ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
広告なし!

(メチオニンシンターゼ)レダクターゼ

レダクターゼ(reductase)は、次の化学反応を触媒する酸化還元酵素である。

9 関係: 基質化学反応フラボタンパク質ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸補因子触媒酸化還元酵素S-アデノシル-L-ホモシステインS-アデノシルメチオニン

基質

基質 (きしつ)とは。

新しい!!: (メチオニンシンターゼ)レダクターゼと基質 · 続きを見る »

化学反応

化学反応(かがくはんのう、chemical reaction)とは、原子間の結合の生成、あるいは切断によって異なる物質を生成する現象のことである。化学変化()と同義である。

新しい!!: (メチオニンシンターゼ)レダクターゼと化学反応 · 続きを見る »

フラボタンパク質

フラボタンパク質(Flavoprotein)は、補欠分子族としてリボフラビン誘導体のフラビンモノヌクレオチド(FMN)またはフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)を含むタンパク質の総称である。たとえば生物発光、酸化ストレスに関わるラジカルの除去、光合成、DNA修復、アポトーシスのような、非常に多くの生化学反応に関わっている。

新しい!!: (メチオニンシンターゼ)レダクターゼとフラボタンパク質 · 続きを見る »

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリンさん、)とは、光合成経路あるいは解糖系のエントナー-ドウドロフ経路などで用いられている電子伝達体である。化学式:C21H21N7O17P3、分子量:744.4。

新しい!!: (メチオニンシンターゼ)レダクターゼとニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸 · 続きを見る »

補因子

生化学の分野において、補因子(ほいんし cofactor)は、酵素の触媒活性に必要なタンパク質以外の化学物質である。

新しい!!: (メチオニンシンターゼ)レダクターゼと補因子 · 続きを見る »

触媒

触媒(しょくばい)とは、特定の化学反応の反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないものをいう。また、反応によって消費されても、反応の完了と同時に再生し、変化していないように見えるものも触媒とされる。「触媒」という用語は明治の化学者が英語の catalyser、ドイツ語の Katalysator を翻訳したものである。今日では、触媒は英語では catalyst、触媒の作用を catalysis という。

新しい!!: (メチオニンシンターゼ)レダクターゼと触媒 · 続きを見る »

酸化還元酵素

酸化還元酵素(さんかかんげんこうそ、oxidoreductase)とはEC第1群に分類される酵素で、酸化還元反応を触媒する酵素である。オキシドレダクターゼとも呼ばれる。生体内では多数の酸化還元酵素が知られており、約560種類ともいわれる。

新しい!!: (メチオニンシンターゼ)レダクターゼと酸化還元酵素 · 続きを見る »

S-アデノシル-L-ホモシステイン

S-アデノシル-L-ホモシステイン (S-Adenosyl-L-homocysteine、SAH) は、ほとんどの有機体の代謝経路で使われるアミノ酸誘導体である。

新しい!!: (メチオニンシンターゼ)レダクターゼとS-アデノシル-L-ホモシステイン · 続きを見る »

S-アデノシルメチオニン

S-アデノシルメチオニン(S‐adenosylmethionine、SAM、SAM-e)とは、アデノシンとメチオニンとから生体内で合成される生体内物質である。補欠分子族の一種でメチル基供与体として作用する。活性メチオニン(active methionine)とも呼ばれる。略号はSAMまたはAdoMet。

新しい!!: (メチオニンシンターゼ)レダクターゼとS-アデノシルメチオニン · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »