ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
広告なし!

(E)-4-ヒドロキシ-3-メチル-2-ブテニル二リン酸

(E)-4-ヒドロキシ-3-メチル-2-ブテニル二リン酸((E)-4-ヒドロキシ-3-メチル-2-ブテニルにリンさん、HMB-PP、HMBPP)もしくは(E)-4-ヒドロキシジメチルアリル二リン酸((E)-4-ヒドロキシジメチルアリル二リン酸、HDMAPP)は、イソプレノイド生合成の非メバロン酸経路の中間生成物である。

8 関係: マラリアヒトテルペンイソペンテニル二リン酸結核菌病原体非メバロン酸経路2-C-メチル-D-エリスリトール 2,4-シクロ二リン酸

マラリア

マラリア(麻剌利亜、「悪い空気」という意味の古いイタリア語: mal aria 、Malaria、malaria)は、熱帯から亜熱帯に広く分布する原虫感染症。

新しい!!: (E)-4-ヒドロキシ-3-メチル-2-ブテニル二リン酸とマラリア · 続きを見る »

ヒト

ヒト(人) とは、広義にはヒト亜族(Hominina)に属する動物の総称であり、狭義には現生の(現在生きている)人類(学名)を指す岩波 生物学辞典 第四版 p.1158 ヒト。

新しい!!: (E)-4-ヒドロキシ-3-メチル-2-ブテニル二リン酸とヒト · 続きを見る »

テルペン

テルペン (terpene) はイソプレンを構成単位とする炭化水素で、植物や昆虫、菌類などによって作り出される生体物質である。もともと精油の中から大量に見つかった一群の炭素10個の化合物に与えられた名称であり、そのため炭素10個を基準として体系化されている。分類によってはテルペン類のうち、カルボニル基やヒドロキシ基などの官能基を持つ誘導体はテルペノイド (terpenoid) と呼ばれる。それらの総称としてイソプレノイド (isoprenoid) という呼称も使われる。テルペノイドは生体内でメバロン酸から生合成される。

新しい!!: (E)-4-ヒドロキシ-3-メチル-2-ブテニル二リン酸とテルペン · 続きを見る »

イソペンテニル二リン酸

イソペンテニル二リン酸(イソペンテニルにリンさん、isopentenyl diphosphate、IPP)は、テルペンとテルペノイドを合成するメバロン酸経路の中間生成物である。

新しい!!: (E)-4-ヒドロキシ-3-メチル-2-ブテニル二リン酸とイソペンテニル二リン酸 · 続きを見る »

結核菌

結核菌(けっかくきん、Mycobacterium tuberculosis、ヒト型結核菌)は、ヒトの結核の原因となる真正細菌。

新しい!!: (E)-4-ヒドロキシ-3-メチル-2-ブテニル二リン酸と結核菌 · 続きを見る »

病原体

病原体(びょうげんたい)とは、病気を引き起こす微生物などを指す。

新しい!!: (E)-4-ヒドロキシ-3-メチル-2-ブテニル二リン酸と病原体 · 続きを見る »

非メバロン酸経路

非メバロン酸経路(ひメバロンさんけいろ、non-mevalonate pathway)は、イソペンテニル二リン酸(IPP)とジメチルアリル二リン酸(DMAPP)の生合成経路である。

新しい!!: (E)-4-ヒドロキシ-3-メチル-2-ブテニル二リン酸と非メバロン酸経路 · 続きを見る »

2-C-メチル-D-エリスリトール 2,4-シクロ二リン酸

#転送 2-C-メチル-D-エリトリトール-2,4-シクロピロリン酸。

新しい!!: (E)-4-ヒドロキシ-3-メチル-2-ブテニル二リン酸と2-C-メチル-D-エリスリトール 2,4-シクロ二リン酸 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

(E)-4-ヒドロキシ-3-メチル-2-ブテニルピロリン酸HDMAPPHMB-PPHMBPP

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »