ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
広告なし!

セステルティウス

ーマ、裏面はディオスクーロイの騎乗する姿が描かれている。 ハドリアヌス帝時代(治世 117年 - 138年)のセステルティウス貨 セステルティウス(sestertius)は、古代ローマの硬貨の一。

55 関係: 博物誌古代ローマ古代ローマの通貨奴隷亜鉛マルクス・リキニウス・クラッススマルクス・アウレリウス・アントニヌスチャールズ2世 (イングランド王)ネロハドリアヌスポンペイポストゥムスライムギリヨンルネサンスルキウス・ドミティウス・アウレリアヌスロンディニウムロンドンローマローマ帝国ワインブリタニア (女神)デナリウスデュポンディウスディオスクーロイデキウスドミティアヌスホスティリアヌスアメリカ合衆国ドルアントニヌス・ピウスアントニニアヌスアウグストゥスアス (青銅貨)アステリックスインフレーションイギリスウェスパシアヌスガリア帝国ガリア人ガイウス・プリニウス・セクンドゥスコムギスパルタクス共和政ローマ硬貨紀元前211年紀元前23年紀元前44年銀貨...青銅貨幣学軍団兵黄銅 インデックスを展開 (5 もっと) »

博物誌

1669年版の表紙 『博物誌』()は、ローマの大プリニウスが著した書。全37巻。

新しい!!: セステルティウスと博物誌 · 続きを見る »

古代ローマ

古代ローマ(こだいローマ、Roma antiqua)は、イタリア半島中部に位置した多部族からなる都市国家から始まり、領土を拡大して地中海世界の全域を支配する世界帝国までになった国家の総称である。当時の正式な国号は元老院ならびにローマ市民(Senatus Populusque Romanus)であり、共和政成立から使用されて以来滅亡まで体制が変わっても維持された。

新しい!!: セステルティウスと古代ローマ · 続きを見る »

古代ローマの通貨

本項では、共和政ローマとローマ帝国の西半部における古代ローマの通貨について述べる。主な貨幣としては、アウレウス(金貨)、デナリウス(銀貨)、セステルティウス(青銅貨)、デュポンディウス(青銅貨)、アス(銅貨)がある。それらは紀元前3世紀の中ごろから紀元3世紀の中ごろまで使われた。

新しい!!: セステルティウスと古代ローマの通貨 · 続きを見る »

奴隷

鞭打ちによる傷跡のある黒人奴隷(1863年) 奴隷(どれい)とは、人間でありながら所有の客体即ち所有物とされる者を言う。人間としての名誉、権利・自由を認められず、他人の所有物として取り扱われる人。所有者の全的支配に服し、労働を強制され、譲渡・売買の対象とされた。奴隷を許容する社会制度を特に奴隷制という。

新しい!!: セステルティウスと奴隷 · 続きを見る »

亜鉛

亜鉛(あえん、zinc、zincum)は原子番号30の金属元素。

新しい!!: セステルティウスと亜鉛 · 続きを見る »

マルクス・リキニウス・クラッスス

マルクス・リキニウス・クラッスス(Marcus Licinius Crassus, 紀元前115年頃 - 紀元前53年)は、共和政ローマ時代の政治家、軍人である。

新しい!!: セステルティウスとマルクス・リキニウス・クラッスス · 続きを見る »

マルクス・アウレリウス・アントニヌス

マルクス・アウレリウス・アントニヌス(古典ラテン語:Marcus Aurelius Antoninus 121年4月26日 - 180年3月17日)は、第16代ローマ皇帝(在位:161年 - 180年)。

新しい!!: セステルティウスとマルクス・アウレリウス・アントニヌス · 続きを見る »

チャールズ2世 (イングランド王)

チャールズ2世(Charles II, 1630年5月29日 - 1685年2月6日)は、王政復古期ステュアート朝のイングランド、スコットランド、アイルランドの王(在位:1660年5月29日 - 1685年2月6日)。

新しい!!: セステルティウスとチャールズ2世 (イングランド王) · 続きを見る »

ネロ

ネロ・クラウディウス・カエサル・アウグストゥス・ゲルマニクス(、37年12月15日 - 68年6月9日)またはネロ・クラウディウス・カエサル・ドルスス・ゲルマニクス (Nero Claudius Caesar Drusus Germanicus) は、ローマ帝国の第5代皇帝。

新しい!!: セステルティウスとネロ · 続きを見る »

ハドリアヌス

プブリウス・アエリウス・トラヤヌス・ハドリアヌス(、76年1月24日 - 138年7月10日)は、第14代ローマ皇帝(在位:117年 - 138年)。

新しい!!: セステルティウスとハドリアヌス · 続きを見る »

ポンペイ

アボンダンツァ通り ポンペイのナルキッソスの絵. 野外闘技場跡よりヴェスヴィオ火山を望む ポンペイ(Pompeii、Pompei)は、イタリア・ナポリ近郊にあった古代都市。

新しい!!: セステルティウスとポンペイ · 続きを見る »

ポストゥムス

ポストゥムス帝の勝利を記念する硬貨 マルクス・カッシアニウス・ラティニウス・ポストゥムス(Marcus Cassianius Latinius Postumus、 ? - 268年)は、ローマ帝国の軍人皇帝時代の僭称皇帝(在位:260年 - 268年)のひとりである。彼の政権は「ガリア帝国」と呼ばれている。

新しい!!: セステルティウスとポストゥムス · 続きを見る »

ライムギ

ライムギ(ライ麦、学名Secale cereale)はイネ科の栽培植物で、穎果を穀物として利用する。別名はクロムギ(黒麦)。単に「ライ」とも。日本でのライムギという名称は、英語名称のryeに麦をつけたものである。食用や飼料用としてヨーロッパや北アメリカを中心に広く栽培される穀物である。寒冷な気候や痩せた土壌などの劣悪な環境に耐性があり、主にコムギの栽培に不適な東欧および北欧の寒冷地において栽培される。

新しい!!: セステルティウスとライムギ · 続きを見る »

リヨン

リヨン (Lyon) は、フランスの南東部に位置する都市で、オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏の首府、メトロポール・ド・リヨンの県庁所在地である。

新しい!!: セステルティウスとリヨン · 続きを見る »

ルネサンス

レオナルド・ダ・ヴィンチによるウィトルウィウス的人体図、科学と芸術の統合 ルネサンス(Renaissance ルネサーンスイギリス英語発音: リネイスンス、アメリカ英語発音: レナサーンス)は「再生」「復活」を意味するフランス語であり、一義的には、古典古代(ギリシア、ローマ)の文化を復興しようとする文化運動であり、14世紀にイタリアで始まり、やがて西欧各国に広まった(文化運動としてのルネサンス)。

新しい!!: セステルティウスとルネサンス · 続きを見る »

ルキウス・ドミティウス・アウレリアヌス

ルキウス・ドミティウス・アウレリアヌス(Lucius Domitius Aurelianus, 214年9月9日 - 275年9月または10月)は、軍人皇帝時代のローマ皇帝(在位270年 - 275年)である。当時3つに分裂していたローマ帝国を統一した。

新しい!!: セステルティウスとルキウス・ドミティウス・アウレリアヌス · 続きを見る »

ロンディニウム

ンディニウムの位置 ロンディニウム(羅:Londinium)は、紀元前にブリテン島にすでに侵入していたローマ人が、紀元後1世紀頃に造った、先住民族であるケルト民族の言葉で「沼地の砦」を意味する交通の要所である。これは後のロンドンの原型となった。

新しい!!: セステルティウスとロンディニウム · 続きを見る »

ロンドン

ンドン(London、)は、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国およびこれを構成するイングランドの首都。イギリスや欧州連合域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2,000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)に当たる地域にあった。シティの市街壁内の面積は約1平方マイルあり、中世以来その範囲はほぼ変わっていない。少なくとも19世紀以降、「ロンドン」の名称はシティの市街壁を越えて開発が進んだシティ周辺地域をも含めて用いられている。ロンドンは市街地の大部分はコナベーションにより形成されている。ロンドンを管轄するリージョンであるグレーター・ロンドンでは、選挙で選出されたロンドン市長とロンドン議会により統治が行われている。

新しい!!: セステルティウスとロンドン · 続きを見る »

ローマ

ーマ(Roma、Roma)は、イタリアの首都。

新しい!!: セステルティウスとローマ · 続きを見る »

ローマ帝国

ーマ帝国(ローマていこく、Imperium Romanum)は、古代ローマがイタリア半島に誕生した都市国家から、地中海にまたがる領域国家へと発展した段階以降を表す言葉である。従って厳密には古代ローマの体制が共和制だった頃を含んでいる。最盛期には地中海沿岸全域に加え、ブリタンニア、ダキア、メソポタミアなど広大な領域を版図とした。

新しい!!: セステルティウスとローマ帝国 · 続きを見る »

ワイン

ワイン(wine、Wein、vin)とは、主としてブドウの果汁を発酵させたアルコール飲料である。葡萄酒、ぶどう酒(ぶどうしゅ)とも。通常、単に「ワイン」と呼ばれる場合には他の果汁を主原料とするものは含まない。日本の酒税法では「果実酒」に分類されている。

新しい!!: セステルティウスとワイン · 続きを見る »

ブリタニア (女神)

ブリタニアとはイギリスを擬人化した女神であり、象徴とされる。由来はグレートブリテン島のラテン語名から。

新しい!!: セステルティウスとブリタニア (女神) · 続きを見る »

デナリウス

マルクス・アウレリウス(161年ごろ)、セプティミウス・セウェルス(194年ごろ)下段左から順に: カラカラ(199年ごろ)、ユリア・ドムナ(200年ごろ)、ヘリオガバルス(219年ごろ)、マクシミヌス・トラクス(236年ごろ) デナリウス(denarius)は古代ローマの小額の銀貨で、紀元前211年から造幣された。広く流通した硬貨だが徐々にその品質が低下していき、最終的にアントニニアヌス銀貨に置き換えられた。その名称はラテン語の dēnī に由来し「10倍」を意味する。当初、1デナリウスはその名の通り10アスに相当した。また、ディナールの語源とも言われている。

新しい!!: セステルティウスとデナリウス · 続きを見る »

デュポンディウス

トラヤヌスのデュポンディウス貨 ディディウス・ユリアヌスのデュポンディウス貨(紀元193年) デュポンディウス(dupondius)は、共和政ローマからローマ帝国にかけて使われた真鍮貨で、2アスの価値がある(2デュポンディウスで1セステルティウス、8デュポンディウスで1デナリウス)。その名はラテン語で「2ポンド」の意味である。

新しい!!: セステルティウスとデュポンディウス · 続きを見る »

ディオスクーロイ

ディオスクーロイ(Διόσκουροι, Dioskūroi, Dioscuri)は、ギリシア神話に登場する双子の兄弟カストールとポリュデウケースのことである。

新しい!!: セステルティウスとディオスクーロイ · 続きを見る »

デキウス

デキウスの描かれた硬貨 ガイウス・メッシウス・クィントゥス・トラヤヌス・デキウス(Gaius Messius Quintus Trajanus Decius, 201年 - 251年7月1日)はローマ皇帝(249年 - 251年)。

新しい!!: セステルティウスとデキウス · 続きを見る »

ドミティアヌス

ティトゥス・フラウィウス・ドミティアヌス(Titus Flavius Domitianus, 51年10月24日 - 96年9月18日)はローマ帝国の第11代皇帝である。在位81年から96年。

新しい!!: セステルティウスとドミティアヌス · 続きを見る »

ホスティリアヌス

ホスティリアヌスを印した硬貨 ガイウス・ウァレンス・ホスティリアヌス・メッシウス・クィントゥス(ラテン語:Gaius Valens Hostilianus Messius Quintus、230年頃 - 251年11月)とは、251年にローマ皇帝の地位にあった人物である。 ホスティリアヌスは、230年頃にパンノニア属州の州都シルミウム(現:スレムスカ・ミトロビナ)で生まれた。父は後にローマ皇帝となるデキウス、母はヘレンニア・エトルスキッラ(en)であり、父デキウスの共同皇帝となったヘレンニウス・エトルスクスが兄に当たる。 249年、ピリップス・アラブスを打倒したデキウスが後継のローマ皇帝に即位すると、ホスティリアヌスは皇帝一族となったが、ヘレンニウス・エトルスクスが後継皇帝として遇されたのに対して、ホスティリアヌスはヘレンニウスの更に後任の立場となった。 251年、デキウスは、ヘレンニウスを共同皇帝に即位させ、ホスティリアヌスはプリンケプス・ユウェントゥティス(princeps iuventutis)として、皇太子の地位に上った。デキウスはヘレンニウスと共に、ドナウ川流域の帝国属州を襲撃していたゴート族を撃退するために親征したが、ホスティリアヌスは母ヘレンニア・エトルスキッラと共にローマへ残った。なお、この際にヘレンニアがホスティリアヌスの摂政となった。 251年6月頃、アブリットゥスの戦いでローマ軍はゴート族の軍に敗北し、デキウスとヘレンニウスが共に戦死した。アブリットゥスで敗北した後にデキウスが率いていた軍はモエシア属州総督であったトレボニアヌス・ガッルスを皇帝として擁立、ローマでは皇太子ホスティリアヌスが皇帝に即位した。帝国内に2人の皇帝が並立したことから、内戦の恐れが生じたが、突如発生した疫病に罹ってホスティリアヌスは死去した。ホスティリアヌスの死後、トレボニアヌスは息子ガイウス・ウィビウス・ウォルシアヌスを共同皇帝とした。 Category:ローマ皇帝 Category:3世紀の古代ローマ人 Category:251年没。

新しい!!: セステルティウスとホスティリアヌス · 続きを見る »

アメリカ合衆国ドル

アメリカ合衆国ドル(アメリカがっしゅうこくドル、United States Dollar)は、アメリカ合衆国の公式通貨である。通称としてUSドル、米ドル、アメリカ・ドルなどが使われる。アメリカ以外のいくつかの国や地域で公式の通貨として採用されているほか、その信頼性から、国際決済通貨や基軸通貨として、世界で最も多く利用されている通貨である。

新しい!!: セステルティウスとアメリカ合衆国ドル · 続きを見る »

アントニヌス・ピウス

ティトゥス・フルウィウス・アエリウス・ハドリアヌス・アントニヌス・アウグストゥス・ピウス(Titus Fulvius Aelius Hadrianus Antoninus Augustus PiusWeigel, Antoninus Pius、86年9月19日 - 161年3月7日)は、第15代ローマ皇帝で、ネルウァ=アントニヌス朝の第4代皇帝。彼はアウレリウス氏族の出身者として最初の皇帝であり、また皇妃大ファウスティナを通じてネルウァ=アントニヌス朝と外戚関係を持っていたBowman, pg. 150。妻の甥であるマルクス・アウレリウスと娘の小ファウスティナを結婚させた上でアウレリウスを後継者とし、娘と甥の間に生まれた孫コンモドゥスにまで3代に亘る家族間での帝位継承の基盤を作った。

新しい!!: セステルティウスとアントニヌス・ピウス · 続きを見る »

アントニニアヌス

barbarous radiate(銅) アントニニアヌス(antoninianus)はローマ帝国期の硬貨の一種で、2デナリウス相当の価値があるとされていた。当初は銀貨だったが改鋳と共に青銅成分が徐々に増えていった。最初に導入したのはカラカラ帝で、215年のことである。デナリウスより若干大きい銀貨で、表面に描かれた皇帝が放射状の冠を被っていることで2倍の価値があることを示していた。女性(皇帝の妻であることが多い)を描いたアントニニアヌス貨の場合、胸像の下に三日月を描いていた。

新しい!!: セステルティウスとアントニニアヌス · 続きを見る »

アウグストゥス

アウグストゥス(Imperator Caesar Divi Filius Augustus インペラートル・カエサル・ディーウィー・フィーリウス・アウグストゥス、Gaius Julius Caesar Octavianus Augustus ガイウス・ユリウス・カエサル・オクタウィアヌス・アウグストゥス、紀元前63年9月23日 - 紀元14年8月19日)は、ローマ帝国の初代皇帝(在位:紀元前27年 - 紀元14年)。志半ばにして倒れた養父カエサルの後を継いで内乱を勝ち抜き、地中海世界を統一して帝政(元首政)を創始、パクス・ロマーナ(ローマの平和)を実現した。ちなみにアウグストゥスは、ラテン語で「尊厳ある者」を意味しており、現在のギリシア語では「8月」の意になっている。

新しい!!: セステルティウスとアウグストゥス · 続きを見る »

アス (青銅貨)

紀元前240年から225年ごろのアス青銅貨 アス(as、複数形 asses、Ασσαριων)は、共和政ローマからローマ帝国までの時代に使われていた硬貨で、当初は青銅貨だったが後に銅貨になった。

新しい!!: セステルティウスとアス (青銅貨) · 続きを見る »

アステリックス

アステリックス()は、1959年にルネ・ゴシニ(ストーリー執筆)とアルベール・ユデルゾ(コミック担当)によって生み出されたフランスコミックのシリーズ、およびその主人公の人気キャラクターの名である。

新しい!!: セステルティウスとアステリックス · 続きを見る »

インフレーション

インフレーション(inflation)とは、経済学においてモノやサービスの全体の価格レベル、すなわち物価が、ある期間において持続的に上昇する経済現象である。日本語の略称はインフレ。日本語では「通貨膨張」とも訳す。

新しい!!: セステルティウスとインフレーション · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島嶼から成る主権国家である。

新しい!!: セステルティウスとイギリス · 続きを見る »

ウェスパシアヌス

ティトゥス・フラウィウス・ウェスパシアヌス(Titus Flavius Vespasianus、9年11月17日 - 79年6月23日)は、ローマ帝国の皇帝。

新しい!!: セステルティウスとウェスパシアヌス · 続きを見る »

ガリア帝国

リア帝国(ガリアていこく、Imperium Galliarum)は、260年から274年までローマ帝国から事実上分離・独立していた国家の通称である。

新しい!!: セステルティウスとガリア帝国 · 続きを見る »

ガリア人

リア人(Gallī ガッリー、フランス語:Gaulois ゴルワ)は、ケルト語派を話すいわゆるケルト人のうち、ガリア地域に居住してガリア語あるいはゴール語を話した諸部族の人々を指す。

新しい!!: セステルティウスとガリア人 · 続きを見る »

ガイウス・プリニウス・セクンドゥス

イウス・プリニウス・セクンドゥス(Gaius Plinius Secundus、22 / 23年 – 79年8月24日)は古代ローマの博物学者、政治家、軍人。

新しい!!: セステルティウスとガイウス・プリニウス・セクンドゥス · 続きを見る »

コムギ

ムギ(小麦、英名: Wheat)は、イネ科コムギ属に属する一年草の植物。一般的にはパンコムギ(学名: Triticum aestivum)を指すが、広義にはT. compactum(クラブコムギ、club wheat)や T. durum(デュラムコムギ、Durum wheat、マカロニコムギ、Macaroni wheat)などコムギ属 (学名: Triticum、Wheat) 植物全般を指す。

新しい!!: セステルティウスとコムギ · 続きを見る »

スパルタクス

パルタクス(Spartacus、生年不詳 - 紀元前71年)は、共和政ローマ期の剣闘士で、「スパルタクスの反乱」と称される第三次奴隷戦争の指導者。

新しい!!: セステルティウスとスパルタクス · 続きを見る »

共和政ローマ

共和政ローマ(きょうわせいローマ)は、紀元前509年の王政打倒から、紀元前27年の帝政の開始までの期間の古代ローマを指す。

新しい!!: セステルティウスと共和政ローマ · 続きを見る »

硬貨

貨(こうか)は金属で作られた貨幣である。コイン(coin)ともいわれる。かつて「コイン」は基本的に金や銀の素材金属の価値と額面の差の無い本位通貨として鋳造されることが多かったが、現在は管理通貨制度の下で不換紙幣を補完する役割を担う補助貨幣的性質を有する硬貨1988年以前は臨時通貨法の下、日本では事実上の現金通貨が日本銀行券と臨時補助貨幣のみであったため、硬貨は「補助貨幣」と称されていたが(『世界大百科事典』26、平凡社、2009年)、1988年に制定された通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律以降は「貨幣」と称する。

新しい!!: セステルティウスと硬貨 · 続きを見る »

紀元前211年

紀元前211年。

新しい!!: セステルティウスと紀元前211年 · 続きを見る »

紀元前23年

紀元前23年。

新しい!!: セステルティウスと紀元前23年 · 続きを見る »

紀元前44年

『カエサル暗殺』(La Mort de César) フランス人画家ジャン=レオン・ジェロームによる1867年の作 紀元前44年頃のローマ共和国 紀元前44年。

新しい!!: セステルティウスと紀元前44年 · 続きを見る »

銅(どう)は原子番号29の元素。

新しい!!: セステルティウスと銅 · 続きを見る »

銀(ぎん、silver、argentum)は原子番号47の元素。

新しい!!: セステルティウスと銀 · 続きを見る »

銀貨

2004年にアメリカで発行された銀貨 銀貨(ぎんか)とは、銀を素材として作られた貨幣をいう。古来、金貨・銅貨とともに世界各地で流通した。

新しい!!: セステルティウスと銀貨 · 続きを見る »

青銅

十円硬貨。銅95%、スズ1-2%、亜鉛4-3%の青銅製。 青銅(せいどう、英、仏、独、葡: bronze ブロンズ)とは、銅Cu を主成分としてスズSn を含む合金である。「砲金」ともいう。

新しい!!: セステルティウスと青銅 · 続きを見る »

貨幣学

貨幣学(かへいがく、ギリシャ語:νομισματική、英語:numismatics)は貨幣とその形態史に関する科学的研究の総。日本語では貨幣学の他、古銭学、古泉学、銭貨学等と呼ばれるが、日本銀行金融研究所の金融研究会などではもっぱら貨幣学と呼称している。

新しい!!: セステルティウスと貨幣学 · 続きを見る »

軍団兵

軍団兵(古典ラテン語:Legionarius, レギオーナーリウス)は、ローマ軍団を構成する兵士。

新しい!!: セステルティウスと軍団兵 · 続きを見る »

黄銅

五円硬貨。銅60-70%、亜鉛40-30%の黄銅製。 黄銅(こうどう、おうどう、)は、銅と亜鉛の合金で、特に亜鉛が20%以上のものをいう。真鍮(しんちゅう)と呼ばれることも多い。

新しい!!: セステルティウスと黄銅 · 続きを見る »

鉛(なまり、lead、plumbum、Blei)とは、典型元素の中の金属元素に分類される、原子番号が82番の元素である。なお、元素記号は Pb である。

新しい!!: セステルティウスと鉛 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »