ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
広告なし!

(+)-ネオメントールデヒドロゲナーゼ

(+)-ネオメントールデヒドロゲナーゼ((+)-neomenthol dehydrogenase)は、以下の化学反応を触媒する酸化還元酵素である。

11 関係: 化学反応メントールテルペノイドニコチンアミドアデニンジヌクレオチドニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸シクロヘキサノール生合成触媒酸化還元酵素水素(-)-メントールデヒドロゲナーゼ

化学反応

化学反応(かがくはんのう、chemical reaction)とは、原子間の結合の生成、あるいは切断によって異なる物質を生成する現象のことである。化学変化()と同義である。

新しい!!: (+)-ネオメントールデヒドロゲナーゼと化学反応 · 続きを見る »

メントール

メントール (Menthol) は環式モノテルペン、アルコールの一種の有機化合物。

新しい!!: (+)-ネオメントールデヒドロゲナーゼとメントール · 続きを見る »

テルペノイド

テルペノイド(Terpenoid)とは五炭素化合物であるイソプレンユニットを構成単位とする一群の天然物化合物の総称である。狭義にはテルペノイドはテルペン炭化水素の含酸素誘導体(アルデヒド・カルボン酸誘導体)を指すのでテルペン炭化水素を含んでテルペン類とも称される。テルペノイドの生化学的(代謝的)起源は生物種に普遍的に見られるメバロン酸代謝経路から続くイソプレノイド生合成経路であるため、テルペノイドは広義にはイソプレノイドでもある。そしてテルペノイドやテルペンの多くは環構造を持ち複環構造も珍しくない。あるいはその基本構造であるテルペン炭化水素はイソプレノイドが環化しただけではなく、メチル基が転移した物や場合によってはメチル基が欠落したものも含まれる。

新しい!!: (+)-ネオメントールデヒドロゲナーゼとテルペノイド · 続きを見る »

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド (nicotinamide adenine dinucleotide) とは、全ての真核生物と多くの古細菌、真正細菌で用いられる電子伝達体である。さまざまな脱水素酵素の補酵素として機能し、酸化型 (NAD+) および還元型 (NADH) の2つの状態を取り得る。二電子還元を受けるが、中間型は生じない。略号であるNAD+(あるいはNADでも同じ)のほうが論文や口頭でも良く使用されている。またNADH2とする人もいるが間違いではない。

新しい!!: (+)-ネオメントールデヒドロゲナーゼとニコチンアミドアデニンジヌクレオチド · 続きを見る »

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリンさん、)とは、光合成経路あるいは解糖系のエントナー-ドウドロフ経路などで用いられている電子伝達体である。化学式:C21H21N7O17P3、分子量:744.4。

新しい!!: (+)-ネオメントールデヒドロゲナーゼとニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸 · 続きを見る »

シクロヘキサノール

ヘキサノール (cyclohexanol) は二級アルコールで、シクロヘキサン環をヒドロキシ基で置換した分子構造をもつ。分子式は C6H12O、示性式で表せば C6H11OH である。

新しい!!: (+)-ネオメントールデヒドロゲナーゼとシクロヘキサノール · 続きを見る »

生合成

生合成(せいごうせい)とは、生体がその構成成分である生体分子を作り出すことをいう。多くの生物に共通している基本的な化合物(アミノ酸、糖、脂肪酸、核酸など)を合成する経路を一次代謝、特定の種や科に特有の化合物(ホルモン、フェロモン、毒素など)を作り出す経路を二次代謝と呼ぶが、両者の区分は必ずしも明確ではない。

新しい!!: (+)-ネオメントールデヒドロゲナーゼと生合成 · 続きを見る »

触媒

触媒(しょくばい)とは、特定の化学反応の反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないものをいう。また、反応によって消費されても、反応の完了と同時に再生し、変化していないように見えるものも触媒とされる。「触媒」という用語は明治の化学者が英語の catalyser、ドイツ語の Katalysator を翻訳したものである。今日では、触媒は英語では catalyst、触媒の作用を catalysis という。

新しい!!: (+)-ネオメントールデヒドロゲナーゼと触媒 · 続きを見る »

酸化還元酵素

酸化還元酵素(さんかかんげんこうそ、oxidoreductase)とはEC第1群に分類される酵素で、酸化還元反応を触媒する酵素である。オキシドレダクターゼとも呼ばれる。生体内では多数の酸化還元酵素が知られており、約560種類ともいわれる。

新しい!!: (+)-ネオメントールデヒドロゲナーゼと酸化還元酵素 · 続きを見る »

水素

水素(すいそ、hydrogenium、hydrogène、hydrogen)は、原子番号 1 、原子量 1.00794の非金属元素である。

新しい!!: (+)-ネオメントールデヒドロゲナーゼと水素 · 続きを見る »

(-)-メントールデヒドロゲナーゼ

(-)-メントールデヒドロゲナーゼ((-)-menthol dehydrogenase; )は、以下の化学反応を触媒する酸化還元酵素である。

新しい!!: (+)-ネオメントールデヒドロゲナーゼと(-)-メントールデヒドロゲナーゼ · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »