ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

アラル

索引 アラル

小アラル海とアラル市の位置 アラル(カザフ語: Аралは、カザフスタン共和国南西部のクズロルダ州の小都市。ロシア語名ではアラリスク(Аральск)と呼ばれる。人口は39,000人。トランス・アラル鉄道が通じている。 かつてはアラル海の北端の漁港で栄えた港町であり、近隣地帯への新鮮な魚の供給基地であった。 1960年以降、ソ連政府の綿花栽培のための大規模灌漑事業で、河川の流れが変わり、アラル市は干上がった。市からアラル海まで100kmも遠ざかる事態となった。2005年にダム(コカラル堤防)が完成、小アラル海の水位の上昇が見られ、現在は12km先まで急速に小アラル海の水位が回復している。2009年には市の6km先まで小アラル海が戻ってくると想定されており、市から運河を建設して、港町の姿を取り戻す計画である。 過去25年にわたって、町からアラル海が全く見えない事態が続いていることから、人口は減少、また乾燥しきった土地で化学物質を大量に含む砂嵐が頻発し、住民の健康被害も深刻である。現在でも高い失業率が続いている。 しかし、近年の水位回復に伴い、アラル海からの砂嵐が少なくなりつつあるため、住民の健康状態は回復傾向である。 また、アラル海の漁業も復興への道を歩んでいるため、失業率も今後改善すると思われる。 Category:カザフスタンの都市 Category:クズロルダ州.

15 関係: ロシア語トランス・アラル鉄道アラル海カザフスタンカザフ語クズロルダ州コカラル堤防ソビエト連邦灌漑運河都市木綿1960年2005年2009年

ロシア語

ア語(ロシアご、русский язык )は、インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派東スラヴ語群に属する言語。露語とも略される。ロシア連邦の公用語。ロシア連邦の国語表記には、キリル文字を使用する。近縁の言語にウクライナ語とベラルーシ語がある。.

新しい!!: アラルとロシア語 · 続きを見る »

トランス・アラル鉄道

トランス・アラル鉄道(英語:Trans-Aral Railway)は、オレンブルクとタシュケントを結ぶ鉄道。タシュケント鉄道(ロシア語:Ташкентская железная дорога)とも呼ばれる。周辺地域をロシア帝国が治めていた1906年に完成し、20世紀初頭では、中央アジアとヨーロッパ・ロシアを結ぶ唯一の鉄道であった。軌間はロシア式の広軌で1520mm。.

新しい!!: アラルとトランス・アラル鉄道 · 続きを見る »

アラル海

アラル海(アラルかい、Арал Теңізі、Orol dengizi、Аральское море、Aral Sea、鹹海)はカザフスタンとウズベキスタンにまたがる塩湖である。.

新しい!!: アラルとアラル海 · 続きを見る »

カザフスタン

フスタン共和国(カザフスタンきょうわこく、)、通称カザフスタンは、中央アジアの共和制国家である。北をロシア連邦、東に中華人民共和国、南にキルギス、ウズベキスタン、西南をトルクメニスタンとそれぞれ国境を接する内陸国。カスピ海、アラル海に面している。首都はアスタナ、最大都市はアルマトイ。.

新しい!!: アラルとカザフスタン · 続きを見る »

カザフ語

フ語(Қазақ тілі)は、主に中央アジアで使用される言語の1つであり、カザフスタンの国家語に制定されている。ISO 639による略語は2字が kk、3字が kaz で表される。カザフスタンのほか、他の中央アジアの国家、中華人民共和国の新疆ウイグル自治区やモンゴル西部、ロシアでも話されている坂井「二つの主要言語」『カザフスタンを知るための60章』、34-38頁。 カザフ語はテュルク諸語の北西語群(キプチャク語群)に分類され、カラカルパク語、ノガイ語、キルギス語などと近い関係にある庄垣内「カザフ語」『言語学大辞典』第1巻(三省堂, 1988年3月)、1147-1151頁。方言は北東方言、南部方言、西部方言(あるいは北東方言、南部方言、中央北部方言、東部方言)に分類され、語彙や発音に違いが見られるものの、それぞれの差異は大きくない坂井「カザフ語」『中央ユーラシアを知る事典』、117-118頁。カザフ語の文語は北東方言に基づいている。 また、ラテン文字で表記されることもある。.

新しい!!: アラルとカザフ語 · 続きを見る »

クズロルダ州

ルダ州(Қызылорда облысы、Qyzylorda)は、中央アジアのカザフスタンの州の1つ。州都はクズロルダ。東は南カザフスタン州に接し、南はウズベキスタンに接し、北はカラガンダ州に接し、西はアクトベ州に接する。.

新しい!!: アラルとクズロルダ州 · 続きを見る »

コカラル堤防

ラル堤防ができる前(下)と完成後(上)の小アラル海の比較 コカラル堤防(こからるていぼう Dike Kokaral)は、アラル海に作られた締め切り堤防。その規模からコカラルダムと表現されることもある。北アラル海(小アラル海)の水位を守るために、南アラル海(大アラル海)との間に作られた。.

新しい!!: アラルとコカラル堤防 · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: アラルとソビエト連邦 · 続きを見る »

灌漑

管により畑に給水する灌漑施設(2000年) アメリカ合衆国ニュージャージー州での灌漑の様子 芝生に水を撒くスプリンクラー 灌漑(かんがい)とは、農地に外部から人工的に水を供給すること。農作物の増産、ランドスケープの維持、乾燥地帯や乾期の土壌で緑化する際などに利用される。他にも農業生産において、作物を霜害から守る、穀物の畑で雑草を抑制する、土壌の圧密を防ぐといった用途もある。対照的に直接的な降雨のみで行う農業を乾燥農業と呼ぶ。灌漑システムは、塵の飛散防止、下水処理、鉱業などにも使われる。灌漑と排水は組み合わせて研究されることが多い。 なお、「灌」「漑」は二文字とも常用漢字の表外字のため、報道では新聞常用漢字表により「かんがい」とひらがなで表示されるのが一般的である。学校の教材等も同様である。.

新しい!!: アラルと灌漑 · 続きを見る »

運河

運河(うんが)とは、船舶の移動のために人工的に造られた水路であり、河川・湖沼を利用しているものもある。鉄道同様経路中に、橋梁や隧道なども見られる。産業革命以前は船舶を騾馬などが牽引したため、経路に沿って曳舟道(トウパス、towpath、船曳道、牽引路)が設けられている。.

新しい!!: アラルと運河 · 続きを見る »

都市

都市(とし、city)とは、商業、流通などの発達の結果、限られた地域に人口が集中している領域である。.

新しい!!: アラルと都市 · 続きを見る »

木綿

収穫期の綿 走査型電子顕微鏡で見た木綿繊維 木綿・木棉(もめん)は、ワタの種子から取れる繊維。コットン(cotton)とも。ワタ自体のことを木綿と呼ぶこともあるが、ここでは繊維としての木綿について述べる。 ワタとはアオイ科ワタ属の多年草の総称で、木綿は種子の周りに付いている。繊維としては伸びにくく丈夫であり、吸湿性があって肌触りもよい。このため、現代では下着などによく使われるが、縮みやすいという欠点もある。主成分はセルロース。 単に棉・綿(めん)とも言う。摘み取った状態までのものが棉、種子を取り除いた後の状態のものが綿だが、区別しないことも多い。 ただし、「綿」と書いて「わた」と読むのは、本来は塊状の繊維全般を指す語である。布団や座布団の中身を繊維の種類を問わず「綿(わた)」と呼ぶが、これはその本来の用法である。古くは、中でも真綿(絹の原料)を意味することが多かった。.

新しい!!: アラルと木綿 · 続きを見る »

1960年

アフリカにおいて当時西欧諸国の植民地であった地域の多数が独立を達成した年であることに因み、アフリカの年と呼ばれる。.

新しい!!: アラルと1960年 · 続きを見る »

2005年

この項目では、国際的な視点に基づいた2005年について記載する。.

新しい!!: アラルと2005年 · 続きを見る »

2009年

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。.

新しい!!: アラルと2009年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

アラリスク

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »