ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

アメリカン航空77便テロ事件

索引 アメリカン航空77便テロ事件

アメリカン航空77便テロ事件(アメリカンこうくう77びんテロじけん、American Airlines Flight 77)は、2001年9月11日に起きた、旅客機を狙ったハイジャック事件である。また、アメリカ同時多発テロ事件でハイジャックされた旅客機の内の1機でもある。事件にあった旅客機は、ボーイング757-223(機体記号N644AA、1991年製造)のアメリカン航空77便で、犯人たちの計画通り、ワシントンD.C.のペンタゴンに激突し、機体は原形を留めないほど大破した。事件後に、犯人はアルカイダと判明した。事件発生日の日付9月11日は奇しくも1941年にペンタゴンが着工された日であった。 この事件により189人(77便の乗員6名、乗客58名、ペンタゴンの125名)が死亡、106人がけがをした。.

28 関係: ペンタゴンナショナルジオグラフィックチャンネルチャールズ・バーリンゲームハイジャックメーデー!:航空機事故の真実と真相ユナイテッド航空175便テロ事件ユナイテッド航空93便テロ事件ロサンゼルス国際空港ワールドトレードセンター (ニューヨーク)ワシントン・ダレス国際空港ワシントンD.C.ボーイング757テロリズムニューヨークアメリカ同時多発テロ事件アメリカ合衆国アメリカン航空アメリカン航空11便テロ事件アルカーイダサウジアラビア副操縦士飛行計画機体記号機長旅客機1991年2001年9月11日

ペンタゴン

ペンタゴン (The Pentagon) とは、 アメリカ国防総省の本庁舎、または国防総省そのもののことである。 建物の形状から、古代ギリシャ語の πεντάγωνον pentagōnon ペンタゴーノン を語源とする五角形を表す英語で「ペンタゴン」と呼ばれる。5階建てで、各床に環状の廊下がある。この構造により、世界最大のオフィスビルでありながら、一番遠いところにも10分以内でたどり着くことができるとされている。所在地はワシントンD.C.郊外のバージニア州のアーリントン。約23,000名の軍人、軍属及び民間の従業員、約3,000名のペンタゴンの国防以外の援助要員を収容する。 1943年1月15日に完成。2001年9月11日、テロリストにハイジャックされた民間航空機が衝突し、一部が崩壊・炎上した。その後、元の石材と同じものを使用して迅速な復旧がなされた。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とペンタゴン · 続きを見る »

ナショナルジオグラフィックチャンネル

ナショナル ジオグラフィック()は、ナショナル ジオグラフィック協会()製作のドキュメンタリー番組を放送している専門チャンネルである。 略称は、NGC、ナショジオ。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とナショナルジオグラフィックチャンネル · 続きを見る »

チャールズ・バーリンゲーム

チャールズ・バーリンゲームの墓標 チャールズ・フランク・バーリンゲーム 三世 (Charles Frank Burlingame III、1949年9月12日 - 2001年9月11日)は、アメリカ同時多発テロ事件の際、テロリストによってペンタゴンに突入させられたアメリカン航空77便の機長だった。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とチャールズ・バーリンゲーム · 続きを見る »

ハイジャック

ハイジャック(hijack、hijacking)とは、不法に輸送機関や貨物の強奪や乗っ取りを行うことである。特に航空機に対する行為に用いられ、日本の法律用語では「航空機強取」や「航空機不法奪取」と言う。以下、本項でも航空機ハイジャックを中心に扱う。 ハイジャックの手段には、武器などによる脅迫や威嚇・詐術などがある。ハイジャックの目的には、逃亡や亡命、金品の強奪や身代金要求、何らかの政治的意図の遂行などが挙げられる。また、心神喪失状態にあった者が起こした目的がはっきりしない事件もある。 ハイジャックを防止するために様々な対策が複合的にとられている。ハイジャック対策は国や空港・航空会社によって差異はあるが、国際条約により加盟各国による協調体制が構築されている。凶器や危険物が航空機に持ち込まれないよう規制されており、空港では手荷物検査などが行われている。機上では航空保安官が警乗し、ハイジャッカーの進入を阻止するよう操縦室のドアは強化されている。 ハイジャックの発生件数は資料により異なる。旧東側諸国で発生した事件ははっきり分かっていないものもある。本項では、同書ではアメリカ連邦航空局 (Federal Aviation Administration; FAA) のレポートを主に参照して集計・分析を行なっているおよび「アビエーション・セーフティー・ネットワーク」 (Aviation Safety Network; ASN) を主に参照する。ASNのデータベースによると、2017年末までに1,074件の航空機ハイジャック事件が起きている。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とハイジャック · 続きを見る »

メーデー!:航空機事故の真実と真相

『メーデー!:航空機事故の真実と真相』(メーデー! こうくうきじこのしんじつとしんそう、Mayday: Air Disaster)とは、航空事故とその検証を扱ったドキュメンタリー番組。ナショナルジオグラフィックチャンネル(カナダのみディスカバリーチャンネル)で放送。 製作は、カナダのシネフリックス。「メーデー」は無線電話で遭難信号を意味する無線用語(M'aidez)である。尚、番組タイトルは英語圏でも国によって異なり、アメリカ合衆国では "Air Emergency"、 イギリスでは "Air Crash Investigation" となっており、日本ではイギリスでの表記に倣っている。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とメーデー!:航空機事故の真実と真相 · 続きを見る »

ユナイテッド航空175便テロ事件

ユナイテッド航空175便テロ事件(ユナイテッドこうくう175びんテロじけん、United Airlines Flight 175)とは、2001年9月11日にアメリカで起きたアメリカ同時多発テロ事件で、ハイジャックされたユナイテッド航空175便がニューヨークのワールドトレードセンター南棟の81階部分に突入し、爆発炎上した事件である。 被害に遭った旅客機は、ユナイテッド航空が所有するボーイング767-222(機体記号N612UA, 1983年製造)で、当日はUA175便として運用されていた。UA175便は離陸後、アルカイダのメンバーとされるテロリスト5人によってハイジャックされ、犯人らの意図的な操縦によりワールドトレードセンター南棟に突入、大破炎上した。日本ではUA175便を指し、「衝突した2機目の飛行機」という表現が多用される。 衝突から約1時間後、ワールドトレードセンター南棟は崩壊。死者数はUA175便と南棟だけで約700人となった。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とユナイテッド航空175便テロ事件 · 続きを見る »

ユナイテッド航空93便テロ事件

ユナイテッド航空93便テロ事件(ユナイテッドこうくう93びんテロじけん、United Airlines Flight 93)とは、2001年9月11日に、アメリカ合衆国のユナイテッド航空93便(ボーイング757-222、機体記号N591UA, 1996年製造)がアメリカ同時多発テロに巻き込まれ、ペンシルベニア州、ピッツバーグ郊外シャンクスヴィルに墜落したハイジャック事件である。この事故により乗客乗員44人(テロリスト4人を含む)全員が死亡、生存者皆無という事態となった。アメリカ同時多発テロでハイジャックされた他機(アメリカン航空11便、ユナイテッド航空175便、アメリカン航空77便)とはハイジャッカーの人数が異なり、他機はすべて5人であったが、93便のみ4人だった。 アメリカ同時多発テロで唯一、ハイジャックされた旅客機で突入に失敗した物となった。事件後に、犯人はアルカイダと判明した。テロリストたちの計画通りであれば、ワシントンD.C.のアメリカ合衆国議会議事堂かアメリカ合衆国大統領官邸ホワイトハウスに突入していたと思われる。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とユナイテッド航空93便テロ事件 · 続きを見る »

ロサンゼルス国際空港

ンゼルス国際空港(ロサンゼルスこくさいくうこう、Los Angeles International Airport)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス市にある国際空港。IATAコードはLAX。アメリカ西海岸の主なゲートウェイ(玄関口)となる空港の一つ。航空旅客数は約5900万人(2008年)で世界第6位(アメリカ第3位)である。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とロサンゼルス国際空港 · 続きを見る »

ワールドトレードセンター (ニューヨーク)

ワールドトレードセンター(World Trade Center, WTC)は、かつてアメリカ合衆国のニューヨーク市マンハッタン区のローワー・マンハッタン(マンハッタンの南端)に位置していた商業施設である。ロックフェラー一族が掲げる理想「World Peace through Trade」(貿易を通じての世界平和)から命名された。日本語での訳語は「世界貿易センター」、日本以外の漢字圏での訳語は「世界貿易中心」。建設および経営にはニューヨーク・ニュージャージー港湾公社があたっていた。2001年の9月11日に発生した、アメリカ同時多発テロ事件の標的となったことで有名。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とワールドトレードセンター (ニューヨーク) · 続きを見る »

ワシントン・ダレス国際空港

ワシントン・ダレス国際空港(Washington Dulles International Airport)は、アメリカ合衆国バージニア州にある国際空港。アメリカの首都ワシントンD.C.の国際線の玄関口である。ドワイト・D・アイゼンハワー政権下で国務長官を務めたジョン・フォスター・ダレスに因んで命名された。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とワシントン・ダレス国際空港 · 続きを見る »

ワシントンD.C.

ワシントンD.C.(ワシントン・ディーシー、Washington, D.C.)は、アメリカ合衆国の首都である。同国東海岸、メリーランド州とヴァージニア州に挟まれたポトマック川河畔に位置する。現代の主要都市としては狭隘で人口もさほど多くないが、超大国の政府所在地として国際的に強大な政治的影響力を保持する世界都市であり、また金融センターとしても高い重要性を持つ。首都としての機能を果たすべく設計された、計画都市である同様な計画都市としては満州国の新京、オーストラリアのキャンベラ、ブラジルのブラジリア(共に首都)がある。。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とワシントンD.C. · 続きを見る »

ボーイング757

ボーイング757(Boeing 757)は、アメリカのボーイングが開発・製造した中型の双発ジェット旅客機である。 757はボーイング727の後継機として短・中距離路線向けに開発された。ボーイングが開発したナローボディ機の中で最も大きく、座席数は200から289席、航続距離は3,150から4,100海里(5,830から7,590キロメートル)である。2人乗務のグラスコックピットとターボファンエンジンを備え、空力抵抗を抑制できるスーパークリティカル翼型の設計が採用された。開発はワイドボディ双発機のボーイング767と同時並行で行われ、757と767でシステムの共通化が図られ、パイロットの操縦資格も共通化された。 757シリーズには胴体長が異なる2つのモデル、とが存在する。最初に開発されたのは旅客型ので、1983年に引き渡しが開始された。貨物専用型と貨客混載型は、と共通の胴体を持ち、1980年代後半に登場した。1999年に初就航した胴体延長型のは、史上最も長い胴体を持つナローボディ双発ジェット機となった。旅客型のからは貨物専用機への改造も行われたほか、米国のC-32のような要人輸送機や多目的機などの軍用の派生型、さらにはプライベート機や政府専用機なども作られ、輸送用途や研究用途に用いられた。757のエンジンは、ロールス・ロイス製RB211シリーズまたはプラット・アンド・ホイットニー製PW2000シリーズのいずれかであった。 757はイースタン航空とブリティッシュ・エアウェイズによって1983年に就航した。757は旧式のナローボディ機を置き換え、米国の短中距離国内線、シャトル便、大陸横断路線で一般的に使われる旅客機となった。1986年にはETOPSと呼ばれる双発機の長距離飛行に関する緩和要件が適用され、757は大陸間路線にも就航するようになった。757の主な運航者は米国の大手航空会社、欧州のチャーター便航空会社、貨物航空会社である。2014年10月までに757の機体損失事故は8件発生しており、うち7件は死亡事故である。 757は54の顧客向けに総計1,050機が製造され、2004年10月28日に生産が終了した。757シリーズの中ではが圧倒的に多く913機が製造された。旅客機需要の中心が小型機に移り757の販売が縮小したため、ボーイングは小型機の737シリーズに力を入れ、757の生産終了時に直接的な後継機は開発されなかった。757の最終機は2005年4月26日に上海航空に引き渡された。757が生産されていた当時、日本の航空会社はボーイング機を好んで使う傾向にあったが、757に関しては登場から生産終了までに1機も購入・使用されることはなかった。2016年7月の時点で688機が就航しており、最大の運用者はデルタ航空である。 本項では以下、ボーイング製の旅客機については「ボーイング」という表記を省略して数字のみで表記する。また、エアバス製旅客機についても同様に社名を省略する。例えば「ボーイング747」であれば「747」、「エアバスA320」であれば「A320」とする。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とボーイング757 · 続きを見る »

テロリズム

テロリズム(terrorism)とは、政治的な目的を達成するために暴力および暴力による脅迫を用いることを言う。日本語ではテロリズムを「テロ」と略し、テロリズムによる事件を「テロ事件」と呼ぶ場合が多い。またテロリズムの実施者をテロリスト(terrorist)と呼ぶ。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とテロリズム · 続きを見る »

ニューヨーク

ニューヨーク市(New York City)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州にある都市。 1790年以来、同国最大の都市であり、市域人口は800万人を超え、都市圏人口では定義にもよるが2000万人以上である.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とニューヨーク · 続きを見る »

アメリカ同時多発テロ事件

アメリカ同時多発テロ事件(アメリカどうじたはつテロじけん)は、2001年9月11日にアメリカ合衆国内で同時多発的に発生した、航空機等を用いた4つのテロ事件の総称である。 航空機が使用された史上最大規模のテロ事件であり、全世界に衝撃を与えた。その後、アメリカ合衆国と有志連合は報復としてアフガニスタン紛争、イラク戦争を行った。また、航空機のマンハッタン超高層ビルへの大規模衝突事件としては、1945年のエンパイア・ステート・ビルディングへのB-25激突事故以来となった。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とアメリカ同時多発テロ事件 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカン航空

アメリカン航空(アメリカンこうくう、American Airlines, Inc.)は、アメリカ合衆国・テキサス州フォートワースに本部を置く航空会社である。本社はダラス・フォートワース国際空港に隣接している。 旅客運送数及び旅客キロ数で世界一の大手航空会社である。関連会社を含めれば、1日当たりの運航便数は4,000便以上。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とアメリカン航空 · 続きを見る »

アメリカン航空11便テロ事件

アメリカン航空11便テロ事件(アメリカンこうくう11びんテロじけん、American Airlines Flight 11)とは、2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件で、ハイジャックされたアメリカン航空11便がニューヨークのワールドトレードセンター北棟に突入した事件である。被害に遭った旅客機は、アメリカン航空が所有するボーイング767-223ER(機体記号N334AA,1987年製造)で、当日はAA11便として運用されていた。AA11便は離陸後、アルカイダの5人のテロリストによってワールドトレードセンターの北棟(第1ビル)95階に突入、爆発炎上した。日本ではAA11便を指し、「衝突した1機目の飛行機」という表現が多用される。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とアメリカン航空11便テロ事件 · 続きを見る »

アルカーイダ

アル=カーイダが使用していた旗 アル=カーイダ、アルカイダ(القاعدة、翻字: al-qāʿidah、Al-Qaeda)は、イスラム主義を標榜するスンナ派ムスリムを主体としたテロ組織を指す。 1990年代以降、主としてアメリカ合衆国を標的とした数々のテロ行為を実行したとされ、2001年のアメリカ同時多発テロ事件は、世界に大きな衝撃を与えた。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とアルカーイダ · 続きを見る »

サウジアラビア

ウジアラビア王国(サウジアラビアおうこく、المملكة العربية السعودية)、通称サウジアラビアは、中東・西アジアの国家。首都はリヤド。サウード家を国王に戴く絶対君主制国家。世界2位の原油埋蔵量を持つ国であり、石油(原油)をアメリカ合衆国をはじめ世界中に多く輸出している。イスラム教最大の聖地メッカ(マッカ)と第2のマディーナ(メディナ)を擁する。世界銀行の定義では高所得国に分類され、アラブ諸国で唯一G20に加盟しているが、産業の多様性には乏しく、天然資源開発が主要産業となっている。 サウジアラビアにおける死刑や信教の自由、女性の人権など欧州と異なる文化、法体制に対しては批判もある。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件とサウジアラビア · 続きを見る »

副操縦士

副操縦士(ふくそうじゅうし First Officer, Co-Pilot)は、航空機乗員のうちの最高責任者・管理者である機長の補佐・機長業務の代行などを行う乗員。 航空業界では英語からファースト・オフィサー、コ・パイロット(F/O、コ・パイと略す事がある。発音は「コーパイ」)と呼ばれる事が多い。航空法上で2人の操縦士が乗務することが義務付けられている航空機では通常、機長と副操縦士が1名ずつ乗務し操縦を行う。飛行機と飛行船のコックピットでは右席に、ヘリコプターでは左席に座る。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件と副操縦士 · 続きを見る »

飛行計画

飛行計画(ひこうけいかく)とは、航空機が飛行を行うに際して航空官署(航空交通管制機関等)に通報する飛行予定に関する計画のことである。フライト・プラン (flight plan) とも呼ばれる。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件と飛行計画 · 続きを見る »

機体記号

欧州諸国の国籍記号一覧地図 セスナ機 機体記号(きたいきごう、英語:aircraft registration)とは、航空機に付けられる個別の記号。国籍記号と登録記号により構成される - JAXA。 俗に英語のレジストレーション(registration)を略して単にレジ、レジスタ、レジ番と呼ぶ場合もある。国土交通省航空局では識別記号と表記している - 国土交通省航空局。 航空機認識の表示方法が数字のみの場合もあるが、こちらはアメリカ空軍(テールコード)、ロイヤルエアフォース(イギリス)や航空自衛隊(日本)などの軍用機に対し用いられる。そのため民間機に「機体数字」といった呼び方はしない。 なお船舶にも個別認識番号があるが、本稿では民間航空機に対してつけられる機体記号について記載する。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件と機体記号 · 続きを見る »

機長

機長(きちょう、pilot in command)とは、航空機乗員のうちの最高責任者・管理者である。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件と機長 · 続きを見る »

旅客機

旅客機(りょかくき、りょかっき「りょきゃくき」という読み方は辞書にない。大辞林: りょかくき、大辞泉: りょかっき)とは、主に旅客を輸送するために製作された民間用飛行機(民間機)である。個人・官庁所有の小型飛行機や企業が使用するビジネスジェットなどは含まない。貨物の輸送が主用途である貨物機とは一般に区別されるが、貨客混載で運用されるコンビネーションcombination(コンビ)や、旅客輸送仕様と貨物輸送仕様とを切り替えられるコンバーチブルconvertibleなどとの違いはあいまいである。民間の貨物輸送機は旅客機を元に派生設計され製造されたものも多い。 旅客機は航空機メーカーが製造し、航空会社が乗客や貨物を乗せて運航する。航空会社は乗客が支払う運賃を主な収入とする日本の航空法の耐空類別では「航空輸送業務の用に適する飛行機」としての「輸送 T」に分類される。。 旅客機の運航形態には、あらかじめ決められた時刻表に従って航空会社により定期的に運航され、一般的な定期便のほかに、不定期に運航されるチャーター便がある。21世紀現在では旅客だけを輸送して貨物を輸送しない旅客機は存在しないチームFL370編、『旅客機が飛ぶしくみ』、新星出版社、2009年9月15日初版発行、ISBN 9784405071179。 A340-300。長距離航空路に就航している代表的な旅客機の1つである。 室津義定編著、『航空宇宙工学入門』、森北出版、2005年6月25日第2版第1刷、ISBN 4627690320) 飯野明監修、『航空力学の基本』、秀和システム、2009年12月4日第1版第2刷、ISBN 9784798024493 日本航空技術協会編、『航空機システム』、社団法人 日本航空技術協会2008年3月31日第3版第4刷発行、ISBN 9784902151237 鳥飼鶴雄著、『大空への挑戦』、グランプリ出版、2002年11月12日初版発行、ISBN 4876872392 --> 日本航空技術協会編、『航空電子・電気装備』、社団法人日本航空技術協会、2008年3月31日第2版第2刷発行、ISBN 9784902151305 日本航空技術協会編、『航空電子入門』、社団法人日本航空技術協会、2001年4月2日第1版第6刷発行、ISBN 4930858852 日本航空技術協会編、『航空電気入門』、社団法人日本航空技術協会、2002年3月12日第1版第4刷発行、ISBN 4930858844 -->.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件と旅客機 · 続きを見る »

1991年

この項目では、国際的な視点に基づいた1991年について記載する。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件と1991年 · 続きを見る »

2001年

また、21世紀および3千年紀における最初の年でもある。この項目では、国際的な視点に基づいた2001年について記載する。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件と2001年 · 続きを見る »

9月11日

9月11日(くがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から254日目(閏年では255日目)にあたり、年末まであと111日ある。.

新しい!!: アメリカン航空77便テロ事件と9月11日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »