ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

アドベンチャーゲーム

索引 アドベンチャーゲーム

アドベンチャーゲームは、コンピュータゲームのジャンルの一つ。一般的にはADVと略記される。メディアワークス等の、ごく一部のメディアではAVGと略記している。 テキストまたはグラフィックス(あるいはその両方)によって現在プレイヤーの置かれている状況が提示され、それに対しプレイヤーが行動を入力すると行動の結果が提示されるので、さらにその状況に対する行動を入力……という操作を繰り返して進めていく、コンピューターとプレイヤーとの対話形式で構成される。プレイングに反射神経を必要とせず、提示される様々な情報から的確な行動を推理・選択することが求められる、思考型のゲームである。同じ思考型のシミュレーションゲームやロールプレイングゲームなどとは、「複数の項目からなる主人公の能力等を表す数値」が存在しない点で区別される。.

95 関係: Apple IIひぐらしのなく頃にこの世の果てで恋を唄う少女YU-NOかまいたちの夜名刺同級生 (ゲーム)同級生2天使たちの午後仮想機械弟切草 (ゲーム)北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆミシシッピー殺人事件ミステリーハウスマッチマッキントッシュマニアックマンションマイクロキャビンマウス (コンピュータ)ハドソンハイドライドシリーズポートピア連続殺人事件ポインティングデバイスメディアワークスルーカスアーツロールプレイングゲームローグロボットパーソナルコンピュータパソコン雑誌ビジュアルノベルテレビドラマディジャブ (コンピュータゲーム)デゼニランドフラグ (ストーリー)ファミリーコンピュータファンクションキーファーストパーソン・シューティングゲームドラッグドラゴンクエストシリーズダンジョン (コンピュータゲーム)アローン・イン・ザ・ダークアップル (企業)アニメアダルトゲームアクションロールプレイングゲームアスキー (企業)インフォコム (アメリカ合衆国の企業)インタラクティブフィクションイースシリーズエニックス...エコーナイトクリッククロックタワーゲームコントローラコモドールコロッサル・ケーブ・アドベンチャーコンピュータゲームのジャンルコンピュータRPGコンシューマーゲームシミュレーションゲームシエラエンターテインメントゾークタイムゾーンサラダの国のトマト姫サイレントヒル編集者経験値EVE burst error表参道アドベンチャー辞典脚本雫 (アダルトゲーム)雑誌逆転裁判Fate/stay nightMYSTSCUMMScummVMSIREN (ゲームソフト)T&E SOFTTo HeartToHeart2Z-machine探検水晶の龍泣きゲー洞窟漫画1984年1985年1986年1987年1992年3次元コンピュータグラフィックス4Gamer.net インデックスを展開 (45 もっと) »

Apple II

Apple II Apple II(アップル ツー)は、アップルが1977年に発表したパーソナルコンピューター(ないしホームコンピューター (en:Home computer))。当時の分類としてはマイクロコンピューター)である。「Apple.

新しい!!: アドベンチャーゲームとApple II · 続きを見る »

ひぐらしのなく頃に

|- | colspan.

新しい!!: アドベンチャーゲームとひぐらしのなく頃に · 続きを見る »

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』(このよのはてでこいをうたうしょうじょ ユーノ、英題:YU-NO:A girl who chants love at the bound of this world.)は、菅野ひろゆき(当時のペンネームは剣乃ゆきひろ)が企画・脚本・ゲームデザイン・総合プロデュースを担当し、エルフにて開発販売したSFアドベンチャーゲーム。 これまでにPC-98、セガサターン、Windows、PlayStation 4/PlayStation Vitaで発売されている。 また、アダルトアニメ化、漫画化、小説化もされた。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとこの世の果てで恋を唄う少女YU-NO · 続きを見る »

かまいたちの夜

『かまいたちの夜』(かまいたちのよる)は、チュンソフトより発売されたゲームソフト。『弟切草』に続く同社のサウンドノベルシリーズ第2弾である。 1994年11月25日にスーパーファミコン用ゲームソフトとして発売され、その後数多くの機種に移植された。背景の上に文章が表示され、時折現れる選択肢を選んでいくことで様々な物語が展開するサウンドノベル作品。真冬の雪山のペンションを舞台に、そこで起こる不可思議な殺人事件の謎を解くことが目的だが、多数あるエンディングの関係から、目的とずれた結末を迎えることがあるのも特徴の一つである。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとかまいたちの夜 · 続きを見る »

名刺

弁護士の肖像入り名刺(1895年、アメリカ) ゲーテの名刺 小田急・新宿駅) 名刺の表裏(2008年、ベトナム) 名刺(めいし、、、、の表記も)は、本人が自らの名前と所属・連絡先等を示すために他人に渡すことを目的としたカードである。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと名刺 · 続きを見る »

同級生 (ゲーム)

『同級生』(どうきゅうせい)は、1992年12月17日にエルフから発売された18禁恋愛アドベンチャーゲーム。及び、そのシリーズやそれを原作とした関連商品群。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと同級生 (ゲーム) · 続きを見る »

同級生2

『同級生2』(どうきゅうせい2)とは、1995年1月31日にエルフから発売された、18禁の恋愛アドベンチャーゲームである。1992年に発売された『同級生』の続編。タイトル画面にはHere is the only your springtime of life.という副題も表示されている。 なお、外伝『卒業生』についても当項にて記述する。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと同級生2 · 続きを見る »

天使たちの午後

『天使たちの午後』(てんしたちのごご)は、1985年から2001年にかけてJASTより発売されたアダルトゲームのシリーズである。 アドベンチャー形式のアダルトゲームの祖とされている。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと天使たちの午後 · 続きを見る »

仮想機械

仮想機械(かそうきかい、仮想マシン、バーチャルマシン、virtual machine、VM)とは、コンピュータの動作をエミュレートするソフトウェアやフレームワークである。また、エミュレートされた仮想のコンピュータそのものも仮想機械という。仮想機械によって、1つのコンピュータ上で複数のコンピュータやOSを動作させたり、別のアーキテクチャ用のソフトウェアを動作させることができる。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと仮想機械 · 続きを見る »

弟切草 (ゲーム)

『弟切草』(おとぎりそう)は、チュンソフトより発売されたゲームソフト。また、その関連する映画や小説など。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと弟切草 (ゲーム) · 続きを見る »

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ

『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』(ほっかいどうれんささつじん オホーツクにきゆ)は、堀井雄二がシナリオを手がけたアドベンチャーゲーム。同じく堀井雄二がシナリオを手がけた『ポートピア連続殺人事件』『軽井沢誘拐案内』と本作を合わせて「堀井ミステリー三部作」とも呼ばれた。 ログインソフト(アスキー)から1984年にPC-6001版とPC-8801版が、翌1985年にはPC-9801版とFM-7版・MSX版が発売された。なお1985年にはプロローグにあたる「東京編」のみの収録ながらキャプテンシステム版も公開されている。1987年には全面的にリメイクされたファミリーコンピュータ(以下、ファミコン)版が発売された。その後ファミコン版のシナリオを下敷きにグラフィックを刷新したPC-9801版がムック形式で発売された。後年プロジェクトEGGによる復刻や、携帯電話上のアプリケーション配信もされる。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ · 続きを見る »

ミシシッピー殺人事件

『ミシシッピー殺人事件』(ミシシッピーさつじんじけん、MURDER on the MISSISSIPPI)は、アクティビジョンが発売したコモドール64、Apple II用のアドベンチャーゲーム。後にジャレコがライセンスを得てファミリーコンピュータ、MSX2に移植した。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとミシシッピー殺人事件 · 続きを見る »

ミステリーハウス

ミステリーハウス(シエラオンライン) 『ミステリーハウス』(MYSTERY HOUSE)とは、1980年代に登場したアドベンチャーゲームのタイトル。日本では同名の2本のソフトが存在する。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとミステリーハウス · 続きを見る »

マッチ

マッチ(match、燐寸)は細く短い軸の先端に、発火性のある混合物(頭薬)をつけた、火をつけるための道具。喫煙や料理などの火起こしに使われる。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとマッチ · 続きを見る »

マッキントッシュ

マッキントッシュ (Macintosh, McIntosh, Mackintosh) は、元々はスコットランドの姓であり、以下の製品、人物が知られている。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとマッキントッシュ · 続きを見る »

マニアックマンション

『マニアックマンション』 (Maniac Mansion) は、1988年にルーカスフィルム(現・ルーカスアーツ)によって制作・販売されたパソコン向けアドベンチャーゲーム。主人公デイブと、個性豊かな特技を持った仲間たちを操作し、マッドサイエンティストの館に囚われたデイブの恋人のサンディを救出するアドベンチャー。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとマニアックマンション · 続きを見る »

マイクロキャビン

株式会社マイクロキャビン(MICROCABIN CORPORATION("MICROCABIN"と"MICRO CABIN"))は、日本の三重県四日市市に本社を置くコンピュータゲーム開発会社。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとマイクロキャビン · 続きを見る »

マウス (コンピュータ)

2ボタン型・ボール式マウス マウスボール マウス(mouse)とはポインティングデバイスの一種類である。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとマウス (コンピュータ) · 続きを見る »

ハドソン

株式会社ハドソン()はかつて存在した北海道を発祥とするゲームソフト開発・販売会社。2012年3月1日をもって親会社であるコナミデジタルエンタテインメントに吸収され、2013年12月31日まで同社のブランドとなっていた。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとハドソン · 続きを見る »

ハイドライドシリーズ

『ハイドライド』(HYDLIDE)シリーズは、内藤時浩が中心となって開発しT&E SOFTが1984年に発売したコンピュータゲーム『ハイドライド』から始まった一連のシリーズ作品である。「ハイドライド」はハイドラ(海蛇座)という星座に由来している「ハイドライドミュージアム(再録版)」スペシャル対談 p.4。 初作はアクションロールプレイングゲームの分野形成に決定的な役割を果たした作品で佐々木潤 『レジェンドパソコンゲーム80年代記』 pp.76-78『アクションゲームサイド Vol.3』 マイクロマガジン pp.130-131、移植版合わせて200万本以上の売り上げとなり、ハイドライドシリーズを制作した内藤時浩とドラゴンスレイヤーシリーズを制作した木屋善夫は二大スタープログラマーと並び称され、両シリーズは当時のパソコンRPGにおける二大ブランドであった『ロールプレイングゲームサイド vol.1』 マイクロマガジン 2014年8月4日 pp.10-14。 ハイドライドシリーズはアクションRPGの分野成立に大きく寄与しただけでなく、コンピューターRPGとしてのハック・アンド・スラッシュの始祖ではないかという声もある。 なお当時、開発元のT&E SOFTは、1980年代後半のパソコン雑誌で山下章などが中心となって使用したジャンル表記である「アクティブロールプレイングゲーム」という表記を用いていたが、アクションRPGと同義である。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとハイドライドシリーズ · 続きを見る »

ポートピア連続殺人事件

『ポートピア連続殺人事件』(ポートピアれんぞくさつじんじけん)は、堀井雄二がデザインしたアドベンチャーゲーム。1983年6月にエニックス(現在のスクウェア・エニックス)よりPC-8801版から発売され、当時の多くの家庭用PCに移植された。1985年11月29日にファミリーコンピュータ(以下、ファミコン/FC)移植版が発売され、FC初のアドベンチャーゲームとなった。2001年にはフィーチャー・フォン用の携帯電話ゲーム(携帯アプリ)としてリメイク版も配信された。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとポートピア連続殺人事件 · 続きを見る »

ポインティングデバイス

ポインティングデバイスはコンピュータの周辺機器のうち入力機器の種類の一つで、主に画面上に表示されるポインタやアイコンを操作するために用いる。コンピュータと人間の接点であるマンマシンインタフェースの一つである。 主にコンピュータの出力機器のうち表示機器に分類されるディスプレイの画面に映し出された映像に対して直感的な入力操作を提供するGUI環境において、カーソルと呼ぶ矢印や十字の形状をした印で位置や状態、方向などの情報を指示入力するための機器として利用される。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとポインティングデバイス · 続きを見る »

メディアワークス

株式会社メディアワークス(MediaWorks Inc.)は、1992年(平成4年)から2008年(平成20年)にかけて存在した日本の出版社である。「電撃」ブランドなどを持ち、ゲーム雑誌・漫画雑誌・ライトノベルなど若者向けの書籍を中心に出版。また、出版を主な柱にしながら自社の本のキャラクター等を用いたゲームソフトやキャラクター商品の開発・販売も行っていた。 2008年4月1日付で同じ角川グループ傘下のアスキーと合併し、アスキー・メディアワークス(AMW)となった後、2013年10月1日付でKADOKAWA(角川グループホールディングスより社名変更)に吸収合併されてブランドカンパニー化した。なお、アスキーとの合併後もメディアワークス文庫など「電撃」ブランドとは別に旧名称の「メディアワークス」ブランドを使用している(これは「アスキー」も同様である)。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとメディアワークス · 続きを見る »

ルーカスアーツ

ルーカスアーツ・エンターテインメント・カンパニー(LucasArts Entertainment Company, LLC)は、かつて存在していたアメリカ合衆国のコンピュータゲーム会社。 ルーカスフィルム映画作品のゲームメーカーとして有名であり、1990年代初頭には商業的に大きな成功を収めた。出版とゲームの分野においては『スター・ウォーズ』シリーズのフランチャイズに軸足を置いていた。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとルーカスアーツ · 続きを見る »

ロールプレイングゲーム

ールプレイングゲーム(role-playing game, 略称:RPG)とは、参加者が各自に割り当てられたキャラクター(プレイヤーキャラクター)を操作し、一般にはお互いに協力しあい、架空の状況下にて与えられる試練(冒険、難題、探索、戦闘など)を乗り越えて目的の達成を目指すゲームである。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとロールプレイングゲーム · 続きを見る »

ローグ

『ローグ』 (Rogue) は、ダンジョン探索型のコンピュータRPGである。その初版が公表されたのは1980年とコンピュータRPGの黎明期であり、最初期のコンピュータRPGの内の1つである。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとローグ · 続きを見る »

ロボット

ボット(robot)は、人の代わりに何等かの作業を自律的に行う装置、もしくは機械のこと。 主に以下に大別することが可能である。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとロボット · 続きを見る »

パーソナルコンピュータ

パーソナルコンピュータ(personal computer)とは、個人によって占有されて使用されるコンピュータのことである。 略称はパソコン日本独自の略語である。(著書『インターネットの秘密』より)またはPC(ピーシー)ただし「PC」という略称は、特にPC/AT互換機を指す場合もある。「Mac対PC」のような用法。。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとパーソナルコンピュータ · 続きを見る »

パソコン雑誌

パソコン雑誌(パソコンざっし)とは、パソコンに関する様々な情報を提供する雑誌である。パソコン誌という言い方も一般的である。週刊、月二回刊、月刊など様々な刊行形態がある。内容も、入門者向け、マニア向け、専門家向け、など様々なものがある。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとパソコン雑誌 · 続きを見る »

ビジュアルノベル

ビジュアルノベル、ヴィジュアルノベル(visual novel)とは、コンピュータゲームの一ジャンルである。ビジュアルノベルそれ自体もアドベンチャーゲームの一種に分類される。単にノベルゲームとも呼ばれる。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとビジュアルノベル · 続きを見る »

テレビドラマ

テレビドラマとは、テレビ番組の一種で、ドラマ形式のもののこと。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとテレビドラマ · 続きを見る »

ディジャブ (コンピュータゲーム)

『ディジャブ』(原題:Deja Vu: A Nightmare Comes True)は、1985年にアメリカ合衆国のICOM SimulationsがPC用ソフトとして開発した推理アドベンチャーゲームである。 同社は本作と同じ操作システムを使って他にもアドベンチャーゲームを出しており、この操作システムをMacVentureと呼称している。本作はMacVentureを使用したゲームの第一弾にあたる。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとディジャブ (コンピュータゲーム) · 続きを見る »

デゼニランド

デゼニランドは、1983年にハドソンが発売したパソコン向けアドベンチャーゲーム。続編にデゼニワールドがある。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとデゼニランド · 続きを見る »

フラグ (ストーリー)

フラグ(flag)は英語で旗を意味する単語であるが、本項で扱うフラグは小説・ドラマ・漫画・アニメ・シミュレーションゲームなどのストーリーにおいて、後に特定の展開・状況を引き出す事柄を指す用語である。伏線と同義であるものの、フラグは比較的単純で定型化された「お決まりのパターン」の含意があるとされる。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとフラグ (ストーリー) · 続きを見る »

ファミリーコンピュータ

ファミリーコンピュータ(Family Computer)は、任天堂より1983年(昭和58年)7月15日に発売された家庭用ゲーム機。型番はHVC-001。HVCはHome Video Computerの略である。日本国内での略称・略記はファミコン・FC。任天堂の公式表記では「コンピュータ」と末尾の長音を伸ばしていない。当時の発売価格は14,800円。 日本国外では、主要部分の仕様が同一の“Nintendo Entertainment System”(ニンテンドーエンターテインメントシステム、略称:NES)として発売されている。ただし、カセットや周辺機器は接続部分の機械的な仕様の違いでお互いの互換性はない。また、ファミリーコンピュータには搭載されてない「海賊版対策回路」が組み込まれている。 また、2016年(平成28年)に30本のソフトウェアを内蔵し、オリジナルの筐体を小型化したデザインで復刻したニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(後述)が発売された。日本国外では同様のコンセプトでNES Classic Editionが販売された。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとファミリーコンピュータ · 続きを見る »

ファンクションキー

ファンクションキー(Function key、Fキー)は、コンピュータや端末用のキーボードのキーの一部である。プログラマブル・ファンクションキー(PFキー、Programmable function key)、ディファイナブル・ファンクションキー(definable function key)とも呼ぶ。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとファンクションキー · 続きを見る »

ファーストパーソン・シューティングゲーム

FPSの1つである『S.T.A.L.K.E.R. Call of Pripyat』。 『OpenArena』のゲーム画面。 ファーストパーソン・シューター(英:First Person shooter、略称FPS)とは、主にシューティングゲームの一種で、主人公の本人(第一者)視点(FPSまたはFPV(en))でゲーム中の世界・空間を任意で移動でき、武器もしくは素手などを用いて戦うアクションゲームのスタイルを指す。基本的に画面に表示されるのはプレイヤーキャラクターの一部(腕など)と武器・道具のみである。混同されがちだが、プレイヤーキャラクターの姿が見えるゲームはサードパーソン・シューティングゲーム(TPS:第三者視点)として区別される。 日本で用いられる「ファーストパーソン・シューティングゲーム(First Person shooting game)」は和製英語で、アメリカではファーストパーソン・シューター(First Person shooter)と表現する。「本人(一人称)視点シューティングゲーム」と訳される。また、「ファーストパーソン・シューティングゲーム」という呼称が定着する以前は「3Dシューティングゲーム」や、「DOOM系シューティングゲーム」などと呼ばれており、現在でもそのように表現する人も少なくはない。 広義ではフライトシミュレータのうち主観による空中戦や、剣や魔法による主観型アクションロールプレイングゲームなどを含む、単なる本人視点を指す言葉として用いられる。ここではもっとも狭義となるゲームジャンルとしてのFPSについて解説する。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとファーストパーソン・シューティングゲーム · 続きを見る »

ドラッグ

ドラッグは次の意味を持つ。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとドラッグ · 続きを見る »

ドラゴンクエストシリーズ

ドラゴンクエストシリーズ(Dragon Quest Series)は、1986年5月27日に発売された『ドラゴンクエスト』を第一作とする、日本製コンピュータRPGのシリーズ作品。主にゲームデザイナーの堀井雄二を中心として製作され、スクウェア・エニックス(旧エニックス)が発売している。 2017年時点で、シリーズ累計出荷数と配信数は7,500万本を超えた。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとドラゴンクエストシリーズ · 続きを見る »

ダンジョン (コンピュータゲーム)

ダンジョン (Dungeon) は最も初期のコンピュータRPGの一つである。このゲームはディジタル・イクイップメント・コーポレーションのPDP-10 メインフレーム上で動作していた。(※: 同時期に、他にも同名のゲームがあった。次の歴史の節の最後の部分で確認のこと).

新しい!!: アドベンチャーゲームとダンジョン (コンピュータゲーム) · 続きを見る »

アローン・イン・ザ・ダーク

『アローン・イン・ザ・ダーク』(Alone In The Dark)は、フランスのゲーム会社Infogramesが制作したサバイバルホラーゲーム、およびシリーズ名。いくつかのプラットフォームにも移植されている他、日本語にローカライズされたものも存在する。2014年の時点で5つの続編が存在する他、本シリーズを元にした映画も2作存在する。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとアローン・イン・ザ・ダーク · 続きを見る »

アップル (企業)

アップル()は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとアップル (企業) · 続きを見る »

アニメ

アニメは、アニメーションの略語である。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとアニメ · 続きを見る »

アダルトゲーム

アダルトゲームまたはエロゲ( または 、和製英語:)とは、ハードコアな性的表現を好まない者や判断能力に劣る子供がプレーするには適さない『性的な表現』が含まれるコンピューターゲームのことである。東京都青少年の健全な育成に関する条例においては、「電磁的記録媒体に記録されたプログラムを電子計算機等を用いて実行することにより、人に卑わいな行為を擬似的に体験させるもの」がこれにあたるとされており、他の地方公共団体の「青少年保護育成条例」においても、ほぼ同様の定義がなされている。 特に断り書きがない限り、日本国内での事例について述べる。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとアダルトゲーム · 続きを見る »

アクションロールプレイングゲーム

*.

新しい!!: アドベンチャーゲームとアクションロールプレイングゲーム · 続きを見る »

アスキー (企業)

アスキー(ASCII)は、かつて存在したコンピュータ関連の雑誌、書籍の制作を手掛ける日本の企業、または株式会社角川アスキー総合研究所の事業ブランド。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとアスキー (企業) · 続きを見る »

インフォコム (アメリカ合衆国の企業)

インフォコム(Infocom)は、マサチューセッツ州ケンブリッジにあったソフトウェア企業で、特にテキストアドベンチャーの開発で知られている。また、関係データベース Cornerstone も開発した。 1979年6月22日、、、、ジョエル・ベレズといったMITの職員や学生が創業。1986年、アクティビジョンに買収され、1989年にはインフォコム部門が廃止された。しかしアクティビジョンは、1990年代にもインフォコムの看板タイトルである「ゾーク」のブランド名でゲームをいくつかリリースしていた。2002年にはインフォコムの商標を完全に廃止した。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとインフォコム (アメリカ合衆国の企業) · 続きを見る »

インタラクティブフィクション

インタラクティブフィクション(Interactive fiction)は、コンピュータゲームのジャンルの一つでアドベンチャーゲームのサブジャンル、あるいはコンピュータゲーム全般を指す言葉。 ここでは、アドベンチャーゲームの一種としてのインタラクティブフィクションについて解説する。 インタラクティブフィクションとは、テキストによる出力に対してプレイヤーがテキストによって行動を入力するキャラクタユーザインタフェースのゲームで、テキストアドベンチャーとも呼ばれる。 出力は小説のような文章が表示されるが、特に初期の入力は限定的で、"get key"や"go west"などの単純な命令でプレイヤーの動作を指示していた。 日本語は解析の困難さがあるため、日本で作られたゲームでも、入力は英語であったり、カタカナのみであったりする。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとインタラクティブフィクション · 続きを見る »

イースシリーズ

イースシリーズ (Ys series) は、日本ファルコムがてがける日本製アクションロールプレイングゲーム (ARPG) のシリーズ。1987年の第1作『イース』より、30年以上に渡って続くファルコムの看板作品となっている。シリーズの累計売上は2017年時点で480万本に達している。 本稿ではシリーズ全体について取り扱う。各作品の詳細についてはそれぞれの項を参照の事。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとイースシリーズ · 続きを見る »

エニックス

株式会社エニックス(ENIX Corporation)は、かつて存在したソフトハウス、出版社。2003年4月1日に同業他社であるスクウェアと合併し、スクウェア・エニックスとなった。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとエニックス · 続きを見る »

エコーナイト

『エコーナイト』は、1998年8月13日にフロム・ソフトウェアから発売されたプレイステーション用ゲームソフト、およびそのシリーズ名。 本項では、続編である『エコーナイト#2 眠りの支配者』『ネビュラ -エコーナイト-』も併せて記載する。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとエコーナイト · 続きを見る »

クリック

リック(click)は、擬音語のひとつで、日本語では「かちっ」「かちり」に相当する名詞。転じて、そのような音や感触を伴う動作を表す動詞。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとクリック · 続きを見る »

クロックタワー

『クロックタワー』(CLOCK TOWER)は、1995年9月14日にヒューマンから発売されたスーパーファミコン用ゲームソフト。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとクロックタワー · 続きを見る »

ゲームコントローラ

ームコントローラ(Game controller)は、コンピュータゲーム用の入出力装置で、人間の操作する意志をハードウェアであるゲーム機やPCなどに伝える役割を持つ。特に家庭用ゲーム機に代表される両手で持つタイプの物は「ゲームパッド」と呼ばれる。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとゲームコントローラ · 続きを見る »

コモドール

KIM-1(1975年) コモドール(英語:Commodore)は、アメリカ合衆国に存在したコンピュータ会社。Commodore Business Machines (CBM) 、あるいはCommodore International Limitedの社名でも知られる。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとコモドール · 続きを見る »

コロッサル・ケーブ・アドベンチャー

『コロッサル・ケーブ・アドベンチャー』(英: )は、アドベンチャーゲームというジャンル名の由来となっているコンピュータゲームであるJerz, Dennis (2007), Digital Humanities Quarterly。他に、ADVENT、コロッサルケーブ、アドベンチャーという名でも知られている。プログラマでケイビング愛好家のが設計したゲームであり、ケンタッキー州マンモス・ケーブ国立公園の洞窟群の一部であるコロッサルケーブを舞台のベースとしているMontfort, Nick (2003).

新しい!!: アドベンチャーゲームとコロッサル・ケーブ・アドベンチャー · 続きを見る »

コンピュータゲームのジャンル

* Category:フィクションのジャンル.

新しい!!: アドベンチャーゲームとコンピュータゲームのジャンル · 続きを見る »

コンピュータRPG

ンピュータRPG(コンピュータ・アールピージー)は、コンピュータゲームのジャンルの一つ。 元々、RPGは卓上で紙と鉛筆、サイコロ用いて行うものであり、それが計算機の発展とともにコンピューター上で展開されるようになったものであるが、それらの先駆段階を省いてRPG文化が輸入された日本では、初期からCRPGが席巻したため、「RPG」(アールピージー)がそのままCRPGを指すこと多い(本来のRPGはTRPG.

新しい!!: アドベンチャーゲームとコンピュータRPG · 続きを見る »

コンシューマーゲーム

ンシューマーゲーム(英:console game)とは、市販されている家庭用ゲーム機でのプレイを前提として作られるコンピュータゲームを指す用語。「家庭用ゲーム」とも呼ばれる。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとコンシューマーゲーム · 続きを見る »

シミュレーションゲーム

ミュレーションゲーム (simulation game) とはその名の通り現実の事象・体験を仮想的に行うコンピュータゲームのジャンルの一つ。日本では(特にコンピュータゲーム関連で)SLGと略されるのが一般的。英語圏では、昔はSIM(シム)というもう1つの略称の方が良く使わる傾向にあった。日本でSIMというと、主に携帯電話に使われるSIMカードを指す事が多く、紛らわしい為、基本的には使われない。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとシミュレーションゲーム · 続きを見る »

シエラエンターテインメント

ラエンターテインメント (Sierra Entertainment, Inc.) は、かつて存在したゲームソフト製作会社。米国に本拠を置いていた。 現在はアクティビジョン・ブリザードの傘下にあり、インディーゲームを取り扱っている。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとシエラエンターテインメント · 続きを見る »

ゾーク

ゾーク(Zork)は最初期のインタラクティブフィクション(テキストアドベンチャー)形式のコンピューターゲームの一作であり、そこから発展した一連のアドベンチャーゲームのシリーズである。このゲームではプレイヤーは地下世界に広がる迷宮を舞台に、宝物の捜索を行う冒険者の役割を演じる。オリジナル版ゾーク三部作は最初のアドベンチャーゲームである『コロッサル・ケーブ・アドベンチャー』の初期の子孫であった。 “Zork”という単語(ないし綴り)は元々は、未完成のプログラムに対し使われる名前として、マサチューセッツ工科大学のハッカー文化圏に由来する。作者らは完成後一旦は「ダンジョン(Dungeon)」と命名したが、商品名「ゾーク」とした(戻した)のは『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の商標権との兼合のためである。英語版と日本語版それぞれのゲームブックシリーズも存在する。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとゾーク · 続きを見る »

タイムゾーン

タイムゾーン (time zone).

新しい!!: アドベンチャーゲームとタイムゾーン · 続きを見る »

サラダの国のトマト姫

『サラダの国のトマト姫』(サラダのくにのトマトひめ)は、ハドソンが発売したアドベンチャーゲーム。北米ではNES対応ソフトとして『princess tomato in the salad kingdom』(プリンセス・トマト・イン・ザ・サラダ・キングダム)のタイトルで発売された。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとサラダの国のトマト姫 · 続きを見る »

サイレントヒル

『サイレントヒル』のロゴ 『サイレントヒル』(SILENT HILL)は、コナミ(後のコナミデジタルエンタテインメント)から発売されたホラーゲーム、およびそのシリーズ。ジャンルはホラーアドベンチャー。2013年7月時点でのシリーズ全世界累計販売本数は840万本。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとサイレントヒル · 続きを見る »

編集者

編集者(へんしゅうしゃ)は、本(書籍・雑誌)や新聞などの刊行物や論文などの内容を編集する者である。歴史書や教科書を発行する出版社(例えば三省堂)では、「編集」ではなく「編修」と表記する場合もある。 実際は、「編集者」と呼ばれる役職は2つある。1つは、著作的な編集を行う人である。著者表示で「著」などと並んで「編」「edited by」「ed.」などとなっている人物である。編纂者・編者(編著者)に同じ。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと編集者 · 続きを見る »

経験値

経験値(けいけんち、)は、ロールプレイングゲーム (RPG) やシミュレーションRPGにおいて、キャラクターの「成長」の度合いを表すための数値を指すコンピュータゲーム用語。Ex、EXP、XPなどと略される。pointを「点」として「経験点(けいけんてん)」とも称される。 転じて、「経験の程度」の意としても一般に用いられる。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと経験値 · 続きを見る »

EVE burst error

『EVE burst error』(イヴ・バーストエラー、イブ バーストエラー全文での片仮名表記は厳密にはセガサターン版から改定されたワードマークのもので原作時点では用いられておらず、さかのぼって広義化した総称である。)は、シーズウェアが製作したパソコンゲームを原作とする同名および別名の移植作やリメイクなどを含めた美少女ゲーム/アドベンチャーゲーム。後のEVEシリーズの第1作目でもある。 発売の年表は以下の通り。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとEVE burst error · 続きを見る »

表参道アドベンチャー

表参道アドベンチャー(おもてさんどうアドベンチャー)は、『月刊アスキー』1982年4月号綴じ込み付録である『年刊AhSKI!』2号に掲載されたアドベンチャーゲーム。アスキー誌初のアドベンチャーゲームで、国産アドベンチャーゲームの草分け的存在である。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと表参道アドベンチャー · 続きを見る »

辞典

ラーツ大学図書館のラテン語辞書 辞典(じてん)とは、言葉や物事、漢字などを集め、その品詞・意味・背景(語源等)・使用法(用例)・派生語・等を解説した書籍。辞書(じしょ)・字引(じびき)とも言う。 なお、「辞典」「辞書」という単語は、主に言葉について書かれたもの(国語辞典、英和辞典、漢和辞典など)について用いるもので、文字について書かれた辞典は「字典」、事物に就いて詳細に書かれた辞典(百科事典など)については「事典」という表記を用いて区別される。「辞典」「字典」「事典」はいずれも「じてん」で発話においては区別できないため、それぞれ「ことばてん」(言葉典)、「もじてん」(文字典)、「ことてん」(事典)と言い換えられることもある。 辞書に関する学問分野として辞書学がある。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと辞典 · 続きを見る »

脚本

脚本(きゃくほん)とは、「何時。何処で。誰が」の天地人を示す柱書き、台詞、ト書きだけで構成された設計図的役割を担うテキスト。小説とは形式が異なる。 演者に使われる台詞を中心としたものは台本といい、また脚本はシナリオともいわれる。「シナリオ」という言葉は、1920年に松竹が映画事業に乗り出すため、アメリカから招聘したヘンリー・小谷が使った片仮名のおびただしい映画用語の一つで、それまでは「台本」という言い方をしていたという。「シナリオ」という言葉は、もともとは即興劇用のおおまかな筋を書いたものを意味していたし、今日ではコンピュータゲームの原案などにも使われる言葉だが、辞書に載るような一般的な意味としては、映像劇の脚本を舞台のそれから区別する際に使われる。 漫画では漫画原作、舞台演劇では戯曲といわれる。戯曲といった場合には劇の制作上の一手段という意味に文学性が加味される。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと脚本 · 続きを見る »

雫 (アダルトゲーム)

『雫』(しずく)は、1996年にLeafが企画・製作し、アクア(現アクアプラス)より発売されたノベルタイプの18禁PCゲームであり、リーフ・ビジュアルノベル・シリーズ(LVNS)の第1弾。 2004年に、CGの描き直し、及びキャラクターボイスを追加したCD-ROM版・DVD-ROM版が発売された。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと雫 (アダルトゲーム) · 続きを見る »

雑誌

雑誌(ざっし)とは、逐次刊行物であり定期刊行物である出版物の一種。一般に流通している娯楽雑誌などだけではなく、学術研究誌や官公庁誌なども含めた広い範囲を示す言葉であり、印刷資料としては図書と並ぶ二大情報源である。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと雑誌 · 続きを見る »

逆転裁判

『逆転裁判』(ぎゃくてんさいばん)は、カプコンの法廷バトルアドベンチャーゲーム及びシリーズ名。また、同作品に関連した漫画、映画、小説、舞台なども指す。シリーズの通称は『逆裁』、公式には『逆転』と呼ばれている。スピンオフ作品『逆転検事』シリーズについては当該項目を参照。テレビアニメ版については『逆転裁判 〜その「真実」、異議あり!〜』を参照。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと逆転裁判 · 続きを見る »

Fate/stay night

|- | colspan.

新しい!!: アドベンチャーゲームとFate/stay night · 続きを見る »

MYST

『MYST』(ミスト)は、アメリカのパソコン用ソフトメーカー「Cyan」が作ったパズルアドベンチャーゲーム。さまざまなプラットフォーム向けに移植されている。CGプリレンダリングで製作された静止画や動画による美麗な画面、独特の世界観と難解な謎解きが特徴。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとMYST · 続きを見る »

SCUMM

SCUMM (Script Creation Utility for Maniac Mansion) は、ルーカスアーツ(当時はルーカス・フィルム・ゲームズ)が同社のグラフィカルアドベンチャーゲーム『マニアックマンション』の開発用に開発したスクリプト言語。 ゲームエンジンとプログラミング言語の中間的存在であり、最終的なソースコードとなるプログラミング言語を使わずにデザイナーが場所やアイテムやダイアログを生成できる。またこうしておくと、各種プラットフォーム間でスクリプトやデータファイルを再利用できるという利点もある。SCUMMはまた、各種組み込みゲームエンジン(iMUSE、INSANE、CYST、FLEM、MMUCUS)の基盤ともなった。SCUMMが移植されたプラットフォームとしては、3DO、Amiga、Apple II、Atari ST、Commodore CDTV、コモドール64、FM TOWNS/マーティー、Macintosh、ファミリーコンピュータ、MS-DOS/PC-DOS、Microsoft Windows、メガCD、PCエンジンがある。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとSCUMM · 続きを見る »

ScummVM

ScummVM は、ゲームエンジンの再実装版のコレクションである。元々はルーカスアーツのSCUMMシステムを使ったアドベンチャーゲームをプレイするために設計されたが("VM" は「仮想機械 (virtual machine)」の略)、Revolution Software や Adventure Soft などの企業によるSCUMM以外の各種ゲームもサポートするようになっている。 ScummVMは、ハードウェアのエミュレータではなく、アドベンチャーゲームの世界を記述しているスクリプト言語を解釈実行するインタプリタを再実装したものである。そのため、ScummVMが対応しているゲームは元々そのゲームがリリースされていたプラットフォーム以外のプラットフォームでもプレイ可能になる。 ScummVM を最初に開発したのは Ludvig Strigeus である。GNU General Public License でライセンスされており、フリーソフトウェアである。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとScummVM · 続きを見る »

SIREN (ゲームソフト)

『SIREN』(サイレン)は、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)が開発及び発売したPlayStation 2用のホラーゲームである。 2006年2月9日には続編の『SIREN2』が発売された。同年にはその『2』をベースにした映画『サイレン 〜FORBIDDEN SIREN〜』も公開された。また、ゲーム・映画のアナザーワールドとして漫画『サイレン 〜ETERNAL SIREN〜』がある。 2008年7月24日、PS3で第3作『SIREN:New Translation』が発売された。 2014年7月17日には本作のコミカライズ版『SIREN -赤イ海ノ呼ビ声-』、2018年3月2日には本作を新解釈で描く『SIREN ReBIRTH』が連載中。 ヨーロッパでの名称は『Forbidden Siren』。韓国版及び中国語版では『死魂曲 SIREN』となっている。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとSIREN (ゲームソフト) · 続きを見る »

T&E SOFT

株式会社ティーアンドイーソフト(T&E SOFT Inc.)は、かつて存在した日本のコンピューターゲームメーカー。パソコンゲーム草創期からの老舗ソフトハウスとして知られたが、紆余曲折を経て、ドワンゴの傘下となり、スパイク・チュンソフト第三開発グループ(名古屋オフィス)に再編された。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとT&E SOFT · 続きを見る »

To Heart

|- | colspan.

新しい!!: アドベンチャーゲームとTo Heart · 続きを見る »

ToHeart2

|- | colspan.

新しい!!: アドベンチャーゲームとToHeart2 · 続きを見る »

Z-machine

Z-machine とは、Joel BerezとMarc Blankによって1979年に開発され、Infocom社のテキストアドベンチャーゲームに使用された仮想機械である。.

新しい!!: アドベンチャーゲームとZ-machine · 続きを見る »

探検

探検(たんけん、探険)とは、未知の地域へ赴いてそこを調べ、何かを探し出したり明らかにする行為のことであり、一般には危険を伴うものとされる。探険の文字を使う場合、危険を冒すという意味合いが強くなる。踏査、検分などが類義語として挙げられる。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと探検 · 続きを見る »

水晶の龍

『水晶の龍』(すいしょうのドラゴン)は、スクウェア(現・スクウェア・エニックス)より1986年12月15日に発売されたファミリーコンピュータ ディスクシステム用ゲームソフト。スクウェアがDOG(Disk Original Group)ブランドで発売した作品で、コマンド選択型のアドベンチャーゲーム。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと水晶の龍 · 続きを見る »

泣きゲー

泣きゲー(なきゲー)は、恋愛ゲームやギャルゲー、美少女ゲーム、アダルトゲームにおいて、「プレイすることで感動を呼び起こされ、泣けるゲーム」を指す俗語。転じて、そういったゲームの内容の属性(特徴)を示す語やゲームのカテゴリ(範疇)またはジャンル(種類)の一つとしても使用されている。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと泣きゲー · 続きを見る »

洞窟

洞窟 洞窟(どうくつ、)とは、地中にある、ある程度以上の大きさの空間である。ふつう人間が入ることの可能なサイズ以上のものを指すことが多い。洞穴(どうけつ、ほらあな)とも言う。水平方向に伸びている横穴や井戸状に開口している縦穴(竪穴)などがある。洞口部では日光が差し込むこともあるが、氷河洞・雪渓洞などを除いて奥部は完全な暗黒となる。 内部の気温は、一般に洞窟がある外部の平均気温になり、内部は外部と較べると夏は涼しく・冬は暖かい。また地中であることも含め、一般に湿度が高い。水が湧き出る泉の奥や海面下にも水中洞窟があることがある。 広義には、自然にできた鍾乳洞や溶岩洞(熔岩洞)、海食洞などだけでなく、過去に人間によって掘られ、遺棄された古い穴や隧道跡なども含めることがある(人工洞窟)。 洞窟内に神仏を祭った例が各地にみられ(宮崎県鵜戸神宮、埼玉県橋立鍾乳洞など)、洞窟そのものをご神体とする例も多い。 用語としての洞穴と洞窟は、洞窟の方がやや多用される感もあるが、とくにこだわられない。日本の洞穴学研究の学会の名称は日本洞窟学会で、自然科学や人文科学/社会科学の関係分野、および探検技術の分野から成っている。 アラバマ洞窟(アメリカ合衆国).

新しい!!: アドベンチャーゲームと洞窟 · 続きを見る »

漫画

漫画(まんが、(コミック)、cartoon、manga)とは、狭い定義では笑いを企図した絵をいい、「戯画(カリカチュア)」の概念と近い。広い定義では、必ずしも笑いを目的としない「劇画」「ストーリー漫画」「落書き」「アニメ」なども含み、幅広い意味を持つ。 日本では明治時代に輸入された"comic"、"cartoon"日本漫画家協会の英称はTHE JAPAN CARTOONISTS ASSOCIATIONであり、マンガ大賞の英称もCartoon grand prizeである。の日本語訳として「漫画」という言葉を北澤楽天や今泉一瓢が使用したことに始まって以後、漫画はcomicと同義として扱われる様になり、その意味での「漫画」が昭和初期に普及し、現代における漫画という語へ定着するようになった。本項では、日本の漫画のみではなく、漫画全般について説明する。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと漫画 · 続きを見る »

1984年

この項目では、国際的な視点に基づいた1984年について記載する。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと1984年 · 続きを見る »

1985年

この項目では、国際的な視点に基づいた1985年について記載する。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと1985年 · 続きを見る »

1986年

この項目では、国際的な視点に基づいた1986年について記載する。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと1986年 · 続きを見る »

1987年

この項目では、国際的な視点に基づいた1987年について記載する。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと1987年 · 続きを見る »

1992年

この項目では、国際的な視点に基づいた1992年について記載する。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと1992年 · 続きを見る »

3次元コンピュータグラフィックス

3次元コンピュータグラフィックス(さんじげんコンピュータグラフィックス、Three-dimensional computer graphics, 3DCG)は、コンピュータの演算によって3次元空間内の仮想的な立体物を2次元である平面上の情報に変換することで奥行き感(立体感)のある画像を作る手法である。20世紀末からのコンピュータ技術の急速な発達と性能向上によって、従来は大企業や大きな研究所でしか得られなかった精細で高品質の3次元画像が、21世紀初頭現在ではPCやゲーム機で得られるようになっている。 毎年夏にアメリカ合衆国で開催されるCGの祭典「SIGGRAPH」(シーグラフ)にて、世界中の多くの研究者により最新のCGの論文が発表され、技術更新がなされている。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと3次元コンピュータグラフィックス · 続きを見る »

4Gamer.net

4Gamer.net(フォーゲーマードットネット)は、Aetas株式会社が運営している日本のコンピュータゲーム紹介サイト。愛称は4亀。2000年8月サイトオープン。 FPSやRTSなど俗に洋ゲーと呼ばれるようなゲームを中心に扱っていたが、パソコンゲーム市場の変化に合わせ、MMORPGや恋愛アドベンチャーなどの記事も扱うようになり、現在ではパソコンゲームだけでなくコンシューマーゲームの情報を幅広く扱う総合情報サイトとなっている。 ニュース・インタビュー・レビューや、海外事情からハードウェア選びまで扱うコラム、ファンタジーやレトロゲーム、最新ゲーム攻略など総合ゲームサイトらしく、様々な週刊連載記事などを扱っているほか、プロモーションムービーや体験版、マイナーなMMORPGや海外ゲームのクライアントプログラムに関するミラー配布などのサービスも行なっている。 かつて『4Gamer magazine』という雑誌名で紙媒体に進出したことがあり、不定期刊行でvol.3まで発売された。しかし、ゲームユーザーの雑誌離れと、紙媒体とweb媒体の商慣習の違いなどから、販売は振るわず撤退している。 なお、2010年4月8日から、超!A&G+にて、ラジオ番組RADIO 4Gamerを放送している。パーソナリティは、声優の岡本信彦、ライターのマフィア梶田。 2012年11月21日運営会社Aetas株式会社はソフトバンクBB子会社のモビーダ・ホールディングスから株式会社デジタツハーツへ8億円で売却されソフトバンクグループから離脱した。 2016年に、Cygamesからいわゆる「出禁」を食らっていることを明かした。.

新しい!!: アドベンチャーゲームと4Gamer.net · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

アドベンチャー・ゲーム

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »