ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

アルジュナ

索引 アルジュナ

インドネシアのジャワ島のワヤン・クリのアルジュナ アルジュナ(梵語: अर्जुन, Arjuna)は、ヒンドゥー教の聖典の1つである叙事詩『マハーバーラタ』に登場する英雄である。 その名は「白色」を意味する。彼はパーンダヴァ兄弟5人のうちの3人目で、ユディシュティラ、ビーマ、ナクラ、サハデーヴァと兄弟。パーンドゥの最初の妻クンティーの産んだ中では末っ子である。ドラウパディーを兄弟共通の妻としてもち、カルナを宿敵とする。.

44 関係: ナーガナクラマハーバーラタマントラマニプル州チトラーンガダーバラモンバガヴァッド・ギーターユディシュティラリシワヤン・クリヴァーユヴァスデーヴァヴィヤーサヴィシュヴァールーパヴィシュヌパンチャーラ国パーンドゥパーンダヴァヒマラヤ山脈ヒンドゥー教ビーマドラウパディードルパダドローナダーナヴァアヴァターラアプサラスインドラウルヴァシーウルーピーカルナカウラヴァクリシュナクルクンティーグルシュリ・チンモイシヴァジャワ島サハデーヴァサンスクリット勃起不全閻魔

ナーガ

ラオスの公園の像。ナーガに守られたブッダ ナーガ (नाग, Nāga) は、インド神話に起源を持つ、蛇の精霊あるいは蛇神のことである。.

新しい!!: アルジュナとナーガ · 続きを見る »

ナクラ

ナクラ(Nakula)は、インドの叙事詩『マハーバーラタ』に登場する人物。クル王パーンドゥの妃とアシュヴィン双神との間の子で、サハデーヴァの双子の兄。パーンダヴァの1人で、この世で最も美しい男とされ、剣術に優れた才能を発揮した。パーンダヴァ共通の妻ドラウパディーとの間にシャタニーカをもうけた。 Category:マハーバーラタの登場人物.

新しい!!: アルジュナとナクラ · 続きを見る »

マハーバーラタ

マハーバーラタの作者とされるヴィヤーサ 『マハーバーラタ』(महाभारतम् Mahābhārata)は、古代インドの宗教的、哲学的、神話的叙事詩。ヒンドゥー教の聖典のうちでも重視されるものの1つで、グプタ朝の頃に成立したと見なされている。「マハーバーラタ」は、「バラタ族の物語」という意味であるが、もとは単に「バーラタ」であった。「マハー(偉大な)」がついたのは、神が、4つのヴェーダとバーラタを秤にかけたところ、秤はバーラタの方に傾いたためである。 『ラーマーヤナ』とともにインド二大叙事詩と称され、インド神話を構成する重要な文献の一つある。また、世界3大叙事詩の一つともされる(他の二つは『イーリアス』『オデュッセイア』)。.

新しい!!: アルジュナとマハーバーラタ · 続きを見る »

マントラ

マントラ(मन्त्र )は、サンスクリットで、本来的には「文字」「言葉」を意味する。真言と漢訳され、大乗仏教、特に密教では仏に対する讃歌や祈りを象徴的に表現した短い言葉を指す。.

新しい!!: アルジュナとマントラ · 続きを見る »

マニプル州

マニプル州(ベンガル文字表記:মণিপুর、英語:Manipur)は、インドの東部にある州の一つ。インドの北東端で、ミャンマーに国境を接する。中心都市インパール。22,327平方キロメートル、2,388,634人。.

新しい!!: アルジュナとマニプル州 · 続きを見る »

チトラーンガダー

チトラーンガダー(Citrāngadā).

新しい!!: アルジュナとチトラーンガダー · 続きを見る »

バラモン

バラモン階級の人々(インド・カルナータカ州) バラモン(brāhmaṇa、婆羅門)とは、インドのカースト制度の頂点に位置するバラモン教やヒンドゥー教の司祭階級の総称。ブラフミン(brahmin)ともいう。.

新しい!!: アルジュナとバラモン · 続きを見る »

バガヴァッド・ギーター

バガヴァッド・ギーター(श्रीमद्भगवद्गीता、 、 )は、700行(シュローカ)の韻文詩からなるヒンドゥー教の聖典のひとつである。ヒンドゥーの叙事詩マハーバーラタにその一部として収められており、単純にギーターと省略されることもある。ギーターとはサンスクリットで詩を意味し、の詩、すなわち「神の詩」と訳すことができる。 バガヴァッド・ギーターはパーンダヴァ軍の王子アルジュナと、彼の導き手であり御者を務めているクリシュナとの間に織り成される二人の対話という形をとっている。兄弟、親族を二分したパーンダヴァ軍とカウラヴァ軍の(、同義的に正当化される戦争)に直面したアルジュナは、クリシュナから「躊躇いを捨てクシャトリヤとしての義務を遂行し殺せ」と強く勧められる。このクリシュナの主張する戦士としての行動規範の中には、「解脱()に対する様々な心構えと、それに至るための手段との間の対話」が織り込まれている。 バガヴァッド・ギーターは、バラモン教の基本概念であるダルマと、有神論的な帰依(バクティ)、ヨーガの極致であるギャーナ・ヨーガ、バクティ・ヨーガ、カルマ・ヨーガ、ラージャ・ヨーガの実践による解脱(モークシャ)、そしてサーンキヤ哲学、これらの集大成をなしている。 いままでにいくつもの注釈書が書かれており、バガヴァッド・ギーターの教義の本質に関して様々な角度から語られている。 その中でもヴェーダーンタ学派の論評者はアートマンとブラフマンの関係を様々に読み解いている。そして戦場というバガヴァッド・ギーターの舞台は、人間の倫理と道徳上の苦悩を暗示していると捉えられてきた。 バガヴァッド・ギーターの提案する無私の行為はバール・ガンガーダル・ティラクや、マハトマ・ガンディーを含む多くのインド独立運動の指導者に影響をあたえた。ガンディーはバガヴァッド・ギーターを「スピリチュアル・ディクショナリー」と喩えている。.

新しい!!: アルジュナとバガヴァッド・ギーター · 続きを見る »

ユディシュティラ

ユディシュティラ(梵語:युधिष्ठिर, yudhiṣṭhira)は、ヒンドゥー教の聖典の1つである叙事詩『マハーバーラタ』に登場する英雄である。 彼はパーンダヴァ兄弟5人のうちの1人目で、アルジュナ、ビーマ、ナクラ、サハデーヴァと兄弟。パーンドゥの最初の妻としてクンティーが産んだ中では第1子である。ドラウパディーを兄弟共通の妻としてもつ。.

新しい!!: アルジュナとユディシュティラ · 続きを見る »

リシ

寺院のリシのレリーフ リシ(Ṛṣi、Rishi)とは、本来サンスクリットで、ヴェーダ聖典を感得したという神話・伝説上の聖者あるいは賢者達のこと。漢訳仏典などでは「仙人」などとも訳され、インド学では「聖賢」などと訳される。または、サンヒターの内の1つ。.

新しい!!: アルジュナとリシ · 続きを見る »

ワヤン・クリ

ワヤン・クリ(Wayang Kulit)とは、インドネシアのジャワ島やバリ島で行われる、人形を用いた伝統的な影絵芝居、またそれに使われる操り人形のことである。人形を操る人をダランと呼ぶ。芝居はヒンドゥー寺院での祭りなどで行われ、インドの古代叙事詩『マハーバーラタ』や『ラーマーヤナ』などが主な演目である。10世紀には既に演じられていたことが記録されている。ワヤン(Wayang)は影を、クリ(Kulit)は皮を意味する。2003年には、ユネスコの「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」において傑作の宣言を受けており、無形文化遺産に登録されることが事実上確定していたが、2009年9月の第1回登録で正式に登録された。日本では単にワヤンとも呼ばれているが、ワヤンには他に、人間が演じる、人形劇のなどがある。.

新しい!!: アルジュナとワヤン・クリ · 続きを見る »

ヴァーユ

ヴァーユ ヴァーユ( 、ワーユとも)はインド神話における風の神蔡丈夫 『インド曼陀羅大陸』 『神の文化史事典』 100頁。。その名は「風」の意。アニラ(Anila、「風」の意)、マルト(Marut、「風」の意)、ガンダヴァハ(Gandhavaha、「香を運ぶ者」の意)、パヴァナ、プラーナとも呼ばれる。.

新しい!!: アルジュナとヴァーユ · 続きを見る »

ヴァスデーヴァ

ヴァスデーヴァ(Vasudeva)は、インド神話の登場人物。マトゥラーの悪王カンサの大臣。ヴリシュニ族(ヤドゥ族の1派)の出身の父シューラとボーンジャの王女マーリシャーの子で、クンティーと兄弟。2人の妻デーヴァキーとローヒニーがあり、ヴィシュヌ神の化身であるバララーマ、クリシュナの父。 悪王カンサはヴァスデーヴァとデーヴァキーの子供によって殺されると予言されていたので、2人を投獄し、彼らから生まれる子供たちを次々と殺していった。こうして6人の子供が殺されたが、第7子のバララーマは生まれる前にデーヴァキーの胎内からローヒニーの胎内に移された。このときローヒニーはナンダの治めるゴークラ(牛飼村)にいて、バララーマを無事出産した。また第8子クリシュナが生まれると、ヴァスデーヴァは牢屋を抜け出してゴークラに行き、クリシュナをナンダの妻ヤショーダーの生まれたばかりの娘とすり替え、カンサにその娘を渡した。カンサは娘をデーヴァキーの子と思って殺した。その娘はヨーガ・マーヤー女神の化身であり、女神が現れて「お前を殺す者は別の場所に生まれている」といさめたので、カンサはこれまでの罪業を悔いて、2人を解放したという。 Category:インド神話の人物.

新しい!!: アルジュナとヴァスデーヴァ · 続きを見る »

ヴィヤーサ

ヴィヤーサ(Vyāsa, デーヴァナーガリー表記:व्यास)は、インド神話の伝説的なリシ(聖仙)。「編者」の意。パラーシャラ仙とサティヤヴァティーの子。クル王ヴィチトラヴィーリヤの2人の寡婦のうちとの間に、との間にパーンドゥを、またアムビカーの侍女との間に賢者ヴィドゥラをもうけた。 ヴィヤーサの本名ドヴァイパーヤナ(島で生まれた者)とは、サティヤヴァティーがヤムナー川の中にある島で彼を生んだことから名づけられた。叙事詩『マハーバーラタ』の著者とされ、またヴェーダやプラーナの編者ともいわれる。『バーガヴァタ・プラーナ』ではヴィシュヌ神の化身(アヴァターラ)の1つに数えられている。 ヴィヤーサは、一つのヴェーダを四つに配分(ヴィヤス)したためヴィヤーサと呼ばれる。.

新しい!!: アルジュナとヴィヤーサ · 続きを見る »

ヴィシュヴァールーパ

ヴィシュヴァールーパとしての姿を見せたヴィシュヌ(クリシュナ)。アルジュナがその傍らに跪いている ヴィシュヴァールーパ(梵: 菅沼編 1985, p. 79.(ヴィシュヴァールーパ)、。羅: Vishvarupa)は、インド神話(ヒンドゥー教神話)に登場する神ヴィシュヌの別名の1つである。.

新しい!!: アルジュナとヴィシュヴァールーパ · 続きを見る »

ヴィシュヌ

ヴィシュヌ(विष्णु Viṣṇu)はヒンドゥー教の神である。ブラフマー、シヴァとともにトリムルティの1柱を成す重要な神格でありDavid White (2006), Kiss of the Yogini, University of Chicago Press, ISBN 978-0226894843, pages 4, 29、特に ヴィシュヌ派では最高神として信仰を集める, (1996), p. 17.

新しい!!: アルジュナとヴィシュヌ · 続きを見る »

パンチャーラ国

ル国に隣接するパンチャーラ国 パンチャーラ国(サンスクリット語 पञ्चाल Pancala)は、古代インドの十六大国のうちのひとつで、ガンジス川上流とヤムナー川流域付近のヒンドスタン平原に位置し、紀元前6世紀頃には存在していた。.

新しい!!: アルジュナとパンチャーラ国 · 続きを見る »

パーンドゥ

パーンドゥ(Pāndu, पाण्‍डु)は、インドの叙事詩『マハーバーラタ』に登場するクル王の名。その名は「蒼白」を意味する。ヴィヤーサ仙との子で、の異母弟。第1王妃クンティーとの間にユディシュティラ、ビーマ、アルジュナを、第2王妃との間にナクラ、サハデーヴァをもうけたとされる。『マハーバーラタ』は彼の5王子パーンダヴァと、ドリタラーシュトラの百王子カウラヴァとの抗争が主題となっている。 『マハーバーラタ』によると、クルの王家が王位継承者不在の危機に瀕したとき、シャーンタヌ王の妃サティヤヴァティーはかつて仙との間に生んだヴィヤーサを呼んで、彼女の亡き王子ヴィチトラヴィーリヤの2人の寡婦とアムバーリカーとの間に子をもうけてくれるように頼んだ。苦行に明け暮れていた彼は見るに堪えない姿だったので、第1王妃アムビカーは彼が近づくと思わず目を閉じてしまった。その結果盲目の王子ドリタラーシュトラが生まれた。第2王妃のアムバーリカーはヴィヤーサを見て真っ青になったので、蒼白の王子パーンドゥが生まれた。 パーンドゥは盲目の兄に代わって王となり、クンティーとマードリーを妃とした。しかしパーンドゥは狩の最中に交合する鹿に出会い、これを射殺したことがあった。この鹿は隠者(ムニ)のが化けた姿であり、彼は死の間際、パーンドゥに「女性と同衾すると死ぬ」という呪いをかけた。パーンドゥは隠者を殺してしまったことを後悔し、出家して、苦行して暮らすことを決意し、2人の妃もそれに従った。 パーンドゥは天界に渡ろうと考えて、シャタシュリンガ山を訪れ、この地で多くの聖仙とともに苦行を積んだ。しかし子供のない者は天界に渡れないため、過去の呪いがパーンドゥを悩ませた。パーンドゥはクンティーに、自分の母のように聖仙との間に子をもうけて欲しいと頼んだ。さいわい、クンティーは神々を呼び出して子を授かるという特権を得ていたので、パーンドゥは彼女に頼んで神々の子を産んでもらった。クンティーは正義と法の神ダルマ、風神ヴァーユ、雷神インドラを呼び出し、ユディシュティラ、ビーマ、アルジュナを産んだ。パーンドゥはさらに子を望んだがクンティーに拒否された。しかしパーンドゥはマードリーから自分も子供が欲しいと相談されたので、パーンドゥはマードリーのためにも神々を呼んで欲しいと頼んだ。クンティーは1度に限定したので、マードリーは天界の双生児であるアシュヴィン双神を呼んでもらい、双神との間にナクラ、サハデーヴァを産んだ。 パーンドゥは5人の子供を得て幸福に暮らした。しかしある日、パーンドゥはマードリーと散歩するうちに、薄着姿のマードリーに欲情して抱きしめてしまい、呪いによって死んだ。マードリーは夫の後を追って焼身自殺してしまった。長男のユディシュティラは幼かったので、王位はドリタラーシュトラに移り、彼は老境に至って王権を弟の子に返した。.

新しい!!: アルジュナとパーンドゥ · 続きを見る »

パーンダヴァ

パーンダヴァとドラウパディー パーンダヴァ(Pandava, पाण्‍डव)は、インドの叙事詩『マハーバーラタ』に主役として語られている5人の兄弟。パーンドゥの子ら、という意味。ユディシュティラ、ビーマ、アルジュナ、ナクラ、サハデーヴァを指す。いずれも武術に秀で、絶世の美女ドラウパディーを共通の妻とする。 形式的にはパーンドゥの子供とされるが、実際は王妃たちが神々との間に生んだ子供である。というのは、パーンドゥは呪いのために女性に近づくことができなかったため、王妃たちは特別な手段で子を産まねばならなかったのである。最初の3人を第1王妃クンティーが正義と法の神ダルマ、風神ヴァーユ、雷神インドラとの間に生み、後の2人を第2王妃が医術の神アシュヴィン双神との間に生んだ。クンティーは、パーンドゥとの結婚以前、太陽神スーリヤとの間にカルナを生んでいたので、パーンダヴァとカルナは実は異父兄弟である。 パーンドゥの死後、5兄弟は父の兄弟である盲目王のもとで彼の子・ドゥルヨーダナをはじめとするカウラヴァらとともに武芸に励む。しかしドラウパディーの花婿選びなどをきっかけとしてパーンダヴァとカウラヴァとの因縁が語られる。5兄弟を怨んだドゥルヨーダナの策略によってすべての財産を奪われたパーンダヴァは12年間王国を追放され、後に王国の回復を求めてカウラヴァと敵対する。この対立が『マハーバーラタ』の中心的主題となっている。 なお、これらパーンダヴァを中心とする『マハーバーラタ』の主要な登場人物は、『リグ・ヴェーダ』にさえみられないインド・イラン語派最古の神学体系を反映していることが、スウェーデンのスティグ・ヴィカンデルや、フランスのジョルジュ・デュメジルらによって確認されている。 Category:インド神話 Category:マハーバーラタ.

新しい!!: アルジュナとパーンダヴァ · 続きを見る »

ヒマラヤ山脈

国際宇宙ステーションから撮影したヒマラヤ山脈。チベット高原から南方を見た時の図。エベレストが中央付近に見える。 ヒマラヤ山脈(ヒマラヤさんみゃく、Himalayan Range)は、アジアの山脈で、地球上で最も標高の高い地域である。単にヒマラヤということもある。 ヒマラヤは、インド亜大陸とチベット高原を隔てている無数の山脈から構成される巨大な山脈である。西はパキスタン北部インダス川上流域から、東はブラマプトラ川大屈曲部まで続き、ブータン、中国、インド、ネパール、パキスタンの5つの国にまたがる。いずれも最大級の大河であるインダス川、ガンジス川、ブラマプトラ川、黄河、長江の水源となって数々の古代文明を育み、このヒマラヤ水系には約7億5千万人の人々が生活している(これにはバングラデシュの全人口が含まれる)。ヒマラヤは、広義の意味ではユーラシアプレートとインド・オーストラリアプレートの衝突によって形成された周辺の山脈である、カラコルム山脈、ヒンドゥークシュ山脈、天山山脈、崑崙山脈などを含む。 広義のヒマラヤには、最高峰エベレストを含む、地球上で最も高い14の8,000 m級ピークがあり、7,200 m以上の山が100峰以上存在する。一方で、アジアのこの地域以外には7,000 m以上の山は存在せず、アンデス山脈アコンカグアの6,961 mが最高標高である。 以下では狭義のヒマラヤについて解説する。.

新しい!!: アルジュナとヒマラヤ山脈 · 続きを見る »

ヒンドゥー教

ヒンドゥー教(ヒンドゥーきょう、Hinduism、हिन्दू धर्म、सनातनधर्मः)、慣用表記でヒンズー教、ヒンヅー教、ヒンド教、ヒンドゥ教は、インドやネパールで多数派を占める民族宗教、またはインド的伝統を指す。西欧で作られた用語である。 英語のHinduは、まずイスラム教徒との対比において用いられるのが現在では一般的で、イスラム教徒以外で小宗派を除いた、インドで5億人を超えるような多数派であるインド的な複数の有神教宗派の教徒の総称である。ヒンドゥー教徒の数はインド国内で8.3億人、その他の国の信者を合わせると約9億人とされ、キリスト教、イスラム教に続いて、人口の上で世界で第3番目の宗教である。 同じくヒンドゥー教と訳される英語のHinduismは、最も広い意味・用法ではインドにあり、また、かつてあったもの一切が含まれていて、インドの歴史では先史文明のインダス文明まで遡るものであるが、一般的には、アーリア民族のインド定住以後、現代まで連続するインド的伝統を指す。西洋では、このうち仏教以前に存在した宗教をバラモン教()、特にヴェーダ時代の宗教思想をヴェーダの宗教()と呼んだ。。 ヒンドゥー教の狭い意味での用法は、仏教興隆以後発達して有力になったもので、とくに中世・近世以後の大衆宗教運動としてのシヴァ教徒・ヴィシュヌ教徒などの有神的民衆宗教を意識しての呼び方であることが多い川崎信定 『インドの思想』 放送大学教育振興会、1997年。.

新しい!!: アルジュナとヒンドゥー教 · 続きを見る »

ビーマ

インドネシアのジャワ島のワヤン・クリのビーマ ビーマ(Bhīma, भीम)は、インドの叙事詩『マハーバーラタ』に登場する英雄。ビーマセーナともいう。パーンダヴァの1人で、クル王パーンドゥの第1王妃クンティーが風神ヴァーユとの間にもうけた子。ユディシュティラ、アルジュナ、ナクラ、サハデーヴァと兄弟。5兄弟共通の妻ドラウパディーとの間にスタソーマ、カーシー国の王女バランダラーとの間にサルヴァガ、そして羅刹女ヒディムバーとの間にガトートカチャをもうけた。幼少の頃から超人的な怪力の持ち主で、棍棒、拳闘に優れた才能を発揮し、叙事詩では大英雄アルジュナにひけをとらない活躍をする。カウラヴァの中心的人物ドゥルヨーダナを宿敵とし、でこれを倒す。インドでは今日、怪力の持ち主を俗にビーマと呼ぶ。 Category:マハーバーラタの登場人物.

新しい!!: アルジュナとビーマ · 続きを見る »

ドラウパディー

ドラウパディー(ラヴィ・ヴァルマ画) ドラウパディー(Draupadī)は、インドの叙事詩『マハーバーラタ』に登場する女性。パンチャーラ国の王ドルパダの娘で、ドゥリシュタデュムナと双子の兄妹。パーンダヴァ5王子共通の妻であり、彼らとの間にそれぞれプラティヴィンディヤ、スタソーマ、シュルタキールティ、シャタニーカ、シュルタセーナを生んだ。.

新しい!!: アルジュナとドラウパディー · 続きを見る »

ドルパダ

ドルパダ(英: 、堅牢に据え付けられた、或いは柱の意)はインドの叙事詩『マハーバーラタ』の登場人物。ヤジナセナ(Yajnasena)としても知られる。ダクシナ・パンチャーラ国の王である。首都はとして知られる。父は。.

新しい!!: アルジュナとドルパダ · 続きを見る »

ドローナ

ドローナ(Drona, द्रोण)は、インドの叙事詩『マハーバーラタ』の登場人物。仙の子。クリピーとの間にアシュヴァッターマンをもうけた。クル族の王子たちの武芸師範。パンチャーラ王ドルパダとは因縁があり、ではカウラヴァ側について戦った。.

新しい!!: アルジュナとドローナ · 続きを見る »

ダーナヴァ

ダーナヴァ(, Dānava)とは、インド神話におけるアスラ神族の一派「ダヌの子供たち」を意味する。特にカシュヤパ仙とその妻ダヌとの間に生まれた100人の子供とその一族を指す。ダーナヴァ族はしばしば系譜上の混乱が見られ、特にダイティヤ族とダーナヴァ族は混同される。 ダヌの子供たちについて『マハーバーラタ』にはヴィプラチッティ、ナムチ、シャムバラ、プローマン、ヴィシュルタ、ドゥルジャナ、アヤシラス、アシュヴァシラス、ケートゥ、ヴリシャパルヴァン、アシュヴァグリーヴァ、ヴィルーパークシャ、ニクムバ、カタパ、エーカパート、エーカチャクラなどの名前が挙げられている。特に有力な神としては三界制覇に成功したマヒシャースラ、マヤースラなどが挙げられる。.

新しい!!: アルジュナとダーナヴァ · 続きを見る »

アヴァターラ

ヴィシュヌの10の化身を描いた絵画 ヒンドゥー教において、アヴァターラ(अवतार, Avatāra)とは、不死の存在、または究極に至上な存在の「化身」「権現」(肉体の現れ)である。これはサンスクリットで「低下、転落、降下」を意味し、通例特別な目的の為に死のある者への意図的な転落を意味する。ヒンドゥー教ではこの語を主に救済の神ヴィシュヌの化身へ使う。ダシャーヴァターラ(下述)はヴィシュヌの特に偉大な10の化身である。 キリスト教やシヴァ派と違い、ヴァイシュナヴァ派(ヴィシュヌ派)は正義(ダルマ)が衰え悪が栄えた時に神はいつでも特別な姿(人間を含む)をとると信じている。ヴィシュヌのアヴァターラのクリシュナは、ラーマーヌジャとマドヴァにより支持されるヴァイシュナヴァ派とガウディヤ・ヴァイシュナヴァ派によれば、『バガヴァッド・ギーター』の中でこう言った「善を護るため、悪を滅ぼすため、正義を確立するため、私は時代から時代へ出現する。」(『バガヴァッド・ギーター』、4章8節)全ての出来事において、全てのヒンドゥー教徒は、それが全てヴィシュヌに結びつくとして、ヴィシュヌとそのアヴァターラの信仰の間に違いがないと信じる。.

新しい!!: アルジュナとアヴァターラ · 続きを見る »

アプサラス

アプサラス(、अप्सराः、、Accharā)は、インド神話における水の精で、その名は「水の中で動くもの、雲の海に生きるもの」の意『インド曼陀羅大陸』217頁。。天女とも称され、一説では乳海攪拌の時に生まれた存在という。『ラーマーヤナ』中ではアプサラー(Apsara)とも呼ばれる。『リグ・ヴェーダ』では海の精ともされる。神々の接待役として踊りを見せることを仕事とする。姿は自由自在に変えられるとされ、水鳥に変身することもあるが、一般には美しい女性の姿で現されることが多い。 天界の指示により、その妖艶な美貌を使って修行中の人間を誘惑して堕落させることもある。普通はガンダルヴァを配偶者にするが、人間の男性と結婚することもあるとされる。 また、後世には戦死者の霊をインドラの待つ天界へ運ぶ、北欧神話のワルキューレのような役目も担うといわれる。 蓮女神ラクシュミーも、この一人である。.

新しい!!: アルジュナとアプサラス · 続きを見る »

インドラ

インドラ。アイラーヴァタに乗っている ミャンマー、タヂャーミン寺院のインドラ(サッカ) インドラ(Indra、इंद्र、इन्द्र)はバラモン教、ヒンドゥー教の神の名称である。省略しない名称は「サンスクリット語:シャクロー・デーヴァナーン・インドラハ、パーリ語:サッコー・デーヴァナン・インドー」で「強力な神々の中の帝王」を意味する(シャクラ・デーヴァナーン・インドラハ)とする文献も。「」は、男性名詞「(男神)」の複数形・属格。は、(王、征服者)の単数形・主格。「(シャクロ―)」は形容詞「(強力な、有能な)」の変化形。インドラの修飾語であるが、固有名詞とする説もある。その場合は「神々の帝王であるシャクラ」となる。。「シャクラ()」や「サッカ()」とも呼ばれる。 デーヴァ神族に属する雷霆神、天候神、軍神、英雄神である。ディヤウスとプリティヴィーの息子。 特に『リグ・ヴェーダ』においては、最も中心的な神であり、ヴァルナ、ヴァーユ、ミトラなどとともにアーディティヤ神群の一柱とされる。また、『ラーマーヤナ』には天空の神として登場する。 漢訳では、因陀羅・釋提桓因・帝釈天・天帝釈・天主帝釈・天帝・天皇などと書かれ、特に仏教における帝釈天の名で知られている。 株式会社日立ソリューションズ・ビジネス 『世界大百科事典 第2版』 Kotobank、2014。楠戸義昭 『戦国名将・智将・梟将の至言』 学習研究社、2009。楠戸義昭 『戦国武将名言録』 PHP研究所、2006。。-->.

新しい!!: アルジュナとインドラ · 続きを見る »

ウルヴァシー

ウルヴァシー(Urvasi)は、インド神話に登場する有名なアプサラス。プルーラヴァス王との恋物語がよく知られる。アーユスなど5人の子の母。聖仙ナーラーヤナの腿から生まれたとされる。 ウルヴァシーとプルーラヴァスの恋愛は、古くは『リグ・ヴェーダ』に断片的に語られているが、よりまとまった伝説が『シャタパタ・ブラーフマナ』(11・5・1)やプラーナ文献に述べられている。ウルヴァシーはプルーラヴァスと結婚したが、そのとき自分の望まない時に近づかない、またプルーラヴァスの裸体を自分に見せないことなどを条件とした。プルーラヴァスはこれを良く守ったので、両者は幸福に暮らし、やがてウルヴァシーは彼の子を身ごもった。しかしガンダルヴァたちは彼女を連れ戻そうと考え(というのはアプサラスはガンダルヴァの妻となるものであったから)、彼女が大切にしていた仔羊を奪った。さらに2匹目を奪おうとしたときウルヴァシーが声を上げたので、プルーラヴァスが服も着ず慌てて飛び出してきた。そのときガンダルヴァたちは稲妻を閃かせたので、ウルヴァシーは彼の裸を見てしまい、彼のもとを去った。プルーラヴァスは悲しんで、各地を放浪した末に、ある湖に水鳥の姿で沐浴しているアプサラスの一団の中にウルヴァシーがいるのを発見した。ウルヴァシーは取り合おうとしなかったが、仲間のアプサラスに勧められてプルーラヴァスと話し合い、1年に1日だけ会う約束をした。プルーラヴァスが1年後同地を訪れるとそこには黄金の館が建っており、2人は1年に1度だけ夫婦として暮らした。このようにして5年が過ぎ、2人は5人の子宝に恵まれた。そして5年目の晩、ウルヴァシーはプルーラヴァスに、ガンダルヴァたちが彼を哀れんで望みを1つ叶えてくれることを伝え、ガンダルヴァたちの仲間に入れてくれることを願うよう助言した。こうしてプルーラヴァスは聖なる火の儀式を経てガンダルヴァの一員となり、ウルヴァシーと幸福に暮らしたという。 この話はカーリダーサも戯曲化し、『ヴィクラモールヴァシーヤ』という作品を書いているが、本来の神話とはかなり異なっている。 ウルヴァシーの美しさは多くの者を魅了した。ヴァルナとミトラの両神は彼女を見て欲情し、精液を漏らした。それは地上の水瓶に落ち、そこからアガスティヤとヴァシシュタの2人の聖仙が誕生したという。またカシュヤパ仙の息子ヴィバーンダカ(カシューヤパ)は沐浴中にウルヴァシーを目撃し、精液を水中に落とした。それを牝鹿が水と一緒に飲み込み、額に鹿の角を持つリシュヤ・シュリンガ(一角仙人)という息子を生んだ。しかし『マハーバーラタ』の大英雄アルジュナに求愛した時には、アルジュナは彼女が自分の先祖にあたる女性であることに気づいたために拒絶された。怒ったウルヴァシーは彼に呪いをかけたという。.

新しい!!: アルジュナとウルヴァシー · 続きを見る »

ウルーピー

ウルーピーとアルジュナ。 ウルーピーとアルジュナ。 ウルーピー (Ulūpī) は、インドの叙事詩『マハーバーラタ』に登場するナーガ族の女性(ナーギニー)。ナーガ王アイラーヴァタの家系に属するカウラヴィヤ王の王女。アルジュナとの間にを生んだとされる。.

新しい!!: アルジュナとウルーピー · 続きを見る »

カルナ

ルナ(कर्ण IAST:)は、インドの叙事詩『マハーバーラタ』に登場する不死身の英雄。クンティーがクル王パーンドゥの妃となる以前に、太陽神スーリヤとの間に生んだ子。パーンダヴァ5兄弟と敵対するカウラヴァの中心的人物の1人。優れた弓の使い手であり、大英雄アルジュナを宿敵とする。生まれつき耳飾りを付けていたことから「耳」を意味するカルナという名で呼ばれる。.

新しい!!: アルジュナとカルナ · 続きを見る »

カウラヴァ

カウラヴァ カウラヴァ(サンスクリット: कौरव Kaurava)は、インドの叙事詩『マハーバーラタ』に登場する2大勢力の1つ。「クルの子孫たち」を意味し、盲目王ととの間に生まれた100人の王子を指す。彼らは長男のドゥルヨーダナを首領とし、次男のドゥフシャーサナや、叔父の、御者の息子カルナなどが中心となってパーンダヴァと激しく対立した。 カウラヴァは大変奇妙な生まれ方をした。ガーンダーリーはドリタラーシュトラの子を身ごもったが、2年もの間子供は生まれなかった。しかもガーンダーリーが苦労して生んだのは、鉄のように硬い肉塊であった。 ガーンダーリーは最初それを捨てようとしたが、ヴィヤーサ仙が現れて制止した。ヴィヤーサは人々に指示し、肉塊に冷水を注がせた。すると肉塊は100個の小さな塊に分かれた。さらにそれをギー(インドの乳製品)で満たした壷に1つずつ入れ、保管させた。時が満ちて、その壷の中から100人の王子たちと1人の娘が誕生した。 長男のドゥルヨーダナが生まれたとき、様々な不吉な兆しが現れたため、王の側近や賢者たちはその子供を捨てるよう助言した。しかしドリタラーシュトラは親の情からその言葉に従わなかった。 カウラヴァたちは幼い頃、パーンダヴァのビーマにひどくいじめられ、深く怨むようになった。とりわけ劣等感の強いドゥルヨーダナにとってパーンダヴァは常に脅威であり、悩みの種であった。彼は悩みを手っ取り早く摘み取ろうとするあまり、パーンダヴァを罠にはめて謀殺しようとした。さらに正式に継承された彼らの王国を詐欺を使った賭博によって奪い取り、森に追放した。 これが原因で、王国の返還を求めるパーンダヴァとの間に戦争が起こり、カウラヴァはで全滅した。 かうらうあ かうらうあ.

新しい!!: アルジュナとカウラヴァ · 続きを見る »

クリシュナ

リシュナ(, 、)はヒンドゥー教の神である。ヒンドゥー教でも最も人気があり、広い地域で信仰されている神の1柱であり、宗派によってはクリシュナとして、あるいはヴィシュヌの化身(アヴァターラ)として(神自身)であるとみなされている。 初期のクリシュナ崇拝は神としての信仰でないもの、例えば信仰、信仰、信仰を含み、これらは早ければ紀元前4世紀までさかのぼることができるpp.540-42。.

新しい!!: アルジュナとクリシュナ · 続きを見る »

クル

ル (Kur).

新しい!!: アルジュナとクル · 続きを見る »

クンティー

クンティー (Kunti, कुंती) は、インドの叙事詩『マハーバーラタ』に登場する女性。本名はプリター。ヤドゥ族の王シューラの娘で、ヴァスデーヴァ(クリシュナの父)と兄弟。クル王パーンドゥの妃。カルナ、ユディシュティラ、ビーマ、アルジュナの母、ナクラ、サハデーヴァの育ての親。クンティーの名は、父シューラの従兄弟クンティボージャの養女となったことに由来する。 若い頃、ドゥルヴァーサス仙によって神々を呼び出すマントラを授かったクンティーは、好奇心から太陽神スーリヤを呼び出し、父と同じ輝く鎧を身に着けるという条件でスーリヤの子カルナを産んだが、カルナを捨ててクル王パーンドゥの妃となった。しかし、パーンドゥは呪いのために女性に近づくことができなかったため、クンティーは再び神々を呼び出して子供を産んだ。すなわち、ダルマ神からユディシュティラ、風神ヴァーユからビーマ、雷神インドラから大英雄アルジュナを産んだ。また、第2王妃マードリーのためにアシュヴィン双神を呼び出し、マードリーはナクラとサハデーヴァを産んだ。これらの子供たちはパーンダヴァと呼ばれる。パーンドゥが死んだときマードリーも後を追って自殺したので、ナクラとサハデーヴァも自分の子として育てた。 後にパーンダヴァが森林に12年間追放されたときは、高齢のためにヴィドラのもとに残った。 Category:マハーバーラタの登場人物.

新しい!!: アルジュナとクンティー · 続きを見る »

グル

ル(Guru, गुरु)は、サンスクリット語で「指導者」「教師」「尊敬すべき人物」などを意味する単語。「導師」「尊師」などとも訳される。グールーとも発音する。巨匠、師匠、熟練者なども意味する語。「重いもの」「闇から光へ導くもの」「木星」などの意味もある。ヨガの修行を達成するためには、グルは死ぬ最期の時まで必要不可欠なものだとされている。 狭義にはヒンドゥー系のバクティ・ヨーガ等の指導者を言う。そこから、欧米でニューエイジ系カルト団体指導者もまたグルを名乗った。日本でも、さらにオウム真理教が事件を起こしたことから、。 バクティ・ヨーガにおけるグルは、弟子にとって神の化身ともいえる存在であり、信仰の対象である。グルは自身の霊力を愛という形で弟子に注ぎ、弟子はグルに意識を集中させることにより自己の霊性を向上させる。師弟の信頼により支えられたこの関係において、弟子はグルの指示・指令を実践することによりグルの期待に応えるのである。 転じて米国メディアなどでは、ある種のカリスマ性を持って健康法などを指導する人物を「グールー」という。これはヒッピー文化を通して広まった用法とされる。.

新しい!!: アルジュナとグル · 続きを見る »

シュリ・チンモイ

ュリ・チンモイ(Sri Chinmoy、フルネーム:チンモイ・クマル・ゴーシュ (Chinmoy Kumar Ghose) 、1931年8月27日 - 2007年10月11日)は、インドのベンガル地方出身で、1964年よりアメリカニューヨークに在住したヨーガ指導者。宗教家、哲学者、文筆家、アスリート、作曲家及び演奏家、霊性の導師(グル)である。 アルジュナの化身を自称。著名な弟子にカール・ルイスらがいる。 多数の音楽、絵画、文学を創造し、世界各地でコンサート(数多くの楽器の演奏)、公開瞑想、講演活動などを無料で行った。.

新しい!!: アルジュナとシュリ・チンモイ · 続きを見る »

シヴァ

ヴァ(; サンスクリット: 、「吉祥者」の意)はヒンドゥー教のである。現代のヒンドゥー教では最も影響力を持つ3柱の主神の中の1人であり、特にシヴァ派では最高神に位置付けられている。 トリムルティ(ヒンドゥーの理論の1つ)ではシヴァは「破壊/再生」を司る様相であり、ブラフマー、ヴィシュヌとともに3柱の重要な神の中の1人として扱われているZimmer (1972) p. 124.

新しい!!: アルジュナとシヴァ · 続きを見る »

ジャワ島

18世紀初頭のジャワ島の地図 ジャワ島(ジャワとう、, )は、インドネシアを構成する島の一つ。スマトラ島などとともに、大スンダ列島を形成する。形状は東西に細長い。スマトラ島の東、カリマンタン島の南、バリ島の西に位置する。ジャワ島には4つの州と2つの特別州がある。.

新しい!!: アルジュナとジャワ島 · 続きを見る »

サハデーヴァ

サハデーヴァ(Sahadeva, सहदेव)は、インドの叙事詩『マハーバーラタ』に登場する人物。クル王パーンドゥの妃とアシュヴィン双神との間に生まれた子で、ナクラの双子の弟。パーンダヴァの1人で、5兄弟共通の妻ドラウパディーとの間にシュルタセーナをもうけた。 Category:マハーバーラタの登場人物.

新しい!!: アルジュナとサハデーヴァ · 続きを見る »

サンスクリット

Bhujimolという書体を使って書かれており、椰子の葉からできている (貝葉)。 サンスクリット(संस्कृत、saṃskṛta、Sanskrit)は、古代インド・アーリア語に属する言語。インドなど南アジアおよび東南アジアにおいて用いられた古代語。文学、哲学、学術、宗教などの分野で広く用いられた。ヒンドゥー教、仏教、シーク教、ジャイナ教の礼拝用言語でもあり、現在もその権威は大きく、母語話者は少ないが、現代インドの22の公用語の1つである。 サンスクリットは「完成された・洗練された(言語、雅語)」を意味する。言語であることを示すべく日本ではサンスクリット語とも呼ばれる。 漢字表記の梵語(ぼんご)は、中国や日本でのサンスクリットの異称。日本では近代以前から、般若心経など、サンスクリットの原文を漢字で翻訳したものなどを通して、梵語という言葉は使われてきた。梵語は、サンスクリットの起源を造物神ブラフマン(梵天)とするインドの伝承を基にした言葉である。.

新しい!!: アルジュナとサンスクリット · 続きを見る »

勃起不全

勃起不全(ぼっきふぜん、Erectile Dysfunction; ED)とは、男性の性機能障害(Sexual Dysfunction; SD)の一種であり、陰茎の勃起の発現あるいは維持ができないため、満足に性交の行えない状態をいう。また、日本性機能学会の定義によれば、通常性交のチャンスの75%以上で性交が行えない状態『泌尿器科学ハンドブック』p.174 - とされる。 一般的な呼称としては近年、ED(イーディー)が定着しており、それ以外には勃起機能障害、勃起障害、陰萎などとも呼ばれる。.

新しい!!: アルジュナと勃起不全 · 続きを見る »

閻魔

閻魔(ヤマ)を描いたチベットの仏画(17-18世紀ごろ) 閻魔(えんま)は仏教、ヒンドゥー教などでの地獄、冥界の主山北篤監修 『東洋神名事典』 。冥界の王として死者の生前の罪を裁く神関根俊一 『仏尊の事典』 。日本の仏教においては地蔵菩薩の化身とみなされ同一視されている久保田悠羅、F.E.A.R. 『密教曼荼羅』 。閻王ともいう。.

新しい!!: アルジュナと閻魔 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »