ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
広告なし!

(S)-カルニチン-3-デヒドロゲナーゼ

(S)-カルニチン-3-デヒドロゲナーゼ((S)-carnitine 3-dehydrogenase)は、次の化学反応を触媒する酸化還元酵素である。

5 関係: 基質化学反応ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド触媒酸化還元酵素

基質

基質 (きしつ)とは。

新しい!!: (S)-カルニチン-3-デヒドロゲナーゼと基質 · 続きを見る »

化学反応

化学反応(かがくはんのう、chemical reaction)とは、原子間の結合の生成、あるいは切断によって異なる物質を生成する現象のことである。化学変化()と同義である。

新しい!!: (S)-カルニチン-3-デヒドロゲナーゼと化学反応 · 続きを見る »

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド (nicotinamide adenine dinucleotide) とは、全ての真核生物と多くの古細菌、真正細菌で用いられる電子伝達体である。さまざまな脱水素酵素の補酵素として機能し、酸化型 (NAD+) および還元型 (NADH) の2つの状態を取り得る。二電子還元を受けるが、中間型は生じない。略号であるNAD+(あるいはNADでも同じ)のほうが論文や口頭でも良く使用されている。またNADH2とする人もいるが間違いではない。

新しい!!: (S)-カルニチン-3-デヒドロゲナーゼとニコチンアミドアデニンジヌクレオチド · 続きを見る »

触媒

触媒(しょくばい)とは、特定の化学反応の反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないものをいう。また、反応によって消費されても、反応の完了と同時に再生し、変化していないように見えるものも触媒とされる。「触媒」という用語は明治の化学者が英語の catalyser、ドイツ語の Katalysator を翻訳したものである。今日では、触媒は英語では catalyst、触媒の作用を catalysis という。

新しい!!: (S)-カルニチン-3-デヒドロゲナーゼと触媒 · 続きを見る »

酸化還元酵素

酸化還元酵素(さんかかんげんこうそ、oxidoreductase)とはEC第1群に分類される酵素で、酸化還元反応を触媒する酵素である。オキシドレダクターゼとも呼ばれる。生体内では多数の酸化還元酵素が知られており、約560種類ともいわれる。

新しい!!: (S)-カルニチン-3-デヒドロゲナーゼと酸化還元酵素 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »