたイングランドで行われるサッカーのカップ戦である。 FAは"The Football Association"(ザ・フットボール・アソシエーション、最古のサッカー協会のため名称に国名がつかない)の頭文字から。世界で最も歴史があるサッカーの大会であり、多くの国のカップ戦がこの大会をモデルにしている。.

新しい!!: イギリスとFAカップ · 続きを見る »

FIFA U-20ワールドカップ

FIFA U-20ワールドカップ(FIFA U-20 World Cup)は、国際サッカー連盟(FIFA)が主催する、20歳以下のナショナルチームによるサッカーの世界選手権大会である。2005年大会まではFIFAワールドユース選手権(FIFA World Youth Championship)という大会名であったが、「ワールドカップ」ブランドを向上させるため、2006年にFIFAコンフェデレーションズカップを除く全てのFIFA主催の世界大会に「ワールドカップ」の名前をつけることが決定したのに伴い、2007年大会から現在の大会名に変更された。.

新しい!!: イギリスとFIFA U-20ワールドカップ · 続きを見る »

FIFAワールドカップ

FIFAワールドカップ()は、国際サッカー連盟(FIFA)が主催する、男子ナショナルチームによるサッカーの世界選手権大会。サッカーの大会の世界最高峰と位置付けられ、全世界のテレビ視聴者数や経済効果はオリンピックを凌ぐ世界最大のスポーツイベント。 女子の世界選手権大会についてはFIFA女子ワールドカップを、クラブチームの世界選手権大会についてはFIFAクラブワールドカップを参照。.

新しい!!: イギリスとFIFAワールドカップ · 続きを見る »

G20

2017年G20サミットにおけるゲスト国 G20(ジートゥエンティ)は、"Group of Twenty"の略で、主要国首脳会議(G7)に参加する7か国、EU、ロシア、および新興国11か国の計20か国・地域からなるグループである。 構成国・地域は、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ、EU、ロシア、中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ、オーストラリア、韓国、インドネシア、サウジアラビア、トルコ、アルゼンチンである。20か国・地域首脳会合(G20首脳会合)および20か国・地域財務大臣・中央銀行総裁会議(G20財務相・中央銀行総裁会議)を開催している。主要20か国・地域ともいい、NHKでは先進国会合であるG7と区別して先進国に新興国を加えた主要20か国と表現している。.

新しい!!: イギリスとG20 · 続きを見る »

G7

G7(ジーセブン)は、Group of Seven の略で、フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダの7つの先進国のことである。.

新しい!!: イギリスとG7 · 続きを見る »

IBAFワールドカップ

IBAFワールドカップ(Baseball World Cup)は、1938年から2011年まで開催されていた野球の国際大会。国際野球連盟(IBAF)が主催していた。出場選手は1994年大会まではアマチュア限定で、続く1998年大会からプロ選手の参加が解禁になって以降はマイナーリーグや日本プロ野球の選手らも出場するようになった。ただ、強豪国であるアメリカ合衆国や日本のナショナルチームにトッププロ選手が参加することはほとんどなく、大会は事実上のアマチュア世界一決定戦という位置づけだった。また、日本の大学野球は国内リーグを優先し参加は消極的で、社会人野球の選手が中心となってチームが編成されていた。開催頻度は時代によってまちまちで、2001年大会からは2年に一度、奇数年に開催されていた。 ナショナルチームが出場するIBAFによる世界規模の野球大会は、これと1973年創設のIBAFインターコンチネンタルカップ、そして1992年のバルセロナ大会から始まった夏季オリンピックの3つがあった。21世紀に入って、オリンピックでは2008年の北京大会を最後に実施種目から外され、一方でメジャーリーグベースボール主導のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が2006年に創設されたことから、国際大会の再編が進んだ。この結果、IBAFワールドカップは2011年大会を最後に廃止となり、これに代わってWBCが正式にナショナルチーム世界一決定戦として認定されることになった。 またこれとは別にからWBSC主催の世界大会「WBSCプレミア12」も開催されている。.

新しい!!: イギリスとIBAFワールドカップ · 続きを見る »

ISO 3166-2:GB

ISO 3166-2:GBは、ISOの3166-2規格のうち、GBで始まるイギリスの行政区分コードである。最初のGBはISO 3166-1によるイギリスの国名コード。.

新しい!!: イギリスとISO 3166-2:GB · 続きを見る »

J・K・ローリング

ョアン・ローリング, CH OBE (Joanne Rowling 、1965年7月31日 -)、ペンネーム: J・K・ローリング またはロバート・ガルブレイス は、イギリスの小説家。 『ハリーポッターシリーズ』の作者であり、この本は世界中で反響を呼び幾多の賞を獲得し4億部以上出版。これは史上最も売れたシリーズ作品であり、また劇場版シリーズは世界歴代2位の興行収入をあげた。 大英帝国勲章、ローカス賞、ヒューゴー賞、アストゥリアス皇太子賞、アンデルセン文学賞、英国アカデミー賞受賞。.

新しい!!: イギリスとJ・K・ローリング · 続きを見る »

J・R・R・トールキン

ョン・ロナルド・ロウエル・トールキン(、1892年1月3日 - 1973年9月2日)は、英国の文献学者、作家、詩人、イギリス陸軍軍人。『ホビットの冒険』と『指輪物語』の著者として知られている。.

新しい!!: イギリスとJ・R・R・トールキン · 続きを見る »

O2

O2.

新しい!!: イギリスとO2 · 続きを見る »

P&O

ダイヤモンドプリンセス」号 P&O(ピーアンドオー、Peninsular and Oriental Steam Navigation Company、ペニンシュラ アンド オリエンタル スチーム ナビゲーション カンパニー)は、イギリスの船舶会社。.

新しい!!: イギリスとP&O · 続きを見る »

SIMカード

T-MobileのSIMカード。クレジットカードサイズのカードから切り離して使用 電話側のSIMカードソケットの例。中央黒い四角の部分 SIMカード(シムカード、)とは、GSMやW-CDMAなどの方式の携帯電話で使われている、加入者を特定するためのID番号が記録されたICカード。なお、第2.5世代移動通信システムの方式の一つ、IS-95で使われるICカードをCSIMカードと呼ぶ。なお、日本のcdmaOneではこの方式は採用されなかった。 第3世代(3G)携帯電話用のSIMカードは機能が拡張されており、W-CDMA(UMTS)に利用するものをUIMカードないしUSIMカード、CDMA2000に利用するものをR-UIMカードと言うが、基本的に互換性があるため、特に区別せずにSIMカードと呼ぶことが多い。 ボーダフォン(Vodafone)のかつてのロゴはこのSIMカードの形状がモチーフである。.

新しい!!: イギリスとSIMカード · 続きを見る »

T-モバイル

T-モバイル (T-Mobile、ティー・モバイル) は、ドイツ・ボンに本社を置き、ヨーロッパ及び北米で移動体通信サービスを提供している会社。ドイツテレコムの子会社である。.

新しい!!: イギリスとT-モバイル · 続きを見る »

Team GB

(チームGB)は、1999年からイギリスオリンピック委員会 がオリンピックイギリス選手団に冠しているブランド名である。このブランドは1996年のアトランタオリンピック後に作られ、現在は BOA の商標となっている。ブランド名は選手団全体を1つのチームとして指すもので、競技の垣根を超えて用いられる。また名称の簡潔さを利点とし、マーケティング戦略の一角も成している。ブランド名は「グレート・ブリテン」(Great Britain)の略称である を用いており、グレートブリテン島に重きを置いていて北アイルランドなどの他地域は無視されている。このことから の略称を用いた に名称変更すべきと主張した批評家もいたが、BOA はこの意見を却下している。.

新しい!!: イギリスとTeam GB · 続きを見る »

UEFA U-21欧州選手権

UEFA U-21欧州選手権(UEFA European Under-21 Championship)は、欧州サッカー連盟(UEFA)が主催する、23歳以下のナショナルチームによるサッカーの大陸選手権大会である。大会名がU-21になっているのは、予選開始時には21歳以下の年齢制限で行われるためで、2年の大会期間を経て本大会が行われる時には23歳以下の年齢制限となっている。.

新しい!!: イギリスとUEFA U-21欧州選手権 · 続きを見る »

UEFAチャンピオンズリーグ

UEFAチャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)は、欧州サッカー連盟(UEFA)の主催で毎年9月から翌年の5月にかけて行われる、クラブチームによるサッカーの大陸選手権大会である。CL、UCLとも略記される。1955年にユーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップ(European Champion Clubs' Cup、略してEuropean Cup)の名称で始まった。当初は各国リーグの優勝クラブの大会だったが、1990年代に参加クラブ数、資格が拡大された。.

新しい!!: イギリスとUEFAチャンピオンズリーグ · 続きを見る »

UEFAヨーロッパリーグ

UEFAヨーロッパリーグ(UEFA Europa League)は、欧州サッカー連盟(UEFA)の主催で毎年9月から翌年の5月にかけて行われる、クラブチームによるサッカーの国際大会である。 それまで行われていたUEFAカップ(UEFA Cup)の名称と大会形式が一新され、2009-10シーズンから新たに始まった国際大会である。この項ではUEFAカップ時代についても記述する。.

新しい!!: イギリスとUEFAヨーロッパリーグ · 続きを見る »

UEFA欧州選手権

UEFA欧州選手権(UEFA European Football Championship)は、欧州サッカー連盟(UEFA)が主催する、ナショナルチームによるサッカーの大陸選手権大会である。EURO(ユーロ)とも呼称される(大抵は年度を付加して“EURO2020”などのように使われる)。4年に1度、FIFAワールドカップの中間年(夏季五輪の開催年)に開催される。優勝国にはFIFAコンフェデレーションズカップへの出場権が与えられていた。.

新しい!!: イギリスとUEFA欧州選手権 · 続きを見る »

投資信託

投資信託(とうししんたく)は、多数の投資家から販売会社を通じて出資・拠出されてプールされた資金を、運用会社に属する資産運用の専門家(ファンドマネージャー、ポートフォリオマネージャー)が、株式や債券、金融派生商品などの金融資産、あるいは不動産などに投資するよう指図し、運用成果を投資家に分配する金融商品。運用による利益・損失は投資家に帰属する。投資信託は流動性のある一項有価証券である集団投資スキーム(collective investment scheme)は二項有価証券という別物に分類される。投資事業組合や、ファンドないし投資ファンドは多くの場合二項有価証券である。。アメリカでは戦前から独占手段として利用されている。.

新しい!!: イギリスと投資信託 · 続きを見る »

査証

Visa Run)と呼ばれるもの。 査証(さしょう)又はビザ(visa、visa、Виза、visa、签证/簽證)とは、国家が自国民以外に対して、その人物の所持する旅券が有効であり、かつその人物が入国しても差し支えないと示す証書である。多くの国では入国を保証するものではなく、入国許可(上陸許可)申請に必要な書類の一部となっている。大多数の国が同様の制度を運用しているが、同時に一定の条件内で査証免除が行われている場合が多い。.

新しい!!: イギリスと査証 · 続きを見る »

推理小説

*.

新しい!!: イギリスと推理小説 · 続きを見る »

東京国際空港

東京国際空港(とうきょうこくさいくうこう、Tokyo International Airport)は、東京都大田区羽田空港にある日本最大の空港。通称は羽田空港(はねだくうこう、Haneda Airport)であり、単に「羽田」と呼ばれる場合もある。空港法第4条に定める「国際航空輸送網又は国内航空輸送網の拠点となる空港」の一つであり、同国の国土交通大臣が設置・管理する。なお、通称の「羽田空港」は当空港周辺の旧町名「羽田町」に由来する。.

新しい!!: イギリスと東京国際空港 · 続きを見る »

核弾頭

核弾頭(かくだんとう、nuclear warhead)とは、モジュール化された核兵器のことであり、ミサイルや魚雷などの弾頭として用いられているもののことである。.

新しい!!: イギリスと核弾頭 · 続きを見る »

核兵器

核兵器(かくへいき、nuclear weapon)は、核分裂の連鎖反応、または核融合反応で放出される膨大なエネルギーを利用して、爆風、熱放射や放射線効果などの作用を破壊に用いる兵器の総称。原子爆弾、水素爆弾、中性子爆弾等の核爆弾(核弾頭)とそれを運搬する運搬兵器で構成されている。 核兵器は生物兵器、化学兵器と合わせてNBC兵器(又はABC兵器)と呼ばれる大量破壊兵器である。一部放射能兵器も含めて核兵器と称する場合があるが、厳密には放射能兵器を核兵器に分類するのは誤りである。 核兵器は、人類が開発した最も強力な兵器の一つであり、その爆発は一発で都市を壊滅させる事も可能である。そのような威力ゆえに、20世紀後半に配備数が増えるにつれ核戦争の脅威が想定されるようになり、単なる兵器としてだけではなく、国家の命運、人類の存亡にも影響するものとして、開発・配備への動きのみならず、規制・廃棄の動きなど様々な議論の対象となってきた。また、実戦使用されたのがアメリカ合衆国による、第二次世界大戦における二発(広島・長崎)のみであり、使用ではなく、主に配備による抑止力として、その意義が評価されている側面を持つ。 核兵器は核分裂を主とする原子爆弾と核融合を主とする水素爆弾の大きく二つに分類される。原子爆弾は大威力化に限界があり、水素爆弾の方が最大威力は大きくすることができる。また、兵器の形態としても、開発当初は大型航空爆弾のみであったが、プルトニウム型の場合高度な製造技術を必要とする反面、小型化が可能でありミサイルや魚雷の弾頭、砲弾までも様々なものが開発されている。.

新しい!!: イギリスと核兵器 · 続きを見る »

核抑止

核抑止(かくよくし)とは、核兵器の保有が、対立する二国間関係において互いに核兵器の使用が躊躇される状況を作り出し、結果として重大な核戦争と核戦争につながる全面戦争が回避される、という考え方で、核戦略のひとつである。核抑止理論、また俗に「核の傘」とも呼ばれる。.

新しい!!: イギリスと核抑止 · 続きを見る »

栄光ある孤立

栄光ある孤立(えいこうあるこりつ、英:Splendid Isolation)とは、19世紀後半におけるイギリス帝国の非同盟政策を象徴する言葉である。光栄ある孤立もしくは名誉ある孤立ともいわれる。 ただし、この言葉が実際に用いられたのは、1896年1月16日に開催されたカナダ議会において、イギリスは外交的に孤立していることは光栄であり、カナダ自治領はイギリス本国を断固支持するという趣旨で用いられたものであった。当時、イギリス本国は、ボーア戦争で予想に反した苦戦を強いられており、そこへ追い討ちをかけるように発生したアメリカ大陸におけるカナダ以外の数少ないイギリス領であった英領ギアナとベネズエラの国境紛争が勃発という状況下で、カナダ自治領のイギリス本国への強い支援のメッセージの一環であった。同時に、これは南北戦争後の再統一を果たし国際的な影響力をつけてきたアメリカ合衆国に対して、イギリス本国がベネズエラと同様に強硬な姿勢を示すことを隣国のカナダ自治領が期待する意図も含まれていたとされている。 この言葉がイギリス本国に伝わると、ボーア戦争の不振とドイツ帝国による積極的な外交攻勢に悩まされていたイギリス本国では、大いに勇気付けられる言葉として受け取られた。その5日後にはイギリスのジョセフ・チェンバレンがこの発言を引用して自国民を鼓舞する演説を行い、更に翌1月22日付の『タイムズ』が取り上げたことから一種の流行語となり、それがいつしかこの時代のイギリス外交を象徴する言葉となったのである。 クリミア戦争終結後のイギリスは、強大な経済力とイギリス海軍を中心とした軍事力を背景にした等距離外交を展開することによりヨーロッパの勢力均衡を保っていた。しかしアメリカ合衆国やドイツ帝国といった後発国の発展により、1870年代頃からイギリスの圧倒的な軍事的・経済的優位にも翳りが見え始めた。更にドイツを中心とした三国同盟とフランスを中心とする露仏同盟が形成されると、ヨーロッパの主要国のほとんどがそのいずれかに傾斜するようになり、イギリスのヨーロッパ外交における孤立が深刻化してきた。そしてボーア戦争で予想に反した苦戦と消耗を強いられた事により、非同盟政策の前提であるヘゲモニー保持に不安の見え始めたイギリスは1902年、光栄ある孤立を放棄し、ロシアの南下(南下政策)に対する備えとして、義和団の鎮圧で評価を受け、極東においてロシアと対立の深まりつつあった日本と日英同盟を結ぶことにより孤立は終結することとなる。.

新しい!!: イギリスと栄光ある孤立 · 続きを見る »

森林

森林(しんりん)は、広範囲にわたって樹木が密集している場所である。集団としての樹木だけでなく、そこに存在するそれ以外の生物および土壌を含めた総体を指す。 樹木が密生している植物群落を樹林(じゅりん)という。高木からなる樹林を森林、高木林(こうぼくりん)、低木からなるものを低木林(ていぼくりん)という。 森林、高木林のうち、比較的小規模・低密度のものを林(はやし)、そうでないものを森(もり、杜)とも呼ぶが、明確な区別はない。なお日本語の「林(はやし)」は「生やし」を語源とし、「森(もり)」は「盛り」と同語源であるという。日本の農林水産省は、人工的なもの(人工林)を林、自然にできたもの(自然林)を森と定めているのは語源に沿ったものといえる。なお、林業分野ではむしろ人工林を指して森林と言うことが多い。また、これも科学的な用語ではないが、木の比較的まばらなものを疎林(そりん)、密集したものを密林(みつりん)という。広域にわたって樹木が繁茂し、高所から見ると海のように見える大きな森林を樹海(じゅかい)という。国際連合食糧農業機関(FAO)は、森林を「樹冠投影面積が10%以上であり、0.5ヘクタール以上の広さがあり、成木となると5m以上となる樹種の樹林であり、農地等森林以外の目的に使用されていない土地」と定義している。ただしこの定義の場合、低木林は森林に含まれないこととなる。.

新しい!!: イギリスと森林 · 続きを見る »

森林率

森林率(しんりんりつ)は、ある地域における森林面積の割合。 各種の統計における「森林」の定義には注意が必要であり、木本類が生育していない土地(草原など)が含まれることもある。この場合の「森林率」は、「林野率」と同義となる。.

新しい!!: イギリスと森林率 · 続きを見る »

検閲

検閲(けんえつ)は、狭義には国家等の公権力が、表現物(出版物等)や言論を検査し、国家が不都合と判断したものを取り締まる行為をいう - 弁護士ドットコム(2018年5月19日閲覧)。.

新しい!!: イギリスと検閲 · 続きを見る »

構造改革

構造改革(こうぞうかいかく)とは、現状の社会が抱えている問題は表面的な制度や事象のみならず社会そのものの構造にも起因するものであり、その社会構造自体を変えねばならないとする政策論的立場。「改良主義」を批判するマルクス主義の側からは、「構造改良」と呼ばれることもある。.

新しい!!: イギリスと構造改革 · 続きを見る »

権利の請願

権利の請願(けんりのせいがん、英語: Petition of Right)とは、1618年に当時のイングランドの議会から国王チャールズ1世に対して出された議会の同意無しでは課税などをできないようにした請願のこと。大憲章・権利の章典とともにイギリスの憲法を構成する重要な基本法として位置づけられている。.

新しい!!: イギリスと権利の請願 · 続きを見る »

欧州サッカー連盟

欧州サッカー連盟(おうしゅうサッカーれんめい、Union of European Football Associations、Union des associations européennes de football)は、ヨーロッパの各国・地域サッカー協会を統括する、国際サッカー連盟(FIFA)傘下のサッカーの大陸連盟である。 頭字語(略称)のUEFA(日本語発音:ウエファ、 ユーエイファ)で呼ばれることが多い。 UEFAは、イタリア、フランス、ベルギー協会間での協議の後、1954年6月15日にバーゼルで設立された。当初は、25の協会からなっていたが、1990年代初めまでに加盟協会は倍に増加した。ヨーロッパの全ての主権国の協会がUEFAの会員となっているわけではないが、非会員の国家は全てミニ国家である。以前はアジアサッカー連盟(AFC)に加盟していたいくつかのアジアの国も、政治的理由などによりUEFAへの加盟が認められている(イスラエル(政治的理由)とカザフスタンはAFCから転籍した)。 1959年までは、本部はパリに位置し、後にベルンにあった。1995年から、UEFA本部はスイスのニヨンへ移転した。.

新しい!!: イギリスと欧州サッカー連盟 · 続きを見る »

欧州評議会

欧州評議会(おうしゅうひょうぎかい、、)は、1949年に設立されたヨーロッパの統合に取り組む国際機関。欧州評議会は法定基準、人権、民主主義の発展、法の支配、文化的協力についてとくに重点を置いている。欧州評議会は47の国が加盟しており、それらの国の人口を合計するとおよそ8億人に上る。欧州評議会は、共通の政策、拘束力のある法令、加盟国数が27しかない欧州連合とは異なる組織である。ただし両者は旗など、共通のシンボルを使用している。 欧州評議会の法定上の機関は、加盟国の外相で構成される閣僚委員会、各国議会の議員で構成される、事務局の長である事務総長である。また欧州評議会内で独立した機関として人権委員が設置されており、加盟国における人権への意識と尊重を促進することを使命としている。 欧州評議会においてもっとも知られている組織体は、人権と基本的自由の保護のための条約(欧州人権条約)を適用する欧州人権裁判所と、ヨーロッパでの医薬品の品質水準を定める欧州薬局方委員会である。欧州評議会は基準、憲章、条約を定めることで、ヨーロッパ諸国の間での協力を構築して統合を進めるという機能を果たしてきた。 欧州評議会はフランスのストラスブールに設置されており、英語とフランス語を公用語としている。閣僚委員会、議員会議、地方自治体会議では作業言語として、ドイツ語、イタリア語、ロシア語が使用されることがある。.

新しい!!: イギリスと欧州評議会 · 続きを見る »

欧州連合

欧州連合(おうしゅうれんごう、、略称:)は、マーストリヒト条約により設立されたヨーロッパの地域統合体。 欧州連合では欧州連合条約の発効前に調印されていた単一欧州議定書によって市場統合が実現し、またシェンゲン協定により域内での国境通過にかかる手続きなどの負担を大幅に削減した。さらに欧州連合条約発効後によって外交・安全保障分野と司法・内務分野での枠組みが新たに設けられ、ユーロの導入による通貨統合が進められている。このほかにも欧州議会の直接選挙が実施されたり、欧州連合基本権憲章が採択されたりするなど、欧州連合の市民の概念が具現化されつつある。加盟国数も欧州経済共同体設立を定めたローマ条約発効時の6か国から、2013年7月のクロアチア加盟により28か国にまで増えている。.

新しい!!: イギリスと欧州連合 · 続きを見る »

欧州連合の経済通貨統合

欧州連合の経済通貨統合(おうしゅうれんごうのけいざいつうかとうごう)では、地域経済統合の1つの形態である経済通貨同盟の欧州連合における実践について概説する。 経済学において、通貨統合とは複数の国が単一通貨を共有することで合意している状況をさす。欧州連合における経済通貨統合には経済政策の調整と欧州連合の単一通貨であるユーロ導入の実現にいたるまで3つの段階がある。欧州連合のすべての加盟国はこの経済通貨統合に参加していることになっているが、そのうち16か国は第3段階に至っており、ユーロを導入している。イギリス、デンマーク、スウェーデンはこの第3段階を受け入れておらず、今日に至っても従来の通貨を使用している。 コペンハーゲン基準では、欧州連合への加盟条件として一定期間内で通貨統合を実現することが挙げられている。2004年の新規加盟10か国は、さまざまな経済情勢によりその時期は異なるものの、おおむね10年以内の第3段階移行を予定している。同様に現在加盟交渉を行っている国も、加盟実現から数年以内にユーロを自国通貨とすることとなる。 ユーロ導入に先立ち、加盟国は自国通貨を2年間、欧州為替相場メカニズムに組み込ませなければならない。デンマーク、エストニアは欧州為替相場メカニズムに参加している。リトアニアも参加していたが、2015年1月1日にユーロに移行した。 なお欧州連合における経済通貨統合を EMU と略することがあるが、これは地域経済統合の1つの形態である経済通貨同盟 (Economic and Monetary Union) を意味するものであり、厳密にいうと本来は欧州連合の事例に限定されるものではない。とくに European Monetary Union(欧州通貨統合)の略称と解釈するのは誤りである。しかしながら欧州連合という略称は欧州連合の事例に限定して用いられることが多い。.

新しい!!: イギリスと欧州連合の経済通貨統合 · 続きを見る »

欧州連合からのイギリス脱退

欧州連合からのイギリス脱退()、通称・俗称としてブレグジット(、を合わせたかばん語)とは、イギリスが欧州連合から脱退することである。 1975年、国民投票が欧州連合(EU)の前身である欧州経済共同体(EEC)加盟について行われた。投票の結果は、イギリスはEECの加盟国であり続けるというものであった。 Brexitを主張する中心組織は、VoteLeaveで、労働党から保守党にかけて広範な組織から成り立っていた。 イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票は、の成立を受けて、2016年6月23日に行われ、僅差でEU離脱への投票が、EU残留への投票を上回った。.

新しい!!: イギリスと欧州連合からのイギリス脱退 · 続きを見る »

永住権

永住権(えいじゅうけん)とは外国人が、在留期間を制限されることなく滞在国に永住できる権利のこと。出入国管理及び難民認定法第22条では永住許可と呼ばれ、これは在留資格を有する外国人が永住者への在留資格の変更を希望する場合に、法務大臣が与える許可を指す。滞在国で永住権を持つ外国人や永住許可を受けた外国人を永住者と呼ぶ。 永住者が享受できる権利は、その国の国民における権利とは全く同じにはならず、ある程度制限されたものになる。制限される内容は、選挙権、被選挙権、軍、警察、役所など公的機関への就職、土地の所有、パスポートの取得などにおいて一定の制限を受けるといったものである。他に、一定期間を超えてその国から離れると、永住権が剥奪あるいは消滅する事になっている国も存在する。.

新しい!!: イギリスと永住権 · 続きを見る »

気候

title.

新しい!!: イギリスと気候 · 続きを見る »

民主主義

ノミスト・インテリジェンス・ユニットによる2016年の民主主義指数の世界地図。青色(9-10)が最も指数が高い。 アダム・プシェヴォルスキによる2008年の「民主主義-独裁制」の世界地図。緑色:議院内閣制民主主義、水色:混合民主主義(半大統領制)、青色:大統領制民主主義、黄色:君主独裁制、橙色:文民独裁制、赤色:軍事独裁制。 民主主義(みんしゅしゅぎ、democracy デモクラシー)とは、国家など集団の支配者が、その構成員(人民、民衆、国民など)である政体、制度、または思想や運動。日本語では、主に政体を指す場合は民主政(みんしゅせい)、制度を指す場合は民主制(みんしゅせい)とも訳される。対比語は貴族制、寡頭制、独裁制、専制、全体主義など。.

新しい!!: イギリスと民主主義 · 続きを見る »

民営化

民営化(みんえいか、Privatization)とは、国や地方公共団体が経営していた企業および特殊法人などが、一般民間企業に改組されること、運営が民間委託されること、さらには民間に売却されることなど、さまざまな形態を指して用いられている政治的な言葉である。 Privatization とは別な言葉である Corporatization も民営化と日本語訳される。 多くの場合、根拠法の廃止又は改正により会社法上の会社となることを指す。一般には、公社・公団、現業事業などが特殊会社に移行することも「民営化」と呼ばれる。また、PFIによる半官半民の公営事業の委託も民営化ということがある。民営化の目的は効率化、サービスの向上、透明化、税金の納入による国民負担の軽減、債務の切り離し、労働組合の弱体化などである。総じて、政府による経済介入を減らす小さな政府政策に関連している。 逆に、国又は国の出資する特殊法人が民間会社の議決権の過半数を取得することを国有化という。.

新しい!!: イギリスと民営化 · 続きを見る »

江戸時代

江戸時代(えどじだい)は、日本の歴史において徳川将軍家が日本を統治していた時代である。徳川時代(とくがわじだい)とも言う。この時代の徳川将軍家による政府は、江戸幕府(えどばくふ)あるいは徳川幕府(とくがわばくふ)と呼ぶ。 藩政時代(はんせいじだい)という別称もあるが、こちらは江戸時代に何らかの藩の領土だった地域の郷土史を指す語として使われる例が多い。.

新しい!!: イギリスと江戸時代 · 続きを見る »

法の支配

法の支配(ほうのしはい、rule of law)は、専断的な国家権力の支配を排し、権力を法で拘束するという英米法系の基本的原理である。.

新しい!!: イギリスと法の支配 · 続きを見る »

混合経済

混合経済(こんごうけいざい、mixed economy)とは、計画経済と市場経済の混合システムである。自由放任の政治経済の思想に対し、多くの国営企業が市場に参入したり、政府が経済政策などを通したりして、社会経済に多くの影響力を行使するものである。.

新しい!!: イギリスと混合経済 · 続きを見る »

湖水地方

湖水地方(こすいちほう、英:Lake District)は、イングランド(England)北西部ウェストモーランド・カンバーランド郡・ランカシャー地方にまたがる地域の名称である。.

新しい!!: イギリスと湖水地方 · 続きを見る »

潜水艦発射弾道ミサイル

潜水艦発射弾道ミサイル(せんすいかんはっしゃだんどうミサイル、submarine-launched ballistic missile, SLBM)は、射程に限らず潜水艦から発射する弾道ミサイルを指す。現用兵器は全て核弾頭を装備する戦略兵器であり、爆撃機および大陸間弾道ミサイルと並ぶ主要な核兵器運搬手段である。.

新しい!!: イギリスと潜水艦発射弾道ミサイル · 続きを見る »

本州

本州(ほんしゅう)は、島国である日本の最大の島である島国(領土がすべて島から成る国)である日本を構成する6,852の島に対する『国土交通省』による区分け 6,852島(本土 5島 ・ 離島 6,847島)。  『国土交通省』サイト 離島振興課 離島とは(島の基礎知識)2009年11月27日閲覧。ただし、島について地理学上はこのような分類・区分けはない。(島 :オーストラリア大陸の面積未満で、四方を水域に囲まれる陸地)。極東そして東アジアの沿岸沖に位置し、最高標高3,776m、面積227,942.85km2。世界の島の中では、面積はインドネシアのスマトラ島に次ぐ第7位、人口はジャワ島に次ぐ第2位である。 地質学や考古学などでは本州島という名称も使用される。 本州には34の地方公共団体がある(1都2府31県)。日本国内では、本州とその付随する島を合わせて「本州地方」と言うが、単に「本州」と呼称する場合もある。 「本州」という名は、日本の主要な島であることに由来し、古代の呼称は「'''秋津島'''」・「'''秋津洲'''」(あきつしま、あきづしま)などが知られる(本州#歴史書における呼称)。.

新しい!!: イギリスと本州 · 続きを見る »

成田国際空港

成田国際空港(なりたこくさいくうこう、Narita International Airport)は、千葉県成田市の南東部、三里塚地区にある国際空港。 滑走路予定地などに、民家や神社、農地などが多数存在しているという、世界的に見ても例のない空港である。 首都圏に発着する国際線や、主要都市への国内線航空便が発着する空港法4条で法定されている空港で、航空法上の混雑空港(IATAのWSGで最も混雑レベルが激しい「レベル3」)でもある。 かつての正式名称は「新東京国際空港」であったが、2004年(平成16年)4月1日、成田国際空港株式会社法が施行され、空港を管理する新東京国際空港公団 (New Tokyo International Airport Authority, NAA) が、日本国政府による100%出資で設立された成田国際空港株式会社 (Narita International Airport Corporation, NAA) に改組し民営化(特殊会社化)されたことに伴い、改称された。「NAA」の略称は、旧公団時代から引き継がれたものである。 日本国内では、上記の改称以前から広く「成田空港」もしくは単に「成田」という呼び方が定着している。また、国際的な視点から見ると、日本国の首都である東京の国際空港として機能しているため、千葉県内に空港が所在しながらも便宜上「東京成田」(Tokyo-Narita)あるいは単に「東京」と呼ばれることもあるが、東京国際空港(通称:羽田空港)と区別するため、後者のみの呼称は避けられている。.

新しい!!: イギリスと成田国際空港 · 続きを見る »

成文法

成文法(せいぶんほう)とは、権限を有する機関によって文字によって表記される形で制定されている法である。文字による表記がされていないが法として存在する不文法に対置される概念。制定法ともいう。 国民が法を知ることは為政者にとって必ずしも好ましいことではない。国民が自己の権利を主張し、また為政者の理非を知りえることになるからである(十二表法または中国で最初に成文法を定めて公開した子産への批判を参照)。 このような観点から、古代にあっては、為政者は意図的に法の成文化(法典化、codification)を回避した。 しかし、国民の権利というものが意識されるにいたって、法は原則として成文法であるべきとの要請が強くなった。近現代にあっては、一般に、刑罰法規と租税法規はかならず成文法でなくてはならないとの原則が認められている(罪刑法定主義、租税法律主義の一内容)。.

新しい!!: イギリスと成文法 · 続きを見る »

戦力投射

戦力投射(せんりょくとうしゃ、英:Power Projection, Force Projection)とは軍事力を準備、輸送、展開して軍事作戦を遂行することである。この海外への戦力投射を実施する能力、戦力投射能力を伴って軍事力は抑止力を持つ。.

新しい!!: イギリスと戦力投射 · 続きを見る »

戦間期

戦間期(せんかんき、interbellum、interwar period)は、第一次世界大戦終結から第二次世界大戦勃発まで、つまり、基本的には1919年から1939年までの時代である。両大戦間期、大戦間期ともいう。 世界史全体に関わるが、特にヨーロッパ史で重要である。.

新しい!!: イギリスと戦間期 · 続きを見る »

明治

明治(めいじ)は日本の元号の一つ。慶応の後、大正の前。新暦1868年1月25日(旧暦慶応4年1月1日/明治元年1月1日)から1912年(明治45年)7月30日までの期間を指す。日本での一世一元の制による最初の元号。明治天皇在位期間とほぼ一致する。ただし、実際に改元の詔書が出されたのは新暦1868年10月23日(旧暦慶応4年9月8日)で慶応4年1月1日に遡って明治元年1月1日とすると定めた。これが、明治時代である。.

新しい!!: イギリスと明治 · 続きを見る »

海商都市リヴァプール

海商都市リヴァプール(かいしょうとしリヴァプール、Liverpool - Maritime Mercantile City)は、イングランドの港町リヴァプールの街区を対象とするユネスコの世界遺産リスト登録物件である。この物件は、ピア・ヘッド (Pier Head) 、アルバート・ドック (Albert Dock) 、ウィリアム・ブラウン・ストリート (William Brown Street) をはじめ、多くのランドマークが含まれるリヴァプール中心市街の6つの区画を対象としている。 ユネスコは2003年1月にこの物件の推薦書の提出を受け、その年の9月には、文化遺産評価の諮問機関である ICOMOS に評価を依頼した。ICOMOS は世界遺産センターに対し、登録が妥当との勧告を2004年3月に行った。これを受けてその年の第28回世界遺産委員会では、リヴァプールが大英帝国絶頂期の海洋交易拠点の姿を伝える傑出した例証であることが認められ、世界遺産リスト登録が決定した。.

新しい!!: イギリスと海商都市リヴァプール · 続きを見る »

新自由主義

新自由主義(しんじゆうしゅぎ)とは、政治や経済の分野で「新しい自由主義」を意味する思想や概念。日本では以下の複数の用語の日本語訳として使われている。.

新しい!!: イギリスと新自由主義 · 続きを見る »

文化政策

文化政策(ぶんかせいさく、cultual policy)とは、芸術・文化を対象とする公共政策である。狭義には芸術政策、広義には文化人類学的意味での文化を対象とした政策のことを指す。広義の文化政策には、芸術政策のほかに、言語政策・宗教政策が含まれる。学術研究においては、芸術学や音楽学、美学、哲学といった人文科学領域のほか、経済学(特に文化経済学)や、社会学(特に文化社会学)、法学、政治学、行政学などの社会科学領域を横断する学際的研究によって支えられている。また、現場における実践的な知の蓄積との関わりも深い。.

新しい!!: イギリスと文化政策 · 続きを見る »

日英同盟

日英同盟(にちえいどうめい、Anglo-Japanese Alliance)は、日本とイギリスとの間の軍事同盟(攻守同盟条約)である。 1902年1月30日にロシア帝国の極東進出政策への対抗を目的としてイギリス外務省において日本駐英公使林董とイギリス外相第5代ランズダウン侯爵ヘンリー・ペティ=フィッツモーリスの間で調印された。その後、第二次(1905年)、第三次(1911年)と継続更新されたが、1921年のワシントン海軍軍縮会議の結果調印された四カ国条約成立に伴って1923年に失効した。.

新しい!!: イギリスと日英同盟 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: イギリスと日本 · 続きを見る »

日本航空

日本航空株式会社(にほんこうくう、Japan Airlines Co., Ltd.、略称: JAL(ジャル))は、東京都品川区に本社を置く日本の航空会社。コーポレートスローガンは「明日の空へ、日本の翼」。.

新しい!!: イギリスと日本航空 · 続きを見る »

日本放送協会

日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 公式略称は、「NIPPON HOSO KYOKAI」の頭文字を取り「」と呼称・記される。 公共放送としての事業規模は、英国放送協会 (BBC) などと並び、国内にNHKエンタープライズ、NHKグローバルメディアサービス、NHK出版など13の連結子会社を持つ。また、関連会社として日本国外にNHKコスモメディアアメリカ、NHKコスモメディアヨーロッパが設立されている。1986年には子会社である株式会社NHKエンタープライズを出資母体として、NHKエンタープライズ25%、株式会社電通25%の共同出資による株式会社総合ビジョンを設立した。しかし、これは事業の縮小を経て2013年7月1日付けでNHKエンタープライズに吸収合併した。 愛宕山。 中継車(いすゞ・フォワード).

新しい!!: イギリスと日本放送協会 · 続きを見る »

政体

政体(せいたい)とは、統治形態・政治形態・政治体制を指すか、または、国家の要件を満たさないものも含めた広義の政治体を指す。2つの異なる概念が同じ用語を使用しているため、詳細はそれぞれの節に記す。.

新しい!!: イギリスと政体 · 続きを見る »

政党制

政党制(せいとうせい)とは、ある政体の政党間の勢力分布や交渉対立の様相を、一つのシステムとみて把握したものである。政党システム、政党政治とも言う。.

新しい!!: イギリスと政党制 · 続きを見る »

政策

政策(せいさく)とは現代社会においては、政府や政党などが施政上の方針や方策を指すこと。なお、その策を実施することを施策(しさく)という。 公共政策は、公共体が主体となって行う体系的な諸策のこと。.

新しい!!: イギリスと政策 · 続きを見る »

憲法

憲法(けんぽう)とは、統治の根本規範(法)となる基本的な原理原則に関して定めた法規範をいう(法的意味の憲法)。一般的に国家は個々の国民に生殺与奪の権利を認めない。なお、法規範ではなく国家の政治的統一体の構造や組織そのものを指す場合もあり(事実的意味の憲法)佐藤幸治『憲法』青林書院 16~17頁、このほか憲法は多義的な概念として論じられる。国家における統治機構や統治者や為政者、また国民の義務や権利に加え、前文に「国」の成り立ちや政府樹立の目的、さらには「神」について記載されたりもする。.

新しい!!: イギリスと憲法 · 続きを見る »

慣習法

慣習法(かんしゅうほう)とは、社会の成員の間に存在する一定の慣行のうち、その慣行が成員によって法的拘束力があるものと意識されているもの(法的確信を伴うもの)をいう。.

新しい!!: イギリスと慣習法 · 続きを見る »

普墺戦争

普墺戦争(ふおうせんそう、Deutscher Krieg)は、1866年に起こったプロイセン王国とオーストリア帝国との戦争。当初は、オーストリアを盟主とするドイツ連邦が脱退したプロイセンに宣戦するという形で開始されたが、その後ドイツ連邦内にもプロイセン側につく領邦が相次ぎ、連邦を二分しての統一主導権争いとなった。ケーニヒグレーツの戦いでプロイセン軍がオーストリア軍に完勝し、戦争は急速に終結した。7週間戦争やプロイセン=オーストリア戦争とも呼ばれる。この戦争によって、ドイツ統一はオーストリアを除外してプロイセン中心に進められることになった。.

新しい!!: イギリスと普墺戦争 · 続きを見る »

普仏戦争

普仏戦争(ふふつせんそう、Guerre franco-allemande de 1870、Deutsch-Französischer Krieg)は、フランス第二帝政期の1870年7月19日に起こり、1871年5月10日まで続いたフランスとプロイセン王国の間で行われた戦争である。ドイツ諸邦もプロイセン側に立って参戦したため独仏戦争とも呼ぶ他、フランス側では1870年戦争と呼称する。なお、日本の世界史の教科書ではプロイセン=フランス戦争と呼称する場合もある。プロイセンは北ドイツ連邦と南ドイツのバーデン大公国・ヴュルテンベルク王国・バイエルン王国と同盟を結び圧勝した。 もともとスペイン王位継承問題でプロイセンとフランスの対立が最高潮に達していたが、ドイツ首相ビスマルクはエムス電報事件でフランスとの対立を煽り開戦させた。フランスは7月19日にプロイセンのみに宣戦したが、ドイツ諸邦はプロイセン側に立って参戦した。野戦砲と鉄道輸送を巧みに活用したプロイセン軍の精強さは、ドイツ国境に侵攻したフランス軍を叩きのめした。防戦一方となったフランス軍は9月2日にセダンの戦いで包囲に置かれ、10万人のフランス兵と皇帝ナポレオン3世が降伏した。 第二帝政は終焉を迎えて第三共和政に移行した。新たに編成されたフランス軍も帝政時代と同じくプロイセン軍に一蹴され、5ヶ月間の北フランス攻撃を経て、1871年1月28日に首都パリを占領された。1871年5月10日、フランクフルト講和条約が締結され、正式にフランスはプロイセンに降伏した。 ジャコブ・マイエール・ド・ロチルドが1817年に設立したロチルド・フレール(de Rothschild Frères ロスチャイルド兄弟とも)は、50億フランにのぼる賠償金を支払うためのシンジケートを組成した。フランスはオスマン帝国に対する膨大な債権を回収してロチルドらに返済するつもりであったが、オスマン債務管理局の利権にドイツ帝国が割りこみ東方問題に佳境をもたらした。そして新たにカリブ海問題も生まれた。.

新しい!!: イギリスと普仏戦争 · 続きを見る »

普通選挙

普通選挙(ふつうせんきょ、universal suffrage)とは、ある組織において選挙の際に、若干の例外を除き全ての成人が選挙権を行使できる選挙形式を指す。対比語は制限選挙など。 歴史的には、国政選挙において財産(納税額)等の制限を設けずに選挙権を行使できる選挙形式を指す場合が多く、当初は全男性成人が選挙権を持つ男子普通選挙も「普通選挙」という表現が使用され、女性成人も含む場合は「完全普通選挙」等とも呼ばれたが、現在では性別による選挙権の排除をする場合は「普通選挙」との表現は使用されなくなってきている。 若干の例外は、一般的に普通選挙と言われる場合にも存在する。知的障害者、重大な犯罪を犯し収監中の者、選挙法違反などによる公民権停止処分を受けた者などがあるが、これらの人々を選挙権から排除することの正当性をめぐっては、重要な議論がある(例えば日本における公職選挙法の制限の規定をめぐる訴訟などを参照)。日本の公職選挙法では、成年被後見人に対する選挙権の剥奪が行われていたが、違憲判決に基づいて、この制限は撤廃された。 また、通常、選挙権についてこの言葉は使われるが、広い意味では、選挙権と被選挙権ともに選挙権に含めるので、選挙権のみをすべての成人に認めても、被選挙権について成人年齢以上の制限を課したりするなど、成人であること以外の制限を課す場合にも、「普通選挙」とできるかにも議論がある。たとえば、日本の供託金は、国際的に見ると非常に高く、「高額な供託金制度は、経済的理由で選挙権・被選挙権の帰属ならびに行使を制限してはならないという普通選挙の原則に抵触する」という指摘もある。.

新しい!!: イギリスと普通選挙 · 続きを見る »

景気後退

景気循環 景気後退(けいきこうたい、Recession、リセッション)とは、景気循環の局面のうち、景気が下降している状態を言う。景気循環の考え方によって、1つの循環を2局面(景気拡張期、景気後退期)と4局面(好況、後退、不況、回復)で分割する考え方があるが、2局面で考えた場合の景気後退期、4局面で考えた場合の後退と不況がこれにあたる。.

新しい!!: イギリスと景気後退 · 続きを見る »

.gb

.gbはイギリスに割り当てられている国別トップレベルドメイン(ccTLD)。このccTLDは"Great Britain"の略記に由来するがイギリスには同時に.ukドメインも割り当てられていたのでこのドメインは広く普及せず、現在では全く使われていない。 Domain Name Systemのルールでは、国や地域に割り当てるトップレベルドメインは、ISO 3166-1の2文字コードと一致させることが原則である。ISO 3166-1のリストによると、イギリスの国コードはGBなので、原則から言えば.gbドメインを割り当てる方が正しい。 既に在ったJANET NRSは"UK"を国コードとして使っていたので、イギリスはIANAのジョン・ポステルに.ukドメインを申請した。この申請は認められ、イギリスドメインは.gbではなく全て.ukを使用している。.gbは何年か主にイギリス政府機関とX.400ベース電子メールインフラを使用した商業電子メールサービスで使用されていた。国コード"GB"を使うことで、DNSドメインとX.400アドレス間の変換を単純化した。 X.400電子メールの終焉とIANAの1つの国・地域には原則1つのTLDという方針により、.gbは使われなくなった。なお、登録は行われないもののルートサーバに.gbドメインのレコード登録はされている。 2006年現在.gbのサブドメインとして存在しているものの一つにdra.hmg.gbがある。これは、英国国防研究局に属している。.

新しい!!: イギリスと.gb · 続きを見る »

.uk

.ukとは、イギリスの国別コードトップレベルドメイン (ccTLD)で、インターネットでドメイン名として使用されている。.ukのukとは、イギリスを英語で示すときに使われる、"ユナイテッド・キングダム(United Kingdom)"の略。 イギリスをISO 3166-1で表すとUKではなくGB(Great Britainの略)であるため.gbも割り当てられているが、.ukの方が圧倒的に多く使われている。.

新しい!!: イギリスと.uk · 続きを見る »

18世紀

Jean-Pierre Houëlが描いたバスティーユ襲撃(フランス国立図書館蔵)。 国立マルメゾン城美術館蔵)。 ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵)。 18世紀(じゅうはっせいき)は、西暦1701年から西暦1800年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: イギリスと18世紀 · 続きを見る »

1994年

この項目では、国際的な視点に基づいた1994年について記載する。.

新しい!!: イギリスと1994年 · 続きを見る »

1997年

この項目では、国際的な視点に基づいた1997年について記載する。.

新しい!!: イギリスと1997年 · 続きを見る »

2012年ロンドンオリンピック

30回オリンピック競技大会(だい30かいオリンピックきょうぎたいかい、Jeux de la XXXe olympiade、Games of the XXX Olympiad)は、2012年7月27日から8月12日までの17日間、イギリスのロンドンで開催されたオリンピック競技大会。204の国と地域から約11,000人が参加し、実質19日間(開会式に先立ち男女サッカーの一部試合が行われた2日間を含む)に26競技302種目が行われた。一般的にロンドンオリンピックと呼称され、ロンドン五輪と略称される。.

新しい!!: イギリスと2012年ロンドンオリンピック · 続きを見る »

2013 ワールド・ベースボール・クラシック

2013年3月19日、第3回WBC決勝戦、ドミニカ共和国対プエルトリコの試合前の様子(AT&Tパーク)。 2013 ワールド・ベースボール・クラシック(2013 World Baseball Classic)は、2013年3月にアメリカ合衆国を中心に4か国・地域にて開催された野球の国際大会、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の第3回大会である。今回から国際野球連盟の世界選手権も兼ねて開催された。 本大会はドミニカ共和国が全8試合に勝利し、大会史上初の全勝優勝を成し遂げて第3回WBC王者になった。.

新しい!!: イギリスと2013 ワールド・ベースボール・クラシック · 続きを見る »

20世紀

摩天楼群) 20世紀(にじっせいき、にじゅっせいき)とは、西暦1901年から西暦2000年までの100年間を指す世紀。2千年紀における最後の世紀である。漢字で二十世紀の他に、廿世紀と表記される場合もある。.

新しい!!: イギリスと20世紀 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

UKUkUnited Kingdomユナイテッドキングダムイギリスの文化エゲレスグレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国グレート・ブリテンおよび北部アイルランド連合王国グレート・ブリテン・北アイルランド連合王国グレート・ブリテン及び北アイルランド連合王国グレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国グレートブリテン・北アイルランド連合王国グレートブリテン及び北アイルランド連合王国グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国グレートブリテン北アイルランド連合王国グレイト・ブリテンおよび北アイルランド連合王国グレイト・ブリテンおよび北部アイルランド連合王国グレイト・ブリテン及び北アイルランド連合王国グレイト・ブリテン及び北部アイルランド連合王国グレイトブリテンおよび北アイルランド連合王国グレイトブリテンおよび北部アイルランド連合王国グレイトブリテン及び北アイルランド連合王国グレイトブリテン及び北部アイルランド連合王国猊利太尼亜英吉利英国

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »