ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

アイスランド人

索引 アイスランド人

アイスランド人(アイスランドじん、Íslendingar)は、アイスランドに住んでいるゲルマン系ノルマン人の人々である。.

42 関係: 古代奴隷山室静岡沢憲芙土層 (考古学)北ヨーロッパノルマン人ノルウェーノルウェー人ヨハンナ・グズルン・ヨンスドッティルヨハンナ・シグルザルドッティルルーテル教会ヴァリャーグヴァイキングビョークデンマークデンマーク人デーン人フェロー人ドイツ人ダヴィード・オッドソンアリ・ソルギルスソンアイルランド人アイスランドアイスランド人の一覧アイスランド人の書アイスランド語イングランド人エギル・スカラグリームスソンオラフル・ラグナル・グリムソンケルト人ゲルマン人シェトランド諸島スウェーデン人スコットランド人先住民社会思想社赤毛のエイリーク考古学植民の書860年870年

古代

古代(こだい、)とは、世界の歴史の時代区分で、文明の成立から古代文明の崩壊までの時代を指す。「歴史の始まり」を意味する時代区分である。古典的な三時代区分の一つであり、元来は古代ギリシア・古代ローマを指した(古典古代)。歴史家にとっては語ることのできる歴史の始まり(書き出し)を意味した。考古学の発達が歴史記述の上限を大幅に拡大したと言える。.

新しい!!: アイスランド人と古代 · 続きを見る »

奴隷

鞭打ちによる傷跡のある黒人奴隷(米国1863年) 奴隷(どれい)とは、人間でありながら所有の客体即ち所有物とされる者を言う。人間としての名誉、権利・自由を認められず、他人の所有物として取り扱われる人。所有者の全的支配に服し、労働を強制され、譲渡・売買の対象とされた。奴隷を許容する社会制度を特に奴隷制という。 1948年に国連で採択された世界人権宣言では、次のような宣言がある。.

新しい!!: アイスランド人と奴隷 · 続きを見る »

山室静

記念碑が建つ佐久市鼻顔公園 山室 静(やまむろ しずか、男性、1906年(明治39年)12月15日 - 2000年(平成12年)3月23日)は、日本の詩人、文芸評論家、翻訳家。.

新しい!!: アイスランド人と山室静 · 続きを見る »

岡沢憲芙

岡沢 憲芙(おかざわ のりお、1944年7月12日 - )は、日本の政治学者。早稲田大学名誉教授。 早稲田大学「日欧研究機構」機構長、早稲田大学社会科学部・社会科学総合学術院教授、 北ヨーロッパ学会会長を歴任。 専攻は、比較政治学、リーダーシップ論。北ヨーロッパ地域研究。 特に、「少子高齢社会への適応」研究に早くから取り組み、スウェーデンやノルウェー、フィンランド、デンマークといった北欧諸国の政治・社会制度研究の第一人者として知られる。.

新しい!!: アイスランド人と岡沢憲芙 · 続きを見る »

土層 (考古学)

考古学における土層(どそう)とは、ある遺跡を包含する土地に堆積した土壌からなる地層のこと。主に日本考古学界や、遺跡(埋蔵文化財)の発掘調査現場において慣例的に用いられている概念である。 鹿児島県霧島市上野原遺跡の土層標本。長い年月を通じて堆積した土壌が層を成している様子が観察される。.

新しい!!: アイスランド人と土層 (考古学) · 続きを見る »

北ヨーロッパ

南ヨーロッパ 北ヨーロッパ(きたヨーロッパ)は、ヨーロッパの北部地域である。日本では北欧(ほくおう)とも呼ばれる。具体的にどの地方や国を含めるかは、国や国際機関などにより異なる。最も広い場合は、イギリスとアイルランド、そしてドイツやロシアのバルト海沿岸部も含まれる。.

新しい!!: アイスランド人と北ヨーロッパ · 続きを見る »

ノルマン人

12世紀にノルマン人が征服した地を赤で示す ノルマン人(Normanean)は、スカンディナヴィアおよびバルト海沿岸に原住した北方系ゲルマン人。初期の時点では、「ヴァイキング」という概念とほぼ同じ(同項目を参照)。.

新しい!!: アイスランド人とノルマン人 · 続きを見る »

ノルウェー

ノルウェー王国(ノルウェーおうこく、Kongeriket Norge/Noreg)、通称ノルウェーは、北ヨーロッパのスカンディナビア半島西岸に位置する立憲君主制国家である。首都は半島南端部に存在するオスロフィヨルドの奥に形成された港湾都市のオスロで、東にスウェーデン、ロシア、フィンランドと国境を接している。 国土は南北に細長く、海岸線は北大西洋の複数の海域、すなわちスカゲラック海峡、北海、ノルウェー海およびバレンツ海に面している。海岸線には、多くのフィヨルドが発達する。この他、ノルウェー本土から約1,000キロメートル (km) 離れた北大西洋上のヤン・マイエン島は固有の領土の一部として領有され、スヴァールバル条約によりバレンツ海のスヴァールバル諸島を領有している。南大西洋にブーベ島を属領として持つ。 による高負担高福祉の福祉国家として知られ、OECDの人生満足度(Life Satisfaction)ではスイスに次いで第2位となった(2014年)。.

新しい!!: アイスランド人とノルウェー · 続きを見る »

ノルウェー人

ノルウェー人(ノルウェーじん、nordmenn)は、狭義にはノルウェー王国の国民、広義には同国を故地とする民族を指す。後者は共通の文化とノルウェー語を有し、アメリカ合衆国やカナダ、オーストラリアに移民のコミュニティがある。.

新しい!!: アイスランド人とノルウェー人 · 続きを見る »

ヨハンナ・グズルン・ヨンスドッティル

ヨハンナ・グズルン・ヨンスドッティル(Jóhanna Guðrún Jónsdóttir, 1990年10月16日 - )は、デンマーク生まれアイスランド出身の歌手。主にYohanna(同じくヨハンナの読み)の表記で知られる。ロシア・モスクワで行われたユーロビジョン・ソング・コンテスト2009に国を代表して出場、決勝戦を218点で2位を獲得した。.

新しい!!: アイスランド人とヨハンナ・グズルン・ヨンスドッティル · 続きを見る »

ヨハンナ・シグルザルドッティル

ヨーハンナ・シーグルザルドッティル(アイスランド語:Jóhanna Sigurðardóttir( )、英語表記例:Johanna Sigurdardottir、1942年10月4日 - )は、アイスランドの政治家。社会民主同盟副党首、社会問題相(2回)を歴任。2009年より2013年まで首相を務めた。.

新しい!!: アイスランド人とヨハンナ・シグルザルドッティル · 続きを見る »

ルーテル教会

ルーテル教会(ルーテルきょうかい、, )は、マルティン・ルターによりドイツに始まる、キリスト教の教派または教団。ルター派(ルターは)とも呼ばれる。プロテスタントの一つであり、全世界に推定8260万人の信徒が存在する。発祥の地ドイツを始め、北欧諸国では国民の大半がルター派であり、そこから移民が渡った先のアメリカ合衆国、カナダ、ブラジル等の南アメリカ各国でも信徒数が多い。 パッヘルベル、J.S.バッハ、テレマン、メンデルスゾーンなど著名な音楽家が多く所属し、作曲家や音楽家に縁がある教会としても知られる。.

新しい!!: アイスランド人とルーテル教会 · 続きを見る »

ヴァリャーグ

ヴァリャーグ(古東スラヴ語: 、、古ノルド語: 、、、)とは、スラヴ語名によるヴァイキング(ヴィーキング)である。複数形はヴァリャーギ(古東スラヴ語: 、ギリシア語: 、ウクライナ語: 、ベラルーシ語: 、ロシア語: )。 東スラヴ人による呼称でゲルマン人の一派を指す。一般的には、スウェーデン・ヴァイキング(ノルマン人、移動ルートも参照)の事であると現代では解釈されている。ロシアでは15世紀までスウェーデン人をヴァリャーグと呼んでいた。 実のところは、民族系統については不明との説もあり、ノルマン人と似た習俗があったとされ、一般的に東スラヴ人による呼称でゲルマン人の一派を指し、スカンディナヴィアから出てロシア平原に出現したヴァイキングの事とされているが、物的証拠の乏しさもあり、あくまで移動ルートは推測である。.

新しい!!: アイスランド人とヴァリャーグ · 続きを見る »

ヴァイキング

'''ヴァイキングの航海''' 緑色はヴァイキングの居住地(植民地)、青線は経路、数字は到達年。黒海やカスピ海、北アメリカ大陸のニューファンドランド島にも到達している ヴァイキング(Viking、Viking、Wikinger)とは、ヴァイキング時代(Viking Age、800年 - 1050年)と呼ばれる約250年間に西ヨーロッパ沿海部を侵略したスカンディナヴィア、バルト海沿岸地域の武装船団(海賊)を指す言葉。 彼らは北方系ゲルマン人で、ゲルマン民族移動の時代には南下(デーン人のユトランド半島進出など)により、西ヨーロッパとより近く接触するようになったが、9世紀に入って侵略などを活発化させた。 後の研究の進展により、ヴァイキングは「その時代にスカンディナヴィア半島、バルト海沿岸に住んでいた人々全体」を指す言葉に変容した。そういった観点からは、ノルマン人とも呼ばれる。中世ヨーロッパの歴史に大きな影響を残した。西洋生活様式と思想は、個人主義がヴァイキングのイデオロギーに影響を受ける。 ヴァイキングは海賊・交易・植民を繰り返す略奪経済を生業としていたのではなく、ノルウェーの考古学者であるヘイエルダールが述べたように、故地においては農民であり漁民であった。http://www.history.com/topics/exploration/vikings-history--> また、ヴァイキングたちの収益の大部分が交易によるものだったと言われている。この事実から、ヴァイキングたちにとっても航海の主たる目的は交易であり、略奪の方がむしろ例外的なものだったと考えられる。金になるブリテン諸島、イベリア半島、イタリア半島、バルカン半島、ヨーロッパロシア、スカンディナヴィア半島、北アフリカ、西アジアとの交易路。例えばヴァリャーグからギリシャへの道でコンスタンティノープルとの貿易、ヴァイキングの通商路である。.

新しい!!: アイスランド人とヴァイキング · 続きを見る »

ビョーク

ビョーク・グズムンズドッティル (Björk Guðmundsdóttir)、1965年11月21日 - )は、アイスランドの歌手、シンガーソングライター、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家、女優。.

新しい!!: アイスランド人とビョーク · 続きを見る »

デンマーク

デンマーク(Danmark, )は、北ヨーロッパのバルト海と北海に挟まれたユトランド半島とその周辺の多くの島々からなる立憲君主制国家。北欧諸国の1つであり、北では海を挟んでスカンディナヴィア諸国、南では陸上でドイツと国境を接する。首都のコペンハーゲンはシェラン島に位置している。大陸部分を領有しながら首都が島嶼に存在する数少ない国家の一つである(他には赤道ギニア、イギリスのみ)。 自治権を有するグリーンランドとフェロー諸島と共にデンマーク王国を構成している。 ノルディックモデルの高福祉高負担国家であり、市民の生活満足度は高く、2014年の国連世界幸福度報告では第1位であった。.

新しい!!: アイスランド人とデンマーク · 続きを見る »

デンマーク人

デンマーク人 (danskere)はデンマークの国民で、ほとんどはデンマーク語を話し、自らをデンマーク民族に属すと考えている。19世紀にデンマーク国民としてのアイデンティティーが形成されてからは、デンマーク国民としての基準は、デンマーク語を話しデンマークを故郷と認識すること、になった。デンマーク国民のアイデンティティ―は小作農文化とルター派を基に成り立っている。今日、デンマーク人であるかの主な判断基準はデンマーク人としてのナショナリティを有するかである。いっぽうで国外への移民も含めてデーン人を祖先に持つ人々という基準もある。.

新しい!!: アイスランド人とデンマーク人 · 続きを見る »

デーン人

デーン人(デーンじん。Daner)は、現在のデンマークおよびスウェーデンのスコーネ地方に居住した北方系ゲルマン人(ノルマン人)の一派である。現在のデンマーク人の祖先にあたる。ヴァイキング時代にイングランドおよび西ヨーロッパ一帯に侵攻した。.

新しい!!: アイスランド人とデーン人 · 続きを見る »

フェロー人

フェロー人 (Føroyingar) は、フェロー諸島のゲルマン民族。フェロー人はノースおよびゲールを起源とする混成。 約2万1000人のフェロー人は近隣諸国に居住しており、特にデンマーク、アイスランド、ノルウェー。 現在、ほとんどのフェロー人はデンマーク国民。 フェロー語は、遠縁に当たるノルウェー語方言およびアイスランド語と密接に関連した西スカンディナヴィア諸語。.

新しい!!: アイスランド人とフェロー人 · 続きを見る »

ドイツ人

ドイツ人(ドイツじん、)は、ドイツを中心としてヨーロッパに分布する住民の定義である。文脈により以下の三つの定義を有する。.

新しい!!: アイスランド人とドイツ人 · 続きを見る »

ダヴィード・オッドソン

ダーヴィド・オッドソン(Davíð Oddsson、、1948年1月17日 - )は、アイスランドの政治家。レイキャヴィーク市長、首相(19代、1991年4月30日 - 2004年9月15日)、外相(18代)、独立党党首(7代)を歴任。アイスランド大学の法学修士。 Category:アイスランドの首相 Category:アイスランドの外相 Category:1948年生 Category:存命人物.

新しい!!: アイスランド人とダヴィード・オッドソン · 続きを見る »

アリ・ソルギルスソン

アリ・フロージ・ソルギルスソン(アイスランド語:Ari fróði Þorgilsson 原語の発音;アリ・フロージ・ソルギルッソン、1067年 - 1148年)は、アイスランド出身の歴史学者、司教。 主著は1120年代に著されたとされる。初期のアイスランドの歴史を伝える史実に基づく作品『アイスランド人の書』である。また、アリは北欧でラテン語に限らず自国語のアイスランド語で作品を著したことから北欧史家の始祖と称された。その後はアイスランドの詩人、歴史家、政治家であるスノッリ・ストゥルルソンに引用される。 若い頃、神学と北欧史を修めて聖職者としての教育を受け、「賢者」または「学者」とあだ名された - コトバンク、2013年2月18日閲覧。。しかし、それ以外のアリの生涯の記録は不明である。.

新しい!!: アイスランド人とアリ・ソルギルスソン · 続きを見る »

アイルランド人

アイルランド人は、アイルランド島を舞台に形成され、現在西ヨーロッパ、特にアイルランドに居住するケルト系民族をさす。.

新しい!!: アイスランド人とアイルランド人 · 続きを見る »

アイスランド

アイスランドは、北ヨーロッパの北大西洋上に位置する共和制を取る国家である。首都はレイキャビク。総人口は約337,610人。.

新しい!!: アイスランド人とアイスランド · 続きを見る »

アイスランド人の一覧

アイスランド人の一覧(アイスランドじんのいちらん)は、アイスランド出身者を五十音順に一覧にしたものである。.

新しい!!: アイスランド人とアイスランド人の一覧 · 続きを見る »

アイスランド人の書

『アイスランド人の書』(アイスランドじんのしょ。Íslendingabók、Libellus Islandorum。The Book of Icelanders)は、初期のアイスランドの歴史を伝える、史実に基づく作品である。著者は、12世紀の初期に活躍した、アイスランドの聖職者アリ・ソルギルスソンである。 現在『アイスランド人の書』と呼ばれているのは、アリがラテン語で『Libellus Islandorum』と名付けた写本である。制作年代は1134年-1138年と推定されている。最初に書かれた写本は残っていない。アリは最初はラテン語で執筆したと推定されるがそれは失われ、後に当時のアイスランド語で書いたものが現在に残ったと考えられる。 作品にはより古い時代のノルウェー王に関する情報も含まれ、王のサガを後に執筆した人々に利用された。 司教の助手であった、Villingaholtの聖職者ヨーン・エルレンドソン(Jón Erlendsson。1672年没)は、『アイスランド人の書』の2冊の写本を制作した。それらはにある AM 113 a fol と AM 113 bである。司教が最初の写本に不満を抱いていたので後からもう1冊を制作した。.

新しい!!: アイスランド人とアイスランド人の書 · 続きを見る »

アイスランド語

アイスランド語(アイスランドご)はインド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群に属する言語。使用範囲はアイスランドのみで、使用人口は約30万人。 アイスランドを「氷島」と表記することから「氷島語」略して「氷語」や「氷」とも言う。 9世紀にノルウェーから移住したヴァイキングがもたらしたものであり、他の北ゲルマン語(デンマーク語・ノルウェー語・スウェーデン語)の中ではノルウェー語と一番近い。 他の北ゲルマン語が失った3性(他の北ゲルマン語は両性名詞(共性名詞)と中性名詞だけ)や格変化などを保持し、また格変化などの必要性により、英語やフランス語などからの借用語を極力排しているため、古風な色合いを強く残している。.

新しい!!: アイスランド人とアイスランド語 · 続きを見る »

イングランド人

イングランド人(イングランドじん、英語:English people 古英語:Englisc)は、イングランドを起源とし、英語を主な母語とする民族のこと。またはイングランド区域内で出生した連合王国(イギリス)の国籍を有する住民(この場合は、イングランド以外にルーツを有する者を含む)のこと。イングランド人としての民族アイデンティティの起源は古く、最初期においてはAnglecynn(アングル人)と呼ばれていた。 イングランド人の最も大きな集団は、イギリスの構成国(イギリスのカントリー)のひとつであるイングランドに居住している。この集団のうち、近世以前からこの地に定着していた人々の末裔は、ブリトン人、ローマ・ブリトン人、アングロ・サクソン人、ヴァイキング、ノルマン人など、イングランドに当たる地域に定住していた近縁の民族集団との混血であるといわれている。2013年に発表された現代ヨーロッパの遺伝学的な研究によれば、現代ヨーロッパ人の遺伝子構造は、約7500年前に移動して来た最初の農耕民やこれより古い時代の狩猟採集民ではなく、新石器時代中期の紀元前4500年頃に定着したとされている。 より近年のイングランドへの移住者には、グレートブリテン島・アイルランド島をはじめ様々な地域の民族がおり、これらの大部分はウェールズ・スコットランド・アイルランド共和国・イギリス連邦諸国である。これらの移住者には、イギリス人・イングランド人としてのアイデンティティを持つものもいれば、二重もしくは外国系のアイデンティティを持つものもいる。.

新しい!!: アイスランド人とイングランド人 · 続きを見る »

エギル・スカラグリームスソン

ル・スカラグリームスソン(原語の発音;エギル・スカラグリムッソン、910年 - 990年ごろ)は、中世アイスランドの詩人、首領、戦士。現代アイスランド語読みでエイイットル・スカットラグリームソンとも表記される。 彼は910年にアイスランドのに生まれた。エギルはスカラグリーム・クヴェルドウールフスソン(Skalla-Grímur Kveldúlfsson)と ベラ・ユングヴァルスドーティル(Bera Yngvarsdóttir) の間の息子だった。スカラグリームはアイスランドに到達し、ボルグに入植した。ボルグは彼の父の船が上陸した土地だった。スカラグリームは有名な戦士で、ノルウェーのハラルド美髪王の宿敵だった。エギルは3歳で最初の詩を書いた。エギルは990年ごろ没した。エギルは死ぬ前に銀の財宝を に隠したと言われている。 『エギルのサガ』は、クヴェルドウールヴ(Kveld-Úlfur, 「宵の狼」の意味) と呼ばれていた彼の祖父のノルウェーでの人生に始まり、父スカラグリームの生涯、エギルの幼年期、スカンディナヴィアやイングランドへの遠征、彼の老年期と彼の家族のその後について語っている。.

新しい!!: アイスランド人とエギル・スカラグリームスソン · 続きを見る »

オラフル・ラグナル・グリムソン

ラフル・ラグナル・グリムソン(オウラヴル・ラクナル・クリムソン、、1943年5月14日 - )は、アイスランドの政治家、第5代アイスランド大統領(在職:1996年8月 - 2016年8月)。日本の外務省では氏名は「オーラブル・ラグナル・グリムソン」と表記されている。.

新しい!!: アイスランド人とオラフル・ラグナル・グリムソン · 続きを見る »

ケルト人

● - 紀元前400年 ケルト人(ケルトじん、Celt, Kelt, Celt では とも)は、中央アジアの草原から馬と車輪付きの乗り物(戦車、馬車)を持ってヨーロッパに渡来したインド・ヨーロッパ語族ケルト語派の言語を用いていた民族である。 古代ローマ人からはガリア人とも呼ばれていたが、「ケルト人」と「ガリア人」は必ずしも同義ではなく、ガリア地域に居住してガリア語またはゴール語を話した人々のみが「ガリア人」なのだとも考えられる。 ブリテン諸島のアイルランド、スコットランド、ウェールズ、コーンウォール、コーンウォールから移住したブルターニュのブルトン人などにその民族と言語が現存している。 現在のケルトという言葉は、言語・文化の区分を示すための近現代になってから作られた用語であり、古代から中世において右図で表されている地域の住民が「ケルト人」として一体的な民族意識を持っていたとは考えられていない。そのため歴史学などでは、「ケルト人(Celts)」という言葉は使わず、「ケルト系(Celtic)」という言葉を便宜的に使っている。.

新しい!!: アイスランド人とケルト人 · 続きを見る »

ゲルマン人

1世紀のゲルマニア。スエビ人(おそらくケルト系が主)やヴァンダル人(おそらくスラヴ系が主)など、母語がゲルマン語派の言語かどうかが怪しまれている民族も含まれている。 ゲルマン人(ゲルマンじん、ドイツ語:Germanen)は、現在のドイツ北部・デンマーク・スカンディナヴィア南部地帯に居住していたインド・ヨーロッパ語族 - ゲルマン語派に属する言語を母語とする諸部族・民族百科事典マイペディア、平凡社。。先史時代,歴史時代初めのゲルマン語を話す部族および部族連合を原始ゲルマン人、または古ゲルマン人と呼ぶ日本大百科全書(ニッポニカ)「ゲルマン人」平城照介。原始ゲルマン人は中世初期に再編されゲルマン民族となり、4世紀以降フン人の西進によって、ゲルマン系諸民族は大移動を開始し、ローマ領内の各地に建国して、フランク、ヴァンダル、東ゴート・西ゴート、ランゴバルドなどの新しい部族が形成された。 原始ゲルマン人は現在のデンマーク人、スウェーデン人、ノルウェー人、アイスランド人、アングロ・サクソン人、オランダ人、ドイツ人などの祖先となった。アングロ・サクソン人になったゲルマン人系部族にはアングル人、サクソン人、ジュート人、フリース人がいた岩谷道夫「スエービーとアレマンネン」法政大学キャリアデザイン学部、2004。.

新しい!!: アイスランド人とゲルマン人 · 続きを見る »

シェトランド諸島

ェトランド諸島 (Shetland 、中世スコットランド語:Ȝetland、Sealtainn )は、スコットランドの亜寒帯に属する群島。北部諸島に含まれ、グレートブリテン島の北東部に位置する。.

新しい!!: アイスランド人とシェトランド諸島 · 続きを見る »

スウェーデン人

ウェーデン人(スウェーデンじん、svenskar)は、スウェーデンの国民、または、北欧スカンディナヴィア半島に分布するゲルマン民族の総称。以下、後者についてここで解説する。 主にスウェーデンをはじめ、ノルウェー、フィンランドに住んでいる。 98年、タキトゥスの記した「ゲルマニア」によると、強勢な種族 "Suiones"()の存在が確認出来る。北欧神話によれば、スヴェーア人は古代の紀元前1世紀頃の王にまで遡ることが出来、2世紀にはルーン文字を使用していた。スヴェーア人たちは、ヴァイキング活動の最中に纏まりを見せ、10世紀までにスウェーデン王国を形成した。なお、東方及び東欧に進出したヴァイキングの中には、ルーシ族などがヴァリャーグを構成し、ルーシ諸国家(キエフ・ルーシ等)の建設を担ったとされるが、これもスヴェーア人を含んだゲルマン人だとされている。 これらのスヴェーア人によってスウェーデン人が形成されたものと思われるが、民族としてのスウェーデン人は16世紀のデンマークを盟主としたカルマル同盟からの独立によって成立したと言える。フィンランドにいるスウェーデン人は、北方十字軍以降に移住したスウェーデン系フィンランド人を指す。また19世紀から20世紀にかけてアメリカ合衆国に移住したスウェーデン人は、スウェーデン系アメリカ人と言い、主に北部に移住している(アメリカ移民と同時期にカナダに移住したスウェーデン人は、スウェーデン系カナダ人を形成した)。 スウェーデン語を母語とするスウェーデン人は、現在、本国スウェーデンの他、フィンランドとフィンランドの自治領オーランド諸島に住む。南部のスコーネ県はデーン人に由来し、現在もデンマーク語に近い方言を話すが、一般的にはスウェーデン人に含まれる。なお、スウェーデン国内には、サーミ人やフィンランド人も少数おり、近年は移民も受け入れている。宗教はプロテスタント系のルター派(ルーテル教会)が多数を占めており、国教(スウェーデン国教会)となっている。近年の世論調査では、90%がスウェーデン人を自認している。.

新しい!!: アイスランド人とスウェーデン人 · 続きを見る »

スコットランド人

--> |region5.

新しい!!: アイスランド人とスコットランド人 · 続きを見る »

先住民

ブラジルのインディオ オーストラリアのアボリジニ 先住民(せんじゅうみん、)とは、ある土地に元来住みついている人間集団のことであるブリタニカ国際大百科事典 小項目事典。とくに、外来の侵入者や植民者から区別して呼ぶ場合に用いられる。原住民とも。.

新しい!!: アイスランド人と先住民 · 続きを見る »

社会思想社

株式会社社会思想社(しゃかいしそうしゃ)はかつて東京都文京区本郷に存在していた出版社である。1947年事業開始。1951年に創刊した文庫の叢書である現代教養文庫を柱に人文社会系の全集や翻訳も数多く擁していたが、1990年代から経営不振に陥り、2002年6月25日に事業を停止した。.

新しい!!: アイスランド人と社会思想社 · 続きを見る »

赤毛のエイリーク

イリーク・ソルヴァルズソン (Eiríkr Þorvaldsson, 950年頃 - 1003年頃) 、通称「赤毛のエイリーク」(Eiríkr hinn rauði, Erik the Red)は、ノルウェー、アイスランドの首領、探検家。ヨーロッパ人として初めてグリーンランドに入植した人物とされる。 「赤毛のエイリーク」は個人の特徴を名前の後ろにつけて区別する慣習によるあだ名であるが、『赤毛のエイリークのサガ』や『グリーンランド人のサガ』、『植民の書』など、アイスランド・サガに残る記録により、こちらの呼称で知られるようになった。 妻はヨルンド・ウールヴズソンの娘、ショーズヒルド (Þjóðhildr) 。彼女との間にレイフ (Leifur) 、ソルヴァルド (Þorvaldr) 、ソルステイン (Þorsteinn) の三人の息子と、庶子に娘フレイディース (Freydís) がいたと伝えられている。.

新しい!!: アイスランド人と赤毛のエイリーク · 続きを見る »

考古学

考古学(こうこがく、英語:archaeology)は、人類が残した物質文化の痕跡(例えば、遺跡から出土した遺物、遺構などの考古資料)の研究を通し、人類の活動とその変化を研究する学問である。.

新しい!!: アイスランド人と考古学 · 続きを見る »

植民の書

『植民の書』の写本の1ページ。アウルトニ・マグヌッソン研究所(レイキャヴィーク、アイスランド)所蔵。 『植民の書』(しょくみんのしょ、アイスランド語: Landnámabók, 短縮形 Landnáma)とは、中世アイスランドの書物である。9世紀から10世紀にかけて行われたノルウェーからアイスランドへの植民(アイスランド語: landnám)についての詳細な記録を残している。『土地占有の書』、『ランドナーマボーク』とも。2010年現在、日本語訳は公刊されていない。.

新しい!!: アイスランド人と植民の書 · 続きを見る »

860年

記載なし。

新しい!!: アイスランド人と860年 · 続きを見る »

870年

記載なし。

新しい!!: アイスランド人と870年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »