ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

アルギルダス

索引 アルギルダス

アルギルダスもしくはオルゲルト(Algirdas/Olgerd、1296年 - 1377年)は、中世リトアニアの君主。アルギルダスは1345年から1377年にかけてリトアニア人とルーシ人の君主とリトアニア大公国を統治した。西方の国境を守る弟のケーストゥティスの支持の許でアルギルダスはバルト海から黒海、モスクワまで50マイルにも及ぶ広大な領域を築いた。.

78 関係: 中世年代記マリヤ・ヤロスラヴナ (リトアニア大公妃)ノヴゴロド公国マイルチャルトリスキ家バルト海ポーランド王国モスクワモスクワ大公国モスクワ・リトアニア戦争 (1368年-1372年)ヤン・ドゥウゴシュヤヴーヌティスリトアニアの統治者の一覧リトアニア大公国リトアニア人リトアニア語ルーシルーシ人レングヴェニス・アルギルダイティスロシアヴワディスワフ2世 (ポーランド王)ヴィリニュスヴィーガンタスヴォロディームィル・オーリヘルドヴィチブリャンスク公国プスコフフィオドラス・アルギルダイティスドミトリユス・アルギルダイティスドミトリードイツ騎士団ベラルーシアルギルダス家アレクサンドラ・アルギルダイテアンドリュス・アルギルダイティスウマウクライナカリブタスカリガイラカトリック教会キエフ大公国キエフ・ペチェールシク大修道院クリミアケーストゥティスゲディミナスゲディミナス朝コンスタンティナス・アルギルダイティスシュヴィトリガイラジョチ・ウルス...スモレンスク公国スラヴ人スキルガイラサングシュコ家破門総主教青水の戦い黒海致命者東ローマ帝国東スラヴ人正教会正教徒歴史家洗礼名1296年1318年1341年1345年1362年1368年1372年1377年1460年代14世紀16世紀17世紀2009年 インデックスを展開 (28 もっと) »

夏のシンボルのひとつ「ヒマワリ」 真夏の海辺 7月30日 夏の風物詩である風鈴 夏の食べ物「冷やし中華」 夏(なつ)は、四季のひとつで、春と秋にはさまれた季節。天文学的には夏至から秋分まで。太陽暦では6月から8月を指し、陰暦では4月から6月となる。 四季の区分のある土地では最も気温の高い、3ヶ月程度の期間である。北半球ではグレゴリオ暦の6月 - 8月ごろ、南半球では12月 - 2月ごろである。.

新しい!!: アルギルダスと夏 · 続きを見る »

中世

中世(ちゅうせい、英語:middle ages)は、狭義には西洋史の時代区分の一つで、古代よりも後、近代または近世よりも前の時代を指す。17世紀初頭の西洋では中世の観念が早くも定着していたと見られ、文献上の初見は1610年代にまでさかのぼる。 また、広義には、西洋史における中世の類推から、他地域のある時代を「中世」と呼ぶ。 ただし、あくまでも類推であって、西洋史における中世と同じ年代を指すとは限らないし、「中世」という時代区分を用いない分野のことも多い。 また、西洋では「中世」という用語を専ら西洋史における時代区分として使用する。 例えば英語では日本史における「中世」を通常は「feudal Japan」(封建日本)や「medieval Japan」(中世日本)とする。.

新しい!!: アルギルダスと中世 · 続きを見る »

年代記

年代記(ねんだいき)または編年史(へんねんし)は、出来事や事件を年ごとに記述した歴史書のこと。.

新しい!!: アルギルダスと年代記 · 続きを見る »

マリヤ・ヤロスラヴナ (リトアニア大公妃)

マリヤ・ヤロスラヴナ(Мария Ярославна、生没年不詳)は、リューリク朝最後のヴィテプスク公ヤロスラフ・ヴァシリエヴィチの唯一の娘である。リトアニア大公アルギルダスの最初の妻となった。.

新しい!!: アルギルダスとマリヤ・ヤロスラヴナ (リトアニア大公妃) · 続きを見る »

ノヴゴロド公国

ノヴゴロド公国(Новгородская республика、Новгородская земьля)は、公座を大ノヴゴロドに置いていた中世のルーシ(古代ロシア)の主要な都市国家の一つ。中世には特殊な貴族共和制により、しばしばノヴゴロド共和国と呼ばれ、こちらの名前が定着しつつある。その他、ノヴゴロド国という表記も見られる。 「タタールのくびき」にルーシ全体があえぎ、北方十字軍がスラヴ人へ正教からカトリックへの「剣による改宗」を強制していた13世紀のルーシの中心であった。.

新しい!!: アルギルダスとノヴゴロド公国 · 続きを見る »

マイル

マイル(、記号:mile、mi)は、ヤード・ポンド法等における長さ (length) の単位である。 今日では、マイルという単位は通常は、主に陸上の長さの計測に用いられる 1 国際マイル.

新しい!!: アルギルダスとマイル · 続きを見る »

チャルトリスキ家

チャルトリスキ家の「リトアニア騎手(Pogoń Litewska)の紋章 アダム・カジミェシュ・チャルトリスキ チャルトリスキ家(ポーランド語:Czartoryski;リトアニア語:Čartoriskis)は、ポーランドおよびリトアニアの大貴族(マグナート)。ゲディミナス朝の流れをくむ公(Książę)の家系の一つ。18世紀のポーランド・リトアニア共和国において、ファミリアと呼ばれる党派を指導して国政に大きな影響力をもった。.

新しい!!: アルギルダスとチャルトリスキ家 · 続きを見る »

バルト海

3月のバルト海北部のボスニア湾は一部氷結している(衛星写真)。 バルト海(バルトかい、Baltic Sea)は、北ヨーロッパに位置する地中海。ヨーロッパ大陸とスカンディナビア半島に囲まれた海域である。ユーラシア大陸に囲まれた海域と説明されることもある「バルト海」『新版 地学事典』p.1046。 西岸にスウェーデン、東岸は、北から順にフィンランド、ロシア、エストニア、ラトビア、リトアニア、南岸は、東から西にポーランド、ドイツ、デンマークが位置する。.

新しい!!: アルギルダスとバルト海 · 続きを見る »

ポーランド王国

ポーランド王国(ポーランドおうこく)は、1025年から1569年(リトアニアとの二重王国時代を含めると1795年)までポーランド一帯を支配していた王国。14世紀にリトアニア大公国と合同し、14世紀から16世紀にかけて北はエストニア、南はウクライナまでをも含む大王国を形成、人口や領土において当時のヨーロッパ最大の国家「ポーランド・リトアニア共和国」を形成し、その連邦の盟主となったが、ヨーロッパの経済構造が変化すると共に対外戦争と内乱が続き、18世紀に共和国が周辺諸国に領土を分割されると同時に消滅して、その領土的実態としての歴史を終えた。法的には1918年に成立したポーランド共和国(第二共和国)、1939年からのポーランド亡命政府、このポーランド亡命政府を1989年に継承した現在のポーランド共和国(第三共和国)がその法的継承国家。.

新しい!!: アルギルダスとポーランド王国 · 続きを見る »

モスクワ

モスクワ(ロシア語:Москва́ IPA: マスクヴァー、)は、ロシア連邦の首都。連邦市として市単独でロシア連邦を構成する83の連邦構成主体のひとつとなっており、周囲を占めるモスクワ州の州都でもある。ただし州とは区別され「モスクワ市」(Город Москва)となる。人口は約1150万人でヨーロッパで最も人口の多い都市であり、世界有数の世界都市である。漢字による当て字は莫斯科。英語で発音した場合には、モスコーあるいはモスカウ(Moscow )のようになる。.

新しい!!: アルギルダスとモスクワ · 続きを見る »

モスクワ大公国

1390年から1525年にかけてのロシア大公国の領土の変遷 モスクワ大公国(モスクワたいこうこく、ロシア語: Московское великое княжество モスコーフスコエ・ヴェリーコエ・クニャージェストヴォ)は、キエフ・ルーシの北東辺境地にあったルーシ系のウラジーミル・スズダリ公国のもとに成立した国家である。ロシア帝国の前身。モスクワ・ルーシ(Московская Русь モスコーフスカヤ・ルーシ)とも呼ばれる。.

新しい!!: アルギルダスとモスクワ大公国 · 続きを見る »

モスクワ・リトアニア戦争 (1368年-1372年)

1368年から1372年にかけてのモスクワ・リトアニア戦争ではリトアニア大公アルギルダスによる1368年、1370年及び1372年に行われたモスクワ大公国への遠征並びにそれに附随し形で行われた幾つかの戦闘について解説する。『ロゴジスキイ年代記』はアルギルダスによる一連の遠征について «Литовщина»という表現を用いている。.

新しい!!: アルギルダスとモスクワ・リトアニア戦争 (1368年-1372年) · 続きを見る »

ヤン・ドゥウゴシュ

ヤン・ドゥウゴシュ(Jan Długosz、ラテン語:ヨハネス・ロンギヌス。1415年12月1日、スタラ・ブジェジュニツァ - 1480年5月19日、クラクフ)は、ポーランドの司祭、年代記作者、外交官、軍人、またクラクフ司教ズビグニェフ・オレシニツキ枢機卿の秘書を務めた。 ヤン・ドゥウゴシュは965年から彼の没年である1480年までの南東ヨーロッパおよび西ヨーロッパで起きた諸事蹟について執筆した『有名なポーランド王国に関する年代記(Annales seu cronici incliti regni Poloniae)』によって最もよく知られている。この作品は1701年から1703年の間に初めて印刷された。同書の中でドゥウゴシュは著者である自分をどのように位置付けるか迷ったらしく、自分のことは三人称で呼んでいる。 ドゥウゴシュは同市にあるクラクフ大学(現在のヤギェウォ大学)で教育を受け、1434年、クロブクの主席司祭だった叔父によってクロブクの聖マルチン教会の律修司祭に任じられた。クロブクはシロンスクのオポーレ公国に属していた都市であり、つい最近ポーランド王ヴワディスワフ2世ヤギェウォによって征服されたばかりだった。ドゥウゴシュは1452年までこの地に留まっており、同市に修道院を創設している。 1450年、ドゥウゴシュは王母ゾフィア・ホルシャンスカと国王カジミェシュ4世から、ハンガリーの摂政フニャディ・ヤーノシュとボヘミア貴族ヤン・ジシュカとの紛争の調停を頼まれた。6日間の交渉の後、ドゥウゴシュは両者を講和させることに成功している。1452年、ドゥウゴシュはクラクフの律修司祭となった。1455年、クラクフでは大火が発生して都市の大半と城壁などを焼き、ドゥウゴシュの家にも燃え広がった。彼はその後もカジミェシュ4世の命令で教皇庁や神聖ローマ皇帝の宮廷へと外交交渉に赴いており、13年戦争(1454年 - 1466年)では国王とドイツ騎士団との和平交渉に加わった。 1461年、ドゥウゴシュを含むポーランド政府代表団はボヘミア王イジー・ス・ポジェブラトの密使とシロンスクのビトム(ボイテン)で会合を開いた。6日間の協議の末、両国は同盟を結ぶことを決めた。13年戦争中の1466年、ドゥウゴシュはシロンスクのヴロツワフ(ブレスラウ)に特使として派遣され、シロンスクの諸公国がドイツ騎士団に肩入れしないよう説得を試みた。ドュウゴシュはこの任務に成功し、翌1467年には国王の次男カジミェシュ王子の家庭教師となっている。 ドゥウゴシュはプラハ大司教に就任するよう要請されたが断り、死の直前にルヴフ大司教に就任した。ドゥウゴシュはの中高ドイツ語の年代記「Chronica nova Prutenica」を大雑把な形でラテン語に仮翻訳している。仮翻訳であるためドイツ語圏の固有名詞について多くの間違い、特に人名、地名などで混同がみられる。特に、ポーランドとドイツ騎士団の決戦が行われた場所のドイツ語名は「緑の野原」を意味する「グリュンフェルデ」であったが、ドゥウゴシュはこれを間違えて「緑の森」を意味する「グルンヴァルト」としてしまい、後にはこの「グルンヴァルト」の名前のほうが定着してしまった。.

新しい!!: アルギルダスとヤン・ドゥウゴシュ · 続きを見る »

ヤヴーヌティス

ヤヴーヌティス(Jaunutis、文字通りに「若者」を意味する;洗礼名:イオアン、ヨハネあるいはイヴァン;1300年 - 1366年後)は父のゲディミナスが死んだ1341年から兄のアルギルダスとケーストゥティスによって廃位された1345年までリトアニア大公に就いていた人物である。 ゲディミナスがなぜ長子でないヤヴーヌティスを己の後継者に選んだのかについては多くの憶測がある。ある人はヤヴーヌティスはゲディミナスの息子の内、異教徒(アルギルダス、ケーストゥティス)と正教徒(ナリマンタス、カリヨタス、リュバルタス)間の妥協の後継と主張している 。別の人は、ヤヴーヌティスはゲディミナスの2番目の妻(この図式でいくと、ゲディミナスは異教徒と正教との娘と2回結婚したことになる )の長男と主張している。ゲディミナスの死以前にはヤヴーヌティスは資料にはあまり言及されていない.

新しい!!: アルギルダスとヤヴーヌティス · 続きを見る »

リトアニアの統治者の一覧

リトアニアの統治者の一覧(リトアニアのとうちしゃのいちらん)では、リトアニアが主権国家もしくは独立した存在(リトアニア・ソビエト社会主義共和国)と見なされていた時期の、リトアニアの歴代君主・元首(大公・王・大統領)を示す。 リトアニア国家は、北方をリヴォニア帯剣騎士団、南方をドイツ騎士団に脅かされていた時期の1230年代に、ミンダウガスに統率されたバルト諸部族によって形成された。ミンダウガスはリトアニア王となり、ミンダウガスの建設した国はリトアニア大公国として知られるようになった。 1386年に大公ヨガイラがポーランド国王に即位した後は、リトアニア大公国はポーランド王国と緊密な関係となり、1440年からは同君連合となった。1569年に「ルブリン合同」を結び、ポーランド・リトアニア共和国が成立した。1795年のポーランド分割により、リトアニアは1918年2月16日までロシア帝国の一部となった。 が主権を回復したのは、ドイツ帝国が第一次世界大戦に敗北した後の1919年である。リトアニア第一共和国はソビエト連邦に占領される1940年まで続いた。独ソ戦の間、リトアニアはナチス・ドイツに占領された。1944年にドイツは敗北し、ソ連がリトアニアを再占領してリトアニア・ソビエト社会主義共和国を設立した。 1990年3月11日、リトアニアはソビエト連邦の中で初めて独立を宣言した。リトアニア第二共和国は民主主義国家であり、欧州連合(EU)と北大西洋条約機構(NATO)の一員となっている。.

新しい!!: アルギルダスとリトアニアの統治者の一覧 · 続きを見る »

リトアニア大公国

フ県などが置かれた地域)を獲得した。 合同により、現在のウクライナにあたる地域がポーランドの領土となっている。 ヤン・マテイコ画『リトアニア大公国の洗礼』(1387年) リトアニア大公国(リトアニアたいこうこく、、)は、13世紀から1795年のあいだにリトアニアを中心とした地域を支配した国家である。その全盛期には、広大な領土を擁するヨーロッパの強国であった。この国家の支配層の民族構成は人口においてはリトアニア人はむしろ少数派で、特にルーシ人と呼ばれる東スラヴ人が多かった。このルーシ人は、のちのベラルーシ人やウクライナ人の先祖に当たり、やがてリトアニア人とあわせてと呼ばれるようになった。 リトアニア人が支配した当初はその領土もいわゆる「原リトアニア」と呼ばれる、現代のリトアニア共和国とほぼ同じ狭い地域に限られており、小さな異教国家(非キリスト教国家、Romuva)であったが、複雑な政治的経緯により人口の膨大なルーシ(現在のロシア・スモレンスク地方、ベラルーシ、西部ウクライナ)の正教徒の人々が住む広大な地域(すなわちヴォルィーニ公国やハールィチ公国の地域)も徐々に広く包含するようになると、そういった地方の支配層も取り込むようになったため結果として大公国全体で徐々に正教徒の東スラヴ人が政治的に優勢となった。原リトアニアでも東スラヴの文化を広く受け入れるようになり、大公国の唯一の公用語として教会スラブ語が採用された。1387年にローマ・カトリックを正式に国教としたが、正教徒の信仰も認められた。1430年以後、ポーランド王国と実質的な同君連合となり(ポーランド・リトアニア合同)、支配階層のポーランド文化への同質化が進んだ。1569年のルブリン合同をもってリトアニア大公国はポーランド王国との連合政体であるポーランド・リトアニア共和国を形成した。.

新しい!!: アルギルダスとリトアニア大公国 · 続きを見る »

リトアニア人

リトアニア人は、現在のリトアニア共和国(リトアニア)の住民を形成する民族。総人口は約370万人から約410万人とされる。 著名なリトアニア人に関してはリトアニア人の一覧を参照。.

新しい!!: アルギルダスとリトアニア人 · 続きを見る »

リトアニア語

リトアニア語(リトアニア語: lietuvių kalba)は、主にリトアニアおよびその周辺国の一部の地域で用いられている言語。インド・ヨーロッパ語族のバルト語派に属す。リトアニアの公用語で、話者人口はおよそ302万人。.

新しい!!: アルギルダスとリトアニア語 · 続きを見る »

ルーシ

ルーシとは、以下のようなものに用いられた名称である。.

新しい!!: アルギルダスとルーシ · 続きを見る »

ルーシ人

ウクライナ・ベラルーシの領域。 ルーシ人(ルーシじん;古ルーシ語・ルーシ語・Руси́ни, Русь, Ру́си ; ;)は、中世から近世にかけて東欧に居住した東スラヴ系の民族である。第一義的には、ルーシ族(ルーシ人とも呼ばれる)、あるいはルーシという地名に由来し、ルーシ(キエフ大公国)という国に属した人々を指す用語であるが、時代が下るとともに意味するところが変わる。 14世紀末から17世紀前半にかけては、今日のウクライナ人およびベラルーシ人の祖先となる共通民族名であったが、17世紀後半から20世紀初頭にかけてはウクライナ人のみを指す民族名として用いられるようになった。西欧の文献ではルテニア人()「ルーシ」のラテン語名「ルテニア」()に由来する。として登場するが、日本語文献ではルーシ人とルテニア人の概念は一致しない。 日本語文献で「ルーシ人」といえば、キエフ・ルーシの人々を指している場合と、14世紀以降のウクライナ人・ベラルーシ人あるいは17世紀以降のウクライナ人を指している場合、それらを特に区別せずに書いている場合とがある。日本語では、少なくとも近世以降のロシア人(大ロシア人)を指して「ルーシ人」と呼ぶことはない。.

新しい!!: アルギルダスとルーシ人 · 続きを見る »

レングヴェニス・アルギルダイティス

レングヴェニスの印章(1395年) レングヴェニス・アルギルダイティス(Lengvenis Algirdaitis, 1360年頃 - 1431年以後)は、リトアニア大公国の統治者アルギルダスと、その2番目の妻ウリヤナ・トヴェリスカヤの間の息子の一人。ノヴゴロド共和国の勤務公(在位1389年 - 1392年、1406年 - 1411年)。有能な軍事指導者であった。 レングヴェニスは1387年にリトアニアの軍勢の一部を率いてドイツ騎士団と戦った。1389年、レングヴェニスは兄のリトアニア大公・ポーランド王ヨガイラからノヴゴロドの摂政に任命され、1392年まで務めた。彼はノヴゴロドの勤務公となる際、正教に改宗してシメオナス(Simonas)と名乗った。レングヴェニスが1392年にノヴゴロド公を退いた後、ヴィータウタスはレングヴェニスをムシチスラウ公に任命した。1406年から1411年まで、レングヴェニスは再びヴィータウタスによりノヴゴロド公に任じられた。ノヴゴロドの支配者として、彼はプスコフ共和国、リヴォニア騎士団、スウェーデンと戦った。 1410年、レングヴェニスはグルンヴァルトの戦いに参加し、スモレンスクから招集された3つの隊を率いて戦った。そのうちの1隊はレングヴェニスの息子ユルギスが指揮していた。レングヴェニスは1411年の第一次トルンの和約の調印に加わっている。レングヴェニスはモスクワ大公ドミトリー・ドンスコイの娘マリヤ・ドミトリーエヴナと結婚した。 Category:ノヴゴロド公 Category:ムスチスラヴリ公 Category:アルギルダス家 Category:1360年代生 Category:1430年代没.

新しい!!: アルギルダスとレングヴェニス・アルギルダイティス · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: アルギルダスとロシア · 続きを見る »

ヴワディスワフ2世 (ポーランド王)

ヨガイラ(Jogaila)、後のヴワディスワフ2世ヤギェウォ(彼は以下の複数の名で知られている: Jogaila Algirdaitis; Władysław II Jagiełło; Jahajła (Ягайла)。:en: Names and titles of Władysław II Jagiełłoを参照のこと、1362年頃–1434年6月1日)はリトアニア大公(1377年–1434年)、ポーランドの王配(1386年–1399年)及び単独のポーランド国王(1399年–1434年)。1377年からリトアニアを統治し、最初は叔父のケーストゥティスと共同で統治した。1386年にクラクフでヴワディスワフの名で洗礼を受けて若き女王ヤドヴィガ・アンジューと結婚し、ポーランド国王ヴワディスワフ2世ヤギェウォとして戴冠した。1387年にはリトアニア全土をキリスト教に改宗させた。ヤドヴィガの死を受けて1399年からヴワディスワフ2世による単独の統治が始まり、それは35年以上にも続き、数世紀に及ぶポーランド・リトアニア合同の土台が築かれた。ヴワディスワフ2世は己の名前を帯びたヤギェウォ朝の創設者である一方、異教徒としてのヨガイラはリトアニア大公国を創設したゲディミナス朝の後継者であった。王朝は両国を1572年まで支配し1596年に没したアンナ・ヤギェロンカがヤギェウォ家最後の男系の人物である。、中世後期及び近世の中・東欧で最も影響力のある王朝の一つとなっている。その統治期間中、ポーランド=リトアニア合同はキリスト教世界で最大の国家であった。 ヨガイラは中世リトアニア最後の異教の君主であった。クレヴォ合同の結果、ポーランド国王になった後に新たに形成されたポーランド・リトアニア合同はドイツ騎士団勢力の台頭に直面することとなった。1410年のタンネンベルクの戦いでの合同の勝利は、第一次トルンの和約により、ポーランドとリトアニアの国境線を確固たるするものとなり、ヨーロッパに重要な戦力としてのポーランド=リトアニア合同の出現を印象付けた。ヴワディスワフ2世ヤギェウォの統治はポーランドの国境を拡張させ、大概はポーランド黄金時代の幕開けと見做されている。.

新しい!!: アルギルダスとヴワディスワフ2世 (ポーランド王) · 続きを見る »

ヴィリニュス

ヴィリニュス(Vilnius )は、リトアニア共和国の首都で、同国最大の都市である。人口は 558,165 人(2009年現在)。かつてポーランド領だったこともある。バルト三国で唯一海に面していない首都で、バルト海に面したリトアニア主要港のクライペダからは 312 km離れている。 ヴィリニュスは、・沿いに位置し、リトアニアの南東と地理的に偏ったところにある。これは過去数世紀の間に国境の形が変わっていったことと関係している。かつてリトアニア大公国の時代にヴィリニュスは国土の中央にあった。 1994年に旧市街はユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。また、2009年には欧州文化首都に選ばれたこともある。.

新しい!!: アルギルダスとヴィリニュス · 続きを見る »

ヴィーガンタス

ヴィーカンタス (洗礼名アレクサンドラス; Wigunt; 1392年6月28日没)は、ケルナヴェ公で、リトアニア大公アルギルダス(1345年–1377年)とその2番目の妻ユリアナ・トヴェルスカの息子。 1385年にヴィーカンタスはクレヴォ合同に調印することで長兄のヨガイラ を支援している。1386年にアレクサンドラスの洗礼名を授かり、1390年にはヴワディスワフ・オポルチクの娘ヤドヴィガと結婚している。ポーランド貴族は、ヴワディスワフ・オポルチクがポーランドとドイツ騎士団との間で所有権を巡って争っているドブジンの地が持参金としてヴィーガンタスに下賜されることを期待していた。ドブジンの代わりとしてヴィーガンタスはヨガイラからクヤヴィの地を受け取った。1388年にはドイツ騎士団に対するポーランドの武力闘争を支持し、1389年から1392年までのリトアニア内戦ではヴィータウタスと戦っているヨガイラを支持した。ヴィーガンタスは人気のないリトアニア大公スキルガイラの代わりとして見做され、スキルガイラかヴィータウタスに毒殺されたのではないかとの噂が流れた。その遺体は1390年に内戦で死んだカリガイラとともにヴィリニュス大聖堂に埋葬された。 ヴィーガンタスを異母兄アンドリュス・アルギルダイティスと混同してはいけない(両人は15世紀のヤン・ドゥウゴシュの年代記ではヴィーガンタスと混同され、ヴィグント・アンドレイと言及されている)。カジミェシュ・スタンドニキは1867年に出版した『Bracia Władysława-Jagiełły Olgierdowicza』でヴィーガンタスとその兄弟フィオドラスは同一人物との説を提唱しているが、この説は否定されている。.

新しい!!: アルギルダスとヴィーガンタス · 続きを見る »

ヴォロディームィル・オーリヘルドヴィチ

ヴォロディームィル・オーリヘルドヴィチ(ルーシ語:Володимерь Ольгердовичь;ウクライナ語:Володимир Ольгердович, ? - 1398年以後)は、リトアニア大公国の統治者アルギルダスと、その最初の妻のヴィーツェプスク公女マリヤの間の息子の一人。キエフ公国の統治者(在位1362年 - 1394年)。現代のリトアニア語の文献ではヴラディミラス・アルギルダイティス(Vladimiras Algirdaitis)。.

新しい!!: アルギルダスとヴォロディームィル・オーリヘルドヴィチ · 続きを見る »

ブリャンスク公国

ブリャンスク公国(Брянское княжество)は13世紀半ばから15世紀初頭にかけて存在した、ルーシの諸公国の1つである。首都はブリャンスク(当時の呼称ではデブリャンスク、ブリャネスク等)に置かれ、成立当初はチェルニゴフ公国に属する分領公国であったが、モンゴルのルーシ侵攻以降はチェルニゴフ - セヴェルスキー圏(チェルニゴフ公国とノヴゴロド・セヴェルスキー公国、またそれらの分領公国の領土)の政治的中心地となった。この時期のブリャンスク公はチェルニゴフ大公(ヴェリーキー・クニャージ)を号した。14世紀半ば以降はリトアニア大公国に属し、最終的にはリトアニア大公国内の一領域に改変されて独自の公国は消滅した。.

新しい!!: アルギルダスとブリャンスク公国 · 続きを見る »

プスコフ

プスコフ(プスコーフ、Псков、ラテン文字転写の例: Pskov、エストニア語・フィンランド語: Pihkva、 Pleskau、 Psków)はロシアの都市。プスコフ州の州都であり、主教座などのあるロシアの宗教の中心地のひとつにしてロシア有数の古都でもある。ヴェリーカヤ川およびその支流プスコフ川に沿ってクレムリンや古い町並みが建っている。エストニアとロシアとの国境からは東へ20kmしか離れておらず、中世には国境防衛と国境貿易でロシア有数の大都市として繁栄を謳歌した。人口は202,780人(2002年国勢調査)。 至聖三者大聖堂.

新しい!!: アルギルダスとプスコフ · 続きを見る »

フィオドラス・アルギルダイティス

フィオドラス・アルギルダイティス (1324/1326年頃 — 1394年2月10日から1400年の間)は、ゲディミナス朝(アルギルダス家)出身のラトネ、リュボームリ、そして恐らくはコブリンWolff J. Kniaziowie litewsko-ruscy od końca czternastego wieku.

新しい!!: アルギルダスとフィオドラス・アルギルダイティス · 続きを見る »

ドミトリユス・アルギルダイティス

クリコヴォの戦いにおいて、モスクワ軍の救援に駆け付けたポラツク公アンドリュスとブリャンスク公ドミトリユスの兄弟 ドミトリユス・アルギルダイティス(Dmitrijus Algirdaitis, ? - 1399年8月12日)は、リトアニア大公国の統治者アルギルダスと、その最初の妻のヴィーツェプスク公女マリヤの間の2番目の息子。ブリャンスク公(在位1356年 - 1379年、1388年 - 1399年)。 1356年、アルギルダスは息子のドミトリユスにスモレンスク公国から奪ったトルブチェフスクとスタロドゥーブを含むブリャンスク公国を与えた。ブリャンスクはリトアニア大公国の心臓部から北西方向に遠く離れており、モスクワ大公国に領域を接していた。1370年、モスクワ大公ドミトリー・ドンスコイはブリャンスク公国を征服しようして失敗した。1372年、ドミトリユスは父アルギルダスとドミトリー・ドンスコイとの間に結ばれたリュブツク条約の証人となった。 1377年に父が死ぬと、ドミトリユスは大公位の後継者として父が指名した異母弟ヨガイラを支持せず、大公位を要求する同母兄のポラツク公アンドリュスを応援した。アンドリュスは自分こそが大公位の正統な継承者だと信じており、ポラツク、プスコフ共和国、リヴォニア騎士団、モスクワ大公国からなる反リトアニア同盟を組織してヨガイラに対抗した。ドミトリユスは同盟の中では消極的な役割しか果たさなかった。彼はヨガイラ大公にする戦争に参加することもなく、1379年にモスクワ軍が反リトアニア同盟を口実に自分の領地を占領した時も反撃をしなかった。ドミトリユスとその妻子はモスクワ軍の引き揚げに随行してモスクワに移り、彼はドミトリー・ドンスコイからペレスラヴリ・ザレスキーを所領として与えられた。1380年、ドミトリユスはジョチ・ウルスとロシアとのクリコヴォの戦いにおいてロシア側の旗手を務めた。ロシアの年代記はこの戦いにおけるドミトリユスと兄アンドリュスの知略を褒め称えている。 1388年、アンドリュスがスキルガイラの軍隊に逮捕されてポーランドの監獄に収監されると、ドミトリユスは今やポーランド王となっていたヨガイラと和解し、かつての領地ブリャンスクに戻った。1399年、ドミトリユスはジョチ・ウルスとのヴォルスクラ川の戦いにおいて戦死した。 ドミトリユスの息子ミカイラス(Michał Trubecki)は、トルベツコイ家の始祖とされている。 Category:ノーウホロド=シーヴェルシクィイ公 Category:ブリャンスク公 Category:トルブチェフスク公 Category:アルギルダス家 Category:1399年没.

新しい!!: アルギルダスとドミトリユス・アルギルダイティス · 続きを見る »

ドミトリー

ドミトリー.

新しい!!: アルギルダスとドミトリー · 続きを見る »

ドイツ騎士団

ドイツ騎士団(ドイツきしだん、Deutscher Orden)とは、ローマ・カトリック教会の公認した騎士修道会の一つである。正式名称はドイツ人の聖母マリア騎士修道会(Ordo domus Sanctae Mariae Theutonicorum Ierosolimitanorum、Orden der Brüder vom Deutschen Haus der Heiligen Maria in Jerusalem)。英語では Teutonic Order と呼ばれ、日本ではその訳語であるチュートン騎士団でも知られる。 12世紀後半、聖地パレスチナに巡礼するキリスト教信者の護衛と病院設立の目的で設立された。メンバーは、中世には十字軍の騎士修道会とし任務していたので、一般的にはチュートン騎士として知られていた。プロイセンなど統治し、東方植民の先駆けとなった。テンプル騎士団、聖ヨハネ騎士団と共に、中世ヨーロッパの三大騎士修道会の1つに数えられる。.

新しい!!: アルギルダスとドイツ騎士団 · 続きを見る »

ベラルーシ

ベラルーシ共和国(ベラルーシきょうわこく、Рэспу́бліка Белару́сь、Республика Беларусь)、通称ベラルーシは、東ヨーロッパに位置する共和制国家。日本語では白ロシア(はくロシア)とも呼ばれる。東にロシア、南にウクライナ、西にポーランド、北西にリトアニア、ラトビアと国境を接する、世界最北の内陸国である。首都はミンスク。ソビエト連邦から独立した。国際連合にはウクライナと共に、ソ連時代からソ連とは別枠で加盟していた。また、ヨーロッパ州で最も北にある内陸国の一つでもある。.

新しい!!: アルギルダスとベラルーシ · 続きを見る »

アルギルダス家

アルギルダス家では1345年から1377年までのリトアニア大公アルギルダスの兄弟姉妹、息子、孫達について説明する。この一族はゲディミナス朝に属す。アルギルダスの息子のヤガイラスはヤギェウォ朝を創始した。.

新しい!!: アルギルダスとアルギルダス家 · 続きを見る »

アレクサンドラ・アルギルダイテ

アレクサンドラ・アルギルダイテ(Aleksandra Algirdaitė, 1360年代末ないし1370年代初頭 - 1434年4月20日)は、リトアニア大公アルギルダスとその二番目の妃ウリヤナ・トヴェリスカヤの間に生まれた娘の一人。ポーランド王およびリトアニア大公ヨガイラの妹。兄ヨガイラのポーランド王位をめぐる競争相手だったマゾフシェ公シェモヴィト4世が、クレヴォ合同条約の締結に伴い王位要求を取り下げたことの補償という形で、1387年にシェモヴィト4世と結婚した。夫妻は5男7女をもうけた。.

新しい!!: アルギルダスとアレクサンドラ・アルギルダイテ · 続きを見る »

アンドリュス・アルギルダイティス

リコヴォの戦いにおいて、モスクワ軍の救援に駆け付けたポラツク公アンドリュスとブリャンスク公ドミトリユスの兄弟 アンドリュス・アルギルダイティスまたはアンドレイ・アリヘルダヴィチ(リトアニア語:Andrius Algirdaitis;ベラルーシ語:Андрэй Альгердавіч, 1325年頃 - 1399年8月12日)は、リトアニア大公国の統治者アルギルダスと、その最初の妻のヴィーツェプスク公女マリヤとの間の最年長の息子。プスコフ公(在位1342年 - 1348年)、ポラツク公(在位1342年 - 1387年) 。アンドリュスは父の最年長の息子として、1377年に父が死ぬとその大公位を継ぐことを主張したが、アルギルダスは後妻ウリヤナ・トヴェリスカヤの産んだ最年長の息子ヨガイラを後継者に指名した。アンドレイは異母弟ヨガイラと敵対し続け、結果として自らの破滅を招くことになった。.

新しい!!: アルギルダスとアンドリュス・アルギルダイティス · 続きを見る »

ウマ

ウマ(馬)は、ウマ目(奇蹄目)のウマ科に属する動物の総称である。現生は、いずれもウマ科に属するウマ、シマウマ、ロバの仲間、5亜属9種のみである。狭義の「ウマ」は、このうち特に種としてのウマつまり学名で「Equus caballus」) と呼ばれるもののみを指す。 社会性の強い動物で、野生のものも家畜も群れをなす傾向がある。北アメリカ大陸原産とされるが、北米の野生種は、数千年前に絶滅している。欧州南東部にいたターパンが家畜化したという説もある。 古くから中央アジア、中東、北アフリカなどで家畜として飼われ、主に乗用や運搬、農耕などの使役用に用いられるほか、食用にもされ、日本では馬肉を「桜肉(さくらにく)」と称する。軍用もいる。 競走用のサラブレッドは、最高87km/hを出すことができる。 学名は「Equus caballus(エクゥウス・カバッルス)」。「equus」も「caballus」ともにラテン語で「馬」の意。.

新しい!!: アルギルダスとウマ · 続きを見る »

ウクライナ

ウクライナ(Україна、)は、東ヨーロッパの国。東にロシア連邦、西にハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコが位置している。 16世紀以来「ヨーロッパの穀倉」地帯として知られ、19世紀以後産業の中心地帯として大きく発展している。天然資源に恵まれ、鉄鉱石や石炭など資源立地指向の鉄鋼業を中心として重化学工業が発達している。 キエフ大公国が13世紀にモンゴル帝国に滅ぼされた後は独自の国家を持たず、諸侯はリトアニア大公国やポーランド王国に属していた。17世紀から18世紀の間にはウクライナ・コサックの国家が興亡し、その後ロシア帝国の支配下に入った。第一次世界大戦後に独立を宣言するも、ロシア内戦を赤軍が制したことで、ソビエト連邦内の構成国となった。1991年ソ連崩壊に伴い独立した。 歴史的・文化的には中央・東ヨーロッパの国々との関係が深い。 また本来の「ルーシ」「ロシア」とは、現在のロシア連邦よりもウクライナを指した。.

新しい!!: アルギルダスとウクライナ · 続きを見る »

カリブタス

カリブタス(Kaributas, 1350年以後 - 1404年以後)は、リトアニア大公国の統治者アルギルダスとその2番目の妻ウリヤナ・トヴェリスカヤの間の息子の一人。ノーウホロド=シーヴェルシクィイの支配者。 異教徒として生まれたが、1386年に正教に改宗し、ノヴホロド=シーヴェルスキーの領主となった。洗礼名はドミトリー(Дмитрий)といった。カリブタスはリャザン公国の当主オレーグの娘アナスタシヤを妻に迎え、間に三男三女をもうけた。娘のうちエレナはオパヴァ公ヤン2世に、ナスタシヤはカシン公フョードルにそれぞれ嫁いだ。息子の一人テオドラスはニャスヴィシュ公となり、ニェシフィツキ家、ズバラスキ家、ヴィシニョヴィエツキ家の始祖となった。別の息子ジーギマンタスは、ボヘミアのフス戦争の指導者として活躍した。 Category:ノーウホロド=シーヴェルシクィイ公 Category:ナヴァフルダク公 Category:ブリャンスク公 Category:アルギルダス家 Category:14世紀生 Category:15世紀没.

新しい!!: アルギルダスとカリブタス · 続きを見る »

カリガイラ

カリガイラ(Karigaila,? - 1390年9月16日)は、リトアニア大公国の統治者アルギルダスと、その2番目の妻ウリヤナ・トヴェリスカヤの間の息子の一人。 カリガイラはスモレンスク公国からムシチスラウを奪い、ムシチスラウの支配者となった。彼はチャルトリスキ家の始祖となった兄弟のコンスタンティンと混同される場合がある。兄のヨガイラがクレヴォの合同に基づきポーランド王になると、カリガイラも1386年に3月にクラクフでカトリック教会に改宗し、「カジミェシュ(Kazimierz)」の洗礼名を授けられた。その後、彼はポーランドを離れ、ヨガイラからリトアニア大公位を奪おうと画策していた異母兄のポラツク公アンドリュスの反乱を平定するためにリトアニア大公国の東部地域へ向かった。1386年4月18日、カリガイラと兄弟たちは、ヴィフラ川の戦いにおいて、アンドリュスと結んだスモレンスク公スヴャトスラフを破っている。 1389年に再開されたリトアニア内戦の最中、カリガイラはヴィリニュス城群の「曲がった城」において防戦を指揮したが、城は陥落してカリガイラは殺された。兄のポーランド王ヨガイラは、カリガイラはドイツ騎士団に捕えられて斬首されたのだ、と騎士団を非難した。騎士団はカリガイラの殺害を否認し、カリガイラは戦闘中に死んだのだと主張した。カリガイラはヴィリニュス大聖堂に埋葬された。 Category:ムスチスラヴリ公 Category:アルギルダス家 Category:14世紀生 Category:1390年没.

新しい!!: アルギルダスとカリガイラ · 続きを見る »

カトリック教会

トリック教会(カトリックきょうかい、)は、ローマ教皇を中心として全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。その中心をローマの司教座に置くことからローマ教会、ローマ・カトリック教会とも呼ばれる。.

新しい!!: アルギルダスとカトリック教会 · 続きを見る »

キエフ大公国

フ大公国(キエフたいこうこく)は、9世紀後半から1240年にかけてキエフを首都とした東欧の国家である。正式な国号はルーシ(古東スラヴ語: Русь)で、日本語名はその大公座の置かれたキエフに由来する。 10世紀までにキリスト教の受容によってキリスト教文化圏の一国となった。11世紀には中世ヨーロッパの最も発展した国の一つであったが、12世紀以降は大公朝の内訌と隣国の圧迫によって衰退した。1240年、モンゴル来襲によってキエフは落城し、事実上崩壊した。.

新しい!!: アルギルダスとキエフ大公国 · 続きを見る »

キエフ・ペチェールシク大修道院

フ・ペチェールシク大修道院(ウクライナ語:Києво-Печерська лавра;意訳:「キエフ洞窟大修道院」)はウクライナの首都、キエフのペチェールシク地区に位置するキリスト教の大修道院である。.

新しい!!: アルギルダスとキエフ・ペチェールシク大修道院 · 続きを見る »

クリミア

リミア(Crimea)は、黒海の北岸における最大の半島であるクリミア半島を指す地名。そのほかに以下の用語がクリミアと呼ばれる。.

新しい!!: アルギルダスとクリミア · 続きを見る »

ケーストゥティス

ーストゥティス 1379年から用いられたケーストゥティスの印章 ヤガイラスに捕えられたケーストゥティスとヴィータウタス リタスに刻まれたケーストゥティス ゲディミナスの支柱 トラカイ島城 ケーストゥティス(Kęstutis、、1297年 - 1382年8月3日または15日)は、中世リトアニアの君主。ケーストゥティスはトラカイ公として、1377年までは兄のアルギルダスと、アルギルダスの死後は1381年まで甥のヤガイラスと共同でリトアニア大公国を統治した。ケーストゥティスは西方のリトアニア人とルーシ人を支配した。 「ケーストゥティス」という名は、リトアニア人の名称としての Kęstaras や Kęstautas(リトアニア語の動詞 kęsti〈耐え忍ぶ〉を起とする)を短縮化した Kęstas という名称の形態に由来する。過去に書かれた史料の表記は、それぞれ異なるリトアニア語の発音の影響を受けている。.

新しい!!: アルギルダスとケーストゥティス · 続きを見る »

ゲディミナス

ディミナス(Gediminas, 1275年 - 1341年)は、中世リトアニア大公国の君主、リトアニア大公(在位:1316年 - 1341年)。これは主にリトアニア人とルーシ人の君主を意味していた。帝国としてのリトアニア大公国の実質的な創始者である。キリスト教化に抵抗した熱心な異教徒との評価があるが、実際はより複雑な事情があった。.

新しい!!: アルギルダスとゲディミナス · 続きを見る »

ゲディミナス朝

ディミナス朝の紋章 ゲディミナス朝(リトアニア語:Gediminaičių dinastijaゲディミナイチュー・ディナスティヤ)はリトアニア大公国を支配した王朝の名前。中興の祖・ゲディミナスの名に由来する。.

新しい!!: アルギルダスとゲディミナス朝 · 続きを見る »

コンスタンティナス・アルギルダイティス

ンスタンティナス・アルギルダイティス (Konstanty Czartoryski, Konstantinas Algirdaitis; 1388年から1392年の間に死去)はリトアニア大公国における政治及び軍事上の為政者且つチャルトリスキ家の創始者である。カリヨタスかアルギルダスの息子であり、リトアニア大公ゲディミナスの孫である。コンスタンティナスの父に関しては現在のポーランドの学者ヤン・テゴヴィシュクは前者の説を採っている。異母弟ないし従兄弟がポーランド国王ヴワディスワフ2世である。.

新しい!!: アルギルダスとコンスタンティナス・アルギルダイティス · 続きを見る »

シュヴィトリガイラ

ディミナス朝の紋章 (''Gediminaičių stulpai'') シュヴィトリガイラ(Švitrigaila、1370年頃 - 1452年2月)は1430年から1432年にかけてのリトアニア大公。生涯の大半を従兄弟のヴィータウタスおよびジーギマンタス・ケーストゥタイティスとの支配権争いに費やした。.

新しい!!: アルギルダスとシュヴィトリガイラ · 続きを見る »

ジョチ・ウルス

ョチ・ウルス()は、13世紀から18世紀にかけて、黒海北岸のドナウ川、クリミア半島方面から中央アジアのカザフ草原、バルハシ湖、アルタイ山脈に至る広大なステップ地帯を舞台に、チンギス・カンの長男ジョチの後裔が支配し興亡した遊牧政権(ウルス)。一般にキプチャク・ハン国の名で知られる国とほぼ同じものである。.

新しい!!: アルギルダスとジョチ・ウルス · 続きを見る »

スモレンスク公国

モレンスク公国(Смоле́нское кня́жество)は、12世紀 - 14世紀にスモレンスクを首都として成立したルーシ諸公国の1つである。公国の歴史を概括すると、13世紀半ばには西接するポロツク公国に干渉するなど勢力を伸ばしたが、モンゴルのルーシ侵攻の後、強大化したリトアニア大公国・モスクワ大公国の狭間で弱体化し、最終的にリトアニア大公国に組み込まれた。 (留意事項)本頁の地名表記には旧称で表記されているものがある。必要に応じて各頁を参照されたし。.

新しい!!: アルギルダスとスモレンスク公国 · 続きを見る »

スラヴ人

南スラヴ人 スラヴ人(スラヴじん)は、中欧・東欧に居住し、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派に属する言語を話す諸民族集団である。ひとつの民族を指すのではなく、本来は言語学的な分類に過ぎない。東スラヴ人(ウクライナ人、ベラルーシ人、ロシア人)・西スラヴ人(スロバキア人、チェコ人、ポーランド人)・南スラヴ人(クロアチア人、セルビア人、ブルガリア人など)に分けられる。言語の共通性は見られ、特に西スラヴと東スラヴは時により北スラヴと分類されることがある。.

新しい!!: アルギルダスとスラヴ人 · 続きを見る »

スキルガイラ

ルガイラ(イヴァンという名でも知られている、1353年もしくは1354年-1397年1月キエフで没、1383/1384年に「カジミェシュ」という名で洗礼)は1386年から1392年まで兄であるリトアニア大公ヨガイラの摂政であった。リトアニア大公アルギルダスとユリアナ・トヴェルスカの息子である。.

新しい!!: アルギルダスとスキルガイラ · 続きを見る »

サングシュコ家

ングシュコ家の「リトアニア騎手(Pogoń Litewska)」の紋章 エウスタヒ・エラズム・サングシュコ サングシュコ家(ポーランド語:Sanguszko;ウクライナ語:Сангушко;ベラルーシ語:Сангушка)は、ルテニアに起源をもつポーランド・リトアニアの上級貴族の家系で、ゲディミナス朝の流れをくむ公の家系の一つ。ポーランド・リトアニア共和国の他の公の家系と同じく、その出自ははっきりしない。現在の歴史家たちは一族の始祖をアルギルダスの孫の一人で、コヴェルとリュボムィルの領主だったアレクサンドル・フョードロヴィチだとする意見を支持しており、その名前の短縮形「サングシュ(Sangush)」が家名の由来であり、一族はその2人の息子アレクサンドルとミハイルの血を引いていると考えられている。 嫡流であるサングシュコ=コシルスキ家(Sanguszko-Koszyrski)は1653年にアダム・アレクサンデル・サングシュコの死により断絶した。シモン・サムエル・サングシュコに始まる傍系のサングシュコ=コヴェルスキ家(Sanguszko-Kowelski)は、自らの先祖をアルギルダスの弟リュバルタスであると誤認し、後にはサングシュコ=リュバルトヴィチ家(Sanguszko-Lubartowicz)と名乗った。 リトアニア宮内長官を務めたパヴェウ・カロル・サングシュコは、オストロフのオルディナツィアの女子相続人だったマリアンナ・ルボミルスカと結婚したことで、莫大な財産を獲得した。スラヴュタ(現在のウクライナ)にあった彼の宮殿は、「サングシュコ絨毯」として知られるペルシア絨毯の有名な収集品で美しく飾られた。しかし、その長男であったヤヌシュ・アレクサンデル・サングシュコの放蕩によって、オストロフの大所領は失われた。その異母弟ヒェロニム・ヤヌシュ・サングシュコ(1743年 - 1812年)はスラヴュタに養馬場を建設し、一族はアラブ種の馬の品種改良で知られるようになった。 ポーランド分割ののち、ヒェロニム・ヤヌシュの息子エウスタヒ・エラズム・サングシュコは、コシチュシュコ蜂起とナポレオンによるロシア遠征を戦った。その息子ロマン・スタニスワフ・サングシュコは、11月蜂起で司令官として戦い、シベリアに流刑とされた。彼の物語はジョゼフ・コンラッドの短編小説「ロマン公」(1910年)に描かれている。第2次大戦期にガリツィアがウクライナに併合されると、サングシュコ家はグムニスカとスラヴュタの所領およびリヴィウにある宮殿を失い、ブラジルに亡命した。 現在、一族の当主は母方からポリニャック家の血を引く、サンパウロ在住のパヴェウ・フランチシェク・サングシュコ(1973年 - )である。.

新しい!!: アルギルダスとサングシュコ家 · 続きを見る »

破門

(はもん)は.

新しい!!: アルギルダスと破門 · 続きを見る »

総主教

総主教(そうしゅきょう、Πατριάρχης, ロシア語・ブルガリア語: Патриарх, Patriarch)は、東方教会(正教会、東方諸教会)における最高位聖職者であり、主教品の最上位。正教会においては特定の独立正教会の首座主教に付与される称号(首座主教であっても総主教ではない主教が正教会には居る)。 総主教の管轄する教区・教会・事務局・総主教邸は総主教庁(Patriarchate)と呼ばれる。.

新しい!!: アルギルダスと総主教 · 続きを見る »

青水の戦い

青水の戦い (Бітва на Сініх Водах、Mūšis prie Mėlynųjų Vandenų、Битва на Синіх Водах) は、1362年の9月24日から12月25日の間にかけて青水の川(シニュハ川)にてリトアニア大公アルギルダス率いる軍勢とタルゴヴィッツアの要塞 (現ウクライナ キロヴォフラード州ノヴォムィールホロド付近の村)近くのポジーリャを治めるタタール軍との間で行われた会戦である。 ジャーニー・ベク・ベルディ・ベク父子の非業の死によって生じたジョチ・ウルス内部の混乱を利用してアルギルダスはタタールの地への遠征を組織した 。 リトアニア人とルーシ人はムラド・ハーン傘下の3人の領主に対して決定的な勝利をおさめた。戦いの結果、人口希薄なポジーリャと黒海の北部地帯をも含む現在のウクライナの大部分とキエフ(1324年のイルピン川の戦い後の段階で既にリトアニアに帰属していた)がリトアニア大公国の支配下となったことが明白となった。キエフ占領後のリトアニアはモスクワ大公国と直に隣接して競合するようになった。アルギルダスはキエフの統治を息子のヴラディミラスに委ね、ポジーリャを会戦に参加した弟カリヨタスの息子で甥にあたるアレクサンドラス、ユルギス 、コンスタンティナス及びテオドラス に与えた。.

新しい!!: アルギルダスと青水の戦い · 続きを見る »

黒海

黒海(こっかい)は、ヨーロッパとアジアの間にある内海で、大西洋の縁海(地中海 (海洋学))の一つである。マルマラ海を経てエーゲ海、地中海に繋がる。 バルカン半島、アナトリア半島、コーカサスと南ウクライナ・クリミア半島に囲まれており、ドナウ川、ドニエストル川、ドニエプル川などの東ヨーロッパの大河が注ぐ。アナトリアとバルカンの間のボスポラス海峡、マルマラ海、ダーダネルス海峡を通じて地中海に繋がっており、クリミアの東にはケルチ海峡を隔ててアゾフ海がある。 黒海に面する国は、南岸がトルコで、そこから時計回りにブルガリア、ルーマニア、ウクライナ、ロシア、ジョージアである。 黒海に面する有名な港湾には、イスタンブール(ビュザンティオン、コンスタンティノープル)から時計回りにブルガス、ヴァルナ、コンスタンツァ、オデッサ、セヴァストポリ、ヤルタ、ガグラ、バトゥミ、トラブゾン、サムスンなどがある。.

新しい!!: アルギルダスと黒海 · 続きを見る »

致命者

聖致命女解繋者アナスタシヤ(正教会のイコン) 致命者(ちめいしゃ、μάρτυς, Му́ченик, Martyr)とは、正教会で聖人に付されて記憶に用いられる称号。女性の場合は致命女(ちめいじょ)。信仰の立証者として全生命を代償に与えた者(致命した者)をいう。これに対し、信仰の立証者として苦難を受けた者のうち、死には至らなかった聖人には表信者の称号が付されて記憶される。 但し、致命者に限らず正教会の聖人の称号には厳密な区分けは無いこともあり、直接に殺害されなくとも(例えば監禁・軟禁・抑圧状態下で死を迎えるケースなどで)、致命者として記憶される聖人もいる(モスクワの総主教聖ティーホンなど)。 他教派・他宗教でいう殉教者に該当するが、日本正教会ではこの語は用いない。 「大致命者」(だいちめいしゃ)の称号で記憶される聖人もいる。また、「聖大致命者廉施者パンテレイモン」の名で記憶される聖パンテレイモンのように、称号が幾つか重ねられる場合も少なく無い。 正教会ではステファノが初致命者首輔祭聖ステファンとして記憶される。.

新しい!!: アルギルダスと致命者 · 続きを見る »

東ローマ帝国

東ローマ帝国(ひがしローマていこく)またはビザンツ帝国、ビザンティン帝国は、東西に分割統治されて以降のローマ帝国の東側の領域、国家である。ローマ帝国の東西分割統治は4世紀以降断続的に存在したが、一般的には最終的な分割統治が始まった395年以降の東の皇帝の統治領域を指す。西ローマ帝国の滅亡後の一時期は旧西ローマ領を含む地中海の広範な地域を支配したものの、8世紀以降はバルカン半島、アナトリア半島を中心とした国家となった。首都はコンスタンティノポリス(現在のトルコ共和国の都市であるイスタンブール)であった。 西暦476年に西ローマ帝国がゲルマン人の傭兵隊長オドアケルによって滅ぼされた際、形式上は最後の西ローマ皇帝ロムルス・アウグストゥスが当時の東ローマ皇帝ゼノンに帝位を返上して東西の帝国が「再統一」された(オドアケルは帝国の西半分の統治権を代理するという体裁をとった)ため、当時の国民は自らを古代のローマ帝国と一体のものと考えていた。また、ある程度の時代が下ると民族的・文化的にはギリシャ化が進んでいったことから、同時代の西欧からは「ギリシア帝国」とも呼ばれた。.

新しい!!: アルギルダスと東ローマ帝国 · 続きを見る »

東スラヴ人

東スラヴ人(ひがしスラヴじん)とは、スラヴ人の中で東スラヴ語を話す、現代のウクライナ人、ベラルーシ人、ロシア人や近隣の少数民族のことを指す。中世には、東スラヴ人のルーシ人がキエフ・ルーシ(リューリク朝)を支配した。.

新しい!!: アルギルダスと東スラヴ人 · 続きを見る »

正教会

Σημειώσεις από τις παραδόσεις τού καθηγητού Ι. Δ. Ζηζιούλαより)。 正教会(せいきょうかい、Ορθόδοξη Εκκλησία、Православие、Orthodox Church)は、ギリシャ正教もしくは東方正教会(とうほうせいきょうかい、Eastern Orthodox Church)とも呼ばれる、キリスト教の教会(教派)の一つ。 日本語の「正教」、英語名の"Orthodox"(オーソドックス)は、「正しい讃美」「正しい教え」を意味するギリシャ語のオルソドクシア "ορθοδοξία" に由来する。正教会は使徒継承を自認し、自身の歴史を1世紀の初代教会にさかのぼるとしている『正教会の手引き』8頁 - 11頁。 なお「東方教会」(とうほうきょうかい)が正教会を指している場合もある。 例外はあるものの、正教会の組織は国名もしくは地域名を冠した組織を各地に形成するのが基本である。コンスタンディヌーポリ総主教庁、アレクサンドリア総主教庁、アンティオキア総主教庁、エルサレム総主教庁、ロシア正教会、セルビア正教会、ルーマニア正教会、ブルガリア正教会、グルジア正教会、ギリシャ正教会、日本正教会などは個別の組織名であって教会全体の名ではない。いずれの地域別の教会組織も、正教として同じ信仰を有している。教会全体の名はあくまで正教会であり、「ロシア正教に改宗」「ルーマニア正教に改宗」といった表現は誤りである。 なお、アルメニア使徒教会、シリア正教会、コプト正教会、エチオピア正教会なども同じく「正教会」を名乗りその正統性を自覚しているが、上に述べたギリシャ正教とも呼ばれる正教会とは別の系統に属する。英語ではこれらの教会は"Oriental Orthodox Church"とも呼ばれる。詳細は非カルケドン派正教会を参照。.

新しい!!: アルギルダスと正教会 · 続きを見る »

正教徒

正教会の教会機構の図解。 正教徒(せいきょうと)とは、キリスト教の教派のひとつである正教の信者を意味する用語。正教信徒(せいきょうしんと)とも。日本ハリストス正教会でも頻繁に用いられる。一般には7つの全地公会議を認める諸教会(Eastern Orthodox)の信徒を指し、非カルケドン派(Oriental Orthodox)に所属する教会の信徒にはあまり用いられない。 グルジア正教会、ブルガリア正教会、セルビア正教会、ロシア正教会、ギリシャ正教会、ルーマニア正教会、日本正教会等、そのいずれもが正教会なのであり、同じ信仰を有している。 教義・教理は全く同じであり、機密(秘蹟)はいずれの教会のものも相互に有効であるとされ、いずれの教会に属する信徒も「正教徒」と呼ばれ、教会間の相互領聖は完全に行われており、フル・コミュニオンの関係にある。.

新しい!!: アルギルダスと正教徒 · 続きを見る »

歴史家

歴史学者(れきしがくしゃ)は、歴史を後世に残すべく、叙述(文章化)する人のことである。また、残された史料を元に歴史を研究し、その成果を論文や著作として著す人の事も指す。.

新しい!!: アルギルダスと歴史家 · 続きを見る »

洗礼名

洗礼名(せんれいめい、baptismal name, Christian name)とは、キリスト教徒が洗礼を受けるときにつけられる名前。英語からの転写でクリスチャン・ネームとも。各教派で異なる呼び名がある。.

新しい!!: アルギルダスと洗礼名 · 続きを見る »

1296年

記載なし。

新しい!!: アルギルダスと1296年 · 続きを見る »

1318年

記載なし。

新しい!!: アルギルダスと1318年 · 続きを見る »

1341年

記載なし。

新しい!!: アルギルダスと1341年 · 続きを見る »

1345年

記載なし。

新しい!!: アルギルダスと1345年 · 続きを見る »

1362年

記載なし。

新しい!!: アルギルダスと1362年 · 続きを見る »

1368年

記載なし。

新しい!!: アルギルダスと1368年 · 続きを見る »

1372年

記載なし。

新しい!!: アルギルダスと1372年 · 続きを見る »

1377年

記載なし。

新しい!!: アルギルダスと1377年 · 続きを見る »

1460年代

1460年代(せんよんひゃくろくじゅうねんだい)は、西暦(ユリウス暦)1460年から1469年までの10年間を指す十年紀。.

新しい!!: アルギルダスと1460年代 · 続きを見る »

14世紀

ナスル朝。イベリア半島最後のイスラム王朝であるこの王朝はすでに半島南端を占めるだけの小国となっていたが文化や芸術は最後の輝きを見せていた。画像はイスラム特有のアラベスクに彩られたアルハンブラ宮殿の「二姉妹の間」。 Gilles Le Muisitの年代記』の挿絵)。 エドワード3世率いるイングランド軍にフランス軍が大敗を喫した。画像はこの戦いを描いたジャン・フロワサールの『年代記』写本の挿絵。 ユダヤ人迫害。中世末期の不穏な情勢の中でスケープゴートとして標的にされたのがユダヤ人であった。画像は15世紀にまとめられた『ニュルンベルク年代記』の木版挿絵で、1338年に起きたバイエルン地方のデッゲンドルフでの「聖餅󠄀冒瀆」の罪により、生きながら火炙りにされたユダヤ人たちが描かれている。 カルマル同盟。デンマーク摂政(事実上の女王)マルグレーテ1世がデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの三国を統合した。画像はロスキレ大聖堂に安置されたマルグレーテの石棺。 七選帝侯。神聖ローマ帝国では諸侯の分権化が強く選帝侯を味方につけることで帝権は維持された。やがてこの選出方法は金印勅書で法制化されることになる。 原初同盟は14世紀にはハプスブルク家との戦いに勝利し自立への道を踏み固めていった。画像は1315年のモルガルテンの戦いを描いたもの。 アヴィニョン教皇宮殿の正面入り口。 ダンテとベアトリーチェ。ダンテは地獄・煉獄・天国をまわる壮大な『神曲』を書いた詩人。画像は19世紀のヘンリー・ホリデーによるもの(ウォーカー・アート・ギャラリー蔵)。 シエナ。この街は黒死病の被害の影響が大きかったため景観が変化せず中世都市の面影を強く残した街となっている。画像はアンブロージョ・ロレンツェッティによるシエナのプブリコ宮殿(現シエナ市役所)九頭の間の壁画「善政の効果」。 セルビア人の帝国。ネマニッチ朝のステファン・ウロシュ4世ドゥシャンは東ローマ帝国を抑えバルカン最強の国家を樹立した。画像はウロシュ4世により創建されたコソボのデチャニ修道院にあるネマニッチ一族の系譜を描いたフレスコ画。 Codex Mendoza」。 後醍醐天皇。鎌倉幕府を亡ぼし建武の新政を行ったが、政権崩壊後には逃れて吉野に南朝を立てた。画像は清浄光寺所蔵の肖像画。 足利義満。室町幕府3代将軍で南北朝の統一を行い、将軍位を息子義持に譲ってからも法体で実際の政治を握っていた。画像は鹿苑寺所蔵の肖像画。 西アフリカのマリ王国の王マンサ・ムーサ。イスラム教徒としてメッカに巡礼に向かう旅路で黄金を惜しみなく使った逸話で知られる。 Baptistère de Saint Louis」。フランス歴代国王が実際に用いた洗礼盤だが、聖王ルイの時代より正確には半世紀ほど後のもので、マムルーク朝時代のエジプトまたはシリアで作られたイスラム工芸を代表する名品。現在はルーヴル美術館が所蔵している。 歴史家ラシードゥッディーン。その当時の知られていた世界の歴史を『集史』としてまとめ上げた。画像は彼が仕えたイル・ハン国の君主ガザンとオルジェイトゥの兄弟を描いた『集史』の挿絵。 草原の英雄ティムール。モンゴル帝国の分裂後の中央アジア・西アジアはティムールによって統一された。画像は1370年のバルフ包囲戦を描いたホーンダミール『清浄園』の16世紀の写本の挿絵。 ハンピ)のヴィルーパークシャ寺院。 チベット仏教の改革者ツォンカパ。綱紀粛正に努め左道密教を退けて現在のダライラマに連なるゲルク派(黄帽派)を大成した。 青花の誕生。元朝後期に西アジア産のコバルト顔料を用いて白磁に紋様を描く青花(染付)の技法が開発された。画像はこの世紀に造られた「青花魚藻文壺(ブルックリン美術館蔵)」。 明の洪武帝朱元璋。モンゴル人の元朝を北方に追いやり、漢民族の王朝を復興した。画像は洪武帝の肖像画(台北国立故宮博物院蔵)。 14世紀(じゅうよんせいき)は、西暦1301年から西暦1400年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: アルギルダスと14世紀 · 続きを見る »

16世紀

16世紀(じゅうろくせいき)は、西暦1501年から西暦1600年までの100年間を指す世紀。 盛期ルネサンス。歴代ローマ教皇の庇護によりイタリア・ルネサンスの中心はローマに移動した。画像はこの時代に再建がなされたローマのサン・ピエトロ大聖堂の内部。 カール5世。スペイン王を兼ねイタリア各地やネーデルラントも支配したが周辺諸国との戦いにも明け暮れた。画像はティツィアーノによる騎馬像(プラド美術館蔵)。 「太陽の沈まない帝国」。カール5世の息子フェリペ2世の時代にスペインは目覚ましい発展を遂げ貿易網は地球全体に及んだ。画像はフェリペ2世によって建てられたエル・エスコリアル修道院。ここには王宮も併設されておりフェリペ2世はここで執務を行った。.

新しい!!: アルギルダスと16世紀 · 続きを見る »

17世紀

ルイ14世の世紀。フランスの権勢と威信を示すために王の命で壮麗なヴェルサイユ宮殿が建てられた。画像は宮殿の「鏡の間」。 スペインの没落。国王フェリペ4世の時代に「スペイン黄金時代」は最盛期を過ぎ国勢は傾いた。画像は国王夫妻とマルガリータ王女を取り巻く宮廷の女官たちを描いたディエゴ・ベラスケスの「ラス・メニーナス」。 ルネ・デカルト。「我思う故に我あり」で知られる『方法序説』が述べた合理主義哲学は世界の見方を大きく変えた。画像はデカルトとその庇護者であったスウェーデン女王クリスティナ。 プリンキピア』で万有引力と絶対空間・絶対時間を基盤とするニュートン力学を構築した。 オランダの黄金時代であり数多くの画家を輩出した。またこの絵にみられる実験や観察は医学に大きな発展をもたらした。 チューリップ・バブル。オスマン帝国からもたらされたチューリップはオランダで愛好され、その商取引はいつしか過熱し世界初のバブル経済を生み出した。画像は画家であり園芸家でもあったエマヌエル・スウェールツ『花譜(初版は1612年刊行)』の挿絵。 三十年戦争の終結のために開かれたミュンスターでの会議の様子。以後ヨーロッパの国際関係はヴェストファーレン体制と呼ばれる主権国家を軸とする体制へと移行する。 チャールズ1世の三面肖像画」。 ベルニーニの「聖テレジアの法悦」。 第二次ウィーン包囲。オスマン帝国と神聖ローマ帝国・ポーランド王国が激突する大規模な戦争となった。この敗北に続いてオスマン帝国はハンガリーを喪失し中央ヨーロッパでの優位は揺らぐことになる。 モスクワ総主教ニーコンの改革。この改革で奉神礼や祈祷の多くが変更され、反対した人々は「古儀式派」と呼ばれ弾圧された。画像はワシーリー・スリコフの歴史画「貴族夫人モローゾヴァ」で古儀式派の信仰を守り致命者(殉教者)となる貴族夫人を描いている。 スチェパン・ラージン。ロシアではロマノフ朝の成立とともに農民に対する統制が強化されたが、それに抵抗したドン・コサックの反乱を率いたのがスチェパン・ラージンである。画像はカスピ海を渡るラージンと一行を描いたワシーリー・スリコフの歴史画。 エスファハーンの栄華。サファヴィー朝のシャー・アッバース1世が造営したこの都市は「世界の半分(エスファハーン・ネスフェ・ジャハーン・アスト)」と讃えられた。画像はエスファハーンに建てられたシェイク・ロトフォラー・モスクの内部。 タージ・マハル。ムガル皇帝シャー・ジャハーンが絶世の美女と称えられた愛妃ムムターズ・マハルを偲んでアーグラに建てた白亜の霊廟。 アユタヤ朝の最盛期。タイでは中国・日本のみならずイギリスやオランダの貿易船も来訪し活況を呈した。画像はナーラーイ王のもとで交渉をするフランス人使節団(ロッブリーのプラ・ナーライ・ラーチャニーウエート宮殿遺跡記念碑)。 イエズス会の中国宣教。イエズス会宣教師は異文化に対する順応主義を採用し、中国の古典教養を尊重する漢人士大夫の支持を得た。画像は『幾何原本』に描かれたマテオ・リッチ(利瑪竇)と徐光啓。 ブーヴェの『康熙帝伝』でもその様子は窺える。画像は1699年に描かれた読書する40代の康熙帝の肖像。 紫禁城太和殿。明清交代の戦火で紫禁城の多くが焼亡したが、康熙帝の時代に再建がなされ現在もその姿をとどめている。 台湾の鄭成功。北京失陥後も「反清復明」を唱え、オランダ人を駆逐した台湾を根拠地に独立政権を打ち立てた。その母が日本人だったこともあり近松門左衛門の「国姓爺合戦」などを通じて日本人にも広く知られた。 江戸幕府の成立。徳川家康は関ヶ原の戦いで勝利して征夷大将軍となり、以後260年余にわたる幕府の基礎を固めた。画像は狩野探幽による「徳川家康像」(大阪城天守閣蔵)。 日光東照宮。徳川家康は死後に東照大権現の称号を贈られ日光に葬られた。続く三代将軍徳川家光の時代までに豪奢で絢爛な社殿が造営された。画像は「日暮御門」とも通称される東照宮の陽明門。 歌舞伎の誕生。1603年に京都北野社の勧進興業で行われた出雲阿国の「かぶき踊り」が端緒となり、男装の女性による奇抜な演目が一世を風靡した。画像は『歌舞伎図巻』下巻(名古屋徳川美術館蔵)に描かれた女歌舞伎の役者采女。 新興都市江戸。17世紀半ばには江戸は大坂や京都を凌ぐ人口を擁するまでとなった。画像は明暦の大火で焼失するまで威容を誇った江戸城天守閣が描かれた「江戸図屏風」(国立歴史民俗博物館蔵)。 海を渡る日本の陶磁器。明清交代で疲弊した中国の陶磁器産業に代わり、オランダ東インド会社を通じて日本から陶磁器が数多く輸出された。画像は1699年に着工されたベルリンのシャルロッテンブルク宮殿の「磁器の間」。 海賊の黄金時代。西インド諸島での貿易の高まりはカリブ海周辺に多くの海賊を生み出した。画像はハワード・パイルが描いた「カリブ海のバッカニーア」。 スペイン副王支配のリマ。リマはこの当時スペインの南米支配の拠点であり、カトリック教会によるウルトラバロックとも呼ばれる壮麗な教会建築が並んだ。画像は1656年の大地震で大破したのちに再建されたリマのサン・フランシスコ教会・修道院。 17世紀(じゅうしちせいき、じゅうななせいき)は、西暦1601年から西暦1700年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: アルギルダスと17世紀 · 続きを見る »

2009年

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。.

新しい!!: アルギルダスと2009年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »