ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

"X" plosion GUNDAM SEED

+ コンセプトを保存する

“X”plosion GUNDAM SEED(エクスプローションガンダムシード)は、テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』を初めとするコズミック・イラを舞台にしたシリーズ作品の、2006年春以降のプロジェクト名である。.

67 関係: 劇場版 マクロスF劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-卵巣嚢腫双葉社大動脈解離大河原邦男子宮筋腫宮河恭夫両澤千晶平井久司交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱいマスターグレードバンダイバンダイナムコホールディングスバンダイチャンネルユニコーンガンダムラクス・クラインテレビアニメアニメージュアニメディアガンプラガンダムエースガンダムシリーズの登場人物一覧ガンダムシリーズの登場兵器一覧ガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧ガンダムシリーズ一覧キラ・ヤマトコズミック・イラシン・アスカサンライズ (アニメ制作会社)サイゾー冬のソナタ創 (雑誌)創通福田己津央竹田青滋竹書房西川貴教角川書店OVAT.M.Revolution東日本大震災松竹森田繁機動武闘伝Gガンダム機動戦士ガンダム THE ORIGIN機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争機動戦士ガンダムAGE機動戦士ガンダムF91機動戦士ガンダムΖΖ...機動戦士ガンダムSEED機動戦士ガンダムSEED ASTRAYシリーズ機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δ ASTRAY機動戦士ガンダムSEED DESTINY機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY機動戦士ガンダムUC機動戦士Vガンダム機動新世紀ガンダムX武装神姫 BATTLE MASTERS毎日放送月刊ニュータイプ海猿2006年2008年5月5月7日 インデックスを展開 (17 もっと) »

劇場版 マクロスF

『劇場版 マクロスF』(げきじょうばん マクロスフロンティア)は、サテライト、エイトビット制作『サヨナラノツバサ』はサテライト単独制作。の日本のアニメーション映画。2008年放送のテレビアニメ『マクロスF』の劇場版2部作である。 2009年に前編『劇場版 マクロスF 虚空歌姫 〜イツワリノウタヒメ〜』(げきじょうばん マクロスフロンティア イツワリノウタヒメ)、2011年に後編『劇場版 マクロスF 恋離飛翼 〜サヨナラノツバサ〜』(げきじょうばん マクロスフロンティア サヨナラノツバサ)が公開された。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと劇場版 マクロスF · 続きを見る »

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』(げきじょうばん きどうせんしガンダムダブルオー ア ウェイクニング オブ ザ トレイルブレイザー)は、2010年(平成22年)9月18日公開の日本のアニメーション映画。副題「A wakening of the Trailblazer」は、和訳すると「先駆者の目覚め」となる。 ガンダムシリーズの劇場作品としては『機動戦士ガンダムF91』以来19年ぶりとなる完全新作である。 キャッチコピーは「最終決戦(来るべき対話)が始まる」「最終決戦(来るべき対話)の始まり。それは、人類の目覚め-」。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- · 続きを見る »

卵巣嚢腫

卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ、ovarian cyst)とは、卵巣に生ずる嚢胞状の病変の総称であり、腫瘍性のものを含め多種多様な疾患が包括される。 ヒトにおいては婦人科学の対象となる。 獣医学的には特に機能性嚢胞に分類されるものが重要である。牛、豚で主要な卵巣疾患であり、馬、羊、山羊にも発生する。卵胞嚢腫と黄体嚢腫に区別される。症状として無発情あるいは思牡狂を示す。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと卵巣嚢腫 · 続きを見る »

双葉社

株式会社双葉社(ふたばしゃ)は、東京都新宿区に本社を置く日本の出版社である。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと双葉社 · 続きを見る »

大動脈解離

大動脈解離(だいどうみゃくかいり、Aortic dissection)とは、3層構造を作っている大動脈のうち、何らかのきっかけで真ん中の層の膜(中膜)に血流が入り込み、層構造が別々に剥がれていく(解離してしまう)疾患。 なお、大動脈解離と解離性大動脈瘤(かいりせいだいどうみゃくりゅう、dissecting aneurysm of the aorta)とを混同しないよう留意されたい。この症例においては特に瘤形成を認めないことも多く、前述の症状の中でも、大動脈の径が拡大して瘤形成を認めた場合にのみ「解離性大動脈瘤」と呼ばれるからである。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと大動脈解離 · 続きを見る »

大河原邦男

大河原 邦男(おおかわら くにお、 - )は、アニメーション作品における日本最初の専門メカニックデザイナー。『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツのデザインで知られる。東京都稲城市出身。息子はアニメーターの大河原烈。 苗字はよく「おおがわら」と発音や表記をされることがあるが、自筆イラストに入れられるサインは「K.Okawara」である。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと大河原邦男 · 続きを見る »

子宮筋腫

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ、uterine fibroids)とは、子宮の筋層に存在する平滑筋細胞由来の良性腫瘍である。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと子宮筋腫 · 続きを見る »

宮河恭夫

宮河 恭夫(みやがわ やすお、1956年 - )は、株式会社サンライズおよびバンダイナムコピクチャーズ代表取締役社長。日本のプロデューサー、実業家。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと宮河恭夫 · 続きを見る »

両澤千晶

両澤 千晶(もろさわ ちあき、1959年3月28日 - 2016年2月19日) は、日本のアニメーション脚本家、同人作家。埼玉県さいたま市(旧浦和市)出身。血液型はO型。 アニメーション監督の福田己津央の妻、脚本家の両沢和幸の姉である。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと両澤千晶 · 続きを見る »

平井久司

平井 久司(ひらい ひさし、5月27日生)は、日本のアニメーター、イラストレーター、漫画家。東京都出身。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと平井久司 · 続きを見る »

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい

『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』(こうきょうしへんエウレカセブン ポケットがにじでいっぱい、Psalms of Planets Eureka seveN good night, sleep tight, young lovers)は、2009年4月25日に公開されたアニメーション映画。2005年から2006年にかけて放送されたテレビアニメ『交響詩篇エウレカセブン』の劇場用アニメーション作品である。制作はボンズ。アニメーション制作はキネマシトラス。テレビシリーズとは「別宇宙」での物語を、新規映像と既存のテレビシリーズの映像とを用いて描く。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい · 続きを見る »

マスターグレード

マスターグレード (MG) は、バンダイが発売するプラモデルシリーズのブランド名。基本的にアニメ作品『ガンダムシリーズ』に登場するモビルスーツ (MS) の1/100スケールモデルを主力商品とする。 バンダイ・ホビージャパン (HJ) 誌・MAX渡辺らが企画を立ち上げ、その時点において「究極のガンプラ」を目指すべく開発された。後に上位のパーフェクトグレード (PG) シリーズ が商品化されたことから、現在はガンプラのスタンダードアイテム的な位置づけに変わってきている。 なお、MGブランドを冠したプラモデルにはガンダムシリーズの他に『聖戦士ダンバイン』と『機動警察パトレイバー』の2作品からもリリースされているほか、アニメや特撮のキャラクターをプラモデル化した『MGフィギュアライズ』が存在するが、当記事では長期に渡り商品化され続けているガンダムシリーズ系のキットを中心に解説する。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとマスターグレード · 続きを見る »

バンダイ

株式会社バンダイ(英文社名:BANDAI Co., Ltd.)は、バンダイナムコグループの玩具、模型、既製服(アパレル)、生活用品等を手がけるメーカー。「変身」を商標登録している。コーポレート・メッセージは「夢・クリエイション」。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとバンダイ · 続きを見る »

バンダイナムコホールディングス

株式会社バンダイナムコホールディングス()は、バンダイナムコグループを統括する日本の持株会社。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとバンダイナムコホールディングス · 続きを見る »

バンダイチャンネル

バンダイチャンネルは、インターネットを用いた映像配信(インターネットテレビ)事業を行う日本の動画サイトである。 運営会社はバンダイナムコグループの一社である株式会社バンダイナムコライツマーケティング()。日本動画協会準会員。2015年3月31日までのサイトと同名の企業であった株式会社バンダイチャンネル()より変更した。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとバンダイチャンネル · 続きを見る »

ユニコーンガンダム

ユニコーンガンダム(Unicorn Gundam)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」の一つ。初出は2007年に発表された小説『機動戦士ガンダムUC』。機体デザインはカトキハジメが担当。 作中の軍事勢力の一つ「地球連邦軍」の試作ガンダムタイプMS。『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』で初登場した発光する特殊構造材「サイコフレーム」を全身の内部骨格に採用しており、平常時の「ユニコーンモード」から各部の装甲を展開してフレームを露出させた最大稼動モード「デストロイモード」に“変身”するのが特徴。 『機動戦士ガンダムUC』劇中では、主人公「バナージ・リンクス」が搭乗する白い1号機と、当初敵対するも後に共闘する黒い2号機「バンシィ」の2機が登場する。原作小説での2機の違いはカラーリングと頭部アンテナの形状程度だが、後年発表されたアニメ版(OVAおよびテレビシリーズ)や漫画版『バンデシネ』では、襟部分の装飾や武装を変更することでより差別化を図っている。 上記の2機に加え、『UC』本編には登場しない、金色の3号機「フェネクス」が存在する。3号機はイベント上映作品『機動戦士ガンダムUC One of Seventy Two』や、原作の追補小説『機動戦士ガンダムUC 不死鳥狩り』、劇場アニメ『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』に登場する。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとユニコーンガンダム · 続きを見る »

ラクス・クライン

* ラクス・クライン(Lacus Clyne) は、アニメ『機動戦士ガンダムSEED』、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』などのフィクション作品に登場する架空の人物で、ヒロイン(声:田中理恵)。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとラクス・クライン · 続きを見る »

テレビアニメ

*.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとテレビアニメ · 続きを見る »

アニメージュ

『アニメージュ』(Animage)は、徳間書店から1978年5月26日に創刊された月刊アニメ雑誌。毎月10日発売。略称はAM。愛称はメージュ。 現存するアニメ雑誌では最古参にあたる。いわゆるアニメ雑誌三強(御三家)、10日売りアニメ雑誌の1誌である。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとアニメージュ · 続きを見る »

アニメディア

『アニメディア』(Animedia)は、学研プラスが発行する日本の月刊アニメ雑誌。1981年6月9日創刊。毎月10日発売。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとアニメディア · 続きを見る »

ガンプラ

ンプラは、「ガンダムのプラモデル」の略称。 「ガンダム」とはアニメ作品『機動戦士ガンダム』劇中に登場したモビルスーツ(ロボット)・「ガンダム」のことだが、「ガンプラ」という名称を広義に用いる場合は単にガンダム一体だけを指すのではなく、「ガンダムシリーズ」全体に登場する他のモビルスーツやモビルアーマー等と呼ばれる兵器、および艦船など、商品としてプラモデル化されているもの全ての総称として用いられる。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとガンプラ · 続きを見る »

ガンダムエース

『ガンダムエース』(GUNDAM A) は、KADOKAWA・角川書店ブランド発行の漫画雑誌。ガンダムシリーズの専門誌である。略称はダムエー。 2001年6月25日に創刊された。月刊化されてからは原則毎月26日発売。当初は定価580円だったが、号によっては特別定価と称して600円以上になることもあった。また、2008年以降は650円が定価となっている。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとガンダムエース · 続きを見る »

ガンダムシリーズの登場人物一覧

ンダムシリーズの登場人物一覧(ガンダムシリーズのとうじょうじんぶついちらん)は、アニメ『機動戦士ガンダム』をはじめとする「ガンダムシリーズ」に登場する、架空の人物の一覧である ガンダムシリーズでは複数名前を持つ人物も存在するがこの記事ではそれぞれ別個に記載する。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとガンダムシリーズの登場人物一覧 · 続きを見る »

ガンダムシリーズの登場兵器一覧

アニメ『機動戦士ガンダム』をはじめとする『ガンダムシリーズ』に登場する、主な架空の兵器のうち、.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとガンダムシリーズの登場兵器一覧 · 続きを見る »

ガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧

ンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧(ガンダムシリーズのとうじょうかんせんおよびそのたのへいきいちらん)は、アニメ『機動戦士ガンダム』をはじめとする「ガンダムシリーズ」に登場する主な架空の兵器のうち、モビルスーツやモビルアーマーなど機動兵器に分類されるもの以外を収めた一覧である。また、兵器ではないものも同時に収める。 ここに分類されない機動兵器についてはガンダムシリーズの登場機動兵器一覧を参照のこと。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧 · 続きを見る »

ガンダムシリーズ一覧

ンダムシリーズ一覧(ガンダムシリーズいちらん)は、これまでに日本国内で発表された『機動戦士ガンダム』を始めとする一連の作品群のタイトルである。 各作品はいくつかの世界を共有して発表されているため、それぞれの世界と主となる作品の発表順に表記した。メインとなる作品(多くの場合テレビアニメ)に準じた副次的に発表されている作品がある場合はメインの作品を最初に、それに準じた作品を2つ目以降にして併記した。 また、ガンダムシリーズより派生してキャラクターを2等身にしたSDガンダムと呼ばれるシリーズも展開されているが、テキスト量にボリュームがあるため別項目とした。 なお、太字で強調されていないのは公式認定されていない作品である。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとガンダムシリーズ一覧 · 続きを見る »

キラ・ヤマト

* キラ・ヤマト(Kira Yamato)は、テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』、及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の人物で、『SEED』の主人公。声の出演は保志総一朗。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとキラ・ヤマト · 続きを見る »

コズミック・イラ

ミック・イラ(Cosmic Era=C.E.)は、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズにおける架空の紀元。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとコズミック・イラ · 続きを見る »

シン・アスカ

ン・アスカ(Shinn Asuka)はテレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』およびその関連作品に登場する架空の人物であり、同作品の主人公である。声の出演は鈴村健一。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとシン・アスカ · 続きを見る »

サンライズ (アニメ制作会社)

株式会社サンライズ()は、バンダイナムコグループのアニメ制作会社。日本動画協会正会員。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとサンライズ (アニメ制作会社) · 続きを見る »

サイゾー

株式会社サイゾーは、デジタルメディア事業や出版事業を行う企業である。本稿では株式会社サイゾーと株式会社サイゾーから出版されている月刊誌『サイゾー』(才蔵、Cyzo)の両方について述べる。主に芸能人のスキャンダラスな記事を書く、いわゆるゴシップ誌である。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとサイゾー · 続きを見る »

冬のソナタ

『冬のソナタ』(ふゆのソナタ、 キョウルヨンガ、Winter Sonata)は、2002年に韓国の公共放送局である韓国放送公社のKBS第2テレビジョンで放送された、全20話の連続テレビドラマである。監督はユン・ソクホ。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと冬のソナタ · 続きを見る »

創 (雑誌)

『創』(つくる)は、東京都新宿区四谷に本社のある有限会社創出版が発行するマスメディア批評を中心とした日本の月刊誌。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと創 (雑誌) · 続きを見る »

創通

株式会社創通(そうつう、)は、日本の広告代理店。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと創通 · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと元日 · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと新年 · 続きを見る »

福田己津央

福田 己津央(ふくだ みつお、1960年10月28日 - )は、日本のアニメーション監督、脚本家、演出家。かつては 福田満夫 及び、ふくだみつお名義で活動していた。栃木県出身。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと福田己津央 · 続きを見る »

竹田青滋

竹田 靑滋(たけだ せいじ、1960年 - )は、毎日放送 (MBS) のコンテンツビジネス局長。元編成局長。奈良県出身。 視聴者からの通称は「竹P」(たけぴー)。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと竹田青滋 · 続きを見る »

竹書房

株式会社竹書房(たけしょぼう、TAKESHOBO Co., Ltd.)は、日本の出版社。所在地は東京都千代田区飯田橋二丁目。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと竹書房 · 続きを見る »

西川貴教

西川 貴教(にしかわ たかのり、本名同じ、1970年9月19日 - )は、日本のミュージシャン、歌手、作詞家、俳優、声優、タレント、ラジオパーソナリティ、実業家。滋賀県彦根市生まれ、滋賀県野洲市育ち。単独での所属事務所はディーゼルコーポレーションで、自らが代表取締役を務める。マネージメントの業務提携はパーフィットプロダクションが行っている。血液型はA型。身長161cm。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと西川貴教 · 続きを見る »

角川書店

角川書店(かどかわしょてん)は、日本の出版社・KADOKAWAのブランドの一つ。東京都千代田区に事業所を置く。 本項では、ブランドカンパニー化以前の株式会社角川書店についても解説する。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと角川書店 · 続きを見る »

OVA

リジナル・ビデオ・アニメーションは、記録媒体での発売またはレンタルを主たる販路として作られる商業アニメ作品。通称はOVA(オーブイエー)。オリジナル・アニメーション・ビデオ (OAV) とも称される。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとOVA · 続きを見る »

T.M.Revolution

T.M.Revolution(ティー・エム・レボリューション)は、西川貴教のソロプロジェクト。略称はT.M.R、TMなど。浅倉大介が1995年にリリースした自身のソロシングル「BLACK OR WHITE?」に、ゲストボーカルとして西川を起用した事がきっかけとなりプロジェクトが発足した。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDとT.M.Revolution · 続きを見る »

東日本大震災

東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい)は、2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による災害およびこれに伴う福島第一原子力発電所事故による災害である。大規模な地震災害であることから大震災と呼称される。 発生した日付から3.11(さんてんいちいち)、311(さんいちいち)と称することもある。 津波によって浸水した宮城県仙台市宮城野区沿岸(2011年3月12日)。津波火災も発生した。 津波によって破壊された岩手県陸前高田市小友町(2011年4月3日).

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと東日本大震災 · 続きを見る »

松竹

松竹株式会社(しょうちく)は、日本の映画、演劇の制作、興行、配給を手掛ける会社。歌舞伎の興行については現在ほぼ独占的に手がけている。創業は1895年で設立は1920年11月8日(帝国活動写真株式会社の設立日)である。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと松竹 · 続きを見る »

森田繁

森田 繁(もりた しげる、1959年 - )は日本の脚本家、設定考証・特殊設定担当者。スタジオぬえ所属。東京都練馬区出身。早稲田大学法学部卒業。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと森田繁 · 続きを見る »

機動武闘伝Gガンダム

『機動武闘伝Gガンダム』(きどうぶとうでんジーガンダム、MOBILE FIGHTER G GUNDAM)は、サンライズ製作のテレビアニメ。「ガンダムシリーズ」の一作。1994年(平成6年)4月22日から1995年(平成7年)3月31日まで全49話がテレビ朝日系で毎週金曜日17時00分 - 17時30分にて放送された。略称は「Gガン」。平均視聴率4.1%。最高視聴率7.3%(ガンダムシリーズ歴代6位)。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと機動武闘伝Gガンダム · 続きを見る »

機動戦士ガンダム THE ORIGIN

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』(きどうせんしガンダム ジ・オリジン)は、安彦良和の漫画。原案は矢立肇・富野由悠季、メカニックデザインは大河原邦男。アニメ『機動戦士ガンダム』をベースにしたコミカライズ作品ではあるが、設定の見直しや外伝的エピソードの追加など独自のアレンジが施されている。 ガンダムシリーズ専門漫画雑誌『ガンダムエース』創刊号(2001年6月発売)より2011年8月号(2011年6月発売)にかけて連載された。2014年からはウェブコミックComic Walkerにてフルカラー版が順次無料掲載されている。 最終話の掲載号においてアニメ化が発表され、2015年よりエピソードを分けて制作・公開されている。詳しくは後述。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと機動戦士ガンダム THE ORIGIN · 続きを見る »

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』(きどうせんしガンダム ダブルオーエイティ ポケットのなかのせんそう、英題: MOBILE SUIT GUNDAM 0080 War in the Pocket)は、1989年発売の『ガンダムシリーズ』OVA作品。全6話。略称は「0080」「ポケ戦」(ポケせん)。 それまでガンダムシリーズを手がけてきた富野由悠季以外が監督した初の作品である。また、ガンダムシリーズ作品では最初にOVA形式で発表・リリースされた作品でもある。リリースされたメディア(媒体)の遍歴については#各話リストの付記を参照。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 · 続きを見る »

機動戦士ガンダムAGE

『機動戦士ガンダムAGE』(きどうせんしガンダムエイジ、MOBILE SUIT GUNDAM AGE)は、2011年(平成23年)10月9日から2012年(平成24年)9月23日までMBS・TBS系列にて放送された日本のテレビアニメ、およびそれを原作としたメディアミックス作品群。有人ロボット兵器同士による宇宙戦争を描いた、「ガンダムシリーズ」作品の一つ。キャッチコピーは「三つの運命が 歴史になる___」。全49話。平均視聴率は2.56%第1話から第49話(最終話)までの平均視聴率で最高視聴率は4.8%、最低視聴率は1.4%(いずれも関東地区での視聴率。ビデオリサーチ調べ)。。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと機動戦士ガンダムAGE · 続きを見る »

機動戦士ガンダムF91

『機動戦士ガンダムF91』(きどうせんしガンダム フォーミュラ ナインティワン / MOBILE SUIT GUNDAM Formula 91)は、1991年3月に劇場公開されたガンダムシリーズのアニメ映画。略称は「F91」(エフきゅうじゅういち)。キャッチコピーは「人は、いつ戦争を忘れることができるのか?」。。同時上映は『武者・騎士・コマンド SDガンダム緊急出撃』。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと機動戦士ガンダムF91 · 続きを見る »

機動戦士ガンダムΖΖ

『機動戦士ガンダムΖΖ』(きどうせんしガンダムダブルゼータ、MOBILE SUIT GUNDAM ΖΖ)は、日本サンライズ制作のテレビアニメ。『機動戦士Ζガンダム』の直接の続編として作られた『ガンダムシリーズ』の一つ。略称は『ΖΖ(ダブルゼータ)』。1986年(昭和61年)3月1日から1987年(昭和62年)1月31日まで、名古屋テレビを制作局として、テレビ朝日系で毎週土曜日17:30 ‐18:00(JST)に全47話が放送された。平均視聴率(関東地区) は6.02%。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと機動戦士ガンダムΖΖ · 続きを見る »

機動戦士ガンダムSEED

『機動戦士ガンダムSEED』(きどうせんしガンダムシード、MOBILE SUIT GUNDAM SEED)は日本のアニメ作品。『ガンダムシリーズ』の1つに属するロボットアニメ。略称は『SEED』(シード)。 キャッチフレーズは 「“ 決闘(デュエル)・暴風(バスター)・電撃(ブリッツ)・盾(イージス)・攻撃(ストライク) 五機のガンダム現る!! ”.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと機動戦士ガンダムSEED · 続きを見る »

機動戦士ガンダムSEED ASTRAYシリーズ

『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』(きどうせんしガンダムシード アストレイ)は、テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』および『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のサンライズ公式の外伝作品である。「ASTRAY」とは作中に登場する主役モビルスーツ (MS) の名称で、「王道ではない」という意味が込められている。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと機動戦士ガンダムSEED ASTRAYシリーズ · 続きを見る »

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δ ASTRAY

『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δ ASTRAY(きどうせんしガンダムシード コズミック・イラ73 デルタ アストレイ)』は、ときた洸一による日本の漫画作品。『ガンダムエース』(角川書店)にて連載された『機動戦士ガンダムSEED ASTRAYシリーズ』の第4作目。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δ ASTRAY · 続きを見る »

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』(きどうせんしガンダムシード デスティニー、MOBILE SUIT GUNDAM SEED DESTINY)は、「ガンダムシリーズ」のテレビシリーズ。『機動戦士ガンダムSEED』の続編として製作され、2004年10月9日(一部地域は同年10月16日)から2005年10月1日(一部地域は同年10月8日)まで、MBSを製作局としてTBS系列で全50話が放送された。。 キャッチコピーは「戦う意志が未来を変える。」。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと機動戦士ガンダムSEED DESTINY · 続きを見る »

機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS

『機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS』(きどうせんしガンダムシード フレイムアストレイズ)は、シナリオ:千葉智宏、作画:ときた洸一によるフォトストーリーと漫画作品。『電撃ホビーマガジン』(アスキー・メディアワークス)で連載された『機動戦士ガンダムSEED ASTRAYシリーズ』の第5作。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS · 続きを見る »

機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY

『機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY』(きどうせんしガンダムシード ヴァーサス アストレイ)は、電撃ホビーマガジンにて連載されていた『機動戦士ガンダムSEED ASTRAYシリーズ』の第6作。イラストはときた洸一。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY · 続きを見る »

機動戦士ガンダムUC

『機動戦士ガンダムUC』(きどうせんしガンダムユニコーン)(英題: MOBILE SUIT GUNDAM UNICORN)は、福井晴敏による日本の小説。角川書店『ガンダムエース』誌上にて2007年2月号から2009年8月号まで連載された。また、この小説を原作とするアニメ作品と漫画作品が制作されている。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと機動戦士ガンダムUC · 続きを見る »

機動戦士Vガンダム

『機動戦士Vガンダム』(きどうせんしヴィクトリーガンダム、英題: MOBILE SUIT VICTORY GUNDAM)は、サンライズ制作のテレビアニメであり、『ガンダムシリーズ』の1つ。1993年(平成5年)4月2日から1994年(平成6年)3月25日まで全51話がテレビ朝日系列で毎週金曜日17時00分 - 17時30分に放送された。「Vガンダム」、「Vガン」と略される。平均視聴率は3.92%。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと機動戦士Vガンダム · 続きを見る »

機動新世紀ガンダムX

『機動新世紀ガンダムX』(きどうしんせいきガンダムエックス、英題: After War Gundam X)は、1996年4月5日から同年12月27日まで(テレビ朝日は12月28日まで)テレビ朝日および一部地方のテレビ朝日系列にて放送されたテレビアニメ。ガンダムシリーズの1作。全39話。略称は「GX」。キャッチコピーは「月は出ているか?」「君は、生き延びた先に何を見るのか?」など。平均視聴率は2.75%。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと機動新世紀ガンダムX · 続きを見る »

武装神姫 BATTLE MASTERS

『武装神姫 BATTLE MASTERS』(ぶそうしんき バトルマスターズ)は、2010年7月15日にコナミデジタルエンタテインメントから発売された3Dアクションゲーム。 2011年9月22日発売の続編『武装神姫 BATTLE MASTERS Mk.2』(ぶそうしんき バトルマスターズ マークツー)についても本項で記述する。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと武装神姫 BATTLE MASTERS · 続きを見る »

毎日放送

株式会社毎日放送(まいにちほうそう、Mainichi Broadcasting System, Inc.、略称: MBS)は、近畿広域圏を放送対象地域とする特定地上基幹放送事業者である。 大阪府内では唯一の同一法人による中波放送(AMラジオ放送)とテレビジョン放送の兼営局で、ラジオ放送はJRNおよびNRNとのクロスネット局、テレビ放送はJNN系列の準キー局である。 2017年4月1日、旧法人の株式会社毎日放送が認定放送持株会社に移行したことにより、商号を「株式会社MBSメディアホールディングス」(エムビーエスメディアホールディングス)に変更、放送事業などの現業全般は会社分割により設立された新法人の「株式会社毎日放送」(旧:毎日放送分割準備株式会社)が継承した。本項では会社としての毎日放送について説明する。 ラジオ放送についてはMBSラジオを、テレビ放送についてはMBSテレビを参照。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと毎日放送 · 続きを見る »

月刊ニュータイプ

『月刊ニュータイプ』(Newtype)は、角川書店が編集、KADOKAWAが発行するアニメ雑誌。1985年3月8日(4月号)創刊。毎月10日発売。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと月刊ニュータイプ · 続きを見る »

海猿

『海猿』(うみざる)は、作者佐藤秀峰、原案・取材小森陽一による日本の漫画である。この原作漫画は1999年より連載され2001年に完結したものの、翌2002年にテレビドラマ化、さらに2004年に映画化され、さらに続編も幾つか制作された。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと海猿 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと2006年 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと2008年 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと2019年 · 続きを見る »

5月

『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』より5月 5月(ごがつ)はグレゴリオ暦で年の第5の月に当たり、31日ある。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと5月 · 続きを見る »

5月7日

5月7日(ごがつなのか)はグレゴリオ暦で年始から127日目(閏年では128日目)にあたり、年末まではあと238日ある。誕生花はボタン。.

新しい!!: "X" plosion GUNDAM SEEDと5月7日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

"X" plosion Gundam SeedX plosion GUNDAM SEED“X”plosion GUNDAM SEED劇場版機動戦士ガンダムSEED

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »