ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

アテン (小惑星)

索引 アテン (小惑星)

アテン (2062 Aten) は太陽系の地球近傍小惑星。1976年にパロマー山天文台のエレノア・ヘリンによって発見された。名前はエジプト神話のアテンに由来する。 軌道長半径が地球のものより短い小惑星としては初めて発見されたものであり、似たような軌道を持つ小惑星のグループとしてアテン群という新しいカテゴリが作成された。.

21 関係: 天文単位太陽系小惑星の一覧 (2001-3000)度 (角度)地球地球近傍小惑星メートル毎秒メートル毎秒毎秒ユリウス通日パロマー天文台アテンアテン群エレノア・ヘリンエジプト神話キロメートルキログラムキログラム毎立方メートル熱力学温度軌道長半径1976年1月7日

天文単位

天文単位(てんもんたんい、astronomical unit、記号: au)は長さの単位で、正確に である。2014年3月に「国際単位系 (SI) 単位と併用される非 SI 単位」(SI併用単位)に位置づけられた。それ以前は、SIとの併用が認められている単位(SI単位で表される、数値が実験的に得られるもの)であった。主として天文学で用いられる。.

新しい!!: アテン (小惑星)と天文単位 · 続きを見る »

太陽系

太陽系(たいようけい、この世に「太陽系」はひとつしかないので、固有名詞的な扱いをされ、その場合、英語では名詞それぞれを大文字にする。、ラテン語:systema solare シュステーマ・ソーラーレ)とは、太陽および、その重力で周囲を直接的、あるいは間接的に公転する天体惑星を公転する衛星は、後者に当てはまるから構成される構造である。主に、現在確認されている8個の惑星歴史上では、1930年に発見された冥王星などの天体が惑星に分類されていた事もあった。惑星の定義も参照。、5個の準惑星、それを公転する衛星、そして多数の太陽系小天体などから成るニュートン (別2009)、1章 太陽系とは、pp.18-19 太陽のまわりには八つの惑星が存在する。間接的に太陽を公転している天体のうち衛星2つは、惑星では最も小さい水星よりも大きい太陽と惑星以外で、水星よりも大きいのは木星の衛星ガニメデと土星の衛星タイタンである。。 太陽系は約46億年前、星間分子雲の重力崩壊によって形成されたとされている。総質量のうち、ほとんどは太陽が占めており、残りの質量も大部分は木星が占めている。内側を公転している小型な水星、金星、地球、火星は、主に岩石から成る地球型惑星(岩石惑星)で、木星と土星は、主に水素とヘリウムから成る木星型惑星(巨大ガス惑星)で、天王星と海王星は、メタンやアンモニア、氷などの揮発性物質といった、水素やヘリウムよりも融点の高い物質から成る天王星型惑星(巨大氷惑星)である。8個の惑星はほぼ同一平面上にあり、この平面を黄道面と呼ぶ。 他にも、太陽系には多数の小天体を含んでいる。火星と木星の間にある小惑星帯は、地球型惑星と同様に岩石や金属などから構成されている小天体が多い。それに対して、海王星の軌道の外側に広がる、主に氷から成る太陽系外縁天体が密集している、エッジワース・カイパーベルトや散乱円盤天体がある。そして、そのさらに外側にはと呼ばれる、新たな小惑星の集団も発見されてきている。これらの小天体のうち、数十個から数千個は自身の重力で、球体の形状をしているものもある。そのような天体は準惑星に分類される事がある。現在、準惑星には小惑星帯のケレスと、太陽系外縁天体の冥王星、ハウメア、マケマケ、エリスが分類されている。これらの2つの分類以外にも、彗星、ケンタウルス族、惑星間塵など、様々な小天体が太陽系内を往来している。惑星のうち6個が、準惑星では4個が自然に形成された衛星を持っており、慣用的に「月」と表現される事がある8つの惑星と5つの準惑星の自然衛星の一覧については太陽系の衛星の一覧を参照。。木星以遠の惑星には、周囲を公転する小天体から成る環を持っている。 太陽から外部に向かって放出されている太陽風は、太陽圏(ヘリオスフィア)と呼ばれる、星間物質中に泡状の構造を形成している。境界であるヘリオポーズでは太陽風による圧力と星間物質による圧力が釣り合っている。長周期彗星の源と考えられているオールトの雲は太陽圏の1,000倍離れた位置にあるとされている。銀河系(天の川銀河)の中心から約26,000光年離れており、オリオン腕に位置している。.

新しい!!: アテン (小惑星)と太陽系 · 続きを見る »

小惑星の一覧 (2001-3000)

小惑星の一覧 (1001-2000) - 小惑星の一覧 - 小惑星の一覧 (3001-4000).

新しい!!: アテン (小惑星)と小惑星の一覧 (2001-3000) · 続きを見る »

度 (角度)

角度の単位としての度(ど、arc degree)は、円周を360等分した弧の中心に対する角度である。また、測地学や天文学において、球(例えば地球や火星の表面、天球)上の基準となる大円に対する角度によって、球の上での位置を示すのにも用いられる(緯度・経度、黄緯・黄経など)。 国際単位系では「SIに属さないが、SIと併用される単位」(SI併用単位)と位置付けられている。.

新しい!!: アテン (小惑星)と度 (角度) · 続きを見る »

地球

地球(ちきゅう、Terra、Earth)とは、人類など多くの生命体が生存する天体である広辞苑 第五版 p. 1706.。太陽系にある惑星の1つ。太陽から3番目に近く、表面に水、空気中に酸素を大量に蓄え、多様な生物が生存することを特徴とする惑星である。.

新しい!!: アテン (小惑星)と地球 · 続きを見る »

地球近傍小惑星

地球近傍小惑星(ちきゅうきんぼうしょうわくせい)とは、地球に接近する軌道を持つ天体(地球近傍天体、NEO (Near Earth Object))のうち小惑星のみを指す。英語でNEAs (Near Earth Asteroid) と呼ばれることもある。NASAによると地球に接近するために監視が必要とされるものは約8500個とされる。軌道計算では、これらの小惑星が今後少なくとも100年間は地球に衝突する恐れはないとしている。.

新しい!!: アテン (小惑星)と地球近傍小惑星 · 続きを見る »

メートル毎秒

メートル毎秒(メートルまいびょう、記号m/s)は、国際単位系(SI)における速さ又は速度の単位である国際単位系では、「速さ」、「速度」の単位としているが、日本の計量法では、「速さ」の単位としており、「速度」の単位とはしていない。。1メートル毎秒は、「1秒間に1メートルの速さ」と定義される。なお、速さと速度の違いについては、速度#速度と速さを参照のこと。 単位記号は、m/s である。m/sec としてはならない。 日常会話では「秒速何メートル」とも表現する。また、風速は日本では通常メートル毎秒で測るが、「毎秒」を省略して「風速何メートル」と表現することが多い。 1メートル毎秒は、以下に等しい。.

新しい!!: アテン (小惑星)とメートル毎秒 · 続きを見る »

メートル毎秒毎秒

メートル毎秒毎秒(メートルまいびょうまいびょう、記号: m/s2、m/秒2)は、国際単位系 (SI) における加速度の単位である。 1メートル毎秒毎秒は、1秒間に1メートル毎秒 (m/s) の加速度と定義されている。CGS単位系で対応する単位はガル (Gal) であるが、SI では加速度の単位に固有の名称はつけられていない。なお、.

新しい!!: アテン (小惑星)とメートル毎秒毎秒 · 続きを見る »

ユリウス通日

ユリウス通日(ユリウスつうじつ、Julian Day、JD)とは、ユリウス暦本稿で言うユリウス暦は、西暦8年以前についてもユリウス暦の暦法(4年に1度閏年を実施)を機械的に遡って適用したと仮定したを指す。実際のユリウス暦では、その初期である紀元前45年 から 紀元前8年の間では、閏年を3年に1度とするという正しくない運用がなされていたので(ユリウス暦#初期のユリウス暦の運用)、この先発ユリウス暦とは一致しない。また、紀元前45年以前にはユリウス暦そのものが存在しない。紀元前4713年1月1日、すなわち西暦 -4712年1月1日の正午(世界時)からの日数である。単にユリウス日(ユリウスび)ともいう。時刻値を示すために一般には小数が付けられる。 例えば、協定世界時(UTC)でのCURRENTYEAR年CURRENTMONTHNAMECURRENTDAY日 のユリウス日の値は、おおむねである。.

新しい!!: アテン (小惑星)とユリウス通日 · 続きを見る »

パロマー天文台

パロマー天文台(パロマーてんもんだい、Palomar Observatory)は、アメリカのカリフォルニア州サンディエゴにある私設天文台である。ウィルソン山天文台の南東90マイル(145km)にあるパロマー山に作られている。日本語ではしばしば「パロマー山天文台」とも呼ばれる。この天文台はカリフォルニア工科大学(カルテク)に所属している。2005年現在、天文台には4つの主な望遠鏡:口径200インチ (5.08m) ヘール望遠鏡、48インチ (1.22m) サミュエル・オシン望遠鏡、18インチ (457mm) シュミット式望遠鏡、60インチ (1.52m) 反射望遠鏡がある。これらに加えてパロマー試験干渉計 (Palomar Testbed Interferometer) も設置されている。 パロマー天文台 320pxドームを開放状態にしたパロマー天文台 所属Caltech 位置アメリカ、カリフォルニア州サンディエゴ 座標北緯33度21分21秒 西経116度51分50秒 標高1713 m (5618 ft) 天候(# of clear nights, humidity) Webhttp://www.astro.caltech.edu/observatories/palomar/ 望遠鏡 ヘール望遠鏡200インチ (5.08 m) 反射 60インチ望遠鏡60インチ (1.52 m) 反射 オシン望遠鏡48インチ (1.22 m) シュミット式望遠鏡 JPL パロマー試験干渉計干渉計 スヌープ全天カメラ.

新しい!!: アテン (小惑星)とパロマー天文台 · 続きを見る »

アテン

アテンを崇拝するファラオアメンホテプ4世と彼の家族。 アテン、アトン(Aten)は、エジプトの太陽神の一つ。.

新しい!!: アテン (小惑星)とアテン · 続きを見る »

アテン群

アテン群(アテンぐん)またはアテン型小惑星(アテンがたしょうわくせい、Aten asteroid)とは、地球近傍小惑星の分類の一つで、1976年にこのグループで最初に発見された小惑星 (2062) アテンから名づけられた。軌道長半径が1天文単位より小さいことにより定義される。ただし離心率が高い軌道もありうるため、これは必ずしも、軌道の全てが地球の軌道の内部にあることを意味しない。実際に現在知られているほとんど全てのアテン群小惑星の遠日点は1天文単位よりも大きい。遠日点が0.983AU未満の物はアティラ群 (Atira asteroid) と呼ばれる別の分類に属する。2013年6月26日現在、アテン群は784個発見されている。 2008年までに発見された、軌道長半径が最も小さい小惑星は (0.635 AU)で、次に小さいのが (0.642 AU) である。 また、2007年までに発見されたアテン群の小惑星で近日点が最も太陽に近いのは (0.0920 AU) だが、アポロ群の はさらに内側 (0.0713 AU) まで入り込む。 2004年の暮れ、(翌年に (99942) アポフィスと命名)という小惑星が2029年に地球に衝突する可能性があると報じられた。その後の観測で衝突の危険性はほとんどないと分かった。2036年にも衝突する可能性はまだ少し残っていたが、2013年の観測でその可能性もなくなった。 2006年に発見されたは、2006年9月から2007年6月の間、地球の周囲を3回公転し、一時的な地球の衛星となっていたことが分かった。 2011年2月4日、1という小惑星が地球表面からわずか5,480kmまで最接近した。あまりにも近づきすぎたため、軌道が60°も折れ曲がり、アポロ群からアテン群へと変化した。.

新しい!!: アテン (小惑星)とアテン群 · 続きを見る »

エレノア・ヘリン

レノア・ヘリン(Eleanor Francis Helin、ただし Eleanor Kay Helin とする書籍もある、1932年11月19日 - 2009年1月25日)は、アメリカ合衆国の女性天文学者である。 アメリカ航空宇宙局 (NASA) ジェット推進研究所の地球近傍小惑星追跡計画 (Near Earth Asteroid Tracking: NEAT) の主任研究員を務めて、2002年に第一線から退くまでに863の小惑星の発見者もしくは共同発見者となった。その中には最初のアテン群の小惑星 (2062) アテンと (2100) ラー・シャローム、アポロ群の小惑星 (4660) ネレウス、(4769) カスタリアなど、(9969) ブライユ、トロヤ群の小惑星 (3240) ラオコーンなどが含まれる。 小惑星以外にも周期彗星、111P/ヘリン・ローマン・クロケット彗星、117P/ヘリン・ローマン・アルー第1彗星、132P/ヘリン・ローマン・アルー第2彗星を発見した。また、アルバート・ウィルソンやロバート・ハリントンが発見したが軌道を決定できなかったウィルソン・ハリントン彗星 (1949 W1) を小惑星1977 VAとして再発見し、結果、この天体は周期彗星 (107P) と小惑星 (4015) の両方に登録されることとなった。 30年以上にわたって、カリフォルニア工科大学とNASAジェット推進研究所で惑星天文学の分野で活動した。1970年代初めに、パロマー天文台の惑星軌道と交差する小惑星探査 (Planet-Crossing Asteroid Survey: PCAS) をスタートさせた。PCASは200を越える大きな軌道傾斜角を持つ小惑星や特異な軌道をもつ小惑星を含む数千の小惑星と20の彗星を発見し、世界中で発見された地球近傍小惑星の約30%を発見した。1980年代に国際地球近傍小惑星サーベイ (International Near-Earth Asteroid Survey: INAS) を組織して、地球近傍小惑星への関心を高めた。 NASAの Exceptional Service Medal、JPL Award を受賞した。小惑星 (3267) Gloはヘリンのニックネームに因んで命名された。.

新しい!!: アテン (小惑星)とエレノア・ヘリン · 続きを見る »

エジプト神話

プト神話(エジプトしんわ)は、キリスト教とイスラム教が広まる以前に古代エジプトの人々によって信仰されてきた神々の体系、宗教を指す。.

新しい!!: アテン (小惑星)とエジプト神話 · 続きを見る »

キロメートル

メートル(kilometre、米国のみ1977年以降 kilometer、記号:km)は、国際単位系 (SI) の長さの単位で、1000 メートルに等しい。 km の記号は、長さのSI基本単位であるメートル m に 103 倍を表すSI接頭辞であるキロ k を付けたものである。 ヘクトメートル ≪ キロメートル ≪ メガメートル.

新しい!!: アテン (小惑星)とキロメートル · 続きを見る »

キログラム

ラム(kilogram, kilogramme, 記号: kg)は、国際単位系 (SI) における質量の基本単位である。国際キログラムともいう。 グラム (gram / gramme) はキログラムの1000分の1と定義される。またメートル系トン (tonne) はキログラムの1000倍(1メガグラム)に等しいと定義される。 単位の「k」は小文字で書く。大文字で「Kg」と表記してはならない。.

新しい!!: アテン (小惑星)とキログラム · 続きを見る »

キログラム毎立方メートル

ラム毎立方メートル(キログラムまいりっぽうメートル、記号:kg/m³, kg m-3)は、国際単位系(SI)及び計量法における密度の単位である。1キログラム毎立方メートルは、1立方メートルにつき1キログラムの密度と定義される。 水の最大密度は、3.984 ℃において 999.974 95 kg/m³である。 他の密度の単位との換算は以下のようになる。.

新しい!!: アテン (小惑星)とキログラム毎立方メートル · 続きを見る »

熱力学温度

熱力学温度(ねつりきがくおんど、)熱力学的温度(ねつりきがくてきおんど)とも呼ばれる。は、熱力学に基づいて定義される温度である。 国際量体系 (ISQ) における基本量の一つとして位置付けられ、次元の記号としてサンセリフローマン体の が用いられる。また、国際単位系 (SI) における単位はケルビン(記号: K)が用いられる。熱力学や統計力学に関する文献やそれらの応用に関する文献では、熱力学温度の意味で温度 という言葉を使うことが多い。 熱力学温度は平衡熱力学における基本的要請を満たすように定義される示強変数であり、そのような温度は一つに限らない。 熱力学温度が持つ基本的な性質の一つとして普遍性がある。具体的な物質の熱膨張などを基準として定められる温度は、選んだ物質に固有の性質をその定義に含んでしまい、特殊な状況を除いて温度の取り扱いが煩雑になる。熱力学温度はシャルルの法則や熱力学第二法則のような物質固有の性質に依存しない法則に基づいて定められるため、物質の選択にまつわる困難を避けることができる。 熱力学温度が持つもう一つの基本的な性質として、下限の存在が挙げられる。熱力学温度の下限は実現可能な熱力学的平衡状態熱力学や統計力学に関する文献では単に平衡状態と呼ばれることが多い。を決定する。この熱力学温度の下限は絶対零度と呼ばれる。 統計力学の分野においては逆温度が定義されしばしば熱力学温度に代わって用いられる。逆温度 は(理想気体温度の意味での)熱力学温度 に反比例する ことが知られ( はボルツマン定数)、このことが の名前の由来となっている。 また統計力学では「絶対零度を下回る」温度として負温度が導入されるが、負温度は熱力学や平衡統計力学の意味での温度とは異なる概念である。熱力学で用いられる通常の温度は平衡状態の系を特徴づける物理量だが、負温度は反転分布の実現するような非平衡系や系のエネルギーに上限が存在するような特殊な系を特徴づける量である。負温度はある種の非平衡系に対してカノニカル分布を拡張した際に、この分布に対する逆温度の逆数(をボルツマン定数で割ったもの)として定義され、負の値をとる。すなわち、負の逆温度 に対し負温度 は という関係が成り立つように定められる。この関係は通常の(正の)温度と逆温度の関係をそのまま非平衡系に対して適用したものとなっている。しかしながらその元となる逆温度と温度の対応関係は、統計力学で定義される諸々の熱力学ポテンシャルが熱力学で定義されたものと(漸近的に)一致するという要請から導かれるものであり、負温度が実現する系において同様の関係が成り立つと考える必然性はない。 熱力学温度はしばしば絶対温度(ぜったいおんど、absolute temperature)とも呼ばれる。多くの場合、熱力学温度と絶対温度は同義であるが、「絶対温度」という言葉の用法はまちまちであり「カルノーの定理や理想気体の状態方程式から定義できる自然な温度」を指すこともあれば、「温度単位としてケルビンを選んだ場合の温度」ないし「絶対零度を基準点とする温度」のようなより限定された意味で用いられることもある。 気体分子運動論によれば分子が持つ運動エネルギーの期待値は絶対零度において 0 となる。このとき、分子の運動は完全に停止していると考えられる。しかしながら、極低温の環境において古典力学に基づく運動論は完全に破綻するため、そのような古典的な描像は意味を持たない。.

新しい!!: アテン (小惑星)と熱力学温度 · 続きを見る »

軌道長半径

軌道長半径(きどうちょうはんけい、英語:semi-major axis)とは、幾何学において楕円や双曲線のパラメータを表す数である。.

新しい!!: アテン (小惑星)と軌道長半径 · 続きを見る »

1976年

記載なし。

新しい!!: アテン (小惑星)と1976年 · 続きを見る »

1月7日

1月7日(いちがつなのか)はグレゴリオ暦で年始から7日目に当たり、年末まであと358日(閏年では359日)ある。誕生花はチューリップ(白)。.

新しい!!: アテン (小惑星)と1月7日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »