:P キサノメリン - ユニオンペディア
ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
あなたは、あなたの興味のユニオンペディアの概念を保存しますか? はい、お願いします 結構です

キサノメリン

キサノメリン(Xanomeline)は、M1及びM4に選択性があるが、M5にも活性があることが知られているムスカリン性アセチルコリン受容体のアゴニストである。胃腸への副作用はあるものの、アルツハイマー病と統合失調症の両方、特に認知と陰性症状の両方について研究が行われているが、臨床的な副作用により中断率が高くなっている。これを除けば、キサノメリンは統合失調症の症状に効果をある程度効果を示す。また、ヒトにおいて、学習やワーキングメモリを改善する効果が示されている。

3 関係: ミラメリンタゾメリンサブコメリン

ミラメリン

ラメリン(Milameline)は、非選択的ムスカリン性アセチルコリン受容体のパーシャルアゴニストである。

新!: キサノメリンとミラメリン · 続きを見る »

タゾメリン

タゾメリン(Tazomeline)は、ムスカリン性アセチルコリン受容体の非選択的アゴニストとして作用する薬剤である。

新!: キサノメリンとタゾメリン · 続きを見る »

サブコメリン

コメリン(Sabcomeline)は、M1受容体の選択的パーシャルアゴニストで、アルツハイマー病の治療薬として開発が進められ。結果不良で開発中止になる前に第3段階の治験まで進ん。

新!: キサノメリンとサブコメリン · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »