ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

アゴタ・クリストフ

索引 アゴタ・クリストフ

アゴタ・クリストフ(Agota Kristof, 1935年10月30日 - 2011年7月27日)は、ハンガリー出身の作家。ハンガリー出身であるため本来の姓名は姓→名の順番でクリシュトーフ・アーゴタ(Kristóf Ágota) となるべきであるが、スイスに居住し主にフランス語で著作を執筆していたため、作家としてはフランス語風の「アゴタ・クリストフ」を名乗っており、日本でもこの名前で紹介されている。 1956年のハンガリー動乱でオーストリアへ脱出し、スイスに定住したために「亡命作家」と見なされがちであるが、本人はハンガリー国籍も保持しており、また出国してから12年後には帰国も果たしているので「亡命作家」と言うよりはむしろ「難民作家」と見なすべきであろう。生計のために、移住先のフランス語で執筆したが、母語であるハンガリー語に対する思い入れと、ハンガリー人としての民族意識は最後まで非常に強かったことは様々なインタビューなどからも読み取れる。.

36 関係: 堀茂樹亡命作家ハンガリーハンガリー動乱ハンガリー王国ヨーロッパ文学のためのオーストリア国家賞ヴァシュ県ヌーシャテルフランス語フランス語圏オーストリアジェール・モション・ショプロン県スイスソンバトヘイ国籍移住白水Uブックス難民早川書房悪童日記10月1日10月30日1935年1956年1986年1988年1991年1993年1994年1995年1998年2005年2008年2011年7月27日

堀茂樹

堀 茂樹(ほり しげき、1952年1月29日- )は、日本のフランス文学・哲学研究者、翻訳家、慶應義塾大学教授。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと堀茂樹 · 続きを見る »

亡命

亡命(ぼうめい)とは、主に政治的な事情により政治家や軍人、学者やスパイなどが他国に逃れることを意味する。また、亡命してきた志士・名士を亡命客と呼ぶ。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと亡命 · 続きを見る »

作家

作家(さっか)とは、芸術や趣味の分野で作品を創作する者のうち作品創作を職業とする者または職業としていない者でも専門家として認められた者をいう。 芸術家に含まれる者の多くはこの意味での作家であるが、職種・肩書きとして、○○作家と呼ぶかどうかは、すでに固有の職業名称が確立しているか否かによる。すなわち伝統的芸術分野では詩人・画家・作曲家・映画監督などの呼称が確立しているため○○作家とは呼ばないが、新しい芸術分野や趣味の分野では、○○作家、○○創作家、○○クリエイターという用い方がされる。ただし伝統的芸術分野においても、○○作家という語を用いる場合がある。 ただ単に「作家」と言った場合、著作家、とくに小説家を指す場合が多い。だが、「作家」という職業は様々に枠が広いため、そう呼称されるのを嫌うものもいる。逆に、小説は書いていないが単に作家と称するケースが多い(猪瀬直樹、麻生千晶など)。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと作家 · 続きを見る »

ハンガリー

ハンガリー(Magyarország)は、中央ヨーロッパの共和制国家。西にオーストリア、スロベニア、北にスロバキア、東にウクライナ、ルーマニア、南にセルビア、南西にクロアチアに囲まれた内陸国。首都はブダペスト。 国土の大部分はなだらかな丘陵で、ドナウ川などに潤される東部・南部の平野部には肥沃な農地が広がる。首都のブダペストにはロンドン、イスタンブールに次いで世界で3番目に地下鉄が開通した。.

新しい!!: アゴタ・クリストフとハンガリー · 続きを見る »

ハンガリー動乱

ハンガリー動乱(ハンガリーどうらん、「1956年革命」)は、1956年にハンガリーで起きたソビエト連邦の権威と支配に対する民衆による全国規模の蜂起を差す。ハンガリー事件、ハンガリー暴動、ハンガリー革命とも。 1956年10月23日、ハンガリーの市民が政府に対して蜂起した。彼らは多くの政府関係施設や区域を占拠し、自分たちで決めた政策や方針を実施しはじめた。ソ連軍は1956年10月23日と停戦をはさんだ1956年11月1日の2回、このような反乱に対して介入した。1957年の1月にはソビエト連邦は新たなハンガリー政府を任命し、ハンガリー人による改革を止めようとした。 蜂起は直ちにソ連軍により鎮圧されたが、その過程で数千人の市民が殺害され、25万人近くの人々が難民となり国外へ逃亡した。ハンガリーでは、この事件について公に議論することは、その後30年間禁止されたが、1980 年代のペレストロイカ政策の頃から再評価が行われた。1989 年に現在のハンガリー第三共和国が樹立された際には、10月23日は祝日に制定された。.

新しい!!: アゴタ・クリストフとハンガリー動乱 · 続きを見る »

ハンガリー王国

ハンガリー王国(ハンガリーおうこく、Magyar Királyság)は、現在のハンガリーを中心とする地域をかつて統治した王国。.

新しい!!: アゴタ・クリストフとハンガリー王国 · 続きを見る »

ヨーロッパ文学のためのオーストリア国家賞

ヨーロッパ文学のためのオーストリア国家賞(ヨーロッパぶんがくのためのオーストリアこっかしょう、Österreichischer Staatspreis für Europäische literatur)は、オーストリアの文学賞である。ヨーロッパの文学が対象で、オーストリア教育文化省(Unterrichtsministerium der Republik Österreich)により授与される。1965年にウィーンで設立。毎年行われ賞金は25,000ユーロ。.

新しい!!: アゴタ・クリストフとヨーロッパ文学のためのオーストリア国家賞 · 続きを見る »

ヴァシュ県

ヴァシュ県の位置 ヴァシュ県(Vas megye)は、ハンガリーの県。県都はソンバトヘイ。人口は約27万人。 ハンガリーの最西部に位置しており、県の西部でオーストリア、スロヴェニアの国境と接している。国内ではジェール・モション・ショプロン県、ヴェスプレーム県、ザラ県と境を接している。 ヴァシュ県は、ハンガリー王国(オーストリア=ハンガリー二重帝国を構成)の時代よりあったが、現在のヴァシュ県より当時の同県の方が広大であった。第一次世界大戦の敗北後、ヴァシュ県の西部はオーストリア領(現在のブルゲンラント州の辺り)になったほか、一部はセルブ・クロアート・スロヴェーヌ王国(ユーゴスラビア王国)に割譲された。そうして残された領土が現在のヴァシュ県である。.

新しい!!: アゴタ・クリストフとヴァシュ県 · 続きを見る »

ヌーシャテル

ヌーシャテル(Neuchâtel )は、スイスのヌーシャテル州の州都である基礎自治体 (コミューン) 。ヌシャテルとも表記され、フランス語での発音はこちらに近い。またドイツ語ではノイエンブルク(Neuenburg )と称される。人口は3万3712人(2015年)。.

新しい!!: アゴタ・クリストフとヌーシャテル · 続きを見る »

フランス語

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、'''フランコフォン''' (francophone) と言う。.

新しい!!: アゴタ・クリストフとフランス語 · 続きを見る »

フランス語圏

フランス語圏(フランスごけん)とは、公用語や準公用語にフランス語が設定され、フランス語がその地域で重要な言語のひとつになっている国・地域の総称。フランスの旧植民地が広がっていたアフリカ西北部に多い。全世界で、1億2300万人が母語として使用し、2億人以上が公用語・第二言語(第一外国語)として使用している。 フランスの地理学者であるオネジム・ルクリュは、自著・『France, Algérie et colonies』(1880年)にて、フランス語の話者を「フランコフォン (francophone)」と、その言語共同体を「フランコフォニー (francophonie)」と、それぞれ呼んだ。ここから転じて現在では、フランス語圏についても「フランコフォニー」と呼ばれることがある。 フランス語は、かつてヨーロッパにおける外交語として広く流通していた実績もある。英語に次ぐ第二外国語として欧米を中心に広く学ばれており、国際連合や国際オリンピック委員会の公用語にも採用されている。世界約50カ国以上で話されている。.

新しい!!: アゴタ・クリストフとフランス語圏 · 続きを見る »

オーストリア

ーストリア共和国(オーストリアきょうわこく、、バイエルン語: )、通称オーストリアは、ヨーロッパの連邦共和制国家。首都は音楽の都といわれたウィーン。 ドイツの南方、中部ヨーロッパの内陸に位置し、西側はリヒテンシュタイン、スイスと、南はイタリアとスロベニア、東はハンガリーとスロバキア、北はドイツとチェコと隣接する。基本的には中欧とされるが、歴史的には西欧や東欧に分類されたこともある。.

新しい!!: アゴタ・クリストフとオーストリア · 続きを見る »

ジェール・モション・ショプロン県

ェール・モション・ショプロン県の位置 ジェール・モション・ショプロン県(Győr-Moson-Sopron megye)は、ハンガリー共和国北西端に位置する県(megye メジェ)。スロバキアとオーストリアに接する。県都はジェール。.

新しい!!: アゴタ・クリストフとジェール・モション・ショプロン県 · 続きを見る »

スイス

イス連邦(スイスれんぽう)、通称スイスは中央ヨーロッパにある連邦共和制国家。永世中立国であるが、欧州自由貿易連合に加盟しているほかバチカン市国の衛兵はスイス傭兵が務めている。歴史によって、西欧に分類されることもある。 ドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、リヒテンシュタインに囲まれた内陸に位置し、国内には多くの国際機関の本部が置かれている。首都はベルンで、主要都市にチューリッヒ、バーゼル、ジュネーヴ、ローザンヌなど。.

新しい!!: アゴタ・クリストフとスイス · 続きを見る »

ソンバトヘイ

フランシスコ会派教会 聖堂 ソンバトヘイ (ハンガリー語:Szombathely、発音:som.bɒt.hɛj、ラテン語:Savaria/Sabaria、ドイツ語: Steinamanger、クロアチア語:Sambotel、スロベニア語:Sombotel、スロバキア語:Kamenec、セルビア語:Sombathelj または Сомбатхељ)は、ハンガリー西部の都市。ヴァシュ県の県都で、オーストリア国境に近い。.

新しい!!: アゴタ・クリストフとソンバトヘイ · 続きを見る »

国籍

国籍(こくせき)とは、個人と特定の国家を法的に結びつける絆であり、18世紀以降のヨーロッパにおいて市民革命を経て国民国家という概念が生まれたことに対応して形成された概念である。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと国籍 · 続きを見る »

移住

イングランドからの移民を描いたフォード・マドックス・ブラウンの''The Last of England'' 移住(いじゅう)とは、他の場所に永住することを目的として、ある地域や国を離れる行動である。 移民と同義であるが、こちらは祖国を離れるという「第一国から第二国への人々の移動」も伴う現象のことを言う。人が移住を選択する要因は多くあるが、要因は、「引かれる」要因と「出る」要因の2つに大別される。より良い経済的機会や生活水準の向上またはより良い気候条件を求めることが「引かれる」要因の例である。一方、貧困への恐怖や宗教的、政治的差別が「出る」要因の例である。 18世紀から21世紀には、移住は世界に大きな影響を及ぼしている。18世紀から19世紀にはヨーロッパから、近年はメキシコからアメリカ合衆国に数百万の人々が移住している。 「移住」という用語は、通常は自主的な移動について用いるが、強制移住は、移転政策や民族浄化のため、集団で強制的に移住させられるものである。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと移住 · 続きを見る »

白水Uブックス

白水Uブックス(はくすいユーブックス)とは白水社が発行する小説、ノンフィクションの叢書。ブックデザインは田中一光。判型は新書判。発刊当初は、パブロ・ピカソのデッサン『FAUNSKOPF』がカバーに使われていた。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと白水Uブックス · 続きを見る »

難民

難民(なんみん、refugee)は、対外戦争、民族紛争、人種差別、宗教的迫害、思想的弾圧、政治的迫害、経済的困窮、自然災害、飢餓、伝染病などの理由によって居住区域(自国)を離れた、あるいは強制的に追われた人々を指す 。 その多くは自身の生命を守るため、陸路、海路、河路、空路のいずれかで国外に脱出し、他国の庇護と援助を求める。 現在の国際法では、狭義の「政治難民 (せいじなんみん、Political Refugee)」を一般に難民と呼び、弾圧や迫害を受けて難民化した者に対する救済・支援が国際社会に義務付けられている。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと難民 · 続きを見る »

早川書房

株式会社早川書房(はやかわしょぼう)は、日本の出版社。創業者は早川清。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと早川書房 · 続きを見る »

悪童日記

『悪童日記』(あくどうにっき、)は、1986年に刊行されたアゴタ・クリストフの小説で、作者のデビュー作。戦時下の混乱を生きる双子の少年の姿を、彼らがノートに書き付けた作文という形式で、即物的な文体を用いて描いている。続編に当たる作品として『ふたりの証拠』(1988年)、『第三の嘘』(1991年)がある。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと悪童日記 · 続きを見る »

10月1日

10月1日(じゅうがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から274日目(閏年では275日目)にあたり、年末まであと91日ある。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと10月1日 · 続きを見る »

10月30日

10月30日(じゅうがつさんじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から303日目(閏年では304日目)にあたり、年末まであと62日ある。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと10月30日 · 続きを見る »

1935年

記載なし。

新しい!!: アゴタ・クリストフと1935年 · 続きを見る »

1956年

記載なし。

新しい!!: アゴタ・クリストフと1956年 · 続きを見る »

1986年

この項目では、国際的な視点に基づいた1986年について記載する。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと1986年 · 続きを見る »

1988年

この項目では、国際的な視点に基づいた1988年について記載する。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと1988年 · 続きを見る »

1991年

この項目では、国際的な視点に基づいた1991年について記載する。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと1991年 · 続きを見る »

1993年

この項目では、国際的な視点に基づいた1993年について記載する。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと1993年 · 続きを見る »

1994年

この項目では、国際的な視点に基づいた1994年について記載する。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと1994年 · 続きを見る »

1995年

この項目では、国際的な視点に基づいた1995年について記載する。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと1995年 · 続きを見る »

1998年

この項目では、国際的な視点に基づいた1998年について記載する。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと1998年 · 続きを見る »

2005年

この項目では、国際的な視点に基づいた2005年について記載する。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと2005年 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと2008年 · 続きを見る »

2011年

この項目では、国際的な視点に基づいた2011年について記載する。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと2011年 · 続きを見る »

7月27日

7月27日(しちがつにじゅうななにち、しちがつにじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から208日目(閏年では209日目)にあたり、年末まであと157日ある。誕生花はフウロソウ、ホオズキ。.

新しい!!: アゴタ・クリストフと7月27日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

クリシュトーフ・アーゴタ

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »