ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
広告なし!

(ヒストンH3)-リシン-36-デメチラーゼ

-リシン-36-デメチラーゼ(-lysine-36 demethylase)は、次の化学反応を触媒する酸化還元酵素である。

7 関係: 二酸化炭素化学反応ホルムアルデヒドコハク酸触媒酸化還元酵素酸素

二酸化炭素

二酸化炭素(にさんかたんそ、carbon dioxide)は、化学式が CO2 と表される無機化合物である。化学式から「シーオーツー」と呼ばれる事も多い。

新しい!!: (ヒストンH3)-リシン-36-デメチラーゼと二酸化炭素 · 続きを見る »

化学反応

化学反応(かがくはんのう、chemical reaction)とは、原子間の結合の生成、あるいは切断によって異なる物質を生成する現象のことである。化学変化()と同義である。

新しい!!: (ヒストンH3)-リシン-36-デメチラーゼと化学反応 · 続きを見る »

ホルムアルデヒド

ホルムアルデヒド (formaldehyde) は有機化合物の一種で、最も簡単なアルデヒド。毒性は強い。分子式 CH2O、または COH2、示性式 HCHO。酸化メチレンとも呼ばれ、IUPAC命名法では メタナール (methanal) と表される。

新しい!!: (ヒストンH3)-リシン-36-デメチラーゼとホルムアルデヒド · 続きを見る »

コハク酸

ハク酸(琥珀酸、コハクさん、succinic acid)は、構造式 HOOC–(CH2)2–COOH で表されるカルボン酸の一。はじめコハクの乾留により見つかったためにこの名がついた。英名のsuccinic acidはラテン語のsuccinum(コハク)に由来する。

新しい!!: (ヒストンH3)-リシン-36-デメチラーゼとコハク酸 · 続きを見る »

触媒

触媒(しょくばい)とは、特定の化学反応の反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないものをいう。また、反応によって消費されても、反応の完了と同時に再生し、変化していないように見えるものも触媒とされる。「触媒」という用語は明治の化学者が英語の catalyser、ドイツ語の Katalysator を翻訳したものである。今日では、触媒は英語では catalyst、触媒の作用を catalysis という。

新しい!!: (ヒストンH3)-リシン-36-デメチラーゼと触媒 · 続きを見る »

酸化還元酵素

酸化還元酵素(さんかかんげんこうそ、oxidoreductase)とはEC第1群に分類される酵素で、酸化還元反応を触媒する酵素である。オキシドレダクターゼとも呼ばれる。生体内では多数の酸化還元酵素が知られており、約560種類ともいわれる。

新しい!!: (ヒストンH3)-リシン-36-デメチラーゼと酸化還元酵素 · 続きを見る »

酸素

酸素(さんそ、oxygen)は原子番号8、原子量16.00の非金属元素である。

新しい!!: (ヒストンH3)-リシン-36-デメチラーゼと酸素 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »