ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

アントニ・ガウディ

索引 アントニ・ガウディ

アントニ・ガウディ(1878年) アントニ・ガウディ(カタルーニャ語:Antoni Plàcid Guillem Gaudí i Cornet, 1852年6月25日 - 1926年6月10日)は、スペイン、カタルーニャ出身の建築家。19世紀から20世紀にかけてのモデルニスモ(アール・ヌーヴォー)期のバルセロナを中心に活動した。サグラダ・ファミリア(聖家族教会)・グエル公園(1900-14)・カサ・ミラ(1906-10)をはじめとしたその作品はアントニオ・ガウディの作品群として1984年ユネスコの世界遺産に登録されている。スペイン語(カスティーリャ語)表記では、アントニオ・ガウディ(Antonio Plácido Guillermo Gaudí y Cornet)。.

67 関係: 外尾悦郎女性恐怖症岡村多佳夫丹下敏明世界遺産今井兼次建築建築家建築設計事務所地中海ペドロマヨルカ島マタローバルセロナポブレー修道院モンセラートモデルニスモリウマチル・コルビュジエレウスパリ万国博覧会 (1878年)ホームレス列福アルレッキーノアントニ・ガウディの作品群アール・ヌーヴォーアストルガウジェーヌ・エマニュエル・ヴィオレ・ル・デュクエウゼビ・グエイオーヴェルニュ地域圏カトリック教会カテナリー曲線カタルーニャ州カタルーニャ語カタロニア讃歌カサ・ミラカサ・バトリョカサ・ビセンスガウディ (小惑星)グエル公園コロニア・グエル教会シッチェスシウタデリャ公園ジュゼップ・マリア・ジュジョールジョージ・オーウェルスペインスペイン内戦スペイン語タラゴナタラゴナ県...サルバドール・ダリサンタンデール (スペイン)サグラダ・ファミリア入江正之国際連合教育科学文化機関磯崎新粟津潔独身銅細工職人路面電車SD選書方程式1852年1926年19世紀6月10日6月25日 インデックスを展開 (17 もっと) »

外尾悦郎

外尾 悦郎(そとお えつろう、1953年 - )は福岡県福岡市出身の彫刻家。スペイン、バルセロナのサグラダ・ファミリア主任彫刻家。.

新しい!!: アントニ・ガウディと外尾悦郎 · 続きを見る »

女性恐怖症

女性恐怖症(じょせいきょうふしょう)とは、恐怖症の一つであり、女性との交流を極度に恐れたり、女性と話すとひどく赤面したり、女性と一緒にいると不快感を覚えるといった病的な心理のことである。ただし男性の中には思春期に、これに似た症状を一時的に経験することがある。 通常は男性に見られる現象であるが女性でもみられ、「思春期以前に女性に嫌がらせ(いじめ・レイプ)を受けた」「母親あるいは姉妹から虐待を受けた経験がある」などによって、女性に対するトラウマとして表れる心理であることが多い。また、女性と会話などはできても、触れられることは極度に嫌がる例もある。これは、女性に近づかれたり触れられたりすると、反射的に女性を避けるものである。女性からの少女への虐待などの事情により、被害者が女性恐怖症を発症することもあるが、女性の女性恐怖症への認識は遅れている。女性には女性への身体的接触にためらいのない者が多いので、こうした女性が深く傷ついてしまうことも多い。.

新しい!!: アントニ・ガウディと女性恐怖症 · 続きを見る »

岡村多佳夫

岡村 多佳夫(おかむら たかお、1949年 - )は、日本の美術評論家、元東京造形大学教授。専門はスペイン美術史及び20世紀ヨーロッパ美術。東京造形大学附属横山記念マンズー美術館館長。国際美術評論家連盟会員。 1949年東京生まれ。1985年早稲田大学大学院文学研究科博士課程満期修了退学。 1989年より東京造形大学助教授を経て教授。2014年退任。東京造形大学附属横山記念マンズー美術館館長を初代より歴任。NHKデジタルハイビジョン放送開局記念番組「世界遺産の旅 スペイン」の解説者やNHKラジオ講座講師を務め、ソフトバンク・クリエイティヴ「トレジャー・ボックス」シリーズの監修の他、「生誕100年記念 ダリ回顧展」「ミロ」展「マッタ」等をはじめとする展覧会監修を手掛ける。また若手芸術家支援に尽力し、1996年より毎年「岡村多佳夫企画展」を主催。.

新しい!!: アントニ・ガウディと岡村多佳夫 · 続きを見る »

丹下敏明

丹下 敏明(たんげ としあき、1948年 - )は、日本の建築研究者。ガウディ研究センター理事長。アントニ・ガウディの研究家として名をはせる建築家。 著書に、建築家人名事典 西洋歴史建築篇 三交社 1997、わが街バルセローナ TOTO出版 1991、スペイン建築史 相模選書 1979、ガウディの生涯 彰国社 1978 などがある。.

新しい!!: アントニ・ガウディと丹下敏明 · 続きを見る »

世界遺産

世界遺産(せかいいさん、World Heritage Site)は、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて世界遺産リスト(世界遺産一覧表)に登録された、文化財、景観、自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件のことで、移動が不可能な不動産が対象となっている。なお、慣例的な用法として、その中の文化遺産を世界文化遺産、自然遺産を世界自然遺産と呼ぶことがある。 なお、世界遺産の制度では正式な文書は英語とフランス語で示され、日本語文献では英語が併記されることがしばしばある一方、フランス語が併記されることは普通ないため、以下では参照しやすさを考慮して、などに依拠して、主たる用語には英語を併記しておく。.

新しい!!: アントニ・ガウディと世界遺産 · 続きを見る »

今井兼次

今井 兼次(いまい けんじ、1895年1月11日 - 1987年5月20日)は、日本の建築家。早稲田大学理工学部建築学科卒業。母校の教授を長く勤め、建築作品とともに教育者として研究室から優れた建築家、研究者を多数輩出した。.

新しい!!: アントニ・ガウディと今井兼次 · 続きを見る »

建築

建築(けんちく)とは、人間が活動するための空間を内部に持った構造物を、計画、設計、施工そして使用するに至るまでの行為の過程全体、あるいは一部のこと。また、そのような行為によって作られた構造物そのものを指すこともある。後者は建築物とも呼ばれる。.

新しい!!: アントニ・ガウディと建築 · 続きを見る »

建築家

建築家(けんちくか, )は、一般に建築における建物の設計や工事の監理などを職業とする専門家のことである。 建築を実践することは、建物の設計や建物を取り巻く敷地内の空間で、人間の占有や使用を主目的としたサービスを提供することを意味する。語源学的に、建築家はラテンのarchitectusから派生している。更にそれは、ギリシャ語のチーフ建設者(arkhi-、チーフ + tekton、建設者)から派生している。 専門的には、建築家の決定は公共の安全に影響するため、建築を業とするためのライセンスを得るためには実践的な経験が必要であるが、高度な教育と実務 (またはインターンシップ)すなわち建築家になるための実践的、技術的、学問的要件は、国地域によって異なる(下記参照)。 アーキテクトとアーキテクチャという用語は、造園、造船、情報技術(ネットワークアーキテクトやソフトウェアアーキテクトなど)の分野でも使用されている。ほとんどの国地域では、「建築家」 および「ランドスケープアーキテクト」という用語の専門的および商業的使用は法的に保護されている。.

新しい!!: アントニ・ガウディと建築家 · 続きを見る »

建築設計事務所

建築設計事務所(けんちくせっけいじむしょ)とは、建築物の計画立案、設計、設計監理、工事監理等を業務とする事務所である。.

新しい!!: アントニ・ガウディと建築設計事務所 · 続きを見る »

地中海

地中海(ちちゅうかい、Mare Mediterraneum)は、北と東をユーラシア大陸、南をアフリカ大陸(両者で世界島)に囲まれた地中海盆地に位置する海である。海洋学上の地中海の一つ。.

新しい!!: アントニ・ガウディと地中海 · 続きを見る »

ペドロ

ペドロ(Pedro)は、スペイン語およびポルトガル語の男性名。英語のピーター、ドイツ語のペーター、フランス語のピエール、イタリア語のピエトロ、ロシア語のピョートルに当たる。.

新しい!!: アントニ・ガウディとペドロ · 続きを見る »

マヨルカ島

マヨルカ島(マヨルカとう、Mallorca、、Mallorca、))は、地中海西部のバレアレス海に浮かぶ島。バレアレス諸島最大の島であり、メノルカ島とともにバレアレス諸島北東部のジムネジアス群島を構成している。マジョルカ島やマリョルカ島とも表記される。 1983年にスペインの自治州としてバレアレス諸島州が成立すると、マヨルカ島のパルマ・デ・マヨルカが州都となった。メノルカ島やイビサ島などバレアレス諸島の他島と同様に人気のある観光地であり、特にドイツとイギリスからの観光客が多い。.

新しい!!: アントニ・ガウディとマヨルカ島 · 続きを見る »

マタロー

マタロー (カタルーニャ語・カスティーリャ語:Mataró)は、スペイン・カタルーニャ州バルセロナ県の基礎自治体(ムニシピ)。.

新しい!!: アントニ・ガウディとマタロー · 続きを見る »

バルセロナ

バルセロナ(Barcelona、 バルサローナ)は、スペイン・カタルーニャ州バルセロナ県のムニシピ(基礎自治体)。カタルーニャ州の州都であり、バルセロナ県の県都である。2017年に独立を宣言したカタルーニャ共和国の首都にもなっている。人口はマドリードに次いでスペインで第2位、カタルーニャでは第1位である。.

新しい!!: アントニ・ガウディとバルセロナ · 続きを見る »

ポブレー修道院

ポブレー修道院(カタルーニャ語:Monestir Reial de Santa Maria de Poblet)は、スペイン・カタルーニャ州タラゴナ県にあるシトー会の修道院。ポブレ修道院の表記もある。1991年にユネスコの世界遺産に登録された。.

新しい!!: アントニ・ガウディとポブレー修道院 · 続きを見る »

モンセラート

モンセラート(モンセラット、セラト山、カタルーニャ語:Montserrat)は、スペインカタルーニャ州のバルセロナ近郊にある山である。カタルーニャ語の発音(IPA:)ではムンサラートまたはムンサラーのようになる(oとu、aとeの中間音)。アーサー王の聖杯伝説に登場するベネディクト会のサンタ・マリア・モンセラート修道院付属大聖堂(Monasterio de Montserrat)がある。キリスト教の聖地とされている。 モンセラート修道院 モンセラート修道院 Virgin of Montserrat.

新しい!!: アントニ・ガウディとモンセラート · 続きを見る »

モデルニスモ

モデルニスモまたはモデルニズモ(Modernismo).

新しい!!: アントニ・ガウディとモデルニスモ · 続きを見る »

リウマチ

リウマチ、リューマチ、リュウマチ(rheumatism から)、ロイマチ(rheuma から).

新しい!!: アントニ・ガウディとリウマチ · 続きを見る »

ル・コルビュジエ

ル・コルビュジエ(Le Corbusier発音およびカタカナ表記の揺れは名前の表記を参照。、1887年10月6日 - 1965年8月27日)はスイスで生まれ、フランスで主に活躍した建築家。本名はシャルル=エドゥアール・ジャヌレジャンヌレとも表記される。=グリ(Charles-Edouard Jeanneret-Gris)。 フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」として位置づけられる(ヴァルター・グロピウスを加えて四大巨匠とみなすこともある)。.

新しい!!: アントニ・ガウディとル・コルビュジエ · 続きを見る »

レウス

レウス(Reus)は、スペイン、カタルーニャ州のコマルカバッシ・カムの自治体でタラゴナ県に属する。 古くからワインと蒸留酒の重要な生産地で、フランスのワイン用ブドウを壊滅させたブドウネアブラムシの流行時にはヨーロッパで非常に重要な場所となった。.

新しい!!: アントニ・ガウディとレウス · 続きを見る »

パリ万国博覧会 (1878年)

1878年のパリ万国博覧会(せんはっぴゃくななじゅうはちねんのパリばんこくはくらんかい, Exposition Universelle de Paris 1878, Expo 1878)は、1878年5月20日から11月10日までフランスのパリで開催された国際博覧会である。.

新しい!!: アントニ・ガウディとパリ万国博覧会 (1878年) · 続きを見る »

ホームレス

ホームレス(homelessness)は、狭義には様々な理由により定まった住居を持たず、公園・路上を生活の場とする人々(路上生活者)、公共施設・河原・橋の下などを起居の場所とし日常生活を営んでいる野宿者や車上生活者のこと。広義には、一時施設居住や家賃滞納、再開発による立ち退き、ドメスティックバイオレンスのため自宅を離れなければならない人など住宅を失った人のこと。 言葉としてのホームレスは 1970年代頃のイギリスで使われ始めたといわれている。.

新しい!!: アントニ・ガウディとホームレス · 続きを見る »

列福

列福(れっぷく、Beatificatio, Beatification)は、キリスト教、カトリック教会において徳と聖性が認められ、聖人(Santo)に次ぐ福者(Beato)の地位に上げられることをいう。.

新しい!!: アントニ・ガウディと列福 · 続きを見る »

アルレッキーノ

アルレッキーノ アルレッキーノ (Arlecchino) はイタリアの即興喜劇コメディア・デラルテ中のキャラクターの一つで、トリックスター。ひし形の模様のついた衣裳で全身を包み、ずる賢く、人気者として登場することが多い。国によっては、アルルカン()、ハーレクイン()とも呼ばれる。欧米では道化役者の代名詞となっており、芸術作品の中では、ピカソの「アルルカン」、チャップリンの「ライムライト」、ロベルト・ベニーニの映画「ピノッキオ」のマリオネット、アンデルセンの短編小説集「絵のない絵本」の第十六夜、ブゾーニのオペラ「アルレッキーノ」などに登場する。.

新しい!!: アントニ・ガウディとアルレッキーノ · 続きを見る »

アントニ・ガウディの作品群

アントニ・ガウディの作品群はスペイン、バルセロナにあるアントニ・ガウディの建築作品のうち、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されたものを言う。.

新しい!!: アントニ・ガウディとアントニ・ガウディの作品群 · 続きを見る »

アール・ヌーヴォー

ドームの壺(ナンシー派、1900年頃) アール・ヌーヴォー(Art Nouveau)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に開花した国際的な美術運動。「新しい芸術」を意味する。花や植物などの有機的なモチーフや自由曲線の組み合わせによる従来の様式に囚われない装飾性や、鉄やガラスといった当時の新素材の利用などが特徴。分野としては建築、工芸品、グラフィックデザインなど多岐にわたった。 第一次世界大戦を境に、装飾を否定する低コストなモダンデザインが普及するようになると、アール・デコへの移行が起き、アール・ヌーヴォーは世紀末の退廃的なデザインだとして美術史上もほとんど顧みられなくなった。しかし、1960年代のアメリカ合衆国でアール・ヌーヴォーのリバイバルが起こって以降、その豊かな装飾性、個性的な造形の再評価が進んでおり、新古典主義とモダニズムの架け橋と考えられるようになった。ブリュッセルやリガ歴史地区のアール・ヌーヴォー建築群は世界遺産に指定されている。.

新しい!!: アントニ・ガウディとアール・ヌーヴォー · 続きを見る »

アストルガ

アストルガ (Astorga)は、スペイン、カスティーリャ・イ・レオン州、レオン県の都市。 サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路の「フランスの道」途上の町で、司教座が置かれている。.

新しい!!: アントニ・ガウディとアストルガ · 続きを見る »

ウジェーヌ・エマニュエル・ヴィオレ・ル・デュク

ウジェーヌ・エマニュエル・ヴィオレ・ル・デュク(Eugène Emmanuel Viollet-le-Duc、1814年1月27日 - 1879年9月17日)は、19世紀フランスの建築家、建築理論家。中世建築の修復、及びゴシック建築の構造合理主義的解釈で知られる。.

新しい!!: アントニ・ガウディとウジェーヌ・エマニュエル・ヴィオレ・ル・デュク · 続きを見る »

エウゼビ・グエイ

エウゼビ・グエイ グエイ伯エウゼビ・グエイ・イ・バシガルーピまたはアウゼビ・グエイ・イ・バシガルーピ(, 1846年 — 1918年7月8日)は、スペインの実業家・政治家。グエルという表記はカスティーリャ語読みに由来する。 バルセロナで生まれた。彼の父ジュアン・グエイ・イ・ファレーは、(タラゴナ県)出身で、キューバ滞在中に相当な財産を築き、バルセロナへ戻ってから多様な事業を促進した。母フランシスカ・バシガルーピは、18世紀後半にバルセロナへ移住したジェノヴァ商人の一族出身で、彼女の兄はバルセロナ、サンツ・ムンジュイック地区で織物工場を所有していた。 父ジョアンと同じようにエウゼビ・グエイは、会社を新設するというビジネスに心血を注いだ。その後にグエイ伯となるエウゼビは、裕福であった一族の一員であったことから、バルセロナ、フランス、イギリスで法学、経済学、応用化学を学ぶことができた。実業家フェラン・アルシナー(es)と協力して、サンタ・クローマ・ダ・サルバリョーにおいてコーデュロイ工場を始め、これはのちのコロニア・グエイ(es)教会の基礎となった(1891年)。のちの1901年、カステリャー(:en:Castellar de n'Hug)に本拠をおくアスファルト・ポートランド・アシュランド総合会社を興した。そしてまた、妻イサベル(イスパノ・コロニアル銀行を創設したロペス財閥、コミーリャス侯爵家出身)の一族の会社、、フィリピーナス・タバコ会社(Compañía General de Tabacos de Filipinas)の重役となった。 エウゼビ・グエイは政治の世界に身を投じ、また文化活動の広い分野に関係していた。1875年にはバルセロナ市議員に選出され、1878年には州議会議員となり、スペイン上院議員となった。彼はカタルーニャの文化後援者として積極的で、サン・ジョルディ王立美術アカデミー会員となり、カタルーニャ主義者の団体の総裁となった。 建築家アントニ・ガウディと親交を結び、彼の生涯最大の後援者となったために、彼ら2人の名前は国際的に知られるようになった。グエイ公園、コロニア・グエル教会、グエイ邸、グエイ別邸である。1918年7月8日、グエイはグエイ公園内の自宅で死去した。彼は広範囲の文化に関心を示した人物で、数カ国語に翻訳されるほどの著作を持っていた。 アルフォンソ13世は、外国で成した富を用いてグエイがスペイン経済に貢献したことを讃え、彼を貴族の列に序すことにした。その後の結婚によって、グエイ家の子孫は現在コミリャス侯の称号を名乗っている。実業家、政治家であるエウゼビ・グエイの名に対し、グエイ伯の称号が授けられた。数年後、アルフォンソ13世はグエイの子供たちへ子爵と男爵の称号を与えた。これに感謝して、グエイの子供たちは、王家へペドラルベス王宮(:es:Palacio Real de Pedralbes、グエイ邸パヴィリオン内)を献上した。 Category:スペインの政治家 Category:カタルーニャの人物 Category:バルセロナ出身の人物 Category:1846年生 Category:1918年没.

新しい!!: アントニ・ガウディとエウゼビ・グエイ · 続きを見る »

オーヴェルニュ地域圏

ーヴェルニュ地域圏(Auvergne)は、フランスの中南部、中央山塊に位置するかつて存在した地域圏である。フランスの中央高地に相当する地方である。四方を陸に囲まれており、ローヌ=アルプ地域圏、ブルゴーニュ地域圏、サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏、リムーザン地域圏、ミディ=ピレネー地域圏、ラングドック=ルシヨン地域圏と接している。首府はクレルモン=フェラン。歴史的にもこの地域は現在と似た区分で存在しており、クレルモン=フェランも古くからの中心都市であった。面積は日本の近畿地方と同程度、人口は沖縄県程度。 2016年1月1日にローヌ=アルプ地域圏と統合し、オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏となった。 山脈や休火山があり、肥沃な土地に湖や牧草地帯が広がっている。豊富に良質な地下水を産出する事で有名。日本でもおなじみのミネラルウォーターであるヴォルヴィックはこの地方(ピュイ・ド・ドーム山)で採水されたもの。主要産業は農業で、長くパリやマルセイユ、リヨンなどに出稼ぎに出る住民が多くフランス国内でも比較的開発から遅れた地域であったが、近年は金属工業の発達や観光産業の振興により徐々に活性化してきている。首府のクレルモン=フェランは、世界有数のタイヤメーカーであるミシュランの本社所在地として知られる。.

新しい!!: アントニ・ガウディとオーヴェルニュ地域圏 · 続きを見る »

カトリック教会

トリック教会(カトリックきょうかい、)は、ローマ教皇を中心として全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。その中心をローマの司教座に置くことからローマ教会、ローマ・カトリック教会とも呼ばれる。.

新しい!!: アントニ・ガウディとカトリック教会 · 続きを見る »

カテナリー曲線

媒介変数 ''a'' のいくつかの異なる値に対するカテナリー曲線の例 カテナリー(赤)と放物線(青) カテナリー曲線(カテナリーきょくせん、catenary)または懸垂曲線(けんすいきょくせん)または懸垂線(けんすいせん)とは、ロープや電線などの両端を持って垂らしたときにできる曲線である。カテナリーの名はホイヘンスによるもので、"catena" (カテーナ、ラテン語で「鎖、絆」の意) に由来する。カテナリー曲線をあらわす式を最初に得たのはヨハン・ベルヌーイ、ライプニッツらで、1691年のことである。.

新しい!!: アントニ・ガウディとカテナリー曲線 · 続きを見る »

カタルーニャ州

タルーニャ州(Catalunya, Cataluña, アラン語:Catalonha)は、スペインの自治州。州都はバルセロナ。 カタルーニャ州はスペイン北東部の地中海岸にあり、交通の要衝として古代から栄えた。カタルーニャは独自の歴史・伝統・習慣・言語を持ち、カタルーニャ人としての民族意識を有している。中世にはアラゴン=カタルーニャ連合王国として地中海の覇権を握ったが、スペイン王国成立後には衰退した。1979年にはスペイン国家内で自治州の地位を得たが、2010年代にはカタルーニャ独立運動が盛んになり、2017年10月にはカタルーニャ共和国として独立宣言が行われるに至った。.

新しい!!: アントニ・ガウディとカタルーニャ州 · 続きを見る »

カタルーニャ語

タルーニャ語(カタルーニャご、català )はスペイン東部のカタルーニャ州に居住しているカタルーニャ人の言語。カタラン語ともいう。よく見られるカタロニア語という表記は地方名の英語名に由来する。インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する。 カタルーニャ地方のほか、バレンシア州、バレアレス諸島州、アラゴン州のカタルーニャ州との境界地域、南フランス・ルシヨン地方(北カタルーニャ)、イタリア・サルデーニャ州アルゲーロ市などに話者がいる。 アンドラ公国では公用語になっており、またスペインではガリシア語、バスク語と並んで地方公用語(カタルーニャ、バレンシア、バレアレス諸島各自治州)となっている。なお、バレンシア州は同地で話されているこの言語の地域変種の名称を「バレンシア語」と規定しており、このことは同州で話されているこの言語を、カタルーニャ語のバレンシア方言であるか、バレンシア語であるかと言う議論に発展した。また、.

新しい!!: アントニ・ガウディとカタルーニャ語 · 続きを見る »

カタロニア讃歌

『カタロニア讃歌』(カタロニアさんか、原題 Homage to Catalonia)は、英国の文学者ジョージ・オーウェルによるスペイン内戦のルポルタージュ。1936年12月から1937年6月までの間内戦に参加したオーウェルの体験を元に、一人称で描かれている。.

新しい!!: アントニ・ガウディとカタロニア讃歌 · 続きを見る »

カサ・ミラ

・ミラ(Casa Milà)は、バルセロナのグラシア通りにある建築物である。ガウディが54歳の時に設計した。1906年から1910年にかけて実業家のペレ・ミラとその妻ルゼー・セギモンの邸宅として建設された。1984年にユネスコの世界遺産に登録された。 カサ・ミラは直線部分をまったくもたない建造物になっていて、壮麗で非常に印象的な建物である。あたかも砂丘か溶岩の波のような雰囲気をもっており、一般的な現代建築の様式とは、隔絶した建築となっている。外観の波打つ曲線は地中海をイメージして作られた。一つ一つ異なるバルコニーは、鉄という素材を使いながら、まるで波に漂う海藻のような、柔らかな造形を生み出している。内側は天井も壁もどこもかしこも波打ち、まるで海底にいるような奥深さに包まれる。屋上には、独特の加工をされた煙突や階段室が立ち並び、月面か夢の中の風景にもたとえられる。 この建築物は通常の建築物というよりむしろ彫刻であると見做すことができる。実用性に欠けるという批判もあるが、圧倒的な芸術性を持つことは否定できない。皮肉にも建設当時のバルセロナ市民はカサ・ミラを醜悪な建物と考え、「石切場(ラ・ペドレラ)」というニックネームをつけたが、今日ではバルセロナを代表する歴史的建造物となっている。 現在内部はガウディ建築に関する博物館になっている。2009年1月現在、9.5ユーロを支払うことで内部の住居部分や屋上も見学することができる。 家賃は建設当時1500ペセタと、一般職人の月給の約10倍であったためと見た目の評判の悪さから、なかなか借り手が見つからなかった。そのため、「3世代に渡って値上げなし」という契約条件があるため、ほとんど値上げされていないため、現在でも家賃は約15万円となっている。広さは約300㎡で全8室あり、現在でも4世帯が居住している。.

新しい!!: アントニ・ガウディとカサ・ミラ · 続きを見る »

カサ・バトリョ

・バトリョ(カタルーニャ語:Casa Batlló IPA: カザ・バッリョーあるいはカザ・バッジョー)は、スペイン、バルセロナにあるアントニ・ガウディが手がけた建築物の1つ。2005年にユネスコの世界遺産に登録された。 もので、カタルーニャ語ではカザ・バッリョーと発音する。バッリョー邸。.

新しい!!: アントニ・ガウディとカサ・バトリョ · 続きを見る »

カサ・ビセンス

--> カサ・ビセンスはスペインのバルセロナにある、アントニ・ガウディが初期に手がけた重要な建築物の1つ。レンガやタイル工場の社長であったマヌエル・ビセンスとその家族の住居として建設された。マヌエル・ビセンスは1895年に死去、1899年にはアントニオ・ジョベル医師の手に渡った(この人物は2013年現在の所有者の祖父)。改修および増築を経て、1969年にスペインの歴史芸術モニュメントに認定された。2005年にはユネスコの世界遺産に登録された。 1883年から1885年または1889年にかけて建設され、バルセロナのグラシア地区に現存している。このガウディの初期作品の外観はムデハル様式の影響を受けている。 2007年10月、2700万ユーロで売りに出された。2014年3月27日、モラバンクがカサ・ビセンスを購入し、2016年の一般公開に向けて準備を進めている。.

新しい!!: アントニ・ガウディとカサ・ビセンス · 続きを見る »

ガウディ (小惑星)

ウディ (10185 Gaudi) は小惑星帯に位置する小惑星。ベルギーの天文学者エリック・ヴァルター・エルストがヨーロッパ南天天文台で発見した。 スペインの建築家アントニ・ガウディに因んで命名された。.

新しい!!: アントニ・ガウディとガウディ (小惑星) · 続きを見る »

グエル公園

ル公園(カタルーニャ語:Parc Güell, 英語:Park Guell)は、スペインのバルセロナにある公園で、バルセロナの街が一望できる。1984年にユネスコの世界遺産に登録された。アントニ・ガウディの作品群の1つである。.

新しい!!: アントニ・ガウディとグエル公園 · 続きを見る »

コロニア・グエル教会

ニア・グエル教会(コロニア・グエルきょうかい、Cripta de la Colònia Güell)は、アントニ・ガウディの設計により、スペインのバルセロナ近郊のサンタ・クローマ・ダ・サルバリョーに建てられた教会である。.

新しい!!: アントニ・ガウディとコロニア・グエル教会 · 続きを見る »

シッチェス

ッチェス (Sitges) は、スペイン・カタルーニャ州バルセロナ県のムニシピ(基礎自治体)。コマルカ(郡)としてはに属する。住民呼称はsitgetà/-tana。.

新しい!!: アントニ・ガウディとシッチェス · 続きを見る »

シウタデリャ公園

ウタデリャ公園 (カタルーニャ語:Parc de la Ciutadella)は、スペイン、バルセロナ、シウタ・ベリャ区(ca)にある公園。バルセロナ有数の広い公園で、かつて要塞がこの場所にあったためにこの名がついた。面積は17.42ヘクタールあり、園内にはカタルーニャ自治州議会議事堂(es)、バルセロナ動物園がある。.

新しい!!: アントニ・ガウディとシウタデリャ公園 · 続きを見る »

ジュゼップ・マリア・ジュジョール

ュゼップ・マリア・ジュジョール・ギベール(カタルーニャ語:Josep Maria Jujol Gibert, 1879年9月16日 - 1949年5月1日)はスペイン、カタルーニャ地方出身の建築家。 タラゴナ県タラゴナに生まれる。フランセスク・ベレンゲールらとともにアントニ・ガウディの協力者として、建築にとどまらず家具デザインや絵画などの分野でも、その色彩感覚、造形的な才能を発揮させた。ガウディと施主達とがもめたため建設工事がとまってしまったカサ・ミラを完成させたのはジュジョールである。カサ・バトリョやグエル公園の建設にもかかわった。 晩年はカタルーニャ地方南部の町や村で教会や住宅の修復などを行なった。作品としては小規模なものが多い。代表作にトーレ・ダ・ラ・クレウ、マシア・ネグラ、カサ・ブファルイなどがある。 バルセロナで没。.

新しい!!: アントニ・ガウディとジュゼップ・マリア・ジュジョール · 続きを見る »

ジョージ・オーウェル

ョージ・オーウェル(、1903年6月25日 - 1950年1月21日)は、イギリスの作家、ジャーナリスト。生誕地はイギリス植民地時代のインド。本名はエリック・アーサー・ブレア()。エリック・ブレアとも。全体主義的ディストピアの世界を描いた『1984年』の作者で知られる。『1984年』のような世界を描いた監視管理社会を「オーウェリアン」(Orwellian)と呼ぶ。 『1984年』は、1998年にランダム・ハウス、モダン・ライブラリーが選んだ「英語で書かれた20世紀の小説ベスト100」、2002年にノルウェー・ブック・クラブ発表の「史上最高の文学100」に選ばれ、オーウェルは20世紀のイギリス文化における最高の記録保持者とみなされている。.

新しい!!: アントニ・ガウディとジョージ・オーウェル · 続きを見る »

スペイン

ペイン王国(スペインおうこく、Reino de España)、通称スペインは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める立憲君主制国家。西にポルトガル、南にイギリス領ジブラルタル、北東にフランス、アンドラと国境を接し、飛地のセウタ、メリリャではモロッコと陸上国境を接する。本土以外に、西地中海のバレアレス諸島や、大西洋のカナリア諸島、北アフリカのセウタとメリリャ、アルボラン海のアルボラン島を領有している。首都はマドリード。.

新しい!!: アントニ・ガウディとスペイン · 続きを見る »

スペイン内戦

ペイン内戦(スペインないせん、Guerra Civil Española、英語Spanish Civil War1936年7月 - 1939年3月)は、第二共和政期のスペインで勃発した軍事クーデターによる内戦。マヌエル・アサーニャ率いる左派の人民戦線政府(共和国派)と、フランシスコ・フランコを中心とした右派の反乱軍(ナショナリスト派)とが争った。反ファシズム陣営である人民戦線をソビエト連邦が支援し、欧米市民知識人らも数多く義勇軍として参戦、フランコをファシズム陣営のドイツ・イタリアが支持・直接参戦するなどした。.

新しい!!: アントニ・ガウディとスペイン内戦 · 続きを見る »

スペイン語

ペイン語(スペインご、)もしくはカスティーリャ語(カスティーリャご、)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語。略して西語とも書く。.

新しい!!: アントニ・ガウディとスペイン語 · 続きを見る »

タラゴナ

タラゴナ(Tarragona)は、スペイン・カタルーニャ州タラゴナ県のムニシピ(基礎自治体)。タラゴナ県の県都であり、タラグネス郡の中心自治体。レウスなど近郊の都市を含めたタラゴナ都市圏の人口は約34万人。地中海に面した港湾都市で、物流の要所である。 古代ローマ時代に築かれ、今でも水道橋や円形競技場などの遺跡が残り、世界遺産に登録されている。遺跡のために観光客も多く集める。近隣の都市としては、約80キロ東にバルセロナ、200キロ北西にサラゴサが位置している。.

新しい!!: アントニ・ガウディとタラゴナ · 続きを見る »

タラゴナ県

タラゴナ県(Província de Tarragona)はスペインのカタルーニャ州の県。テルエル県、リェイダ県、サラゴサ県、バルセロナ県と接しており、地中海にも面している。県都はタラゴナ。その他の都市としてはトゥルトーザ、レウスなどがある。.

新しい!!: アントニ・ガウディとタラゴナ県 · 続きを見る »

サルバドール・ダリ

ルバドール・ダリ(Salvador Dalí 、ダリ・デ・プブル侯爵 Marqués de Dalí de Púbol (es)、1904年5月11日 - 1989年1月23日)は、スペイン・フィゲーラス出身の画家。シュルレアリスムの代表的な作家として知られる。フルネームはカタルーニャ語でサルバドー・ドメネク・ファリプ・ジャシン・ダリ・イ・ドメネク (Salvador Domènec Felip Jacint Dalí i Domènech)。「天才」と自称して憚らず、数々の奇行や逸話が知られている。.

新しい!!: アントニ・ガウディとサルバドール・ダリ · 続きを見る »

サンタンデール (スペイン)

ンタンデール(Santander)は、スペイン・カンタブリア州のムニシピオ(基礎自治体)。カンタブリア州の州都である。.

新しい!!: アントニ・ガウディとサンタンデール (スペイン) · 続きを見る »

サグラダ・ファミリア

受難のファザード 内装 サグラダ・ファミリア教会完成予想模型 1915年当時 サグラダ・ファミリア()は、日本語に訳すると聖家族贖罪教会()という正式名称を持つ、スペインのバルセロナにあるカトリック教会のバシリカである。日本語では聖家族教会と呼ばれることも多い。.

新しい!!: アントニ・ガウディとサグラダ・ファミリア · 続きを見る »

入江正之

行燈旅館外観(東京都台東区) 行燈旅館入口 入江正之(いりえまさゆき、1946年 - )は、日本の建築家。早稲田大学理工学部建築学科名誉教授。スペイン、カタルーニャ地方の建築史を研究。アントニ・ガウディに関する著作も多い。.

新しい!!: アントニ・ガウディと入江正之 · 続きを見る »

国際連合教育科学文化機関

フランス、パリのユネスコ本部庁舎と平和の庭園(日本庭園) 日本ユネスコ国内委員会が入居する東京都の霞が関コモンゲート東館(右側) 国際連合教育科学文化機関(こくさいれんごうきょういくかがくぶんかきかん、Organisation des Nations unies pour l'éducation, la science et la culture、United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization, UNESCO ユネスコ)は、国際連合の経済社会理事会の下におかれた、教育、科学、文化の発展と推進を目的とした専門機関である。 1945年11月に44カ国の代表が集い、イギリス・ロンドンで開催された国連会議 "United Nations Conference for the establishment of an educational and cultural organization" (ECO/CONF)において11月16日に採択された 「国際連合教育科学文化機関憲章」(ユネスコ憲章)に基づいて1946年11月4日に設立された。 分担金(2016年現在)の最大の拠出国はアメリカ合衆国(22%)、2位は日本(9%)である(米国は拠出金支払いを全額停止しているため、実質的に最大の拠出国は日本であるなおアメリカは2018年12月31日付でのユネスコ脱退を表明している。)。.

新しい!!: アントニ・ガウディと国際連合教育科学文化機関 · 続きを見る »

磯崎新

磯崎 新(いそざき あらた、1931年(昭和6年)7月23日 - )は日本の建築家・日本芸術院会員。一級建築士、アトリエ建築家。 大分県大分市出身。父は実業家で俳人の磯崎操次。夫人は彫刻家の宮脇愛子。.

新しい!!: アントニ・ガウディと磯崎新 · 続きを見る »

粟津潔

粟津 潔(あわづ きよし、1929年2月19日 - 2009年4月28日)は日本のグラフィックデザイナー。.

新しい!!: アントニ・ガウディと粟津潔 · 続きを見る »

独身

身(どくしん)とは、法に基づいた婚姻契約が無い状態のこと(者)を指す。民法上において配偶者がいないこと(者)のこと。.

新しい!!: アントニ・ガウディと独身 · 続きを見る »

銅細工職人

銅細工職人 (どうざいくしょくにん、Coppersmith、またはRedsmith) は、銅製の工芸品を製作する人物、職業である。"Redsmith"という言葉は、銅の色に由来している。.

新しい!!: アントニ・ガウディと銅細工職人 · 続きを見る »

路面電車

路面電車(ろめんでんしゃ)は、主に道路上に敷設された軌道(併用軌道)を用いる「路面鉄道」(Tram、Tramway、Streetcar、Straßenbahn)を走行する電車である。類似のシステムにライト・レール・トランジット、トラムトレイン、ゴムタイヤトラムなども存在する。.

新しい!!: アントニ・ガウディと路面電車 · 続きを見る »

SD選書

SD選書 は鹿島出版会から出版されている建築・建築史を中心とした選書シリーズで1965年に発足。 国内外の建築家・都市研究者の論考・伝記を広く紹介する役割を果たしている。また芸術学・美術史関連も刊行されている。.

新しい!!: アントニ・ガウディとSD選書 · 続きを見る »

方程式

14''x'' + 15.

新しい!!: アントニ・ガウディと方程式 · 続きを見る »

1852年

記載なし。

新しい!!: アントニ・ガウディと1852年 · 続きを見る »

1926年

記載なし。

新しい!!: アントニ・ガウディと1926年 · 続きを見る »

19世紀

19世紀に君臨した大英帝国。 19世紀(じゅうきゅうせいき)は、西暦1801年から西暦1900年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: アントニ・ガウディと19世紀 · 続きを見る »

6月10日

6月10日(ろくがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から161日目(閏年では162日目)にあたり、年末まであと204日ある。誕生花はジャスミン、ラベンダー。.

新しい!!: アントニ・ガウディと6月10日 · 続きを見る »

6月25日

6月25日(ろくがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から176日目(閏年では177日目)にあたり、年末まであと189日ある。誕生花はアガパンサス、ヒルガオ。.

新しい!!: アントニ・ガウディと6月25日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

アントーニ・ガウディーアントニオ・ガウディ

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »