ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

アエロ A.200

索引 アエロ A.200

アエロ A.200(Aero A.200)は、ヨーロッパ・ツーリング機選手権大会のチャレンジ 1934向けに特別に設計製造されたチェコスロバキアの4座の低翼単葉スポーツ機である。.

10 関係: ナチス・ドイツチャレンジ 1934チェコスロバキアポーランドキャノピー高揚力装置降着装置Fi 97 (航空機)RWD-9 (航空機)星型エンジン

ナチス・ドイツ

ナチス・ドイツは、アドルフ・ヒトラー及び国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP、ナチ党)による支配下の、1933年から1945年までのドイツ国に対する呼称である。社会のほぼ全ての側面においてナチズムの考え方が強制される全体主義国家と化した。ヨーロッパにおける第二次世界大戦が終結する1945年5月に連合国軍に敗北し、ナチス政権とともに滅亡した。.

新しい!!: アエロ A.200とナチス・ドイツ · 続きを見る »

チャレンジ 1934

チャレンジ 1934(Challenge 1934)は、1934年8月28日から9月16日までポーランドのワルシャワで開催されたエアレース。国際航空連盟(FAI)の第4回及び最後の国際ツーリング機競技(Challenge International de Tourisme)である。1929年から1934年まで4回開催された同大会は第二次世界大戦前のヨーロッパでの主要な航空イベントであった。1934年大会では前回大会でも優勝したポーランド人パイロットが優勝した。.

新しい!!: アエロ A.200とチャレンジ 1934 · 続きを見る »

チェコスロバキア

チェコスロバキア(チェコ語:Československo、スロバキア語:Česko-Slovensko)は、1918年から1992年にかけてヨーロッパに存在した国家。 現在のチェコ共和国及びスロバキア共和国により構成されていた。これはトマーシュ・マサリクやエドヴァルド・ベネシュが唱えた、チェコ人とスロバキア人がひとつの国を形成するべきであるというチェコスロバキア主義(:en:Czechoslovakism)に基づくものである。建国当初には現在のウクライナの一部であるカルパティア・ルテニアも領域に加えられていた。首都は現在のチェコ首都であるプラハ。国旗は現在のチェコ共和国と同じものが使用されていた。 1948年からはチェコスロバキア共産党の事実上の一党独裁制によるソ連型社会主義国となり、1960年から1989年まで、国名は「チェコスロバキア社会主義共和国」(チェコ語・スロバキア語: Československá socialistická republika)であった。.

新しい!!: アエロ A.200とチェコスロバキア · 続きを見る »

ポーランド

ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 (EU)、北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。 北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。 10世紀に国家として認知され、16世紀から17世紀にかけヨーロッパで広大な国の1つであったポーランド・リトアニア共和国を形成。18世紀、4度にわたり国土が隣国によって分割され消滅。 第一次世界大戦後、1918年に独立を回復したが、第二次世界大戦時、ナチス・ドイツとソビエト連邦からの事前交渉を拒否し両国に侵略され、再び国土が分割された。戦後1952年、ポーランド人民共和国として国家主権を復活、1989年、民主化により共和国となった。冷戦時代は、ソ連の影響下に傀儡政権の社会主義国とし最大で最も重要なソ連の衛星国の一国となり、政治的にも東側諸国の一員となった。国内及び東側諸国の民主化とソ連の崩壊と東欧革命を経て、「中欧」または「中東欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: アエロ A.200とポーランド · 続きを見る »

キャノピー

ャノピー(Canopy).

新しい!!: アエロ A.200とキャノピー · 続きを見る »

高揚力装置

トリプルスロッテッドフラップを展開し着陸するボーイング747 高揚力装置(こうようりょくそうち)とは、飛行機の揚力を増大させるための装置である。必要時に主翼から展開させるタイプのものが多い。.

新しい!!: アエロ A.200と高揚力装置 · 続きを見る »

降着装置

ボーイング747の右胴体主脚 降着装置(こうちゃくそうち)とは、航空機の機体を地上で支持する機構で、そのうち特に着陸の際の衝撃などを受けられるものを指す水上機には地上では機体を支持するが、着陸には使えない降着装置もある。。着陸装置、ランディングギア (Landing gear)、アンダーキャリッジ (undercarriage)、着陸脚ともいう。 通常は車輪と緩衝装置から構成されるが、水上用にフロート、雪上用のスキー、艦載機ではアレスティング・フック、ヘリコプターではスキッド(後述)を備えることもある。.

新しい!!: アエロ A.200と降着装置 · 続きを見る »

Fi 97 (航空機)

フィーゼラー Fi 97(Fieseler Fi 97)は、フィーゼラー社で製造された1930年代のドイツの4座単葉のツーリング機、競技機である。.

新しい!!: アエロ A.200とFi 97 (航空機) · 続きを見る »

RWD-9 (航空機)

RWD-9は、1934年にポーランドので製造されたスポーツ機である。.

新しい!!: アエロ A.200とRWD-9 (航空機) · 続きを見る »

星型エンジン

5気筒星型エンジンの動作 航空機の機首に装備された星型エンジン 星型エンジン(ほしがたエンジン)とは、シリンダーを放射状に配列したレシプロエンジン。20世紀半ばまで航空発動機はガソリンエンジンが中心で、その中で空冷星型の気筒配列が最も多く採用された。.

新しい!!: アエロ A.200と星型エンジン · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »