ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

“文学少女”シリーズ

+ コンセプトを保存する

『“文学少女”シリーズ』(ぶんがくしょうじょシリーズ)は、野村美月による日本のライトノベルシリーズ。イラストは竹岡美穂が担当。ファミ通文庫(エンターブレイン)より、2006年4月から2011年4月にかけて全16冊(長編8冊、短篇集4冊、外伝4冊)が刊行された。また、これを原作として漫画化・劇場アニメ化などが行われている。 累計発行部数は2011年4月30日で250万部を突破。 本作は実在の文学小説が題材となっており、その小説をなぞるかのように物語が展開したり、登場人物がその小説に強い影響を受けたりしている(題材は#書籍一覧参照)。物語は基本的に井上心葉の一人称で進むが、その物語の合間には登場人物の「誰か」の文章・心情などがその人物の一人称で語られる。 タイトルロゴは縦書きで、「〝文学少女〟」とダブルミニュートが使われる。横書きではダブルクォーテーションマークが使われる。 海外向け(英語)では『Book Girl』と表記される。.

268 関係: Annabel加瀬康之たけくらべぴあみずうみ (シュトルム)ふつおたこのライトノベルがすごい!こゝろさまよえるオランダ人かもめのジョナサン千夜一夜物語千葉進歩友情 (小説)坂口安吾堤中納言物語声優多田俊介夏への扉夏目漱石夢想庭園大久保薫太宰治夜叉ヶ池 (戯曲)外科室好色五人女学校の階段宮原永海宮野真守宮沢賢治小川未明小野大輔小林多喜二小林洋平山像かおり山田由香川崎逸朗川端康成川澄綾子中原中也中原麻衣中島沙樹中嶋聡彦中勘助主人公万葉集三島由紀夫三石琴乃三題噺下田麻美平野綾...久川綾人間失格井原西鶴井上堅二井上喜久子亀井幹太伊勢物語伊豆の踊子伊藤真澄伊藤静引きこもり心的外傷ミュージック・ビデオミステリマーガレット・ミッチェルマゾヒズムハムレットハンス・クリスチャン・アンデルセンハインリヒ・ハイネバカとテストと召喚獣ポール・ギャリコポニーキャニオンメディアミックスメアリー・シェリーランティスランティスウェブラジオラブコメディラビンドラナート・タゴールライトノベルライトノベルアワードライ麦畑でつかまえてリチャード・バックリヒャルト・ワーグナーリストカットロバート・A・ハインラインロリータロゴタイプトルーマン・カポーティヘルマン・ヘッセブックウォーカープロダクション・アイジービーンズエースピザハットツンデレティー・オーエンタテインメントティファニーで朝食をテオドール・シュトルムデミアンフランケンシュタインファミ通ファミ通文庫ドジっ娘ダフニスとクロエ (ロンゴス)初恋 (ツルゲーネフ)嵐が丘アラン・シリトーアントン・チェーホフアンドレ・ジッドアニメーション映画アイヴァンホーイラストレーションイワン・ツルゲーネフウラジーミル・ナボコフウィリアム・メイクピース・サッカレーウィリアム・シェイクスピアウィンダミア卿夫人の扇ウォルター・スコットエミリー・ブロンテエリナー・ファージョンエンターブレインエーリッヒ・ケストナーオペラ座の怪人オーディオコメンタリーオスカー・ワイルドガンガンパワードガストン・ルルークロックワークスシリーズジャコモ・プッチーニジョージ・ゴードン・バイロンスクウェア・エニックスサロメ (戯曲)写真入野自由CooRie石平信司神経性無食欲症竹岡美穂竹本英史笹野恵紫式部純文学縦書きと横書き田頭しのぶ狭き門DVD花澤香菜花澤香菜のひとりでできるかな?銀の匙銀河鉄道の夜Eufonius蟹工船過呼吸遥かな日々草迷宮菊地創菅原孝標女蝶々夫人風と共に去りぬ食通製作委員会方式飛ぶ教室覆面作家角川書店詩人語り手高坂りと豊崎愛生超!A&G+超!A&G+スペシャル黄瀬和哉近松門左衛門霜月はるか赤い蝋燭と人魚関口可奈味藤原啓治葵 (源氏物語)野村美月長距離走者の孤独Heavenly DaysISBNJ・D・サリンジャーKOKIAKukuiMyu (作曲家)RinoRiya東京国際アニメフェア東地宏樹桜の園桜の森の満開の下梶井基次郎梅津秀行樋口一葉檸檬 (小説)櫂末高彰武者小路実篤歌行燈殺界水樹奈々池袋泉鏡花津田美波源氏物語漫画潮騒 (小説)月刊Asuka月刊ガンガンJOKER朗読朗読少女最後の真珠斎藤千和文学文学少女日吉丸晃日本更級日記曽根崎心中10月21日10月27日10月29日10月30日11月24日11月25日12月22日12月24日12月25日12月26日1月16日1月1日1月24日1月26日1月8日1月9日2006年2007年2008年2009年2010年2011年2013年2月22日2月24日2月6日3月15日3月24日3月28日3月7日4月4月12日4月21日4月24日4月26日4月28日4月30日5月10日5月1日5月22日5月29日5月9日6月25日7月7日8月14日8月22日8月27日8月29日8月30日9月22日 インデックスを展開 (218 もっと) »

Annabel

Annabel(アナベル、1984年3月18日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身の日本の女性歌手、作詞家。所属レコード会社はランティス。 憂いを含んだ繊細で透明感のある歌声でゲームやアニメ主題歌など数々の作品に参加し、それ以外にもユニットのanNinaやbinaria、バンドsiraphなど、ソロの枠を越えて精力的に活動している。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとAnnabel · 続きを見る »

加瀬康之

加瀬 康之(かせ やすゆき、1971年3月14日 - )は、日本の男性声優、ナレーター。大沢事務所所属。東京都大田区出身。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと加瀬康之 · 続きを見る »

たけくらべ

『たけくらべ』とは、明治の小説家、樋口一葉の短編小説。1895年(明治28年)から翌年まで「文学界」に断続的に連載(文学界雑誌社、第25 - 27号、32号、35号 - 37号)。1896年(明治29年)4月10日、「文芸倶楽部」(博文館、第二巻第5号)に一括掲載された。題名は伊勢物語23段の和歌に因む。 吉原の廓に住む14歳の少女美登利 (みどり) と僧侶の息子藤本信如 (ふじもとのぶゆき、しんにょ) との淡い恋を中心に、東京の子供たちの生活を吉原を背景に描き出した作品。子供から大人に移り変わる少年少女の心理を小説することは当時前例のない試みであり、一葉の名を不朽にしたと主張したライターがいた。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとたけくらべ · 続きを見る »

ぴあ

ぴあ株式会社(PIA Corporation)は、東京都渋谷区東にあるチケット事業・出版事業の会社。東京証券取引所市場一部に上場している。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとぴあ · 続きを見る »

みずうみ (シュトルム)

『みずうみ』(原題:Immensee)は、ドイツの作家テオドール・シュトルムが1849年に発表した小説である。1851年に刊行された"Sommergeschichten und Lieder"(夏の物語と歌)という短篇集に収録された。原題は『インメン湖』(みつばち湖)で、作中、エーリヒの邸宅がこの湖のほとりにあるという設定になっている。シュトルムの故郷フーズムのあるシュレスヴィヒ・ホルシュタイン州には大小数多くの湖のある湖沼地帯があり、その風土をモチーフにしたものだが、湖の名前は架空のものである。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとみずうみ (シュトルム) · 続きを見る »

ふつおた

ふつおたは、「普通のお便り」の略。主にラジオ番組で使用される用語である。聴取者(リスナー)からのお便りを募集するラジオ番組において、特に設けた企画(コーナー)宛てではないお便りのことを指す。番組によっては「ふつおた」自体をコーナーとしているものもある。 上記理由により、特に決まった内容はないが、多くのラジオ番組で『ふつおた』として扱われる内容には以下のようなものがある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとふつおた · 続きを見る »

このライトノベルがすごい!

『このライトノベルがすごい!』は、宝島社が発行するライトノベルのガイドブックである。2004年11月発売の「このライトノベルがすごい! 2005」から、年1回発行されている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとこのライトノベルがすごい! · 続きを見る »

こゝろ

『こゝろ』とは、夏目漱石の長編小説。漱石の代表作の一つ。1914年(大正3年)4月20日から8月11日まで、『朝日新聞』で「心 先生の遺書」として連載され、同年9月に岩波書店より漱石自身の装丁で刊行された。なお、自費出版という形式ではあるが、この作品が岩波書店にとって出版社として発刊した最初の小説である。 連載開始からちょうど100年たった2014年4月20日に、『朝日新聞』上で再度連載が開始された。 新潮文庫版は、2016年時点で発行部数718万部を記録しており、同文庫の中で最も売れている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとこゝろ · 続きを見る »

さまよえるオランダ人

『さまよえるオランダ人』(さまよえるオランダじん、)は、リヒャルト・ワーグナー作曲のオペラ。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとさまよえるオランダ人 · 続きを見る »

かもめのジョナサン

『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull)は、リチャード・バックによる小説。寓話的作品。 1970年にアメリカで出版され、最初は当時のアメリカのヒッピー文化とあいまって口コミで徐々に広がり、1972年6月以降に大ヒットし、同年後半にThe New York Times Best Seller listの1位となり、38週もの間 1位を保ちつづけた。1972年と1973年のPublishers Weekly list of bestselling novels in the United Statesでも1位。1973年には当作品を原作とする映画が制作された。1974年10月時点(映画が日本で公開された時点)で、米国では『風と共に去りぬ』を抜いて映画の日本公開時の劇場用パンフレットの記述より。1500万部のベストセラーになった。全世界で4000万部が売れているベストセラー 。 日本では1974年6月20日に新潮社より五木寛之の訳(下訳はのち東大教授となる國重純二)で出版され、(当時)120万部のベストセラーとなり、その後も読まれ続けており、270万部を超えるロングセラー。 1970年の初版の英語タイトルは「Jonathan Livingston Seagull — a story.」。によるカモメの写真(比較的シンプルな写真からアーティスティックな加工写真 まで様々)が随所に挿入されている。全3部構成で出版されていた。だが、(人々には全然知らされていなかったのだが)もともと全4部の作品を書いていたのであり、何らかの理由により第4部を封印して世に出していたのだ、という。2012年8月、作者は小型飛行機の操縦中に墜落事故をおこし重傷を負う。その際いろいろ想う所があったらしく、2014年2月、44年前に封印していた幻の第4部を含めた「完全版」を電子書籍形式で発表することになる。日本ではこれを「かもめのジョナサン完成版」と題し、同年7月に紙の書籍で発売。出版社/第4章の訳者は従来と同じく新潮社/五木寛之。(ただし「完成版」では五木訳は“ 創訳 ”として記載されている) 禅の影響を受けていると指摘される作品であり、読者たちを精神世界の探究、宗教的な探究、自己啓発などへといざなった。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとかもめのジョナサン · 続きを見る »

千夜一夜物語

アーサー・ボイド・ホートン(1836 – 1875)の木版画http://www.victorianweb.org/art/illustration/houghton/1.html "The Sultan Pardons Scheherazade" by Arthur Boyd Houghton (1836-1875). Wood engraving, 8 x 5 1/2 inches. シェヘラザードとシャフリヤール(フェルディナント・ケラー画 1880年) 『千夜一夜物語』(せんやいちやものがたり、ألف ليلة وليلة, هزار و یک شب)は、イスラム世界における説話集。ペルシャの王に妻が毎夜物語を語る形式を採る。枠物語の手法で描かれた代表的な物語の一つとしても知られる。英語版の題名より「アラビアンナイト」の名称でも広く知られている。 サーサーン朝(ササン朝ペルシャ)時代に、ペルシャ・インド・ギリシャなど各地の民話が、公用語の中世ペルシャ語(パフラヴィー語)で記され、「ハザール・アフサーナ」(هزار افسان,千の物語)として編纂された国立民族学博物館教授 西尾哲夫、NHK2013年11月6日放送「100分de名著 アラビアンナイト」全4回。NHK出版100分de名著『アラビアンナイト』2013年11月。。その後、651年にサーサーン朝はイスラム教徒に征服されてイスラーム帝国が勃興する。最初のウマイヤ朝を経て、アッバース朝初期の8世紀後半に、その新都バグダードがイスラーム帝国の中心都市として整備され始めた以降、アラビア語に翻訳されて9世紀にはその原型ができたアラブの文学と言語の研究者でカリフォルニア大学サンタバーバラ校教授デュワイト・レイノルズ Dwight Reynolds による千一夜研究書 P270「The Thousand and One Nights: A History of the Text and its Reception」(日本語未翻訳)2006年 ケンブリッジ大学出版 The Cambridge History of Arabic Literature: Arabic Literature in the Post-Classical Period.

新しい!!: “文学少女”シリーズと千夜一夜物語 · 続きを見る »

千葉進歩

千葉 進歩(ちば すすむ、1970年9月13日 - )は、日本の男性声優。神奈川県出身。血液型はB型。大沢事務所所属。 代表作に『キューティーハニーF』(早見青児)、『神風怪盗ジャンヌ』(名古屋稚空/怪盗シンドバット)、『ヒカルの碁』(藤原佐為)、『きらりん☆レボリューション』(村西社長)、『銀魂』(近藤勲)、『彩雲国物語』(柴彰)、『二十面相の娘』(ハンス)、『ヴァンパイア騎士』(一条拓麻)、『戦場のヴァルキュリア』(ウェルキン・ギュンター)、『ダンボール戦機』などがある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと千葉進歩 · 続きを見る »

友情 (小説)

『友情』(ゆうじょう)は、武者小路実篤による初期の小説。1919年に大阪毎日新聞に掲載されたのが初出で、1920年には以文社より単行本が刊行された。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと友情 (小説) · 続きを見る »

坂口安吾

坂口 安吾(さかぐち あんご、1906年(明治39年)10月20日 - 1955年(昭和30年)2月17日)は、日本の小説家、評論家、随筆家。本名は坂口 炳五(さかぐち へいご)。昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学を代表する作家の一人である。新潟県新潟市出身。東洋大学印度哲学倫理学科卒業。アテネ・フランセでフランス語習得。純文学のみならず、歴史小説や推理小説も執筆し、文芸や時代風俗から古代歴史まで広範に材を採る随筆など、多彩な活動をした。 戦前はファルス的ナンセンス作品『風博士』で文壇に注目され、一時低迷した後、終戦直後に発表した『堕落論』『白痴』により時代の寵児となり、太宰治、織田作之助、石川淳らと共に、無頼派・新戯作派と呼ばれ地歩を築いた奥野健男「坂口安吾――人と作品」(文庫版『白痴・二流の人』)(角川文庫、1970年。改版1989年、2008年、2012年)『新潮日本文学アルバム35 坂口安吾』(新潮社、1986年)。歴史小説では黒田如水を主人公とした『二流の人』、推理小説では『不連続殺人事件』が注目された都筑道夫「安吾流探偵術」(『日本探偵小説全集10 坂口安吾集』)(東京創元社、1985年)。 坂口安吾の文学作品には、途中で放棄された未完の長編や失敗作も多く、小説家としての技量や芸術性・完璧性の観点からは器用な作家とはいえないが、その作風には独特の不思議な魅力があり、狂気じみた爆発的性格と風が吹き通っている「がらんどう」のような風格の稀有な作家だといわれている三枝康高「作品解説」(文庫版『白痴・二流の人』)(角川文庫、1970年。改版1989年、2008年、2012年)三島由紀夫「内容見本」(『坂口安吾全集』推薦文)(冬樹社、1967年)。 晩年に生まれた一人息子の坂口綱男は写真家である。またアンコウを共食いと言い好んで食べた。坂口安吾『明日天気になれ』.

新しい!!: “文学少女”シリーズと坂口安吾 · 続きを見る »

堤中納言物語

『堤中納言物語』(つつみちゅうなごんものがたり)は、日本の平安時代後期以降に成立した短編物語集。編者は不詳。10編の短編物語および1編の断片からなるが、成立年代や筆者はそれぞれ異なり、遅いものは13世紀以後の作品と考えられる。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと堤中納言物語 · 続きを見る »

声優

声優(せいゆう)とは、映像作品や音声作品に、声の出演をする俳優のこと。広くはナレーターも含めることがある。英語では一般的に男性を voice actor、女性を voice actress といい、日本語でもボイスアクターという場合がある。 アニメーション作品ではしばしばキャラクターボイス (character voice)、略してCVというが、これは和製英語である。1980年代後半にアニメ雑誌『アニメック』で副編集長だった井上伸一郎が提唱した用語で、その後、井上が角川書店で創刊した『月刊ニュータイプ』でも用いられている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと声優 · 続きを見る »

多田俊介

多田 俊介(ただ しゅんすけ)は、日本のアニメーション演出家、アニメ監督。東京都出身。M.S.C所属。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと多田俊介 · 続きを見る »

夏への扉

『夏への扉』(なつへのとびら、原題:The Door into Summer) は、アメリカのSF作家ロバート・A・ハインラインが1956年に発表したSF小説。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと夏への扉 · 続きを見る »

夏目漱石

夏目 漱石(なつめ そうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日) - 1916年(大正5年)12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者。本名、夏目 金之助(なつめ きんのすけ)。江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身。俳号は愚陀仏。 大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。帝国大学(後の東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めた後、イギリスへ留学。帰国後、東京帝国大学講師として英文学を講じながら、「吾輩は猫である」を雑誌『ホトトギス』に発表。これが評判になり「坊っちゃん」「倫敦塔」などを書く。 その後朝日新聞社に入社し、「虞美人草」「三四郎」などを掲載。当初は余裕派と呼ばれた。「修善寺の大患」後は、『行人』『こゝろ』『硝子戸の中』などを執筆。「則天去私(そくてんきょし)」の境地に達したといわれる。晩年は胃潰瘍に悩まされ、「明暗」が絶筆となった。 夏目漱石誕生之地碑.

新しい!!: “文学少女”シリーズと夏目漱石 · 続きを見る »

夢想庭園

夢想庭園」(むそうガーデン)は、CooRieの17枚目のシングル。2010年7月7日にGloryHeavenから発売された。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと夢想庭園 · 続きを見る »

大久保薫

大久保 薫(おおくぼ かおる、1972年12月24日 - )は、日本の作曲家、編曲家。大阪府出身。POPHOLIC所属。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと大久保薫 · 続きを見る »

太宰治

太宰 治(だざい おさむ、1909年(明治42年)6月19日 - 1948年(昭和23年)6月13日)は、日本の小説家である。本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。自殺未遂や薬物中毒を克服し戦前から戦後にかけて多くの作品を発表。没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称された。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと太宰治 · 続きを見る »

夜叉ヶ池 (戯曲)

『夜叉ヶ池』(やしゃがいけ)は、泉鏡花が1913年(大正2年)に発表した戯曲。彼が初めて著した戯曲で、『演芸倶楽部』に発表された。これを原作とする演劇・映画等についても併せて記述する。 夜叉ヶ池の龍神伝説を題材としている。ゲアハルト・ハウプトマンの『沈鐘』(Die versunkene Glocke)が元ネタといわれている。 現行版は岩波文庫(解説澁澤龍彦)。「天守物語」を併せて収載している。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと夜叉ヶ池 (戯曲) · 続きを見る »

外科室

外科室」(げかしつ)は、泉鏡花の短編小説。1895年(明治28年)『文芸倶楽部』に掲載。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと外科室 · 続きを見る »

好色五人女

『好色五人女』(こうしょくごにんおんな)は、江戸時代の浮世草子。井原西鶴作。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと好色五人女 · 続きを見る »

学校の階段

『学校の階段』(がっこうのかいだん)は、ファミ通文庫から刊行されている櫂末高彰のライトノベル。また、これを原作とする実写映画作品である。 原作のイラストは甘福あまね。第7回えんため大賞優秀賞受賞作。発行部数は20万部以上(2007年4月時点の情報)。 また、エンターブレインが配信するウェブコミック配信サイト『ファミ通コミッククリア』において漫画版(作画:芳井アキ)が連載された。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと学校の階段 · 続きを見る »

宮原永海

宮原 永海(みやはら なみ、1978年1月24日 - )は、日本の女性声優、女優、歌手。アトミックモンキー所属。 東京都出身。身長163cm。血液型はO型。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと宮原永海 · 続きを見る »

宮野真守

宮野 真守(みやの まもる、1983年6月8日 - )は、日本の声優、俳優、歌手、ナレーター。劇団ひまわりとKING AMUSEMENT CREATIVEに所属。埼玉県出身。公式ファンクラブは「Laugh & Peace」。代表作に『DEATH NOTE』(夜神月)、『機動戦士ガンダム00』(刹那・F・セイエイ)、『うたの☆プリンスさまっ♪』(一ノ瀬トキヤ)などがある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと宮野真守 · 続きを見る »

宮沢賢治

宮沢 賢治(みやざわ けんじ、正字: 宮澤 賢治、1896年8月27日 - 1933年9月21日)は、日本の詩人、童話作家。 仏教(法華経)信仰と農民生活に根ざした創作を行い、創作作品中に登場する架空の理想郷に、岩手をモチーフとしてイーハトーブ(Ihatov、イーハトヴあるいはイーハトーヴォ (Ihatovo) 等とも)と名付けたことで知られる。生前彼の作品はほとんど一般には知られず無名に近かったが、没後草野心平らの尽力により作品群が広く知られ、世評が急速に高まり国民的作家となっていった。そうした経緯もあって日本には広く愛好者がおり、出身地である岩手県花巻市は彼の故郷として有名である。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと宮沢賢治 · 続きを見る »

小川未明

小川 未明(おがわ みめい、1882年(明治15年)4月7日 - 1961年(昭和36年)5月11日)は、小説家・児童文学作家。本名は小川 健作(おがわ けんさく)。「日本のアンデルセン」「日本児童文学の父」と呼ばれ、浜田広介と坪田譲治と並んで「児童文学界の三種の神器」と評された。娘の岡上鈴江も児童文学者。 「未明」という雅号は小川の師である坪内逍遥が付けたもので、正しくは「びめい」と読む。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと小川未明 · 続きを見る »

小野大輔

小野 大輔(おの だいすけ、1978年5月4日 - )は、日本の男性声優、歌手、ナレーター。現在はフリー。 代表作に『涼宮ハルヒの憂鬱』(古泉一樹)、『黒執事』(セバスチャン・ミカエリス)、『glee/グリー』(フィン・ハドソン)、『宇宙戦艦ヤマト2199』(古代進)、『ジョジョの奇妙な冒険』(空条承太郎)、『おそ松さん』(松野十四松)、『デュラララ!!』シリーズ(平和島静雄)などがある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと小野大輔 · 続きを見る »

小林多喜二

下川沿駅前の生誕碑 小林 多喜二(こばやし たきじ、1903年(明治36年)12月1日戸籍上の日付。なお、従来いわれてきた『10月13日』は、1903年12月1日の旧暦での日付にあたる。 - 1933年(昭和8年)2月20日)は、日本のプロレタリア文学の代表的な作家、小説家である。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと小林多喜二 · 続きを見る »

小林洋平

小林 洋平(こばやし ようへい、1986年8月8日 - )は、日本の放送作家。開成高等学校、A&Gアカデミー放送作家コース第1期卒業。通称ちゃんこ。O型。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと小林洋平 · 続きを見る »

山像かおり

山像 かおり(やまがた かおり、1963年2月27日 - )は、日本の女優、声優、脚本家。フクダ&Co.所属。大阪府枚方市出身。夫は声優の石田圭祐加納幸和『』、2013年7月15日、2017年6月11日閲覧。。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと山像かおり · 続きを見る »

山田由香

山田 由香(やまだ ゆか、1968年 - )は、日本の女性脚本家。東京都生まれ。カリタス女子中学校・高等学校、立教大学卒業。4年間の百貨店勤務を経て脚本家となる。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと山田由香 · 続きを見る »

川崎逸朗

川崎 逸朗(かわさき いつろう)は、日本のアニメーション監督、演出家、脚本家。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと川崎逸朗 · 続きを見る »

川端康成

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。大阪府出身。東京帝国大学国文学科卒業。 大学時代に菊池寛に認められ文芸時評などで頭角を現した後、横光利一らと共に同人誌『文藝時代』を創刊。西欧の前衛文学を取り入れた新しい感覚の文学を志し「新感覚派」の作家として注目され、詩的、抒情的作品、浅草物、心霊・神秘的作品、少女小説など様々な手法や作風の変遷を見せて「奇術師」の異名を持った原善「川端康成」()。その後は、死や流転のうちに「日本の美」を表現した作品、連歌と前衛が融合した作品など、伝統美、魔界、幽玄、妖美な世界観を確立させ、人間の醜や悪も、非情や孤独も絶望も知り尽くした上で、美や愛への転換を探求した数々の日本文学史に燦然とかがやく名作を遺し、日本文学の最高峰として不動の地位を築いた羽鳥徹哉「作家が愛した美、作家に愛された美―絶望を希望に転じ、生命の輝きを見出す」()羽鳥徹哉「川端文学の世界――美についての十章」()。日本人として初のノーベル文学賞も受賞し、受賞講演で日本人の死生観や美意識を世界に紹介した。 代表作は、『伊豆の踊子』『抒情歌』『禽獣』『雪国』『千羽鶴』『山の音』『眠れる美女』『古都』など。初期の小説や自伝的作品は、川端本人が登場人物や事物などについて、随想でやや饒舌に記述している。そのため、多少の脚色はあるものの、純然たる創作(架空のできごと)というより実体験を元にした作品として具体的実名や背景が判明し、研究・追跡調査されている「第三章 精神の傷あと―『みち子もの』と『伊豆の踊子』―」()。 川端は新人発掘の名人としても知られ、ハンセン病の青年・北條民雄の作品を世に送り出し、佐左木俊郎、武田麟太郎、藤沢桓夫、少年少女の文章、山川彌千枝、豊田正子、岡本かの子、中里恒子、三島由紀夫などを後援し、数多くの新しい才能を育て自立に導いたことも特記できる「新感覚――『文芸時代』の出発」()「第一編 評伝・川端康成――非情」()「第二部第五章 新人才華」()。また、その鋭い審美眼で数々の茶器や陶器、仏像や埴輪、俳画や日本画などの古美術品の蒐集家としても有名で、そのコレクションは美術的価値が高い。 多くの名誉ある文学賞を受賞し、日本ペンクラブや国際ペンクラブ大会で尽力したが、多忙の中、1972年(昭和47年)4月16日夜、72歳でガス自殺した(なお、遺書はなかった)「『美しい日本の私』――ノーベル賞受賞」()「第三部第八章 末期」()。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと川端康成 · 続きを見る »

川澄綾子

川澄 綾子(かわすみ あやこ、1976年3月30日 - )は、日本の女性声優、ナレーター、歌手。大沢事務所所属。東京都出身、身長157cm、血液型はB型。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと川澄綾子 · 続きを見る »

中原中也

中原 中也(なかはら ちゅうや、1907年(明治40年)4月29日 - 1937年(昭和12年)10月22日)は、日本の詩人、歌人、翻訳家。旧姓は柏村。 代々開業医である名家の長男として生まれ、跡取りとして医者になることを期待され、小学校時代は学業成績もよく神童とも呼ばれたが、8歳の時、弟がかぜにより病死したことで文学に目覚めた。中也は30歳の若さで死去したが、生涯で350篇以上の詩を残した。その一部は、結婚の翌年刊行した処女詩集『山羊の歌』、および、中也の死の翌年出版された第二詩集『在りし日の歌』に収録されている。訳詩では『ランボオ詩集』や数は少ないがアンドレ・ジイドの作品などフランス人作家の翻訳もしている。日本大学予科、中央大学予科などを経て東京外国語学校(現在の東京外国語大学)専修科仏語部修了。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと中原中也 · 続きを見る »

中原麻衣

中原 麻衣(なかはら まい、1981年2月23日 - )は、日本の女性声優、歌手、ラジオパーソナリティ。アイムエンタープライズ所属。 兵庫県で生まれ、愛媛県や福岡県などで育った。身長161.5cm、血液型はAB型。愛称はまいまい、お姉さん、麻衣さん、まいたん、麻衣ちゃん、麻衣様。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと中原麻衣 · 続きを見る »

中島沙樹

中島 沙樹(なかじま さき、1978年9月1日 - )は、日本の女性声優、ナレーターである。東京俳優生活協同組合(俳協)所属。埼玉県出身。血液型はO型。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと中島沙樹 · 続きを見る »

中嶋聡彦

中嶋 聡彦(なかじま としひこ、1962年8月12日 - 2017年9月8日)は、日本の男性俳優、声優、音響監督。かつては賢プロダクション、劇団21世紀FOX所属に所属していた。 愛知県出身。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと中嶋聡彦 · 続きを見る »

中勘助

中 勘助(なか かんすけ、1885年(明治18年)5月22日 - 1965年(昭和40年)5月3日)は東京出身の作家・詩人である。夏目漱石の教え子。日記体随筆で知られる。代表作に『銀の匙』。1964年度朝日賞受賞。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと中勘助 · 続きを見る »

主人公

主人公(しゅじんこう)とは、フィクション作品(小説・映画・ドラマ・漫画・アニメ・ゲームなど)のストーリーの中心となり物語を牽引していく登場人物。 日本語の「主人公」という語は坪内逍遥によるものとされている毎日新聞社編『話のネタ』PHP文庫 p.55 1998年。主人公の役割を演じる者は主役と呼ばれる。英語ではヒーロー、ヒロインと同義である場合もあるが、形式張った表現ではプロタゴニスト(Protagonist)と言う。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと主人公 · 続きを見る »

万葉集

元暦校本万葉集 『万葉集』(まんようしゅう、萬葉集)は、7世紀後半から8世紀後半にかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集である。天皇、貴族から下級官人、防人などさまざまな身分の人間が詠んだ歌を4500首以上も集めたもので、成立は759年(天平宝字3年)以後とみられる。 日本文学における第一級の史料であることは勿論だが、方言による歌もいくつか収録されており、さらにそのなかには詠み人の出身地も記録されていることから、方言学の資料としても非常に重要な史料である。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと万葉集 · 続きを見る »

三島由紀夫

三島 由紀夫(みしま ゆきお、本名:平岡 公威(ひらおか きみたけ)、1925年(大正14年)1月14日 - 1970年(昭和45年)11月25日)は、日本の小説家・劇作家・随筆家・評論家・政治活動家・皇国主義者。血液型はA型「第一章」()。戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に、ノーベル文学賞候補になるなど、日本語の枠を超え、海外においても広く認められた作家である「第一回 三島由紀夫の誕生」()「十四 ノーベル文学賞の有力候補」()松永尚三「ヨーロッパ・フランス語圏における三島劇」()。『Esquire』誌の「世界の百人」に選ばれた初の日本人で、国際放送されたTV番組に初めて出演した日本人でもある「三島由紀夫」()。 満年齢と昭和の年数が一致し、その人生の節目や活躍が昭和時代の日本の興廃や盛衰の歴史的出来事と相まっているため、「昭和」と生涯を共にし、その時代の持つ問題点を鋭く照らした人物として語られることが多い佐伯彰一「三島由紀夫 人と作品」(新潮文庫版『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』解説、1973年12月執筆)「不思議な共感」「三島由紀夫の生まれ育った時代」()。 代表作は小説に『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』『鏡子の家』『憂国』『豊饒の海』など、戯曲に『鹿鳴館』『近代能楽集』『サド侯爵夫人』などがある。修辞に富んだ絢爛豪華で詩的な文体、古典劇を基調にした人工性・構築性にあふれる唯美的な作風が特徴「第六回 舞台の多彩の魅力」()「各項〈作品解説〉」()。 晩年は政治的な傾向を強め、自衛隊に体験入隊し、民兵組織「楯の会」を結成。1970年(昭和45年)11月25日、楯の会隊員4名と共に自衛隊市ヶ谷駐屯地(現・防衛省本省)を訪れ東部方面総監を監禁。バルコニーでクーデターを促す演説をした後、割腹自殺を遂げた。この一件は世間に大きな衝撃を与え、新右翼が生まれるなど、国内の政治運動や文学界に大きな影響を及ぼした(詳細は三島事件を参照)。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと三島由紀夫 · 続きを見る »

三石琴乃

三石 琴乃(みついし ことの、1967年教育ジャーナル(主婦の友社)2010年8月号 42-47頁インタビュー12月8日 - )は、日本の女性声優、ナレーター。東京都出身。身長160cm、血液型はA型。所属はフリー。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと三石琴乃 · 続きを見る »

三題噺

三題噺(さんだいばなし)とは、落語の形態の一つで、寄席で演じる際に観客に適当な言葉・題目を出させ、そうして出された題目3つを折り込んで即興で演じる落語である。三題話、三題咄とも呼ぶ。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと三題噺 · 続きを見る »

下田麻美

下田 麻美(しもだ あさみ、1986年1月30日 - )は、日本の声優、舞台女優、歌手。アーツビジョン所属。鳥取県鳥取市出身。愛称は「あさぽん」など。 代表作に『IS 〈インフィニット・ストラトス〉』(凰鈴音)、『THE IDOLM@STER』(双海亜美・真美)、『VOCALOID2』(鏡音リン・レン)、『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』(猿渡銀兵衛春臣)などがある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと下田麻美 · 続きを見る »

平野綾

平野 綾(ひらの あや、1987年10月8日 - )は、日本の声優、女優、歌手、アイドル、タレント、ナレーター、ラジオパーソナリティ。愛知県名古屋市生まれ。玉川大学芸術学部中退。Grick所属。 代表作に『涼宮ハルヒの憂鬱』(涼宮ハルヒ)、『DEATH NOTE』(弥海砂)、『NANA』(芹澤レイラ)、『らき☆すた』(泉こなた)などがある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと平野綾 · 続きを見る »

久川綾

久川 綾(ひさかわ あや、1968年11月12日 - )は、日本の女性声優、歌手。 大阪府貝塚市出身。身長160cm、体重44kg、血液型はA型、星座はさそり座。所属事務所は青二プロダクション。既婚者。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと久川綾 · 続きを見る »

人間失格

『人間失格』(にんげんしっかく)は、小説家・太宰治による中編小説。『ヴィヨンの妻』『走れメロス』『斜陽』に並ぶ太宰の代表作の1つである。 1948年(昭和23年)3月より書き始め、5月12日に脱稿した。太宰は、その1ヶ月後の6月13日に山崎富栄と共に玉川上水で入水自殺した。 同年、雑誌『展望』6月号から8月号まで3回にわたって掲載された本作品は、著者死亡の翌月、7月25日、筑摩書房より短編「グッド・バイ」と併せて刊行された。定価は130円。 他人の前では面白おかしくおどけてみせるばかりで、本当の自分を誰にもさらけ出す事の出来ない男の人生(幼少期から青年期まで)をその男の視点で描く。この主人公の名前は、太宰の初期の小説『道化の華』に一度だけ登場している。 戦後の売り上げは、新潮文庫版だけでも累計発行部数670万部を突破しており、夏目漱石の『こころ』と何十年にもわたり累計部数を争っている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと人間失格 · 続きを見る »

井原西鶴

井原 西鶴(いはら さいかく、寛永19年(1642年)? - 元禄6年8月10日(1693年9月9日))は、江戸時代の大坂の浮世草子・人形浄瑠璃作者、俳諧師。別号は鶴永、二万翁、西鵬。 『好色一代男』をはじめとする浮世草子の作者として知られる。談林派を代表する俳諧師でもあった。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと井原西鶴 · 続きを見る »

井上堅二

井上 堅二(いのうえ けんじ、1980年 - 、男性)は、日本のライトノベル作家、漫画原作者、設計士である。東京都出身、北海道札幌市育ち。第8回えんため大賞編集部特別賞を『バカとテストと召喚獣』で受賞してデビュー。同作品第5巻のあとがきで、小説を書く傍ら設計士をしていることを明らかにした。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと井上堅二 · 続きを見る »

井上喜久子

井上 喜久子(いのうえ きくこ、1964年9月25日 - )は、日本の女性声優、ナレーター、歌手。 本名:熊谷 喜久子(くまがい きくこ、旧姓:井之上)。身長164cm。特技:華道(池坊師範)。資格・免許:中学国語教員免許・図書館司書教諭免許。所属事務所はオフィスアネモネおよびベルベットオフィス(ナレーション部門のみ)。血液型はO型。長女は井上ほの花(声優)。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと井上喜久子 · 続きを見る »

亀井幹太

亀井 幹太(かめい かんた)は、日本のアニメーション監督、アニメーター、ビジュアルエフェクター、映画監督。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと亀井幹太 · 続きを見る »

伊勢物語

『伊勢物語』(いせものがたり)とは、平安初期に成立した歌物語。一巻。作者不詳。『在五が物語』、『在五中将物語』、『在五中将の日記』とも呼ばれる。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと伊勢物語 · 続きを見る »

伊豆の踊子

『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は、川端康成の短編小説。川端の初期の代表作で、伊豆を旅した19歳の時の実体験を元にしている「湯ヶ島での思ひ出」(草稿107枚、1922年夏)。『少年』内への引用作品。に抜粋掲載「少年」(人間 1948年5月号-1949年3月号)。に所収。に第5、6、7、9回分掲載「『伊豆の踊子』成立考」(「新感覚派――『文藝時代』の出発」()。孤独や憂鬱な気分から逃れるため伊豆へ一人旅に出た青年が、修善寺、湯ヶ島、天城峠を越え湯ヶ野、下田に向かう旅芸人一座と道連れとなり、踊子の少女に淡い恋心を抱く旅情と哀歓の物語。孤児根性に歪んでいた青年の自我の悩みや感傷が、素朴で清純無垢な踊子の心によって解きほぐされていく過程と、彼女との悲しい別れまでが描かれている「三 出世作『伊豆の踊子』の慕情」()。 日本人に親しまれている名作でもあり、今までに6回映画化され、ヒロインである踊子・薫は田中絹代から吉永小百合、山口百恵まで当時のアイドル的な女優が演じている奥野健男「解説――鮮やかな感覚表現」()。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと伊豆の踊子 · 続きを見る »

伊藤真澄

伊藤 真澄(いとう ますみ、5月21日 - )は、日本の女性シンガーソングライター、作曲家、編曲家。茨城県出身。武蔵野音楽大学卒業。夫は音楽プロデューサー(ランティス副社長)の伊藤善之である。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと伊藤真澄 · 続きを見る »

伊藤静

伊藤 静(いとう しずか、1980年12月5日 - )は、日本の女性声優、歌手、ナレーター。東京都出身。身長159cm。血液型はO型。賢プロダクション所属。 代表作に『オオカミさんと7人の仲間たち』(大神涼子)、『パンプキン・シザーズ』(アリス・L・マルヴィン)、『スターシップ・オペレーターズ』(香月シノン)などがある賢プロダクションの公式プロフィールに掲載の代表作品より、アニメ作品の「主役」のみ抜粋。。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと伊藤静 · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと元日 · 続きを見る »

引きこもり

引きこもり(引き籠もり、ひきこもり、英語表記 hikikomori)とは、仕事や学校に行かず自宅に引きこもり、家族以外とほとんど交流しない人や状態を指す。日本の厚生労働省は、こうした状態が6か月以上続いた場合を定義としている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと引きこもり · 続きを見る »

心的外傷

心的外傷(しんてきがいしょう、psychological trauma、トラウマ)とは、外的内的要因による衝撃的な肉体的、精神的な衝撃を受けた事で、長い間それにとらわれてしまう状態で、また否定的な影響を持っていることを指す。 心的外傷が突如として記憶によみがえり、フラッシュバックするなど特定の症状を呈し持続的に著しい苦痛を伴えば、急性ストレス障害であり、一部は1か月以上の持続によって、心的外傷後ストレス障害(PTSD)ともなりえる。 心的外傷となるような体験を、外傷体験(英:traumatic experience)という。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと心的外傷 · 続きを見る »

ミュージック・ビデオ

ミュージック・ビデオ(music video)は、宣伝や芸術目的で制作された、曲とイメージを統合した短編映画である。現代のミュージック・ビデオは、主に音楽録音の販売を促進するためのマーケティングデバイスとして制作され、使用されている。また、マーケティングキャンペーンで曲を使用し、単なる曲以上のものにすることも可能である。食品やその他の製品の玩具やマーケディングキャンペーンでは、マーチャンダイジングとして使用されている。ミュージック・ビデオの起源は1920年代に登場したにまで遡るが、1980年代にはMTVがメディアにそのフォーマットに基づいて登場した。これらの作品は、1980年以前には「」、「フィルムド・インサート」、「プロモーション(プロモ)フィルム」、「プロモーション・クリップ」、「プロモーション・ビデオ」、「ソング・ビデオ」、「ソング・クリップ」、「フィルム・クリップ」などと呼ばれていた。 現代のミュージック・ビデオは、アニメーション、実写、ドキュメンタリー、など非物語的なアプローチを含む幅広い撮影技術が使用されている。いくつかのミュージック・ビデオは、アニメーション、音楽、実写など異なるスタイルを混合している。これらのスタイルと技術を組み合わせることは、観客に変化を示す為に、より一般的になってきた。多くのミュージック・ビデオは、曲の歌詞からイメージや場面を解釈するが、別のテーマのアプローチが採用される場合もある。また、必ずしも曲のライブパフォーマンスを撮影したビデオである必要はない。プロダクトプレイスメントは、ミュージック・ビデオでは一般的な技巧であり、多くのヒップホップのビデオにはが登場する。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとミュージック・ビデオ · 続きを見る »

ミステリ

ミステリ、ミステリー、ミステリイ (英:mystery)とは、.

新しい!!: “文学少女”シリーズとミステリ · 続きを見る »

マーガレット・ミッチェル

マーガレット・マナーリン・ミッチェル(Margaret Munnerlyn Mitchell、1900年11月8日 - 1949年8月16日)は、アメリカの小説家。長編小説『風と共に去りぬ』で知られる。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとマーガレット・ミッチェル · 続きを見る »

マゾヒズム

マゾヒズム(ドイツ語: Masochismus 英語: Masochism)または被虐性欲(ひぎゃくせいよく)とは、肉体的精神的苦痛を与えられたり、羞恥心や屈辱感を誘導されることによって性的快感を味わったり、そのような状況に自分が立たされることを想像することで性的興奮を得る性的嗜好の一つのタイプである。極端な場合や世界保健機関のICDにおいては、精神疾患とも見なされ、この場合は性的倒錯(パラフィリア)となる。しかしながら現在デンマークにおいてはマゾヒストの人権に配慮してマゾヒズムは精神疾患とはみなされなくなった。ジル・ドゥルーズの批判にもかかわらず、ICDにおいてはサディズムとマゾヒズムは相関関係にあるという考えを背景にして両者は今なお「サドマゾヒズム(F 65.5)」という疾患名に包括されている。 なお、マゾヒズムという発音・表記はドイツ語と英語の混淆したものと推測される。発音は、英語ではマソキズム、ドイツ語(Masochismus)ではマゾヒスムスに近い。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとマゾヒズム · 続きを見る »

ハムレット

舞台とされたデンマークのクロンボー城内に掲げられている「ハムレット」の石版(2005.08) 『ハムレット』(Hamlet)は、シェイクスピア作の悲劇。5幕から成り、1600年から1602年頃に書かれたと推定される。正式題名は「デンマークの王子ハムレットの悲劇」(The Tragedy of Hamlet, Prince of Denmark)。4000行を超え、シェイクスピアの戯曲の中で最も長い。 デンマーク王子ハムレットが、父を殺し母を奪い王位を簒奪した叔父を討ち、復讐を果たす。シェイクスピアの四大悲劇の一つ。コールリッジによる「悩める知識人」像が一般的だが、近年では「行動人ハムレット」という解釈も有力である。 ハムレットの話は、同時代にトマス・キッドが『スペインの悲劇』という似た話を書いており、少なからずその影響を受けたといわれている。また、この話は北欧伝説が下敷きになっており、12世紀末にサクソ・グラマティクスが編纂した『デンマーク人の事績』(Gesta Danorum)に、モデルになったアムレート(Amleth)の武勇が伝えられている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとハムレット · 続きを見る »

ハンス・クリスチャン・アンデルセン

ハンス・クリスチャン・アンデルセン(、(ハンス・クレステャン・アナスン)、1805年4月2日 - 1875年8月4日)は、デンマークの代表的な童話作家、詩人である。デンマークでは、Andersen が非常にありふれた姓であることから、フルネームを略した(デンマーク語読みで "ホー・セー・アナスン" )と呼ばれる。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとハンス・クリスチャン・アンデルセン · 続きを見る »

ハインリヒ・ハイネ

リスティアン・ヨハン・ハインリヒ・ハイネ(Christian Johann Heinrich Heine, 1797年12月13日 - 1856年2月17日)は、ドイツの作家、詩人、文芸評論家、エッセイスト、ジャーナリスト。デュッセルドルフのユダヤ人の家庭に生まれる。名門ゲッティンゲン大学卒業、法学士号取得。当初は商人、ついで法律家を目指したが、ボン大学でA・W・シュレーゲルの、ベルリン大学でヘーゲルの教えを受け作家として出発。『歌の本』などの抒情詩を初め、多くの旅行体験をもとにした紀行や文学評論、政治批評を執筆した。1831年からはパリに移住して多数の芸術家と交流を持ち、若き日のマルクスとも親交があった。 文学史的にはロマン派の流れに属するが、政治的動乱の時代を経験したことから、批評精神に裏打ちされた風刺詩や時事詩も多く発表している。平易な表現によって書かれたハイネの詩は、様々な作曲者から曲がつけられており、今日なお多くの人に親しまれている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとハインリヒ・ハイネ · 続きを見る »

バカとテストと召喚獣

『バカとテストと召喚獣』(バカとテストとしょうかんじゅう)は、井上堅二による日本のライトノベル作品。イラストは葉賀ユイ。愛称は「バカテス」。ファミ通文庫より2007年1月から2015年3月まで刊行された。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとバカとテストと召喚獣 · 続きを見る »

ポール・ギャリコ

ポール・ギャリコ(Paul Gallico, 1897年7月26日 - 1976年7月15日)はアメリカ・ニューヨーク生まれの小説家(イタリア系)。1919年にコロンビア大学を卒業。彼の作品の多くは映画の原作に使われて、成功を収めてきた。 1941年に発表した『スノーグース』もその一つで、これは彼の決定的に重要な作品の一つであり、また小説『ポセイドン・アドベンチャー』もハリウッド映画化されている。 ニューヨーク市生まれ。彼の父親は、イタリア系で、母親はオーストリアからの移民である。両親は、1895年に移民としてニューヨークにやってきた。ギャリコが初めて名前を知られるようになったのは、1920年代のことで、スポーツライター、スポーツコラムニストとしてであった。彼はニューヨーク・デイリーニュースのスポーツ欄の編集者をしていた。彼のキャリアは、プロボクサー、ジャック・デンプシーとのインタビュー記事で始まった。彼はデンプシーに自分とスパーリングしないかと問い、ヘビー級チャンピオンのパンチがどんなに重いか身をもって体験したことを書いたのである。 彼はその後、ディズィー・ディーンの投げる速球を受けたり、ボビー・ジョーンズとゴルフしたりということ続けた。彼は国民的な人気記者となり、アメリカで最も高給取りのスポーツ記者といわれるようになる。彼は、ゴールデングローブ・アマチュア・ボクシング選手権も始めている。1942年、『ルー・ゲーリッグ ヤンキースの誇り』は映画『打撃王』の原作にされ、スポーツ映画の古典である。 1930年代の後半、スポーツ記事を断念して、小説に向い、雑誌向けの短編でまたもや大成功を収めた。多くの作品はサタデー・イブニングポストの小説読み物の別誌に掲載された。『スノーグース』を含むその大半の作品は、これらの雑誌向け短編小説を書き足したものである。 ギャリコはかつて、ニューヨーク・マガジンに語ったことがある。「私は、薄汚い物書きさ。どうみても、作家って柄じゃない。私は物語を語るのが好きなだけで、私の書いた本はみんなお話を語っているだけだよ。....

新しい!!: “文学少女”シリーズとポール・ギャリコ · 続きを見る »

ポニーキャニオン

株式会社ポニーキャニオン()は、フジサンケイグループの大手映像・音楽ソフトメーカーである。通称は「ポニキャン」「ぽにきゃん.jp」(アニメ情報サイト)、「ぽにきゃんBOOKS」、『ぽにきゃん!アイドル倶楽部』等、ひらがな表記の「ぽにきゃん」を使用する事例もある。。フジ・メディア・ホールディングスの連結子会社で、同社映像音楽グループに属する。 日本映像ソフト協会(JVA)、日本レコード協会(RIAJ)の正会員であり、過去両協会に会長を輩出しているJVAの前身である日本ビデオ協会発足(1971年)後で、両協会に会長を輩出した唯一の会員企業でもある。 日本で初めてミュージックテープ、ビデオソフトを販売したことで知られ、欧米メジャーに属さない独立系レコード会社としては世界有数の規模であるフジパシフィックミュージックのWebサイト(英語版〈〉)に"PONY CANYON is one of the largest independent labels in the world."の記述がある。。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとポニーキャニオン · 続きを見る »

メディアミックス

メディアミックス(media mix)は、広告業界の用語で商品を広告・CMする際に異種のメディアを組み合わせることによって各メディアを補い合う手法が原義であるが、現在では特定の娯楽商品(商業作品)が一定の市場を持ったとき、その商品から派生した商品を幾種類の娯楽メディアを通して多数製作することで、ファンサービスと商品販促を拡充するという手法のことを指すことが多い。 北米では、同様の商法をメディアフランチャイズ(media franchise)という。これは、キャラクターなどを他メディアにフランチャイズするという意味である。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとメディアミックス · 続きを見る »

メアリー・シェリー

メアリー・ウルストンクラフト・ゴドウィン・シェリー(Mary Wollstonecraft Godwin Shelley、1797年8月30日 - 1851年2月1日)は、イギリスの小説家。ゴシック小説『フランケンシュタイン』で知られる。ロマン派詩人パーシー・ビッシュ・シェリーの妻。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとメアリー・シェリー · 続きを見る »

ランティス

ランティス()は、株式会社バンダイナムコアーツのレコードレーベル。 1999年11月26日に株式会社ランティスとして設立。2018年4月1日付でバンダイビジュアルを存続会社として合併の上、新たに株式会社バンダイナムコアーツが設立されることに伴い、法人としては解散。「ランティス(Lantis)」は音楽関連商品のレーベルの名称として、シンボルロゴと共に継承された。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとランティス · 続きを見る »

ランティスウェブラジオ

ランティスネットラジオ (Lantis web radio) は、レコード会社のランティスが運営していたインターネットラジオ配信サイト。 ランティスウェブラジオの表記が混合している。ロゴ・ランティスからの関連発表など、「ランティスネットラジオ」表記が大多数となっている。ページのタイトル部のみ「Lantis web radio」表記になっていたが、その後「Lantis ネットラジオ」のロゴに変更されている。 一部、音泉、BEAT☆Net Radio!などと同じ番組がある(配信日などは異なる)。バックナンバーは番組によって異なる(概ね3〜5週分前くらい)。PCユーザー向けの配信を主体としていたが、一時期は一部の番組でパケットラジオや独自サイトで携帯電話向け配信が行われていた。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとランティスウェブラジオ · 続きを見る »

ラブコメディ

ラブコメディ(英: Love Comedy)は、日本における漫画、アニメ、ドラマ、小説等のジャンルの一つ。主に恋愛を主題にしたコメディ(喜劇、笑い)の要素が強い明るい作風の作品が当てはまる。略称はラブコメ。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとラブコメディ · 続きを見る »

ラビンドラナート・タゴール

ラビンドラナート・タゴール(英語:Rabindranath Tagore、ベンガル語:ロビンドロナート・タクゥル রবীন্দ্রনাথ ঠাকুর、ヒンディー語:ラビーンドラナート・タークゥル रवीन्द्रनाथ ठाकुर(टगोर)、1861年5月7日 - 1941年8月7日)は、インドの詩人 、思想家。詩聖(グゥルゥデーウ गुरुदेव)として非常な尊敬を集めている。1913年には『ギーターンジャリ』によってノーベル文学賞を受賞した。これはアジア人に与えられた初のノーベル賞でもあった。 インド国歌及びバングラデシュ国歌の作詞・作曲者で、タゴール国際大学の設立者でもあった。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとラビンドラナート・タゴール · 続きを見る »

ライトノベル

ライトノベルは、日本で生まれた小説の分類分けの1つ。英単語のlightとnovelを組み合わせた和製英語。略語としてはラノベ。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとライトノベル · 続きを見る »

ライトノベルアワード

ライトノベルアワード(Light Novel Award)とは角川グループホールディングス(現KADOKAWA)系列の出版社4社(角川書店・富士見書房・メディアワークス・エンターブレイン)が2007年に開催したライトノベルを対象とする文学賞である。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとライトノベルアワード · 続きを見る »

ライ麦畑でつかまえて

『ライ麦畑でつかまえて』(ライむぎばたけでつかまえて, The Catcher in the Rye)は、J・D・サリンジャーによる長編小説。1951年7月16日にリトル・ブラウン社から出版された。日本語訳版の題名としてはこの最も広く知られたものの他にも、『ライ麦畑の捕手』(ライむぎばたけのほしゅ)、『キャッチャー・イン・ザ・ライ』、『危険な年齢』(きけんなねんれい)などがある。 高校を放校となった17歳の少年ホールデン・コールフィールドがクリスマス前のニューヨークの街をめぐる物語。口語的な文体で社会の欺瞞に対し鬱屈を投げかける内容は時代を超えて若者の共感を呼び、青春小説の古典的名作として世界中で読み継がれている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとライ麦畑でつかまえて · 続きを見る »

リチャード・バック

リチャード・バック(Richard Bach、1936年6月23日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州生まれの飛行家、作家。飛行機に関するルポルタージュ風の作品を書いていたが、1970年に『かもめのジョナサン』を発表した。当初はほとんど評判にならなかったが、1972年に突如ベストセラーのトップに躍り出た。各国語に翻訳され、日本でもロングセラーとなっている。 ヨハン・ゼバスティアン・バッハの子孫と言われている。 2012年8月31日、自家用の飛行機でワシントン州を飛行中、電線に引っかかって飛行機が大破し、重傷を負った。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとリチャード・バック · 続きを見る »

リヒャルト・ワーグナー

ヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナー( 、1813年5月22日 - 1883年2月13日)は、歌劇の作で知られる19世紀のドイツの作曲家、指揮者。ロマン派歌劇の頂点であり、また「楽劇王」の別名で知られる。ほとんどの自作歌劇で台本を単独執筆し、理論家、文筆家としても知られ、音楽界だけでなく19世紀後半のヨーロッパに広く影響を及ぼした中心的文化人の一人でもある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとリヒャルト・ワーグナー · 続きを見る »

リストカット

リストカットとは、カッターナイフなどの刃物を用いて主に手首を傷つける自傷行為をいう。略してリスカと言われることがあり、若年層の間でこの表現が用いられる。 手首ではなく、腕を傷つけることをアームカット、略してアムカという。 また、リスカというのは「精神的苦痛」「身体的疲労」が主な原因と考えられている.

新しい!!: “文学少女”シリーズとリストカット · 続きを見る »

ロバート・A・ハインライン

バート・アンスン・ハインライン(、1907年7月7日 - 1988年5月8日)は、アメリカのSF作家。アンスン・マクドナルド()、ライル・モンロー()などの名義で執筆していた時期もある(いずれも中・短編)。SF界を代表する作家のひとりで「SF界の長老」()とも呼ばれ、影響を受けたSF作家も数多いが、物議をかもした作品も多い。科学技術の考証を高水準にし、SFというジャンルの文学的質を上げることにも貢献した。他のSF作家がSF雑誌に作品を載せるなか、ハインラインは1940年代から自分の作品を「サタデー・イブニング・ポスト」などの一般紙に載せた。この結果としてSFの大衆化が進んだのは、ハインラインの功績の一つである。SF小説でベストセラーを産んだ最初の作家でもある。アイザック・アシモフ、アーサー・C・クラークと並んで、世界SF界のビッグスリーとも呼ばれていた。 SF短編小説の名手でもあり、アスタウンディング誌の編集長ジョン・W・キャンベルが鍛えた作家の1人である。ただし、ハインライン自身はキャンベルの影響を否定している。 初期の頃は未来史シリーズなど、科学小説としてのSFを書いていたが次第に社会性を強め、『宇宙の戦士』では軍国主義を賛美する兵士の描写があったことから右翼と呼ばれ、一方の社会主義者の名残が表れている『月は無慈悲な夜の女王』では左翼と呼ばれるなど多彩な顔を持った。中でも宗教やポリアモリーを扱った『異星の客』の反響は大きく、ヒッピーの経典と崇められ、ファンが分かれたという。『異星の客』中の「グロク」()という造語が『オックスフォード英語辞典』に掲載されたり、終いにはマンソン・ファミリーが実際のカルト活動で『異星の客』中の宗教をまねたりもした。 以後『宇宙の戦士』、『ダブル・スター(太陽系帝国の危機)』、『異星の客』、『月は無慈悲な夜の女王』でヒューゴー賞を計4回受賞(いずれも長編小説部門)。アメリカSFファンタジー作家協会は1回目のグランド・マスター賞をハインラインに授与した。 ロマンティックなタイム・トラベル物『夏への扉』は特に日本において人気の高い作品であり、SFファンのオールタイム・ベスト投票では、度々ベスト1作品になっている。 しかしアメリカにおいては『月は無慈悲な夜の女王』と『異星の客』がクローズアップされることが多く、『夏への扉』は日本での限定的な人気にとどまっている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとロバート・A・ハインライン · 続きを見る »

ロリータ

『ロリータ』(Лолита - Lolita) はロシア生まれのアメリカ合衆国の作家、ウラジーミル・ナボコフの小説。1955年刊。少女性愛者ハンバート・ハンバート(1910年生まれ)と、彼が心惹かれた少女ドロレス・ヘイズ(1935年1月1日生まれ)との関係を描いた長編で、全体はハンバートの手記の形を取っている。 初版はパリで出版され、内容をめぐって論争を引き起こしたのち、1958年にアメリカで出版されベストセラーとなった。出版当時はポルノまがいの作品との評価も受けたが、現在ではアメリカ文学の古典として認知されている。 ヒロインの愛称である「ロリータ」は今日でも魅惑的な少女の代名詞として使われており、ロリータ・コンプレックス、ロリータ・ファッションなど多くの派生語を生んでいる。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとロリータ · 続きを見る »

ロゴタイプ

ウィキペディア日本語版のロゴマーク。マーク(上部)とロゴタイプ(下部)からなる。 ロゴタイプ (logotype) は、図案化・装飾化された文字・文字列のことで、団体名、商号、商品名、雑誌名、書名などを印刷・表示する際に使用される。ロゴと略すこともある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとロゴタイプ · 続きを見る »

トルーマン・カポーティ

トルーマン・ガルシア・カポーティ(Truman Garcia Capote, 1924年9月30日 - 1984年8月25日)は、アメリカの小説家。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとトルーマン・カポーティ · 続きを見る »

ヘルマン・ヘッセ

ヘルマン・カール・ヘッセ(Hermann Karl Hesse, 1877年7月2日 - 1962年8月9日)は、ドイツ生まれのスイスの作家。主に詩と小説によって知られる20世紀前半のドイツ文学を代表する文学者である。 南ドイツの風物のなかで、穏やかな人間の生き方を画いた作品が多い。また、ヘッセは、風景や蝶々などの水彩画もよくしたため、自身の絵を添えた詩文集も刊行している。そして、1946年、彼は、『ガラス玉演戯』などの作品が評価され、ノーベル文学賞を受賞した。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとヘルマン・ヘッセ · 続きを見る »

ブックウォーカー

株式会社ブックウォーカー (BOOK WALKER Co.,Ltd.)は、2005年12月に設立されたKADOKAWAグループのデジタル戦略子会社。東京都千代田区に本社を置き、電子書籍サイト「BOOK☆WALKER」等の電子書籍全般に関する業務を行なっている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとブックウォーカー · 続きを見る »

プロダクション・アイジー

株式会社プロダクション・アイジー()は、IGポートグループの日本のアニメ制作会社。日本動画協会正会員。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとプロダクション・アイジー · 続きを見る »

ビーンズエース

『ビーンズエース』(Beans A)は、角川書店から刊行されていた漫画雑誌。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとビーンズエース · 続きを見る »

ピザハット

アメリカ、インディアナ州のピザハット シンガポールのピザハット ピザハット1号店(カンザス州ウィチタ) ピザハット()は、ピザやパスタ、バッファローウィングなどを主に宅配により販売するファーストフードチェーン(テイクアウト販売も行っている)。アメリカテキサス州プレイノに本社を構える世界最大のピザチェーンで、米国内に7200店舗以上、その他世界90の国と地域に5600店舗以上を運営している。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとピザハット · 続きを見る »

ツンデレ

ツンデレは、特定の人間関係において敵対的な態度(ツンツン)と過度に好意的な態度(デレデレ)の二つの性質を持つ様子、又はそうした人物を指す。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとツンデレ · 続きを見る »

ティー・オーエンタテインメント

株式会社ティー・オーエンタテインメント()は、日本のコンテンツ制作会社。 映画の製作・配給・宣伝・制作を行っている。 アメリカ、イギリス、ロシアに子会社がある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとティー・オーエンタテインメント · 続きを見る »

ティファニーで朝食を

『ティファニーで朝食を』(ティファニーでちょうしょくを、原題: )は、アメリカ合衆国の小説家トルーマン・カポーティによる中編小説。1958年にランダムハウスから出版された。ニューヨークを舞台に、自由奔放に生きる女性主人公を描く。1961年にオードリー・ヘプバーン主演でパラマウント映画によって映画化された。 題名は主人公のいう「ティファニーで朝食を食べるご身分」というたとえで、当時ニューヨーク5番街にあるティファニーは宝石店であり実際のレストランではなかったが、映画の影響を受け2017年にブランド初となるダイニングスペースがオープンした。映画版では題名を意識してか、冒頭でオードリー・ヘプバーンがティファニーのショーウィンドウを前に朝食を食べるシーンがある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとティファニーで朝食を · 続きを見る »

テオドール・シュトルム

テオドール・シュトルム(Hans Theodor Woldsen Storm、1817年9月14日-1888年7月4日)は、ドイツの法律家、作家。代表作に『みずうみ』『白馬の騎手』など。ドイツ文学における詩的リアリズム(市民的リアリズム)を代表する作家の一人。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとテオドール・シュトルム · 続きを見る »

デミアン

『デミアン-エーミール・シンクレールの少年時代の物語』(Demian: Die Geschichte von Emil Sinclairs Jugend)とは、ヘルマン・ヘッセの小説である。第一次世界大戦中の1919年に発表された。この作品が発表されたときには、「エーミール・シンクレール」という名で刊行されていた。しかし、作者がヘッセだということが明らかになったため、1920年からは「ヘルマン・ヘッセ」の名で公刊されている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとデミアン · 続きを見る »

フランケンシュタイン

『フランケンシュタイン』(1831年改訂版)の内表紙 『フランケンシュタイン』(Frankenstein)は、イギリスの小説家、メアリー・シェリーが1818年3月11日に匿名で出版したゴシック小説。原題は『フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス』()。また、同書の主人公であるスイス人科学者の姓である。今日出回っているものは、1831年の改訂版である。多くの映像化作品が作られ、本書を原案とする創作は現在も作り続けられている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとフランケンシュタイン · 続きを見る »

ファミ通

『ファミ通』(ファミつう)は、Gzブレインが発行する日本の家庭用ゲーム雑誌。発売はKADOKAWA。かつてはアスキー(創刊から2000年3月まで)、エンターブレイン(2000年4月から2013年9月まで)、KADOKAWA(2013年10月から2015年3月まで)、カドカワ(2015年4月から2017年6月まで)が発行していた。かつての誌名は『ファミコン通信』。『週刊ファミ通』は毎週木曜日に発行、派生雑誌は月刊、隔月、季刊、不定期刊で発行。2015年時点での公称発行部数は30万部(2007年は50万部)。 1986年、パソコン雑誌『Login(ログイン)』より派生したテレビゲーム専門誌『ファミコン通信』として創刊。1995年より、創刊当初から使われていた略称『ファミ通』を正式名称とした。現在は日本で発行されるほぼ全ハードのゲームソフトの他、映画・DVD、TV番組、書籍などの総合情報誌も扱う、日本でほぼ唯一のゲーム系週刊誌となっている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとファミ通 · 続きを見る »

ファミ通文庫

ファミ通文庫 (ファミつうぶんこ)は、日本の出版社、KADOKAWAから刊行されているライトノベル系文庫レーベル。1998年7月18日創刊。 2013年9月30日までは株式会社エンターブレイン(eb)が刊行。同年10月1日からebはKADOKAWAに吸収合併された後に社内ブランドになり、現状は旧ebスタッフがそのまま編集を担当している。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとファミ通文庫 · 続きを見る »

ドジっ娘

ドジっ娘(ドジっこ)は、ドジな女性を総称して指す用語『ライトノベル「超」入門(新城カズマ、ソフトバンク新書、ISBN 4797333383)』p.150で、オタクカルチャー用語。 ドジっ子、ドジ女とも用いる。またドジっ子という言葉であると、男性キャラクターにも当てはまる。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとドジっ娘 · 続きを見る »

ダフニスとクロエ (ロンゴス)

フランスの彫刻家ジャン=ピエール・コルトーの作品『ダフニスとクロエ』(ルーヴル美術館所蔵) フランスの画家ラファエル・コランの作品『ダフニスとクロエ』 『ダフニスとクロエ』(Ποιμενικά κατά Δάφνιν και Χλόην、もしくは Δάφνις και Χλόη)は、2世紀末から3世紀初め頃の古代ギリシアで書かれた恋愛物語。ロンゴス(Λόγγος; ラテン語表記では Longus、生没年不詳)作と伝えられているが、作者に関することはほとんど何もわかっていない。 全4巻がほぼ完全な形で現存しており、エーゲ海に浮かぶレスボス島の牧歌的な情景を舞台に、少年と少女に芽生えた純真な恋とその成就が、恋敵との諍い・海賊の襲撃・都市国家間の戦争などの逸話を絡めて、抒情豊かに描かれている。 何度か映画化されているが、日本では、1963年ニコス・コンドゥロス監督によるギリシアの映画が『春のめざめ』の題で公開されている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとダフニスとクロエ (ロンゴス) · 続きを見る »

初恋 (ツルゲーネフ)

『初恋』(はつこい、ロシア語原題:Первая Любовь ピェールヴァヤ・リュボーフィ )は、1860年に雑誌『読書文庫』に発表されたイワン・ツルゲーネフによる中編小説。半自伝的性格を持ち、作者が生涯で最も愛した小説と言われている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと初恋 (ツルゲーネフ) · 続きを見る »

嵐が丘

『嵐が丘』初版の扉頁 『嵐が丘』(あらしがおか、原題:Wuthering Heights "ワザリングハイツ"、"ウザリングハイツ")は、エミリー・ブロンテの唯一の長編小説。 「世界の三大悲劇」や「世界の十大小説のひとつ」などと評されている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと嵐が丘 · 続きを見る »

アラン・シリトー

アラン・シリトー(Alan Sillitoe、1928年3月4日 - 2010年4月25日)は、イギリス、ノッティンガム出身の小説家。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとアラン・シリトー · 続きを見る »

アントン・チェーホフ

アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ(ロシア語Антон Павлович Чехов:アントーン・パーヴラヴィチ・チェーハフ/ラテン文字(英文表記)Anton Pavlovich Chekhov、1860年1月29日・タガンログ - 1904年7月15日・バーデンワイラー)は、ロシアを代表する劇作家であり、多くの優れた短編を遺した小説家。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとアントン・チェーホフ · 続きを見る »

アンドレ・ジッド

アンドレ・ポール・ギヨーム・ジッド(André Paul Guillaume Gide, 1869年11月22日 - 1951年2月19日)は、フランスの小説家。アンドレ・ジイド(昭和時代はこの表記が多かった)、アンドレ・ジードとも表記される。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとアンドレ・ジッド · 続きを見る »

アニメーション映画

*.

新しい!!: “文学少女”シリーズとアニメーション映画 · 続きを見る »

アイヴァンホー

『アイヴァンホー』(Ivanhoe)は、スコットランドの作家サー・ウォルター・スコットが1820年に発表した長編小説。架空の主人公を歴史的な出来事の中に入れる手法の元祖ともいわれている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとアイヴァンホー · 続きを見る »

イラストレーション

イラストレーション(-en-short-fr-shortillustration)とは図像によって物語、小説、詩などを描写もしくは装飾し、また科学・報道などの文字情報を補助する、形式よりも題材に主眼を置いた図形的もしくは絵画的な視覚化表現である。 イラストレーションは情報を伝達する媒体の1つであり、目的に沿って作成される絵や図像であり、情報の図解という性格を持つ。マスメディアを通じて社会の中で機能することを大前提としており、グラフィックデザインの中の分野でもある。そのため、作家自身の世界を一貫して追求する芸術・美術とは性質が異なっている。 イラストレーションを描くことを職業にしている人をイラストレーターという。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとイラストレーション · 続きを見る »

イワン・ツルゲーネフ

イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ(、1818年11月9日(ユリウス暦:10月28日) - 1883年9月3日(ユリウス暦:8月22日))は、フョードル・ドストエフスキー、レフ・トルストイと並んで、19世紀ロシア文学を代表する文豪である。ロシア帝国の貴族。 なお名前の表記は「ツルゲーネフ」の他、ロシア語の発音に近い「トゥルゲーネフ」という表記も用いられる。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとイワン・ツルゲーネフ · 続きを見る »

ウラジーミル・ナボコフ

ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・ナボコフ(ロシア語:Владимир Владимирович Набоков ヴラヂーミル・ヴラヂーミラヴィチュ・ナボーカフ、英語:Vladimir Vladimirovich Nabokov, 1899年4月22日(ユリウス暦4月10日) - 1977年7月2日)は、帝政ロシアで生まれ、ヨーロッパとアメリカで活動した作家・詩人。少女に対する性愛を描いた小説『ロリータ』で世界的に有名になる。昆虫(鱗翅目)学者、チェス・プロブレム作家でもある。アメリカ文学史上では、亡命文学の代表格の一人である。ウラジミールまたはヴラジーミル・ナボコフと表記されることもある。 ナボコフが1917年まで暮らした生家。サンクトペテルスブルクのモルスカヤ通り47番地。1階がナボコフ博物館として公開されている。 ロシア時代、避暑に毎年訪れた一家の別荘。初めての恋人タマラ(Valentina Shulgina)と会ったのもこの家。文化財として保存され、ナボコフ記念館として公開されているhttp://www.rozhdestvenomuseum.ru/ 1961年から亡くなるまでモントルーパラスホテル(http://www.fairmont.com/montreux/ Fairmont Le Montreux Palace )で暮らした。6階にナボコフの部屋がある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとウラジーミル・ナボコフ · 続きを見る »

ウィリアム・メイクピース・サッカレー

ウィリアム・メイクピース・サッカレー(William Makepeace Thackeray, 1811年7月18日 - 1863年12月24日)は、イギリスの小説家。インドのカルカッタ出身。彼の姓はサッカリーあるいはザッカリーと日本語表記されることもある。 「パンチ」などに寄稿し、優れた批評眼を養う。上流階級を痛烈に批判した『虚栄の市』で文名を高め、ディケンズと並びヴィクトリア朝を代表する小説家。ほかに『ペンデニス』など。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとウィリアム・メイクピース・サッカレー · 続きを見る »

ウィリアム・シェイクスピア

ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare, 1564年4月26日(洗礼日) - 1616年4月23日(グレゴリオ暦5月3日))は、イングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、最も優れた英文学の作家とも言われている。また彼の残した膨大な著作は、初期近代英語の実態を知る上での貴重な言語学的資料ともなっている。 出生地はストラトフォード・アポン・エイヴォンで、1585年前後にロンドンに進出し、1592年には新進の劇作家として活躍した。1612年ごろに引退するまでの約20年間に、四大悲劇「ハムレット」、「マクベス」、「オセロ」、「リア王」をはじめ、「ロミオとジュリエット」、「ヴェニスの商人」、「夏の夜の夢」、「ジュリアス・シーザー」など多くの傑作を残した。「ヴィーナスとアドーニス」のような物語詩もあり、特に「ソネット集」は今日でも最高の詩編の一つと見なされている。 2002年BBCが行った「100名の最も偉大な英国人」投票で第5位となった。 「シェイクスピア」の日本における漢字表記(借字)は「沙吉比亜」だが、これは中国での表記「莎士比亞」(繁体字での表記で、簡体字では「莎士比亚」)の「莎」を「沙」と、「亞」を「亜」と略し、「士」の代わりに「吉」を用いたもの。「沙翁」と呼ばれることもある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとウィリアム・シェイクスピア · 続きを見る »

ウィンダミア卿夫人の扇

『ウィンダミア卿夫人の扇』()はオスカー・ワイルドによって書かれた四幕構成の喜劇である。1892年2月20日土曜日にロンドンのセントジェームズ劇場にて初演された。この物語は、夫が他の女性と不倫をしているのではないかと疑っているレディ・ウィンダミアを中心にしている。レディ・ウィンダミアはこのことについて夫と対決し、夫は否定するが、妻の誕生日の舞踏会に不倫相手だと疑われている女性、アーリン夫人を招待しようとする。夫が不実だと考え怒ったレディ・ウィンダミアは、他の恋人を作って夫のもとを去ることに決める。何が起こったか知ったアーリン夫人はレディ・ウィンダミアを追いかけて夫のもとに戻るよう説得するが、このせいでアーリン夫人は自分の名誉に関わるような状況に追い込まれてしまう。実はアーリン夫人は、芝居開始時点より20年前に家族を捨てたレディ・ウィンダミアの母であった。アーリン夫人は自分の身と評判を犠牲にして娘の結婚を救った。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとウィンダミア卿夫人の扇 · 続きを見る »

ウォルター・スコット

ウォルター・スコット 初代准男爵サー・ウォルター・スコット(Sir Walter Scott, 1st Baronet, 1771年8月15日 - 1832年9月21日)は、スコットランドの詩人、小説家。ロマン主義作家として歴史小説で名声を博し、イギリスの作家としては、存命中に国外でも成功を収めた、初めての人気作家といえる。祖先はバクルー公爵スコット家、つまりスチュアート朝の庶流の分流である。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとウォルター・スコット · 続きを見る »

エミリー・ブロンテ

ミリー・ジェーン・ブロンテ(Emily Jane Brontë、1818年7月30日 - 1848年12月19日)は、イギリスの小説家。ヨークシャーのソーントンに牧師の子として生まれた。 ブロンテ三姉妹の2番目で、唯一の長編小説『嵐が丘』を書いた。この作品は当初酷評されたが、没後に評価が高まった。ほかに三姉妹の詩を収めた『詩集』が評価されている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとエミリー・ブロンテ · 続きを見る »

エリナー・ファージョン

リナー・ファージョン(Eleanor Farjeon,1881年2月13日-1965年6月5日)は、イギリスの児童文学作家、詩人。 ロンドン生まれ。父はユダヤ系作家のベンジャミン・ファージョン、母はアメリカ人女優の娘。家庭で教育を受け、膨大な父の蔵書と、家に訪れる数多くの芸術家達の会話によって、知識と想像力を養った。1916年に出版された子供向けの詩集『ロンドンのわらべうた』で作家として認められ、21年に発表した連作短編『リンゴ畑のマーティン・ピピン』で童話作家としての地位を確立。以後、『年とったばあやのお話かご』(31年)、『町かどのジム』(34年)、『ガラスの靴』(44年)、『銀色のシギ』(49年)などの作品を次々と発表し、55年には自選短編集『ムギと王さま』でカーネギー賞と国際アンデルセン賞を受賞。また、古いゲール民謡に詞を付け、31年に発表した賛美歌『世のはじめさながらに』は、71年にイギリスのシンガーソングライター、キャット・スティーブンスによって『Morning Has Broken(邦題「雨にぬれた朝」)』としてカバーされ大ヒットした。その他、『ファージョン自伝 -わたしの子供時代』(35年)、『エドワード・トマス、最後の四年』(58年)などのノンフィクションがある。 日本でも石井桃子らの訳によって早くから紹介され、良質で温かいユーモアを湛えた作風にはファンが多い。なお、イギリスでは彼女を記念して「エリナー・ファージョン賞」を制定し、毎年すぐれた児童文学作品を表彰している。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとエリナー・ファージョン · 続きを見る »

エンターブレイン

ンターブレイン(ENTERBRAIN)は、日本の出版社・KADOKAWAのブランドの一つ。エンターテインメント関連の雑誌・書籍の制作などを手掛けている。 本項では、前身である株式会社エンターブレインについても解説する。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとエンターブレイン · 続きを見る »

エーリッヒ・ケストナー

ーリッヒ・ケストナー(、 1899年2月23日 - 1974年7月29日)はドイツの詩人・作家である。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとエーリッヒ・ケストナー · 続きを見る »

オペラ座の怪人

『オペラ座の怪人』(オペラざのかいじん、Le Fantôme de l'Opéra)は、フランスの作家ガストン・ルルーによって1909年に発表された小説。1909年9月23日から1910年1月8日まで日刊紙『ル・ゴロワ』に連載されていた。1910年4月、ピエール・ラフィットにより出版された。19世紀のパリ国立オペラで起こった史実を引用し、またカール・マリア・フォン・ウェーバーの『魔弾の射手』の1841年の公演のあらすじを基にしていると考えられている。これを原作として多数の映画、テレビ映画、ミュージカルなどが作られている。最も有名なものは1925年のロン・チェイニー主演映画『オペラの怪人』と1986年のアンドルー・ロイド・ウェバーによるミュージカル『オペラ座の怪人』である。 日本語訳としては、最初の映画版邦題は「オペラの怪人」で、1930年(昭和5年)刊行の日本語訳(田中早苗訳)の書目は「オペラの怪人」であった。しかしフランス語原題に含まれる“l'Opéra”は、単なる「オペラ」ではなく固有名詞の「オペラ座」を意味するとの解釈により、古い映画を除いて以後は「オペラ座の怪人」が使用されている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとオペラ座の怪人 · 続きを見る »

オーディオコメンタリー

ーディオコメンタリー(Audio Commentary)は、レーザーディスクやDVD-VideoやBlu-ray Discなどのビデオソフト、テレビの音声多重放送で、その副音声や複数の音声チャンネルに収録される解説や実況中継などの音声プログラムのことである。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとオーディオコメンタリー · 続きを見る »

オスカー・ワイルド

ー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド(Oscar Fingal O'Flahertie Wills Wilde、1854年10月16日 - 1900年11月30日)は、アイルランド出身の詩人、作家、劇作家。 耽美的・退廃的・懐疑的だった19世紀末文学の旗手のように語られる。多彩な文筆活動をしたが、男色を咎められて収監され、出獄後、失意から回復しないままに没した。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとオスカー・ワイルド · 続きを見る »

ガンガンパワード

『ガンガンPOWERED』(ガンガンパワード)は、スクウェア・エニックスが2001年3月から2009年2月まで発行していた日本の少年向け漫画雑誌。『月刊少年ガンガン』増刊。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとガンガンパワード · 続きを見る »

ガストン・ルルー

トン・ルルー(Gaston Leroux, 1868年5月6日 - 1927年4月15日)は、フランスの小説家、新聞記者。フランス推理小説創世記においてモーリス・ルブランと並ぶ人気作家だった。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとガストン・ルルー · 続きを見る »

クロックワークス

株式会社クロックワークス()は、東京都渋谷区に本社を置く独立系の映画会社。海外コンテンツの版権の買い付け、宣伝、配給、DVDソフトの発売を業としている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとクロックワークス · 続きを見る »

シリーズ

リーズ().

新しい!!: “文学少女”シリーズとシリーズ · 続きを見る »

ジャコモ・プッチーニ

ャコモ・アントニオ・ドメニコ・ミケーレ・セコンド・マリア・プッチーニ(Giacomo Antonio Domenico Michele Secondo Maria Puccini、1858年12月22日 - 1924年11月29日)は、イタリアの作曲家。その作品である『トスカ』、『蝶々夫人』、『ラ・ボエーム』などのオペラは今日でも上演の機会が多いことで知られる。イタリアのルッカに生まれ、ベルギーのブリュッセルで没した。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとジャコモ・プッチーニ · 続きを見る »

ジョージ・ゴードン・バイロン

6代バイロン男爵ジョージ・ゴードン・バイロン(George Gordon Byron, 6th Baron Byron, 1788年1月22日 - 1824年4月19日)は、イギリスの詩人。バイロン卿として知られ、単に「バイロン卿」というとこの第6代男爵を指すことが殆どである。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとジョージ・ゴードン・バイロン · 続きを見る »

スクウェア・エニックス

株式会社スクウェア・エニックス(SQUARE ENIX CO., LTD.、略称:スクエニ、SQEX)は、スクウェア・エニックス・ホールディングス傘下の日本でのゲームソフト販売・開発会社、出版社である。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとスクウェア・エニックス · 続きを見る »

サロメ (戯曲)

『サロメ』(Salomé)は、オスカー・ワイルドの戯曲。新約聖書を元にした内容。1891年にフランス語で書かれ、1893年にパリで出版された。1894年に出版された英訳版ではオーブリー・ビアズリーの挿画が使用されているPeter Raby, "Introduction", in Oscar Wilde, The Importance of Being Earnest and Other Plays, ed.

新しい!!: “文学少女”シリーズとサロメ (戯曲) · 続きを見る »

写真

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、.

新しい!!: “文学少女”シリーズと写真 · 続きを見る »

入野自由

入野 自由(いりの みゆ、1988年2月19日 - )は、日本の男性声優、俳優、歌手。ジャンクション所属。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと入野自由 · 続きを見る »

CooRie

CooRie(クーリエ)は、2002年にrinoと長田直之が結成した音楽ユニット。現在はrinoのセルフプロデュースプロジェクトである。所属レコード会社はランティス、事務所はPeak A Soul+。代表曲は、「未来へのMelody」、「クロス*ハート」、「メグル」など。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとCooRie · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと新年 · 続きを見る »

石平信司

石平 信司(いしひら しんじ)は、日本のアニメーション監督、アニメーション演出家。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと石平信司 · 続きを見る »

神経性無食欲症

経性無食欲症(しんけいせいむしょくよくしょう、Anorexia nervosa; AN)とは、神経性やせ症とも呼ばれる、病的な痩せを呈する摂食障害であり、精神疾患の一種である。一般には拒食症(きょしょくしょう)、アノレキシア、アノレクシアとも言われる。若年層に好発し、ボディ・イメージの障害(「自分は太っている」と考えること)、食物摂取の不良または拒否、体重減少を特徴とする。神経性食欲不振症、神経性食思不振症、思春期やせ症とも言う。 当疾患および神経性大食症(過食症)をあわせた「中枢性摂食異常症(摂食障害)」は厚生労働省の特定疾患に該当し、重点的に研究が進められている。 DSM‒5では神経性やせ症の診断名も併記されている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと神経性無食欲症 · 続きを見る »

竹岡美穂

竹岡 美穂(たけおか みほ、7月1日 - )は、日本のイラストレーター。東京都出身。 第九回コバルトイラスト大賞受賞をきっかけにイラストレーターになる。小説家の竹岡葉月の実姉。タケオカミホ名義でも手がけている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと竹岡美穂 · 続きを見る »

竹本英史

竹本 英史(たけもと えいじ、1973年3月7日 - )は、日本の男性声優、ナレーターである。青二プロダクション所属。山口県出身。血液型はA型。 以前はラブライブに所属していた。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと竹本英史 · 続きを見る »

笹野恵

笹野 恵(ささの めぐむ)は、福島県出身の脚本家。早稲田大学卒。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと笹野恵 · 続きを見る »

紫式部

紫式部 (土佐光起筆 石山寺蔵) 紫式部(むらさきしきぶ、生没年不詳)は、平安時代中期の女性作家、歌人。正確な誕生年は特定できないが、近年の研究では、970年(天禄元年)から978年(天元元年)の間に生まれ、1019年(寛仁3年)までは存命したことがわかっている上智大学文学部教授 三田村雅子、NHK出版「100分de名著」ブックス 紫式部『源氏物語』P26(2015/12/25発行)。。 「源氏物語」の作者とされ、藤原道長の要請で宮中に上がった際に宮中の様子を書いた「紫式部日記」も残している。源氏物語と紫式部日記の2作品は、後に「源氏物語絵巻」、「紫式部日記絵巻」として絵画化された。また、歌人である紫式部には、子供時代から晩年に至るまで自らが詠んだ歌から選び収めた「紫式部集」がある。「小倉百人一首」にも和歌が収められており、中古三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人でもある。 父の藤原為時は、官位は正五位下と下級貴族ながら上智大学文学部教授 三田村雅子、NHK 2012年4月4日放送「100分de名著 源氏物語」第1回。NHK出版100分de名著『源氏物語』 (2012/3/24)。、花山天皇に漢学を教えた漢詩人、歌人である。紫式部は藤原宣孝に嫁ぎ、一女(大弐三位)を産んだ。1001年(長保3年)に結婚後3年程で夫が死去する。その後「源氏物語」を書き始め紫式部日記より、当初、紫式部は仲間内で意見を言い合ったり手紙のやり取りで批評し合って楽しんでいたことから「最初は現代の同人誌のような楽しみ方だった」。上智大学文学部教授 三田村雅子、NHK 2012年4月4日放送「100分de名著 源氏物語」第1回。NHK出版100分de名著『源氏物語』 (2012/3/24)。、その評判を聞いた藤原道長に召し出されて、一条天皇の中宮であり藤原道長の娘でもある中宮彰子(藤原彰子)に仕えている間に「源氏物語」を完成させた。 なお、「紫式部集」には、夫の藤原宣孝の死去に伴い詠んだ和歌「見し人の けぶりとなりし 夕べより 名ぞむつましき 塩釜の浦」が収められている和歌の意「夫が火葬により煙となった夜から塩釜をとても身近に思う」(塩釜:海藻を焼き塩を取ることで知られる地名で、現在の宮城県塩竈市)。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと紫式部 · 続きを見る »

純文学

純文学(じゅんぶんがく)は、大衆小説に対して「娯楽性」よりも「芸術性」に重きを置いている小説を総称する、日本文学における用語。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと純文学 · 続きを見る »

縦書きと横書き

日本語の雑誌広告(1938年(昭和13年))。広告本文は右縦書きと右横書きが用いられ、商品のラベルには英語に倣い左横書きが用いられている。 英語の新聞(1918年11月11日付)。左横書きされている。 北京の紫禁城、乾清宮の内部。玉座の上に、「正大光明」と1行1文字の右縦書きされている。 世界に存在する文書は、その言語および表記する文字体系の組合わせによって文字を書き進める方向(書字方向)が異なる。書字方向には、大きく分けて縦書き(たてがき、縦組み)と横書き(よこがき、横組み)がある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと縦書きと横書き · 続きを見る »

田頭しのぶ

頭 しのぶ(たがしら しのぶ)は日本の女性アニメーター、アニメーション監督である。青森県出身。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと田頭しのぶ · 続きを見る »

狭き門

『狭き門』(せまきもん、原題:La Porte étroite、1909年)は、フランスのノーベル文学賞受賞者アンドレ・ジッドによる小説である。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと狭き門 · 続きを見る »

DVD

市販のDVDレコーダー(ソニー製) 市販のDVD録画用生ディスク(パナソニック製DVD-RAM) DVD(ディー・ブイ・ディー)は、デジタルデータの記録媒体である第2世代光ディスクの一種である。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとDVD · 続きを見る »

花澤香菜

花澤 香菜(はなざわ かな、1989年2月25日 - )は、日本の声優、ナレーター、女優(元子役)、タレント、歌手。大沢事務所所属。東京都出身。身長156.7cm、血液型はAB型。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと花澤香菜 · 続きを見る »

花澤香菜のひとりでできるかな?

『花澤香菜のひとりでできるかな?』(はなざわかなのひとりでできるかな)は、2008年1月9日から超!A&G+で放送中のラジオ番組である。 パーソナリティは花澤香菜。略称「ひとかな」。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと花澤香菜のひとりでできるかな? · 続きを見る »

銀の匙

『銀の匙』(ぎんのさじ)は、中勘助による自伝的小説である。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと銀の匙 · 続きを見る »

銀河鉄道の夜

『銀河鉄道の夜』(ぎんがてつどうのよる)は、宮沢賢治の童話作品。孤独な少年ジョバンニが、友人カムパネルラと銀河鉄道の旅をする物語で、宮沢賢治童話の代表作のひとつとされている。 作者逝去のため未定稿のまま遺されたこと、多くの造語が使われていることなどもあって、研究家の間でも様々な解釈が行われている。この作品から生まれた派生作品は数多く、これまで数度にわたり映画化やアニメーション化、演劇化された他、プラネタリウム番組が作られている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと銀河鉄道の夜 · 続きを見る »

Eufonius

eufonius(ユーフォニアス)は、日本の同人音楽サークルの音楽ユニット。また、同ユニットのメンバー、riyaの作曲、ボーカル名義として使われることもある。略称はeufo。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとEufonius · 続きを見る »

蟹工船

蟹工船(かにこうせん).

新しい!!: “文学少女”シリーズと蟹工船 · 続きを見る »

過呼吸

過呼吸(かこきゅう、)とは、必要以上の換気活動をおこなうこと。 その結果として動脈血中の酸素分圧が上昇、炭酸ガス分圧が低下し1回換気量が増大する。初期状態は低酸素症と似ており、程度が強くなると手足や唇の痺れや呼吸困難、頭のふらつき、息苦しさ、眠気、激しい耳鳴りや悪寒をきたす。 発症するケースとしては、陸上競技(長距離走・マラソン・駅伝)・水泳・サッカー・バスケットボールなどの呼吸を多く必要とする運動の後が挙げられ、精神的な要因による過換気症候群とは異なる。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと過呼吸 · 続きを見る »

遥かな日々

遥かな日々」(はるかなひび)は、日本の音楽ユニット、eufoniusの12作目のシングル。2010年5月1日にLantisから発売された。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと遥かな日々 · 続きを見る »

草迷宮

『草迷宮』(くさめいきゅう)は、泉鏡花の中編小説。1908年(明治41年)1月、春陽堂から刊行された。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと草迷宮 · 続きを見る »

菊地創

菊地 創(きくち はじめ、1979年2月24日 - )は、日本の作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、音楽ユニットeufoniusのサウンドプロデューサー。北海道札幌市出身。北海道札幌藻岩高等学校、日本工学院八王子専門学校卒業。血液型はAB型。。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと菊地創 · 続きを見る »

菅原孝標女

菅原孝標女の銅像 菅原孝標女(すがわら の たかすえ の むすめ、寛弘5年(1008年) - 康平2年(1059年)以降?)は、平安時代の貴族の女性。本名は伝わっていない。 10歳頃から50歳頃までの人生を回想した『更級日記』の作者。更級日記御物本奥書から、『浜松中納言物語』『夜半の寝覚』の作者ではないかとも言われる。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと菅原孝標女 · 続きを見る »

蝶々夫人

『蝶々夫人』(ちょうちょうふじん、英語:Madama Butterfly または Madame Butterfly, マダム・バタフライ)は、以下の諸作品をさす。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと蝶々夫人 · 続きを見る »

風と共に去りぬ

『風と共に去りぬ』(かぜとともにさりぬ、Gone With the Wind)は、マーガレット・ミッチェルの長編時代小説。題名は南北戦争という「風」と共に、当時絶頂にあったアメリカ南部白人たちの貴族文化社会が消え「去った」事を意味する。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと風と共に去りぬ · 続きを見る »

食通

食通(しょくつう)とは、料理の味や料理の知識について詳しいことデジタル大辞泉。またそれを詳しく知っている人物のことである。 フランス語を用いてグルメ (gourmet) ともいわれる。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと食通 · 続きを見る »

製作委員会方式

製作委員会方式(せいさくいいんかいほうしき)とは、アニメ・映画・テレビ番組などの映像作品や、演劇・ミュージカルなどの舞台作品を製作する際の、さまざまなリスクを回避するための方式・手法のひとつであり、現在の主流の方法となっている。建設業における共同企業体(JV)と同様の形態(パートナーシップ)である。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと製作委員会方式 · 続きを見る »

飛ぶ教室

『飛ぶ教室』(とぶきょうしつ、原題:Das fliegende Klassenzimmer)は、1933年に発表したエーリッヒ・ケストナーの児童文学小説である。世界30か国語以上に翻訳されている。 ドイツのキルヒベルクにある、ヨハン・ジギスムント高等中学(ギムナジウム)を舞台に、クリスマスシーズンの学校で起こる大小の事件を、寄宿舎に住まう生徒たちが知恵と勇気をもって、解決していく物語である。文は三人称で書かれ、前書きと後書きでは作者のケストナー自身も物語の中の人物かのように登場する。 作品が書かれた1933年当時、ドイツはナチスの支配下にあり、自由主義の作家は本を書くことを制限されていた。しかし、ケストナーの児童文学作品は人気があり、優れていたことから、児童文学作品のみ書くことを許され、発行に至った。 ドイツでは1954年・1973年・2003年と映画化されており、日本では2003年のウルリヒ・ネーテン (Ulrich Noethen) 主演のものが、恵比寿ガーデンシネマほか全国で公開された。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと飛ぶ教室 · 続きを見る »

覆面作家

覆面作家(ふくめんさっか)とは素性やプロフィールをほとんど明らかにしない作家のこと。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと覆面作家 · 続きを見る »

角川書店

角川書店(かどかわしょてん)は、日本の出版社・KADOKAWAのブランドの一つ。東京都千代田区に事業所を置く。 本項では、ブランドカンパニー化以前の株式会社角川書店についても解説する。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと角川書店 · 続きを見る »

詩人

詩人(しじん)とは、詩を書き、それを発表する者。また、そのことを職業にしている者。 後者でも詩作のみで生活している人はほとんどおらず、多くの場合、評論、随筆、翻訳、小説、音楽、絵画、演劇、漫画、歌の作詞など他の分野の創作活動を並行して行っていたり、あるいは(文学と縁遠い)他の職業を持っている。たとえば高村光太郎は彫刻家としても多数の作品を残しているし、草野心平にはバーや居酒屋の経営をしていた時期がある。アルチュール・ランボーは10代に残した業績によって詩人と呼ばれているが、詩作を止めた後は貿易商などさまざまな仕事に捧げた。 シンガーソングライターが詩人としても高い評価を得、詩集を出すまでに至る例もある。ボブ・ディラン、パティ・スミスなどがその例である。 また、詩人は古くから聴衆を前に自身の詩を朗読するのを常としていたが、その行為を、ポエトリーリーディングという表現形態において現代社会に甦らせた動きが、欧米のみならず、日本においても1990年代の半ば以降見受けられる、フランスのパリのレーベルで自身のポエトリーリーディングのCDを出している詩人であり美術家でありポエトリーリーディングアートパフォーマーである千葉節子等がその代表的な例である。 詩を書く者以外に対しても「詩人」という言葉が使われることがある。新明解国語辞典第六版(三省堂)にもそのような広義の意味が書かれているし、三好達治は『詩を読む人のために』(至文堂、1952年)の中で「誰かもいったように」と前書きした上で「詩を読み詩を愛する者は既に彼が詩人」であると書いている。 歌の歌詞の作者のことは一般に作詞家と呼ばれる。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと詩人 · 続きを見る »

語り手

語り手(かたりて)とは、ある物語を語る、物語内の存在(人物等)である。また、小説で言うところの「地の文」の語り手である。ナレーター(Narrator)、語り部(かたりべ)とも称する。映画・ドラマ・演劇・小説など、あらゆる種類のストーリーテリングにおいて、作者・読者と並び重要な存在である。 作者は現実世界に生きており、フィクション(虚構)の創作を通じて物語内に現実とは別の世界や人物、事件を生み出す役割を果たす。読者も現実世界に生きており、フィクションの読解を通じて物語を理解する役割を果たす。これに対し、語り手は物語の世界におり現実世界に肉体を持たず、作者によって創造された存在であり、読者が理解しやすいように物語を説明する役目を果たす。 物語がノンフィクションである場合、語り手と作者は同一人物である場合が多く、物語内の世界と現実世界は一致するが、フィクションである場合は語り手は物語内にしかいない存在である。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと語り手 · 続きを見る »

高坂りと

坂 りと(こうさか りと、9月4日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター。愛知県出身。女性。A型。1997年デビュー。 水彩を基調とした可愛らしい絵柄と、毒のある作風が特徴。主にスクウェア・エニックスの雑誌で執筆している。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと高坂りと · 続きを見る »

豊崎愛生

豊崎 愛生(とよさき あき、1986年10月28日 - )は、日本の声優、女優、歌手。ミュージックレイン所属。徳島県出身。 代表作に『けいおん!』(平沢唯)、『めだかボックス』(黒神めだか)、『シドニアの騎士』(科戸瀬イザナ)などがある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと豊崎愛生 · 続きを見る »

超!A&G+

超!A&G+(ちょう!エーアンドジープラス)は、文化放送が運営しているアニラジ専門のインターネットラジオである。アニメ・ゲーム・声優関連の番組を中心に、ストリーミング配信を行っている。 2007年9月3日から2011年3月31日までは文化放送が制作しデジタルラジオ推進協会が実用化試験放送していた地上デジタルラジオ「DigiQ+N 93」9302chのサービス名でもあった。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと超!A&G+ · 続きを見る »

超!A&G+スペシャル

超!A&G+スペシャル(ちょうエーアンドジープラススペシャル)は、超!A&G+にて2008年2月2日から2011年3月まで放送され、同年4月より配信されている単発特別番組枠である。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと超!A&G+スペシャル · 続きを見る »

黄瀬和哉

和哉(きせ かずちか、1965年3月6日 - )は大阪府出身のアニメーター、作画監督、アニメ監督。Production I.G取締役。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと黄瀬和哉 · 続きを見る »

近松門左衛門

近松 門左衛門(ちかまつ もんざえもん、承応2年〈1653年〉 - 享保9年11月22日〈1725年1月6日〉)とは、江戸時代の浄瑠璃及び歌舞伎の作者。本名は杉森 信盛(すぎもり のぶもり)。平安堂、巣林子(そうりんし)、不移山人(ふいさんじん)と号す。 家紋は「丸に一文字」。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと近松門左衛門 · 続きを見る »

霜月はるか

月 はるか(しもつき はるか、11月15日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。宮城県出身、東京都育ち。白百合女子大学文学部児童文化学科卒。血液型はA型。CRAFTSCAPE所属。愛称はシモツキンで、公式webサイトのアドレスにも使われている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと霜月はるか · 続きを見る »

赤い蝋燭と人魚

『赤い蝋燭と人魚』(あかいろうそくとにんぎょ)とは、1921年(大正10年)に発表された小川未明の創作童話。人間に潜むエゴイズムと異形の者が抱く怨念をテーマとした作品である。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと赤い蝋燭と人魚 · 続きを見る »

関口可奈味

関口 可奈味(せきぐち かなみ)は、日本のアニメーター、キャラクターデザイナー。女性。 1994年、Production I.Gに入社。1999年、M.S.Cの設立に参加したがその後フリーに。現在はP.A.WORKSを活動拠点にしている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと関口可奈味 · 続きを見る »

藤原啓治

藤原 啓治(ふじわら けいじ、1964年10月5日 - )は、日本の男性声優、俳優、ナレーター、音響監督。AIR AGENCY代表取締役。日本芸術専門学校講師。 主な出演作に『クレヨンしんちゃん』(野原ひろし)、『鋼の錬金術師』シリーズ(マース・ヒューズ)、『交響詩篇エウレカセブン』(ホランド・ノヴァク)、『チャーリーとチョコレート工場』(ウィリー・ウォンカ)などがある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと藤原啓治 · 続きを見る »

葵 (源氏物語)

葵」(あおい)は、『源氏物語』五十四帖の巻名のひとつ。第9帖。巻名は光源氏と源典侍の歌「はかなしや人のかざせるあふひゆえ神のゆるしのけふを待ちける」および「かざしける心ぞあだに思ほゆる八十氏人になべてあふひを」に由来する。謡曲『葵上』(世阿弥作か)の題材にもなっている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと葵 (源氏物語) · 続きを見る »

野村美月

野村 美月(のむら みづき)は、日本のライトノベル作家。福島県出身。東洋大学文学部国文学科卒業。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと野村美月 · 続きを見る »

長距離走者の孤独

長距離走者の孤独(ちょうきょりそうしゃのこどく、原題: The Loneliness of the Long Distance Runner)は、イギリスの小説家、アラン・シリトーが1958年に出版した小説。「怒れる作家」と呼ばれたシリトーは、この作品で青春期の大人社会への反抗や若者の怒りを描いた。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと長距離走者の孤独 · 続きを見る »

Heavenly Days

『Heavenly Days』(ヘヴンリィ・デイズ)は、CooRieの5枚目のオリジナルアルバム。2010年10月20日にMellow Headから発売された。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとHeavenly Days · 続きを見る »

ISBN

ISBN(アイエスビーエヌ、International Standard Book Number)は、世界共通で図書(書籍)を特定するための番号である。日本語に訳すと国際標準図書番号となる。開発はW・H・スミスのプロジェクトであった。 日本では、これを基に日本図書コードとして使用されている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとISBN · 続きを見る »

J・D・サリンジャー

ェローム・デイヴィッド・サリンジャー(Jerome David Salinger、1919年1月1日 - 2010年1月27日)は、アメリカ合衆国の小説家。『ライ麦畑でつかまえて』などで知られる。晩年は一切作品を発表せず、公にも姿を見せない隠遁生活を送った。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとJ・D・サリンジャー · 続きを見る »

KOKIA

KOKIA(コキア、1976年7月22日 - )は、日本の女性シンガーソングライター・ボーカリスト。本名は吉田亜紀子(よしだ あきこ)。ヴァイオリニストの吉田恭子は実姉である。内閣府「災害被害を軽減する国民運動」のサポーター。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとKOKIA · 続きを見る »

Kukui

kukui(くくい)は、myu(キーボード)・霜月はるか(ボーカル)の音楽ユニット。Mellow Headに所属している。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとKukui · 続きを見る »

Myu (作曲家)

myu(みゅう)は、日本の作曲家、編曲家。女性。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとMyu (作曲家) · 続きを見る »

Rino

rino(りの、9月19日 - )は、日本の女性シンガーソングライター、作詞家、作曲家。愛媛県出身。音楽ユニット「CooRie」のボーカル。乙女座。血液型はB型。Lantis・Peak A Soul+所属。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとRino · 続きを見る »

Riya

riya(りや、2月18日 - )は、日本の女性歌手、作詞家。福岡県出身。同人音楽ユニット「eufonius」のボーカル。血液型はAB型。.

新しい!!: “文学少女”シリーズとRiya · 続きを見る »

東京国際アニメフェア

東京国際アニメフェア(とうきょうこくさいアニメフェア、、TAF)とは、かつて毎年3月末頃に東京ビッグサイトで開催されていたアニメ業界世界最大級のイベントであった。「日本のアニメーションを世界に発信し、商取引の場を」という東京都知事・石原慎太郎の提案により開催された。2014年以降はアニメ コンテンツ エキスポと統合され、AnimeJapanとして開催されている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと東京国際アニメフェア · 続きを見る »

東地宏樹

東地 宏樹(とうち ひろき、1966年5月26日 - )は、日本の声優、ナレーター、俳優。 GLove/ビタミン谷 → 大沢事務所所属。 東京都出身。身長173cm、血液型はA型。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと東地宏樹 · 続きを見る »

桜の園

『桜の園』(さくらのその、Вишнёвый сад)とはロシアの劇作家アントン・チェーホフによる最晩年の戯曲。チェーホフ42歳の1902年の夏に着想され、1903年の秋に書き上げられた。初演は1904年1月17日、モスクワ芸術座によって上演された。 最後の劇作品で、『かもめ』、『ワーニャ伯父さん』、『三人姉妹』とともに「チェーホフ四大戯曲」と呼ばれる。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと桜の園 · 続きを見る »

桜の森の満開の下

『桜の森の満開の下』(さくらのもりのまんかいのした)は、坂口安吾の短編小説。坂口の代表作の一つで、傑作と称されることの多い作品である奥野健男「坂口安吾――人と作品」(文庫版『白痴・二流の人』)(角川文庫、1970年。改版1989年、2012年)。ある峠の山賊と、妖しく美しい残酷な女との幻想的な怪奇物語。桜の森の満開の下は怖ろしいと物語られる説話形式の文体で、花びらとなって掻き消えた女と、冷たい虚空がはりつめているばかりの花吹雪の中の男の孤独が描かれている。 1947年(昭和22年)6月15日、暁社雑誌『肉体』創刊号(第1巻・第1号)に掲載され雑誌『肉体』は雑誌『曉鐘』の改題誌であるが、1948年(昭和23年)8月に全5冊で廃刊となった。当初は雑誌『新潮』に掲載されるはずであったが、残酷な人殺しの場面があるために、GHQの言論統制を危惧した編集長に断られ、三流カストリ雑誌からの発表となった。、同年5月15日に真光社より刊行の単行本『いづこへ』に収録された。文庫版は講談社文芸文庫、岩波文庫などで刊行されている。翻訳版はJay Rubin訳(英題:In the Forest, Under Cherries in Full Bloom)で行われている。 1975年(昭和50年)5月31日には、本作を原作とした映画が公開された。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと桜の森の満開の下 · 続きを見る »

梶井基次郎

梶井 基次郎(かじい もとじろう、1901年(明治34年)2月17日 - 1932年(昭和7年)3月24日)は、日本の小説家。感覚的なものと知的なものが融合した簡潔な描写と詩情豊かな澄明な文体で20篇余りの小品を残し、文壇に認められてまもなく、31歳の若さで肺結核で没した「生い立ち」()「文章読本――短篇小説の文章」(婦人公論 1959年1月号付録)。、に所収高橋英夫「存在の一元性を凝視する」()。 死後次第に評価が高まり、今日では近代日本文学の古典のような位置を占めている平田次三郎「解説」(『現代文学代表作全集第1巻』万里閣、1948年6月)。「III 反響と残映――資料編」()。その作品群は心境小説に近く、散策で目にした風景や自らの身辺を題材にした作品が主であるが、日本的自然主義や私小説の影響を受けながらも、感覚的詩人的な側面の強い独自の作品を創り出している。 梶井基次郎は当時のごくふつうの文学青年の例に漏れず、夏目漱石や森鴎外、有島武郎や志賀直哉などの白樺派、大正期デカダンス、西欧の新しい芸術などの影響を受け、表立っては新しさを誇示するものではなかったが、それにもかかわらず、梶井の残した短編群は珠玉の名品と称され、世代や個性の違う数多くの作家たち(井伏鱒二、埴谷雄高、吉行淳之介、伊藤整、武田泰淳、中村光夫、川端康成、吉田健一、三島由紀夫、中村真一郎、福永武彦、安岡章太郎、小島信夫、庄野潤三、開高健など)から、その魅力を語られ賞讃されている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと梶井基次郎 · 続きを見る »

梅津秀行

梅津 秀行(うめづ ひでゆき、1955年7月24日 - )は、日本の声優、俳優、ナレーターである。81プロデュース所属。 愛知県出身。血液型はO型。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと梅津秀行 · 続きを見る »

樋口一葉

樋口 一葉(ひぐち いちよう、1872年5月2日(明治5年3月25日)- 1896年(明治29年)11月23日)は、日本の小説家。東京生まれ。。 中島歌子に歌、古典を学び、半井桃水に小説を学ぶ。生活に苦しみながら、「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」といった秀作を発表、文壇から絶賛される。わずか1年半でこれらの作品を送ったが、24歳6ヶ月で肺結核により死去。没後に発表された『一葉日記』も高い評価を受けている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと樋口一葉 · 続きを見る »

檸檬 (小説)

『檸檬』(れもん)は、梶井基次郎の短編小説。梶井の代表的作品である。得体の知れない憂鬱な心情や、ふと抱いたいたずらな感情を、色彩豊かな事物や心象と共に詩的に描いた作品。三高時代の梶井が京都に下宿していた時の鬱屈した心理を背景に、一個のレモンと出会ったときの感動や、それを洋書店の書棚の前に置き、鮮やかなレモンの爆弾を仕掛けたつもりで逃走するという空想が描かれている「『青空』と友人たち」()「第六章 狂的の時代――三高後期」()「第七章 天に青空、地は泥濘――本郷と目黒にて」()。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと檸檬 (小説) · 続きを見る »

櫂末高彰

櫂末 高彰(かいま たかあき)は、日本の男性ライトノベル作家(自称:兼業作家)。1977年の五黄土星・巳年生まれ、広島大学卒業。 2005年、『学校の階段』で第7回『えんため大賞』小説部門優秀賞を受賞、2006年に同受賞作品でデビュー。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと櫂末高彰 · 続きを見る »

武者小路実篤

武者小路 実篤(むしゃのこうじ さねあつ、1885年(明治18年)5月12日 - 1976年(昭和51年)4月9日)は、日本の小説家・詩人・劇作家・画家。貴族院勅選議員。 姓の武者小路は本来「むしゃのこうじ」と読むが、のちに「むしゃこうじ」に読み方を変更した。しかし、一般には「むしゃのこうじ」で普及しており、本人も誤りだと糺すことはなかったという。 仲間からは「武者」(ムシャ)の愛称で呼ばれた。文化勲章受章。名誉都民。日本芸術院会員。贈従三位(没時叙位)。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと武者小路実篤 · 続きを見る »

歌行燈

『歌行燈』(うたあんどん)は、泉鏡花が1910年に発表した小説。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと歌行燈 · 続きを見る »

殺界

殺界(さっかい)は六星占術で、よくないとされる運気の流れ。殺界は星人ごとに違う。占命盤で殺界にあてはまるのは、以下の5つの運気。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと殺界 · 続きを見る »

水樹奈々

水樹 奈々(みずき なな、1980年1月21日 - )は、日本の女性声優、歌手、ナレーター、ラジオパーソナリティ、作詞家、タレント。 愛媛県新居浜市出身。堀越高等学校、代々木アニメーション学院声優タレント科卒業。シグマ・セブンとKING AMUSEMENT CREATIVEに所属。公式ファンクラブは「S.C. NANA NET」。 代表作に『NARUTO -ナルト-』(日向ヒナタ)、『水樹奈々 スマイル・ギャング』、『MUSIC JAPAN』(ナレーション)、『ハートキャッチプリキュア!』(花咲つぼみ / キュアブロッサム)などが、代表曲に「深愛」、「ETERNAL BLAZE」、「Synchrogazer」などがある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと水樹奈々 · 続きを見る »

池袋

池袋の超高層ビル群 池袋駅西口の繁華街 池袋(いけぶくろ)は、東京都豊島区に属する池袋駅を中心とする副都心。東京都豊島区に属する区画の一つ。また豊島区における行政上の地名のひとつにもなっている(「行政地名としての池袋」を参照)。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと池袋 · 続きを見る »

泉鏡花

泉 鏡花(いずみ きょうか、1873年(明治6年)11月4日 - 1939年(昭和14年)9月7日)は、日本の小説家。明治後期から昭和初期にかけて活躍した。小説の他に戯曲や俳句も手がけた。本名、鏡太郎(きょうたろう)。金沢市下新町生れ。 尾崎紅葉に師事した。『夜行巡査』『外科室』で評価を得、『高野聖』で人気作家になる。江戸文芸の影響を深くうけた怪奇趣味と特有のロマンティシズムで知られる。また近代における幻想文学の先駆者としても評価される。他の主要作品に『照葉狂言』『婦系図』『歌行燈』などがある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと泉鏡花 · 続きを見る »

津田美波

津田 美波(つだ みなみ、1989年6月8日 - )は、日本の女性声優。青二塾東京校29期卒業。青二プロダクション所属。 神奈川県出身。身長156cm 靴23.5cm。 血液型はA型。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと津田美波 · 続きを見る »

源氏物語

土佐光起筆『源氏物語画帖』より「若紫」。飼っていた雀の子を逃がしてしまった幼い紫の上と、柴垣から隙見する源氏。 朝顔」。雪まろばしの状景。邸内にいるのは源氏と紫の上。 『源氏物語』(げんじものがたり)は、平安時代中期に成立した日本の長編物語、小説。文献初出は1008年(寛弘五年)。作者の紫式部にとって生涯で唯一の物語作品である物語の他には「紫式部日記」や和歌集の「紫式部集」があり「小倉百人一首」にも和歌が収められている(*)。後に、紫式部の「源氏物語」と「紫式部日記」の2作品は絵画化された。約150年後の平安時代末期に「源氏物語絵巻」、約200年後の鎌倉時代初期に「紫式部日記絵巻」が制作された。(*)「めぐりあひて 見しやそれとも わかぬまに 雲がくれにし 夜半の月かな」。主人公の光源氏を通して、恋愛、栄光と没落、政治的欲望と権力闘争など、平安時代の貴族社会を描いた上智大学文学部教授 三田村雅子、NHK 2012年4月4日放送「100分de名著 源氏物語」第1回。NHK出版100分de名著『源氏物語』 (2012/3/24)。紫式部日記。。 下級貴族出身の紫式部は、20代後半で藤原宣孝と結婚し一女をもうけたが、結婚後3年ほどで夫と死別し、その現実を忘れるために物語を書き始めた。これが『源氏物語』の始まりである。最初は、当時紙が貴重で紙の提供者がいれば、その都度書き江戸時代の松永貞徳の源氏物語の写本全54冊(54帖)の1冊1冊の厚みが示すように、紫式部は当初多くの分量は書けず1冊(1帖)の厚みは薄いが、支援者の藤原道長により安定した紙の供給が行なわれて以降は34帖「若菜」のように1冊(1帖)の厚みが急激に増した。上智大学文学部教授 三田村雅子、NHK 2012年4月4日放送「100分de名著 源氏物語」第1回。(参考)『源氏物語』与謝野晶子訳、各帖の総ページ数より、1帖「桐壷」26、2帖「帚木」44、3帖「空蝉」12、そして、34帖「若菜」上192、下190。(角川文庫 1999年(平成11年)5月10日)所収、仲間内で批評し合うなどして楽しんでいたが紫式部日記より、当初、紫式部は仲間内で意見を言い合ったり手紙のやり取りで批評し合って楽しんでいたことから「最初は現代の同人誌のような楽しみ方だった」。上智大学文学部教授 三田村雅子、NHK 2012年4月4日放送「100分de名著 源氏物語」第1回。NHK出版100分de名著『源氏物語』 (2012/3/24)。、その物語の評判から藤原道長が娘の中宮彰子の家庭教師として紫式部を呼んだ。それを機に宮中に上がった紫式部は宮仕えをしながら藤原道長の支援の下で物語を書き続け、54帖からなる『源氏物語』を完成させた中宮彰子は一条天皇の妻であったが、一条天皇のもう一人の妻であり後に亡くなった藤原定子の家庭教師は清少納言だった。なお、藤原道長の要請で宮中に上がった紫式部は、宮中の様子を中心に書いた「紫式部日記」を残している。。 なお、源氏物語は文献初出から150年ほど後の平安時代末期に「源氏物語絵巻」として絵画化された 五島美術館。現存する絵巻物の内、徳川美術館と五島美術館所蔵のものは国宝となっている。また現在、『源氏物語』は日本のみならず20ヶ国語を超える翻訳を通じ世界各国で読まれている 総合研究大学院大学教授 伊藤鉃也 日本文学研究専攻。2009年3月時点、刊行されたもの24種類、現在進行中のもの4種類、未確認(あるらしい、というもの)6種類。。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと源氏物語 · 続きを見る »

漫画

漫画(まんが、(コミック)、cartoon、manga)とは、狭い定義では笑いを企図した絵をいい、「戯画(カリカチュア)」の概念と近い。広い定義では、必ずしも笑いを目的としない「劇画」「ストーリー漫画」「落書き」「アニメ」なども含み、幅広い意味を持つ。 日本では明治時代に輸入された"comic"、"cartoon"日本漫画家協会の英称はTHE JAPAN CARTOONISTS ASSOCIATIONであり、マンガ大賞の英称もCartoon grand prizeである。の日本語訳として「漫画」という言葉を北澤楽天や今泉一瓢が使用したことに始まって以後、漫画はcomicと同義として扱われる様になり、その意味での「漫画」が昭和初期に普及し、現代における漫画という語へ定着するようになった。本項では、日本の漫画のみではなく、漫画全般について説明する。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと漫画 · 続きを見る »

潮騒 (小説)

『潮騒』(しおさい)は、三島由紀夫の10作目の長編小説。中編小説とみなされることもある上田真「潮騒」()。三島の代表作の一つで、何度も映画化されるなど一般的にも人気の高い作品である「第三章 問題性の高い作家」()。三重県鳥羽市に属する歌島(現在の神島の古名)を舞台に、若く純朴な恋人同士の漁夫と海女が、いくつもの障害や困難を乗り越え、成就するまでを描いた純愛物語。古代ギリシアの散文作品『ダフニスとクロエ』に着想を得て書かれた作品である「『潮騒』執筆のころ」(雑誌・潮 1965年7月号)。に所収佐伯彰一「解説――『潮騒』について」()。 1954年(昭和29年)6月10日に書き下ろしで新潮社より刊行された井上隆史「作品目録――昭和29年」()神谷忠孝「潮騒」()。たちまちベストセラーとなり、第1回(1954年度)新潮社文学賞を受賞した「第五回 多面体としての性」()。刊行後すぐに複数の映画会社が映画化をめぐり争奪戦となり、アメリカでも翻訳出版されベストセラーとなった。文庫版は翌1955年(昭和30年)12月25日に新潮文庫より刊行された「著書目録――目次」()。翻訳版はメレディス・ウェザビー訳(英題:The Sound of Waves)をはじめ、世界各国多数で行われている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと潮騒 (小説) · 続きを見る »

月刊Asuka

『月刊Asuka』(げっかんあすか)は、角川書店(現:KADOKAWA)から発行されている月刊漫画雑誌。1985年に創刊。毎月24日(日曜日の場合は23日)に翌々月号が発売される。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと月刊Asuka · 続きを見る »

月刊ガンガンJOKER

『月刊ガンガンJOKER』(げっかんガンガンジョーカー)は、スクウェア・エニックスが発行する日本の月刊漫画雑誌。2009年4月22日創刊、毎月22日発売。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと月刊ガンガンJOKER · 続きを見る »

朗読

朗読(ろうどく)は、声を出しながら文章を読むこと。「音読」ともいうが、「朗読」には「感情をこめて読み上げる」という意味あいも含まれる。また、朗読を芸術的な観点から「文字言語で表現された文学作品を音声言語で再表現する芸術」ととらえる考え方、あるいは、学問&教育的な観点から「自分の読みを獲得し、それを他者に朗(あきら)かにする行為」ととらえる考え方もある。文章を暗記した上でこれを行うことを暗唱という。また、声を出さず、心の中で読み上げることを「黙読」といい、これに対比させる意味では音読という語もある。さらに、芸術的な表現として文学作品をよむ段階を「表現よみ」という用語で示すという考えもある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと朗読 · 続きを見る »

朗読少女

『朗読少女』(ろうどくしょうじょ)は、オトバンクから発売されているiPhone、iPadアプリ及び、ブラウザアプリの製品名である。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと朗読少女 · 続きを見る »

最後の真珠

最後の真珠」(さいごのしんじゅ )は、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの創作童話の一つ。『物語集()』第一冊(1852年)および同第二冊(1853年)を『挿絵入り物語集』として一冊にまとめ1855年に刊行した際、同物語集に新たに加えられた12の童話のうちのひとつである。新たに加えられた他の童話として、『とび出した五つのエンドウ豆』『違いがあります』『ばかなハンス』『あの女はろくでなし』などがある。同年に生誕50周年を記念してデンマークで全集の刊行が始まっており、アンデルセンがすでに童話作家としての地位を確立した時期の作品である。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと最後の真珠 · 続きを見る »

斎藤千和

斎藤 千和(さいとう ちわ、1981年3月12日 - )は、日本の女性声優。アイムエンタープライズ所属。 埼玉県出身。血液型はA型。身長155cm。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと斎藤千和 · 続きを見る »

文学

ジャン・オノレ・フラゴナール『読書する女』(1772年) 文学(ぶんがく)とは、言語表現による芸術作品のこと。文芸ともいう。それらを研究する学問も文学と称されるが、これについては文芸学で扱う。狭義には、詩・小説・戯曲・随筆・文芸評論などを典型的な文学の例とする。 西洋での文学(、、、、)はラテン語のlittera(文字)及びその派生語litteratura(筆記、文法、教養)を語源とし、現在では主に以下の意味を持つ。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと文学 · 続きを見る »

文学少女

文学少女.

新しい!!: “文学少女”シリーズと文学少女 · 続きを見る »

日吉丸晃

日吉丸 晃(ひよしまる あきら)は、日本の漫画家、イラストレーター。BLや少女漫画作品、小説の挿絵を手がける。女性。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと日吉丸晃 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと日本 · 続きを見る »

更級日記

藤原定家の書写、80丁 『更級日記』(さらしなにっき / さらしなのにき)は、平安時代中ごろに書かれた回想録。作者は菅原道真の5世孫にあたる菅原孝標の次女菅原孝標女。母の異母姉は『蜻蛉日記』の作者藤原道綱母である。夫の死を悲しんで書いたといわれている。作者13歳の寛仁4年(1020年)から、52歳頃の康平2年(1059年)までの約40年間が綴られている。全1巻。平安女流日記文学の代表作の一に数えられる。江戸時代には広く流通して読まれた。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと更級日記 · 続きを見る »

曽根崎心中

露天神の境内にあるブロンズ像 『曽根崎心中』(そねざきしんじゅう/旧字曾根崎心中、そねざきしんぢゅう)は世話物浄瑠璃(江戸時代における現代劇浄瑠璃)。一段。近松門左衛門作。1703年(元禄16年)竹本座初演の人形浄瑠璃・文楽。のちに歌舞伎の演目にもなる。相愛の若い男女の心中の物語である。 「此の世のなごり。夜もなごり。死に行く身をたとふれば、あだしが原の道の霜」で始まる有名な道行の最後の段は「未来成仏うたがひなき恋の手本となりにけり」と結ばれ、お初と徳兵衛が命がけで恋を全うした美しい人間として描かれている。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと曽根崎心中 · 続きを見る »

10月21日

10月21日(じゅうがつにじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から294日目(閏年では295日目)にあたり、年末まであと71日ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと10月21日 · 続きを見る »

10月27日

10月27日(じゅうがつにじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から300日目(閏年では301日目)にあたり、年末まであと65日ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと10月27日 · 続きを見る »

10月29日

10月29日(じゅうがつにじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から302日目(閏年では303日目)にあたり、年末まであと63日ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと10月29日 · 続きを見る »

10月30日

10月30日(じゅうがつさんじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から303日目(閏年では304日目)にあたり、年末まであと62日ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと10月30日 · 続きを見る »

11月24日

11月24日(じゅういちがつにじゅうよっか、じゅういちがつにじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から328日目(閏年では329日目)にあたり年末まであと37日ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと11月24日 · 続きを見る »

11月25日

11月25日(じゅういちがつにじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から329日目(閏年では330日目)にあたり、年末まであと36日ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと11月25日 · 続きを見る »

12月22日

12月22日(じゅうにがつにじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から356日目(閏年では357日目)にあたり、年末まであと9日ある.

新しい!!: “文学少女”シリーズと12月22日 · 続きを見る »

12月24日

12月24日(じゅうにがつにじゅうよっか、じゅうにがつにじゅうよんにち)は、グレゴリオ暦で年始から358日目(閏年では359日目)にあたり、年末まであと7日ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと12月24日 · 続きを見る »

12月25日

12月25日(じゅうにがつにじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から359日目(閏年では360日目)にあたり、年末まであと6日ある。この日はクリスマスである。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと12月25日 · 続きを見る »

12月26日

12月26日(じゅうにがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から360日目(閏年では361日目)にあたり、年末まであと5日ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと12月26日 · 続きを見る »

1月16日

1月16日(いちがつじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から16日目に当たり、年末まであと349日(閏年では350日)ある。誕生花はデンドロビューム、ラッパズイセン、ジンチョウゲ、黄色のヒヤシンス。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと1月16日 · 続きを見る »

1月1日

1月1日(いちがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から1日目に当たり、年末まであと364日(閏年では365日)ある。誕生花は松(黒松)、または福寿草。 キリスト教においては生後8日目のイエス・キリストが割礼と命名を受けた日として伝えられる。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと1月1日 · 続きを見る »

1月24日

1月24日(いちがつにじゅうよっか、いちがつにじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から24日目に当たり、年末まであと341日(閏年では342日)ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと1月24日 · 続きを見る »

1月26日

1月26日(いちがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から26日目に当たり、年末まであと339日(閏年では340日)ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと1月26日 · 続きを見る »

1月8日

1月8日(いちがつようか)は、グレゴリオ暦で年始から8日目に当たり、年末まであと357日(閏年では358日)ある。誕生花はアザレア。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと1月8日 · 続きを見る »

1月9日

1月9日(いちがつここのか)は、グレゴリオ暦で年始から9日目に当たり、年末まであと356日(閏年では357日)ある。誕生花はパンジー。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと1月9日 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと2006年 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと2007年 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと2008年 · 続きを見る »

2009年

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと2009年 · 続きを見る »

2010年

この項目では、国際的な視点に基づいた2010年について記載する。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと2010年 · 続きを見る »

2011年

この項目では、国際的な視点に基づいた2011年について記載する。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと2011年 · 続きを見る »

2013年

この項目では、国際的な視点に基づいた2013年について記載する。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと2013年 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと2019年 · 続きを見る »

2月22日

2月22日(にがつにじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から53日目にあたり、年末まであと312日(閏年では313日)ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと2月22日 · 続きを見る »

2月24日

2月24日(にがつにじゅうよっか、にがつにじゅうよんにち)は、グレゴリオ暦で年始から55日目にあたり、年末まであと310日(閏年では311日)ある。グレゴリオ暦では、閏年の場合に限り、閏日とも呼ばれる。詳細は閏日の項を参照。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと2月24日 · 続きを見る »

2月6日

2月6日(にがつむいか)は、グレゴリオ暦で年始から37日目に当たり、年末まであと328日(閏年では329日)ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと2月6日 · 続きを見る »

3月15日

3月15日(さんがつじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から74日目(閏年では75日目)にあたり、年末まであと291日ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと3月15日 · 続きを見る »

3月24日

3月24日(さんがつにじゅうよっか、さんがつにじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から83日目(閏年では84日目)にあたり、年末まであと282日ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと3月24日 · 続きを見る »

3月28日

3月28日(さんがつにじゅうはちにち)はグレゴリオ暦で年始から87日目(閏年では88日目)にあたり、年末まであと278日ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと3月28日 · 続きを見る »

3月7日

3月7日(さんがつなのか)は、グレゴリオ暦で年始から66日目(閏年では67日目)にあたり、年末まであと299日ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと3月7日 · 続きを見る »

4月

4月(しがつ)はグレゴリオ暦で年の第4の月に当たり、30日ある。 日本では、旧暦4月を卯月(うづき)と呼び、現在では新暦4月の別名としても用いる。卯月の由来は、卯の花が咲く月「卯の花月(うのはなづき)」を略したものというのが定説となっている。しかし、卯月の由来は別にあって、卯月に咲く花だから卯の花と呼ぶのだとする説もある。「卯の花月」以外の説には、十二支の4番目が卯であることから「卯月」とする説や、稲の苗を植える月であるから「種月(うづき)」「植月(うゑつき)」「田植苗月(たうなへづき)」「苗植月(なへうゑづき)」であるとする説などがある。他に「夏初月(なつはづき)」の別名もある。 日本では、新年度または新学期の時期として有名であり、学校・官公庁・会社などでは当月に入社式・入学式が行われ、前月の3月と同様に慌しくなる。世帯数や人口は少ないが、「卯月」という姓(名字)も存在する。4月は毎年7月と同じ曜日で始まり、閏年には1月とも同じとなる。 英語での月名、April はラテン語の Aprilis、ウェヌス(相当するギリシャの女神アフロディーテのエトルリア名 Apru より)に捧げられた月。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと4月 · 続きを見る »

4月12日

4月12日(しがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から102日目(閏年では103日目)にあたり、年末まではあと263日ある。誕生花はアンズ、カタクリ。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと4月12日 · 続きを見る »

4月21日

4月21日(しがつにじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から111日目(閏年では112日目)にあたり、年末まではあと254日ある。誕生花はミヤコワスレ、ムルチコーレ。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと4月21日 · 続きを見る »

4月24日

4月24日(しがつにじゅうよっか、しがつにじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から114日目(閏年では115日目)にあたり、年末まではあと251日ある。誕生花はシャクヤク。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと4月24日 · 続きを見る »

4月26日

4月26日(しがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から116日目(閏年では117日目)にあたり、年末まではあと249日ある。この日には地球が元日の時から2天文単位(地球の公転軌道の直径分)動いたことになる。誕生花はスカビオサ、ミヤコワスレ。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと4月26日 · 続きを見る »

4月28日

4月28日(しがつにじゅうはちにち)はグレゴリオ暦で年始から118日目(閏年では119日目)にあたり、年末まではあと247日ある。誕生花は日本サクラソウ、ローズマリー。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと4月28日 · 続きを見る »

4月30日

4月30日(しがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から120日目(閏年では121日目)にあたり、年末まではあと245日ある。4月の最終日である。誕生花はナシ、ムラサキハナナ。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと4月30日 · 続きを見る »

5月10日

5月10日(ごがつとおか)は、グレゴリオ暦で年始から130日目(閏年では131日目)にあたり、年末まではあと235日ある。誕生花はカーネーション。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと5月10日 · 続きを見る »

5月1日

5月1日(ごがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から121日目(閏年では122日目)にあたり、年末まであと244日ある。誕生花はプリムラ・ポリアンサ。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと5月1日 · 続きを見る »

5月22日

5月22日(ごがつにじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から142日目(閏年では143日目)にあたり、年末まではあと223日ある。誕生花はフクシア。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと5月22日 · 続きを見る »

5月29日

5月29日(ごがつにじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から149日目(閏年では150日目)にあたり、年末まではあと216日ある。誕生花はナデシコ。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと5月29日 · 続きを見る »

5月9日

5月9日(ごがつここのか)はグレゴリオ暦で年始から129日目(閏年では130日目)にあたり、年末まではあと236日ある。誕生花はクレマチス。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと5月9日 · 続きを見る »

6月25日

6月25日(ろくがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から176日目(閏年では177日目)にあたり、年末まであと189日ある。誕生花はアガパンサス、ヒルガオ。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと6月25日 · 続きを見る »

7月7日

7月7日(しちがつなのか)はグレゴリオ暦で年始から188日目(閏年では189日目)にあたり、年末まであと177日ある。誕生花はスイレン、ヒオウギ。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと7月7日 · 続きを見る »

8月14日

8月14日(はちがつじゅうよっか、はちがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から226日目(閏年では227日目)にあたり、年末まであと139日ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと8月14日 · 続きを見る »

8月22日

8月22日(はちがつにじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から234日目(閏年では235日目)にあたり、年末まであと131日ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと8月22日 · 続きを見る »

8月27日

8月27日(はちがつにじゅうななにち、はちがつにじゅうしちにち)は、グレゴリオ暦で年始から239日目(閏年では240日目)に当り、年末まであと126日ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと8月27日 · 続きを見る »

8月29日

8月29日(はちがつにじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から241日目(閏年では242日目)にあたり、年末まであと124日ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと8月29日 · 続きを見る »

8月30日

8月30日(はちがつさんじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から242日目(閏年では243日目)にあたり、年末まであと123日ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと8月30日 · 続きを見る »

9月22日

9月22日(くがつにじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から265日目(閏年では266日目)にあたり、年末まであと100日ある。.

新しい!!: “文学少女”シリーズと9月22日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

"文学少女"と死にたがりの道化"文学少女"と美味しい噺【レシピ】"文学少女"と飢え渇く幽霊"文学少女"シリーズ“文学少女”“文学少女”と恋する詩人“文学少女”と死にたがりの道化“文学少女”と美味しい噺“文学少女”と飢え渇く幽霊文学少女シリーズ

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »