ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

アダム・スミス

索引 アダム・スミス

アダム・スミス(Adam Smith、1723年6月5日 - 1790年7月17日)は、イギリスの哲学者、倫理学者、経済学者である。スコットランド生まれ。主著に倫理学書『道徳感情論』(1759年)と経済学書『国富論』(1776年)がある。.

104 関係: 労働価値説力学古典的自由主義古典派経済学天文学家庭教師人間本性論ミルトン・フリードマンマレー・ロスバードノーム・チョムスキーバーナード・デ・マンデヴィルポール・クルーグマンルートヴィヒ・フォン・ミーゼスヴォルテールトマス・リードトマス・ロバート・マルサストーマス・ホジスキンヘンリー・ジョージヘンリー・スコット (第3代バクルー公爵)デヴィッド・リカードデイヴィッド・ヒュームフランシス・ハッチソンフランスフランソワ・ケネーフリードリヒ・ハイエクフレデリック・バスティアフーゴー・グローティウスファイフベリオール・カレッジ (オックスフォード大学)分業アメリカ合衆国建国の父アリストテレスアンリ・ド・サン=シモンアダム・スミス大学アイン・ランドアイザック・ニュートンイギリスエディンバラエディンバラ大学エドマンド・バークオックスフォード大学オックスフォード大学の人物一覧カール・マルクスグラスゴー大学ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルジャン=バティスト・セイジャン=ジャック・ルソージャック・テュルゴージョン・メイナード・ケインズジョン・ロック...スイススコットランド哲学者啓蒙思想公平な観察者国富論倫理学石川暎作神経科学絶対優位経済学者道徳情操論道徳感覚学派行動経済学西洋哲学見えざる手論理学貨幣経済近代経済学自由市場自然哲学自然科学自然法法学文学政治哲学1632年1645年1683年1694年1715年1723年1727年1740年1746年1748年1750年1751年1752年1759年1763年1766年1771年1774年1776年1778年1781年1787年1790年1795年1895年18世紀6月5日7月17日 インデックスを展開 (54 もっと) »

労働価値説

労働価値説(ろうどうかちせつ、labour theory of value)とは、人間の労働が価値を生み、労働が商品の価値を決めるという理論。アダム・スミス、デヴィッド・リカードを中心とする古典派経済学の基本理論として発展し、カール・マルクスに受け継がれた。.

新しい!!: アダム・スミスと労働価値説 · 続きを見る »

力学

力学(りきがく、英語:mechanics)とは、物体や機械(machine)の運動、またそれらに働く力や相互作用を考察の対象とする学問分野の総称である。物理学で単に「力学」と言えば、古典力学またはニュートン力学のことを指すことがある。 自然科学・工学・技術の分野で用いられることがある言葉であるが、社会集団や個人の間の力関係のことを比喩的に「力学」と言う場合もある。.

新しい!!: アダム・スミスと力学 · 続きを見る »

古典的自由主義

古典的自由主義(こてんてきじゆうしゅぎ、)は、個人の自由と小さな政府を強調する思想であり、伝統的自由主義、レッセフェール自由主義Ian Adams, Political Ideology Today (Manchester: Manchester University Press, 2001), 20.

新しい!!: アダム・スミスと古典的自由主義 · 続きを見る »

古典派経済学

古典派経済学(こてんはけいざいがく、classical political economy)とは、労働価値説を理論的基調とする経済学の総称である。18世紀後半からスミス、マルサス、リカード、ミルといったイギリスの経済学者によって発展されたため、イギリス古典派経済学とも呼ばれる。 経済学史上初の主流派経済学であったが、1870年代に誕生した新古典派経済学によって論駁され、主流派の座から退いた。 マルクス経済学は古典派経済学を継承しており、マルクスも古典派経済学者に分類されることがある。.

新しい!!: アダム・スミスと古典派経済学 · 続きを見る »

天文学

星空を観察する人々 天文学(てんもんがく、英:astronomy, 独:Astronomie, Sternkunde, 蘭:astronomie (astronomia)カッコ内は『ラランデ歴書』のオランダ語訳本の書名に見られる綴り。, sterrenkunde (sterrekunde), 仏:astronomie)は、天体や天文現象など、地球外で生起する自然現象の観測、法則の発見などを行う自然科学の一分野。主に位置天文学・天体力学・天体物理学などが知られている。宇宙を研究対象とする宇宙論(うちゅうろん、英:cosmology)とは深く関連するが、思想哲学を起源とする異なる学問である。 天文学は、自然科学として最も早く古代から発達した学問である。先史時代の文化は、古代エジプトの記念碑やヌビアのピラミッドなどの天文遺産を残した。発生間もない文明でも、バビロニアや古代ギリシア、古代中国や古代インドなど、そしてイランやマヤ文明などでも、夜空の入念な観測が行われた。 とはいえ、天文学が現代科学の仲間入りをするためには、望遠鏡の発明が欠かせなかった。歴史的には、天文学の学問領域は位置天文学や天測航法また観測天文学や暦法などと同じく多様なものだが、近年では天文学の専門家とはしばしば天体物理学者と同義と受け止められる。 天文学 (astronomy) を、天体の位置と人間界の出来事には関連があるという主張を基盤とする信念体系である占星術 (astrology) と混同しないよう注意が必要である。これらは同じ起源から発達したが、今や完全に異なるものである。.

新しい!!: アダム・スミスと天文学 · 続きを見る »

家庭教師

家庭教師(かていきょうし)は、家庭で勉強を教える私教師である。.

新しい!!: アダム・スミスと家庭教師 · 続きを見る »

人間本性論

『人間本性論』(にんげんほんせいろん、A Treatise of Human Nature)とは、1739年にイギリスの哲学者デイヴィッド・ヒュームにより書かれた哲学の著作である。『人性論』(じんせいろん)とも。.

新しい!!: アダム・スミスと人間本性論 · 続きを見る »

ミルトン・フリードマン

ミルトン・フリードマン(Milton Friedman、1912年7月31日 - 2006年11月16日)は、アメリカ合衆国の経済学者。古典派経済学とマネタリズム、市場原理主義・金融資本主義を主張しケインズ的総需要管理政策を批判した。ケインズ経済学からの転向者。共和党支持者。1976年、ノーベル経済学賞受賞。リバタリアンのフリードリヒ・ハイエクを信奉した。.

新しい!!: アダム・スミスとミルトン・フリードマン · 続きを見る »

マレー・ロスバード

マレー・ロスバード(Murray Newton Rothbard, 、1926年3月2日 - 1995年1月7日)は、アメリカ合衆国の経済学者、歴史学者、政治哲学者。 オーストリア学派の経済学者であり、アメリカ合衆国のリバタリアニズムの形として「無政府資本主義」と名付けた自由市場アナキズムの理論体系を提唱した事で知られる。著書は20冊を超え、アメリカ合衆国のリバタリアニズム運動の中心的重要人物とみなされている。.

新しい!!: アダム・スミスとマレー・ロスバード · 続きを見る »

ノーム・チョムスキー

イヴラム・ノーム・チョムスキー(、1928年12月7日 - )は、アメリカ合衆国の哲学者, by Zoltán Gendler Szabó, in Dictionary of Modern American Philosophers, 1860–1960, ed.

新しい!!: アダム・スミスとノーム・チョムスキー · 続きを見る »

バーナード・デ・マンデヴィル

バーナード・デ・マンデヴィル(Bernard de Mandeville、1670年11月20日(洗礼日) - 1733年1月21日)は、オランダ生まれのイギリスの精神科医で思想家(風刺、散文)である。主著『蜂の寓話――私悪すなわち公益』(原題 The Fables of the Bees: or, Private Vices, Public Benefits )は、多くの思想家に影響を与え、思想史、経済史などで重要な位置を占める。マンデヴィルは、イギリス文学史でも18世紀の代表的な散文家のなかに名前をつらねている。.

新しい!!: アダム・スミスとバーナード・デ・マンデヴィル · 続きを見る »

ポール・クルーグマン

ポール・クルーグマン(Paul Robin Krugman、1953年2月28日 - )は、アメリカの経済学者、コラムニスト。ニューヨーク市立大学大学院センター(CUNY)教授。 2008年度ノーベル経済学賞受賞。.

新しい!!: アダム・スミスとポール・クルーグマン · 続きを見る »

ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス

ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス(Ludwig Heinrich Edler von Mises、1881年9月29日 - 1973年10月10日)は、オーストリア=ハンガリー帝国出身の経済学者であり、現代自由主義思想に大きな影響を及ぼした。著名な弟子にフリードリヒ・ハイエクがいる。.

新しい!!: アダム・スミスとルートヴィヒ・フォン・ミーゼス · 続きを見る »

ヴォルテール

ヴォルテール(Voltaire)こと、本名フランソワ=マリー・アルエ(François-Marie Arouet、1694年11月21日 - 1778年5月30日)は、フランスの哲学者、文学者、歴史家である。歴史的には、イギリスの哲学者であるジョン・ロックなどとともに啓蒙主義を代表する人物とされる。また、ドゥニ・ディドロやジャン・ル・ロン・ダランベールなどとともに百科全書派の学者の一人として活躍した。ボルテールと表記されることもある。 パリの公証人の子。姓は“アルーエ”とも表記される。Voltaireという名はペンネームのようなもので、彼の名のArouetをラテン語表記した"AROVET LI" のアナグラムの一種、「ヴォロンテール」(意地っぱり)という小さい頃からの渾名(あだな)をもじった等、諸説ある。.

新しい!!: アダム・スミスとヴォルテール · 続きを見る »

トマス・リード

トマス・リード トマス・リード(Thomas Reid、1710年4月26日 - 1796年10月7日)は、スコットランドの哲学者であり、スコットランド常識学派の創始者である。1752年から1763年までアバディーン大学のキングズ・カレッジ哲学教授を務めた。.

新しい!!: アダム・スミスとトマス・リード · 続きを見る »

トマス・ロバート・マルサス

トマス・ロバート・マルサス(Thomas Robert Malthus、1766年2月14日 - 1834年12月23日)は、イングランドのサリー州ウットン出身の経済学者。古典派経済学を代表する経済学者で、過少消費説、有効需要論を唱えた人物として知られる。.

新しい!!: アダム・スミスとトマス・ロバート・マルサス · 続きを見る »

トーマス・ホジスキン

トーマス・ホジスキン(Thomas Hodgskin、1787年12月12日 - 1869年8月21日)は、イギリスの社会思想家、評論家。.

新しい!!: アダム・スミスとトーマス・ホジスキン · 続きを見る »

ヘンリー・ジョージ

ヘンリー・ジョージ(Henry George、1839年9月2日 - 1897年10月29日)はアメリカ合衆国の作家、政治家、政治経済学者。私的所有をベースとしながらも、自然とりわけ土地は人類の共有財産との考えに基づき、諸税を廃止し地価税への一本化(土地単税)を図る、ジョージズムの提唱者としても知られる。主著は『』(1879年)。.

新しい!!: アダム・スミスとヘンリー・ジョージ · 続きを見る »

ヘンリー・スコット (第3代バクルー公爵)

3代バクルー公爵および第5代クイーンズベリー公爵ヘンリー・スコット(Henry Scott, 3rd Duke of Buccleuch and 5th Duke of Queensberry、1746年9月2日 - 1812年1月11日)は、イギリス(スコットランド貴族)の貴族。ガーター勲章勲爵士(KG)、アザミ勲章勲爵士(KT)、フェロー(FRSE)。.

新しい!!: アダム・スミスとヘンリー・スコット (第3代バクルー公爵) · 続きを見る »

デヴィッド・リカード

デヴィッド・リカード(、1772年4月19日 - 1823年9月11日)は、自由貿易を擁護する理論を唱えたイギリスの経済学者。各国が比較優位に立つ産品を重点的に輸出する事で経済厚生は高まる、とする「比較生産費説」を主張した。スミス、マルクス、ケインズと並ぶ経済学の黎明期の重要人物とされるが、その中でもリカードは特に「近代経済学の創始者」として評価されている。.

新しい!!: アダム・スミスとデヴィッド・リカード · 続きを見る »

デイヴィッド・ヒューム

デイヴィッド・ヒューム(David Hume、ユリウス暦1711年4月26日(グレゴリオ暦5月7日) - 1776年8月25日)は、イギリス・スコットランド・エディンバラ出身の哲学者である。ジョン・ロック、ジョージ・バークリーらに続き英語圏の経験論を代表する哲学者であり、歴史学者、政治哲学者でもある。生涯独身を通し子供もいなかった。.

新しい!!: アダム・スミスとデイヴィッド・ヒューム · 続きを見る »

フランシス・ハッチソン

フランシス・ハッチソン(ハチソンとも、Francis Hutcheson、1694年 – 1746年)は、アイルランド出身のスコットランド(イギリス)の哲学者。スコットランド啓蒙思想の祖であり、ジョン・ロックに影響を受けつつ、「道徳感覚理論」(モラルセンス理論、Moral sense thory)を大成したので、道徳感覚学派(モラルセンス学派)の主要な1人にも列せられる。 後にベンサムが功利主義と共に広めた倫理学上の概念・原理である「最大多数の最大幸福」は、元々はハッチソン等が使っていたものである。 スコットランド常識学派に大きな影響を与えた。.

新しい!!: アダム・スミスとフランシス・ハッチソン · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: アダム・スミスとフランス · 続きを見る »

フランソワ・ケネー

フランソワ・ケネー(François Quesnay、1694年6月4日 - 1774年12月16日)は、フランスの医師・重農主義(フィジオクラシー)の経済学者。 1758年に、重農主義の考え方の基礎を提供した"Tableau économique"(『経済表』)を出版したことで知られる。これは、分析的手法で経済活動についての説明を試みる、恐らくは最初の活動であり、経済思想への最初の重要な貢献の1つと見ることができる。 1718年外科医となり、1749年からは宮廷医師としてヴェルサイユ宮殿で暮らした。1752年貴族に列せられるが、50歳代で経済学の研究を志し、土地所有者の資金を農業に投入し、その生産力を高めることが重要であるという観点から『経済表』を発表し、重農主義経済学の祖と仰がれた。ケネーの経済表のアプローチは、マルクスの再生産表式、ワルラスの一般均衡理論、ケインズの有効需要の原理、レオンチェフの産業連関表、ミルトン・フリードマンとアンナ・シュワルツの貨幣供給理論に受け継がれた。.

新しい!!: アダム・スミスとフランソワ・ケネー · 続きを見る »

フリードリヒ・ハイエク

フリードリヒ・アウグスト・フォン・ハイエク(Friedrich August von Hayek 、1899年5月8日 - 1992年3月23日)は、オーストリア・ウィーン生まれの経済学者、哲学者。オーストリア学派の代表的学者の一人であり、経済学、政治哲学、法哲学、さらに心理学にまで渡る多岐な業績を残した。20世紀を代表する自由主義の思想家。ノーベル経済学賞の受賞者。ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインは母方の従兄にあたる。.

新しい!!: アダム・スミスとフリードリヒ・ハイエク · 続きを見る »

フレデリック・バスティア

フレデリック・バスティア(Frédéric Bastiat, 1801年6月30日 - 1850年12月24日)は、フランスの経済学者。.

新しい!!: アダム・スミスとフレデリック・バスティア · 続きを見る »

フーゴー・グローティウス

フーゴー・グローティウス(Hugo de Groot, Huig de Groot、Hugo Grotius、1583年4月10日 - 1645年8月28日)は、オランダの法学者。フランシスコ・デ・ヴィトーリア、とともに、自然法に基づく国際法の基礎を作ったことから、「国際法の父」と称される。哲学者、劇作家、詩人でもあり、著書として『自由海論』、『戦争と平和の法』などがある。かつてオランダで発行されていた10ギルダー紙幣に肖像が使用されていた。グローティウス (Grotius) はラテン語名であり、オランダ語フルネーム Hugo (Huig) de Groot の読みはヒュホー(ホイフ).

新しい!!: アダム・スミスとフーゴー・グローティウス · 続きを見る »

ファイフ

ファイフ(英語:Fife, スコットランド・ゲール語:Fìobh)は、スコットランドの行政区画の一つ。テイ湾とフォース湾の間に位置する。パース・キンロス、クラックマナンシャイアに接する。かつてはピクト人の王国フィブ(Fib)があり、スコットランドでは今も『ファイフ王国』として知られている。総面積1,325平方キロメートル。人口358,900人(2006年)。行政中心地はグレンロス。1996年までは、スコットランド地方議会によってダンファームリン、カークカルディー、ノース・イースト・ファイフの3つに分割されていた。歴史的な町セント・アンドルーズはファイフ東岸にある。中世からつづくセント・アンドルーズ大学 (スコットランド)と、ゴルフの聖地として有名である。.

新しい!!: アダム・スミスとファイフ · 続きを見る »

ベリオール・カレッジ (オックスフォード大学)

ベリオール・カレッジ(Balliol College)は、1263年に設立された、オックスフォード大学を構成するカレッジのひとつ。 このカレッジの卒業生には、3人の首相経験者(ハーバート・ヘンリー・アスキス(ベリオールを「努力不要な優越のもの静かな意識(the tranquil consciousness of an effortless superiority」)と描写したことがある人)、ハロルド・マクミラン、エドワード・ヒース)、5人のノーベル賞受賞者、大勢の文学者や写真家がいる。 政治経済学者アダム・スミスが、おそらく、最もよく知られた卒業生である。 最も人気があるカレッジで、2005年度は入寮希望者が全39カレッジの中で最多だった。伝統的に、学部生の政治活動が盛んである。 また皇太子徳仁親王妃雅子が外務省職員時代に留学している。.

新しい!!: アダム・スミスとベリオール・カレッジ (オックスフォード大学) · 続きを見る »

分業

分業(ぶんぎょう、英:division of labor)とは、複数の人員が役割を分担して財(モノ)の生産を行うことである。もともとは経済学の用語であったが、現代では幅広く社会関係全般に適用して使われている。.

新しい!!: アダム・スミスと分業 · 続きを見る »

アメリカ合衆国建国の父

Howard Chandler Christy. アメリカ合衆国独立宣言。起草した5人が提出しているところ。この絵は現在の2ドル札の裏に使われている。http://www.americanrevolution.org/deckey.html americanrevolution.org Key to Trumbull's picture アメリカ合衆国建国の父(アメリカがっしゅうこくけんこくのちち、ファウンディング・ファーザーズ、Founding Fathers of the United States of America)とは、アメリカ合衆国独立宣言またはアメリカ合衆国憲法に署名した政治的指導者、あるいは愛国者達の指導者としてアメリカ独立戦争に関わった者達である。.

新しい!!: アダム・スミスとアメリカ合衆国建国の父 · 続きを見る »

アリストテレス

アリストテレス(アリストテレース、Ἀριστοτέλης - 、Aristotelēs、前384年 - 前322年3月7日)は、古代ギリシアの哲学者である。 プラトンの弟子であり、ソクラテス、プラトンとともに、しばしば「西洋」最大の哲学者の一人とされ、その多岐にわたる自然研究の業績から「万学の祖」とも呼ばれる。特に動物に関する体系的な研究は古代世界では東西に類を見ない。イスラーム哲学や中世スコラ学、さらには近代哲学・論理学に多大な影響を与えた。また、マケドニア王アレクサンドロス3世(通称アレクサンドロス大王)の家庭教師であったことでも知られる。 アリストテレスは、人間の本性が「知を愛する」ことにあると考えた。ギリシャ語ではこれをフィロソフィア()と呼ぶ。フィロは「愛する」、ソフィアは「知」を意味する。この言葉がヨーロッパの各国の言語で「哲学」を意味する言葉の語源となった。著作集は日本語版で17巻に及ぶが、内訳は形而上学、倫理学、論理学といった哲学関係のほか、政治学、宇宙論、天体学、自然学(物理学)、気象学、博物誌学的なものから分析的なもの、その他、生物学、詩学、演劇学、および現在でいう心理学なども含まれており多岐にわたる。アリストテレスはこれらをすべてフィロソフィアと呼んでいた。アリストテレスのいう「哲学」とは知的欲求を満たす知的行為そのものと、その行為の結果全体であり、現在の学問のほとんどが彼の「哲学」の範疇に含まれている立花隆『脳を究める』(2001年3月1日 朝日文庫)。 名前の由来はギリシア語の aristos (最高の)と telos (目的)から 。.

新しい!!: アダム・スミスとアリストテレス · 続きを見る »

アンリ・ド・サン=シモン

ン=シモン伯爵クロード・アンリ・ド・ルヴロワ(Claude Henri de Rouvroy、Comte de Saint-Simon、1760年10月17日 - 1825年5月19日)は、フランスの社会主義思想家。.

新しい!!: アダム・スミスとアンリ・ド・サン=シモン · 続きを見る »

アダム・スミス大学

アダム・スミス大学(アダム・スミスだいがく、Adam Smith University)は、アメリカ合衆国の通信教育大学である。.

新しい!!: アダム・スミスとアダム・スミス大学 · 続きを見る »

アイン・ランド

アイン・ランド(Ayn Rand、/ˈaɪn ˈrænd/;、1905年2月2日 - 1982年3月6日)は、ロシア系アメリカ人の小説家、思想家、劇作家、映画脚本家である。本名アリーサ・ジノヴィエヴナ・ローゼンバウム(Алиса Зиновьевна Розенбаум)。2つのベストセラー小説『水源』(The Fountainhead)および『肩をすくめるアトラス』(Atlas Shrugged)で知られる。また自ら「オブジェクティビズム」と名付けた思想体系の創出者としても知られる。ロシアで生まれロシアで教育を受け、1926年にアメリカ合衆国に移住した。ハリウッドで映画脚本家として働き、劇作品の一つは1935年から1936年までブロードウェイで上演された。初期の小説2作品は当初それほど評判にならなかったが、小説『水源』(The Fountainhead、1943年)で名声を得た。 1957年には代表作の小説『肩をすくめるアトラス』(Atlas Shrugged)を出版。その後は自らの思想を伝播するノンフィクションに転向した。自ら雑誌を刊行し、いくつかのエッセー集を発表し、1982年に死去した。ランドは理性を知識を得る唯一の手段として擁護し、信仰や宗教を拒絶した。合理的かつ倫理的なエゴイズムを支持し、倫理的利他主義を拒絶した。政治においてはInitiation of Force(自分の側からの強制力の行使)を非難し、集産主義および国家主義に反対した。また無政府主義にも反対した。最小国家主義および自由放任資本主義を、個人の権利を守る唯一の社会システムと信じ、支持した。芸術においてはロマン主義的写実主義を唱道した。一部のアリストテレス派哲学者や古典的自由主義を除き、ほとんどの思想家および思想的伝統を辛辣に批判した。 文芸評論の世界では、ランドのフィクションはほとんど認められていない。アカデミズムの世界では、ランドの思想はほぼ無視または否認されている。オブジェクティビズム運動は、ランドの思想を一般およびアカデミズム界に広めることを目指す運動である。リバタリアンおよびアメリカ保守主義者の間では、ランドは大きな影響力を持ち続けている; 。.

新しい!!: アダム・スミスとアイン・ランド · 続きを見る »

アイザック・ニュートン

ウールスソープの生家 サー・アイザック・ニュートン(Sir Isaac Newton、ユリウス暦:1642年12月25日 - 1727年3月20日、グレゴリオ暦:1643年1月4日 - 1727年3月31日ニュートンの生きていた時代のヨーロッパでは主に、グレゴリオ暦が使われ始めていたが、当時のイングランドおよびヨーロッパの北部、東部ではユリウス暦が使われていた。イングランドでの誕生日は1642年のクリスマスになるが、同じ日がグレゴリオ暦では1643年1月4日となる。二つの暦での日付の差は、ニュートンが死んだときには11日にも及んでいた。さらに1752年にイギリスがグレゴリオ暦に移行した際には、3月25日を新年開始の日とした。)は、イングランドの自然哲学者、数学者、物理学者、天文学者。 主な業績としてニュートン力学の確立や微積分法の発見がある。1717年に造幣局長としてニュートン比価および兌換率を定めた。ナポレオン戦争による兌換停止を経て、1821年5月イングランド銀行はニュートン兌換率により兌換を再開した。.

新しい!!: アダム・スミスとアイザック・ニュートン · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: アダム・スミスとイギリス · 続きを見る »

エディンバラ

|name.

新しい!!: アダム・スミスとエディンバラ · 続きを見る »

エディンバラ大学

ンバラ大学(University of Edinburgh)は、1583年に設立された、英国で6番目に長い歴史を有する大学である(「Ancient University」の1つ)。キャンパスはスコットランドの首都エジンバラにあり、ユネスコの世界遺産に登録されている旧市街の多くの建物がエジンバラ大学の所有物である。スコットランドで4番目に古い大学であり、スコットランドにある最高学府のうち最高峰とされている。QS世界大学ランキング2019では世界18位、英国5位、スコットランド1位であり、世界トップクラスの研究大学とされている。スコットランドの大学としてラッセルグループに所属しているのは当大学とグラスゴー大学のみであり、ヨーロッパの大学の提携組織であるコインブラ・グループ、ヨーロッパ研究大学連盟 (LERU) に加盟していることも特徴である。また、アイビーリーグやU15など米国やカナダの高等教育機関とも歴史的に深いつながりがあり、現在まで学術交流を盛んに行っている。 エジンバラ大学は啓蒙時代に優れた人材が輩出し、エジンバラは北のアテネと呼ばれるまでになった。主な卒業生として、物理学者ジェームズ・クラーク・マクスウェル、哲学者デイヴィッド・ヒューム、数学者トーマス・ベイズ、第74代英国首相ゴードン・ブラウン、医学者ジョゼフ・リスター、小説家アーサー・コナン・ドイル、小説家ウォルター・スコット、発明家アレクサンダー・グラハム・ベル、タンザニア初代首相ジュリウス・ニエレレなどがいる。また、中退ではあるが自然科学者チャールズ・ダーウィンも通っていた。エディンバラ大学はこれまで21名のノーベル賞受賞者とアーベル賞受賞者を1名を出している。英国王室とのつながりも深く、これまでにエディンバラ公爵フィリップや アン王女が総長についている。また、2003年にはスコットランドの大学として初めてフェアトレード賞を受賞した。.

新しい!!: アダム・スミスとエディンバラ大学 · 続きを見る »

エドマンド・バーク

ドマンド・バーク(Edmund Burke、1729年1月12日 - 1797年7月9日)は、アイルランド生まれのイギリスの政治思想家、哲学者、政治家。「保守主義の父」として知られる。ダブリンで富裕なアイルランド国教会信徒の家庭に生まれ、1765年から1794年までイギリス庶民院(下院)議員を務めた。 トーリー党(後の保守党)に対するホイッグ党(後の自由党)の幹部を務めたため、バークを保守主義者ではなく自由主義者に分類する説もある。アメリカ独立革命運動を支持した一方、その後のフランス革命には反対した。反フランス革命の立場をとったので、彼はホイッグ党の保守派派閥の中で率先者となった。彼はこれを「旧ホイッグ」と呼び、チャーリー・ジェームズ率いるフランス革命支持派の「新ホイッグ」に反対した。 主著は1790年の『フランス革命の省察』(原題:Reflections on the Revolution in France)であり、この本は保守主義のバイブルとされる。フランス革命を全否定して、ジャコバン派の完全追放のため、革命フランスを軍事力で制圧する対仏戦争を主導した。また文壇に出るきっかけとなった論文の『崇高と美の観念の起源』は、英国で最初に美学を体系化したものとして有名である。ここでは「崇高美」というひとつの美意識が定義されている。 政治家としては、絶対王政を批判し、議会政治を擁護した。議会における「国民代表」の理念を提唱したり、近代政治政党の定義づけをおこない、近代政治哲学を確立した。文章家・演説家でもあり、バークの著作は今日でも英文学に重要な位置を占めており、イギリスの国会議員にはバークで演説を訓練するものが多い。.

新しい!!: アダム・スミスとエドマンド・バーク · 続きを見る »

オックスフォード大学

ックスフォード大学 (University of Oxford) は、イギリスの大学都市、オックスフォードに所在する総合大学である。11世紀の末に大学の礎が築かれていることから、現存する大学としては世界で3番目に古く、英語圏では最古の大学である。また、ハーバード大学、ケンブリッジ大学、シカゴ大学等と並び、各種の世界大学ランキングで常にトップレベルの優秀な大学として評価される世界有数の名門大学である。2016年、2017年THE世界大学ランキングで世界1位の大学に2年連続で選ばれた。 イギリス伝統のカレッジ制を特徴とする大学である。貴族の大学としても有名である。 世界中の指導的政治家を輩出しており、テリーザ・メイ現首相、デーヴィッド・キャメロン前首相、トニー・ブレア元首相、マーガレット・サッチャー元首相など27人のイギリス首相、30人以上の各国元首らがオックスフォード大学出身である。さらに、50人以上のノーベル賞受賞者、6人のイギリス国王、150人以上のオリンピックメダリストなどを輩出している。また、皇太子徳仁親王、皇太子妃雅子、秋篠宮文仁親王ら、日本の皇族の留学先としても知られている。 ちなみに「オックスブリッジ」として並び称されるケンブリッジ大学の形成は、この大学に所属していた多くの教師と学生が1209年にケンブリッジに移住したことに端を発する。.

新しい!!: アダム・スミスとオックスフォード大学 · 続きを見る »

オックスフォード大学の人物一覧

ックスフォード大学の人物一覧(オックスフォードだいがくのじんぶついちらん)は、オックスフォード大学の教員・卒業生等の一覧である。.

新しい!!: アダム・スミスとオックスフォード大学の人物一覧 · 続きを見る »

カール・マルクス

ール・ハインリヒ・マルクス(Karl Heinrich Marx, 1818年5月5日 - 1883年3月14日)は、ドイツ・プロイセン王国出身の哲学者、思想家、経済学者、革命家。1845年にプロイセン国籍を離脱しており、以降は無国籍者であった。1849年(31歳)の渡英以降はイギリスを拠点として活動した。 フリードリヒ・エンゲルスの協力を得ながら、包括的な世界観および革命思想として科学的社会主義(マルクス主義)を打ちたて、資本主義の高度な発展により共産主義社会が到来する必然性を説いた。ライフワークとしていた資本主義社会の研究は『資本論』に結実し、その理論に依拠した経済学体系はマルクス経済学と呼ばれ、20世紀以降の国際政治や思想に多大な影響を与えた。.

新しい!!: アダム・スミスとカール・マルクス · 続きを見る »

グラスゴー大学

ラスゴー大学(英語:The University of Glasgow、ラテン語:Universitas Glasguensis)は、スコットランドのグラスゴー市に本部を置くイギリスの大学である。1451年に設置された。500年以上の歴史を有する英語圏最古の大学の一つであり、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学と並ぶアンシャン・ユニヴァシティー(古代の大学)に属する大学。 中世から高位聖職者を輩出し、近世では、蒸気機関の発明や電力単位のワット(W)で知られるジェームズ・ワット、経済学の祖であり国富論を著したアダム・スミス、物理学者のウィリアム・トムソン(ケルヴィン卿)など歴史上の重要人物も多く輩出している。また、日本の産業発展に貢献すべく創設された工部大学校(東京大学工学部の前身)で教鞭を執ったヘンリー・ダイアーも本学の出身である。近代に入ると、世界各国からエリート層が留学して来るようになり、母国で政治家や科学者となって国家に貢献した卒業生も多い。日本からの留学生も帰国後に名声を得たものが多く、著名人としては化学者の高峰譲吉、ニッカの竹鶴政孝(ドラマ「マッサン」モデル)、男爵いもの川田龍吉男爵、三菱財閥の岩崎隆弥、物理学者の田中舘愛橘が挙げられる。 大学は英国のアイビー・リーグとも言われているラッセル・グループの一員で、また国際的に重要な大学から組織されているウニベルジタツ21の創立メンバーの一員でもある。医学、歯学、獣医学の分野では、英国最高峰に位置し、特に医学部はGlasgow Coma Scaleの研究で世界に知られている。また、工学部は英国で最初に設置された工学部(1840年)であり、産業革命で大きな役割を果たした。2007年現在、同大学に関係するノーベル賞受賞者は7名に上る。.

新しい!!: アダム・スミスとグラスゴー大学 · 続きを見る »

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル

ルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(Georg Wilhelm Friedrich Hegel, 1770年8月27日 - 1831年11月14日)は、ドイツの哲学者である。ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ、フリードリヒ・シェリングと並んで、ドイツ観念論を代表する思想家である。18世紀後半から19世紀初頭の時代を生き、領邦分立の状態からナポレオンの侵攻を受けてドイツ統一へと向かい始める転換期を歩んだ。 シュトゥットガルトのヘーゲルハウスにあるポートレイト.

新しい!!: アダム・スミスとゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル · 続きを見る »

ジャン=バティスト・セイ

ャン=バティスト・セイ(Jean-Baptiste Say:、1767年1月5日 - 1832年11月15日)はフランスの経済学者、実業家。古典的自由主義の信奉者であり、競争、自由貿易、および事業上の制約の引き上げに賛成する主張を行った。「供給はそれ自身の需要を創造する」という「セイの法則」で知られる。.

新しい!!: アダム・スミスとジャン=バティスト・セイ · 続きを見る »

ジャン=ジャック・ルソー

ャン=ジャック・ルソー(Jean-Jacques Rousseau、1712年6月28日 - 1778年7月2日)は、フランス語圏ジュネーヴ共和国に生まれ、主にフランスで活躍した哲学者、政治哲学者、作曲家。.

新しい!!: アダム・スミスとジャン=ジャック・ルソー · 続きを見る »

ジャック・テュルゴー

ャック・テュルゴー ローヌ男爵アンヌ=ロベール=ジャック・テュルゴー(Anne-Robert-Jacques Turgot, Baron de Laune, 1727年5月10日 - 1781年3月18日)は、フランス・ブルボン朝の政治家であり、また重農主義経済学者である。彼の経済学の根底にはルソー、モンテスキューと共通する自然法の発想を持つ18世紀の『啓蒙思想家』でもあり、「啓蒙主義経済学者」とも言われる。 テュルゴーの思想はアダム・スミスに強い影響を与えている。 なお、名前は日本語で「チュルゴー」「チュルゴオ」等と表記されることもある。.

新しい!!: アダム・スミスとジャック・テュルゴー · 続きを見る »

ジョン・メイナード・ケインズ

初代ケインズ男爵、ジョン・メイナード・ケインズ(John Maynard Keynes、1st Baron Keynes、1883年6月5日 - 1946年4月21日)は、イギリスの経済学者、官僚、貴族。イングランド、ケンブリッジ出身。20世紀における最重要人物の一人であり、経済学者の代表的存在である。有効需要に基いてケインズサーカスを率いてマクロ経済学を確立させた。また、戦後の外為体制(ブレトン・ウッズ体制)をめぐりハリー・ホワイトと案を出し合った。 経済学の大家アルフレッド・マーシャルの弟子であり、論敵アーサー・セシル・ピグーとは兄弟弟子であった。また、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインやブルームズベリー・グループと交流があったことが有名である。.

新しい!!: アダム・スミスとジョン・メイナード・ケインズ · 続きを見る »

ジョン・ロック

ョン・ロック(John Locke、1632年8月29日 - 1704年10月28日)は、イギリスの哲学者。哲学者としては、イギリス経験論の父と呼ばれ、主著『人間悟性論』(『人間知性論』)において経験論的認識論を体系化した。また、政治哲学者としての側面も非常に有名である。『統治二論』などにおける彼の自由主義的な政治思想は名誉革命を理論的に正当化するものとなり、その中で示された社会契約や抵抗権についての考えはアメリカ独立宣言、フランス人権宣言に大きな影響を与えた。.

新しい!!: アダム・スミスとジョン・ロック · 続きを見る »

スイス

イス連邦(スイスれんぽう)、通称スイスは中央ヨーロッパにある連邦共和制国家。永世中立国であるが、欧州自由貿易連合に加盟しているほかバチカン市国の衛兵はスイス傭兵が務めている。歴史によって、西欧に分類されることもある。 ドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、リヒテンシュタインに囲まれた内陸に位置し、国内には多くの国際機関の本部が置かれている。首都はベルンで、主要都市にチューリッヒ、バーゼル、ジュネーヴ、ローザンヌなど。.

新しい!!: アダム・スミスとスイス · 続きを見る »

スコットランド

ットランド()は、北西ヨーロッパに位置するグレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成するカントリーの一つ。1707年の合同法によってグレートブリテン王国が成立するまでは独立した王国(スコットランド王国)であった。 スコットランドはグレートブリテン島の北部3分の1を占め、本島と別に790以上の島嶼部から構成される。 首都のエディンバラは第2の都市であり、ヨーロッパ最大の金融センターの一つである。最大の都市であるグラスゴーは、人口の40%が集中する。 スコットランドの法制度、教育制度および裁判制度はイングランドおよびウェールズならびに北アイルランドとは独立したものとなっており、そのために、国際私法上の1法域を構成する。スコットランド法、教育制度およびスコットランド教会は、連合王国成立後のスコットランドの文化および独自性の3つの基礎であった。しかしスコットランドは独立国家ではなく、国際連合および欧州連合の直接の構成国ではない。.

新しい!!: アダム・スミスとスコットランド · 続きを見る »

哲学者

哲学者とは、広義に、哲学を研究する者のことである。「哲学者(フィロソファー)」という語は、「知恵を愛する者」を意味する古代ギリシャ語のφιλόσοφος(フィロソフォス)に由来する。ギリシャの思想家ピタゴラスによって導入された。.

新しい!!: アダム・スミスと哲学者 · 続きを見る »

啓蒙思想

啓蒙思想(けいもうしそう、Enlightenment, Lumières, Aufklärung)とは、理性による思考の普遍性と不変性を主張する思想。その主義性を強調して、啓蒙主義(けいもうしゅぎ)とも言う。ヨーロッパ各国語の「啓蒙」にあたる単語を見て分かるように、原義は「光で照らされること(蒙(くら)きを啓(あき)らむ)」である。自然の光(lumen naturale)を自ら用いて超自然的な偏見を取り払い、人間本来の理性の自立を促すという意味。 時代的に先行するルネサンスを引き継ぐ側面もあり、科学革命や近代哲学の勃興とも連動し、一部重複もするが、一般的には専ら(経験論的)認識論、政治思想・社会思想や道徳哲学(倫理学)、文芸活動などを指すことが多い。17世紀後半にイギリスで興り、18世紀のヨーロッパにおいて主流となった。フランスで最も大きな政治的影響力を持ち、フランス革命に影響を与えたとされる。ヨーロッパで啓蒙思想が主流となっていた17世紀後半から18世紀にかけての時代のことを啓蒙時代と言う。.

新しい!!: アダム・スミスと啓蒙思想 · 続きを見る »

公平な観察者

公平な観察者(こうへいなかんさつしゃ)とは、アダム・スミスによる人間観の概念である。これは人間が自己を客観的に見るために自らの胸中に持つ、利害関心を持たない人間である。これによって人間というのは自らを観察者と公平な観察者に分割し、物事を是認か否認かの裁決を下すようになるということである。人間というのは多くの人間と生活を共にしていることから、自分の感情や行為が多くの人間に是認されれば嬉しいもので否定されれば辛いとのこと。ゆえに人間というのは、自分自身が様々な人間の感情や行為を判断し、そして自らが様々な人間に自らの感情や行動を是認あるいは否定され、こうして公平な観察者の判断のあり方を学ぶようになるということである。そうして人間というのは、自分の感情や行為に対して公平な観察者ならばどのような判断を下すかを想像して、公平な観察者が是認するであろうものに合わせるようになるということである。.

新しい!!: アダム・スミスと公平な観察者 · 続きを見る »

国富論

『国富論』(こくふろん)は、1776年に出版されたアダム・スミスの著作である。全2巻、5編で構成されている本書は、近現代における経済学の出発点と位置づけられているだけでなく、社会思想史上の古典とも位置づけられている。 英語で書かれた原著の正式名は An Inquiry into the Nature and Causes of the Wealth of Nations で、日本では『諸国民の富の性質と諸原因についての一研究』や『諸国民の富の本質と原因に関する研究』などと訳される。日本語による全訳本は『国富論』のほか、『富国論』や『諸国民の富』といった題名でも刊行されてきた。.

新しい!!: アダム・スミスと国富論 · 続きを見る »

倫理学

倫理学(りんりがく、Ηθική、ethica、ethics)あるいは道徳哲学(どうとくてつがく、moral philosophy)とは一般に行動の規範となる物事の道徳的な評価を理解しようとする哲学の研究領域の一つである。 法哲学・政治哲学も規範や価値をその研究の対象として持つが、こちらは国家的な行為についての規範(法や正義)を論ずることとなる。ただしこれら二つの学問分野が全く違う分野として扱われるようになったのは比較的最近である。.

新しい!!: アダム・スミスと倫理学 · 続きを見る »

石川暎作

石川 暎作(いしかわ えいさく、安政5年4月20日(1858年6月1日) - 明治19年(1886年)4月27日)は、明治期の大蔵官僚、『東京経済雑誌』編纂者。日本で初めて、アダム・スミスの『国富論』(石川の書名では『富国論』)の全訳出版に着手した。.

新しい!!: アダム・スミスと石川暎作 · 続きを見る »

神経科学

経科学(しんけいかがく、)とは、神経系に関する研究を行う自然科学の一分野である。研究の対象として、神経系の構造、機能、発達、遺伝学、生化学、生理学、薬理学、栄養学および病理学などがある。この分野は生物学の一部門であるが、近年になって生物学のみならず心理学、コンピュータ科学、統計学、物理学、医学など多様な学問分野からの注目を集めるようになった。研究者数の増加も目覚しい。神経科学者の用いる研究手法は近年大幅に増加しており、単一の神経細胞やそれらを構成する物質の組成・動態を調べるものから、思考中の脳内の活動を可視化する技術まで多岐に渡る。 神経科学は脳と心の研究の最先端に位置する。神経系の研究は、人間がどのように外界を知覚し、またそれと相互作用するのかを理解するための基盤となりつつある。 ニューヨーク大学の心理学教授氏は「神経科学という学問には様々な方法論的課題が残っている」、「新聞で一面に大きく記載される様な研究はほとんど出鱈目であり、一流の神経科学者たちの研究は世間の注目を集めることはあまりない」と注意した。.

新しい!!: アダム・スミスと神経科学 · 続きを見る »

絶対優位

もしある国Aが他国Bに比べて効率的に(小さいコストで)財 x を生産できるのであれば、ある国Aは財 x の生産に関して絶対優位(ぜったいゆうい、absolute advantage)を持っていると言う。絶対優位はアダム・スミスによって発見された概念であり、国際貿易において、各国が他国に比べて絶対優位にある分野(生産に必要な投下労働量が他国に比べて小さい)に集中して生産し、その生産された財の一部をお互いに交換(貿易)することで、貿易を行った国それぞれが利益を得ることができるとされる。.

新しい!!: アダム・スミスと絶対優位 · 続きを見る »

経済学者

経済学者(けいざいがくしゃ、)とは、経済の研究をしたり、その結果得られた理論やその体系(経済学)を社会に提言・実践したりする経済の専門家のこと。エコノミストともいう。.

新しい!!: アダム・スミスと経済学者 · 続きを見る »

道徳情操論

『道徳情操論』(どうとくじょうそうろん、The Theory of Moral Sentiments)は、1759年に出版されたアダム・スミスの著作。『道徳感情論』(どうとくかんじょうろん)とも。 主に近代市民社会における、個体として独立している個人が、「共感(sympathy)」をある種の原理として、まとまっていることを述べている。 具体的に言えば、人間は、利己的であり、他人に同調する。 道徳的適切さを指摘した上で、第三者である「公平な観察者」が「同感(sympathy)」でき、当事者は「内なる人」として内面化する。そして、常識(良心)とは、第三者の目で見るということで、「自己規制」しつつ相互行為するものである。そして、これにより、内なる道徳を持つ「フェアプレー」の世界である社会が形成されると主張する。.

新しい!!: アダム・スミスと道徳情操論 · 続きを見る »

道徳感覚学派

道徳感覚学派(どうとくかんかく-がくは、moral sense school)とは、善悪判断に関して、「感覚」(sense、道徳感覚, moral sense)や「感情」(sentiment、道徳感情, moral sentiment)の働きを重視した、18世紀イギリスの倫理学哲学者達の総称。モラルセンス学派とも。 ジョン・ロックに教育を受けた第3代シャフツベリ伯爵に始まり、「道徳感覚理論」(moral sense theory)をまとめ上げたフランシス・ハッチソン、イギリス経験論の末席に列せられるデイヴィッド・ヒューム、そして『道徳感情論』(Theory of Moral Sentiments)を著した古典派経済学の祖・アダム・スミス等がここに含まれる。.

新しい!!: アダム・スミスと道徳感覚学派 · 続きを見る »

行動経済学

行動経済学(こうどうけいざいがく、behavioral economics)とは、経済学の数学モデルに心理学的に観察された事実を取り入れていく研究手法である。 行動経済学は当初は主流派経済学に対する批判的な研究として生まれたが、1990年代以降の急速な発展を経て米国では既に主流派経済学の一部として扱われるようになった。 なお、通常は「行動経済学」といえば第二世代以降の行動経済学(新行動経済学)を指すが、本記事では第一世代の行動経済学(旧行動経済学)についても併せて解説する。.

新しい!!: アダム・スミスと行動経済学 · 続きを見る »

西洋哲学

この項目では、西洋哲学(せいようてつがく)、すなわち西洋で発展した哲学について解説する。.

新しい!!: アダム・スミスと西洋哲学 · 続きを見る »

見えざる手

見えざる手(みえざるて、an invisible hand)とは、アダム・スミスの『国富論』第4編第2章などに現れる言葉である。.

新しい!!: アダム・スミスと見えざる手 · 続きを見る »

論理学

論理学(ろんりがく、)とは、「論理」を成り立たせる論証の構成やその体系を研究する学問である。.

新しい!!: アダム・スミスと論理学 · 続きを見る »

貨幣経済

貨幣経済(かへいけいざい, Monetized Economy)とは、貨幣によって商品の交換を媒介している経済の一形態。.

新しい!!: アダム・スミスと貨幣経済 · 続きを見る »

近代経済学

近代経済学(きんだいけいざいがく、)は、1870年代の「限界革命」以降の経済学体系のうち、マルクス経済学以外の経済学(非マルクス経済学)の総称である田中秀臣・野口旭・若田部昌澄編 『エコノミスト・ミシュラン』 太田出版、2003年、101頁。。この呼称は日本独特のものである。ミクロ経済学とマクロ経済学に大別される。狭義には新古典派経済学、ニュー・ケインジアンの総称として使われることもある。.

新しい!!: アダム・スミスと近代経済学 · 続きを見る »

自由市場

自由市場(じゆうしじょう、free market)はすべての取引が政府や権力による強制で行われるのではなく、望むものが自発的に取引を行う市場を意味する。経済学の概念としては、計画経済の対極に位置する。自由市場という言葉は経済全体を指すだけでなく、より小さな個々の市場を指す場合もある。自由市場の思想の根本には、個々の人間の利益追求を目的とする自由な行動は金銭的かつ社会福祉的利益の点からして最大の結果を産むという考えがある。 自由市場経済では介入が行われる場合も強制を廃し自発的取引を助ける事を目的とする。自由市場経済では、政府は課税を行うが、税収はこのような自発的な市場の円滑的な活動を推進するためのみに用いられる。欧米では自由市場の形態をしばしばレッセフェールというフランス語で表す。 自由市場は、一般的には現代における資本主義および大衆文化と関連づけられるが、市場といった形は社会主義者も提唱しており、市場社会主義といったバリエーションも提案されている 。.

新しい!!: アダム・スミスと自由市場 · 続きを見る »

自然哲学

自然哲学(しぜんてつがく、羅:philosophia naturalis)とは、自然の事象や生起についての体系的理解および理論的考察の総称であり、自然を総合的・統一的に解釈し説明しようとする形而上学である「自然哲学 physica; philosophia naturalis」『ブリタニカ国際大百科事典」。自然学(羅:physica)と呼ばれた。自然、すなわちありとあらゆるものごとのnature(本性、自然 英・仏: nature、Natur)に関する哲学である。しかし同時に人間の本性の分析を含むこともあり、神学、形而上学、心理学、道徳哲学をも含む。自然哲学の一面として、自然魔術(羅:magia naturalis)がある。自然哲学は、学問の各分野の間においても宇宙の様々な局面の間でも、事物が相互に結ばれているという感覚を特徴とする。 現在では、「自然科学」とほぼ同義語として限定された意味で用いられることもあるが、その範囲と意図はもっと広大である。「自然哲学」は、主にルネサンス以降の近代自然科学の確立期から19世紀初頭までの間の諸考察を指すといったほうが良いだろう。自然哲学的な観点が、より専門化・細分化された狭い「科学的な」観点に徐々に取って代わられるのは、19世紀になってからである。 自然哲学の探求者の多くは宗教的な人間であり、抑圧的な宗教者と科学者の戦いという図式ではなかった。世界は「自然という書物」であり、神のメッセージだと考えられていたのである。ヨーロッパでは近代まで、ほとんど全ての科学思想家はキリスト教を信じ実践しており、神学的真実と科学的真実の間の相互連結に疑いはなかった。ジョンズ・ホプキンス大学教授は、科学の探求に無神論的な視点が必要であるという考え方は、20世紀に作られた神話にすぎないと指摘している。.

新しい!!: アダム・スミスと自然哲学 · 続きを見る »

自然科学

自然科学(しぜんかがく、英語:natural science)とは、.

新しい!!: アダム・スミスと自然科学 · 続きを見る »

自然法

自然法(しぜんほう、natural law、Naturrecht、lex naturae、lex naturalis)とは、事物の自然本性(nature、Natur、natura)から導き出される法の総称である。.

新しい!!: アダム・スミスと自然法 · 続きを見る »

法学

法学(ほうがく、jurisprudence、jurisprudence、Rechtswissenschaft, Jurisprudenz、giurisprudenza)とは、法又は法律に関する学問である。法律学ともいう。.

新しい!!: アダム・スミスと法学 · 続きを見る »

文学

ジャン・オノレ・フラゴナール『読書する女』(1772年) 文学(ぶんがく)とは、言語表現による芸術作品のこと。文芸ともいう。それらを研究する学問も文学と称されるが、これについては文芸学で扱う。狭義には、詩・小説・戯曲・随筆・文芸評論などを典型的な文学の例とする。 西洋での文学(、、、、)はラテン語のlittera(文字)及びその派生語litteratura(筆記、文法、教養)を語源とし、現在では主に以下の意味を持つ。.

新しい!!: アダム・スミスと文学 · 続きを見る »

政治哲学

政治哲学(せいじてつがく、Political philosophy)は、政治に関する哲学である。.

新しい!!: アダム・スミスと政治哲学 · 続きを見る »

1632年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1632年 · 続きを見る »

1645年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1645年 · 続きを見る »

1683年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1683年 · 続きを見る »

1694年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1694年 · 続きを見る »

1715年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1715年 · 続きを見る »

1723年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1723年 · 続きを見る »

1727年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1727年 · 続きを見る »

1740年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1740年 · 続きを見る »

1746年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1746年 · 続きを見る »

1748年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1748年 · 続きを見る »

1750年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1750年 · 続きを見る »

1751年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1751年 · 続きを見る »

1752年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1752年 · 続きを見る »

1759年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1759年 · 続きを見る »

1763年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1763年 · 続きを見る »

1766年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1766年 · 続きを見る »

1771年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1771年 · 続きを見る »

1774年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1774年 · 続きを見る »

1776年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1776年 · 続きを見る »

1778年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1778年 · 続きを見る »

1781年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1781年 · 続きを見る »

1787年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1787年 · 続きを見る »

1790年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1790年 · 続きを見る »

1795年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1795年 · 続きを見る »

1895年

記載なし。

新しい!!: アダム・スミスと1895年 · 続きを見る »

18世紀

Jean-Pierre Houëlが描いたバスティーユ襲撃(フランス国立図書館蔵)。 国立マルメゾン城美術館蔵)。 ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵)。 18世紀(じゅうはっせいき)は、西暦1701年から西暦1800年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: アダム・スミスと18世紀 · 続きを見る »

6月5日

6月5日(ろくがついつか)はグレゴリオ暦で年始から156日目(閏年では157日目)にあたり、年末まであと209日ある。誕生花はハマナス、シラン。.

新しい!!: アダム・スミスと6月5日 · 続きを見る »

7月17日

7月17日(しちがつじゅうななにち、しちがつじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から198日目(閏年では199日目)にあたり、年末まであと167日ある。誕生花はハマユウ、アメリカデイゴ。.

新しい!!: アダム・スミスと7月17日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

アダムスミス

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »