ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

アントニ・ファン・レーウェンフック

索引 アントニ・ファン・レーウェンフック

アントーニ・ファン・レーウェンフック(レーベンフック、Antonie van Leeuwenhoek 、1632年10月24日 - 1723年8月26日)はオランダの商人、科学者。歴史上はじめて顕微鏡を使って微生物を観察し、「微生物学の父」とも称せられる。.

46 関係: 孵化九州大学出版会微生物微生物学ネーデルラント連邦共和国ヨハネス・フェルメールラテン語ライネル・デ・グラーフレーウェンフック (小惑星)レーウェンフック・メダルロバート・フックデルフト分解能アムステルダムオランダクリスティアーン・ホイヘンス商人王立協会科学者精子細胞発見物語顕微鏡解剖学講談社赤血球Google Doodle毛細血管法政大学出版局昆虫10月24日1632年1648年1654年1660年1666年1669年1671年1674年1675年1677年1679年1680年1723年2016年8月26日

卵(たまご、らん)とは、動物のメスが未受精の卵細胞や、受精し胚発生が進行した状態で体外(外環境)へ産み出される雌性の生殖細胞と付属物の総称である。このため、生殖を目的として外部に放出(産卵)される卵は、その多くが周辺環境と内部を隔てる構造を持ち、幾らかでも恒常性を保つ機能を持つ。この保護機構は種により異なる。なお、卵細胞そのものを卵という場合もある。 大きさとしては、直径約100μm のウニの卵から、長径約 11cm のダチョウの卵まで、様々な卵が存在する。なお、卵黄自体は一つの細胞である。このため2000年代現在、確認されている世界最大の細胞は、ダチョウの卵の卵黄である。 体外に産み出される卵は、卵細胞、あるいは多少発生の進んだ胚と、それを包む構造からなり、場合によっては発生を支持する構造を内部に持っていたり、外部に囲いがあったりするものもある。また発生に消費されるエネルギーとして脂肪が蓄えられているものも多く、このため卵自体は他の生物にとって大変優れた食料ともなる(後述)。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと卵 · 続きを見る »

孵化

孵化(ふか)とは、動物の卵が孵ること。具体的には、卵から新しい個体が脱出してくることである。英語かな書きでハッチング(Hatching)ともいう。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと孵化 · 続きを見る »

九州大学出版会

一般財団法人九州大学出版会(きゅうしゅうだいがくしゅっぱんかい、英称:Kyushu University Press)は、福岡県福岡市早良区百道浜の九州大学産学官連携イノベーションプラザ内に事務局を置き、中国・九州・沖縄地方の15大学の共同学術出版を行う法人である。設立は1975年。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと九州大学出版会 · 続きを見る »

微生物

10,000倍程度に拡大した黄色ブドウ球菌 微生物(びせいぶつ)とは、肉眼でその存在が判別できず、顕微鏡などによって観察できる程度以下の大きさの生物を指す。微生物を研究する学問分野を微生物学と言う。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと微生物 · 続きを見る »

微生物学

微生物学(びせいぶつがく、microbiology)は、微生物を対象とする生物学の一分野。 微生物とは(真正)細菌、古細菌、原生生物、真菌類など、顕微鏡的大きさ以下の生物を指す。しかし、微生物学という用語を用いられる場合、主として原核生物(細菌、古細菌)をその対象とする場合が多い。また、ウイルスをその対象に含める場合もある。 生化学的な解析(化学療法)を行う。現在は地球科学的因子の一つとして微生物を含めた微生物生態学のようなラージスケールでの解析も行っている。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと微生物学 · 続きを見る »

ネーデルラント連邦共和国

ネーデルラント連邦共和国(ネーデルラントれんぽうきょうわこく、Republiek der Zeven Verenigde Nederlanden、Republic of the Seven United Netherlands)は、16世紀から18世紀にかけて現在のオランダおよびベルギー北部(フランデレン地域)に存在した国家。現在のオランダ王国の原型であり、そのことからオランダ共和国などと呼ばれることもある。 連邦共和国はヘルダーラント州、ホラント州、ゼーラント州、ユトレヒト州、フリースラント州、オーファーアイセル州、フローニンゲン州のネーデルラント北部7州からなり、これにドレンテ準州、国境地帯の連邦直轄領ブラーバント、リンブルフ、フランデレンなどが加わっていた。中でもホラント州が連邦の経費の半分以上を負担し、人口、富、対外関係の面で他の6州より抜きんでていた。そのため、この州の名がそのまま連邦共和国、さらに今日の王国の通称となった。日本語名の「オランダ」もホラントのポルトガル語名に由来する。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックとネーデルラント連邦共和国 · 続きを見る »

ヨハネス・フェルメール

フェルメールのサイン デルフトに現存する居住跡を示すプレート ヨハネス・フェルメール(, 1632年10月31日- 1675年12月15日)は、ネーデルラント連邦共和国(オランダ)の画家で、バロック期を代表する画家の1人である。映像のような写実的な手法と綿密な空間構成そして光による巧みな質感表現を特徴とする。フェルメール(Vermeer)の通称で広く知られる。本名ヤン・ファン・デル・メール・ファン・デルフト。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックとヨハネス・フェルメール · 続きを見る »

ラテン語

ラテン語(ラテンご、lingua latina リングア・ラティーナ)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派の言語の一つ。ラテン・ファリスク語群。漢字表記は拉丁語・羅甸語で、拉語・羅語と略される。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックとラテン語 · 続きを見る »

ライネル・デ・グラーフ

ライネル・デ・グラーフ(Reinier de Graaf (Regnier de Graaf)、ラテン語表記: Reijnerus de Graeff、名はReynierと表記されることもある。1641年7月30日 – 1673年8月17日)はオランダの医師、解剖学者である。生殖器の解剖学の分野で知られる。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックとライネル・デ・グラーフ · 続きを見る »

レーウェンフック (小惑星)

レーウェンフック (2766 Leeuwenhoek) は、小惑星帯にある小惑星。1982年に、クレット天文台でズデニカ・ヴァーヴロヴァーによって発見された。 顕微鏡を使って微生物の観察したオランダの生物学者、アントニ・ファン・レーウェンフックに因んで命名された。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックとレーウェンフック (小惑星) · 続きを見る »

レーウェンフック・メダル

レーウェンフック・メダル(Leeuwenhoekmedaille)はオランダ科学アカデミーが授与する微生物学の賞。10年ごとにその10年間で最も顕著な発見を行った科学者に対して授与される。オランダの微生物学者アントニ・ファン・レーウェンフックにちなんで創設され、微生物学の表彰としては最高栄誉とされる。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックとレーウェンフック・メダル · 続きを見る »

ロバート・フック

バート・フック(Robert Hooke、1635年7月28日 - 1703年3月3日)は、イギリスの自然哲学者、建築家、博物学者。王立協会フェロー。実験と理論の両面を通じて科学革命で重要な役割を演じた。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックとロバート・フック · 続きを見る »

デルフト

デルフト(Delft)はオランダの南ホラント州にある基礎自治体(ヘメーンテ)。デン・ハーグ市街地の南に隣接して、一体となって広域市街を形成している。オランダの古都であり著明な観光地であるが、デルフト工科大学を擁しているため、学生街という一面もある。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックとデルフト · 続きを見る »

分解能

分解能(ぶんかいのう、Optical resolution)は、装置などで対象を測定または識別できる能力。顕微鏡、望遠鏡、回折格子などにおける能力の指標のひとつである。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと分解能 · 続きを見る »

アムステルダム

アムステルダム(オランダ語: Amsterdam )は、オランダの北ホラント州の基礎自治体(ヘメーンテ)であり、オランダ最大の都市である。人口820,654人(2012年)、都市圏人口は2,289,762人にのぼる。商業や観光が盛んなヨーロッパ屈指の世界都市である。オランダ語での発音は片仮名で表記すると「アムスタダム」に近い。地名は「アムステル川のダム(堤防)」の意(「ダム広場」の項を参照)。 憲法に規定されたオランダの首都だが、国会、中央官庁、王宮、各国の大使館など首都機能のほとんどはデン・ハーグにある。 元々は小さな漁村だったが、13世紀にアムステル川の河口にダムを築き、町が築かれた。16世紀には海運貿易の港町として、ヨーロッパ屈指の都市へと発展した。現在のアムステルダムは、アムステルダム中央駅を中心に市内に網の目状に広がる運河や、その運河に沿って並ぶ無総督時代の豪商の邸宅、自転車、飾り窓の女性たち、アンネ・フランクの家などで広く知られる。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックとアムステルダム · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックとオランダ · 続きを見る »

クリスティアーン・ホイヘンス

リスティアーン・ホイヘンス(Christiaan Huygens 、1629年『天文アマチュアのための望遠鏡光学・屈折編』pp.14-15「ハイゲンス兄弟の望遠鏡」。4月14日 - 1695年7月8日)() は、オランダの数学者、物理学者、天文学者。かつてオランダの25ギルダー紙幣にその肖像が描かれていた。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックとクリスティアーン・ホイヘンス · 続きを見る »

商人

商人(しょうにん、しょうひと、あきびと、あきんど、あきゅうど).

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと商人 · 続きを見る »

王立協会

イヤル・ソサイエティ(Royal Society)は、現存する最も古い科学学会。1660年に国王チャールズ2世の勅許を得て設立された。正式名称は"The President, Council, and Fellows of the Royal Society of London for Improving Natural Knowledge"(自然知識を促進するためのロンドン王立協会)。日本語訳ではロンドン王立協会(-おうりつきょうかい)、王立学会(おうりつがっかい)など。 この会は任意団体ではあるが、イギリスの事実上の学士院(アカデミー)としてイギリスにおける科学者の団体の頂点にあたる。また、科学審議会(Science Council)の一翼をになうことによって、イギリスの科学の運営および行政にも大いに影響をもっている。1782年創立の王立アイルランドアカデミーと密接な関係があり、1783年創立のエジンバラ王立協会とは関係が薄い。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと王立協会 · 続きを見る »

科学者

科学者(かがくしゃ、scientist)とは、科学を専門とする人・学者のことである。特に自然科学を研究する人をこう呼ぶ傾向がある。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと科学者 · 続きを見る »

精子

精子(せいし)とは、雄性の生殖細胞の一つ。動物、藻類やコケ植物、シダ植物、一部の裸子植物(イチョウなど)にみられる。 卵子(右下)に到達した精子 頭部と尾部が見分けられる '''精子の構造''' 細胞核からなる頭部(青)、ミトコンドリアを含みエネルギーを生成する中片部、推進運動を行う尾部からなる。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと精子 · 続きを見る »

細胞発見物語

『細胞発見物語』(さいぼうはっけんものがたり)は、顕微鏡解剖学を専門とする医学者、山科正平の著書である。可視化装置の発達と活用による細胞生物学の発展の歴史を解説したものである。2009年、講談社ブルーバックスとして刊行された。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと細胞発見物語 · 続きを見る »

顕微鏡

顕微鏡(けんびきょう)とは、光学的もしくは電子的な技術を用いることによって、微小な物体を視覚的に拡大し、肉眼で見える大きさにする装置である。単に顕微鏡というと、光学顕微鏡を指すことが多い。 光学顕微鏡は眼鏡屋のヤンセン父子によって発明された。その後、顕微鏡は科学の様々な分野でこれまで多大な貢献をしてきた。その中で様々な改良を受け、また新たな形式のものも作られ、現在も随所に使用されている。顕微鏡を使用する技術のことを顕微鏡法、検鏡法という。また、試料を顕微鏡で観察できる状態にしたものをプレパラートという。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと顕微鏡 · 続きを見る »

解剖学

Mondino dei Liuzzi, ''Anathomia'', 1541 解剖学(かいぼうがく、)とは、広い意味で生物体の正常な形態と構造とを研究する分野である。形態学の一つ。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと解剖学 · 続きを見る »

講談社

株式会社講談社(こうだんしゃ、英称:Kodansha Ltd.)は、日本の総合出版社。創業者の野間清治の一族が経営する同族企業。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと講談社 · 続きを見る »

赤血球

各血球、左から赤血球、血小板、白血球(白血球の中で種類としては小型リンパ球)色は実際の色ではなく画像処理によるもの 赤血球(せっけっきゅう、 あるいは)は血液細胞の1種であり、酸素を運ぶ役割を持つ。 本項目では特にことわりのない限り、ヒトの赤血球について解説する。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと赤血球 · 続きを見る »

Google Doodle

通常のGoogleロゴ Google Doodle(グーグル ドゥードゥル)は、祝日や記念日などにその日にあわせたデザインに変更された検索エンジン「Google」のロゴである。"doodle"は「いたずら書き」の意。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックとGoogle Doodle · 続きを見る »

毛細血管

毛細血管。動脈(Artery)と静脈(Vein)の間に挟まっている《正確には更に、動脈と毛細血管の間に細動脈が、毛細血管と静脈の間に細静脈が、それぞれ挟まっている》 毛細血管(もうさいけっかん、capillary vessel, capillary)(capillary)は動脈と静脈の間をつなぐ、平滑筋を欠く血管である藤田ら, p.2。太さは5~20μm、多くは7μm前後で赤血球がようやくすり抜けられる。壁の厚さは0.5μmでありガスの拡散に十分な薄さである。個々の長さは通常50μmもないほどである。これらの細い血管は身体中の血管の約90%以上をしめ、総延長は10万kmを超える。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと毛細血管 · 続きを見る »

法政大学出版局

一般財団法人法政大学出版局(ほうせいだいがくしゅっぱんきょく、英語名: HOSEI UNIVERSITY PRESS、1948年12月 - )は、法政大学の出版部にあたる法人。法政大学総長を会長とし、法政大学の活動に対応した書籍を中心に出版を行う。 理事を学部や研究所から迎えるなど学校法人法政大学本体との関係は深いが、組織・財政は独立したものとなっている。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと法政大学出版局 · 続きを見る »

昆虫

昆虫(こんちゅう)は、節足動物門汎甲殻類六脚亜門昆虫綱(学名: )の総称である。昆虫類という言葉もあるが、多少意味が曖昧で、六脚類の意味で使うこともある。なお、かつては全ての六脚虫を昆虫綱に含めていたが、分類体系が見直され、現在はトビムシなど原始的な群のいくつかが除外されることが多い。この項ではこれらにも触れてある。 昆虫は、硬い外骨格をもった節足動物の中でも、特に陸上で進化したグループである。ほとんどの種は陸上で生活し、淡水中に棲息するものは若干、海中で棲息する種は例外的である。水中で生活する昆虫は水生昆虫(水棲昆虫)とよばれ、陸上で進化した祖先から二次的に水中生活に適応したものと考えられている。 世界の様々な気候、環境に適応しており、種多様性が非常に高い。現時点で昆虫綱全体で80万種以上が知られている。現在知られている生物種に限れば、半分以上は昆虫である。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと昆虫 · 続きを見る »

10月24日

10月24日(じゅうがつにじゅうよっか、じゅうがつにじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から297日目(閏年では298日目)にあたり、年末まであと68日ある。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと10月24日 · 続きを見る »

1632年

記載なし。

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと1632年 · 続きを見る »

1648年

記載なし。

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと1648年 · 続きを見る »

1654年

記載なし。

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと1654年 · 続きを見る »

1660年

記載なし。

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと1660年 · 続きを見る »

1666年

記載なし。

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと1666年 · 続きを見る »

1669年

記載なし。

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと1669年 · 続きを見る »

1671年

記載なし。

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと1671年 · 続きを見る »

1674年

記載なし。

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと1674年 · 続きを見る »

1675年

記載なし。

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと1675年 · 続きを見る »

1677年

記載なし。

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと1677年 · 続きを見る »

1679年

記載なし。

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと1679年 · 続きを見る »

1680年

記載なし。

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと1680年 · 続きを見る »

1723年

記載なし。

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと1723年 · 続きを見る »

2016年

この項目では、国際的な視点に基づいた2016年について記載する。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと2016年 · 続きを見る »

8月26日

8月26日(はちがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から238日目(閏年では239日目)にあたり、年末まであと127日ある。.

新しい!!: アントニ・ファン・レーウェンフックと8月26日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

レーヴェンフックレーウェンフックレーウェンフックメダルレーエンフックファン・レーウェンフックアントン・レーウェンフックアントニー・ファン・レーウェンフック

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »