ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
広告なし!

(13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼ

(13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼ((13E)-labda-7,13-dien-15-ol synthase、)は、以下の化学反応を触媒する酵素である。

8 関係: 加水分解酵素二リン酸化学反応ヒカゲノカズラ植物門ゲラニルゲラニル二リン酸触媒酵素

加水分解酵素

加水分解酵素(かすいぶんかいこうそ、hydrolase)とはEC第3群に分類される酵素で、加水分解反応を触媒する酵素である。ヒドロラーゼと呼ばれる。代表的な反応はタンパク質、脂質、多糖〈炭水化物〉をアミノ酸、脂肪酸、ブドウ糖などに消化分解する生化学反応に関与する。あるいはコリンエステラーゼ、環状ヌクレオチドホスホジエステラーゼやプロテインホスファターゼのような生体内のシグナル伝達に関与するものも多い。

新しい!!: (13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼと加水分解酵素 · 続きを見る »

二リン酸

二リン酸(にリンさん、diphosphoric acid)は、化学式 H4P2O7 で表される無機化合物である。ピロリン酸(ピロリンさん、pyrophosphoric acid)とも呼ばれる。

新しい!!: (13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼと二リン酸 · 続きを見る »

化学反応

化学反応(かがくはんのう、chemical reaction)とは、原子間の結合の生成、あるいは切断によって異なる物質を生成する現象のことである。化学変化()と同義である。

新しい!!: (13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼと化学反応 · 続きを見る »

ヒカゲノカズラ植物門

ヒカゲノカズラ植物門(ヒカゲノカズラしょくぶつもん、学名:)は、シダ植物の一群である。小葉植物門ともいう。維菅束を持つ植物の中でも古い体制を残す植物のひとつで、細かな葉を持つものが含まれる。

新しい!!: (13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼとヒカゲノカズラ植物門 · 続きを見る »

ゲラニルゲラニル二リン酸

ラニルゲラニル二リン酸(Geranylgeranyl diphosphate, GGPP)は、生物のメバロン酸経路におけるテルペンやテルペノイドの生合成の中間生成物である。植物においては、カロテノイド、ジベレリン、トコフェロール(ビタミンE)、クロロフィルなどの生合成の前駆物質である。また、ゲラニルゲラニル二リン酸は、プレニル化タンパク質の一つであるゲラニルゲラニル化タンパク質の生合成の前駆物質でもある。習慣的にゲラニルゲラニルピロリン酸(Geranylgeranyl pyrophosphate)とも呼ばれるが推奨されない。

新しい!!: (13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼとゲラニルゲラニル二リン酸 · 続きを見る »

触媒

触媒(しょくばい)とは、特定の化学反応の反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないものをいう。また、反応によって消費されても、反応の完了と同時に再生し、変化していないように見えるものも触媒とされる。「触媒」という用語は明治の化学者が英語の catalyser、ドイツ語の Katalysator を翻訳したものである。今日では、触媒は英語では catalyst、触媒の作用を catalysis という。

新しい!!: (13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼと触媒 · 続きを見る »

酵素

核酸塩基代謝に関与するプリンヌクレオシドフォスフォリラーゼの構造(リボン図)研究者は基質特異性を考察するときに酵素構造を抽象化したリボン図を利用する。 酵素(こうそ、enzyme)とは、生体で起こる化学反応に対して触媒として機能する分子である。酵素によって触媒される反応を“酵素的”反応という。このことについて酵素の構造や反応機構を研究する古典的な学問領域が、酵素学 (こうそがく、enzymology)である。

新しい!!: (13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼと酵素 · 続きを見る »

水(みず)とは、次のいずれかの物質を表す用語である。

新しい!!: (13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼと水 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »