ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

アラビアプレート

索引 アラビアプレート

濃い黄色がアラビアプレート アラビアプレート(Arabian Plate)は、アラビア半島とその周辺部の地殻及びマントル上方のリソスフェアを形成する大陸プレートである。.

34 関係: 大地溝帯地殻地溝ペルシア湾マントルユーラシアプレートヨルダン川リソスフェアレバノントランスフォーム断層トルコプレートパキスタンアラビア半島アラビア海アフリカアフリカプレートアファール盆地アカバ湾イランインドプレートエチオピアエリトリアカラチガリラヤ湖ザグロス山脈シナイ半島シリアジブチソマリアソマリアプレートソコトラ島白亜紀死海

大地溝帯

大地溝帯(だいちこうたい、グレート・リフト・バレー、Great Rift Valley)は、主にアフリカ大陸を南北に縦断する巨大な谷で、プレート境界の一つである。大地溝帯の谷は、幅35 - 100km、総延長は7,000kmにのぼる。正断層で地面が割れ、落差100mを超える急な崖が随所にある.

新しい!!: アラビアプレートと大地溝帯 · 続きを見る »

地殻

1.

新しい!!: アラビアプレートと地殻 · 続きを見る »

地溝

地塁 (Horst) と地溝 (Graben) 地溝(ちこう、)とは、ほぼ平行に位置する断層によって区切られ、峡谷の形状をなしている地塊および地形のことである。侵食によってできた谷とは異なり、基本的に正断層の活動によって形成される。 グラーベンともいい、その語源の Graben はドイツ語で「溝」を表す。地溝帯やリフト()も同義語である。類義語にリフトバレー(rift valley、裂谷)がある。これは広義の地溝のうち、拡大しているプレートの境界(発散型境界)のことをさすことが多いが、それに限らず地溝全般をさすこともある。.

新しい!!: アラビアプレートと地溝 · 続きを見る »

ペルシア湾

ペルシャ湾とオマーン湾周辺の地図 ペルシア湾(ペルシアわん、ペルシア語:خلیج فارس khalij-e fārs خلیج پارس Khalij-e Pars)は、イラン、イラク、クウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦、オマーンに囲まれた細長い形状の湾。ペルシャ湾とも呼ぶ。.

新しい!!: アラビアプレートとペルシア湾 · 続きを見る »

マントル

マントル(mantle, 「覆い」の意)とは、惑星や衛星などの内部構造で、核(コア)の外側にある層である。 地球型惑星などでは金属の核に対しマントルは岩石からなり、さらに外側には、岩石からなるがわずかに組成や物性が違う、ごく薄い地殻がある。.

新しい!!: アラビアプレートとマントル · 続きを見る »

ユーラシアプレート

ユーラシアプレート ユーラシアプレート(Eurasia Plate)は、東シベリア、インド亜大陸、アラビア半島の3地域を除くユーラシア大陸の地殻及びマントル上方のリソスフェアを形成する大陸プレートである。.

新しい!!: アラビアプレートとユーラシアプレート · 続きを見る »

ヨルダン川

ヨルダン川(נָהָר יַרְדֵּן Nehar ha-Yarden 、 Nahr al-Urdunn)は、中東の国際河川。「下降する川」を意味する。.

新しい!!: アラビアプレートとヨルダン川 · 続きを見る »

リソスフェア

1.

新しい!!: アラビアプレートとリソスフェア · 続きを見る »

レバノン

レバノン共和国(レバノンきょうわこく、)、通称レバノンは、西アジア・中東に位置する共和制国家。北から東にかけてシリアと、南にイスラエルと隣接し、西は地中海に面している。首都はベイルート。.

新しい!!: アラビアプレートとレバノン · 続きを見る »

トランスフォーム断層

トランスフォーム断層(トランスフォームだんそう、transform fault)はプレート境界において生成される横ずれ状の断層のことである。中央海嶺-中央海嶺(R-R;Ridge-Ridge)型、中央海嶺-海溝(R-T;Ridge-Trench)型、海溝-海溝(T-T)型の3種類が考えられているが、ほとんどのトランスフォーム断層は、中央海嶺に交差して顕著に見られるR-R型である。.

新しい!!: アラビアプレートとトランスフォーム断層 · 続きを見る »

トルコ

トルコ共和国(トルコきょうわこく、Türkiye Cumhuriyeti)、通称トルコは、西アジアのアナトリア半島(小アジア)と東ヨーロッパのバルカン半島東端の東トラキア地方を領有する、アジアとヨーロッパの2つの大州にまたがる共和国。首都はアナトリア中央部のアンカラ。 北は黒海、南は地中海に面し、西でブルガリア、ギリシャと、東でジョージア(グルジア)、アルメニア、アゼルバイジャン、イラン、イラク、シリアと接する。.

新しい!!: アラビアプレートとトルコ · 続きを見る »

プレート

1:地殻、2:マントル、3a:外核、3b:内核、4:リソスフェア(≒'''プレート''')、5:アセノスフェア 地球の断面構造。組成、鉱物相、力学性質から分類。 プレート(tectonic plate)は、地球の表面を覆う、十数枚の厚さ100kmほどの岩盤のこと。リソスフェア(岩石圏)とほぼ同じで、地殻とマントルの最上部を合わせたもの。.

新しい!!: アラビアプレートとプレート · 続きを見る »

パキスタン

パキスタン・イスラム共和国(パキスタン・イスラムきょうわこく、اسلامی جمہوریہ پاکِستان)、通称パキスタンは、南アジアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はイスラマバード。最大の都市はカラチ。面積は80万kmで日本 (38万km) の約2倍程。東はインド、北東は中華人民共和国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つである。.

新しい!!: アラビアプレートとパキスタン · 続きを見る »

アラビア半島

アラビア半島(アラビアはんとう、شبه الجزيرة العربية、単にアラビアとも)は、アジアとアフリカを繋ぐ場所に位置する西アジア南西の巨大な半島である。アラビア語では「アラブの島」を意味するジャジーラ・アルアラブと呼ばれている。半島としては世界最大である。.

新しい!!: アラビアプレートとアラビア半島 · 続きを見る »

アラビア海

アラビア海の地図 アラビア海(アラビアかい)はインド洋の北西部、アラビア半島とインドとの間の海域。 面積約3,862,000 km2、最大幅約2,400 km、最大水深4,652mである。インダス川が最大の流入河川。北側にオマーン湾があり、ホルムズ海峡を通じてペルシャ湾に繋がっている。西側にはアデン湾があり、紅海に通じる。アラビア海に面する国はインド、パキスタン、オマーン、イエメン、ソマリア、モルジブである。代表的な島にソコトラ島(イエメン)やマシーラ島(オマーン)がある。 紀元前数世紀から大航海時代にかけて重要な交易ルートであった。現在も、中東原油を運ぶタンカーや欧州との間の船舶が頻繁に往来し、ソマリア海賊を取り締まる海域でもある。.

新しい!!: アラビアプレートとアラビア海 · 続きを見る »

アフリカ

衛星画像 NASA) 南部アフリカ アフリカ(ラテン語:Āfrica、英語:Africa)は、広義にはアフリカ大陸およびその周辺のマダガスカル島などの島嶼・海域を含む地域の総称で、六大州の一つ。阿州。漢字表記は阿弗利加。.

新しい!!: アラビアプレートとアフリカ · 続きを見る »

アフリカプレート

赤みを帯びた橙色がアフリカプレート アフリカプレートは、アフリカ大陸とその周辺海域の地殻及びマントル上方のリソスフェアを形成する大陸プレートである。.

新しい!!: アラビアプレートとアフリカプレート · 続きを見る »

アファール盆地

アファール盆地(英:Afar Depression)、またの名をアファール三角地帯(Afar Triangle)とも言うこの地域は、アフリカの角の付け根に当り、エリトリアからジブチのダナキル窪地(ダナキル砂漠)、エチオピアのアファール州、そしてソマリアの一部にまたがって存在する地溝が形成した盆地である。 多数の化石人類が見つかる場所であるアワッシュ川下流域(en)を含むアファール地域は、ヒト科人類(en)の揺籃のうちの一つとして有名である。 世界最古の石器が発見されたゴナ(en)、アウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)の化石標本であるルーシーが発見されたハダール村(en)などがある。 アファール盆地にはアフリカ大陸で最低標高の地点がある。ジブチに存在するアッサル湖であり、その標高は海面下 155 m (–500 ft) に達する。盆地の中に存在するダロル窪地(en)は、地球上で年平均気温が最も高い地域のひとつであり、3月から9月にかけての乾期は 48℃(118)、最も寒い9月から3月にかけての雨季でも 25℃(77) である。アファール三角地帯を流れる川はアワッシュ川(アワシュ川)だけであり、下流の湖ほど塩分濃度が高くなる。降水量が少なく、広範囲が砂漠地帯(アファール砂漠)となっている。 アファール盆地は、アフリカの大地溝帯、ヨルダン渓谷・紅海と連なる中東の地溝帯、インド洋中央海嶺につながるの3つが接し、地質学上アファール三重点(en)とも呼ばれ、お互いに離れるようにして広がっている地域である。地質学的には非常に隆起活動が活発な地域であり、世界的に珍しく平地で地面の拡大が起こっている。陸上として世界で最も低い場所に噴火口を持つダロル火山をはじめとした多数の火山、断層も存在している。将来もアファール盆地は拡大を続け、数百万年後には海水が流入して海となり、紅海とつながって次第に東西に拡大していくだろうと考えられている。.

新しい!!: アラビアプレートとアファール盆地 · 続きを見る »

アカバ湾

右側の海がアカバ湾(左側の海はスエズ湾) アカバ湾(アカバわん、خليج العقبة, Gulf of Aqaba)は、紅海の北奥、シナイ半島の東側にある、南北に細長く伸びる湾。チラン海峡より北側にある。両岸はエジプトとサウジアラビアであるが、最奥部にはイスラエルのエイラト、ヨルダンのアカバの各港があり、4ヶ国の国境が集中している。イスラエルではエイラト湾(מפרץ אילת)とよばれている。 地学的には、紅海から続く大地溝帯の一部であり、さらに死海へと連なっている。.

新しい!!: アラビアプレートとアカバ湾 · 続きを見る »

イラン

イラン・イスラム共和国(イラン・イスラムきょうわこく、جمهوری اسلامی ایران)、通称イランは、西アジア・中東のイスラム共和制国家。ペルシア、ペルシャともいう。北にアゼルバイジャン、アルメニア、トルクメニスタン、東にパキスタン、アフガニスタン、西にトルコ、イラクと境を接する。また、ペルシア湾をはさんでクウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦に面する。首都はテヘラン。 1979年のルーホッラー・ホメイニー師によるイラン・イスラーム革命により、宗教上の最高指導者が国の最高権力を持つイスラム共和制を樹立しており、シーア派イスラームが国教である。世界有数の石油の産出地でもある。.

新しい!!: アラビアプレートとイラン · 続きを見る »

インドプレート

#F9424F インドプレート(Indian Plate)は、ゴンドワナ大陸から分裂してできた地殻構造プレートである。5,000 - 5,500万年前はオーストラリアプレートと融合していたが、現在ではインド亜大陸を含むインド・オーストラリアプレートの一部となり、インド洋の一部となっている。.

新しい!!: アラビアプレートとインドプレート · 続きを見る »

エチオピア

チオピア連邦民主共和国(エチオピアれんぽうみんしゅきょうわこく)、通称エチオピアは、東アフリカに位置する連邦共和制国家である。東をソマリア、南をケニア、西を南スーダン、北西をスーダン、北をエリトリア、北東をジブチに囲まれた内陸国。隣国エリトリアは1991年にエチオピアから分離した国家である。首都はアディスアベバ。 アフリカ最古の独立国および現存する世界最古の独立国の一つである。人口は約1億200万人(2016年7月推定)で、サハラ以南のアフリカでは、ナイジェリアに次いで二番目に人口の多い国である。.

新しい!!: アラビアプレートとエチオピア · 続きを見る »

エリトリア

300px エリトリア国(エリトリアこく)、通称エリトリア(ኤርትራ, إرتريا )は、アフリカの角とよばれるアフリカの北東部にある国である。 西にスーダン、南にエチオピア、南東部にジブチと国境を接し、北は紅海に面し、紅海対岸側にはサウジアラビアとイエメンがある。1350km以上にも及ぶ紅海に面した長い海岸線を持ち、領海域には、およそ350の島があり、世界でも最も船舶交通が混雑する海域である。1991年5月29日にエチオピアからの独立を宣言し、1993年5月24日に独立が承認された。首都はアスマラ。 独立以降、書記長のイサイアス・アフェウェルキによって選出された国会議員で一党独裁状態が続いている。「アフリカのシンガポール」というスローガンを掲げて、同国を手本にした国作りを進めている。周辺諸国との紛争や兵役、抑圧的な政治体制により大量の国民が国外に脱出して国際的な難民問題になっている Human Rights Watch。.

新しい!!: アラビアプレートとエリトリア · 続きを見る »

カラチ

ラチ( カラーチー、Karachi)は、パキスタン南部、アラビア海沿岸にあるパキスタン最大の都市。インダス川河口の西に位置する。シンド州の州都であり、世界有数のメガシティである。 2016年の近郊を含む都市的地域の人口は2,282万人であり、世界第7位である。また、パキスタンにおける商業・金融の中心地でもある。位置は、北緯24度48分、東経66度59分。.

新しい!!: アラビアプレートとカラチ · 続きを見る »

ガリラヤ湖

リラヤ湖 ガリラヤ湖(ガリラヤこ、、)は、イスラエル北部地区に位置する、国内最大の湖である。.

新しい!!: アラビアプレートとガリラヤ湖 · 続きを見る »

ザグロス山脈

山脈とアラビア・ユーラシア両プレートの位置関係 ザグロス山脈 ザグロス山脈(、、çiyayên Zagrosê、)は、イラン高原の南西の山脈。イランの南西部からイラク、トルコそれぞれの国境線となる。最高峰は(海抜4548メートル)山口「ザグロス山脈」『世界地名大事典』3、424頁『コンサイス外国山名辞典』、207頁『コンサイス外国地名事典』第3版、361頁後藤、木村、安田『西アジア』、17頁。 地名の語源・由来は明らかではなく、古代ギリシア人の名前、ペルシア語でミョウバンを意味する「Zaj」と粘土、土地を意味する「Rost」が転訛したとする説がある。.

新しい!!: アラビアプレートとザグロス山脈 · 続きを見る »

シナイ半島

ナイ半島(シナイはんとう、ヘブライ語: חצי האי סיני Chetzi HaYi Sinai شبه جزيرة سيناء. Shibh Jazīrat Sīnā')は、西アジアのアラビア半島とアフリカ大陸北東部の間にある半島。スエズ運河が開鑿前は、アフリカ大陸とユーラシア大陸を繋ぐ地峡であった。北は地中海、南は紅海、東はアカバ湾、西はスエズ湾にそれぞれ面している。南へ向けた三角形の形状をしており、南端にはムハンマド岬。南部にはシナイ山がある。 行政上はエジプト・アラブ共和国の北シナイ県と南シナイ県にあたる。2013年の人口は59万2222人金谷美紗「揺れるシナイ半島 イスラーム過激派の台頭と民主化への影響」、『中東研究』519号(2014年2月)。。住民の多くはベドウィンである。南シナイ県は紅海とアカバ湾にはさまれた三角形で、沿岸地方で観光開発が行われ、外国人観光客が訪れる高級リゾート地がある。また、紅海は美しいダイビングスポットとして知られる。北シナイ県は西にスエズ運河、東にはイスラエルに面し、北東端でパレスチナ国(パレスチナ自治区)ガザ地区と接する。.

新しい!!: アラビアプレートとシナイ半島 · 続きを見る »

シリア

リア・アラブ共和国(シリア・アラブきょうわこく、)、通称シリアは、中東・西アジアの共和制国家。北にトルコ、東にイラク、南にヨルダン、西にレバノン、南西にイスラエルと国境を接し、北西は東地中海に面する。首都はダマスカス。「シリア」という言葉は、国境を持つ国家ではなく、周辺のレバノンやパレスチナを含めた地域(歴史的シリア、大シリア、ローマ帝国のシリア属州)を指すこともある。.

新しい!!: アラビアプレートとシリア · 続きを見る »

ジブチ

ブチ共和国(ジブチきょうわこく)、通称ジブチは、アフリカ北東部に位置する共和制国家。首都はジブチ市。公用語はアラビア語でアラビア半島に極めて近いアラブ連盟の加盟国であるため、中東に含まれる場合もある。エリトリア、エチオピア、ソマリアと接し、紅海、アデン湾に面する。.

新しい!!: アラビアプレートとジブチ · 続きを見る »

ソマリア

マリア連邦共和国(ソマリアれんぽうきょうわこく)、通称ソマリアは、東アフリカのアフリカの角と呼ばれる地域を領域とする国家。エチオピア、ケニアと国境を接し、インド洋とアデン湾に面する。 1991年勃発の内戦により国土は分断され、事実上の無政府状態が続いた。のちにエチオピアの軍事支援を受けた暫定政権が発足し、現在では正式な政府が成立したが、依然として一部地域を他の国家であると主張する政府が統治している。 現在の国土はソマリア連邦共和国政府が統治する南部と、1998年7月に自治宣言したプントランド(首都ガローウェ、暫定政権との連邦制に肯定的)の北東部、91年に独立宣言した旧英領のソマリランド共和国(首都ハルゲイサ、国際的に未承認、東部に分離の動き)の北部に大きく3分割されている。.

新しい!!: アラビアプレートとソマリア · 続きを見る »

ソマリアプレート

マリアプレート(英語:Somali Plate、Somalian Plate)とは、アフリカプレートの内、東アフリカ平断層から東側の部分を指すプレートである。このソマリアプレートに対して、東アフリカ平断層より西側の部分をヌビアプレートと呼ぶ事もある。 ソマリアプレートはアファール盆地にあるアファール三重点から連なる東アフリカ平断層の東に位置していて、南に動き続けている。プレートの北の境界はアデン湾にあり、サウジアラビアの海岸線に沿って存在するアデン海嶺である。また東の境界は、北側が特にカールスバーグ海嶺とも言われる事のある、中央インド洋海嶺である。南の境界は南西インド洋海嶺である。火山活動はコモロ諸島やマダガスカルの火山に見られ、ここにホットスポットがある事から、年45mm程度、プレートが動いているとされる。.

新しい!!: アラビアプレートとソマリアプレート · 続きを見る »

ソコトラ島

トラ島(ソコトラとう、سقطرى Suquṭra、英語: Socotra)は、イエメンのソコトラ県に属するインド洋上の島。周辺の島と合わせてソコトラ群島やソコトラ諸島などと総称されることも多い(後述する世界遺産での扱いなど)。 世界遺産に登録される独特の生態系と、その奇観で知られる。.

新しい!!: アラビアプレートとソコトラ島 · 続きを見る »

白亜紀

白亜紀(はくあき、白堊紀、Cretaceous period)とは、地球の地質時代の一つで、約1億4500万年前から6600万年前を指す。この時代は、ジュラ紀に続く時代であり中生代の終わりの時代でもある。次の時代は、新生代古第三紀の暁新世である。 「白堊」の「堊(アク; アと読むのは慣習)」の字は粘土質な土、すなわち石灰岩を意味し、石灰岩の地層から設定された地質年代のため白堊紀の名がついた。また「白亜」の「亜」は、「堊」の同音の漢字による書きかえである。.

新しい!!: アラビアプレートと白亜紀 · 続きを見る »

死海

死海(しかい、البحر الميت, יָם הַ‏‏מֶּ‏‏לַ‏ח)は、アラビア半島北西部に位置する塩湖。西側にイスラエル、東側をヨルダンに接する。湖面の海抜はマイナス418mと、地表で最も低い場所である。歴史的に様々な名前で呼ばれたが、現在の英語名(Dead Sea)はアラビア語名に由来する。.

新しい!!: アラビアプレートと死海 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »