ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
広告なし!

(S)-2-ヒドロキシ酸オキシダーゼ

(S)-2-ヒドロキシ酸オキシダーゼ((S)-2-hydroxy-acid oxidase)は、次の化学反応を触媒する酸化還元酵素である。

6 関係: 化学反応ヒドロキシ酸フラビンモノヌクレオチドオキソ酸触媒酸化還元酵素

化学反応

化学反応(かがくはんのう、chemical reaction)とは、原子間の結合の生成、あるいは切断によって異なる物質を生成する現象のことである。化学変化()と同義である。

新しい!!: (S)-2-ヒドロキシ酸オキシダーゼと化学反応 · 続きを見る »

ヒドロキシ酸

ヒドロキシ酸(ヒドロキシさん、hydroxy acid)はヒドロキシ基を併せ持つカルボン酸の総称であり、ヒドロキシカルボン酸、 オキシ酸、アルコール酸などと呼ばれる場合もある。ヒドロキシ酸類は生体内に広く分布する。

新しい!!: (S)-2-ヒドロキシ酸オキシダーゼとヒドロキシ酸 · 続きを見る »

フラビンモノヌクレオチド

フラビンモノヌクレオチド(Flavin mononucleotide、FMN)またはリボフラビン-5'-リン酸(riboflavin-5'-phosphate)は、NADHデヒドロゲナーゼを含む様々な酸化還元酵素の補欠分子族であり、リボフラビンキナーゼによってリボフラビン(ビタミンB2)から合成される。触媒回路において、酸化型(FMN)とセミキノン(FMNH•)そして還元型(FMNH2)は可逆的に相互変換できる。FMNはNADと比べて強力な酸化剤であり、1から2個の電子輸送を担う。

新しい!!: (S)-2-ヒドロキシ酸オキシダーゼとフラビンモノヌクレオチド · 続きを見る »

オキソ酸

最も簡単なオキソ酸の1つ。炭酸。 オキソ酸(オキソさん、Oxoacid)とは、ある原子にヒドロキシル基《ヒドロキシ基》 (-OH) とオキソ基 (。

新しい!!: (S)-2-ヒドロキシ酸オキシダーゼとオキソ酸 · 続きを見る »

触媒

触媒(しょくばい)とは、特定の化学反応の反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないものをいう。また、反応によって消費されても、反応の完了と同時に再生し、変化していないように見えるものも触媒とされる。「触媒」という用語は明治の化学者が英語の catalyser、ドイツ語の Katalysator を翻訳したものである。今日では、触媒は英語では catalyst、触媒の作用を catalysis という。

新しい!!: (S)-2-ヒドロキシ酸オキシダーゼと触媒 · 続きを見る »

酸化還元酵素

酸化還元酵素(さんかかんげんこうそ、oxidoreductase)とはEC第1群に分類される酵素で、酸化還元反応を触媒する酵素である。オキシドレダクターゼとも呼ばれる。生体内では多数の酸化還元酵素が知られており、約560種類ともいわれる。

新しい!!: (S)-2-ヒドロキシ酸オキシダーゼと酸化還元酵素 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »