ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
広告なし!

(S)-ケイランチホリンシンターゼ

(S)-ケイランチホリンシンターゼ((S)-cheilanthifoline synthase)は、イソキノリンアルカロイド生合成酵素の一つで、次の化学反応を触媒する酸化還元酵素である。

11 関係: 基質化学反応プロトンフィトケミストリーニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸アルカロイドイソキノリン触媒酸化還元酵素酸素

基質

基質 (きしつ)とは。

新しい!!: (S)-ケイランチホリンシンターゼと基質 · 続きを見る »

化学反応

化学反応(かがくはんのう、chemical reaction)とは、原子間の結合の生成、あるいは切断によって異なる物質を生成する現象のことである。化学変化()と同義である。

新しい!!: (S)-ケイランチホリンシンターゼと化学反応 · 続きを見る »

プロトン

記載なし。

新しい!!: (S)-ケイランチホリンシンターゼとプロトン · 続きを見る »

フィトケミストリー

『フィトケミストリー』(英語:Phytochemistry )は、植物化学、応用植物化学、植物生化学及び分子生物学を取り扱う学術雑誌である。

新しい!!: (S)-ケイランチホリンシンターゼとフィトケミストリー · 続きを見る »

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリンさん、)とは、光合成経路あるいは解糖系のエントナー-ドウドロフ経路などで用いられている電子伝達体である。化学式:C21H21N7O17P3、分子量:744.4。

新しい!!: (S)-ケイランチホリンシンターゼとニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸 · 続きを見る »

アルカロイド

isbn。

新しい!!: (S)-ケイランチホリンシンターゼとアルカロイド · 続きを見る »

イソキノリン

イソキノリン (isoquinoline) は、分子式 C9H7N、分子量 129.16で、ベンゼン環とピリジン環が縮合した構造を持つ複素環式芳香族化合物の一種である。

新しい!!: (S)-ケイランチホリンシンターゼとイソキノリン · 続きを見る »

触媒

触媒(しょくばい)とは、特定の化学反応の反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないものをいう。また、反応によって消費されても、反応の完了と同時に再生し、変化していないように見えるものも触媒とされる。「触媒」という用語は明治の化学者が英語の catalyser、ドイツ語の Katalysator を翻訳したものである。今日では、触媒は英語では catalyst、触媒の作用を catalysis という。

新しい!!: (S)-ケイランチホリンシンターゼと触媒 · 続きを見る »

酸化還元酵素

酸化還元酵素(さんかかんげんこうそ、oxidoreductase)とはEC第1群に分類される酵素で、酸化還元反応を触媒する酵素である。オキシドレダクターゼとも呼ばれる。生体内では多数の酸化還元酵素が知られており、約560種類ともいわれる。

新しい!!: (S)-ケイランチホリンシンターゼと酸化還元酵素 · 続きを見る »

酸素

酸素(さんそ、oxygen)は原子番号8、原子量16.00の非金属元素である。

新しい!!: (S)-ケイランチホリンシンターゼと酸素 · 続きを見る »

水(みず)とは、次のいずれかの物質を表す用語である。

新しい!!: (S)-ケイランチホリンシンターゼと水 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »