ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
広告なし!

(308933) 2006 SQ372

(2006 SQ372) とは、太陽系外縁天体に属する小惑星の1つ。内オールトの雲から来た可能性のある事が示された初めての天体である。

33 関係: 天王星天文単位太陽太陽系外縁天体小惑星小惑星番号彗星マイケル・ブラウン (天文学者)メタンルービンアルベド光年絶対等級超新星軌道長半径近点・遠点長周期彗星離心率核 (彗星)水素海王星海王星横断小惑星散乱円盤天体11千年紀以降2005年2006年2007年2012年4月22日8月25日9月13日9月27日9月30日

天王星

天王星(てんのうせい、Uranus)は、太陽系の太陽に近い方から7番目の惑星である。太陽系の惑星の中で木星・土星に次ぎ、3番目に大きい。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と天王星 · 続きを見る »

天文単位

天文単位(てんもんたんい、astronomical unit、記号: au)は天文学で用いられる長さの単位で、正確に 149 597 870 700 m である。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と天文単位 · 続きを見る »

太陽

太陽(たいよう、Sun、Sol)は、銀河系(天の川銀河)の恒星の一つである。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と太陽 · 続きを見る »

太陽系外縁天体

太陽系外縁天体(たいようけいがいえんてんたい、trans-Neptunian objects (TNO))とは、海王星軌道の外側を周る天体の総称である。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と太陽系外縁天体 · 続きを見る »

小惑星

光分(左)と天文単位(右)。 ケレス(右)、そして火星(下)。小さな物ほど不規則な形状になっている。 メインベルト小惑星の分布。縦軸は軌道傾斜角。 軌道長半径 6 AU までの小惑星の分布。縦軸は軌道傾斜角。赤い点はメインベルト小惑星。 小惑星(しょうわくせい、独: 英: Asteroid)は、太陽系小天体のうち、星像に拡散成分がないものの総。拡散成分(コマやそこから流出した尾)があるものは彗星と呼ばれる。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と小惑星 · 続きを見る »

小惑星番号

小惑星番号(しょうわくせいばんごう、英語:minor planet number)とは、軌道要素が確定し、小惑星センターに正式登録された天体に与えられる登録番号である。なお、ここで言う「小惑星」とは岩石を主成分とする「小惑星(asteroid)」の事ではなく、それに加えて太陽系外縁天体、彗星・小惑星遷移天体や準惑星などを含んだ天体の総称としての「小惑星(minor planet)」の事である。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と小惑星番号 · 続きを見る »

彗星

アメリカ合衆国アリゾナ州のカタリナ天文台で1974年11月1日に撮影されたコホーテク彗星 クロアチアのパジンで1997年3月29日に撮影されたヘール・ボップ彗星 彗星(すいせい、英: comet)は、太陽系小天体のうち主に氷や塵などでできており、太陽に近づいて一時的な大気であるコマや、コマの物質が流出した尾(テイル)を生じるものを指す。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と彗星 · 続きを見る »

マイケル・ブラウン (天文学者)

マイケル・ブラウン マイケル・E・ブラウン(Michael E. Brown, 1965年6月5日 - )は、アメリカ合衆国の天文学者。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372とマイケル・ブラウン (天文学者) · 続きを見る »

メタン

メタン(Methan (メターン)、methaneアメリカ英語発音: (メセイン)、イギリス英語発音: (ミーセイン)。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372とメタン · 続きを見る »

ルービン

ルービン。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372とルービン · 続きを見る »

アルベド

アルベド(albedo)とは、天体の外部からの入射光に対する、反射光の比である。反射能(はんしゃのう)とも言う。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372とアルベド · 続きを見る »

光年

光年(こうねん、light-year、Lichtjahr、記号 ly)は、主として天文学で用いられる距離(長さ)の単位であり、正確に 9 460 730 472 580 800 m、約9.5兆キロメートルである。1981年まではSI併用単位であった。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と光年 · 続きを見る »

絶対等級

絶対等級(ぜったいとうきゅう)とは、天体が仮に我々から見てある基準となる距離にあったとしたときの、その天体の視等級(見かけの等級、m)である。絶対等級を用いると、天体までの距離を考えないで、色々な天体の明るさを比較することが出来る。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と絶対等級 · 続きを見る »

超新星

プラーの超新星 (SN 1604) の超新星残骸。スピッツァー宇宙望遠鏡、ハッブル宇宙望遠鏡およびチャンドラX線天文台による画像の合成画像。 超新星(ちょうしんせい、)は、大質量の恒星が、その一生を終えるときに起こす大規模な爆発現象である。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と超新星 · 続きを見る »

軌道長半径

軌道長半径(きどうちょうはんけい、英語:semi-major axis)とは、幾何学において楕円や双曲線のパラメータを表す数である。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と軌道長半径 · 続きを見る »

近点・遠点

近地点と遠地点の位置関係 近点・遠点(きんてん・えんてん、periapsis and apoapsis) とは、軌道運動する天体が、中心天体の重力中心に最も近づく位置と、最も遠ざかる位置のことである。両者を総称して軌道極点またはアプシス(apsis) と言う。 特に、中心天体が太陽のときは近日点・遠日点(きんじつてん・えんじつてん、perihelion and aphelion )、主星が地球のときは近地点・遠地点(きんちてん・えんちてん、perigee and apogee )、連星系では近星点・遠星点(きんせいてん・えんせいてん、periastron and apastron)と言う。人工衛星については英単語のままペリジー・アポジーとも言う。 中心天体の周りを周回する天体は楕円軌道を取るが、中心天体は楕円の中心ではなく、楕円の長軸上にふたつ存在する焦点のいずれかに位置する。このため周回する天体は中心天体に対して、最も接近する位置(近点)と最も遠ざかる位置(遠点)を持つことになる。遠点・近点および中心天体の重力中心は一直線をなし、この直線は楕円の長軸に一致する。 中心天体の重力中心から近点までの距離を近点距離(近日点距離、近地点距離)、遠点までの距離を遠点距離(遠日点距離、遠地点距離)といい、それぞれ軌道要素の1つである。軌道長半径、離心率、近点距離、遠点距離の4つの軌道要素のうち2つを指定すれば、軌道の2次元的な形状が決まる。通常、軌道長半径と離心率が使われるが、放物線軌道・双曲線軌道(特に、彗星の軌道)については通常の意味での軌道長半径を定義できないので、近点距離と離心率が使われる。なお、人工衛星については近地点高度・遠地点高度という言葉もあるが、これらは地球の海面(ジオイド)からの距離である。 他の天体による摂動、一般相対論的効果により、近点は(したがって遠点も)少しずつ移動することがある。これを近点移動(近日点移動、近地点移動)という。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と近点・遠点 · 続きを見る »

長周期彗星

長周期彗星(ちょうしゅうきすいせい、long-period comet)は、公転周期が200年以上の周期彗星と非周期彗星の総称である。これに対し、公転周期が200年未満の周期彗星を短周期彗星という。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と長周期彗星 · 続きを見る »

離心率

離心率(りしんりつ)とは、円錐曲線(二次曲線)の特徴を示す数値のひとつである。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と離心率 · 続きを見る »

核 (彗星)

テンペル第1彗星の核 彗星の中心をなし、一般に汚れた雪だまと呼ばれている個体の小天体。彗星の核は、岩石、チリ、凍ったガスからできている。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と核 (彗星) · 続きを見る »

水素

水素(すいそ、hydrogenium、hydrogène、hydrogen)は、原子番号 1 、原子量 1.00794の非金属元素である。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と水素 · 続きを見る »

海王星

海王星(かいおうせい、Neptunus、Neptune)は、太陽系の太陽に近い方から8番目の惑星である。太陽系惑星の中では最も太陽から遠い位置を公転している。名称のNeptuneは、ローマ神話における海神ネプトゥーヌスにちなむ。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と海王星 · 続きを見る »

海王星横断小惑星

海王星横断小惑星(かいおうせいおうだんしょうわくせい)とは、軌道が海王星の軌道と交差する小惑星である。その軌道の性質上、ケンタウルス族や冥王星族に属しているものもある。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と海王星横断小惑星 · 続きを見る »

散乱円盤天体

太陽系外縁天体の軌道要素と大きさをプロットしたもの。赤が散乱円盤天体。 散乱円盤天体(さんらんえんばんてんたい Scattered Disk Object, SDO) とは、海王星の重力によって、エッジワース・カイパーベルトから外側に散乱させられた太陽系外縁天体の名称である。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と散乱円盤天体 · 続きを見る »

11千年紀以降

11千年紀以降(じゅういちせんねんきいこう)は、西暦紀元による11番目の千年紀(ミレニアム)およびそれ以降の年代である。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と11千年紀以降 · 続きを見る »

2005年

この項目では、国際的な視点に基づいた2005年について記載する。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と2005年 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と2006年 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と2007年 · 続きを見る »

2012年

この項目では、国際的な視点に基づいた2012年について記載する。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と2012年 · 続きを見る »

4月22日

4月22日(しがつにじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から112日目(閏年では113日目)にあたり、年末まではあと253日ある。誕生花はヤマツツジ、ホシクジャ。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と4月22日 · 続きを見る »

8月25日

8月25日(はちがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から237日目(閏年では238日目)にあたり、年末まであと128日ある。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と8月25日 · 続きを見る »

9月13日

9月13日(くがつじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から256日目(閏年では257日目)にあたり、年末まであと109日ある。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と9月13日 · 続きを見る »

9月27日

9月27日(くがつにじゅうななにち、くがつにじゅうしちにち)は、グレゴリオ暦で年始から270日目(閏年では271日目)にあたり、年末まであと95日ある。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と9月27日 · 続きを見る »

9月30日

9月30日(くがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から273日目(閏年では274日目)にあたり、年末まであと92日ある。9月の最終日である。

新しい!!: (308933) 2006 SQ372と9月30日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »