ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

いすゞ・P系エンジン

+ コンセプトを保存する

いすゞ・P系エンジンは、いすゞ自動車が1973年(昭和48年)から2006年(平成18年)まで生産していた大型トラック・バス用V型8気筒、V型10気筒、V型12気筒のディーゼルエンジンである。それまでのV170型330ps(ボアxストローク:145x125mm、後に直噴8MA1型345ps)V8一種類から、そのコンポーネンツを共用しクランクシャフトとシリンダーブロックの長さを増すことで多品種化(多気筒化)を図る手法で生産性を高め、延べ33年間生産され続けた長寿エンジンである。「*PA1」の「*」数字は気筒数を、「A」は改良進度を、「1」はタイプを表す。なお、後継のT系エンジンについてもこちらで解説する。.

48 関係: いすゞ・810いすゞ・ニューパワーいすゞ・エルガいすゞ・ガーラいすゞ・キュービックいすゞ・ギガいすゞ・スーパークルーザーいすゞ・W系エンジンいすゞ自動車大型自動車平成17年排出ガス規制 (ディーゼル車)バス (交通機関)ボアディーゼルエンジンダンプカークランクシャフトコンポーネントシリンダーシリンダーブロックストロークターボチャージャー生産性直列6気筒騒音貨物自動車自動車自動車ガイドブックV型10気筒V型12気筒V型8気筒排気量昭和54年排出ガス規制昭和58年排出ガス規制日野・E13Cエンジン1973年1976年1979年1983年1989年1994年1997年2000年2001年2003年2005年2006年73式大型トラック

いすゞ・810

810EX(後期最終型) 810はいすゞ自動車がかつて製造していた大型トラックである。ネーミングの由来は開発コード「810」=「ハッテン、発展」である。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンといすゞ・810 · 続きを見る »

いすゞ・ニューパワー

ニューパワーは、かつていすゞ自動車が製造していた大型トラックである。 いすゞニューパワー後期型.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンといすゞ・ニューパワー · 続きを見る »

いすゞ・エルガ

ルガ(ERGA)は、ジェイ・バスが製造し、いすゞ自動車が2000年から販売している路線・自家用大型バス。 なお、エルガの9m大型路線バスはいすゞ・エルガLTを、中型路線バスはいすゞ・エルガミオを、いすゞにOEM供給されていた日野自動車設計のエルガJは日野・レインボー#HR系/いすゞ・エルガJを参照のこと。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンといすゞ・エルガ · 続きを見る »

いすゞ・ガーラ

いすゞ・ガーラ(ISUZU GALA)は、ジェイ・バスが製造し、いすゞ自動車が販売している観光・高速路線用大型バス車両である。 1996年にスーパークルーザーの後継車として発売開始。その後、いすゞ自動車と日野自動車のバス製造事業が統合され、2005年8月22日に、日野・セレガとの統合モデルとしてフルモデルチェンジし、新発売となった。統合モデルであるので、両車の見た目の変化は少ない。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンといすゞ・ガーラ · 続きを見る »

いすゞ・キュービック

ュービックはかつていすゞ自動車が製造、販売していた大型路線バス型の自動車。大型車のキュービックLVと、9m大型車のキュービックLTからなる。1984年(昭和59年)3月に昭和58年排出ガス規制に対応し、CJM/CQM系をフルモデルチェンジして登場した。 幾度かの改良を経て、2000年(平成12年)5月にエルガへフルモデルチェンジする形で生産終了。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンといすゞ・キュービック · 続きを見る »

いすゞ・ギガ

(GIGA)は、いすゞ自動車が製造する大型トラックである。海外では2代目Cシリーズ及びEシリーズとして販売される。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンといすゞ・ギガ · 続きを見る »

いすゞ・スーパークルーザー

いすゞ・スーパークルーザーは、19861996年にいすゞ自動車が製造・販売していた大型観光バス。 ボデーは当時アイ・ケイ・コーチ(旧川重車体)が標準で架装、他に富士重工業(FHI)製と西日本車体工業(NSK)製があったが、本稿では標準ボディーであるアイ・ケイ・コーチ(IKC)製を主軸に述べる。 なお、ここではいすゞの純観光バス・高速路線バスの歴史をひも解く意味を踏まえて、スーパークルーザー以前の19501980年代前半モデルについても記述する。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンといすゞ・スーパークルーザー · 続きを見る »

いすゞ・W系エンジン

いすゞ・W系エンジンは、いすゞ自動車が製造するディーゼルエンジンである。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンといすゞ・W系エンジン · 続きを見る »

いすゞ自動車

いすゞ自動車株式会社(いすずじどうしゃ、英語:Isuzu Motors Limited)は、主にトラック・バスの商用車を製造する日本の自動車メーカーである。かつてはゼネラルモーターズの関連会社だったが、2006年4月に資本関係を解消した。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンといすゞ自動車 · 続きを見る »

大型自動車

大型自動車の例(UD・クオン) 大型自動車(おおがたじどうしゃ)とは、日本における自動車の区分のひとつで、車両総重量11,000kg以上、最大積載量6,500kg以上、または乗車定員30人以上の、四輪以上の車輛を指す。 大型自動車第一種免許、大型自動車第二種免許(以下それぞれ「大型免許」、「大型第二種免許」と略記)の運転免許でのみ運転することができる。略称は大型。 なお2007年6月2日施行の法令改正により、区分の下限が従来の車両総重量8,000kg以上、最大積載量5,000kg以上、または乗車定員11人以上から変更された(詳細は後述)。 道路運送車両法では「四輪以上の、小型自動車より大きい、普通自動車」に分類される。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと大型自動車 · 続きを見る »

平成17年排出ガス規制 (ディーゼル車)

平成17年排出ガス規制(ディーゼル車)は、2005年(平成17年)10月1日から日本国内で販売されるディーゼル自動車を対象に適用される自動車排出ガス規制である。通称“新長期規制”。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと平成17年排出ガス規制 (ディーゼル車) · 続きを見る »

バス (交通機関)

バス(bus)は、大量の旅客輸送を目的に設計された乗り物である。 最も一般的なバスはのであり、より大規模な積載人数のおよび連節バス、より小規模な積載人数のおよびマイクロバス、長距離サービスにはが用いられる。 都市交通バスおよび都市間バスのように、多くの種類のバスが運賃を設定する。一方、小学校および中学校のスクールバス又は中等後教育キャンパスのシャトルバスは運賃を設定しない。多くの法域において、バスの運転士になるには通常の運転免許に加え、特別な免許が要件とされる。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンとバス (交通機関) · 続きを見る »

ボア

ボア.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンとボア · 続きを見る »

ディーゼルエンジン

ハ183系)用の高速ディーゼルエンジンの一例。DML30HSI形ディーゼルエンジン水平対向12気筒排気量30L(440PS/1,600rpm) 4サイクル・ディーゼルエンジンの動作 ディーゼルエンジン (英:Diesel engine) は、ディーゼル機関とも呼ばれる内燃機関であり、ドイツの技術者ルドルフ・ディーゼルが発明した往復ピストンエンジン(レシプロエンジン)である。1892年に発明され、1893年2月23日に特許を取得した。 ディーゼルエンジンは点火方法が圧縮着火である「圧縮着火機関」に分類され、ピストンによって圧縮加熱した空気に液体燃料を噴射することで着火させる。液体燃料は発火点を超えた圧縮空気内に噴射されるため自己発火する。 単体の熱機関で最も効率に優れる種類のエンジンであり、また軽油・重油などの石油系の他にも、発火点が225℃程度の液体燃料であればスクワレン、エステル系など広範囲に使用可能である。汎用性が高く、小型高速機関から巨大な船舶用低速機関までさまざまなバリエーションが存在する。 エンジン名称は発明者にちなむ。日本語表記では一般的な「ディーゼル」のほか、かつては「ヂーゼル」「ジーゼル」「デイゼル」とも表記された。日本の自動車整備士国家試験では現在でもジーゼルエンジンと表記している。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンとディーゼルエンジン · 続きを見る »

ダンプカー

ダンプカー(dump car)とは、荷台を傾けて積荷を一度に下ろすための機械装置を備えたトラックのことである。。 ダンプトラック (dump truck) 、またはダンプともいい、主に土砂や産業廃棄物などを運搬するために用いられる。ダンプ (dump) とは、「(荷物などを)どさっと下ろす」という意味の英語であり、土砂を排出する様子がこれに合致することからこの名がついている。なお、英語の dump car は主に鉄道車両を意味し、自動車は dump truck と呼ぶことが多い。 イギリス文化圏ではティッパー・トラック (tipper truck)やティッパー・ローリー (tipper lorry)、あるいは単にティッパーという語が使用されている。また、オーストラリアとニュージーランドではティップ・トラック (tip truck)と呼ばれる。 鉄道の貨車でダンプカーのように荷台を傾けることができ、土砂を輸送することを主目的にした車両は土運車と呼ばれる。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンとダンプカー · 続きを見る »

クランクシャフト

ランクシャフト (crankshaft) は、エンジンの構成部品の一つ。ピストンの往復運動を回転力に変えるための軸。曲柄軸、クランク軸、エンジンの主軸となる屈曲軸。かつて日本語では曲軸と言われた。 クランクシャフトが文献に現れるのはアル=ジャザリの1206年の著作が最古である。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンとクランクシャフト · 続きを見る »

コンポーネント

ンポーネント (component) は部品あるいは成分を表し、分野により以下のような意味を持つ。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンとコンポーネント · 続きを見る »

シリンダー

リンダー (Cylinder) とは、英語で「円筒」を意味する単語である。 “シリンダー”と呼称されるものにはいくつかの種類があるが、本項では主にレシプロエンジンの構成部品の一つについて既述する。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンとシリンダー · 続きを見る »

シリンダーブロック

リンダーブロック(cylinder block)とは内燃機関の部品の一つであり、特にシリンダーとクランクケースを一体化した構造の部品の事を示す。エンジンブロック(engine block)と呼ばれる場合もある。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンとシリンダーブロック · 続きを見る »

ストローク

記載なし。

新しい!!: いすゞ・P系エンジンとストローク · 続きを見る »

ターボチャージャー

ターボチャージャー(turbocharger)は、排気の流れを利用してコンプレッサ(圧縮機)を駆動して内燃機関が吸入する空気の密度を高くする過給機である。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンとターボチャージャー · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンとクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンとクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと元日 · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと新年 · 続きを見る »

生産性

生産性(せいさんせい、Productivity)とは、経済学で生産活動に対する生産要素(労働・資本など)の寄与度、あるいは、資源から付加価値を産み出す際の効率の程度のことを指す。 一定の資源からどれだけ多くの付加価値を産み出せるかという測定法と、一定の付加価値をどれだけ少ない資源で産み出せるかという測定法が在る。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと生産性 · 続きを見る »

直列6気筒

列6気筒(ちょくれつ6きとう、Inline-six engine または Straight-six engine)とは、レシプロエンジン等のシリンダー(気筒)配列形式のひとつ。シリンダーが6つ直列に並んでいる。略して「I6」、日本では「直6」「L6」とも記載することがある。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと直列6気筒 · 続きを見る »

騒音

騒音(そうおん、noise pollution)は、典型七公害の1つであり、人の健康及び生活環境に影響を及ぼす。 騒音は一般には不快で好ましくない音をいうが、主観的な面があることは否めないと考えられている 公害等調整委員会、2016年11月6日閲覧。。例えばオックスフォード英語辞典では騒音の定義ついて「望ましくない音」と説明している。また、騒音問題を国際的に扱う際には、「騒音」の語義が持つニュアンスが諸言語においてわずかずつ異なることが問題となる。 騒音規制の法律には、公衆を擾乱する特定の音を発する行為を規制するタイプと、音の物理的な特性に基づいて騒音評価方法とその基準値を定めて規制するタイプがある。前者は騒音の量的測定が可能になる以前から存在する、伝統的な騒音問題への対処方法であり、おおまかな世論を含んだ質的な規制といえる。後者は「一定以上の大きい音.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと騒音 · 続きを見る »

貨物自動車

貨物自動車(かもつじどうしゃ、、トラック、、カミオン)は、主に貨物を運搬する自動車である。 比較的小型で、運転席と荷室が一体となった車体を持つ車種については、「ライトバン」を参照。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと貨物自動車 · 続きを見る »

''アメリゴ・ヴェスプッチ'' 船(ふね、舟、舩)とは、人や物をのせて水上を渡航(移動)する目的で作られた乗り物の総称である広辞苑 第五版 p.2354「ふね【船・舟・槽】」。 基本的には海、湖、川などの水上を移動する乗り物を指しているが、広い意味では水中を移動する潜水艇や潜水艦も含まれる。動力は人力・帆・原動機などにより得る。 大和言葉、つまりひらがなやカタカナの「ふね」「フネ」は広範囲のものを指しており、規模や用途の違いに応じて「船・舟・槽・艦」などの漢字が使い分けられている。よりかしこまった総称では船舶(せんぱく)あるいは船艇(せんてい)などとも呼ばれる(→#呼称参照)。 水上を移動するための乗り物には、ホバークラフトのようにエアクッションや表面効果を利用した船に近いものも存在する。また、水上機や飛行艇のように飛行機の機能と船の機能を組み合わせた乗り物も存在し、水上機のフロートや飛行艇の艇体は「浮舟」(うきぶね)と表現される。 なお、宇宙船や飛行船などの水上以外を航行する比較的大型の乗り物も「ふね」「船」「シップ」などと呼ばれる。これらについては宇宙船、飛行船などの各記事を参照のこと。また舟に形状が似ているもの、例えば刺身を盛る浅めの容器、セメントを混ぜるための容器(プラ舟)等々も、その形状から「舟」と呼ばれる。これらについても容器など、各記事を参照のこと。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと船 · 続きを見る »

自動車

特殊作業車の例(ダンプカー) 自動車(じどうしゃ、car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと自動車 · 続きを見る »

自動車ガイドブック

『自動車ガイドブック』(じどうしゃがいどぶっく)とは1年に1回発行される日本の国産乗用車、商用車、二輪車の総合自動車年鑑の名称である。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと自動車ガイドブック · 続きを見る »

V型10気筒

V型10気筒(ブイがたじっきとう)はレシプロエンジン等のシリンダー配列形式の一つで、シリンダーが片バンクに5気筒ずつV字に配置されている形式を指す。当記事では専らピストン式内燃機関のそれについて述べる。V10と略されることが多い。トラック・バスやフォーミュラカーに採用されている。F1では2000年から2005年までF1レギュレーションによりV10が採用されていたが、2006年からはV8が採用されることとなった。(ただし、スクーデリア・トロ・ロッソに関しては2006年も、プライベーターであるという理由によって、エンジンは前年度にミナルディが使用していたコスワース製のV10・3リッターエンジンにリストリクター(吸気制限装置)を装着し、さらに最高回転数を制限されたものを使用した。詳しくは、スクーデリア・トロ・ロッソを参照されたい。).

新しい!!: いすゞ・P系エンジンとV型10気筒 · 続きを見る »

V型12気筒

V型12気筒はレシプロエンジン等のシリンダー配列形式の一つで、シリンダーの配置がV字型のエンジンにおいて片バンクに6気筒ずつ合計12持つことから呼ばれる、本項目では専らピストン式内燃機関のそれについて述べる。V12と略されることが多い。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンとV型12気筒 · 続きを見る »

V型8気筒

V型8気筒(ブイがたはちきとう)は、レシプロエンジン等のシリンダー配列形式の一つで、直列4シリンダー2組がV字様に配置されている形式を指す。当記事では専らピストン式内燃機関のそれについて述べる。V8(ブイはち)と略されることが多い。 多気筒レシプロエンジンとして広く用いられるエンジン形式の一つであり、自動車用としては特に大排気量車の多かったアメリカ合衆国で発達してきた。ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン双方あるも、現代では大型乗用車用のエンジン形式として普及している。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンとV型8気筒 · 続きを見る »

排気量

排気量 (はいきりょう)とは、内燃機関の燃焼行程に関わる容積の大きさを示す数値で、エンジンの性能指標のひとつである。単位は立方センチメートル(cm³)であるが、慣習的にリットルを用いたり、日本国外では立方インチを使用するケースもある。 一般には排気量が大きくなるにしたがって、単位時間あたりの燃焼する燃料が多くなるため、エンジンのトルクおよび出力は増加する傾向にある。反対に燃費は悪化する傾向があるが、機械損失(主に摩擦)やパワーバンド、エンジン設計の関係上、小排気量エンジンが必ずしも低燃費であるわけではない。 エンジンのシリンダー内でピストンが上下する範囲の体積を行程容積といい、この値とシリンダー(気筒)数との積が総排気量となる。内径(ボア)をd(mm)、行程(ストローク→ピストンが動く距離)をS(mm)、気筒数をNとした場合、エンジンの総排気量Dは次式で表される。 例:ホンダ・CB1300スーパーフォア (SC54)、内径78.0mm、行程67.2mm、4気筒、の場合(πを3.14として計算) もしくは D.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと排気量 · 続きを見る »

昭和54年排出ガス規制

昭和54年排出ガス規制 は、1979年(昭和54年)から1981年(昭和56年)にかけて日本国内で販売されたガソリン・LPG貨物車およびディーゼル自動車を対象に適用された自動車排出ガス規制である。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと昭和54年排出ガス規制 · 続きを見る »

昭和58年排出ガス規制

昭和58年排出ガス規制(しょうわ58ねんはいしゅつガスきせい)は、1983年(昭和58年)から1988年(昭和63年)にかけて日本国内で販売された直接噴射式のディーゼルエンジンを有する貨物自動車を対象に適用された自動車排出ガス規制である。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと昭和58年排出ガス規制 · 続きを見る »

日野・E13Cエンジン

E13Cエンジン 日野・E13Cは、日野自動車が2003年から製造するディーゼルエンジンである。同社の大型トラック「プロフィア」(FH以外)、大型観光バス「セレガ」およびいすゞ自動車の大型観光バス「ガーラ」(ともに12m車)に搭載されている。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと日野・E13Cエンジン · 続きを見る »

1973年

記載なし。

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと1973年 · 続きを見る »

1976年

記載なし。

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと1976年 · 続きを見る »

1979年

記載なし。

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと1979年 · 続きを見る »

1983年

この項目では、国際的な視点に基づいた1983年について記載する。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと1983年 · 続きを見る »

1989年

この項目では、国際的な視点に基づいた1989年について記載する。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと1989年 · 続きを見る »

1994年

この項目では、国際的な視点に基づいた1994年について記載する。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと1994年 · 続きを見る »

1997年

この項目では、国際的な視点に基づいた1997年について記載する。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと1997年 · 続きを見る »

2000年

400年ぶりの世紀末閏年(20世紀および2千年紀最後の年)である100で割り切れるが、400でも割り切れる年であるため、閏年のままとなる(グレゴリオ暦の規定による)。。Y2Kと表記されることもある(“Year 2000 ”の略。“2000”を“2K ”で表す)。また、ミレニアムとも呼ばれる。 この項目では、国際的な視点に基づいた2000年について記載する。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと2000年 · 続きを見る »

2001年

また、21世紀および3千年紀における最初の年でもある。この項目では、国際的な視点に基づいた2001年について記載する。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと2001年 · 続きを見る »

2003年

この項目では、国際的な視点に基づいた2003年について記載する。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと2003年 · 続きを見る »

2005年

この項目では、国際的な視点に基づいた2005年について記載する。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと2005年 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと2006年 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと2019年 · 続きを見る »

73式大型トラック

73式大型トラック(新型) 73式大型トラック(ななさんしきおおがたトラック)は、自衛隊で使用されている車両である。製作はいすゞ自動車。1973年(昭和48年)より調達開始。2003年(平成15年)度以降納入車両は、製造コストの削減・部品の共通化・民生品の活用の一環から「制式化」対象から除外され、以後の納入された車両の正式名称については「3 1/2tトラック」に変更された。 初代モデルは約40年前に登場し、現在は8代目のモデルが配備されている。2011年に発生した東日本大震災の際には、他の自衛隊車両が津波による水没で次々と行動不能になる中で唯一稼働するなど、高い耐久性を証明している。.

新しい!!: いすゞ・P系エンジンと73式大型トラック · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

(12PC1)10PA110PB112PC18PE1いすゞ・P系

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »