ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
広告なし!

(119979) 2002 WC19

は太陽系外縁天体の一つ。軌道の多くは冥王星より遠く、カイパーベルトと呼ばれる範囲に含まれる。2002年11月16日にパロマー天文台で発見された。

16 関係: 天文単位太陽系外縁天体小惑星小惑星の衛星度 (角度)メートル毎秒メートル毎秒毎秒ユリウス通日トゥーティノ族パロマー天文台エッジワース・カイパーベルトキログラム毎立方メートルケルビン軌道共鳴11月16日2002年

天文単位

天文単位(てんもんたんい、astronomical unit、記号: au)は天文学で用いられる長さの単位で、正確に 149 597 870 700 m である。

新しい!!: (119979) 2002 WC19と天文単位 · 続きを見る »

太陽系外縁天体

太陽系外縁天体(たいようけいがいえんてんたい、trans-Neptunian objects (TNO))とは、海王星軌道の外側を周る天体の総称である。

新しい!!: (119979) 2002 WC19と太陽系外縁天体 · 続きを見る »

小惑星

光分(左)と天文単位(右)。 ケレス(右)、そして火星(下)。小さな物ほど不規則な形状になっている。 メインベルト小惑星の分布。縦軸は軌道傾斜角。 軌道長半径 6 AU までの小惑星の分布。縦軸は軌道傾斜角。赤い点はメインベルト小惑星。 小惑星(しょうわくせい、独: 英: Asteroid)は、太陽系小天体のうち、星像に拡散成分がないものの総。拡散成分(コマやそこから流出した尾)があるものは彗星と呼ばれる。

新しい!!: (119979) 2002 WC19と小惑星 · 続きを見る »

小惑星の衛星

小惑星の衛星(しょうわくせいのえいせい)とは、小惑星を周回する天体である。多くの小惑星が衛星を持っていると考えられている。連小惑星(連星小惑星)または二重小惑星と呼ばれることがあるが、この名称は本体と衛星がほぼ同じ大きさのものに限られる。なお、下記の一覧には準惑星の衛星も含まれている。

新しい!!: (119979) 2002 WC19と小惑星の衛星 · 続きを見る »

度 (角度)

角度の単位としての度(ど)は、円周を360等分した弧の中心に対する角度である。また、測地学や天文学において、球(例えば地球や火星の表面、天球)上の基準となる大円に対する角度によって、球の上での位置を示すのにも用いられる(緯度・経度、黄緯・黄経など)。

新しい!!: (119979) 2002 WC19と度 (角度) · 続きを見る »

メートル毎秒

メートル毎秒(メートルまいびょう、記号m/s)は、国際単位系(SI)における速さ又は速度の単位である国際単位系では、「速さ」、「速度」の単位としているが、日本の計量法では、「速さ」の単位としており、「速度」の単位とはしていない。

新しい!!: (119979) 2002 WC19とメートル毎秒 · 続きを見る »

メートル毎秒毎秒

メートル毎秒毎秒(メートルまいびょうまいびょう、記号: m/s2,m/秒2)は、国際単位系 (SI) における加速度の単位である。

新しい!!: (119979) 2002 WC19とメートル毎秒毎秒 · 続きを見る »

ユリウス通日

ユリウス通日(ユリウスつうじつ、Julian Day、JD)とは、ユリウス暦本稿で言うユリウス暦は、西暦8年以前についてもユリウス暦の暦法(4年に1度閏年を実施)を機械的に遡って適用したと仮定したProleptic Julian calendarを指す。実際のユリウス暦では、その初期である紀元前45年 から 紀元前8年の間では、閏年を3年に1度とするという正しくない運用がなされていたので(ユリウス暦#初期のユリウス暦の運用)、このProleptic Julian calendarとは一致しない。また、紀元前45年以前にはユリウス暦そのものが存在しない。

新しい!!: (119979) 2002 WC19とユリウス通日 · 続きを見る »

トゥーティノ族

トゥーティノ族(トゥーティノぞく)は、太陽系外縁天体のうち海王星と軌道共鳴を行う共鳴外縁天体の一。海王星との間に 1:2 で軌道共鳴している。軌道共鳴の特徴から海王星の公転周期の2倍をかけて太陽を公転している。この言葉は冥王星族(プルーティノ、Poutino)と2 (two) を合成した単語である。

新しい!!: (119979) 2002 WC19とトゥーティノ族 · 続きを見る »

パロマー天文台

パロマー天文台(ぱろまーてんもんだい、Palomar Observatory )はアメリカのカリフォルニア州サンディエゴにある私設天文台である。

新しい!!: (119979) 2002 WC19とパロマー天文台 · 続きを見る »

エッジワース・カイパーベルト

ッジワース・カイパーベルト(上)と仮説上のオールトの雲(下)の想像図 エッジワース・カイパーベルト(Edgeworth-Kuiper Belt、EKB)、または単にカイパーベルト(Kuiper Belt)、エッジワースベルト(Edgeworth Belt)は、太陽系の海王星軌道(太陽から約30 AU)より外側の黄道面付近にある、天体が密集した、穴の空いた円盤状の領域である。外側の境界はあいまいだが、連続的にオールトの雲につながっていると考えられる。

新しい!!: (119979) 2002 WC19とエッジワース・カイパーベルト · 続きを見る »

キログラム毎立方メートル

ラム毎立方メートル(キログラムまいりっぽうメートル、記号:kg/m³, kg m-3)は、国際単位系(SI)の密度の単位である。1キログラム毎立方メートルは、1立方メートルにつき1キログラムの密度と定義される。

新しい!!: (119979) 2002 WC19とキログラム毎立方メートル · 続きを見る »

ケルビン

ルビン(kelvin, 記号: K)は、熱力学温度(絶対温度)の単位である。

新しい!!: (119979) 2002 WC19とケルビン · 続きを見る »

軌道共鳴

軌道共鳴(きどうきょうめい、orbital resonance)とは、天体力学において、公転運動を行なう二つの天体が互いに規則的・周期的に重力を及ぼし合う結果、両者の公転周期が簡単な整数比になる現象である。公転周期がこのような整数比になっている状態を尽数関係 (commensurability) と呼ぶ。尽数とは有理数の古い呼び名である。

新しい!!: (119979) 2002 WC19と軌道共鳴 · 続きを見る »

11月16日

11月16日(じゅういちがつじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から320日目(閏年では321日目)にあたり、年末まであと45日ある。

新しい!!: (119979) 2002 WC19と11月16日 · 続きを見る »

2002年

この項目では、国際的な視点に基づいた2002年について記載する。

新しい!!: (119979) 2002 WC19と2002年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »