ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

アナンガ・ランガ

索引 アナンガ・ランガ

アナンガ・ランガは1172年頃に書かれたインドの性技マニュアルであり、『カーマ・スートラ』『ラティラハスヤ』と並んでインド3大性典のひとつとされる。この本は特に夫婦の別離を防ぐ目的で書かれた。著者はカルヤーナマラである。 この書はしばしばカーマ・スートラと比べられる。アナンガ・ランガの一部はカーマ・スートラから取られている部分もある。 最も知られた英語版は、リチャード・フランシス・バートンによる1885年の翻訳である。.

6 関係: ラティラハスヤリチャード・フランシス・バートンインドカーマ・スートラ1172年1885年

ラティラハスヤ

ラティラハスヤ(रतिरहस्य.)は、インドの性典の1つ。女性器を蓮の花に例えたり。また、女性を4タイプに分けて、その性的志向を記す。.

新しい!!: アナンガ・ランガとラティラハスヤ · 続きを見る »

リチャード・フランシス・バートン

1872年にフレデリック・レイトンよって描かれたリチャード・フランシス・バートンの肖像 サー・リチャード・フランシス・バートン(Sir Richard Francis Burton, 1821年3月19日 - 1890年10月20日)は、イギリスの探検家、人類学者、作家、言語学者、翻訳家、軍人、外交官。『千夜一夜物語』(アラビアン・ナイト)の翻訳で知られる。19世紀の大英帝国を代表する冒険家である。.

新しい!!: アナンガ・ランガとリチャード・フランシス・バートン · 続きを見る »

インド

インドは、南アジアに位置し、インド洋の大半とインド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。 西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。 1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。.

新しい!!: アナンガ・ランガとインド · 続きを見る »

カーマ・スートラ

ンダーリヤ・マハーデーヴァ寺院のミトゥナ(交合)像もカーマ・スートラに基づく カーマ・スートラ(कामसूत्र, Kama Sutra)は、古代インドの性愛論書(カーマ・シャーストラ)で、推定でおよそ4世紀から5世紀にかけて成立した作品といわれており、現存するもとのとしては最古の経典である。『アナンガ・ランガ』『ラティラハスヤ』と並んでインド3大性典のひとつとされ、そのうちで最も重要なものとされる。 著者はヴァーツヤーヤナで、正式なタイトルは『ヴァーツヤーヤナ・カーマスートラ(Vātsyāyana Kama Sutra)』となる。.

新しい!!: アナンガ・ランガとカーマ・スートラ · 続きを見る »

1172年

記載なし。

新しい!!: アナンガ・ランガと1172年 · 続きを見る »

1885年

記載なし。

新しい!!: アナンガ・ランガと1885年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

アナンガランガ

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »