ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)

索引 アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)

アレクサンドラ・フョードロヴナ(Александра Фёдоровна, 1798年7月13日 - 1860年11月1日)は、ロシア皇帝ニコライ1世の皇后。プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世とその王妃ルイーゼの第4子(長女)。ドイツ語名はフリーデリケ・ルイーゼ・シャルロッテ・ヴィルヘルミーネ(Friederike Luise Charlotte Wilhelmine)。シャルロッテ・フォン・プロイセン(Charlotte von Preußen)とも呼ばれる。.

40 関係: 婚配機密ミハイル・ニコラエヴィチマリア・フョードロヴナ (パーヴェル1世皇后)マリア・ニコラエヴナ (ロイヒテンベルク公妃)マリア・アレクサンドロヴナ (ロシア皇后)マクシミリアン・ド・ボアルネルイーゼ・フォン・メクレンブルク=シュトレーリッツロイヒテンベルク公ロシア君主一覧ヴュルテンベルク君主一覧プロイセン国王ツァールスコエ・セローフリードリヒ・ヴィルヘルム1世 (プロイセン王)フリードリヒ・ヴィルヘルム3世 (プロイセン王)フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・ヘッセン=カッセルドイツ語ニコライ1世ニコライ・ニコラエヴィチ (1831-1891)ホーエンツォレルン家ベルリンアレクサンドラ・ペトロヴナアレクサンドラ・ニコラエヴナアレクサンドラ・イオシフォヴナアレクサンドル2世アレクサンドロフスキー宮殿イタリアウジェーヌ・ド・ボアルネエリザヴェータ・アレクセーエヴナオリガ・フョードロヴナオリガ・ニコラエヴナ (ヴュルテンベルク王妃)カール1世 (ヴュルテンベルク王)クリミアコンスタンチン・ニコラエヴィチシャルロッテンブルク宮殿ゾフィー・ドロテア・フォン・プロイセンサンクトペテルブルク11月1日1798年1860年7月13日

婚配機密

ミトラをかぶりフェロンを着用した司祭が、新郎新婦のつながれた手にエピタラヒリを乗せようとしている場面。(プラハ、チェコ共和国) マリア・フョードロヴナの婚配機密中、戴冠礼儀の中でアナロイの周りを回る皇太子・皇太子妃と司祭を描いた絵画。かつての皇族のみならず、現代の一般の新郎新婦も同様に行う。 婚配機密(こんぱいきみつ、Γάμος, Брак (венчание), Cununie, Marriage)とは、婚姻(結婚)、および子を生み養育する事を成聖する恩寵が与えられるように祈願する、正教会における機密の一つマカリイ p.381 - p.382。 儀礼・結婚式としては、聘定式(へいていしき)と呼ばれる結婚指輪の交換を中心とする奉神礼と、新郎新婦が戴冠を行う戴冠礼儀(たいかんれいぎ)と呼ばれる奉神礼で構成される。結婚式としての式典については婚配式(こんぱいしき)とも呼ばれる。 正教徒のみが与ることが出来るため、結婚を機会に洗礼もしくは帰正を経て正教徒になる者もいる。婚配機密に正教徒のみが与るのは、正教において結婚と夫婦は、福音によって一体となって生き、ハリストス(キリスト)における永遠の結合となるものとして理解されることメイエンドルフ p.19 - p.23、婚配において新しい家庭が正教会という共同体に迎え入れられる意義があることなどが理由として挙げられる。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)と婚配機密 · 続きを見る »

ミハイル・ニコラエヴィチ

ミハイル大公 ミハイル・ニコラエヴィチ(, 1832年10月13日 - 1909年12月18日)は、ロシアの皇族、ロシア大公。ロシア皇帝ニコライ1世と皇后アレクサンドラ・フョードロヴナとの間の四男。カフカース副王(在任1862年 - 1881年)を長く務め、トビリシに住んだ。その後、1881年から1905年まで国家評議会議長の地位にあった。 1857年、バーデン大公レオポルト1世の末娘ツェツィーリエと結婚した。正教に改宗してオリガ・フョードロヴナと名乗った妻との間に7人の子女をもうけた。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とミハイル・ニコラエヴィチ · 続きを見る »

マリア・フョードロヴナ (パーヴェル1世皇后)

マリア・フョードロヴナ(Мария Фёдоровнаマリーヤ・フョーダラヴナ;ラテン文字転写の例:Maria Feodorovna、1759年10月25日(ユリウス暦10月14日) - 1828年11月5日(グレゴリオ暦11月12日))は、ロシア皇帝パーヴェル1世の皇后。ドイツ語名はゾフィー・ドロテア・フォン・ヴュルテンベルク(Sophie Dorothea von Württemberg)。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とマリア・フョードロヴナ (パーヴェル1世皇后) · 続きを見る »

マリア・ニコラエヴナ (ロイヒテンベルク公妃)

マリア・ニコラエヴナ(, 1819年8月18日 - 1876年2月21日)は、ロシア大公女でロイヒテンベルク公マクシミリアン・ド・ボアルネの夫人。ロシア皇帝ニコライ1世の長女、母は皇后アレクサンドラ・フョードロヴナ。ペテルブルクにあった帝立芸術アカデミーの総裁だった。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とマリア・ニコラエヴナ (ロイヒテンベルク公妃) · 続きを見る »

マリア・アレクサンドロヴナ (ロシア皇后)

皇后マリア マリア・アレクサンドロヴナ, 1857 マリア・アレクサンドロヴナ(, 1824年8月8日 - 1880年6月3日)は、ロシア皇帝アレクサンドル2世の皇后。ヘッセン大公女マクシミリアーネ・ヴィルヘルミーネ・アウグステ・ゾフィー・マリー・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット(Maximiliane Wilhelmine Auguste Sophie Marie von Hessen-Darmstadt)として生まれた。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とマリア・アレクサンドロヴナ (ロシア皇后) · 続きを見る »

マクシミリアン・ド・ボアルネ

幼少時のマクシミリアン。ヨーゼフ・カール・シュティーラー画、1821年 マクシミリアン・ジョゼフ・ウジェーヌ・オギュスト・ナポレオン・ド・ボアルネ(フランス語名:Maximilian Joseph Eugene Auguste Napoleon de Beauharnais, 1817年10月2日 - 1852年11月1日)は、第3代ロイヒテンベルク公。第3代ヴェネツィア公。フランス皇子の称号を持ち、ナポレオン・ボナパルトが創設したイタリア王国の王子でもあった。また、フランクフルト大公国の大公位請求者だった。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とマクシミリアン・ド・ボアルネ · 続きを見る »

ルイーゼ・フォン・メクレンブルク=シュトレーリッツ

ルイーゼ・アウグステ・ヴィルヘルミーネ・アマーリエ・メクレンブルク=シュトレーリッツ大公女(Luise Auguste Wilhelmine Amalie Herzogin zu Mecklenburg-Strelitz, 1776年3月10日 - 1810年7月19日)は、フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の妻としてプロイセン王妃である。メクレンブルク=シュトレーリッツ公カール2世(後のメクレンブルク=シュトレーリッツ大公)の次女。初代ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世の母。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とルイーゼ・フォン・メクレンブルク=シュトレーリッツ · 続きを見る »

ロイヒテンベルク公

イヒテンベルク公爵家の紋章 ロイヒテンベルク公(Herzog von Leuchtenberg;Герцог Лейхтенбергский)は、ドイツのバイエルン王国において創設された公爵位。1817年11月14日に、ウジェーヌ・ド・ボアルネに与えられた。 ウジェーヌはフランス皇帝ナポレオン1世の継息子・養子で、継父からライン地方のフランクフルト大公国(Großherzogtum Frankfurt)やイタリア王国の統治を任されていた。ナポレオンの没落後、義父であるバイエルン王マクシミリアン1世は、地位を失ったウジェーヌに対する補償としてロイヒテンベルク公爵位を授け、同時に半独立的なアイヒシュテット侯領(Fürstentum Eichstätt)を授けた。 第2代公爵のオーギュストはポルトガル女王マリア2世の最初の王配となったが、ポルトガル王家に継嗣をもたらさないまま早世した。 その弟の第3代公爵マクシミリアンは、ロシア皇帝ニコライ1世の長女マリヤ・ニコラエヴナとの結婚によってロシア帝室の一員となり、敬称も「諸侯家の殿下(Светлость)」から「皇帝家の殿下(Императорское Величество)」へと昇格した。以後、ロイヒテンベルク公爵家は事実上は広義のロシア皇帝家に属した。1855年、第4代公爵ニコライ・マクシミリアノヴィチはバイエルンのアイヒシュテット侯領を放棄した。 1890年、第4代公爵ニコライはロシア皇帝アレクサンドル3世によりロシア貴族の爵位であるロイヒテンベルク公爵位を授けられた。この爵位はあくまで儀礼的なもので、付属の領地などを伴わなかった。バイエルン側の公爵位は、ニコライの弟エヴゲーニイに相続されたが、ロシア側の公爵位は、ニコライが貴賤結婚によって儲けた息子ニコライに受け継がれた。 2つのロイヒテンベルク公爵位は1917年と翌1918年のロシアとドイツにおける共和制移行により、名目上のものとなった。バイエルン側の公爵位は1974年に継嗣が絶えたが、ロシア側の公爵位は現在も相続人が存在する。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とロイヒテンベルク公 · 続きを見る »

ロシア君主一覧

記載なし。

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とロシア君主一覧 · 続きを見る »

ヴュルテンベルク君主一覧

ヴュルテンベルク王家の居住の中心であるドイツのアルツハウゼンの宮殿の門に掲げられた王家の紋章。 ヴュルテンベルク伯の紋章 エーバーハルト1世によって採用された紋章。 ヴュルテンベルク君主一覧では、1918年まで続いた伯から王までのドイツ・ヴュルテンベルクの君主を列挙する。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とヴュルテンベルク君主一覧 · 続きを見る »

プロイセン国王

プロイセン国王(プロイセンこくおう、ドイツ語:König von Preußen)は、1701年(正確には1772年)から1918年まで使用されたホーエンツォレルン家のプロイセン君主による世襲の称号である。1871年以降はドイツ皇帝の称号も兼ねた。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とプロイセン国王 · 続きを見る »

ツァールスコエ・セロー

ツァールスコエ・セロー (ロシア語:Царское Село)は、サンクトペテルブルク中心区の南方24kmほどの位置にあるロシア皇帝の離宮、エカテリーナ宮殿などが集まる避暑地。かつてはプーシキン市だったが、現在はサンクトペテルブルク市プーシキン区となっている。サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群の一つとして、世界遺産にも登録されている。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とツァールスコエ・セロー · 続きを見る »

フリードリヒ・ヴィルヘルム1世 (プロイセン王)

フリードリヒ・ヴィルヘルム1世(Friedrich Wilhelm I., 1688年8月14日 - 1740年5月31日)は、第2代の「プロイセンにおける王」。粗暴で無教養だったが、財政・軍制の改革によってブランデンブルク=プロイセンの強大化に努め、兵隊王(または軍人王、Soldatenkönig)とあだ名された。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とフリードリヒ・ヴィルヘルム1世 (プロイセン王) · 続きを見る »

フリードリヒ・ヴィルヘルム3世 (プロイセン王)

フリードリヒ・ヴィルヘルム3世(Friedrich Wilhelm III., 1770年8月3日 - 1840年6月7日)は、プロイセン王(在位:1797年11月16日 - 1840年6月7日)。家庭においてはよい父だったが、消極的な平和主義に固執し、ナポレオン・ボナパルトとの戦いに敗れるという危機の時代にあっても改革を主導する能力と意欲を欠いていた。しかしこの時代、プロイセンには文武ともに有能な人材が輩出し、近代化も進んでいった。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とフリードリヒ・ヴィルヘルム3世 (プロイセン王) · 続きを見る »

フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・ヘッセン=カッセル

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ゲオルク・アドルフ・フォン・ヘッセン=カッセル フリードリヒ・ヴィルヘルム・ゲオルク・アドルフ・フォン・ヘッセン=カッセル (Friedrich Wilhelm (II.) Georg Adolf von Hessen-Kassel (zu Rumpenheim), 1820年11月26日 - 1884年10月14日)は、ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯。1875年以降ヘッセン=カッセル方伯家家長であり、母方を通じてデンマーク王位請求権を持っていた。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とフリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・ヘッセン=カッセル · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とドイツ語 · 続きを見る »

ニコライ1世

ニコライ1世(、ニコライ・パヴロヴィチ・ロマノフ、、1796年7月6日 - 1855年3月2日)はロマノフ朝第11代ロシア皇帝(在位:1825年12月1日 - 1855年3月2日)、第2代ポーランド立憲王国国王(ミコワイ1世)、第2代フィンランド大公。父はパーヴェル1世、母は皇后マリア・フョードロヴナ。 帝政時代にロシア帝国銀行が発行した50ルーブル紙幣に肖像が描かれていた。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とニコライ1世 · 続きを見る »

ニコライ・ニコラエヴィチ (1831-1891)

ニコライ・ニコラエヴィチ(Великий князь Николай Николаевич, 1831年7月27日 - 1891年4月13日)は、ロシアの皇族、ロシア大公。皇帝ニコライ1世とその妻アレクサンドラ・フョードロヴナ皇后との間に生まれた第6子、三男。名前および父称が同じ長男ニコライと区別するため、「年長」を意味するスタルシー(Старший)を付けて呼ぶことがある。軍人として育てられ、1877年に起きた露土戦争では元帥としてドナウ川方面のロシア軍を指揮した。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とニコライ・ニコラエヴィチ (1831-1891) · 続きを見る »

ホーエンツォレルン家

ホーエンツォレルン城 ホーエンツォレルン家(ホーエンツォレルンけ、Haus Hohenzollern)は、南ドイツのシュヴァーベン地方に発祥したヨーロッパの貴族、君主の家系であり、ドイツ皇帝やルーマニア国王も出した一族である。 家名は居城としていたホーエンツォレルン城に由来し、14世紀にツォレルンからホーエンツォレルンに改めた。なお「ホーエンツォレルン」は舞台ドイツ語および南部のドイツ語の影響を受けた表記であり、現代標準ドイツ語の発音では「ホーエンツォレアン」または「ホーエンツォラーン」と表記する方が近い。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とホーエンツォレルン家 · 続きを見る »

ベルリン

ベルリン(Berlin 、伯林)は、ドイツ北東部、ベルリン・ブランデンブルク大都市圏地域の中心に位置する都市である。16ある連邦州のうちの一つで、市域人口は万人とドイツでは最大の都市で欧州連合の市域人口ではロンドンに次いで2番目に多く、都市的地域の人口は7番目に多い。同国の首都と定められている。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とベルリン · 続きを見る »

アレクサンドラ・ペトロヴナ

アレクサンドラ・ペトロヴナ大公妃 アレクサンドラ・ペトロヴナ(, 1838年6月2日 - 1900年4月25日)は、ロシア皇族、ロシア大公妃。皇帝ニコライ1世の三男ニコライ大公の妃。 オルデンブルク大公国公子の称号を持つロシア貴族のピョートル・ゲオルギエヴィチ・オリデンブルクスキー公爵と、その妻テレーゼ・フォン・ナッサウ(ルクセンブルク大公アドルフの同母姉)の娘として、サンクトペテルブルクで生まれた。ドイツ語名はアレクサンドリーネ・フリーデリケ・ヴィルヘルミーネ(Alexandrine Friederike Wilhelmine)。父方の祖母はエカテリーナ・パヴロヴナで、父ピョートルはニコライ1世の甥にあたる。1856年2月5日、ニコライ大公と結婚して2人の息子をもうけたが、夫婦関係は早くに破綻した。1900年、アレクサンドラはキエフで没した。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とアレクサンドラ・ペトロヴナ · 続きを見る »

アレクサンドラ・ニコラエヴナ

皇女アレクサンドラ、エルミタージュ美術館蔵 アレクサンドラ・ニコラエヴナ (,1825年6月24日 - 1844年8月10日)は、ロシア大公女。ヘッセン=カッセル方伯子フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・ヘッセン=カッセル(フリードリヒ2世の曾孫。デンマーク王妃ルイーゼ・フォン・ヘッセン=カッセルの弟)の妃。 ロシア皇帝ニコライ1世と皇后アレクサンドラの三女(第4子)として、サンクトペテルブルクで生まれた。家族からはアディニ(Adini)と呼ばれ、父に一番可愛がられた(他の兄弟はドイツ人の母親似で、彼女は父親似と言われていた)。姉のオリガによれば、利発で可愛らしい少女で、宮廷でも目立っていたという。 姉オリガの花婿候補としてサンクトペテルブルグを訪れたフリードリヒと出会い、1844年1月28日、結婚。しかし結婚後すぐに肺病にかかり、妊娠もしていたため、サンクトペテルブルクからヘッセンへ行くことができなくなった。アレクサンドラは、同年8月にヴィルヘルムと名付けられた男児(夭折)を生むが、回復することなく没した。両親は、亡くなるまでアレクサンドラの若死を憂い続けた。アレクサンドラは赤子を抱いたまま一つの棺に納められ、埋葬された。 フリードリヒ・ヴィルヘルムは、10年後に2度目の妃マリア・アンナ・フォン・プロイセン(皇后アレクサンドラ・フョードロヴナの姪)と再婚。6子をもうけ、本流の絶えたヘッセン=カッセル家家長となった。 Category:ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家 Category:ロシア大公女 Category:サンクトペテルブルク県出身の人物 Category:サンクトペテルブルク出身の人物 Category:1825年生 Category:1844年没.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とアレクサンドラ・ニコラエヴナ · 続きを見る »

アレクサンドラ・イオシフォヴナ

アレクサンドラ・イオシフォヴナ(ヨシフォヴナとも、, 1830年7月8日 - 1911年7月6日)は、ロシアの皇族、ロシア大公妃。ニコライ1世の次男コンスタンチン・ニコラエヴィチ大公の妻。結婚前の名前はアレクサンドラ・フリーデリケ・ヘンリエッテ・フォン・ザクセン=アルテンブルク(Alexandra Friederike Henriette von Sachsen-Altenburg)。 ザクセン=アルテンブルク公ヨーゼフとその妃であるアマーリエ・フォン・ヴュルテンベルクの第5子として、アルテンブルク(現在のテューリンゲン州、アルテンブルガー・ラント郡)で生まれた。長姉アレクサンドリーネ・マリーはハノーファー王ゲオルク5世の妃。コンスタンティンの姉、ヴュルテンベルク王妃オリガ・ニコラエヴナの仲介により、シュトゥットガルトでコンスタンチンと見合いをし、婚約した。 1848年9月にコンスタンチンと結婚。6子の母となった。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とアレクサンドラ・イオシフォヴナ · 続きを見る »

アレクサンドル2世

アレクサンドル2世(、アレクサンドル・ニコラエヴィチ・ロマノフ、、1818年4月29日(ユリウス暦4月17日) - 1881年3月13日(ユリウス暦3月1日))は、ロマノフ朝第12代ロシア皇帝(在位:1855年3月2日 - 1881年3月13日)。ニコライ1世の第一皇子、母は皇后でプロイセン王女のアレクサンドラ・フョードロヴナ。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とアレクサンドル2世 · 続きを見る »

アレクサンドロフスキー宮殿

アレクサンドロフスキー宮殿(Александровский дворец)は、ロシアの宮殿。サンクトペテルブルク近郊のツァールスコエ・セローにあり、帝政末期、皇帝ニコライ2世一家が皇宮として好んで使用した。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とアレクサンドロフスキー宮殿 · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とイタリア · 続きを見る »

ウジェーヌ・ド・ボアルネ

ウジェーヌ・ローズ・ド・ボアルネ(Eugène Rose de Beauharnais、1781年9月3日・パリ - 1824年2月21日・ミュンヘン)は、フランス帝室の一員。母はナポレオン1世の最初の皇后ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネで、母の再婚によりナポレオンの養子となり、イタリア副王、ヴェネツィア公、フランクフルト大公、ロイヒテンベルク公、そしてアイヒシュテット侯とされた。妹はナポレオン3世の母オルタンス・ド・ボアルネ。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とウジェーヌ・ド・ボアルネ · 続きを見る »

エリザヴェータ・アレクセーエヴナ

リザヴェータ・アレクセーエヴナ(, 1779年1月24日 - 1826年5月4日)は、ロシア皇帝アレクサンドル1世の皇后。カールスルーエで、バーデン大公女ルイーゼ・マリー・アウグステ・フォン・バーデン(Luise Marie Auguste von Baden)として生まれた。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とエリザヴェータ・アレクセーエヴナ · 続きを見る »

オリガ・フョードロヴナ

リガ・フョードロヴナ(, 1839年9月20日 - 1891年4月12日)は、ロシアの皇族、ロシア大公妃。皇帝ニコライ1世の四男ミハイル・ニコラエヴィチ大公の妃。 バーデン大公レオポルト1世とその妃ゾフィー・ヴィルヘルミーネの末娘として、カールスルーエで生まれた。ドイツ語名はツェツィーリエ・フォン・バーデン(Cäcilie Auguste von Baden)。 1857年8月28日、サンクトペテルブルクでミハイルと結婚。7子を生んだ。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とオリガ・フョードロヴナ · 続きを見る »

オリガ・ニコラエヴナ (ヴュルテンベルク王妃)

リガ・ニコラエヴナ(, 1822年9月11日 - 1892年10月30日)は、ヴュルテンベルク王カール1世の妃。ロシア大公女。ロシア皇帝ニコライ1世と皇后アレクサンドラの次女(第3子)、アレクサンドル2世の妹。  1846年7月13日に、ヴュルテンベルク王国の王太子だった又従弟のカールと結婚した。カールは1864年に父王ヴィルヘルム1世の死去を受けて王位に就き、オリガは王妃となった。なお、ヴィルヘルム1世の2度目の妃(カールの母は3度目の妃)エカテリーナ・パヴロヴナは、ニコライ1世の姉でオリガの伯母にあたる。 カール1世との間に子はなく、1891年にカール1世が68歳で死去した後は、カールの従兄と姉の息子であるヴィルヘルム2世が王位を継承した。翌1892年にオリガも70歳で死去した。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とオリガ・ニコラエヴナ (ヴュルテンベルク王妃) · 続きを見る »

カール1世 (ヴュルテンベルク王)

カール1世(Karl I.、1823年3月6日 - 1891年10月6日)は、ヴュルテンベルク王国の第3代国王(在位:1864年 - 1891年)。ヴィルヘルム1世とその3番目の妃であったパウリーネ(1800年 - 1873年)の長男で、全名はカール・フリードリヒ・アレクサンダー(Karl Friedrich Alexander)。 カールは1823年3月6日にシュトゥットガルトで生まれ、ベルリンとテュービンゲンで学んだ。 1846年7月13日、カールはロシア皇帝ニコライ1世の皇女で又従姉にあたるオリガ(1822年 - 1892年)と結婚した。 1864年、父王ヴィルヘルム1世の死去を受けて王位に即いた。カール1世の治世中の1871年、ヴュルテンベルク王国はドイツ帝国の構成国の一つとなった。 1891年10月6日、カール1世はシュトゥットガルトで死去した。カールは同性愛者であったといわれており、王妃との間に嗣子はおらず、王位は従兄フリードリヒ王子と姉カタリーナ王女の息子であるヴィルヘルム2世が嗣いだ。 Category:ヴュルテンベルク国王 Category:ヴュルテンベルク王太子 かある1 うゆるてんへるく Category:金羊毛騎士団員 Category:LGBTの王族 Category:ゲイの人物 Category:1823年生 Category:1891年没.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とカール1世 (ヴュルテンベルク王) · 続きを見る »

クリミア

リミア(Crimea)は、黒海の北岸における最大の半島であるクリミア半島を指す地名。そのほかに以下の用語がクリミアと呼ばれる。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とクリミア · 続きを見る »

コンスタンチン・ニコラエヴィチ

ンスタンチン・ニコラエヴィチ大公 大公一家の肖像写真、コンスタンチン大公は前列右端で末息子ヴャチェスラフを膝に抱いている コンスタンチン・ニコラエヴィチ(ロシア語表記:Константин Николаевич,1827年9月9日 - 1892年1月13日)は、ロシア大公。ロシア皇帝ニコライ1世の次男、母は皇后アレクサンドラ・フョードロヴナ。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とコンスタンチン・ニコラエヴィチ · 続きを見る »

シャルロッテンブルク宮殿

ャルロッテンブルク宮殿 シャルロッテンブルク宮殿の庭園 磁器の間 シャルロッテンブルク宮殿(シャルロッテンブルクきゅうでん、独:Schloss Charlottenburg)とは、ドイツのベルリン・シャルロッテンブルク=ヴィルマースドルフ区にあるプロイセン王国の宮殿。 プロイセン王・フリードリヒ1世が1699年に妃ゾフィー・シャルロッテのために建設。最初は「リーツェンブルク宮殿」(Schloss Lietzenburg)および「夏の館」と呼ばれていたが、ゾフィー・シャルロッテの死後に彼女を偲んで改名された。 1943年に空襲で大被害を受けたが、現在は復元されている。世界遺産に登録されている。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とシャルロッテンブルク宮殿 · 続きを見る »

ゾフィー・ドロテア・フォン・プロイセン

ゾフィー・ドロテア・マリー・フォン・プロイセン(Sophie Dorothea Marie von Preußen, 1719年1月25日 - 1765年11月15日)は、プロイセンの王族。プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム1世のその妃のイギリス王女ゾフィー・ドロテアの間の4女で、フリードリヒ2世大王の妹。同族のブランデンブルク=シュヴェート辺境伯フリードリヒ・ヴィルヘルムに嫁した。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とゾフィー・ドロテア・フォン・プロイセン · 続きを見る »

サンクトペテルブルク

'''サンクトペテルブルク周辺の人工衛星写真'''ラドガ湖から南西に流れ出したネヴァ川は北西に流路を変え、フィンランド湾最深部に流れ込む。サンクトペテルブルクの街はネヴァ川河口の三角州を中心に発達した。 サンクトペテルブルク(Санкт-Петербург,, IPA: )は、バルト海東部のフィンランド湾最東端に面するネヴァ川河口デルタに位置するロシア西部の都市、レニングラード州の州都。1917年までロシア帝国の首都であった。 都市建設ののち、第一次世界大戦まで(1703年 - 1914年)はペテルブルク(Петербург)、第一次世界大戦開戦以降(1914 - 24年)はペトログラード(Петроград)、ソビエト連邦時代(1924 - 91年)はレニングラード(Ленинград)と呼ばれた。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)とサンクトペテルブルク · 続きを見る »

11月1日

11月1日(じゅういちがつついたち)はグレゴリオ暦で始から305日目(閏年では306日目)にあたり、年末まであと60日ある。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)と11月1日 · 続きを見る »

1798年

記載なし。

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)と1798年 · 続きを見る »

1860年

記載なし。

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)と1860年 · 続きを見る »

7月13日

7月13日(しちがつじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から194日目(閏年では195日目)にあたり、年末まであと171日ある。誕生花はホテイアオイ、ニチニチソウ。.

新しい!!: アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)と7月13日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »